議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 27年 第1回定例会( 3月) 02月24日−01号




平成 27年 第1回定例会( 3月) − 02月24日−01号









平成 27年 第1回定例会( 3月)


みやこ町告示第10号
 平成27年第1回みやこ町議会定例会を次のとおり招集する
    平成27年2月10日
                               みやこ町長 井上 幸春
1 期 日  平成27年2月24日(火曜日)午前10時
2 場 所  みやこ町庁舎3階議事堂
──────────────────────────────
開会日に応招した議員
橋本 真助君          柿野 正喜君
中山 茂樹君          小田 勝彦君
田中 勝馬君          飯本 秀夫君
中尾 昌廣君          金房 眞悟君
大束 英壽君          柿野 義直君
熊谷みえ子君          原田 和美君
中尾 文俊君          肥喜里和隆君
浦山 公明君          上田 重光君
──────────────────────────────
応招しなかった議員
                
──────────────────────────────
───────────────────────────────────────────
平成27年 第1回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第1日)
                             平成27年2月24日(火曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                         平成27年2月24日 午前10時00分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期及び日程について
 日程第3 諸般の報告
 日程第4 施政方針演説
 日程第5 専決処分の報告
      報告第1号 専決処分の報告について(新光冨団地法面地すべり防止工事の専決処分について)
 日程第6 専決処分の承認について
      承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第6号))
 日程第7 人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、採決
      同意第1号 みやこ町副町長の選任について
 日程第8 議案の上程、提案理由の説明
      議案第1号 みやこ町教育長の勤務時間、休暇等及び職務に専念する義務の特例に関する条例の制定について
      議案第2号 みやこ町健康づくり推進条例の制定について
      議案第3号 みやこ町指定介護予防支援事業者の指定に関し必要な事項並びに指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の制定について
      議案第4号 みやこ町包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例の制定について
      議案第5号 みやこ町公園管理運営基金条例の制定について
      議案第6号 みやこ町公園条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第7号 みやこ町介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第8号 みやこ町奨学資金貸付条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第9号 みやこ町税条例等の一部を改正する条例の制定について
      議案第10号 みやこ町手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第11号 みやこ町行政手続条例及びみやこ町税条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第12号 みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第13号 みやこ町集会所・公民館等条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第14号 みやこ町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第15号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について
      議案第16号 福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について
      議案第17号 みやこ町活性化センターこだま荘の指定管理者の指定について
      議案第18号 みやこ町営蛇渕キャンプ場の指定管理者の指定について
      議案第19号 平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第7号)
      議案第20号 平成26年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第21号 平成26年度みやこ町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
      議案第22号 平成26年度みやこ町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第23号 平成27年度みやこ町一般会計予算
      議案第24号 平成27年度みやこ町国民健康保険事業特別会計予算
      議案第25号 平成27年度みやこ町後期高齢者医療特別会計予算
      議案第26号 平成27年度みやこ町介護保険事業特別会計予算
      議案第27号 平成27年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計予算
      議案第28号 平成27年度みやこ町土地取得特別会計予算
      議案第29号 平成27年度みやこ町水道事業特別会計予算
      議案第30号 平成27年度みやこ町農業集落排水事業特別会計予算
      議案第31号 平成27年度みやこ町公共下水道事業特別会計予算
      議案第32号 平成27年度みやこ町犀川財産区管理会特別会計予算
      議案第33号 平成27年度みやこ町城井財産区管理会特別会計予算
 日程第9 議員提出議案の上程、趣旨説明
      発議第1号 みやこ町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について
      発議第2号 議員辞職を勧告する決議(案)
 日程第10 請願
      請願第1号 町有施設「ゆいの郷」の機能存続等に関する請願について
      請願第2号 「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用した住宅リフォーム助成制度の実施について
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期及び日程について
 日程第3 諸般の報告
 日程第4 施政方針演説
 日程第5 専決処分の報告
      報告第1号 専決処分の報告について(新光冨団地法面地すべり防止工事の専決処分について)
 日程第6 専決処分の承認について
      承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第6号))
 日程第7 人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、採決
      同意第1号 みやこ町副町長の選任について
 日程第8 議案の上程、提案理由の説明
      議案第1号 みやこ町教育長の勤務時間、休暇等及び職務に専念する義務の特例に関する条例の制定について
      議案第2号 みやこ町健康づくり推進条例の制定について
      議案第3号 みやこ町指定介護予防支援事業者の指定に関し必要な事項並びに指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の制定について
      議案第4号 みやこ町包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例の制定について
      議案第5号 みやこ町公園管理運営基金条例の制定について
      議案第6号 みやこ町公園条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第7号 みやこ町介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第8号 みやこ町奨学資金貸付条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第9号 みやこ町税条例等の一部を改正する条例の制定について
      議案第10号 みやこ町手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第11号 みやこ町行政手続条例及びみやこ町税条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第12号 みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第13号 みやこ町集会所・公民館等条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第14号 みやこ町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第15号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について
      議案第16号 福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について
      議案第17号 みやこ町活性化センターこだま荘の指定管理者の指定について
      議案第18号 みやこ町営蛇渕キャンプ場の指定管理者の指定について
      議案第19号 平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第7号)
      議案第20号 平成26年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第21号 平成26年度みやこ町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
      議案第22号 平成26年度みやこ町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第23号 平成27年度みやこ町一般会計予算
      議案第24号 平成27年度みやこ町国民健康保険事業特別会計予算
      議案第25号 平成27年度みやこ町後期高齢者医療特別会計予算
      議案第26号 平成27年度みやこ町介護保険事業特別会計予算
      議案第27号 平成27年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計予算
      議案第28号 平成27年度みやこ町土地取得特別会計予算
      議案第29号 平成27年度みやこ町水道事業特別会計予算
      議案第30号 平成27年度みやこ町農業集落排水事業特別会計予算
      議案第31号 平成27年度みやこ町公共下水道事業特別会計予算
      議案第32号 平成27年度みやこ町犀川財産区管理会特別会計予算
      議案第33号 平成27年度みやこ町城井財産区管理会特別会計予算
 日程第9 議員提出議案の上程、趣旨説明
      発議第1号 みやこ町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について
      発議第2号 議員辞職を勧告する決議(案)
 日程第10 請願
      請願第1号 町有施設「ゆいの郷」の機能存続等に関する請願について
      請願第2号 「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用した住宅リフォーム助成制度の実施について
──────────────────────────────
出席議員(16名)
1番 橋本 真助君       2番 柿野 正喜君
3番 中山 茂樹君       4番 小田 勝彦君
5番 田中 勝馬君       6番 飯本 秀夫君
7番 中尾 昌廣君       8番 金房 眞悟君
9番 大束 英壽君       10番 柿野 義直君
11番 熊谷みえ子君       12番 原田 和美君
13番 中尾 文俊君       14番 肥喜里和隆君
15番 浦山 公明君       16番 上田 重光君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 中嶋 純男君     書記   中村 銀次君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
総務課長 ……………… 葉瀬垣和雄君   財政課長 ……………… 山見 紀幸君
総合政策課長 ………… 進  光晴君   伊良原ダム対策室長 … 尾崎  喬君
税務課長 ……………… 中原 裕二君   徴収対策課長 ………… 高辻 一美君
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
住民課長補佐 ………… 奥村 芳孝君   健康づくり課長 ……… 荒巻  誠君
介護福祉課長 ………… 山本 淳一君   生活環境課長 ………… 三角 房幸君
教育長 ………………… 屏  悦郎君   学校教育課長 ………… 柿野 善広君
生涯学習課長 ………… 進  友雄君   学校給食課長 ………… 亀田 国宏君
建設課長 ……………… 三隅  忠君   産業課長 ……………… 久保賢太郎君
上下水道課長 ………… 村中 隆秀君   


──────────────────────────────

午前10時00分開会



○議長(上田重光君) おはようございます。

 ただいまの出席議員は、16名です。したがいまして、定足数に達しておりますので、平成27年第1回みやこ町議会定例会を開会いたします。

 それでは、ただいまより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。日程に従い、議事を進めます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(上田重光君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 今回の会議録署名議員は、会議規則第126条の規定により、11番、熊谷みえ子議員、12番、原田和美議員の2名を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期及び日程について



○議長(上田重光君) 日程第2、会期及び日程についてを議題といたします。

 このことにつきましては、議会運営委員会において協議をしていただいておりますので、その結果について報告を求めます。中尾文俊議会運営委員長。



◎議会運営委員長(中尾文俊君) おはようございます。中尾文俊でございます。

 本日招集をされました平成27年第1回みやこ町議会定例会の議事運営につきまして、去る2月20日午前10時より議会運営委員会を開催をし、協議を行いましたので、その結果について御報告を申し上げます。

 本定例会に提案されます議案は、町長提出案件として、専決処分の報告1件、専決処分の承認1件、人事案件1件、条例の制定について5件、条例の一部改正について10件、福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について1件、指定管理者の指定について2件、平成26年度補正予算4件、平成27年度当初予算11件の計36件、議員提出案件2件及び請願2件の計40件であります。

 執行部より、町長、副町長及び総務課長、財政課長の出席を求め、提出案件の説明を受け、協議をいたしました結果、本定例会の会期を、本日から3月13日までの18日間とすべきものと決した次第でございます。この18日間の会期において、お手元に配付しております会期日程に従い、本会議、各常任委員会、予算特別委員会において審議及び審査いただきますようにお願いを申し上げます。

 次に、本日の議事日程について申し上げます。

 この後、日程第3は、諸般の報告です。議長としての報告事項は、書面をもっての報告といたします。

 日程第4は、施政方針演説で、町長より報告を受けます。

 日程第5は、専決処分の報告で、報告第1号について町長より報告を受け、本日、本会議終了後、全員協議会を開催をし、担当課より詳細な説明を受けます。

 日程第6は、専決処分の承認について、承認第1号を議題とし、提案理由の説明、質疑の後、委員会付託、討論を省略をし、直ちに採決すべきものと決しました。

 日程第7は、人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、採決です。同意第1号を議題とし、提案理由の説明、質疑の後、委員会付託、討論を省略をし、直ちに採決すべきものと決しました。

 日程第8は、議案の上程、提案理由の説明です。議案第1号から議案第33号までの33件の町長提出案件を一括して議題とし、町長から提案理由の説明を受けます。なお、議事能率を高めるため、所管課長からの提案理由についての補足説明は割愛をいたします。

 日程第9は、議員提出議案の上程、趣旨説明です。発議第1号及び発議第2号を一括して議題とし、それぞれ提出者から趣旨説明を受けますが、発議第1号については、議会運営委員会において議会運営委員会正副委員長が提出者及び賛成者となり、みやこ町議会委員会条例の一部改正について提出するように決定したものであります。本件は、会議規則第39条第2項の規定によって、趣旨説明を省略することといたしました。また、発議2号については、提出者から趣旨説明を受け、委員会付託を省略をし、明後日の2月26日の本会議において質疑討論を行い、採決すべきものと決しました。

 日程第10は、請願です。請願1号及び請願2号を上程し、会議規則92条の規定により、それぞれ所管の常任委員会へ付託を行います。

 以上が本日の議事日程であります。

 また、あす以降の日程についてですが、あす25日は考案日といたします。

 26日は本会議で、本日説明を受けた議案の質疑を行い、その後、議案の付託表をもって、各常任委員会に付託を行います。

 2月27日及び3月3日、4日の3日間を予算特別委員会の審査日としています。また、5日、6日、9日の3日間を各常任委員会の審査日とし、5日を文教厚生常任委員会、6日を産業建設常任委員会、9日を総務常任委員会といたしております。つきましては、所管分の審査をよろしくお願いをいたします。

 10日、11日の2日間を本会議一般質問に当てております。

 13日が本会議の最終日で、審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決を行い、閉会といたします。

 以上、本定例会の運営について、議会運営委員会で協議をいたしましたので、議員各位の御賛同と御協力を賜りますようにお願いを申し上げ、報告といたします。



○議長(上田重光君) 議会運営委員長の報告が終わりました。

 お諮りいたします。会期及び日程については、ただいまの議会運営委員長の報告どおり決することに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日2月24日から3月13日までの18日間とし、日程につきましてもお手元に配付の日程表のとおり決定をいたします。 

────────────・────・────────────



△日程第3.諸般の報告



○議長(上田重光君) 日程第3、諸般の報告。

 今議会までの議長としての報告事項は、印刷してお手元に配付しているとおりであります。なお、内容等の朗読は省略をいたします。

────────────・────・────────────



△日程第4.施政方針演説



○議長(上田重光君) 日程第4、施政方針演説。

 町長から施政方針演説の申し出があっておりますので、これを許可します。井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。

 本日ここに平成27年第1回みやこ町議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、公私とも御多用の中、御参集賜り、厚くお礼申し上げます。本議会は、平成27年度の予算を初め、多くの重要な案件について御審議をいただくものです。

 議案の説明に先立ち、私の町政に対する所信の一端を申し述べ、議員各位並びに町民の皆様の御理解と御支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

 さて、昨年暮れに執行されました衆議院議員総選挙において、与党である自民、公明の両党が引き続き政権を運営することとなりました。政府においては、積極的な経済政策を展開し、経済の好循環を維持させていただきたいと考えております。

 また、地方創生のための関連2法案を成立させ、日本の活性化は地方が元気でなければならないという観点から、地方再生の取り組みを進めています。この法律では、自治体ごとに「市町村まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定が求められています。

 みやこ町においても、みずから考え、責任を持って取り組み、日本一元気なまちとなるような総合戦略を考えてまいります。

 それでは、ここで、12月定例会以降の町政運営について御報告いたします。

 まず、町内における道路事業についてです。町内を横断する東九州自動車道につきましては、先ごろ、行橋インターから椎田南インター間が開通したところですが、3月1日には豊前インターから宇佐インター間、延長21.1キロメートルが開通いたします。なお、椎田南インターから豊前インター間の事業予定地の取得のおくれにつきましては、福岡県収用委員会が明け渡しについて裁決を発表したところであります。東九州自動車道につきましては、一日も早い開通を望むところでありますが、平成28年春の全線開通に向け、見通しが立ち、東九州の縦軸が一つに結ばれ、京築地域の浮揚が今後一段と進むものと考えております。

 次に、伊良原ダム関連事業についてです。現在、国道496号や町道のつけかえに伴う道路整備が実施されており、ダム本体関連工事として祓川本流から排水トンネルへの切りかえ工事、骨材製造ヤードの工事等が県事業で進められています。また、JVの作業員宿舎等の建築工事も11月末に始まり、完成間近と聞いております。今後は生活用道路と工事用道路が重複している国道496号の整備を早期に完成していただけるよう、県にお願いしてまいります。

 次に、介護福祉関連についてです。平成27年度から介護保険法が大幅に改正されることになり、みやこ町の介護行政の指針として、平成27年度から29年度までの3年間を期間とする高齢者福祉計画、介護保険事業計画を策定したところです。

 また、平成19年度に作成しました障害者計画については、社会情勢の変化や法改正に伴う見直しを行うとともに、障害者計画の実施計画として、障害者福祉計画を策定いたしたところです。いずれの計画も、介護を必要とされる方、障がいをお持ちの方々が、安全で安心して生活できる、日本一元気なまちづくりの指針にしたいと考えております。

 次に、環境保全に向けた取り組みについてです。昨年から北九州市が主体となり、北部九州・古着地域循環推進協議会を立ち上げ、古着のリサイクル事業を進めています。

 当町においても、限りある資源を大切に使う循環型社会の構築に取り組むため、協議会と協定を締結し、3月1日からサン・グレートみやこ、中央公民館、豊津公民館の3カ所に回収ボックスを設置し、古着のリサイクル事業を開始することとしております。

 また、人体に有害であるポリ塩化ビフェニエル廃棄物、いわゆるPCB廃棄物につきましては、厳重に保管・管理しておりましたが、平成27年1月14日をもちまして、その処理を全て完了いたしました。

 火葬処理施設であるやすらぎ苑の改修工事につきましては、2号炉の設置が完了し、昨年12月24日に中間検査を行ったところであります。現在、1号炉について施工中であり、1月中旬に新火葬炉の搬入、据えつけが終了しました。現在は、電気設備、塗装工事等を行っているところであり、3月上旬に試運転調整を行う予定です。

 次に、農政関連についてです。新規就農者対策として1月10日に博多駅で開催された、福岡県の新規就農セミナーに参加し、地域で就農を考える方に向けた就農相談を行いました。今後も引き続き、新規就農者の確保のための取り組みを進めてまいります。

 また、平成27年産の水稲作づけに当たり、経営所得安定対策の説明のため、農協、農業共済と共同で、2月17日から集落ごとに座談会を行っているところです。

 次に、商工観光関連についてです。昨年末の12月21日、サン・グレートみやこにおいて「愛郷音楽祭」を開催いたしました。今年度は東京芸術大学、町内の各合唱団、町内中学校の管弦楽部及び上伊良原神楽保存会等の皆様の御協力のもと、馬ケ嶽が見た黒田官兵衛を題材とした、「心は水の如く清し」を上演いたしました。終始立ち見が出るほどの盛況となり、来場者にアンケートを行ったところ、9割以上の方から大変よかったとの回答をいただいております。

 また、年々巧妙化する悪質商法の被害者とならないよう、消費者庁の交付金を活用した悪質業者撃退ステッカーを作成し、1月広報にあわせ、各戸配布を行いました。

 さらに、3月29日には、犀川支所前及び犀川体育館において「第1回ジビエ祭り」を開催します。会場では、鹿バーガー、イノシシの丸焼き、イノシシハム、イノシシウインナーなどの試食販売を予定しています。また、あわせまして、みやこ観光まちづくり協会主催による「ミュージックストリート2015」も同時開催することとしております。御多忙とは存じますが、議員各位そして多くの皆様の御来場をお願いいたします。

 次に、生涯学習関連についてです。先月1月11日に182名の新成人の出席のもと、成人式が華やかな中にも厳粛にとり行われました。議員各位には、お忙しい中、御臨席賜り、まことにありがとうございました。

 1月31日には、「歴史文化カレッジ」第5回講座が行われました。講座では、豊前神楽の過去、現在、未来をテーマに、講演会と豊前神楽集団の創作神楽を上演し、好評をいただいたところです。

 また、2月22日には、「三重塔まつり」を開催いたしました。あいにく雨模様でしたが、会場では少年少女俳句優秀作品の表彰を初め、護摩焚き、火渡り、野点、地元国分区の出店等があり、大変御好評をいただいているようでした。

 次に、健康づくり事業として、2月28日、すどりの里で「健康づくり学習会」を開催することとしております。学習会では、健康診断とおいしく食べてメタボ予防につながる方法について、保健師、管理栄養士、みやこ町健康づくり協力員がわかりやすく説明し、健康体操も行いますので、健康づくり事業に御参加いただき、日本一元気なまちづくりの御支援をお願いいたします。

 以上が、12月定例会以降の行政報告とさせていただきます。

 続きまして、平成27年度当初予算の概略につきまして御説明申し上げます。詳細は、予算審議の場で改めて御説明申し上げますが、ここでは骨格となる基本的な考え方や編成方針を述べさせていただきます。

 ここ数年の本町の決算状況は、合併特例による普通交付税の算定替えや地域活性化交付金、地域対策交付金等により、比較的安定した財政運営となっております。しかしながら、過疎化、高齢化が進む現状においては、扶助費のさらなる増加、多様化する行政サービスの需要増、老朽化した施設の維持費の増加等が懸念されます。

 また、平成28年3月には、合併10周年を迎え、地方交付税の段階的減額が始まり、平成33年度には現在より10億円程度の減収が見込まれています。本年度においても、将来を見据えて、行財政改革に沿った経常経費の節減に努め、将来にわたり持続可能な財政構造の構築を目指した予算編成としております。

 一般会計予算における主な新規事業としましては、本庁機能集約のための「ゆいの郷」改修事業、将来のまちづくりを進めるためのまちづくり構想策定事業、勝山地区の防災行政無線デジタル化事業、新制度に基づく放課後児童クラブの運営事業、第2期今里団地建設事業、小中学校屋内運動場天井改修事業等であります。

 また、平成27年度一般会計当初予算総額は125億7,500万円で、前年の平成26年度一般会計当初予算が骨格予算であったことから、26億6,550万円の増額で、率にして26.9%の増となっております。

 それでは、町政運営に臨む施政方針につきまして、基本計画に定めております6つの分野別基本施策体系に沿って、私の考えを申し上げます。

 まず1点目の柱として、生活基盤、自然と環境を大切にし、快適に生活できるまちについてであります。

 まず、光高速インターネット通信環境の整備についてです。現在、勝山と豊津の一部地域で、NTT西日本によるサービスが提供されているところですが、残りの部分につきましても、予定どおり本年12月末までの町内全域整備に向け、順調に進捗しているところです。

 次に、伊良原ダム関連事業についてです。伊良原ダム建設工事は、平成29年度末完成を目標に工事が着々と進んでおります。

 町としましても、県のダム事業に並行し、ダム水源地域振興事業のさらなる推進を図ってまいります。特に現在、建築を進めております伊良原小中学校の前後に位置する森林公園、伊良とぴあ公園を、伊良原地域はもとより、みやこ町の活性化対策の目玉、起爆剤となるよう、計画を進めてまいります。

 次に、幹線道路及び域内循環道の整備促進についてです。昨年12月13日に東九州自動車道の豊津インター、今川スマートインターが開通し、みやこ町内の東九州自動車道が完成しました。今後は、東九州自動車道へのアクセスを初め、各地域を結ぶ道路網整備を進めていかなければならないと考えております。また、次期総合計画の見直しに際し、現在、幹線道路網の整備計画の策定に取り組むとともに、整備路線の選定を行ってまいりたいと考えております。

 次に、人口減少に対応した定住促進についてです。町では、I・J・Uターン等、移住・定住を促進するため、住宅助成金を初め、各種定住促進施策を講じているところです。昨年5月には、犀川駅裏に若者向け住宅を完成させました。また、少子高齢化、過疎化が進む伊良原地域の古賀団地に定住促進住宅を4戸建設し、現在、入居募集を行っているところです。

 また、第2の若者向け住宅の建設を計画しており、予備調査を実施することとしております。なお、公営住宅の整備につきましては、平成24年度から今里住宅の第1期建設工事を完成させ、平成27年度より第2期建設工事を行ってまいります。

 次に、環境保全に向けた取り組みです。町では、環境にやさしいまちづくり並びに地球温暖化防止施策等を推進するため、住宅用太陽光発電システム設置費補助制度を平成24年度から3カ年事業として実施しているところです。国の補助制度は既に平成25年度で終了し、補助制度を廃止している自治体もありますが、期間をさらに3年間延長し、みやこ町の定住促進施策の一つとして引き続き実施してまいります。

 次に、防災対策です。異常気象に起因して発生するゲリラ豪雨など、風水害等の自然災害は、今までに経験したことのない大規模の様相を呈しており、災害の態様も複雑多様化しております。

 本町では、昨年8月に広島市で発生した土砂災害の教訓から、町民の命を守ることを最優先事項とし、「早く知らせること、早く逃げること、早く対応すること」を主眼とした防災・減災対策を実施してまいります。

 具体的な施策としましては、災害時や非常時において迅速かつ的確に情報伝達するため、平成27年度はまだデジタル化が未整備であった勝山地区を実施してまいります。

 また、地域住民の自発的な防災活動を促進するため、昨年同様、自主防災組織の設立、育成に努め、モデル地区を設定し、講習会や避難誘導訓練を行うなど、地域防災力の強化を推進してまいります。

 次に、上下水道の整備促進についてです。水道事業関係、簡易水道事業の国庫補助制度が平成28年度末をもって終了することを踏まえ、平成26年度に続き、配水管敷設工事を豊津・本庄地区で3カ所、勝山中央地区で1カ所、御手水・黒田地区で1カ所を実施してまいります。

 また、給水拡張認可区域である勝山・犀川地区で、平成26年度からの3カ年事業として、配水管を敷設しております。平成27年度は、その2年目で、配水管の測量業務を実施するとともに、宮原・岩熊・長川地区等で敷設工事を6カ所実施する予定です。

 さらに、本庄地区処理施設改修工事を平成25年度より3カ年をかけて実施しており、27年度の完成を目指しております。

 また、平成28年度に県が実施する福岡県汚水処理構想の見直しに伴い、平成27年度に汚水処理整備計画の策定を実施する予定です。

 次に、2本目の柱として、健康・福祉・人権、生涯健康、生涯現役の高福祉のまちについてであります。

 高齢化が一段と進むみやこ町は、県下5番目に高い高齢化率であり、3人に1人が65歳以上の高齢者であるという状況です。高齢化率の上昇に伴い、介護サービスを受ける方も急増し、介護給付費も増加しています。これまでと同様のサービスを提供するためには、介護保険料を検討せざるを得ない状況です。今後は、介護給付費の上昇を抑えるため、今まで以上に介護予防を行い、要支援、要介護にならないよう努めてまいります。

 高齢社会の到来により、認知症を発症する方の割合が高くなるとの見解が、国から発せられています。しかし、認知症のことはまだ完全に理解されている状況ではないことから、発症した方とその家族を支える支援員を1名増員することにより、病気への理解と啓発に努めてまいります。

 身体状況が他者からの介護が必要になる状態を要介護状態と呼び、現在は介護保険を活用することで対応が可能になりました。国の予測では、2025年には、一号被保険者の月額保険料が1万円を超えると言われています。このような状況を招かないよう、介護状態となる方を増やさない取り組みを今以上に進める必要があるため、医療と連携調整を行いながら、予防施策を講じてまいります。

 次に、健康づくりについてです。日本一元気なまちをつくるためには、まさしく健康であることが第一です。生活習慣の改善や疾病の早期発見、早期治療など、町民一人一人が主体的に健康づくりに取り組むことが大切であり、全ての町民が生涯にわたって健康で、心豊かに暮らすことができる社会を実現するため、みやこ町健康づくり推進条例を今議会に提案いたしております。

 また、もう一つの課題は、健康寿命を延ばすことです。健康寿命を延ばすことができれば、健康で自立した生活がより長く送れると同時に、国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険などの費用を抑制することができ、町民負担と財政負担の軽減にもつながります。この健康寿命を延ばすため、病気にならないように生活習慣と食生活の改善を進める施策を講じ、健康診断を充実させ、事後フォローの徹底を図ります。

 しかし、町単独の取り組みでは限界があるため、町民の皆様、各行政区、事業者、関係団体がみずから健康づくりに取り組み、連携して健康づくりに邁進していただきたいと考えております。

 さらに、国民健康保険、公費医療制度、後期高齢者医療制度を健全に運営し、町民がいつでも充実した医療が受けられるよう努めてまいります。

 また、平成30年4月に、福岡県を主体とした新たな国民健康保険制度が発足する予定です。新制度に移行するため、県と連携して着実に事業を進めてまいります。

 次に、子育て支援についてです。平成27年4月から、子ども・子育て支援制度がスタートし、量的拡充と質の改善が求められています。これらに対応するため、悩みを抱えている保護者が気軽に相談できるサポート事業とネットワークづくりを推進し、安心して子育てができるように、支援体制の充実を図りたいと考えています。

 町では、4月から始まる新制度に基づき、放課後児童クラブの拡充を検討してまいりました。犀川地区では、城井保育園、本庄地区学習等供用施設、勝山地区では、勝山苑、認定こども園太陽の森、そして豊津地区では、すどりの里で、それぞれ小学校6年生までを受け入れ対象とした、新しい放課後児童クラブをスタートさせます。

 特に豊津地区では、これまで放課後児童クラブがないことから、議会また保護者の方からも強い要望があり、整備を進めてまいりましたが、このたびようやく実現することとなりました。また、豊津地区のすどりの里では、小学校の特別支援学級に通っている児童を対象とした放課後児童クラブも実施する予定です。

 新制度による放課後児童クラブにつきましては、児童の安全面配慮と利用者の皆様に満足していただけるような運営に努めてまいります。

 子育てをしている保護者を取り巻く環境は多様化しており、さまざまな子育てニーズに応えられるようにしなければなりません。若者世帯がどうしたら子育てがしやすいと感じられるか、その対策をどう講じるかが、若者の定住化に向けた重要なポイントになると考えております。子育てに関する支援事業を町の重点課題と位置づけ、さまざまな施策を講じてまいりたいと考えています。

 次に、一人一人の人権が尊重されるまちづくりについてです。町では、平成23年に、みやこ町男女共同参画推進条例を施行し、男性も女性もあらゆる場において、それぞれの個性と能力を発揮できる男女共同参画社会の実現に努めています。条例の趣旨を踏まえ、DV相談、企業訪問、女性職員の登用等を行い、男女共同参画社会の推進を図ってまいります。

 また、福岡県女性海外研修事業「女性研修の翼」の参加者を筆頭に、女性リーダーの育成に努めたいと考えております。

 人権政策につきましては、同和問題を初め、あらゆる人権問題の解決に向け、基本的人権が尊重されるまちづくりを積極的に進めてまいります。特に7月の同和問題啓発強調月間並びに12月の人権週間につきましては、人権意識の向上を図ることに重点を置き、街頭啓発や人権啓発講演会を実施いたします。また、同和問題啓発強調月間に合わせ、隣保館まつりを開催し、隣保館が人権教育や人権啓発の拠点施設となるよう努めてまいります。

 次に、3本目の柱として、教育・文化、地域の個性を生かした教育・文化のまちについてであります。

 まず、学校教育関連についてです。伊良原小中学校建設については、平成28年4月開校におくれることなく、工事関係者等と十分協議を行い、進めてまいります。また、開校に向けて、校名、校章、校歌作成の準備を進めています。

 みやこ町の小中学校の再編については、みやこ町学校再編整備計画策定委員会から、去る1月22日、教育委員長に対し最終答弁がありました。今後は学校再編整備計画策定委員会の答申をもとに、耐力度調査を実施し、教育委員会並びに議会の御意見を伺いながら、町としての再編計画を策定し、教育環境の充実に努めてまいりたいと考えております。

 さて、平成27年度より、新たに「みやこ町中学生土曜学習講座」を開講することとしています。この講座は、塾に通っていない中学校の2、3年生の希望者を対象としたもので、みずから学ぶ力を養うことを目的としているものです。

 時間につきましては、土曜日及び夏休み期間中を活用し、約20回程度、学校以外の公共施設において数学と英語の2教科について基礎・基本のドリル学習を中心に行う予定にしております。この取り組みによりまして、町内の中学生の学力向上に結びつくことを期待しているところです。なお、指導者につきましては、教員のOB、学校の講師、地域ボランティアの方々にお願いしたいと考えているところです。

 食育の取り組みとしまして、国の消費安全対策交付金を活用し、町内小学校の児童に農作業等を体験できる機会を提供する「みやこ町教育ファーム」を実施しております。今後は、関係者に対し、指導者養成講座を開催し、教育ファームの充実を図ってまいります。あわせて学校給食小委員会において、生産者と給食センターの相互理解を深める取り組みを進めてまいります。

 次に、生涯学習についてです。平成27年度は、社会教育施設の補修整備並びに利用者が安全で快く利用できる環境整備を行い、いつでも、どこでも、誰でも、何でも学ぶことができる学習機会を提供してまいります。

 また、本年11月には、歴史民俗博物館のリニューアルオープンを控え、駐車場や誘導案内板などの整備を進めるとともに、観光まちづくり協会と連携し、文化財や芸術文化の情報発信を進めてまいります。

 次に、4本目の柱として、産業・雇用、魅力ある産業の自立と再生のまちについてです。

 町内農業の担い手対策は、喫緊の課題です。新規就農研修者の積極的な受け入れを行い、将来的に地域の農業の担い手として活躍いただく人材の育成を行ってまいります。さらに、研修内容の充実に向け、農家で実習ができるような研修体制の構築に取り組んでまいります。

 また、昨年度より始まった農地中間管理事業を活用し、地域の中心となる担い手への農地の集積を進めてまいります。農地の保全や農道、水路等の管理は、農家数の減少により、適切に実施することが困難な地域が増加しています。こうした活動を支援するため、多面的機能支払交付金や中山間地域等直接支払制度を活用し、農地等の保全に努めてまいります。

 イノシシや鹿による農作物の被害は、途絶えることがありません。現在、防護策の助成のほかに、猟友会による駆除活動等により、捕獲量を高めているものの、依然として野生鳥獣による農作物への被害が生じている状況です。今後は、研修会等を実施し、地域が主体的に防護対策に取り組める体制を整備してまいります。

 酪農生産物、牛乳の価格低迷等で、畜産業の経営は非常に厳しいものとなっています。現状改善のため、補助事業を活用し、一頭当たりの生乳生産量の増加のための施設の設置や、新たに飼料収穫機等の導入を図り、コスト削減を推進してまいります。

 森林整備の推進につきましては、福岡県が実施している荒廃森林再生事業を有効活用し、次世代に健全な森林を残すための取り組みを進めてまいります。また、国の森林山村多面的機能発揮対策交付金により、地域で取り組む森林整備活動等を支援してまいります。

 農業振興の取り組みとしましては、4月下旬にオープンを予定している「四季犀館」の食堂棟において、町内農林産物を使用した料理等を提供し、地場産農林産物のPRを図るとともに、地産池消を推進してまいります。

 次に、5本目の柱として、交流・連携、充実する交流環境を生かした交流・連携のまちについてであります。

 みやこ町は、平成28年3月20日をもって、合併10周年を迎えます。10周年という節目を迎えるに当たり、みやこ町の魅力を町内外に発信するため、各種イベントをさらに充実して実施してまいります。

 また、昨年発足しましたみやこ町観光まちづくり協会を初め、民間活力を生かした観光への取り組みを進めるとともに、近隣市町村との広域連携を強化し、他地域からの観光客の流入を拡大する環境づくりを進めてまいります。

 次に、海外ホームステイ事業につきましては、平成24年度から、ハワイ州ハワイ島にて実施しており、平成27年度につきましてもハワイ島を予定しております。

 町といたしましては、本事業を通じて幅広い視野と国際感覚を備えた、次世代を担う子供たちを育成したいと考えているところです。また、現代のグローバル社会を生き抜くためには、国際感覚を身につけることが重要であり、ハワイ郡との交流につきましては、子供たちの交流に限らず、みやこ町としてより密接な友好交流につなげていきたいと考えております。

 具体的には、ホームステイの受け入れや文化交流を初め、民間レベルでの経済交流など、さまざまな形で長く継続的な交流を行うことを目指して取り組んでまいりたいと考えております。

 最後に、6本目の柱として、住民自治・行財政、住民と行政の協働による創造性あふれるまちについてであります。

 日本の人口の現状と将来の姿を示し、今後目指すべき将来の方向を提示する、「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」と、今後5カ年の目標や施策の基本方向を具体的な施策をまとめた、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が昨年12月27日に閣議決定されました。地方創生は、国と地方自治体が一体となって、それぞれの地域で住みよい環境を確保し、人口減少に歯止めをかけ、将来にわたって活力ある社会を維持していくための施策を実施していくこととされております。

 町といたしましても、国の長期ビジョン及び総合戦略を勘案しつつ、みやこ町における人口の現状と将来の展望を提示する地方人口ビジョンを策定し、これを踏まえて、今後5カ年の目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめた「市町村まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定する予定にしております。計画策定に当たりましては、議員各位には適宜御報告しながら、進めてまいりたいと考えておりますので、御理解と御協力をお願いいたします。

 次に、平成27年度は、総合計画、地域計画の見直しの年度であります。近年のめまぐるしく変化する社会情勢に対応するとともに、みやこ町のより強固な基盤づくりに向け、ハード、ソフトの両面からさまざまな施策、事業を展開するため、見直し作業に入りますが、過疎化、定住促進対策を初め、空き家対策、地域担当制等の各施策につきましては、今後も引き続き実施してまいります。

 長引く景気の低迷や少子高齢化の進展、人口の減少等、本町を取り巻く状況は、予想以上に厳しさを増しておりますが、日本一元気なまちを目指し、新たな状況の変化にも柔軟に対応し得る計画の策定に努めてまいります。

 また、新町建設計画及び過疎計画についても見直しを行い、変更計画を策定いたします。両計画とも平成27年度までの計画となっており、基本的には5カ年間の延長を図るものであります。

 以上、6つの分野の施策体系に沿って、私の施政方針を申し述べさせていただきました。なお、本議会には、平成27年度一般会計予算を初め、合計36件の案件を上程いたしております。いずれの議案も、町政運営上、重要なものでありますので、慎重に御審議の上、議決くださいますよう、お願いを申し上げます。



○議長(上田重光君) 施政方針演説を終わります。

 ここで、暫時休憩とします。11時をもって再開いたします。よろしくお願いします。

午前10時53分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時00分再開



○議長(上田重光君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

────────────・────・────────────



△日程第5.専決処分の報告



○議長(上田重光君) 日程第5、専決処分の報告。

 報告第1号専決処分の報告については、お手元に配付のとおりでございます。

 これより町長から説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 専決処分の報告について御報告申し上げます。

 報告第1号は、新光冨団地法面地すべり防止工事の専決処分の報告についてであります。

 工事金額の増額に伴う変更契約について、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものです。

 よろしくお願いいたします。



○議長(上田重光君) 町長の説明を終わります。

 なお、報告の詳細につきましては、本会議終了後の全員協議会で説明を求めます。

────────────・────・────────────



△日程第6.専決処分の承認について



○議長(上田重光君) 日程第6、専決処分の承認について、承認第1号を議題とし、提出者の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 承認第1号は、平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第6号)についての専決処分の承認についてであります。

 疾病対策費の未熟児医療費の執行に当たって歳出予算を補正する必要が生じましたが、町議会を招集するいとまがないことから、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものです。

 よろしくお願いいたします。



○議長(上田重光君) 町長の説明が終わりました。これより質疑に入ります。

 承認第1号について質疑を受けます。質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっています承認第1号の専決処分案件は、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。従いまして承認第1号は、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行うことで決定いたしました。

 なお、採決は起立によって行います。これより承認第1号について採決いたします。

 本件は、承認することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席下さい。全員賛成です。従いまして承認第1号専決処分の承認を求めることについては、承認することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第7.人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、採決



○議長(上田重光君) 日程第7、人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、採決。

 同意第1号みやこ町副町長の選任についてを議題とし、これより提出者の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 同意第1号は、みやこ町副町長の選任につき同意を求めることについてであります。

 現職の辛島秀典氏が平成27年3月31日をもって任期満了になるため、引き続き平成27年4月1日から同氏を選任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

 よろしくお願いいたします。



○議長(上田重光君) 提案理由の説明が終わりました。これより質疑に入ります。同意第1号について質疑を受けます。質疑のある方いますか。原田和美議員。



◆議員(原田和美君) 人事案件でありますので、本人を議場から退席させていただきたいと思います。

 今までの人事案件につきましても、自分の弟のときも自分自身が退席しましたので、人事案件でありますので、辛島副町長も一時退席させていただくのが議会の運営上のあれやないかと思いますけど。



○議長(上田重光君) 運営方針につきましては、局長に説明させます。

 中嶋局長。



◎事務局長(中嶋純男君) ただいま原田議員の関係の部分の質問でございますが、除斥に関しましては、議員間同士の関係の部分でいろんな利益関係そういうものがある分については、除斥の対象となっておりますが、執行部側につきましての人事案件等につきましては、除斥の対象ではないということになっておりますので、前回もこういう形の部分で行われておると思います。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 原田和美議員。



◆議員(原田和美君) 自治法でどういうふうになっているか知りませんけど、本人がおって採決とるんは……。これは当たり前のことと思うんですよ。自治法にあれしてなかったらいいとかそういうことじゃない、教育長の時も、大体退席してとるんが当り前やったんやないかと私は思いますけど、あのとき気がつかなかったんで注意しませんでしたけど、今までの、自分は20年議員しますけど、そういう案件については、今まで退席を求めて決をとっていたと私は思っておりますので、自分がそういう経験上から言うたんでありましてね。



○議長(上田重光君) 9番大束英壽議員。



◆議員(大束英壽君) 大束です。おはようございます。基本的に採決のときは、退席はされるんでしょうね。



◎事務局長(中嶋純男君) 採決のときも退席はしておりません。



◆議員(大束英壽君) そういった方向できてましたかね。やっぱり執行部側にしろ、本人がおるとこでのその採決はしてなかったと思いますが。



◎事務局長(中嶋純男君) 前回の副町長の選任、教育長の選任につきましてもこれもこういう形でやっております。



○議長(上田重光君) 各位に申しあげます。この件につきましては、本日の全員協議会もございますので再度検討課題といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) よろしくお願いします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっています同意第1号について委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思いますが、これに御異議はありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。したがって同意第1号については、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行うことで決定しました。

 なお、採決は起立によって行います。

 これより同意第1号について採決を行います。

 本件は、これに同意とすることに賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席下さい。賛成多数です。したがいまして同意第1号みやこ町副町長の選任については、原案のとおり同意とすることに決定しました。

 ここで副町長から発言の申し出があっておりますので、これを許可します。辛島副町長。



◎副町長(辛島秀典君) ただいま副町長の選任に御同意をいただきましてありがとうございます。

 今までも、町長が提唱しております日本一元気なまちづくりについて頑張ってまいりましたけれども、今まで以上に邁進してまいりたいというふうに考えておりますので、議員の皆様におかれましては、今まで以上の御指導、御鞭撻のほどよろしくお願い申し上げまして御挨拶にかえさせていただきます。

 どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)

────────────・────・────────────



△日程第8.議案の上程、提案理由の説明



○議長(上田重光君) 日程第8、議案の上程、提案理由の説明。

 これより議案第1号みやこ町教育長の勤務時間、休暇等及び職務に専念する義務の特例に関する条例の制定についてから議案第33号平成27年度みやこ町城井財産区管理会特別会計予算までの町長提出案件33件を一括して議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 議案につきましては、条例の新規制定案5件、条例の改正案10件、規約の変更案件1件、指定管理者の指定案2件、平成26年度一般会計及び特別会計補正予算案4件、平成27年度一般会計及び特別会計予算案11件、計33件となっております。

 それでは、議案ごとに提案理由の概要について説明いたします。

 議案第1号は、みやこ町教育長の勤務時間、休暇等及び職務に専念する義務の特例に関する条例の制定についてであります。

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律が、平成26年6月20日に公布され、平成27年4月1日から施行されることに伴い、みやこ町教育長の勤務時間、休暇等及び職務に専念する義務の特例に関する条例を定める必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第2号は、みやこ町健康づくり推進条例の制定についてであります。

 健康で心豊かな暮らしを実現するためには、生活習慣の改善や疾病の早期発見、早期治療等、町民一人一人が主体的に健康づくりに取り組むことが大切であり、この取り組みを広げていくためには、町、町民、行政区、事業者、保健医療関係者等がそれぞれの立場で健康づくりに関し、連携協力して推進していくことが重要であることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第3号及び議案第4号は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律が、平成25年6月14日に公布され、平成26年4月1日に施行されたことに伴い、それぞれの条例を制定する必要があることから、条例案を提出するものであります。

 議案第5号は、みやこ町公園管理運営基金条例の制定についてであります。

 町が管理する公園の整備及び維持管理を行う費用に特定防衛施設周辺整備調整交付金を充てるため、地方自治法第241条第1項の規定に基づき、みやこ町公園管理運営基金を設置する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第6号は、みやこ町公園条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 町が設置及び管理する施設については、地方自治法第244条第1項の規定により条例で定める必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第7号は、みやこ町介護保険条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律が、平成26年6月25日、介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令及び介護保険法施行規則等の一部を改正する省令が、平成26年12月12日に公布されたことに伴い、みやこ町介護保険条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第8号は、みやこ町奨学資金貸付条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 経済的理由により就学困難な状況にある就学の意欲が旺盛な学生生徒に対して奨学資金貸付金額の増額を行うことで、制度の積極的な利用を推進するため、みやこ町奨学資金貸付条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第9号は、みやこ町税条例等の一部を改正する条例の制定についてであります。

 みやこ町税条例は、総務省また県が作成している準則をもとに一部改正を行っていますが、改正が複雑でかつ多くの条文により構成されていることから、準則に規定されている内容とみやこ町税条例との間に一部差異が生じています。よって、今後の円滑な事務処理のために条例改正を行う必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第10号は、みやこ町手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律が、平成26年5月30日に公布され、平成27年5月29日から施行されることに伴い、みやこ町手数料徴収条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第11号は、みやこ町行政手続条例及びみやこ町税条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 行政手続法の一部を改正する法律が平成26年6月13日に公布され、平成27年4月1日から施行されることに伴い、みやこ町行政手続条例及びみやこ町税条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第12号は、みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、みやこ町職員の給与に関する条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第13号は、みやこ町集会所、公民館等条例の一部を改正する条例の制定についてであります。集会所、公民館等無償譲渡することに伴い、みやこ町集会所、公民館等条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第14号は、みやこ町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律が、平成26年6月20日に公布され、平成27年4月1日から施行されること及び地方教育行政の組織及び運営に関する法律第19条第2項に規定される指導主事の報酬をみやこ町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例に定めることに伴い、同条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第15号は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてであります。

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律が、平成26年6月20日に公布され、平成27年4月1日から施行されることに伴い、関係条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第16号は、福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更についてであります。

 平成27年4月1日から有明広域葬斎施設組合が名称変更することに伴い、福岡県市町村職員退職手当組合規約を変更する必要が生じたため、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第17号は、みやこ町活性化センターこだま荘の指定管理者の指定についてであります。

 みやこ町活性化センターこだま荘の指定管理候補者として京都森林組合を選定したので、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第18号は、みやこ町営蛇渕キャンプ場の指定管理者の指定についてであります。

 みやこ町営蛇渕キャンプ場の指定管理候補者として京都森林組合を選定したので、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第19号は、平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第7号)についてであります。既定の総額から歳入歳出それぞれ177万8,000円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ123億9,201万7,000円に定めようとするものであります。

 主な内容といたしまして、各種事業の執行実績による不用額の減額及び国からの地域住民生活等緊急支援のための交付金による各種事業の追加補正となっております。

 議案第20号は、平成26年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)であります。既定の総額から歳入歳出それぞれ2,766万2,000円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ29億3,940万1,000円に定めようとするものであります。

 議案第21号は、平成26年度みやこ町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてであります。既定の総額から歳入歳出それぞれ85万9,000円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ3億2,019万8,000円に定めようとするものであります。

 議案第22号は、平成26年度みやこ町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。既定の総額から歳入歳出それぞれ6,200万円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ2億1,721万8,000円に定めようとするものであります。

 議案第23号は、先ほどの施政方針でも予算内容に触れさせていただきました、平成27年度みやこ町一般会計予算であります。多様な行政需要に対応するために必要な一般行政経費及び投資的経費を計上いたしております。

 厳しい財政状況ではありますが、骨格予算であった前年度予算比26.9%増の歳入歳出の総額をそれぞれ125億7,500万円に定めようとするものであります。

 議案第24号は、平成27年度みやこ町国民健康保険事業特別会計予算についてであります。歳入歳出の総額をそれぞれ32億8,734万2,000円に定めようとするものであります。

 議案第25号は、平成27年度みやこ町後期高齢者医療特別会計予算についてであります。歳入歳出の総額をそれぞれ3億2,182万3,000円に定めようとするものであります。

 議案第26号は、平成27年度みやこ町介護保険事業特別会計予算についてであります。保険事業勘定の歳入歳出の総額をそれぞれ24億8,095万4,000円とサービス事業勘定の歳入歳出の総額をそれぞれ2,216万9,000円に定めようとするものであります。

 議案第27号は、平成27年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計予算についてであります。歳入歳出の総額をそれぞれ321万2,000円に定めようとするものであります。

 議案第28号は、平成27年度みやこ町土地取得特別会計予算についてであります。歳入歳出の総額をそれぞれ29万円に定めようとするものであります。

 議案第29号は、平成27年度みやこ町水道事業特別会計予算についてであります。収益的収入及び支出につきましては、収入支出それぞれ4億5,224万5,000円に定めようとするものであり、資本的収入につきましては、6億1,405万2,000円、資本的支出6億9,824万8,000円であり、不足する額8,419万6,000円は、過年度及び当年度分、損益勘定保留資金で補填するものであります。

 議案第30号は、平成27年度みやこ町農業集落排水事業特別会計予算についてであります。歳入歳出の総額をそれぞれ3億8,857万2,000円に定めようとするものであります。

 議案第31号は、平成27年度みやこ町公共下水道事業特別会計予算についてであります。歳入歳出の総額をそれぞれ1億1,104万1,000円に定めようとするものであります。

 議案第32号は、平成27年度みやこ町犀川財産区管理会特別会計予算についてであります。歳入歳出の総額をそれぞれ70万5,000円に定めようとするものであります。

 議案第33号は、平成27年度みやこ町城井財産区管理会特別会計予算についてであります。歳入歳出の総額をそれぞれ335万4,000円に定めようとするものであります。

 以上、提案理由を説明いたしました。

 今回提案いたしております議案は、いずれも重要な案件でありますので、慎重に御審議の上御可決くださいますようお願いいたします。



○議長(上田重光君) 以上で町長提出案件の提案理由の説明を終わります。

 お諮りします。議案第23号平成27年度みやこ町一般会計予算から議案第33号平成27年度みやこ町城井財産区管理会特別会計予算までの11件については、議会運営の申し合わせにより、議員全員で構成する予算特別委員会を設置し審査する事にしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって議案第23号から議案第33号までの11件の予算案件については、議員全員で構成する予算特別委員会を設置し審査する事に決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第9.議員提出議案の上程、趣旨説明



○議長(上田重光君) 日程第9、議員提出議案の上程、趣旨説明。これより発議第1号みやこ町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてから発議第2号議員辞職を勧告する決議案までの議員提出案件の2件を一括して議題とします。

 お諮りいたします。

 発議第1号みやこ町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定については、議会運営委員会において運営委員が提出者及び賛成者となって提出するように決定したものであります。

 本件は、会議規則第39条第2項の規定によって趣旨説明を省略したいと思いますがこれに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって発議第1号は、趣旨説明を省略することに決定しました。

 次に、発議第2号議員辞職を勧告する決議案を議題としますが、この件につきましては、地方自治法第117条の規定により、4番、小田勝彦議員の退場を求めます。

〔4番 小田勝彦議員 退場〕



○議長(上田重光君) 発議第2号について、提出者の趣旨説明を求めます。12番、原田和美議員。



◎議員(原田和美君) 12番、原田和美です。ただいまより発議2号小田勝彦議員の辞職勧告決議案に対する趣旨説明を行います。

 私は、一部事務組合行橋市みやこ町清掃施設組合の議員ではありません。しかし、平成27年2月10日火曜日の新聞記事を読むと、小田勝彦議員が取締役を務める会社が組合発注の業務を随意契約で受注していることがわかり、地方自治法に抵触する恐れがあるため、一部事務組合の議員を2月6日付で辞職したと出ていました。

 小田議員は、一部事務組合の監査員をしていたと聞いてます。監査役をしているなら一部事務組合の議員辞職する前に説明責任を果たしてから議員辞職願を提出するのが議員としての責務と思います。小田勝彦議員は、登記ミスと釈明しています。私は、法務局に行って小田勝彦議員が取締役を務める会社の謄本をとってみたら、平成27年2月5日に法務局に行って小田勝彦議員が取締役の辞任届を提出していました。法務局職員に聞くと平成27年2月5日までは、会社の取締役であったと説明を受けました。

 小田勝彦議員は、住民の代表であることを忘れ自分の私欲に走ったことは議員失格であり、議員辞職勧告決議案が提出される前に辞職して、一部事務組合議員、みやこ町議員、住民の皆さんに身を切って責任をとるべきと思っております。

 以上で、小田勝彦議員に対し議員辞職勧告決議案の趣旨説明とさせていただきます。

 以上です。



○議長(上田重光君) 発議第2号の趣旨説明を終わります。4番、小田勝彦議員の入場を許可します。

〔4番 小田勝彦議員 入場〕

────────────・────・────────────



△日程第10.請願



○議長(上田重光君) 日程第10、請願。本日までに受理した請願は、お手元に配付の請願第1号、町有施設ゆいの郷の機能存続等に関する請願について及び請願第2号、地域住民生活等緊急支援のための交付金を活用した住宅リフォーム助成制度の実施についての2件であります。

 みやこ町議会会議規則92条の規定により、請願第1号につきましては、請願内容が2項目ありますので、1項目めのゆいの郷の機能のそのまま存続させることについては、文教厚生常任委員会へ、また、2項目めの職員用の駐車場は各自の負担において確保させることについては、総務常任委員会へ、請願第2号につきましては、総務常任委員会へ、それぞれ付託しましたので報告します。

────────────・────・────────────



○議長(上田重光君) 以上をもちまして、本日の議事日程につきましては、全て終了いたしました。

 なお、この後3階大会議室で全員協議会を開きますので御参集願います。

 開始予定の時間を11時45分とします。よろしくお願いします。

 本日は、これにて散会といたします。

午前11時40分散会

──────────────────────────────