議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 23年第4回定例会( 9月) 09月05日−01号




平成 23年第4回定例会( 9月) − 09月05日−01号









平成 23年第4回定例会( 9月)


みやこ町告示第43号
 平成23年第4回みやこ町議会定例会を次のとおり招集する
    平成23年8月24日
                               みやこ町長 井上 幸春
1 期 日  平成23年9月5日(月曜日)午前10時
2 場 所  みやこ町庁舎3階議事堂
──────────────────────────────
開会日に応招した議員
橋本 真助君          柿野 正喜君
中山 茂樹君          小田 勝彦君
田中 勝馬君          飯本 秀夫君
中尾 昌廣君          金房 眞悟君
大束 英壽君          柿野 義直君
熊谷みえ子君          原田 和美君
中尾 文俊君          肥喜里和隆君
浦山 公明君          上田 重光君
──────────────────────────────
応招しなかった議員
                
──────────────────────────────
 
───────────────────────────────────────────
平成23年 第4回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第1日)
                             平成23年9月5日(月曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                         平成23年9月5日 午前10時00分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期及び日程について
 日程第3 諸般の報告
 日程第4 行政報告
 日程第5 議案の上程、提案理由の説明
      議案第46号 みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第47号 みやこ町営住宅条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第48号 平成23年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)
      議案第49号 平成23年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第50号 平成23年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
日程第6 議員提出議案の上程、趣旨説明
      発議第10号 有害鳥獣対策強化に関する意見書(案)について
 日程第7 請願
      請願第1号 所得税法第56条の廃止、業者婦人の実態調査を求める請願書
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期及び日程について
 日程第3 諸般の報告
 日程第4 行政報告
 日程第5 議案の上程、提案理由の説明
      議案第46号 みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第47号 みやこ町営住宅条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第48号 平成23年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)
      議案第49号 平成23年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第50号 平成23年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
日程第6 議員提出議案の上程、趣旨説明
      発議第10号 有害鳥獣対策強化に関する意見書(案)について
 日程第7 請願
      請願第1号 所得税法第56条の廃止、業者婦人の実態調査を求める請願書
──────────────────────────────
出席議員(16名)
1番 橋本 真助君       2番 柿野 正喜君
3番 中山 茂樹君       4番 小田 勝彦君
5番 田中 勝馬君       6番 飯本 秀夫君
7番 中尾 昌廣君       8番 金房 眞悟君
9番 大束 英壽君       10番 柿野 義直君
11番 熊谷みえ子君       12番 原田 和美君
13番 中尾 文俊君       14番 肥喜里和隆君
15番 浦山 公明君       16番 上田 重光君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 廣末  豊君     書記   檜垣 文子君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
教育長 ………………… 松田 憲太君   総務課長 ……………… 久保 良美君
財政課長 ……………… 吉永 秀信君   建設課長 ……………… 森下 高志君
総合政策課長 ………… 村上 重範君   住民課長 ……………… 長野 正美君
健康づくり課長 ……… 中村 雅裕君                     
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
教務課長 ……………… 山本 淳一君   生涯学習課長 ………… 柿野 善広君
介護保険課長 ………… 中村 政弘君   税務課長 ……………… 中嶋 純男君
住宅管理課長 ………… 有馬 善徳君   徴収対策課長 ………… 北野 満典君
産業課長 ……………… 山下 茂治君   生活環境課長 ………… 中原 裕二君
上下水道課長 ………… 高尾 和彦君   伊良原ダム対策課長 … 立花 博美君
豊津支所総合窓口課長 ……………………………………………………… 能方  壽君


──────────────────────────────

午前10時00分開会



○議長(上田重光君) 開会前に先立って、町長より発言の申し入れがございますので、これを許可したいと思います。井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。

 先般、みやこ町教育委員を決しました中山ますみ氏が本日出ておりますので、議員の皆様に紹介したいと思いますので、お時間をとりたいと思いますけどもよろしくお願いいたします。(「長野課長、ちょっとあけちゃってくれんですか」と呼ぶ者あり)

 改めまして、議員皆様に御紹介を申し上げます。このたび、みやこ町教育委員会委員に再任をされました中山ますみさんでございます。任期は、平成23年6月27日から平成27年6月22日となっておりますのでよろしくお願いをいたします。

 それではどうぞ。



◎みやこ町教育委員会委員(中山ますみ君) ごあいさつが遅くなりました。勝山松田の中山ますみと申します。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)



◎事務局長(廣末豊君) それでは、事務局から御報告いたします。

 本日、資料といたしまして、議案第46号についての説明資料が税務課から、議案第47号についての関連資料が住宅管理課から、それぞれ提出されておりますのでお手元に配付しております。御確認をいただきます。

 また、皆様にお願いいたします。議場内では携帯電話をマナーモードに、もしくは電源をお切りいただきますようよろしくお願い申し上げておきます。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) おはようございます。ただいまの出席議員は16名です。したがいまして、定足数に達しておりますので、平成23年第4回みやこ町議会定例会を開会いたします。

 では、ただいまより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。日程に従い、議事を進めます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(上田重光君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 今回の会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、5番、田中勝馬議員、6番、飯本秀夫議員の2名を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期及び日程について



○議長(上田重光君) 日程第2、会期及び日程についてを議題といたします。

 このことにつきましては、議会運営委員会に協議を願ってますので、委員長から報告をお願いいたします。中尾文俊議会運営委員長。



◎議会運営委員長(中尾文俊君) おはようございます。中尾文俊でございます。

 平成23年第4回みやこ町議会定例会の運営について、去る8月31日午前10時より議会運営委員会を開催をし、会期並びに議事日程について協議いたしましたので、議会運営委員会を代表してその結果を御報告いたします。

 今定例会に付議されます議案は、町長提出案件として条例の改正案件2件、補正予算案件3件の計5案件であります。また、議員提出案件として、意見書が1件提出をされております。その他、請願を1件受理しております。合計で7案件が付議をされております。

 協議の結果、会期は既にお手元に配付をしております日程表のとおり、本日5日から16日までの12日間とすべきものと決した次第でございます。

 この12日間の会期において、お手元に配付しております会期日程に従い、本会議、各常任委員会を開催をし、御審議いただきますようお願いをいたします。

 また、本日の議事日程は、この後、諸般の報告、行政報告、議案の上程及び提案理由の説明を行います。

 議案の取り扱いにつきましては、議案第46号から50号までの町長提出案件5件は一括議題とし、提案理由の説明及び補足説明を求めます。また、議員発議の意見書案1件も提出者からの趣旨説明を求めます。請願第1号につきましては、趣旨説明は省略をし、所管の委員会へ付託をいたします。なお、申し合わせにより、本日は議案の質疑は行いません。

 また、あす以降の日程についてですが、あす6日は考案日とし、7日は本会議で、本日付議された議案について質疑と委員会付託を行います。8日、9日及び12日の3日間を各常任委員会の審査日に当て、8日を文教厚生常任委員会、9日を総務常任委員会、12日を産業建設常任委員会としております。つきましては、所管分の審査をよろしくお願いを申し上げます。

 一般質問は13、14、15日といたしておりますが、15日は予備日とします。16日が本会議最終日で、審査終了案件の委員長報告を行い、委員長に対する質疑、討論、採決を行います。また、13日の一般質問冒頭に22年度決算の認定案件ほかを追加議案として提案することにしております。

 なお、本日の日程終了後、3階大会議室で全員協議会を開催をいたします。

 また、一般質問の通告の締め切りを本日5日の午後5時といたしましたので、質問を予定されている方は時間厳守の上、提出をしてください。

 以上、本会議の運営につきまして、議会運営委員会において協議いたしましたので、議員各位の御賛同と御協力を賜りますようお願いを申し上げまして報告とさせていただきます。

 以上です。



○議長(上田重光君) 議会運営委員長の報告が終わりました。

 お諮りいたします。会期及び日程について、ただいまの運営委員長の報告どおり決することに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は本日9月5日から9月16日までの12日間とし、日程につきましてもお手元に配付の日程表のとおり決定をいたします。

 なお、常任委員会の日程につきましても、運営委員会においてお手元のように決定をいたしております。

────────────・────・────────────



△日程第3.諸般の報告



○議長(上田重光君) 日程第3、諸般の報告を行います。

 議長としての報告事項は、印刷してお手元に配付いたしておるとおりであります。

────────────・────・────────────



△日程第4.行政報告



○議長(上田重光君) 日程第4、行政報告。

 町長から行政報告の申し入れがあっておりますので、これを許可します。井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。本日ここに、平成23年第4回議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、公私御多忙にもかかわりませず、御出席いただき厚くお礼申し上げます。

 台風12号が先週末から四国、中国地方を横断し、紀伊半島を中心に6日間にわたり雨が降り続けた影響で大変な被害が出ています。特に奈良県、和歌山県では、川のはんらんや土砂崩れにより、多くの方が犠牲となられ、行方不明者も多数出ている状況です。亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

 さて、いまだ東日本大震災の傷がいえず、復興への道のりも厳しい中、女子サッカーワールドカップでの「なでしこジャパン」の活躍は、被災者のみならず、日本全国民に勇気と希望を与えてくれました。アメリカとの決勝戦は、「あきらめない、夢はかなう」を胸に秘め、見事優勝をかち取られました。明るい話題が少なかっただけに日本中、早朝から欣喜雀躍し、感動に涙を誘われた方も多かったのではないでしょうか。

 政権は、菅前総理の辞任に伴い、野田佳彦前外務大臣が衆参本会議において第95代首相に指名され、新内閣が発足しました。民主党政権は国民に夢と希望を与えましたが、その実現にはいまだ至っていません。多くの難問を抱えていますが、野田内閣には力強いリーダーシップを発揮していただき、元気な日本を再構築するために、粉骨砕身頑張っていただきたいと願っています。

 私は、議員各位と元気なみやこ町の実現に向けて、真摯に議論しながらまちづくりを推進してまいりたいと考えておりますのでよろしくお願い申し上げます。

 それでは、6月定例会以降の町政運営について、幾つか御報告いたします。

 最初に、懸案となっています保育所民営化についてですが、6月17日黒田保育所、7月16日豊津保育所と2カ所で保護者説明会を実施いたしました。その後7月22日黒田保育所保護者会より民営化に賛成する旨の申し入れがありました。町といたしましては、この申し出を真摯に受けとめ、保育所民営化の移管業務につきましては、保護者の御理解を得られた保育所より、随時実施していきたいと考えています。

 次に8月19日、サン・グレートみやこにおいて、町内物故者、戦没者の合同慰霊祭を挙行いたしましたところ、多数の遺族の皆様並びに来賓の皆様の御出席を賜り、厳かに終了することができました。この場をおかりして御出席賜りました関係者の皆様にお礼申し上げます。

 その後、夏祭りを実施いたしましたが、今年度は勝山太鼓の演奏、文化協会等による盆踊りなどで盛り上がりました。花火を打ち上げるときは、予想を超える5,000人近くの観客がお見えになったとの報告を受けています。今後とも、元気なまちづくりを目指すために内容の充実を図り、多くの皆様に参加していただきますように、そして夏の風物詩となるよう努めてまいりたいと考えています。

 次に、本年度第1回目の出会いサポート事業を8月21日、松木果樹園において、男性11名、女性12名、計23名の参加のもとで実施いたしました。町の紹介や特産品のPRを行い、雰囲気づくりの演出を行いましたところ、2組のカップルが成立いたしました。2人の行く末を見詰めながら吉縁となることを願っております。なお、第2回目を9月11日に予定しております。今後も出会いの場づくりとして、本事業を積極的に進めてまいりたいと考えております。

 次に、平成23年敬老会を9月17日午前10時から犀川地区、午後2時から豊津地区、9月18日は、午前9時半から勝山地区において実施する予定です。御健勝で長寿を迎えられました皆様に心からお祝い申し上げます。

 次に、海外ホームステイ事業についてでありますみやこ町在住の中学生16名は、去る8月7日から13日までの7日間、シンガポールで海外ホームステイ研修を行いました。現地の学校で英語学習を行った後、2人1組でホストファミリーと3泊を過ごしました。ホームステイ終了後は、シンガポールに福岡県から進出している邦人企業を訪問し、見学させていただきました。シンガポールは、今や世界有数の活気あふれる都市であり、現地で躍進する日本企業を目の当たりにし、頑張っている日本人の人たちの話を聞くことができました。自分自身の英語力とバイタリティーのみでホームステイを行った海外での経験は、参加した中学生にとって、有意義かつ貴重な体験になったと考えております。今回は参加費の軽減を行うとともに、観光旅行感覚での参加を避けるため、作文と面接による参加者の選考を行いました。また、5回の事前研修を行うことにより、シンガポールで何を学ぶかといったビジョンを持って参加できたのではないかと考えております。今後は、事後研修として9月に研修のまとめ、10月に報告会を予定しております。報告会は、議会やみやこ町国際交流協会等、広く参加を呼びかけて開催する予定でございますので、その際にはぜひ御参加をいただき、子供たちの意見発表をお聞きくださいますようお願いいたします。

 次に、町政懇談会についてであります。7月10日から町内9カ所にて、町政懇談会を開催いたしました。懇談会では、合併後に実施した主要施策や5年後、10年後を見据えたまちづくりについて報告及び説明をするとともに、町民の方々との意見交換を行いました。延べ358人の参加をいただき、まちづくりに対するさまざまな御意見をお聞きすることができました。ここでいただきました御意見の一部を御紹介させていただきます。

 行政と町民が協働でできるシステムづくりを構築、確立してほしい。住居表示について、火災発生時などに迅速に対応できるように行政区名を入れるなど、場所がわかりやすいようにならないか。若者がUターンできるように仕事の基盤をつくることが必要。自然も魅力だが企業誘致が大事、体制を整え、企業誘致を強く要望する。合併し、同様の施設がある、今後、統廃合を検討し早急に実施する必要があるのではないか。このような御指摘、御意見をいただいております。お褒めの言葉もいただきましたが、ここでは割愛させていただきます。

 広報みやこ9月号にも掲載しておりますが、今後のまちづくりの参考にさせていただきたいと考えております。なお、今後の開催につきましては、より多くの住民の方からの御意見をお聞きするために、駐在員からの要請に基づき、出前講座的な開催ができないか検討してまいります。

 次に、行財政改革についてであります。

 みやこ町は、平成27年度まで合併の優遇措置として交付税を多目に受けております。しかし、平成28年度から段階的に減額され、平成32年度には、現時点での推計で約8億円減少することが見込まれております。また、地方税も平成20年度をピークに減少している状況でございます。このように歳入が減少する中で、町民サービスに支障を来さないように歳入歳出を見直し、健全な財政運営を行う必要があります。

 また、合併当時は、人口2万3,417人、高齢化率26.7%でしたが、平成23年3月末では、人口2万2,000人、高齢化率30%となっています。今後10年間で人口はさらに減少し、高齢化率も35%を大きく超える見込みであります。このように高齢者の増加、小中学生の減少と人口構造が変われば、高齢化により医療や福祉の支出がふえ、それに対する新たな対策を講じなければならない状況になると考えております。また、人口をふやすための定住促進策、少子化に伴う新たな施策を講じる必要があります。従来の業務の効果、コストを検証し、みやこ町が目指す真に新しいまちづくりに向けた新たな業務を実施する必要が発生してまいります。

 みやこ町の行財政改革として、1、財政の健全化、2、組織の再編、3、業務の見直し、4、民間委託、民間活力の導入、5、人材育成の5つの項目を基本に進めてまいりたいと考えております。

 現在の行財政改革の進行状況ですが、町内にある体育館、公民館など、公共施設の利用状況や経費の調査、支所の窓口における事務量調査、コピー機の削減、保育所の民営化、公民館の地元払い下げなどに取り組んでまいります。

 また、みやこ町行財政改革推進委員会を10月に開催する予定としております。

 次に、総合計画後期基本計画策定についてでありますみやこ町は、合併後5年が経過したところでございますが、普通交付税合併算定がえや合併特例債など、各種合併関連特例措置につきましては、先ほども少し触れましたが、期限が定められております。特に合併特例債ですが、その期限が平成27年度までとなっており、残すところ5年でございます。将来のまちづくりを見据えた上で、この合併特例債をどう生かすべきかの議論が必要です。活用事案につきましては、随時提案してまいりますが、議員各位の皆様にもぜひ一緒に御検討いただきますようお願い申し上げます。

 本基本計画につきましては、現在平成28年度までの5カ年を期間とする後期基本計画を策定している途中でございます。この計画の中におきましても、この合併特例債の活用事案を何らかの形で反映させることができればと考えております。

 策定委員につきましては、一般公募を含む35名の委員を選任しております。現在は、前期基本計画の検証と今後の方針をまとめるための各課ヒアリングを実施しており、協議事項の素案ができ次第、部会ごとに協議検討を行ってまいります。今後は、審議会委員の選任を行い、部会ごとのプロジェクト会議で検討した内容を逐次審議し、今年度末までに後期基本計画を策定する予定でございます。

 次に、平成24年度から26年度までの第5期みやこ町高齢者福祉計画・介護保険計画を策定するため公募した住民代表を初め、関係機関代表の委員で構成する策定委員会の第1回会議を7月下旬に開催いたしました。この計画は、介護予防事業や高齢者福祉サービス事業などの施策の推進、高齢者の生きがいづくりや社会参加が行える環境の整備、地域住民やボランティアによる地域福祉活動の方向性を示すものになることから、みやこ町の現状を分析、検討し、よりよい計画書を策定しなければならないと考えております。あわせて、平成24年度からの介護保険料設定につきましても検討してまいります。12月議会には途中経過を報告できるものと考えております。

 次に、医療費の無料化についてであります。子育てしやすいまちづくりの一環として、子ども医療費の無料化、負担軽減、自己負担割合の軽減策を進めておりますが、10月1日からみやこ町子ども医療費支給事業の対象を中学生から高校生相当年齢まで拡充いたします。医療費の自己負担割合を軽減することで、疾病の早期発見や治療を促し、子供保健の向上を図るとともに、住みやすい社会環境づくりを進めてまいります。

 次に、7月2日から8月9日まで、延べ10日間、犀川本庄池において、ヨット・カヌー教室を実施いたしました。町内の小中学生12団体、約400名の子供たちにヨット・カヌーの体験をしていただくことができました。この体験を通じて、ヨット・カヌーの普及と自分の命は自分で守るといった水辺の安全対策の指導、そして体力の向上を支援することができました。また、7月12日から8月9日までの間に、計8回、町内の小学生33名を対象として水泳教室を開催しました。さらに、8月28日には、福岡県B&Gスポーツ大会が本町で開催され、県内から約200名の子供たちが練習の成果を競い合いました。

 次に、「スポーツフェスタinみやこ2011」を10月2日の犀川体育館での総合開会式を皮切りに1カ月間実施いたします。今年度はより多くの方が参加できるように、体育協会、体育指導委員会などの関係団体に協力を得て、土日を利用して9種目実施する予定です。町民だれもが自由に参加できるスポーツイベントとしての定着を目指してまいります。

 次に、7月20日に開催されました小学校英語活動学習発表会であります。どの学校も、実に上手に工夫した発表会で大変すばらしいものでした。発表会までにどれほどたくさんの練習を積み重ねてきたかが想像できます。この練習過程での努力と発表会での経験が児童たちの将来に生かされることは間違いありません。今後も子供たちには英語に親しむ機会をつくってまいりたいと考えております。

 また今週7日、第2回みやこ町中学校英語スピーチ大会を開催いたします。昨年の第1回大会は大変すばらしい大会でしたが、今回も生徒たちは、夏休みに猛特訓をしたと聞いておりますので、すばらしい大会になると信じています。また本年、新たにALT、外国語指導助手といたしまして、アメリカ、アーカンソー州出身のサラボウルさんが赴任されました。子供たちにはネイティブな発音を聞いて本物の英語を身につけてもらい、将来英語を自由に使いこなせる日本人になっていただきたいと考えております。このようにみやこ町としましては、英語力向上に力を入れ、ほかの町にはない魅力的な教育環境を整えてまいりたいと考えております。

 以上、6月以降の町政運営について報告いたしました。

 本議会には、5議案を上程しております。会期終了の16日まで議員各位の活発な議論をお願い申し上げまして、私の行政報告といたします。



○議長(上田重光君) 行政報告が終わりました。

────────────・────・────────────



△日程第5.議案の上程、提案理由の説明



○議長(上田重光君) 日程第5、議案の上程、提案理由の説明。

 これより、議案第46号みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定についてから議案第50号平成23年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)まで5件の町長提出案件を一括議題といたします。

 これより提出者に提案理由の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) それでは、提案理由の説明をいたします。

 今議会に提案いたしました議案は条例の制定2件、平成23年度一般会計及び特別会計の補正予算が3件の計5件であります。

 初めに、条例制定案件の提案理由を説明申し上げます。議案ごとに提案理由の概要を説明申し上げます。

 議案第46号は、みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定についてであります。地方税法等の一部を改正する法律、地方税法施行令等の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する条例が平成23年6月30日に公布、施行されたことに伴い、みやこ町税条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第47号は、みやこ町営住宅条例の一部を改正する条例の制定についてであります。町営住宅巣鳥の第2団地、呰見第2団地、徳政団地を用途廃止し、譲渡したため条例の一部を改正する必要が生じたため、議会の議決を求めるものであります。

 議案第48号は、平成23年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)についてであります。既定の総額に歳入歳出それぞれ4億7,629万6,000円を追加し、歳入歳出の総額を118億3,121万2,000円にするものであります。

 主な内容といたしまして、総務費に245万7,000円、民生費に1,399万4,000円、衛生費に350万円、農林水産費に342万7,000円、商工費に300万円、教育費に2,220万8,000円、公債費に6,920万9,000円、諸支出金に3億5,850万1,000円を補正するものであります。

 議案第49号は、平成23年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。既定の総額に歳入歳出それぞれ3,603万7,000円を追加し、歳入歳出の総額を29億2,489万6,000円にするものであります。

 主な内容といたしまして、諸支出金の国県支出金返還金等を補正するものであります。

 議案第50号は、平成23年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。既定の総額に歳入歳出それぞれ4,137万7,000円を追加し、歳入歳出の総額を20億1,859万6,000円にするものであります。

 主な内容といたしまして、総務費に2,000万5,000円、諸支出金に2,137万2,000円を補正するものであります。

 提案理由を御説明いたしましたが、議案の詳細につきましては、後ほど担当課長から説明させます。今回提案いたしました議案は、いずれも重要な案件でありますので、慎重に御審議の上、御可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(上田重光君) 提案理由の説明が終わりました。

 引き続き、所管課長から補足説明があれば、これを許可いたします。中嶋税務課長。



◎税務課長(中嶋純男君) それでは、みやこ町税条例の一部改正について補足説明をさせていただきます。

 今回、議員皆様のお手元のほうに、みやこ町税条例の一部の改正、概略ということの部分で資料を配付しておりますので、その資料にのっとって説明さしていただきます。それでは恐れ入りますが、新旧対照表のほうからに準じて説明さしていただきますのでよろしくお願いいたします。

 今回の主な改正につきましては、各税の罰則額の引き上げでございます。

 まず、1ページになりますが、町民税の納税管理人に関する不申告に関する過料としまして、みやこ町条例26条関係でうたい込みをしております。

 次に続きまして、5ページになりますみやこ町条例第36条の4の関係でございますが、町民税に係る不申告に関する過料、これにつきましても3万円から10万円になります。

 続きまして、53条の10関係でございますが、退職届け者申告書の不提出に関する過料といたしまして、これも同じく3万円から10万円ということになっております。

 続きまして、6ページになります。固定資産税の納税管理人に係る不申告に関する過料、これにつきましても3万円から10万円ということになっております。

 続きまして、固定資産税に係る不申告に関する過料といたしまして、同じく3万円から10万円、これ75条関係でございます。

 続きまして、6ページになりますが、軽自動車税に係る不申告等に関する過料、88条関係でございますが、これにつきましても3万円から10万円ということになっております。

 続きまして、たばこ税に係る不申告に関する過料、100条の2関係でございますが、これはゼロから10万円ということになっております。

 続きまして、鉱産税に係る不申告に関する過料、105条の2関係でございますが、ゼロから10万円という形になっております。

 続きまして、鉱産税の納税管理人に係る不申告に関する過料、7ページになりますが、107条関係で、同じく3万円から10万円ということになっております。

 続きまして、特別土地保有税の納税管理人に係る不申告に関する過料、同じく7ページですが、条例133条の関係で、3万円から10万円ということになっております。

 続きまして、特別土地保有税に係る不申告に関する過料、ページ数でいきますと、7ページの139条の2関係でございますが、ゼロから10万円ということになっています。

 続きまして、入湯税の特別徴収義務に係る帳簿記載の義務違反等に関する罪ということで8ページになりますが、151条関係で3万円から10万円ということになっております。

 そして終わりになりますが、次のページ、説明資料の次のページになりますが、寄附金税額控除ということで、これは施行日は、平成24年1月1日以降となるんですが、現行の5,000円の特別控除になるんですが、この適用下限額を「2,000円」に変更するということの部分の一部改正でございます。

 どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(上田重光君) 次に、議案第47号について補足説明がありますか。有馬住宅管理課長。



◎住宅管理課長(有馬善徳君) 住宅管理課でございます。

 議案第47号みやこ町営住宅条例の一部を改正する条例の制定についての御説明をいたします。

 このたび、豊津地区になりますが、巣鳥第2団地、呰見第2団地、徳政団地を用途廃止し、譲渡しました。よって、この条文からこの団地名を削除するものでございます。次のページでございますが、削除する団地名を記載しております。その次のページが新旧対照表となっております。また、譲渡した団地の明細につきましては、配付いたしておりますのでごらんいただきたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 次に、議案第48号について補足説明ございますか。吉永財政課長。



◎財政課長(吉永秀信君) それでは、議案第48号平成23年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)について補足説明いたします。

 歳入歳出予算の補正でございます。

 第1条で、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億7,629万6,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ118億3,121万2,000円とするものでございます。2項でございます。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 次に、繰越明許費でございます。第2条、地方自治法第213条第1項の規定により、翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表繰越明許費」によるものでございます。

 次に、地方債の補正でございます。第3条、地方債の変更は、「第3表地方債補正」によるものでございます。

 次に、4ページをお願いします。「第2表繰越明許費」でございます。10款教育費5項保健体育費、事業名で給食センター建設事業、金額といたしましては11億2,390万円でございます。給食センター建設事業につきましては、工事契約から約8カ月の工事期間となることから、平成23年度中の完成が見込まれない状況であります。よって、繰越明許費の手続を行うものでございます。

 次に、「第3表地方債補正」でございます。合併特例債で補正前の限度額9億5,050万円でございます。今回の補正後で10億1,900万円となってございます。これは、給食センター建設事業に係る地方債6,850万円の追加補正を行うものでございます。

 次に、歳入より御説明いたします。7ページをお願いいたします。

 16款県支出金2項県補助金1目の総務費県補助金でございます。今回の補正額5,900万円の減額補正でございます。これは、給食センター建設事業費の工事請負費及び備品購入費に当初予算で5,900万円を充当いたしておりましたが、事業が翌年度に繰り越しとなることから、本年度予算から減額するものでございます。

 次に、17款財産収入でございます。2項の財産売り払い収入1目の不動産売り払い収入でございます。今回の補正額1,185万2,000円の追加補正といたしております。これは、豊津火葬場及びその隣地の町有地、面積といたしまして3,166平米の払い下げ収入を計上させていただいております。

 次に、19款繰入金1項基金繰入金1目の基金繰入金でございます。今回の補正額2億5,246万1,000円の減額補正でございます。財政調整基金の繰入金でございます。当初予算で2億5,246万1,000円の繰入金計上を行っていましたが、今回、財政調整が整いましたので減額するものでございます。

 次に、8ページをお願いします。同じく、2項の特別会計繰入金でございます。2目の介護保険事業会計繰入金で今回の補正額2,000万5,000円の追加補正でございます。介護保険事業の繰入金といたしまして、平成22年度の繰出金の精算によるものでございます。

 次に、20款繰越金1項繰越金1目の繰越金でございます。今回の補正額6億8,309万8,000円の追加補正でございます。平成22年度決算によるもので、今回追加補正を行うものでございます。

 次に、22款地方債1項地方債7目の教育債でございます。今回の補正額6,850万円の追加補正でございます。給食センター建設事業債でございます。工事請負費増額及び合併特例交付金減額に伴う、今回起債の追加でございます。

 次に、9ページをお願いいたします。歳出でございます。

 2款総務費2項徴税費でございます。1目の税務総務費で、今回の補正額245万7,000円を追加させていただいております。主なものでございますが、13節委託料で231万円、申告受付システムの委託料でございます。これは申告者より申告された確定申告書データをそのまま電子的に、地方で電子化協議会へ送付され、その情報をもとに市町村が課税業務を行うためシステム導入するものでございます。

 次に、3款民生費1項社会福祉費でございます。2目の障害者福祉費から3目老人福祉費、4目の老人保健医療費でございますが、いずれも過年度補助金の精算によるものを計上させていただいております。

 次に、10ページをお願いします。2項の児童福祉費でございます。3目の保育所運営費、6目の地域子育て支援センター事業費でございます。今回の補正につきましても22年度の補助金の精算によるものを計上させていただいております。

 次に、4款衛生費1項の保健衛生費でございます。2目の予防費から5目の診療費につきましても、いずれも平成22年度の補助金の精算を計上させていただいております。

 次に、11ページでございます。6款の農林水産業費1項の農業費でございます。3目の農業振興費で今回151万円の追加補正をさせていただいております。主な内容でございますが、19節の負担金補助及び交付金で、農地、水、農村環境保全向上活動支援事業交付金でございます。これは平成19年度から5カ年事業として水路補修等を地元集落等で取り組んでいることに対して、事業費520万円の4分の1を町が交付するものでございます。

 次に、4目の有害鳥獣対策費でございます。今回の補正額191万7,000円でございまして、主な内容でございますが、19節の負担金補助及び交付金で150万円を追加させていただいております。鳥獣害防止対策事業補助金でございます。イノシシ、シカ等の防守対策として電さく設置助成金の追加を行うものでございます。

 次に、7款商工費1項商工費1目の商工総務費でございます。今回の補正額300万円を追加させていただいております。主な内容ではございますが、商工会補助金で300万円、これはプレミアムつき商品券発行事業分の補助金を追加するものでございます。

 次に、12ページをお願いします。10款教育費3項中学校費でございます。2目の教育振興費で150万円の追加補正でございます。臨時教員賃金といたしまして150万円と、これは豊津中学校に生徒指導強化等のため常勤教員1名の雇用を行うものでございます。

 次に、4項社会教育費でございます。主な内容でございますが、7目のサン・グレートみやこの運営費、今回補正額540万円でございます。15節の工事請負費で500万円ということでございまして、これは総合文化センター中央監視制御操作盤更新工事請負費を計上させていただいております。

 次に、5項の保健体育費でございます。4目の給食センター建設事業費で今回1,320万円の追加補正でございます。15節の工事請負費で5,520万円でございます。これは建設工事単価買いが7月に行われたことにより追加補正を行うものでございます。また、18節の備品購入費4,200万円の減額補正でございます。これは、建設工事が今年度中に完成できない見込みであるため減額するものでございます。

 次に、12款公債費1項公債費1目元金でございます。今回の補正額6,920万9,000円の追加補正でございます。長期債元金の予算計上でございます。これは地方財政法第7条第1項の規定に基づき、平成22年度決算剰余金の処理に伴い、今年度末に繰り上げ償還を行うための予算計上でございます。

 次に、13款諸支出金1項基金費1目の積立金でございます。今回の補正額3億5,850万1,000円の追加でございます。財政調整基金元金積立金でございます。この積立金につきましても、平成22年度の決算剰余金の処理に伴い基金積み立てを行うものでございます。

 以上で、議案第48号平成23年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)についての補足説明を終わります。



○議長(上田重光君) 次に、議案第49号について補足説明ございますか。(発言する者あり)中村健康づくり課長。



◎健康づくり課長(中村雅裕君) 平成23年度みやこ町の国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)の補足説明を行います。

 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,603万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ29億2,489万6,000円とするものでございます。

 6ページをお願いします。歳入でございます。

 10款1項繰越金6,761万8,000円の補正でございます。内訳といたしましては前年度繰越金でございます。

 次に、11款諸収入1目雑入1節雑入3,158万1,000円の減額補正でございます。内訳としましては歳入欠陥補てん収入でございます。

 続きまして、7ページ、歳出をお願いいたします。

 10款諸出金2項償還金及び還付加算金2目国県等返還金3,603万7,000円の補正でございます。内訳としましては、国県支出金返還金3,337万2,000円、支払い基金交付金返還金266万5,000円でございます。

 今回の補正は、平成22年度に交付を受けました国庫負担金及び支払い基金負担金に返還額が生じたためでございます。

 以上で、平成23年度みやこ町の国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)の補足説明を終わります。



○議長(上田重光君) 次に、議案第50号について補足説明ありますか。中村介護保険課長。



◎介護保険課長(中村政弘君) 議案第50号平成23年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)の補足説明をさせていただきます。

 まず、歳入歳出予算の補正ですが、保険事業勘定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ4,137万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ20億1,859万6,000円とするものです。

 6ページの歳入をお願いいたします。

 中ほどの4款1項1目介護給付費交付金4,124万1,000円の増額補正です。これは、平成22年度の精算に伴う支払い基金からの追加交付金であります。

 7款2項1目基金繰入金ですが、これも22年度精算に伴う、これは介護給付金準備基金からの取り崩しを行ったものであります。

 7ページで繰越金、平成22年度精算で余剰金3万1,000円の補正です。

 8ページ、歳出をお願いいたします。

 1款1項1目総務管理費で2,000万5,000円を補正しております。平成22年度の精算に伴う、これは一般会計への返還金です。

 それから、4款1項3目国県支出金返納金、これにつきましては、介護給付費それから地域支援事業の実績に伴いまして国県への返還金1,993万円の補正です。

 それから、4目の支払い基金交付金返納金につきましては、144万2,000円の補正をしております。これは地域支援事業等の実績に伴いまして支払い基金への返還額となります。

 以上です。



○議長(上田重光君) 以上で、町長提出案件についての説明を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第6.議員提出議案の上程、趣旨説明



○議長(上田重光君) 日程第6、議員提出議案の上程、趣旨説明を行います。

 発議第10号有害鳥獣対策強化に関する意見書(案)についてを議題といたします。

 これより提出者に趣旨説明を求めます。柿野正喜議員。



◎議員(柿野正喜君) 発議第10号有害鳥獣対策強化に関する意見書(案)の趣旨説明をさせていただきます。

 全国各地で鳥獣による被害が、被害防止策を講じているにもかかわらず、期待するまでに至っていないのが現状であります。当町においては担当課からいただいた被害の状況資料によりますと、平成20年度1,308万円、21年度1,564万円、22年度1,431万円となっております。またこの被害額に労働費や防護さく費用等の費用を含めば、想像を超える額と推測できます。

 さらに、イノシシ、シカに加え猿の被害であります、勝山、浦河内地区、矢山地区では、屋根にいる猿を見つけては爆竹を、隣の屋根に逃げる猿を見ては爆竹を、そしてきょうは作物の収穫をと畑に行けば見事に食い荒らされ、時には仏壇に供えているお菓子にまで手をつけるありさまであります。縁側で窓をあけてかわいい孫を寝かせられません。人に安心して住みよいところと薦められますか。そんな状況を一日も早く解消しなければなりません。みやこ町は若者の定住は歓迎しますが、猿の人里への定住はノーであります。

 政府においては、震災復興財源の道筋を速やかに確保の上、法整備を含め抜本的に有害鳥獣対策を講じていただきたく強く要望するものであります。

 要望事項は御案内意見書(案)のとおり。

 1、野生鳥獣の生息数及び農林業への被害の的確な把握と、これに基づく計画的な個体管理体制を確立すること。

 2、各地域において、それぞれ防護さくの設置や追い払い活動に取り組んでいるものの、充分な効果が上がっていない現状にあることから、各地域が連携した広域的な被害防止策に対する支援を行うこと。

 3、有害鳥獣対策に要する経費負担を軽減し、関連予算の拡充、地方財政措置の充実等を行うこと。

 4、現場では、有害鳥獣駆除の担い手が不足していることから対策技術の開発、普及等、有害鳥獣駆除の担い手の育成を推進すること。

 5、里山整備や野生鳥獣の生息環境に配慮した山づくりを工夫し、人と野生鳥獣の住み分け対策を推進すること。

 要望事項でございます。どうぞ議員各位の御理解、御賛同のほどよろしくお願いいたします。

 以上、意見書案の趣旨説明をさせていただきます。



○議長(上田重光君) 議員提出議案の趣旨説明を終わります。

 以上、本日付議されました6件については、7日の本会議で質疑を受けた後、それぞれ所管の常任委員会へ付託を行います。

────────────・────・────────────



△日程第7.請願



○議長(上田重光君) 日程第7、請願。

 第1号所得税法第56条の廃止、業者婦人の実態調査を求める請願書についてを議題とします。

 これより事務局に朗読させます。

〔事務局長朗読〕

………………………………………………………………………………

 請願第1号 所得税法第56条の廃止、業者婦人の実態調査を求める請願書

………………………………………………………………………………



○議長(上田重光君) 朗読が終わりました。

 お諮りいたします。請願第1号は、会議規則第39条第2項の規定によって趣旨説明を省略したいと思います。御異議はございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。したがいまして、請願第1号は趣旨説明を省略いたします。

 ただいま議題となっております請願第1号は、総務常任委員会に付託することに決定いたしますが、御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。したがって、請願第1号は、総務常任委員会に付託することに決定いたしました。では、請願第1号は総務常任委員会に付託をいたします。

────────────・────・────────────



○議長(上田重光君) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日はこれにて散会といたします。

 なお、この後3階大会議室で全員協議会を開きますので、御参集ください。開始予定時間は11時15分といたします。

午前11時02分散会

──────────────────────────────