議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 24年第4回定例会( 9月) 09月14日−05号




平成 24年第4回定例会( 9月) − 09月14日−05号









平成 24年第4回定例会( 9月)


───────────────────────────────────────────
平成24年 第4回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第11日)
                             平成24年9月14日(金曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第5号)
                         平成24年9月14日 午前10時00分開議
 日程第1 議案質疑
      報告第8号 みやこ町一般会計継続費の継続年度終了による精算について
      報告第9号 平成23年度みやこ町財政健全化判断比率及び資金不足比率について
      認定第1号 平成23年度みやこ町一般会計歳入歳出決算の認定について
      認定第2号 平成23年度みやこ町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第3号 平成23年度みやこ町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第4号 平成23年度みやこ町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第5号 平成23年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第6号 平成23年度みやこ町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第7号 平成23年度みやこ町水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第8号 平成23年度みやこ町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第9号 平成23年度みやこ町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第10号 平成23年度みやこ町犀川財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第11号 平成23年度みやこ町城井財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定について
 日程第2 議案の付託
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 議案質疑
      報告第8号 みやこ町一般会計継続費の継続年度終了による精算について
      報告第9号 平成23年度みやこ町財政健全化判断比率及び資金不足比率について
      認定第1号 平成23年度みやこ町一般会計歳入歳出決算の認定について
      認定第2号 平成23年度みやこ町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第3号 平成23年度みやこ町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第4号 平成23年度みやこ町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第5号 平成23年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第6号 平成23年度みやこ町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第7号 平成23年度みやこ町水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第8号 平成23年度みやこ町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第9号 平成23年度みやこ町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第10号 平成23年度みやこ町犀川財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第11号 平成23年度みやこ町城井財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定について
 日程第2 議案の付託
──────────────────────────────
出席議員(14名)
1番 橋本 真助君       2番 柿野 正喜君
3番 中山 茂樹君       4番 小田 勝彦君
5番 田中 勝馬君       7番 中尾 昌廣君
8番 金房 眞悟君       9番 大束 英壽君
10番 柿野 義直君       11番 熊谷みえ子君
12番 原田 和美君       13番 中尾 文俊君
14番 肥喜里和隆君       16番 上田 重光君
──────────────────────────────
欠席議員(2名)
6番 飯本 秀夫君       15番 浦山 公明君
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 廣末  豊君     書記   中村 銀次君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
総務課長 ……………… 久保 良美君   財政課長 ……………… 吉永 秀信君
総合政策課長 ………… 村上 重範君   税務課長 ……………… 中嶋 純男君
徴収対策課長 ………… 葉瀬垣和雄君   住民課長 ……………… 長野 正美君
健康づくり課長 ……… 柿野 善広君   介護保険課長 ………… 中村 政弘君
生活環境課長 ………… 中原 裕二君   教育長 ………………… 屏  悦郎君
教務課長 ……………… 山本 淳一君   生涯学習課長 ………… 立花 博美君
建設課長 ……………… 森下 高志君   産業課長 ……………… 久保賢太郎君
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
上下水道課長 ………… 能方  壽君                     


──────────────────────────────



◎事務局長(廣末豊君) それでは、開会の前に事務局より御報告いたします。

 本日、6番、飯本秀夫議員より、また、15番、浦山公明議員より、欠席の届けがなされております。

 また、本日、皆様方のお手元に、産業課より町イベントの御案内が届いておりましたので、机の上に配付しております。御確認をよろしくお願い申し上げます。

午前10時00分開議



○議長(上田重光君) おはようございます。ただいまの出席議員は14名です。したがいまして、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。日程に従いまして、議事を進行いたします。

────────────・────・────────────



△日程第1.議案質疑



○議長(上田重光君) 日程第1、議案質疑。

 報告第8号みやこ町一般会計継続費の継続年度終了による精算についてから認定第11号平成23年度みやこ町城井財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの計13件を一括上程し、議題とします。

 本件は、さきの本会議において提出者の説明が終わっておりますので、これより質疑を行います。

 質疑については、要点をまとめた概要的な質疑でお願いします。

 また、決算の認定案件は、決算特別委員会へ付託し審査をお願いする予定です。当該委員の質疑は、ご遠慮いただければと思います。

 では、初めに報告第8号について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、報告第9号について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、認定第1号平成23年度みやこ町一般会計歳入歳出決算の認定についての質疑を行います。

 本件の質疑は、まず、歳出全般についてから行いたいと思います。質疑をされる方は、ページ数と款項目を言ってからお願いします。

 では、質疑のある方いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、歳入全般について質疑を行います。質疑をされる方は、ページ数と款項目を言ってからお願いします。

 では、質疑のある方いませんか。柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 10番、柿野です。私、どっかで、議運でしたか、資料の提出をお願いしとったと思うんですけど、起債の明細ですね、起債といいますか、町債の残高、決算の残高ですね、基金については確かに出ておりますが、起債の残についての資料が、私はこの中にあるもんだと思ってましたけども、それがないので提出をお願いしたいと思います。

 議長、どうでしょうか。



○議長(上田重光君) 吉永財政課長。



◎財政課長(吉永秀信君) ただいまの資料の件でございます。

 決算関係集、お手元に決算書と同時に配付されております。この1ページですね。決算の概要、ここの、B4判で手元に配付しておりますが、この4、その他の欄の中の地方債現在高、政府資金86億8,783万3,000円、その他の資金11億3,838万1,000円、これが、23年度末の現在高の金額でございます。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 明細ですよね、例えば、土木債が幾らとか、というふうな一覧をいただいたことがあるんですよね、今まで。そのことを言ってたつもりなんですけどね。残は、そりゃ、こういうふうに出てますけどね。

 基金の場合は、何々基金、何々基金てありますでしょ。起債については、22年度と23年度の残の比較をしていただいた表があればいいなと思いますけどね。



○議長(上田重光君) 吉永財政課長。



◎財政課長(吉永秀信君) 申しわけございません。詳細な残高の資料等につきましては、早急に準備をいたしまして、皆様方に配付を行いたいと思いますので、今この場にないものにつきましては、申しわけございません、そのように取り扱いをさせていただきたいと思います。



○議長(上田重光君) ほかに、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 以上で、質疑を終わります。認定第1号についての質疑は終わりました。

 次の、認定2号から認定第11号まで10件の特別会計決算認定案件につきましては、歳入歳出全般について、一括で質疑をお願いしたいと思います。初めに、ページ数と款項目を言ってから質疑をお願いします。

 それでは、認定第2号について質疑のある方いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、認定第3号について質疑のある方いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、認定第4号について質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、認定第5号について、質疑のある方いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、認定第6号について、質疑のある方いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、認定第7号について、質疑のある方いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、認定第8号について、質疑のある方いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、認定第9号について、質疑のある方いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、認定第10号について、質疑のある方いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、認定第11号について、質疑のある方いませんか。柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 11号という、限ったものではありませんけども、全体的に、監査委員の監査報告が今回もついておりませんですよね、これ、上程されたときにですね。できるだけ早く出すということを言われておりましたけれども、どういう理由で監査報告が決算の上程に間に合わないのか。前回も、厳しく指摘されたと思うんですね。

 決算特別委員会には、恐らく間に合わしていただけると思うんですけれども、その理由を明らかにしていただかないと、せっかく上程して、決算委員会に参加してない委員の皆さんがどういう資料をもって、これを検討していくかという、大きな資料にもなるわけですから、その理由についてはっきりさせていただきたいと思いますが、よろしいですか。



○議長(上田重光君) 吉永財政課長。



◎財政課長(吉永秀信君) 監査委員さんからの意見書の、詳細な資料の件だと思いますが、この件で、当初で提出がなされてなかった理由につきましては、現在、監査委員その方々は、現在分析中でございます。

 それで、おおむね10月の初旬には提出の予定でございますけれども、本来、法的で申しますと、町長から監査委員に対しまして、監査依頼を受けた日が今年度につきましては、8月17日、それから60日以内に監査委員は、町長に対して意見書及び資料等を提出するようになっております。意見書につきましては、そういったことで早められたと思いますけれども、やはり、詳細な資料等につきましては、やはり、監査委員さんもかなり業務が多大することによりまして、若干おくれているような状況でございます。

 でき次第、監査委員さんも町長に対してそういった資料を提出されますけれども、もう少し時間かかるような状況でございます。何とぞ、御理解のほうよろしくお願い申し上げたいと思います。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 理解していただきたいと理解がちょっと、ですね。というのは、8月17日に町長から依頼をすると、ですね、まあ、出納閉鎖は5月31日ですよね、だから、その時点ではもう決算がきちっとできるという状況でしょう。資料ももちろんそれまでに……。最終的な、5月31日の出納閉鎖の監査は6月にするのか、あるいは7月にするかわかりませんけれども、その後に、8月の17日まで出してくださいという要請ですか、それを8月17日にするというのはどういう意味があるのかなあというふうに思うんですね。

 そうすると、60日以内に監査をきちっとしたものを出すという約束であれば、もう少し早めれば早くなる可能性はあるんじゃないかなというふうに思ったりしてですね。

 ちょっと、理解していただきたいというけど、私たちの議員としての審議に影響が出ているということ、既に、前回の決算の段階でも意見が出ておりましたので、それは改まってないのというふうに受けとめますので、もし改善できる面については、しかるべき理由があってできないんやったらできない、できるんやったらできるというふうに答弁していただかないと、「理解をしていただきたい」だけでは理解できないというふうに思いますが、早めることはできるんでしょうか。



○議長(上田重光君) 吉永財政課長。



◎財政課長(吉永秀信君) まず、決算についてでございますけれども、決算は会計管理者から出納閉鎖、5月31日で閉鎖いたします。それから、町長に対して、会計管理者は3カ月以内、いわゆる8月いっぱいまでに町長に提出すればよいことになっております。

 しかし、現実は、8月末までじゃなくて、会計管理者も早々に急がれて町長に提出されているような状況です。それをもって、町長が監査委員に対しまして監査依頼を、今年度については8月17日に行ったわけでございます。

 それから、監査委員の方々は、それぞれの各担当課におきまして決算の概要の説明等を受けながら審査するわけでございまして、そしてその後、監査委員のそれぞれの数値の分析等を行って、町長に報告する、という手順になっておりますので、出発点の会計管理者が、やはり3カ月というタイムリミットございますけれども、それをいかにスピーディーにやるかというのが、それに努力することによって若干の、9月の定例の当初に提出ができる可能性もあるということでございました。

 現実、今年度にしてもそこのとこがちょっとおくれたような状況となっているんですけども、あと内部でそこのところを今後、ちょっと努力を行ってまいりたいというふうに考えております。



○議長(上田重光君) 財政課長ね、これ、前回の、たしか、決算のときも指摘がありましたよね。それで、監査の方と合い議をして、こういう理由でできんならできんと、日数的に無理だという返答をいただいて、きょうの場の回答をするような、あれでしてほしいんですがね。また、次回も同じ結果と思う。多分、60日以内というのはちょっと日数的に無理がある。その理由を監査の方と協議なさって、また次年度の決算のときに、この質疑があったときにそういう答弁の仕方をお願いしたいんですがね。よろしいですか。



◎財政課長(吉永秀信君) はい。



○議長(上田重光君) 柿野議員、それでよろしいですか。



◆議員(柿野義直君) はい。



○議長(上田重光君) ほかに、質疑はありませんか。柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 決算委員なんで中については触れませんが、今の関連なんですけど、期日的にはそれで大丈夫なんですね。法的に、期日的には。

 ただ、監査委員から町長の受け方ですね。受け方はどのようにされるんですか。例えば、この、監査委員2名の方から意見書ということで、こういう数値的なものを示して、町長のほうが受けるかと思います、どういった監査ということで。

 それで、監査意見書ちゅうんは、そのままずばり監査の意見書を反映したものが作成されるんですね。だから、町長に差し出すときにはそのものを出すものか、それとも意見を添えて町長に出すんか。そして、町長が「はい、わかりました」と受け取るもんか。そういったとこは特に実務的にどうなんですかね。

 来年度出せるといっても、出せんかもわからんですよ、それ。そういって、出せるっちゅったって。だから、こういうのは早目に早目に決算をしようということで、それは十分にわかるんです。だけど、抜けながら早目にしてもどうしようもならないと思うんですよ。

 だから、数値見たって、これでわからないですね。意見書見て初めて監査委員に、意見書がああ、こうだったな、こうだったなということが「はい、わかりました」ちゅうことになると思うんですけど、そこら辺はどうなんですかね。



○議長(上田重光君) 吉永財政課長。



◎財政課長(吉永秀信君) 監査委員さんの、そういった資料につきましては、やはり町長より監査委員に対して依頼をする期日を早める、そういうことによって、監査委員さんからはそういった意見の詳細なる資料等が期日に間に合うんじゃないかなと、そういうふうに思うわけでございます。

 そのためには、やはり会計管理者からいかに早く町長に報告するかということが、その原点そのものを早めると。監査委員さんそのものの業務につきましては、町長から監査委員に対して依頼があれば、必要の日数というのは最小限限られておりますので、出発点を早めると、もう、それに尽きるしかないかなと思っているような状況です。



○議長(上田重光君) ほかに、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) これで、質疑を終わります。

 以上で、決算認定案件の質疑を終了いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.議案の付託



○議長(上田重光君) 日程第2、議案の委員会付託。

 既に、議会の議決で決算特別委員会を設置しております。

 つきましては、認定第1号から認定第11号までの平成23年度決算認定案件11件を、決算特別委員会に付託したいと思いますが、御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、認定第1号から認定第11号までの決算認定案件は、決算特別委員会に付託を行います。

 なお、委員会においては閉会中の審査となりましょうが、十分に審査いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。

 本日は、これにて散会といたします。

 原田和美議員。



◆議員(原田和美君) すいません。もう決算の認定が終わりましたので、これ、18日に質問するんがいいんじゃないかなと思って。きょうも、ちょっと時間が早いもんで、町長にお伺いいたしますけど、皆さんも知っちょるように、豊津の第一処理場ですかね、公共下水道の第一処理場が、解体したまんまになってますね。

 それ、解体したまんま埋めてもないし、何もしてないので、子供さんとか、年寄りの方が落ちたらどうするかて、地元の方からちょっと相談を受けたんですよ。それで、自分も見に行ったんですけど、それ大変、柵っても手すりをつくっちょるだけであって、大変簡単な柵でありますので、ちっさい子供さんとか、年寄りのじいちゃんだち落ちたら、深さが4メーターか5メーターぐらいありますので危険なところとなっておりますので、どうしてこういう状態になったのかと元請の業者の方に聞いたら、予算がないので町が補正予算を組んでいただくまで待ってくれないかということで、今待ってますということになっていますので、早く予算をつけて、どうかしてくださいということのあれが来てますが、どういうふうにしますかね。



○議長(上田重光君) 大束英壽議員。



◎議員(大束英壽君) きょうの提案が終わりましたので閉会をして、担当課と町長、副町長ぐらいで話をしてほしいと思います。



○議長(上田重光君) 原田議員、それでよろしいですか。



◆議員(原田和美君) いいです。



○議長(上田重光君) はい。

────────────・────・────────────



○議長(上田重光君) 以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。

 本日は、これにて散会といたします。お疲れさまでした。

午前10時24分散会

──────────────────────────────