議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 27年 第2回臨時会( 5月) 05月11日−02号




平成 27年 第2回臨時会( 5月) − 05月11日−02号









平成 27年 第2回臨時会( 5月)


───────────────────────────────────────────
平成27年 第2回(臨時)み や こ 町 議 会 会 議 録(第4日)
                             平成27年5月11日(月曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第2号)
                         平成27年5月11日 午前10時00分開議
 日程第1 専決処分の報告
      報告第2号 専決処分の報告について(町営住宅の明渡し及び未払い住宅使用料の請求に係る訴えの提起について)
 日程第2 専決処分の承認
      承認第2号 専決処分の承認を求めることについて(みやこ町水稲・麦・大豆等振興施設の指定管理者の指定期間の変更について)
      承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(みやこ町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について)
      承認第4号 専決処分の承認を求めることについて(みやこ町税条例等の一部を改正する条例の制定について)
      承認第5号 専決処分の承認を求めることについて(みやこ町工場設置奨励条例の一部を改正する条例の制定について)
 日程第3 人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決
      同意第2号 みやこ町監査委員の選任について
 日程第4 委員会の閉会中の継続調査について
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 専決処分の報告
      報告第2号 専決処分の報告について(町営住宅の明渡し及び未払い住宅使用料の請求に係る訴えの提起について)
 日程第2 専決処分の承認
      承認第2号 専決処分の承認を求めることについて(みやこ町水稲・麦・大豆等振興施設の指定管理者の指定期間の変更について)
      承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(みやこ町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について)
      承認第4号 専決処分の承認を求めることについて(みやこ町税条例等の一部を改正する条例の制定について)
      承認第5号 専決処分の承認を求めることについて(みやこ町工場設置奨励条例の一部を改正する条例の制定について)
 日程第3 人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決
      同意第2号 みやこ町監査委員の選任について
 日程第4 委員会の閉会中の継続調査について
──────────────────────────────
出席議員(16名)
1番 肥喜里雄二君       2番 吉竹 次男君
3番 橋本 真助君       4番 柿野 正喜君
5番 中山 茂樹君       6番 小田 勝彦君
7番 田中 勝馬君       8番 飯本 秀夫君
9番 金房 眞悟君       10番 浦山 公明君
11番 柿野 義直君       12番 上田 重光君
13番 熊谷みえ子君       14番 中尾 文俊君
15番 中尾 昌廣君       16番 大束 英壽君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 三隅  忠君     書記   中村 銀次君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
総務課長 ……………… 葉瀬垣和雄君   財政課長 ……………… 山見 紀幸君
総合政策課長 ………… 進  光晴君   伊良原ダム対策室長 … 尾崎  喬君
税務課長 ……………… 中原 裕二君   徴収対策課長 ………… 高辻 一美君
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
住民課長 ……………… 亀田 国宏君   健康づくり課長 ……… 荒巻  誠君
介護福祉課長 ………… 前田 正光君   生活環境課長 ………… 山本 淳一君
教育長 ………………… 屏  悦郎君   学校教育課長 ………… 柿野 善広君
生涯学習課長 ………… 進  友雄君   建設課長 ……………… 村中 隆秀君
産業課長 ……………… 三角 房幸君   上下水道課長 ………… 白石 由実君


──────────────────────────────

午前10時00分開議



○議長(大束英壽君) 皆さん、おはようございます。ただいまの出席議員は16名です。したがいまして、定足数に達しております。これから本日の会議を開きます。

 本日の日程及び議事運営について、先刻、議会運営員会において協議をしていただいておりますので、その結果について報告を求めます。柿野義直議会運営委員長。



◎議会運営委員長(柿野義直君) 皆さん、おはようございます。11番の柿野義直でございます。今回、議会運営委員会の委員長として初めて経験させていただいております。よろしくお願いします。

 先刻、委員7名全員と町長、副町長並びに関係課長に出席を求め、報告案件1件、承認案件4件、同意案件1件の計6件についての議案の審査方法及び本日の議事運営について協議をいたしましたので、報告をいたします。

 日程第1は、専決処分の報告でございます。1件の報告については、町長より大綱的な説明を受けます。なお、詳細の説明については、従来どおり全員協議会で受けることといたします。

 日程第2は、専決処分の承認についてでございます。4件を議題とし、1件ごとに提案理由の説明、質疑の後、議会運営の申し合わせにより委員会付託は省略し、上位法の改正等によるものであるため討論を省略し、即決といたします。

 日程第3は、人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決でございます。

 監査委員の選任を議題とし、提案理由の説明の後、議会運営の申し合わせにより委員会付託は省略し、先般の全員協議会の中での選任でありますので、質疑、討論を省略し即決といたします。

 日程第4は、各委員会の閉会中の継続審査についてでございます。各委員会より閉会中の継続審査の申し出を受け、閉会といたします。なお、本日の日程終了後、3階大会議室で全員協議会を開催することとしております。

 以上、本日の議事運営等につきまして、議会運営委員会において協議をいたしましたので、議員各位の御賛同と御協力を賜りますようお願い申し上げ、報告といたします。



○議長(大束英壽君) 委員長の報告が終わりました。

 お諮りいたします。本日の日程及び議事運営について、ただいまの委員長の報告のとおり決することに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付のとおりであります。

 では、これより議事に入ります。

────────────・────・────────────



△日程第1.専決処分の報告



○議長(大束英壽君) 日程第1、専決処分の報告。

 報告第2号専決処分の報告について、これより町長から説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。最初に、このたび議長選出で新しく御就任されました大束英壽議長、中尾昌廣副議長、御就任まことにおめでとうございます。また、議員各位におかれましては、新しい正副議長のもと、町民の皆様の町政に対する負託にこたえていただき、御活躍いただきますよう、執行部を代表いたしましてごあいさつを申し上げます。おめでとうございます。

 それでは、今議会に提案いたしました議案の提案理由について御説明いたします。

 報告第2号は、町営住宅の明け渡し及び未払い住宅使用料の請求に係る訴えの提起についての専決処分の報告についてであります。町営住宅の住宅使用料を長期間滞納し、たび重なる催促にも誠意が見られないため、町営住宅の明け渡し及び未払い住宅使用料の支払いを求める訴訟の提起について、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものです。よろしくお願いいたします。



○議長(大束英壽君) 町長の説明が終わりました。なお、報告の詳細につきましては、午後からの全員協議会で説明を求めます。議事の都合上、午前中になるかもわかりません。

────────────・────・────────────



△日程第2.専決処分の承認



○議長(大束英壽君) 日程第2、専決処分の承認。承認第2号専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。

 本件については、地方自治法117条の規定により、8番、飯本秀夫議員の退場を求めます。

〔8番 飯本 秀夫君 退場〕



○議長(大束英壽君) これより、提出者の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 1件ずつですか、今回。(「今回1件ずつです」と呼ぶ者あり)



○議長(大束英壽君) 1件ずつの討論、採決です。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 承認第2号は、みやこ町水稲・麦・大豆等振興施設の指定管理者の指定期間の変更についての専決処分の承認についてであります。

 指定管理者による指定の取り消しの申し出により、現行の指定管理者の期間を変更をする必要が生じましたが、町議会を招集するいとまがないことから、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものです。



○議長(大束英壽君) 町長の説明が終わりました。

 引き続き、所管課長の議案の補足説明を求めます。三角産業課長。



◎産業課長(三角房幸君) それでは、承認議案の詳細な内容について御説明申し上げます。

 議案書の2枚目に専決処分書の写し、3枚目にみやこ町の水稲・麦・大豆等振興施設の指定管理者の指定期間の変更について、参考資料として添付しております。

 具体的な内容としましては、平成22年12月17日に議決をいただきましたみやこ町水稲・麦・大豆等振興施設の指定管理者の指定の期間変更でございます。

 詳細につきましては、祓郷地区の農機具倉庫、節丸地区の農機具倉庫の2カ所の指定管理を有限会社豊津町営農生産組合と協定を締結していましたが、平成27年3月17日付で指定管理者による指定の取り消し申出書の提出がありました。

 申出書の内容につきましては、指定期間を平成22年12月20日から平成27年12月19日までとなっておりましたが、申し出によりまして、指定の取り消し日を平成27年3月31日という形で申し出ております。

 また、申出書の理由としましては、みやこ町政治倫理条例第13条の規定に抵触する恐れがあるためという形で提出があっております。

 以上のことによりまして、みやこ町公の施設に係る指定管理者の指定手続に関する条例第8条の規定により、指定の取り消しをするものでございます。

 処分の日としましては、平成27年3月31日とし、指定管理期間の変更をし、指定管理期間を平成22年12月20日から平成27年3月31日までとするものであります。

 以上で、説明を終わらしていただきます。



○議長(大束英壽君) 以上で、提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。承認第2号について質疑を受けます。質疑のある方いますか。13番、熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 13番、熊谷みえ子です。

 これによりますと、平成27年の3月31日までの変更となっております。公の施設の管理においては、指定管理者及びまたは町の責任をもって管理をすることと、公の施設はなっております。その点について、今後の管理運営、現在の管理の方法についてどのようにお考えになっているのかお伺いをいたします。



○議長(大束英壽君) 三角産業課長。



◎産業課長(三角房幸君) 熊谷議員の御質問にお答えさせていただきます。

 先ほど説明しましたように、申出書が出ております。それによりまして、指定管理の公募を行いました。告示日としまして、平成27年3月23日に告示行為によりまして、2カ所の農機具倉庫の指定管理募集という形で行っておるところでございます。期間としましては、平成27年3月23日から平成27年4月10日までの19日間という形で募集をかけておりました。

 その中で、結果的に節丸地区の農機具倉庫につきましては、地元の法人組織である光冨営農組合のほうから指定の申出書というか申請があったようでございます。

 またもう一方、呰見地区にあります農機具倉庫につきましては、現在、申請があっておりませんので、この分につきましては、とりあえず現状としては直営という形で、今、考えております。また、いずれにしろこれにつきましては、この豊津営農生産組合ももちろんのことでございますが、水稲・麦・大豆の営農組織の推進を図るための農機具倉庫を活用しておりましたので、そういうところも含めまして、今後、検討しながら進めていきたいと考えておるところでございます。

 以上です。



○議長(大束英壽君) 13番、熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 節丸地区農機具倉庫についてのお伺いをいたします。今、お伺いをいたしましたが、19日という短期になっております。

 先ほど、お伺いしたのは、要するにこの公の施設の管理について、今後の方向性をきちんと決めて対応していっていただきたいと、そういう点でどのように、今後についてもお考えなのかについてお伺いをいたします。

 というのは、やはり施設というのは使わなければ、また管理がきちんといかなければ、要するに、何というかいろんな問題点が生じてくると思います。ですから、そういう管理をきちんとやはり担当課としても考えておくべきだと、現在でも考えておくべきだと思っておりますので、合わせてもう一度お伺いをいたします。



○議長(大束英壽君) 三角産業課長。



◎産業課長(三角房幸君) お答えさせていただきます。

 節丸地区の農機具倉庫につきましては、先ほど説明をしましたように、地元の営農組織から申請があっております。それで、これにつきましては、来月の議会のほうに指定管理の提案という形になりますので、現状としましては、地元から3月31日をもって、今までは、隣接していました農協の倉庫を利用しておったところでございますが、それが切れましたので、現在は、うちのほうの申請がありまして、使用願いという申請がありまして、使用許可という形で、今現在、利用している状況でございます。

 また一方、呰見地区につきましては、指定管理の申請が、提出が、今のところありませんので、これにつきましても、今言われるように、空の状態になっております。そのままでは、施設というのは老朽化していきますので、管理を含めながら当分の間は直営としながら、新しくまたそこを管理していただく形を、現在、今検討しているとこでございます。



○議長(大束英壽君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 質疑なしと認めます。これで、承認第2号についての質疑を終わります。

 お諮りいたします。ただいま、議題となっています承認第2号の専決処分案件は、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。したがいまして、承認第2号は、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行うことで決定をいたしました。なお、採決は起立によって行います。

 これより、承認第2号について採決をいたします。本件は承認することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、承認第2号専決処分の承認を求めることについては承認をすることに決定をいたしました。

 飯本議員の入場を許可します。

〔8番 飯本 秀夫君 入場〕



○議長(大束英壽君) 次に、承認第3号専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 承認第3号は、みやこ町国民健康保険税条例の一部を改正する条例についての専決処分の承認についてであります。地方税法施行令等の一部を改正する政令が、平成27年3月31日に公布されたことに伴い、みやこ町国民健康保険税条例の一部を改正する必要が生じましたが、町議会を招集するいとまがないことから地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものです。



○議長(大束英壽君) 町長の説明が終わりました。

 引き続き、所管課長より議案の補足説明を求めます。中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 承認第3号の補足説明をいたします。承認3号は専決第3号国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定でございます。

 主な改正案につきましては、課税限度額の引き上げ。それから、軽減判定の所得要件の拡充による改正が主なものでございます。

 内容の説明といたしましては、議案の4ページ目になりますが、新旧対照表をつけておりますので、これに沿って説明をさせていただきたいと思います。

 新旧対照表の1ページ目でございます。この課税額第2条につきまして、これは、課税限度額の内容でございます。第2項につきましては、医療分の限度額、これを51万から52万円に引き上げるものでございます。

 第3項につきましては、後期高齢者支援分の課税限度額を16万から17万に引き上げるものでございます。

 それから、第4項につきましては、介護納付金分の課税限度額を14万から16万にそれぞれ引き上げるものでございます。

 それから、第23条につきましては、これは、国民健康保険の中の軽減の分でございます。次ページの2枚目をお願いいたします。第2号につきましては、軽減、5割軽減世帯に対する、軽減判定の拡充を図るものでございまして、現行24万5,000円を26万円に拡充するものでございます。

 第3号につきましては、2割軽減世帯の判定に係るものでございます。現行45万円を47万円にすることによりまして、軽減の範囲を拡充するものでございます。

 主な理由といたしましては、以上でございます。



○議長(大束英壽君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。承認第3号について質疑を受けます。質疑のある方いますか。7番、田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 7番の田中ですが、国民健康保険税を値上げに至る具体的な要因は何であったかということと、国民健康保険税を値上げに向け、今後検討している施策等はあるのかお伺いします。



○議長(大束英壽君) 荒巻健康づくり課長。



◎健康づくり課長(荒巻誠君) ただいまの田中議員の御質問にお答えします。

 まず、これからの保険税を支える施策についてなんですが、現在、健康づくり課としては、医療保険のほうを担当しておりますので、取り組んでいるということの内容につきましては、まず、3月の議会で御承認をいただきました健康づくり推進条例、これに基づきまして、町民、行政区、事業者、関係団体、行政が一体となって一人一人がまず健康づくりに取り組むということを考えております。

 早速今、健康教室とかいうものにつきまして、4月から取り組んでおります。できるだけ、健康づくりに御理解をいただいて、最終的には皆さんが健康になっていただき、医療費を抑えられるというふうなことを今目指して努力をしております。

 次に、とにかく健診を受けていただくということが非常に重要ですので、健診を受けていただきたいために、10月に、今年度は健診を2日追加をいたしました。

 それと、医療費の抑制ということで、ジェネリック医薬品。このジェネリック医薬品を使っていただきましたら、個人の医療費の負担また国保の負担そのものも減りますので、これに取り組んでいただければ、医療費の削減、ひいては保険税の抑制ということにつながりますので、努力を今しているというふうな状況でございます。

 主な取り組みにつきましては、以上でございます。



○議長(大束英壽君) ほかに質疑はありませんか。13番、熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 13番、熊谷みえ子です。減免の基準の改定ということで、5割軽減と2割軽減ということですが、今、基本的には本人申請ではなく、町として該当ですよという形でのお知らせまた賦課になっております。その点については、どのように今後の取り扱いですね、やはりお考えなのかお伺いをいたします。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 国民健康保険の減免につきましては、住民税の所得額を基本として、減免の判定を行わさせていただいております。これにつきましては、そういった国の施策等に基づいて行っているところでございますので、今後もそういった法に適用した計算を行っていく予定でございます。



○議長(大束英壽君) 13番、熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) まあ、実施が先なんであれなんですが、実態としての把握をどの程度されてるかについてお伺いをいたします。

 課税限度額の変更、それから軽減の減免の基準の変更ということで、当町における実数、見込み等については試算をされているのか、お伺いをいたします。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 今回3月に法が改正されておりますので、今、試算等は行っておりません。

 以上でございます。



○議長(大束英壽君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) これで、承認第3号についての質疑を終わります。

 お諮りいたします。ただいま、議題となっています承認第3号の専決処分案件は、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決をしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。したがいまして、承認第3号は委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行うことで決定をいたしました。なお、採決は起立によって行います。

 これより、承認第3号について採決をいたします。本件は、承認することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 賛成多数です。したがいまして、承認第3号専決処分の承認を求めることについては、承認することに決定をいたしました。

 次に、承認第4号専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 承認第4号は、みやこ町税条例等の一部を改正する条例についての専決処分の承認についてであります。地方税法等の一部を改正する法律、地方税法施行令等の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する省令が、平成27年3月31日に公布されたことに伴い、みやこ町税条例等の一部を改正する必要が生じましたが、町議会を招集するいとまがないことから、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものです。



○議長(大束英壽君) 町長の説明が終わりました。

 引き続き、所管課長より議案の補足説明を求めます。中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 承認第4号専決処分のみやこ町税条例等の一部を改正する条例の制定についての御説明をさせていただきます。

 この条例案の主なものといたしまして、まず簡単に説明させていただきます。

 住民税につきましては、法人税の均等割の税率適用区分である資本金の額を法人事業税の資本割の基準と統一するための改正が1点でございます。それから、個人住民税における住宅ローン控除制度の適用期限を2年延長する改正。それから、ふるさと納税の申告手続きの簡素化に伴う改正が主なものでございます。

 固定資産税につきましては、わがまち特例の創設に伴う改正。また、固定資産税27年度評価がえに伴います特例適用年度の改正でございます。

 それから、軽自動車税につきましては、グリーン化特例の規定の新設による改正とそれから、本来27年度から適用することにしておりました二輪車等の税率の改正を1年延長するといった改正が主な内容となっております。

 説明につきましては、新旧対照表で説明させていただきたいと思います。

 本文が7ページございます。その後に新旧対照表17枚分をつけております。

 主な箇所、条文につきまして、説明させていただきます。

 まず、第1ページの第31条につきましては、これは、法人町民税の均等割の税率適応区分の改正でございます。内容といたしましては、2ページ目の欄で今まで法人税法第2条第16条といったところにつきまして、地方税法第292条第1項第4項にというふうにかえさせていただいております。これに伴いまして、法人事業税の資本割等の課税標準と合わせるといったようなものにするものでございます。

 続きまして、5ページになります。お願いいたします。5ページの附則第7条の3の2でございます。個人の町民税の住宅借入金特別控除につきまして、現行の平成39年度をまでを、今回、平成41年度までの2年間延長というものでございます。

 それから、続きまして、6ページをお願いいたします。6ページの第9条でございます。これにつきましては、ふるさと納税の手続の簡素化というもので、ワンストップ特例制度の規定の新設をしております。

 これに伴いまして、ふるさと納税をした場合の手続といたしまして、本人の希望によりまして地方公共団体が、寄附者にかわりそういった控除の手続を地方公共団体がかわって行えるといったような改正になっております。

 それから、7ページをお願いいたします。町税、附則第10条の2につきましては、わがまち特例の創設を4項目行っております。第6項につきまして、都市再生特別措置法に基づく認定業者が取得する公共施設につきましての課税標準の特例でございます。7項につきましては、管理協定が締結されました津波避難施設に係る課税標準の特例で、7項につきましては、これは家屋分でございます。それから、8項つきましては、償却資産に係る課税標準の特例を行うようにしております。9項、10項、11項これにつきましては、項のずれによります改正でございます。12項につきましては、これは、介護新築のサービスつき高齢者向け賃貸住宅に係る税額の減税につきましての特例措置でございます。

 8ページ、お願いいたします。8ページの11条。附則11条から15条にかけての改正につきましては、これは、固定資産税の評価がえ年度、27年度評価がえに伴います特例の適用年度の改正を行っております。それぞれ24年から26年度、平成27年から29年、また、適応年度の25年、26年度を28年度分または29年度分といった3年間の間の適応年度の改正を行っております。

 12ページをお願いいたします。12ページの第16条でございます。この16条につきましては、軽四輪等のグリーン化特例の創設でございます。電気自動車、その他クリーンエネルギー等の活用するものにつきまして、平成27年4月1日から平成28年3月31日までに新規取得した軽四輪等につきまして、税率を軽減するといったようなものでございます。これにつきましては、今年度1年の取得に対して来年課税を行うといったようなものでございます。

 15ページをお願いいたします。15ページの附則、施行期日の第1条第4条等につきましては、平成27年度分の以後に適応することにしておりました原動機付き自転車及び二輪車に係る税率を適応開始時期を1年間延長し、平成28年度以降の年度分について適用するといった改正内容に対する改正でございます。

 以上で、説明を終わらせていただきます。



○議長(大束英壽君) 以上で、提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。承認第4号について質疑を受けます。質疑のある方いますか。

 13番、熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 13番、熊谷みえ子でございます。

 個人住民税の1年間、個人ローンの延長については、申し分ないと思いますが、何点かお伺いをいたします。

 ふるさと納税の簡素化ということで、個人番号ということが掲載されております。これの取り組み、また、準備の問題点についてどのようにお考えなのかをお伺いをいたします。

 あと、わがまち特例ということで、固定資産税に関する経過措置ということで、該当するかどうかわかりませんが、お伺いをいたします。空き家を壊したときの特例で減免制度を考えられないかということで、一般質問をしてまいりました。この関係で、適用をすることは、できるかできないか、また、今後の見通しとして、どのようにお考えなのかについてお伺いをいたします。



○議長(大束英壽君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 熊谷議員の御質問にお答えいたします。

 ふるさと納税の簡素化につきましては、今現在では、まだ個人番号に対する施行等、具体的な話は出てきておりません。あくまでも、今回のふるさと納税につきまして、地方自治体がかわってできる制度的な方法的な仕組みを提案しているのみでございます。

 それから、わがまち特例の今回の適用対象になる施設つきましては、当町では、現在、まだございません。

 以上でございます。



○議長(大束英壽君) もう一つ。



◎税務課長(中原裕二君) 空き家につきましては、今回のわがまち特例等のものについて、適用できるものではございません。

 以上でございます。



○議長(大束英壽君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) これで、承認第4号についての質疑を終わります。

 お諮りいたします。ただいま、議題となっています承認第4号の専決処分案件は委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。したがいまして、承認第4号は委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行うことで決定をいたしました。なお、採決は起立によって行います。

 これより、承認第4号について採決をいたします。本件は、承認することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、承認第4号専決処分の承認を求めることについては承認をすることに決定をいたしました。

 次に、承認第5号専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 承認第5号は、みやこ町工場設置奨励条例の一部を改正する条例についての専決処分の承認についてであります。

 山村振興法第14条の地方税法の不均一課税に伴う措置が適用される場合等、定める省令等の一部を改正する省令が、平成27年3月31日に公布されたことに伴い、みやこ町工場設置奨励条例の一部を改正する必要が生じましたが、町議会を招集するいとまがないことから、地方自治法第179条第1項規定により専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものです。



○議長(大束英壽君) 井上町長の説明が終わりました。

 引き続き、所管課長より議案の補足説明を求めます。進総合政策課長。



◎総合政策課長(進光晴君) 議案の詳細説明を行います。

 この工場設置奨励条例の改正に伴う具体的な中身でございますが、適用範囲といたしましては、おおむね新設もしくは増設等、工場が2,700万円以上の設置を行った場合につきまして、その一部を固定資産税から減免するといったものでございます。

 減税額につきまして、いわゆる課税標準額となりますものに対して、標準税率100分の1.4%を掛けまして、それの4分の3が固定資産税から減免されるといった内容でございます。

 説明は以上です。



○議長(大束英壽君) 以上で、提案理由の説明を終わります。

 これより、質疑を行います。承認第5号について質疑を受けます。質疑のある方いますか。4番、柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 1点お尋ねをいたします。

 改正内容は、期間の延長でございます。それで、お尋ねしたいのは、省令の改正がされております、それで、どういうふうにして省令が改正されたので、こういう期間の延長をしなければいけないと、そういう説明をお願いしたいと思います。



○議長(大束英壽君) 進総合政策課長。



◎総合政策課長(進光晴君) ただいまの御質問についてお答えいたします。

 今回の場合につきましては、山村振興法の改正の中で、条建てで改正されているものの中に、第6条として過疎地域自立促進特別措置法第31条の地方税法の課税免除または不均一課税に伴う措置が適用される場合等を定める省令及び原子力発電施設等立地地域の振興に関する特別措置法第10条の地方税の不均一課税に伴う措置が適応される場合等を定める省令の一部改正が3月31日で行われたものでございます。

 この中の改正分につきましては、平成27年3月31日を平成29年3月31日に改めるといったものでございまして、その中で過疎地域自立促進特別措置法31条の地方税の課税免除または不均一課税に伴う措置が適用される場合等を定める省令、第1条第1号イを改正するというふうに改められたものでございますので、それに従いまして、みやこ町の条例も改正したものでございます。

 以上です。



○議長(大束英壽君) ほかに質疑はありませんか。7番、田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 工場設置奨励条例は、これ、みやこ町全体に適用するもんですか。



○議長(大束英壽君) 進総合政策課長。



◎総合政策課長(進光晴君) これは、過疎法の適用になる場合の部分で、地域といたしましては、旧犀川地域のみという形になってございます。

 以上です。



○議長(大束英壽君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) これで、承認第5号についての質疑を終わります。

 お諮りいたします。ただいま、議題となっています承認第5号の専決処分案件は、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。したがいまして、承認第5号は委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行うことで決定をいたしました。なお、採決は起立によって行います。

 これより、承認第5号について採決をいたします。本件は承認することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。全員賛成です。したがいまして、承認第5号専決処分の承認を求めることについては承認をすることに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第3.人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決



○議長(大束英壽君) 日程第3、人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決。同意第2号みやこ町監査委員の選任についてを議題とします。

 本件については、地方自治法第117条の規定により、9番、金房眞悟議員の退場を求めます。

〔9番 金房 眞悟君 退場〕



○議長(大束英壽君) これより、提出者の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 同意第2号は、みやこ町監査委員の選任につき、同意を求めることについてであります。議員のうちから選任する監査委員に金房眞悟氏を選任することについて、地方自治法第196条の規定により、議会の同意を求めるものであります。



○議長(大束英壽君) 提案理由の説明が終わりました。

 お諮りいたします。本件は、委員会付託、質疑、討論を省略し、直ちに採決をしたいと思いますが、これに御異議はありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。したがいまして、同意第2号については、委員会付託、質疑、討論を省略し、直ちに採決を行うことで決定をいたしました。なお、採決は起立によって行います。

 これより、同意第2号について採決を行います。本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(大束英壽君) 御着席ください。賛成多数です。したがいまして、同意第2号みやこ町監査委員の選任については原案のとおり同意することに決定をいたしました。

 金房議員の入場を許可します。

〔9番 金房 眞悟君 入場〕

────────────・────・────────────



△日程第4.委員会の閉会中の継続調査について



○議長(大束英壽君) 日程第4、委員会の閉会中の継続調査についてを議題といたします。

 各委員長から所管事務のうち、会議規則第75条の規定により、お手元に配付しております「所管事務調査事件」について、閉会中の継続調査の申し出があっております。

 お諮りいたします。各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大束英壽君) 異議なしと認めます。したがいまして、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定をいたしました。

 これをもちまして、今臨時会に付議されました全ての議事が終了いたしました。皆様方には慎重なる御審議をいただきまして、まことにありがとうございました。

 ここで、町長より閉会に当たり発言の申し出がありますので、これを許可いたします。井上町長。



◎町長(井上幸春君) ただいま提案いたしました案件につきまして、全て承認をいただきましてありがとうございました。

 本日が、改選後の初めての議会でありました。私の任期はあと3年ですけども、議員の皆さんの任期は4年でございます。これから、このみやこ町が元気になっていくように、議員の皆様また執行部、一緒になって前に向かって進んでいきたいと思っておりますので、今後とも御指導、御鞭撻をお願いを申し上げまして、私の挨拶といたします。よろしくお願いいたします。

────────────・────・────────────



○議長(大束英壽君) 以上をもちまして、平成27年第2回みやこ町議会臨時会を閉会といたします。お疲れさまでした。

午前10時55分閉会

──────────────────────────────






    会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。

       平成27年 5月11日

                   臨時議長

                   議  長

                   副 議 長

                   署名議員

                   署名議員