議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 26年第5回定例会( 9月) 09月26日−06号




平成 26年第5回定例会( 9月) − 09月26日−06号









平成 26年第5回定例会( 9月)


───────────────────────────────────────────
平成26年 第5回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第18日)
                             平成26年9月26日(金曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第6号)
                         平成26年9月26日 午前10時00分開議
 日程第1 審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決
      議案第39号 みやこ町保育の必要性の認定及び保育の利用に関する基準を定める条例の制定について
      議案第40号 みやこ町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について
      議案第41号 みやこ町家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について
      議案第42号 みやこ町保健・福祉・コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第43号 みやこ町ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第44号 みやこ町重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第45号 みやこ町営住宅条例の一部を改正する条例の制定について
議案第46号 みやこ町若年者専修学校等技能習得資金貸与条例の一部を改正する条例の制定について
議案第47号 みやこ町保育の実施に関する条例を廃止する条例の制定について
議案第48号 みやこ町総合観光案内所の指定管理者の指定について
議案第49号 平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)
議案第50号 平成26年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
議案第51号 平成26年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
認定第1号 平成25年度みやこ町一般会計歳入歳出決算の認定について
認定第2号 平成25年度みやこ町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第3号 平成25年度みやこ町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第4号 平成25年度みやこ町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第5号 平成25年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第6号 平成25年度みやこ町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第7号 平成25年度みやこ町水道事業特別会計決算の認定について
認定第8号 平成25年度みやこ町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第9号 平成25年度みやこ町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第10号 平成25年度みやこ町犀川財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第11号 平成25年度みやこ町城井財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定について
発議第5号 「農業・農協改革」に関する意見書(案)について
 日程第2 委員会の閉会中の継続審査について
 日程第3 委員会の閉会中の継続調査について
 日程第4 議員の派遣について
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決
      議案第39号 みやこ町保育の必要性の認定及び保育の利用に関する基準を定める条例の制定について
      議案第40号 みやこ町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について
      議案第41号 みやこ町家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について
      議案第42号 みやこ町保健・福祉・コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第43号 みやこ町ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第44号 みやこ町重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第45号 みやこ町営住宅条例の一部を改正する条例の制定について
議案第46号 みやこ町若年者専修学校等技能習得資金貸与条例の一部を改正する条例の制定について
議案第47号 みやこ町保育の実施に関する条例を廃止する条例の制定について
議案第48号 みやこ町総合観光案内所の指定管理者の指定について
議案第49号 平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)
議案第50号 平成26年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
議案第51号 平成26年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
認定第1号 平成25年度みやこ町一般会計歳入歳出決算の認定について
認定第2号 平成25年度みやこ町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第3号 平成25年度みやこ町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第4号 平成25年度みやこ町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第5号 平成25年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第6号 平成25年度みやこ町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第7号 平成25年度みやこ町水道事業特別会計決算の認定について
認定第8号 平成25年度みやこ町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第9号 平成25年度みやこ町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第10号 平成25年度みやこ町犀川財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第11号 平成25年度みやこ町城井財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定について
発議第5号 「農業・農協改革」に関する意見書(案)について
 日程第2 委員会の閉会中の継続審査について
 日程第3 委員会の閉会中の継続調査について
 日程第4 議員の派遣について
──────────────────────────────
出席議員(16名)
1番 橋本 真助君       2番 柿野 正喜君
3番 中山 茂樹君       4番 小田 勝彦君
5番 田中 勝馬君       6番 飯本 秀夫君
7番 中尾 昌廣君       8番 金房 眞悟君
9番 大束 英壽君       10番 柿野 義直君
11番 熊谷みえ子君       12番 原田 和美君
13番 中尾 文俊君       14番 肥喜里和隆君
15番 浦山 公明君       16番 上田 重光君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 中嶋 純男君     書記   中村 銀次君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
総務課長 ……………… 葉瀬垣和雄君   財政課長 ……………… 山見 紀幸君
総合政策課長 ………… 進  光晴君   伊良原ダム対策室長 … 尾崎  喬君
税務課長 ……………… 中原 裕二君   徴収対策課長 ………… 高辻 一美君
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
住民課長 ……………… 長野 正美君   健康づくり課長 ……… 荒巻  誠君
介護福祉課長 ………… 山本 淳一君   生活環境課長 ………… 三角 房幸君
教育長 ………………… 屏  悦郎君   学校教育課長 ………… 柿野 善広君
生涯学習課長 ………… 進  友雄君   学校給食課長 ………… 亀田 国宏君
建設課長 ……………… 三隅  忠君   産業課長 ……………… 久保賢太郎君
上下水道課長 ………… 村中 隆秀君                     


──────────────────────────────

午前10時00分開議



○議長(上田重光君) 皆さん、おはようございます。

 本日の出席議員は16名であります。したがって、定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。

 議事日程に従い、議事を進めます。

────────────・────・────────────



△日程第1.審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決



○議長(上田重光君) 日程第1、審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 各常任委員長及び決算特別委員長から審査が終了した旨の報告がなされているものは、お手元に配付のとおりであります。これを一括上程し、議題といたします。

 これより、審査結果について各常任委員長及び決算特別委員長から報告を求めます。なお、委員長からの報告ごとに委員長報告に対する質疑を行います。

 なお、議案1件ごとの質疑はこの際割愛し、一括して質疑を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑は一括で行います。

 では、まず総務常任委員長の報告を求めます。大束英壽総務常任委員長。



◎総務常任委員長(大束英壽君) 皆さん、おはようございます。

 総務常任委員会に付託されました議案につきましては、町長提出議案第49号平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)所管分について及び発議第6号憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認の閣議決定に反対する意見書案についての計2件であります。

 去る9月16日に総務常任委員会を開催し、委員全員出席のもと、町長、副町長を初め、関係課長の出席を求め慎重に審査いたしましたので、その審査の経過並びに結果について御報告をいたします。

 初めに、議案第49号平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)所管分について、各担当課長より所管の補正内容の説明を受けました。

 2款総務費1項総務管理費6目企画費15節工事請負費の町内の案内マップを13カ所程度設置するための1,300万円の補正について、設置箇所、デザイン等について議論し、審議した結果、議案第49号は全員賛成のもと可決すべきものと決しました。

 次に、発議第6号憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認の閣議決定に反対する意見書案については、委員から集団的自衛権の乱用は懸念されるが、政府も法の整備を進めている等の意見が出され、審議した結果、継続審査することと決しました。

 以上、総務常任委員会の審査報告とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(上田重光君) 委員長の報告は終わりました。

 これから、委員長報告に対する質疑を行います。質疑のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、産業建設常任委員長に報告を求めます。金房眞悟産業建設常任委員長。



◎産業建設常任委員長(金房眞悟君) おはようございます。産業建設常任委員長報告。

 産業建設常任委員会に付託された案件は、議案第45号みやこ町営住宅条例の一部を改正する条例の制定について、議案第46号みやこ町若年者専修学校等技能習得資金貸与条例の一部を改正する条例の制定、議案第48号みやこ町総合観光案内所の指定管理者の指定及び議案第49号平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)所管分の町長提出案件4件、発議第5号「農業・農協改革」に関する意見書(案)1件の計5件であります。

 去る9月16日に産業建設常任委員会を開催し、委員全員出席のもと、町長、副町長を初め、関係課長等の出席を求め慎重に審査いたしましたので、その審査の経過並びに結果について御報告をいたします。

 初めに、議案第54号みやこ町営住宅条例の一部を改正する条例の制定については、建設課長より中国在留邦人等の円滑帰国の促進及び永住帰国後の自立支援に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴い、町営住宅条例の中の入居者の資格を改正する必要があるとの説明を受け、審議した結果、全員賛成のもと可決すべきものと決しました。

 次に、議案第46号みやこ町若年者専修学校等技能習得資金貸与条例の一部を改正する条例の制定については、産業課長より次代の社会を担う子供の健全な育成を図るための次世代育成支援対策推進法等の一部を改正する法律の施行に伴い、貸与対象者の範囲が父子家庭まで及ぶとの説明を受け、審議した結果、全員賛成のもと可決すべきものと決しました。

 次に、議案第48号みやこ町総合観光案内所の指定管理者の指定については、産業課長より、みやこ町総合観光案内所の指定管理者に平成26年9月1日に設立した「みやこ観光まちづくり協会」を指定するものであるとの説明を受けました。

 今回、指定管理者の指定についての公募の有無や指定管理者選定審議会の必要性、また、みやこ観光まちづくり協会そのものの事業内容等について議論し、審議した結果、全員賛成のもと可決すべきものと決しました。

 次に、議案第49号平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)所管分については、所管課長より順次説明を受け、人件費等について議論し、審議した結果、全員賛成のもと可決すべきものと決しました。

 最後に、発議第5号「農業・農協改革」に関する意見書(案)については、委員より農協からの要望であるので、産業建設常任委員が提出者になるべきではないか、また、その取り扱いについても各市町村議会において差異があるとの意見が出されました。事務局よりこの経緯について説明を受けた後、審議した結果、発議第5号については賛成多数により可決すべきものと決しました。

 以上、産業建設常任委員会の審査報告といたします。



○議長(上田重光君) 委員長の報告が終わりました。

 これより、委員長報告に対する質疑を行います。質疑のある方ございませんか。1番、橋本真助議員。



◆議員(橋本真助君) 委員長にお尋ねいたします。

 発議第5号「農業・農協改革」に関する意見書についてお伺いをいたします。

 他の市町村と比べ、この意見書に関する提案の仕方が多少、温度差があるとお伺いをいたしました。そこでお尋ねします。

 内容については、全く問題ないとは考えておりますが、今後の委員会へ、それから議会に対する要望等におきまして、多少問題があるのではないかと疑問視をされたため、お伺いをいたします。

 継続審査等の意見等は出なかったのかお伺いをいたします。



○議長(上田重光君) 金房眞悟産業建設委員長。



◎産業建設常任委員長(金房眞悟君) 今、御質疑の発議第5号「農業・農協改革」についての質疑の中で、継続審査さらには他の要望等についての質疑がございましたが、そこで説明しておりますように、いろいろ質疑がなされましたが、継続審査については出ませんでした。

 次に、要望についてはいろいろございましたが、先ほど私が報告した関係の内容、多少の相違はございますが、そういう内容でございます。

 以上です。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 産業建設常任委員長報告に対する質疑を終わります。

 次に、文教厚生常任委員長に報告を求めます。田中勝馬文教厚生常任委員長。



◎文教厚生常任委員長(田中勝馬君) おはようございます。文教厚生常任委員長報告させていただきます。

 本委員会に付託された案件は、議案第39号、40号及び41号の条例の制定案件3件、議案第42号、43号及び44号の条例の一部改正案件3件、議案第47号の条例の廃止案件1件、議案第49号、50号及び51号の補正予算案件3件の町長提出案件10件と発議第7号アスベスト被害者の早期救済、解決を図る事等を求める意見書案についての議員提出案件1件の計11案件であります。

 去る9月12日及び24日に文教厚生常任委員会を開催し、委員全員出席のもと、提出者より説明を受け、慎重に審査いたしましたので、その審査の過程並びに結果について報告いたします。

 初めに、議案第39号みやこ町保育の必要性の認定及び保育の利用に関する基準を定める条例の制定については、平成27年4月から子育て支援新制度がスタートするに当たり、保育の必要性について定めるものであるとの説明を受け、条例制定についての支障、子育て支援センター、延長保育等の議論を行い、審査した結果、全員賛成のもと原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第40号みやこ町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定については、平成27年4月から新制度がスタートするに当たり、保育園や幼稚園の運営についての基準を定めるものであるとの説明を受け、保育所などの新規要望の対応、運営状況のチェック体制などの議論を行い、審査した結果、全員賛成のもと原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第41号みやこ町家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定については、平成27年4月から新制度がスタートするに当たり、小規模な保育所の運営についての基準を定めるものであるとの説明を受け、小規模保育の今後の見通しや必要性の議論を行い、審査した結果、全員賛成のもと原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第42号みやこ町保健・福祉・コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定については、みやこ町の庁舎機能を勝山に集約させることに伴い、ゆいの郷の一部を用途変更する必要が生じたための条例改正であるとの説明を受け、ゆいの郷の改修内容、現在施設を利用している人への影響や対応、課の設置計画、移動後の駐車場の問題などについて議論し、審議した結果、可否同数となり、委員長裁決により、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第43号みやこ町ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第44号みやこ町重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定については、いずれも中国残留邦人の円滑な帰国の促進及び永住帰国等の自立の支援に関する法律の一部を改正する法律等の施行に伴う条例の改正であり、法律の改正により条例の内容が変わるものではないとの説明を受け、審議した結果、議案第43号、議案第44号いずれも全員賛成のもと原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第47号みやこ町保育の実施に関する条例を廃止する条例の制定については、議案第39号保育の必要性の認定及び保育の利用に関する基準を定める条例の制定に伴い廃止するものとの説明を受け、審議した結果、全員賛成のもと原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第49号平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)所管分では、各担当課長より補正内容の説明を受け、10款教育費2項小学校費2目教育振興費の学校情報機器の設定及びネットワーク構築事業等について議論し、審査した結果、全員賛成のもと原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第50号平成26年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)については、平成25年度事業精算に伴う、国、県等への返還金であるとの説明を受け、審査した結果、全員賛成のもと原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第51号平成26年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)では、平成25年度事業精算に伴う、国、県等への返還金等であるとの説明を受け、審議した結果、全員賛成のもと原案のとおり可決すべきものと決しました。

 最後に、発議第7号については、内容の一部に生活ができる救済等、提出者の団体と再度精査すべきとの意見が出され、継続審査とすべきものと決しました。

 以上で、文教厚生常任委員会の審査報告といたします。よろしくお願いします。



○議長(上田重光君) 委員長の報告が終わりました。

 これより、委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、決算特別委員長に報告を求めます。田中勝馬決算特別委員長。



◎決算特別委員長(田中勝馬君) 決算特別委員会委員長報告をさせていただきます。

 今定例会において、決算特別委員会に付託された案件は、町長提出の平成25年度みやこ町一般会計及び10特別会計歳入歳出決算の認定案件計11案件であります。

 9月17日、18日の2日間にわたり委員会を開催し、町長、副町長を初め、全課長の出席を求め、適正に予算が執行されているか、期待した行政効果が得られているか、今後改善を要する点はないかなど慎重に審査いたしましたので、その経過並びに結果について御報告させていただきます。

 財政課長より、平成25年度の決算の概要説明を受けた後、会計ごとに歳入歳出決算書及び主要施策成果説明書に沿って担当課長より説明を受け、審査を行いました。

 最初に、認定第1号平成25年度みやこ町一般会計歳入歳出決算の認定については、款項目ごとに多岐にわたり、さまざまな角度から議論を行いました。委員から不用額の減額補正額の多さに対し、予算は執行し町民に還元することが大切である。また、町税等の自主財源を確保できるインパクトのある政策を打ち出すべき等の意見もあり、審査した結果、賛成多数により原案のとおり認定すべきものと決しました。

 次に、認定第2号平成25年度みやこ町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定については、徴収率や不納欠損について議論を行い、審査した結果、賛成多数により原案のとおり認定すべきものと決しました。

 次に、認定第3号平成25年度みやこ町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定については、特に質疑はなく、賛成多数により原案のとおり認定すべきものと決しました。

 次に、認定第4号平成25年度みやこ町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定については、認知症サポーター等の活用等についての議論を行い、審査した結果、賛成多数により原案のとおり認定すべきものと決しました。

 次に、認定第5号平成25年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計歳入歳出決算の認定については、県の住宅新築資金償還推進事業等についての議論を行い、審査した結果、賛成多数により原案のとおり認定するものと決しました。

 次に、認定第6号平成25年度みやこ町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定については、この特別会計そのものの必要性について議論を行い、審査した結果、全員賛成により原案のとおり認定すべきものと決しました。

 次に、認定第7号平成25年度みやこ町水道事業特別会計決算の認定については、加入促進等について議論を行い、審査した結果、賛成多数により原案のとおり認定すべきものと決しました。

 次に、認定第8号平成25年度みやこ町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定については、使用料の増額等について議論を行い、審査した結果、賛成多数により原案のとおり認定すべきものと決しました。

 次に、認定第9号平成25年度みやこ町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定については、一般会計からの繰入金について議論を行い、審査した結果、賛成多数により原案のとおり認定すべきものと決しました。

 最後に、認定第10号平成25年度みやこ町犀川財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定について及び認定第11号平成25年度みやこ町城井財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定については、特に質疑はなく、全員賛成により原案のとおり認定すべきものと決しました。

 以上で、決算特別委員会の審査報告といたします。よろしくお願いいたします。



○議長(上田重光君) 委員長の報告が終わりました。

 これより、委員長報告に対する質疑を行います。質疑のある方ございませんか。12番、原田和美議員。



◆議員(原田和美君) ちょっと委員長に聞いてもわからないと思いますけど、きのう私が一般質問したみやこ町体育協会の補助金についてであります。

 毎年、これ250万ぐらい繰り越しになっていますね。これを今、決算書を見ると。この繰り越しについて、監査委員の方からの指摘はあったんですか。委員長に聞いてもわからないから教育委員会、答えてください。



○議長(上田重光君) 原田議員にお諮りいたします。

 議会運営基準95条には付託事件の内容について、提出者に質疑することはできないとなっております。それで、終了後にきょう配付いたしました資料がございます。これについての担当課長への質疑としていただきたいと思いますが、御異議ありませんか。原田和美議員。



◆議員(原田和美君) なぜ私がここで聞いたかと言いますと、これ一般会計ですからね、補助金は。一般会計の中から補助金が950万出ていますので。だから、私の言いたいことは、当然この決算書は、決算書をつくる前には監査委員さんに提出しちょると思うんですよ。その時点で監査委員さんから何も指摘が、250万の繰り越しについて何も指摘なかったんですかと。また、県民大会に100万振り込んでいますね。県民大会も繰り越しになっていますね。補助金が残った分についてどんどん繰り越されて、これが25年度だけの決算書いただいたんですけど、24年度も当然こういう状態になってたと思うんです。それやったら、私の聞きたいことは、繰り越しはしてもいいですけど、知った時点で、これ当然監査委員さんが全部資料見ると思うんです。だから、監査委員さんから何の指摘もなかったですかと。

 議長、私はそれ聞きたいですよ。当然、監査員さんの決算の判がないとこれ決算書できないと思うんです。そうでしょ。当然、みやこ町一般会計、特別会計、あわせて190何万かありますね、私、正確な数字見てないですけど。それについては、監査委員の方はちゃっとこう決算書を私たちに出したときに間違いありませんちゅうことで意見書つけて出していますので、その時何で体協の助成金については250万の繰り越しを認めておりますちゅうことを書かなかったんですか。



○議長(上田重光君) お諮りいたします。

 執行部、井上町長。この関係について答弁なされますか、なされませんか。

 暫時休憩といたします。

午前10時30分休憩

………………………………………………………………………………

午前10時35分再開



○議長(上田重光君) 会議を再開いたします。進生涯学習課長。



◎生涯学習課長(進友雄君) 原田議員の御質問にお答えいたします。

 決算の審査につきましては、指摘はございませんでした。ただ、御指摘いただきました件につきましては、真摯に受けとめて改善していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(上田重光君) 原田和美議員。



◆議員(原田和美君) 指摘したらするとかいうんやなく、これ決算自身間違うちょるんですよ、もう。議会に監査委員さんの意見書つけて出すこと自身が間違うちょるんですよ、これ。監査委員さんから指摘を受けたけど、監査委員さんのあれに、こういう事情やからちゅう意見書に書き添えがあってここに出たならいいけど、これ監査委員さんが繰り越しを認めよるっちゅうことになりますよ。そりゃ、体育協会だけやない、補助金団体、いろいろなとこあるかもしらんけど、決算、一応つくってみんな出しよんやから、その決算を監査委員さんがしよんやから、して意見書がついてなかったらいいですよ。監査委員さんに。誤いありませんと意見書ついちょるでしょ。だから議員の皆さんに配付したんでしょうが。執行部は。それで指摘されたらそういう言い方では、これ毎年、これだけしてたら5年したら七、八百万残るっちゅうことですよ。貯金残っちょるということですよ。はっきり言うたら。監査委員さんは貯金通帳まで見る権限があるんやから、見て何も言わなかったかちゅうことになりますよ。監査委員さんの責任になりますよ。そういう答弁、町長、そうでしょ。監査委員さんの意見書自身がもう嘘ちゅうことですよ。それで、私たち議員に審査しなさいって、決算特別委員会を3日も取って、議員の皆さんが審査しとるんですよ。こういうことはないと思います、私は。監査委員さん……だからね、決算委員会で決算ちゅうのはこういう最後の監査委員さんの意見を求めるあれの時は監査委員さんに来ていただいちょかにゃだめだと私は思うんです。答弁はやっぱ帳面を監査した監査委員さんいないとわからないんですから。そうでしょ。監査委員さんの気持ちわかりますか、おたくたち、私に、今答弁しよるけど。どういうあれで決算監査書いたちゅうことわからないでしょうが。ここに監査委員さんおったら、私が監査委員さんに対して質問します。そしたら監査委員さんの答弁が返ってくると思いますので、それで私が判断すればいいですけどね。こういうことをされても、決算を通してくださいとか、そりゃ皆さん、あれやから通ると思いますけど、そういうもんではないと思います。公金やから。そうでしょ。毎年毎年、これだけ金額が繰り越されていて、貯金通帳には何百万の金額が入っちょって何も言わなかったかちゅうことよ。だから、私、きのう言うたでしょ、強く。そういうことをされたら議員は何のためにおるんかわかりませんよ。ほかの議員さんは、ただこの決算書だけで見るんやから、通帳見るわけでもないし、そうでしょ。決算書も見よるんやないんやから。出てきた課の分で見よるんやからどういう使い道がされているかっていうことまでしてないんやからね。見てないんやから。後は、監査委員さんを私たちは信用して、監査委員さんの意見をちゃんと意見書見て、ちゃんと適切に行われておるなっちゅうことでしよるんやから。判断しよるんやから。そうでしょ。それやったら絶対、私、これ何かね、納得いきませんので。決算だけやないですよ。今の予算に対してもそうですよ。

 議長、自分は今から、帰ります。もう、こういう何かはっきりした回答いただけないで審査すること自身が私はもう納得いきませんので。



○議長(上田重光君) ちょっと待ってください。今は、委員長報告に対する質疑の場でございます。許されない質疑、いわゆる委員長報告に対する質疑は審査の経過と結果に対する質疑であって、付託事件の内容については提出者に質疑をすることはできないとなっています。

 今回の場合、質疑はこれに該当します。後で執行部に答弁の有無を求めましたら、町長は答弁するということでしたので許可しましたけど、一応ここで、この件に関しては原田議員には申しわけないんですが、質疑を取りやめていただきます。

 議事を進行いたします。ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) これで、質疑を終わります。

 以上で、委員長報告及び委員長報告に対する質疑を終わります。

 それでは、これより討論、採決を行います。

 討論、採決は議案題名を省略して、議案番号のみで行います。

 議案第39号について議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方、ございませんか。11番、熊谷みえ子議員。



◎議員(熊谷みえ子君) 11番、熊谷みえ子でございます。

 議案39号みやこ町保育の必要性の認定及び保育の利用に関する基準を定める条例の制定について賛成討論を行います。

 今回の条例提案については、新システムの、則っての提案でございます。

 新システムは市町村に保育のニーズを把握をさせ、保育を必要とする子供たちに全てに市町村が責任を持って行うこととなっております。職員、利用定員、面積基準などの引き下げは行わないことを求め、また指導監督を徹底することを求めてまいります。現代の保育水準より低く設定される可能性もあります。低くなるとも言われています。そうなれば、子育て支援の充実どころか、子供の命を危険にさらすことにもなりかねません。入所した施設によって保育に格差が生まれることのないように町の実施責任を求めてまいります。

 今回のみやこ町の定める条例、国基準への上乗せまでにはいきませんが、保育の必要性の認定の事由において、一月のうち48時間以上とした労働状態とされています。国基準の最低の基準において決められております。

 今後も、実施に当たっては、働く親の実態を考慮をした認定をすべきことを申し上げ、賛成討論とさせていただきます。



○議長(上田重光君) ほかに反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 賛成討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論を終わります。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、議案第39号みやこ町保育の必要性の認定及び保育の利用に関する基準を定める条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第40号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、議案第40号みやこ町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第41号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、議案第41号みやこ町家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第42号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。10番、柿野義直議員。



◎議員(柿野義直君) 10番、柿野義直であります。議案第42号みやこ町保健・福祉・コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について、反対の立場から討論を行います。

 まず、お風呂の部分の廃止ということの提案でありますが、既に、年間2万人を超える方が利用されています。この多くの方が継続を求めていらっしゃいます。

 それから、この庁舎を統合するということについては、かつて議会の中でも意見を二分するような議論の末に勝山の本庁方式から支所方式に機能を移転しました。そして、もう四、五年になりますけれども、この総括をきちっとやっておりません。感想的に統合すれば機能が充実するんではないか、効率が上がるんではないかと言っておりますけれども、一方では、豊津や犀川支所の地域の疲弊と言いますか、寂れるんではないかという声も聞かれてきます。

 そこで、しっかりした総括が必要だと思います。その上で、この庁舎を勝山地区のここに統合するに当たっては、総合的な計画がまず示されないといけないと思います。どれぐらいの機能を持ってくるのか、あるいは、駐車場はどれぐらい必要なのか。そのことによってどういう影響が出るのかということを議会の中で議論をして、そして町民に諮って、そして進めていくというのが、私は一定のルールではないかなと思っております。

 そこが唐突にこの庁舎検討委員会の中でも議題に上がらなかった、議論にならなかった案として、ゆいの郷のお風呂の部分を改築して、そこに事務所を移すという唐突な案が提出されております。これは、まさに議論の尽くされてない提案だろうと私は思います。

 それと、この議会でも一般質問で同僚議員がお話していましたように、高齢者福祉の施設として中核的に機能を充実させていただきたいと思います。災害時のお風呂の機能を十分活用できる施設であります。相当のお金もかかっておりますから、この機能をしっかり充実させることによって、庁舎を統合させるという方向では議論をきちっとして、そしてどうするかということの町民の意思を確認した上で進めていただきたいという願いから、早々に、このゆいの郷のお風呂の部分、これを廃止することには反対を表明して、反対討論といたします。



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) ほかに反対討論の方はございませんか。1番、橋本真助議員。



◎議員(橋本真助君) 1番の橋本でございます。今回のこの議案については、執行部、町長ともに非常に厳しい判断、継続できるのであればしたいという思いがあって、然るべく、執行部の措置をされたのかもしれません。

 しかし、私がゆいの郷に足を運んで、町民それから関係者の方々に話を聞く上で、関係者の方々からは、この経緯に至るまでにほかにいろいろ対策が取れたのではないか、民間委託、それから町民に利用していただけるように対策がまだほかに取れる措置があったのではないかというお話も伺いました。

 財政が非常に厳しい中、執行部の判断とは思いますが、もう一度検討をしていただきたいという思いから反対をさせていただきます。

 以上です。



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) ほかに反対討論の方はございませんか。7番、中尾昌廣議員。



◎議員(中尾昌廣君) 7番、中尾でございます。この問題は、それこそ合併をしてから決めたことであり、そして、今度、本庁方式することによって私はかえって旧犀川町、旧豊津町の地域が過疎に拍車がかかるんではないか、そういうふうな懸念をいたしております。と申しますのが、支所方式にしたところは、もともとが地域に根づくこと、もともとあった本庁を、本庁と言いますか役所がそのままあることによって、少なくともその近隣の商売をしている方々やそして高齢者の方々が来やすい、そういう立場の中に撤退ということになりますと犀川町みたいに過疎なところは間違いなく拍車をかけながら今後お年寄りにも本当なメリットは全くなしであります。メリットがあるのは、いわゆる役所の職員の方々だろうと思います。

 そして、一般質問でもお願いをいたしましたけれども、福祉施設を全く手だてをしないまま、私は11年の新築のこの館をリフォームする。そして、駐車場等々をしながら大きな莫大なお金をかけるほうが赤字ではないか、そういうふうに感じるところであります。

 そして、将来を見据えたとき、やはり高齢者の問題、そして災害等の問題で避難所であり、またデイケアであり、今後、本当に需要のあるこの施設がなくなれば、私は非常に勝山地域のものにとっても不便なことが起きるんではなかろうかと反対討論とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。13番、中尾文俊議員。



◎議員(中尾文俊君) 13番の中尾文俊でございます。ただいま、議題となっております議案第42号に賛成の立場で討論に参加をいたします。

 3町が合併をして9年になろうといたしております。旧町意識、あるいは旧町の壁、これを取り払うべき時期に来ているというふうに思います。

 町長の報告では、町政懇談会、あるいは駐在員会等々で報告をし、その説明の中で大きな反対の異議を唱える意見はなかったという報告がございました。

 私自身は、忸怩たる思いがあるのは事実でありますが、住民の代表である私ども議会議員が住民の声、住民の意思を、やはり民意を大切にしなければならないというふうに思っております。

 また、庁舎検討委員会の報告では、拠点を設けた活性化施策を講じていくこということも言明をされているところでございます。

 私は、支所機能の充実、そして交通弱者の方々への対策、いわゆるデマンドタクシーや支所・本庁間の送迎などを講じていただくことを申し添え、賛成の討論といたします。



○議長(上田重光君) ほかに反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 賛成討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論を終わります。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成多数であります。したがいまして、議案第42号みやこ町保健・福祉・コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第43号を議題とし、これより討論を行います。

 原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、議案第43号みやこ町ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 ここで、暫時休憩といたします。11時10分をもって再開といたします。

午前11時03分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時10分再開



○議長(上田重光君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

 議事に入る前に、先ほど産業建設常任委員長報告にありました、議案第45号を54号と朗読いたしました。正しい45号に修正いたしますので御了承いただきます。

 次に、議案第44号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、議案第44号みやこ町重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第45号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、議案第45号みやこ町営住宅条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第46号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、議案第46号みやこ町若年者専修学校等技能習得資金貸与条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第47号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、議案第47号みやこ町保育の実施に関する条例を廃止する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第48号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより……(「反対討論」と呼ぶ者あり)うん。(「反対討論」と呼ぶ者あり)反対討論ですか。(「はい」と呼ぶ者あり)

 10番、柿野義直議員。



◎議員(柿野義直君) 10番、柿野義直です。議案第48号みやこ町総合観光案内所の指定管理の指定についてを、反対の立場から討論を行います。

 私は、町長がみやこ町の観光行政について重要性を感じているのであれば、私は、直営でやるべきだと思うんです。指定管理を出さないで、既に商工会という法人格を持った指定管理をされてるところから、こういうまちづくりの会議ですか、観光まちづくり協会という、その任意団体にお任せするということが、町の観光行政にとって、どんな力になるのかなというのを、ちょっと心配いたします。

 それと、今回の議会でも話題になりましたが、新しい施設を何億円もかけてつくるというふうな方向性を、町の方向性として、ひょっとしたらどこかにあるのではないかという、こういう話が伝わってきます。そうであればなおさらのこと、きちっとした観光行政を、町の行政としてしっかりやるべきだと思うんです。そのときに、任意団体で責任の所在がはっきりしないところに任せてしまうということは、私は、大変危惧するところです。

 したがって、今ある施設を、私の考えとしては、今ある施設、豊津にあります、あの観光案内所を、しっかり有効活用していくと同時に、観光が大切であるならば、しっかりした行政が責任を持って直営をやっていくと、案内所を直営でやっていくという姿勢をしっかり持つべきだという立場から、反対の討論といたします。



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) ほかに、反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論を終わります。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成多数であります。したがいまして、議案第48号みやこ町総合観光案内所の指定管理者の指定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第49号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

 5番、田中勝馬議員。



◎議員(田中勝馬君) 私は、議案第49号平成26年度一般会計補正予算(第2号)に対して、賛成の立場で討論いたします。

 今回の補正額は7億939万5,000円でありまして、その中身は、審査の過程でも明らかになりましたように、教育費を中心に農林水産費、また、あるいは災害復旧費など、住民の生活に直結する補正であります。

 ただ、教育費の教材備品購入費、犀川小中学校のパソコンの買いかえについて、なぜ、当初予算に計上しなかったかとかいう問題を議論いたしましたが、調査段階で当初予算には間に合わなかったという説明をいただきました。

 現在、学校現場におきましては、急激な技術革新、情報化、国際化が進展する中においての教育備品購入費は、絶対必要なものであるということでありまして、よって、私は、原案に賛成の立場で賛成するものであります。

 以上です。



○議長(上田重光君) ほかに、反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 賛成討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論を終わります。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成多数であります。したがいまして、議案第49号平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第50号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、議案第50号平成26年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第51号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、議案第51号平成26年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第1号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

 10番、柿野義直議員。



◎議員(柿野義直君) 10番、柿野義直です。認定第1号平成25年度みやこ町一般会計歳入歳出決算の認定について、反対の立場から討論を行います。

 この25年度一般会計の、一番論点となったところ、伊良原小中学校の建設費、この問題で7億円という予算が計上されておりました。議会の中でも、いろいろな、けんけんがくがくと議論した。結果的には、この予算を消化しきらなかった、これは誰の責任かという問題が一つあります。

 私は、町長がこういう結果を招いた責任の大きな部分を占めてるんやないか、町長のお考え方、あるいは執行の仕方について、だから、私は、今回のこの一般会計の予算について、全体を否定するわけではありませんけれども、この伊良原小中学校の建設問題に関して、もっと慎重に、そして実現可能な方向で、今後、処していただきたいと、対応していただきたいという願いから、反対の立場の討論といたします。



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) ほかに、反対討論の方はございませんか。

 11番、熊谷みえ子議員。



◎議員(熊谷みえ子君) 11番、熊谷みえ子でございます。認定第1号平成25年度みやこ町一般会計歳入歳出決算の認定について、反対討論を行います。

 今、さらに消費税の10%の大増税、そして社会保障の改悪が進められようとしています。命と暮らしを守る町政を願う立場からの発言とさせていただきます。

 日本創成会議の人口急減での消滅の可能性のある自治体に名を上げられました。3万人未満の自治体は、国土の47.3%を占めています。大都市に、水、食料、空気を供給していると言われています。農業、林業など、みやこ町は自然環境を生かしたあり方を探るべきです。

 さて、平成の大合併は、市町村の大リストラを行いました。また、みやこ町においては、行政改革推進委員会を設置をし、公共施設の設置及び管理運営の合理化など、さらに行革をと、歳出削減、そして人件費の削減、改革と称して取り組んでいます。答申だからと、異議申し立てに真摯に向き合う姿勢が感じられないままでした。住民自治を強化するためにも、支所機能の充実、それに必要な職員の配置、人件費など確保すべきだと考えます。それは、地域の活性化へと続く道ではないでしょうか。

 また、保育所の民営化について、これ以上の公立保育所を民営化しないこと、公的保育の充実でこそ、元気なまちづくりにつながることと思います。

 また、審議の中で検討課題とするべきと、京都郡町長会のあり方についても、2町になったことで再考を要するものと、前年度にも指摘をしてまいりました。

 また、伊良原小中学校建設に伴う、安藤忠雄氏設計に関しても、奇をてらうものではなく再考すべきです。学校再編事業において答申のさきにありきではなく、小規模校のよさを生かした教育環境の整備こそを求めます。

 今年度は、決算審査に当たって、決算特別委員会の中でも質疑もしながら指摘をしてまいりました。以上、この場においては、何点かの指摘を申し上げました。審議の中でも生かしていただきますことをお願いをいたしまして、反対討論といたします。



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) ほかに、反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論を終わります。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成多数であります。したがいまして、認定第1号平成25年度みやこ町一般会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第2号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方はございませんか。

 11番、熊谷みえ子議員。



◎議員(熊谷みえ子君) 11番、熊谷みえ子です。認定第2号平成25年度みやこ町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、反対討論を行います。

 国民健康保険は、国民皆保険制度である国保会計は国保第1条で、この健全な運営を確保し、社会保障を進める一番のかなめだと言えます。

 みやこ町においては、高校生以下の短期証が発行されております。未成年については、扶養者の経済状況で短期証の発行をするのではなく、正規の保険証の発行をすべきと考えます。国保税の引き下げや減免を拡充し、払える保険税にすることが必要です。国保税の引き下げを求めます。

 また、国に対しては、国庫負担をもとに戻すよう要望すること、また、一般会計からの繰り入れを増額をし、低所得者への減税、そして納税相談など、また、引き続きの徴収努力をするように申し上げ、反対討論とさせていただきます。



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) ほかに、反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論を終わります。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成多数であります。したがいまして、認定第2号平成25年度みやこ町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第3号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成多数であります。したがいまして、認定第3号平成25年度みやこ町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第4号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成多数であります。したがいまして、認定第4号平成25年度みやこ町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第5号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

 11番、熊谷みえ子議員。



◎議員(熊谷みえ子君) 11番、熊谷……、済みません。大変、議長、済いません。それでは、反対討論を行います。認定第5号平成25年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計歳入歳出決算の認定について、反対討論を行います。

 平成24年度は2.9%の収納率が、平成25年度3.8%と、収納率の向上が見られますが、平成25年度償還額は614万9,294円であり、決算の赤字補填額は1億5,721万7,215円となっています。滞納繰越分3億8,093万6,327円にも上っています。

 借りたものは返すのが基本です。残念ながら回収ができていない滞納件数、182件から179件と減少3件のみです。文書催告だけではなく、訪問督促など納付交渉などに力を入れていくべきです。

 平成13年度末をもって、同和対策事業は終了いたしました。同和対策審議会答申による社会的及び経済的諸問題を解決するためとして、同和対策事業として、この会計は貸し付けられてまいりました。住宅事情等、生活環境の改善に、対象地域の苦しんできた方々に対し、一定程度の役割は果たしてきたとは言えます。しかし、同和対策事業の出発点での指導の誤りなどもあり、滞納の回収は余り進んでおりません。

 今後、償還推進事業に取り組むことなど、また、回収完了のため、目標年度を決めるべきです。債務者を対象にした納付相談会の機会を設けること、債務者の生活状況、資産・負債の状況、支払い能力を判定し対応することです。支払いの意思などの確認をする、支払い能力、資産がありながら支払いを拒絶する悪質な債務者について、抵当権の実行、訴訟などの裁判をとることも必要だと思います。債務者及び連帯保証人の住所地、その相続人調査、遅延損害金の計算、債権の分析、回収できるか回収不可能かなど分析するには、専門知識、弁護士など法律に基づく手続が必要と考えます。

 また、複数で当たるための体制の充実が必要だと思います。担当の方も、本当に御苦労をしてきたとは思います。回収事務事業は担当任せでなく、町長など万全のバックアップが必要だと思います。

 改めて、体制の強化など、すべきことを申し上げます。この住宅新築資金等の、この事業の財政改善がなければ、みやこ町の財政改善につながる、そのことを申し上げて反対討論とさせていただきます。ありがとうございます。



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) ほかに、反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論を終わります。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成多数であります。したがいまして、認定第5号平成25年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第6号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、認定第6号平成25年度みやこ町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第7号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。10番、柿野義直議員。



◎議員(柿野義直君) 10番、柿野義直です。認定第7号平成25年度みやこ町水道事業特別会計決算の認定について、反対の立場から討論を行います。

 この討論は、認定7、8、9と関連をいたします。同じ事業課に属する会計であります。水道会計、農業集落排水事業、下水道会計です。今の討論は7号についてでありますけれども、それと関連しますので、ちょっと触れながら反対の趣旨を説明したいと思います。

 私は、この会計に一般会計から繰り入れ欠損がどれぐらい出てるのかということで、収益事業、資産、設備関係を除いて、水道は大きな工事をやれば、当然どっかからは資金を調達しないといけないということで、繰り入れが大きくなります。その分は除いて収益関係、水を売って原水を差し引いて、どれぐらいの損益が出て一般会計から繰り入れをしてるかということで、この6年間調べてみました。そしたら大体、水道会計では1億6,000万円の赤字なんです。それで農業集落排水では7,000万、下水道会計では6,000万、合わせて合計で3億円。ここ五、六年ずっと、そういう状況が続いてます。微妙に上下がありますけれども、平均したら3億円で横並びなんです。だからこれは、今の担当課の課長さんがいいとか悪いとかじゃなくて、私は、構造的に何か課題を抱えているんじゃないかなと思います。

 町を挙げて経費節減ということで、住民のサービスを削っていく方向で、行財政改革をやっておりますけども、こういう企業会計の中の損失の部分について、もう少しメスを入れてやっていただきたいというふうな思いから、もちろん、会計については必要性はあります。水道事業やめてしまえというわけではありません。だけども、もう少し町を挙げて、この事業会計について、手を入れていく必要があるということを指摘する立場から、反対討論とさせていただきます。



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) ほかに、反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論を終わります。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席下さい。賛成多数であります。したがいまして、認定第7号平成25年度みやこ町水道事業特別会計決算の認定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第8号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席下さい。賛成多数であります。したがいまして、認定第8号平成25年度みやこ町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第9号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席下さい。賛成多数であります。したがいまして、認定第9号平成25年度みやこ町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第10号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席下さい。全員賛成であります。したがいまして、認定第10号平成25年度みやこ町犀川財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第11号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席下さい。全員賛成であります。したがいまして、認定第11号平成25年度みやこ町城井財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、発議第5号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方ございませんか。

 6番、飯本秀夫議員。



◎議員(飯本秀夫君) 6番、飯本秀夫です。発議第5号「農業・農協改革」に関する意見書(案)について、賛成の立場で討論を行います。

 政府の規制改革会議の二次答申が6月13日に出され、我々農業者にとっては、非常に不利益なことばかりです。一番身近な例をとって見ますと、もし、農協が株式会社になれば、独占禁止法の適用となり共同行為が制限されます。例えば農産物の共同出荷や共同計算ができなくなり、個人個人で生産物の販売を行わなければなりません。

 また、金融部門、経済部門等々の各部門の分離が実施されれば、非採算部門である営農指導あるいは農家の経営指導等は経営上困難となり、農家の所得向上は望めません。

 以上の理由をもって、「農業・農協改革」に関する意見書(案)について賛成いたします。議員各位の御賛同をお願いします。



○議長(上田重光君) 反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) ほかに、賛成討論の方はございませんか。

 5番、田中勝馬議員。



◎議員(田中勝馬君) 発議第5号「農業・農協改革」に関する意見書(案)提出について、賛成の立場で討論いたします。

 政府は、農業分野の成長を目指して、6月末までに、新たな農林水産業・地域の活力創造プランの改定を予定しています。そのプランの参考となる規制改革会議答申では、下部組織のワーキンググループから出した意見をもとに、与党の意見を反映した内容となっているものの、今後の検討次第では、国が26年度から進めている新改革の推進はもとより、地域農業の振興、営農所得の向上に影響を及ぼすおそれがあります。

 担い手の減少、高齢化など、情勢認識は否定するものではありませんが、規制改革会議で出された答申が、国の言う「強い農林水産業」、「美しく活力のある農山漁村」をつくるという目的は、農業の所得向上にも寄与することとは思えません。

 ましてや、JAグループは協同組合という組織形態を持つ民間組織であり、政府から組織や事業内容を強制される団体ではありません。利用者である組合員の皆様の声を聞き、意思による組合員の自治が基本、農業、経済、革新プランに基づき、自己改革を実行していくというJAグループの指標です。

 よって、農協法に基づく中央会制度は推進されますことを求めて終わります。



○議長(上田重光君) 反対討論のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) ほかに、賛成討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論を終わります。

 これより本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 全員賛成であります。したがいまして、発議第5号「農業・農協改革」に関する意見書(案)については、委員長の報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第2.委員会の閉会中の継続審査について



○議長(上田重光君) 日程第2、委員会の閉会中の継続審査についてを議題とします。

 総務常任委員長及び文教厚生常任委員長から、所管事務のうち、会議規則第75条の規定によって、お手元にお配りしました所管事務審査事項について、閉会中の継続審査の申し出があっております。

 お諮りいたします。委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。したがって、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第3.委員会の閉会中の継続調査について



○議長(上田重光君) 日程第3、委員会の閉会中の継続調査についてを議題とします。

 各委員長から、所管事務のうち、会議規則第75条の規定によって、お手元にお配りしました所管事務調査事項について、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議はありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。したがって、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第4.議員の派遣について



○議長(上田重光君) 日程第4、議員の派遣についてを議題とします。

 お諮りいたします。お手元に配付しましたとおり、地方自治法第100条第13項及びみやこ町議会会議規則第128条の規定により、次期定例会までに開催が予定をされている会議等に議員派遣を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、議員派遣については可決されました。

 お諮りいたします。ただいま可決されました議員派遣の内容に、今後、変更を要する場合は、その取り扱いを議長に御一任いただきたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、議員派遣の内容に変更を要する場合の取り扱いは、議長に一任されました。

────────────・────・────────────



○議長(上田重光君) 以上で、今定例会に付議されました全ての案件の議事が終了いたしました。皆様方には、会期の間、慎重な御審議をいただきまして、まことにありがとうございます。

 ここで、町長より閉会に当たり、発言の申し出がありますので、これを許可します。

 井上町長。



◎町長(井上幸春君) ただいま議長からの発言の許可のお許しをいただきましたので、一言御挨拶をさせていただきます。

 今議会に提案しました議案並びに平成25年度決算に関する承認を、全て可決をいただきまして、ありがとうございました。各議員からの御意見、委員会や一般質問等で多くいただきました。このことを真摯に受けとめて、我々は改善と改良をしながら、まちづくりのために頑張っていきたいというふうに思っております。

 まだまだ合併した中での、旧町で、それぞれの方法等が、まかりとおっているような点もあります。これを1つにしながら、新しくそういった政策を持ってやっていかなければいけないのかなというふうに考えております。そういうことを肝に銘じながら、我々はしっかり頑張っていきたいというふうに思っております。

 なお、また、平成25年度決算の承認をいただきまして、いろいろと御指摘をいただきました。このことを平成27年度の予算の中において反映をしながら、改善と改良をしながら予算計上をしていきたいと、そういうふうに考えております。

 それから最後に、これから10月、11月、多くのイベントや催し物がございます。ぜひ、議員各位におかれましては、御出席をいただきまして、そして、いろいろな大所高所から御意見を賜りまして、我々がやってるそういうものに対して、まだまだこういうふうにして補ったほうがいいんではないかと、そういう御意見を賜れば幸いかなというふうに思っております。

 我々も最善の努力をしまして、みやこ町民が幸せで元気で暮らせる、そういうまちづくりを目指して頑張っていきたいということを、ここに表明いたしまして、慎重審議をしていただきました議員各位にお礼を申し上げまして、御挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(上田重光君) これをもちまして、平成26年第5回みやこ町議会定例会を閉会といたします。お疲れさまでございました。

午後0時05分閉会

──────────────────────────────

 







    会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。





       平成26年 9月26日




                   議  長


                   署名議員


                   署名議員