議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 23年第5回定例会(12月) 12月14日−03号




平成 23年第5回定例会(12月) − 12月14日−03号









平成 23年第5回定例会(12月)


───────────────────────────────────────────
平成23年 第5回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第9日)
                             平成23年12月14日(水曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第3号)
                         平成23年12月14日 午前10時00分開議
 日程第1 一般質問
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 一般質問
──────────────────────────────
出席議員(15名)
1番 橋本 真助君       2番 柿野 正喜君
3番 中山 茂樹君       4番 小田 勝彦君
5番 田中 勝馬君       6番 飯本 秀夫君
7番 中尾 昌廣君       8番 金房 眞悟君
9番 大束 英壽君       10番 柿野 義直君
11番 熊谷みえ子君       13番 中尾 文俊君
14番 肥喜里和隆君       15番 浦山 公明君
16番 上田 重光君                
──────────────────────────────
欠席議員(1名)
12番 原田 和美君                
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 廣末  豊君     書記   檜垣 文子君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
教育長 ………………… 松田 憲太君   総務課長 ……………… 久保 良美君
財政課長 ……………… 吉永 秀信君   建設課長 ……………… 森下 高志君
総合政策課長 ………… 村上 重範君   住民課長 ……………… 長野 正美君
健康づくり課長 ……… 中村 雅裕君                     
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
教務課長 ……………… 山本 淳一君   生涯学習課長 ………… 柿野 善広君
介護保険課長 ………… 中村 政弘君   税務課長 ……………… 中嶋 純男君
住宅管理課長 ………… 有馬 善徳君   徴収対策課長 ………… 北野 満典君
産業課長 ……………… 山下 茂治君   生活環境課長 ………… 中原 裕二君
上下水道課長 ………… 高尾 和彦君   伊良原ダム対策課長 … 立花 博美君


──────────────────────────────

午前10時00分開議



○議長(上田重光君) おはようございます。ただいまの出席議員は14名です。したがいまして、定足数に達しております。

 ただいまから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付のとおりであります。

────────────・────・────────────



△日程第1.一般質問



○議長(上田重光君) 日程第1、一般質問を行います。

 通告順により質問を許可します。

 通告順位1番、議席番号5番、田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 皆さん、おはようございます。5番の田中勝馬でございます。本日は、傍聴の皆様、年末の大変お忙しい中、早朝よりお出でをいただきまして、まことにありがとうございます。

 私ども、議会といたしましても、議会改革の一端といたしまして、12月議会より、本庁のロビーあるいは豊津支所、犀川支所のロビーにおきまして、テレビ放映をいたしているところでございます。町民の皆様方に、議会の内容を知っていただき、また、あるいは見ていただき、さらなる御意見、御要望をいただければ幸いかと思います。私たち議会といたしましても、町民の代表として、町政の場に反映させていただき、町長の目指している「日本一元気なまちづくり」に邁進する所存でございますんで、どうか今後ともよろしくお願いをいたします。

 それでは、議長のお許しをいただいておりますんで、早速本題に入らせていただきます。

 今回は、たくさんの御意見、御要望をいただいておりますが、その中から、大きく分けて5点、質問させていただきます。

 まず、1点目は少年非行防止対策、2点目は放課後児童クラブ、3点目は保育所の民営化、4点目は帆柱キャンプ場の整備、5点目は公共施設の有効活用について、質問をさせていただきます。

 初めに、教育長には、先般12月5日、6日のテレビ、新聞等で報道されました先生の飲酒運転という不祥事の事件の問題に対し、辞表まで提出されているということをお聞きいたしました上で、このような質問をするのも、大変、私としては心を痛め、通告を取り下げようかと思いましたが、今後の学校現場のためになるものと思い、あえて質問させていただくことになりましたので、その辺をどうぞ御理解のほど、よろしくお願いを申し上げます。

 まず初めに、少年非行防止対策について、質問をいたします。

 社会構造及び社会経済情勢の変化に伴い、核家族化の進行、夫婦共稼ぎ家庭の増加により、子供が学校から帰宅しても保護者であるべき親がいないことなどから、少年の非行化は年々増加の傾向をたどり、また低年齢化しつつあるとことが心配される現状にあります。

 みやこ町におきましても、数年前には校内暴力事件、あるいは最近では喫煙等が増加の傾向にあると言われております。次代を背負う青少年を健全に育成することは、家庭、学校、社会の3者の責任であると考えますが、3者がそれぞれの責任にどういうふうに対応しているか、またどう対応しなければならないかについて、教育長の所信を賜りたいと思います。

 そこで、1点目といたしまして、家庭環境はどうか、改善策はどのようにされているかということについてお伺いをいたします。

 非行化防止に果たすべき家庭の責任も重大であると考えますが、いわゆる非行少年の育っている家庭は、どういう環境であり、非行がはぐくまれる共通点があるのかについて、例えば、地域的に見てどの地区が多いとか、親の所得階層あるいは共稼ぎ家庭に多いとか、あるいは片親の家庭に多いとかいった家庭環境に起因するものがあるのかないのか、もしあるとすればみやこ町としての改善策をどのようにされているかということを、まずお伺いをいたします。

 2点目は、教師に防止策をどのように指導しているかということをお伺いしたいと思います。学校の問題でありますが、非行化した生徒、児童に対して、教師は避けて通り、これを真正面から受けとめて、改善のために努力する姿勢は余り見受けられないのではないでしょうか。こうした教師のあり方に対して、教育委員会ではどのように指導しておるのか、お伺いをしたいと思います。

 3点目は、教育環境向上対策についてお伺いいたします。

 小学校の保護者から、地元の中学校へ進ませるべきかどうかと考えさせられましたというお話をお聞きいたしております。教育環境では、精神面において、安心して勉強に集中できる環境を望むといったことが聞かれる中、地元中学校への進学率の現状と、教育現場における先生と生徒の信頼関係を築くための人づくりに、教育長の御見解をお伺いしたいと思います。

 次に、放課後児童クラブの児童の受け入れについてお伺いしたいと思います。放課後児童クラブ、放課後児童健全育成事業について質問いたします。

 平成13年12月20日、厚生労働省は、それまで原則としていた小学校低学年3年生とされていた放課後児童クラブの対象児童を、4年生以上の児童も積極的に受け入れるよう通知されております。これは、仕事と子育ての両立支援策についての閣議決定に基づく通知であります。

 みやこ町には、豊津に寺子屋、勝山、犀川には児童クラブがあり、子供たちに安心・安全な居場所を確保し、家庭との連携を図りつつ、適切な体験、遊びや生活の場を与え、自立を促し、生きる力をはぐくみ、児童の保護及び健全育成と、保護者の、特に女性の社会参画を図ることを目的として取り組まれております。

 このことに関して、本町の児童クラブの体制についてお伺いをいたします。第1点は、児童クラブの利用状況についてお伺いしたいと思います。町内の各児童クラブ、犀川、勝山、豊津寺子屋の定数と利用状況はどのようになっているのか。2点目は、4年生以上の利用状況についてお伺いします。4年生以上の児童の受け入れ状況と受け入れ可能な人数をお知らせ願いたいと思います。3点目は、今後の整備計画についてお伺いをいたします。国は、施設整備のため、予算措置も打ち出していますが、こうした児童を受け入れる施設整備など、今後どのように受け入れ態勢を整えていこうとお考えなのかについて質問をいたします。

 次は、黒田保育所で何が変わるかということについて質問いたします。

 平成24年4月から、社会福祉法人和泉会に委譲方針を11月14日の全員協議会において報告がありました。民営化後の保育所のあり方についてお伺いをいたします。

 幼稚園と保育所の連携についてでございますが、幼稚園でも夕方まで子供を預かってほしい、また保育所でも、小学校入学前の教育を充実してほしいなど、さまざまな要望があります。国も長時間保育を公認したり、そのための予算を措置しております。しかし、長時間保育のノウハウも、幼稚園では十分ではありません。1人が受け持つ子供の数も、幼稚園と保育所では異なっております。幼稚園と保育所を併設したり、一体化カリキュラムの採用に踏み切ったところでは、10年以上も前から、幼稚園教師と保育士の両方の資格を持った方を採用するなど、綿密な取り組みが行われていると聞いております。そうでなければ実現は難しいということだと思います。

 今後も、少子化と女性の社会進出が進む中で、要望は多様化する一方でありましょうが、十分な準備もなしに、長時間保育をしますということでは、子供が不幸になります。将来を見据えた職員の採用、施設の整備をしていかねばならないと思いますが、このような多様化に対応した幼保一元化計画をお持ちであるかどうかについてお伺いをいたします。

 次は、民営化による財政負担の経費節減の活用方法についてお伺いをいたします。

 町は、保育所民営化を推進し、保育サービスの充実を図るとしている、また、民営化による財政的経費削減メリットを生かして、早朝保育や延長保育、さらには保育料の一部助成等が考えられますが、子育て事業の充実につながると説明されていますが、具体的にはどのような施策を考えておられるのか、ことしの10月1日より、子供医療費支給体制を活用されました。助成を中学校卒業までの医療費自己負担の無料化を、高校卒業次第まで事業を拡大していただき、子供医療の一部を助成し、生活基盤の安定化を図るとともに、子育て支援の大きな目玉として成果を上げておられます。

 私は、民営化によるメリットを生かして、例えば、インフルエンザの予防接種等の助成事業を実施することは、子育て支援の1つの方法と思います。毎年、厚生労働省の調べでは、10人に1人の子供がインフルエンザにかかっていると聞いております。また最近、北九州のほうにおいても、戸畑の小学校では、風邪による休校がされているというようなことも報道されております。このようなこともいろいろございますが、ほかにも何か支援策をお考えになってるかどうかについて、町長の御所見を賜りたいと思います。

 次は、蛇渕キャンプ場の整備についてお伺いをいたします。

 蛇渕キャンプ場は、緑と清流に囲まれ、四季折々の彩りを見せる豊かな自然に恵まれた環境、抜群に美しいところでございます。伊良原ダムの水源地域対策特別措置法、水特法に基づいて、地域振興事業が計画されまして、帆柱に森林環境保全基盤対策事業、町営森林総合施設として蛇渕キャンプ場が整備され、平成21年4月にリニューアルオープンされました。自然環境を生かした体験学習を中心に、青少年の育成を目的とした活動の展開、あるいは夏休み、冬休みは、親子にとって一緒に遊び、学び、体験し、親子、家族の触れ合い、コミュニケーションをふやす、深めるとともに、新しい体験をする絶好のキャンプ場として利用されています。最近ふえている体験型の学習教室や、自然体験イベント、宿題の調べものなど、子供と一緒になって遊ぶ、学びながら過ごす時間を非常に大切にされているとお聞きいたしております。

 大変すばらしいキャンプ場、森林公園として住民のレクリエーションの場として、また町外の来客者との交流の場として活用するためには、広い空間、イベント、コンサート等ができる広場の確保と子供の遊び場、体験する場、大人も子供も楽しめる場所が必要不可欠となっていますが、残念ながら、今の蛇渕キャンプでは、そのような設備が整っていないというのが現状でございます。

 お客様のニーズに合った環境整備を整えることによって、さらに町内外の多くの人たちに利用していただくことによって、来てよかった、また来てみたいと言われるような施設にする必要があるのではないかと思います。例えば、こだま荘横の山の山林に、子供の遊び場、例えばそりスキー、または五右衛門風呂等を設置し、間伐材を利用してふろを沸かす体験をさせるとか、自然で触れ合える散策道路の整備、野鳥の観察、昆虫狩り等ができる施設整備が必要となります。そのための予算措置を求め、町長の御所見を賜りたいと思います。

 最後になりますが、公共施設の有効活用についてお伺いをいたします。

 11月の26日に開催されました古墳フォーラムにて、第1部「日本考古学の父ウイリアム・ガウランドの足跡」という題で、後藤和雄先生、大英博物館特別研究員の基調講和がございました。2部といたしまして、トークイベント、パネルディスカッションがありまして、パネラーは、井上町長初め、後藤和雄、大英博物館特別研究員、また須曽明子先生、帽子作家・イラストレーター、また次は、吹上剛一先生の地域情報化プロデューサー、コーディネーターといたしましては、藤原恵洋先生、九州大学大学院教授の皆さんで、「見つめてみよう!見つけてみよう!我が町の宝物」、「発見!発信!みやこ町の文化資源」と題して、ディスカッションが行われました。トークイベントの中で、出演者から貴重な御意見を聞かされました。中でも、須曽明子先生から、みやこ町は大変緑豊かで、新鮮な野菜、新鮮な食べ物が豊富で、また安い。とても魅力あるみやこ町、すばらしい町として好評をいただきましたが、その明子先生から、この新鮮な野菜を使ってお料理をしたい、食べてみたいと、また泊まりたいということを思いましたが、残念ながら、このみやこ町においては宿泊場所がないという指摘を受けました。私もそのとき、ああ、そうか、そういえば、考えてみると、みやこ町には民宿も旅館もないなということに気づきました。幾らみやこ町をPR、宣伝しても、お客様に来ていただいて、泊まるところもないようでは、みやこ町の発展はまだまだこれからだなということを思いました。私は、そのときふと思いついたことは、空き家を利用したゲストハウスとか、あるいは公共施設を有効活用した宿泊施設ができないものかと思いました。

 例えば、犀川のいこいの里にあります文化芸能館、通称開かずの間と言われるほど使用頻度が少ない、ほとんどといっていいほど何も使用されていない、以前から同僚議員から何度も指摘をされております。私は、いこいの里に行くたびに立ち寄ってみますが、障子は破れたままになって、その後使用された形跡は余り見られないのでございます。大変すばらしい環境の中に、立派な日本庭園つきの日本間があり、活用されていないことは、たとえ公共施設といえども、もったいないと言わざるを得ません。

 今後、さらに公共施設の問題については真剣に検討しなければならない時期に来ているものと考えます。有効活用できるものについては思い切った発想の転換をされる必要があるのではないかと思います。

 ところで、来年度の予算の中に、犀川のいこいの里にあります文化芸能館を宿泊施設に改造するための予算措置を検討していただきたいと思います。幾らみやこ町をPR、宣伝してもお客様に来ていただいても、泊まるところがないようでは、みやこ町の発展にはつながりません。立派な日本庭園つきの文化芸能館を宿泊施設にすることによって、隣には大浴場、大広間、図書館、外には公園、池、散策道路、大駐車場等、最高の環境にあります。町内外へのお客様の宿泊施設として、また研修施設として、お客様の接待する場所としても、またいろいろな懇親会等にも使える最高の場所として生かされるものと思いますが、町長の御所見を賜りたいと思います。

 以上で、第1回目の壇上からの質問を終わらせていただきます。



○議長(上田重光君) 松田教育長。



◎教育長(松田憲太君) 失礼いたします。田中議員さんのまず第1番目の質問についてお答えいたします。

 まず1番目の質問の最初でございますが、家庭環境はどうか、改善策はということでございます。

 非行というのが生まれる共通点としては、望ましい家庭環境にない場合が多いということです。改善策としては、家庭での対話、家族みんなの食事、基本的な習慣を身につけるなど、保護者に理解を得るため、各学級、各学校はもとより、教育委員会としましても、リーフレットを作成して、地域、保護者、そういう方々の理解を求めて、非行防止に取り組んでおります。

 また、学校以外では、青少年育成町民会議で、月1回、毎月第3水曜日に夜間パトロールを、犀川地区、勝山地区、豊津地区の3地区で実施し、見守り隊による登下校の安全確認、指導とともに、非行防止に取り組んでおるような次第でございます。

 なお、望ましい家庭環境にない場合ということで、御質問がありましたけども、考えてみますと、それから子育ての責任を持たない、例えば、門限を設けない。3番目としては、しつけや養育を放置しておるというような保護者に多いと思います。

 続きまして、2点目、教師に防止策などをどのように指導しておるかというようなことでございます。

 非行化した生徒、児童に対し、すべての教師が、避けて通っているわけではなく、真正面から受けとめて、改善のために努力をする教師も多くいることを把握しております。

 防止策としては、全学校に対し、危機管理マニュアル、これを作成させ、特定の職員が対応するのではなく、全職員が対応できる体制づくりを指導しております。体罰的な指導が禁止されていることから、子供を認める、子供を励ます、子供をほめるなどの、子供たちと信頼関係を築くように、各学校に働きかけております。また、授業を妨害する等の生徒に対しては、保護者、地域、関係機関との連携を図るとともに、学校から出席停止の要望を提出するように指導を行っております。

 続きまして、第3点目、教育環境の向上対策はという御質問に対しましてお答えをいたします。

 地元中学校への進学率は、本年度、勝山地区99%、豊津地区80%、犀川地区79%になっており、育徳館中学校への進学29名、私立中学校への進学4名、202名中33名が、校区外中学校に進学しております。

 教育環境における先生と生徒の信頼関係を築くための人づくりについては、授業や特別活動等、すべての教育活動で、積極的な生徒指導の3つの機能としましては、自己決定の場を位置づける、自己存在感を与える、共感的な人間関係を育成するを重視した対応を行うように指導を行っております。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。田中議員の質問にお答えをいたします。

 放課後児童健全育成事業、児童クラブとの利用状況についてでございますが、現在、みやこ町では、小学校児童に、放課後の安全・安心な居場所を確保し、遊びや生活の場を与えることを目的として、犀川、勝山地域では、放課後児童クラブ、豊津地域では寺子屋事業を実施しております。

 児童クラブの開所期間は、平日は放課後から夕方まで、土曜日は朝から夕方まで、日曜、祝日及び年末年始は休みとなっています。一方、豊津寺子屋では、平日は放課後から夕方まで、土曜、祝日及び春休み、冬休みは休みとなっています。また、夏休みは、豊津地区の3小学校で、それぞれ実施をしております。

 児童クラブでは、家庭学習の一部をクラブの時間を利用して行ったり、クラブの児童と遊んだりして過ごしております。豊津寺子屋では、それに加え、独自の指導プログラムに基づき、地域の有志指導者による、さまざまな体験や学習を体得することができます。対象児童についても、児童クラブでは、おおむね10歳未満の児童ということで、小学校3年生までの児童としています。一方、豊津寺子屋では、6年生までの児童を対象としております。

 利用児童数につきましては、児童クラブ、寺子屋ともに徐々にではありますが、増加傾向にあります。児童全体の人数は減少していますが、共働き世帯や、一人親世帯の増加が要因にあると考えられます。

 4年生以上の利用者状況につきましては、担当課長のほうから答弁をさせます。

 次に、放課後児童健全育成事業、今後の整備計画はということですが、国では、児童クラブの施設整備につきましては、補助要綱を定め、現在実施しております。みやこ町でも、年々増加している利用児童に対する対応、また対象学年を上げてほしいとの保護者からのニーズなども踏まえ、補助などを有効に活用し、対応していこうと考えております。

 次に、保育所民営化についてでございますが、従前において、小学校就学前の保育機関は、文部科学省所管の幼稚園と厚生労働省所管の保育所に分かれており、幼稚園は教育機関なので、基本的には給食がなく、教育時間も4時間程度に限られました。それに対し、保育所は給食施設を持ち、長時間保育を原則としております。近年、保護者の就労形態が変化し、全国的には通常の教育時間の前後や、長期休業期間中に行う預かり保育など、保育所的な性格を持つ幼稚園が増加しつつあります。

 その一方、保育所でも、幼稚園並みの充実した保育所を求める保護者も多く、そうした状況に対応しまして、幼稚園と保育所の境界をなくし、両者を統合した施設を求める動きが強まったことを背景に設置されたのが認定こども園であります。認定こども園には、幼稚園と保育所を融合させた幼保連携型、幼稚園で長時間保育を行う幼稚園型、保育内容を充実させた保育所型、認可保育所を充実させた地方裁量型の4タイプがあり、きめ細かな対応も可能と思われます。今後、認定こども園が就学前保育の主要な施設になることが期待されておりますので、実施の検討を行ってまいりたいと考えております。

 続きまして、保育所民営化をした際、子供たちの医療の無料化等についての質問があったかと思います。

 私も、保育所民営化には賛成、反対の問題もありますけども、みやこ町におきまして、子供たちを安心して育てられる、そして医療等の無料化、特にそういう経費がかからないようなことを考えるべきではないかということを考えまして、私は保育所の民営化を考えているところでございます。まさに、田中議員から御指摘がありましたように、平成23年10月から、高校生まで子供医療費の一部の助成を拡大をいたしました。今後、子供たちのインフルエンザ予防接種も、こういう保育所が民営化をすることによって、私は助成をしていきたいというふうに考えております。本当にいい御指摘だったのではないかというふうに思っております。

 次に、帆柱キャンプ場の整備でございます。キャンプ場は、平成21年、4月にリニューアルオープンをしましてから3年目になります。同時に、キャンプ場のこだま荘につきましても、期間限定で宿泊もできるよう施設整備をし、両施設の並行使用を可能とし、利用者のアップを図っています。管理運営につきましては、いずれの施設も、指定管理者制度により、みやこ森林組合と契約を締結しています。四季を通じ、各種イベント等を企画し、集客を図っていかなければいけないというふうに考えております。先ほどの御指摘のことも、今後、考慮していきたいというふうに考えております。地域を活性化させるためには、交流人口の増加を図ることが必要です。御提案につきましては、交流人口増加などの提案として受けとめさせていただきたいと考えております。

 ただし、環境整備につきましては、キャンプ場の立地場所が、耶馬日田英彦山国定公園第3種特別地域に指定されておりますので、県知事の許可を必要とします。今後は関係機関と協議を行い、その必要性や経済効果、事業に際しての財源等も十分検討をしまして、壊さない自然公園の保護も含め、整備を進めていきたいと考えております。

 次に、公共施設の有効利用、いこいの里を宿泊施設に。先般、先ほど田中議員からも御紹介がありましたけども、11月26日に古墳フォーラムを行いました。また、人権週間には、もう行いましたが、きょうお見えの皆様には御参加をいただきまして、まことにありがとうございました。

 そこで、私もパネラーとして出席をしまして、須曽明子さんという帽子作家またイラストレーター、そして大学時代から「ひとり古墳部」と、大変古墳に興味を持って、全国の古墳を見て歩いてるという方でございますが、その中でお話がごさいました。私も、一番痛いところを突かれて、本当にそうだなというふうに思いました。田中議員も出席をされていましたので、そのように感じたんではないかというふうに思うんですが、その際、私は、キャンプ場がありますと言われたら、キャンプ場は遠いですと、みんなの前で言われて、赤面をしました。

 そこで、先ほどの議員指摘の犀川いこいの里、これも直ちに副町長初め、関係の担当課長と現場を、前も行きましたけども、さらに見に行ってまいりまして、このいこいの里を何とかうまく利用できないのかなと、この芸能館、何とか利用できないのかなというふうに考えております。

 そこで、今、みやこ町行財政集中改革プランにより、3福祉施設の統廃合を含めた見直しを行っているところでございます。いこいの里につきましても、今後福祉施設として残すのか、また、第3セクターによる運営による宿泊施設等に変えていくのかということを検討しているわけでございますが、いずれにいたしましても、文化芸能館をうまく利用していきたいし、また今、空き家調査も行っておりますので、そういうところが都会から来た方に、みやこ町でおもてなしができないのかなということを考えております。このことにつきましても、前向きに検討していきたいというふうに考えております。



○議長(上田重光君) 長野住民課長。



◎住民課長(長野正美君) 先ほど、町長の答弁の中で、4年生以上の利用についての分について、担当課のほうから報告をさせていただきます。

 回答の中でありましたように、児童クラブは1年生から3年生の利用というのが原則となっております。

 この中で、現在4年生以上の方で、児童で利用されている方は1名いらっしゃいます。その理由は、障害を持たれた方、学校で特別支援学級に在籍されてる方の1名が、現在、5年生です。家庭での留守番等ができないという、そういう理由から、受け入れをさせていただいております。

 以上です。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 学校問題につきましては、先ほど教育長のほうから御答弁をいただき、学校としても、教育委員会としても一生懸命健全育成に努めていただいておるというような、お聞きいたしました。

 まず、ここでお聞きしたいのは、まず教育長と議会との関係についてちょっとお伺いしておきたいと思います。

 教育長と議会との関係は、教育行政における住民自治の観点から、極めて重要であり、教育長がみずからの教育行政について説明責任を果たす上で、議会における質疑に対する教育長との答弁は大変大きな役割を果たしており、教育長は議会を通じて住民に対する説明責任を積極的に果たしていくことが望ましいと、このようにある文句にはうたわれておりますが、この点についてはどのようにお考えでしょうか。ちょっとお伺いします。



○議長(上田重光君) 松田教育長。



◎教育長(松田憲太君) 説明責任につきましては、大切だと考えております。



○議長(上田重光君) 田中議員。



◆議員(田中勝馬君) 大切だということでございますんで、じゃあ次の質問に入ります。

 青少年非行防止対策についてお伺いしますが、学校指導教育といたしまして、非行防止を目的としたような施策、地域活動等の計画はされてるかということで、先ほども少しされてるということを報告いただきましたが、例えば、非行問題等をテーマにした、中学生に対する非行防止教育、あるいは思春期の子供、子育て支援ための保護者に対する働きかけの実施、あるいは問題を抱えた生徒への指導方法について、教師との個別協議の実施等はされているのかどうか、この点についてお伺いいたします。



○議長(上田重光君) 松田教育長。



◎教育長(松田憲太君) その点につきましては、今後やらなければいけないということで、取り組んでいきつつあるわけでございますけれども、実際にはなかなか現場のいろいろな面に振り回されまして、そこまでは行ってないというのが現状でございます。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) ぜひ前向きに取り組みを進めていただきたいと思います。

 次に、学校に対する教育委員会、教育長の支援についてお伺いいたします。

 学校での事故、生徒指導上の問題が発生した際、学校だけでは対応が困難な場合があると思います。このような場合、教育長が学校と連絡を密にして、必要に応じて職員を派遣する、支援をすることが必要だと思います。

 教育長は、校長や教頭を通じて学校現場の意見を吸い上げ、施策に反映することが望ましいと言われておりますが、この点についてはいかがお考えでしょうか、お伺いします。



○議長(上田重光君) 松田教育長。



◎教育長(松田憲太君) その点につきましては、みやこ町教育委員会としましては、指導主事がおられまして、学校の報告を受け、私、教育長のほうに報告をされた後は、すぐに指導主事が対応、もっとも、私どもは課長、教育長という形で受けておりまして、指導主事が対応しておりますし、そういうような対策につきましては、私どもの手に負えないときには、県の教育委員会に報告するとともに、関係団体である、例えば警察及び児童福祉相談所、こういうところにも協力を得ております。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 綿密な調整をして、学校現場の意見等吸い上げて、問題が起きればその都度、県のほうにも指導をお伺いしてやっているということでございますので、それはそれで結構だと思いますが。

 では、12月5日のテレビ、6日の新聞に報道されました中学校の教師の酒気帯び運転の件、またあるいは10月半ばだったと思いますが、生徒による先生に対する暴行事件、あるいは喫煙、火災、いろいろ問題が起きておりますが、このような件について、報告を受けてるかどうかお伺いをいたします。



○議長(上田重光君) 松田教育長。



◎教育長(松田憲太君) 今、お話のありました生徒に対することにつきましては、私どもは全部報告は受けております。それで、対応もしましたし、相談にも乗っております。

 しかし、残念ながら、12月の5日の日に報ぜられました件につきましては、私どものほうには、何もわかってないというのが実情でありまして、新聞報道等の報告のとおりでございます。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 生徒の問題については、その都度報告を受けているということだが、残念ながら、今回の飲酒運転の件につきましては、報告を受けてなかったということで、報道をされましたが、2カ月半も報告がおくれたというようなことは、私思うは、教育委員会、教育長と学校との関係に問題があったのではないか、だからそういうふうにおくれてるんじゃないかということを、私は思うわけでございますが、常日ごろから教育委員会、教育長、学校との連絡を密にし、学校現場の意見を吸い上げ、施策を反映することが望ましいと言われておりますが、これは報告が遅れたということについては、その辺について、学校との教育委員会、教育長との関係はどのようであったかという点について、ちょっとお伺いをしたいと思います。



○議長(上田重光君) 松田教育長。



◎教育長(松田憲太君) お答えいたします。

 私どもは、学校に対しましては、月1回、必ず校長会というのを持っておりますが、それで学校のほうにいろいろ指示をし、また私どもの恣意であらんっていうか、これは各学校ごとということにつきましては、学校の校長先生を中心にお話し、徹底していただくようにしております。

 今回のことにつきましては、1つも、私ども、校長先生のほうからも上がってきませんでしたし、文部省のほうから県の教育委員会を通して、報じられて、それから私どもが知ったというようなことで、そのことにつきましては、十分ではなかったし、私どもも知らなかったじゃ済まされませんから、考えていろいろ対応しておったような次第でございます。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 今回の場合はもうさておきまして、次回からは2度とこのようなことのないように、やはりみやこ町という名前が出るだけで、せっかくみやこ町ということ、ええほうにPRしとるのに、悪いイメージが起きるということでございますので、その辺も十分、また今後、教育委員会と教育長と学校関係との連絡を密にしていただきたいと思います。

 冒頭に申し上げましたが、私ども、議会には何の報告もございませんでした。執行部と議会との関係について、どのように考えているかということで、先ほどのこの事件の問題は、その都度報告があったということを、教育長今おっしゃいましたが、私どもも、いろいろ町民の方、父兄の方から、こうこうこういう問題があったということをその都度、私も文教厚生常任委員会の委員長として、を使っておりますんで、そういうふうな連絡をいただくわけですが、教育長のほうからは、何の、我々には報告もなかった、報告する必要はないと言えばそれまでかもしれませんが、憲法第93条2項では、地方公共団体の長と議会の議員は、住民が直接選挙で選出する二元代表制をとっており、執行機関と議会は対等の関係に立ち、お互い緊張感を保ちながら、協力し合って自治運営に当たる責任を有しているとなっております。これは、町長に当たるかも思いませんが、教育長でも同じ立場ではなかろうかと、このように考えるわけでございます。私は、であればなぜ、どんな小さなことでも報告をしていただけなかったか、また決して大きな問題にする必要はないにしても、せめて議長、副議長、我々文教厚生常任委員長ぐらいまでは情報を入れてくれてよかったのではないかと思います。私が考えるには、このような状態であれば、全く我々議会軽視、またあるいは議会無視としか我々としてはとれませんが、この辺について教育長のお考えをお伺いして、学校問題については終わりたいと思います。



○議長(上田重光君) 松田教育長。



◎教育長(松田憲太君) 今御指摘の点は、まことに申しわけないことだと思って反省しておりますし、教育委員会には、学校から出てまいりましたものは必ず報告し、県のほうにも報告し、文部科学省のほうにも集計をしとるというのが現状でございますが、議会関係につきまして、学校から出ましたものは、私が教育長になりましてからは、大きなことにつきましては、お話は聞いていただいたことはあると思うんでございますけれども、それ以外のことにつきましては、余りされてなかったと反省しております。今後はそういうことのないように、今御指摘のような事件というか、不祥事が起きた場合には、早急にお知らせ、文教厚生委員会等にしてまいりたいと思っておりますし、私も今まで、そういうような、余りなかったもんですから、失念しておったような次第でございます。今後は、そういうことのないように気をつけたいと思います。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) ありがとうございました。ぜひ、その方向によろしくお願いしたいと思います。

 次は、寺子屋と児童クラブの問題について質問させていただきます。

 まず、寺子屋事業と児童クラブとの予算についてお伺いすると同時に、寺子屋事業と児童クラブの子供たちに対する教育面、教育環境面からして、どちらが子供の健全育成に効果があるのかいうことと、豊津寺子屋では参加費用100円、夏休みは200円、また保護者の保険を負担として500円取っておりますが、勝山、犀川の児童クラブの参加費等はどのようになっておるのかをお伺いしたいと思います。(発言する者あり)



○議長(上田重光君) 長野住民課長。



◎住民課長(長野正美君) 申しわけございません。ただ今の質問につきましては、担当課のほうから報告をさせていただきます。

 寺子屋事業の予算といたしまして、平成23年度は735万3,000円、児童クラブにつきましては、児童クラブ、今実施しておりますのが5施設ございまして、総計で2,398万円であります。そして、参加費につきましてですが、寺子屋につきましては、委員長のほうから質問の中でありましたが、ちょっと訂正がありますので、こちらのほうからします。日額が平日の分で200円です。夏休みにつきましては、日額が300円になります。保険につきましては、年額が600円。それと、児童クラブにつきましては、犀川地区にあります児童クラブにつきましては、一般世帯が月額5,150円となります。内訳は、保育料3,000円、おやつ代2,000円、保険料が150円、合計で5,150円。母子等の場合は、月額が3,650円となります。これは、保育料が3,000円が1,500円となりますので、その分で差が出ております。生活保護世帯につきましては、月額が2,150円、これは保育料の3,000円がゼロとなります。勝山児童クラブにつきましては、日額が300円、ただし1月の参加費が6,000円を超える場合は6,000円となります。

 もう1つの御質問の中で、児童クラブとしての寺子屋との成果、その中身の違いについてですけど、寺子屋では指導プログラムに則して、地域の有志指導者の方が、指導に当たっております。が児童の指導に効果があらわれております。一方、放課後児童クラブでは、児童の放課後の安全な居場所の確保や、家庭学習時間の補完ということで、その単位に異なる学校や学年の児童がいることで、学校や学年を超えた交流が図れているということで、それぞれで効果が上がっていると、そういうふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 時間がもう余りなくなりましてきたので、今回はたくさんの質問をさせておりますんで、飛ばして大事なとこだけ質問させていただきます。

 今、寺子屋におきましては、町内の在住者推薦あるいは寺子屋養成講座を受講した方ということになっておりますが、児童クラブの指導員というか、資格というのは特に必要でないのかどうか、まずそれが1点と、それから、今、寺子屋は、先ほど言いましたように、1年生から6年生、放課後児童クラブは3年生未満ということでありますが、今後そういうふうな要望がありました場合、1年生から6年生までの生徒を受け入れられるのかということと、それから児童クラブの豊津のほうでは、寺子屋では小学校全部、すべての学校で寺子屋をやっているということでございますが、犀川のほうでは児童クラブすべての保育所で行っていただいておりますが、勝山の場合は、勝山に1カ所ということで、非常に、諫山、黒田あたりの方が、あそこまで連れて行くのは大変やないか、時間もかかるんやないかというふうに思うわけでございますが、今後の整備計画についてでございますが、勝山に児童クラブをふやす計画、必要性はないのかということ、国は施策整備のための予算措置も打ち出しております。こうした児童を受け入れる施設整備など、今後どのように受け入れ体制を整えていこうとしとるか、その辺をお伺いしときます。



○議長(上田重光君) 長野住民課長。



◎住民課長(長野正美君) 児童クラブの指導員につきましては、保育士または幼稚園の教諭の免許等の、そういう児童関係、教育関係の資格を持っている方を指導員として、指導をしていただいております。

 それと、高学年、4年生以上の受け入れができないのかという御質問ですが、これにつきましては、先ほど障害を持たれた方につきましては、現在、4年生以上の方でも受け入れをさせていただいております。今後は、4年生以上の方についての受け入れについて検討をさせていただき、できるだけ利用ができるような方向を持っていきたいと、そういうふうに考えております。町長の答弁でもありましたけど、やはり民営化による経費等の節減、そういう形も含めた中で、検討をさせていただきます。

 それと、勝山地区において、現在、勝山苑で、1カ所で、これは大久保にある施設でございますが、そちらのほうで定員が70名ということで、現在、1カ所だけで行われております。今、現在、黒田小学校まで、迎えに行っているようにしております。黒田の小学校からは33名の方が利用されておるということから、今回、黒田保育所が民営化の予定という形の中で、その中で、放課後児童クラブの整備ができないものかということを検討させていただき、現在、予算の審議をしていただいているところでございます。

 以上です。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) もうあと時間が2分ということでございますので、もう飛ばして、次は幼稚園と保育園の問題についてですが、先ほど町長からも言われました、幼稚園は厚生労働省、保育園は児童福祉法ということで、幼稚園は文部科学省、幼稚園は学校教育法ということでございますんで、特に小学校入学前の教育の充実について、幼保一元化に行政として指導する立場に立って取り組んでいただきたいということを、私のほうから申し上げで、これ、時間がもうございませんので、この件については、もう幼稚園の件については、それとあと1点、幼稚園の民営化によりますインフルエンザ予防接種等もしていただければ、町長がこのように取り組んでいただければ、保護者の方にとっては大変優遇すべきことで、喜ばしいことだと思いますんで、ぜひ町長の御配慮と御決断を強く求めたいと思います。

 次は、蛇渕キャンプ場の問題でございますが、これはもうささっと行きますが、とりあえず今、指定管理者ということで、森林組合のほうにお任せしておるということでございますが、やはり指定管理者を受けている森林組合も、おんぶにだっこということではなく、やはり経営基盤の確立をするためにも、創意工夫をしていただいて、やはり開かれた、そういうふうな人から喜ばれるような環境整備をするよう、御指導方、ひとつよろしくお願いしておきます。

 一方的な私のあれに返答は、回答は要りませんが、ということを申しまして、もう時間もちょうどええ時間となりました、浪曲ではございませんが。ということで、最後になりますが、我々議会といたしましても、「見つめてみよう!見つけてみよう!我が町の宝物」、発見、発信を町長の方針に一丸となって、日本一元気なまちづくりに取り組むことを誓いを申し上げまして、私の質問等終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(上田重光君) 以上で、田中勝馬議員の一般質問を終わります。

………………………………………………………………………………



○議長(上田重光君) ここで、暫時休憩とします。

 10分間の休憩で、11時10分に再開いたします。よろしくお願いします。

午前11時00分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時10分再開



○議長(上田重光君) これより、休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 一般質問に入ります前に、先ほどの田中議員の質問に対する教育長の答弁の中で、発言の取り消しの申し入れがありますので、これを許可いたします。松田教育長。



◎教育長(松田憲太君) まことに申しわけございません。田中議員さんの最初の質問の答弁の中で、箇条書きにしておる分につきまして、一部不適切な表現がございましたので、議事録から取り外していただきたい。お願いいたします。(「どういう表現」と呼ぶ者あり)「金銭的に厳しい」というような言い方をいたしましたんですけども、これがやっぱりいけないと、こういうことでありましたので、取り外していただきたいと思います。



○議長(上田重光君) それでは、一般質問を続けます。 

 通告順位2番、議席番号10番、柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 皆さん、おはようございます。与えられた、限られた時間ですので、精いっぱい質問させていただきます。

 皆さん、本当に今大変な時代ですよね。本当に格差社会、これほど厳しい現実に感じる時代はないんじゃないかと思います。若い人たちの失業率、15歳から24歳までの失業率が9%を超えてるという状況があります。また一方で、高齢者の65歳以上の方が、7.5%を超える失業率があります。先月の11月15日に、総務省が非労働力人口に占める失業率、働く意思があっても仕事がないという状況の報告をされました。数字的には、非労働力人口が4,280万人いらっしゃるんですが、職業を、就業を希望するが、求職活動をしていない人、要するに、職がないからもうあきらめてる人が、実に469万人いらっしゃる。今、完全失業率が4.4%と言われてますが、これらを合わせると、全体の12%が失業しているという状況があります。今、社会的に問題になっております派遣労働、これに対する自民党の時代の格差社会に対する批判を受けて民主党政権が誕生しましたけれども、この派遣労働法について改正していこうという動きが、今もうストップしております。しかも、今回の民主党が出してる労働者派遣法、これの改正で、製造業への派遣を原則禁止するという方向であったんですが、これはもう完全に骨抜きです。そういう状況の中で、今、民主党でもだめだ、そしたらどこに向かうのかっていうことになってくると、例の阿久根の竹原さんや、名古屋市の河村さん、それから最近、ダブル選挙がありました大阪府知事の橋下徹さん、こうした方が盛んに旗を振ってる、そういうところに頼らざるを得ないというふうな、彼らとてそうした問題を解決する力にはならないんですけれども、本当に生活に困ってる方たちが、何とかしたいという思いでそちらのほうに流れていくという状況がございます。よくこうした流れの中で、注意しておかないといけないと思います。この地域においても、そういう状況があると思います。

 そういう状況の中で、私はこれから、みやこ町のこれから先5年間の総合計画の後期基本計画が、策定されようとしております。まず、そういう状況を踏まえた地域づくり、これは本当にそうした格差をなくしていけるような、あるいはそういう格差に対して是正する取り組みを反映したまちづくりであってほしいと思います。

 そこで、私は、第1に挙げるのは、質問を3項目、今回挙げておりますけども、人に優しいまちづくりをお願いしたい。そして、これから先5年間の総合計画をつくりますけども、この目指す方向として、どういうものを重要課題として取り上げていかれるでしょうかということを質問しております。

 そこで、今回の総合計画の目玉、目玉っていうのは、要するにどういう方向性で、どういう課題であると、最重要であるかということです。

 それから、合併して5年になりますから、合併で目指したことに対して、一定程度総括をしないといけないと思います。その総括をした上で、これから目指す方向を指し示していただけたらと思います。いただけたらというのは語弊がありますが、指し示すべきだと思います。

 そして、さきの19年度から始まったみやこ町の総合計画の柱に、住民とともに協働してまちづくりを進めていきましょうというそういうテーマがありました。この点について、私は、この地域が持続可能な地域づくりを進めていく上で、協働の考え方というのは、私はすぐれた考え方だと思います。そこで、どういう取り組みをされるのか、これにはやはり執行部の考え方、姿勢、心の持ち方があると思います。そういうことも少しお尋ねしてみたいと思います。

 もう1点目は、2として働きやすい環境の整備、若い人たちの失業率、派遣、非正規雇用の方がいらっしゃいまして、多くございます。そこで、やっぱり共働きの方、多うございまして、学童クラブというのが、一定程度共働きの世帯、働く若い世代の方たちに必要なものになっております。それで、豊津地区に学童クラブはございません。先ほど、先輩議員から、同僚議員から、学童クラブと寺子屋について御質問がありました。その違いについても、若干知るところです。基本的には、学童クラブを設置していただきたいと、豊津にもです。そういう思いから質問しております。町のきめ細やかな対応を求めます。

 3点目に、私は何回も言うんです。非正規労働者、町の職員、正規職員が210名いらっしゃいます。非正規、パートさん、嘱託さん、170名近くいらっしゃるんです。もう半数になろうとしているんです。こういう人たちの賃金、最低賃金に近い状況で仕事をしております。実に、正規社員の5分の1なり4分の1の賃金なんです。年間所得のです。こういうことを許していくという社会が、本当に正しい方向なのかということを、私はこれから議論していかないといけないと思うんです、皆さん。そういう意味でも、公の組織として、町の職員でこれだけの格差を許していくという、そういう考え方について、やはり議論していくべきだと、私は思います。今すぐにできないかもわかりませんけれども、今やれることはあるはずです。そこで、自治体は率先して格差をなくしていく、なくすよう指導していく立場にあります。こういうふうな現実がありますから、これをどうして許されるのかと、こういうことをお聞きしたいと思っております。

 限られた時間です。30分しか、私の持ち時間、往復で1時間ですから、私の責任時間は30分あると思います。だから、町長のほうも、適当に短縮をしていただいて、御答弁をお願い申し上げます。よろしくお願いします。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 柿野議員から、格調高い御所見を賜りました。私も、柿野議員と同じように、人に優しいまちづくり、安全で安心して生活ができる、そういうみやこ町を目指して頑張っていきたいなというふうに考えております。そこで、質問にお答えをいたします。

 みやこ町は、合併をしまして5年が過ぎました。振り返ってみますと、前白石町長時代は、旧3町のそれぞれの行政の調整で大変な苦労されたと思います。今、ようやく3町がまとまり、1つになっていこうとしてるんではないかと思っております。まさに「四海波平らかにして瑞煙漲り、五風十雨桑田を潤す」といった状況ではないかと思います。町民の顔合わせのときは終わりました。これからは、心を合わせ、そして力を合わせ、未来に向かってどのような町をつくっていくかということが問われていると思います。

 私は、みやこ町をまず知っていただくために、マスコミの皆さんにお願いをし、宣伝やPR活動に力を注いでおります。自分自身ではホームページにブログを書きまして、毎日の出来事を情報発信をしております。このブログは7月1日に開始をしました。5カ月以上が過ぎましたが、休むことなく、今、毎日情報発信をしております。聞くところによりますと、最近みやこ町へのアクセスもふえたというふうに聞いております。私は、町民の皆様が、安心し、安全で、生活できる、そして将来に夢を持って、夢を持てるようなまちづくりを進めていきたいと考えています。

 今回の総合計画の目玉は、第1に考えなくてはならないのは、本庁をどこに置くのか、すなわちみやこ町の芯、つまり、中心をどこに確定することかということだと考えております。このセンター、中心を決めることにより、みやこ町の行政運営をどう進めていくべきかということが明確になり、みやこ町の未来図が描けると考えています。合併時の書類を読みますと、当分の間、本庁は勝山に置くというふうにうたわれています。このことは、柿野議員も、当時からの議員ですので、御存じだと思います。現在進めている行政改革推進委員会において、現行の機能を分散させた庁舎方式がいいのか、それとも機能を集中させた本庁方式がいいのか、議論をいただいているところです。この答申を踏まえまして、結論を出していかなければならないというふうに考えております。この問題はしっかり議論をし、そして議会の皆さん、町民の皆さん、ともに議論をし合いながら、推進をしていきたいというふうに考えております。

 また、国道201号は、みやこ町内だけがルートが決定されていません。このルートを早期に決定していただきたいと、先般、議長とともに、先日国土交通省へ陳情してまいりました。この国道がどこを通るのか、今のところ皆目見当がつきません。このルートが決定をしなければ、町の将来図が描けません。このルート問題は、当分、国は手をつけないと思ってましたところ、幸いにも、元福岡県土木部長が、国土交通省の道路局長に就任されました。そこで私は。これまで3回局長に要望活動をいたしました。道路局長は、このあたりの状況を大変よく把握しておりますので、明るい兆しが見えたのではないかと思っております。また、201号筑豊横断道路建設促進期成会の会長は、以前は飯塚市長さんでしたが、今は八並市長さんにかわられました。これも、実にタイミングがよく、みやこ町にとっては大変ありがたく、首長の先輩といたしまして、今、いろいろと国道201号のルート決定につきましては、お願いをしているような状況でございます。

 また、東九州自動車道行橋インター、豊津インターが、平成26年、27年に相次いで開通が予定をされていることから、アクセスの向上を生かした企業誘致の推進や、自然環境を生かした、伊良原ダム周辺の交通事業の推進などについても、重要な施策と考えております。

 さらに、現代の時代背景の中で、自分たちの地域を、そして自分たちの町をよりよくするためには、住民の皆様が、まちづくりにかかわる協働のまちづくりを推進することが重要と考えております。今年度から北九州大学都市政策研究所と連携し、住民主導のまちづくり計画などの勉強会を行っていますが、今後もさらに充実させる必要があると考えております。

 次に、後期基本計画を作成するに当たりまして、前期基本計画で推進してまいりました内容について、住民アンケートの結果と各施策の進捗状況など、5年間の検証を行った結果を総括し、計画策定に生かしていきたいと考えております。住民からの主な意見及び要望は、公共交通の利便性の向上、雇用の拡大、商業、中小企業の振興、福祉の充実、幹線道路の整備などですが、同時に豊かな自然環境保全についても、重要度が高くなっております。今回のアンケートは、前回のものと大きな変化は見られませんでしたが、公共交通体系の利便性につきましては、最も関心度が高くなっております。また、行政の各施策については、進捗状況と今後の方針を精査し、目標を達成した事業、世情に合わなくなった事業を廃止、縮小し、また、今後必要となる事業を効率的に進めることを念頭に、アンケートにより明らかになった住民要望など、基本的な方針として盛り込み、作成することとしております。前期5年の検証結果をもとに、具体的な方向性を示した型で、後期基本政策を策定していきますが、今後さらに厳しくなる財政状況の事情の中、行財政改革を進めつつ、日本一元気なみやこ町を実現するために、効果的かつ効率的な財政運営を行っていきたいと考えております。

 人に優しいまちづくり、町と町民が協働して、持続可能な社会づくりを進める上で、どのような取り組みをするのかと、最近、「持続可能な」という言葉がはやっておるようでございますが、私も調べてみました。サステナブルソサエティーと英語では言うそうですが、環境保全、教育や企業研修、あるいはそういった、ともに共同で、共存・共栄の社会をつくっていこうということではないかなというふうに考えております。

 全国的にも、予算も人員も削減方向である中、さまざまな取り組みを行い、地域活性化を推進している自治体が大多数です。中でも、従来の行政主導から脱却し、住民主導のまちづくりに取り組んでいる自治体の多くが成果を上げております。本町といたしましても、今まで取り組めなかった点を反省しつつ、住民主導によるまちづくりを推進してまいりたいと考えております。まず、住民と直接対話が目的の町政懇談会は既に行っていますが、より多くの住民が参加できるような方法を考えながら、継続的に実施をしていきたいというふうに思っております。

 また、今年度から、大学と連携をして、協働のまちづくり推進事業に取り組んでおり、住民主体の勉強会を開始しているところです。この中で、住民からの提案をもとに、都市計画の策定や、地域活性化などの重要施策を計画するためにも、今後も継続的に実施していく考えであります。さらに、近年、町内におきましても、まちづくり活動を目的とした、NPO団体などの活躍が目覚しくなってきておりますが、これらの団体の窓口を明確にし、連携することにより、効率的に活性化できるよう事業を進めてまいりたいと考えております。

 働きやすい環境の整備をということですが、現在、豊津地区において学童クラブがない1つの理由といたしまして、寺子屋事業を展開してきたことが挙げられます。現在、寺子屋事業は、各種教育的プログラムと、各分野の指導員の協力のもと、日々放課後における小学生児童を対象に、元気な学習を続けております。参加児童数につきましては、23年度利用者は71名、夏休みの利用者76名で、最大時には147名の児童が利用をしております。

 一方、犀川地区、勝山地区で放課後児童対策として実施されております児童クラブにつきましては、児童福祉法に基づく、保護者が昼間、労働などにより、小学校に就学しているおおむね10歳未満の児童に対し、適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図ることを目的とし設置されているものです。児童クラブの運営につきましては、町の直営もしくは社会福祉法人等がその対象となります。現在、町内で実施されております児童クラブにつきましては、すべて社会福祉法人に委託し、実施しております。いずれの事業も放課後児童の健全育成に資するため、最善を尽くしておりますが、多様化する子育ての要望に対し、今後きめ細かな対応を講じていく所存であります。

 次に、町の非正規職員待遇改善をと、この質問は柿野議員から3回ほどされておりまして、同じ答弁になるかもしれませんけど、御了解をいただきたいと思います。

 臨時的職員は、毎年度、本人承諾のもとでの雇用契約書により、規則に定められた1年を越えない範囲で雇用を行っております。賃金につきましては、職務内容や責任、勤務時間等、一定の職務内容に応じて設定しております。

 確かに、正規職員と、非正規職員の賃金格差を同一労働、同一賃金の観点から是正すべきという考えもあるかもしれません。しかし、賃金格差に納得してるかどうかは主観的なものであることと、また、賃金及び労働条件につきましては、本人の納得を得ていることなどから、現段階において賃金の改定等の予定はございません。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) では、逐次、1番目の質問から再質問させていただきます。

 今回の総合計画は、どこまで進んでいるんでしょうか。そこからまず。



○議長(上田重光君) 村上総合政策課長。



◎総合政策課長(村上重範君) 現在の状況ですが、個別案件を精査しまして、それに基づく重点プロジェクト案を策定している段階でございます。審議会を1回しか開いていない状況です。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) まず、もう文書はできてるということですよね。大体、審議会も重要であります。重要ではありますけども、大体こういう、私も審議会何度も入ってますけども、ほとんど審議会の中で、文書をああせいこうせいって、いじくったことはあんまりないです。大きな、大筋ではもう大体決まってるんです。そこで、皆さんが、各担当課が練りに練った案を持ち寄ってると思うんです。そういうふうに考えてよろしいですか。



○議長(上田重光君) 村上総合政策課長。



◎総合政策課長(村上重範君) 一般公募の委員さん、それから各課の職員によりまして、プロジェクトチームをつくりまして、審議をして、それを幹事会、課長クラスで幹事会に上げて、その後に審議会に上げるわけですが、今回につきましては、審議会も3度ないし4回ぐらいは計画しておりまして、ある程度の内容を精査していただくような形をとっております。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) そうすると、審議会の過程で、幾らか変更もあるということですね。それは大変いいことだと思うんですけども、今までの経過からすると、もう審議会の段階では、もうほとんど承認、審議会は、この総合計画を承認する手続上の、何かそういうものだというふうに、さや考えがちですから、今回はしっかりやっていただければありがたいと思う。大体、方向性はもう決まってるということですよね。

 そこで、前回の総合計画がございますよね。これを踏襲してるかどうかです。ここでは、何ちゅうか、19年から28年まで10年間の計画なんです。だから、そこで町長は、今回もアンケートとりましたよと、前回も高かったけども、公共交通機関に対する利便性をもっと重要視してほしいという意見が多かったですよと、あとは大体、アンケートの内容はそう変わりませんと、そうでしょうと思うんです。やはり、これを踏襲するのかなと、踏襲っていうのは、これを総括して、この延長線上にまちづくりを展開していく、それはそうでしょう、10年間の計画ですから、そして前期と後期の。前期の基本計画がこれに出てますよね。今度、これから先5年間の後期基本計画ですから、だからそうすると、これをやっぱりしっかり総括していただきたいと思うんです。まちづくりの方向性としては、やはり前白石町長が方向性を冒頭で、巻頭言で出してますよね。やはりここに、私、一番すごい、すごいなちゅうか、この地で生まれ、この地で生涯を完結できる地域完結型町政を目指してまいりますと、これは持続可能な社会ですよね。というふうにもとらえられますよね。こういう延長線上で、まちづくりをやっぱしていただきたいと思うんです。私が言おうとすることわかりますか。そうすると、この中身もおのずとどういうことを中心に組み立てていかないといけないかということが、おのずと出てくると私は思うんです。そして、ここでこの地域の優位性、町長もおっしゃいました自然環境の中、交通も東九州自動車道ができて、アクセスがよくなりますよと、これを利用しない手はないですよということだろうと思うんです。そうすると、先ほど言いましたように、201号線のルートも早う決めてもらわんといかんと、それはもうもちろんそうです。庁舎も、これもまちづくりの上では、やはりこの課題の1番目に挙げてる一体感をつくりだすというまちづくりですよね。3町が合併しました。それぞれの若干文化は違うかもわかりませんし、状況、地域的な特性が違うと思うんです。これを一体感を出すためにどうしていくかということを、やっぱり重要課題として挙げてるわけです。だから、こうした施策の中で、5年間を総括して、どういうふうに持っていくかというのが、次の総合計画の、基本計画ですか、後期基本計画の骨子じゃないかと思うんです。その点については、十分踏まえておられるであろうと思いますけど。

 それで、その中で、私がちょっと心配するのは、こういう状況の中、格差が進んでいきます。そして、地方と都市との間の格差、私たちのところの地方交付税も、合併の交付金、地方交付税の見直しも迫ってきます。そういった中で、住民の力をいかにして酌み上げていくかという、こういう課題があると思うんです。その点について、町長は、やはり具体的に、いろいろなイベントをされて、日本一元気なまちづくりをしますと言うけども、やはり、何ていうか、そういう具体的にこういうことを住民と一緒にやりましょうという、やっぱそういうものをイメージとして、イメージといいますか、具体性を持たせてもらいたいと思うんです。だから、そこの点について、もし今の段階でお考えがあれば、お願いしたいと思うんです。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 柿野議員の質問を聞いてると、何か杞憂するような、あんまり前向きじゃないなと、やっぱり明るい希望を持って生きていかなきゃいけないんじゃないか、私はそう思ってますので、当然、そこに書かれてることを前提にしながらやっていかなきゃいけない。もちろん、そのとおりだというふうに思っております。

 その計画を見た中で、私は大変すばらしい計画だというふうに思っております。残念ながら、先ほども申し上げましたけども、合併の4年間というものは、地域性があってなかなかうまくいかなかった点もあったんではないかと、その中で、やっぱり早く芯を決めて、一体化となるまちづくりを進めていかないと、失礼ですが、旧勝山町においては、やっぱ3町の、昔ながらのそういった地域性もあったんではないかと、そういうものがずっとこれからも、10年、20年、みやこ町が合併しても、旧何々と言ったんでは、私はこの町が1つにならないだろうと、ですから、今回申し上げましたのは、とにかくみやこ町の中心を決めていこうじゃないかと、また議員の皆様の御意見も賜りながら、町民の意見も賜りながら、そういうことまず決めて、そしてどういうふうにこの町をつくっていくのか。

 先ほども言いましたけども、元気な町というのは、いろんなイベントをしながら、やっぱり私が一番感じていることは、町政懇談会やっても出席していただけないんですよ。ところが先般、柿野議員来られておりましたか。古墳フォーラム、来てないですよね。だから、そういう感じなんです。一生懸命、私がいろいろイベント、柳田邦男さんのとき、どうだったでしょうか。柳田邦男先生のときは、私が町長になって初めてですよ。あの会場、500人以上、立見席ができました。そういうふうにして、1つ1つが、ああ、聞いてよかったなと、みやこ町は文化が高いな、そういうふうにしていきながら、心を1つにしていかないと、幾ら私がああしようこうしようと思っても、そこが心が通わないとできない。私はそういう中で、例えば、この中に町議会議員のかたもおられますけども、何とかギャラリーとかやってますよね。それは、町は応援してません。そういうような町になる。NPO法人がもっとふえてくる、私はそういう町になることが大事ではないかなというふうに思っております。

 この後期基本計画の中に、すばらしいものもありますから、その中において、足りないところは補って、改善と改良をしながら、新しい未来に向かった町をつくっていきたいと、そういう思いで、今回、こういうような審議会もやってるという状況でございます。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 私が言おうとしてるところは、町長は、町民に元気を出してもらうためのいろんなイベントをやることについては、私は反対はしてません。私も、いろんな事情があって、柳田邦男さんの講演にも行きたかったけども、いけませんでした。それは、それぞれの事情があると思うんです。町政報告会も、町長が期待したほど集まってないというのは、それは事実です。私も、1回行きましたけど。しかし、ああいう方法では、力が、町民の力が出せるだろうかなというところです。ある意味では、町民からいろいろ小言を聞くと、そういう場であってしかるべきじゃないかと思うんです。一方的に、町がこうこうこうやりますじゃあ、一方通行になりますよね。もちろん、結構厳しい意見も出ておりましたけれども、だから、そういう寛容性が、やっぱ必要だと思うんです。

 そこで、私は、いろんなイベントをやるということに反対ではありませんが、やはり具体性が必要だと思うんです、元気を出すための。ボランティアを育成していくためには、なら何をするのかと、ボランティアです。例えば、支所、豊津や犀川に空き部屋があるでしょう。そこをボランティア室とするとか。ボランティアで、柔道や空手を教えてる人いるでしょう。そういう人たちの現場に行って、どういう人、どういうことが、今不足してるのか。武道場つくってくれっていう、欲しいという要望もありました。議事堂があいてるでしょう。

 この前、佐賀県白石町に行きました。あそこも3町が合併して、新しい庁舎を建てたそうです。私は、みやこ町で新しい庁舎建ててほしいとは言いませんよ、言いませんけども、だからそういう議事堂を畳を敷いて柔道場にしてるとか、そういう活用方法、具体性がやっぱ必要です。柳田邦男さんは、確かに立派な方です。だけど、やっぱり町民の力を引き出そうと思ったら、具体的にそこに行って、例えば、食進会ってございます。御高齢のところの方に給食を持っていってるわけです。そしたら、何と、何年か前に栄養士さんが3人いらっしゃったそうです。給仕をもう1人にされたと百数十人の方の給食を配送してるそうですけど。だから、そういう現場の声、聞かれてますでしょう。栄養士さんが必要ですよと。きのうのテレビ、朝のテレビでしたか、見とったら、高齢者には看護師さんも必要です、高齢者のお世話をするのに。しかし、栄養士さんも、食生活大変らしいんです。要するに、私が何も言うことじゃ、時間かかりますからあれですけど。現場に出て行って、その現場の声を聞くと、だから、町政報告会だってそうでしょう。現場に出ていってるわけですから、わざわざそういう時間をとってるわけですから、皆さんの声を聞けば、それが第一です。今度の町政報告会の報告もらってませんよ、我々に。そうでしょう、町政報告会のどういう内容、であったかという事細かに書いて皆に出せばいいでしょう。あれどうなったんですか。ほとんど、職員は余計来てました。だから、私が言おうとしてるとこは、そこらに特化するわけじゃありません。

 私、ここで言いたかったのは、やはり、これを踏襲して、持続可能な社会、これを目指す方向で一生懸命やっていただきたいということなんです。それには、執行部が心構えが必要ですと、耳ざわりのいい人の意見は聞くけど、ちょっとやかましい人の意見ははねつけるという、そういう姿勢じゃだめです。今度の開放同盟との行政交渉、町長は1時間もたもたしたっていう状況聞いてます。本当に事情があって話を聞けなかったら、向こうは納得するはずです。そういうことです。これをつくる精神的な支柱、ぜひ町民の声を聞くというところからスタートしていただきたいと思うんです。

 それから、特定の人を排除するような、この人の声は聞くけども、この人の声は聞かないというような、聞いてもやれることとやれないことは当然ありますから。だから今度の、保育所の民営化の、民営化検討委員会の選任についても、私は物すごい不満を持ってます。選任の仕方についてもです。あれじゃ、本当に説明責任が果たせるのかなと、そういう姿勢で、町の基本計画つくっていくということであれば、恐らくちょっと違ったところに行くんじゃないかとさえ危惧するところです。私はやかましいかもわからんけど、耳、ちょっと聞いていただきたいと思います。そういうことです。

 それで、私、あそこの町長室の前に、予約をとらないと町長に会えないなんていうのはやめてほしいと思います。実際の話として。だれかが押しかけてきてやるちゅうのことはまずないです。あそこに副町長もいらっしゃれば、秘書もいらっしゃるわけですから、何人か複数でいらっしゃるわけです。わかりますか。要するに、そういうバリケードを張って、町民の声が聞けんような状態にしとって、まちづくりで「協働」とか、それはちょっと違うんじゃないのというのが私の考えです。まず、そこから直していただきたいと。いいですかね、総合政策課長。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 町長室の入り口に書いてるのは、あれは町民の方じゃなくして、いろんな公共工事に関する方が見えるので、そういう疑いを持たれてはいけないということの意味であって、あれは決して普通の町民の皆様に対してのバリケードをやってるわけじゃありませんし、いろんな方が来たときには、私はいつもにこにこと対応しておりますし、いい方にはコーヒーも出さなきゃいけないなと思っておるんですが、節約上お茶しか出してませんけども、そういうことで、本当に、何といいますか、それは勘違いしてると思います。

 それから、役場の中も、本当に皆さんそれぞれ、このみやこ町を何とかせないかんという思いで、私は頑張ってると思います。今回も、後ろに産業課長もおられますし、また北野課長が先頭になって、庁内でそば打ち会を勉強しようと、そして将来、我々が何かのときにそばを打って、町民の皆さんに役立つことをしようと、みんな好奇心を持って、役場の皆さんはまちづくりに真剣に、私は考えておりますので、例えばボランティアの方にも、既に犀川のほうでは2階を貸しております。残念ながら、NPO法人が少ないんです。また、豊津の隣保館におきましては、パソコン3台を置きました。多いときは、1日15人以上の方が来て、パソコンの勉強もしてくださると、できれば勝山、犀川地域にもパソコンを置いて、自由に町民の皆さんが、コンピューターの勉強もしたいというような気持ちでやっておりますし、足りないところは、我々も多いに反省をしながら、とにかくやっぱり、小川県知事が言ってますけど、幸福度日本一ということを小川県知事は言っておられますけど、みやこ町もそういうふうに、やっぱり満足感があるような、私は町をつくっていきたいという思いでございますので、柿野議員がもし気づいた点で、ここはこうしたほうがいいよということがあるんであれば、私はその意見を尊重しながら、後期基本計画にも、それは盛り込んでいかなきゃいけないというふうに考えております。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) あそこ、秘書課の方が、総務課の前にいらっしゃるんですか。ごく最近の話で、町長さんにお話がしたいと、そしたら、あなたは予約をとってるんですかと、いや、予約をとらないと町長に会えないんですかと、腹立って帰ったという話を、私は聞いてますよ、その当人から。町長、そんなことはいけないでしょう。まだ、勘違いしてますよ、皆さん。総務課に限らず、秘書課に限らず。あれを書いてるから、会えないと思う可能性あるでしょ、予約をとってなけりゃ。だけど、普通、町長が時間があれば、町民が本当相談ごとで来たら、やっぱ乗ってあげるのが本当、筋ですよ。だれかれなく、やかましゅう人もそうでない人も、それ、もうそういうつもりでまちづくりに臨んでいただきたいと思います。

 先ほど、庁舎の件が出ましたが、庁舎を一本化しないといけないというお考えになってるんでしょうか。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) ちょっと今、資料がないんですが、きのうも行財政改革の審議会がございました。その中で、町の中で町職員が移動する際に大体どのくらいの時間がかかってるのかと、あるいは経費がどのくらいかかってるのかという資料を出しておりましたけど、済いません、これちょっと今、事前通告がなかったので、資料持ってきてませんけども、そういう中で、効率的なまちづくりをしていかないと、これから合併特例債等も削減になってきます。その中で、無駄を省かなきゃいけない。しかし、住民サービスはしっかりやらなきゃいけない。その中で、どういう町行政を運営していくのかということが、私は問われてるので、この、今、分庁方式で本当にいいのかというところも考えたまちづくりを考えていく必要があるんじゃないかなというふうに思っております。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) そこで、一本化しないといけないのかという判断に立っているのか、そこを聞きたいわけです。そこは、そう思ってるちゃあそう思っていただければいいわけです。

 それと、やっぱりこの町で一番問題なのは何ですかといったら、やっぱ人口が減少してくるという、そういう状況だと思うんです。人口の減少っていうのは、どういうことに影響してくるのだろうかって、私は、ちょっと町長と議論する上で、どうしたもんかなって。人口が減少してくれば、もちろん寂れてきますよね、地域が寂れる。そういうことももちろんあるんだけれども、財政的に厳しい状況に、今後陥るんじゃないかなと。それで、ちょっとどういう根拠から、皆さんにお話したらいいのかと思って、地方交付税の制度改正というのをちょっと取り寄せて、人口と交付税の関係をちょっと調べてみました。一応、ずっと名目で調べたら、やっぱ1人当たり少なくとも10万円から20万円、1人人口が減ると、交付税が多い場合は20万円、計算によるでしょうけど、ちょっとざっとで済いません。交付税を割ったら20万になりますけど、その全体が、人口指数が、人口に該当する部分がずっと精査したけど、ちょっとわからん部分があるから、半分にしても10万はあるんです。200人人口が減ると、2,000万円減るということです。毎年200人ずつ減ってるんです、人口が。5年たったら1,000人減るんです。あと5年たちますと1,000人減るんです、わかりますか。だから、そういう状況の中で、やっぱ人口対策ちゅうのが必要かなと思うんです。人口対策をどういうふうにしていったらいいんか、合併をきちっと総括するということと、それから人口対策の、やっぱ具体的に、町長が言われるように、若者向け住宅、それも大切と思うんです。しかし、住宅政策というのは、きちっとするべきだと思うんです。高齢者や低所得者が入るから、ああいうのは少し後回しでいいんじゃないかという考え方じゃなくて、やはりそこに人口がしっかりと確保できるという点からも、私は住宅政策というのは、やっぱきちっとやるべきだと思うんです。しかも、700戸からも耐用年数が来て、住んでる人の人権まで損ねるような環境に置いておきながら、今回の課の設置のところで、設置条例のところで、また住宅管理課を廃止しちゃって、という流れになってますよ。私はもう、本当に不満です。何をもってそういう流れになったのかなと。

 町長は、日本一と言うけども、その日本一の具体性はどこにあるのかということです、町長。柳田邦男さんのお話も立派です。柳田邦男さんを聞きに行って、それを理解していただける方も、いろんな意味で余裕のある方です。多くの方が、さっき冒頭でお話したように、格差社会の中で厳しい環境に置かれてるんです。そして、人口は減るは、この地域は少子高齢化で大変厳しい環境の中にある。まずそれをしっかり見つめて、マイナス面というけど、そこのところ、幸福度を一番高めていくには、セーフティーネットをきちっと張らないとだめと思うんです。そういう考え方に立って、総合基本計画を練っていただきたいと思うんです。

 だから、僕は冒頭、白石町長さんが、前の町長さんが、巻頭言で書いたこの部分っていうのは踏襲していただきたいと思うとこです。考え方、いろいろありますでしょうから、私の考えはそうですということを述べさせていただきます。ここで、多くのことはちょっと聞き出せないと思うんです。総合計画についての考え方についてはです。だから、まだまだ議論はしていきますけれども。

 庁舎のこと、それから地場産業をしっかり育成していくために、工業団地をどうのこうのとありましたね。これは、断片的な話になりますから、ちょっと本論ではないんですけど、そういうことについて、しっかりした位置づけをして、計画に盛り込んでいただけたらなと思っています。

 それと、協働の、町民の協働の力を引き出すためには、やはり具体性的な取り組みを、例えばさっきも言いましたように、ボランティア室を確保するとか、それから皆が寄り合えるようなサロン、これをきちっと整備していくとか、そういうものが確保されて、そしてみんなで力を出し合えるんじゃないかと思いますので、その点について、一言でいいですからお答えをいただきたいと思うんです。盛り込んでいただけるかどうかです。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 質問が多岐にわたったので、ちょっと焦点がぶれるかもしれませんけども、いずれにしても、柿野議員が思ってるような、そういう町をつくらなきゃいけないということは、私も十分思っております。

 それからもう1点、柳田邦男先生にこだわるんですが、私は、本当に感動したのは、生きる力、言葉の力、あの先生がこんな話をするのかなと思ったのは、本当にもう自分で字が書けない、タイプも打てない、最後は目で合図をする、最後は指を触って、自分が今生きてるということを俳句で歌ってる。私は、本当にあの先生、どういう心境でああいうことを言ってたのかわかりませんけども、私たちはやはり、健全な体を持ってここにありますけども、そういうやっぱり弱い方々に対しても、そういうことを考えなきゃいけないっていうことを強く言われてました。私は、非常に感銘をしました。そういうことを聞きながら、柿野議員がおっしゃるような本当に優しいまちづくりっていうのは大事だと思います。

 とにかく、今年の感じの言葉は「絆」でした。みやこ町の中でも、みんながきずなをしっかり持ち合って、そして、ああ、やっぱりみやこ町がいいねと言えることが大事じゃないかなと。先ほど田中議員の質問にもありましたけども、保育所、私、民営化することにこだわってるってのは、何でもやっぱり経費削減をしながら、子供たちをどうしたら、この町でうまく育てていただけるのか、その中で、経費削減になったものが、子供たちのインフルエンザとかいろんな形で、私は、そういうところに、回していきたい。お金がないからといって、子供たちのお金をほかに回そうとは考えておりません。みやこ町では子育てがいいね、子育てができるよと、私はそういうことを考えて婚活もやりました。残念ながら、3回やりましたけども今のところまだカップルは誕生しておりません。ですから、いろんなことをしながら、みんなで知恵を出し合って、このみやこ町で住んでいただきたいというふうに考えたまちづくりというものが大事じゃないかなと思っております。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) だから、人に優しいまちづくりという点では一致するところでしょうから、それの具体的な項目を絞り込んで、基本計画に反映していただきたいと思います。重ねて要望しておきます。

 そのためには、やっぱ執行部の町民に対する対応の仕方、これについても一工夫必要じゃないかということを重ねて指摘しておきたいと思います。

 次に、学童クラブなんですけども、寺子屋と学童クラブの違いは歴然としてるわけです。だから、豊津にはない学童クラブをつくろうとするのか、どういう考え方でつくろうとするのか、あるいはまだ待つという考え方なのか、そのあたりについて、どなたか責任がある対応、お願いします。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) これは、3町合併のときの、やっぱ歴史的な経緯がありまして、豊津は、先ほど長野課長からの説明もありましたけども、寺子屋方式でやってきたと、あるいはアンビシャス広場というのもあったんではないかなというふうに思っております。寺子屋のいいところはたくさんありますし、また少し補わなきゃいけないかなという点もあるんではないかなと思っております。そういう中で、どういうふうにしたら児童クラブができるのか、学童クラブです、これも今後の課題として、早期にそういうことについて見直しをしていかなきゃいけないのかなというふうに思っておりますので、御理解をいただきたいというふうに思います。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) その件については、請願も出ておりまして、十分議会でも検討していくことになっておりますので、これは先でよろしいと思うんですけれども、違いについてはしっかり認めていただいて、そして、私の考え方では、若い人たちが働きやすい環境をいかにして整備していくか、不公平のないように、地域によっては働きづらい、地域によっては十分施策がされてるという状況のないように対応していただきたいと思います。町長もそういうお考えでしょうから、この点についてはこのぐらいにして次に行きます。

 非正規雇用の問題は、これは町長、やはり公的な機関としてどうあるべきかなんです。官製ワーキングプア言葉が指摘されてます。国家公務員から地方公務員まで合わせたら、もう恐らく七、八十万人ぐらい非正規なんです。ものすごい数です。結局は、賃金を余計取ってる人が、そういう非正規の人たちを、ある意味では、言葉は悪いけども下敷きにして、自分たちが生き残ってるという状況ですから、公的機関がこれを許されるわけはないと思うんです。

 だから、どういうことを考えて、皆さんにわかっていただくかなということで、ノーベル経済学賞とったポール・クルーグマンという教授が、格差はつくられたっていうんです。要するに、グローバル経済の中で、必然的に生まれたものじゃない。アメリカの二大政党制の1つの共和党が、一部の人たちがお金を持って膨れ上がって、共和党を買収するぐらいの経済力を持ったと、その中で暫時格差を、自分たちが政権を維持するため、自分たちの政権として共和党を維持するために、格差をじわじわとつくり上げてきているという、そういうことを、これ、ノーベル経済賞をとった学者ですから、だから、これは作り出されたもんですよと、言ってしまえば。その多数をとるために、アメリカの黒人差別を白人の低所得層に注入することによって、差別意識を持って、多数派をとる。だから、今行われている、何か、みんなの党か何か知らんけど、地域政党、あれもそういう一定の、本当に生活の厳しい人たちのところで仕事をするというよりも、そういう、何ていうか、あおることによって一時的に票をかすめ取ってるという状況があります。

 だから、私が何を言おうとしてるかというと、ぜひこの問題は、取り組んでいただきたいと思います。要望しておきます。私は、何回も何回もこの問題について質問しますので、それなりの答弁を準備していただきたいと思います。もう同じ答弁ではだめです。私も勉強して来てるわけですから、しっかり勉強して、それが正論であれば正論だと言ってください。

 以上で終わります。どうもありがとうございました。



○議長(上田重光君) 以上で、柿野義直議員の一般質問を終わります。

………………………………………………………………………………



○議長(上田重光君) ここで暫時休憩とします。午後の再開は13時30分とします。よろしくお願いします。

午後0時15分休憩

………………………………………………………………………………

午後1時30分再開



○議長(上田重光君) これより、休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 一般質問を続けます。

 通告順位3番、議席番号3番、中山茂樹議員。



◆議員(中山茂樹君) 3番の中山茂樹でございます。昼食後、大変、午前中に引き続きお疲れでしょうけど、私がただいまより大事なこと2つほどポイントでお尋ねしますので、よろしくお願いいたします。

 1つが地産・地消の拡大ということで、農家レストランの建設のことです。これ、本年6月議会の一般質問でお尋ねをしましたが、そのときに検討いたしますという回答いただきまして、あれから6カ月を経過いたしましたので、検討結果をぜひお聞かせいただきたいと思っております。

 農家レストランのことにつきましては、町民の多くの方は、このみやこ町にはそういうのがないから、ぜひ頑張ってくださいという要望を耳にしております。なぜこれに私がこだわるかといいますと、農業の振興のために、また農家所得の向上にきっと農家レストランを建設することによって、農家は農作物をつくる意欲が出ますし、それを販売することによって、農作業の仕事に対するやる気、こういうのが出てきますので、そういうのをつくっていただきたいと思います。なおかつ、そういう野菜をどの地域も野菜は生産しておりますが、特にみやこ町の中で、犀川の伊良原地区には高冷地、寒冷地ということで、物すごくおいしい野菜があります。皆様もぜひ伊良原の野菜というのを食べてみてください。これは、地元の我々からしますと、普通に食べてるとどうにも思わないんですが、都市部の人と町外の方が食べますと、こんなおいしいものがみやこ町にあるのかと、びっくりする人が多い現状でございます。我々は、そういう状態で育ってきておりますから、自分のところのよさというのは気がつかなくて、外部の人から言われて初めて気がつくということが多いと思いますので、農産物の販売から促進、生産、こういうのにぜひ農家レストランの、役立てたいと思っております。なおかつ町民の憩いの場と、あとはギャラリーとか、町の情報の発信の基地として、各旧町でいきますと、直売所はありますが、そういうところに町の情報端末機等を設置しまして、観光案内も兼ねて、そういう人の集まる場所に、情報を発信するための施設を設けたらどうかと思っております。年配者の方も、今はやりの、何ていいますか、インターネット、こういうのに触れる機会をそういう場で設けるべきだと思っております。

 また、つい最近の産業文化祭等で気づいたことでありますが、なおかつ豊津の町にあります観光案内所で気づいたのでございますが、みやこ町には無名の多くの写真家とか芸術家、画家から陶芸家、料理研究家等の芸術家がおります。そういう方の作品をレストランの店舗内に掲示して、常設の展示場を設けたりして、作品をつくった人たちがつくる生きがいを持とうし、見た人たちも、ああ、立派な芸術品があるな、自分もつくりたいなとか、そういういろんなやる気を起すためにも、そういうのも1つ必要であろうと考えております。

 また、来年の3月で、我々議員は1年が経過します。1年経過するというのは、もう本当速いもので、我々議員も残りはあと3年間でございます。町長につきましては、あと来年3月が来ますと2年という、我々の1任期4年というのもあっという間に過ぎますから、もう議論をいろいろするよりは、ぜひもう来年度の予算にはこういうものをつくるのだということを具体的に示していただきたいと考えております。

 なお、自分の意見で申しわけないんですが、建設用地につきましては、今ある四季犀館の両サイドには、都合いいように幸いにも宅地があります。そういうのを買い取るとか借りるとか、何とかして建設の場はあると思っておりますから、十分検討して、ぜひ前向きにお願いをしたいと思っております。

 レストランの関係でもう1つ言わせていただきますと、農家レストランの中で働くといいますか、年配者から若い人を雇用いたしまして、農産物を加工した料理をつくっていただくと、そのことにより、年配者と若い方がお互いに、そういうものをつくることによって、料理の仕方とかを自然と身についていくと思いますから、そういう利点もあると考えておりますし、できれば野菜等を使って週に1回ぐらい料理教室を開くとか、とにかく農家レストランをつくることにより、いろんな構想といいますか、出てくると思いますので、使い道はたくさんあると思いますから、町長の普段からおっしゃっております日本一元気なまちづくりということで、町長の構想があるようですので、その中にぜひ、来年度の予算にひとつ組み入れていただきたいと考えております。

 もう1つ、2つ目でございますが、健康増進犀川B&G施設の改修ということで挙げておりますけど、現在の野球場を改修いたしまして、硬式野球、高校の野球です、そういう野球ができるような野球場にしていただきたいなと考えております。現在では軟式野球ができますが、硬式野球の球場に変更するためには、ライト、レフトそれぞれ、センターも含めまして、あと10メーターぐらいは、一応基準がありまして、高校野球の、私も正確に調べてないんですが、92メーター、両サイド92メーターが必要であるということを聞いております。もうあと、正確には七、八メーターですが、10メーターぐらい全体的拡大をしまして、そうすることにより、高校野球の予選等もできるようになりますから、あのグラウンドをもっと有効に使うべきだと考えております。

 あのグラウンドに関係しまして、野球場のすぐ上にグラウンドがあるんですけど、もう皆さん御存じと思いますが、みやこ町は少年サッカーで県下でも優秀、九州、全国で、九州内でも上位クラスのサッカーのチームがございます。そういうチームがありますが、ホームグラウンドとなるサッカー場というのはありません。それで、予算もいろいろありましょうけど、町の青少年育成とか、皆さん、町民の健康増進のためにでも、サッカー場をつくるぐらいの計画を立ててほしいなと思っております。

 なお、もう1つでありますが、B&Gの各施設と、現在犀川にあるコミュニティーセンターを一体的に開発をしまして、交互に行けるようにしていただきたいと考えております。というのが、コミュニティーセンターからB&Gのスポーツ運動公園のほうに行くには、わざわざ大きな道に出て、ぐるっと回って行かないけません。そういうことよりも、あのあたり一帯を大きく開発するという意味で、遊歩道をつくり、町民が散歩等に使えるようにしていただきたいと考えております。

 なおまた、プールのことでございますが、みやこ町のB&Gのプールと、犀川の小学校の下には町民プールというのが2つありますが、今後、後期基本計画の中で検討もされると思いますが、同じ1つ、旧犀川の中でプールが2つあるということよりも、1つにいたしまして、そこの、それを立派なプールにつくり、大会、各種大会とか競技、そういうのができるようなプールをみやこ町の中に、どこか立派なやつをつくるとか、そういう計画もお願いしたいと思っております。

 この場での質問は、以上でございます。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 中山議員の質問にお答えをします。

 中山議員から2点、質問がございました。農業の振興に対する思い、あるいはスポーツ振興に対する思いをとうとうと聞かせていただきました。

 そこで、農家レストランの建設でございます。

 さきの議会におきまして、答弁も行いましたように、農林産物の消費拡大、農家所得の向上のためにも、直売所における農林産物の全量買い取りが有効な手段と考え、その条件整備のための農家レストラン建設について検討を行ってまいりました。地場産農林産物の消費拡大、それに伴う農業所得の向上、また、雇用の場の提供と行った面から、有効な施策と考えておりますが、事業効果、採算の面からは相当な対策が必要と考えております。

 犀川地域での建設、また直売所へ出荷された農林産物の活用をしたいといったことから、直売所、四季犀館に隣接する土地に関し、協議は進めておりますが、回収価格などの問題、課題が多く山積をしております。

 また、施設建設後の運営を行う団体等の検討や、自立的に経営が成り立つ施設にするため、施設のコンセプト、利用者のニーズ、ターゲットの選定、施設規模等、他地域の施設等も参考にしながら、今後慎重に、どういうふうにしていったら、中山議員の提案のようなことができるのか、これからもさらに検討を進めていきたいというふうに考えております。

 次に、このレストランの建設に関する調査費等の計上はということでございますが、建設実施を明確にしてから、調査、建設等の予算の計上を行いたいと考えております。引き続き調査を行ってまいりますが、その経費に関しましては、既存の予算で対応したいと考えております。

 なお、この予算でございますが、いろんなメニューを国からの補助がないかということを考えてるんですが、それに対応するような補助金等もないので、これに関しては何らかの、県とも相談しますけども、単費で行うことになると、大変な費用もかかるなというふうに思っております。本当にいい提案だとは思っておりますが、さらに検討を進めて、前向きに考えていきたいというふうに思っております。

 次に、地場の地産・地消の拡大ということでございます。

 直売所では、品目及び出荷量により、どうしても売れ残りも生じ、この部分は農家の持ち帰りとなっている状況です。現在、一部は加工品として商品化して販売していますが、全量買い取りが可能になれば、これらを全面改装することで、農家にとって安心、安定した農業経営を行うことができるようになると考えております。

 料理教室ですが、レストラン建設を決定をする際に、運営方法などについても、検討する予定ですので、その中において、今後の検討課題としていきたいというふうに考えております。

 これから、そのレストランの中に、みやこ町には多くの芸術家がおられるので、そういったギャラリー的な情報発信することも考えたらどうかというような提案もいただきました。このことに関しても、先ほど申し上げたような形で、検討課題というふうにしていきたいと思っております。

 それから、健康増進犀川B&G施設等の利用法ということでございます。これに関しましては、3点ほどあったかと思うんですが、今の野球場を改修して、高校野球等の硬式野球もできるようにしたらどうかという話でございました。

 現在の軟式野球場では、両翼が約85メートルです。これを硬式施設にするには、両翼が約100メートル、さらにはスコアボード、観客席及び広い駐車場等の新設、さらに進入路の変更や、用地の購入等が必要となります。今後の整備については、行政改革推進委員会の答申及び総合計画策定等によって、その必要性についての検討をしていくものと考えています。

 また、プールは観客席がなく、室内であるため、水泳大会は主に犀川小学校入り口に整備されている犀川プールを利用しているのが現状でございます。

 次に、グラウンドでサッカー大会がという質問だったと思いますが、B&Gのグラウンドでサッカー大会ができるようにということで、現在、約85メートル、現在、縦、横です。縦は約85メートル、横が180メートルのグラウンドに1面、また2面をつくり、大会が実施されています。公式には1面につき、縦が105メートル、横が68メートル必要で、十分な広さとは言えませんが、施設の拡張には用地の購入も検討しなければならないと、そして、この件につきましても、野球場の整備と同じく、今後の検討課題だと思っております。

 議員が御指摘のように、犀川中学校では、大変サッカーが盛んでありますし、また、みやこ町から、プロサッカーも何人か輩出をしております。今後、そういうようなスポーツの町になることも考えておりますので、今後の課題として行きたいというふうに思っております。

 それから、B&Gの各施設と、犀川コミュニティーセンターを一体的に開発し、運動公園あるいは行き来をしたらどうかという質問でございますが、B&Gの各施設と犀川コミュニティーセンターを一体的に開発する、このことは、合併以前にもこういう話があったようでございます。用地の問題、いろいろと問題があるようでございますが、今後、この問題について可能であれば進めていきたいと思うんですが、一番難しいのは用地ではないかなというふうに思っております。検討検討と言って申しわけございませんけども、そのことは十分に心に受けとめまして、前向きにこれからも検討を進めていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 中山茂樹議員。



◆議員(中山茂樹君) 農家レストランの経営の、経営といいますか、よそのことを参考にしていただきたいと思うて、ちょっと発言いたしますけど、皆さんほとんどの方が御存じと思いますが、朝倉市のところに三連水車の農家レストランがあります。農産物の直売所もあります。あそこの場合は、当然、当然ちゅうたら申しわけないんですが、資本金の構成からいきますと、朝倉市が2,500万、JAあさくら500万、朝倉市の商工会が500万、三連水車の里、有限会社ですが500万と、計4,000万の出資をして、それで第3セクターのような形で運営をしてるようにあります。それで、町長が、もうつくるという決断をいたしましたら、こういう第3セクター方式といいますか、市が絡んだりしたところもありますので。あそこの場合を話を聞いてみますと、敷地もかなりありまして、敷地と建物込みで10億ほどかかったという話を聞いております。そういう例もありますし、なおかつもうほとんどの方が、もうテレビ等で御存じかと思いますが、佐賀県の「がばいばあちゃん」の、そこが、物産館がありまして、そこの運営する「くう」という名前の農家レストランがあります。少し、佐賀の武雄のほうにです。そこもやはり、県とか市、農家も当然なんですが、そういう皆さんが資金を出し合ってそういう運営をしておるし、このみやこ町も、とにかく町長が英断をいたしまして、やろうと言えばできると思いますので、何とか頑張っていただきたいと、切に要望いたします。

 それと、B&Gの各施設の運営、運営といいますか改修のことでございますが、これにつきましても、やはりいろんな検討事項、懸案という返事をいただいておりますけど、とにかく町長の英断でもうやりますと、もう何が何でもやって、とにかく結果を出さないことには、あともう2年、3年というのは本当に、繰り返して申しわけないんですが、検討ばっかりで、あとあっという間に過ぎて、みやこ町も合併して5年、その時点では七、八年経過して、ああ、町長は日本一の元気な町にするということで公約しておりましたが、七、八年たったが何も結果が出てないなとか、あるいはそういう話を打ち上げるだけで、何もないということでは、やはり町民も期待してることですから、ぜひ英断をお願いいたします。そこんとこ、お尋ねいたしますが。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 午前中の柿野議員の質問にも答えましたけども、これから後期基本計画等の中に、こういうことも盛り込んでいかなきゃいけないし、要するにみやこ町の軸をどうするのかということを考えながら、やっぱり旧3町のゾーンをつくって、ここは環境の町、あるいはここには本庁にする、いろんな形でこれからの地域づくりというものを考えていく必要があるんではないかなというふうに思っております。ですから、私はまずセンターを決めて、それに沿ったまちづくりをしていかないと、どこが軸になって、どうなっていくのかと、そのためには道路網の整備もしなきゃいけないし、仮に、今のところを議員が御指摘のところに農家レストランあるいはこういった施設をつくったとしても、やっぱり交通整備はしっかりしておかないと、よそからきていただけないなというふうに思っておりますので、その辺を十分に考えながら、今後の後期基本計画にものっとりながら、そして先ほど申し上げましたようなことを、私は推進をしていきたいというふうに考えておりますので、検討という言葉を使わないと、英断をしろということでございますが、議員のこの思いに対しては十分に受けとめておりますので、これからの検討とさせていただきたいと思っております。



○議長(上田重光君) 中山茂樹議員。



◆議員(中山茂樹君) 町長の回答ありがとうございます。

 とにかく、我々と言っていいのか、私たち、私も議員の1人として、みやこ町がとにかくよくなるように何とかして頑張りますので、また町長もよろしくお願いいたします。とにかく英断を期待いたしまして、質問を終わります。

 以上です。



○議長(上田重光君) 以上で、中山茂樹議員の一般質問を終わります。

………………………………………………………………………………



○議長(上田重光君) 一般質問を続けます。

 通告順位4番、議席番号4番、小田勝彦議員。



◆議員(小田勝彦君) 通告に従いまして、一般質問をさせていただきます。3点を。議席番号4番、小田勝彦でございます。

 第1問目は、保育園民営化についてお尋ねさせていただきます。

 保育園民営化についてでありますが、町長の懸案でありました保育園の民営化が24年度4月より、黒田保育所での民営化がスタートとなると思いますが、これは今議会に議案提出されますが、可決されれば、もちろん4月からの移行となるわけですが、私たち議員や関係者は、保育園民営化については、委員会、委員協議会で説明を受けておりますが、町民の皆様には、黒田保育所の民間委託までの経過がわからないと思いますので、あえて経過、今後の保育所運営について質問させていただきます。

 昨日、11日ですか、諫山保育所の保護者の方より、諫山保育所民営化の申し入れ書を受理したと、町長のブログで読みました。町長は、子供たちを安心して預けられる施設をつくり、子育てはみやこ町でと言われるような保育所を、行政を進めてまいりたいとコメントしております。

 公立保育所の民営化は、子供を安心して産み、育てられるまちづくりに向けた組織を一層進めていくため、多様なサービスの提供を効率的に行う、民営化活力を導入し、保育ニーズへの対応を図ろうとするものであるとあります。平成17年、旧3町合併前に、新町建設計画を策定、公立保育所の民間委託の検討が盛り込まれ、平成18年合併、平成22年10月、平成24年度の民営化に向け、検討委員会に諮問、22年12月、公立保育所民営委員会から答申があり、民営化に向け、各保育所への保護者に民営化への説明会が始まったわけです。が、平成23年度、公立保育所保護者対象説明会を6月17日、黒田保育所民営化にかかわる説明会開催、7月豊津保育所、8月初旬、諫山保育所資料配布、9月、豊津保育所説明会、9月22日、民営化委員会開催、10月、諫山、犀川、節丸保育所保護者への説明、10月27日、民営化委員会開催、第2次審査、プレゼンテーション後、23年11月1日に公立保育所民営委員会により答申があり、社会法人和泉会への民間委託、11月14日、議員全員協議会で説明を受けておりますが、町民の方々には詳しい経過がわからないと思いますので、経過の説明をお願いします。

 12月3日、西日本新聞京筑版に、民営化、保育所の建てかえ助成金、補正予算に、来年4月民営化する黒田保育所の建てかえ費用の助成金1億2,255万円を計上、保育所の譲渡先を町内など3カ所、3保育園を運営している行橋市の社会法人和泉会とする条例案を提出と新聞報道され、12月議会、今議会に補正案の民間保育所施設整備助成金が織り込まれております。新聞報道では、民営化保育所への建てかえ助成金となっていますが、黒田保育所の建物は、昭和58年に建築され、28年が経過しております。保護者説明会では、建物の老朽化やコンクリート壁のクラック、建物の耐震についてオブザーバーのツボイ氏よりお話があり、保護者の方も不安や心配があるとお聞きしておりました。民営化移行に当たり、施設はどういう形で譲渡していくのか、民営化後における安定的な保育事業の運営を期すため、黒田保育所の建物を無償で譲渡するとのことですが、改修や設備の修繕後の無償譲渡なのか、建てかえなのか、議案説明や議案質疑の中で説明があり、状況はわかっておりますが、あえてお尋ねします。

 町長初め、執行部の民営化に当たり、町民または保護者の皆様に、民営化への移行についての説明の中で、メリット、デメリットの説明や話を進める中で、保護者からの質問もいろいろあったのではないでしょうか。説明会の中で、建てかえ無償譲渡するとの説明はしたのでしょうか。町政懇談会や保護者説明会の中で、6保育所民営化をして、人件費、経費を含め1億円の削減になりますとの説明がなされていましたが、今後どのように反映していかれるのか、子育て支援の拡充とは、黒田保育所1園での民営化で経費の節減はどのぐらい削減されるのかお尋ねします。また、24年度予算に削減された金額は、どのように組まれていくのか、子育て支援の拡充とは、具体的にお答え願いたいと思います。

 次に、出産祝い金児童育成手当について質問させていただきます。

 旧豊津町、犀川町では出産祝い金が支給されていましたが、合併後みやこ町になり廃止されましたが、少子対策や子育て支援の一環として祝い金制度や条例の改正、または復活ができないものかをお尋ねします。

 旧豊津町、犀川町では、出産祝い金を支給、犀川町では結婚祝い金まで支給されていてそうですが、合併後みやこ町になり、条例が廃止になりました。犀川では出産祝い金を第1子より支給し、若者定住促進事業として取り組み、若者の定住に努めたと聞いております。第1子に5万円、第2子の場合10万、第3子の場合20万。豊津町では、出産祝い金を2子に5万円、3子に10万円を支給されていたそうです。合併に伴い、平成18年度、町条例第127号の全部を改正した中で、みやこ町育児育成条例が策定され、第4子に年額3万6,000円支給されています。みやこ町の高齢化率は30%を超え、全国平均の10年先を行ってると言われていると行政報告なされました。若者たちの人口減少や、新生児の出生率の低下は、少子高齢化が歯どめなく進んでいるのがみやこ町の現状ではないでしょうか。平成22年度国勢調査によると、みやこ町の人口確定値は平成17年度より1,326人の減少となり、増減率もマイナス5.79と発表されています。

 旧犀川町702人、豊津町353人、勝山町271人の減、平成17年度人口2万2,898人から2万1,572人と減少しております。平成22年度人口2万1,572人、男9,942人、女1万1,630人、世帯数は、町全体で703世帯となっています。旧3町とも人口減少の数字が大きく、世帯数も減少しております。22年度国勢調査では、旧犀川と勝山では、人口、犀川6,439人、勝山6,934人と500人多い勝山ですが、世帯数は、犀川2,358で、勝山2,368世帯で、4世帯しか差がありません。伊良原地区の集団移転も含まれている数字かと思われますが、犀川702人、勝山271の人口減に対しまして、世帯数が変わらないということは、勝山地区の若者世帯の、近隣の行橋市や苅田町に住居を構える者がふえて、みやこ町の減少の1つの要因でもあるのではないでしょうか。

 合併まで支給された出産祝い金がもらえない、子ども手当も半額になり、みやこ町に住んでも1つもいいことない、住宅もアパートもない、町営住宅を申し込んでも当たらん、住め住めと言うけどどこに住むん、私たち若いもんはどうでもいいんかんと言われてしまいます。若者住宅を建てる計画が進んで、犀川に住宅を建てる、何で犀川なん、何もないそに。しかし、ないよりもあったほうがいいじゃないかと話しますと、そうよねと納得したのか、私たちは少し遠くて無理だけど、若い夫婦向けの住宅、格好いいじゃん、豊津ももちろん、勝山も建ててくれるよねとお願いされました。

 井上町長になり、みやこ町子供医療費支援制度の高校生までの医療費の無償拡充の実現、若者向け住宅や、若者の定住に向け、いろいろな政策を打ち出していただいておりますが、うまく機能してないのも現実でもあるし、時間のかかる問題でもあるのではないでしょうか。みやこ町においても、少子対策、若者定住、あらゆる企画、政策においても出てくる文言でもあります。少子高齢化、経済不況で、厳しい行政運営が求められている中、少子化対策、子供支援や若者定住の起爆剤として、財政が厳しいみやこ町ではありますが、未来を担う子供たちが安心して暮らせる町や、みやこ町の次世代育成支援対策の一環として、出産祝い金の支給や、みやこ町児童育成助成金、第4子からの支給されている支給対象者や、条例の緩和はできないかをお尋ねします。

 合併後、出産祝い金制度が廃止された経過、みやこ町における新生児数、みやこ町児童育成手当の支給件数と金額を年度別にお答えください。

 3番目に、チャイルドシート購入助成金についてでありますが、みやこ町チャイルドシート購入助成交付金要綱には、少子化対策の一環として、地域における幼児の安全確保と健全育成を進めるため、乳幼児みやこ町チャイルドシート購入助成金についての広報はどのようになされているのか、18年度から交付でありますが、利用件数はどのくらいなのか、年度別にわかればお答え願いたいと思います。

 壇上からの質問はこれで終わりますが、答弁はわかりやすく、数字はゆっくり読み上げていただきたいと思います。

 公立保育所の民営化の経過については、傍聴者や各支所のテレビモニターを見て議会傍聴なされている町民の皆さんもおられると思いますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) それでは、小田議員の質問にお答えをいたします。

 最初に、保育所の民営化について、黒田保育所民間委託までの経緯についてという質問だったと思います。

 平成17年3月に、3町合併協議会が作成いたしました新町建設計画において、子育て支援の充実による安住化促進のための主要施策として、公立保育所の民間委託の検討が盛り込まれておりました。

 そういった中で、私も町長に就任をしまして、公立保育所の民間委託についての勉強をいたしました。ここにいらっしゃる議員の皆様、町民の皆様も、みやこ町の未来について真剣に考えてると思います。私自身もそういう思いで、どういうふうにしたらみやこ町が元気になるのかということで、今、努力してるわけでございますが、そういった中、この公立保育所の民営化の検討も考えたわけでございますが、みやこ町公立保育所民営化等検討委員会を平成22年10月に立ち上げ、平成22年12月までに6回の検討会議を行いました。検討の結果として、平成23年1月に、みやこ町公立保育所民営化等検討委員会より、付帯条件を見たした上で、民営化することに賛成するとの答申を受けました。平成23年度におきましては、7月の黒田保育所保護者からの申し入れを受け、9月、10月に、移管先法人の選定に関する審議を行い、11月に移管法人選定に係る答申を受けました。今後におきましては、答申に基づき、黒田保育所保護者と連携を密にし、スムーズな移管ができるように努力をしていきたいというふうに考えております。

 次に、保育所の民営化について、少子化対策に充てるというふうに書いてありますが、それはどういうことかということだと思うんですが、民営化で削減されました経費につきましては、各保育所における保護者説明会におきましても、子育て支援の拡充を推進すると説明をしてきております。民営化実施後の子育て支援の拡充を推進といたしまして、効率的に子育て支援が実施できる拠点の整備が急務と考えております。

 また、拠点整備とあわせ、予防接種助成事業の実施や、若者住宅の促進につながる施策を検討するように考えており、午前中の田中議委員の質問にもお答えしましたように、インフルエンザ等の、そういった接種に関しまして、町としてできる限りの助成も進めていきたいというふうに考えております。今後、対応できる弾力的な予算として活用していきたいというふうに考えています。

 次に、みやこ町児童育成手当、出産祝い金等につきましてですが、出産祝い金につきましては、旧犀川町に議員御指摘が先ほどありましたので、重複は避けますが、基金運用事業として実施されておりました祝い金制度と認識しております。制度につきまして、一定額の基金を創設し、その運用利子により、祝い金を支給しておりましたが、諸般の事情により、平成17年6月に基金の廃止に伴い、事業を終了した経緯があるようでございます。

 現在、子ども手当なども、従前より手厚い制度となる中、出産祝い金制度や児童育成手当など、個人への現金給付でなく、町における子育て支援施策の問題点を洗い出し、今後のなすべき施策の方向性を検討した上で、制度を活用し、事業実施を行っていきたいと考えております。

 それから、みやこ町児童育成手当等の詳細につきましては、後ほど担当課長から説明をさせます。

 また、住宅等の問題もございました。本当、議員御指摘のとおりです。毎年、人口も減りながら、少子化の時代になっております。そういう中で、どういうふうにしたらこのみやこ町に住んでいただけるのか、そういうことも私も考えているわけでございますが、とりあえず、今、犀川に若者住宅をつくり、そしてできることであれば、豊津、勝山にも、これはつくらなきゃいけないなと、ただ、民間の住宅がありますので、その辺の、何といいますか、弊害がないような形で、やっていかないと。

 ただ、なぜ犀川にしたかっていうと、犀川には民間アパートがもう皆無といっていいほどないんです。それで、犀川町にはということでつくりました。いずれにいたしましても、住宅の建てかえ等も、これからしっかりやっていかなきゃいけないというふうに考えております。国の政策は別として、みやこ町独自として、何らかの形で、先ほど御指摘をいただきましたようなことが、来年度から少しでもできないのかなということを、今執行部内で検討しているような状況でございます。もしそういう可能性があれば、2月議会では報告ができればいいなというふうに思っております。いずれにしても財政が厳しいわけでございますが、未来を託す若者たちが、このみやこ町で育っていけるように、少しでも改善と改良をしながら、そういった御指摘のところを考えていきたいというふうに考えております。

 あとは、担当課長のほうから残りを答弁させますので、よろしくお願いいたします。

 済いません、失礼しました。もう1点ありました。チャイルドシート購入補助金についての質問でございますが、チャイルドシートの購入補助金は、少子化対策の一環として、乳幼児のいる家庭が、チャイルドシートを購入する場合、経済的負担の軽減を目的に、購入金額の2分の1を限度に、最高2万円を交付しています。

 補助金の交付条件といたしまして、町内に住所を有する者、引き続き3年以上居住する意思のある者、町税等の納付が済まされている者、いずれにも該当することを要件として定めています。

 この制度の周知を図るため、乳幼児のいる家庭の方にわかりやすいようにとパンフレットを作成し、健康づくり課、住民課及び支所の総合窓口課に置き、補助金制度のPRをしております。このほかにも、町の広報誌や、町のホームページに掲載をしております。また、ホームページからは、申請書のダウンロードも可能であり、申請手続の利便性などに努めております。

 過去5年間の補助金交付対象者の数と交付額につきましては、平成18年度が13名、18万4,000円、平成19年度が15名、24万2,000円、平成20年度が35名、54万3,000円、平成21年度が41名、56万1,000円、平成22年度が55名、61万8,000円、今年度は年度の途中ですが、11月末現在で、38件、37万5,000円となっております。

 失礼しました。以上でございます。



○議長(上田重光君) 長野住民課長。



◎住民課長(長野正美君) 先ほど、町長の答弁の中で、失礼しました、みやこ町児童育成手当の支給条件及び児童の出生件数について、御説明をさせていただきます。お手元に配付しております資料に基づいての説明となりますので、よろしくお願いいたします。

 児童の出生件数につきまして、年度別、18年度から22年度まで計上させていただいております。平成18年度が135人、平成19年度が同じく135人、平成20年度、126人、平成21年度、120人、平成22年度、111人です。 

 次に、児童育成手当の支給状況について、御説明をいたします。

 これは、みやこ町児童育成手当支給条例に基づいて、支給対象児童1人当たり年額3万6,000円を支給するものでございます。

 この支給に当たりましては、要件がございまして、児童を保護し、かつその生計を主として維持すること及び養育をしている者。支給対象児童につきましては、第1子が18歳未満の児童を養育している世帯における4人目以降の児童、そして住所を有する者ということで、支給資格といたしましては、1月1日現在で、支給対象児童及び保護者が町内に住所を有する者、支給対象児童及びその保護者が1年以上町内に住所を有する者、かつ引き続き1年以上町内に住所を有する意思があること。支給対象児童及びその保護者等が、党外年度の3月1日現在の申請時において、町内に住所を有する者である。

 この支給につきましては、支給対象児童が15歳到達後、最初の3月31日までとする。このような、まだ、この条例の中、記載がありますが、そういう主な支給の用件を申し述べましたが、これによって支給されました児童育成手当支給につきまして、平成18年度、児童数が46人、世帯数は36世帯、支給金額は149万7,000円、平成19年度は、児童数が39人、世帯数は32世帯、支給金額123万9,000円、平成20年度、児童数が37人、世帯数31世帯、支給金額は133万2,000円、平成21年度、児童数32人、世帯数28世帯、支給金額112万5,000円、平成22年度、児童数が52人、世帯数は42世帯、支給金額は173万4,000円。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 小田勝彦議員。



◆議員(小田勝彦君) 保育所の民営化が、4月1日より民間に移行されるわけですが、黒田保育所、保護者、町民懇談会で、1億円の削減、6園でというお話なり説明があったと思うんですが、1園、例えば、今度は黒田保育所が対象になるわけですけど、どのくらいの経費、これ、ちょっと聞いておったんですけど、お答えが、答弁がないのでわかりますか。



○議長(上田重光君) 長野住民課長。



◎住民課長(長野正美君) 小田議員の御質問ですが、黒田保育所の1園だけの民営化による節減については、細かな資料はございません。

 ただ、6園を民営化した場合ということで、1億円というお話がありますが、これは平成22年度説明時において1億円というお話がありましたが、ことしの6月に再度計算をしたところ、約5,000万円の財源的には節減できるということで、当初の、ちょっと計算の方法等で、今回、行革をする中での再度分析をした結果が、ちょっと異なっていることを訂正させていただきたいと思います。



○議長(上田重光君) 小田勝彦議員。



◆議員(小田勝彦君) 住民課長、22年で、民営化、例えば説明会ですよ。それは6月で5,000万の数字の云々ちゅうのはわかるんですけど、民営化、6園で1億円の削減、これは執行部なり、皆さんに説明してる数字なんです。であれば、ことしの6月の何日でしたか、黒田保育所説明会、何でそういうふうにこの数字の訂正を、何で説明しないんですか。1億円、みんな削減できる、だからみんな賛成した、方もおられるかもわかりません。やはりこういう時代ですから、みんなで協力して、そういうお母さん、保護者の方いっぱいおったと思いますよ。話が違うんやないかっちなりますんで、今、この1億円、そういうことも、今後、諫山にしても、久保にしても、あと5園残っておりますから、やっぱ説明会のときにしっかりした数字、今言ったように、概算はもう確実な数字はわからないにしても、1億円と5,000万じゃ全然違いますよ。受け取り方も違うと思いますよ。そういうのちゃんと説明、中では、こんだけ5,000万の開きのある数字っておかしいと思いますんで、その辺をお願いします。

 それと、これからの子育て支援の拡充、もうあの、何言ってるか、全然町長。



◎町長(井上幸春君) はい。



◆議員(小田勝彦君) わからないちゅうんが、いろんな面にこれから使って、拡充してやっていくんだちゅう方向性が、我々受けとめられるんですけど、何をどうこう具体的に言えってのも、これもまた難しいことと思うんですけど、削減、今言ったように1億円削減が5,000万、今度は拡充、こう言いよったんがこうああのなるちゅう、何の約束もできないでしょう。何かしてくれるんですか、今から。何に充てる云々ちゅうわかるんです、町長、私たちも一所懸命、何のために民営化するんかちゅうことをみんなで討議して、保護者の方でしょう、やっぱ一所懸命、やっぱ町の財政厳しい中、できることみんなでやろうやないか、まして将来担う子供たちのために、今、私たちが立ち上がらなどうしますかっていう保護者の方もおられるんですよ、いっぱい。そんな方たちの中でもが、最初からもう5,000万違う、これはもう本当おかしいと思いますんで、きちっと説明会などでは、数字に関しては説明してください。お願いしときます。

 それと、民営化、譲渡されていくわけですが、今までの黒田保育園のときと、移行された、民営化されて、どの部分が、例えば延長保育が入ったりとか、きょうテレビで傍聴されてる方が多いと思いますんで、その辺ちょっと説明、違いちゅうんですか、この辺がこういうぐあいに変わりますよというような説明できればお願いします。ちょっとあれしてなかったんで、いいですか、質問。



○議長(上田重光君) 長野住民課長。



◎住民課長(長野正美君) 民営化により、どのように変わるのかということで、御説明をさせていただきます。ちょっと概略ということで、失礼いたします。

 ます、早朝保育、延長保育という形が成りますので、朝7時から夜7時までの保育が実施されます。それと、あとはまだ今後細々としたものについて、保護者と協議をしていくようにしておりますが、給食の問題であったりとか、そういうものが、栄養士またゼロ歳児の保育が新たに出てきますので、ゼロ歳児の人数によりましては、看護師を配置するというふうになっております。そういうことで、万全な体制をとるということで、聞き及んでおります。

 またその後、今回、今後、保護者とも法人を交えた中で、3者でまだ細かいことについての協議を進めていくということで、今、保護者なり法人なりと日程の調整をさせていただいているところでございます。

 漠然とした言い方で申しわけありませんが、以上です。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) ちょっと長野課長が、今答弁しましたけども、最初説明会をしたときに、表現として、1億円に近いお金が節減できるという言葉が、いつの間にか簡単に1億円というふうになったと、私は思っております。確実に1億円と言ったわけではありませんけども、それに近い額が、経費節約ができるので、それに対して先ほど言いましたような早朝保育だとか、あるいは子供たちのインフルエンザとか、いろんな形で個人負担が多いものがあります。私はそういうところに回していきたいし、また子供たちの幼児教育をするために、子供たちの音楽あるいは英語教育とか、今までできなかったところのことにそういうお金を充てていきたいと。だから、この、仮に今幾ら出るかもう1回試算しなきゃいけませんけども、いろいろと国の補助も変わっておりますけども、いずれにしても、このお金を、いわゆるみやこ町の違うほうの道路行政だとか、そういうところに回すつもりは一向にありません。これはすべて、本当に、議員御指摘のように、子供が少なくなってきてるんです。そのためには、みやこ町では18歳まで医療を無料化しました。今度は、そういった予防接種等もできるように、そういう形で使っていきたいと思いますんで、ちょっと長野課長の答弁に関して補足をしましたけど、最初に言った事は1億円に近いという言葉ですので、ちょっとその辺は御理解いただきたいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(上田重光君) 小田勝彦議員。



◆議員(小田勝彦君) 1億円が5,000万、しかし、実際的に町長、私これ、新聞記事なんですけど、これは、きょうの1億円が5,000万っていうことはわからないんですが、民営化の経過として、何ちゅうんですか、反対やないけど、公立を残してくださいちゅう請願が出たときの記事の中に、1億円と、新聞書いてますから、これは、金額的には、今言ったような、私は、ニュアンス的な問題ちゅうのは十分わかってるんですけど、今言ったような5,000万の違いちゅうんは、やっぱ大きな金額ですから、やっぱ受ける側にしてみたら、全然話が違うんやないかちゅう形になるんで、今後とも十分にその辺は考慮していただきたいということをお願いしているだけでございますんで、よろしくお願いします。

 それと、黒田保育所、児童クラブも織り込まれるというようなお話があるんですけど、民営化によって、その辺もちょっと、計画があればお願いします。



○議長(上田重光君) 長野住民課長。



◎住民課長(長野正美君) 今回の黒田保育所の民営化に伴いまして、計画といたしまして、保育所の本体については、90名定員収容できる規模の保育所建設を計画しております。

 それと、議員御指摘の放課後児童クラブにつきましては、午前中の質疑の中でもありましたが、勝山地区では、勝山園の児童クラブ1園だけでございますので、そこに定員70名に対し、黒田小学校から33名の方の登録がありますので、そういうものをかんがみまして、児童クラブの必要性という形で、今回、保育所民営化に伴いまして、新しく保育所を新築するときに、補助事業として児童クラブの建設が認められております。認められているっていうか、そういうメニューがございます。それで、状況、70名に対して33名の黒田小学校から行ってる、全体的に黒田小学校でも、そういう児童クラブの利用する意思のある方が、直接調べたわけではございませんが、現在でも33名の方がいらっしゃるということで、40名規模の児童クラブを併設するように計画をしております。

 以上です。



○議長(上田重光君) 小田勝彦議員。



◆議員(小田勝彦君) 出産祝い金、それから育児手当です。これは、隣の、町長、添田町では、独自の取り組みといたしまして、祝い金、出産育児報奨金、第1子から第3子までが5万円、4子以降50万です。これ、出産祝い金です。それに、出産育児報奨金、要するに育児金です、みやこ町で言う。これが、3歳まで月額1万です。ちゅうことは年間12万ですか。それと、6月に報奨金制度が改正されて、第1子、今まで1子から3子までが5万やったんが、第1子に20万出産祝い金、第4子は従来どおり50万だそうです。これ、添田町独自の政策。金額はちょっと別といたしまして、添田町の出産育児報奨金ですか、これ、どう思います。これは1つは、子ども手当が、国の、半減になり云々ちゅう中から打ち出した、添田町独自の子育て支援、少子化対策ということで打ち出されたそうなんですけど。この金額は、町長、別としても、この独自にやられる添田町のどういうぐあいにお感じなりますか。ちょっとお願いいたします。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 私は、今まで、子供を産むのは個人のものだと思ってましたが、ある本を読むと、子供は社会が育てるんだということを書いていまして、まさに今の少子化社会には、そういう社会が妥当ではないかなというふうに思います。

 そういう中で、今、執行部でもそういう話をしておったんですが、添田町のそういう対策には、正直言って驚きましたし、うらやましいなと思っております。みやこ町も、今後、そういうことができるんであれば、やっていきたいなというふうに考えておりますので、その提案に関しましては、今後しっかり勉強していきたいと思っております。



○議長(上田重光君) 小田勝彦議員。



◆議員(小田勝彦君) 添田町の月額1万円、3子までということで、3歳まで払うと、ぜひとも町長、金額、これ、私もうお金のこと言うの大嫌いなんですけど、今の児童育成手当でしたら、52人、42世帯で173万4,000円ですか、22年度。これ、月3,000円ですから、金額は、私は少ないとは言いません。多いとも言えないんですけど、支給されてるというのは事実と思うんですけど、もう少し、少子化、今、みやこ町こんだけひどいです。若い人の、お金やるけん、お前子供産めじゃないんですけど、何かそういう独自のもの、先ほど町長おっしゃったように、夢を持って、夢を持つんじゃないんですけど、何かこう、みやこ町に行ったら、お前、祝い金50万くれるぞ、お前たちみんな来いというような、極端な話ですけど、もう町長がいつもそこの部分を、何ちゅうんですか、求めてる部分じゃないかとも追うんですけど。だから、これ、検討課題ということですか、アップは。上がりますか、上がりませんか、134万円、せめて添田町並みとは言いませんけど。

 でも、これ、住民課長、例えば毎年、18歳で、今、みやこ町打ち切られますよね。15歳まででしょう、中学卒業、15歳ですよね。だから、年子、毎年、年子で産んで、4人産んで、4子目ですから、第1子が18になるまでは15年間ですよね、そうなりますよね。年子で、産まんと、最長15年でしょう。四十何万ですか、15年間払って、支給されたとして、添田町は3歳までで、何ぼになりますか、3万、36万ぐらいですか。そして18歳、第1子が18歳になって、第4子、18歳になれば、今まで支給された第4子目の子は支給されないちゅうことでしょう。今の時代に、4人、年子でどんどん産む人が多けりゃいいんですけど、絶対年齢はあいてると思うんです。だから、その辺からすれば、最低10年、私は10年払ってないと思うんです。払えないと思うんです、今のその制度からすれば。だから、その辺をもう少し、町長、3子までにしていただければ、これは何の問題もないんですけど、今、数値あらわしてくれてますけど、このまた対象者がずっと変わってきますんで、金額も全然変わってくると思うんですけど、せめて、今言ったように、4子の金額をもう少しか、その辺をどうかもう検討してください。もう何千万、何億の金額じゃないんですから、それも全15年間、延々に払う制度じゃない、これ、私、ちょっと読んだんですけど、制度を、概要、何か行政の抜け道じゃないけど、何かちゅうようなの感じたんです。制度、今、18歳から云々っちなれば。それはもう成人、18が成人とは言いませんけど、30、今言った3,000円じゃなくてもいいんですけど、もうその制度、できれば町長、その金額が無理であれば、そういう、例えば制度のとこをちょっと当たっていただいて、やっぱ公平に、公平やないんですけど、できるようなシステムをつくってほしいなと思いますけど、済いません、町長、もう1回、その件で。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 先ほど答弁しましたように、来年度にそれができるかできないのか、小田議員の質問がある前に、先ほども壇上から言いましたけど、執行部内で、そういう可能性があるんであれば、やっぱそういう対策もしなきゃいけないということを考えております。ですから、小田議員がここで改めて指摘をされましたので、さらに検討を進めて、前向きにできるように努力をしていきたいというふうに考えております。



○議長(上田重光君) 小田勝彦議員。



◆議員(小田勝彦君) 済いません、もう時間がちょっとないんで、いろいろまだ数字的聞きたいことがいっぱいあったんですけど、児童手当の変更が10月からなって、そのとこを聞きたかったんですけど、ちょっと資料あります。どんな部分が変わったかだけでもいいんですけど。いいですか。



○議長(上田重光君) 長野住民課長。



◎住民課長(長野正美君) 10月から子ども手当の改正があっております。これは、主なところを申し上げますと、従前、中学生までで、1人が1万3,000円であったものが、今回10月からの分では、ゼロ歳から3歳未満までが一律に1万5,000円、よろしいでしょうか、3歳から小学校終了前までが1万円、ただし、第3子以降は1万5,000円となります。中学生が1万円でございます。

 あと、支給対象者が変わっております。まず、支給対象外となる方が3つの用件がございまして、1つが子供が海外に居住している方、留学等では例外的になりますが、それ以外は支給外になります。あと、子供が児童施設、福祉施設等に入所している方、この保護者には原則支給がございません。子供の父と母が別居しており、請求者と子供の生計が同一でない方には支給がされません。

 支給対象となるかたということで、対象となる子供の未成年後見人、これは裁判所に後見人制度と関係があるんですけど、それで認められた方、対象となる子供の父母が指定をする者、子供が入所している児童副施設等の設置者、今までは入所されてる方についても保護者のほうにありましたが、入所される方については、設置者が原則請求ができると、そういうふうになっております。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 小田勝彦議員。



◆議員(小田勝彦君) 済いません、時間が来ましたので、最後、ことしもいろいろ質問事項で、まだいっぱいしたかったんですけど、時間が来ましたんで、またこの次に質問させていただきたいと思います。

 4月より民営化が始まりまして、後期の策定の答申が24年までに答申をいただくということになっておりますけど、1日も早い答申をいただいて、元気なみやこ町を目指して、我々も一生懸命頑張ってまいりたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。済いません。

 これで終わります。



○議長(上田重光君) 以上で、小田勝彦議員の一般質問を終わります。

………………………………………………………………………………



○議長(上田重光君) ここで、暫時休憩といたします。再開は3時10分といたします。よろしくお願いします。

午後2時55分休憩

………………………………………………………………………………

午後3時10分再開



○議長(上田重光君) これより、休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 一般質問を続けます。

 通告順位5番、議席番号11番、熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 11番、熊谷みえ子でございます。今回、6項目にわたって、多岐にわたっての質問をしております。

 今、予算編成時であると思います。ぜひ、予算に組み込むべきものについては、ぜひ組み込んでいただきますように、まずお願いをいたします。そして、この間、何人かの議員の方と重複しての質問がございます。回答については明確、簡便について、お願いをまず申し上げます。

 まず、福祉行政についてでございます。健康対策として予防対策、医療費の軽減策をすべきではないかということで、提案をさせていただいています。インフルエンザについては、特に補助対象者をふやすことを提案したいと思います。自治体により、予防接種の費用が違うという点が報道されておりました。ぜひ、学級閉鎖等も報道されておりますので、ぜひ、本年度より計画できればしていただければというふうに思っています。

 また、インフルエンザについての補助対象者をふやすこと、従来、子宮頸がん、細菌性髄膜炎のワクチンの予防接種について要求をしてまいりました。国も実施をしておりますが、今後定期的にするかどうかは確かではございません。この間、みやこ町において、現況と今後の課題についてどう考えるかお伺いをいたします。

 2つ目は、高齢者の健康保持と生きがい対策についてでございます。

 タクシー券の活用改善で、生きがい対策をとさせていただいております。高齢になりますと、どうしても外出がおっくうになります。気軽に買い物などに出かけられるよう、タクシー券の配布、大変今、限定をされておりますので、拡大してはどうかと、再度提案をさせていただきます。

 2番目は、給食センターの建てかえ計画でございます。

 食育の拠点としての活用方法の検討はどのようにお考えになってるのか伺います。町として、給食センターを食育の拠点として活用していく、学校現場において、学校教育の中での活用する方法、今、子供たちは個食、家族そろって夕食をというのが、本当に合言葉なんですけれども、個食が問題となっております。食のあり方についての問題点など、ここで勉強会などできればというふうに思っています。

 次に、学校給食での資材の問題で、地産・地消の取り組みについて、あわせてしてはどうかと提案をさせていただきます。地域の農業振興につながるように、野菜など育成計画を計画的に供給をする、連携を持つような体制づくりで、みやこ町にとっての農業の振興につながるのではないかと思います。連携をとることを求めます。

 次に、子育て支援です。

 保育所の民営化について、以降準備など、運営についての検討課題の把握はどのようにされるのかお伺いをいたします。

 取り組みの内容について、民営化を委託先と協定書を取り交わすことが必要ではないかと思っています。保育サービスや保育内容のあり方について、連携の図り方、町全体として総合的な子育て支援や保育サービスを実施するため、定例的な全体協議の場や、職種ごとの職員間協議、研修の場を設け、かつこれに積極的に参加する。言うまでもなく、児童福祉法の保育指針を協定を遵守することは言うまでもありません。

 また、さきの一般質問でいたしました保育園と保育士等の自己評価を実施をする第三者評価制度に取り組み、評価の結果を公表することを求めます。

 また、保育所の新設、運営に関する事務作業、混合手続等、双方についての協議を行い、また地元での住民への説明会の計画をしているかどうか、お伺いをいたします。

 また、保育の質の確保のため、以下の提案をいたします。施設長については、児童福祉事業に従事した経験を5年以上有し、保育園、幼稚園の従事経験が、通算で10年以上ある者、選任とするということです。また、主任保育士については、保育経験を10年以上有する者、また、職員配置に当たっては、今の雇用の継続性に配慮することを求めます。また、保育経験を一定有する者として、10年以上は必要ではないかと考えています。具体的な栄養士、また看護師の配置等についても求めたいと思います。

 また、この問題については、やはり具体的な内容についての協定書を交わすことが必要ではないかと思います。その問題について、どのようにお考えなのか、お伺いをいたします。また、保育料の軽減などの検討を求めたいと思います。

 今回、今は一定、国よりも減額はしている状況でございますが、今の現行での滞納状況を見ますと、やはり過大なる負担になっているのではないか。現行では、2子までの負担の軽減がされていますが、3子までの負担の軽減を、まずは検討したらどうかというふうに考えます。

 次に、子育て支援システムについての認識を問うとしています、子どもの発達する権利、児童福祉を充実させる立場での望むことを求めます。

 今回の子育て支援システムの中で、一番問題なのは、国が、今、最低基準を決めています。これを市町村の条例で定める、要は最低基準の緩和が、市町村ごとに勝手にできると言ったら語弊がありますけども、できるとされております。その点について、今の現状以上の、これは最低基準であって、本来ならば拡充するのが必要であるところなんですが、国のたががなくなることによって、そこら辺が緩和されたときにどうするのかということです。

 また、子ども・子育て新システムの内容の問題点について、若干申し述べさせていただきます。

 保育所入所など、すべて自己責任となります。自治体の仕事は、預けられる時間と日数の認定をすること、施設をあっせんすることだけとなります。親、保護者は認定所を手に、自分で施設を探さなければなりません。市町村は、保育がどの程度必要か、保育上限量、保育時間を判断するだけで、保護者は自分で条件に合う保育所を契約しなければなりません。入所はそれぞれの保育所の事情や都合で決められるもので、障害を持った子供や、経済的に困難を抱える家庭が排除されることも考えられます。自由に選べる、これが政府の言うところですが、それどこらか、最も保育を必要とする人からも、その機会が奪われる可能性が高いのです。また、集団保育が崩されます。保育料も応益負担になります。保育時間は、1日を幾つかに分け、4時間、8時間、10時間などの子供を一緒に保育することになり、登園、退園時間も大幅に違い、1人1人の成長、発達に沿った保育や集団保育、行事の運営も困難になります。これでは保育ではなく、託児でしかなくなります。保育料は、保育時間に応じた、いわゆる応益負担に変わり、保育の内容も保育料次第となります。保育の内容によっては費用の追加徴収や実費負担がふえるおそれもあるというふうに、今申し述べたところだけでも、大変な大きな問題点があると考えます。

 保育料の負担軽減、少子化対策を充実させる、そして若い世代が子供を産まない、産めない理由は、第一はお金がかかるですから、少子化対策として、ぜひ保育料の軽減、また公的保育を守るとの観点で、ぜひ町政運営をしていただくことを求めます。

 次に、放課後児童支援事業についてでございます。学童保育充実と放課後の子供の遊びの広場の確保と、全学年を対象にというふうに提案をさせていただいています。

 まず、町長に学童保育とはいかなるものとお考えになってるのかについてお伺いをいたします。

 次に、地域活性化対策でございます。

 住宅リフォーム制度創設を求める。この問題についても、従来より質疑をさせていただいてきました。空き家対策の強化に活用というふうには言っていただいておりましたけれども、検討をしたのか。地元業者の仕事確保につながる住宅リフォーム助成制度への取り組みを再度求め、経済効果は大きく、まちづくりにつながるというものと解しています。秋田県でも、県が行っています。福岡県への働きかけもぜひしていただくことを求めます。

 5番目に、平和行政でございます。

 築城基地の騒音対策について、F15戦闘機の飛行訓練は認められないというふうにさせていただいております。F15戦闘機のたび重なる事故が起こっています。この京筑地域での事故もたび重なっている。

 今回は、大変大きな問題点があると思っています。燃料タンクの落下事故に関して、ナットの点検は空自の整備項目になかったとされています。また、今回、私どもがいただいた報告書には、このことは記載をされていません。新聞記事で知るところのみでありました。きちんとした報告書が出されていない。このことも大きな問題です。そして今までも、原因を究明しましたから、再開をさしていただきたいと、そう言いながらやってきた。ところが点検項目にもなかった。そのようなことで事故が起こっているわけですから、信頼できる報告ではないとしか言いようがないではありませんか。対象にもなっていなかったこと、この問題についてはきちんと町としても、防衛省担当ときちんとした説明を受け、議会への報告を求めます。

 また、飛行訓練の実態調査についても、この間の飛行の状況、早朝また深夜への飛行訓練の実態調査。今、若干の調査をしていますけれども、みやこ町になって、旧豊津時代と比べまして、やはり対象者が狭まったという観点もあるのでしょうか、大変この声が小さくなっている、そういうふうに考えています。私は、住民からの意見はたくさんあるんです。ですから、その意見を把握をしていくこと、必要な調査を町が責任を行うこと、そして今、住民の苦情対応、窓口の設置、明確化、そしてホームページなどの苦情受け付けなどするように求めます。

 防音工事についてでございます。建具等の機能復旧工事と、工事対象の拡大について、現在、経年劣化をしている建具、サッシ等がございます。このような軽便な工事でございますけれども、要望は高いと思いますので、工事をできるように交渉をしていただきたいと思っています。

 6番目です。公民館の譲渡について、指定管理者制度の導入について、公民館の譲渡について、説明会の開催があったと思います。回答状況は、現在ではどのようになっているのかお伺いをいたします。

 また、説明会では、11月末までに提出を求めるというふうになって、大変緊急な回答を要するということで、住民の対応についてどのように受けとめているのか、また町としてはどのようにお考えになっているのか。集会所は住民の福祉を増進する目的を持って、その利用に供するための施設であるとされています。地域になくてはならない集いの場であるとともに、地域づくりの拠点となる施設でございます。これを地域ごとの分断してしまっていいのでしょうか。それよりも、公民館、集会所等の有効活用、また地域にかかわらず利用できるような施策、また今後その利用の可能な土地を処分することについて、影響についてはどのようにお考えなのか、お伺いをいたします。

 以上、6点にわたっての壇上での質問を終わります。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 最初に、福祉行政、健康対策についての質問だったと思いますが、失礼、インフルエンザなど、予防接種の拡大で、医療費の軽減をという質問でした。失礼しました。

 インフルエンザについてでございますが、平成21年、22年と新型インフルエンザが大流行し、世界中で死亡者が増大したため、国の政策として生活保護受給者、市町村民税非課税所帯の接種者に補助金の助成がありました。今年度は、季節性の高齢者インフルエンザ予防接種、65歳以上を行っております。

 今後は、接種対象者や、補助金助成の拡大を検討していきたいと考えております。

 次に、子宮頸がんの予防接種でございますが、平成23年2月10日から、高校1年生を対象に接種を実施しました。接種対象者数約112名のうち、45名の方が接種を受けました。平成23年度は、中学1年生から高校1年生と、昨年度末接種の高校2年生までの範囲で行っています。接種対象者数約410名のうち、360名の方が接種を受けております。ヒブ肺炎球菌予防接種は、ゼロ歳から4歳までで、対象者数は約670名のうち、ヒブは90名、肺炎球菌は84名の方が接種を受けています。平成24年度は、補助事業の確定がされていませんが、疾病の重篤化を防ぐためにも、接種事業は継続していきたいというふうに考えております。

 次に、高齢者の健康保持と生きがい対策ということで、タクシー券の活用改善で生きがい対策をという質問ですが、本町では、日常生活の利便性を図ることはもとより、社会活動への参加範囲の拡大を図ることを目的として、福祉タクシー利用券を支給しております。

 そこで、行政や社会福祉協議会などが実施している生きがい対策事業へタクシー券を利用して、大いに参加することで、いつまでも元気な高齢者であっていただきたいと考えております。

 次に、給食センターの建てかえのうちの地産・地消の取り組みについてですが、現在、給食センターにおける地元産野菜の利用につきましては、全体の31.5%を賄っている状況です。

 町といたしましては、教育委員会と協議を行い、さらに地元農産物の利用促進のための取り組みを検討しているところです。既に、学校給食用野菜5品目、ジャガイモ、タマネギ、ニンジン、白ネギ、ゴボウの作付計画を作成し、タマネギの試験栽培を行っている状況であります。

 今後は、地元産農産物の確保のための生産組織などを確立し、安定供給できる体制をつくることにより、生産者の所得向上に努めていきたいと考えております。

 次に、子育て支援、保育所民営化についてですが、今後の保育所民営化における移行準備など、運営についての検討課題でございますが、平成24年度より、移管予定であります黒田保育所につきましては、本議会での議決を受け、移行に必要な手続を順次行なっていきたいと考えております。特に民営化移行に際し、運営面で最も重要なことは、いかに児童にストレスを与えることなく引き継ぎを終えるかだと考えております。

 具体的には、本人の意向もございますが、できるだけ現在の黒田保育所において、保育に携わる町の臨時、嘱託、代替保育士等の民間での継続的雇用による保育の実施や、新規民間保育所職員との引継ぎ保育の実施、移管先法人と保護者との協議などが重要だと考えております。

 今後、検討すべき課題が発生した場合は、速やかに対処したいと考えております。協定書のお話もございました。そこら辺も酌み取り今後の検討課題とさせていただきたいと考えております。

 次に、現在、本町における保育料につきましては、保護者所帯の収入、所得税、町民税等を考慮し、入所してる児童の年齢により、国の規準に準じて、条例等で決定しており、負担と受益、公平性を考慮したものとなっております。

 今後におきましては、周辺自治体の保育料も視野に入れ、検討していきたいと考えております。

 次に、子育て支援の子育て支援システムについての問題ですが、出産後も仕事を続ける女性や、所得減で家計補助のため、働きに出る母親の増加で、保育所の待機児童問題が深刻化する中、幼保一体化などで、こうした保育サービス不足の解決を図ろうとするものが新たな子育て支援策、子ども・子育て新システムだと認識しております。

 新システムは、現在、平成25年度以降の導入を目指しており、幼稚園の教育と、保育所の保育の機能をあわせて提供する統合施設、これ、仮称ですが、の創設など、幼保の一体化が柱となっております。定員割れする幼稚園の預かり機能を強化し、待機児童対策に充てるサービス量拡大のため、自治体の認可制をやめ、職員配置などを客観的な基準を満たせば、従来認可外とされた施設も公費を受けられる指定制を導入し、企業や非営利組合組織、NPOの参入促進を図る制度となっております。

 また、待機児童の8割以上を占める3歳未満の受け皿をふやすため、施設型以外に、保育士らが自宅などで数人の子供を預かる保育ママや、原則認可外だった20人未満の小規模保育にも公費を投入する内容となっております。

 国は当初、幼稚園、保育園を全廃し、幼保一体化した施設をこども園とする考えでありましたが、議論の末、学校教育法と児童福祉法の適用を受ける幼保一体化施設は、総合施設と名称を変え、幼稚園やゼロ歳から2歳の保育所なども含め、全体をこども園とすることで決着しました。この結果、対象年齢や内容、開所時間が異なる施設がすべてこども園となり、利用者にとってはわかりにくい表示になります。今後、どの施設をどの程度整備するかは、地域の教育、保育に関するニーズ調査をした上で、実施する必要があると考えております。

 放課後児童支援事業についてですが、先ほど午前中、田中議員の質問と重複する部分がございますが、現在、みやこ町では、小学校児童に放課後の安全・安心な居場所を確保し、遊びや生活の場を与えることを目的として、犀川、勝山地域では放課後児童クラブ、豊津地域では保育とは創設趣旨の異なる寺子屋事業を実施しております。

 児童クラブの開所時間は、平日は放課後から夕方まで、土曜日は朝から夕方まで、日曜、祝日及び年末年始は休みとなっています。一方、豊津寺子屋では、平日は放課後から夕方まで、土曜、祝日及び春休み、冬休みは休みとなっています。また、夏休みは豊津地区の3小学校で、それぞれ実施をしております。

 児童クラブでは、家庭学習の一部をクラブの時間を利用して行ったり、クラブの児童と遊んだりして過ごしています。豊津寺子屋では、それに加え、独自の指導プログラムに基づき、地域の有志指導者によるさまざまな体験や学習を体得することができます。

 対象児童についても、児童クラブではおおむね10歳未満の児童ということで、小学校3年生までの児童としています。一方、豊津寺子屋では、6年生までの児童を対象としておりますが、土曜日における開所はありません。

 今後児童クラブにおいては、受け入れ学年の拡充を検討していきたいというふうに考えております。

 次に、地域活性化対策、住宅リフォーム制度創設を求めるですが、6月議会で答弁をさせていただいたときは、町内全域の空き家調査の結果、数多くの空き家の実態が把握できた状態でした。この時点では、家賃または売買時のリフォーム工事が発生することが予想されたことから、将来の安住促進、人口増加策としての事業効果を考え、補助制度作成に向け、検討に入りました。その後、空き家所有者の意向を確認するため、調査をしてまいりましたが、所有者の連絡先の確認に苦労してる状況で、賃貸または売買の意向が確認できている物件が数件しかありません。また、物件の程度が大ざっぱにしか把握できてないことなどから、具体的な補助要綱などの策定までには至っておりません。

 しかし、今後も継続して意向や物件の調査を実施する予定ですので、ある程度見通しが立った時点で補助制度を検討していきたいと考えております。

 次に、住宅リフォーム制度創設を求めるという質問ですが、本町では、介護保険制度及び高齢者、障害者に対しての補助制度を利用し、住宅改修などを行っております。また、町内全域ではありませんが、住宅防音工事の対象地域においては、エアコンの設置、サッシや建具などの取りかえなどの改修工事が、国の補助事業により行われております。こうした事業の実施が地元企業の仕事確保や、地元経済の活性化につながってきたことは、御承知のとおりであります。

 地元事業者の仕事の確保及び事業に伴う地域経済の活性化を図りたいという考えは当然持っておりますので、町財政の今後の厳しさを鑑みますと、単なるリフォーム制度の導入は困難であることから、補助制度の実施までには至っていないというのが現状であります。

 しかしながら、将来の安住促進、人口増加策としての事業効果を考えますと、先ほど、空き家対策のリフォームについてお答えをしましたように、何らかの補助制度に取り組むことが必要であると考えておりますので、今後も引き続き検討を進めてまいりたいというふうに思っております。

 次に、平和行政、築城基地の騒音対策について、F15戦闘機の飛行訓練は認められないという質問ですが、本年10月7日、訓練中の航空自衛隊小松基地所属のF15戦闘機から、燃料タンク1本と空対空ミサイルの一部が落下するという事故が発生しました。本町では、この事故の報告を受け、同月11日、行橋市及び築上町とともに航空自衛隊築城基地に対し、事故の防止に向けた機体整備の徹底などを求める申し入れ書を提出いたしました。

 築城基地では、10月31日に安全確認に一定のめどがついたとして、タンクを取り外した状態での飛行訓練を再開しました。その後、12月2日にタンク落下の事故原因は、電気配線のショートであったとの報告を受けたところであります。

 事故後の訓練再開につきましては、築城基地周辺で生活する住民に不安を与え、安全な生活を脅かすことにもつながりかねません。しかしながら、飛行訓練を認めないということは、パイロットの練度の維持、向上を妨げ、国民の生命と財産を脅かすおそれがあります。これらのことから、我が国の安全を守るための防衛政策上、訓練再開もやむを得ないと、苦渋の判断をさせていただいたところです。

 もちろん、地元住民の不安が完全に払拭されたとは考えてはおりませんが、訓練再開につきましては、無条件で容認しているわけではなく、基地周辺住民の安全、安全飛行の徹底、機体の整備、点検の強化などを条件としております。

 次に、飛行訓練の実態調査についてです。 

 基地があり、訓練が行われる以上、住民が安全で安心した生活を送るということに対して、大きな障害があることは言うまでもありません。築城基地から飛行する航空機により、町民が長年にわたる騒音被害を受けており、さらには在日米軍再編による訓練移転も実施されております。町といたしましては、これ以上の住民負担を強いることはできないと考えております。9月議会でもお答えをしましたように、本町では、犀川支所、光冨配水場に本町専用の測定器を設置しており、飛行訓練の実態調査の一環として、今後も町独自での測定を継続実施してまいります。

 騒音測定器は、駐在員等からの申し出があれば、期間、場所など相談の上、要望場所に設置することも可能となっております。また、通常訓練時以外における、騒音曝露区域の一時的変更や、飛行コースの変更などがあった場合についても、築城基地へ問い合わせを行うなど、可能な限り実態の確認を行っております。

 今後も、引き続き実態調査を行い、基地周辺住民の騒音被害や安全管理上の不安などを考慮し、騒音抑制や、事故防止について対応を行ってまいります。

 次に、住民の苦情対応の窓口の設置及び明確化について、ホームページでの苦情受け付けなどという質問ですが、築城基地から飛行する航空機の騒音につきましては、安全で安心な生活を求める町民の気持ちとは裏腹に、騒音という被害を与え続けています。町民から、航空機騒音関連の苦情があった場合は、総合政策課が代表窓口となり、随時対応をしております。また、総合政策課内には、基地担当職員も配置しており、必要があれば築城基地や九州防衛局等、関係機関に連絡または通知するなど、苦情に対する対応は行っております。

 議員からの御質問は、航空機騒音に関する苦情の申し入れがわかりづらいということではないかと思いますが、今後は機会あるごとに、広報誌やホームページ等でのお知らせをしてまいりたいと考えております。

 なお、ホームページやメールでの情報公開や、苦情の受け付けについては、既に実施をしておりますので、この場をおかりしまして御報告させていただきます。

 次に、建具等の機能復旧工事と、工事対策の拡大についてでございますが、建具等の機能復旧工事を含む住宅防音工事につきましては、防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律の規定に基づき、指定された地域に対して助成されるものです。

 防音工事の対象区域の拡大につきましては、その都度強く国に対して要望は行っております。現在、建具等の機能復旧につきましては、80Wの区域で、約半分程度しか進んでおらず、75Wの区域については、全く手がつけられていない状況であります。

 また、防音工事の対象区域でありながら、平成4年の告示以降に住宅を建築したために、防音工事の対象にならないという事案が生じていることから、これらの住宅についても、防音工事の対象とするようあわせて要望を行っております。

 いずれにいたしましても、基地周辺の住民にとりましては、騒音による長年の身体的、正線的苦痛ははかり知れないものがあります。今後も、みやこ町といたしましては、国及び関係機関に対して要望を続けてまいりたいと考えております。

 最後に、公民館の譲渡についての質問ですが、12月5日までの回答状況ですが、対象施設54施設、46行政区のうち、39施設、34行政区から回答がありました。未回答は、15施設、12行政区となっております。

 回答内容ですが、条件つきでの譲渡も含め、了承すると回答した行政区は27行政区、31施設です。了承しないと回答した行政区は7行政区8施設となっていますが、そのうち、現在使用していない公民館などが3行政区、3施設あります。各地区での説明会は、14行政区で行いました。今後も要請があれば、行政区にお伺いし、説明を行わなければならないと考えております。

 今回は、無償譲渡に対する受け入れの意向調査ですので、今後は、地域の意向を踏まえ、慎重に検討し、無償譲渡または指定管理者制度の導入を進めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 松田教育長。



◎教育長(松田憲太君) 熊谷議員さんの2番目の給食センター建てかえ、そのうちの1番目の食育の拠点としての活用法ということで御質問ございましたのでお答えいたします。

 身体の形成期である小中学校の時期から、きちんとした食育を受け、さまざまな体験をし、食べる物を選ぶ力を養うことは、子供たちに必要なことであると考えております。

 平成25年4月から配食が行われる予定である新しい給食センターでは、栄養価はもちろん、地元産の米を使って米飯給食が、週3回から4回に、地元産の旬の作物を、また家庭の料理に近いおいしい給食を配食していきたいと考えております。

 また、学校と地域が連携して、野菜や米などの栽培や収穫を通して、食べ物のありがたさなどを知る場も設けたい、そういうぐあいに考えております。知育、徳育、体育に加えて、食育も重要な課題として、新しい給食センターを食育の拠点としていきたいと、このように考えております。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 大変時間が少なくなっております。

 インフルエンザの問題でございます。また、子宮頸がん等予防接種の問題ですが、対象者が、国が示した基準等が、子宮頸がんは高校1年生、16歳相当の女子に3回接種というふうになっています。今回、初めての取り組みですので、この年齢を、ぜひ広げた対応をしていただきたいというふうに思っています。

 また、先ほどお聞きした予防接種の受けた数の状況から見ますと、まだ周知を、もうちょっと広げていただいて、予防に努めていただく政策をぜひとっていただきたいと思いますが、どのようにお考えでしょうか。まず、お伺いをいたします。



○議長(上田重光君) 中村健康づくり課長。



◎健康づくり課長(中村雅裕君) 子宮頸がんでございますが、現在、360名の方が接種を受けてますが、全体から見ると88%の方が接種を行っております。

 年齢を広げるとおっしゃってましたが、国の基準からいきますと、中学1年生から高校1年生まで、もしくは小学校6年生から中学3年生までの4年間というふうになっておりますので、みやこ町におきましても、その範囲内での接種を行いたいと考えております。

 周知でございますが、これは任意接種でございますが、当初、個人あてに個別の通知を行いました。それと接種の追加の広報といたしましては、9月に広報及び防災無線等で通知を行っております。 

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 基本的には、ぜひ制度の実施をされるようになったので、100%の受けられるような努力を求めて、この件については終わります。

 次に、タクシー券の問題については、もう従来から言ってきたんですが、ちょっとお伺いいたしますけど、生きがい対策事業に来られてるような方が、今のタクシー券の配布を受けてるかどうか、多分対象になっていないのではないかというふうに、今、ちょっと思ったんですが、その点についてはどうでしょうか。今、みやこ町においてはタクシー券の配布については、大変限られた範囲になっています。そういう点で、ぜひ拡充をしてほしいということですので、わかりますかね、はい、お願いします。



○議長(上田重光君) 長野住民課長。



◎住民課長(長野正美君) 現在、タクシー券を利用されている方についての人数等は把握しておりますが、具体的に生活支援事業を利用されてる方が該当してるかどうかという資料は持っておりませんので。

 以上です。



○議長(上田重光君) 熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 問題は、生きがい対策事業に、まだ出てこられるような元気な、ある意味ですね、方については、迎えもあってるし、そういう点ではちゃんと活用されてると思うんです。それ以外に個人で、やはり出かけるとか、そういうときのやっぱり補助が必要かなと思っておりますので、再度検討をお願いしたいというふうに思っています。町長、御回答いただければ、お願いいたします。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 先ほど、長野課長が答弁しましたけども、できることはやらなきゃいけないと思ってるんですが、予算等のいろんな問題がありますので、これも考えながら、今後進めていきたいと思っております。



○議長(上田重光君) 熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 給食センターの建てかえの問題については、もうタマネギの植えつけ等も始めてるということですので、ぜひ地域活性化につながる、農業振興につながる、そして100%とはいいません。ぜひ、野菜は地元が供給源となり、またどこの方がつくったのよというふうな食育にもつながるような使い方を、ぜひ活用をしていただきたいと思います。この点については終わります。

 次に、子育て支援の問題でございます。

 今回、みやこ町の保育所の民間移管計画が出されております。そして、今回の補正予算において、民営化の委託料が352万4,000円、それから民間保育所の施設整備補助金は1億2,225万6,000円と、そして町の負担分は4,400万円というふうになるという予算が提起をされています。これは、1園のみの金額でございます。そして、移管計画の中では、先ほど諫山保育所の民間での実施をということもでておりましたけども、これの中には、黒田保育所と諫山保育所の分園という形が提起をされています。この件については、どのようにお考えなのか、まず、お伺いをいたします。



○議長(上田重光君) 長野住民課長。



◎住民課長(長野正美君) 申しわけございません。分園のところの分が、何に入ってるかだけ、もう1度。



◆議員(熊谷みえ子君) 計画。



◎住民課長(長野正美君) 黒田保育所は、今、独自でやってますし、諫山保育所につきましても、分園という話も受けてとかいうのはされておりませんので、今後検討という形になります。



○議長(上田重光君) 熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) それで、やはり3案という形で分園方式、小規模化方式等、いろんな形での提案をされています。そして、この方法でどうなるのかということがわからないままに行って、いたずらに保護者の不安が募ってるのではないかと思います。黒田保育所については、今後の、本来ならば4月からですから、1年以上の実質的には時間をかけて移行計画をしていただくのが順当ではないかと思っておりましたけれども、4月1日付からすると、そしてまた新築をするという、その間の児童の安全確保の問題についても、大変心配されるところでございます。先ほど、私は、協定書をぜひ交わしていただきたいということも提起をさせていただきました。まず、その件についてはどのようにお考えになるか、お伺いをいたします。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 熊谷議員から、いろいろと御指摘をいただきましたので、その辺、我々行政側として足りない点が多々あろうかと思います。もうその辺はしっかり勉強して、本当に保護者の皆さんが、不安のないような、そういうことを進めていきたいと思っておりますので、後ほど協定書等の資料等があったら、お見せいただきたいなと思っております。



○議長(上田重光君) 熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 今回、補正予算の中で、法人負担分が3,800万ということでしています。町の負担はそのうち4,432万2,000円と、1園でこれだけの、要は町負担分がかかっていくわけです。今後、6園の民営化をする場合の、大変、負担増が想定されます。私は、公的な保育の必要性を、今回の東日本大震災での公的な保育の中での必要性、改めて全国的にも感じられた問題ではないかと思います。公立が公的に果たして行く役割、そのことが大変重要になってまいります。また、国も、先ほど申しましたように、子育て支援システムということでの制度の大変改定、改悪をしようとしています。まず、もしこれが実施されるようになっても、国の最低基準を守る、またそれ以上の政策でやっていただくということをまず求めたいと思います。まず、子育て新システムについてのお考えについて、町長に伺います。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) この問題につきましては、ちょっと私も勉強不足で、担当課からいろいろと指導を受けております。新しいシステムが平成25年以降に導入するわけですので、この辺をしっかり勉強しながら、議員が指摘のような、そういう、何といいますか、不都合な、そういう保育所等のシステムはつくらないように、私は進めていきたいというふうに思っております。



○議長(上田重光君) 熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 時間が、大変ないもんですから、してますけれども、今後、ぜひいろんな形で進めていくと思いますが、私は、一定のめどで、民営化の問題については、切りをつけていただきたいと思っています。そうしなければ、いたずらに父母の混乱、また心配で、どんどん行橋等、他園に行く可能性もあるわけですから、こんなに混乱するような状況をいつまでも続けないで、早く結論をぜひ出していただくことをお願いをいたします。

 次に、住宅リフォームの問題です。私は、町長が空き家を、あいてるからといことで、それの活用できないかということをおっしゃっておりましたが、本来ならば町民の皆さんに、これを活用していただきたいというふうに考えているわけです。それは、実質10万程度の補助なんですけれども、いろいろ家を維持、補修する場合、懸案事項と考えてる家庭は多いと思うんです。それで、今、住宅のエコポイントという問題も出てますし、そういう改修をするのにも活用できる、また、太陽光発電の問題についても活用できるのではないかと思っておりますので、空き家対策にかかわらず、ぜひ検討をしていただきたいと思います。

 地域の業者さんにとっては、従来も言ってまいりましたけれども、本当に仕事がないと、そして小規模な住宅改修についても、やはりそれに波及する効果っていうのは多大であるという報告も出ておりますので、ぜひそういう点については検討をしていただきたいというふうに思っています。

 それから、公民館の問題です。この前申し入れをさせていただきました。十分、具体的な内容についてはお伺いいたしましたけれども、火災保険等の自己負担が生じる、またこれを受託をしない場合の運営、それからもう1つ大変大きな問題は、もし老朽化した場合は廃止をという文章が一文が入っておりました。ですから、その点についてどういうふうに進めていくのか、また具体的にはどのようにお考えなのか伺います。



○議長(上田重光君) 久保総務課長。



◎総務課長(久保良美君) まず、町が現在進めています公民館無償譲渡に対する進捗状況なわけですけども、集会所につきましては、地域の皆さんの活動拠点として重要な施設と考えておりまして、そのため、地域の皆さんに自由に活用いただくことを目的にして、区に対して、現在無償譲渡の意向調査をやっているというような状況でございます。

 なぜ、町有物件を無償譲渡しなければならないのかと申しますと、平成15年に自治法が改正されてまして、従来の管理委託制度というものがなくなってまして、公の施設であれば、町が直接管理するか、あるいはまた、指定管理者制度のもとに管理人を置いて管理しなければならないんですけども、この双方を選択せず、町としては、もう現在専ら、地域の皆様が占有してますので、できるならば地域へ無償譲渡したいと思いまして、進めているというような状況でございます。

 また、老朽化した場合につきましては、地域に無償譲渡したものにつきましては、地域の管理のもとになろうかと思いますけども、指定管理制度を敷いたものにつきましては、やはりその建物の危険度等を診察しながら、住民の方が、もう使用に耐えないということであれば、当然廃止しなければならないと考えております。



○議長(上田重光君) 熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 残り少なくなりましたけれども、十分地元との意見を聞きながら、今後の管理運営に、地元負担が過大にならないような方策をぜひ考えていただきたいと思います。

 また、基地問題でございます。私ども、本日午後6時まで公表しないでくださいとして、これは大分日がたってからF15の被害対策落下事故に係る調査結果についてでございます。いただいております。また、新聞報道で見ましたところ、ナットにゆるみがあったのは、2割にわたっているというふうになっています。

 この問題は、先ほども言いましたように、整備方法を変えるというふうにされていますけれども、今までも整備を十分にしましたという報告の中でやってきたわけです。そして飛行訓練を再開をしていった、この点については、毎回同じことを聞かされながら、またあそこで事故が起こり、ここで事故が起こりということが行われているわけでございます。本当に町としてもぜひ対応をしていただきたいと思っています。

 サッシの問題については、ぜひ今後の検討課題と、またしていただきたいと思っています。

 また、先ほど、保育所の問題で、質問の答弁について、保育料の軽減の問題をしておりましたけれども、きょうの回答は無理でしたら、ぜひ検討していただくということで、終わらせていただきたいと思っています。

 以上です。



○議長(上田重光君) 以上で、熊谷みえ子議員の一般質問を終わります。

────────────・────・────────────



○議長(上田重光君) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日はこれにて散会したいと思いますが、御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、本日はこれにて散会とします。お疲れさまでした。

午後4時08分散会

──────────────────────────────