議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 25年第3回定例会( 9月) 09月09日−01号




平成 25年第3回定例会( 9月) − 09月09日−01号









平成 25年第3回定例会( 9月)


みやこ町告示第59号
 平成25年第3回みやこ町議会定例会を次のとおり招集する
    平成25年9月3日
                               みやこ町長 井上 幸春
1 期 日  平成25年9月9日(月曜日)午前10時
2 場 所  みやこ町庁舎3階議事堂
──────────────────────────────
開会日に応招した議員
橋本 真助君          柿野 正喜君
中山 茂樹君          小田 勝彦君
田中 勝馬君          飯本 秀夫君
中尾 昌廣君          金房 眞悟君
大束 英壽君          柿野 義直君
熊谷みえ子君          原田 和美君
中尾 文俊君          肥喜里和隆君
浦山 公明君          上田 重光君
──────────────────────────────
応招しなかった議員
                
──────────────────────────────
 
───────────────────────────────────────────
平成25年 第3回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第1日)
                             平成25年9月9日(月曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                         平成25年9月9日 午前10時00分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期及び日程について
 日程第3 諸般の報告
 日程第4 行政報告
 日程第5 諸報告(報告第7号〜第9号)
 日程第6 人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、採決
      同意第3号 みやこ町教育委員会委員の任命について
      諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
 日程第7 議案の上程、提案理由の説明
      議案第42号 みやこ町若者向け賃貸住宅条例の制定について
      議案第43号 みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第44号 みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第45号 みやこ町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第46号 みやこ町介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第47号 みやこ町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第48号 平成25年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)
      議案第49号 平成25年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第50号 平成25年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第51号 平成25年度みやこ町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
 日程第8 認定案件の上程、提案理由の説明
      認定第1号 平成24年度みやこ町一般会計歳入歳出決算の認定について
      認定第2号 平成24年度みやこ町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第3号 平成24年度みやこ町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第4号 平成24年度みやこ町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第5号 平成24年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第6号 平成24年度みやこ町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第7号 平成24年度みやこ町水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第8号 平成24年度みやこ町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第9号 平成24年度みやこ町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第10号 平成24年度みやこ町犀川財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第11号 平成24年度みやこ町城井財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定について
 日程第9 議員提出議案の上程、趣旨説明
      発議第9号 安心の年金制度を求める意見書(案)について
      発議第10号 「森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保」を求める意見書(案)について
      発議第11号 道州制導入に断固反対する意見書(案)について
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期及び日程について
 日程第3 諸般の報告
 日程第4 行政報告
 日程第5 諸報告(報告第7号〜第9号)
 日程第6 人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、採決
      同意第3号 みやこ町教育委員会委員の任命について
      諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
 日程第7 議案の上程、提案理由の説明
      議案第42号 みやこ町若者向け賃貸住宅条例の制定について
      議案第43号 みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第44号 みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第45号 みやこ町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第46号 みやこ町介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第47号 みやこ町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第48号 平成25年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)
      議案第49号 平成25年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第50号 平成25年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第51号 平成25年度みやこ町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
 日程第8 認定案件の上程、提案理由の説明
      認定第1号 平成24年度みやこ町一般会計歳入歳出決算の認定について
      認定第2号 平成24年度みやこ町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第3号 平成24年度みやこ町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第4号 平成24年度みやこ町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第5号 平成24年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第6号 平成24年度みやこ町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第7号 平成24年度みやこ町水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第8号 平成24年度みやこ町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第9号 平成24年度みやこ町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第10号 平成24年度みやこ町犀川財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第11号 平成24年度みやこ町城井財産区管理会特別会計歳入歳出決算の認定について
 日程第9 議員提出議案の上程、趣旨説明
      発議第9号 安心の年金制度を求める意見書(案)について
      発議第10号 「森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保」を求める意見書(案)について
      発議第11号 道州制導入に断固反対する意見書(案)について
──────────────────────────────
出席議員(15名)
1番 橋本 真助君       2番 柿野 正喜君
3番 中山 茂樹君       4番 小田 勝彦君
5番 田中 勝馬君       6番 飯本 秀夫君
8番 金房 眞悟君       9番 大束 英壽君
10番 柿野 義直君       11番 熊谷みえ子君
12番 原田 和美君       13番 中尾 文俊君
14番 肥喜里和隆君       15番 浦山 公明君
16番 上田 重光君                
──────────────────────────────
欠席議員(1名)
7番 中尾 昌廣君                
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 中嶋 純男君     書記   中村 銀次君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
総務課長 ……………… 中村 政弘君   財政課長 ……………… 吉永 秀信君
総合政策課長 ………… 村上 重範君   伊良原ダム対策室長 … 尾崎  喬君
税務課長 ……………… 中原 裕二君   徴収対策課長 ………… 葉瀬垣和雄君
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
住民課長 ……………… 長野 正美君   健康づくり課長 ……… 柿野 善広君
介護福祉課長 ………… 山本 淳一君   生活環境課長 ………… 三角 房幸君
教育長 ………………… 屏  悦郎君   教務課長 ……………… 川上 茂昭君
生涯学習課長 ………… 立花 博美君   学校給食課長 ………… 亀田 国宏君
建設課長 ……………… 森下 高志君   産業課長 ……………… 久保賢太郎君
上下水道課長 ………… 三隅  忠君                     


──────────────────────────────



◎事務局長(中嶋純男君) おはようございます。事務局からお知らせということで、本日、中尾昌廣議員が欠席の届け出が出ております。

 それから、机上のほうに配付してます資料の確認なんですが、まず、会期日程、議事日程、諸般の報告、行政報告書、全員協議会の招集について、議会改革調査特別委員会の招集について、発議9号から11号、それから道州制導入に反対する意見書の提出について、森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保のための意見書採択に関する陳情について。終わりに、さきの全員協議会で、熊谷議員より資料請求を求められておりました、みやこ町公立保育所民営化等検討委員会からの答申書を配付しておりますので、よろしくお願いいたします。

 ただいまの出席議員は15名となっております。

 事務局からは以上です。

午前10時00分開会



○議長(上田重光君) おはようございます。ただいまの出席議員は15名です。

 したがいまして、定足数に達しておりますので、平成25年第3回みやこ町議会9月定例会を開会いたします。

 では、ただいまより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。議事日程にしたがい、議事を進めます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(上田重光君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 今回の会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、8番、金房眞悟議員、9番、大束英壽議員の2名を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期及び日程について



○議長(上田重光君) 日程第2、会期及び日程についてを議題といたします。

 このことにつきましては、議会運営委員会において協議をしていただいておりますので、その結果について報告を求めます。中尾文俊委員長。



◎議会運営委員長(中尾文俊君) おはようございます。中尾文俊でございます。

 本日招集をされました、平成25年第3回みやこ町議会定例会の議事運営につきまして、去る9月4日、午前10時より議会運営委員会を開催をし、協議を行いましたので、その結果について御報告をいたします。

 本定例会に提案をされます案件は、町長提出案件として人事案件2件、条例の制定1件、条例の一部改正5件、補正予算案件4件、報告案件3件、平成24年度決算認定案件11件、議員提出の意見書案3件の、計29案件でございます。執行部より、町長、副町長及び総務課長、財政課長の出席を求め、提出案件の説明を受け、協議をいたしました結果、本定例会の会期を本日から9月27日までの19日間とすべきものと決した次第でございます。

 この19日間の会期におきまして、お手元に配付しております会期日程に従い、本会議、決算特別委員会、各常任委員会を開催をし、審議及び審査していただきますようにお願いをいたします。

 また、本日の議事日程について申し上げます。

 この後、日程3は諸般の報告です。議長としての報告事項は、書面をもっての報告といたします。

 日程第4は行政報告で、町長より報告を受けます。

 日程第5は諸報告、報告第7号から9号までの報告を受けます。

 日程第6は人事案件の上程、提案理由の説明、審議、採決といたします。

 日程第7は議案の上程、提案理由の説明でございます。議案第42号から議案51号までの10件の町長案件を一括議題とし、町長から提案理由の説明を受けます。なお、議事能率を高めるため、提案理由についての補足説明は割愛をいたします。

 日程第8、認定案件の上程、提案理由の説明でございます。認定第1号から認定第11号までの11件の町長提出案件を一括議題とし、町長から提案理由の説明を受けます。決算の認定につきましては、議会運営の申し合わせにより、7名による決算特別委員会を設け、委員会構成につきましては、副議長と各常任委員会から2名をもって充てるとされておりますので、議会初日、本日終了後、全員協議会で選任していただきたいと存じます。また、この決算特別委員会の設置及び付託につきましては、議長発議で行います。

 日程第9、議員提出議案の上程、趣旨説明でございます。発議第9号から第11号までの3件を一括議題とし、それぞれ提出者から趣旨説明を受けますが、発議10号、11号につきましては、趣旨説明を省略することといたしました。

 以上が、本日の議事日程でございます。

 また、あす以降の日程についてでございますが、あす10日は考案日としています。

 11日は本会議で、本日、説明を受けた議案の質疑を行い、その後、議案の付託表をもって各常任委員会に付託を行います。

 12日及び13日、17日の3日間を、各常任委員会の審査日に充てております。12日を文教厚生常任委員会、13日を産業建設常任委員会、17日を総務常任委員会といたしております。つきましては、所管分の審査をよろしくお願いをいたします。

 18日及び19日、20日の3日間を決算特別委員会といたします。

 21日及び22日、23日の休日を挟んで24日及び26日を一般質問といたしております。

 27日が本会議の最終日で、審査終了案件の委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。また、27日の本会議冒頭で、追加議案として、工事請負案件を提案することにいたしております。

 なお、委員会付託を省略をし、質疑、討論、採決といたしておりますので、よろしくお願いをいたします。

 なお、本日の日程終了後、3階大会議室で全員協議会を開催をいたしますので、御参集をお願いいたします。

 また、一般質問の通告締め切りを本日9日の午後5時までといたしておりますので、質問を予定をされている方は時間厳守の上、提出をしてください。

 以上、本定例会の運営につきまして、議会運営委員会で協議いたしましたので、議員各位の御賛同と御協力を賜りますようにお願いを申し上げ、報告とさせていただきます。



○議長(上田重光君) 委員長の報告は終わりました。

 お諮りいたします。会期及び日程について、ただいまの委員長の報告どおり決することに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日9月9日から9月27日までの19日間とし、日程につきましてもお手元に配付の日程表のとおり決定をいたします。

 なお、常任委員会の日程につきましても、議会運営委員会において、お手元の日程表のように決定をいたしております。

────────────・────・────────────



△日程第3.諸般の報告



○議長(上田重光君) 日程第3、諸般の報告を行います。

 今議会までの議長としての報告事項は、印刷してお手元に配付しているとおりであります。

 なお、内容等の朗読は省略いたします。

────────────・────・────────────



△日程第4.行政報告



○議長(上田重光君) 日程第4、行政報告。

 町長から行政報告の申し出があっておりますので、これを許可します。井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。本日、ここに、平成25年第3回みやこ町議会定例会を招集しましたところ、議員各位におかれましては、公私とも御多忙の中御参集賜り、厚くお礼申し上げます。

 ことしの夏は記録的な猛暑のため、農業用水が枯渇し、農作物に重大な被害を及ぼす状況となり、町は渇水対策本部を8月19日に設置し、浦ノ谷の池の水を祓川に放流しました。その後、8月23日から3日連続の雨により、渇水状況が改善したため、渇水対策本部は8月27日に解散いたしました。

 また、先週の台風15号ですが、大雨による河川の氾濫と土砂災害を警戒し、8月30日に災害警戒本部を設置し、対応いたしましたが、幸いにも民家や農地には大きな被害は発生しませんでした。今後も、災害に対し迅速に対応できるよう、準備に万全を尽くしてまいります。いよいよ実りの秋を迎えます。このまま農作物には被害が及ばず育ってくれますよう、念じております。

 さて、国の情勢に目を向けますと、国の借金はついに1,000兆円を超えたと新聞紙上で報道されました。歳入を増やし、歳出を抑えることが国にとっても最重要課題であります。消費税率引き上げ、医療、介護の制度変更も予定されており、みやこ町の町民生活にも直接関わる重要な問題であり、これらについては、国の動向を注視しながら対応すべく準備をしてまいる所存であります。

 それでは、6月定例会以降の行政運営について、御報告いたします。

 まず、防災関係について御報告いたします。犀川上木井地区は、福岡県自主防災組織設立促進モデル事業の認定を受け、去る8月4日に第1回目の地域防災ワークショップを開催しました。当事業は、年間3回のワークショップを通じ、地域における自主防災組織の活性化や、持続可能な組織づくりを目的としているものです。町としましては、今後も継続し、自主防災組織の設立及び育成に取り組んでまいります。

 次に、広報広聴についてですが、議会について広く町民の皆様に知ってもらうことを目的に、今9月議会から、伊良原出張所におきましても議会中継を見ることができるようにしたところです。

 続いて、町政懇談会について御報告いたします。7月23日から豊津、勝山、犀川地区において、計9回の町政懇談会を実施したところ、269名の御参加をいただきました。とりわけ、現在、町が抱えております重要な課題を中心に説明をしました。1点目は、効率的な行政運営のための本庁機能の統合問題について、2点目は、今後の学校のあり方についてであります。

 1点目の、本庁機能の統合につきましては、従来から議会のみならず、機会あるたびに幾度となく御理解いただきますよう、町民の皆様に説明をしてまいりました。

 その説明概要は、近い将来、行財政運営はますます厳しくなることが予想されますことから、必要な行政サービスを確実に実施、続けられますよう、今から体制を整えておく必要があると考えております。このことは、みやこ町行政改革推進委員会から、1つの庁舎に集約し、業務を行う本庁方式が適切であると判断する、さらには、庁舎統合検討委員会からも、本庁機能を勝山庁舎へ統合することが適切である、との答申がなされております。今後、体制の整備と同時に、さらなる行財政改革、組織の改編、職員のスキルアップなどを図る旨の説明をいたしました。

 出席者の皆様との意見交換の場におきましては、種々さまざまな御意見をいただけるものと思っておりましたが、出席者の皆様からは、サービス低下を招かないよう、窓口での業務をしっかり対応してほしいという御意見でした。これに対し、窓口のあり方につきましては、しっかりした対応ができる体制で臨んでまいります、と回答いたしました。

 今回の町政懇談会では、特段の反対意見もありませんでしたので、概ね御理解いただいたものと考えております。

 また、懇談会の際に行った類似施設のあり方のアンケートでは、「経費節減のため1つのみ現行のまま存続、そのほかは廃止」が47.8%、「一旦現行施設を廃止し、機能を集約、充実して、地域のシンボルとなる施設を新たに建て替える」が17.7%と、合わせて65%にも上るという結果が出ており、住民の方みずからが、行財政の効率化を望んでいるという意思が表れているものと考えております。

 これらの結果を踏まえ、住民サービスのさらなる充実のために、行政事務の効率化、行財政基盤の強化、みやこ町の一体化に向けた取り組みとして、本庁機能の統合に向け、議員各位の御意見をいただきながら、手続きを進めてまいりたいと考えておりますので、今後とも議員各位の御協力をお願い申し上げます。

 また、2点目の、学校のあり方につきましては、屏教育長から、小中学校ごとの児童生徒数の減少の状況と将来の予想人数について、説明いたしました。

 次に、校舎の老朽化について説明しました。特にみやこ町は、建築後40年を経過した校舎が8校あるなど、老朽化の現状と改修費等の説明を行い、理解を求めたところです。

 最後に、全国学力学習状況調査の資料に基づき、児童生徒の学習や生活の状況についての説明を行った後、学校在り方検討委員会の設置を初め、保護者の意識アンケート、小中連携教育の推進、再編整備についての現状報告を行ったところです。

 参加者の皆様からは、特に反対意見はなく、むしろ、早急に学校の再編の結論を早く出してほしいなどの御意見をいただいたところです。

 なお、今までの取り組みや今後の方針につきましては、後ほど教育関係に関するところで御報告いたします。

 次に、「黒田官兵衛」関連についてです。来年のNHK大河ドラマで「軍師官兵衛」が放送されることに伴い、馬ヶ岳の本丸、二の丸の整備及び案内表示等の設置を、地元花熊区の協力のもと実施いたしました。また、行橋市を初め、関係自治体との連携により、歴史遺産の保存、継承及び観光振興につきましても積極的に推進し、この放送を契機として、馬ヶ岳を中心に町のPRを全国に発信し、みやこ町の観光振興に結びつけていきたいと考えております。

 続きまして、デマンドタクシーについてです。6月議会において、みやこ町生活交通ネットワーク計画をお示しし、説明させていただいたところですが、10月から諫山地区での運行を開始します。月・水・金の1日3往復で、勝山地域のバス停など、交通機関への接続を初め、病院や公共施設への移動手段の確保を目的としており、その運行は太陽交通へ委託することになりました。なお、来年度以降は順次エリアを拡大していく予定です。自家用車を持たない高齢者などの交通制約者の移動手段を確保し、通院、買い物など、生活を維持していくために最低限必要となる交通体系を確立していきたいと考えております。

 次に、ホームステイ事業についてです。8月2日から7日間、ハワイ島ヒロにおいて、現地福岡県人会の御協力をいただき、無事に事業を完了することができました。13名の参加者はハワイでのホームステイを通じ、日本とは異なる文化に触れ、毎日英語を使うといった、日本では経験できない大変貴重な7日間を過ごしました。共に過ごした仲間ときずなを深め、多くのことを学ぶことができたのではないかと考えております。この体験を通じて、豊かな国際感覚を身につけたあすのみやこ町を担う大人に成長し、世界に羽ばたいてほしいと考えております。

 次に、生活環境の新規取り組みに関して御報告いたします。8月6日今川流域市町村連絡協議会を発足しました。この協議会は、今川河川流域の添田町、赤村、みやこ町、行橋市の4自治体によって構成されています。流域の行政や地域住民が一体となって、流域市町村の一層の交流や連携を深め、地域の活性化を図ることにより、今川の美しい水の流れや自然環境を守り、今川の自然を後世に残していくことを目的としております。今後は、今川を浄化する事業等により、関係市町村と連携を図ってまいります。

 次に、健康づくりに関して御報告いたします。京築地域の一次診療等の新たな拠点となる行橋京都メディカルセンターが完成し、行橋京都休日夜間急患センターが6月27日、同センター内に移転しました。なお、診療科目、診療時間につきましては、従来どおりであります。

 また、7月1日から、生後4カ月から小学3年生まで受け入れる病児病後児保育が開設され、8月19日には、18歳までの発達障がい児の診察や相談業務を行う、児童発達相談センターも開設されたところです。

 予防接種の推進事業につきましては、高齢者の定期予防接種に加え、みやこ町独自の子育て支援事業の一環として、10月から、妊婦及びゼロ歳、高校3年生の年齢に相当する方に対する接種費用の一部補助の実施を予定しております。

 次に、保育所の民営化等につきまして、御報告いたします。

 民営化した2園の保育所についての検証と、町立保育所4園の今後、保育所としてのあり方について、みやこ町公立保育所民営化等検討委員会に諮問いたしました。平成25年8月16日に、委員会から答申が提出されました。

 民営化した2園については、保育所の運営や保育の状況等において、健全で適正に実施されており、保護者からの評判もよく、定数を上回る状況であることから、順調であると判断されると意見をいただいたところです。

 豊津、犀川及び久保保育所の3園は、今後も引き続き、民営化に向けて十分に検討を行い、実施することが望ましい、また節丸保育所については、近年、園児の激減により健全な集団保育ができない状況であることと、今後も園児の増加が見込めないなどの状況を考慮すると、廃止はやむを得ないとの答申がなされました。

 町はこの答申を真摯に受け止め、今後の保育所のあり方について、慎重に検討してまいりたいと考えています。

 人権男女共同参画について、御報告いたします。男女共同参画につきましては、8月7日に犀川中学校で男女平等にかかる人権意識の啓発活動として、人権擁護委員との座談会を開始し、中学生と意見交換を行い、男女共同参画社会の推進意識の向上を図ったところです。

 人権政策につきましては、7月は福岡県同和問題啓発強調月間であり、本町においても、町民の人権意識の向上を図るために、7月1日町内12カ所において街頭啓発を実施するとともに、啓発事業の一環として7月7日隣保館まつり、人権問題啓発講演会を開催したところです。隣保館まつりでは、京都行橋地区協議会の皆様や各種講座の皆様による出店や展示及び発表会を開始し、約300名の方々に御参加いただきました。議員各位の皆様並びに多くの町民の皆様に感謝申し上げます。

 なお、12月4日からは人権週間で、第8回みやこ町人権の集いを12月7日にサン・グレートみやこで開催します。今年度は拓殖大学教授、呉善花さんを迎え、講演会を開始します。また同日、町内児童生徒に人権教育の一環として取り組んでいただきました人権関連作品を展示し、優秀作品について表彰を行うこととしており、御参加のほどよろしくお願いいたします。

 次に、生涯学習に関して御報告いたします。子供たちに共同生活を体験してもらう通学合宿を、今年度は新たに祓郷小学校4年生の児童を対象に、9月8日から実施しました。基本的な生活習慣が定着するとともに、協調性なども身につくものと期待しております。

 また、子供の自然体験学習事業の一環として、夏休み中に竹を使ったお椀や箸づくりや、そうめん流しなどの体験教室を開催しました。11月には、魚釣り体験教室を実施する予定です。

 今後も自然体験や社会体験、物づくり体験などを実施してまいります。

 スポーツ振興についてですが、スポーツフェスタ・イン・みやこ2013を9月から行っています。ことしは台風の影響で、開会式を実施することができませんでしたが、11月3日まで約2カ月間で9種目の競技大会を体育協会、スポーツ推進委員など、関係団体の協力を得て実施いたします。今後も、町民みんなが自由に参加できるスポーツイベントとして定着を図ってまいります。

 次に、博物館事業についてです。9月から歴史文化カレッジを開催いたします。この事業は、地域の宝の再発見、郷土に対する誇りの醸成と文化を活かしたまちづくりの意識向上、文化振興、文化向上をけん引する人材の発掘養成などを目的とし、みやこ町歴史民俗博物館などを会場として、郷土史会などと連携しながら行うものです。

 なお、この歴史文化カレッジの1つとして、昨日、9月8日、犀川体育館において、「黒田官兵衛の光と影」と題し、講演会を開催いたしました。これは、平成26年NHK大河ドラマで放送予定の軍師官兵衛にちなみ、みやこ町ゆかりの武将、宇都宮氏の視点から、軍師黒田官兵衛の人物像に迫るため、みやこ町郷土史会研究会とみやこ町教育委員会が共催で実施したものです。昨日の講演会には町内外も含め、400名を超す多くの方々に御参加いただきました。町民の皆様の関心の深さと、マスコミの情報発信の力を改めて思い知らされた気がしました。

 図書館では、図書館に興味を持ち、図書に関心を持つきっかけづくりを狙いとする、小学生を対象としたチャレンジ教室を夏休みに実施いたしました。図書館司書が指導者となり、各図書館がそれぞれ違ったテーマで、フランス積み木を使った遊びや、アイスクリームづくり、万華鏡づくりなどを行い、楽しい時間を過ごすことができました。

 次に、教育関係について御報告いたします。教育委員会では、2月の学校在り方検討委員会の答申を受け、今年度、2つの事業に取り組んでいます。

 1つは、みやこ町学校再編整備計画策定事業であります。本事業では、学校の再編と施設整備について、より具体的に検討するため、学校再編整備計画策定委員会を設置しました。第1回の委員会を7月8日に開催し、事業の内容や今後の計画などの説明を行いました。また、取り組みの1つとして、8月21日に第1回目の研修視察を実施いたしました。32名の委員が参加され、飯塚市立小中一貫校の頴田校を視察しました。今後は、アンケートの実施等を行い、来年6月の答申に向け、検討をお願いしています。

 2つ目は、みやこ町小中連携教育推進事業です。本事業は、9年間を通じて系統性・一貫性のある教育を推進し、児童生徒を育成するため、校長を中心とする推進組織を立ち上げ、小小の連携や小中連携から、小中一貫教育へ至る検討を始めています。

 また、教育に対する関心を高め、家庭、地域、学校が協力して子供を育てることの大切さを理解していただくため、8月11日豊津公民館において、教育講演会を実施いたしました。

 次に、学校給食について御報告いたします。4月から1,750食の配食を行っておりますが、みやこ町学校給食センターの食物アレルギー対応は、現在、牛乳が飲めない児童生徒への対応のみでしたが、平成26年1月からは順次、対応を拡大する準備を進めております。ただし、食物アレルギー対応は、平成24年12月に東京都調布市で乳製品アレルギーの事故、平成25年6月に東京都町田市で学校給食を食べた後、食物アレルギーとみられる症状を発症した事例を踏まえ、慎重に検討し、実施したいと考えております。

 産業関係について御報告いたします。初めに、第8回みやこ町夏祭りについて御報告いたします。去る8月25日の午後2時から開催を予定でありました夏祭りにつきましては、悪天候のため中止となり、翌26日に花火の打ち上げのみ行いました。諸事御多忙の中、御参加いただきました皆様に対し、心より厚く御礼申し上げます。

 次に、観光協会設立に向けての取り組みに向けて、御報告いたします。

 3月26日に発足したみやこ町観光協会設立準備委員会は、これまでに5回の会議を重ね、門司港や川崎町への先進地視察も実施しました。今後、観光協会の事業内容、形態、情報発信、来町者への対応を考慮した設置場所などの検討が行われ、町に対して提言がなされる見込みです。

 次に、教育フォーラムの取り組みについて御報告いたします。6月から地産地消の一環として、城井小、久保小、黒田小の町内3小学校において、国の消費・安全対策交付金を活用し、みやこ町教育フォーラムに取り組んでおります。その一例を上げますと、久保小学校では、地元農家の協力を得て、児童みずからが農作物の植えつけや収穫を行うとともに、7月12日には採れたて市場にキッズマートを開設し、農作物の栄養素や効能を調べた結果を発表しながら、販売する取り組みを行いました。

 次に、イノシシ肉を活用した新商品の販売開始について、御報告いたします。よってこ四季犀館において、イノシシ肉のバーベキューセットを新たに開発し、8月1日より1カ月間限定5,000円で販売しました。電話、インターネットによる受け付けも行い、1月発売のみやこ猪鍋セット、購入者からの反応もあるなど、大変好評との報告を受けております。

 次に、農政関係の取り組みについて御報告いたします。8月22日に京築地域2市4町の首長が参画する、福岡県京築農業振興協議会による国への要望活動を行いました。当日は、林農林水産大臣と面会し、鳥獣被害防止対策や新規就農者支援体制などに関する提言書を直接手渡したうえで、意見交換を行いました。

 次に、林政関係の取り組みについて、御報告いたします。地域住民が中心となって行う集落周辺の里山を維持する景観保全活動や、竹林の整備等を支援する国の森林山村多面的機能発揮対策交付金について、森林の多い行政区から6月に要望書を聴取し、現在3地区が実施に向けた準備を進めております。

 次に、インターンシップについて御報告いたします。8月26日から30日までの5日間、麻布大学の学生1名をインターンシップ生として受け入れました。産業課において、みやこ町における有害鳥獣による被害の現状と駆除方法の把握、イノシシ、鹿肉の利用とその加工方法について、実習していただきました。インターンシップは就業体験を通じ、社会人としてのマナー、行動、責任を学ぶことを目的としており、この経験を将来に生かしていただければと考えております。

 最後に、9月14日、犀川体育館において、多年にわたり社会に御尽力いただきました高齢者の皆様に感謝と敬意を表すとともに、長寿を祝うため、平成25年度みやこ町敬老会を開催いたします。今回は、初めての試みとして、従来、3カ所で行っていた式典を一堂に会し、昼食を準備するなど、来場していただいた方々に楽しんでいただけるよう工夫をしておりますので、議員の皆様にもぜひとも御参加のほど、よろしくお願いいたします。

 以上、6月以降の行政運営について、御報告申し上げました。なお、本会議には、26の案件を上程しております。いずれも重要な案件であります。議員各位の活発な議論をいただき、御承認賜りますようお願い申し上げ、行政報告といたします。



○議長(上田重光君) 行政報告を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第5.諸報告(報告第7号〜第9号)



○議長(上田重光君) 日程第5、諸報告。

 報告第7号みやこ町一般会計継続費の継続年度終了による精算についてから、報告第9号平成24年度みやこ町財政健全化判断比率及び資金不足比率についてまで、3件の報告についてはお手元に配付のとおりでございます。

 これより、一括して町長からの説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) それでは、3件の案件について御報告いたします。

 報告第7号は、平成24年度に終了した継続費の精算について、みやこ町一般会計継続費精算報告書のとおり報告するものであります。内容としましては、農道台帳整備事業の継続費の精算となっております。

 報告第8号は、平成24年度に終了した継続費の精算について、みやこ町公共下水道事業特別会計継続費精算報告書のとおり、報告するものであります。内容としましては、豊津浄化センター建設工事の継続費の精算となっております。

 報告第9号は、平成24年度みやこ町財政健全化判断比率及び資金不足比率を、監査委員の意見をつけて議会に報告するものであります。内容としましては、平成24年度みやこ町の財政健全化判断比率及び資金不足比率等を審査し、その結果を報告するものであります。



○議長(上田重光君) 町長の説明を終わります。なお、3件の報告の詳細につきましては、本会議終了後の全員協議会で説明を求めます。

────────────・────・────────────



△日程第6.人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、採決



○議長(上田重光君) 日程第6、人事案件の上程、提案理由の説明、質疑、採決。

 同意第3号みやこ町教育委員会委員の任命について及び諮問第1号人権擁護委員の推薦につき、意見を求めることについてを一括議題とし、提出者の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 人事案件2件について、御説明いたします。

 同意第3号は、みやこ町教育委員会委員の任命につき、同意を求めるものであります。

 委員の欠員に伴い、大塲直氏を選任することについて、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 諮問第1号は、人権擁護委員候補者を推薦することについて、議会の意見を求めるものであります。現委員の任期満了に伴い、永沼加奈子氏を委員候補者として推薦するため、議会の意見を求めるものであります。



○議長(上田重光君) 町長の説明が終わりました。これより、質疑に入ります。

 初めに、同意第3号について質疑を受けます。質疑のある方、いますか。10番、柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 10番、柿野義直です。この大塲さんが80歳になりますね。で、年齢的にも教育長を経験された後でもありますし、人選についてはどうかなというふうには思います、反対ではありませんけどね。ただ、任期についてですね、和田委員が急きょ亡くなられた後の穴埋め的な要素もあるのかなと思ったりしますんで、任期についてはこう、しっかり教えていただきたいと思います。



○議長(上田重光君) 中村総務課長。



◎総務課長(中村政弘君) 大塲先生の任期につきましては、和田委員の残任期間であります、平成26年6月26日までになっております。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) これで、質疑を終わります。

 次の、諮問第1号について質疑を受けます。質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております、同意第3号及び諮問第1号の2件の人事案件は、議会運営の申し合わせにより、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思いますが、これに御異議はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。したがって、同意第3号及び諮問第1号の2件は、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行うことで決定しました。なお、採決は起立によって行います。

 これより、同意第3号について採決します。本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成です。したがって、同意第3号みやこ町教育委員会委員の任命については、同意することに決定しました。

 次に、諮問第1号について採決を行います。本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成です。したがって、諮問第1号人権擁護委員の推薦につき、意見を求めることについては、原案のとおり適任とすることに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第7.議案の上程、提案理由の説明



○議長(上田重光君) 日程第7、議案の上程、提案理由の説明。

 これより、議案第42号みやこ町若者向け賃貸住宅についてから、議案第51号平成25年度みやこ町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)までの町長提出案件10件を一括議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 議案についてですが、条例の制定案1件、改正案5件、平成25年度一般会計及び特別会計補正予算案4件の、計10件となっております。

 それでは、議案ごとに提案理由の概要について、御説明いたします。

 議案第42号は、みやこ町若者向け賃貸住宅条例の制定についてであります。みやこ町の若者世代の人口の増加及び定住化の促進を図ることを目的として建築する、みやこ町若者向け賃貸住宅の設置及び管理に関し、必要な事項を定める必要があるため、この条例案を提出するものであります。

 議案第43号は、みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定についてであります。みやこ町税条例は、総務省または県が作成している準則を元に一部改正を行っていますが、改正が複雑で多くの条文によって構成がされていることから、準則に規定されている内容との間に一部差異が生じております。よって、今後の日常、事務処理の円滑な運営を目指すための必要な条例改正を行うものであります。

 議案第44号は、みやこ町税条例の一部を改正する条例の制定についてであります。地方税法の一部を改正する法律が平成25年3月30日に公布され、同時に地方税法施行令の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する省令が平成25年6月12日に、それぞれ交付されたことに伴い、みやこ町税条例の一部を改正する必要があるため、この条例案を提出するものであります。

 議案第45号は、みやこ町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてであります。地方税法の一部を改正する法律が、平成25年3月30日に公布され、地方税法施行令の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する省令が、平成25年6月12日にそれぞれ交付されたことに伴い、みやこ町国民健康保険税条例の一部を改正する必要があるため、この条例案を提案するものであります。

 議案第46号は、みやこ町介護保険条例の一部を改正する条例の制定についてであります。地方税法の一部を改正する法律が平成25年3月30日に公布されたことに伴い、みやこ町介護保険条例の一部を改正する必要があるため、この条例案を提出するものであります。

 議案第47号は、みやこ町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。地方税法の一部を改正する法律が平成25年3月30日に公布されたことに伴い、みやこ町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する必要があるため、この条例案を提案するものであります。

 議案第48号は、平成25年度みやこ町一般会計補正予算(第2号)についてであります。歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5億9,587万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を122億6,754万5,000円にするものであります。主な内容といたしましては、地域の元気臨時交付金により財源変更及び前年度繰越金の追加計上と、4月異動に伴う人件費の補正、防犯灯のLED化及び公共施設整備基金積み立てとなっております。

 議案第49号は、平成25年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,660万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を30億1,460万4,000円にするものであります。主な内容といたしましては、前年度繰越金の計上と、国県支出金返納金となっております。

 議案第50号は、平成25年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,630万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を20億8,830万1,000円にするものであります。主な内容といたしましては、基金繰入金、前年度繰越金と国県支出金返還金等となっております。

 議案第51号は、平成25年度みやこ町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,942万円を追加し、歳入歳出予算の総額を3億6,211万9,000円にするものであります。主な内容といたしましては、集落排水施設の施設整備に伴い、資本的収入と資本的支出を増額するものであります。

 以上です。



○議長(上田重光君) 以上で、提案理由の説明を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第8.認定案件の上程、提案理由の説明



○議長(上田重光君) 日程第8、認定案件の上程、提案理由の説明。

 これより、認定第1号平成24年度みやこ町一般会計歳入歳出決算の認定についてから、認定第11号平成24年度みやこ町城井財産区管理会計特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの町長提出案件11件を一括議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 認定第1号から認定第11号までは、平成24年度みやこ町一般会計及びみやこ町国民健康保険事業特別会計を初めとする、10件の特別会計の歳入歳出の決算の認定についてであります。

 詳細につきましては、決算特別委員会において、担当課長から説明させていただきます。

 以上、提案理由を御説明いたしました。今回、提案いたしております議案は、いずれも重要な案件であります。議員の皆様におかれましては、慎重に御審議の上、御可決くださいますよう、お願い申し上げます。



○議長(上田重光君) 以上で、提案理由の説明を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第9.議員提出議案の上程、趣旨説明



○議長(上田重光君) 日程第9、議員提出議案の上程、趣旨説明。

 これより、発議第9号安心の年金制度を求める意見書(案)について、議題とします。発議第9号について、提出者の趣旨説明を求めます。熊谷みえ子議員。



◎議員(熊谷みえ子君) 11番、熊谷みえ子でございます。安心の年金制度を求める意見書(案)についての趣旨説明をさせていただきます。

 御承知のように、さらなる年金の改悪が進められようとしております。ここに書いてありますように、仕事がない、あっても非正規など、低収入の若者に老後を考える余裕さえないと。また、仕事や収入の確保と同時に、全額国庫負担の最低保障年金など、安心の年金制度が必要だと考えます。

 今、暮らしはギリギリだと。買うものは食べ物だけです。電気、ガス、水道など、全て節約をしています。これ以上年金が下がったら食費を減らさなければならない、とおっしゃっている。また、ことしの夏の熱中症の高齢者の発症は、大きく報道されたところでございます。病気になっても医療費も払えない、不安がいっぱいです、とおっしゃっています。

 このように、暮らしは厳しくなる一方でございます。この意見書の提出によって、記しておりますように、消費税によらない最低保障年金制度を初め、若者が将来に希望を持てる年金制度に改善すること、また生存権を脅かし、さらなる減額に道を開く年金2.5%の引き下げをやめることとしております。ぜひ、この安心の年金制度を求める意見書(案)の採択をしていただきますようにお願いを申し上げまして、趣旨説明とさせていただきます。ありがとうございます。



○議長(上田重光君) 発議第9号の趣旨説明を終わります。

 次に、発議第10号森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保を求める意見書(案)については、議会運営委員会において、運営委員が賛成者となって意見書(案)を提出するように決定したものであります。本件は、会議規則第39条第2項の規定によって、趣旨説明を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、発議第10号は、趣旨説明を省略することに決定しました。

 次の、発議第11号道州制導入に断固反対する意見書(案)につきましても、議会運営委員会において、運営委員が賛成者となって意見書(案)を提出するよう決定したものであります。本件は、会議規則第39条第2項の規定によって、趣旨説明を省略したいと思います。御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、発議第11号は、趣旨説明を省略することに決定しました。

 これで、議員提出議案の趣旨説明を終わります。

 以上、本日付議されました件につきましては、11日の本会議で質疑を受けた後、それぞれ所管の委員会へ付託を行います。当日は明確な質疑、答弁をよろしくお願いしております。

────────────・────・────────────



○議長(上田重光君) 以上をもちまして、本日の議事日程につきましては、全てが終了いたしました。

 これにて、散会といたします。

 この後、3階大会議室で全員協議会を開きますので、御参集願います。

 協議事項は、執行部からの報告と決算特別委員会委員の選任であります。

 開始予定の時間を、11時15分といたします。よろしくお願いします。

午前11時00分散会

──────────────────────────────