議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 唐津市

平成24年  6月 定例会(第3回) 06月05日−01号




平成24年  6月 定例会(第3回) − 06月05日−01号







平成24年  6月 定例会(第3回)





   平成24年
       唐津市議会会議録(定例会)その1
   第3回

1 日 時 平成24年6月5日 午前10時00分開会 於唐津市議会本会議場

2 出席した議員
    1番 進 藤 健 介            2番 前 田 一 ?
    3番 大 西 康 之            4番 山 中 真 二
    5番 井 上 常 憲            6番 馬 場 幸 年
    7番 楢 ? 三千夫            8番        
    9番 酒 井 幸 盛           10番 正 田 孝 吉
   11番 青 木   茂           12番 古 藤 豊 志
   13番 中 村 健 一           14番 堤   武 彦
   15番 笹 山 茂 成           16番 石 ? 俊 治
   17番 山 下 正 雄           18番 井 本 敏 男
   19番 三 浦 重 ?           20番 志 佐 治 ?
   21番 吉 原 真由美           22番 浦 田 関 夫
   23番 田 中 秀 和           24番 水 上 勝 義
   25番 平 野 潤 二           26番 熊 本 大 成
   27番                   28番 嶺 川 美 實
   29番 百 武 弘 之           30番 宮 崎   卓
   31番 宮 ? 千 鶴           32番 中 川 幸 次
   33番 白 水 敬 一

3 地方自治法第121条による出席者の職氏名
          市       長      坂  井  俊  之
          副   市   長      世  戸  政  明
          教   育   長      大  塚     稔
          新 市 総 合 企画監      山  下  正  美
                        (企画経営部長兼務)
          産 業 企 画 監      小  路  恭  史
                        (商工観光部長兼務)
          総  務  部  長      竹  内  御 木 夫
          財  務  部  長      岡  本  憲  幸
          市 民 環 境 部 長      橋  川  英  彰
          保 健 福 祉 部 長      横  山  敬  司
          農 林 水 産 部 長      金 野 尾     素
          建  設  部  長      竹  内  克  志
          競 艇 事 業 部 長      今  村  繁  公
          水  道  部  長      宮  ?  吉  輝
          消   防   長      冨  田  壽  一
          教  育  部  長      坂  口  栄  一
          総 務 副 部 長      藤  田  秀  樹
                        (総務課長兼務)

4 出席した事務局職員
          議 会 事 務 局 長      吉  田  英  俊



          午前10時00分 開会



○議長(進藤健介君) ただいまから平成24年第3回唐津市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

 事務局長に諸般の報告をさせます。



◎議会事務局長(吉田英俊君) ご報告いたします。

 本定例会に議案第64号 平成24年度唐津市一般会計補正予算から議案第66号 平成24年度唐津市下水道特別会計補正予算までの予算議案3件、議案第67号 唐津市再生可能エネルギーの導入等による低炭素社会づくりの推進に関する条例制定についてから議案第70号 唐津市ふるさと会館条例の一部を改正する条例制定についてまでの条例議案4件、議案第71号 人権擁護委員の候補者推薦につき市議会の意見を求めることについて(その1)から議案第73号 人権擁護委員の候補者推薦につき市議会の意見を求めることについて(その3)までの人事議案3件、議案第74号 字の名称変更についてから議案第77号 高規格救急自動車購入契約締結についてまでの一般議案4件、議案第78号 平成24年度唐津市国民健康保険特別会計補正予算の専決処分の承認についてから議案第81号 臨港駐車場の指定管理者の指定期間の変更及び指定の専決処分の承認についてまでの承認議案4件、報告第3号 平成23年度唐津市一般会計継続費繰越計算書の報告についてから報告第10号 専決処分の報告について(その4)までの報告議案8件、以上26件の提案のほか、監査報告3件が提出されております。

 以上でございます。



○議長(進藤健介君) 監査報告は、お手元に配付をしておりますので、ごらん願います。

 会期及び議事日程についてお諮りをいたします。会期及び議事日程につきましては、議会運営委員会に諮りました結果、会期は、本日から6月26日までの22日間、議事日程は、お手元に配付をしております議事日程表のとおりとなっております。このように決することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(進藤健介君) 異議なしと認めます。よって、会期は22日間、議事日程は、お手元に配付をしております議事日程表のとおりに決しました。

 次に、議案質疑及び一般質問の通告でありますが、議案質疑の発言通告は明6日17時までに、また一般質問の通告につきましては6月8日正午までに文書で通告をしていただき、一般質問の発言の順序は抽せんによることといたします。

 次に、会議録署名議員の指名を行います。

 唐津市議会会議規則第79条の規定により、会議録署名議員に17番、山下正雄議員、18番、井本敏男議員を指名いたします。

 議事日程に従い、提案理由の説明を行います。

 議案第64号から議案第81号まで及び報告第3号から報告第10号まで、以上26件を一括付議します。

 執行部の提案理由の説明を求めます。

 坂井市長。

          (市長 坂井俊之君登壇)



◎市長(坂井俊之君) 本日、市議会定例会を招集いたしまして、補正予算案及び諸議案のご審議を仰ぐに当たり、その概要をご説明申し上げます。

 今回の補正予算案は、国の事業採択を受けた旧村上歯科リノベーション事業に対する助成を初め、地域商店街の活性化を図る地域のがんばる商店街等支援事業費のほか、幼児教育と保育環境整備のための保育所等整備事業補助金や、施設園芸の重油価格高騰対策として、さがの強い園芸農業確立対策事業補助金の追加等を主なものとして計上いたしました。

 また、本年7月から開催をされるロンドンオリンピックの出場選手に対する特別奨励費を計上いたしております。

 その結果、一般会計補正予算額は4億1,524万7,000円で、これを既決予算と合わせますと625億2,647万4,000円となります。

 以下、予算案の主な事業につきましてご説明申し上げます。

 まず、総務費では、唐津市再生可能エネルギーの導入等による低炭素社会づくりの推進に関する条例制定に伴う、再生可能エネルギー導入推進の基本計画策定費や、財団法人自治総合センターのコミュニティ助成事業に採択された2地区の事業に対する助成金を計上いたしました。

 次に、民生費では、幼児教育と保育及び子育て支援を総合的に機能し得る体制を整備するため、保育所等整備事業補助金を計上いたしております。

 農林水産業費では、さがの強い園芸農業確立対策事業補助金を追加し、施設園芸の重油価格高騰対策として、園芸ハウスへの脱・省石油型機械・装置の整備を支援することといたしました。

 商工費では、唐津市中心市街地活性化基本計画に基づく集客交流施設の整備として、旧村上歯科リノベーション事業に対する助成のほか、地域内の購買促進及び地域商店街の活性化を図るため、地域のがんばる商店街等支援事業費を計上いたしております。

 また、土木費では、唐津城石垣再築整備事業において、補修が必要な天守閣基礎ぐいが確認されたため、補修事業費を計上し、耐震性の確保を図ることといたしております。

 消防費では、コミュニティ助成事業に採択された地域防災組織育成助成事業費を計上し、少年消防クラブの消防防災活動を支援することといたしております。

 教育費では、平成25年度に開校予定の高峰中学校のテニスコート及び学校進入路の整備費のほか、唐津市出身でロンドンオリンピックに出場予定のボート競技の福本温子選手及びセーリング競技の吉田雄悟選手の2選手に対する特別奨励費を計上いたしております。

 次に、介護保険特別会計でございますが、県の基金を活用いたしまして、地域密着型サービスを提供する小規模福祉施設の整備と、その開設準備経費に対する補助金を計上いたしております。

 以上が予算案の概要でございます。

 次に、条例議案についてご説明申し上げます。唐津市再生可能エネルギーの導入等による低炭素社会づくりの推進に関する条例制定についてでございますが、本市における低炭素社会づくりの推進に関し、市の責務、事業者及び市民の役割を明らかにするとともに、再生可能エネルギーの導入等、施策の基本となる事項を定め、市民の健康で文化的な生活を確保していくため制定するものでございます。

 このほか諸議案の詳細につきましては、所管担当者に説明させることといたします。

 何とぞ、各議案につきましてよろしくご審議の上、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(進藤健介君) 岡本財務部長。

          (財務部長 岡本憲幸君登壇)



◎財務部長(岡本憲幸君) 最初に、議案第64号から66号の補正予算につきましてご説明申し上げます。

 議案集の第2をお願いいたします。1ページをお開き願います。議案第64号 平成24年度唐津市一般会計補正予算でございますが、第1条、歳入歳出予算の総額621億1,122万7,000円に、今回の補正額4億1,524万7,000円を追加し、予算の総額を625億2,647万4,000円とするものでございます。第2条で地方債の補正を定めております。

 次のページをお願いいたします。第1表は、歳入歳出予算補正の款項の区分ごとの補正状況でございます。詳細につきましては、別冊の「補正予算に関する説明書」でご説明をさせていただきます。

 4ページをお願いいたします。第2表、地方債補正でございますが、補正前の限度額85億700万円に、今回の補正に伴う起債を追加いたしまして、補正後の限度額を87億5,040万円とするものでございます。

 7ページをお願いいたします。議案第65号 平成24年度唐津市介護保険特別会計補正予算でございますが、第1条、歳入歳出予算の総額109億7,974万3,000円に、今回の補正額1億3,220万円を追加し、予算の総額を111億1,194万3,000円とするものでございます。

 次のページをお願いいたします。第1表は、歳入歳出予算補正の款項の区分ごとの補正状況でございます。

 11ページをお願いいたします。議案第66号 平成24年度唐津市下水道特別会計補正予算でございますが、第1条、歳入歳出予算の総額61億7,172万6,000円に、今回の補正額3,020万円を追加し、予算の総額を62億192万6,000円とするものでございます。第2条で地方債の補正を定めております。

 次のページをお願いいたします。第1表は、歳入歳出予算補正の款項の区分ごとの補正状況でございます。

 14ページをお願いいたします。第2表、地方債補正でございますが、補正前の限度額21億9,380万円に、今回の補正に伴う起債を追加いたしまして、補正後の限度額を22億2,400万円とするものでございます。

 以上が予算書の説明でございます。

 次に、議案集第3の「補正予算に関する説明書」をお願いいたします。1ページをお開き願います。1ページから3ページにかけましては一般会計補正予算の総括でございますが、歳入の款別補正状況と、歳出では款別補正状況と財源内訳を示しております。

 事項別の明細につきましては、歳出のほうからご説明をさせていただきます。

 6ページをお開き願います。まず、総務費の新エネルギー導入推進費でございますが、再生可能エネルギーの導入推進に係る基本計画を策定するものでございます。次のコミュニティ事業助成金は、財団法人自治総合センターの助成事業を活用し、自治会等のコミュニティ活動を助成するものでございます。

 次に、民生費の保育所等整備事業補助金でございますが、幼保連携型認定こども園の整備に対し補助するものでございます。

 次に、農林水産業費のさがの強い園芸農業確立対策事業補助金は、施設園芸農家が取り組む園芸ハウスへの脱・省石油型機械・装置の整備に対し補助するものでございます。

 8ページをお願いいたします。商工費の賑わいのまちづくり推進事業費は、中心市街地に立地する旧村上歯科のリノベーション事業に対し補助するものでございます。

 次の地域のがんばる商店街等支援事業費は、唐津東商工会が行うポイントカードの機器更新等に対し補助するものでございます。

 次に、ふるさと会館管理費でございますが、ふるさと会館駐車場の料金精算機に大型車感知器を設置するものでございます。

 土木費の唐津城基礎杭補修事業費は、天守閣下の基礎ぐいを補修し、耐震性を確保するものでございます。

 次に、消防費の地域防災組織育成助成事業費でございますが、財団法人自治総合センターの助成事業を活用し、少年消防クラブの活動に必要な機材の整備に対し助成するものでございます。

 次に、教育費の高峰中学校テニスコート等整備事業費でございますが、高峰中学校の平成25年4月開校に向け、テニスコートの整備及び学校進入路の改良を行うものでございます。

 10ページをお願いいたします。ロンドンオリンピック出場特別奨励費でございますが、7月下旬から開催されるロンドンオリンピックに出場する本市出身の2名の選手に対する奨励金でございます。

 次に、公債費の市債償還元金でございますが、高利率の市債について繰り上げ償還を行うものでございます。

 ここで歳入のほうへ戻らせていただきます。4ページをお願いいたします。歳入の明細でございますが、県支出金、繰入金、諸収入及び市債につきましては、ただいまご説明いたしました歳出の財源としてそれぞれ計上いたしております。

 以上が一般会計でございます。

 次に、15ページをお願いいたします。15ページから17ページは介護保険特別会計補正予算の総括でございますが、歳入の款別補正状況と、歳出では款別補正状況と財源内訳を示しております。

 18ページをお願いいたします。歳入の明細でございますが、県支出金は、歳出予算の特定財源として、県からの補助金を計上いたしております。

 20ページをお願いいたします。歳出の明細でございますが、地域介護・福祉空間整備等補助金は、小規模多機能型居宅介護施設を初めとする地域密着型介護施設を整備する事業者に対して補助金を交付するものでございます。

 次の小規模福祉施設開設準備経費補助金は、その開設準備経費に対し補助するものでございます。

 以上が、介護保険特別会計でございます。

 23ページをお願いいたします。23ページから25ページは、下水道特別会計補正予算の総括でございますが、歳入の款別補正状況と、歳出では款別補正状況と財源内訳を示しております。

 26ページをお願いいたします。歳入の明細でございますが、市債の公共下水道事業借換債は、歳出予算の特定財源でございます。

 28ページをお願いいたします。歳出の明細でございますが、公債費の市債償還元金は、高利率の下水道事業債について繰り上げ償還を行うものでございます。

 以上で、補正予算の説明を終わらせていただきます。

 次に、議案集第1をお願いいたします。21ページをお開き願います。議案第76号 モーターボート競走用モーター購入契約締結についてご説明申し上げます。平成24年4月27日に仮契約をいたしましたので、地方自治法第96条第1項第8号の規定によりましてご提案するものでございます。契約の方法は、随意契約でございます。他に競争入札に付する業者がございませんので、地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定に基づき、随意契約といたした次第でございます。契約金額は、3,933万7,326円でございます。契約の相手方は、ヤマト発動機株式会社、代表取締役、笹川博義でございます。 

 次に、22ページをお願いいたします。議案第77号 高規格救急自動車購入契約締結についてご説明申し上げます。平成24年5月17日に仮契約を締結をいたしましたので、地方自治法第96条第1項第8号の規定によりましてご提案するものでございます。契約の方法は、随意契約でございます。平成24年5月16日に指名競争入札を行いましたが、指名業者7者のうち5者が辞退、1者が欠席したため、入札参加者が西九州トヨタ自動車株式会社唐津店1者となり、入札中止といたしました。

 検討の結果、救急救命活動に欠かせない特殊な車両のため、他に取扱業者を指名することが困難であり、再度入札を行っても2者以上の参加の見込みがないと思われたため、地方自治法施行令第167条の2第1項第8号及び第2項の規定により、随意契約とした次第でございます。契約金額は、7,056万円でございます。契約の相手方は、西九州トヨタ自動車株式会社唐津店、店長、牟田部陽三でございます。

 次に、23ページをお願いいたします。議案第78号 平成24年度唐津市国民健康保険特別会計補正予算の専決処分の承認についてご説明申し上げます。地方自治法第179条第1項の規定により専決処分いたしましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。専決処分書でございますが、平成23年度の国民健康保険税収入額の伸び悩みにより、歳入に不足を生じる見込みとなったため、予算の補正が必要となりましたが、議会を招集する時間的余裕がないため専決処分を行ったものでございます。

 専決処分を行いました平成24年度唐津市国民健康保険特別会計補正予算でございますが、第1条、歳入歳出予算の総額163億5,583万2,000円に11億2,934万5,000円を追加し、予算の総額を174億8,517万7,000円とするものでございます。

 次のページをお願いいたします。第1表は、歳入歳出予算補正の款項の区分ごとの補正状況でございます。

 26ページをお願いいたします。26ページから28ページにかけましては、補正予算の総括でございます。歳入の款別補正状況と、歳出では補正状況と財源内訳を示しております。

 29ページをお願いいたします。歳入の明細でございますが、一般被保険者国民健康保険税を繰り上げ充用金の財源とするものでございます。

 31ページをお願いいたします。歳出の繰り上げ充用金は、平成23年度国民健康保険特別会計において歳入不足となったため、平成23年度への充当金として計上いたしております。

 以上が、国民健康保険特別会計補正予算の専決処分でございます。

 次に、33ページをお願いいたします。議案第79号 平成24年度唐津市介護保険特別会計補正予算の専決処分の承認についてご説明申し上げます。専決処分書でございますが、平成23年度の介護給付費に対する国・県等からの法定負担金の一部が、予算配分上、翌年度交付となり、予算に不足を生じる見込みとなったため、予算の補正が必要となりましたが、議会を招集する時間的余裕がなく、専決処分を行ったものでございます。

 専決処分を行いました平成24年度唐津市介護保険特別会計補正予算でございますが、第1条、歳入歳出予算の総額109億4,538万6,000円に3,435万7,000円を追加し、予算の総額を109億7,974万3,000円とするものでございます。

 次のページをお願いいたします。第1表は、歳入歳出予算補正の款項の区分ごとの補正状況でございます。

 36ページをお願いいたします。36ページから38ページにかけましては、補正予算の総括でございます。歳入の款別補正状況と、歳出では、補正状況と財源内訳を示しております。

 39ページをお願いいたします。歳入の明細でございますが、国庫負担金及び県負担金を繰り上げ充用の財源とするものでございます。

 41ページをお願いいたします。歳出の繰り上げ充用金は、23年度介護保険特別会計において歳入不足となったため、23年度への充当金として計上いたしております。

 以上で国民健康保険特別会計並びに介護保険特別会計補正予算の専決処分関係につきまして報告を終わらせていただきます。

 次に、43ページをお願いいたします。議案第80号 唐津市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてご説明申し上げます。本議案は、地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律が本年3月31日に公布されたこと等に伴い、4月1日から施行を要する条例改正について、議会を招集する時間的余裕がなく、専決処分を行いましたので、地方自治法第179条第3項の規定により議会に報告し、承認を求めるものでございます。

 条例改正の主な内容につきましてご説明申し上げます。5点ございます。まず、1点目が、固定資産税関係でございまして、平成24年度が3年に1度の評価がえの年に当たりまして、固定資産税の土地に係る現行の負担調整措置を平成26年度までの3年間延長するものでございます。2点目が、負担調整措置のうち、住宅用地に対する課税標準額の上限を本来額の原則8割に設定している据置特例については、平成24度、平成25年度は経過措置として上限を9割に引き上げ、平成26年度に廃止するものでございます。3点目が、公益法人制度改革に伴い、特例民法法人から移行した一定の一般社団・財団法人が設置する図書館、博物館、幼稚園につきましては、固定資産税の非課税措置が追加されたところでございます。4点目が、東日本大震災により居住用家屋が滅失した場合には、その敷地に係る譲渡期限を東日本大震災があった日から同日以降、改正前の3年から7年を経過する日の属する年の12月31日までの間に延長されたところでございます。5点目が、東日本大震災により居住用家屋が滅失等をして住宅の再取得等をした場合において、所得税における特例措置の適用を受けたときは、現行の個人市民税の住宅ローン控除の対象とするものでございます。

 以上が、80号議案の説明でございます。 

 次に、51ページをお願いいたします。報告第3号 平成23年度唐津市一般会計継続費繰越計算書の報告についてご説明申し上げます。地方自治法施行令第145条第1項の規定により、次のとおり予算繰り越しをしたので、同項の規定により報告するものでございます。

 次のページをお願いいたします。農林水産業費の唐津市水産会館整備事業費ほか7事業の継続費につきまして、逓次繰越を行うものでございます。

 54ページをお願いいたします。報告第4号 平成23年度唐津市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてご説明申し上げます。地方自治法第213条第1項の規定により、次のとおり予算繰り越しをしたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するものでございます。

 次のページをお願いいたします。総務費の本庁舎駐車場有料化整備費ほか14事業につきまして、翌年度に繰り越すものでございます。

 57ページをお願いいたします。報告第5号 平成23年度唐津市下水道特別会計継続費繰越計算書の報告についてご説明申し上げます。

 次のページをお願いいたします。呼子処理区浄水センター建設費及び唐津処理区浄水センター再構築事業費につきまして逓次繰り越しを行うものでございます。

 59ページをお願いいたします。報告第6号 平成23年度唐津市下水道特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてご説明申し上げます。

 次のページをお願いいたします。唐津処理区の幹線管渠整備事業費ほか3件の事業につきまして翌年度に繰り越すものでございます。

 以上で繰越計算書報告の説明を終わらせていただきます。

 これで財務部所管の提案理由説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご決定、ご承認を賜りますようお願い申し上げます。

 続きまして、61ページをお願いいたします。報告第7号の専決処分の報告について(その1)から、64ページの報告第10号の専決処分の報告について(その4)までを、公用車の管理を所管します私からご説明をさせていただきたいと存じます。報告第7号から第10号までは、公用車による交通事故につきまして専決処分し、示談が成立しましたので、地方自治法第180条第2項の規定によりまして市議会にご報告いたすものでございます。

 報告第7号は、保健医療課庁用車の軽乗用自動車への接触による物損事故につきまして、平成24年5月1日に専決処分し、同日示談が成立したものでございます。損害賠償金は4万9,143円でございます。損害賠償の相手方につきましては、記載のとおりでございます。

 62ページをお願いいたします。報告第8号は、道路河川課庁用車の普通自動車への接触による物損事故につきまして、平成24年4月2日に専決処分し、同日示談が成立したものでございます。損害賠償金は5万4,146円でございます。

 63ページをお願いいたします。報告第9号は、教育委員会文化課庁用車のタンク車への接触による物損事故につきまして、平成24年3月27日に専決処分し、同日示談が成立したものでございます。損害賠償金は20万5,118円でございます。

 64ページをお願いいたします。報告第10号は、呼子支所総務教育課庁用車の軽乗用自動車への接触による物損事故につきまして、平成24年5月10日に専決処分し、同日示談が成立したものでございます。損害賠償金は1万1,160円でございます。

 なお、損害賠償金につきましては、全国市有物件災害共済会の自動車損害共済金から、いずれも全額補てんされることとなっております。

 市職員がこのような事故を起こしましたことを市民並びに市議会の皆様に対しまして深くおわびを申し上げますとともに、事故を起こしました職員を初め関係職員に対し、厳重注意と安全運転の徹底を指導したところでございます。まことに申しわけございませんでした。

 以上、ご報告申し上げます。



○議長(進藤健介君) 山下企画経営部長。

          (新市総合企画監兼企画経営部長 山下正美君登壇)



◎新市総合企画監兼企画経営部長(山下正美君) 企画経営部所管の議案についてご説明を申し上げます。

 議案集第1の1ページをお開き願いたいと存じます。議案第67号 唐津市再生可能エネルギーの導入等による低炭素社会づくりの推進に関する条例制定についてご説明申し上げます。本議案は、再生可能エネルギーの導入等に関する施策の基本的な事項を定めることにより、低炭素社会の実現に寄与し、市民の健康で文化的な生活の確保を図るため、条例を制定するものでございます。

 2ページをお願いいたします。この条例は、前文及び13条の条文から成り立っておりまして、前文につきましては、この条例を制定するに当たっての考え方を記述しており、エネルギー産業とともに発展してきた唐津市だからこそ再生可能エネルギーの導入等に取り組む強い意志を示しております。条例の内容といたしましては、第1条が条例の目的でございまして、再生可能エネルギーの導入等による低炭素社会づくりの推進に関する基本的な事項を定めることにより、低炭素社会の実現に寄与することなどを定めております。第3条で、市の責務といたしまして、低炭素社会づくりの推進に関する施策を策定し推進する旨を規定し、第4条及び第5条では、事業者の役割及び市民の役割といたしまして、事業活動や日常生活において再生可能エネルギーの導入等に努めることなどを規定しております。次に、第6条では、基本方針といたしまして、低炭素社会づくりに関して地域の特性に応じた再生可能エネルギーの導入等を図ることなど5つの方針を掲げております。第7条では、再生可能エネルギーの導入等による低炭素社会づくりの推進に関しまして、基本的な計画を策定しなければならないことなどを規定しております。また、第8条では、本市が国及び県と協力し、事業者、市民等と低炭素社会づくりの推進に向け、緊密な連携を図る旨を定め、第9条ではエネルギーに関する学習の推進及び普及啓発に関する定めを、第10条では、市民等の自発的な活動の支援に関する規定を定めております。第11条では、再生可能エネルギーに関する産業の振興及び人材の育成について定めているほか、第12条では、低炭素社会づくりの推進に関する施策を実施するため、必要な財政上の措置を講ずることについて定めております。

 なお、施行期日は、平成24年7月1日からといたしております。

 以上で企画経営部所管の議案について説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(進藤健介君) 竹内総務部長。

          (総務部長 竹内御木夫君登壇)



◎総務部長(竹内御木夫君) 総務部所管の議案についてご説明申し上げます。

 議案集第1の6ページをお開き願います。議案第68号 唐津市水道事業の設置等に関する条例及び唐津市立小学校及び中学校設置条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。本議案は、地方自治法第260条第1項による厳木町莟木の字名の表記の変更に伴い、条例中に引用いたしております字名を変更するものでございます。

 7ページをお願いいたします。改正の内容でございますが、第1条の唐津市水道事業の設置等に関する条例につきましては、別表中の給水区域の名称を変更し、第2条の唐津市立小学校及び中学校設置条例につきましては、?木小学校の位置の名称を変更するものでございます。

 施行期日につきましては、地方自治法第260条第2項の規定による字の名称変更について告示があった日から施行することといたしております。

 なお、別冊の議案参考資料?1の1ページから3ページに条例の一部改正新旧対照表を掲載いたしておりますので、ご参照いただきたいと存じます。

 続きまして、議案集第1の18ページをお開き願います。議案第74号 字の名称変更についてご説明申し上げます。本議案は、厳木町莟木地区の住民の皆様の意向を踏まえ、元来「たけかんむり」に「ふしづくり(範の右側の部首)」を使った?木の表記とするため、字の名称変更を行うものでございます。

 字の名称に伴うこれまでの経緯でございますが、平成17年1月の市町村合併時に旧厳木町と協議の上、字の名称を現在使用いたしております「たけかんむり」に「巻」を使ったうつぼ木に決定し、平成17年2月の臨時議会において承認を得ていたものですが、その後、地元地区でもこの2つの表記が混在し、従前の字の表記に戻したいとの地元の要望もあっていたところ、正式に平成23年12月に要望書が提出されたことを受けまして、地元との協議を行い、全世帯の承諾を確認できましたので、ご提案申し上げる次第でございます。

 次に、議案集第1の19ページをお開き願います。議案第75号 佐賀県市町総合事務組合規約の変更に関する協議についてご説明申し上げます。本議案は、佐賀県市町総合事務組合の規約を変更する必要が生じることに伴いましてご提案するものでございます。

 20ページをお願いいたします。規約を変更する理由でございますが、佐賀県西部広域環境組合が退職手当の支給に関する事務を、多久市が議会の議員その他非常勤の地方公務員に係る公務上の災害または通勤による災害に対する補償に関する事務及び非常勤の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師に係る公務上の災害に対する補償に関する事務を佐賀県市町総合事務組合に参加し、共同処理することに伴い、地方自治法第290条の規定に基づき、佐賀県市町総合事務組合を組織するすべての地方公共団体の議会の議決を経る必要がございますので、ご提案するものでございます。

 以上で総務部所管の説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(進藤健介君) 橋川市民環境部長。

          (市民環境部長 橋川英彰君登壇)



◎市民環境部長(橋川英彰君) 市民環境部所管の議案についてご説明申し上げます。

 議案集第1の8ページをお願いします。議案第69号 唐津市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。本議案は、地方税法等の一部改正に伴い条例を改正するものでございます。

 改正の内容でございますが、東日本大震災の被災者の負担軽減を図るため、東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地に係る譲渡期限の延長の特例の附則の追加を行うものでございまして、東日本大震災により居住用家屋が滅失した場合、その敷地に係る譲渡期限を東日本大震災があった日から同日以降7年、現行では3年となっておりますものを7年を経過する日の属する年の12月31日までの間に延長するものでございます。施行期日は、公布の日からでございます。この改正後の規定は、平成24年度以降の年度分の国民健康保険税について適用し、平成23年度分までの国民健康保険税につきましては、なお従前の例によるものといたしております。

 参考資料として、別冊議案参考資料?1の4ページに新旧対照表を添付しておりますので、ご参照いただきたいと存じます。

 以上、市民環境部所管の議案につきましてのご説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(進藤健介君) 小路商工観光部長。

          (産業企画監兼商工観光部長 小路恭史君登壇)



◎産業企画監兼商工観光部長(小路恭史君) 商工観光部所管の議案につきましてご説明を申し上げます。

 議案集第1の10ページをお開き願います。議案第70号 唐津市ふるさと会館条例の一部を改正する条例制定についてご説明を申し上げます。本議案は、唐津市ふるさと会館駐車場の適正な管理を行うとともに、周辺駐車場との料金の均衡を図るため、駐車場使用料の改正を行うものでございます。

 11ページをお開き願います。改正の内容といたしましては、駐車場使用料を普通車等につきましては、これまでの1時間以内無料から1時間ごとに100円とし、これまで料金設定をしておりませんでした大型車等につきまして、新たに1時間ごとに400円という使用料の設定を行うものでございます。ただし、ふるさと会館の利用者につきましては、これまでどおり駐車場使用料を1時間以内無料とする例外規定を設けております。施行期日は、利用者への周知期間などを考慮し、平成24年10月1日といたしております。

 以上、ご説明しました条例の一部改正の新旧対照表につきましては、別冊の議案参考資料?1の5ページに掲載いたしておりますので、ご参照くださいますようお願いいたします。

 以上、商工観光部所管の議案につきまして、説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(進藤健介君) 世戸副市長。

          (副市長 世戸政明君登壇)



◎副市長(世戸政明君) 人事議案につきましてご説明を申し上げます。

 議案集第1の12ページをお願いいたします。12ページの議案第71号、続いて14ページの議案第72号及び16ページの議案第73号の人権擁護委員の候補者推薦につき市議会の意見を求めることについて(その1)、(その2)、(その3)を一括してご説明を申し上げます。本案は、人権擁護委員の候補者を推薦するに当たって、市議会の意見を求める必要がございますので、人権擁護委員法第6条第3項の規定によりご提案申し上げるものでございます。

 今回は、戸川ヒサ子氏、阿部七海雄氏、瀬戸洋氏の3名が、本年9月30日をもちまして委員の任期が満了となられますので、佐賀地方法務局長から後任者の推薦依頼がございました。戸川ヒサ子氏、阿部七海雄氏につきましては適任と存じ、引き続き推薦を、また、瀬戸洋氏につきましては退任の意志を表明されておりますので、後任といたしまして瀬戸順子氏を推薦いたしたく、ここにご提案した次第でございます。

 なお、各氏の略歴につきましては、それぞれ13ページ、15ページ及び17ページに参考資料として添付いたしておりますので、ご参照いただきたいと存じます。

 以上をもちまして人事関係3議案の説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご意見を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(進藤健介君) 竹内建設部長。

          (建設部長 竹内克志君登壇)



◎建設部長(竹内克志君) 建設部所管の議案についてご説明を申し上げます。

 議案集第1の49ページをお願いいたします。議案第81号 臨港駐車場の指定管理者の指定期間の変更及び指定の専決処分の承認についてご説明申し上げます。本議案は、臨港駐車場の指定管理者の指定期間の変更及び指定につきまして、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。

 専決処分の内容でございますが、呼子町呼子の臨港駐車場の指定管理者でございました呼子町漁業協同組合が、平成24年4月2日に近隣の7漁協と合併し、新法人佐賀玄海漁業協同組合を設立するとともに、解散し、法人格が消滅したため、平成25年3月31日までの指定期間を平成24年4月1日までに変更し、呼子町漁業協同組合の権利義務及び事務全般並びに職員等を包括的に継承する佐賀玄海漁業協同組合を非公募により、残存する指定期間に限り指定管理者として指定したものでございます。本来であれば、議会を開催していただき、ご審議・ご承認を受けるべき案件でございましたが、議会を招集する時間的余裕がございませんでしたので、専決処分をさせていただいたものでございます。

 なお、別冊議案参考資料?1の15ページに指定管理者となる団体の概要を添付いたしておりますので、ご参照いただきたいと存じます。

 以上で議案第81号の説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(進藤健介君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 議事日程に従い、次回は6月12日午前10時から本会議を開き、議案質疑を行うこととし、本日はこれにて散会いたします。

          午前10時47分 散会