議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 23年第5回定例会(12月) 12月06日−01号




平成 23年第5回定例会(12月) − 12月06日−01号









平成 23年第5回定例会(12月)


みやこ町告示第55号
 平成23年第5回みやこ町議会定例会を次のとおり招集する
    平成23年11月25日
                               みやこ町長 井上 幸春
1 期 日  平成23年12月6日(火曜日)午前10時
2 場 所  みやこ町庁舎3階議事堂
──────────────────────────────
開会日に応招した議員
橋本 真助君          柿野 正喜君
中山 茂樹君          小田 勝彦君
田中 勝馬君          飯本 秀夫君
中尾 昌廣君          金房 眞悟君
大束 英壽君          柿野 義直君
熊谷みえ子君          原田 和美君
中尾 文俊君          肥喜里和隆君
浦山 公明君          上田 重光君
──────────────────────────────
応招しなかった議員
                
──────────────────────────────
───────────────────────────────────────────
平成23年 第5回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第1日)
                             平成23年12月6日(火曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                         平成23年12月6日 午前10時00分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期及び日程について
 日程第3 諸般の報告
 日程第4 行政報告
 日程第5 議案の上程、提案理由の説明、質疑、採決
      承認第5号 専決処分の承認を求めることについて(みやこ町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について)
      諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
      諮問第2号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
      諮問第3号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
      諮問第4号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
 日程第6 議案の上程、提案理由の説明
      議案第51号 みやこ町工場設置奨励条例の制定について
      議案第52号 みやこ町企業誘致奨励条例の制定について
      議案第53号 みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第54号 みやこ町大型共同作業場条例を廃止する条例の制定について
      議案第55号 みやこ町災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第56号 みやこ町保育所条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第57号 財産の無償譲渡について
      議案第58号 工事請負契約の締結について(みやこ町学校給食センター建設工事)
      議案第59号 指定金融機関の指定について
      議案第60号 平成23年度みやこ町一般会計補正予算(第3号)
      議案第61号 平成23年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第62号 平成23年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第63号 平成23年度みやこ町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
 日程第7 議員提出議案の上程、趣旨説明
      発議第11号 子宮頸がん予防、ヒブ、小児用肺炎球菌の3ワクチンの定期接種を求める意見書(案)について
      発議第12号 健全な国民健康保険制度の構築を求める意見書(案)について
 日程第8 請願
      請願第2号 豊津地区に放課後児童クラブ(学童)の設置を求める請願書
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期及び日程について
 日程第3 諸般の報告
 日程第4 行政報告
 日程第5 議案の上程、提案理由の説明、質疑、採決
      承認第5号 専決処分の承認を求めることについて(みやこ町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について)
      諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
      諮問第2号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
      諮問第3号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
      諮問第4号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
 日程第6 議案の上程、提案理由の説明
      議案第51号 みやこ町工場設置奨励条例の制定について
      議案第52号 みやこ町企業誘致奨励条例の制定について
      議案第53号 みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第54号 みやこ町大型共同作業場条例を廃止する条例の制定について
      議案第55号 みやこ町災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第56号 みやこ町保育所条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第57号 財産の無償譲渡について
      議案第58号 工事請負契約の締結について(みやこ町学校給食センター建設工事)
      議案第59号 指定金融機関の指定について
      議案第60号 平成23年度みやこ町一般会計補正予算(第3号)
      議案第61号 平成23年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第62号 平成23年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第63号 平成23年度みやこ町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
 日程第7 議員提出議案の上程、趣旨説明
      発議第11号 子宮頸がん予防、ヒブ、小児用肺炎球菌の3ワクチンの定期接種を求める意見書(案)について
      発議第12号 健全な国民健康保険制度の構築を求める意見書(案)について
 日程第8 請願
      請願第2号 豊津地区に放課後児童クラブ(学童)の設置を求める請願書
──────────────────────────────
出席議員(15名)
1番 橋本 真助君       2番 柿野 正喜君
3番 中山 茂樹君       4番 小田 勝彦君
5番 田中 勝馬君       6番 飯本 秀夫君
7番 中尾 昌廣君       8番 金房 眞悟君
9番 大束 英壽君       10番 柿野 義直君
11番 熊谷みえ子君       13番 中尾 文俊君
14番 肥喜里和隆君       15番 浦山 公明君
16番 上田 重光君                
──────────────────────────────
欠席議員(1名)
12番 原田 和美君                
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 廣末  豊君     書記   檜垣 文子君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
教育長 ………………… 松田 憲太君   総務課長 ……………… 久保 良美君
財政課長 ……………… 吉永 秀信君   建設課長 ……………… 森下 高志君
総合政策課長 ………… 村上 重範君   住民課長 ……………… 長野 正美君
健康づくり課長 ……… 中村 雅裕君                     
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
教務課長 ……………… 山本 淳一君   生涯学習課長 ………… 柿野 善広君
介護保険課長 ………… 中村 政弘君   税務課長 ……………… 中嶋 純男君
住宅管理課長 ………… 有馬 善徳君   徴収対策課長 ………… 北野 満典君
産業課長 ……………… 山下 茂治君   生活環境課長 ………… 中原 裕二君
上下水道課長 ………… 高尾 和彦君   伊良原ダム対策課長 … 立花 博美君


──────────────────────────────

午前10時00分開会



○議長(上田重光君) おはようございます。ただいまの出席議員は15名です。したがいまして、定足数に達しておりますので平成23年第5回みやこ町議会定例会を開会いたします。

 ここで、暫時休憩といたします。大会議室にて、全員協議会を開きますので、御参集お願いします。

午前10時02分休憩

………………………………………………………………………………

午前10時15分再開



○議長(上田重光君) 休憩前に引き続き、会議を再開します。

 では、ただいまより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

 日程に従い、議事を進めます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(上田重光君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 今回の会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、7番、中尾昌廣議員、8番、金房眞悟議員の2名を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期及び日程について



○議長(上田重光君) 日程第2、会期及び日程についてを議題とします。

 このことにつきましては、議会運営委員会において協議をしていただいておりますので、その結果について報告を求めます。中尾文俊委員長。



◎議会運営委員長(中尾文俊君) おはようございます。中尾文俊でございます。

 平成23年第5回みやこ町議会定例会の運営につきまして、去る12月2日、委員全員の出席のもと、町長、副町長、関係課長にも出席を求め、議会運営委員会を開催をいたし、会期並びに議事日程について協議をいたしましたので、その結果について御報告をいたします。

 本定例会に付議されます議案は、町長提出案件として承認案件1件、諮問案件4件、条例案件6件、工事請負契約1件、その他の案件2件及び補正予算案4件の計18件であります。

 また、議員提出案件の意見書案が2件と、請願1件が受理をされておりまして、今定例会に付議された案件は、合計で21案件でございます。

 協議の結果、会期は、既にお手元に配付をしております日程表のとおり、本日6日から16日までの11日間とすべきものと決した次第でございます。

 この11日間の会期におきまして、お手元に配付をしております会期日程に従い、本会議、各常任委員会を開催をし、御審議いただきますようお願いをいたします。

 また、本日の議事日程は、この後、日程第3が諸般の報告、日程第4が行政報告でございます。日程第5は、議案の上程、提案理由の説明、質疑、採決でございます。承認第5号及び諮問第1号から4号までの計5件を一括上程をし、提案理由の説明、質疑の後、委員会付託、討論を省略をし、直ちに採決すべきものと決しております。日程第6は、議案の上程、提案理由の説明でございます。議案第51号から議案第63号までの13件を一括上程をし、提案理由の説明を受けます。日程第7は、議員提出議案の上程、趣旨説明でございます。発議第11号、発議第12号を一括上程をし、発議第11号は、提出者の趣旨説明を受けます。発議第12号は、意見書案の朗読をもって趣旨説明にかえます。日程第8は請願でございます。請願第2号は、文教厚生常任委員会に付託をいたします。

 また、あす以降の日程についてでございますが、あす7日を考案日とし、8日は本会議──本日付議されました議案第51号から発議第12号まで、15案件の質疑と委員会付託を行います。9日、12日、13日を各常任委員会の審査日に充て、9日は文教厚生常任委員会、12日は産業建設常任委員会、13日を総務常任委員会といたしております。なお、産業建設常任委員会には、今定例会で付議予定の案件はございませんが、所轄事務調査ということで届け出がなされております。いずれも午前10時からの開会とすることにいたします。つきましては、所管分の審査をよろしくお願いをいたします。

 一般質問は14日、15日の2日間で行います。16日が本会議の最終日で、継続審査となっていました決算の認定案件も含め、審査終了案件の委員長報告を行い、委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。なお、本日の日程終了後3階大会議室で全員協議会を開催をいたします。

 また、一般質問の通告締め切りを本日6日の17時といたしましたので、質問を予定されている方は時間厳守の上、提出をお願いをいたします。

 そのほか、今定例会より、本会議の様子を勝山本庁舎及び犀川・豊津支所ロビーのテレビで実況放映をいたします。各位に御協力をよろしくお願いをいたします。

 以上、本会議の運営につきまして、議会運営委員会において協議いたしましたので、議員各位の御賛同と御協力を賜りますようお願いを申し上げまして、報告といたします。



○議長(上田重光君) 議会運営委員会の報告が終わりました。

 お諮りいたします。会期及び日程について、ただいまの議会運営委員長の報告どおり決することに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日12月6日から12月16日までの11日間とし、日程につきましてもお手元に配付の日程表のとおり決定をいたします。

 なお、常任委員会の日程につきましても、議会運営委員会においてお手元のように決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第3.諸般の報告



○議長(上田重光君) 日程第3、諸般の報告を行います。

 議長としての報告事項は印刷してお手元に配付しているとおりでありますが、事務局より1点報告させます。事務局長。



◎事務局長(廣末豊君) 朗読いたします。

 閉会中の11月30日に招集されました産業建設常任委員会において、原田委員長より委員長の辞任届が提出されました。

 委員会での協議の結果、みやこ町議会委員会条例第12条に基づき、原田委員長の辞任が認められました。

 このことにより、新たな産業建設常任委員長に中尾昌廣議員が、副委員長に中山茂樹議員が互選されました。

 また、議会運営委員会委員としての原田委員の辞任については、みやこ町議会委員会条例第12条第2項に基づき、議長の許可を得ております。

 なお、新たに産業建設常任委員長になられた中尾昌廣議員が、みやこ町議会運営委員会規定の第2条の選出基準に基づき、議会運営委員会委員となられましたことを御報告いたします。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 諸般の報告を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第4.行政報告



○議長(上田重光君) 日程第4、行政報告。

 町長から行政報告の申し出があっておりますので、これを許可します。井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。本日ここに12月定例会を招集しましたところ、議員各位におかれましては、公私御多用の中、御参集いただき厚くお礼申し上げます。

 さて、今、世界の経済情勢を見ますと、ギリシャ経済の崩壊に伴うユーロ圏内の経済不安定、さらには、アメリカ経済の不景気が世界経済の回復に影響を与え、景気の見通しは大変厳しいものがあります。日本経済は、円高による輸出産業の不振、厳しい雇用情勢やデフレ問題、さらには、少子高齢化に伴う社会問題などの状況が続くなど、全く見通しの立たない状況となっています。

 そのような中で、野田総理は、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加を表明されました。輸出関連企業は、このTPP参加には賛成で、大きな期待感を示しています。しかし、我が国の農産物や産業の保護あるいは活性化策など、いまだ解決されていない問題は山積しています。政府は、我が国の国益を損なわないようしっかり議論し、TPP参加に対して国民が納得できる政策指針を示すことを願っております。

 11月27日に行われた大阪府知事と大阪市長のダブル選挙では、橋下徹氏率いる大阪維新の会の大勝となりました。我が国内に充満する政治への閉塞感から、新たなるリーダーの出現を支持し、有権者が大改革を期待しているあらわれではないかと思います。今後、我が国の政治は連立の繰り返しを行い、不安定な状況が続くものと考えられます。しかし、いかなる状況が起ころうとも、みやこ町は、微動だにすることなく、町民の安全、安心を守るために、最大限の努力をしなければならないと考えております。

 それでは、9月定例会以降の行政運営について御報告申し上げます。

 初めに、保育所の民営化につきまして御報告いたします。みやこ町公立保育所民営化等検討委員会会長から、11月1日付で黒田保育所の民営化に向けた移管先の法人の選定についての答申を受けました。

 町といたしましては、本答申にのっとり、保護者及び議会を初め、関係者に対し意思疎通を十分図っていくとともに、来年4月の民営化に向け、事務を進めてまいります。

 次に、学校給食センター建設工事についてです。11月22日、入札の結果、落札業者が決定しました。本議会において議決をいただいた後、本契約を締結する予定であります。平成25年4月から配食を始める予定ですので、御理解と御協力をお願いいたします。

 次に、みやこ町第1次総合計画、後期基本計画策定業務及び共同のまちづくり推進事業につきまして報告させていただきます。

 後期基本計画につきましては、平成19年にみやこ町第1次総合計画を策定し、今年度で5年目を迎えます。現在、来年度から5年間のまちづくりの基本方針を定める後期基本計画を策定中です。職員と公募による住民代表で組織する策定委員会で素案を策定した後、学識経験者や議会及び関係機関の代表による審議会に諮問し、答申を受けて策定となります。

 また、共同のまちづくり推進事業につきましては、1次総合計画に絞られた後期基本計画より一歩踏み出した住民主導のまちづくりを目指し、大学との連携により勉強会を開催しているものです。

 11月6日に、第1回目として、東京大学大学院出口敦教授を講師として、住民主体によるまちづくりについてフォーラムを開催し、約300名以上の住民の方に参加をいただきました。

 また、12月4日には、北九州大学の都市政策研究所と連携したセミナーを開催し、約60名の住民の方に参加をいただきました。今年度末までに、もう一回セミナーを開催する予定です。

 共同のまちづくり推進事業は、都市計画、次期総合計画など大きなまちづくりの計画策定に民意を反映させるために欠かせない事業だと考えており、来年度以降も、継続的な実施を予定しております。

 次に、行財政改革について御報告いたします。本年4月に、総合政策課内に行財政改革推進班を設置し、行財政改革に向けた事業を進めてまいりました。ようやく審議に必要な資料が準備できましたので、10月27日に1回目の行政改革推進委員会を開催し、公共施設の設置及び管理運営の合理化ほか5項目について諮問させていただいたところです。

 今後、10回程度の会議を開催し、財政の健全化や組織の見直しなどを審議していただきまして、平成24年度末には答申をいただく予定にしております。

 次に、介護保険事業計画についてです。ますます高齢化が進展していく中で、高齢者の生活の支えを確立していくため、平成24年度から開始する第5期介護保険事業計画の策定に向け、取り組んでいるところです。

 みやこ町の高齢化率は30%を超えており、全国平均の10年先を行っているとも言われています。保険料の算定については、国が示したワークシートにより算出していますが、高齢化率の上昇に伴い増額が予想され、現在の保険料月額4,100円を維持することは、困難な状況ではないかと考えております。

 次に、有害野生鳥獣による被害防止対策についてです。被害防止対策の充実、強化を図っていくために、10月に中津・豊前・上毛地域鳥獣被害広域対策協議会に加入しました。国の補助事業を有効に活用しながら、広域地域において効果的、恒久的な自衛体制をつくり、遠距離共同防護さく等を設置して、農耕地や集落周辺に有害野生鳥獣が寄りつきにくい環境づくりを推進していきます。

 次に、福岡県「女性研修の翼」についてです。この研修の目的は、女性が海外での研修を通じ、国際的な視野を広げ、男女共同参画社会を推進するために労働、教育、人権、環境問題への認識を深めることです。

 今回、みやこ町から1名が合格し、福岡県「女性研修の翼」に参加しました。11月13日から20日まで、デンマーク、スウェーデンを訪問し、職場や地域でより女性が活躍できる環境づくりを研修されました。みやこ町代表として参加された女性は、今後、みやこ町の男女共同参画の推進や、女性の地位向上など、幅広く活躍していただけるものと期待しております。

 次に、スポーツフェスタについてです。本年10月を、みやこ町スポーツ月間と位置づけ、「スポーツフェスタINみやこ2011」を開催いたしました。開会のコンセプトとして、「町民だれもが自由に参加できるスポーツイベント」を掲げ、本町のスポーツの振興はもとより、町民の健康づくりと地域の連帯感の高揚に貢献することを目的に実施いたしました。

 総合開会式では、勝山中学校のブラスバンドによる演奏、みやこ町剣道連盟による形の披露が行われ、参加選手も熱心に観覧していました。引き続き、アジャタ競技が実施され、小学生の部から高齢者まで各クラスで熱戦が繰り広げられました。

 また、期間中にグラウンドゴルフや登山教室、バレーボールや卓球、野球など9種目にわたる競技やイベントを町内各地で実施し、多くの参加のもとスポーツの秋を満喫しました。地域における連帯感を高め、元気なまちづくりに向けた取り組みとして、今後も推進してまいりたいと考えております。

 次に、産業祭についてです。11月19日、20日の両日、「第6回よってこ犀祭INみやこ」を開催いたしました。初日は、あいにくの天候となりましたが、2日目は晴天に恵まれ、大変多くの方でにぎわいました。

 また、農林産物の搬入時には、大雨にもかかわらず271点の出品協力をいただきました。農林産物のチャリティーオークションでの売り上げは、東日本大震災の被災地である宮古市に寄附いたしました。

 次に、古墳フォーラムについてです。プレイベントである「古代モノづくり体験教室」、「古墳めぐり」を経て、11月26日、サン・グレートみやこでの古墳フォーラムでは、340名以上の参加をいただき、みやこ町にある橘塚古墳、綾塚古墳などを初めとした文化財の重要性を再認識し、郷土の宝、郷土の個性を再発見するとともに、まちおこしのアイテムとして今後も情報発信していくことを確認し、終了しました。

 次に、読書講演会についてです。平成23年度の読書週間関連事業として、ノンフィクション作家で評論家でもある柳田邦男氏をお招きし、11月27日、講演会を開催いたしました。460名以上の参加があり、読者活動の推進を高めることができたと考えております。

 次に、人権のつどいについてです。12月3日に「第6回みやこ町人権のつどい」を実施いたしました。今年は、福岡県男女共同参画センターあすばる前館長の中嶋玲子さんを迎え、世代を越え、性別を越え、一人一人が輝くみやこ町に、と題して講演をいただき、約250名の方に参加をいただきました。当日は、議員を初め多くの町民の方に参加していただき、まことにありがとうございました。この場をおかりしましてお礼を申し上げます。

 人の命は、地球より重いと言われますように、他人の人権を侵すことは言うまでもなく、自分の人権が侵されることも許されるものではありません。私たち一人一人が、人権のとうとさと意義を考え直し、だれもが心の豊かさを実感できるような人権のまちづくりを目指してまいります。

 次に、今後の予定ですが、「みやこ町愛郷音楽祭」を、12月18日、サン・グレートみやこにて開催いたします。これは来年ですが、平成24年1月6日金曜日には、昨年に引き続き新年あいさつ会を豊津公民館で開催いたします。また、新成人199名を対象に、成人式を1月8日日曜日にサン・グレートみやこにて開催いたします。また、消防出初め式を1月14日、犀川支所前駐車場にて行う予定です。式典終了後には、生瀧神社前、今川河川敷で祝賀放水が行われます。また、初めての開催となります「みやこミュージックストリート2012」を、ジャズ演奏者山下洋輔氏をお迎えし、1月29日日曜日、犀川体育館にて開催いたします。年明け早々にさまざまな催しがございますが、議員各位の御参加をよろしくお願い申し上げます。

 以上、9月以降の行政運営及び今後の予定につきまして、幾つか御報告申し上げました。

 本議会には、18の議案を上程いたしております。会期終了の16日まで、議員各位の活発な議論をお願いを申し上げまして、私の行政報告といたします。



○議長(上田重光君) 行政報告が終わりました。

────────────・────・────────────



△日程第5.議案の上程、提案理由の説明、質疑、採決



○議長(上田重光君) 日程第5、議案の上程、提案理由の説明、質疑、採決を行います。

 承認第5号専決処分の承認を求めることについて及び諮問第1号から諮問第4号の人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてまで、計5件を一括議題とし、提出者の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) それでは、提案理由の説明をさせていただきます。

 今議会に提案いたしました議案は承認案件1件、人事案件4件、条例の制定及び改正案は6件、無償譲渡に関する案件は1件、建設工事請負契約の締結案1件、指定金融機関の指定案1件、一般会計及び特別会計補正予算案4件の計18件であります。

 初めに、承認案件と人事案件4件の提案理由を説明いたします。

 承認第5号は、専決処分の承認を求めることについてであります。

 みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する必要が生じたため、地方自治法の規定により専決処分したので、これを報告し、承認を求めるものであります。

 諮問第1号は、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてであります。

 現委員の立園和子氏が、平成24年3月31日をもって任期満了になるので、後任の委員を推薦するに当たり議会の意見を求めるものであります。

 諮問第2号は、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてであります。

 現委員の齊藤廣史氏が、平成24年3月31日をもって任期満了になるので、同氏を推薦するに当たり議会の意見を求めるものであります。

 諮問第3号は、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてであります。

 現委員の浦田農二男氏が、平成24年3月31日をもって任期満了になるので、同氏を推薦するに当たり議会の意見を求めるものであります。

 諮問第4号は、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてであります。

 現委員の岸上光男氏が、平成24年3月31日をもって任期満了になるので、同氏を推薦するに当たり議会の意見を求めるものであります。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(上田重光君) 町長の説明が終わりました。

 引き続き、所管課長から補足説明があれば、これを許可します。承認第5号について補足説明がありますか。久保総務課長。



◎総務課長(久保良美君) 承認第5号みやこ町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例につきまして、専決処分いたしましたので、その概要につきまして補足説明をさせていただきます。

 職員の給与につきましては、人事委員会の勧告に基づきまして月例給の官民格差を比較した場合、官が民を上回っているとの理由で、減額改定を行うものでございまして、12月給料分から適用するものでございます。

 また、調整措置といたしまして、本年4月から11月分の給与及び6月の特別給につきまして、0.17%減額調整を、12月の特別給で行うものでございます。

 また、対象職員数は、50歳代を中心に40歳代を念頭に置いた引き下げでございまして、本町職員218名のうち対象職員が105名、1人当たり約7,000円程度の減額調整を行うものでございます。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 次に、諮問第1号から諮問第4号までの4件については、所管課が同じです。補足説明があれば一括で説明をお願いいたします。上田人権男女共同参画課長。



◎人権男女共同参画課長(上田政三君) 諮問第1号から諮問第4号の提案理由の補足説明をさせていただきます。

 まず、諮問第1号は、人権擁護委員の新任候補者の推薦についてであります。

 当町の豊津地区の人権擁護委員である立園和子さんが、平成24年3月31日で任期を終えますので、後任者として中川かすみさんを人選いたしました。中川さんは、行政経験を持ち、何事にも積極的に活動され、人権擁護についても深い関心と理解を持ち、その向上に努められておられます。そのようなことから、今回候補者として推薦いたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 続きまして、諮問第2号から諮問第4号については、いずれも再任でございます。

 諮問第2号は、豊津地区の選出の齊藤廣史さん、諮問第3号は、勝山地区選出の浦田農二男さん、諮問第4号は、犀川地区選出の岸上光男さんの3名の方は、平成24年3月31日で任期満了となります。

 地域住民からの信頼を受け人望が厚く、人権擁護についても積極的に活動され、現在行橋人権擁護委員協議会での常務委員及び各部会で積極的に取り組んでおります。人権擁護委員として適任であると思いますので、引き続き委員として御活躍いただきたいと思いますので、御審議のほどよろしくお願いいたします。

 以上で、諮問第1号から諮問第4号についての補足説明を終わらせていただきます。



○議長(上田重光君) 以上で、提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。

 初めに、承認第5号について質疑のある方、いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次の諮問第1号から4号の4件については、一括で質疑を受けます。質疑のある方、いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りいたします。ただいま議題となっています承認第5号から諮問第4号までの5件は、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決をしたいと思いますが、これに御異議はありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。したがって、承認第5号から諮問第4号までの5件は、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決を行います。

 これより、承認第5号について採決します。この採決は起立によって行います。

 本件は承認することに賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成多数です。したがって、承認第5号専決処分の承認を求めることについては、承認することに決定しました。

 次に、諮問第1号について採決します。この採決は起立によって行います。

 本件は原案のとおり適任とすることに賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成全員です。したがって、諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、原案のとおり適任とすることと決定しました。

 次に、諮問第2号について採決します。この採決は起立によって行います。

 本件は原案のとおり適任とすることに賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成全員です。したがって、諮問第2号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、適任とすることに決定しました。

 次に、諮問第3号について採決します。この採決は起立によって行います。

 本件は原案のとおり適任とすることに賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成全員です。したがって、諮問第3号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、適任とすることに決定しました。

 次に、諮問第4号について採決します。この採決は起立によって行います。

 本件は原案のとおり適任とすることに賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成全員です。したがって、諮問第4号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、適任とすることに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第6.議案の上程、提案理由の説明



○議長(上田重光君) 日程第6、議案の上程、提案理由の説明を行います。

 議案第51号みやこ町工場設置奨励条例の制定についてから、議案第63号平成23年度みやこ町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)まで、13件の町長提出案件を一括議題とします。

 これより、提出者に提案理由の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) それでは、続きまして、議案ごとに提案理由の概要を説明申し上げます。

 議案第51号は、みやこ町工場設置奨励条例の制定についてであります。

 地域経済の活性化及び雇用の創出を図るため、過疎地域自立促進特別措置法に基づく企業誘致に必要な優遇措置を講じ、適正な企業立地を推進する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第52号は、みやこ町企業誘致奨励条例の制定についてであります。

 企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律に基づく企業誘致に必要な優遇措置を講じ、適正な企業立地を推進する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第53号は、みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 行政の効率的な運営を図るため、課の設置について一部を統廃合する必要が生じたので、みやこ町課設置条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第54号は、みやこ町大型共同作業場条例を廃止する条例の制定についてであります。

 豊津縫製企業組合が、業績不振により平成22年7月31日をもって廃業し、作業場を廃止することになったことからこの条例案を提出するものであります。

 議案第55号は、みやこ町災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 災害弔慰金の支給等に関する法律の一部を改正する法律が、平成23年7月29日に公布、施行されたことにより、みやこ町災害弔慰金の支給に関する条例を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第56号は、みやこ町保育所条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 みやこ町立黒田保育所において、平成24年度から民営化することに伴い、みやこ町立保育所条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第57号は、財産の無償譲渡についてであります。

 みやこ町立黒田保育所の民営化に当たり、民営化後における安定的な保育事業の運営に資するため、町有財産の処分に関し、地方自治法第96条第1項第6号の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 議案第58号は、工事請負契約の締結についてであります。

 みやこ町学校給食センター建設工事を施工するため、一般競争入札により工事請負人を定め、工事請負契約を締結するに当たり、みやこ町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 議案第59号は、指定金融機関の指定についてであります。

 みやこ町指定金融機関の指定について、地方自治法第235条第2項及び同法施行令168条第2項の規定のより、議会の議決を求めるものであります。

 議案第60号は、平成23年度みやこ町一般会計補正予算(第3号)についてであります。

 既定の総額に歳入歳出それぞれ8億2,206万4,000円を追加し、歳入歳出の総額を126億5,327万6,000円にするものであります。主な内容といたしまして、総務費にマイナス1,962万円、民生費に1億6,154万7,000円、衛生費に2,701万9,000円、土木費にマイナス269万円、消防費に1,557万8,000円、教育費に6,000万3,000円、諸支出金に5億7,029万5,000円に補正しております。

 議案第61号は、平成23年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)であります。

 既定の総額に歳入歳出それぞれ1億3,489万7,000円を追加し、歳入歳出の総額を30億5,979万3,000円にするものであります。主な内容といたしまして、保険給付費1億1,530万円を補正しております。

 議案第62号は、平成23年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)であります。

 既定の総額から歳入歳出それぞれ544万円を追加し、歳入歳出の総額を20億2,403万6,000円にするものであります。主な内容といたしまして、人事異動等による人件費544万円を補正しております。

 議案第63号は、平成23年度みやこ町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)であります。

 既定の総額に歳入歳出それぞれ123万4,000円を追加し、歳入歳出の総額を2億8,023万2,000円にするものであります。主な内容といたしまして、委託料の123万4,000円を補正しております。

 提案理由を御説明いたしましたが、議案の詳細につきましては、後ほど担当課長から説明させます。今回提案いたしております議案は、いずれも重要な案件でありますので、慎重に御審議の上、御可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(上田重光君) 町長の説明が終わりました。

 引き続き、所管課長から補足説明があれば、これを許可します。

 初めに、議案第50号、51号については、所管課が同じです。補足説明があれば一括で説明を願います。村上総合政策課長。



◎総合政策課長(村上重範君) それではまず、議案第51号について補足説明をさせていただきます。

 この案件につきましては、今現在、農村地域工業等導入促進法に基づく工場誘致条例がありますが、平成21年12月に課税免除に対する減収補てんの制度が廃止され、継続分についても平成20年度──24年度で終了することから、過疎法に基づき取得した工場等に対する固定資産税について課税免除措置を講ずることにより、産業の振興及び雇用の増大を図る目的で新たに条例を制定するものであります。

 それでは、主な条文について御説明申し上げます。

 まず、第3条の指定の基準で、第1号の規則で定める地域に工場等を新設または増設しようとするものということですが、規則で定める地域とは、旧犀川町の地域で、事業の用に供する建物、土地、機械装置等を設備した施設であります。課税免除を行った場合に、国の減収補てんの適用が旧犀川町に限定されていることから、旧犀川町のみとしております。

 次に、第2号の製造業等を行うものですが、製造の事業、情報通信技術利用事業及び旅館業を行うものであります。

 次に、第3号の規則で定めるものの取得価格の合計額が2,700万円を超えるものを新設しまたは増設しようとするものですが、機械及び装置、建物並びにその附属施設が適用の対象であります。

 また、平成25年3月31日までとしているのは、今現在、国の減収補てんの制度が平成25年3月31日までとなっていることによるものです。今後、延長されるかどうかは、今現在では未定であります。

 次に、第4号の規則で定める数の従業員を常時使用するものとは、10人以上としております。

 また、4条の課税免除措置ですが、みやこ町の税条例の規定にかかわらず3年を限度として課税免除を講ずることができるとしております。

 附則については、施行期日を公布の日からとしております。

 次に、議案第52号のみやこ町企業誘致奨励条例の制定について補足説明をさせていただきます。

 この案件につきましても、みやこ町工場設置奨励条例では、みやこ町をすべてカバーできませんので、企業立地促進法に基づき、みやこ町企業誘致奨励条例を制定し、事業者に対して固定資産税の課税免除を行うことにより企業立地を促進し、産業の振興及び雇用の増大を図るものであります。

 主な内容について御説明申し上げます。

 まず、第2条の課税免除措置ですが、1項では、家屋または構築物及び敷地である土地の取得価格の合計額は2億円を超えるものが対象となり、事業の用に供した日の属する年の翌年度以降3カ年を限度として、その課税を免除することができるとしております。2項の課税免除の対象は、新設または増設した固定資産税の部分としております。

 また、第3条、事業者の要件については、1号の法第14条に規定する企業立地計画の承認を得た承認企業立地事業者とは、企業立地の内容及び実施時期等の当該企業立地に関する計画を策定し、県知事の許可を受けた、承認を受けたものであります。

 この件に関して、議会運営委員会より資料請求がありましたが、今現在、本町には承認を受けた企業はございません。今後、条例が施行された後のこととなります。

 なお、福岡県が策定する企業立地促進法における基本計画に、集積区域の設定がなされている区域内にある企業が前例となりますので、現在、本町ではユニプレス工業、錦陵工業など10の区域を集積区域として設定して、県に提出しております。

 次に、第2号の奨励第4条に定める業種に係る事業を行う事業者については、お手元に資料を配付しておりますように、製造業、情報通信業、情報通信技術利用業などであります。

 次に、第4条、適用の範囲ですが、国において同意のあった日から起算して5年以内に設置した対象事業者についての適用があるとなっております。

 また、附則については、県の基本計画の計画期間が平成24年4月1日からとなっていることから、施行期日を平成24年4月1日からとしております。

 以上が主な内容であります。



○議長(上田重光君) おわびさせていただきます。先ほど、私、議案第50号、51号と述べましたが、51号、52号の誤りでございます。御修正お願いします。

 次の議案第53号について、久保総務課長。



◎総務課長(久保良美君) 議案第53号みやこ町課設置条例の一部を改正する条例につきまして補足説明いたします。

 年々減少する職員を有機的、機動的に配置し、業務がより一層スムーズに行えるよう課の体制を図るために、改正を行うものでございます。

 改正内容といたしまして、現在の住宅管理課につきましては、主たる業務を建設課へと統合、また、伊良原ダム対策室につきましては、ソフト部門は総合政策課に統合、また、ダム建設に伴います整備計画である伊良原ダム水源地域振興事業は、それぞれ目的に応じまして所管課で対応するように改正を行うものでございます。

 以上です。



○議長(上田重光君) 次に、議案第54号について、上田人権男女共同参画課長。



◎人権男女共同参画課長(上田政三君) 議案第54号の補足説明をさせていただきます。

 大型共同作業所の概況及び経過報告につきましては、11月14日の全員協議会で報告をさせていただきましたとおり、業績不振が続き平成22年7月31日をもって廃止しましたので、この条例案を提出いたしたいと思いますので、よろしく御審議のほうお願いいたします。

 以上です。



○議長(上田重光君) 次の、議案第55号から57号までの3件については、所管課が同じです。補足説明があれば一括説明をお願いいたします。長野住民課長。



◎住民課長(長野正美君) 議案第55号につきまして説明をさせていただきます。

 3月11日に発生をいたしました東日本大震災の被害の甚大さ等にかんがみ、災害弔慰金の支給等に関する法律の一部を改正する法律が公布されました。それに伴い、みやこ町災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する必要がありましたので、この条例案を提出したものでございます。

 内容については、みやこ町災害弔慰金の支給等に関する条例の第4条第1項第1号中の中で、維持していた遺族と、の次に、兄弟、姉妹を除く以下の項において同じくということで、3の死亡者に係る配偶者、子、父母、孫及び祖父母のいずれもが存しない場合であって、兄弟姉妹がいるとき、その兄弟姉妹に対して災害弔慰金を支給するものとする、というふうに加えられたものでございます。

 この分につきましては、死亡した者の死亡当時における兄弟姉妹が同じ──同居し、生計を同じくしていたということが条件とされます。

 死亡した者の死亡当時における配偶者、子、父母、孫、または祖父母がいないという場合に限ること、という改正の内容でございます。

 以上でございます。

 次に、議案第56号みやこ町保育所条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。

 平成24年度からみやこ町立黒田保育所を民営化することに伴い、みやこ町保育所条例の一部を改正する必要がありましたので、この条例案を提出するものでございます。

 新旧対照表の中で説明をさせていただきます。右のほうが現行でございます。この中には、6園の公立保育所がありますが、その中の黒田保育所につきまして削除させていただいております。

 議案第57号についてございますが、財産の無償譲渡について、これにつきましても、みやこ町立黒田保育所を民営化することに伴い、民営化後における安定的な保育事業の運営に資するため、同保育所の建物を無償で譲渡することにつきまして、議会の議決を求めるものでございます。

 議案の2枚目のほうに資料を添付させていただいておりますが、譲渡する財産につきましては、黒田保育所の建物、所在地は、福岡県京都郡みやこ町勝山黒田849番地、構造、鉄筋コンクリートづくり、平家建て、延べ床面積779.79平方メートル、譲渡予定価格、これは無償でございます。

 譲渡の相手方といたしまして、福岡県行橋市南泉2丁目18番40号、社会福祉法人和泉会理事長坪井大輔。

 譲渡の条件といたしましては、譲受人は譲り受けた建物を児童福祉に資する施設以外の用途に使用しないことという条件を付しております。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 次に、議案第58号について、山本教務課長。



◎教務課長(山本淳一君) 議案第58号工事請負契約の締結について補足説明をさせていただきます。

 みやこ町学校給食センター建設工事について、次のように工事請負契約を締結するものでございます。

 工事の目的ですが、みやこ町学校給食センター建設工事でございます。契約の金額ですが、9億7,810万6,500円です。

 契約の相手方といたしまして、住所、北九州市八幡東区山王2丁目19番1号、氏名、株式会社奥村組九州支店執行役員支店長大石宏和です。

 工期といたしまして、契約発効の日から平成24年8月31日でございます。

 提案理由といたしましては、みやこ町学校給食センター建設工事を施工するため、一般競争入札により工事請負人を定めたが、その者と工事請負契約を締結するに当たり、みやこ町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 次のページをお願いいたします。工事概要でございますが、工事箇所は京都郡みやこ町彦徳580番地1ほかで、工事の内容は、建築工事一式、外構工事一式、電気設備工事一式、給排水衛生設備工事一式、空調機械設備工事一式、厨房機器工事一式、昇降機工事一式です。

 次をお願いします。入札結果表でございます。入札業者は9社で、金額はすべての業者が同額で、抽せんにより奥村組九州支店が落札いたしました。

 次のページをお願いします。工事請負契約書、仮の工事請負契約書を添付しております。そのほか、添付図面として配置平面図を1枚、立面図を2枚添付しております。

 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(上田重光君) 次に、議案第59号について、久保総務課長。



◎総務課長(久保良美君) 議案第59号について補足説明いたします。

 福岡みやこ農業協同組合とのみやこ町指定金融機関契約が、平成24年3月31日で満了いたしますので、合併協議時における取り決め事項、3年ごとの交代による申し合わせ事項にのっとりまして、来年度から3カ年間、西日本シティ銀行を町の指定金融機関として指定するものでございます。

 以上です。



○議長(上田重光君) ここで、暫時休憩いたします。なお、開会は11時20分といたします。──25分です。済みません。

午前11時15分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時25分再開



○議長(上田重光君) 休憩前に引き続き、会議を再開します。

 次に、議案第60号について。吉永財政課長。



◎財政課長(吉永秀信君) それでは、議案第60号平成23年度みやこ町一般会計補正予算(第3号)について補足説明をいたします。

 平成23年度みやこ町の一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算の補正でございます。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8億2,206万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ126億5,327万6,000円とするものでございます。

 2項でございます。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正によるものでございます。

 次に、歳入の各項目について、主なものを御説明いたします。

 7ページをお願いします。

 11款地方交付税1項地方交付税1目地方交付税でございます。補正前の額といたしまして、41億2,192万7,000円に5億1,936万2,000円を追加するものでございます。内容といたしましては、普通交付税でございます。普通交付税の既定額につきましては34億6,992万7,000円の予算計上でございましたが、10月26日付の変更決定額で39億8,928万9,000円となりましたことによりまして、今回追加補正を行うものでございます。

 次に、15款国庫支出金2項国庫補助金でございます。1目の総務費国庫補助金で、補正前の額といたしまして1億7,218万6,000円に6,948万7,000円を追加補正するものでございます。内容でございますが、特定防衛施設周辺整備調整交付金でございます。この交付金の既定額といたしましては、当初予算で6,000万円を計上しておりましたが、1次交付、また、2次交付で1億2,948万7,000円が決定されることに伴いまして、今回、追加補正を行うものでございます。

 次に、16款県支出金2項県補助金でございます。2目の民生費県補助金で、補正前の額といたしまして1億4,421万1,000円に8,333万9,000円を追加するものでございます。そのうち、4節でございます児童福祉費補助金の中で、児童厚生施設等整備費補助金で7,823万4,000円を計上させていただいております。これは、黒田保育所新築事業等に伴う補助金でございます。

 次に、8ページをお願いします。

 17款財産収入2項財産売り払い収入でございます。1目の不動産売り払い収入で、補正前の額といたしましては6,899万3,000円に3,720万7,000円を追加するものでございます。この補正につきましては、町営住宅呰見第2団地4戸、徳政団地5戸、巣鳥第2団地5戸、合計14戸の払い下げ収入でございまして、土地といたしましては2,992.06平方メートル、また、建物といたしましては482.46平方メートルの資産でございます。この払い下げによる収入を今回計上させていただいております。

 次に、19款繰入金1項基金繰入金でございます。1目の基金繰入金で、補正前の額といたしまして1億4,943万円に255万円を追加するものでございます。子供医療費助成事業基金繰入金でございます。これは、小学校1年生から中学校3年生までの子供にかかわる医療に対しまして、子供医療費助成事業基金を繰り入れるものでございます。今回、医療費と診査手数料の追加額といたしまして510万円を計上さしてございますが、その510万円の2分の1の金額といたしまして、基金の繰り入れを行うものでございます。

 次に、21款諸収入6項雑入でございます。1目の雑入でございますが、補正前の額といたしましては5,879万9,000円に1億の追加補正でございます。内容でございますが、市町村振興宝くじ配分金でございまして、福岡県市町村振興組合より、サマージャンボ宝くじ売り上げに伴う配分金が増額決定されたことによるものでございます。以上で、歳入の説明を終わります。

 次に、歳出につきまして御説明いたします。

 まず、今回の歳出補正予算でございますが、4月1日付で職員の人事異動が行われたことによります人件費の組み替え及び人事院勧告によります給料の減額等を計上させていただいております。

 次に、歳出の各項目について、主なものを御説明いたします。

 9ページをお願いいたしたいと思います。

 まず、1款議会費1項議会費1目議会費でございます。補正前の額といたしましては1億4,263万6,000円に170万4,000円を追加するものでございます。議会費につきましては、人件費補正と、18節で備品購入費415万4,000円を追加させていただいております。これは、車両購入費といたしまして、議会公用車1台の購入費を計上するものでございます。

 次に、2款総務費1項総務管理費でございます。このうち、6目企画費でございます。補正前の額といたしましては4,542万2,000円に178万2,000円を追加するものでございます。主なものといたしましては、18節の備品購入費でございます。この備品購入費につきましては、地域支え合い体制づくり事業といたしまして、帆柱、伊良原地域の買い物困難者支援事業で、軽自動車1台を初め、業務用冷蔵庫、レジスター等を備品購入費を計上させていただいております。

 次に、3款にまいりたいと思います。

 12ページをお願いします。

 3款民生費1項社会福祉費でございます。この社会福祉費につきましては、ほとんどが人件費の補正でございますので、ここでは割愛させていただきます。

 続きまして、2項の児童福祉費でございます。3目の保育所運営費で、補正前の額といたしましては4億9,713万2,000円に1億4,330万1,000円を追加するものでございます。

 次のページをお願いします。

 14ページの19節でございます。負担金補助及び交付金で1億2,785万2,000円を計上させていただいております。この中で、民間保育所施設整備補助金といたしまして1億2,255万6,000円を計上させていただいております。これは、黒田保育所新築事業等にかかわる施設整備補助金として、県補助分7,823万4,000円と町補助分4,432万2,000円の合算額を計上させていただいておるところでございます。

 次に、4款衛生費1項保健衛生費でございます。2目の予防費でございますが、補正前の額といたしまして4,936万4,000円に2,215万7,000円を追加するものでございます。内容といたしましては、13節の委託料で2,215万7,000円でございます。予防接種業務委託料でございます。これは、日本脳炎及び子宮頸がんの法改正等による接種対象者の増加分を、今回増額補正を行うものでございます。

 次に、6款から8款につきましては、人件費の補正でございますので、説明につきましては省略をさせていただきます。

 次に、9款でございます。予算書18ページをお願いします。

 9款の消防費1項消防費でございます。2目の非常備消防費でございます。補正前の額でございますが、7,016万2,000円に1,577万8,000円を追加補正するものでございます。内容といたしましては、5節で災害補償費でございます。公務災害共済掛金で1,577万8,000円を計上させていただいております。これは、東日本大震災で亡くなられた消防団員の退職金支給に伴う、消防団員公務災害補償共済追加掛金を計上するものでございます。

 次に、10款教育費でございます。2目の小学校費でございますが、この中で、1目学校管理費でございます。補正前の額1億7,876万6,000円に32万4,000円を追加するものでございます。

 18節で備品購入費でございますが、これは、犀川地域の小学校に、自走式草刈機1台を購入するものでございます。また、この備品購入費には、学校林立木売り払い収入といたしまして27万7,000円を財源として、充当をさせていただいております。

 また、3項中学校費でございます。1目の学校管理費で、補正前の額といたしましては6,767万1,000円でございます。32万4,000円の追加補正でございます。小学校費と同様に、中学校費におかれましても、備品購入費、これは、犀川地域の中学校に自走式草刈機1台を購入する予算でございます。

 次に、4項社会教育費でございます。次の20ページをお願いいたしたいと思います。

 7目のサン・グレートみやこ運営費でございます。補正前の額でございますが、3,491万7,000円に5,810万円を追加するものでございます。内容でございますが、15節の工事請負費で5,758万円を計上させていただいておりますが、これは、総合文化センターホールの音響設備等改修工事請負費を計上させていただいております。

 次に、13款諸支出金1項基金費1目の積立金でございます。補正前の額といたしましては7億7,000万4,000円の既定額でございまして、3億4,723万3,000円を追加するものでございます。内容でございますが、25節の積立金で、公営住宅譲渡基金元金積立金で3,665万3,000円を計上させていただいております。これは、町営住宅払い下げ収入14戸分をそのまま、この基金に積み立てを行うものでございます。

 また、町営住宅整備基金元金積立金でございますが、3億1,058万円を計上させていただいております。この基金につきましては、今回、普通交付税と歳入財源の追加によりまして、余剰金を積み立てるもので、来年度以降、公営住宅整備事業で今里団地の建てかえ、また、若者向け住宅の建設等が見込まれることで財源の確保をするため、この基金に積み立てを行うものでございます。

 次に、22ページをお願いします。

 2項繰出金1目繰出金でございます。補正前の額といたしましては、9億2,962万9,000円に2億2,306万2,000円を追加するものでございます。内容でございますが、国民健康保険事業特別会計繰出金に2億1,638万8,000円を繰り出すものでございます。これは、事務費等繰り出しといたしまして、人件費相当分244万円と臨時繰出金、いわゆる赤字補てん繰り出しでございますが、この繰り出しで2億1,394万8,000円となってございます。

 次に、介護保険事業特別会計繰出金でございますが、544万円を繰り出すものでございまして、これは、人件費相当分でございます。

 次に、後期高齢者医療特別会計繰出金でございます。123万4,000円を計上させていただいております。これは、住民基本台帳法改正に伴いまして、福岡県後期高齢者医療広域連合との情報管理データ送受信システムの改修を行うため、その費用を繰り出すものでございます。

 以上で、議案第60号平成23年度みやこ町一般会計補正予算(第3号)についての補足説明を終わります。



○議長(上田重光君) 次に、議案第61号について。中村健康づくり課長。



◎健康づくり課長(中村雅裕君) 議案第61号議案の補足説明を行います。

 第1条、平成23年度みやこ町の国民健康保険特別事業会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億3,489万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ30億5,979万3,000円とするものでございます。

 歳入をお願いします。

 3款国庫支出金1項1目療養給付費国庫負担金でございます。4,542万円の増額補正をしております。これは、歳出の一般被保険者療養給付費や一般被保険者高額療養費などを増額したものによるものです。交付率は34%となっております。

 次に、3款国庫支出金2項国庫補助金1目調整交付金1,777万9,000円の増額補正をしております。これも、歳出の一般被保険者療養給付費や一般被保険者高額療養費などを増額補正したことによるものです。交付率は14%でございます。

 続きまして、4款療養給付費交付金1項療養給付金交付金1目療養給付金交付金130万7,000円の減額補正をしております。これは、老人保健拠出金の交付額の確定によるものでございます。

 続きまして、6款県支出金2項県補助金1目調整交付金934万5,000円の増額補正をしております。これも、歳出の一般被保険者療養給付費や一般被保険者高額療養費などを増額補正したことによるものです。交付率は7%となっております。

 次に、9款繰入金1項繰入金1目一般会計繰入金2億1,633万8,000円の増額補正をしております。(発言する者あり)これは、赤字補てん分の繰り入れでございます。

 続きまして、11款諸収入3項雑入1目雑入1億5,274万1,000円の減額補正でございます。これは、歳入欠陥補てんを一般会計繰り入れで処置したためでございます。

 続きまして、歳出をお願いいたします。

 歳出、9ページ、1款総務費1項総務管理費1目一般管理費244万円の増額補正をしております。これは、4月の人事異動に伴い、昇任などにより、人件費が増額となったためでございます。12ページに、給与費の内訳を記しております。

 2款保険給付費1項療養諸費1目一般被保険者療養給付費7,760万の増額補正をしております。これは、医療費の支払いが、前年度対比10%を超える月があり、予想より多く医療費を支出しております。今後もインフルエンザ等など感染症の流行により、医療費の支出がふえると予想されますので、増額補正をお願いします。

 2款保険給付費2項高額療養費1目一般被保険者高額療養費3,770万の増額補正をしております。これも、医療費の支払いが、前年度対比13%を超えて支出しております。今後も支出がふえると予想されますので、増額補正をお願いいたします。

 3款後期高齢者支援金1項後期高齢者支援金1目後期高齢者支援金691万2,000円の増額補正をしております。これは、平成23年度後期高齢者支援金納付金の確定があったため、不足分の増額補正でございます。

 次に、4款前期高齢者納付金等1項前期高齢者納付金等1目前期高齢者納付金18万6,000円の増額補正をしております。これは、23年度前期高齢者納付金が確定したため、不足分の増額でございます。

 5款老人保健拠出金1項老人保健拠出金1目老人保健医療費拠出金234万8,000円の減額補正をしております。これは、23年度老人保健拠出金の額が確定し、予算額を下回ったための減額補正でございます。

 6款介護納付金1項介護納付金1目介護納付金1,240万9,000円の増額補正をしております。これは、介護納付金の決定があったため、不足分の増額でございます。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 次に、議案第62号について。中村介護保険課長。



◎介護保険課長(中村政弘君) 議案第62号平成23年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)の補足説明をいたします。

 歳入歳出予算の補正は、第1条、保険事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ544万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ20億2,403万6,000円とするものです。

 7ページ、歳出をお願いいたします。

 1款1項1目総務費では、4月1日に行いました人事異動による人件費の増額補正を行っております。既定の額に488万円を補正し、9,977万7,000円とするものです。

 3款1項1目介護予防費では、昇格によります人件費56万円の増額補正を行っております。

 歳入の6ページをお願いいたします。

 歳入につきましては、職員給料等としまして544万円を一般会計繰入金として計上しております。8ページに、補正によります職員給与等について内容を記しております。

 以上で、議案第62号の補足説明を終わります。



○議長(上田重光君) 次に、議案第63号について。中村健康づくり課長。



◎健康づくり課長(中村雅裕君) 議案第63号の補足説明を行います。

 平成23年度みやこ町の後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ123万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億8,023万2,000円とするものでございます。

 歳入、6ページをお願いいたします。

 3款繰入金1項一般会計繰入金1目事務費繰入金123万4,000円の増額補正でございます。これは、後期高齢者医療広域連合との情報管理データ送信システムの改修が必要になりましたので、一般会計からの繰り入れでございます。

 続きまして、歳出、7ページをお願いします。

 1款総務費1項総務管理費1目一般管理費123万4,000円の増額補正でございます。内容といたしましては、住民基本台帳法の改正、外国人登録の改正に伴い、電算システムの変更が生じたためでございます。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 以上で、町長提出案件の提案理由の説明を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第7.議員提出議案の上程、趣旨説明



○議長(上田重光君) 日程第7、議員提出議案の上程、趣旨説明を行います。

 発議第11号子宮頸がん予防、ヒブ、小児用肺炎球菌の3ワクチンの定期接種を求める意見書について及び発議第12号健全な国民健康保険制度の構築を求める意見書についての2件を一括議題とします。

 これより提出者に趣旨説明を求めます。初めに発議第11号について趣旨説明を求めます。2番、柿野正喜議員。



◎議員(柿野正喜君) 2番、柿野正喜でございます。発議第11号子宮頸がん予防、ヒブ、小児用肺炎球菌の3ワクチンの定期接種を求める意見書案について、趣旨説明をさせていただきます。

 御案内のとおり、この3ワクチンは予防接種法に定める定期接種の対象でなく、接種費用は全額自己負担となっております。このため、接種を受けたくても、経済的理由で断念をする人がいました。その状況下、各自治体の公費助成措置が広がってまいりました。

 また、その公費助成の半額を国が補助する制度が創設されております。しかし、この国の補助は、今年度末で終了をいたします。

 つきましては、この3ワクチンの定期接種化を求め、次の2点を強く要望するものであります。1、子宮頸がん予防、ヒブ、小児用肺炎球菌の3ワクチンを予防接種法による定期接種の対象とすること。2、平成23年度末までとなっている国の補助事業が期限切れになれば、公費助成を打ち切らざるを得ない自治体が出てくることが予想でき、上記の定期接種化が23年度末までにできない場合は、補助事業の延長をすること。この2点を要望いたします。

 子宮頸がんは、20歳代、30歳代の女性が発症するすべてのがんの中で第1位であります。日本では、1日に約10人の女性が、子宮頸がんによって死亡をされております。

 ヒブ、小児用肺炎球菌は、ゼロ歳から5歳未満の方が発症期で、年間約6,000人を超える子供が発症し、そのうち、約5%が死亡されています。そして、20%から30%の方については、発達障害や脳の障害などの後遺症が残り、ともに死亡はもとより、厄介な病気であります。11月10日には、東京都で患者やその家族、医師らが定期接種化を訴える、都内をデモ行進をしております。

 どうか、予防接種で、一人でも多くの女性や子供たちを、この病気から守ろうではありませんか。

 議員各位の御理解、御賛同をお願いしまして、趣旨説明とさせていただきます。



○議長(上田重光君) 発議第11号の趣旨説明が終わりました。

 お諮りします。発議第12号は会議規則第39条第2項の規定によって、趣旨説明を省略したいと思います。御異議はありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。したがって、発議12号は提出者の趣旨説明を省略します。

 意見書を事務局に朗読させます。議会事務局長。

〔事務局長朗読〕

………………………………………………………………………………

発議12号 健全な国民健康保険制度の構築を求める意見書(案)について

………………………………………………………………………………



○議長(上田重光君) 朗読が終わりました。

 これで議員提出議案の上程、趣旨説明を終わります。

 以上、付議されました議案第15件は8日の本会議で質疑を受けた後、それぞれ所管の常任委員会に付託を行いたいと思います。

────────────・────・────────────



△日程第8.請願



○議長(上田重光君) 日程第8、請願。

 本日までに受理した請願は、お手元に配付の請願第2号豊津地区に放課後児童クラブの設置を求める請願書のとおりであります。本請願を文教厚生常任委員会に付託しましたので報告します。

────────────・────・────────────



○議長(上田重光君) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日はこれにて散会といたします。

 なお、午後1時半より、3階大会議室において全員協議会を開きますので、御参集願います。

午後0時06分散会

──────────────────────────────