議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 27年 第6回定例会(12月) 12月11日−05号




平成 27年 第6回定例会(12月) − 12月11日−05号









平成 27年 第6回定例会(12月)


───────────────────────────────────────────
平成27年 第6回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第11日)
                             平成27年12月11日(金曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第5号)
                         平成27年12月11日 午前10時00分開議
 日程第1 議案の訂正について
 日程第2 審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決
      議案第71号 権利の放棄について
      議案第72号 訴えの提起について
      議案第73号 訴えの提起について
      議案第74号 みやこ町歴史民俗博物館駐車場条例の制定について
      議案第75号 みやこ町農業委員会委員に関する選考委員会設置及び運営条例の制定について
      議案第76号 みやこ町農地利用最適化推進委員定数条例の制定について
      議案第77号 みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第78号 みやこ町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第79号 みやこ町証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第80号 みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第81号 みやこ町立学校設置条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第82号 みやこ町農業委員会委員定数条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第83号 備品購入契約の締結について(伊良原小・中学校管理備品購入事業)
      議案第84号 工事請負契約の締結について(龍毛橋橋梁架替工事)
      議案第85号 京築広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更及び京築広域市町村圏事務組合規約の変更について
      議案第86号 京築広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更に伴う財産処分について
      議案第87号 町道路線の変更について(呰見・西ノ谷線)
      議案第88号 平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第4号)
      議案第89号 平成27年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第90号 権利の放棄について
      発議第10号 後期高齢者の保険料軽減特例措置に関する意見書(案)について(継続審査分)
 日程第3 委員会の閉会中の継続審査について
 日程第4 議員の派遣について
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 議案の訂正について
 日程第2 審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決
      議案第71号 権利の放棄について
      議案第72号 訴えの提起について
      議案第73号 訴えの提起について
      議案第74号 みやこ町歴史民俗博物館駐車場条例の制定について
      議案第75号 みやこ町農業委員会委員に関する選考委員会設置及び運営条例の制定について
      議案第76号 みやこ町農地利用最適化推進委員定数条例の制定について
      議案第77号 みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第78号 みやこ町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第79号 みやこ町証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第80号 みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第81号 みやこ町立学校設置条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第82号 みやこ町農業委員会委員定数条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第83号 備品購入契約の締結について(伊良原小・中学校管理備品購入事業)
      議案第84号 工事請負契約の締結について(龍毛橋橋梁架替工事)
      議案第85号 京築広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更及び京築広域市町村圏事務組合規約の変更について
      議案第86号 京築広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更に伴う財産処分について
      議案第87号 町道路線の変更について(呰見・西ノ谷線)
      議案第88号 平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第4号)
      議案第89号 平成27年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第90号 権利の放棄について
      発議第10号 後期高齢者の保険料軽減特例措置に関する意見書(案)について(継続審査分)
 日程第3 委員会の閉会中の継続審査について
 日程第4 議員の派遣について
──────────────────────────────
出席議員(16名)
1番 肥喜里雄二君       2番 吉竹 次男君
3番 橋本 真助君       4番 柿野 正喜君
5番 中山 茂樹君       6番 小田 勝彦君
7番 田中 勝馬君       8番 飯本 秀夫君
9番 金房 眞悟君       10番 浦山 公明君
11番 柿野 義直君       12番 上田 重光君
13番 熊谷みえ子君       14番 中尾 文俊君
15番 中尾 昌廣君       16番 大束 英壽君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 三隅  忠君     書記   中村 銀次君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
総務課長 ……………… 葉瀬垣和雄君   財政課長 ……………… 山見 紀幸君
総合政策課長 ………… 進  光晴君   伊良原ダム対策室長 … 尾崎  喬君
税務課長 ……………… 中原 裕二君   徴収対策課長 ………… 高辻 一美君
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
住民課長 ……………… 亀田 国宏君   健康づくり課長 ……… 荒巻  誠君
介護福祉課長 ………… 前田 正光君   生活環境課長 ………… 山本 淳一君
教育長 ………………… 屏  悦郎君   学校教育課長 ………… 柿野 善広君
生涯学習課長 ………… 進  友雄君   建設課長 ……………… 村中 隆秀君
産業課長 ……………… 三角 房幸君   上下水道課長 ………… 白石 由実君
農業委員会事務局長 … 山野 和寿君                     


──────────────────────────────



○議長(大束英壽君) 皆さん、おはようございます。

 開会の前に井上町長より本定例会初日の本会議において適任とされましたみやこ町人権擁護委員の紹介について申し出があっておりますので、これを許可します。井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。ただいま議長の許可をいただきましたので御紹介させていただきます。

 今議会初日におきまして人権擁護委員の選任について提出し、御同意いただきました方が今いらっしゃいましておられますが、この場をお借りしまして御紹介いたしますのでよろしくお願いをいたします。

 新しく選任されました井上政弘さんです。



◎人権擁護委員(井上政弘君) 御紹介いただきました井上政弘でございます。岩熊に住んでおります。何かと御迷惑をかけることもあろうかと思いますが、よろしく御協力をお願いいたします。(拍手)

午前10時00分開議



○議長(大束英壽君) それでは、改めましておはようございます。

 ただいまの出席議員は16名です。したがいまして、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 初めに、本日議会最終日の議事日程及び議案の審議方法について、昨日、議会運営委員会において協議をいただいておりますので、その結果について報告を求めます。柿野義直議員。



◎議会運営委員長(柿野義直君) おはようございます。委員長の柿野義直です。

 昨日、議会運営委員会を開催し、本定例会の最終日、本日の議事日程及び議案の審議方法等について協議をいたしましたので、その結果を報告いたします。

 初めに、本日の議事日程について申し上げます。

 日程第1は、議案の訂正についてです。本件は議案第75号で一部訂正があり、みやこ町議会会議規則第20条に基づき議会の許可を得るものです。提案理由の説明の後、質疑を省略し、簡易採決といたします。

 日程第2は、審査終了事案の委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決です。各常任委員長の報告ごとに報告に対する質問を一括で受けます。また、討論、採決は1件ごとに行います。

 日程第3は、委員会の閉会中の継続審査についてでございます。お手元に配付のとおりです。

 日程第4は、議員の派遣についてです。お手元に配付のとおり、次の3月議会までに議員を派遣するものであります。

 以上、本定例会最終日の日程等につきましては、議会運営委員会で協議をいたしましたので、議員各位の御賛同と御協力を賜りますようお願い申し上げ、報告といたします。

 一部訂正が、発言に間違いありましたので訂正をさせていただきます。

 日程第3の委員会の閉会中の継続調査についてでありますというふうに訂正をさせていただきます。委員会の閉会中の継続調査についてでございます。お手元に配付のとおりでございます。よろしくお願いします。



○議長(大束英壽君) 議会運営委員長の報告が終わりました。

 お諮りいたします。本日の日程について、ただいまの議会運営委員長の報告のとおり決定することに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。議事日程に従いまして議事を進めます。

────────────・────・────────────



△日程第1.議案の訂正について



○議長(大束英壽君) 日程第1、議案の訂正について、議案第75号みやこ町農業委員会委員に関する選考委員会設置及び運営条例の制定についての訂正について、お手元に配付のとおり町長より提出されております。提出者の提案理由の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。議案の訂正をお願いをさせていただきます。

 平成27年12月1日に提出いたしました議案第75号みやこ町農業委員会委員に関する選考委員会設置及び運営条例の制定について、内容に誤解を招く表記があるため、議案の訂正をいたしたく、みやこ町議会会議規則第20条第1項の規定により申し出をいたします。

 議案訂正依頼書につきましては、別紙のとおりであります。

 以上、議案の訂正について御許可をいただきますよう、お願い申し上げます。



○議長(大束英壽君) 町長の説明が終わりました。

 ただいま議題となっております議案の訂正については、議会運営委員会の申し合わせにより、質疑を省略いたします。

 お諮りいたします。本件を許可することに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。よって、議案第75号の議案の訂正については許可することに決定をいたしました。

 なお、皆様のお手元には訂正済みの議案を添付しておりますので、差しかえをよろしくお願いいたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決



○議長(大束英壽君) 日程第2、審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 各常任委員長から、審査が終了した旨の報告がなされているものは、お手元に配付のとおりであります。これを一括して上程し、議題といたします。

 これより審査結果について、各常任委員長から報告を求めます。なお、委員長からの報告ごとに委員長報告に対する質疑を行います。

 また、議案1件ごとの質疑はこの際割愛し、一括して質疑を受けたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。よって、委員長に対する質疑は一括で行います。

 では、まず総務常任委員長に報告を求めます。柿野正喜総務常任委員長。



◎総務常任委員長(柿野正喜君) おはようございます。

 去る12月7日に総務常任委員会を開催し、委員全員出席のもと、町長を初め関係課長の出席のもと、慎重に審査をいたしましたので、その審査の経過並びに結果について御報告をいたします。

 今議会において総務常任委員会に付託されました案件は、議案第71号、議案第77号から議案第80号までの4件、議案第85号、議案第86号、議案第88号及び議案第90号の町長の提出案件9件であります。

 初めに、議案第71号及び議案第90号の権利の放棄については、2件の住宅改修資金の貸付金の未償還額について権利を放棄することにより不納欠損処理を行うものであり、貸付額の4分の3を福岡県の住宅新築資金等の貸し付け助成事業で、国、県の補助金で充当するとの説明を受け、未処理の件数についても早期に調査を行い、処理を急ぐべきではとの議論がなされ、審査した結果、全員賛成のもと、いずれの議案も可決すべきものと決しました。

 次に、議案第77号みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定については、人権男女共同参画課を廃止し、業務については総務課に移すとの説明を受け、人権問題や男女共同参画社会の意義について議論がなされました。

 審査した結果、可否同数となり、委員長裁決により否決すべきものと決しました。

 次に、議案第78号みやこ町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、地方公務員等の共済組合法及び被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、その条文を引用しているところの条例と名称を置きかえるものであるとの説明を受け、審査した結果、特段の意見もなく、全員賛成のもと可決すべきものと決しました。

 次に、議案第79号みやこ町証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定については、農業協同組合法等の一部を改正する等の法律が公布されたことに伴い、農業委員会等に関する法律の条ずれを改正する必要があるとの説明を受け、審査した結果、特段の意見もなく、全員賛成のもと可決すべきものと決しました。

 次に、議案第80号みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定については、地方税法、地方税法施行令及び地方税法施行規則の一部改正が公布されたことに伴い、条例の一部を改正する必要があるとの説明を受け、番号法の取り扱い等について議論がなされました。

 審査した結果、賛成多数により可決すべきものと決しました。

 次に、議案第85号京築広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更及び京築広域市町村圏事務組合規約の変更については、豊築休日急患センターに関する事務等を平成28年4月1日から廃止することに伴い、規約を改正する必要があり、あわせて共同処理する事務の整合を図るための改正との説明を受け、京築の広域の振興計画等について議論がなされました。

 審査した結果、全員賛成のもと可決すべきものと決しました。

 次に、議案第86号京築広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更に伴う財産処分については、豊築休日急患センターの廃止に伴う基金の精算であるとの説明を受け、審査した結果、特段の意見もなく、全員賛成のもと可決すべきものと決しました。

 次に、議案第88号平成27年度みやこ町一般会計補正予算所管分については、所管課長より説明を受け、ダム対策室所管の2款1項10目伊良原ダム対策費は、森林公園整備事業の公有財産購入費、補償費であるとの説明を受け、買収単価の考え方などについて質疑がなされました。

 総務課所管の2款4項1目選挙管理委員会費は、選挙権が18歳に引き下げることに伴う電算システムの改修費用であるとの説明を受けました。

 審査した結果、全員賛成のもと可決すべきものと決しました。

 以上、総務常任委員会の審査の経過並びに結果の御報告といたします。



○議長(大束英壽君) 委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。質疑のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 質疑なしと認めます。

 次に、産業建設常任委員長に報告を求めます。飯本秀夫産業建設常任委員長。



◎産業建設常任委員長(飯本秀夫君) 皆さん、おはようございます。産業建設常任委員会の審査結果について御報告いたします。

 今議会において産業建設常任委員会に付託されました案件は、議案第75号、議案第76号、議案第82号、議案第84号、議案第87号及び議案第88号の町長提出案件6件であります。

 去る12月4日に、産業建設常任委員会を開催し、町長、副町長を初め、関係課長の出席を求め、慎重に審査いたしましたので、その審査の経過並びに結果について御報告いたします。

 議案第75号みやこ町農業委員会委員に関する選考委員会設置及び運営条例の制定については、農業協同組合法等の一部が改正されることに伴い、農業委員の選出方法が公職選挙法に基づくものから、町長が議会の同意を得て任命する方式に変わり、町長はあらかじめ農業者や農業団体等から候補者の推薦を求め、また、募集を行うこととなり、農業委員会委員の任期が平成28年3月19日までであり、候補者の選定を行うに当たり、この条例を制定する必要があるとの説明を受け、選考委員の選定方法、適格審査の方法、決定行為などについて議論を行い審査した結果、全員賛成のもと、原案のとおり可決するものと決しました。

 議案第76号みやこ町農地利用最適化推進委員定数条例の制定については、議案第75号と同様に、農業協同組合法等の一部が改正されることに伴うものであり、担い手への集積、集約化、耕作放棄地の発生防止、解消、新規参入の促進など、農地利用の最適化を強力に進めるために農地利用最適化推進委員を新設する、また定数については法の基準に準じて26人としているとの説明を受け、推進委員の選考方法、業務、役割などについて議論を行い、審査した結果、全員賛成のもと、原案のとおり可決するものと決しました。

 議案第82号みやこ町農業委員会委員定数条例の一部を改正する条例の制定については、議案第75号と同様に、農業協同組合法等の一部が改正されることに伴うものであり、定数については国の指導により現行の定数の半分である13人とし、うち7人は認定農業者を充てるとの説明を受け、推薦、公募の方法などについて議論を行い、審査した結果、全員賛成のもと、原案のとおり可決するものと決しました。

 議案第84号工事請負契約の締結については、龍毛橋橋梁のかけかえ工事を施工するため、指名競争入札による工事請負人を定め、そのものと工事請負契約を締結するに当たり、みやこ町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定によるものであるとの説明を受け、工事の進行方法などについて議論を行い、審査した結果、全員賛成のもと、原案のとおり可決するものと決しました。

 議案第87号町道路線の変更については、東九州自動車道建設工事に伴う終点の変更であり、道路法第10条第2項の規定に基づき町道路線を変更するものであるとの説明を受け、特に質疑はなく、全員賛成のもと、原案のとおり可決すべきと決しました。

 次に、議案第88号平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第4号)所轄分については、6款1項1目農業委員会会費の補正については、今回条例制定される農業委員会委員の選考委員の報酬であり、同じく3目農業振興費は、女性農業者の活動促進事業として6次産業化支援としての新たな補助金として、同じく6目畜産振興費は、畜産競争力強化対策事業の補助金として、同じ8目農地費は、町内6カ所の小規模農業用施設整備補助金を補正するものであり、6款2項2目林業振興費は、勝山、黒田、諫山地区の55ヘクタールの荒廃森林再生事業費の補正であるとの説明を受け、女性農業者の活動促進事業の活動内容や事業採択などについて議論し、審査した結果、全員賛成のものと、原案のとおり可決するべきと決しました。

 以上、産業建設常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(大束英壽君) 委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。質疑のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 質疑なしと認めます。

 次に、文教厚生常任委員長に報告を求めます。橋本真助文教厚生常任委員長。



◎文教厚生常任委員長(橋本真助君) 皆さん、おはようございます。

 去る12月8日に文教厚生常任委員会を開催し、委員全員出席のもと、所管課長より説明を受け、慎重に審査いたしましたので、その審査の経過並びに結果について御報告をいたします。

 本定例会で本委員会に付託された案件は、議案第72号から74号までの3件、議案第81号、83号、88号、89号の町長の提出案件7件であります。

 初めに、議案第72号及び73号の訴えの提起については、現在も犀川中学校の運動場の一部として占有している土地について、いまだみやこ町名義になっていないため、時効取得を原因とする所有権移転登記手続請求事件に関して、同意者も含め訴えの提起を行うとの説明を受け、訴えをすることについての同意者への対応、相続人への連絡がとれないことなどによる裁判の有効性、移転登記手続の相続人の方の金銭的負担などについて議論を行い、審査した結果、全員賛成のもと、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第74号みやこ町歴史民俗博物館駐車場条例の制定については、みやこ町歴史民俗博物館に訪れる者の利便性を図るため設置した駐車場の設置及び管理について定める条例の制定であるとの説明を受け、指定管理者による管理、隣接する豊津グラウンド使用者の利用、盗難、事故等の免責などについての議論を行い、また、駐車場の案内板等をより明確にすべきなどの意見も出され、審査した結果、全員賛成のもと、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第81号みやこ町立学校設置条例の一部を改正する条例の制定については、伊良原小学校及び伊良原中学校の移転に伴う条例の一部改正であるとの説明を受け、今後の学校の運営体制などについて議論を行い、審査した結果、全員賛成のもと、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第83号備品購入契約の締結については、伊良原小中学校新築校舎に必要な備品購入契約の締結であるとの説明を受け、学校の要望が反映されているのか、木製机、椅子は検討したのか、屋内運動場の施設整備、既存備品の活用、予定価格の設定などについて議論を行い、本会議で質問が出された小中学校の備品を小学校費で計上することについては、現在の小中学校建設工事も小学校費であり、備品についても小中学校共有で使用するものが多いとのことで計上しているとの説明がありました。

 審査した結果、全員賛成のもと、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第88号平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第4号)所管分については、各所管課長より補正内容の説明を受けました。

 主なものとして、3款民生費における1項社会福祉費3目老人福祉費のシルバー人材センター運営補助金の増額補正97万、2項児童福祉費1目児童福祉総務費の扶助費の増額補正204万、同じく3目保育所運営費の保育園運営委託料において、国からの通知による単価の引き上げに伴う増額補正4,354万7,000円であります。

 また、伊良原中学校解体事業を新校舎への引っ越し等の関係で、来年2月末まで使用するとのことで、28年度へ繰越明許費をしたいとの説明を受けました。

 特に質疑はなく、審査した結果、全員賛成のもと、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第89号平成27年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)については、退職被保険者等の療養給付費や高額療養費が当初見込みより増加したことによる負担金の増額補正であることの説明を受け、医療費の対前年度比、比率や医療費が増加した要因等を議論し、審査した結果、全員賛成のもと、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 最後に、9月議会において継続審査となっていました発議第10号後期高齢者の保険料軽減特例措置に関する意見書(案)については、委員より、内容について改正はしないのかとの意見が出されましたが、審査した結果、賛成多数により、原案のとおり可決するものと決しました。

 以上、文教厚生常任委員会の審査報告といたします。



○議長(大束英壽君) 委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。質疑のある方はございませんか。11番、柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 11番、柿野義直です。

 文教厚生常任委員会が開かれた直後に、委員長より、10月に行われた文教厚生常任委員会の教育長の答弁に、議会を軽視する旨の発言があり、別室にて協議が進められたという経緯は、私は委員会傍聴の席で見受けられましたので、別室にて協議された内容について報告できるのであれば、その旨、報告をいただきたいと思います。

 議長、よろしくお取り計らいをお願いします。



○議長(大束英壽君) 柿野議員、議案の委員長に対しての質疑ですから、それはできません。柿野議員。



◆議員(柿野義直君) 冒頭、それの説明がないと、委員会審議を行わないという旨の委員長の発言がありました。だから、それが行われない限りは委員会そのものが成立しなかったわけですから、その件については当然委員会の審議に関係する、影響ある議事内容であったと思うんですが、そのことについても報告はいただけないんですかね。

 要するに、委員会そのものを開くに当たっての前提条件として、別室にて審議が行われたわけですよ。審議というか、何ていうかそういう、しかも話し合いが行われたわけです。しかも10月の文教厚生常任委員会の教育長の発言に議会軽視がある旨の発言が委員長よりなされているわけですから、当然その内容については委員長より報告があってしかるべきだと私は思いますが、そこの、しない、するという解釈は、どこでどのように判断されるんでしょうか。



○議長(大束英壽君) その分は、過去の経過であって、今の委員長に対する質疑は、本会議の質疑に対してのみの委員長の質疑でございますので、それはできません。

 ほかにありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 質疑なしと認めます。

 以上で、委員長報告及び委員長報告に対する質疑を終わります。

 それでは、これより討論、採決を行います。

 なお、討論、採決は議案題名を省略して、議案番号のみで行います。

 初めに、議案第71号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第71号権利の放棄については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第72号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第72号訴えの提起については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第73号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第73号訴えの提起については、委員長報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第74号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第74号みやこ町歴史民俗博物館駐車場条例の制定については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第75号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。11番、柿野義直議員。



◎議員(柿野義直君) 11番、柿野義直です。

 私は、この75号みやこ町農業委員会委員に関する選考委員会設置及び運営条例の制定についての提案に反対の立場から討論を行います。

 関連する76号、82号との関連もありますので、そこらあたりも含めて反対の意思ということで討論をさせていただきます。

 今まで農業委員会は公職選挙法に基づいて民主的な方法で運営をされております。しかるに、今回、法律が変わったということで、選考委員をまず選定をして、その選考委員会の選考委員を決めるに当たっても、町長の委嘱という形のものがあります。そして、そこでいろいろな思惑や意思が働くということが懸念されます。したがって、民主主義の観点からして大変問題を抱えておると私は思います。

 もともと農業委員会が形骸化して、なかなか機能がはかどらないという状況があるとも聞いておりますけれども、その方法は運営のいかんによるものであって、農業者以外の選出の方法も当然考えないといけないですけれども、今、各選考委員は公職選挙法以外で選任される方もいらっしゃいます、現状はですね。

 それで、いろんな意見が反映されるというのが今の公正な、公職選挙法で選出された委員が、農業委員が働ける状況があるというふうに私は考えます。こうした公平さを著しく阻害をするというふうに思っております。

 農業委員も、今26人から今度13人に変わります。そして、農業委員会の仕事もいわゆる許認可ですね。3条、4条、5条という、そういう地目変更等々の許認可をする部分と、水田等々の耕作、あるいは活動を推進する係という形で、推進委員を選任するという2つに分かれます。地域の農業政策がちぐはぐになりはしないかということを懸念するところです。

 私は、地域の主体性を発揮して、やはり地域の農民がしっかり民主的な方法で選ばれて、そしてその地域の農業政策を推進するというのが従来の公職選挙法に基づく農業委員の選考方法が私は正しいと思っています。

 教育委員会も、教育委員の選任もそういうふうに、本来やったら公職選挙法に基づくような公選制であるべきであったと思います。しかるが、だんだんこれは民主主義の原則を覆すような形で、今後は町長が任命するという形に、教育委員会の委員の選任においてもそういう動きがあります。私はぜひこの農業委員会の公選制というのは、公職選挙法で選ばれるという方法は守っていただきたいなというふうに思っております。

 そういう観点から、この75号の反対討論といたしますが、引き続いて76、82号についても、そういう観点から反対の意思を表明し、反対討論といたします。



○議長(大束英壽君) 賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。賛成多数です。したがいまして、議案第75号みやこ町農業委員会委員に関する選考委員会設置及び運営条例の制定については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第76号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。賛成多数です。したがいまして、議案第76号みやこ町農地利用最適化推進委員定数条例の制定については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第77号を議題とし、これより討論を行います。原案に賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、反対討論のある方はございませんか。2番、吉竹次男議員。



◎議員(吉竹次男君) みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定について、反対の立場から意見を述べたいと思います。

 この議案は現在の人権男女共同参画課をなくす条例であります。提案理由として行政のさらなる効果的な運営を図るためとなっております。現在の課の任務内容としては、人権政策、隣保館の管理運営、人権啓発、人権擁護にかかわる総合計画、関係団体との連絡調整、男女共同参画、女性政策にかかわる企画調整となっております。

 とりわけ人権政策は最重要課題ではないかと考えています。折しも12月4日から10日までは人権週間でありました。人権男女共同参画課の主要事業として5日には人権作品の表彰式、人権講演会があり、人権の大切さ、差別のないまちづくりについて町民への理解が図られたところです。御存じのように、これまで人権問題、とりわけ同和問題は国民的課題であり、行政の責務としてその解決に向けて積極的に推進されてきました。

 私事になるんですが、私も昨年までは地域活動指導員として、町人権教育研究会の事務局として働いてきました。また、人権男女共同参画課の職員とともに人権啓発に携わってきました。

 また、現職中は人権教育は学校教育の重大な教育課題として差別をしない、差別に負けない子供の育成、未来をたくましく生き抜く子供の育成を目指して取り組んできました。

 しかしながら残念なことに、平成24年3月に福岡県が報告した人権問題に関する県民意識調査からも、同和地区に対する差別意識の根は深く、さらに潜在化している現実が明らかになっています。

 また、学校内におけるいじめやインターネット上での差別落書きは後を絶ちません。とりわけ結婚差別においては、人の生き死ににもかかわる悲惨な現実として今も事例を聞いております。

 このような中、みやこ町では私たちが未来がつくり、人と自然が輝き続けるみやこ町を将来像に掲げ、第2次みやこ町総合計画が作成されようとしています。将来像を実現するための5つの柱、元気で安心して生活できるまちづくりもその一つです。

 さらに、その3つの主要政策の中の1つ、人権を尊重する施策項目?では、あらゆる差別の撤廃と人権擁護を推進すると掲げています。このような現実の中で、人権政策の重要な役割を果たしてきた人権男女共同参画課をなくすことは時代に逆行することであり、総合計画を空の計画、中身のない計画にすることにつながるのではないかと私は考えます。

 以上、この人権男女共同参画課をなくすことは、私は反対します。もっと積極的に活動させるべき課だと考えております。よって、現議案に反対いたします。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) ほかに反対討論の方はございませんか。11番、柿野義直議員。



◎議員(柿野義直君) 11番、柿野義直です。

 私は、議案第77号みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定について、反対の立場から討論を行います。

 今日、格差はますます拡大し、非正規雇用、ワーキングプアは社会問題となっております。非正規雇用は2,012万人で、全労働者に占める割合は38.2%であります。特に15歳から34歳までは50%を超えております。年収200万円以下の勤労者、いわゆるワーキングプアは1,100万人で、全体の25%に達しております。生活保護受給者は210万人を超える貧困化と社会の二極化が進み、格差拡大社会が進行しております。このように、いろんなところから指摘を受けております。

 こうした中で社会的に弱い立場に立たされている人々にとって、大きな困難を抱えています。中でも雇用環境での男女間の格差の問題は早急に解決される必要があると思います。

 平成25年度の厚生労働省の調査によれば、全国の1世帯当たりの総所得の平均値は、全世帯の平均値は537万円です。これを類別に3つに分けて捉えております。高齢者世帯では309万円です。児童のいる世帯が673万円、ところが母子世帯は243万円であります。この額は年金とか、あるいは社会保障給付金、これを含めた総所得でございます。女性を取り巻く生存環境の困難さは、こうした問題点を示す、これは一例ではありますが、大変厳しい環境下におると判断できます。

 みやこ町は平成20年に男女共同参画計画を策定し、女性の社会参画を強め、女性の人権を大切にしていこうというもとで取り組みを進めようとしております。こうした問題の解決のために本当に取り組もうとしている緒についたところであります。

 また、部落差別を初めとするいろんな人権侵害の問題も多発化の方向にあると思います。こうした中において人権男女共同参画課は、こうした困難に直面している人たちの人権侵害にかかわる問題の解決の中心となって局面打開を切り開く先導役となっていただきたい、そしてこの課が人権問題を抱える人の側に立って、また課として独立して、あるいは自立して施策の推進をしていただきたい、切に思うところであります。

 しかるに、この議案第77号は人権男女共同参画課を廃止して、担当職員を削減し、総務課の係に格下げし、しかも総務課の庶務を兼務させるというものです。町民に寄り添う、そして社会的に弱い立場に立たされている人たちに寄り添うという考え方とは相入れないものであると私は考えます。よって、議案第77号に反対の立場からの討論といたします。



○議長(大束英壽君) 賛成討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) ほかに反対討論の方はございませんか。13番、熊谷みえ子議員。



◎議員(熊谷みえ子君) 熊谷みえ子でございます。

 議案第77号みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定について、反対討論を行います。

 まず、この人権男女共同参画課においては2係ございます。人権政策係、また男女共同参画係でございます。

 人権対策係においては、11番目に同和奨学資金に関すること、そして12番目に人権教育、同和教育及び啓発に関することという項目がございます。

 日本共産党は、同和問題は一定の成果を上げ、法律も終了していると。そういう中でこの同和問題を初めとしたという取り組みに関しては異議があるところでございます。

 また、権利の放棄で不公正な同和問題の後始末といいますか、住宅新築資金での権利の放棄は今議会でも上げられております。このように過去の大きな問題を整理をしないといけない、そういう大変な係ではあります。

 そういう中で、今回男女共同参画の問題について何点か町長の発言がございました。女性の登用の問題について、審議委員にお願いをしても、主人の了解が得られないということで任命を避けられる方がいらっしゃる。また、女性職員の登用に関しても、資格はあるが手を挙げないというふうな認識の御発言がありました。その問題に関して、私は男女共同参画がここまで認識が進んでいないのかと改めて思ったところでございます。これは今の課としてきちんと男女共同参画、あわせて課としてきちんとやっていかなければならないと思っていたところでございます。

 また、庁舎別館ゆいの郷の配置図、今回年明けには移動いたします。この中には人権男女共同参画課ときちんと割り振りまでできた図面を提出しての報告がされています。これは記憶に新しいところでございます。

 このような基本的にもう準備をしている段階において、今回この課設置条例、1課のみの移動でございます。今回特に説明をされていましたのが、それぞれ当初本会議においては専門的なところに分けてやっていくとおっしゃっておりました。ところが、委員会の報告では総務課が受け持つと、大変そこの意見の矛盾をしているところでございます。これはなぜか。それはやはりきちんと全体としての課、室設置条例に対する見解、また意見のまとまりがなかったゆえだと理解をしています。

 ですので、全課の課設置の状況を十分把握をし、検討をした上で提出すべき案件だと考え、今回は反対をいたします。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 賛成討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) ほかに反対討論の方はございませんか。3番、橋本真助議員。



◎議員(橋本真助君) 3番、橋本でございます。重複する点がありますので要点だけを絞って反対討論をさせていただきます。

 みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定について、反対の立場から意見を述べさせていただきます。

 まず、この課の機構改革において、みやこ町、人員が185名となりました。その中で今後課の見直し、そして検討、たくさんの課題があると思います。人権男女共同参画課だけでなく、例えば農業委員会等、それぞれのいろんな課の統廃合、機構改革をやっていかなければいけない実態があるのではないかとは考えておりますが、なぜゆえにこの時期に人権男女共同参画課のみの統廃合なのかというところに関して私は不審があるところでございます。

 人権問題、男女共同参画問題もありますが、その前にきちんと職員、課の問題等を把握していただいて、今後の機構改革等にも生かしていただきたいというふうに考えております。

 以上、職員等の職務の多忙化、今言われております。そのような問題も含めて課の見直しを進めていただきたいと考える点から反対をさせていただきます。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 賛成討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、ほかに反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論を終わります。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は否決でございます。したがいまして、原案について採決をいたします。原案についてです。間違いがないようにお願いをします。議案第77号は原案のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。賛成少数です。したがいまして、議案第77号みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり否決をされました。

 次に、議案第78号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。賛成多数です。したがいまして、議案第78号みやこ町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第79号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第79号みやこ町証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第80号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。賛成多数です。したがいまして、議案第80号みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第81号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第81号みやこ町立学校設置条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第82号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。賛成多数です。したがいまして、議案第82号みやこ町農業委員会委員定数条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第83号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。7番、田中勝馬議員。



◎議員(田中勝馬君) 7番の田中でございます。

 議案第88号伊良原学園小中学校管理備品購入事業の契約の締結について、賛成の立場で討論をいたします。

 新校舎にふさわしい備品購入でありますが、私は常々児童生徒の健康面を配慮した木製の椅子、机をと申し上げてまいりましたが、残念ながらスチール製になっているということでございます。しかし、校舎の室内においては木造をふんだんに使っていただいているということで、子供、健康、環境面等にも配慮していただいているということに感謝したいと思います。

 いずれにいたしましても、世界でも有名な安藤先生の設計のもとででき上がった学校であります。1人でも多くの児童生徒をお迎えして開校式ができますことを願って賛成の討論といたします。



○議長(大束英壽君) 反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) ほかに賛成討論の方はございませんか。4番、柿野正喜議員。



◎議員(柿野正喜君) 4番議員、柿野正喜です。

 賛成討論をさせていただきたいと思います。

 議案第83号備品購入契約の締結についてでございます。この議案は県営伊良原ダム建設で水没による、新しく伊良原小中学校の学校建設に伴う机、椅子、楽器収納家具等を購入するものです。ピカピカの校舎、ピカピカの机、何もかもピカピカだらけの教育環境で、伊良原小中学校の児童生徒にとって待ちに待った学校生活が平成28年4月からスタートすることになりました。

 しかし、世界に目を向けますと、アジア地域、アフリカ地域の未開発国、発展途上国では貧困連鎖で十分な教育を受けられない、小学校にも通っていないその子供たちが5,700万人、そのうちアフリカの子供たちが半数以上を占めているとユニセフの資料に上がっております。

 私が言うまでもなく、今やグローバルな社会です。グローバル社会は先進国でありますアメリカ、ヨーロッパ諸国など、先進国同士は互いに切磋琢磨し発展していきますが、先進国と後進国との格差はさらに広がります。貧困と教育は密接な関係で、貧困は教育を阻害し、不足した教育は貧困な社会を生みます。

 みやこ町では小中学校の統廃合が計画にあります。計画どおり実施された場合には大量の机、椅子など、備品類が不用品となるのではないでしょうか。初等教育すら享受できない教育環境にある世界の子供たちの教育向上に提供してはどうでしょうか。輸送にかかる費用は政府機関であるODA政府開発援助の支援制度を活用すれば調達可能であり、その対応の検討することを提案、要望し、この議案に対する賛成討論といたします。



○議長(大束英壽君) 反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) ほかに賛成討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論を終わります。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第83号備品購入契約の締結については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 ここで暫時休憩といたします。開会は11時25分とします。

午前11時12分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時25分再開



○議長(大束英壽君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 先ほど、田中議員より議案第83号の賛成討論での発言において、議案番号を88号から83号に訂正する旨の申し出がありましたので訂正をいたします。

 次に、議案第84号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第84号工事請負契約の締結については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第85号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は御起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第85号京築広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更及び京築広域市町村圏事務組合規約の変更については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第86号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第86号京築広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更に伴う財産処分については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第87号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第87号町道路線の変更については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第88号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。13番、熊谷みえ子議員。



◎議員(熊谷みえ子君) 13番、熊谷みえ子でございます。

 議案第88号平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第4号)についての反対討論を行います。

 まず、この今回の案件については、女性農業者の活躍推進事業等、大変評価できるものが大変予算化をされています。このような方向をぜひ進めていっていただきたいということをまず述べさせていただきます。

 しかし、同じく農業委員会費においての報酬、農業委員選考委員報酬について述べたいと思います。

 先ほど、条例において制定を協議をされ可決をしたところでございますが、農業委員会委員に関する選考委員会の設置、任務が定められております。農業委員の候補者の選考を行うとされています。その項に当たり、推薦及び募集に応じた候補者等の活動歴等の審査、また必要に応じて面接その他適当と認める方法による審査を行うことができるとされています。この委員は10人とするとされています。学識経験者、駐在員会、農事組合長等地域の代表者、みやこ町農業委員の経験者と、10人とされています。

 この委員の皆さん方が今回の予算を見ますと2回の予算計上でございます。これだけで次の来春の農業委員さん等をきちんと審査ができるものか、大変危惧をいたしているところでございます。そのようなことにおきまして、きちんとこの選考委員会の機能を果たせる予算化が必要だというふうに考えています。

 また、公正な選考委員会を開くに当たっての要望を申し上げ反対討論とさせていただきます。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 賛成討論のある方はございませんか。7番、田中勝馬議員。



◎議員(田中勝馬君) 先ほどは議案番号を間違えて済みませんでした。今回がいよいよ88番でございます。

 議案第88号平成27年一般会計補正予算で、予算第4号に対して賛成の立場で討論をいたします。

 今回の補正額は3億854万2,000円でありまして、その中身は審査の過程でも明らかになりましたように、総務管理費、民生費、農林水産業費など、先ほどの各常任委員会の報告のとおり、特に異論なく、町民の生活に直結する補正であります。

 ただ、伊良原ダム対策費については、初めからわかっていたにもかかわらず補正で上げるのはいかがなものかと思います。当初予算に組むべきではなかっただろうかと、このように思います。

 公有財産購入費及び補償費については、相手方がいる問題でございます。すんなり話がつけばええんですが、万が一話がこじれた場合にはなかなか前に進まず工事もかかるのがおくれてくるという問題があります。ダムは完成29年末となっております。地域周辺整備事業は地域住民の長年の悲願でありました。ようやく公有財産購入費及び補償費が計上されました。一日も早く進めていただき、将来に希望と夢を与える補正予算であることを確信いたしまして賛成の討論といたします。



○議長(大束英壽君) ほかに反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) ほかに賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論を終わります。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。賛成多数です。したがいまして、議案第88号平成27年度みやこ町一般会計補正予算(第4号)については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第89号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第89号平成27年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、議案第90号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) では、賛成討論のある方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、議案第90号権利の放棄については、委員長の報告のとおり可決をされました。

 次に、発議第10号を議題とし、これより討論を行います。継続審査分でございます。原案に反対討論のある方はございませんか。7番、田中勝馬議員。



◎議員(田中勝馬君) 7番の田中でございます。

 後期高齢者医療保険料軽減特別措置に関する意見書(案)について反対の立場で討論いたします。

 発議第10号の意見書(案)につきましては9月議会に付託されましたが、全員反対で否決され、継続審査となっていましたが、その後、何の変化もないのに賛成する理由が見当たりませんので、今回も引き続き反対をさせていただいたわけでございます。皆さん方の御理解をいただきたいと思います。

 現在の日本の後期高齢者医療の対象者は865万人、そのうち311万人の人が医療費自己負担額1割の特別措置を受け、さらに258万人の人が医療費自己負担額1.5割という特別措置を受けていることになるそうです。

 この特例制度は2008年4月から始まりました後期高齢者医療制度はかなりわかりにくい部分がございますが、大きく分けて加入者全員が負担する均等割と年金などで負担する所得割があります。

 均等割の方で年収が168万円以下であれば、実際に払う保険料は8.5割から9割が軽減される特別措置を受けている人がいます。

 つまり均等割の保険料の全国平均の3,750円のうち9割軽減、現在の保険料は370のみ払っている人たちが311万人いるということです。この311万人の人たちの保険料が3倍の1,120円になります。所得割の方も年収が153万円以下の人には5割軽減という特例措置がとられておりましたが、現行制度の年収153万円以下という区切りから、いずれは年収211万円以下ということまで拡大されることになります。これが実現すると全国で約865万人の保険料負担がふえることになります。なぜ負担額に対する特例措置の廃止や保険料負担額の増額につながる政策に変えようとしているのかということですが、これは国民医療費がどんどん上がっていることにあります。特に75歳以上の人に対する医療費が占める割合は増加傾向にあるからだと思います。高齢化が進む日本では、今後もさらに高齢者を対象とした医療費がふえていくことが考えられます。

 一方で少子化も加速しているため、社会保障の根源ともなる税金を納める人も逆に減少しています。今後ますます日本の医療保険財政は厳しくなっていくと言われております。高齢者の応分の負担を求めざるを得ないのではないかと私は思います。

 また、世代間の負担の公平性を図る目的で、負担割合を考慮した今回の検討は仕方のないことかもしれません。社会保障制度は全ての国民を対象とし、公平と機会均等を原則としなければなりません。生活困窮者に陥ったものに対しては国家扶助によって最低限度を保障するとともに、公衆衛生及び社会保障の向上を図って、全ての国民が文化的社会の生活を営むことができるようになっております。

 この問題につきましては、みやこ町においても避けては通れない高齢化に伴う医療費の増加、少子化による社会保障の根源となる税金の減少等で財政的にも大変厳しくなることは間違いありません。

 よって、私はこの問題について反対させていただきます。皆様方の御理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。──先ほど私が申しました9月議会での採決は、採決しなく継続審査ということでございましたので、私の今申し上げた全員反対という、否決ということは取り消させていただきます。よろしくお願いします。



○議長(大束英壽君) 賛成討論はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) ほかに反対討論はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 討論を終わります。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。賛成少数です。したがいまして、発議第10号後期高齢者の保険料軽減特例措置に関する意見書については、委員長の報告のとおり否決をされました。

────────────・────・────────────



△日程第3.委員会の閉会中の継続調査について



○議長(大束英壽君) 日程第3、委員会の閉会中の継続調査についてを議題とします。

 各委員長から、所管事務のうち、会議規則第75条の規定によって、お手元にお配りしました所管事務調査事項について、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。したがいまして、各常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第4.議員の派遣について



○議長(大束英壽君) 日程第4、議員の派遣についてを議題とします。

 お諮りいたします。お手元に配付のとおり、地方自治法第100条第13項及び会議規則第128条の規定により、次期定例会までに開催が予定をされる会議等に議員派遣をしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。したがいまして、議員の派遣については可決されました。

 お諮りいたします。ただいま可決されました議員派遣の内容に、今後変更を要する場合は、その取り扱いを議長に御一任いただきたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。したがいまして、議員派遣の内容に変更を要する場合の取り扱いは、議長に一任されました。

────────────・────・────────────



○議長(大束英壽君) 以上で、今定例会に付議されました全ての案件の議事が終了いたしました。皆様方には会期の間、慎重な御審議をいただきましてまことにありがとうございました。

 先ほど、委員長報告に対して柿野議員から質疑がありましたので、次回の全員協議会等で教育長に答弁をお願いをしておきます。

 これで、町長より閉会に当たり発言の申し出がありますので、これを許可します。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 12月議会閉会に当たりまして一言御挨拶を申し上げます。

 提案しました提案につきまして、議案第77号を除きまして、全て可決をいただきましてありがとうございました。

 77号に関しましての人権男女共同参画に関する問題ですが、今後ともみやこ町におきましては人権並びに男女共同参画推進のために努力をしてまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 それから、御報告とお願いでございますが、ちょっと時間が間に合いませんので、全員協議会等ができませんので、この場で報告をさせていただきます。

 みやこ町移住・定住PR事業について今行っておりますが、現在、みやこ町では主要都市圏からの移住・定住を促すPRの取り組みを行っております。1月末、東京で開催されます移住フェアの告知とあわせて、関東エリアのコンビニエンスストアのレジのモニターでのPRを1月下旬から2週間程度、また東京駅を初め主要7駅構内、東京駅、新橋駅、渋谷駅、新宿駅、池袋駅、横浜駅、大宮駅でのポスター掲示を同じく1月下旬から1週間程度行う予定であります。

 また、今月にBS番組の取材を行い、年明け2月に放映予定となっております。これらを機会にみやこ町を積極的にPRし、移住へつなげていければと考えております。

 このようなポスターをつくりまして、みやこに住む、みやこで働くと、住めばみやこ町と、こういうものをつくりまして、首都圏でPRをしていこうというふうに思っておりますので、ちょっと全員協議会のほうができなかったので、ここでさせていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いをいたします。

 なお、19日、20日にみやこ町の合併10周年特別事業といたしまして愛郷音楽祭、皆さんのお手元に資料が行ってるかと思いますが、大変忙しいかと思いますけれども、できれば御鑑賞いただければ幸いかと思っておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 以上、12月議会におきましての皆様の御協力をいただきまして、無事に審議が終了をいたしました。本当にありがとうございました。

 今後我々も議会、また委員会におきましていろんな御意見等がありましたので、そのことを真摯に受けとめながら改善と改良をし、平成28年度予算に反映をしていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いをいたします。

 最後に、新しい年を迎えますけど、皆様におかれましては輝かしい年を迎えられますよう御祈念を申し上げまして私の御挨拶といたします。ありがとうございました。



○議長(大束英壽君) なお、この後、広報委員会を開催します。委員の方は御参集をお願いいたします。

 これをもちまして、平成27年度第6回みやこ町議会定例会を閉会といたします。お疲れさまでした。

午前11時45分閉会

──────────────────────────────



 






    会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。


       平成27年12月11日


                   議  長


                   署名議員


                   署名議員