議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 27年 第3回定例会( 6月) 06月17日−03号




平成 27年 第3回定例会( 6月) − 06月17日−03号









平成 27年 第3回定例会( 6月)


───────────────────────────────────────────
平成27年 第3回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第9日)
                             平成27年6月17日(水曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第3号)
                         平成27年6月17日 午前10時00分開議
 日程第1 一般質問
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 一般質問
──────────────────────────────
出席議員(15名)
1番 肥喜里雄二君       2番 吉竹 次男君
3番 橋本 真助君       4番 柿野 正喜君
5番 中山 茂樹君       6番 小田 勝彦君
7番 田中 勝馬君       9番 金房 眞悟君
10番 浦山 公明君       11番 柿野 義直君
12番 上田 重光君       13番 熊谷みえ子君
14番 中尾 文俊君       15番 中尾 昌廣君
16番 大束 英壽君                
──────────────────────────────
欠席議員(1名)
8番 飯本 秀夫君                
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 三隅  忠君     書記   中村 銀次君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
総務課長 ……………… 葉瀬垣和雄君   財政課長 ……………… 山見 紀幸君
総合政策課長 ………… 進  光晴君   伊良原ダム対策室長 … 尾崎  喬君
税務課長 ……………… 中原 裕二君   徴収対策課長 ………… 高辻 一美君
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
住民課長 ……………… 亀田 国宏君   健康づくり課長 ……… 荒巻  誠君
介護福祉課長 ………… 前田 正光君   生活環境課長 ………… 山本 淳一君
教育長 ………………… 屏  悦郎君   学校教育課長 ………… 柿野 善広君
生涯学習課長 ………… 進  友雄君   建設課長 ……………… 村中 隆秀君
産業課長 ……………… 三角 房幸君   上下水道課長 ………… 白石 由実君


──────────────────────────────



◎事務局長(三隅忠君) おはようございます。開会前に事務局より御報告をいたします。

 本日3番、橋本真助議員より遅刻の届け出が、8番、飯本秀夫議員より欠席の届け出があっております。

 以上で事務局の報告を終わります。

午前10時00分開議



○議長(大束英壽君) 皆さんおはようございます。ただいまの出席議員は14名です。したがって、定足数に達しておりますので、ただいまより本日の会議を開会いたします。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付のとおりであります。

 それでは、これより議事に入ります。

────────────・────・────────────



△日程第1.一般質問



○議長(大束英壽君) 日程第1、一般質問を行います。

 通告順により質問を許可します。

 通告順位1番、議席番号7番、田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 皆さん、おはようございます。議席番号7番の田中勝馬でございます。選挙後、初めての一般質問でございます。このたび行われました町議会選挙におかれまして、多くの皆様方の御支援を賜り、おかげさまで当選することができました。この場をお借りして、改めて心から厚く御礼を申し上げます。

 今回いただきました温かい御支援に対しまして大変感謝いたしており、うれしさはもちろんでございますが、その責任の重さにますます緊張を感じるところでございます。皆様方の御期待にお応えできるよう、精いっぱい議員活動に努めてまいる覚悟でございます。

 これからの我が町といたしましては、最も重要な課題は人口減少対策、産業の振興による雇用の確保、福祉の充実、行財政改革等々課題は山積みにされております。政治は課題を克服してあすをつくる責任があります。実現する力、実行する力をみずから心情として私はこれからも頑張る覚悟でございます。

 私の政治の原点は、地域の声、町民の声を町政に届ける、政治の原点は地域にありとの思いで、この思いを胸にみやこ町発展のために地域振興に全力で取り組んでまいります。

 いずれにいたしましても、皆様方の御指導御鞭撻があってこその議員活動でございますので、これからも皆さま方のお考えを私どもにどんどんぶつけていただきますようお願いを申し上げておきたいと思います。

 それでは、早速本題に入らせていただきます。

 まず1点目は、今回の選挙に対する選挙管理委員会のあり方というか、対応についてお伺いをしたいと思います。

 2点目は、臨時職員募集について。

 3点目は、伊良原小中学校のスクールバスの見直しについてお伺いをいたします。

 初めに、私ども今回の選挙においては、三、四カ月前から取り組み、みやこ町全域をはいずり回って、夜も寝ないように懸命の選挙戦を戦ってきたところでございます。

 その活動する中において、町民の皆さまから幾度となく立候補者の看板設置について、あるいは事前選挙運動に当たらないか等々の問い合わせが私のとこにありましたが、私も立候補している身でありますので、私からこの問題についてはお答えできませんので、選挙管理委員会のほうへ問い合わせしていただきたいと申し上げました。

 ところが、数日後また町民の方より再度私に苦情の申し立てがありました。その内容というものは、あなたは選挙管理委員会のほうへと言われましたので選挙管理委員会のほうへ電話し、立候補者の看板設置について、あれは事前運動等に当たらないかという問い合わせに対し、選挙管理委員会のほうではしばらくお待ちくださいと言って即答はできず、待つだけ待たして電話が切れたのかなというたときに、最後にこのような問題は選挙管理委員会では取り扱っておりませんので、警察のほうへ申し立ててくださいとのそっけない対応だったとのことでした。

 また、あるいは期日前投票は始まっているのに選挙券が届いていない、なぜかと問い合わせたところ、しばらくお待ちくださいと言ってまた待たせるだけ待たして、その挙句にはあなたは選挙に行かないからと言って選挙券を返したのではないですかという一方的な言い方をされ、あなたは選挙に行くのですか、選挙に行くのであれば選挙券を出しますので身分証明書になるものを持参してきてくださいと言われ、選挙券を受け取ったという問題。

 また私事ですが、当選者への連絡体制について、私は当選証書の付与についていつ連絡があるのだろうかと気にかけていましたところ、4月27日午前11頃電話があり、当選証書を取りに来るようにと言われましたので私はびっくりして、出かけていたので昼から一番にお伺いしますと言って家に帰ってみると、先ほど4月27日11時30分に選挙管理委員会のほうから手紙が来ていました。

 内容を見ますと、みやこ町町議会議員一般選挙の当選証書の付与について、下記のとおり変更しますのでお知らせします。日時、平成27年4月27日、月曜日午前11時から、参集時間午前10時半、印鑑持参のこと。私どもは選挙活動に三、四カ月前から取り組み、みやこ町全域をはいずり回って懸命の選挙を戦って勝ち上がってきました。議員は、常に人格識見を重んじて町民の代表として大変重責を背負って活動していかねばなりません。そのような大事な当選証書付与について、このような手落ちがあって許されるものでしょうか。

 しかも、私は総務課のカウンター越しにサインと印鑑を押し課長より手渡されましたが、私は思いました。こんなに議会議員というものは大したことはない、軽いものかと考えさせられました。

 しかし、初議会の御案内についていただきました。今回、栄誉ある第4代みやこ町議会議員に当選されましたことを心からお喜び申し上げますとともに、今後の御活躍に御期待申し上げますと御丁寧な御案内をいただきました。このように、選挙管理委員会も親切丁寧にあってしかるべきではないかとつくづく思いました。

 前口上はこのくらいにいたしまして質問に入ります。

 選挙管理委員会の対応について、看板等についての問い合わせについてどのような対応をしたのか、現地等調査されたのか、また選挙券の配送の問題について何が手落ちであったのか調査したのか、また当選証書付与の連絡体制について、どこでどのようになっていたのか調査されたのか、この点についてお伺いしてこの問題については質問を終わります。

 次に、みやこ町臨時職員の募集について質問いたします。

 広報みやこ2月号において、平成27年度みやこ町臨時職員を募集しますと掲載されていました。募集内容は、各課とも共通内容、詳しい内容は募集している担当課へ直接お問い合わせください。雇用期間は平成27年4月から28年3月31日、応募資格は27年4月1日の現在64歳までの方、申込期間は2月3日から18日、平日8時半から17時、提出書類はみやこ町臨時職員任用申込書自筆のもの、提出先は募集をしている担当課、そのほか申し込みは1人1件、複数の申し込みはできません。面接日時などは各担当から申込者に連絡します。応募多数の場合は、書類による選考を行うことがあります。とそのような募集欄に従い、今回私の知り合い2名の方が応募していたそうです。

 学校教育課、応募番号26番から31番までの中から29番の学校給食配膳員、募集人員9名に応募いたしました。あと1名は、学校給食課、応募番号32から37番、募集人員3名に応募いたしておりましたが、2名とも残念ながら不合格となりました。

 ところで質問ですが、試験方法、面接方法等について、どのようにされているのか、学校給食配膳員募集人員9名に対して何名の方が応募したのか、学校給食課、応募番号32から37番、応募人員3名に対して何名の方が応募したのかをお伺いします。

 次に、伊良原小中学校のスクールバスの見直しについてでございます。現在、伊良原小中学校においては、僻地校として小規模校入学特別制を導入し、校区外からの通学を認可し活性化を図ることを目的として取り組んでいます。

 5月31日の運動会には、小学生11名、中学生12名の計23名だったと思います。それに保護者、地域住民の総出で、近年にない盛大な運動会が開催され、過疎化の進む伊良原に子供の声が響き渡り、一気に活気を取り戻した感じさえいたしました。

 そのような中で、校長先生よりお話がありました。近日中に小学生1名、中学生1名が伊良原小中学校に転校したいという希望者がいると言われておりました。来年の4月には新校舎の開校ということで、さらに児童生徒の数もふえることではないかと想像するところでございます。

 本年度4月10日より、通学用のスクールバスを朝と夕方の2回、豊津経由犀川周りで児童生徒を送迎していますが、現在のバスは14人乗りのため定員がこれ以上ふえれば乗れない状況にあります。今後の対応として、早急にスクールバスを30人乗りぐらいに見直す必要があるのではないかと思いますが、町長、教育長の御所見を賜りたいと思います。

 以上で、壇上から第1回目の質問を終わります。簡潔な御答弁を求めます。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。田中勝馬議員の質問にお答えをいたします。

 最初に、選挙管理委員会について、選挙の対応等でございますが、選挙における町民からの指摘、忠告、問い合わせに対する対応についての質問ですが、今回の町議会議員選挙では違法な立て看板を撤去させるようにとの指摘や、選挙運動で規制を張る行為及びスピーカーの音量についての問い合わせなどが寄せられました。

 こうした指摘や問い合わせをなされた方に対して、選挙管理委員会としましては事実の確認を行い、違法な行為に対しては警告や指導を行っていることを説明しております。しかしながら、効果があらわれてないことへのおしかりもあり、選挙管理委員会に対しましてさらなる対応を求めてまいりたいと思っております。

 その中で、選挙券を返されたというお話がありましたので、これは総務課長の方から話をさせたいと思います。

 それから、当選後の対応、当選のいわゆる案内の通達がおくれとったということでございます。これは大変遺憾なことでありますので、今後こういうことがないようにしていきたいというふうに思っております。

 それから、来年から参議院選挙から18歳以上になりますので、これからは生年月日等も聞いてもう少し、やはり誰が確認をしていかないと、みやこ町では顔で確認をしているような状況になってるということでございますので、その辺も今後新たな対応をしていく必要があるのかなというふうに考えております。

 それから、次のみやこ町臨時職員の募集についてであります。臨時職員の募集につきましては、各課より募集人数と業務に必要な資格や条件を提示させ、広報紙や町のホームページに掲載し、募集を行っております。

 選考については、担当の課長、課長補佐、係長による面接を実施しております。面接の内容につきましては、各課が業務に必要な項目を設定し、面接の結果を点数化した上で上位のものから採用を行っております。そういうことが決まった後に私のところに来まして、確認をしてるというような状況でございます。

 なお、学校給食課の細かい質問がありましたので、これは担当課長のほうでお答えをお願いをいたします。

 それから伊良原中学校のスクールバスにつきましても、これは教育長のほうから答弁をさせたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) まず、臨時職員の募集に関しましては課長のほうで、後で細かい数字については回答させていただきたいと思います。

 みやこ町の伊良原学園のスクールバスについての御質問にお答えをさせていただきます。

 現在、みやこ伊良原学園には小学生が12名、中学生が11名の計23名の児童生徒が在籍をしております。そのうち、スクールバスを利用しているのは13名でございます。

 現在も学校見学の申し込みや就学に関する問い合わせが教育委員会や学園にあっており、今後さらに児童生徒がふえることが予想されますので、教育委員会といたしましても児童生徒の通学に支障が生じないように、バスの買いかえ等も含め検討してまいりたいと考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(大束英壽君) 葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) 先ほどの田中勝馬議員の質問で、町長の答えてない部分についてお答えさせていただきます。

 まず、入場券の配付の件でございますけども、一応今回町議会議員の選挙におきましては、入場券につきましては有権者全員に郵送でお送りいたしました。ただ前回と今回ちょっと違ったのは、そこの住所にいない場合は以前は転送というんですかね、郵便局に届け出をしておくとその郵便物が違う場所に転送するという制度があります。

 今回につきましては、本人に確実にお渡しするという前提から、入場券の転送は今回はしないでくださいということで郵便局のほうには申し出をいたしました。したがって郵便物を、入場券送りましたけども届かなかった方については、役場のほうにその分が返ってきております。そういった分についての問い合わせもかなりありました。

 その分につきましては、先ほど電話がかかってきてから時間がかかったという御指摘ありましたけども、まず電話がかかってきた場合には最初にこちらの選挙人名簿に登録されてるかどうかのまず確認をうちのほうでさせていただいておりますので、その分についてちょっと時間がかかったかなというふうに思っております。

 そこで、選挙人名簿に登録されてるという確認がとれましたら、まず再発行という形でお送りすればいいんですけども、入場券につきましては、再発行はもう投票所でしか再発行はできないということでうちのほうでやっておりますので、そういった入場券が届いてない方については投票所、あるいは期日前投票所に直接おいでいただければ、先ほど言いましたけども身分を証明するものを提示していただければ、そこで入場券を再発行して投票していただいてるという状況でございます。

 今御指摘ありましたように、入場券が要る要らないとかということでのおしかりでございますけども、選挙管理委員会としては登録されている方全てに入場券をお送りしてると。その中で、実際に届いてないということもお話が来ております。

 その分については郵便局ともちょっと連絡を取りながら、この方についての入場券そちらにありますかねというような形で、入場券が届いていないという、その届いていないことの事実確認等はこちらでも調査をしておりますけども、こちらから発行した分、後は実際に本人に届いていない、そういったようなところについて郵便局とも連携を取りながら調査してる状況でございます。

 それから、先ほど当選証書の授与の通知が届いていなかったということでございます。選挙管理委員会といたしましては、当選者皆さんにそういった通知をお出ししているところでございますけれども、実際に届いていないというそういう事実がありましたことに対して、本当にまことに申しわけなく思っております。今後は、確実に届くという形での方法も検討してまいりたいと思っております。

 私からは以上です。



○議長(大束英壽君) 柿野学校教育課長。



◎学校教育課長(柿野善広君) 私からは、給食センターに関係する臨時職員の募集人員、応募人員、採用人員を報告させていただきます。

 学校給食配膳員につきましては、募集9名、応募16名、採用9名でございます。給食センターの嘱託職員につきましては、募集3名、応募5名、採用3名でございます。給食センターの調理員につきましては、募集16名、応募18名、採用16名でございます。給食センター清掃員につきましては、募集1名、応募2名、採用1名でございます。給食センター代替調理員は、募集2名、応募2名、採用2名でございます。給食センターの配送員につきましては、募集3名、応募5名、採用3名でございます。給食センター臨時調理員は、募集3名、応募3名で、採用3名ということでございます。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 御答弁ありがとうございました。一つ一ついくんですが、先ほど選挙管理委員会のほうの問い合わせと、いろいろ時間がかかったということですが、これはただ選挙券の問題だけやなく先ほど僕が一番に言ったように、看板の問題、選挙違反等の問題についても、全くもう電話切れたんかなというぐらい待たせるだけ待たしてもう切ろうかなと思ったらもしもしと言って、そしてその挙句には、いやこういう問題はここ選挙管理委員会では取り扱っておりませんので、警察のほうへ行ってくださいというようなことで、やはりここに選管に置く人はいつもいつもある仕事ではありませんので、ある程度の詳しい方を置いとって、1回1回課長に聞きに行かなわからんというようなことではお客様に大変ご迷惑かけると思うんですよね。

 そして、この回答書には事実の確認を行い、違法な行為に対し警告や指導を行ったということで、何件あってどこの場所を確認して、どの看板が違反してどれがどういうような事前選挙運動であって、誰とどことどこやったかちょっとお伺いします。



○議長(大束英壽君) 葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) 違法なという看板でございます。この看板につきましては、県知事選挙が終了後、行橋警察署の話の中で一応警察が各みやこ町内をずっと見て回って、違法な看板等を現認確認をしております。

 その分につきまして、みやこ町の選挙管理委員会のほうに報告がありました。ただ、警察署のほうの報告ではみやこ町、隅から隅までを全部回ることができませんでしたので、これが全てということではありませんが、確認できたところについては報告させていただきますということで報告いただきました。

 この分につきましては、選挙管理委員会も確認をして違法な立て看板ということで、各候補者にその写し等をお送りして、これは違法な看板ですので撤去するようにという形で警告をいたしました。なお、その中にまだそれ以外に違法な看板があるようであれば、それも撤去するようにということで連絡をいたしました。

 その後、先ほど言われたように町民の方からもまだ看板が立ってるぞと、どことどことどこに立ってるぞというそういった連絡がありました。連絡があった分につきましては、こちらといたしましても確認に向かっております。確かにここにあるねここにあるねという形での確認をとっております。

 その分につきましては、選挙管理委員会といたしましては個別に警告ということではなくて、そういった分も含めて、また全ての候補者のほうに、こういう形でありますので撤去のほうをよろしくお願いしますと。

 これは選挙の事前の審査、あるいは立候補の説明会、そういった等々でこういった違法看板につきましては、もう選挙間近になればこれは政治活動用の看板ではなくて選挙運動用の看板ということで違法な看板になりますとうことで、重々看板については注意して、違法なものがあれば撤去してくださいという形で、その都度都度にこちらからもお願いをしてるという状況でございます。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 確かに警察のほうから来るのは来ました。どこどこということでね、それが全部であるかというとそうでもない、一部的な問題であって、だからその後町民の方からまだまだこういう看板があるやないかということを指摘されたことと思います。

 やっぱり選挙管理委員会の規則の中にもありますように、やはりこの選挙管理委員会では市町村民から通報のあった文書、看板、ポスター等の掲示については現地を調査を行い、問題のあるものについては関係者に忠告注意を促すと。なおかつ、悪質なものについては警察のほうへ連絡するようにというふうにぴしゃっとなっとるわけですね。

 だからそこを僕は言うんです、それを本当に徹底したのかどうかと。全部警察任せやないかということで、今現在でもまだ相当あると思いますよ本当に。だからそういうことを町民の方が言うんですよ。私を含めて言うてきよると思いますよ。

 だから、そういうこと私わからんから選挙管理委員会の詳しいほうに連絡して聞いてくださいというのにかかわらず、それが1つも撤去もできれば何もされんからどうなっとるんかというんですよはっきり。

 だから、そういうところから町民の方々が今回の選挙に対してもう本当飽き飽きしとるんやないかと。その証拠に投票率が相当低下しとるでしょう。町民から見放されてるんやないかと、我々議会議員も見放されてるんやないかというような感じさえするわけなんです。

 だから、やはり今投票率が悪い投票率が悪いと、町長もこの前の町政方針の中で言われとったように、やはりこういうような政治離れというようなことはこれから大きな問題なると。それでなくてもこの小さいみやこ町はやっぱりなかなかどこにも名が売れてないということで、町長は対外的にPRしてみやこ町みやこ町ということを言ってるのにかかわらず、その地元の皆さんが目を向けてくれなかったらね、何ぼ町長が一生懸命みやこ町をPRしても、やっぱり地元のものがそういうことでは今後やはり、まちおこしをしていかななりませんが、いかがなものかなとこう思うわけなんです。

 僕はやはりそういうふうに、対応されたら即やってくれる、すごいなあちみやこ町は。もうチンちゃカンちいうごとあるなというような対応していただきたいということを申し上げておきたいと思います。

 それと、あと1つの選挙券の配付の件は、本人にもちろん届けるということであって、もちろん本人に届けるんであれば、夫婦の方で奥さんには届いておって旦那に届かんというのはおかしいやないかと、そこなんですよ。

 そういうことがあるんやから、それかて来てないと、もう期日前投票始まっとるということで本人は連絡したらそういうことで、あんた行かんのやないかねというようなことを言われたと。だから行くんであればそういう証明書持ってきなさいと。それはそれでもええわ、それけどね、そういうふうに届いてなかったらなんで届いてないだろうかということをそこをやっぱり徹底的に追求しなければね、また今後の選挙、何の選挙でもそういうことはあり得ると思うんですよ。ただ郵便屋さん任せではいかんと思うんですよ。

 やはりそれはそれで大変ご迷惑かけました。ちょっと待って、どこで手違いでそうなったんだろうかと。本人1人であったら、あんたがおらんやったからとか云々とかいうことで言われるけど、夫婦でおっとって奥さんには届いて旦那さんに届かんというのはおかしいんじゃないかと。

 それで、最近よそから来た人とか何とかいうんであれば別ですけど、もう何十年て産まれたときからずっとおる方なんで、それもやはりそういうことがあったということでございますんで、もうそれ以上のことは時間的にもありませんでとやかく言いませんが、今後そのようにないようにひとつよろしくお願いします。

 それともう1つ、当選証書の問題ですけどね、これはやっぱ当選証書というのは、僕は思うんですが4月の26日に選挙があって、せめて10時過ぎだったと思うが、開票結果が出たと。そうしたら27日に初めて当選した何々さんどうやったていうことがわかって、そして通知を出すのが本当やないかと思うんですね当選証書。

 そうすれば、せめて早くても28日に届くぐらいか、29日になるか知りませんけどね、この内容を見るともう既に前から選挙、開票がない前から出しとったんやないかというような感じさえするわけなんですねこの手紙を見ればね。

 これは、そしたら万が一落選した人には大変失礼やないかと思うこんな、あくまで今回の、私が言いたいのは選管のやり方というのは何かしらん役所的やないかと。

 やっぱり予算も選管の費用はたくさんとっとると思うんですそれなりに。それなりのやっぱり、選挙管理委員というのはこれは国会にしろ県知事にしろ町長の選挙、何の選挙にしても非常に大事なことなんですこれは。町民が決めるんですから。こういうことにこんなずさんなことがあっていいかなと。

 そして我々も一緒、一生懸命町民に付託を受けて当選させていただいたんだからということで、やっぱりそのくらいいつも、我々の政治倫理にもありますけど、議員はやっぱ人格、識見を重んじてという言葉もありますんで、そのぐらい常に我々も覚悟して行動しております。それが、やっぱりいとも簡単にそういうの手違いがあったということに対して、僕は非常にやっぱり気分をよくせんやった、悪かったです。

 これは私ごとでありますんで、もうこの問題は終わります。

 つぎに、議長いいですか。



○議長(大束英壽君) どうぞ。



◆議員(田中勝馬君) 学校の給食、学校の試験方法、面接方法については、先ほどちょっと触れましたがもう少しどのようにやってるのかと、試験は学科試験等あるのかないのか、ただ単なる面接だけなのかと。面接の仕方というのはどういうやり方をやってるかということをお伺いしたい。



○議長(大束英壽君) 柿野学校教育課長。



◎学校教育課長(柿野善広君) 学校教育課では、学校用務員、学校給食配膳員等まいとし募集しており、選考は面接において決定をしております。

 面接官は、主に課長及び担当係長で実施しますが、児童生徒介助員の面接は学校長の同席を求めて行いました。業務内容に応じた理解度及び積極性、協調性を特に確認させてもらいました。たくさんの応募人員の中での面接で、1人当たり10分から15分程度しか時間はとれませんが、一人一人丁寧な面接に心がけるようにしております。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 私が質問したとこだけお答えいただければいい、全般的な全てを聞いてるわけやないんで、私は今回質問したのはそういう学校の給食配膳員ですね、これを9名の採用に対して何名しとったかというのと、それから32番、37番、応募人員3名に対して何名しとったかというのを聞いとるんですから、そのほかのどうのこうのということをお答えしていただかんでも結構でございますんで、その辺をもう一度。

 そして、面接時間が云々とか言いますけどねどういうふうな、面接内容としてはどういう内容なのか、学科試験がないんであれば面接の内容はどういうところを、ほかのことはいいんですよ、この2点私が質問したところだけの内容の面接方法をお伺いしたいと思います。



○議長(大束英壽君) 柿野学校教育課長。



◎学校教育課長(柿野善広君) 学校給食にかかる臨時職員の面接につきましては、特に衛生関係を気をつけるようにという、そういった質問をさせていただいております。配送員につきましては、健康であるか、時間をきちんと守り安全運転に心がけるかとかいうそういったものの言葉が出るかどうかの確認をさせてもらっております。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) これは面接ということやから、その仕方がいいとか悪いとか私が申し上げるわけではございませんけどね、やっぱり面接で採用するということになれば非常に、採用者を決めるとき、不合格合格というのを決める大変難しいことだと思います。

 しかし誰かは選ばないかんということで、こういうふうな点数制と言われましたか、点数制であるんならばそれで結構なんで、やはり不合格の方に連絡する場合には、こういう問題がありましたんで採用できませんでしたということをつけ加えて連絡しなければ、私は何で落ちたんだろうかという問い合わせがあって、さあ私もそれはちょっとわかりません。何で落ちたかどうかわかりませんということなんで、その辺の不合格の返事はどのようにして出しとるんですか。



○議長(大束英壽君) 柿野学校教育課長。



◎学校教育課長(柿野善広君) 不合格の理由につきましては、その旨は書いておりません。合格か不合格ということで連絡をさせてもらっております。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) やはり我々も一緒、どこの試験を受けても一緒、落ちたというか、学科試験であればああ確かに俺は試験本当に点数とれんやったなと、これはもう納得いくわけなんですね。

 面接であった場合には、やはりそれ相当に、自分なりに答えたがなと、どこが悪かったのかなというようなことを思うんですね。それにやはり、そういう特に面接であれば特にみやこ町内の人だから人間関係いろいろありますんでね、やっぱりそういうことをよく御理解いただけるような不合格者に連絡する必要があるんじゃないかなと思います。

 ということは、本人たちいわく、私はどうしても不合格なった理由がわからんと。私は確かにマスクはしとったと。衛生面でマスクはしとったけど、そのときに花粉症ですからと言ったらああ結構ですよと言われたということで、外せと言われれば外しとったと言われておるんですよね。

 それでジャンバーを着ちょったとか言うけど、ジャンバーを着てくるなとか、背広着てこい、ネクタイ締めてきなさいということも書いてなかったんで、普通の服装で来たという。それが不合格の原因だろうかなとかいうふうに本人たちは思ってるんですが、特に本人たちいわくあちこちの履歴書を出しとったけど、3月就職時期ですから。しかし、やはりみやこ町の役場の関係の仕事だからと、固いという意味で、あえてよそを全部断ってそして応募したというようなことであるんですね。

 だから、この9名の採用で16名の方、9名の方は今回16名の中で新しい人というか、応募の中の新しい人が通ったかどうかお伺いします。



○議長(大束英壽君) 柿野学校教育課長。



◎学校教育課長(柿野善広君) 学校給食配膳員につきましては、募集9名で応募16名、採用9名で、継続者につきまして9名、新規はゼロでございました。



○議長(大束英壽君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 新規はゼロということですか。ということは、現職をそのまま雇ったということですよね。そうであれば、やはりこれは臨時的任用職員に関する規則というのがあって、期限つき職員の任用期間は1年を超えない範囲内で定めることと。期限つき職員としての任用期間は、原則として通算5年を限度とするということがうたわれております。

 だから、それで5年現職を雇ったということであるんであれば、なぜこの現職の方に事前に面接なりをしてお伺いしとって、あなたたちもう今回やめますかと、やめんという、9名が全部残りたいということであれば新たに募集をかける必要はないんでしょう。

 それをこうかけて、そしていかにも雇ってくれるというようなことで広報紙載せて、そしていよいよよそを断ってでも面接に来て出してみれば落とされた。そして聞いてみれば現職をみんな雇ったと今課長おっしゃるように、これは確かに任用期間が5年ありますので雇うのは雇っても結構だと思います。

 だから、期限つき任用の主管課長より任用を必要とする前は、15日前ぐらいに本人にちゃんと確認して、どうですかという確認しとって、そしてそこで確認がとれて私は雇ってくださいということであれば新しく採用する必要はないんでしょう。

 それを、いかにも町民には格好いいように、みやこ町はたくさん新しく人を雇ってくれるような見せかけをして、このもう一つの問題でも一緒、3人のところも一緒、ここも現職を雇っとる。ただ見かけだけで募集しとると、こういうことで町民に対して、我々をばかして募集したのかと。そうであれば何で募集するんかと私のところに言うて来とるんですよ。おかしいやないかとみやこ町は。

 こういう採用の仕方とかあるかと、これは確かに課長のやはり特権かも知りません、課長面接でやっていくんやから課長特権やから、町長、教育長あたりは知らないかもしりませんけどね、知らないとは言われんですね、最終的には町長、教育長でも目を通さなけりゃいけません。しかし、今回のこのような採用の仕方について町長いかが、どのようにお考えでしょうか。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 最終的には私に責任があるわけですけども、改善できるところは改善しなければいけないと思いますが、その規約等がどうなってるのか、担当のほうから説明させたいと思いますんでよろしくお願いします。



○議長(大束英壽君) 葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) 嘱託臨時等の募集につきましては、一応総務課のほうで一括で担当させていただいておりますので答弁させていただきたいと思います。

 職員の募集につきましては、先ほど言われたように臨時職員、嘱託職員等の規定に基づいて募集をかけております。その中に、5年間まで継続できるということになっておりますけども、あくまでも原則は1年の任期ということになっておりますので、採用自体は1年1年その都度やっぱり区切っていかなくちゃいけないと。

 その場合の採用は、あくまでも募集をかけなきゃいけないというふうになっておりますので、今回結果的には現職という方になりましたけども、こちらとしても一応採用についての募集については、そういう形でまいとし募集をかけていかなきゃいけないということで実施してるという状況でございます。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) そういうふうな規約になっとるということであれば、これ規約を見直す必要があるんじゃないかと思うんですね。こんな全く、現職を雇うと。雇うということは悪いということじゃないんですよ、これ継続5年ということをうたわれておりますんで。

 しかし、そういう方を全部、ほかの人が新しい人が何人か、半分半分でも入り混じっているとかいうんだったら応募して受けた人は納得いきますけど、既に現職の方はそのまま続行して続けて雇うのになぜ我々新しく募集をかけるかと。

 ここの規約の中に、期限つき職員の任用は主管課長より任用を必要とする日の15日前までに臨時職員雇用申込書を提出し、承認を受けなければならないことになっているとこういうふうになっているんですねぴしゃっと。だから、そういうふうにやっぱり前もって募集を1回みんな出しなさいと言うて出させとってそしてするんであれば、私は残りたい私は残りたいとみんな誰も言うと思うんですよ、今のような仕事がないときだから。

 しかし、それは事前に、やっぱり募集する前に、一応各担当課長であればそのぐらい確認して、今回どうですかと、そしたら、どうでもお願いしますと言うてみんなを一人一人面接してみて、ぜひお願いしますというたらもうそのままそこの職場は新しく採用する必要はないんやないですか。だから、そういう決まり、みんな納得いくようなやはり募集の仕方をしないといろいろ不平不満が出てくる。

 そして、やっぱり担当課長が先ほど言ったように、何で落とすか、何で不合格になったか、既にもう決まっとるけどほかの人を何とかして面接して落とさなければいけない、何かけちをつけて落とさなきゃいけないということで、この前ちょっと聞いたことけど、1人はマスクをかけとったから衛生的にと、1人はジャンバーを着てきとったんでというような課長の言葉があるということは、何かけちをつけて落とさなければ不合格者に対して言いようがないということ以外やないじゃないですか。

 これは、ここの給食係の問題だけやないと思います。全般的にやはりそういうことを、町の職員を募集するんであればどこの会社でもどこでもそうだと思うんですよ。雇用しとる、雇用契約が切れる、次はどうですかという確認しとって、そして職員が足らない、よしそれやったら雇おうと、どこの会社でも、我々も会社行きよったけどそういうふうな雇い方しとったですよ。

 その人たちを、もう今度やめらして新しいのを入れるというんだったら別やけど、そういうわけもいきませんのでね。だから、そういうふうな誰もが納得いけるようなやはり応募の仕方を今後御検討方よろしくお願いしてこれは終わります。

 次に、いいですかね。



○議長(大束英壽君) はいどうぞ、田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 伊良原小中学校のバスの問題ですけど、確かに初めはやはり学校については伊良原の小学校先行きが不安だというような、いろいろ生徒おるだろうかという不安等もあったと思いますので、いろいろなそういうふうなところから14人のバスを買ったということに尽きるんではなかろうかと思います。それはそれとして、やはり大は小を兼ねるという言葉もございます。児童生徒が余裕を持って通学できるような環境を整えてやっていただきたい。

 やはり来年の4月から新校舎が開校されることになっておりますが、教育長の御答弁で以前大体1クラスを10名程度を目標にしてと言われておりましたが、その点の取り組みといいますか、どのように今計画立ててやっとるかお伺いします。



○議長(大束英壽君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) まず、スクールバスについてでございますが、最初昨年の予算措置の段階では、8名程度が乗るのが精いっぱいかなというふう考えておりました。その後、転入生等がふえて、先ほど言いましたような形、そして4月以降も数名ふえて今23名という状況でございます。

 それで、来年に向けて10名ということを言われましたけれども、教室が10名程度入れる教室を準備してるということで、最高10名程度しか入れないと、逆に言えばそういうことですので、そこに目標だったというふうに言われるとちょっとなかなか厳しいところがあるかというふうには思っておりますので。

 それで、子供たちの募集についてはチラシ等をつくって、学校の教育課程等の特色をアピールするように努めております。今回名前も決まりましたので、新たにまたみやこ伊良原学園ということを入れたチラシを再度つくり直して関係のところにはお配りをし、周知をしていきたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) ありがとうございます。伊良原学園という名前も変わったということで、新しくパンフレットつくって周知を図っていただくということで、ぜひよろしくお願いいたします。

 御承知のように、伊良原には今塾がありません。ということで、伊良原の今生徒は行橋まで通っておりますが、保護者が送り迎えしている関係で、保護者の方がまた学校が終わる時間に仕事やめて帰って迎えいって行橋まで連れて行かにゃいかないというために、働く時間が制約されるということで、生活に大変厳しい状況にあるということで、何とか塾に行くために学校が終わってからそのままそのバスに乗せていただいて、豊津の支所まで乗せていただけんだろうかと。それから交通機関を使って行橋まで行くと。

 そうすればお母さんも子供を迎えに行かなくて、そのまま続けて働けるというようなことも言われておりますんで、今のところはバスが小さいということでそういうふうな余裕はないということでありますんで、今後余裕があるようなバスにできた場合にはその辺は乗せられるのか乗せられないのかということをお伺いしときます。



○議長(大束英壽君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) いわゆるスクールバスの民間の、伊良原地域の方とかその周辺の方の利用ということも含めて、住民利用ということも含めて検討できる部分はあるかなというふうには思っております。ただ、これについては町長部局等のいろんな施策等もありますので、その辺と協議をしながら検討させていただけたらというふうに思います。



○議長(大束英壽君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) それと、私以前質問したこともありますが、児童生徒を応援する補習や宿題をサポートできる、今中学校のほうで土曜学習講座というのが6月からオープンされるということになっておりますが、伊良原等にもそういうふうな塾的なものができないかどうかというのを、お考えについてお伺いしたいと思います。



○議長(大束英壽君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) 今、ちょっと資料を探しそこねているんですが、伊良原の今回の新しい学校では45分授業の7時限目までやるという形で、スクールバスの関係もありますので小学校1年生、学校で学習指導要領で決められた一応標準時数というのがございますが、その時数よりもかなりオーバーした教育活動を実施するようにしております。

 というのは、スクールバスの帰るのが一緒になりますので、低学年もその時間まで残して学習させたりとか、それから部活動そのものは設定をしておりませんので、少し後までできるんですよね、そういうことで中学生についても授業時数をふやしております。そういうことで、基本的には塾等には行かなくても十分学力がつけられるようにということで、教育活動を充実させるという取り組みをメインにしております。

 それで、今おっしゃっていただいたような形は子供たちはもう4時半過ぎまで学校にいるというような状況でございますので、特に土曜学習とかそういうことについて、新たに伊良原地区だけを対象にしたということについては今のところ考えておりません。

 土曜学習については、もちろん伊良原地区の子供たちも参加をしております。土曜日の授業にはですね、そういうことで報告させていただきます。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) ありがとうございました。そういうふうにいろいろ塾に行かなくても学力向上につながるような学習指導していただいとるということでありますんで、改めて御礼を申し上げたいと思います。

 最後と言いますか、最後というより選挙の問題にもう一回ちょっと振り返りますが、今回の投票率を見てみますと、合併して3回目の選挙でございます。そのときの19年度の投票率は非常に高かった。19年度は80.47%、23年度が76.89%、今回は70.99%非常に低下しております。

 これはなぜかと言いますと、特に低下してるのは犀川、これは19年度、今回に比べると11.5%も下がっておるということで、これはなぜかということを私なりに分析してみますと、今まで、帆柱、鐙畑等々がなくなっとるというようなことで、特にそれに合わせて高齢化してきたということで非常に車に乗れない人等は行かれないというようなことがこういう結果になっとるんじゃないかなと思います。

 そういうことなんで、やはりこういうことも選管はよく分析して、次の選挙から投票率をアップするためにはどうしたらええかなと、例えば帆柱、鐙畑にはバスを出すとか云々とかいうようなことも検討しなければ、これはだんだん下がってくると思うんですよ。なお高齢化が進んでいくんですからはっきり言うて。

 そういうことで、今回の選挙結果、昔は一番それはなぜかといったら投票率がものすごいよかった、伊良原あたり88.3%とかこういうふうに、90.2%とかものすごいいいんですよね。それが今回は、伊良原の場合は74.92%とがくっと下がっとるんだよね。やっぱり帆柱あたりから出てこれないということなんですね。

 それからやっぱり犀川の中央公民館で、ここがやっぱり12.47%下がっている。鐙畑あたりから喜多良、鐙畑あたりの高齢者が出てこられんからこういうふうに減ってきよるんやないかなというふうに思います。

 だから、こういうふうに田舎ほど、諫山、伊良原とかいうような田舎ほどの人がものすごい投票率はええんですよね結果見れば。町の方ほど投票率悪いというような結果的になっとるんですが、やっぱりそういうことでありますんで田舎の人はやっぱりそれだけ素直にあるというか1票投じようと思って一生懸命しとるけど、もういよいよこうなってから動けん、車もなけりゃどうもならんというような人はもう棄権しますよはっきり言うて。今回、今までは伊良原あたり棄権した人は31人から35人、今回83名の方が棄権というようなことになっとんですよね。

 非常に犀川の中央公民館でも一緒、今まで468名の棄権者が1,106人とか倍ぐらいに棄権者がふえとるというような結果がいろいろデータで出ておりますんで、やはりその辺も踏まえて次の選管のときはひとつ、我々だけではありません。これは何の選挙でも同じと思いますんで、町長も言われたように選挙離れしとる、政治離れしてるというようなことでは困りますんで、この地方創生ということで今から何とかしてむらおこししていかないかんという大事なときでございますんで、そのためには地域の皆様方の一緒になってまちづくりをしていかなければできません。そういうような観点から、ぜひよろしくお願いします。

 最後に、伊良原のほうでは皆さん御承知のように、住宅には群馬、埼玉のほうから伊良原を求めて来ていただいております。この地域の人たちに溶け込んで、大変仲良くしていただいております。畑をつくったり何をしたりとかして、地域の皆さんみんなが出ていって助けて一に緒やって、野菜とか食べおせんというぐらいあっちが持ってきたりこっちが持ってきたり、晩御飯ができたといえばまた持ってきてくれた、おかずができたといえば持ってきてくれた、非常に来てよかったというような喜んでおりますんで、できる限りのおもてなしというか御配慮をしてあげるべきじゃないかと思いますんで、よろしく町長にお願いしとって私の質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(大束英壽君) これで田中勝馬議員の一般質問を終わります。

………………………………………………………………………………



○議長(大束英壽君) ここで暫時休憩とします。再開は11時10分とします。よろしくお願いします。

午前10時57分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時10分再開



○議長(大束英壽君) これより休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 一般質問を続けます。

 通告順位2番、議席番号10番、浦山公明議員。



◆議員(浦山公明君) 皆さん、おはようございます。10番、浦山公明です。

 一般質問に入る前ではありますが、先般執行されました町議会選挙において、議員の一員として選任をいただき感謝とお礼を申し上げます。まちの発展はもとより、町民皆様の負託に応えるよう一所懸命頑張る所存でございます。よろしくお願いをいたします。

 早いもので町議選から一月半がたちましたが、今回の選挙活動中、今までになく多くの町民の方と接する機会を得ることができました。町民の方にはよくまちの動向を把握し、また関心を持たれておられ、意見とお叱りをいただいた選挙活動でありました。

 御指摘をいただいた点、深く反省し対処して行動と実行をもっていきたいと自負をしておるところでございます。意見の中で指摘された幾つかの意見・要望を振り返りますと、「あんたたちは選挙のときだけ足を運んで、選挙のたのみに来られるけれど」の言葉をいただき、本当に全くそのとおりでありました。対話が途絶え言葉がありませんでした。議員が多すぎる、どうしているのか、役場が遠くなった。地域が寂れてくる。また、日常生活に密着した意見等々多く聞かされました。もちろん指摘の中でお叱りだけではなく、ほめの言葉、期待の言葉等々も多くいただき厳粛に受けとめ、そのときだけでなく時間の許す限り町民の方と接し、指摘と期待の言葉を後ろ盾にして今回を契機に、心新たに議員としての責務を町民はもとよりまちの活力に向け、この67歳の私でありますが、我が身をいたわり行動をもって頑張る所存であります。この場をお借りして町民の方にお礼と感謝を申し上げます。また、執行部にも理解をいただき協力をお願いする次第であります。

 前置きが長くなりましたが、本題に移らせていただきます。前期は議会での一般質問、役務上控えさせていただきましたが、今議会一般質問通告してあります大項目3点について、項目ごと質問をさせていただきます。

 まず、1点目は合併10周年を迎えるに当たってでございます。

 御承知のようにみやこ町として合併10年目を迎えています。今まで頻繁に耳にしていた合併の不平・不満の声も和らぎ、遠ざかって聞こえるように私は感じております。地域同士の垣根も低くなり、地域を越えての協働と連係が芽生え活気づいた証と私は感じております。この10年目という節目を契機に、さらに生かして元気なみやこ町になることを目標に目指し、その手伝いをさせていただく所存です。それも、町長のかじ取り手腕が大きく左右いたします。

 そこで井上町長になられて6年目ですが、今日まで町全体の動向を見聞した5年間の歩み、評価を総括しての意見、そして先々を見据えた考えと構想をお伺いいたします。節目の10年目、もちろん10年を記念しての式典が挙行されると思います。また、節目にふさわしい催し等も組まれていると思います。ただ単に節目の儀式だけでなく、催し一つにしても工夫し、活力につなげるこの機を機会に思い出に残る活気が生まれるように無駄にせず活用、また運用してまちも課を挙げて町民と協働して盛り上げ、経費も抑え盛会に向け儀式だけの記念すべき日で終わらせなく、活用してはどうでしょうか。執行部の考えをお伺いいたします。

 10年目の式典は挙行されるものの、11年目から平成28年向こう5年間、年間2億円の交付金が段階的に減額されます。まちの予算に対して大きいです。事業の見直し、縮小、施設の見直し等々も考えられます。町長も今議会の行政報告で述べておられたように非常に厳しい時代が到来する、官民一体となって乗り切ると述べました。見直し断念といろいろありますが、どのような対応、構想を抱いておられるかお伺いをいたします。

 2点目は、公共施設についてです。

 庁舎統合による庁舎別館についての進捗、供用開始についてであります。入札は終わったとの説明でした。あとは議会承認して改修工事、移転、事務機能の開始と進むわけですが、おのずとして来客、職員等の通勤道、また取りつけ道、駐車場等の諸問題が並行して発生します。その対応・対策の考えをお伺いをいたします。

 3点目は、道路行政についてです。

 国道201号バイパスの近々の情報と進捗状況、今後の対応・取り組み等についてであります。私は、旧町時代からこの問題について、ことあるたびに質問をしてまいりました。しかし、まちの考えは国の事業であり、ただ、要望することのみに執着しておられるのではないかと思いますがいかがですか、お伺いをいたします。

 以上、壇上での質問を終わります。よろしくお願いをいたします。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 浦山公明議員の質問にお答えをいたします。

 最初に、合併10周年を迎えるに当たって、合併後の歩みの総括、また私、井上町制が5年経過したものの、みやこ町の状況はどうなのかという質問でございました。

 平成18年の3町合併から平成27年度で10年目を迎えようとしています。これまで議員各位、そして住民の皆様には、町政運営に御理解と御協力を賜り心から感謝申し上げます。

 本町では、平成19年3月にまちの将来像である「交流と連係により ともに夢を描く 共生・協働のまち」の実現を目指して、「みやこ町総合計画」を策定し、基本計画に定めた諸施策の実行に計画的に取り組んでまいりました。

 本町には、歴史と風土に育まれた文化や芸術、産業、また、交通の要衝などの財産があります。これらの財産を融合し、活用することで、「地域の活性化」と「住民生活の向上」の実現を目指す施策へとつなげていくことが私の役割であります。

 就任以来、特に子育て支援の充実、定住施策、情報化社会に向けての基盤整備、国際交流、産業振興を念頭に取り組んでまいりました。また、毎年実施している町政懇談会におきましても、住民の方々に町の施策、今後のまちづくりの方針を報告し、直接、膝と膝を突き合わせ住民の方々の声に耳を傾け、今、何が必要とされているのか、何が足りないのかを認識し施策の検証、検討を行っているところでもあります。

 昨年末に設置しました職員の地域担当制につきましても、地域の自立、活性化を支援することはもちろんですが、職員が地域に入ることにより、住民の方々が、何が困っているのか、どのようにすれば住民の福祉が向上するのかを把握し、住民の声を施策に反映したいと考えているところです。

 合併をして9年が経過した現在、国全体が大きな転換期にある中で、人口の減少、少子高齢化の進展や住民ニーズの多様化、行財政問題など行政課題はますます多くなってきています。これらの課題に対応していくためには、行政責任のあり方や政策過程を含めた行政情報の公開がさらに重要となってきており、知恵と工夫に基づき地域の力で解決していくことが必要となっております。

 本町においても、人口減少問題、空き家の問題、平成28年度より始まる交付税の段階的削減を見据えた行財政改革、町内に15校ある小中学校の問題、合併以来課題となっている同じ機能を持った公共施設の統廃合問題等、行財政課題は山積しています。このような課題を解決するため、私を初め、町職員が一丸となって取り組んでいくとともに、広く意見を求め住民本位の施策となるよう取り組んでまいります。

 また、当然のことではありますが、住民代表であります議会議員の皆様にも御報告を申し上げるとともに、御支援、御協力をいただきながら住民の皆様、そして議員の皆様方とまちづくりを進めているところであります。

 私は、「日本一元気なまち」を実現するためには、行政のみに任せるのではなく、町民一人一人がまちの将来について真剣に考え、アイディアを提案するとともに、行動をおこし参画していただくことこそが重要であると考えています。

 誰もがみやこ町の住民であることに誇りを持ち、みやこ町に住んでよかったと思えるように、住民の皆さんとともに「日本一元気なまち」を目指し、全力で取り組んでまいりますので御理解と御協力をよろしくお願いをいたします。

 続きまして、合併10周年を迎えるに当たりましてのイベント等の質問でありました。

 毎年行っている各種イベントに10周年記念の冠をつけるなど、合併10周年を迎える今年度は、各課及び各団体に対しましてそれぞれ記念イベントを検討するよう指示しているところです。先日行われました「花しょうぶまつり」につきましても、ことし最初の10周年記念として実施いたしたところです。

 記念式典につきましては、合併10年目に当たる平成28年3月20日に実施する予定です。県知事、国会議員を初め、近隣市町や関係機関の来賓を迎えての式典を用意していますが、詳細につきましては検討中であります。内容が固まり次第、御報告させていただきます。

 続きまして、この合併10周年を迎えるに当たりまして、節目を生かし反省と取り組みをどのように活用したらいいのかという質問でありました。

 これらを解決するために、私を初め職員一丸となって取り組んでまいらなければならないと思っております。平成28年度が第一期総合計画の計画的期間を終えることから、これまでに取り組んできた各種施策の検証及び見直し等の論議を始めたところです。

 この中でさらなる問題点の洗い出し等を行い、将来のみやこ町のあるべき姿を見据えつつ、町政の基本的な方向性を示し、具体的な施策を実施していくことで、将来の活性化につなげてまいりたいと考えております。

 続きまして、同一の質問の中で今後の交付金等の減額の質問がありました。

 合併特例債で措置されてきました地方交付税の算定替が平成28年度から段階的に減額され、平成33年度に至っては、現在より10億円程度の減額が見込まれます。当町の財源の中でも大きな割合を占める地方交付税の減額は、今後の行財政運営に極めて厳しい状況をもたらすものと考えております。当然のことながら、今後は歳入の減少に対して、見合うだけの歳出を削減する必要がありあます。

 まだ作業中でありますので、具体的に申し上げることはできませんが、施設に関するものについては、町内の庁舎及び学校を含めた「みやこ町公共施設のあり方に関する基本計画」を策定することとし、さらに光熱費等を含む事務経費についても一定の抑制をするなどの計画案を策定したいと考えております。

 続きまして、公共施設についての質問でありました。

 庁舎別館改修についての質問ですが、工事請負契約の締結を今議会でお願いをしているところです。工事請負契約の議決がいただければ、工事発注を行い、ことしの12月中旬に完成する予定です。

 使用開始の時期を問うという質問でしたが、別館への移転を12月26日、27日の2日間で行い、業務開始は1月4日を予定しています。

 続きまして、庁舎への町民、来客、職員等の通勤道路である道路の問題の質問がありました。

 通勤道路につきましては、合併により豊津方面から本庁への通勤者がふえ、庁舎南側に位置する上田地区内の道路が狭く、危険な状態にあるため、職員に対したは上田地区内の通行を差し控えるよう指示しているところでです。庁舎へのアクセスは201号線からが主要道路となっていますが、豊津、犀川方面からは遠回りとなることから、来庁者には不便をおかけしている状況です。上田地区内を避けての取りつけ道路は必要と考え、用地選定や財源について検討しておりますが、201号バイパスの道路計画ができないことから、取りつけの位置等も問題となるため、まだ結論に達していない状況であります。

 続きまして、駐車場の確保、設置の考えを問うという質問でありました。

 旧ゆいの郷を別館にすることに伴い、豊津・犀川支所から職員・嘱託等が66人、公用車が16台の計82台分の駐車場が必要となります。現在、別館周辺の駐車場は58台分が確保されておりますが、来客用の20台も確保する必要があることから、これを除くと44台分が不足することになります。職員のほとんどが自動車通勤であることから、駐車場の確保は必須のものと考えております。したがいまして不足分の駐車場を確保するため、庁舎周辺の用地購入を検討しております。

 3番目に、道路行政についての質問でありました。

 国道201号は地域住民の通勤、通学を初め、隣接する行橋市や田川市への買い物、そのほかの基幹幹線道路であるとともに圏域内の物流の大動脈であり、ほぼ県央を横断し、筑豊横断路として県都福岡市と、この地域を結ぶ重要な路線であります。この国道201号の基幹道路としての機能を果たすためには、町内の路線を早期に決定していただくとともに、工事の早期着工、そして早期に完成していただくことが必要不可欠であります。

 201号バイパスのルートにつきましては、みやこ町の本庁が勝山に位置しているということもあり、積極的な働きを行うとともに、機会あるごとに早期決定の要望を行っている状況です。平成26年度は、近隣及び関係自治体で構成する協議会等で国には4回の要望、県には2回の提言活動等を実施してまいりました。

 なお、本年度は総合計画を策定いたしますので、策定に当たり201号の必要性ならびに重要性についてきっちりとうたい込み、本腰を入れて国及び関係機関に訴えていきたいと考えております。既に、行橋市管内ではバイパスの一部も完成しているものの、みやこ町におきましてはルートそのものは、まだ白紙の状態であることから、今後とも、地元を中心に組織された201号バイパス建設促進期成会とともに、201号バイパス開通に向け国土交通省を初めとする関係機関に対し、積極的な要望活動等を行ってまいる所存であります。

 壇上からは、以上でございます。



○議長(大束英壽君) 浦山公明議員。



◆議員(浦山公明君) それでは再度質問をさせていただきます。先ほど町長から今までこの10年の歩み、また評価、総括をお伺いしました。本当に今考えれば、長くて短いような流れであるようにも感じております。

 そこで、そういうことはまた後で個々的にお聞きしたいと思っております。質問をさせていただきますが、式典、イベントについても答弁がございましたが、そこで提案と質問ということであります。

 町民の方が思い出に残る式典、催しにということで先ほど質問しましたが、それはやはり、私は祭りの活用であると思います。その一つとして私は夏祭りを活用、運用すれば経費の軽減も考えられ、盛り上がりも一層し、一石二鳥と思っております。今、担当している課は大変かと思いますが、今の行政の縦割りを横割り分担して、今後、全課の心構えで活用によっては今から先の行政の反映にも結びつくのではなかろうかと、先々必要不可欠な課題と思っております。先ほど申し上げました課を挙げてが狙いの一つであります。その点、町長、どのようにお考えでしょうか。催しについてです。祭の活用です。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) ことしは10周年ということで「花しょうぶまつり」は2日間の夜の夜会もやりまして、私も2日間とも朝から最後までずっと見てきましたけども、本当に多くの方に来ていただておりました。

 その中で、この夏祭りの件ですけども、夏祭りもことしは10周年ですので思い出に残るようなそういうことを今担当課とも相談をしているような状況でございます。それで、特に花火の問題ですけども、聞くところによると旧勝山町時代は、寄附金もいただいてやったというふうに言っておりました。町がなかなかできません。当時は、旧勝山町時代はそういった商工会とかいろいろな方々がそういう資金を集めてやったというふうに言っております。

 その中で、今みやこ町では観光まちづくり協会もできておりますので、そういうところからお願いをしながらそういうイベントをして、本当に多くの皆さんが来ていただけるような、思い出の残るそういった祭になれるように努力をしていきたいというふうに思っております。



○議長(大束英壽君) 浦山公明議員。



◆議員(浦山公明君) ぜひとも、やはり町民の方に思い出として残る式典、催しにしたら、なお一層その花が咲いていくんじゃないかと思っております。ぜひとも何かに引っかけて、そうすればおのずからとして経費も若干軽減されるんじゃないかと思っております。

 それから、痛み分けの課の労役も、今後さらに先ほど言いました縦割り行政の一課だけの祭、今担当しております産業観光係ですか、大変と思いますがそれも軽減できる、皆さんが課の方がそれをさらに横に広げて分担してすれば、お互いが労役も分かち合い、いくと思います。それには、町民、我々議員、職員さらに町長もよく検討していただきたいと思います。

 また、町民は今、いろいろ先ほど耳にしたことを選挙期間中のことも言いましたが、職員のこと我々議員のこと、さらには町長のこともよくいたしますが、町長また私もですが、次の期のことは頭に置かず、与えられた任期の期間中を全うして、お互い前向きに視点を置き、先を見据えることも大事かと思います。

 今の実情を踏まえ、また重視して決断と実行を進めてはいかがと思います。その点私も先ほど言いましたように、含めて任期は町長、あと3年切りましたか、私たちは今4年目に入っておりますけど、ただもう先のことを考えずに思い切った判断も必要かと思いますので、その点何か考えがありましたら、私は決断と実行しかないと思っております。その点いかがでしょうか。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 私もこれまでずっといろんな形で選挙してきましたので、任期というのは十分に理解をしております。

 特に国会で秘書をしている時代は、2年で、半年で首を切られたと、秘書を。そしてまた再任ということもありましたし、権力というものはそういうものではないかなというふうに理解をしております。私は任期期間中一所懸命これを全うし、次は次として考えればいいんではないかなとそのように思っております。



○議長(大束英壽君) 浦山公明議員。



◆議員(浦山公明君) その点お互い選任された身の上でありますので、一所懸命前向きに進んでいただきたいと思います。今の実情を踏まえて、また重視して決断と実行で進んでおるんですが、先ほど人口の増加等にいろいろ子育て支援とか若者住宅、いろいろございますが、試行錯誤の努力はしておりますが、即私は人口増加は見込めないと思っております。町長として長い目で先を見据えることも大事でありますけど、その点人口増加もう少し深く考え、今の現状に合うような行政も必要かと思われますが、人口増加、町長はっきりどのくらい、どう思っておられるかお聞きしたいと思います。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 本当に人口を増加するのは大変厳しい状況ですけども、しかし、この周りを見ていると、隣の市に多くの方がやっぱり若い方が出ていっているなと、そのことを考えるとこの町内でどういうふうに若い人たちが親と同居できるのか、そういうところのことをやっぱり工夫していかなければいけないなと。

 そういう中で一つ考えられることは、圃場整備をしたためになかなか自分の土地であって自分のところに家が建てられないとか、そういうことも多く聞いております。その辺をどういうふうに解消をしていくのかというふうに考えております。

 それからもう一点、これはもう日本全国の問題ですけども、いわゆる人口減というのはもうどこの地方自治体も大変な大きな悩みとなっております。その中で、もう一つの方法として交流人口、どういうふうにこのみやこ町に多くの方が来ていただけるのか、そしてみやこ町でどのように消費をしていただくのか、そのことがこのまちの活性化につながっていくんではないかなというふうに思っております。

 みやこ町でも、あるところでは1年間に2万人以上の方がそこに飲食に来ているということをそこのオーナーが言っておりましたが、そういうところもあるわけですので、もっともっとみやこ町の交流人口がふえるようにして、そして、みやこ町のよさを知っていただいてみやこ町に住むということが大事かなと思っております。

 そのためには、ちょっと遅れているんですけどインターネットがもう少し早くしていったらよかったなというふうに思っておるんですが、そういうことが、これが開通すれば私は、また新たな展開につながっていくのかなと、そういうふうに考えております。



○議長(大束英壽君) 浦山公明議員。



◆議員(浦山公明君) 質問がちょっと前後しますけど、先ほど施設の問題で取りつけ道路、また駐車場等の答弁もございましたが、やはり取りつけ道路はきのうきょう聞いた話ではなかったと思います町長にしても、執行部にしても。

 やはり上田区を通って、道路が狭いので201を回ってものもの言われておりましたが、やはり前からそういう考えも町は持ってせないかんということも、私はお聞きしておりますので、また同僚議員も犀川線はあるけど、豊津からの道路が狭いということで聞いておりますので、それはやはり前向きに庁舎が別館が改修され供用されますが、本庁方式でいく以上は、やはり職員、来客、ものものの道路もこれはあわせて必要と思います。

 また、駐車場の件も先ほど町長申しておられましたが、私は先ほど夏祭りのことで質問しましたが、私も夏祭りには、もう旧町時代から今の盆踊り等があるところは、設営等でずっとして、加勢をしております。いつもあそこは芝生でなくて雑草地というていいくらい、そして雨が降りますと下が緩いでシートを張って盆踊りしたり、いろいろ試行錯誤しておられるようでありますが、私は駐車場にはそこの芝生といいますか、サン・グレートの前のところを駐車場の一部にすれば、かなりの車が駐車できるんじゃないかと思っております。また、身障者にしてもあそこに車を置いてすれば図書館等も近くなるし、また中での催し等も近くなるので、それもやはり前向きに考えていただきたいと思いますが、取りつけ道路、駐車場をもう一回町長、そこの点をお聞きしたいと思いますが、よろしくお願いをいたします。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 道路の問題がありましたけども、いずれにしてもとにかく201号を、私も町長になりまして、本当にこれはこのみやこ町にとっての経済効果が薄れるなと、何とかしなきゃいけないというふうに思っております。

 そのことで、前期のときに201の活性協議会を立ち上げました。そのことによって早くルートを決めていただくということが一番ではないかなと思っております。その中で、先ほど言いました豊津犀川のほうからくる方が非常に不都合な状況、不便な状況になっているのでこのことも今期中に何とか、そういったことを地元の皆さんとも相談をしながら、どういう方法でやったらいいのか、私も201号を使っておるんですが、本当に朝夕混んでおります。もう非常に以前より混んで大変な状況だなと、先般、国土交通省の九州整備局長とお会いしまして、そのことも私は訴えました。できてないのがみやこ町だけだと、何とかこれをしてほしいというふうに言いましたので、早期にルートを決めていただいて、そして次の段階に進んでいきたいなというふうに思っております。

 駐車場の件もそうです。そういう御提案をいただきました。確かに行財政改革をやる中で、やっぱりあるものを使うということを考えると、そういうことも必要なのかなというふうに思っておりますので、このことも担当課とも相談をしながら、そういうことが可能なのかどうか、検討しながら進めていきたいというふうに思っております。



○議長(大束英壽君) 町長、サン・グレートの前のあの広場の取り扱いについて、いいですか。井上町長。



◎町長(井上幸春君) そういう思いで答えたつもりでした。失礼しました。



○議長(大束英壽君) 浦山公明議員。



◆議員(浦山公明君) 本当に前後して申しわけなく思っております。みやこ町の、先ほど町長答弁の中で公共施設のあり方の件を申されておりましたが、基本計画はでき上がるということで、そのあり方検討委員会の計画中と私はお聞きをしておりますが、その計画はいつごろ町長でき上がるといいますか、まずは、その立ち上げをしなければなりませんが、その点お聞きをいたします。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) それは総合計画のことですね。それにつきましては、今そういう準備をしておりますし、早急にしながら、そしてそういった庁舎等の問題につきましても、議会に報告しながらどういう方向で進めたらいいのか、話をしていきたいというふうに思っております。



○議長(大束英壽君) 浦山公明議員。



◆議員(浦山公明君) 総合計画、基本計画に入りますか、一日も早く町長、そういうことは必要不可欠ですので作成を要望しておきます。

 それから、道路行政についてでありますけど、先ほど201号線のバイパスが渋滞するということでありましたけど、私なりに国道201号バイパス、期成会の意見や都市計画に基づいて町独自のどのようなルートが望ましいとか、ルートをまずは設定して、町の希望を国に示すべきではないかと思います。

 国の対応をいつまで待っても、早期実現はできないと思いますので、今行橋インター付近の渋滞はかなり車が増加の一途をたどっている状況から、早期バイパスの建設を望むものであります。そこで再度でありますけど、町長、その201の国にお願いしたことはわかりますけど、まちとしての希望ルートを、そういう等は国に提示といいますか、要望してありますですか、どうですか。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 先ほども申し上げましたが、我々要望活動をするときに、もう本当に国の役所にはよろしくお願いしますということしか言えなくて、なかなか雑談ができない状況ですけども。

 先般九州国道協会の総会がありまして、そのときに国土交通省の九州のトップの方とお会いすることができ、20分近く本当に雑談をした中で話をさせていただきました。その中で切々と私も訴えました。ただ、そのときにこの国道を管轄します北九州の所長さんもお見えでございましたが、そういうところのことは向こうは考えておるでしょうけども、なかなかそこまでは要望ができないという状況で、要するにルートは国が決めるということでございますので、あらかじめ決まったら町のほうには報告があると思いますけども、最初からこっちだ、あっちだというようなルートにはなっておりません。今、地質調査が終わっておりますので、国のほうからそういった方向が示していただけるんではないかなというふうに思います。

 東九州自動車道もそうでしたが、発表されるまでどこを通るのかということも私もわかりませんでした。そういうことですので、今、国道201号がどういう状況で通るのかということはなかなか難しい状況ではないかなと。ただ、私の希望としては役場の周辺だけは通していただかないと、それがかけ離れた方向に行ってしまったら少しこれは不都合になるんではないかと、そのことを私自身は思っておりますけど、そういうことはしっかり国のほうが考えていただけるんではないかなと、そういうふうに思っております。



○議長(大束英壽君) 浦山公明議員。



◆議員(浦山公明君) 町長、それは国交省に頼っていくのが本当筋であります。こんなことを言っては失礼かと思うけど、やはりこちらの国会議員なんかにお願いする、そういうこともやはりどんどん国交省も大事でありますけど、地元選出の国会議員をお願いして持っていくという方法もあるんではないかと思いますが、その点どう思われますですか。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) ここの選出の国会議員は武田代議士でありますので、武田代議士には常に、そういうことでお願いをしている状況です。今後ともさらにお願いをして、一刻も早くルートが決定し、そして道路がどういう状況になるのかわかりませんけども、新しくできることを私は願っております。



○議長(大束英壽君) 浦山公明議員。



◆議員(浦山公明君) ぜひともこのみやこ町、勝山の間だけがまだ青写真も何もできていないというお話しを聞いております。

 先ほど町長もボーリングして地質調査をされたということは、それは私もよく知っております。どうかこの201バイパスが、これはまちのいろいろ動向を変えますので、大事なルートかと思います。

 やはり町長が言われるとおり、やはりこの役場の前を、近くを通って一番いいことは私は拡幅が一番いいと思いますけど、今もう向こうのバイパス入口の先のほうにありますが、あそこの今三叉路ですけど、あれはもう間違いなく行橋、真っすぐ勝山のほうに向かって進んでくると私は思っておりますけど、こればっかりは思うだけで、何にしても生活圏いかに高速道路を生かして地元の物産等の運搬とか、一番困っているのはやはり通勤時間帯のあの混み用です。そういうことを踏まえてぜひとも国交省、また地元議員をフルに活用という言葉は悪いですけど活用して、そのための方であろうかと思いますので、本気で先ほど言われたこと、アタックしていただきたいと思います。

 以上で、私質問を終わらせていただきますが、4年間のブランクで意を尽くしませんけど、一所懸命また頑張りますのでお力添えのほどをよろしくお願いします。

 ありがとうございました。



○議長(大束英壽君) 浦山公明議員の一般質問を終わります。

………………………………………………………………………………



○議長(大束英壽君) ここで暫時休憩といたします。午後の再開は1時15分といたします。よろしくお願いします。

午前11時55分休憩

………………………………………………………………………………

午後1時15分再開



○議長(大束英壽君) これより休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 一般質問を続けます。

 通告順位3番、議席番号11番、柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 皆さん、こんにちは。午後の大変眠くなる時期でありますけども、一般質問させていただきます。

 今回、去る4月26日の選挙におきまして6期目のスタートをさせていただきました。本当に身の引き締まる思いで、この4年間、しっかり頑張らなければいけないなと思っております。町民の皆さんや同僚議員の皆さん、どうかよろしくお願いします。

 今回、私は選挙でいろんなことを訴えましたけど、その点について幾らか触れさせていただきます。

 まず、議会は、町民の本当に信頼でき、あるいは評価できる状況に、まず皆さんと一緒に力を合わせて、町民に存在意義を示していかなければいけないというふうに痛切に感じました。

 今みやこ町が抱えてる課題を2つの点に絞ってお訴えをしました。

 1つは、人口の減少が大変大きな問題になってきております。合併をして10周年ということで、祝い気分になってはいないかというふうに私は思います。そうではいけないと思います。人口が、合併当時2万3,000人いたのが今2万1,000人、2,000人の減少です。

 これを、地方交付税が人口に対して交付されてるという状況が大きい比率になっております。大体2,000人で4億円の減額ということになります。あわせて、合併特例の算定替えにおいて、町長がいつも言われるように、10億円からの交付税が減額されるということになってくると、大変な財政の状況になるというふうに思っています。

 人口問題をどういうふうに解決していくのかということを真剣に考えていかなければならない。そのためには、私は、今回も質問の中に取り上げさせていただいておりますけど、総合計画というのがあります。その総合計画が、国や県の形にはまった総合計画ではなくて、みやこ町の地域の実情に合ったものを、自前で自立してつくっていかなければならないということをお訴えさせていただきました。

 特に、地域が抱えている経済環境、経済の指数を具体的に、統計的に分析をして、そこから導き出したまちづくりの方針をきちっと科学的に出していかなければいけないというふうにお訴えさせていただきました。

 もう一つは、平和の課題があります。みやこ町は築城基地に隣接をしておりまして、今国会で進められております自衛隊の武力行使法、端的に言えばそういうことになりますけれども、こうした憲法に抵触するという、憲法学者がこぞって違憲であるというふうに言っておる課題について、時の政府は集団的自衛権行使のための武力行使法を制定しようという動きになっております。

 私たちは、戦後70年間、平和の中で反映してきたわけですから、以後、外国に出ていって戦争をしないような、そうした社会づくりを進めていかなければならないということを、地方の議会においてもしっかり訴えていかなければいけないんじゃないかということを町民の皆さんにもお訴えをして、議会に送り出していただきました。

 そのことを踏まえて、議会の中でも、皆さんと一緒に平和の課題について取り組んでいきたいなということを考えております。

 そういう状況を踏まえて、今回3点の質問をさせていただいております。

 まず、総合計画についてであります。

 総合計画、27年度の予算を見ると、何カ所も総合計画がいろんな課題で取り組まれております。それらの総合計画をどういうふうな仕組みで策定していくんだろうかなということがちょっと心配されます。

 そこで、総合計画や地方人口ビジョンなどの策定計画が予算計上されておりますが、計画の全容、どのような仕組みで策定するのか、町はまちづくりの方向をどのように定めているのか、どのように考えているのか、これをアウトライン的に、まず議論をしてみたいと思います。

 今いろんな総合計画があります。しかも、何千万もかけて、この27年に集中して、総合計画が、中期、長期にわたって計画が立てられようとしてるわけですから、ここで一生懸命議論していく必要があるんじゃないかなと思っています。

 2点目は、保育所の運営についてであります。

 町は、民間保育所にどうかかわるのか、この件に関しては町内の保育所における不適切な保育の話が伝わってきております。どのようなものか、町は把握をして、どう対応したのか、現状はどうなっているのかを報告を求めて、今後の民間の保育所行政にどう町はかかわれるのか、あるいはかかわろうとするのかを正していきたいと思います。

 3点目に、町民の声は届いているかということで、2つ取り上げております。

 選挙戦を通じて皆さんにお訴えをする過程の中で、皆さんからいろんなお話を受けております。

 一つは、高齢者の暮らしを支える仕組みづくりということで、特に、ひとり暮らしで健康である、今は大丈夫だけどもだんだん年をとってくると心配だと、そこで、健康なうちから行政の窓口と日常的につき合いをし相談ができるような窓口がないものだろうかというふうなお話を受けました。

 町の相談口ができたらいいねというふうなお話なんです。町はどういうふうにお考えになっておられるでしょうか。

 それから、もう一つは、病気がちの方で、高齢者のみの世帯とか、高齢者ひとり暮らしの方が多ございますが、緊急通報装置を今設置をしております。設置費は別として、月々、所得によって500円かかるそうです。

 これが、所得といって、100万円以上の方には500円かかるそうですけれども、それ以下の人にはかからないということなんですけど、その減免の考え方があるのかどうか、できたら、そういう必要な高齢者には無料できちっと設置をしていくという考え方に立って取り組んでいただきたいと、そういう要望が来ておりますので訴えさせていただきます。

 もう一点目は、成人式のお話であります。成人式を身近なものに感じるのには、いろんな課題があるんじゃないかというふうに思っています。

 一つは、本当端的な皆さんからの訴えですけども、今まで犀川・豊津・勝山で成人式をやったときに記念写真を撮っておったと、人生で、成人式で着飾ったときはこのときしかないと、同僚と一緒に。だから、もう少しきちっとした大きな写真を撮って、本当に人生の記念になるように、大体地区ごとに分かれて写真を撮ってもらえないだろうかというようなお話であります。

 午前中からのお話の中で、地域で残っていただく人をつくるのに、成人式というのも一つの機会ではないかなと思うんです。地域で高校なり暮らしをして、そして大学や勤め先で出ていきますが、成人式にはまた皆さん帰ってくるわけです。そこで、一年がかりぐらいして、自分たちの成人式を自分たちの手づくりでやろうじゃないかというふうな、そういう取り組みも、ひょっとしたら行政として指導してやれるんじゃないかなと、そうすることでまた郷土に対する、地域に対する親密さを増すことによって地元に帰ってくる機会もまたふえるんではないかなというような、ちょっと思いもあります。

 いずれにしても、今までずっと成人式に参加させていただいておりますけども、毎回毎回同じようなスタイルで、ちょっと成人式の式典が終わった後は、以前は茶話会みたいなのがあったんです、ジュースを飲んだりって。今はそれさえもないのです。そういうのを含めて、幾らか改善をしていったらどうだろうかというのを提案であります。

 以上、3点について御答弁をお願いいたします。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 柿野義直議員の質問にお答えをいたします。

 最初は総合計画等についての話でございます。

 今年度、当初予算に計上させていただいております計画につきましては、総合計画、地方版総合戦略、まちづくり構想等がございます。

 まず、みやこ町総合計画について御説明いたします。

 総合計画は、全ての計画の基本となる行政運営の総合的な指針となる計画であり、10年後のみやこ町のあるべき姿を見据えつつ、平成28年度から平成32年度まで、今後の町政の基本的な方向性を示すものです。

 総合計画の策定体制については大きく3つの体制を考えております。

 まず、庁内の体制として、副町長、教育長、全課長職で構成する総合計画策定委員会を設置します。総合計画策定委員会では総合計画の庁内原案を作成します。また、策定委員会のもとに、課長補佐職、係長職、主任主査及び公募による住民で構成する部会を設置し、具体的事項を協議します。

 次に、議会議員、教育委員会、農業委員会委員、区域内の公的団体役員及び職員、学識経験者等で構成する総合計画審議会を設置します。総合計画審議会は、私の諮問に応じ、総合計画策定に関し必要な事項について調査・審議し、答申する機関です。具体的には、策定委員会から提出される原案に基づき検討・審議し、最終案をまとめていただきます。

 次に、総合計画の策定につきましては、議会と執行部が車の両輪となって推進していくことが重要であることから、適宜、議会全員協議会等の場において十分な審議が行われるようにしたいと考えております。

 以上が、総合計画の概要と策定体制です。

 続きまして、地方版総合戦略について御説明いたします。

 地方版総合戦略につきましては、まち・ひと・しごと創生法に基づき、国及び福岡県が策定するまち・ひと・しごと人口ビジョン及びまち・ひと・しごと創生総合戦略を勘案しながら、本町の実情に応じた、みやこ町人口ビジョン及びみやこ町まち・ひと・しごと創生総合戦略を平成27年度中に策定いたします。

 みやこ町人口ビジョンにつきましては、国の長期ビジョンの期間である2060年、平成72年を基本とし、町の人口の現状と将来の姿を示し、人口問題に関する住民の認識の共有を図るとともに、今後取り組むべき将来の方向を提示するものとして策定します。

 また、みやこ町まち・ひと・しごと創生総合戦略は、みやこ町人口ビジョンを踏まえ、本町が安定した人口構造を保ち、将来にわたって活力があり希望にあふれた地域社会を目指していくための今後の政策目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめた計画として策定いたします。

 総合戦略の策定体制につきましては、総合計画と同様に3つの体制を考えています。

 まず、庁内の体制としまして、まち・ひと・しごと創生に全庁横断的に取り組むため、私を本部長とするみやこ町地方創生推進本部を設置し、本部のもとに、具体的事項を協議するため、必要に応じて部会、ワーキングチームを設置します。なお、部会については、公募による住民にも参加していただく予定です。

 次に、外部有識者組織として、住民を初め産業界、行政機関、教育機関、金融機関、労働団体、メディア等で構成するみやこ町まち・ひと・しごと創生会議を設置し、地方創生に関する方向性や具体案について審議・検討するとともに、総合戦略策定後も実施の検証を行い、PDCAサイクルに基づく改善を図っていくこととします。

 また、総合計画と同様、地方版総合戦略の策定や効果検証の段階の際など、適宜、議会全員協議会等の場において十分な審議が行われるようにしたいと考えております。

 以上が、総合戦略の概要と策定体制です。

 これらの計画策定に関しては、基礎データ、住民アンケートの結果などの成果等を通じ、計画相互の整合性を図るとともに、策定事務の効率的な連携を図ります。

 また、必要に応じて町民意識調査やパブリックコメント等の実施により、広く町民の意見を取り入れ、町民と行政の協働による計画策定を推進してまいります。

 続きまして、保育所の運営についての質問でありました。

 町内私立保育所の運営についての質問ですが、町内私立保育所の保護者より、保育士の勤務態度についての相談をいただきました。その内容につきましては、この場所では全てを申し上げることはできませんが、保育士の子供に対する接し方についてでありました。

 町といたしましては、問題の重要性に鑑み、臨床心理士による心のケアを行う相談窓口を開設するとともに、保護者に職員を派遣し、その事実関係の把握に努めたところです。

 また、保育園に対しましては、問題解決に向け努力するように強く要望をしたところであります。

 同保育園は、保護者会に対して、法律の専門家を入れ、第三者委員会設置の提案を行い、委員会からの調査結果についての報告を行ったところです。

 町といたしましては、問題の重要性から、今後も、相談窓口における相談受け付けを行うとともに、保育園との連携を密にし、見守ってまいりたいと考えております。

 続きまして、町民の声は届いているか、高齢者の暮らしを支える仕組みづくりをという質問でありました。

 介護福祉課高齢者支援係内に地域包括支援センターを設置し、高齢者の皆様への支援を行っております。主に介護保険制度や介護予防を中心とした高齢者にかかわる相談対応です。高齢者の皆様のさまざまな相談、要望にも丁寧に対応しております。相談の内容に応じて、役場の他部署やそのほかの公共機関との連携を図り、できる限りワンストップで対応できるよう努めております。

 また、多様化する相談内容、ニーズに対応するために、職員の対応能力の向上に向けた研さんを図っております。

 地域包括支援センターが平成18年に設置されて10年目を迎え、事あるごとにお知らせをしていますが、御存じない方もおられますので、今後とも、さまざまな機会を捉えて、できるだけ多くの方に存在と役割を周知し、御利用いただけるように努めてまいります。

 続きまして、高齢者の方への緊急通報装置の質問でありました。

 緊急通報装置の設置要件として、おおむね75歳以上のひとり暮らし、高齢者で、常に見守りが必要な方、またひとり暮らしの重度身体障がい者など、及び町長の特に認める者となっております。しかしながら、申請をされる高齢者の方や障害をお持ちの方の状況は一人一人違っております。要項に定められた書類の審査のみではなく、お話をお聞きした上で、設置の可否を決定しております。

 システムを運用するのに経費もかかることから、希望者宅全てに設置することは困難でありますが、一人一人の状況を的確に判断し、見守りが必要な方からの申請には、できるだけ設置する方向で判断しております。

 また、減免の拡大につきましては、現在、年間収入100万円までの方のみ、設置工事代及び月額使用料は無料としております。また、100万円を超え200万円までの収入のある方は、利用料として月額500円と、設置料の半額として2,500円の御負担をいただいております。200万円を超える方は、月額500円の利用料と設置料の全額として5,000円を導入時に負担いただいております。

 収入に応じた個人負担は受益者負担の考え方から必要と考えますが、現在の基準額については財政面の影響や近隣自治体の状況等を勘案しながら、今後さらに検討をしてまいりたいというふうに考えております。

 成人式の件につきましては、教育長のほうから答弁をさせていただきます。



○議長(大束英壽君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) 成人式についての御質問でございます。

 まず、集合写真についてですが、平成25年度までは、旧町ごとに写真撮影をしておりましたが、平成26年度から屋外ステージ前で新成人全員による撮影といたしました。

 変更した理由としては、みやこ町としての一体感を表現するため、式典参加の新成人が一同に会した写真のほうが望ましいと判断をいたしました。

 今後、写真については、撮影方法やサイズ等を検討してまいります。

 次に、みやこ町の式典では、小学校、中学校時代の先生方に出席をお願いし、全員から新成人へのメッセージを贈っていただいております。新成人の雰囲気が一気に盛り上がる時間となっており、整然とした式典進行にも一役買っているものと考えております。実施形式やアトラクション等についてはさらに工夫してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(大束英壽君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) まず、1点目から質問させていただきます。

 まず、総合計画が27年度で、新規または進行中の総合計画が幾つあるかということをちょっと調べてみました。

 総合計画というのが1つあります。総合計画というのは、10年の総合計画書です。それと、5年ごとの前期の計画書ですか、前期基本計画書というのがあります。これがいわゆる、皆さん、町長も含めて言ってる、総合計画ですね。これが25年度から27年度で繰り越しをしている分があって、27年度までに策定するという計画になってます。

 ただ、ここで27年度の予算に総合計画策定業務として390万と、総合計画地域編策定業務300万というのを計上しています。これが何を意味するのかちょっとわかりません。

 いずれにしても、総合計画は、25年から26年に策定する計画で、27年までずれ込んだ分が650万円の予算です。

 それから、まちづくり構想策定事業というのが27年の新規事業で1,607万円あります。それから、公共施設等総合計画管理計画策定事業というのが27年新規で800万です。先ほど町長も御説明がありました、地方人口ビジョン及び地方総合戦略策定事業、これが27年、594万です。それから、管理計画というのがありますが、農業施設管理計画策定事業というのが27年度の新規で1,500万あるですね。都市計画策定業務というのもあります。それから、25年度で、これは新規ですけど、地域計画策定業務というのが374万あって、25年度に取り組んだ事業がどうなってるのかというのがあります。

 いずれにしても、これほどの計画が進行中、または幾らか手をついてるわけです。おわかりですか。何を言おうとしているかというと、これが自前のものであったらいいんですけど、自分たちのものとして策定しているのか、策定の主体はどこなのかというのが、私はちょっと心配するとこです。

 要するに、国や県がもうひな形を持ってるわけです。今度の地方創生法に基づいて地方人口ビジョン及び地方総合戦略策定事業なんていう、こういうものを持ち出してきて、全額国県でしょうけども594万ついてます。これにインターネットで、同僚議員が指摘してくれたんでわかったんですけど、私が自発的にインターネット調べたわけじゃないですけど、インターネットでプロバイダー方式で仕様書まで含めて、ひな形ができとるわけです。

 地方創生法に基づいてひな形ができてて、人口問題についての取り組みが、私に言わせると物すごい表面的です。人口減少ちゅうのは、今の減少だけじゃないんです。高度経済成長期以後、東京一極集中、あるいは大都市に人口が集中して、産業中央型の開発事業を進めていった結果、農村が寂れてだんだんこういう今の状態になってるわけです。その延長線上の国の施策を変えない限り、これは人口減少に歯どめがかかるわけはないです。

 現に町長がいろいろ工夫されて、日本一元気なまちづくり等々と言っておるけど、人口減少は一つも歯どめはかかっておりません。合併してから、町長の代になってから5年間ですけど、人口の減少は加速してます。

 だから、私が再度言うように、これだけのお金をかけて何をつくるのかちゅうたら、国や県からのそういうひな形に乗って、表面的な何か業者や大学にお金をばらまくような、そういうやり方ではだめですよということを、まず指摘しておきたいと思うんです。

 その中で、どこが方針を出すんでしょうか。方向性としては、人口減少に歯どめをかけるための政策が、これどこが主体になるんですかね、どの計画が。

 まず、それを答弁してもらいたいと思います。どの計画書が主体になるんですか。



○議長(大束英壽君) 進総合政策課長。



◎総合政策課長(進光晴君) 総合計画がまちづくりの大もとの計画として捉えております。

 みやこ町の総合計画が町の将来的な部分を計画する部分で、一番重要なといいますか、上位に位置する計画であるというふうに考えておりまして、その他、例えば地域計画、それから公共施設の管理計画、そして総合戦略、農業計画とございましたが、これらは、それをもとに整合性を保たせながらつくる計画というふうに認識しておりまして、大もととなるのは総合計画であるというふうに考えております。



○議長(大束英壽君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) それはそういうふうに理解させていただきます。

 そうすると、町民の参画によって方向性を出していきたいというふうに町長の答弁もございましたが、総合計画が25年度からの策定になってます、25年度に既に予算がついてますよね。25、26年度で650万ついてたわけだから。そして、残予算が54万あって27年度にということで、今度の報告書にそういう出とるでしょ、ですね、わからん、そういうふうになってます。今度の報告書の中にそういうふうになってます。

 そうすると、27年度の総合計画審議委員というのは、議員が先般選任されましたが、これは何ですか。25年からスタートして、何で今ごろ総合計画の審議委員を議員対象として出すんですか、今ごろ。何ですか、これは。



○議長(大束英壽君) 進総合政策課長。



◎総合政策課長(進光晴君) ただいまの御質問に対してお答えさせていただきます。

 総合計画自体は、26年度と27年度の継続でたしか張っていたというふうに認識しております。26年度の部分にやるところ、それから27年度にやるところというふうな形で、年度ごとに分けて計画をさせていただいておりました。

 26年度の部分につきましては、基礎調査、それからアンケート調査等踏まえたところの部分、そして、27年度につきましては、総合計画は、策定体制のもとといたしまして、まずは、審議会に対して町長から諮問をするという、そして策定をお願いするという形で、そういった形で捉えておりましたもので、総合計画審議会につきましては27年度に発足するというふうな形で計画をしておりました。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 27年度の繰り越しのときの説明では、25年度、26年度でというふうな話を、私の記憶違いかもわかりませんが、そういうふうにメモにあります、議案書の中にメモがありますから。それは26年度でもいいにしましょう。

 26年度がたって、予算の650万のうちの54万ほど予算残があると、それで27年度に54万ほど使うから繰り越しをしたというふうな議案書でしょ。

 そうすると、27年度予算に390万と300万があるのはこれ何ですかというのと、それから、総合計画の審議委員、議員選出議員として今度4名、これを先般決めましたが、これは何でこの時期に、もう業務委託を済んで、予算残高が54万までなってるのにこれは何ですかというんです。

 だから、さっき町長の答弁と整合性がどんなふうにあるのかと、町民の意見を交えてつくるということからすれば、業者が何かつくって、それに予算をつぎ込んで、そして、あとはそれを審議委員会をつくって、これはいいか悪いかで文章一つも変えないでそのまま通していくという、従来の形といっちょん変わらんじゃないですかって。

 これが、みんなそんなことされたら困るでしょ。プロバイダー方式なんていうのは、業者がつくってしまうんですから。

 まちづくり構想策定事業というのは1,600万もあるんですよ。中身は何ですかというふうに、中身の一つ一つを問うてたら時間が幾らあっても足りませんから問いませんが、こういう計画書の総合したものが総合計画書に反映されますという説明ですから、そしたら総合計画書をつくるときにきちっとこういうものはできてないといけないでしょ、本当言ったら。

 だって、28年度からスタートするわけですから、28年の3月31日までに総合計画書を出すわけですよね。総合計画書ちゅうのは2つからなってるというように私は理解してます。10年間の総合計画書がまずあって、前期分5年間があるはずだと。

 要するに、私が言いたいのは、自分たちのものとして策定されているのかどうかということです。

 私が選挙の最中にお訴えしたのは、やっぱり国県がひな形を持っとって、こういうふうにつくりなさいというふうに流れがあるんです。総合計画書ちゅうのはそういう性格のものを持っています。

 産業的な分野においても、行橋とか、苅田には、アジアグリーン特区というのが指定されてます、企業を中心に。安川とか、日産とかを中心に。それは県が指定して、技術力の高いところに県が特別な措置を講じるという状況です。みやこ町はそのグリーン特区から外れてるわけです。

 それで、地域づくりにおいても、県が絵を描いとって、自前の地域づくり構想というのはなかなかできないというのが実情です。それは福岡県の周辺においての市の段階においても結構力のある人口がどんどんふえてるようなところにおいても、自分たちの自前の産業の育成の方法を構築しようと思っても、県のほうの県全体のビジョンがあるから、それから外れるとそれができないという悩みを持ってます。

 だから、よほど自前のものをつくっていこうということをしないとできないのと、自前のものをつくらないと人口減少には歯どめはかかりません。

 そういう認識をきちっと持ってもらいたいということなんです。だらだらとこういうふうに計画書を並べて、委託料を出して学者や業者が何か絵を描いて、審議会をつくって、それで「はい、オーケーですよ」なんていうやり方を従来どおりやろうとしてるわけですから、それはちょっと待ってくださいと言ってるわけです、私は。

 もう少しきちっと、自前の、地域の経済を分析したり何たりして取り組んでいただきたいというのが私の願いです。それをやってるところもあるんです。私、選挙戦を通じて、宗像市というところがあります、福岡県宗像市というとこ。そこは2年間かけて地域の経済の分析をして、地域間、経済の交流がありますから、その出入りを、入りとか出とか、そういう地域間の経済の分析をして、どういう宗像市が経済的な特徴を持ってるかということを分析して、まちづくりに反映してると。

 十分ではないんです。十分ではないというのは、従来の政権の東京一極集中の中央開発型の流れを批判をしてなくて、そのまま受け入れてなかなかできそうにはないわけですけれども、そういうふうに自前の分析はしてます。

 だから、みやこ町も一遍やってみたらどうかなというような提案です。

 ちょっとそこあたりを、今の流れから言えば、従来どおりのパターンでつくられそうだということを心配しております。

 もしそうでないというんであれば、御答弁をいただきたいと思います。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 柿野議員が言われるところも、私も十分に理解をしております。

 やはり国や県の意向も聞きながらこういったものはつくらなければいけないのかなというふうに思っております。

 しかし今回、石破大臣が言われてますけども、本当に、2060年、大変に日本という国が危機状態になってくるんではないかと、人口も1億減るということで、今回、みやこ町の総合基本計画、さらにはみやこ町人口ビジョン計画等のみやこ町まち・ひと・しごと創生総合戦略、こういうものをつくらなきゃいけないということで。

 その中で、今私が言ってることは、いわゆるプロモーション、みやこ町にはいいのがあるんだけど、もう少しその辺をどういうふうに生かしたらいいのかということを我々はPRする必要があるんではないかと、議会から決めていただきました、例えば出産祝い金、こういうのも我々は知ってるんですが町内に住んでいる人すら知らない方がおられる。これをもう少し福岡県下あるいは日本全国に知らせるような、そういうシステムをやっていかないと、この町には人が移り住んでいただけないんではないかと。

 そういうことで、役場職員全員で考えていこうよと、そういうことを、私は今言っております。

 大事なことは、今シティプロモーションという言葉もありますけども、そういう感覚でまちづくり、この前、ほたる鑑賞会があったときに、私、あそこで、柿野議員も来ておられたから聞いたと思うんですけども、例えば「恋するみやこ町」とか、そういうぐらいの変わったアイデア、「子育てをするならみやこ町」とか、何か今まで我々はそういうことを一生懸命、庁内ではいいものをつくってたんですけども、それが外にはPRできてなかった。

 そういうところをもう一回、私たちは考えたものをやっていかなきゃいけない。もちろん、そういったいろんなところの手助けをしていきながら、我々が本当に、今みやこ町に住んでる人たちの声をどうしていくのか、そういうことを町内外に発信をして、私はいいものをつくっていかなけりゃいけないのかなということで、職員たちにはそういう指示をしております。



○議長(大束英壽君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) そうであれば、町民の声が届くような仕組みで総合計画をつくるべきであるし、審議委員を今の時点で選ぶちゅうのは、これはちょっと遅いんじゃないかなと思うし、ある人からの話では、公募があったので応募したけども、何の音沙汰もないという状況が伝わってきています。

 町民が応募したやつに対して、きちっと対応してやる必要があるんじゃないかなと思います。

 いずれにしても、業者任せの策定で、これでよしとするような、そういう習慣はやめてもらいたいと、副町長、わかってますかね。新しい手法じゃないですよ。町民といったって、区長さんを。きちっと対応してもらいたいです。

 第一今の時点で議会から審議委員を出してどうするんですか。ほとんど文書は策定されとるでしょ、業者に委託出しとるわけですから。

 ということです。いいですか、何千万になるんですか、これ。ありきたりの総合計画を、こんなものをつくっても役に立たんですよ。特に人口減少問題については本当性根入れてやらないと、人口減少は歯どめはかかりません。

 ということを指摘しておいて、議論をこれからしていかないといけないなと思ってますけども、そういうことをどこかに置いておいていただきたいと思います。

 2番目の保育所の運営についてです。

 ここに、問題が保護者のほうから提起されたりということで、私の孫がその保育所で保育を受けております、今もおります。

 ここに保護者の総会のメモがきちっと届いております、私の孫がおるからね。この中を見たらすごい内容です。だから、きちっと保護者の総会で話されたことをどこが確認してるんでしょうか。



○議長(大束英壽君) 亀田住民課長。



◎住民課長(亀田国宏君) 議員の御質問にお答えいたします。

 民間保育所での対応につきましては、住民課のほうで窓口相談等をさせていただいているとこでございます。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) そうすると、当然保護者総会のメモは御存じですよね。これが2月の14日、それから19日、21日、24日と、集中的にやっとるです。問題がやっぱ大きいということの認識ですね。メモも結構びっしり書いてある。これはもう半公然ですよね、保護者の中に配ってるわけですから。あなたも見てるでしょ、見てない。



○議長(大束英壽君) 亀田住民課長。



◎住民課長(亀田国宏君) 済みません、メモの内容については見ておりませんが、園長のほうから口頭での御報告はいただいたとこでございます。



○議長(大束英壽君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) ぜひ見てもらいたいと思います。それは入手方法はあると思います。私が出しても、また悪いけんね。

 それで、何を私がここで言いたいかというと、民間保育がいいいいとやったでしょ、施設がきれいになる、サービスがよくなるって。だけど、問題が一旦起きたときに、我々議員はそこに入れません。

 私も、保護者の臨時総会に出席させてくださいと、ただ保護者の一人でもあるわけですから黙って入ればよかったけども、一応議員の立場として入るわけだから園側に許可を求めたほうがよかろうという判断で、私は入らせてもらえんやろうかちゅうたら拒否されました。

 あげくの果てに、何もなかったというふうな解決方法を、結果としてつくり出してるわけです。何もなかったわけはないです。

 だけど、先ほど町長からの答弁がありましたけども、町内の第三者の委員がお世話をしたんじゃなくて、町外の第三者の世話人がお世話をして、東京の弁護士が出てきて事情聴取をして、何ら問題はなかったというふうな報告書を園に出しとるんです。園がお金を出すわけですから、弁護士に。

 そんなやり方で、町が、ああそんなもんですかというふうになるのかなというふうに私は思ったりするんです。もっと真剣に考えていいんじゃないか、私は、前は長野課長でしたから、長野さんは、私は仕事ができると思ってました。だから、しっかりやっていただけるというふうに思ったけど、ずるずるして、彼はかわりましたけどね、ずるずるいって、結果的に何もなかったというふうな報告書になってるわけです。

 だけど、当事者は園をかわっとるわけです。通えないわけです、子供が。だから、町外の保育所に通ってると、保護者も納得してないと、保護者の中にも、こんな状態でいいのというふうな状態がまだ残ってます。

 こういう解決の方法が正常ではないと思うんです。もっと町がきちっとした、運営について目を通す仕組みをやっぱり考えていくべきだと思うんです。

 現状はまだ未解決です。町長、カウンセラーをどうのこうのちゅうけど、当の園児は町外の保育所か、保育園か、幼稚園か何か知りませんけども、通ってるわけです。もう逃げちゃったわけです。

 本来だったら、解決するちゅうことになったら、そこがきちっと受け入れて、自分たちの責任であるのかないのかはっきりさせた上で、その子が受け入れられる状態をつくって、受け入れて対応していくちゅうのが本来でしょう。本来ですよ。それが解決ですよ。

 だって、地元から遠く離れたところまで連れていってるわけですから、保育所。

 だから、そこらあたりについて本当に真剣に考えておられるのか、町が。保育所が民営化したらいいいいって言うけど、本当にいいのかどうかという、何か問題があったらすぐ議員でも出ていって、事情聴取をして、問題提起を議会でどんどんやれるという状況をつくらないと、チェックかかりませんよ。

 というふうに思います。だから、今後、町が民間保育所の運営にどこまで権限を持っててかかわれるのかというのをはっきりするべきだと思います。

 御答弁いただければありがたいですが。



○議長(大束英壽君) 亀田住民課長。



◎住民課長(亀田国宏君) ただいまの御質問のほうにお答えさせていただきます。

 まず、保育園をかわられたという話でございます。それにつきましては、保護者の方が窓口のほうに御相談に見えました。そのときに、ある程度専門の知識を持った者ということで、保健師もあわせてお話をさせていただいたとこでございます。

 その中で、保健師のみならず臨床心理士──言葉が間違っていたら済みません──臨床心理士の方に内容を聞いてもらってということで、1回お話をさせていただきました。その後にまた保護者の方から御相談をいただき、また2回目の心理士の方によるお話をさせてもらった次第でございます。

 初めのときは、いろいろ個人的なことがございますけども、最終的には、子供のこと、保護者のこと等々をお話させていただき、方向性というのを、どちらの保育所等々がいいかとかいうお話をさせていただき、今町外のほうに行かれてるということですけども、そちらのほうに行くような話になったという現状でございます。

 以上でございます。



○議長(大束英壽君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) そういうふうに問題が発生した当事者はそうなっています。それを見てる周りの園児の保護者が、適当ではないという判断のもとに、他の保育所なりにかわったという話も聞いております。

 だから、そこらあたりについてしっかり把握をした上で、今後、この問題をどういうふうに、まだ未解決だというふうに私は認識しておりますが、解決していくのかについて御検討していただいて、今後、私は、これについてもできたら当事者の立場に立って正していきたいなというふうに考えております。

 ぜひ御協力をいただいて、町としてのしっかりした対応をお願いしたいところです。

 新しい課長さんになって、引き継ぎも、幾らか気持ちの上で違いがあるでしょうけれども、ぜひ少し時間をかけてでもいいですから、しっかりした、今後こういうような問題が絶対起こらないように、そして、当事者に対してしっかり手を打っていくように、今後、まだ未解決でしょうから、打っていくように、引き続いて対応をお願いして、御答弁があればお願いいたします。



○議長(大束英壽君) 亀田住民課長。



◎住民課長(亀田国宏君) 先ほどの御質問でございますが、町といたしましても、相談窓口等々につきましては今後も設置していくことと、9園の保育所長会議ができるようになっております。そこの中で、いろんな御相談等があれば、またお受けできるというふうにしておりますので、今後、またこういう問題等がありましたら、町といたしましても、誠意努力して解決に向けていく内容でございます。

 以上でございます。



○議長(大束英壽君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) もう一つ指摘しておきたいのは、園の責任者、そこの施設長なのか園長なのかわかりませんけども、ほかの仕事があって忙しくてそこにきちっと詰めておられないような状況の中では、保護者や園の職員からのいろんな問題提起が、十分気を回せない時間的な余裕もないということがある可能性があります。

 だから、勤務体制についても、しっかりした園長さんの時間の勤務の状況、時間的な、そこにきちっとおって仕事が可能な状態をやっぱりチェックしてもらいたいと思います。それについては答弁いいですから、善処していただきたいと思います。

 そういうこともあって、こういうような問題が起きている可能性もあります。

 ひとつ今後もこれを見守っていきますので、よろしくお願いします。

 それから、時間が本当に迫ってまいりましたが、ひとり暮らしの方から本当にお願いなんです。今は元気だから大丈夫だと、車に乗れるから大丈夫だけども、いざ車が乗れないような高齢になったときとか、病気になったときに、どこかに相談に行けたらいいなと、それから、生活の余裕もないので、何かいろんなアドバイスを受けられたらいいなというような話の中で、包括支援センターを御紹介しました。

 ただ、包括支援センターとしても、適当な対象者を絞って巡回して見守っていただけたらありがたいなということなんです。どうでしょうか。



○議長(大束英壽君) 前田介護福祉課長。



◎介護福祉課長(前田正光君) 柿野議員の御質問にお答えします。

 町内、高齢者の方が大変多ございますので、巡回的に回るということは物理的に不可能でございますが、お問い合わせをいただいた場合、いろんな方々から御情報をいただいた場合、直ちに連絡をとらさせていただいて、訪問等のお約束をさせていただいた上で訪問させていただいておりますので、何か御心配な点があれば、すぐにお申しつけいただければ、私どもの職員のほうが必ずその方と連絡をとるようにしておりますので、そのような対応をさせていただきたいと考えております。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) ぜひ御相談にのっていただきたいと思います。

 それと、緊急通報装置が、私は所得と思っていましたが、収入でしたね。収入というのはそれからいろいろなものを引かれますから、収入の100万ちゅうのは大きな金額じゃないです、本当に。

 だから、できたら150万なり、全員無料ということになってくるとまた難しいのかもわかりませんけども、150万くらいに上げるわけにはいかないものかなというのが一つの提案です。

 恐らくそんなに負担はかからないと思うんです、町の財政上の負担は。1,000人おったって500万ですから、それだけはいないと思うんです。

 ぜひ検討するちゅうことですので、検討していただきたいと思います。

 それから、成人式の写真については御回答いただきました。本当に一生の記念で、友達と着飾った一瞬の記録ですから、選挙の期間中、本当に声を大きく怒られるように訴えられました。

 ぜひ御検討いただいて、そして、先ほど申し上げましたように、二十になったら成人式にはみやこ町に帰ってくるわけですよね、だから、その前段として、自分たちで手づくりの成人式をやるということで、みんなで連帯が生まれれば、また地元に帰ってくる機会もふえるんじゃないかなと思って提案させていただきました。

 手づくりの、今までも御苦労はされてると思います。恩師の方たちの手紙とか何とかというのはなかなかいいことだろうなと思ってますので、できたらもう少し一工夫を加えていただいて、地元に帰ってこれるような、そういう横のつながりとか、きずなとかというものが深められるような、1年間ぐらいかけて、例えば同窓会、豊津高校なんか、同窓会、1年ぐらいかけて何回も集まって、当番期の人で仕事をしますよね。

 だから、そういう形の手づくりの成人式なんかも大切かなというように思ったりしたので提案させていただきました。これはちょっと提案ですので。

 以上、長々と御質問させていただきましたけども、お時間になりましたので、また関連については、後日またいろいろ質問させていただきます。ありがとうございました。



○議長(大束英壽君) 柿野義直議員の一般質問を終わります。

………………………………………………………………………………



○議長(大束英壽君) ここで暫時休憩といたします。再開は2時25分とします。よろしくお願いします。

午後2時15分休憩

………………………………………………………………………………

午後2時25分再開



○議長(大束英壽君) これより休憩前に引き続き、会議を再開をいたします。

 一般質問を続けます。通告順位4番、議席番号5番、中山茂樹議員。



◆議員(中山茂樹君) 議席番号5番の中山茂樹でございます。早速一般質問に入らせていただきます。

 4月の町会議員選挙後、初めての一般質問でございますが、今から述べることを今後の4年間の活動の主な課題に上げております。私といたしましては、鹿、イノシシの対策、それが第1と、もう1つが高齢者対策、この2つを重点的に今後頑張っていきたいと考えております。

 犀川四季犀館に飲食の場としてうどん屋さんが4月24日にオープンし、町民の皆様を初め、町外の方も大変喜んでいます。またそこで働いている人は、仕事が近くにあって助かりますとよく言っておりました。これも町長初め、担当職員の努力のおかげと感謝申し上げます。大変御苦労さまでした。これを機に、豊津の国府の郷にも飲食の場をつくるべきでないかと私は思っております。一般質問を早速いたします。

 1番目の農林政策の中で、有害鳥獣対策についてでございます。

 みやこ町は全町的に鹿、イノシシの被害が及び、農作物に甚大な被害を及ぼしています。町として早急な対策を講ずべきと思いますが、被害対策について尋ねます。

 特にダムの関係で、伊良原、帆柱地区、横瀬地区はダム建設により鹿、イノシシの生息地がなくなり、ダム堰堤の上流域の帆柱、下流域の横瀬地区へ鹿、イノシシ等が追いやられて、両地区に被害を及ぼしていきます。この地域については、ダム周辺整理事業や過疎地域対策等の資金で、地元負担金なしで被害対策事業はできないのかお尋ねします。

 また、他の地域についても地元負担金なしで対策はできないでしょうか。地元の人の意見でございますが、資材を無料提供していただければ、地元の人で作業はしますと、そういう意見が多数あります。地元の意見を最大限取り入れて、資材については無料で提供できるかどうかをお答え願いたいと思っております。

 米の値段のことでございますが、米価は年々下がり、農家は鹿、イノシシの被害対策のために余分な農業支出が増加し、農業経営維持が困難になり、条件の悪い農地は耕作をしなくなっています。そうなれば、耕作放棄地が増加し、農地の治水能力が低下し、水害がふえ、悪循環となってきます。

 鹿、イノシシの頭数が増加し、農作物への被害が拡大しているだけでなく、最近では道路に鹿が飛び出し、よけようとしてハンドル操作を誤ったという人身事故も発生しております。このままだと、鹿やイノシシの楽園になります。そうさせないためには、今こそ鹿、イノシシ対策を早急に講じ、同時に農村への移住者を斡旋したり募集する考えはございませんか。

 また、中山間地の農作物は、温度差があり水質もよいので、非常においしい農作物ができます。生産に意欲が出るような対策を積極的にとるべきだと思います。

 被害対策の1つとして、猟友会の皆様と協議し、年間を通して捕獲をお願いできないものでしょうか。今後、捕獲頭数が増加してきた場合、加工所の処理能力が気になりますが、施設の衛生管理や商品管理は、担当職員のおかげで十分に行われている立派な施設であると私は思っております。しかし、今後の問題は、商品の販売の促進でございます。販売促進について考えを聞かせてください。

 次に、林業の活性化でございます。

 町有林や財産区の木材を整備、伐採することにより、鹿、イノシシの被害対策にもなり、伐採した木材は木造の町営住宅を建設することにより、町内に雇用が発生し、町が活気づいてくると思います。企業誘致も必要だが、町有林を有効活用したほうが、一石何鳥にもなり、町にとってはプラスではないでしょうか。

 次に、福祉政策について尋ねます。

 1つは高齢者の足の確保でございます。

 車の運転ができない高齢者が買い物や病院や役場支所、金融機関ですね、農協の支所等に行くのにタクシーを利用しなければならないという、非常に不便な現実があります。年金生活でタクシーを利用すれば往復で1万円前後もかかるので、病院や買い物に行きたくても簡単には行けないという現状があります。これを何とかしてほしいという町民の声が非常にありますので、よろしくお願いいたします。この問題解決について町長の考えを聞かせてください。

 今あるデマンドタクシーを早急に町全域に普及することを要望いたします。それが無理ならば、社会福祉協議会やシルバー人材センター等と協議し、車の運行を考えてはどうでしょうか。

 みやこ町が合併して10年になりますが、合併してよかったと感じる人は少なく、悪くなったという人が大半でございます。我々の親の世代である高齢者に対して、優しいまちづくりをお願いいたします。

 2つ目、町民の健康増進に推進についてでございます。

 国民健康保険財政改善のためには、町民一人一人が健康でなければならない。そのための方策を町は何かしていますか。私が思うには提案でございますが、ラジオ体操であれば、子供から大人まで誰でもできる簡単な運動なので、ラジオ体操を町内に広めてはどうでしょうか。各区にラジオ体操のCDを配付し、公民館等でラジオ体操を毎日行うように推進してはどうでしょうか。そうすることにより健康増進のみならず、地域の輪ができ、健康サロン活動にもなり、公民館等の有効活用につながってまいります。全地区配付は経費がかかり無理であれば、希望地区に無償で配付できないでしょうか。健康保険財政改善のために、何か行動を起こしていただきたいと思います。

 次に、住宅政策についてでございます。

 町営住宅とその跡地利用についてお尋ねいたします。

 今後の町営住宅と若者定住促進住宅の建設計画と、現在の町営住宅の跡地利用計画はどのようになっていますか、お尋ねをいたします。

 最後になりますが、役場には有能な職員がいるのだから、鹿、イノシシ対策、高齢者の足の確保などについて、職員が知恵を出すことを期待します。地域町民のために働く、これが今回選挙で選ばれた16名の仕事であり、公務員である役場職員の基本であると私は考えております。

 以上で、壇上での質問を終わります。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 中山茂樹議員の質問にお答えいたします。

 最初に、四季犀館の食堂の件についてのお話がありました。おかげで、今のとこ大変好評いただいてるようでございます。今後とも、多くの方に御利用していただくようにしていきたいというふうに思っております。

 いずれにいたしましても、みやこ町の人口の定住もさることながら、多くのやっぱり交流人口をいかにふやしていくかっていうことが課題ではないかなと。いろんなイベントに行きましても行橋、苅田町、そのほか北九州あるいは福岡等から来ていますので、そういう精神で今後とも頑張っていきたいというふうに思っております。

 最初に、農林業の有害鳥獣対策についてでしたので、このことに対してお答えをいたします。

 みやこ町では、捕獲しました個体の買い取りを町の加工施設で実施し、また駆除したものに対し、捕獲奨励金を県補助金とは別に町単独の事業でも実施することで、イノシシや鹿の駆除促進を図るとともに、鳥獣からの農産物被害防止のために農家が共同で防護柵等の設置を行った場合に、その資材費の3分の2を助成する町単独の事業を実施しております。

 現在、地元での設置作業を条件とすることにより、資材について限度額以内であれば、地元負担金を要しない国の事業である鳥獣被害防止総合対策事業に、来年度より取り組めるよう条件の整備や地元の要望調査等進めてまいりたいと考えております。

 続きまして、有害対策と同じような質問でございました。その中でみやこ町では上記以外の期間も町の鳥獣駆除員に対し駆除の許可を出し、年間ついた額に猟友会の協力を得ながら取り組んでおります。そういった魅力あるところの中で、田舎への移住は考えないのかという話がございました。先般、田舎暮らしの本の中にみやこ町の紹介がありました。そういうふうにこのみやこ町のよさを都会の方にも知っていただいて、移住ができるようにしていきたいというふうに思っております。

 続きまして、イノシシ、鹿の加工商品等の販売促進についての考えを問うという質問でありました。

 みやこ町の特産品の1つとして、イノシシ、鹿肉、それを利用したカレーやジャーキー等の特産商品の開発や販売の促進に取り組んでおります。また、各種イベントの参加や昨年度実施しましたジビエ祭によるジビエの知名度のアップなど、今後も引き続き取り組むとともに、新たな商品の開発やジビエ料理の研究開発にも取り組み、消費拡大に努めてまいりたいと考えております。

 続きまして、町有林の有効活用の対策を問うという質問でありました。

 帆柱、伊良原地域等に現在、約109ヘクタールの町有林を有しております。伊良原地区の町有林につきましては、昨年度策定しました森林経営計画に沿って、今後、間伐・皆伐、作業道の設置等について検討進めてまいり、活用ができるように考えていきたいというふうに思っております。

 続きまして、福祉政策についての質問でございます。

 その中で、デマンドタクシー等のことについての質問がありました。

 自家用車による移動が一般的となったことで、公共交通機関の利用者は減少が続いており、民間企業が単独で事業として公共交通を維持することは、極めて難しい状況にあります。

 こうした状況の中、みやこ町では生活交通であるバス路線に対し、必要な支援や整備等を行っているほか、一部地域ではありますが、ドア・ツー・ドアのサービスを提供するデマンドタクシーの運行支援、社会福祉協議会による福祉バスの運行支援など、生活交通の確保に努めているところでございます。

 しかしながら、今後人口減少や高齢化がますます進むことも考えられ、輸送需要が一層減少することにより、生活交通の確保のための財政負担が増加することも予想されます。今後はデマンドタクシーを町内全域への拡大を検討していくとともに、地域の実情に応じ、住民相互の協力やボランティアによる自家用輸送に近い輸送システムを構築するなど、利用者ニーズと財政負担の少ない効率的かつ持続可能な公共システムの構築についても検討してまいりたいと考えております。

 続きまして、町民の健康増進についての質問でありました。

 次に、国民健康保険の国民健康保険財政改善対策のために町民一人一人が健康でなければならない、その対策についてでございますが、みやこ町は町民一人一人が健康になることが結果として医療費の抑制につながり、国民健康保険事業の財政改革に改善につながると考えております。

 その対策ですが、みやこ町健康づくり推進条例の「町民の健康は町民みずからが守る」、「関係者が連携して健康づくりに取り組む」という基本理念に基づき、運動、栄養、社会参加を健康づくりの3つの柱として取り組んでいるところです。その内容について紹介しますと、運動についてですが、みやこ町は高血圧、悪玉コレステロール、糖尿病で治療している方が多い現状にあります。これらの生活習慣病の治療には運動が非常に効果があるので、運動の方法について健康教室、運動教室などを通じて啓発し、積極的に歩くなど、体を動かすことに取り組んでまいります。

 次に、栄養ですが、高血圧、悪玉コレステロール、糖尿病など生活習慣病の治療と予防には、運動だけでなく栄養面からの取り組みが重要です。特に、野菜から食べるなど簡単に実行できることもありますので、女性学級、出前講座、クッキング教室などで啓発してまいります。

 最後に社会参加についてですが、健康には体の健康だけでなく、心の健康も非常に重要です。笑うこと、生きがいを持つなど楽しみはなくてはなりません。社会参加、人との交わりができるように触れ合いサロン、出会いサービスなどを実施してまいります。

 このほかにも、特定検診、がん検診の受診をより推進するため、27年度は10月下旬に2日間、検診日をふやしております。より一層の病気の早期発見、重症化予防に取り組んでまいります。

 それから、健康を保つために体操をしたほうがいいんじゃないかと、そのCDを各地域に配付はできないのかという質問がありました。

 大変いいことだと思うんですが、このCDを著作権というのがありますので、我々が個人的に使うのであればダビングも可能ですけども、公に使うとなるとその辺は著作権等もありますので、費用もかかりますし、今後どういうふうにしていったらいいのか、その辺は検討して進めてまいりたいというふうに思っておりますのでよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。(「3番、住宅政策」と呼ぶ者あり)

 失礼しました。申しわけありません。大変失礼しました、申しわけございません。最後の質問でした。住宅政策についてでございます。

 町営住宅の建設事業につきまして、今後の少子高齢化や財政状況を勘案し、点在している団地を建てかえ時に集約し、利便性のよい団地で質の高いサービスの提供を目指し、住宅の建てかえを順次行っていく予定です。

 次に、若者定住促進住宅の建設計画についてですが、前回建築を行った若者向け住宅は、利用開始とともに全て満室になるなど好評でありました。今後も定住促進を促す方法として、我が町としても十分に検討すべき政策であろうかと思いますので、新規建設についても財政状況を勘案しながら検討して行きたいと考えております。

 最後に、町営住宅跡地利用の計画ですが、現在老朽化した住宅の解体を行っております。団地ごとにさまざまな条件があることから、今後土地の有効活用について協議してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(大束英壽君) 中山茂樹議員。



◆議員(中山茂樹君) 今回は、ちょっと質問が多かったので1つは答えがあれでしたけど、有害鳥獣のことで尋ねますが、箱ワナが町が持ってる分で貸し出しをしてると思うんですが、この管理は十分に行われてないのでないかということをちょっと耳にしましたので、現状、管理は十分にできているかどうかを教えていただきたいと思います。



○議長(大束英壽君) 三角産業課長。



◎産業課長(三角房幸君) 中山議員の御質問に対してお答えさしていただきます。

 箱ワナの件でございますが、箱ワナにつきましては現在39基貸し出しを行っております。箱ワナの管理につきましては、箱ワナの免許を持った者でなければ設置できないことになっておりますので、当然箱ワナには表示をしております。そういった形で当然ワナを仕掛けてるってことは定期的に見に行ってるので、基本的には管理しております。担当課としましても、むやみに置いていくという話は聞いておりませんし、適切に箱ワナについては管理されてるという形で考えてるとこでございます。



○議長(大束英壽君) 中山茂樹議員。



◆議員(中山茂樹君) 続きまして、鹿、イノシシ肉の販売の促進のことで尋ねますが、ちょうどこれから夏場のキャンプシーズンになりますよね。私が思っておるのは、蛇渕キャンプ場の利用者にバイキング料理をバイキングをすると思うんですよ、時期になると、そのときに鹿肉とイノシシ肉等を、今ちょっと私も思うけどちょっと値が高いんじゃないかと思いますので、多少値を下げてでも売るといいますか、注文をとるというか、そういうことも考えていただきたいと思いますがどんなぐあいでしょうか。



○議長(大束英壽君) 三角産業課長。



◎産業課長(三角房幸君) 中山議員の御質問に答えさせていただきます。

 キャンプ場での夏のときのバーベキューっていう形でございますが、今イノシシの肉、鹿の肉につきましては、四季犀館のほうで夏場であれば焼肉セットという形で販売しております。また冬であれば獅子鍋等という形で販売しております。そういったことで、今御指摘がありましたバーベキュー等に活用したらどうだろうかということでございますので、今森林組合にキャンプ場を指定管理しておりますので、そういった形で鹿肉、イノシシの肉を少しでも販売の強化という形で考えていきたいと思っております。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 中山茂樹議員。



◆議員(中山茂樹君) バイキングという言葉を間違えていました。バーベキューでした。

 なぜ私がそれを夏場でそれを言うかというと、従来でしたらイノシシの肉は冬場のボタン鍋という料理が定番のようにありましたけど、夏場でも夏場は脂がない、少ない、そのために女性に人気があるということを聞いておりますので、夏場にもそういうことを宣伝してもっと消費拡大につとめるべきだと私は考えております。

 続きまして、福祉のことでお尋ねをいたします。

 町長の行政報告書の3ページ中段以降で、今後は順次交通エリアの拡大をしていく予定でありますと書いておりました。現在手続は進められているのかどうかを尋ねたいんですが、勝山地域は恐らくもうあのとおりと思います。7月云々で。豊津、犀川地域についてはできるだけ、とにかく高齢者の方は、一刻も早くという要望がありますので、そこ何か返答がいただければお願いします。



○議長(大束英壽君) 進総合政策課長。



◎総合政策課長(進光晴君) デマンドタクシーについてです。デマンドタクシーにつきましては、一刻も早く全町域に広げたいという考えのもとから、ちょっと勝山地域につきましても諫山から始めたデマンドは、ようやく7月の中旬に勝山地域全域に広がるよう関係機関の協力のもと許可がおりまして、広がるという形でようやくなりました。

 ただし、豊津それから犀川地域につきましては、今からルート等検討等始めますので、今の段階では許可を申請しているというふうな段階ではございませんが、1日でも早く全域に広がるように検討していきたいというふうに考えております。



○議長(大束英壽君) 中山茂樹議員。



◆議員(中山茂樹君) 1日も早い実現をお願いいたします。

 次に、住宅政策についてでございますが、若者定住促進住宅は、第2期もぜひ建設をお願いしたいと思っております。その際に入居条件についてですけど、まだできてないことをお話するのもなんですけど、今回の入居の応募について、落選といいますか、落選した人たちから話を聞きますと、今どうしても若い方は正社員でなくて派遣社員と、そのために収入が夫婦を合わせても少ない現状があります。今後そういう計画を進めていくときは、そういうことも考慮に入れていただきまして、特別に保証人を親なり兄弟かなんかそういうのをとって、条件を緩めるようにお願いをして、この住宅政策については終わりますが、豊津地区の住宅の計画は今のところはどの程度進んでいるのか、全く進んでいないのか、伺いたいんですが。



○議長(大束英壽君) 村中建設課長。



◎建設課長(村中隆秀君) 一応、ことしの2月ぐらいに豊津の建設に対して有権者じゃないんですけど、豊津出身の課長初め、ある程度の内容の分かる方で集まって候補地の選定をする段階まではいってるみたいです。ただ、いってるんですけど、ここにしようというところまではいっていません。ただ、6案ぐらいあって、土台にのったというぐらいのレベルです。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 中山茂樹議員。



◆議員(中山茂樹君) いろんな住宅の計画についても早くお願いしたいと私は思ってます。計画ですぐ1年も2年もたちますから、そういうことがないように、早期実現をお願いいたしまして私の質問を早いんですが終わります。



○議長(大束英壽君) 中山茂樹議員の一般質問を終わります。

………………………………………………………………………………



○議長(大束英壽君) 次に、通告順位5番、議席番号4番、柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 4番議員、柿野正喜です。

 早速6月定例会で、私にとって2期目の最初の一般質問をさせていただきます。どうぞよろしくお願いをいたします。

 今回大きく3項目についてお尋ねをいたします。

 1項目めは、税務行政です。町税等の過誤納となった還付金の取り扱いについてであります。

 町の自主財源の根幹となる町税等の賦課徴収業務については、日々の努力に対し感謝する次第であります。今後とも公平、公正な業務遂行に調査、研究を期待をしているところであります。しかし、今日ある社会経済の中、町税等を納税することは納税者にとって大変な義務履行を強いられているのが現状ではないかと思うわけでございます。そこで、お伺いをいたします。

 5年を経過した納め過ぎとなった町税等は、全額還付すべきではないでしょうか。固定資産税については、みやこ町固定資産税過誤納金返還事務要綱に基づき、還付をされているようであります。私は、固定資産税に限らず、ほかの町税等も還付すべきと考えていますが、町の方針をお伺いをいたします。

 2項目めは、教育行政であります。

 子供たちの社会教育についてであります。

 近年子供たちが議員となり、地方議会の議場を会場に議会審議を疑似体験する子供議会を取り入れている自治体がふえているようにあります。この増加の背景になっているのは、1つは平成16年に発行されました子供権利条約、この正式には児童の権利に関する条約が上げられます。18歳未満の子供を保護の対象としてではなく権利の主体として捉え、子供に保障されるべき権利を残らずおさめております。

 その中の1つとして、意見表明権があります。複雑な表現ではありますが、子供が自己に影響を及ぼすあらゆる司法上、行政上の手続において、国内法に合致する方法により、いろんな団体を通じて徴収する機会を与えられると規定をされております。子供権利条約の理念や原則の具現化を図る取り組みの一環として、子供議会を取り入れる自治体がふえているそうであります。

 2つ目は、近年若者の政治離れが進み、特に地方選挙の投票率は極めて低いレベルにあることから、子供たちの公民的資質の基礎を培い、自分たちの地域や自治に関心を高める方策とする。

 3つ目は、子供議会が他のさまざまなまちでの関連会議や議会活性化の取り組みである、開かれた議会づくりの1つと考えられております。

 この3つの要因が背景にあるようです。子供議会を通じ、町や地域にどのような問題があるのか、問題を解決するためにはどうすればよいか、行政、議会はどのような役割を実行しているかなどを実際に学ぶことは、見識を広め、自主、自立の精神を育むと同時に、地域、政治に関心を持ち、町長と議員を選挙で選ぶ意味、公民として社会参加の意味を知る絶好の機会になると思います。

 ついては社会教育の一環として、子供議会、小中学生の開催についてのお考えをお伺いいたします。

 次に、3項目めであります。防災行政です。

 崖地等危険箇所対策についてであります。

 本町は、御案内のとおり、広く山間に民家が点在しております。民家の裏は急斜面で、山林が覆いかぶさった状況が多く見られます。ことしも雨季を迎えており、昨今の自然災害を危機とするわけですが、民家及び人命保護に既成の民家の防災工事など助成制度を創設し、安心・安全なまちづくりの一方策とすべきと考えますが、町の考えをお伺いいたします。

 以上、3項目について壇上からの質問を終えます。的確なる御答弁をお願いをいたします。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 柿野正喜議員の質問にお答えをいたします。

 最初、税務行政についてでありました。

 町税の課税誤りにつきましての御質問ですが、課税誤りによる還付は、地方税法第17条の規定により、還付をすることになっております。還付期間といたしましては、地方税法第18条の3に規定されております還付金の消滅事項で、その請求をすることができる日から5年を経過したときは時効により消滅するとなっております。

 固定資産税につきましては、地方税法第17条の5に規定しているとおり、更正決定の期間は法定納期限の翌日から5年までとなっております。固定資産税は、行政が一方的に課する賦課課税によって、課税方式により課税しているもので、近年、評価や課税誤りによる訴訟が発生し、判例では民法第709条や国家賠償請求の事項は、民法第724条不法行為による損害賠償請求権の期間20年の判決が下されたものも出たことから、多くの自治体が固定資産税の過誤納付金取り扱い要項を制定し、過誤納金返還を行っている状況でございます。

 そのほかの町税につきましては、課税が納税者からの申告等に基づき課税するため、納税者が課税内容の確認を行いやすく、長期にわたる課税誤りが生じにくいことにより、通常返還金が起こりがたいと考えており、現在返還要綱を定めておりません。課税誤りにより納税者に不信を抱かしたことには十分反省をしておりますし、今後このようなことがないように、職員には指示をいたしております。

 続きまして、教育行政は教育長のほうから答弁をさせます。

 次に、防災行政についてです。

 防災工事費等の助成についての質問ですが、裏山等急斜面地の亀裂等、危険な状況にある民家に対しては、国庫補助として危険地域からの転居にかかる補助金があります。また、亀裂等危険な状況にある山林であれば、県が防災工事を実施いたします。いずれも国、県が認定のための調査を行い決定いたしますが、危険な状態と判断するのはかなり難しいとのことであります。災害の予防的な措置をとることは原則として、その維持も復旧も自己責任の範囲と考えられてきており、私的財産自己責任の原則の基本的な考えから、対応が非常に厳しいいうふうに考えております。

 私のほうは以上でございます。



○議長(大束英壽君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) 子供議会にかかる御質問でございます。

 次世代を担う子供たちが議会制度や地方公共団体の役割などに関心を持つことは重要であります。小学校学習指導要領では、6年生の社会科において、日常生活における政治の働きと我が国の政治の考え方について学習することとしております。

 そこで、自分たちが暮らすみやこ町への関心を高め、郷土を愛する心を育てるとともに、政治の働きを身近に感じる体験として、みやこ町町議会の会議場を見学したり、本会議を傍聴したりする体験活動は有効であると考えております。

 議員御提案の子供議会につきましては、他市町村の事例をもとに実施した場合の教育的効果や実施に係る課題について情報収集し、関係部署とともに検討してまいりたいと考えております。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) ありがとうございます。

 それでは、税金の還付の件です。それで今回そういうケースがあったということで、その概要を説明していただければと思います。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 今回の課税誤りの概要でございます。

 5月の上旬に軽自動車税の納税通知書を発送したところ、納税者から不明車両があるので車両番号等の照会をしたいと、教えていただきたいということで申し出がございました。私のほうから車体番号の回答をいたしましたところ、納税者から同じ車体番号の納税通知書が2通あるという申し出が再度出てまいりました。

 そこで、課のほうで軽自動車協会等にデータの情報の内容を確認したところ、一方は既に廃車手続、廃車手続というか、名義変更されて既にもう車両がないと、標識番号がないという報告を受けましたところでございます。それに伴いまして、課税ミスが発覚いたしまして、その結果に伴いまして還付処理を行ったところでございます。

 以上でございます。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) その車体番号ですか、車体番号は違うということですよね。それでそれはその税額を納税通知書が2枚出たということなんだと思います。それで、その還付ですか、還付できない理由は何に基づいて還付できないか、例えば地方税法何条に基づいて還付できないのかということなんでしょうか。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 還付の場合、税額に誤りがあった場合には還付しなきゃいけないという規定がございますが、それに伴いまして、税額の更正等に伴います規定が地方税法第17条の5更正決定等の期間制限というところに更正等ができる期間の規定が設けられております。これに対しまして、更正できる期間は5年というふうなことで、5年間の更正、それ以後につきましてはできないというふうになっております。

 以上であります。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) それで、理由は17条で更正ができないということだと思うんですね。その更正ができないと、前段に町長からの説明がありましたが、固定資産税についてはそういう誤りがないんだと、一方的な課税なんでないということなんです。だから還付にも二通りの考えがあると思うんです。相手が納め過ぎた場合と、この件は納め過ぎてはないわけなんです、現実は。納税通知が来たから、ですよね、はっきり言えば。それで、納め過ぎ、2つの同じ物件に2つの納付書が今現在発生していたわけですから、それはもう確実に課税側のミスだと思うんです。それは。

 それで、返せない理由です。返せない理由は18条の場合と17条の場合は違うわけですよね、要するに、返せない理由が。17条と18条使い分けてますからね。それでこういう場合の還付の方法は、私は固定資産税と同等と考えてるんです、これは。だから二重払いというのは、二重に払ったときからその翌日から時効が進行していきますね。それは、そういうことになります。

 それで、今お尋ねしてるんです。こういった場合は、ぜひ返すべきだと思っております。要するに、課税が更正できないっちゅうのは、5年さかのぼって更正ができないよちゅう法律、税法だと思うんですけど、ですね。それはさっき町長が言われたように、固定資産税にはそういう誤りがあると、これは同等だと思うんです。それでは、返還金の根拠です、固定資産税の場合は返還をしますよね、その根拠ですよ。二重に払ってないでもお返しするということですよね。それは何に基づいて返還してるかです。お尋ねいたします。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 議員の御質問でございます。

 地方税法等で還付できない分につきましては、条例等で償還できるようにすることができるというふうになっておりまして、ただし、こういうものにつきましては、瑕疵等が明らかな場合に限り、そういった償還を、寄附その他助成金等により支払いが行えるといったようなものはございますので、それに参考にしております。

 以上でございます。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) その通りだと思うんです。だから今答弁にあったように瑕疵があった場合です、瑕疵があったから固定資産税をそういうことで地方自治法232条に基づいてやってるということなんです。

 それで、じゃあ今回の件は瑕疵がなかったのかどうかお尋ねします。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 課税入力ミスということで瑕疵はございました。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) だから要は瑕疵があった場合はお返しするんだから、ほかの税目についても町側に瑕疵が一方的に瑕疵があれば、返すべきじゃないかという問いかけなんです。どうですかね、その辺は。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 瑕疵があった場合には一方的に返還、これは当然17条に従いまして、還付するべきところでございます。ただ、還付の請求等につきましても、18条の規定にございますが、消滅時効等がございまして5年間という還付の請求できる期間も定まっております。できるものにつきましては、5年といったようなところもございますので、全て返せるといったようなものではないと考えております。

 以上でございます。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 還付、要するに還付する場合は還付通知書を発行するかと思うんです。それで時効の進行ちゅうのは還付通知を発送して発送した翌日、それから5年間その方が返してくれという手続をしない場合に時効になるという話ですよね。そういう話なんですよ、18の時効ちゅうのは。だからこの場合全然更正だから違いますよね。じゃあこの方は還付できる状況になったのいつでしょうか。5年前ですか。それとも今度は更正したときなんでしょうか。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 更正ができる日につきましては、私のほうでは賦課決定による減額を要する場合は、5年を経過した日ということで、法定納期限から5年を過ぎた日以降はできないというふうに解しております。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 更正は徴収権の問題だと思うんですよ、徴収権です、要するに。5年までは徴収権がありますよということなんです、それで。

 それでは、ちょっと角度を変えて。27年度の軽自動車税、軽自動車税だけはもう納期が過ぎて督促状も発送してると思いますが、督促状の発送時期とその段階の徴収率をお伺いいたします。



○議長(大束英壽君) 高辻徴収課長。



◎徴収対策課長(高辻一美君) 軽自動車の分だけでよろしいでしょうか。



◆議員(柿野正喜君) はい。



◎徴収対策課長(高辻一美君) 27年度の軽自動車の発送時期につきましては、本日の消し込み分までを確認して、あす18日に督促状を発送いたします。

 以上でございます。徴収率につきましては、27年度分はまだ出てませんけども、26年度の現年、滞納分でよろしいでしょうか。



◆議員(柿野正喜君) そしたら、26年度分の一期、最初督促状を発送したときの徴収率。



◎徴収対策課長(高辻一美君) 期ごとの徴収率っていうのは、出してはおりませんが、現年度全体の徴収率については96.8%でございます。

 以上でございます。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) ちょっと聞きたかったところがちょっと聞けないんですけど、私の聞きたいのは、軽自動車税が納期限きますよね。そしたら督促状が今言われたように18日出すということです。その時点での徴収率なんです。だから督促状の金額足し上げればいくらの未納があるかっちゅうのがわかりますので、割れば出る話なんですけど、言いたいのは最終的には96%ですかな、そういくわけですが、その時点の徴収率ちゅうのはそんなにないと思うんですよ。恐らく多分80%切ったり、そんな徴収率だと思うんです。だから言いたいのは、町長、大変ね、納税義務がある。納めるのに大変な思いをして、町民の方納めているんです、高い低いは別として。だからこういうふうにして一方的に町側に瑕疵があった場合は、こういう地方自治法232条を活用して、私は返すべきだと私はそういうふうに思います。

 そして、いただくものははっきり、強制徴収なりしてもらっていくと、しかし返すべきものをこれ以上のことをやって、ほんとにこの232条活用すればできる話なんです、これ。だからそれじゃあですね、町長、指示を出したと職員ね、この間違いもまだわからないわけでしょ、どういった人に間違えたか。指示出したって職員動きようがないですよね。原因はわからないです、原因はわからない。原因がわからない間違いをして、それを町民には返さないというようなことなんです。手立てはあるのに、この自治法活用すればできるのに、活用してるのは固定資産税に限ってやってるわけなんです。だからその幅は広げてやったらどうかなと、そういうことを訪ねておるんです。だからそれはもう町のほうが、いやそんなもんそんなことする必要ないと言えばもうそれまでなんです、そう言えば。町のほうに瑕疵があったときです。そりゃ納税者が当然納め過ぎたと言えば、そして還付通知出して、それ5年来んちゅうんは、それは町民の方が悪いです、それは。しかしこれは違うんです。原因もわからない、間違った。そして同じ車体番号に2つの納付書が出るなんてちょっと考えにくいんですけどね。

 それ我々の場合は納付書見たら2つ来たちゅうたら、なしやろうかちゅうことで、すぐわかりますよね。しかし、業者さんはわからないですよね。もういろんなもん持って入れかえ入れかえするから、わからないんです。だからそういうことが起きたと思う。起きてそれがわからなかったと思うんです。我々だったらすぐにわかると思う。1台しか持ってないのになし2枚も納税通知が来るかちゅう、そういうことなんです。

 それで、もう1度だけ聞きます。そういった場合検討する余地があるかどうか、再度お伺いいたします。瑕疵があった場合。



○議長(大束英壽君) 柿野議員、一応最後の質問とします。



◆議員(柿野正喜君) はい。



○議長(大束英壽君) これで。



◆議員(柿野正喜君) はい。



○議長(大束英壽君) はい。中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 御質問につきまして、調査いたしましてちょっと勉強さしていただきたいと考えております。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 最後の質問させていただきます、それじゃ。

 販売目的の軽自動車です、販売目的の。その販売目的の軽自動車の税の減免の件なんですけど、福岡県でそういう減免を今やってる市町村どれぐらいあるかおわかりだったらお願いいたします。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 把握をしておりません。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。資料がどうするというみたいなこと最後まで言わないと、把握してないだけじゃだめです。



◎税務課長(中原裕二君) 販売目的のやっておる市町村につきまして、調査をさせて、県内ということであれば可能な限り近隣等含め、調査させていただきたいと考えております。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) わかりました。いずれにしろ販売目的の軽自動車の減免ちゅうのはかなりあるように、私も経験上そういうことは身をもって体験しておりますので、その辺も含めてお考えをぜひ考えていただきたいと思います。次の質問に移らさせていただきます。

 子供議会の件でございます。それで今、子供議会が広がりつつあります。広がりつつです。近隣の市町村ではないかと思います。ただ、町長の行政報告にもありましたが、若い人の政治離れ、投票率がどんどん下がってきている。そしてそれが民意を問われないんじゃないかというような町長のお考えもあるようです。

 そこで、きょうですか衆議院を通過するんですか、予定なんですかね。18歳未満の方が今度選挙権を有するというようなことになるかと思います。それで来年の参議院選挙からも入るんだということで、ですね。それで子供議会をすることによって子供のころから、もうそういう選挙に対する認識を持っていただくということだと思います。

 ヨーロッパの状況です、ちょっと見てみますと、やはり既に若いときからやってると、だから若い人の投票率は高いということのようですね。ちょっとネットで見てみたんですが、もう関東のほうの高校生、学校ではもうそういう選挙、疑似選挙をやってるようなとこもあるんです。選挙あって自分たちが投票してそれで結果を出してみたり、それはもうやっているようですね。数は少ないですが。しかしいよいよほんとに18歳まで年齢が引き下げてくるというと、そんなところまできちっと、じっと構えてはいけない状況になってきたんだなというふうに肌で感じているとこでございます。

 そこで、まずさっき教育長から答弁ありましたが、議会の傍聴ですよね、今傍聴来てるのが、わずかな小学校でしたよね。それで、その回数もふやす、回数というよりもほかの学校までもっていくというようなことも考えられる、1段階としてですね。それでぜひ子供議会を実施していただきたいと思うんです。それは議会の活性化にもつながるんです。子供さんがそういうふうにしていくと、今度は保護者まで及んでいきますし、それはかなりの効果を私は生むと思っておりますので、ぜひ取り組みをしていただきたいと思っております。

 それから、みやこ町の今度の町議会選挙ですね、これちょっと教育委員会あれですね、年代別ちゅうですかね、地区別の投票率は多分出てるかと思うんですけど、年代別ちゅうのは出すようなことはされたことあるんですかね、してないかと思いますが、ちょっと外れますね。



○議長(大束英壽君) 葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) 投票者の年齢別ということですよね。有権者の年齢別ちゅうことじゃなくて、投票した方の年齢別ていうことですね。その分については、今まで投票した方についてのそういったデータ分析ということはやっておりません。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) ありがとうございます。

 それで、地方のほうでそういう統計とったりするのはなんかと思うんですけど、いずれにしても若い人が今度選挙権が下がってきますので、そこら辺はぜひやっていかないと、事件にもつながる可能性もあるわけでございます、要するに。何とか取り組みをしていただいております。

 教育長、もう1度お尋ねします。子供議会、それから子供議会に限らず、今女性の方にも大人の方も疑似体験ちゅうようなこともされているところもあるんです。それで、今回は年齢が引き下がる関係で、ぜひ子供議会を達成していただきたいんです。教育長、いろんな問題もあるかと思うんです、学校現場で。もう一言、心意気を聞かせていただきたいと思うんです。よろしくお願いします。年次計画でいいですけど。



○議長(大束英壽君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) まず先ほど議員が質問の中でも御説明いただきました、子供の権利条約の締結に基づいて、子供議会が少し活発になった、もう十数年たちますけれども、ということは承知をしておりますが、最近の動向としてはそんなにふえているというふうには、私自身は統計的には考えていないというところでございます。

 それと、今回の投票18歳未満ということで、高校生とかでそういう動きがあることは承知をしております。うちの町内でいいますと、中学校の生徒会の選挙に実物の道具です、実際に選挙管理委員会から投票箱だとか、投票書く台とかを実際に借りてきて選挙をやるというようなことは、町内の学校で取り組みをし、本物体験というような形で投票についてはしております。

 それから、子供議会につきましては、先ほど申し上げましたけれども情報収集をさせていただきたいと思います。特に形式についてはいろんなパターンがありまして、子供が議員になるということで、意見を発表するだけだとか、相手が今と同じように議員さんのとこに子供が座って、行政に対して意見を言ったり質問をしたりするというような形式から、子供と議員さんが交流するというような意見交換するというな子供議会という考え方もあるし、それから子供同士が、例えばみやこ町の何々づくりについて意見交換をすると、こういうまちづくりにしようとかテーマを決めて、子供同士が意見交換するというような子供議会とか、いろんなパターンがあるようでございますので、そういうことも含めて少し検討させていただけたらというふうに思っております。

 それと、子供たちの活動として教育委員会としてもいろんな行事を計画をしておりますし、それから子供育成会等でも子供祭りだとか、かるた大会だとかアジャタ大会とかいろいろな取り組みがありますので、そういう中に新しい行事を組み込むということについて実現性があるのかどうか、そういうことも含めて検討させていただきたいというふうに思っております。よろしくお願いいたします。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) ありがとうございます。

 最後の質問にさせていただきます。今回18歳まで選挙権を引き下げるちゅうことで、高校生にも該当をしてくるということになります。それで、こういうことになってきて、文科省のほうから小学校、中学校の授業のほうに何か反映させるような通達みたいなのがあるか、そこら辺をお伺いいたします。



○議長(大束英壽君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) 今のところ承知はしておりません。それから1つつけ足しで言わしていただきたいのは、町の議会の傍聴というのを去年、おととしから1校ずつ実現をいたしました。これにつきましては校長を通じて6年生の教科の学習の一環として傍聴をぜひやらしてほしいと、検討してほしいということで、校長会等にもお願いをして、一応2校ほど実現をいたしました。今後これについては、いい経験になったというのが、ずっといい反響いただいてますので、今年度も校長会通じて傍聴について検討するように指導といいますか、依頼をしてまいりたいというふうに考えております。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) ありがとうございます。

 それでは、最後の質問ですが、お答えをいただきました、厳しい状況にあるということだと思うんです。それで、ではなぜ厳しいかということです。みやこ町だけがやるということじゃないです。ほかの市町村もやってる。じゃあみやこ町はなぜ厳しいか、その説明をお願いいたします。



○議長(大束英壽君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) もうちょっと詳しく言っていただかないと、ちょっと答弁のしようがないんでよろしく。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 回答をいただいておりますよね。私的財産自己責任の原則の基本的考えから対応は非常に厳しいと考えていると回答もらっている。だからなぜほかの市町村がやれて、みやこ町は対応は非常に厳しいと考えているか、その理由をお伺いいたします。



○議長(大束英壽君) 葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) この災害によって民地等に災害が及ぶと、これはやっぱり人命にかかわるということについての、人命にかかわる分については、応急的な措置はこれはもう町費、自己を問わずしていかなきゃならないと思っておりますけども、それ以外に通常の分の予防的なものについては、あくまでもここに先ほど言いましたように、自己財産については自己責任ということで、これは災害に限らずほかのいろんなものにつきましても、これが1つの原則という考え方から、私的財産についての自己責任ということで今までお願いしてきている経緯がありますので、それに基づいて今後もやっていくということで答弁させていただきました。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 私が言ってるのは、例えば何年か前に災害があって、災害ちゅうか大雨が降ったり、そういったところ、そして真ん前に民家があると、そういったそれを補修をこの私的財産の原則という、これ原則ですよね。だから原則以外も考えられるちゅうことですね。

 だからこれを通しよったら、じゃあほかの市町村は何で原則を曲げちょるんかということになりますよね。だったらそしたら例えば、そりゃ何カ所もあると思います。そしたらそこの方が生活困窮者だとしますよね。生活水準がぎりぎりだと。そんな方にもやっぱりこの原則を貫くよという考えでしょうか、そしたら。



○議長(大束英壽君) 葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) どうも申しわけありません。

 先ほど今言われた分につきましては、災害が起きてという前提でよろしいかと思うんですけども、災害が起きた場合の後の対処について、要はそういったものをどけるだけの財力があれば自分でしますよ。じゃあ財力がない分についてはどうなのかということの御質問だろうと思うんですけども、一応先ほども言いましたけども、災害起きて緊急的にこれはそれを除かないと、次2次災害、今度は人命にかかわるよということであれば、とりあえずはその土砂等の撤去はいたします。あとその費用について、自己が払うかあるいはもうそういったほかの制度使って払うかということはありますけども、緊急的なものについては、とりあえず土砂をどけるということでやっております。ただそこの費用について困窮者だったらどうするかということについては、これはそういったものについては、ほかの制度でそういった資力を援助するという考え方で、その災害についての対応については、これは資力あるなしにかかわらず同じ対応をしていきたいと思っております。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) そしたら資力のない人ですね、生活困窮者にとっては、そしたらどういうふうにしたらよろしいですかね、現実に今あるとしたら、どういうふうにしたらよろしいか教えていただけますか。



○議長(大束英壽君) 葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) 今その後の経費については、貸し付けっていうか援護、そういったところもそれが災害に該当するかどうかというのはちょっと調査させていただきたいと思っております。そういった形で、このようなものはほかにもたくさん、先ほど言われるようにほかにもあるということだろうと思いますので、そういった状況等も踏まえて、対応、それとその後のそういった経費等についてどういった形で行っているかということ、これもまた調査させていただきたいと思います。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) ありがとうございます。

 要するにこれは私の言ってるのは、資金の調達の問題なんです。町が9割出すか個人が1割出すかとか、そういうことだと思いますんで、結果的にそういう固くならないでこういう災害復旧工事ができればいいんですからね。その個人にとっては。

 それで、この急傾斜地ですよね、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律っていうのがありますよね。それで県が指定しているかと思うんですけど、町としてみやこ町の中にその危険地域ですか、急傾斜地、どこら辺を指定そういうことが把握がわかりますか。みやこ町町内でね、民家があって山がたくさんありますよね。そういうのがわかりますか。



○議長(大束英壽君) 葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) 昨年ですかね、みやこ町のそういった危険な箇所、そういったものについては、一応県のほうがここに調査に入りまして、一応皆さん方に渡してるのは防災マップ、そういった中に危険箇所という形では入っております。

 ただ、こういったほんとに急傾斜地の亀裂等の危険な状況にあるかないかは、また個別な調査ということで、地域指定っていうんですか、ここ全体がこういった危険な地域ですよという指定はされておりますけども、個別のこういった補助金については、またそれなりの調査が必要ということでございます。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) ありがとうございます。

 そういう指定されている地域ですね、その指定されてる地域の崩壊と指定されてないところの崩壊と、なんか取り扱いに差があるんですか。そういうのはありますか。御存じですか。



○議長(大束英壽君) 葉瀬垣総務課長。



◎総務課長(葉瀬垣和雄君) 今回も防災マップのほうで指定してる分につきましては、これはあくまでも災害が起きる可能性ということで、洪水量とかそういったものを数値によって指定してるところが最初に崩壊とかなるだろうということで、そういったところを優先的に避難勧告とかそういったことを出すということで、あとの崩壊した分については指定されてる、されてないについては、そういったくくりはなかったかと思っております。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) ありがとうございます。

 それで、いずれにしてもそういった箇所があれば、何とか今までは基本的な原則に基づいてということでありますが、一歩踏み出して、住んでよかったみやこ町にするために、また住んでくださいというためにも、この山を抱えたみやこ町が、安心・安全なまちづくりにするためにはそういうことも必要だと思います。私が決して、とっぴもないことを言ってるという思いはありません。一歩進んだ親切なやり方はそういうことじゃないかとそういうふうに思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 以上で、一般質問を終わります。ありがとうございました。

────────────・────・────────────



○議長(大束英壽君) 以上で、本日の日程は全て終了いたしました。

 本日はこれにて散会にしたいと思いますが、異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。18日は午前10時より通告順位6番から10番までの一般質問を行いますので、よろしくお願いをいたします。

 なお、この後3階大会議室で全員協議会を開きますので、御参集のほどよろしくお願いをいたします。開会の予定時刻を4時といたします。

 本日はこれにて散会といたします。

午後3時50分散会

──────────────────────────────