議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 26年第4回定例会( 6月) 06月20日−05号




平成 26年第4回定例会( 6月) − 06月20日−05号









平成 26年第4回定例会( 6月)


───────────────────────────────────────────
平成26年 第4回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第11日)
                             平成26年6月20日(金曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第5号)
                         平成26年6月20日 午前10時00分開議
 日程第1 審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決
      議案第34号 みやこ町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第35号 京築広域市町村圏事務組合規約の変更について
      議案第36号 平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第1号)
      議案第37号 平成26年度みやこ町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第38号 平成26年度みやこ町水道事業特別会計補正予算(第1号)
      発議第3号 「少人数学級推進など定数改善」、「義務教育費国庫負担制度2分の1復元」を求める意見書(案)について
      発議第4号 労働者保護ルール遵守を求める意見書(案)について
 日程第2 みやこ町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について
 日程第3 委員会の閉会中の継続調査について
 日程第4 議員の派遣について
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決
      議案第34号 みやこ町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第35号 京築広域市町村圏事務組合規約の変更について
      議案第36号 平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第1号)
      議案第37号 平成26年度みやこ町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第38号 平成26年度みやこ町水道事業特別会計補正予算(第1号)
      発議第3号 「少人数学級推進など定数改善」、「義務教育費国庫負担制度2分の1復元」を求める意見書(案)について
      発議第4号 労働者保護ルール遵守を求める意見書(案)について
 日程第2 みやこ町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について
 日程第3 委員会の閉会中の継続調査について
 日程第4 議員の派遣について
──────────────────────────────
出席議員(16名)
1番 橋本 真助君       2番 柿野 正喜君
3番 中山 茂樹君       4番 小田 勝彦君
5番 田中 勝馬君       6番 飯本 秀夫君
7番 中尾 昌廣君       8番 金房 眞悟君
9番 大束 英壽君       10番 柿野 義直君
11番 熊谷みえ子君       12番 原田 和美君
13番 中尾 文俊君       14番 肥喜里和隆君
15番 浦山 公明君       16番 上田 重光君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 中嶋 純男君     書記   中村 銀次君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
総務課長 ……………… 葉瀬垣和雄君   財政課長 ……………… 山見 紀幸君
総合政策課長 ………… 進  光晴君   伊良原ダム対策室長 … 尾崎  喬君
税務課長 ……………… 中原 裕二君   徴収対策課長 ………… 高辻 一美君
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
住民課長補佐 ………… 奥村 芳孝君   健康づくり課長 ……… 荒巻  誠君
介護福祉課長 ………… 山本 淳一君   生活環境課長 ………… 三角 房幸君
教育長 ………………… 屏  悦郎君   学校教育課長…………… 柿野 善広君
生涯学習課長 ………… 進  友雄君   学校給食課長 ………… 亀田 国宏君
建設課長 ……………… 三隅  忠君   産業課長 ……………… 久保賢太郎君
上下水道課長 ………… 村中 隆秀君                     


──────────────────────────────



○議長(上田重光君) 皆さん、おはようございます。開会の前に、本定例会初日に人事案件として議会の議決を得られましたみやこ町教育委員会委員及び監査委員、京都郡公平委員会委員並びに人権擁護委員の紹介について、町長より申し出があっておりますので、これを許可します。井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。先ほど議長の許可をいただきましたので、先般皆様から同意をいただきました各委員の皆様の御紹介をさせていただきます。

 最初に、みやこ町教育委員会委員の屏悦郎さんです。



◎教育委員会委員(屏悦郎君) よろしくお願いします。(拍手)



◎町長(井上幸春君) 同じくみやこ町教育委員会委員の古賀里美さんです。



◎教育委員会委員(古賀里美君) よろしくお願いします。(拍手)



◎町長(井上幸春君) 次に、みやこ町監査委員の木村太吉さんです。



◎監査委員(木村太吉君) よろしくお願いします。(拍手)



◎町長(井上幸春君) 次に、京都郡公平委員会委員の白水孝大さんです。



◎京都郡公平委員会委員(白水孝大君) よろしくお願いします。(拍手)



◎町長(井上幸春君) 最後に、人権擁護委員の原田正文さんです。



◎人権擁護委員(原田正文君) よろしくお願いします。(拍手)



◎町長(井上幸春君) 以上、紹介させていただきました。よろしくお願いいたします。(拍手)

午前10時00分開議



○議長(上田重光君) 本日の出席議員は16名であります。したがいまして、定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。

 初めに、本日議会最終日の日程及び議事運営について、先刻、議会運営委員会において協議をしていただいておりますので、その結果について御報告を求めます。

 中尾文俊議会運営委員長。



◎議会運営委員長(中尾文俊君) おはようございます。中尾文俊でございます。

 先刻、議会運営委員会を開催をし、本定例会の最終日の日程及び議事運営につきまして協議を行いましたので、その結果について御報告をいたします。

 本日の議事日程でございますが、日程第1は審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決でございます。各常任委員長の報告ごとに報告に対する質疑を一括で受けます。また、討論、採決は1件ごとに行います。

 日程第2は、みやこ町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙についてでございます。この選挙は、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選で行うことに決定をいたしました。

 日程第3は、委員会の閉会中の継続調査についてです。お手元に配付のとおりであります。

 日程第4は、議員の派遣についてです。お手元に配付のとおり、次の9月定例議会までに議員を派遣するものでございます。

 以上、本定例会の最終日の日程などについて協議を行いましたので、議員各位の御賛同と御協力を賜りますようにお願いを申し上げまして、報告といたします。



○議長(上田重光君) 委員長の報告が終わりました。

 お諮りいたします。本日の日程及び議事運営について、ただいまの委員長の報告どおり決することに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。

 では、本日の議事日程につきましては、お手元に配付の日程表のとおりといたします。

 では、これより議事に入ります。

────────────・────・────────────



△日程第1.審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決



○議長(上田重光君) 日程第1、審査終了事案の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 各常任委員長から、審査が終了した旨の報告がなされているものは、お手元に配付のとおりであります。これを一括上程し、議題といたします。

 これより、審査結果について各常任委員長から報告を求めます。なお、委員長からの報告ごとに委員長報告に対する質疑を行います。

 なお、議案1件ごとの質疑はこの際割愛し、一括して質疑を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑は一括して行います。

 では、まず総務常任委員長の報告を求めます。大束英壽総務常任委員長。



◎総務常任委員長(大束英壽君) 皆さんおはようございます。総務常任委員会に付託されました議案につきましては、町長提出の議案第34号みやこ町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第35号京築広域市町村圏事務組合規約の変更について及び議案第36号平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第1号)所管分についての計3件であります。

 去る6月17日に総務常任委員会を開催し、委員全員出席のもと、町長、副町長を初め、関係課長の出席を求め、慎重に審査いたしましたので、その審査の経過並びに結果について報告をいたします。

 初めに、議案第34号については、みやこ町非常勤消防団員の退職報償金をほぼ一律に5万円増額するなどの条例改正との説明を受け、消防団の再編による影響や消防団員の報酬等について議論した結果、全員賛成のもと、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第35号については、京築広域市町村圏事務組合の事務所の位置を、行橋市から豊前市に変更するものと説明を受け、全員賛成のもと、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第36号平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第1号)所管分についてです。各担当課長より所管の補正内容の説明を受け、2款総務費、1項総務管理費、5目財産管理費、13節委託料ゆいの郷を本庁事務所として利用するための改築設計650万の補正について、ゆいの郷の廃止に至る経緯や改築工事費などの説明を受け、委員からこのような重要案件は、事前に議会に報告、協議すべき等の意見がありました。

 また、町内全域へ光ファイバーを敷設するよう、事業のための債務負担行為費5億2,400万円について、事業内容等を議論した結果、議案第36号は全員賛成のもと、可決すべきものと決しました。

 以上、総務常任委員会の審査報告といたします。よろしくお願いします。



○議長(上田重光君) 委員長の報告が終わりました。

 これから、委員長報告に対する質疑を行います。質疑のある方ございませんか。12番、原田和美議員。



◆議員(原田和美君) 議案36号の一般会計ですけど、総務所管の分についてちょっとお伺いいたしますけど、伊良原ダム対策費の委託料についてですけど、伊良原ダムの伊良とぴあと森林公園の設計が2つ合わせて1億何千万になってますね。それで、森林公園のほうの基本設計の委託料は800万ですけど、伊良とぴあ公園の基本設計は2,824万2,000円になってますね。

 それと、実施設計が伊良とぴあは2,593万、森林公園のほうは実施設計が4,700万、これどういうあれで実施設計が高くなる分についてはわかりますけど、基本設計が高くて実施設計が安くなったりね、これどういうふうになっちょるか、ちょっとお伺いしたいんですけど、ちょっと矛盾しちょると思うんですよ。

 実施設計が、森林公園のほうも基本設計が高かったらいいんですけど、森林公園のほうは基本設計が800万しかなってない、伊良とぴあは逆になってますので、そこをちょっとお伺いいたします。



○議長(上田重光君) 大束英壽総務常任委員長。



◎総務常任委員長(大束英壽君) 総務常任委員会に付託されました件ですけども、伊良原ダム関連の基本設計及び実施設計の分の質疑が出ませんでした。



○議長(上田重光君) 大束英壽総務常任委員長。



◎総務常任委員長(大束英壽君) どうしても議員のほうが聞きたいというなら、ここ議長諮りますけど、担当課の説明をしてもいいですか。



○議長(上田重光君) はい。原田議員にお尋ねします。担当課の説明でよろしいですね。



◆議員(原田和美君) はい。



○議長(上田重光君) 尾崎伊良原ダム対策室長。



◎伊良原ダム対策室長(尾崎喬君) 原田議員の質疑ということでお答えさせていただきます。

 伊良とぴあ公園と森林公園の実施設計、基本設計の金額がちょっとアンバランスでないかというような趣旨の御質問と思います。

 伊良とぴあ公園につきましては、現在地元で農家レストラン、物産所と、ある程度の施設が構想で決まっているようなところがありまして、基本設計のほうがその点がちょっと反映されておりますが、森林公園のほうはちょっと箱物関係がこれからまだはっきりといいますか、してないところがありまして、それで基本設計のほうがちょっと低くなっているようでございます。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 原田和美議員。



◆議員(原田和美君) まだはっきりしてないということですけどね、基本設計がはっきりしてないのに、実施設計の単価が出ること自身がおかしいですよ。そこまでせにゃいけないと思うんですよ。

 それで、伊良とぴあのほうは、そういう食堂とかそういうの関係ないと思うんですよ。これ設計やから、あくまでも。工事に対しての単価やから、設計単価やから、それにしてみれば納得できませんよ。1億一千何ぼも使うんですからね。

 実施設計ったら、ある程度基本設計、基本設計とは大体これだけのあれで、これぐらいでって、大体基本設計のほうが安くて、実施設計のほうが高いのが本当やけど、もう予算書を見るとね、なんか言葉は悪いけどね、本当の計画性が立ってないで、なんかなし予算を組んじょったら、議会が通ったらいいじゃないかっちゅうような考え方しかとれないんですよ。そういうことでいいんですかね。

 ほんなら、これ森林公園のほうの工事費は何ぼ見てるんですか。それと、伊良とぴあの工事費はどれぐらい見ていますか。これもまだ決まってないんですか、2つとも。



○議長(上田重光君) 大束英壽総務常任委員長。



◎総務常任委員長(大束英壽君) 基本的には、今原田議員質疑しているところは、2日目の質疑のときに議論してもらって、総務委員会は基本的には可決されたということを報告することであって、その中で審議された内容については説明はできますけど、審議されてないほかの案件に対しては説明ができませんので、要望ですけど、これから委員長報告に対しては、その議案配付されまして、1日考案日がありますので、その後の質疑のほうで執行部と議論してほしいと思います。



○議長(上田重光君) 原田和美議員。



◆議員(原田和美君) それおかしいじゃない。私は委員長に質問しよるんじゃないよ。委員長が回答できんということで、執行部に質問し、執行部は俺に説明しよるのに、何で委員長があんた言う必要があるん。

 俺委員長に質問したんならね、それは委員長の今言うとおりでいいですよ。委員長ができないっちゅうけ、執行部に振ったんでしょう、回答を。ほんなら執行部が私に回答しよるんやから、委員長が発言とめる発言ある、権限。



○議長(上田重光君) 大束英壽委員長。



◎総務常任委員長(大束英壽君) そのままの議事進行でいいですかね。それでいいなら、執行部側のその質疑をしていただきたいと思います。(「納得いくよう説明せにゃ」と呼ぶ者あり)



○議長(上田重光君) ここで暫時休憩といたします。

午前10時15分休憩

………………………………………………………………………………

午前10時18分再開



○議長(上田重光君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 尾崎伊良原ダム対策室長、答弁をよろしくお願いします。



◎伊良原ダム対策室長(尾崎喬君) 原田議員に対しまして納得のいく説明ができずに申しわけございません。

 伊良とぴあ公園のほうの基本設計のほうには、基本構想の分が入っておる影響で、森林公園の構想のほうは基本構想そのものはずっと以前からできておりましたので、それが主たる原因でございます。

 それとあと、場所的に森林公園のほうは造成工事等がありますので、森林公園のほうは造成の実施設計が金額がちょっと高い状態でありますので、そういうとこの影響でこういう数字になっておるようでございます。よろしくお願いします。



○議長(上田重光君) 原田和美議員。



◆議員(原田和美君) 議長、ちょっと訂正をお願いしたいんですね。伊良とぴあで、ちょっと後の分で言い間違いましたので、これ訂正をお願いします。

 今説明聞いたけどね、そういう説明ではおれ納得できんのよ。工事費も幾らですかって聞いたでしょ、大体予算。森林公園のほうの工事費がね、大体どれぐらいですかと。伊良とぴあのほうの工事費が幾らですかって、基本設計、実施設計の予算を組んどるんやから、工事もどれぐらいの金額で、どれぐらいの工事をするっちゅうことも、もう出ちょると思うんですよ、補正に載っちょるんやから。

 まだそれもね、今から実施設計をするとかいうんならまだわかるけど、もう補正に出ちょるんやから、もう終わっちょると思いますよ、私。私はそのように解釈しますけど。

 それやったらね、工事費が幾らですっちゅうこともちゃんと把握できちょると思いますし、だから聞きよる。それでね、委員長言われたように何で早く言うてくれんやったかと。これ説明資料は後でくれたんでしょう、ね。これ説明資料一緒にくれんから、内容がわからないけ、考案日のあくる日の質問にはできなかったわけ。そこで説明資料をもろうて、内容を見たらこういうふうになっておかしいから、私今しよるんですよ。

 それやったらね、この1億一千何百万の予算がね、納得のいく予算じゃないんですよ。ね、そうでしょう。まだ補正は幾らでもかけられますよ、行政は。ちゃんとできてから、もう決まったら補正を、9月補正なら9月補正にかけて、議会にかけてちゃんとしたらいいんですよ。

 これ見よるとね、もう自分に言わせたらね、もうでたらめにしか、思いつきの補正しかとれないんですよ、私は。失礼なこと言うて悪いですけどね、それはちゃんと担当課長さんがしてあるのかもしらないですけどね、自分からはそのようにとれるわけよ。だから質問しよるんですよ、私。納得いったら私しませんよ。

 工事金額は幾らですかって聞きよんやから、大体この工事するのに実施、基本設計まで終わっちょったらよ、大体の金額は出ちょると思いますよ。それを言うたらええ、簡単なことですよ。幾らですか。



○議長(上田重光君) 尾崎伊良原ダム対策室長。



◎伊良原ダム対策室長(尾崎喬君) 原田議員から工事費はどのくらいかかるのかという御質問ではございますが、例えば伊良とぴあ公園の場合、これから基本設計で地元とのワークショップ等において、施設の規模等、例えばどのくらいの規模の農家レストランができるかとか、そういうのを基本設計において設計しますので、まだ今のところその工事額は、これから決めるところでございます。設計を通して決めるところでございます。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 原田和美議員。



◆議員(原田和美君) それやったらね、まだ今から地元との協議中やったら、補正に出さないようにせにゃ。基本設計はいいとしてですよ、実施設計を組むこと自身おかしいんですよ。まだ協議中でしょ、そうでしょう。今言うごと農家レストランつくるとか、いろんなことつくるっちゅうて、協議中でしょ。なら、どれだけかかるかわからないんでしょう。大体の数字でしょう、そしたら、そういうことになりますよ。

 そんなら、実施設計したらね、2,500万以上かかるかもわかりませんよ。また、安くなるかもわかりませんけどね。そういう言い方やったら、この補正予算がでたらめっちゅうことなんですよ。そうでしょう。そりゃもうね、尾崎課長はそりゃ事業課じゃないけ、わからん。事業課の建設課長、三隅課長たちに聞かれたらわかると思いますけど、そういうふうな設計の仕方ではね、これは議会通ったら使うていいんやからね、そうでしょう。

 補正予算やから、議会が可決したら使うていいんですけね、それはやっぱり説明ではね、やっぱり議員の皆さん納得せんと思うんですよ。ほかの議員さんはもうわかりません。私は納得しませんよ、これ。

 それやったらね、この補正予算が全部そういう形でしておるのか疑いますよ、私は。やっぱり議員から聞かれたらね、──議員ってそれ偉くもないし、普通の人間と変わりませんけどね、やっぱり私たちは聞く権利があるんやから、聞きよるんやから、やっぱりそれに対してちゃんとした回答をしてくれないとね、何のためにここで審議し、また総務委員会やら担当課に付託して審議し、そしてまたここで可決するんやから、そういうでたらめが通りよったら大変なことですよ、これ予算。

 もう使わんやったけ、不用で落としゃいいじゃないかって言うかしらんけどね、不用で落とすもそんだけ100円しかかからんのを1万円にしちょってね、九千何ぼ不用で落とすと、これもおかしいですよ、ほんとはっきり言ったら。やっぱり補正予算とか予算に組む以上は、ちゃっとした組み方にしてもらわないとね、納得できませんよ。

 もうこれだけ時間とるわけにいきませんので、議会を終わってからちゃんとしてください。説明してください。議長、もうそれでいいですけ、済いません。



○議長(上田重光君) この原因は、いわゆる説明資料がおくれたから生じたことなんですよね。それで、原田議員もああいうふうに理解していただいておりますので、会議が終了後、質問内容等を綿密に聞いて、納得いく説明を執行部のほうにお願いしておきます。

 これで次に進みます。

 ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑を終わります。

 次に、産業建設常任委員長に報告を求めます。金房眞悟産業建設常任委員長。



◎産業建設常任委員長(金房眞悟君) 産業建設常任委員長報告。おはようございます。産業建設常任委員会に付託されました議案につきましては、町長提出議案第36号平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第1号)所管分について並びに発議第4号労働者保護ルール遵守を求める意見書(案)についての計2件であります。

 去る6月13日、産業建設常任委員会を開催し、町長、副町長初め、関係課長等の出席を求めて慎重に審査いたしましたので、その審査の経過並びに結果について御報告いたします。

 初めに、議案第36号平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第1号)所管分については、所管課長より順次説明を受け、主な議論としては、産業課所管分については、7款商工費、2項観光費、1目観光総務費の観光協会補助金850万円の補正について、補助金の内容や観光協会の業務内容、さらには既存の観光案内所の運営や観光協会施設の新設についての議論を行いました。

 また、建設課所管分においては、8款土木費、5項住宅費、2目公営住宅建設事業費の町営伊良原住宅4戸の建設の補正について、建設の目的や今後の入居見込み等について議論を行いました。

 以上、慎重審議を行いました結果、議案第36号については賛否同数となり、委員長裁決により可決するものと決しました。

 次に、発議第4号労働者保護ルール遵守を求める意見書(案)については、全員賛成のもと、可決するものと決しました。

 以上、産業建設常任委員会の審査報告といたします。



○議長(上田重光君) 委員長の報告が終わりました。

 これより、委員長報告に対する質疑を行います。質疑のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、文教厚生常任委員長に報告を求めます。田中勝馬文教厚生常任委員長。



◎文教厚生常任委員長(田中勝馬君) 皆さん、おはようございます。文教厚生常任委員長報告をさせていただきます。

 本委員会に、今定例会におきまして付託されました議案は、町長提出の議案第36号平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第1号)所管分、議案第37号平成26年度みやこ町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)、議案第38号平成26年度みやこ町水道事業特別会計補正予算(第1号)の計3件と、議員提出の発議第3号「少人数学級推進など定数改善」、「義務教育費国庫負担制度2分の1復元」を求める意見書(案)についての1件、計4件であります。

 去る6月16日に委員会を開催いたしまして、委員全員出席のもとに出席者より説明を受け、慎重に審査をいたしましたので、その審査の経過並びに結果について御報告いたします。

 初めに、議案第36号の一般会計補正予算所管分では、各課長より補正予算の説明を受けました。生涯学習所管分として、平成26年、27年度の総額3億6,600万円の継続費として実施する歴史民俗博物館改修事業について、その財源、事業内容、工事期間中の対応等についての議論を行いました。

 また、陸上競技場第4種公認改修事業の5,157万円の補正についての、委員からの利用者の多くは町外者であることから、近隣市町村への負担金を要請すべきではないかという意見が出されました。

 また、学校教育所管分としての国の事業であるインクルーシブ教育システム構築事業への取り組みについて、事業内容や事業効果などについて議論をした結果、可否同数となり、委員長裁決により可決すべきものと決しました。

 次に、議案第37号の農業集落排水事業特別会計補正予算では、県の道路改修に伴い、汚水ふたをノンスリップ型に取りかえるものとの説明を受け、全員賛成のもと、原案のとおり可決するものと決しました。

 次に、議案第38号の水道事業特別会計補正予算については、主には給水区域拡張工事に伴う補正との説明を受けた後、水道加入者の普及や費用対効果等を見定めて慎重に進めるべきとの意見が出されましたが、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 最後に、発議第3号については、提出者の補足説明を受け、全員賛成のもと、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、文教厚生常任委員会の審査報告といたします。よろしくお願いします。



○議長(上田重光君) 委員長の報告が終わりました。

 これより、委員長報告に対する質疑を行います。質疑のある方ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 以上で、委員長報告及び委員長報告に対する質疑を終わります。

 それでは、これより討論、採決を行います。

 討論、採決は議案題名を省略して、議案番号のみで行います。

 初めに、議案第34号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、議案第34号みやこ町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第35号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、議案第35号京築広域市町村圏事務組合規約の変更については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第36号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方、ございませんか。11番、熊谷みえ子議員。



◎議員(熊谷みえ子君) おはようございます。11番、熊谷みえ子でございます。議案第36号平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第1号)についての反対討論をさせていただきます。

 まず、この補正予算に関して、町長選挙後の補正、これは町長の政策的なものが反映されるべき補正予算でございます。今回、庁舎統合整備事業の設計委託料650万円の計上がされております。しかし、今後の工事費の計上はございませんでした。本来ならば財源、工事概要、事業内容を示すべきだと考えております。

 また、もう一点、国の政策的なものではございますが、ここで述べさせていただきます。今回の予算には、社会保障税番号制度のシステム整備、国の国庫補助金が480万円が見込まれています。国では、今年度予算102億円を計上しておりますが、この事業費は総事業費2,000億円、3,000億円とも言われる大きな事業内容でございます。これは、国民に総背番号制、マイナンバーをつけると。そして、これのねらいについては、徴税強化、そして社会保障の給付の削減の手段とされかねない大きな問題をはらんでいるものでございます。

 また、個人情報の漏洩を防げない欠陥を抱えている、本当に導入する必要性のない、全くないものと言えます。国の制度ではありますが、これからこれが実施されるにつけ、市町村にとっては大変事業内容についても負担がかかってくると予想されます。

 今回のこの事業、情報提供ネットワークシステムの運用が始まるこの問題について、大変な個人の負担になる、また市町村にとっても大変負担になるものと考え、ここに反対討論とさせていただきます。

 以上です。



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) ほかに反対討論の方はございませんか。10番、柿野義直議員。



◎議員(柿野義直君) 10番、柿野義直です。私は、議案第36号みやこ町一般会計補正予算(第1号)に反対の立場から討論を行います。

 久しぶりに反対の討論ということで、全体的なこの予算案についての考え方を述べさせていただきます。

 この補正予算は、4月の町長選挙後の政策的予算であります15億4,000万円にも及ぶ追加でありまして、一般会計を114億5,000万円とするかなり大きな補正予算であります。本来ならば、予算委員会を開き慎重に審議をしなければならないものですが、しかも説明資料も準備がおくれて、議会からの要求で会期の終わりに提出されました。

 これらの井上町政が行おうとしているこの大型事業が、この予算の中に位置づけられております。十分な議論がなされないまま、きょうの採決に至っていることに対して、議会のあり方や意義を大きく損なうものであることに、まず私たちは気づくべきであると思います。

 その上で、この予算内容に盛り込まれている庁舎統合設計委託に関連するゆいの郷の入浴施設を廃止し、改修後に本庁機能の一部を入れることが議会前に新聞報道されました。町政の有力者の一部で方向づけされたものが、町民の意見を反映しないで、議会での議論を経ないまま執行部が議会に提案すれば、全て可決されてしまうという井上町政の安易な考え方のあらわれではないかと思います。危惧しております。

 この庁舎統合については、みやこ町庁舎統合検討委員会から、24年12月13日付で庁舎の位置についての答申が出ております。内容は、3つの庁舎から1つの庁舎が統合するには、どこが適当かというものを利便性や経費などの面から数値化して、勝山本庁方式を選択して答申しております。

 建設費は、大まかに勝山では不足する事務所の床面積、これが1,100から1,600平米になります。この建設費だけで2億4,000万から3億5,000万をかけて、今あるゲートボール場を使って新築するという案であります。車が270台駐車をしないといけない。不足している130台分を、駐車場を新しい庁舎の屋上に70台、今ある駐車場を二階建てにして、50台分を確保するという計画のもとに答申が出されております。

 その駐車場の建設費だけで、50台分は2億円かかるという試算になっております。ゆいの郷の改修費は、概算で1億円弱との見通しですが、130台分の駐車場をどう確保するのかが説明されておりません。50台分の確保で2億円ですから、あと70台分ですね、数億円かかるということになります。そうしますと、むしろ建設費から見たら入浴施設の取り壊し、改修のほうが全体的に高くつくとも考えられます。この点から見ても、井上町政の説明責任が見えない町政運営や予算運営が見えてきます。

 また、3つの入浴施設では、勝山は一番利用数が多いと聞いています。新聞報道で知った後に、町民から続けてほしい、これからの高齢化社会の福祉施策としての中核となる大切な施設だから等の声が届いております。こうした町民の声を反映させて、ぜひ計画の見直しを求めていきたいものだと考えております。

 この予算案の中には、本体事業がまだ盛り込まれていませんが、これから展開する大型事業の方向づけをするものがたくさん含まれております。小中一貫校では、建設費など100億円が予想されています。光ファイバーの敷設債債務負担行為が5億円計上されておりますし、観光案内施設の建設も数億円かかるのではないかと考えられております。

 庁舎統合の施設整備でも数億円かかります。今年度に建設が予定されています25年度からの継続事業であります伊良原小中学校10億円、そして別途会計でありますが、水道事業でこの二、三年かけて10億円つぎ込むということが計画されておりまして、これは一般会計からの繰り入れでやっていかざるを得ない状況があります。

 住宅の建てかえがございます。し尿処理施設の改築、これも町負担が数億円かかるものだと私は見ております。伊良原ダムの基金が23億円ぐらいありますでしょうか。これもその基金では足るのかなというぐらいの事業が迫っております。

 このように、大型事業のめじろ押しですから、財政的な計画の見通しをどうするのかの議論がありません。一方で、町民へのサービスを置き去りにしていこうとしています。あれもこれもから、あれかこれかという理屈を持ち出して、住民に対するきめ細かいサービスを切り捨て、大型事業で一部の者の利益につながる町政運営を行おうとしているというふうにも、とれないことはありません。

 広く町民にきめ細やかなサービスを提供し、住民の生活を守ることによって、地域の活性化とみやこ町の元気を維持していく上で、もっと財政運営の方向性を転換しないといけない、私はそういうふうに思います。この予算は、そういう観点から見て大変問題があるという補正予算だと私は考えております。

 以上の理由から、議案36号の反対討論といたします。



○議長(上田重光君) ほかに賛成討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) ほかに反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論を終わります。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する各委員長の報告は可決でございます。各委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成多数であります。したがいまして、議案第36号平成26年度みやこ町一般会計補正予算(第1号)は、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第37号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方、ございませんか。2番、柿野正喜議員。



◎議員(柿野正喜君) 2番議員、柿野正喜です。議案第37号みやこ町農業集落排水事業特別会計補正予算(案)について賛成討論を行います。

 この補正金額の800万円は、一般会計からの繰入金であります。平成26年度繰入金総額は、これで9,892万5,000円にもなります。財政が厳しくなると言いつつも、このような安易な方法で、その場しのぎの対処で正常な特別会計を維持できましょうか。

 そして、町長は施政方針の中で、「農業集落排水整備区域外の地域については、合併浄化槽の設置促進に努める」と述べております。しかし、今年度一般会計の小型合併処理浄化槽設置補助金の予算額は5,325万7,000円であります。対象となる人口は、農業集落排水地域人口の約4倍にもかかわらず、予算額は2分の1であります。明らかに不均衡な予算措置となっております。公平な予算配分措置となるよう是正措置を講ずることを意見し、賛成討論といたします。



○議長(上田重光君) ほかに反対討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 賛成討論の方はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論を終わります。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、議案第37号平成26年度みやこ町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第38号を議題とし、討論を行います。原案に反対討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。賛成多数であります。したがいまして、議案第38号平成26年度みやこ町水道事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、発議第3号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、発議第3号「少人数学級推進など定数改善」、「義務教育費国庫負担制度2分の1復元」を求める意見書(案)については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、発議第4号を議題とし、これより討論を行います。原案に反対討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) では、賛成討論のある方、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 討論なしと認めます。

 これより、本案に対する採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成であります。したがいまして、発議第4号労働者保護ルール遵守を求める意見書(案)については、委員長の報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第2.みやこ町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について



○議長(上田重光君) 日程第2、みやこ町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙についてを議題とします。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定によって、指名推選にしたいと思いますが、御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。したがいまして、選挙の方法は指名推選で行うことで決定いたしました。

 指名の方法につきましては、議長が指名することにしたいと思いますが、御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。

 初めに、選挙管理委員の選挙を行います。選挙管理委員には、舛田照二君、横田治君、中谷弘子君、森原信恵君、以上の方を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長が指名しました方を選挙管理委員の当選人と定めることに御異議はございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。ただいま指名いたしました舛田照二君、横田治君、中谷弘子君、森原信恵君が選挙管理委員に当選されました。

 次に、選挙管理委員補充員の選挙を行います。

 選挙管理委員補充員には、中野文彦君、中野文子君、原田勝江君、奥村洋明君、以上の方を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長が指名いたしました選挙管理委員補充員を当選人と定めることに御異議はございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。ただいま指名いたしました中野文彦君、中野文子君、原田勝江君、奥村洋明君が選挙管理委員補充員に当選されました。

 次に、補充の順序についてお諮りいたします。補充の順序は、ただいま議長が指名をいたしました順序にしたいと思いますが、御異議はございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。補充の順序は、ただいま議長が指名いたしました順序に決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第3.委員会の閉会中の継続調査について



○議長(上田重光君) 日程第3、委員会の閉会中の継続調査についてを議題とします。

 各委員長から、所管事務のうち、会議規則第75条の規定によって、お手元にお配りしました所管事務調査事項について、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りします。委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議はございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。したがいまして、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定をしました。

────────────・────・────────────



△日程第4.議員の派遣について



○議長(上田重光君) 日程第4、議員の派遣についてを議題とします。

 お諮りいたします。お手元に配付しましたとおり、地方自治法第100条第13項及びみやこ町会議規則第128条の規定により、次期定例会までに開催が予定される会議等に議員派遣を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、議員派遣については可決されました。

 お諮りいたします。ただいま可決されました議員派遣の内容に、今後変更を要する場合は、その取り扱いを議長に御一任いただきたいと思います。これに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、議員派遣の内容に変更を要する場合の取り扱いは、議長に一任されました。

────────────・────・────────────



○議長(上田重光君) 以上で、今定例会の全ての議事が終了をいたしました。

 ここで、町長より閉会に当たり発言の申し出がありますので、これを許可します。井上町長。



◎町長(井上幸春君) ただいま議長から許可をいただきましたので、一言御挨拶を申し上げます。

 このたび、皆様の御推挙をいただきまして、2期目を当選させていただきました。それに当たりまして、今議会は私の2期目に対する予算を審議していただきました。いろいろと皆様から御指摘をいただきましたことに対しまして、このことを真摯に受けとめてまいりたいというふうに考えております。

 先般の一般質問の中でも申し上げましたが、通常の記者会見等をやっておりまして、その辺のちょっと行き違いがあったなということは、大変申しわけなく思っております。今後の記者会見等につきましても、もう少し研究をしながらやっていきたいなというふうに思っております。

 なお、この議会で可決いただきました予算等を含めて、これから執行に向けて怠りのないように頑張ってまいりたいというふうに思います。

 なお、またいろいろと御指摘をいただきました資料等につきましては、新しくなられた課長さんたちもかなりおられますので、その辺はもう一度しっかり勉強をして、議員の皆様からそういう指摘を受けないように、この次の議会には臨みたいというふうに考えております。

 今回のそういった資料等の不足に対しましては、本当に申しわけなく思っております。そういうことを注意をしてまいり、次の議会には臨みたいと思っておりますので、よろしくお願いをいたします。

 最後に、可決いただきましたことにお礼を申し上げまして、挨拶といたします。ありがとうございました。



○議長(上田重光君) それでは、6月議会閉会に当たり、議長として一言お礼申し上げます。

 議員各位には、会期中本当に熱心なる御審議を賜り、まことにありがとうございました。

 これをもちまして、平成26年第4回みやこ町議会定例会を閉会いたします。お疲れさまでした。

午前11時07分閉会

──────────────────────────────

 

 





    会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。





       平成26年 6月20日




                   議  長


                   署名議員


                   署名議員