議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 28年第1回臨時会( 2月) 02月03日−01号




平成 28年第1回臨時会( 2月) − 02月03日−01号









平成 28年第1回臨時会( 2月)


みやこ町告示第4号
 平成28年第1回みやこ町議会臨時会を次のとおり招集する
    平成28年1月22日
                               みやこ町長 井上 幸春
1 期 日  平成28年2月3日(水曜日)午前10時
2 場 所  みやこ町庁舎3階議事堂
──────────────────────────────
開会日に応招した議員
肥喜里雄二君          吉竹 次男君
橋本 真助君          柿野 正喜君
中山 茂樹君          小田 勝彦君
田中 勝馬君          飯本 秀夫君
金房 眞悟君          浦山 公明君
柿野 義直君          上田 重光君
熊谷みえ子君          中尾 文俊君
中尾 昌廣君          大束 英壽君
──────────────────────────────
応招しなかった議員
                
──────────────────────────────
 
───────────────────────────────────────────
平成28年 第1回(臨時)み や こ 町 議 会 会 議 録(第1日)
                             平成28年2月3日(水曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                         平成28年2月3日 午前10時00分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期及び日程について
 日程第3 専決処分の承認について
      承認第1号 専決処分の承認を求めることについて
      (みやこ町税条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定について)
 日程第4 議案の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決
      議案第1号 みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第2号 平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第5号)
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期及び日程について
 日程第3 専決処分の承認について
      承認第1号 専決処分の承認を求めることについて
      (みやこ町税条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定について)
 日程第4 議案の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決
      議案第1号 みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第2号 平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第5号)
──────────────────────────────
出席議員(14名)
2番 吉竹 次男君       4番 柿野 正喜君
5番 中山 茂樹君       6番 小田 勝彦君
7番 田中 勝馬君       8番 飯本 秀夫君
9番 金房 眞悟君       10番 浦山 公明君
11番 柿野 義直君       12番 上田 重光君
13番 熊谷みえ子君       14番 中尾 文俊君
15番 中尾 昌廣君       16番 大束 英壽君
──────────────────────────────
欠席議員(2名)
1番 肥喜里雄二君       3番 橋本 真助君
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 三隅  忠君     書記   中村 銀次君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
総務課長 ……………… 葉瀬垣和雄君   財政課長 ……………… 山見 紀幸君
総合政策課長 ………… 進  光晴君   伊良原ダム対策室長 … 尾崎  喬君
税務課長 ……………… 中原 裕二君   徴収対策課長 ………… 高辻 一美君
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
住民課長 ……………… 亀田 国宏君   健康づくり課長 ……… 荒巻  誠君
介護福祉課長 ………… 前田 正光君   生活環境課長 ………… 山本 淳一君
教育長 ………………… 屏  悦郎君   学校教務課長 ………… 柿野 善広君
生涯学習課長 ………… 進  友雄君   建設課長 ……………… 村中 隆秀君
産業課長 ……………… 三角 房幸君   上下水道課長 ………… 白石 由実君


──────────────────────────────



◎事務局長(三隅忠君) 皆さん、おはようございます。

 開会の前に事務局より、御報告いたします。本日、1番、肥喜里雄二議員、3番、橋本真助議員より欠席の届け出があっております。以上で、事務局の報告を終わります。

午前10時00分開会



○議長(大束英壽君) おはようございます。

 ただいまの出席議員は14名です。したがいまして、定足数に達しておりますので、平成28年第1回みやこ町議会臨時会を開催いたします。

 それでは、ただいまより本日の会議を開きます。

 議事に入ります前に、私より発言をさせていただきます。

 臨時議会開会に当たり、私事ではございますが、みやこ町政治倫理条例に抵触する旨の一連の新聞報道について、この場をお借りしまして謝罪申し上げます。

 この内容といたしましては、私の二親等以内の姻族が役員をしている企業が、町と工事契約を行ったものであります。この件につきましては、私の認識不足により、このような事態を招くこととなり、町民の皆様方を初め、議員各位、また町執行部に大変な御迷惑をおかけしたことに対しまして、深くおわびを申し上げます。

 二度とこのようなことが起きないように、政治倫理条例を遵守し、町政に対する町民の信託に応えられるよう精進してまいりたいと考えております。今後とも、みやこ町のまちづくりのため、全力で頑張ってまいりますので、御指導、御鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 それでは、議事に入ります。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。日程に従い、議事を進めます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(大束英壽君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 今回の会議録署名議員は、会議規則第126条の規定により、11番、柿野義直議員、12番、上田重光議員の2名を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期及び日程について



○議長(大束英壽君) 日程第2、会期及び日程についてを議題といたします。

 このことにつきましては、議会運営委員会において協議をしていただいておりますので、その結果について報告を求めます。柿野義直議会運営委員長。



◎議会運営委員長(柿野義直君) おはようございます。委員長の柿野義直でございます。

 2月1日午前10時より議会運営委員会を開き、本臨時会の会期及び日程について協議を行いましたので、その結果について報告をいたします。

 本臨時会に提案されます案件は、町長提出案件として専決処分の承認案件1件、条例の一部改正案件1件、補正予算案件1件の計3件でございます。

 町長、副町長及び総務課長、財政課長の出席を求め、提出案件の説明を受け協議をいたしました結果、本臨時会の会期は、本日1日とすべきものと決しました。

 本日の議事日程について申し上げます。お手元に配付のとおり、この後、日程第3は専決処分の承認についてでございます。承認第1号を議題とし、提案理由の説明、質疑を受けた後、委員会付託、討論を省略し、即決といたします。

 日程第4は議案の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決でございます。議案第1号みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第2号平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第5号)の町長提出案件2件を一括して議題とし、町長から提案理由の説明を受けます。

 なお、議会運営委員会の申し合わせにより、委員会付託は省略し、1件ずつ議案に対する質疑、討論、採決を行うものといたします。

 以上、本日の議事運営等については、議会運営委員会において協議をいたしましたので、議員各位の賛同と御協力を賜りますようお願いを申し上げ、報告といたします。



○議長(大束英壽君) 議会運営委員長の報告は終わりました。

 お諮りいたします。本臨時会の会期及び日程については、ただいまの議会運営委員長の報告のとおり決することに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、本日2月3日の1日とし、日程につきましても、お手元に配付の日程表のとおり決定をいたします。

────────────・────・────────────



△日程第3.専決処分の承認について



○議長(大束英壽君) 日程第3、専決処分の承認について。

 承認第1号を議題とし、提出者の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。本日、平成28年第1回みやこ町議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、大変お忙しい中にもかかわらず、御出席いただきまことにありがとうございます。

 さて、去る1月23日からの記録的寒波により水道管が破裂した影響で、豊津地区を中心に断水し、住民の皆様には日常生活に多大な御迷惑をおかけいたしました。この場をお借りし、おわび申し上げます。

 本町では、直ちに航空自衛隊築城基地に救援を求め、職員と協働して給水活動を行うとともに、議員の皆様を初めとする関係各位の懸命な復旧活動により短期間での収拾を図ることができました。皆様の御協力に対し、改めて御礼申し上げます。

 今後は、台風等の風水害の災害対策のみでなく、今回のような寒波による災害も含めた事前の対策に努めたいと考えております。

 それでは、さっそく報告させていただきます。

 承認第1号は、みやこ町税条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定についての専決処分の承認についてであります。

 地方税法施行規則の一部を改正する省令等の一部を改正する省令が、平成27年12月25日に公布されたことに伴い、みやこ町税条例の一部を改正する条例の一部を改正する必要が生じましたが、町議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであったため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分しましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものです。

 なお、内容の詳細につきましては、担当課長から説明をさせていただきます。よろしくお願いをいたします。



○議長(大束英壽君) 町長の説明が終わりました。

 引き続き、所管課長からの補足説明があれば、これを許可します。中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) おはようございます。今回の条例改正につきまして、御説明いたします。

 今回の一部改正を改正する条例につきましては、12月の議会におきまして、個人番号──マイナンバー制度に伴う条例改正を行っておりました。その議決をいただいた後に、国のほうのマイナンバーの手続に関する見直しを行った結果、一部のものにつきまして、個人番号の記載、税関係でございますが、申告、いろいろなものにつきまして国のほうで見直しを行い、それに伴いまして個人番号の記載をしないでもよい書類があるということで、今回の見直しを行っているものでございます。

 内容といたしましては、住民税の減免申請、それから土地特別保有税に関する税の減免申請につきまして、個人番号の記載をなくすといったものでございます。

 原因といたしましては、申告等が伴う手続に合わせて、その後の減免に関する手続を個人番号をなくすことによりまして、本人確認の手続等の納税者への負担を軽減するためでございます。

 以上でございます。



○議長(大束英壽君) これより質疑に入ります。質疑のある方ございませんか。飯本議員。



◆議員(飯本秀夫君) 8番、飯本ですが、ちょっと具体的な例を挙げて説明してもらったほうが、今ちょっと余り頭が悪いせいかよくわかりません。具体的な例を挙げてお願します。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 住民税申告等につきましては、本人が申告して賦課をするものでございます。固定資産税関係につきましては、本人の申告でなく、町、行政のほうは独自で賦課をしてまいります。その関係、本人申請をするといった場合には、その申請書に個人番号等を記載することになります。住民税につきましては、まだ今年度の申請、27年所得分につきましては個人番号を書くようにはなってはございませんが、28年以降の申告につきましては、個人番号を記載するようになってきます。

 それから、土地特別保有税は今、課税の停止をしておりますが、開始されれば、その申告書に個人番号等の記載をするようになります。その申告書にも個人番号は記載されておりますので、それに伴う賦課に対する減免、何らかの原因によります減免申請を出す場合は、もう既に申告書に個人番号が入っておりますので、減免にはそういった個人番号を記載する必要はないということの見直しを行っているものでございます。



○議長(大束英壽君) ほかに質疑はありませんか。8番、飯本議員。



◆議員(飯本秀夫君) この1分の1のところに法人の何とかとちょっと書いておるんですが、例えば法人でその従業員のナンバーが要らないのかなというようなとりかたをした、その辺はどうなんですか。法人ナンバーだけでいいで、個人の従業員のナンバーは要らないんではないかというふうに読めるんですが、その辺のちょっと説明をお願いしたいと思います。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 法人の中の従業員の方の取り扱いにつきましては、一度事業所にそれぞれ従業員の方々の個人番号の申請をするようにはなっておりまして、その後、一度事業所のほうに従業員が個人番号の登録申請をした後は、毎年出す必要はないというふうな手続になっております。

 以上でございます。



◆議員(飯本秀夫君) わかりました。



○議長(大束英壽君) ほかに質疑はありませんか。4番、柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 質問させていただきます。

 まず、条例の新旧対照表の件について。本来、総務委員会で指摘事項だと思うんですが、委員会付託がありませんので、この場で指摘をさせていただきたいと思います。

 まず、改正案のほう、中略があります、4行目に。その中で51条第2項中で、その次に「納期限7日」となっておりますよね。これは「納期限前7日」の誤りですよね。

 それから、その下の段に「第3号とし、第1号を2号とし」と「とし、とし」を連動させておりますよね。だから、この用語の扱い方としては、「第3号とし」を「に」に変換すべきだと考えるわけですが。

 そして、現行のほうを見ますと同じような形になっておるんです。それで、これは改正規定中の条例改正でありますので、こういった場合は現行をそのまま尊重して、そのまま改定しないでこういう文言にしていくのかな、そこら辺の確認をお願いいたします。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 今回のこの改正につきましては、国が示していただきました準則条例案例がございまして、それをそのままこの改正のほうに反映したものでございます。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) もう一度よろしいですか。「納期限7日」がありますね。これは「納期限前7日」じゃないですかっていうのを問いかけているんですけど。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 失礼しました。この記載誤りでございます。大変申しわけございません。「納期限前」、「前」が必要になってきております。「前」が抜けております。申しわけございません。



○議長(大束英壽君) 税務課長、訂正を。中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 記載誤りでございます。「納期限7日」ではなく、「納期限前7日」が正しいものでございます。大変申しわけございません。(「それと「とし」があるでしょう」と呼ぶ者あり)



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) それについては、検討されてください。

 それともう1つ、改正規定中の条例解釈はこういうふうにしてこうなってきますよね。本来、条文だけがということですよね。だけど、こういった形でどうするこうするというのを文言として新旧対照表にあらわしてきます。なかなかわかりにくいんで、改正規定中の条例改正については、参考として1個前のやつを改正したと仮定したものをつけていただければわかりやすいような気がするんです。こうして変えると、これ何か条例かなという気がするんですけど、本当は今の言ったのは条例ではないですよね。改正規定だけなんで、そういうことでよろしくお願いします。

 以上、終わります。



○議長(大束英壽君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) これで質疑を終わります。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております承認第1号の専決処分案件は、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。したがいまして、承認第1号は、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行うことで決定いたしました。

 なお、採決は起立によって行います。

 これより承認第1号について採決を行います。本件は承認することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。賛成多数です。したがいまして、承認第1号専決処分の承認を求めることについては、承認することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決



○議長(大束英壽君) 日程第4、議案の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決。

 これより、議案第1号みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第2号平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第5号)の町長提出案件2件を一括して議題とします。

 これより、提出者に提案理由の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) それでは、提案理由の説明をさせていただきます。

 今議会に提案いたしました議案は、条例の改正案1件及び平成27年度一般会計補正予算1件の合計2件となっております。

 それでは、議案ごとに提案理由の概要について御説明いたします。

 議案第1号は、みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律及び一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律が、平成28年1月26日に公布されたことに伴い、みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する必要があるため、この条例案を提出するものであります。

 議案第2号は、平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第5号)についてであります。

 規定の歳入歳出予算の総額に増減はありません。主な内容といたしましては、人事院勧告に基づく一般職の職員の給与に関する法律等の一部が改正されたことを踏まえて、款項の区分ごとに人件費を補正するものであります。

 以上、提案理由を説明いたしました。なお、内容の詳細につきましては、この後、担当課長から説明をさせていただきます。

 今回、提案しております議案は、いずれも重要な案件であります。慎重に御審議の上、可決くださいますようお願いいたします。



○議長(大束英壽君) 町長の説明が終わりました。

 引き続き、所管課長から補足説明があれば、これを許可します。葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) それでは、議案第1号みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明をさせていただきます。

 今回の条例改正につきましては、先の人事院勧告に基づく職員給与の関係を改正するものでございます。

 給与につきましては、民間との格差、平均0.36%、今回引き上げるものでございます。

 それともう一つ、ボーナスにつきまして、勤勉手当を0.1カ月引き上げるものでございます。

 それともう一つ、行政職の級別標準職務表というものを今まで規則で定めておりましたけども、これが指導により条例に定めなさいということになりましたので、今回規則にあった級別職務表を条例に入れるものでございます。

 また、今回の改正につきましては、職務表については平成28年4月1日から施行しますけども、給与関係につきましては、平成27年4月1日にさかのぼって適用するというものでございます。

 それでは、新旧対照表のほうで御説明させていただきます。

 新旧対照表の13分の1のほうでお願いいたします。この第5条につきましては、先ほど言いました級別職務表につきまして、現行はその内容は「規則で定める」というふうに書いておりましたけれども、今回、その分につきまして「別表第3に定める級別標準職務表のとおりとし」という形で条例のほうに上げております。

 それから、第18条関係でございますが、これにつきましては、勤務時間1時間当たりの給与、要は時間外勤務手当です。超勤の関係ですけども、超勤は給料月額に率を掛けておりますが、この超勤につきましては、給料月額とあと地域手当を合計した額に対して率を掛けるということでございましたので、今回、そこを修正させていただいております。

 それと、次のページでございます。13分の2をお願いいたします。

 ここに下方のほうに再任用職員についても同様に率の改定が行われております。今回、勤勉手当につきましては、全体で0.1カ月でございますけども、6月と12月がありますので、それぞれ6月に0.05カ月、12月に0.05カ月引き上げるものでございます。

 あと下につきましては、給料表全体でございます。平均して0.36%となっておりますが、今回も従前のとおり、若い世代につきましてはこれ以上な引き上げを行っております。逆に年齢のいったところにつきましては上昇率が低いということで、全体として0.36%の引き上げということになっております。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 以上で、提案理由の説明が、葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) 済みません、続きまして議案第2号の説明も引き続きさせていただきます。

 今回のこの補正につきましては、人事院勧告に関するのみの補正でございます。

 これにつきましては、一番最後のページの一般会計給与明細書のほうで説明をさせていただきます。

 今回、給与及び勤勉手当が引き上げられた関係で、全体としては給与額が上がるんでございますが、人員の減、そういったことによって全体としてはプラスマイナスゼロということになっております。

 では、この給与費の明細書のまず一番最初の総括のところを見ていただきたいと思います。

 まず、職員数ですけども、改正前は166名いました。改正後は164名ということで、職員が2名減っております。これにつきましては、まず1名は11月で退職いたしました。もう1名は育児休業に入ったということで、育児休業につきましては、育児休業に入った時点で給料のほうは支給がなくなります。かわりに共済のほうから補填がありますけども、給与といたしましては育児休業に入った時点でなくなります。その関係で、この表の一番最後の表、給料及び職員手当の増減額の明細というところで見ていただきたいと思います。

 まず、給料全体としてマイナスの544万8,000円となっておりますが、給与改定に伴う増減分220万4,000円、これが人勧に伴う増加分でございます。0.36%引き上げられたところの金額の220万4,000円です。

 その下にその他の増減分ということで、マイナス765万2,000円ありますが、これにつきましては、職員が2名減ったというところのマイナスでございます。それで差し引きいたしまして、給料として540万8,000円の減となっております。

 その下に職員手当があります。職員手当1,241万4,000円増額になっております。そのうちの制度改正に伴う増減分ということで、382万1,000円、これは勤勉手当の0.1カ月引き上げた分の増加分でございます。

 それともう一つ、その他の増加分ということで859万3,000円ありますが、これにつきましては、人事異動等による減、222万円でございますが、これにつきましては、先ほど言いました退職者、育児休業に入った分が減額になっております。

 その他による増、1,081万3,000円でございますが、これにつきましては、増額いたしましたところは大きく手当の中の住居手当、それから超過勤務手当、それから退職手当の金額が大きなものです。このうちの退職手当がその中でも大きく、543万7,000円ありますが、これにつきましては、平成27年度職員に対して退職勧奨を行っております。その退職勧奨に対して1名申し出があったということで、その分につきましては、退職勧奨による追加の退職手当、組合に納めるお金ということで、今回543万7,000円近くが増加されております。

 これらを合わせて1,241万4,000円の増額になっているということでございます。

 説明は以上です。



○議長(大束英壽君) 以上で、提案理由の説明が終わりました。

 お諮りいたします。ただいま議題となっています議案第1号みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第2号平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第5号)は、議会運営の申し合わせにより委員会付託を省略したいと思いますが、これに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。したがいまして、議案第1号及び議案第2号は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより質疑を行います。

 では初めに、議案第1号みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、質疑のある方ございませんか。13番、熊谷みえ子君。



◆議員(熊谷みえ子君) 13番、熊谷みえ子です。今回の人事院勧告による一部改正についてお伺いをいたします。

 今回の人事院勧告に対しては、フレックスタイム制の拡充ということがうたわれております。これは、基本的には4月1日より実施というふうになっています。

 まず、当町においてのフレックスタイムの検討状況をお伺いをいたします。



○議長(大束英壽君) 葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) 今言いましたフレックスタイム、要は早く出てきて業務をする、あるいは出勤をおくらせて後残る、そういったようなこと、職員のそういったライフスタイルに合わせた勤務のあり方を検討しなさいということでございます。

 みやこ町におきましては、そういったことも組合とも話しながら検討はいたしましたけれども、役場が開いている8時半から5時までということで、その中で行うということで、フレックスタイムについて具体的に実施しようという検討にまでは至っておりません。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 決して、フレックスタイム制を進める立場での質問ではないんです。

 この人事院の勧告に対して、国公労連等はフレックスタイム制を導入する勤務時間法の改正によって多様な働き方をといっておりますけれども、要するに過重勤務というふうに当たる。また、時間外手当の削減が狙いであるというふうに指摘をしております。そういう点で、今でもみやこ町においては、土日出勤、休日での出勤がございます。そういう点で、勤務時間の把握ときちんとした休日がとれるような指導を求めて発言を終わります。

 以上です。



○議長(大束英壽君) ほかに質疑はありませんか。4番、柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 議案第1号みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてですが、この給与改定については賛成の立場であります。ただし、提案理由がありました、町長から。それで胸を張って、この給与改正案を提出したかということなんです。というのも、不祥事が発覚しました。それでそういったところには全く触れておりません。私も給与上げることには賛成です。しかし、本当に胸を張ってどうだ、これみよがしに条例提案っていうのはどうかなと思うんです。町民の方にも、これ一言ぐらい申し上げて、給与上げてくださいとか、そういう言葉があっても私はいいような気がするんです。

 以上でございます。町長、答弁よろしいでしょうか。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 柿野議員からの御指摘は心にとめて、今後そういうことも考慮できるかどうか、関係部署と相談していきたいと思っております。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 答弁いただきました。ですが、町長どうなんですか。関係機関と相談とか、そういうことじゃなくて、これ町長自身の御判断だと思うんです、それは。職員の国勢調査時のそれが発覚して、そしたら次に、今度はまたほかの職員の方がされてたというようなことなんです。私は、どうですか、そういう不祥事があって、そのまま給与を上げるのは賛成ですけど、町長の姿勢なんです、それは。そうですよね。だから、今回も期末勤勉手当については、勤勉手当のほうを上げるとなっておりますよね。それはなぜかというと、勤務実績においてしなさいよと国の方針なんです、それは。そういうところをやっぱり加味して、そうしないとやはり今まで不祥事を反省してやるかということは言えないと思うんです、私は。どうですか、町長。町長の御判断で、それは本当に申し上げて、これからはきちっとやるんだ、だから給与を上げてください、それによってまた職員の活気もつくからというようなことを言っていただければありがたいな、私はそういうふうに思います。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) そういうことができるように私も努力していきたいと思っております。



○議長(大束英壽君) ほかに質疑はありませんか。柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 今回の改正の中で、勤務時間当たりの給与額の算出、その改正がされております。今度は、地域手当を含めた中で計算をするということですよね。それで、この目的、だから地域手当を含めなくちゃいけないのか、含めなくてもよいのか、そこの1点と、地域手当を含めたところで単価上がるわけですが、それの目的、これをお尋ねします。



○議長(大束英壽君) 葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) 今の地域手当を含めるというとこでございますが、これはまことに申しわけありません。これは、国の基準が時間外勤務の算定の基準がそういう形で給料月額と地域手当を含めたところで算定するというふうになっておりました。それを前回、地域手当を導入したときに、その超勤の計算方法の中に地域手当を入れるということが遺漏しておりましたので、今回、改正させていただくということで、どちらでもいいということではなくて、時間外の計算においては給料と地域手当を合計したところで時間単価を出しなさいというふうに規定されておりましたので、そちらのほうに直すというものでございます。



○議長(大束英壽君) 目的を。葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) 済みません、この地域手当というものは、今回、給与の分におきまして、前回の見直しのときに給与全体を2%引き下げて、その2%分をこういった地域格差のあるところに割り振っていくというところで、この地域手当につきましては、給料の一部という考え方で、ほかの住宅手当とか、そういったものとは別個の考え方ということで、この地域については給料の一部というものになっております。そういう目的で今回給料と地域手当を合算するというものでございます。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) ありがとうございます。それで、私が問いかけたのは、私のほうの考え違いがあったんです。要するに、地域手当を含めると時間単価が上がりますよね、そうするとやはり勤務時間外労働を減らそうとしなくちゃいけないんですけど、こうすると上がるから、奨励する形になるかと思って。ありがとうございました。



○議長(大束英壽君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) これで質疑を終わります。

 次に、議案第2号平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第5号)について質疑を受けたいと思います。質疑のある方は、ページ数と款項目を言ってから質疑をお願いします。質疑のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 質疑なしと認めます。

 これより討論、採決を行います。討論、採決は議案題名を省略して議案番号のみで行います。

 それでは、議案第1号を議題とし、討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。議案第1号について、原案のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第1号みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第2号を議題とし、討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 原案に賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。議案第2号については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第2号平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第5号)については、原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



○議長(大束英壽君) これをもちまして、今臨時会に付議されました全ての議事が終了いたしました。皆様方には、慎重なる御審議をいただきまして、まことにありがとうございました。

 ここで、町長より、閉会に当たり発言の申し出がありますので、これを許可します。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 今回、臨時議会を招集しましたところ、議員各位におかれましては、大変お忙しい中、御出席を賜りありがとうございます。なお、また提案いたしました承認第1号、それから議案第1号、議案第2号につきましての可決をありがとうございました。

 なお、冒頭でも申し上げましたけれども、今回、急な寒波によりまして、町内に大変な被害をもたらしました。この際、議員各位には、迅速なる御協力をいただきまして本当にありがとうございました。

 今後とも、こういった災害等に対して迅速に対応できるよう、行政としても努力してまいりたいというふうに思っておりますので、今後とも御支援、御協力をお願い申し上げまして、簡単ですけども御挨拶といたします。本当にありがとうございました。



○議長(大束英壽君) 以上をもちまして、本日の議事日程につきましては、全て終了いたしました。

 なお、この後、3階大会議室で全員協議会を開きますので、御参集をお願いいたします。開会予定の時間を11時からとします。よろしくお願いします。

 本日は、これにて散会といたします。

午前10時50分閉会

──────────────────────────────






    会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。


       平成28年 2月 3日


                   議  長


                   署名議員


                   署名議員