議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 25年第2回定例会( 6月) 06月19日−03号




平成 25年第2回定例会( 6月) − 06月19日−03号









平成 25年第2回定例会( 6月)


───────────────────────────────────────────
平成25年 第2回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第9日)
                             平成25年6月19日(水曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第3号)
                         平成25年6月19日 午前10時00分開議
 日程第1 一般質問
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 一般質問
──────────────────────────────
出席議員(16名)
1番 橋本 真助君       2番 柿野 正喜君
3番 中山 茂樹君       4番 小田 勝彦君
5番 田中 勝馬君       6番 飯本 秀夫君
7番 中尾 昌廣君       8番 金房 眞悟君
9番 大束 英壽君       10番 柿野 義直君
11番 熊谷みえ子君       12番 原田 和美君
13番 中尾 文俊君       14番 肥喜里和隆君
15番 浦山 公明君       16番 上田 重光君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 中嶋 純男君     書記   中村 銀次君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
総務課長 ……………… 中村 政弘君   財政課長 ……………… 吉永 秀信君
総合政策課長 ………… 村上 重範君   伊良原ダム対策室長 … 尾崎  喬君
税務課長 ……………… 中原 裕二君   徴収対策課長 ………… 葉瀬垣和雄君
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
住民課長 ……………… 長野 正美君   健康づくり課長 ……… 柿野 善広君
介護福祉課長 ………… 山本 淳一君   生活環境課長 ………… 三角 房幸君
教育長 ………………… 屏  悦郎君   教務課長 ……………… 川上 茂昭君
生涯学習課長 ………… 立花 博美君   学校給食課長 ………… 亀田 国宏君
建設課長 ……………… 森下 高志君   産業課長 ……………… 久保賢太郎君
上下水道課長 ………… 三隅  忠君                     


──────────────────────────────

午前10時00分開議



○議長(上田重光君) おはようございます。ただいまの出席議員は16名です。したがって、定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配布のとおりであります。

 では、これより議事に入ります。

────────────・────・────────────



△日程第1.一般質問



○議長(上田重光君) 日程第1、一般質問を行います。

 では、通告順により質問を許可します。

 通告順位1番、議席番号10番、柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 皆さん、おはようございます。毎回抽選に臨んでおるんですけど、久しぶりに1番を引き当てましたので、特別の緊張をもって質問をさせていただきます。

 今回の質問は、2問提出しております。

 1つは、私はもう本当に衝撃を受けているんですけれども、教育委員会の報告でもあるように、昨年の12月から1月、2月、3月にかけて、中学生4人がそれぞれ1人ずつ逮捕されるという状況が生まれております。それを、何とか皆さん、私たちの力で、側面から支えながら解決できたらいいなというような思いを込めて質問させていただいております。

 そこで1番目に、学校問題の解決に向けてということで、1つは、原因はどこにあるのか、そして、この原因については、まずは問題行動を、どのような問題行動が起きているのか、その問題行動の何が悪いのか。これまで、新聞報道で、こう何ていうか、わっと報道されましたけれども、この状況がいつから続いてるのか。推移についてどのように把握されてるのか。それをまず聞きたいと思います。そして、それらの問題行動の原因がどこからきてるのかということを、今の教育現場にかかわる方たちのお考えをまず聞きたいと思います。

 そして2番目に、そうした問題を解決していくためにどうしたらいいのかということを、それぞれの問題解決のためにどうするんだという見解をお持ちかどうか。1つは学校の指導体制ですね。加配という制度があって、それぞれの加配についての役割があります。ありますけれども、例えば、児童支援加配それから人権担当加配などの活動が十分行われているのだろうかと、もう少し改善する余地があるのではないかという、そういう視点からお話をさせていただきたいなと思います。そして、やはり地域の教育力あるいは家庭学習とか家庭の教育力というものを、やはり大切に取り上げていくという視点から、地域と、地域の中でも、特に家庭との連携をどういうふうに取り組んでいったらいいのかということを議論させていただきたいと思います。

 2点目に、図書館の運営のあり方について質問をさせていただきます。地元の図書書店、これを活用したらどうでしょうかということであります。

 地域に書店があるということは、大変その地域の知の地域づくりという、まあ、ちょっとしゃれた言葉になりますけれども、文化を維持していくためには大切なことではないかなと思ってるんですね。しかし、今の書店の経営は大変厳しい状況があります。そこで、図書館が年間約2,000万ぐらいの図書の納入があります。そこらあたりに、地元の、地元ちゅうてもみやこ町だけに限らず、この近辺の書店の方たちがかかわっていけることができないだろうかということを質問させていただいております。

 どうか前向きな御答弁をいただきたいと思います。

 1回目の質問を、壇上からは終わらせていただきます。



○議長(上田重光君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) 学校問題の解決に向けてとの御質問でございます。

 まず、児童生徒の問題行動についてでございます。

 児童生徒の問題行動としては、学校内においては、いじめ、器物破損や暴力行為など粗暴な行動、教師や大人の指導を受け入れない行動などがあり、学校外においては、喫煙、飲酒、深夜徘徊、バイクによる暴走行為など多岐にわたっております。昨年度、町内の学校においては、飲酒、暴力行為、いじめ等の問題行動や、万引き、自転車やバイク泥棒などの窃盗に当たる非行も発生をしております。

 児童生徒を取り巻く社会環境が大きく変化し、携帯電話やインターネットなどの情報通信機器の普及によって児童生徒の交友関係や行動範囲が広がり、1つの学校だけでは児童生徒の問題行動の内容や広がりを把握できにくい状況になっております。

 次に、問題行動の推移についての御質問でございます。

 毎年、文部科学省が児童生徒の問題行動等、生徒指導上の諸問題に関する調査を行っております。その調査結果では、暴力行為の発生件数やいじめの認知件数ともに、京筑地区としてもみやこ町としても、特に大きく増加したり減少したりする傾向は見られないようです。

 学校ごとに見ていきますと、いわゆる学級崩壊とか荒れの状態といわれる、児童生徒が自分勝手な行動をとり教師の指導が十分には通じにくい状況が出た学年、学級がある場合に、問題行動は多くなる傾向があり、年度によって変化があります。

 次に、問題行動の原因についての御質問です。

 問題行動が起こる原因については、さまざまなものが考えられます。学校の要因としては、教員と児童生徒との信頼関係が十分に築くことができていない。学級や学年における望ましい人間関係づくりが十分でない。子供の要因としては、自分に自信を持てず自尊感情が低い、感情のコントロールが苦手で相手の痛みが十分に理解できない、コミュニケーション能力や自己表現力が低く対人関係がうまく結べない。家庭の要因としては、基本的な生活習慣や倫理観等が十分しつけられていない。地域の要因としては、大人の規範意識の低下や子供にとっての生活環境の悪化等が考えられます。

 児童生徒の抱える課題は、一人一人の児童生徒によってさまざまであり、児童生徒の性格、能力などや、生活環境、学校での生活状況など、個に応じた指導を行うことが求められると考えております。

 問題行動の解決についての御質問です。

 問題行動を未然に防ぐとともに減らすためには、1つ目には学力と学習意欲の向上が必要であります。問題行動を起こす児童生徒の中には、授業がわからず、学習の遅れによって将来の希望が持てない、自分自身を肯定的に捉えることができずに、投げやりな態度になったり教員に反抗的になったりしている場合が多くあります。基礎学力の向上の取り組みを充実させるとともに、何のために学ぶのかなど、学ぶ目的や意義を理解させる指導の充実にも努めたいと考えております。

 2つ目としては、児童生徒の規範意識や社会性の向上を図ることが必要です。善悪の判断が実際の行動に結びつくよう、社会体験や自然体験、交流体験等の機会をふやす努力をしてまいりたいと考えております。

 3つ目としては、学校と保護者との信頼関係を築き、児童生徒の指導について保護者と一緒に考え、一緒に実行できる信頼関係づくりに努めるよう、学校を指導してまいりたいと考えております。

 次に、学校の指導体制に係る御質問です。

 児童生徒の問題行動を減らしたり、未然に防いだりするためには、学校全体の指導体制を十分に機能させることが必要です。担任が1人で抱え込むのではなく、全職員がその力を発揮できるよう、組織的に対応していかなければならないと考えております。そのために、生徒指導委員会等を、管理職はもちろん生徒指導主事など生徒指導担当者や、児童生徒の状況に応じ特別な学習指導、生徒指導、進路指導を行う児童生徒支援担当者、養護教諭などで構成し、児童生徒に関するさまざまな情報を共有し合い、その背景や原因を分析し、具体的な対応策や役割分担等を協議し、迅速に対応することが必要であると考えております。

 地域との連携した取り組みについての御質問です。

 子供たちは、地域の中で人々とのかかわりによって人間関係や集団のルールなど、さまざまなことを学びながら社会性や規範意識を育み成長しています。そこで、学校と家庭、地域との連携が重要となってきます。

 小学校では、保護者のPTA活動への関心も高く、行事への参加率も高いようですが、中学校では減少する傾向があるようです。また、子供会育成会、スポーツ少年団や文化活動で、小学生が地域の皆様に指導を受けたり、見守り隊などの活動により、声かけ運動など地域の皆様と交流したりする場合が多くあります。さらに、総合学習の時間などでは、農業体験や昔の遊び体験などで地域の皆様に教育活動の応援をいただく機会も多くあります。

 中学校では、そのような地域の皆様から指導を受けたり、声をかけていただいたりする機会が大変少なくなるのが現実です。地域と学校、地域とPTA、地域の皆さんと中学生との交流や連携ができる機会をふやすことが必要であると考えております。今回、豊津地区における「学校応援団」の組織づくりが、そのきっかけになればと考えているところでございます。

 次に、町立図書館の図書購入に当たり、地元の書店を活用したらどうかとの御質問でございます。

 現在、町立図書館では、週刊誌や月刊誌など雑誌の納入については、地元書店業者から購入を行っています。また、一般児童図書の納入、図書データの作成につきましては、みやこ町合併以前、豊津図書館は日本出版販売株式会社と、犀川図書館は株式会社大阪屋と、勝山図書館は株式会社図書館流通センターと、それぞれ別々の業者と契約をしておりました。平成19年度、システム統一にあわせて、検索などの業務効率、図書納入スピードといった利用者の利便性等を考慮して、株式会社図書館流通センターに一括委託し、図書の納入、装備、図書データ作成を行っております。

 納入業者を変更する場合には、現在の統一した図書データを使用できることや、発注した図書の未納品率が現在を下回らないことなどが不可欠であると考えております。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 今、教育長が御答弁いただきましたので、町長のほうからもこの件に関してどういう所存といいますか、お考えをお持ちかですね。これ2回目の質問じゃないですけども、時間ぎりぎりまで使いますけれども。町長のほうから、この質問に対してお考えがあれば御答弁願います。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 柿野議員の質問に対しては、教育問題は教育長ということでありましたので、教育長の基本的な考え方を述べたと思います。

 私自身も、柿野議員が言われましたように、この教育問題、荒れた問題、大変憂慮しております。そのためにはどういうふうにしたらいいのかという、私なりの思いはありますけども、教育行政はやっぱ教育長がやらなきゃいけないので、私は教育長と相談をしながらやっていこうと思っております。

 まあ、個々のことを聞かれれば、私なりの考え方は述べていきたいというふうに思っております。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) それでは、個別の問題に当たって、町長のほうからも答弁をいただくということで質問をぶつけさせていただきます。

 まず、問題行動を多種にわたってるという報告ですよね。私は、こういう観点を持っております。問題行動が、まず過去ですね。この問題行動を見るときに、みやこ町の特定の中学校、これ、もうはっきり言います、豊津中学校の問題行動が過去からずっと続いてるのか。そして、その続いてる状況の過去からの増減、ふえていってるのか減っていってるのか。そして、それは地域にとってどういう比重といいますか、ちょっと特徴があるのか、地域的にですね。例えば、勝山や犀川中学校との比較してどうなのか。そういうことを、まず分析したらいいと思うんですね。要するに物事を解決する上では、そういう比較の中から問題点を引き出していって、それは何が原因なのかということを追究するためには、現状をきちっと把握しないといけないというふうに思うんです。

 その中で、問題行動というのは何なのだろうかというふうになるんですよね。だから、飲酒をしたら悪い、それから暴力行為したら悪い、いじめしたら悪いと、それは悪いですね。被害を受けてる人たち、あるいはそこで間接的に被害を受ける人たちがいらっしゃるから、その人たちにとっても悪いです。しかし、私は、そういう問題行動を起こす子供たちそのものも一種の、一種といいますか、本質的には被害者じゃないかなと思うんですね。

 そういう視点に立って、この問題を解決していかないといけないのかなと思ってですね。まずは、今後の問題もありますから、そういう視点に立っていただけるかどうかというところで、問題行動の推移も含めてどういうふうに把握されてるかをですね、今のお考えでいいです。そして、何が問題なのか、どういう視点に立ってるのかということをお話いただければありがたいと思います。



○議長(上田重光君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) まず、学校ごとの状況ということではありますが、まず昨年の逮捕事案については、2つの中学校にまたがって2名ずつということで御説明を申し上げたと思います。

 それから、特定の学校が、常に非常に厳しい状況にあるというわけではないというふうに思います。やっぱり歴史的には波がありますので。ほかの学校が大変荒れてた時期も実際にありますので、1つの学校が特定ということにはならないと思います。

 ただ、それぞれの学校の特色といいますか、地域性とかに基づいて、いろんな課題があるということは事実だろうと思いますので、その辺は御理解をいただけたらと思います。

 その辺でよろしいですかね。あの……。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) あのね、そういう感覚で一般化してしまうと問題解決できません。私たちの意識の中には、豊津中学校が荒れてるなという状況は感じるわけですよ。その豊津中学校が荒れてる原因は何なのかということを、やっぱり追求していく過程に中で、ほんならどういう取り組みをしたらいいのかということを、その荒れてる現実の中から具体的に取り組んでいかないと、一般論で話をしたって解決できませんよ。だから、さっき言ったように、地域的な広がりもそうですよ。比較して、差はないですよと言ったら問題ないじゃないですか。しかし、過去から見て、過去にずっと件数がありましたと、今も続いてますというたら、それは何なのかなというような、そういう現実の中で問題を知ることができるわけでしょう。

 第一、飲酒をしたら、あるいはたばこを吸ったら何が悪いんですか。そういうきちっとした認識を持たないといけないでしょう。他人に迷惑かけてないで、そういう、例え飲酒したって、いいとは言いませんよ、私はいいとは、進めるわけじゃありませんけれども、そこの何なのかというですね、何が悪いのか。その子の将来にわたって、そのことが悪い影響を与えて、その子の将来に影響を及ぼすからそれをやめさせようという問題意識でしょう。

 酒を飲むから悪いんじゃないです。家庭の中で、ひょっとしたらお父さんがビール一杯飲めということもあるかもわからんです。だけど、それが一般化して、一般化というか常習化して、例えば外で目立つところで飲んでるという現象があります。見たら、見た目は悪いですけれども、しかし、その子の将来にわたっていい影響はないよと。だから、それを生活習慣として改善していこうという、そういう取り組みの中で問題解決をしていくという視点がやっぱり必要だと思うんですね。

 だから、本当に何が問題なのかということを、その子にもわかってもらわんといかんですよ。そしたらやっぱり、現実にどういう事象があってどこが問題なのかということを、しっかり教育の現場でつかんでいただきたいと思うんですよ。それを一般的な、抽象化して普遍化してお話するんじゃなくて。

 そしたら、言います。豊津中学校は、みやこ町のほかの中学校に比べて、特別問題はないというふうに考えておられるんですか。



○議長(上田重光君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) 中学生の、例えば飲酒だとか煙草については、今、豊津中学校だけがあるわけではなくて、昨年も飲酒の問題はほかの中学校でもございましたし、煙草の問題もよその学校でもあっております。一番、豊津中学校が昨年度、ここ二、三年困ったのは、学校の中での子供たちの行動が粗暴であったり、授業がなかなか成立しにくいとか、そういう部分については、今おっしゃったように豊津中学校が一番厳しい状況にあったということは事実でございます。

 それから、解決に向けてといったときに、例えば、価値感といいますか、親のほうの、親との関係で話をするときの価値観が、少し、こう、豊津中学校の保護者の場合には「その程度はいいんじゃなかろうか」というような意識はあるかと思います。

 それは、例えば体育祭とかの今までの伝統で、体育祭の日は少し派手な格好といいますか、普段、校則といわれるものの縛りから少し外れたようなことも認めてきた。まあ、教員が認めてきたといえるかどうか、ちょっとその辺は微妙なんですが、現実としてそういうのがあったもんだから、それをしたときに「それぐらいはいいやないですか」と。実際、自分が豊津中学で教えた子供たちが、去年は保護者の中におった中で、「先生ええやんね」、「祭りなんやけ」ち。まあ、この感覚ちゅうのは、豊津中学校は、今までそういう行事の中でそういうことをやってきたという違いは若干あるのかなと。それは、ほかの中学校ではなかなか、あんな格好さしてというふうに批判を昨年度もされましたので、そういう親のほうの価値観といいますか、若干その多様さというか、多様性というのか、そういうことに対しては、やっぱ地域性はあるのかなというのは思っております。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) だから、そう言ってるでしょう。その何が問題なんですか。親たちが、それはもう「そんなことしてもいい」「それぐらいのことは許されるよ」と、こういう価値感を持ってると。学校の価値観と親の価値観が違うんでしょう。だから、その価値感の違いが悪いというんですか。価値感の違いが悪けりゃ、その、要するに何が問題なんですかね。そういう、その1つの事象に表れてることは、ただ単にその服装がどうのこうのちゅうだけやなくて、あるいは学習態度とかそういうもの全般的に影響が出てるわけでしょう。

 だから、その子供にとって、学校での生活態度あるいは日ごろの地域での生活、あるいは問題行動を起こす、そういうことが自分の人生にとって、あるいはこれから先の生活していく上で、いかに自分にとってマイナスになるんだというような価値感をその子にわかってもらうというか、知ってもらうことがやっぱ必要だろうと思うんですね。それは、その子だけの教育ではなくて、家庭との関係もあると思うんですね。家庭との価値感の問題もあると思うんですね。

 だから、そこらあたりに切り込んでいって何が問題なのか、どういう豊津の地域における風土といいますか、そういうその価値感の多様性について問題になるかということを、今一遍、やっぱり地域の人たちと含めて話し合っていく、あるいはどこに問題があるのかということを話していかないと、この問題だけ、例えば問題行動というのは暴力行為とかあるいは学校が荒れてるとかいう状況だけの、その解決する方法では、現象なりを抑え込むだけでは私は解決しないと思うんです。

 これは、私も教育関係の質問はあまり取り上げたことはございませんでして、私も今回の件に関しては、これが勉強の始まりだろうというふうに思ってます。長いことかけて、少し私なりに勉強していきながら議論をしていきたいなと思っておりますので、まず1つは、ここでお願いしたいのは、問題をどういうふうに捉えてるかということを、しっかり表現できるようにしていただきたいと思うんです。

 さっき言ったように、1つは、豊津中学校がほかの中学校と比べて大したことはないよという認識でおれば、これはそんなに問題解決が進まないと思います。一過性の問題であれば、その問題児が、問題の子供がいるとするならば、3年間ぐらいのスパンでかわっていきますけども、そうじゃないという認識で、どこに問題があるかということをしっかり把握する姿勢がやっぱ必要かなと思うんですね。

 だから、さっき言ったように、過去10年ぐらいの問題行動発生の頻度をほかと比べたらどうですかちゅうたら、そこはちょっと表現されてないですよね、教育長。そういう曖昧の中では、解決、私は難しいと思うんですね。本当にざっくばらんに、問題を問題としてやっぱりつかまえて、そしてそれを、しかるべき正当性のあるものであれば表現するべきだと思うんですよ。地域が抱える課題であれば、地域で抱える課題ですよということを親たちに率直にお話して、今までは許されていたかもしらんけども今後は気をつけてくださいと、一緒になって家庭や地域ぐるみでやっていきましょうと、そういうふうに切り出さないといけないんじゃないかなと思うんですよ。

 ちょっと今までの私のお話について、教育長なりのお考えがあれば御回答をお願いします。



○議長(上田重光君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) まず、いろんな問題行動、気になる行動というものの頻度からいうと、豊津中学校が確かにここ数年高いことはもう事実であります。

 そして、それの対応について先生方も頑張ってはおりますけども、なかなかうまくいかなかった部分がありましたけれども、一生懸命努力はしているというふうに考えております。特に、昨年から、私が来てからは、前のことはなかなかちょっと細かいことはわからないところあるんですが、家庭訪問を充実させてほしいとか、学校内での複数の先生方で授業に入るとか、昼休みとかに見回りをしながら子供たちの状況を把握して一緒に話をするとか、ただ取り締まるというよりは話をするとか、そういう行動はぜひやってほしいと。そういうことは、かなりできてきているというふうに思っております。

 それから1つは、まず要因は、もう先ほどいう学校の要因もありますし、子供の要因それから家庭の要因、地域の要因と、これはもう豊津中学校の問題とイコールだというふうに思っております。どこから切り込むかということで、まず学校がやっぱり頑張ってるというか、そういう姿を地域の方、保護者に見てもらわなければ、なかなか協力が得られないだろうというふうに思います。

 昨年からも、例えば朝の挨拶運動に参加してるのは、子供がいないという批判を受けたことがございます。去年は、なかなか生徒会の子供たちを動かすいうこともできてなかったんですが、ことしは月に1回1週間、挨拶運動に生徒会の子供たちが出てきてます。6月は今週が当たっています。普段だったら、シャツを出したままの男の子が生徒会の役員の中にいても、その挨拶運動では、やっぱり生徒会として挨拶するんだからちゃんとシャツ入れようやと、そしたらみんなちゃんと入れて、やっぱり子供たちにはシャツ入れようやと声かけてくれちょると、こういう活動が起こりつつあります。だから、まず対応としては、子供たちの動きをつくりたいなということで、今、少し動きができ始めてるのかと思っております。

 それから、保護者のほうも、昨年、ことしとPTAの役員の方は朝の挨拶運動等に来ていただいてますし、いろんな行事には積極的に参加をしていただくということでお願いをしてますし、行動も結構していただいてると思います。まだ、広がりという点でどうなのかちゅうのはあろうかと思いますけれども、PTAの皆さんに、保護者の皆さんに協力をいただけるようにしていきたいというふうに思っております。

 それから、今回、全員協議会の中でも、皆さんもほうからもぜひ支援組織をという声をいただきましたので、20年前ぐらいにあった時期の組織を参考にして、今回、学校応援団「チーム豊津」という新しい名称で発会をしたいということで、今、準備をしております。先ほども地域との関係で申し上げましたけど、保護者それから地域の方との絡みが、関係が、小学校は大変強いんですよね。これは、豊津地区でも基本的には同じと思います。それぞれの3小学校、地域との繋がり、いろんな支援をいただいてますが。中学校になると、そこが切れてしまう、正直言ってですね。そこのとこが1番課題かなと。学校任せとはいいませんけど、学校が全部背負ってるように先生たちが感じてしまうようなところがあろうかと思うんで、そこをぜひ何とかしたいということで、今回応援団ちゅうことで、そこを切り口にして、そこから少し広がりがあればいいなと。

 前回の準備会の中でも、ある方が言っていただいたんですが、学校が困ったときに言うて来るところがなかろうがっていうふうに言っていただいた方がいらっしゃいました。これは、駐在員会の代表の方でした。だから、駐在員のところに、困ったときに相談に来てもらえるような体制を自分らもつくりたいと、準備会の中でそういう発言をいただきましたので、今後、そういうのが少しはっきりと学校として、豊津地区、祓郷地区で何かこういう課題が出たときに、ちょっと困ったぞと、学校だけじゃ対応しにくいぞというようなときに相談にいくとか、知恵をかしてくださいといって出かけられるような場所、人をつくりたいというふうに思いますし、この今回の準備会の中でも、そういうふうに組織をつくろうというふうな声もいただきましたので、そこから少し切り込んでいけたらというふうに考えてるところです。

 以上です。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) そういう改善の方向も何とか努力して、今の教育長さん、頑張ろうとしてるなという姿勢はうかがえます。かつても、それぞれの教育長がそれぞれの思いで取り組んだと思うんですけど、なかなか成果をおさめられなかったという実際もあるみたいですから、そこらあたりについて、よく分析をして取り組んでいただきたいと思います。

 もう少し違う視点から、子供たちの周りの環境ですよね。地域の環境もあると思うんですけれども、学習する意欲とかそういうもの、あるいは地域の教育力とかっていう、そういうものをもっと切り込んでいく必要があるのかなと思うんですね。

 解決をどう進めるかのところで、学校の指導体制の問題を、私なりにちょっと考えてみたんですよ。かつて、地域とのかかわりで同和推進教員というのがいらっしゃいまして、そこが比較的、問題を抱えてるところの家庭に頻繁に行って、お話をじっくり時間をかけて解決していくという、そういう体制がとられておりました、というふうに聞いてます。今日、同対法が切れたり何たりしてなかなか、児童支援加配とか人権担当加配というのが配置されているのに、そこらの教員の活動が、いま一つ保証されてるのかなという疑問を感じてるとこです。

 特に、教育長が学校全体あるいは教育委員会として、このみやこ町全域でこういう問題を取り組んでいく中で、組織的な取り組みが、今のシステムでは難しいのじゃないかなということを私は感じてるんですよ、実は。そこら辺についても、検討していただく余地があるのかどうか。まあ、今後、議論させていただきたいと思いますけれども、即答は難しいと思うんです。恐らく、教育の現場からそういう考えも伝わってきてると思うんですけども、なかなか教育長さん慎重みたいで、周りの人が決めたからというような状況があったりして、なかなかもう一つ行動が取れないのかなと思ったりしているところですので、今後、お話をさせていただきたいのかなと思ってます。

 それと、私は、過去の教育現場あるいは教育委員会としての考え方を、過去で経験したことをやっぱり勉強するべきかなと思うんですね。きょうは、傍聴に来られてますから、解放同盟ですね。部落解放同盟の京都行橋支部の役員さんが見えられております。私は率直に言いまして、そこにも相談にいっております。そして、やっぱり地域が抱える課題について、自分たちは心配してるというふうに役員さん、言ってますよ。今回の問題についても、教育関係者というか教育長も含めて、地協のほうにお話をしてないみたいですね。何かこだわりがあるんですかね。いろんな人の力を借りようと思ったら、そういうところにも、もう本当に真剣に考えてますよ。かつて同推が、その地域の中に入っていって頑張っていたという歴史があるわけですから。それが途絶えて、こういう問題が解決しないという状況があれば、そこに学んでやっていく必要があるかなというふうに思うんですよ。

 これは、ちょっと少し議論を深めていくのには、もう少し時間を必要としてますので、ここではそこにとどめておきますけど、今、私が地協の人から紹介を受けて、かつて行橋の泉小学校区ですね、泉中学校区か小学校区。泉地区で、やっぱり中学校が荒れた時期があったそうです。そこを、やっぱり保護者の人たちが、学校へ毎日、父兄が交代で見回ったりして、そして地域では地域で、当時の学力推進のですね。それを、ずっと続いてるんですよね。ここに泉校区の教育推進委員会というのがあって、私が今年度の発会式に地協の方に御紹介いただいて、父兄の方とお話する機会がありました。今後、1年間ぐらい、お邪魔になるでしょうけども勉強させてくださいということで伺うつもりにしてます。そこには、豊津の祓郷地域、その方たちも一部が参加されてるみたいですよ。学力を本当につけようと思ったら、そういう取り組みも行橋のほうでやられてるわけですよ。補助学級ちゅうか、学力の補助学級だけやなくて、人権問題にかかわる勉強会なんかもその中でしてるわけですよ。そういうのはみやこ町に、あるいは育てていかないといけないなという問題意識を私は持ってます。率直に言わせていただいておりますよ。なかなか言いづらい問題もひょっとしたらあるかもわかりませんけれども、だからそこらあたりについてももう少し時間をかけて広くをみていただいて。

 それと、家庭の教育力というのを、かつて勝山町の時代に、端的に言えば今地教育長とか柿野登教育長さんの時代に、そういう町としてのそこを強めていこうやないかという、そういう取り組みがあって一定の成果を上げてるという、そういう実態があるんですよね。そこにもやっぱり学ばんといかんのかなと思うんですよね。

 だから、私はこの問題が一過性の問題じゃなくて、やっぱりそこに何かそういう原因があって、その原因を切り込んでいくために、いろんな過去の経験もあるし、それから、これから先の協力をいただける部分をもう少し広げてやっていく必要があるかなと。道徳とかいう問題やなくて人権の問題ですよね。これにやっぱり切り込んでいって、今、問題行動を起こしてる子供たちが1番、1番ったらおかしいけど、ある意味での犠牲者ですよね。社会の縮図の中での問題が噴出してる状況だということを踏まえて、果敢にやっぱ取り組んでいただきたいという思いがあります。

 それで、1つはこんな状況がありますね。高校進学率が97%なんですよね。3%の人が高校に行かないという状況があります。高校にいった人の、例えば近くの高校で、4クラスのうちの1クラスが中途退学するという状況があるみたいですね、近くの高校で。行橋には、フリースクールというのがございますね。結構、そこには多くの人が参加してるそうです。フリースクールというのは、行事にございますね。そういう現象も、どうしてそういう現象になってるのかということを、やっぱり分析していただきたいと思います。

 それと、奨学金制度ですよね。学校で勉強しても、なかなか家庭の事情で進学できないと。高校や大学に進学しないで、まあ、できないという状況の家庭もあるんじゃないかなと思うんですよね。そういうとこも分析していただきたいと思います。私がかつて、就学援助率、わかりますかね、就学援助がありますよね。それを、合併後、すぐに何年か調べたときに、やっぱり豊津地区が一番高いんですよ、就学援助。2割を超えてたと思うんです。そういうことも率直に分析をしてですね。経済的にもやっぱり厳しい家庭がいらっしゃると思います。そういう総合的なデータで取り組んでいただきたいと思いますね。

 奨学金も、今、県下で貸与奨学金というのが一般化して、県の奨学金制度になってますよね。町は町であります。聞くところによると、年間6,000人ぐらい、今、6,000人ぐらいの奨学金をいただいてるらしいです。まあ、大学なのか、高校なのかはちょっとはっきりしませんけども。これは、傾向としては多くなってるといってます。そういう環境があるわけですから、町の奨学金制度もあります。あれは、大学で3万円でしたよね。高校で私立と県立はちょっと違いますけれども。そういうことの需要の動向なんかを分析して、家庭がどういう状況に置かれてるかということをね。今、町の奨学金制度が使い勝手がいいものかどうかね。学力向上とか学ぶ向上心とか、あるいは何のかのって言いますけども、周りで支えられるような状況が、しっかり分析していただいて、それを支えられる制度をしっかりつくっていただきたいという思いがあります。

 まあ、あれやかれや、いっぱい問題があるんですよ、この問題を解決していく上で。ただ、現象面を抑えるだけで事足りるというね。私が1番困るなと思うのは、道徳観念を押しつけて、そして上から問題行動を、芽をたたいていくと。どっかでこう、マグマがたまってボーンと噴出する可能性があるというふうに、かつて教育の現場でかかわった人たちのお話なんですよ。もう、それだけはやめていただきたいと思います。だから、人権のところに立ち返って、その子供の将来にわたって思いをめぐらせていただいた、そういう取り組みをしていただきたいと思います。

 ちょっとこの部分については、抽象的であるかもわかりませんが、私はその抽象的なものを越えるためには、この今の状況についてのしっかりした分析、周りからの状況の分析を蓄積して、どの点に問題があるのか、どこを手がけていけばこの問題が持続的に解決していく方向で取り組めるのかなということを、教育長にお願いしたいと思います。

 ちょっと総合的になりますけれども、お考えを聞かせていただければありがたいと思います。



○議長(上田重光君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) たくさんのアドバイスなり意見をいただきましたので、全てに答えることは到底できませんが、まず、学校としての姿勢については、私はこんなふうに思ってます。手のかかる子、教師に刃向かう子、それは教師にとっては困った子供なんですが、しかしそれは、子供自信がひょっとしたら困ってるのかもわかんないというふうに思うわけです。だから、その辺は先生たちにぜひ徹底していきたいと。困った子じゃなくて、困っている子供なんだと。この子は、何で困って教師に刃向かってきてるのかとか、勉強をせんのかとか、そういうふうに考えていこうやないかと、これは、基本だと思ってます。だから、こういうのは、豊津中学校の先生方にも、かなり浸透しているというふうに私は思っております。

 その次に、今度は解決するときに、教師だけが学校で幾ら努力しても、これは難しいと思います。教育基本法にもありますように、家庭教育が第一義であるというふうに書かれておりますけれども、まず家庭の協力がいただけないと前に進まない。そのためには家庭訪問をということを、これはもう、自分が教育長になってから必ず言ってることで、何かあったらとにかく家庭訪問とは言ってるんですが、それでもなかなか遅れたりとかタイミング逃したりとか、それでもいろいろ問題はあってるんですけれども、そういうふうにはやっております。先生方も、そういう姿勢にはなってくれてるというふうに思ってます。

 それから、学校からの課題については必ず報告をしてくれということで、昨年も報告漏れがあったりして幾つか苦労もしましたけれども、小さいことでもいいから、とにかく報告をしてくれと、一緒に考えていこうというふうに考えております。その次に、そうなったときに教育委員会も一緒に考えて、地域とどう結ぶのか、家庭とどう結んでいくのかということを、これからも考えていきたいというふうに思っております。

 最初に申し上げましたけれども、学校にとって困る子は本人自身が困ってるかもわかんないよという、この視点は大事にしていきたいなと。そして、そこに今、柿野議員がいろいろおっしゃっていただきました、子供なりにいろんな課題があると思います。個別の課題があると思いますので、個別に対応すべきことはきちっと個別で対応できるように努力をしてまいりたいと思いますので、今後とも御指導、御支援をお願いしたいと思います。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 教育長、本当、ありがとうございます。

 そういう視点がやっぱり大切だろうと思うんですね。大切といいますか、そこが原点ですよね。その子にとって、中学校時代までのことでレッテル貼られて、それから先の人生に相当大きなマイナスになるような、1番犠牲を受けるのはその子やないかと思うんですよ、実はね。だから、そのためにはいろんな条件を整備して、ひょっとしたら地域のいろんな意味での環境がその子を生みだしてるというかな、その子だけやなくて、それがずっと再生産されてるという状況があれば、それはもう本当に一生懸命取り組まないといけない課題かなというふうに、ちょっとそこは抽象的になりますが、ごめんなさいね。済いません。

 もう一つ視点があります。学校の教員がね、今、大変忙しいらしいです。私は、自分の家内も教員をやってましたので、もう朝の2時、3時に起きて、教材の整備から何かして、その当時、子供が小さかったので大変でした。これだけのことを、仕事をこなさんと、やっぱり学校通信とか何とかしながら、普通の当たり前の教室の運営をしていくのはこなせないんだなというような思いをして、本当、もう大変だなというような思いを感じておりました。

 そこで、最近の話ですけども、これ、教職員の組合の大会の議案書なんです。ここの、教職員の超過勤務縮減に向けての取り組みについてというのを、4月13日、県教委が地教委へ発出したってあります。県立学校のみならず、初めて地教委にも取り組み状況の調査を行うことを盛り込んだ通知となっていますと。現場は一生懸命、忙しいですから何とかしてくださいと言ってたけども、やっと県の教育委員会も何とか問題意識を持ってもらって、県教委から地教委のほうに取り組みの状況を調査をしなさいというように発信したという内容ですね。

 ただし、教育の現場からいえば、その学校任せか、あるいは現場任せになってるらしいんです。現場任せになってるというか、そこで取り組みなさいというふうになってるみたいですけども、なかなかその問題解決が難しい状況がどうもあるみたいです、ちょっと話を聞いてみるとですね。だから、みやこ町の教育委員会として、県教委あるいは地教委がそこまで目配りをするという状況になってるわけですから、みやこ町の教育委員会としても、その点についてもしっかり対応していただきたい思います。そうすることによって、目先の仕事をこなしていくばかりじゃなくて、子供に目が向く仕事ができると思うんですよ、教員のね。

 何といっても、周りの応援も必要です、この応援団について、私、必要ないと言ってません。ぜひ、有効な仕事をしてもらいたいと思います。しかし、何と言っても、教育の現場は教員が担ってるんですよ。その教員が、子供に目が向けられないような多忙化してる状況を何とかしないといけないということを、その管理側の県教委までそう思ってるわけですからね。現場がもう少しきちっと対応して、みやこ町の教育委員会として、そこらあたりも整理してあげて、そして、こういう問題について教員が力を発揮できるようにするべきだと思います。おわかりいただけますかね。一言お願いします。



○議長(上田重光君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) 今の対応につきましては、5月の、ちょっとはっきり期日覚えてないんですが、4月の終わりか5月の初めの町内の校長会で、週に1回または月に2回程度は定時退校日というようなものを設けるとか、そういう、今言われた通知にある内容について徹底するようには校長会には指導しております。そして、当然、県のほうから調査が入りますので、その調査に基づいてやろうと思います。

 ただ、校長先生方が言われるのは、やっぱり先生方によって、きょう火曜日は定時退校日だよち言われても、あしたの授業のためにちゅう、10人おれば、その中に1人でもおると、その先生が残ったりとか、やっぱどうしてもあるということで、なかなか管理職のほうとしても、全員うまく、きょうはもう帰りますよとすぱっと帰れない日があるということは悩みのようです。やっぱ、個別の先生方によって事情があるということは御理解いただきたいと思いますが、一応、そういうふうに町としても、きちっと指導はしておるということで御理解をいただけたらと思います。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) いや、だから、表面的に定時になったら帰りなさいというだけでは、これはもう何というか、家に持って帰って仕事するわけですから。うちの家内も、朝の2時、3時に起きて、出勤前に2時間、3時間なり、しよったわけですよ。そうなりますよ。

 そうじゃなくて、中身ですよね。どんなものが多忙化の原因になってるかということを、やっぱり分析をして、その中で必要度の優先度を決めてやっていただくというのが、本来の多忙化解消に向けての教育委員会としての仕事やないかなと思うんです。わかりますかね。

 だから、そこらあたりも、まあ時間はかかると思います。なかなかですね、その、立場もあるかもわかりませんけれども。しかし、少なくとも、教育現場で一生懸命大きな力を発揮できるのは、教員が一番力を発揮できると思います。その教員の質を高めなさいとか何とかかんとかって言うけども、その生徒にかかわる、あるいはそういうかかわれる時間や余裕が、今、ないという現実があって、こういう問題にも影響してきてる1つの要素もあるんやないかなというふうに私は思ってるんです、実はね。だから、そこら辺についても十分御配慮いただいて、取り組んでいただきたいと思います。



○議長(上田重光君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) その点に、先生の支援という意味では、今、みやこ町は議会の御理解もいただいて、町雇用の先生方を結構雇用しております。例えば、40人の学級がうちの場合、今、小学校で2クラスあるんですが、そこを、町雇いということで20人弱ということでしておったりとか、複式が結構ありますよね。複式の授業ちゅうのは、やっぱり教材研究が大変だということがありますので、複式の指導を応援する非常勤講師を雇って応援したりとかいうことはさせていただいてます。まあ、そういう努力はさせていただいて、予算をつけていただいて、させていただいております。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) ありがとうございます。

 まあ、そういうことを、町長も初め、配慮していただいてるということは私も認識しております。

 もう一点、ちょっと念押しをさせていただきたいと思います。豊津中学校の問題に限らず、先ほど言いましたように、地協の役割というのは、人権教育、人権問題にかかわる重要な仕事をされてるという、私は認識を持ってます。この問題にも大きくかかわる関係にあるんやないかなと、僕は思うんですよ、実はね。率直に言います。教育委員会としても、学校の現場としても、一度、じっくり地協の人たちとお話をしていただきたいと思います。私が言おうとすること、暗にわかりますかね。だから、そこらあたりについて、十分配慮をいただきたいと思います。本当に、その点について御回答いただければ、ありがたいと思います。



○議長(上田重光君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) 今、申し上げられた団体だけではなくて、学校の教育を充実させるために、関係する機関の皆様には全て協力をいただきたいと思いますし、また、今もいろいろ、これまでもいろいろ御相談もさせていただいたりと、私なりにはしとったつもりなんですが、不十分なことがあれば、またお話させていただきたいというふうに思います。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 1点だけ言っときます。連絡はないそうです。お話がないそうですので、ぜひ、お話にいっていただきたいと思います。どういうお話かについては、そこでいろいろお話されたらいいと思いますけど。

 ありがとうございました。どうも。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員の一般質問を終わります。

………………………………………………………………………………



○議長(上田重光君) ここで暫時休憩とします。再開は11時10分といたします。お願いします。

午前11時02分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時10分再開



○議長(上田重光君) これより休憩前に引き続き会議を再開します。

 一般質問を続けます。

 通告順位2番、議席番号6番、飯本秀夫議員。



◆議員(飯本秀夫君) 皆さん、おはようございます。6番、飯本秀夫です。

 ただいまより、通告書に沿って質問をさせていただきます。

 まず、農業生産基盤について、2点ほどお尋ねいたします。

 1つ目は、農水省が掲げている、「人・農地プラン」の策定並びに進捗状況についてですが、このことは、農水省が打ち出す前から幾度となく提案してまいりましたが、みやこ町においては、いまだ解決策が見出せておりません。近隣の市町村と比較すれば、集落営農が機能しているためか、今の時点では耕作放棄地では幾分少ないように思えるが、今後は高齢化による離農が進み、農地が荒れていくことは容易に想像できるはずです。みやこ町から荒廃農地並びに遊休農地を解消するとともに、継続的に農業経営ができるように、農業基盤の整備を織り込んだ「人・農地プラン」を策定し、実行してもらいたいと考えておりますが、目標とする営農形態並びに進捗状況についてお尋ねいたします。

 2点目は、前回メインの質問項目としてお聞きいたしましたが、果樹園跡地の荒廃防止対策についてです。その後、担当課長と何度か相談してまいりました。課長も、制度制約の中でしか我々に提案できませんので、根本的な解決策を見出せずにおります。町長も、十分お考えの事とは存じますが、再度相談に乗ってもらいたいと思っております。

 みやこ町では、廃園となった農地のほとんどは、もともと水田なのです。地目の変更がなされておりませんので、水利権も存在しているわけです。もし、農地そのものや利用権が第三者に移譲された場合、前耕作者と交わした転作に関するお約束を守ってくれるでしょうか。このような農地にも有効利用できるようにプランを策定していただきたいが、いかがでしょうか。お尋ねいたします。

 次に、地産地消についてお尋ねいたします。

 1点目は、振興作物の現状と今後の取り組みですが、本議会報告4号及び5号に農産物直売所の決算報告書等で、総会の資料の一部が提出されておりますが、決算額はいずれも過去を下回り、そろって生産量の不足を挙げております。振興作物の推進並びに生産基盤を含めた中で、今後の取り組みについてお尋ねいたします。

 2点目は、給食センター用農産物の生産及び使用についてですが、以前、旬産旬消の提案をいたしましたところ、みやこ町立の給食センターの稼働が始まっても、せめて半年間程度は事故回避のため食材や調理全般については従来のマニュアルを順守していくとおっしゃっておられましたが、2学期、もしくは3学期からみやこ町に即応した取り組み等を検討されていると思うので、教育長にお尋ねいたします。お考えでも結構です。

 また、地域の旬産旬消を図るため、食材の計画的生産、納入等について、町内の生産者、あるいは生産者団体との相互関係は築かれているのか、町長にお尋ねいたします。

 最後に、災害対策についてですが、昨年の7月14日の大災害から約1年が経過はしませんが、1年を迎えようとしております。いまだブルーシート等の応急処置のまま手つかずという箇所が見受けられます。国だ県だとそれぞれの管轄はあるでしょうが、被害を受けるのはみやこ町、みやこ町民なのです。早急に復旧工事、起因箇所の点検並びに補修をすべきと考えるが、現状と見通しについて町長にお尋ねいたします。

 以上、第1回目の質問を終わります。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。飯本秀夫議員の質問にお答えをいたします。

 最初に、「人・農地プラン」の策定並びに進捗状況についてですが、みやこ町では、平成24年度に勝山地区、犀川地区の「人・農地プラン」を策定をしております。また、豊津地区につきましては今年度中に策定する計画を予定をしております。

 現在策定したプランは、集落営農組織と認定農業者を地域農業の担い手と位置づけ、それらの経営体が農地の集積をどの程度行っているか図面に表したものです。今後、このプランをたたき台として、各地域の意見の聞き取りを行いながら、地域の実情に沿ったものへと更新していきたいと考えております。

 また、耕作の継続が困難な状況の農地につきましては、集積加算や集積協力金等の助成事業を活用しながら、「人・農地プラン」の中で地域農業の担い手として挙げられました農業者に集積し、生産を継続していただくことにより、荒廃・遊休農地の解消に努めてまいりたいと考えております。

 続きまして、果樹園跡地の荒廃防止策という質問ですが、これに関しましては議員からも御指摘がありました。これまで、何度となくこの問題につきまして質問をしていただいております。なかなか、解決策がなく苦慮をしているような状況でございます。そういった中で、町としての考えを申し述べさせていただきます。

 イチジク等を田に植え付けていた圃場のうち、樹木が老齢化し果樹の生産ができなくなったものに関しましては、樹木を討伐、抜根し、その後、苗木の再移植や水稲以外の作物の生産に利用することは特段の問題はありません。ただし、過去の補助金等の関係もございますので、個別に産業課へ相談していただくよう、お願いをいたします。荒廃農地の再生に係る費用につきましては、耕作放棄地再生利用緊急対策交付金や経営所得安定対策による再生利用交付金といった国の交付金の活用ができる可能性があります。

 しかしながら、交付金を活用するためには、荒廃農地を調査し、台帳等を整備することが必要となりますので、今後、農業委員会とも協力しながら荒廃農地の把握に努めてまいりたいと考えております。

 それから、水利権の侵害についてありましたけども、このことにつきましては、詳細につきましては担当課長のほうから答弁をさせたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。

 続きまして、地産地消について。振興作物の現状、今後の取り組みということでございますが、現在、みやこ町の振興作物として、青ねぎ、白ねぎ、いちご、ごぼう、葉わさび、菊、ほおずき等の生産が行われております。白ねぎにつきましては生産面積もふえ、農協が新たに生産部会を立ち上げるなど、出荷量も徐々にふえてきています。

 また、みやこ町農業振興連絡協議会において、しょうが、スティックセニョール、ロマネスク、スイートコーンなどを今後の地域の特産農産物とできるように、農協や営農組合の協力を得ながら生産を推進することとしております。

 次に、給食センター用の農作物はということでございますが、みやこ町で生産・出荷されている農林産物につきましては、米、青ねぎ、白ねぎなどの、既に学校給食で利用される量を全量賄っている作物がございます。そのほかの作物についても、同等の生産体制を構築できるよう生産を振興してまいります。特に比較的利用頻度の多い玉ねぎ、ニンジン、じゃがいもについては、生産技術の向上と出荷体制の構築に向けて、引き続き旬産旬消事業の取組みを進めてまいります。

 一方で、今後、学校給食へのみやこ町産の農林産物の活用を進めるだけでなく、子供のころからみやこ町産の農林産物への理解を深めることで、地産地消の取り組みをより一層進めていくことも重要だと考えております。

 このため、一般会計補正予算(第1号)において、国の消費・安全対策交付金を活用し実施する事業を計上しております。この事業では、児童へ一連の農作業等を体験できる機会を提供することにより、食や農産物への興味や関心を高め、自然の恩恵や食に関わる人々の様々な活動への理解を深めるとともに、生産者の努力や食に関する感謝の念を育むことを目的とした「みやこ町教育ファーム」を町内3小学校にて実施することを考えております。

 続きまして、災害対策、復旧の進捗状況ですが、昨年の九州北部豪雨災害によりまして、みやこ町も甚大な被害を受け、早期の復旧に努めたところですが、被災の箇所が多く、全ての復旧工事が完了してないのが現状です。昨年度公共土木災害補助災74カ所、単独災43カ所、農林業施設災害補助災73カ所、単独災82カ所実施済みです。今年度公共土木災害補助災4カ所、単独災9カ所、農林業施設災害補助災1カ所、単独災3カ所について工事発注を行い、早期の復旧に努めてまいりたいというふうに考えております。

 大雨によります浸水想定区域や土砂災害危険区域等への危険箇所につきましては、今年度末までにハザードマップの見直しを行い、全世帯へ配布する計画をしております。

 また、公共的な避難所については避難所表示や避難誘導案内板の設置も行う予定としております。町としましては、避難所開設に至らない程度の災害でも、自主避難を希望される場合は社会福祉協議会と連携し、受入体制を整備したいと思いますので、危険を感じたら早目に避難をお願いしたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) 地産地消にかかる御質問でございます。学校給食において、地元産の食材をより多く使用したいと考えていることにつきましては、これまでも解答をさせていただいているところです。

 地元産の米を使用した米飯給食は、4月、5月とも週4回実施することができました。また、地元産野菜は、福岡京築農業協同組合から購入しており、今後もできるだけ地元産の食材を活用することを確認しており、特産品を活用した郷土食などの献立の工夫も行ってまいりたいと考えております。新しい給食センターの給食について、児童生徒からは、葉物野菜のサラダが冷たくておいしくなったなど、好評をいただいております。さらに、みやこ町のフェイスブックには、その日の給食の写真を掲載しており、保護者から子供の食べている給食がわかり、夕食の参考になるなどの御意見もいただいているところでございます。

 以上です。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) 町長からの答弁のうち、担当課から答えるというふうな形になっていた部分について、回答をさせていただきます。

 先ほど町長からの答弁にもございましたとおり、イチジクなどを田に植え付けていた圃場のうち、樹木が老齢化してしまったものにつきましては、樹木を討伐、抜根した後、苗木の再移植や水稲以外の作物の生産に利用することは特段の問題はないというような形で答弁させていただきました。

 それにつきましては、水田と田という形で使うという形で使うということについては、やはり国や県にも問い合わせたでんすけど差し支える部分があるというような話でございます。先ほどの町長からの答弁にありました耕作放棄地再生利用緊急対策交付金、これにつきましても、基本的に畑に変えるというような部分になりますし、また、経営所得安定対策による再生利用交付金、これにつきましても耕作放棄地に麦とか大豆とかそば、これを栽培する場合において、最長5年間お金が出るというような形になっております。いずれにいたしましても畑への転換がだいぶ必要になってくるであろうというようなところは否めないという状況でございます。



○議長(上田重光君) 飯本秀夫議員。



◆議員(飯本秀夫君) それじゃあ、最初の質問順位に沿って、質問をさせていただきます。

 まず、土地の第1項目の農業生産基盤の中での「人・農地プラン」はもう既に勝山、犀川はできていると、豊津が今年度中だという話を伺いましたが、最終的にはできる認定農業者、それから農業法人等にあっせんをすると、集積をするということでありますね。じゃあ、あっせんはどこがするんですか、お尋ねをします。集積をするという言葉で、その集積のあっせんをしてくれるところ、営農組合農業法人はどこにそういう土地があるかというのは把握しがたいですよね。どこかがそれをあっせんして適切な場所に持っていかないとできないと思うんですが、そのようなところはどのような形でするのか教えてもらいたいと思います。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) 飯本議員からの質問に回答させていただきます。

 まず、人・農地プランの位置づけなんですけども、こちらは策定して終わりというものでなくて、策定した後にどんどん更新をしていくという形になります。なので、策定した時点で、今地図みたいのがばっとできてるんですけども、それを、じゃあ今後どうしていきましょうかというのを、各地域とお話をするというステップが必要になります。私としては4、5月ぐらいに、いわゆる田植えが始まる農繁期前に、そういった座談会というか、そういった形で各地域でお話をするお話合いの場を持ちたかったんですが、まだちょっとできていないというような状況なので、今後、農繁期を避けながら、いわゆるあっせんをやるという部署になりますとの農業委員会になりますけども、農業委員会の委員さんなども交えた上で地域と話をする場を持ちたいというふうに考えております。



○議長(上田重光君) 飯本秀夫議員。



◆議員(飯本秀夫君) 地域と話し合うというのは、農水省の出した手順書にも載っておりますよね。しかし、私が聞きたいのは、みやこ町の最終的な目標ということで、どのような営農形態をもっていくのかという中で、どのようなあっせんの仕方をしていくのかということでお尋ねして、まずこれから話をしなきゃできないということはわかっておりますが、町として導くべき道をお考えだと思います。それが、今話ができる範囲があれば、その範囲でどういうふうに導いていきたいかというのをお聞かせ願えればと思います。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) 飯本議員からの御質問に回答させていただきます。

 私も、こちらに来て一年ちょっと立ちますけども、地域農業の状況がだんだんわかってきたかなというふうには思っております。ただ、正直に申し上げれば、ここで農業されている方ほど、やっぱりここの地域の状況がわかったというふうには言い切れないところでもございます。特に、土地利用型の農業につきましては、やはり今現在集落営農組織で頑張ってやっておられるところもありますし、またそれよりも大きな組織、例えば勝山の支援センターであったり、豊津の営農組合であったりという部分があるとは思いますけども、そういったところでの集約という部分が非常に大きな部分になってくるというふうに考えております。また、認定農業者として水稲や麦を作付けされている方もいますので、そういた方々に今後どういうふうに担っていただくかというのを、行政主導でもあるんですけれども、それの一方で、地域の中でもやっぱりここの土地についてはここの人がやったほうがいいというような話ができるように、やはりプラン、いわゆる地図です、を持ちながら話をしていきたいというふうに考えております。

 もう一点といたしましては、野菜とか果樹、それから果物とかですか、いちごとかそういったものを作付されている方については、ちょっと土地利用型農業とは状況が違うと思いますので、土地の集約というような形というよりは、そういった方々に対するハウスを新しくつくるとかいうことであれば、県の事業とか国の事業をどのようにとっていったらいいのかという部分を産業課で、どういうふうに補佐できるかなということを考えていく必要があると思っております。



○議長(上田重光君) 飯本秀夫議員。



◆議員(飯本秀夫君) 後関連した、ずっと質問が続きますので、その中でも話をしていきたいと思いますが、要は集落と話たりとか、皆さんで話した中で決めていきたいということで、先ほど農業委員を交えてということでしたが、その中で認定農業者等々は交えてということは考えられておられるのかどうか、お願いします。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) 「人・農地プラン」の策定や更新に当たりましては、まさしく集落の圃場、一筆一筆についてまな板上に乗っけるという部分で考えておりますので、そこの地域の皆様、できれば農業をされている方全員にお声かけはしようというふうに考えております。なので、認定農地者も当然入ってきますし、あと集落営農組織の皆様についても入ってくるかなというふうに考えております。



○議長(上田重光君) 飯本秀夫議員。



◆議員(飯本秀夫君) その点については、今後に一緒にまた考えていきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

 続きまして、大変一番難しい問題かなとも思いますが、果樹園の跡地ですよね。新しく苗を植えたらいいんじゃかろうかという町長のお話もありましたけど、もう既に生産者がお年寄りなんです。果樹農家ができないから小さな園芸農家なり水稲農家に変わりたいと。しかし、その農地がそのまま使えんじゃないかと、今いうことですので、何ですか、今事業名忘れましたけど、荒地をしてから出ると。それは、継続的には出らんのでしょ。ただそれを、抜本、抜いたり一遍するだけの費用が出るだけで、その後使えないと思います。もちろん水田にも返せないということですので、その後、水田作物をつくっても補助対象には全然なりませんよね。そうしますと、いよいよ離農していく、年寄りが離農したときに、じゃあ受け皿があるのかと。営農組合が受けてくれるのかと。補助金が出らない土地をだれが受けてくれるかという問題が一番ネックになってこようかと思います。永続的に農地として使えるような方法を、久保課長とも何回もこのことは相談をしました。いろんな提案もしていただきました。しかし、町長の決断がないと、これ出来ないと思うんです。それなりの、荒地だけじゃなくて草刈りぐらいの補助金を出そうじゃないか、町単独で出してやろうじゃないかと。それが、転作作物、そばなり畑作、どっち畑作物しかできないんですから、そばなり、野菜なり、そういう畑作物をつくった場合に、本来なら地主がしなけりゃならない草刈り代程度は出してやらないと。それには、いろんな問題が出てくるかと思います。じゃあ、自分が一人で出るかっていうたら、そういうことしたらわざとする人がいますよね。第三者に利用権を設定した場合だけ、こういう方法で出しますよとか、これはもう課長と話すよりも町長の英断で決まることですので、町長のお考えをひとつお願いします。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) この問題につきまして、飯本議員からいろいろと御指摘をいただきまして、私なりに勉強してきました。

 そういうふうに単独でできればいいんでしょうけども、この問題もどういう方法があるのか、やはり担当課とも、あるいは国のほう、県とも相談をしながら、もしそういうことが可能であるんであれば、それはやりたいと思うんですが、そこら辺も慎重にちょっと勉強させていただきたいと思っております。後日またそのことを答弁させていただきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いします。



○議長(上田重光君) 飯本秀夫議員。



◆議員(飯本秀夫君) これをしない場合の問題点というのはあまり話してなかったんですが、この地域には企業的な農家というのは認めてないですよね。しかしこれが認められてきたときに、じゃあ企業的農家、企業的農家じゃなくても戸別補償制度にのらないのか。もうおれは、戸別所得補償とかのらんでいいよと、何でもかんでもつくっていいよと。もともと農地には畑と田しかないんですから、田には当然水利権が付いてきますよね。

 昭和20年代ですか、水利権のない天水というあだなの農地はあったことあります。水利権がないですね。ただ天水、天から雨が降るだけの天水。そういうのと違って、今の水田は全て水利権が付いてますよね。だから、水利権があるやないかということで、全く補償制度を必要としない農家が参入してきたとき、勝手に水引きますよ。だれもとめることはできんのです。今まで、そういう良心的な篤農家が果樹をやってきたから、そういうお約束は守ってきたけど、その人は全然違う人に利用権設定なり売買なりした場合は、当然それが起こってくるんです。それと、もう全然かまわなくなったときに、草刈り代が果たしていい方向での草刈り代を出すとか。それとも環境のほうでどうしようもないから草刈り代を出すのか、受け取り方は大違いですよね。どっちにしても町に負担がかかってくるわけです。その辺も十分に、そういう危険性ということも考えながら、ぜひ考えていただきたいと。この場で町長も返答するのはできないと思いますので、十分に色よい返事が出るまでこれ何回かさせてもらいますので、よろしくお願いしたいと思います。

 それでは、地産地消についてお尋ねいたします。今、本会議の報告の4号、5号で資料を見せていただきまして、議会の資料についておりますが、あれ委託販売ですよね。いずれも、2店舗とも。非常に、全体的にはどれぐらい量が集まっているのか見えんのです。決算書を見ても、手数料だけで上げてるでしょ。これ、実際の総会資料ちゅうたらそれはないんだろうと思うんですが、私が思うに、見える資料としてあれはいくら見ても、総販売高を見るには、例えば手数料が20%でしたらその逆算をしていって、じゃあ果たして買取は何%あるのか、委託販売が何%あるのか、非常に見にくい。その中で、生産量が低いちゅうて書いてるでしょ、活動報告の中で。両方とも生産量が少ないから物が集まりませんでした。実際、あの資料では見えません。その辺は本当にそうなのか、ちょっと担当課長のほうからお尋ねしたいと思います。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) 飯本議員からの御質問に回答させていただきます。

 物産直売所国府の郷と四季犀館ですね。実際の会計書類といたしましては、私もいろいろ調べたんですけども、いわゆる委託料、ほかから、生産者の方から実際に物を預かって、それを四季犀館が売るとか、国府の郷が売るというものについては、委託費のみを計上するほうが会計として正しいということなので、これについて、ちょっとどういった形にしたらいいのかというのは、ちょっと非常に難しいなとは思っておりますが、いずれにしても、こちら基本的にはそれぞれの直売所に伺ったところ、やはり荷受けをして、やっぱり3時とか4時ぐらいですか、になるとどうしても持ってきたものがなくなって、店に品がない状態になってしまうというところがあって、そこで追加で持ってきてっていうふうに農家さんにはお願いをするんだけども、どうしてもなかなか、店に物がない状況が生じてしまうという意味で、もう少し生産量があればなというような話が出ておったということについて、報告させていただきます。



○議長(上田重光君) 飯本秀夫議員。



◆議員(飯本秀夫君) 済いません。総会資料で、全部が見える総会資料ちゅうのはあるんですか。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) ちょっと今手元に資料を持ってきてないんで、ちょっとわからないんですけれども、恐らくあるのではないかと思われますがちょっと調べないとわかりません。



○議長(上田重光君) 飯本秀夫議員。



◆議員(飯本秀夫君) 本当の総会には、課長出られたんでしょう。その中では、総販売高とかいうのは、総委託販売高ですよね、委託手数料じゃなくて販売高ちゅうのは出てこんのですかね。今、わからんでもいいんです。実際的にそれを国府の郷なり四季犀館が本当に提出してないのか、どうかその辺もあわせてちょっとお尋ねします。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) 今年度の総会につきましては、私は四季犀館については出ておりません。会計検査があったためです。国府の郷のほうについては、出席しておりました。その中の資料には、総販売高についてはあったというふうには記憶はしておりますが、最終的に会計の決算書類として出すものとして、全部を出すといろいろごちゃごちゃの資料になってしまうので、それをある程度整理した形で議会のほうには提出させていただているというふうに認識しております。



○議長(上田重光君) 飯本秀夫議員。



◆議員(飯本秀夫君) それが正しい出し方だとは思うんですけど、優しい出し方じゃないですよね。やはり、私たちは全体像を見た中で判断はしたいと思ってます。

 荷の量が今少ないということでありましたが、いろんな直売所の中で販売高が上がっている直売所もかなりありますよね。その辺がどうかなというところも、一度、それは課長責めるわけじゃありません。実際的には築城の直売所、それからJAの直売所、販売高上がってます。その辺はちょっと課長のほうで指導していただいてもらいたいと。荷が集まらないのは何の原因かなちゅうのが別にありそうな気がしますので、その辺は課長のほうから指導のほうしていただきたいと思います。

 それから、今振興作物ですが、試行作物とか、町長のほうから今、セニュールなり葉わさびなりしょうがなり、ある程度試行作物が多いんですが、全員向けがする、そういうのの端境期を向けた栽培指導とかいうのは、今のところされてるのか、ちょっと課長これからするのかというのもちょっとお尋ねしたいと思います。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) 飯本議員からの質問に回答させていただきます。

 平成25年度みやこ町中山間地野菜栽培計画というのを立てておりまして、その中で端境期の白ネギや、あと春のブロッコリーですね、それと冬まきのグリーンボールといったものについて栽培を検討しているところです。あと、キャベツですか、端境期のキャベツについても検討させていただいております。

 今まで、だいぶキャベツとか白菜とかいろいろなものに手を伸ばしてきていたんですけども、二、三年、ちょっと試みた上で、ちょっとどうしても端境期にうまくそろわないものとか、それからどうしても時期的に梅雨で病気になってしまうというものについては、ちょっと3年続けてだめだったら、ちょっとやめていって、また新しいものをやっていこうというような形で、しょうがなり、スティックセニュールなりといったものに、ちょっと新しいものにも手を出してみようかなという形で進めていこうと考えております。



○議長(上田重光君) 飯本秀夫議員。



◆議員(飯本秀夫君) 私もちょっと農業のほうはしてたんですが、スティックセニュールは食べ方を皆さん、先に教えんとあれはあんまり食べないと思います。まず料理の仕方からしないと。

 それとしょうがですよね。しょうがちゅうのは水はけがよくて肥沃地、半日、日が陰るとか、そういうところですけ、非常にできる場所が限られるんやないですか。そんなに特産化ちゅうわけにはいかんですよね。特産化をするような平地でもできる、あるいは帆柱の山の上でいきなり6月下旬から7月の白菜を出してみようとか。そちらのほうが、私はずっと営農性があるだろうじゃなかろうかと思うんです。以前、帆柱は、20年ぐらい前から、白菜つくってたんです。7月上旬まきで盆前から取れるセイカイという品種なんです。耐症性の白菜がずっと。そういうのを、消えていったやつを掘り起したほうが、よほどつくり方も知ってますし、もっと上がってくるんじゃなかろうかというのもありますので、この辺も考えながらやってもらいたいと思います。

 次に給食センターですが、一番聞きたかったのは、そういう生産をする団体といつも計画をしてどれぐらい給食センターが、その使う量をどこでどういうふうにしようかというのと、差別化ですよね。みやこ町の児童生徒に食べさせるんですから、これだけの気を使ってますよと、一般野菜とはちょっと違うんですよというつくり方をしてほしいと。それによって、生産者もプライドが湧くし、食べる生徒、児童もこれは地元で取れたんだと、こういうつくり方をしたんだということで、食育にもなろうと思うんです。その辺は、今後、半年ぐらいはと教育長が、前々回言われましたよね。半年ぐらいは今までのマニュアルどおりいかないと、危険防止ができないということでしたので、これからは積極的に個別のつくり方で個別なものを提供するようにしたらどうだろうかと。

 先ほど、好評でしたというのは、あれは教育長が言ったんですかね。私も先日、豊津小学校に稲作の授業に行ってます。今度、田植えの授業で27日に植えに行くんですが、皆さん、新しい給食センターでどうですかって言ったら味が薄くなったちゅうて言いよったですけど、取り方はいろいろですね、好評といろいろ取り方あると思いますが、私が行った豊津小学校5年生のクラスなんですが、どうちゅうたら、味が薄うなったちゅうて、それも健康を考えてしてるのかもわかりませんけど、大体そう言ってました。それは余談なんですが、今後そういう差別化をした野菜づくりについてはどう考えているのか、ちょっとお聞かせ願いたいと思います。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) 飯本議員からの質問に回答させていただきます。

 先ほど町長からの答弁にもございましたとおり、比較的利用頻度の高い玉ねぎやニンジンやじゃがいもについて、生産を取り組んでおるところですが、今年度でいえばニンジンが10アール、じゃがいもが15アール、玉ねぎが30アールというような形になっておりますが、昨年よりも面積的には少ないんですが、量的には賄える面積ではございます。

 一方で、給食用に使いますというようなPRというのは非常に重要かなというふうに考えておりますので、そこの部分について、昨年至らなかった部分についてはもう少し、何らかの改善ができるようにということとを考えております。

 一方で、私もこの給食用の野菜については、だいぶ、どういうふうにやっていったらいいのかなというのを悩んだところでもあります。一つとしましては、いわゆるこの地産地消の比率というものですが、重量ベースでなっておるということを聞きまして、重量ベースになってるということは、例えば青ねぎをどんなにふやしても、結局全体の比率は上がらないというようなところがあって、そうするといわゆる利用頻度の高い重量野菜のニンジン、玉ねぎ、じゃがいもというものが、それをふやせばたしかに利用率は上がるという話だったんですが、ちょっとその考えは、私としてはどうかなということを課内でもきのうしゃべっておりました。

 やはりこの地域の土の質の問題、土壌がやはりニンジンとかに適しているのかということを、県の何センターでしたっけ、普及指導センターなどにも聞いてみたりしたんですけども、もしかしたらちょっとあまり適してないのかもしれないなというところも考えながら、やはり最終的に安定して給食センターに野菜を持ち込むためには、いわゆる白ねぎのように市場出荷ができるようなレベルに持ってった上で、もうそれと同等、もしくはそれ以上のものについて、給食センターに持ち込むという形にするのが、一番生産体制としてもうまくいくのではないかなというふうに考えております。なかなか1年、2年でできるような話ではないかなというふうに思いますが、私としてはそういうふうに考えておるところです。



○議長(上田重光君) 飯本秀夫議員。



◆議員(飯本秀夫君) ニンジンが適すか適さないかというのは、ちょっとそれは別としまして。ニンジン、割と簡単なんですよ。今、それ金時あたりしますと少し塩分がある土地がいいとか何とかあるんですが、給食センターで使うのは黒田五寸だと思います、品種的には。黒田五寸を使ってると思うんで、あれはあまり土地を選ばないのではないかなと思いますし、ただ、できない時期が少しあるだけです。

 それから今課長が話されてるのは、一作ごとでずっと計算をしていると思います。使用頻度の高い、こういう重量野菜というのは、ずっと体系的な作付けができますよね。じゃがいもにしても品種を変えれば三、四回、ニンジンだとずっとずらして、ただ9月の中旬ごろに種まきするのが難しいだけ。玉ねぎあたりは加工があるというので、かなり長い期間使えると思います。それと、何を使えちゅうわけじゃないですよ。ただ、皆さんがプライドを、農家の人も私たちはみやこ町の学校給食センターに納めてるんだというプライドも大切ですし、それと食べる人もこれ地元の野菜を食べてるんだということが一番大事だと。今、課長言われましたように、重量ベースでの関係ですから、それは米をよけ使いよら、だろうと思いますよ。今、この近隣平均で43%ぐらいでしょ。みやこ町も大体40%台だろうと思います、地元の利用量ちゅうのは。しかし、旬産旬消、今あるものでメニューをつくれば、割と簡単にできますよね。給食課長にお尋ねしますが、そういう話し合いは、今みやこ町でできてるもので、何かいいメニューはなかろうかとか、そういう話し合いはなされてるんですか。



○議長(上田重光君) 亀田学校給食課長。



◎学校給食課長(亀田国宏君) 給食の献立につきましては、献立委員会という委員会を開いております。その中で地域のものを使った献立等を御紹介し、承認をもらうというふうな順序をとっておりますけれども、その中で地域の食材だけで、全てでっていうことまでは、まだ今のとこは行っておりません。

 以上です。



○議長(上田重光君) 飯本秀夫議員。



◆議員(飯本秀夫君) 将来的には、旬産旬消で旬のものでものをつくろうという姿勢はいっぱいあるわけですよね。いいよ、その場で。うんと言えば。

 それとあと1点、亀田課長にお尋ねするんですが、一度亀田課長からお答えいただいたと思うんですが、米のパンをつくったらどうかねと言うたときに、米はたかいよと。どれくらい値段が違う、ちょっとお尋ねします。



○議長(上田重光君) 亀田学校給食課長。



◎学校給食課長(亀田国宏君) 済いません、まだお米のパンのほうについては、価格等についてはまだちょっと調べておりません。済いません。



○議長(上田重光君) 飯本秀夫議員。



◆議員(飯本秀夫君) 幾分、米の方が高いと思いますが、今、技術的には昔は米のパンをつくるのが技術的に難しかったのですが、今は麦のパンとあまり変わらなくできるようです。

 亀田課長も御存じだろうと思いますが、学校給食で使う麦はほとんど輸入品ですよね。それも麦の外側ですよね。芯は高級な人が食べるので、一番農薬がかかったところがかかるんですよね。あれは船輸送ですから、船便で来るんですから、周りに結露がないようにカビよけを絶対しますよね。船の底に、船底に麦を運ぶんですからカビが来やすいんです。だから、カビが来ないようにするんです。その粉をみやこ町立の児童生徒は食べてるわけです。その辺もだんだん変えていってもらって、心も体も、先ほどからずっと教育長に先輩議員も言っておりましたが、いいものを食べれば行動もよくなると思いますので、その辺もあわせてお願いしたいと思います。

 次に災害対策ですが、先ほど町長からも答弁をいただきました。みやこ町のほうではかなりやってますけど、森下課長のほうもかなりやってますということですが、県のほうがおくれてるんじゃないですか。ちょくちょく見れるんですよ。ショウブ園のところ、まだブルーシートはったままでしょ、反対の。ショウブ園の反対側。ブルーシートそこに限らないんです。そういうのが、県道とか県の河川とかいうのがかなりおくれてますよね。その辺は、やはり先ほども申しましたように、被害を、2次災害を受けるのはみやこ町なんです、みやこの町民なんです。その辺も町長と課長あわせて県のほうに、もうすぐ1年がくるんですから、早急に応急処置など、ブルーシートなんちゅうのはすぐずれますよ。もっとしゃんとした措置をするようなら応急処置をしてくれと。どうしても構造的におかしいところは、早めにかさあげをしてくれと。構造的におかしいところは、私も相談受けたんですが、旧勝山の焼き場の裏の水路のところです。あそこはどうしても構造的におかしいんで、あそこは考えてもらわんと何回でも災害は起こるということを言われておりますので、その辺をお願いして、これには答弁は要りませんので、お願いして、私の質問を終わらせていただきます。

 どうもありがとうございました。



○議長(上田重光君) 飯本秀夫議員の一般質問を終わります。

………………………………………………………………………………



○議長(上田重光君) ここで暫時休憩といたします。午後の再開は13時でお願いいたします。

午後0時00分休憩

………………………………………………………………………………

午後1時00分再開



○議長(上田重光君) これより休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 一般質問を続けます。通告順位3番、議席番号5番、田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 皆さんこんにちは。5番の田中勝馬でございます。お昼過ぎで眠たい時間と思いますが、しばらくの間、時間を頂戴したいと思います。

 さて今回は、大きなテーマとして3項目、中項目として6点について質問をさしていただきます。質問内容につきましては、御理解しにくい点等が多々あったのではないかと思い、大変恐縮に存じているところでございます。しかし、それぞれの質問に対し、課長さんの御熱心なお問い合わせ、またすり合わせ等に対し心から敬意を表したいと存じます。

 私は、町民の皆様から議員として職責を預かった一人でございます。町民の代弁者として質問さしていただきますので、質問には明瞭、簡潔にお答えをいただけなければなりませんのでよろしくお願いを申し上げます。

 それでは、大きい第1項目め。最初の質問は、地方行政及び公務員の信頼回復について。最近、地方公共団体において、資金の不正な取り扱い、工事発注をめぐる不祥事、休暇不適切な取得、飲酒運転等による交通事故、不祥事事件が相次いでいることは、国民、住民の地方行政に対する信頼を大きく揺るがすものであり、まことに遺憾であります。言うまでもなく公務員には全体の奉仕者としての使命を自覚した上で、国民本位、町民本位の行政の推進に全力を尽くすことが強く求められておられます。地方にできることは地方に、との原則に基づき国民の理解や信頼のした、地方分権を一層推進していこうとする中にあって、一部の地方公共団体とはいえこのような不祥事が起こっていることは、まことにゆゆしい事態であります。ところで、地方行政及び公務員の信頼回復にみやこ町としてどのように対応されてるのかお伺いをいたします。

 中項目の1点目として、不祥事事件関与には無関係の宣明、宣言をいただきたいと思います。最近の不祥事には、部下はもちろんのこと、管理監督者の地位にあるものまであると指摘されておりますが、本町においては、そうしたことは全く心配ないという宣明していただきたいのでありますが、いかがでしょうか。

 中項目の2点目、透明性向上と公平性の確保の具体策についてお伺いをいたします。公金の取り扱い及び予算の執行等についてであります。当然のことでありますが、情報公開の徹底や監視機能の強化等を通じ、透明性の向上と公平性の確保については、具体的にはどのように策を講じられておられるのかお伺いいたします。

 中項目の3点目、入札契約の公平性確保と工事入札制度の改善についてお伺いをいたします。土木建築工事の発注、決定方法、入札、契約については、事務手続のより一層の透明性、公平性の確保が求められているが、具体的にはどのような方策を導入されているのかお伺いいたします。

 小項目の2つ目、指名競争入札の場合は、指名の条件となる基準を公表しなければならないようになっているが、公表されているのか。

 3点目、建設工事等の検査事務の取り扱いについてはどのようにされているのかお伺いいたします。

 大きい2項目めでございますが、議会改革の一端として映像発信システム機器の設置をと、伊良原コミュニティセンターに映像発信機器、テレビを設置し、議会の傍聴ができるように求めます。

 大きい3目め、平成25年度予算について、3月議会の予算の中で2点理解しがたい点がありましたので、再度質問さしていただきます。まず、小項目の1点目は、歳入の現年課税分と固定資産税の前年対比について。小項目の2つ目は、歳出、総務管理費の中に、コミュニティ助成事業補助金とありましたが、使用用途についてお伺いをいたします。

 以上、3項目について町長にお伺いし、壇上からの第1回目の質問を終わります。

 よろしくお願いいたします。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 田中議員の質問に、お答えをいたします。

 不祥事件関与は無関係の宣明をということでございます。県内で職員不祥事が、新聞報道されております。みやこ町では、飲酒運転や事務処理ミスで住民の皆様に大変な御迷惑をおかけいたしました。この反省をもとに、事務処理ミス防止対策としまして、事務処理マニュアルの見直しと職員研修を行っておりますので、職員や管理監督者が、第三者の視点で適正に業務に励むように指導してまいっております。こういうことから考えますと私は、不祥事件はみやこ町には起こらないというような気持ちで仕事をさしていただいております。今後もそういう気持ちで仕事をしてまいりたいというふうに考えております。

 続きまして、町政の透明性を高め、公務員の信頼を回復し、公平、公正な町政運営を実施するためには、職員の倫理の保持が必要不可欠であると考えております。当町では、みやこ町職員倫理規則を定めており、これまででもその周知徹底を図ってまいりました。

 また、職員がその職責を再認識し、適正かつ公正な職務の執行と住民の信頼確保に努めるとともに、住民の負託に答えていけるよう職員みずから自己研さんを行うのはもちろんですが、機会あるごとに注意を喚起してまいりたいと考えております。加えまして、これまで以上に、職員各自の意識改革を進めるとともに、公務に対する信頼を確保することが重要であることから、職員研修では、新規採用職員、新任職員等の研修におきましては公務員倫理を、管理職員等の研修においては、危機管理に関する研修をプログラムに取り組んで入れております。

 今後とも、公務員倫理について注意を喚起するとともに、ほかの自治体などで起きている多様な事例等を参考に、職員間で危機意識を共有し、職員のさらなる意識高揚を図るための職員研修を実施することなどで、職員の倫理保持に努めてまいりたいと考えております。

 続きまして、入札契約の公平性確保と、工事入札制度の改善ということでございますが、工事の入札契約についての透明性及び公平性の方策についてですが、まず、透明性のことについてですが、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律第7条の規定に基づき、公共工事の発注の見通し──250万円以上の工事──を5月に広報紙に公表をしております。

 また、建設業者に対し入札の案内通知を行った後は、財政課窓口におきまして指名業者を記載した入札予告を閲覧に付しております。

 また、入札の結果等におきましては、入札結果及び経過を財政課窓口で閲覧に付すとともに、広報紙に掲載をしております。

 さらに契約金額250万円以上の公共工事契約内容一覧表につきましても、財政課窓口で閲覧に付し、情報提供を行っております。

 次に、公平性のことですが、町内業者全てが、何らかの工事契約ができればいいのですが、何分競争でありますので業者の努力次第となりますが、業者の指名につきましては、業者の資格を初め、施工能力、手持ち工事量、地域性を考慮するとともに、指名回数の均等化を図りながら選定をしております。

 ただ、業者格付けのAランク業者につきましては、施工能力が高いことから指名回数が、Bランク以降の業者よりも少し多くなるのが現状であります。

 続きまして、指名競争入札の指名基準等につきましては、みやこ町建設工事請負契約に係る指名競争入札に参加する者の資格基準及び、みやこ町工事請負契約に係る指名競争入札参加者の格付け及び選定要綱を、平成18年3月20日に定めています。

 公表につきましては、みやこ町例規集(第10編の建設)に掲載されていることから、みやこ町のホームページからもこれは見ることができます。

 続きまして、検査事務についてですが、みやこ町公共土木施設及び農業土木施設建設工事検査要綱による取り扱いをしておりますが、国の会計検査や県土整備部の成功認定検査で書類の不備や写真管理の不適などの指摘を受けます。請負工事の内容については、県工事も町工事も同じ施工基準を使っています。

 町工事におきましては、請負業者からの提出書類や写真等で不備がかなり多く見受けられます。また、工事内容を理解していない現場代理人及び専任技術者を持たない業者もおると聞いております。

 町発注の工事の検査は、契約の履行内容が契約書、仕様書及び設計書その他の関係書類に基づいた適正のものとなっているか否かを、実施に検査を行って確認しなければならないこととし、不適正な履行を排除することを意図としております。

 このために、平成24年度より福岡県、県土整備部OBの専属検査員を雇用し、町施工工事の品質確保・写真整理・提出書類の正確性を目的として、請負業者への技術力の向上・施工能力を高めるために指導育成を徹底をしておる次第であります。

 続きまして、映像配信システム機器の設置です。

 現在、みやこ町役場本庁及び豊津、犀川支所のロビーに設置しているテレビにおいて、議会本会議の映像を配信し、傍聴ができるようにしております。

 住民の皆様に選ばれました議員の方々と、我々執行部との間で繰り広げられます、そういった議論を、より多くの住民に視聴していただくことによりまして、町政を身近に感じ、住民みずからまちづくりに参加していただけるようなきっかけになればと思っております。

 本町は面積的にも県下の市町村の中で一番広く、なかなか議会傍聴のためだけに本庁や支所に出向くという機会が少ないと思われます。そういった観点から、出張所においての議会映像配信システムについては大変有効であると考えております。技術面やコスト面を考慮しながら、この問題には早急に取り組んでいけるように努めてまいりたいというふうに考えております。

 続きまして、平成25年度予算の現年課税分についての固定資産税の前年対比の質問です。

 予算編成について、毎年作成時期の調定額をもとに算定を行っております。

 平成24年度から平成25年度の税額対比について、予算額で9,370万円の減額でございます。主な要因といたしまして、家屋では約3,500万円の減額ですが、平成24年度の評価がえにおきまして、経年に伴う減価した価格の額が、見込みより多い減少額であったための減額であります。償却資産では、約5,900万円の減額ですが、日産関連会社等の償却資産の工具において、多額の減価が生じたための減額であります。

 今後は、固定資産税の予算査定において各種目の状況等をさらに踏まえ、できる限り当初調定との差異がないように予算編成を行っていきたいというふうに考えております。

 続きまして、コミュニティ助成事業は、宝くじの社会貢献事業として財団法人自治総合センターが実施している助成事業であります。今年度予算計上を行っている事業は一般コミュニティ助成事業で、市町村が窓口となり、行政区等のコミュニティ団体からの申請を町から県に申請し、自治総合センターが最終的に決定する流れとなっております。

 今年度の事業につきましては、生立山笠保存会がはっぴ整備のために申請したものであります。

 この事業は、ほぼ全額補助となるため、町としましては今後とも各コミュニティ団体からの要望があれば補助金交付要綱に基づき、積極的に申請を行っていく方針であります。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 明瞭簡潔な御答弁ありがとうございました。

 今、不祥事件等につきましては、みやこ町においては起こらないようにというようにというように、町長も一生懸命お努めいただいておるということで、大変ありがたい言葉でございますが、なぜ私が今このような質問をするかと申しますと、やはり事件、事故が起きてからではおそいと。我々議員としては、やっぱり、議員の使命は行財政の運営や事務処理ないし、事務の実施を全て適用、適正にしかも公平、効率的に、そして民主的になされているか、町民の立場に立って監視するのが我々の義務だと、このように考えておるところでございます。

 したがいまして、町長の今の答弁では、みやこ町においては現在のとこの不祥事はないと、これからもそういうことのないというようなことを御答弁いただきましたが、先ほど町長もおっしゃったように、過去にはみやこ町におきましても何件か不祥事があったことは皆さん方も御記憶に新しいことだと思います。

 また、最近におきましても、不祥事とはいえなくても事務的不具合等もあっております。私はこの事務的不具合があったときに、特に人事異動等があった場合には、このような初歩的な問題が見落とすことはあるということなんで、やはり一つ一つの作業工程の中において、やはりチェックポイントを明確にしていただくためのマニュアル等を作成していただきたいという提案をいたしました。

 皆さんも御承知のとおり、福岡県の町村会長の逮捕とか、またあるいは苅田でも公金の不祥事、北九州では競輪場の職員が収賄容疑、またあるいは中間市では、生活保護の不正受給、逮捕等ですね。また、先般6月14日の新聞には、北九州の職員が公用車を転売したと、いうような問題が起きて、近隣市町村においては不祥事が後を絶たないというのは現状でございます。

 みやこ町の条例は、合併当時の18年に作成されたものが多く、いろいろと問題が発生した場合、その都度これで再発防止はできるのかということを、もう一度その観点に立って見直す必要があるのではないかと私は思うわけでございます。

 みやこ町として過去のあった不祥事の再発防止策として、新たな具体的な取り組みをされているのか、またはされているのであればどのようにして徹底されているのか、先ほど町長もお伺いいたしましたが、具体的にこうこうこういうことを新たに取り組みをしたということがあればお聞かせを願いたいと思います。



○議長(上田重光君) 中村総務課長。



◎総務課長(中村政弘君) 先ほど議員から御指摘がありました、職員の事務ミス等による不祥事があったんですが、それにつきましては、平成18年合併時に、事務マニュアルを策定しました。そのマニュアルに沿って事務を進めていたんですが、中に記述ミス等がありましたので、今、何がこの時期に必要なのかということを踏まえながら、どこが問題になるのかというのも入れながら、今その見直しを図っている段階であります。

 以上です。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) ありがとうございます。

 そういうことで、やはり起きたときはその都度やはり見直していただくと。今、条例がありますけど、みやこ町の条例は合併当時の18年の条例というのを私も見てみますと、そういうことでありますので、やはり事件が起きたらほんとに次はこういうことはないのかというようなやっぱり徹底した対策をお願いしておきたいと思います。

 次に、透明性向上と公平性の確保の具体策についてでございますが、みやこ町においても休職中の職員が飲酒運転、またあるいは中学校の先生の飲酒運転等が発覚をいたしております。福岡県においても、飲酒運転撲滅条例が制定され、全国初の罰則つきの条例が平成24年1月1日から施行されております。また、福岡県においては、公務員の職権乱用、公文書偽造、公金不祥事あるいはセクハラ、性的嫌がらせ、または、隠しカメラ、盗聴事件等の問題が後を絶ちません。これは、職員だけの問題ではありません。我々議会議員といたしましても、十分に考えれる問題だというふうに反省をしてるところでございます。

 職員一人一人、議員各位が不祥事の再発防止を期し、住民本位の行政の推進に全力で尽くさなければならないとこのように思うわけでございます。

 また、服務規律、公務員職員議員倫理にかかわる周知徹底を図り、全体の奉仕者としての自覚を促すことを忘れてはならないのではないかと思います。

 職員の休暇、休職、勤務時間については、特に、病気休暇の承認や病気による休職、処分については、十分な事実確認に基づいて行うことが重要ではないかと思います。飲酒運転は絶対させない、許さないという撲滅宣言を条例で18年度に合併当時に定められておりますが、まだまだみやこ町ではありませんが、あちこちにおいて飲酒運転が後を絶たないのが現状でございます。

 日常的に管理職員による部下指導の徹底を図ることは重要ではないかと思います。例えば、毎日のミーティング、あるいは1週間に1遍のミーティング、たまには個人面談、あるいは飲酒検知機でのたまの抜き取り、等々のやり方は、いろいろあろうかと思いますが、この点についてのお考え、具体的に今後どうしたいという参考になれば、教えていただきたいと思います。



○議長(上田重光君) 中村総務課長。



◎総務課長(中村政弘君) 御指摘のミーティング等につきましては、月1回管理職連絡会議というのがあります、そこで町長から、それぞれ各課でミーティングを行いなさいという指示も出しております。それから、今、コンプライアンスという言葉がよく出るんですが、職員には法令順守が一番ですいうそういう指導も行っておりますし、その評価等についてもそこを含んだところで職員と課の中でそういう話をしなさいということも進めておりますので、その点については、できつつあると思っております。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) ありがとうございます。

 違法行為、または服務規律違反の行為があった場合においては、厳正な処置をすると、不祥事の再発防止をする、行政執行体制の確立だとこのように思うわけでございます。

 皆さん御承知のように北九州の北橋市長は、不祥事が相次いで発覚しておるのに対しまして、再発防止の具体的方策といたしまして、懲戒処分の基準の見直しを行うと、そして厳罰化を検討すると、このように明らかにしておるわけでございます。みやこ町の場合は、現在こういうふうな不祥事等はございませんが、そういうふうに先ほどから何回も繰り返しておられるように、あってからではおそいわけでございますんで、常々、そういうふうな今課長がおっしゃったミーティング等で徹底していただきたいと思うわけでございます。

 次に、入札契約の公平性確保と工事入札制度の改善についてでございますが、ごく最近は工事発注時の入札、談合等による情報、あるいは問題等は特に聞いておりませんが、合併当時はいろいろとうわさがありました。したがって私は、以前入札制度の刷新、工事の発注による談合防止策について以前質問をさしていただきました。そのときには、他地域との確認をして前向きに検討するという御答弁をいただいておりました。これも、ずっと前のことでございます。現在の町長のときではございません。

 談合は独占禁止法に違反する刑法の談合罪に問われることもあります。談合して高く落札されれば、結局税金の無駄遣いということになります。土木建築工事の発注、決定方法、入札、契約についての事務手続の見直しを提案したいと思います。

 現在の指名競争入札では、予定価格の公表時期を事前に公表しているため、どこの業者も最低価格で入札するため、ほんとの意味からして、競争入札にはなっていないではないかとこのように思うわけでございます。したがって予定価格の公表時期を、事後公表に改め、また指名業者の公表時期も事後公表に改めることによって入札の透明性、競争性の向上、あるいは、見積もり努力は図れるのではないかと思いますがこの辺について、まあ提案でございますが、いかがでしょうか。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 足りないところは財政課長が答えると思いますけども、まず御理解いただきたいのは、建設業者の方は勘違いをしておって町長が指名をしておると思ってるんですが、町長は一切指名には関係がないんです。全て副町長を中心にしてやっております。このことをこの前もある方が来てそういうことを言っておりましたけど、私は一切タッチしてないので、町長は関係ないんだということを言って、初めてああそうなのかと、先ほど言われたように昔はそういうことがあったかもしれませんけど、今はそういうことは一切ないと、また議員からのそういう関与も一切ありませんし、私は公明正大なみやこ町では入札ができてるんではないかと思っております。

 ただ、この最低価格の問題、これはやはりいろんな不祥事があったために国では最低価格を公表してませんけども、県や地方では公表してると、よって、その工事に最低価格で最後は抽選になるというような状況が起こっております。

 私も町長になってインターネットでやったらどうかなというようなことを考えましたけども、まだまだそこまでいってないんではないかと、県においては、既にインターネット入札等もやっておりますけども、これは今後の課題としてやっぱり地域のそういったものを高めていったときにやる必要があるんではないかなというふうに思っております。

 私の答弁で足りないところは、財政課長少し補足をお願いします。



○議長(上田重光君) 吉永財政課長。



◎財政課長(吉永秀信君) 田中議員の御質問にお答えいたしたいと思います。

 議員の提案でございます、事前予定価格、あるいは最低制限価格の事前公表よりも、事後の公表という提案でございますが、この件につきまして、平成18年6月の1日合併後、この事前公表という要綱を策定したということでございます。

 この背景につきましては、職員の身を守るといいますか、いわゆる職員には守秘義務がございます。何らかの形で予定価格が外部に漏れると、そうすることによって当然公務員法違反にもなりますけれども、いろんな公平性で入札を行わなければならないものが、そういう情報が漏れることによって、公平性を来たすという問題がございまして、公平性であるためが上に、事前にそうすれば公表したほうがいいんじゃなかろうかということで定めたものでございます。

 確かに町村によっては、近隣市町によっても事前公表を行わず、事後でやってるという団体も確かにお聞きしております。現在のところどちらがいいのかということで、判断、検討は行ってございますけれども、もう少しこの場で、明確な答えにはなりませんけれども、内部でちょっと検討をさしていただきたいというふうに考えております。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 確かに、事後公表ということになれば、そういうようないろいろな職員等に圧力等々もかかってくるという問題もあろうかと思いますが、今全国的に見ても国のほうは、100%の事後公表ということになっとりますが、最近市町村においても事前公表は31.7%というような状態で、だんだんそういうような事後公表ということにも切りかえていっていると。またあるいは、行橋、または苅田町においては、競争入札というようなことも取り入れておりますんで、今、工事があった場合、いつもみやこ町の場合見ると、大概全部同じ最低価格でいっておる、最終的には抽選と、クジというようなことなんでこれでははっきり言うたら皆見積もり努力もせんし、競争力もなくなるというようなことなんです。やはり業者にそういうような競争力をつけるとか、見積もり努力をさせるためにはやっぱりそういうふうな点も見直す必要があるんじゃないかと思いますんで、できるできんは別にして参考までにひとつよろしくお願いしたいと思います。

 次に、指名競争入札の場合、指名の条件となる基準を公表しなければならないということでありますが、先ほど町長は言われたようにちゃっとそのように要綱に基づいてやっているということでありますんで、特に問題はないと思いますが。

 ここに指名競争入札参加の格付け及び選定要綱ということが第2条「主観的事項の要諦は指名競争入札に参加するのを前年度における町工事の工事成績、信用度によって行うということと、工事成績、信用度の要諦は工事成績評定表に基づいて建設業法の規定する工事の種類ごとによってその平均点によって算出を行う」ということでありますんで、そのようなことでみやこ町もやっていただいてるものと、こう思います。

 工事発注時、会社の規模、従業員管理等の調査も詳細にやられているものと思いますが、よく聞く話の中では、名義を登録しているだけで言葉は悪いかもしれませんが、ペーパー業者、要するに、こういう方が工事を取るが仕事をさあ取ったが、仕事をする従業員もおらないというようなことで結局は丸投げしているというのをよく聞くわけなんです。そのような丸投げの状態を発注元として把握できてるかどうかということをお伺いしたいと思います。



○議長(上田重光君) 吉永財政課長。



◎財政課長(吉永秀信君) 田中議員の御質問にお答えいたしたいと思います。

 確かに、建設業法の22条だったと思います。丸投げ、これは禁止されております。丸投げのことにつきまして、いわゆる把握はできてるかという御質問のようでございますけれど、丸投げについては町としては、一部下請けはこれは承認事項で、町が承認すれば、認めれば当然可能に、いいわけなんですけども、丸投げ一括下請けという、これは完全に建設業法違反でございます。そういった業者はいないというふうに私は思っております、というのが現状でございます。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 今、いないというようなことでございますが、工事執行の委託等の禁止ということで第43条「請負人は契約の履行に際し、工事の執行を第三者に委託し、または請け負わせてはならない」というこういうふうな文書もあるわけです。

 しかし、これはもう私が耳にした、私も確認したことですが、例えば今豊津の町の宅地造成地、某社が取ったというけど、そのまま一つもなんら手ひとつ汚さず次の業者にやったというようなことで、これは7,400万くらいな工事でございましたが、それでももらった下請けは、儲けは出るということであればやはり採算が取れるということで。

 見積もり額は少し甘すぎるんじゃないかと私はこのように思うわけです。また、競争入札であればもう少しは安くなると、なるんじゃないかとか、どうしてもまた仕事を取りたい業者は安くても落札をすると思うんです。そうすれば、下請けに丸投げ等もなくなるのではないかとこういうふうに思うわけです。

 直接行政のほうには、そういうふうな丸投げということは耳に入ってないということですが、やはり工事を発注した場合には、たまに現場に出かけてみて、どうなんかということを確認する必要があるんじゃないかと、これ、うちが取った工事が違う人がやっとるはというようなことを見ればわかるわけなんです。それは、わざわざここに言うて来んでも。だからそういうことが非常に今後大事じゃないかと思います、とよく言われますが、多くの従業員を抱えて、重機等もたくさんもってるところが仕事ないで遊んでると、それかといって、言葉は悪いですが、スコップ1本しか持たない業者があちこち、まあ小さい仕事やけど、あちこちも取っとると。今、特に災害復旧工事が出ておりますんで、犀川等はあちこちできとる。取ったけど、さあ仕事しようにも自分とこには人夫もおらなきゃ、そういうふうな責任者、監督者もおらないというようなことで、丸投げすると、あるいはもう丸投げもきかないけえ、誰かおらんか誰かおらんかというようなことでやっていくというようなことも再々に聞いております。

 そういうことでございますんで、地元業者が仕事することやけど、やはりそういうふうに、やっぱり丸投げというのがあっております。はっきり言うたら。本人は、業者しよる本人は入院しとっても仕事をとっておるということは何ぼも聞いております。だから、そういうことがたくさんありますので、だから契約の仕方、小さい工事の、要するに随意契約の方法については、どのようにやってるのかということをお伺いをしたいと思います。



○議長(上田重光君) 吉永財政課長。



◎財政課長(吉永秀信君) 田中議員の御質問にお答えします。

 随意契約の方法でございます。工事金額の、いわゆる130万以下の小さな工事につきましては、基本的にはその工事場所の地域を第一原則に一応考えておるような状況です。

 それで、やはりその業者さんの手持ちがあれば、現在ほかの工事で手がもういっぱいのような場合につきましては、そういった随意契約の業者さんから一応除いてると。まだ余裕のある業者さんにつきまして、そういった財務規則では2社以上随意契約を行う場合でも、2社以上のいわゆる見積もり入札的なものを行って、安いほうに決定すると、そういったことでございますので、おおむね、大体3社前後の見積調書を取られてるのが現状でございます。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 今、課長がおっしゃったとおり随意契約の場合、やっぱり特別な場合を除き、あらかじめ必要な事項を示し、2人以上の見積書を提出さして、見積もり合わせをするというのは基本だと、まあそのようにやられとるということですが、特に工事の執行監督員ということで、第40条に「町長は、請負契約の工事執行に必要な監督指示を行わせる監督員を置く」とこういうふうな言葉もありますが、工事を発注した場合の、今先ほど僕が言ったように、現場確認をされてるかということは、なぜかっていうたら、その現場管理者が実際にその現場についているかどうかという場合があるわけなんです。行ってみても誰が責任者か、おらんというようなことは多々あります。また、そして工事完成後、検査時に下請け業者にさせているにもかかわらず、立会をさせてないというような検査の仕方をしてるとかいうことがありますが、その辺はどうなんでしょうか。やっはり、現場監督がぴしっとついとるか、ついてないかということなん、仕事しよるときにいつも責任者が誰かおるやろうかと。



○議長(上田重光君) 森下建設課長。



◎建設課長(森下高志君) 建設課長の森下です。

 現場につきましては、町の担当の職員が出向きまして、現場代理人の確認等を行っていることでございます。

 まず、先ほど町長の回答の中に、土木建築工事の検査事務という形で答弁しておりますが、やはりその現場におられる方、要するに検査時にやっぱりその把握してない現場というのはあり得ないと、現場代理人は必ずおるもんだと、おることとされております、契約の中に。それで、その中で検査の時点で、町の職員が毎日のごとく行くわけにもいきませんので、やはり検査時にもちゃんと確認はします。その中で、主任技術者、現場代理人は届け出ております役場の中にその本人に、あなたは毎日ついておりますかと、その現場を確認しておりますかという問いかけをします。中にはやはりサボっている主任技術者もおりますし、現場代理人もおります。だから、あなたたちはそこにつかなければならない、何のためにそこにおるんですかと。それは、ちゃんとした仕事ができるために、つくことであるので、ということで今検査事務の中で、先ほど町長が言いましたように、検査指導等を必ずしております。

 今、若干下の業者につきましては、なかなか2つも3つも抱えているということもあるんでしょうけども中にはうちの職員が行ったときにはおらないときもございました。その中では、ちゃんとおるようにということで指導は今現在かけております。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 時間の関係もありますんで、余りくどくど言いませんが、特に最近いろいろな苦情を聞きます。

 それはどういうことかと言うと、やはり例えば最近何でこんな提出書類が県並みになったか、あるいは工事の完成検査が厳しすぎるとか、あるいは県並みの検査をしているがなぜかとか、県並みのその検査をするんであればその設計単価も県並みにするのが当たり前じゃないかというような問題を、いろいろ苦情と言いますか、そういう問題点を私のとこに問い合わせが来とるわけですが、特に、厳しいというのは当たり前のことであると、私はこういうふうに言っとるわけですが。先ほど、町長のほうからの御回答がありましたように、県のほうからOBの方を来ていただいとるということの関係かどうかはわかりませんが、その辺は何で、ここ最近そういう厳しいとか何とかいうような問題が起きてきたのか、その辺のちょっと御回答をお願いします。



○議長(上田重光君) 森下建設課長。



◎建設課長(森下高志君) 引き続きですが、今先ほど言いましたように、現場代理人がなかなかついてないと、中の詳細把握はできないという現場代理人、主任技術者がおられます。そのために、我々職員上がりではそのなかなか検査が行き届かないということで、県の要するに経験豊富な検査員を、今お願いしとるわけでございます。

 設計等の関係につきましても、積算システムは県も町も一緒な積算システムになっておりますので、単価の違いというのはありません。ましては、価格についての変動もありません。ただ、提出書類的につきましては、今先ほど町長の中に答えられたように同じ検査を受けるわけで、我々も同じ県の会計検査を受けるわけなんです、その中でやはり県にはこういう書類を出したけど、町にはこういう書類は出さないと、10あるものが町には5しか出してない。やはり10あるものは、10出していただかなければならないということで、今厳しくなったというよりも、当たり前の検査の内容に変えていきよるというのが現状でございます。

 業者のほうではやっぱり不満を言われる業者もおられますが、やはり提出されるものは提出してもらうということで、厳しくなってるような状況でございます。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) ありがとうございました。

 そういうふうに専門的な方が来たのでこういうふうに、それがほんとなことだろうと思います。やはり、それまでが専門的でなかったのでそういう部分もあったのかもしれませんが、また今後万が一その方がかわられたということは、またもとのもくあみになってまた甘くなったというようなことのないように、やはりぴしっとしていただきたいと思います。

 それから、2項目めの、大きな項目の伊良原コミュニティセンターの映像システムということでございますが、町長のほうは何とかそのように検討していただけるということでございますので特に町民の方は、町民生活に直結する条例や予算を審査する議決機関でありますので、町民の声を町政に届ける代弁機関でもありますので、町民の声としてはよくテレビを見よったら国会がありよるが、あんとおりですかとかいうようなことを聞くわけですが、傍聴に来たくても、先ほど町長もおっしゃったように遠くて来られないということでありますので特に伊良原のほうでは、あそこのコミュニティセンターのほうでは、また農協、ガソリンスタンド、またコミュニティセンター、それから診療所ということで、たくさんの人があそこは集まるところでございますんで、ぜひあそこにつけていただいて、やはり皆が平等で、伊良原の人でも議会の傍聴ができるようにというようなことでひとつ前向きによろしくお願いします。

 それから大きい3項目めの歳入の現年課税分、固定資産税の前年対比ということで、先ほど町長から御回答いただきましたが、今年度は9,370万円の減額ということでございます。ちなみに、その前の年を見てみると、1億100万円ばかりの増というふうになっとるわけなんです。だから、この辺の私が大きくそんなにふえたり減ったりするんかなというようなことをちょっと疑問に思ったということ、それから固定資産税の課税評価基準額ですが、これちょうど3年に1度ということで、今年度は見直しの時期ということでありますんで、特に、土地につきましては前年対比ですね、4億3,465万4,000円の増というふうになっとりますが、昨年度、それかというと今度3億8,000万の減額というようなことになっとるわけです。昨年、その前、そういうふうに、ここら辺のふえたり減ったりというようなことはどういうあれかなと、余りにも大きいがというようなことで、ちょっとその資産の根拠とはどのようになっとるんかということをお聞きしたいということで、時間がありません、続けていきます。

 家屋の問題についてもおんなじことです。25億1,250万の減がありますが、その前の年は1億6,600万というようなことでありますんで、非常にここにも差があるということで、まあ評価額の下のほうについては、まあ新築の場合は目立ちますが、評価漏れがないと思いますが、一部改築とかいうような目につきにくい部分があるんで、評価漏れ等があるんではないかというふうに私は考えたりするわけでございます。

 また、家屋の価格等の調査は、誰がされるのかと、特別に調査員等がおられるのか、また調査員等はおるんじゃが、家屋調査士等の資格がいるのかというのもあわせてお聞きしたいと思います。

 次に、償却資産でございますが、63億ばかり減になっておるんですが、その前の年は7,900万という減ということでありますが、確かに経済状況もよくないので一般的に設備投資を控えていることはわかりますが、こんなに大きく減になったことに対して不可解さを感じるわけでございます。

 なぜこんなに大きくなったのか原因が分析されてると思いますので、その辺もあわせて御回答いただきたいと思います。

 それから、償却資産というけどどのような物を対象にして償却資産というのかというのと、償却資産には所得価格の上限があるのかというのと、また自動車税、軽自動車税の課税対象となるものはどうなるのかということをお伺いしたと思います。



○議長(上田重光君) 中原税務課長。



◎税務課長(中原裕二君) 田中議員の御質問でございます。土地につきましては、増額につきましては、宅地の負担調整率に伴う自然増額、約800万ほど税額としてございますが、そういったものが主な要因でございます。

 家屋の減額につきましては、3年に1度の固定資産税の評価がえ、見直しでございますが、そこにつきまして24年度見直しを行った段階で、減価率の率が不明確だったために見込みを大きく間違えたところがございます。それに伴うものが、3,500万ほど見込みよりも多く減価してきてる状況でございます。

 家屋評価の評価員につきましては、木造につきましては税務課の職員が行っております。それから、非木造につきましては、県税事務所の職員が調査のほう行うようにしております。資格等につきましては、税務課の職員が県の研修なりを受けながら、評価の事務を行ってるところでございます。

 それから、償却資産でございます。償却資産につきましては、今回昨年と比較しまして、大きな減額でございますが、これは日産関係の会社の設備投資関係が、毎年増額したり減額したりしてきております。今回につきましては、償却資産の中の工具といって金型、フレーム等をつくるための原型のための金型というのがございますが、そういったようなものの減価っていうか、減少が著しくありましたもんですから、こういったような事態が生じてきております。それから、償却資産の中の車両等につきましては、自動車税等で負担をしていただいておりますので、償却資産の中でも町の償却資産いたしましては対象外とさしていただいております。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 時間がありませんので、もうこの分はここで打ち切りたいと思います。また、詳しいことはまたわからないことは、また直接課長にお聞きしたいと思います。

 次に、大きなあれですが、歳出、総務管理費の中にコミュニティ助成事業補助金というのがありましたが、まずお聞きしますが、みやこ町にはコミュニティ条例がありますか。またコミュニティの定義はどのようになってるかお伺いしたいと思います。



○議長(上田重光君) 村上総合政策課長。



◎総合政策課長(村上重範君) コミュニティ条例の件でございますが、今回のコミュニティ助成事業につきましての補助金交付要綱は策定しております。また、今回のコミュニティの定義につきましては、助成を受けられる団体といたしまして、町が認めるコミュニティ団体ということになっておりますので、町といたしましては、行政区並びに行政区に準じたような組織ということで考えております。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 特に条例はないということだと思いますが、条例があってこそコミュニティの定義や助成事業の内容とかまた補助額、あるいは申請方法、申請の対象等々が明確にうたわれて初めて助成金申請をすることになるのではないかと、こういうふうに私は思うわけです。

 しかし、最近先ほどの答弁では、ないということですが、これはずっと私が調べてみますと、よその地区にはこのコミュニティ条例というのがぴしっとつくっておって、その定義もぴしゃっとうたわれております。だからもう時間がありませんので、詳しいことは今日はここではぶきますが、要はこのコミュニティ事業のそういう宝くじの助成金を使った場合には、何に使っても、何に使いましたよということを、ぴしゃっと公表しなければならないと、こういうふうになってるわけです。

 先ほど町長のほうから、山笠のはっぴをということで大変結構なことだと思います。私は町民のため、また町のためにこういうことをどんどんいただけるお金はいただいて使うということは結構でございますが、やはりあそこには使ったけど、ここは使えないよというようなことでは困るんで、私は条例が必要じゃないか、定義が必要じゃないかと申し上げたわけです。

 だから、そこら辺をやはりぴしっとしていただけないか、今回はやはりそういうことで県のほうにも通ったというようなことでございますんで、やはり町長も県議しておりましたんで、副町長もおりますんで、県の方に顔がきくから通ったんだと思います。なかなかやっぱり再々そうはいかんと思いますんで、やはりぴしっとしたものをつくっておく必要があるんじゃないかなと、このように思います。

 それと今言うたように、今度の宝くじを使ったというんであったならば、はっぴ等にはどのようにして公表というかしとるか、広報に載して皆に知らせたとか、はっぴならはっぴで、これ宝くじの助成金ですよというようなことを書かなければならない、公表しなければならない、どこにやっとるかと、したかということをお伺いします。



○議長(上田重光君) 村上総合政策課長。



◎総合政策課長(村上重範君) はっぴにつきましては、はっぴの後ろに宝くじのマークといいますか、文字も入っておりますが、1着ずつ後ろにつけております。そして、6月の広報に宝くじ事業で実施した旨の記事を掲載しております。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) そういうことで、公表していただいておるということですから、筋書き通りにやっていただいておるということで結構なことですが。そういうことを、やはりよその地区の方が見たら、こういうふうにはっぴを買うてもろうてるんか、ほんならうちのお宮も今度は買うてもらおうかなというようなことが出てくると思いますんで、そこ辺のぴしっとして、使う用途をぴしっとしておいていただきたい。

 というのはなぜかと言うと、このはっぴということで、これは山笠ということで神社ということになるのであれば、これは宗教法人上です。これは、ちょっと使い道としてどうかなということになるわけなんです。宗教法人上。だから、宗教法人上、行政として予算を計上して、分離、政教分離の法則に問題がないがどうかということは、私が一番聞きたいとこはそこの問題なんです。

 それが特に問題がないということで、しかし憲法第89条には「公金その他の公の財産は、宗教上の組織、もしくは団体の使用、便益もしくは維持のため、または公の支配に属しない時期、教育もしくは博愛の事業に対しこれを支出し、またはその利用に供してはならない」となっております。はっきりいってですね。しかし、これは法律ではなく自治法のほうで、地方自治法の232条のほうには、「普通公共団体は、その公益上必要である場合においては、寄附または補助することができる」よと、このようにもなっています。要は、一番大事なことは、信教の自由を守れることだと思います。

 お金がかかる問題でありますので、その用途を常にぴしっと明確に公表することが一番の大事なことではないかと思いますんで。そこをぴしっとしておいていただかなければ、またほかの地区のほうからそういうふうな広報のほうにも載していただいておるとか、またはっぴを見てありゃなんかというようなことがあっても困りますので、やはりこの際に、そういうふうに使える方法であれば使えるようにぴしっと明確にしておいていただきたいなということですが、その辺のこと返事をいただいて終わりたいと思いますがどうでしょうか。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 大変、提案をいただきました。

 我々としてもそういうことがないような形でこれがコミュニティ条例を、助成条例をつくるべきかどうかを検討して、そういう疑いのないような方法にしていきたいというふうに思っておりますので、田中議員の提案をしっかり勉強しながら、また後日報告したいというふうに思いますのでよろしくお願いします。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) よろしくお願い申し上げまして、私の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員の一般質問を終わります。

………………………………………………………………………………



○議長(上田重光君) ここで暫時休憩とします。再開は14時10分といたします。お願いします。

午後2時00分休憩

………………………………………………………………………………

午後2時10分再開



○議長(上田重光君) これより休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 一般質問を続けます。

 通告順位4番、議席番号7番、中尾昌廣議員。



◆議員(中尾昌廣君) 通告に従いまして、3点ほど質問をさせていただきます。

 まず1番は、行財政改革と見直しを。2番は学校教育について。重複しますが、大変恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。3番、道路の整備についてをお願いを申し上げます。

 まず1点は、行財政改革の見直しを。

 みやこ町は、御承知のとおり、平成18年に3町が合併をいたしました。今、7年を迎えるに当たりました。当時は、合併によるメリット・デメリット等で多くの議論がなされたことを思い出しますが、そのデメリットが今現在しっかりと見直さなければ、みやこ町の将来が見えてきません。頼りのアベノミクスも陰りが見え始め、ますます厳しい状況になっています。

 町の財政状況として、経済の停滞による増収の伸び悩みと、平成33年度には、普通交付税の合併算定替の特別分が、約10億円減るということになっている。あわせて40年〜60年にかけての道路、橋、公共施設の維持管理費、改修費が今後さらに増加し、福祉や医療などの経費など、高齢化等の影響により加速度的に増加する。現在のまま公共施設の維持管理、そういう管理費を負担し続けることは、財政的に非常に困難な状況にあることが出ております。また、近い将来には、新築費用よりも維持費用のほうが高くつく時代を迎えることが予想されている。また、みやこ町は、他の市町村に比べ、多くの公共施設を持っている。人口1人当たりの物件費と維持補修費を類にした自治体を比較すると、みやこ町は約1万5,000円高い状況にあるとなっております。などなど、本年2月19日をもって、みやこ町行政改革推進委員会が答申を出しています。

 このような観点から、現在みやこ町が、将来に向けて危機的状況にあることをしっかりと意識しなければなりません。また、みやこ町の財政も100億近い借金があると聞いております。負の財産を残すということのないように、しっかりとしたみやこ町の土台づくりを早急にしなればなりません。

 合併をして7年、今答申のとおり、見直しをしながら、要るもの、要らないで済むものをしっかりと仕分けし、維持管理費の要る建物を極力建てないように、しっかりとした骨太の行政改革に取り組んでもらいたいと思っております。このみやこ町の行政改革推進委員会の答申のとおり、決して「絵に描いた餅」にならぬよう、職員の方々も思い切った意見を出して進めていっていただきたい。

 今、この厳しい状況をしっかりと認識していただき、平成30年、あと5年後には、みやこ町の人口が2万人をはっきりと切ると言っております。高齢化率は37.7%、大変な時代に突入することを自覚しなければなりません。この30年といいますと、今度建てるであろう帆柱小学校も30年には子供がいません。あとの維持管理をどうするのか、それも考えなくてはならないと言えると思います。

 また、苅田町におきましては、吉廣町長が、「無駄な支出を削り、財政の健全化につなげたい」と先般新聞に載っておりました。また、4月から4度目となる行政改革に着手し、職員数の削減や町有地の売却などで、13年─15年度の3年間に歳入予定となる見込みの計18億円の経費削減を目指している。他町も頑張っています。町長、いかがお考えか、お伺いをいたします。

 また、100%借金のない自治体はあろうはずがないわけでありますけれども、合併して先ほどから言っております7年、私は、当初より1年に1回はこの関連質問をさせていただいております。全く改善されていないし努力も見られないように思います。まちおこしや新しいものには力を入れているようですが、力の入れるところを誤れば、大きなしっぺ返しが来るのも大であります。

 19年、福祉施設の収支を出していただいたときには、「ゆいの郷」が2,500万、「すどりの里」が2,200万、「いこいの里」が2,400万、合わせて7,090万円が赤字でありました。平成22年度、町長がついたときでありますけれども、そのときの今までの収支には、「ゆいの郷」が2,060万円、「すどりの里」が3,623、「いこいの里」が3,200万円、年間8,873万6,389円が赤字となっております。ここ3年間で2,000万近い赤字が出ていることになるわけであります。ざっと計算をいたしまして、3年間で2億6,000万の赤字、5年後には、3カ所の施設だけで10億が赤字運営をされることになっております。

 平成20年の6月議会で質問をさせてもらったことがありますが、豊津の八景山にある学習供用施設、老人憩いの家がありますが、これを見直しをということで5年前にお願いしております。一つ豊津中学校の前は、京の郷ということでNPOが受けてくれておりますけれども、この学習供用施設はそのままになっております。

 先般、見させていただいたんですが、まだまだ2階建ての建物で、名のとおり八景が見え、ホテルかと思わせるような建物であり、みやこ町の人はこの建物と風景を知っているだろうか、そういう感じを持ちました。確かに以前と違っているのは、歴史館の発掘のつぼなどを中におさめております。しかしながら、廃墟には変わりはありません。裏の小屋には──5年前を知っているかと思いますが、裏の小屋には、やはり馬車、車力、もったいないのが、火消しでまといであります。大きなまといの頭に「豊津」と書いております。要らなければもらいたいほどであります。

 あれから5年経ってそのままであります。ここはいつでも閉鎖をしていますが、裏でも横でもいつでもどこでも子供が入れます。そしてまだガラスが割れたところもたくさんあります。そして、今教育の問題、学校等で問題になっておりますけれども、そういう少年が遊ぶ場所ができているわけです。たばこも吸えます。シンナーも吸えます。誰も来ません。中に入ろうと思えば本当にたやすく入れるところです。そういうもし何事や大変なことができたときには、誰が責任を持つんでしょう。最高責任者の町長、あなたです。

 これは、建物は行政のものです。そして裏は、行橋とのつながりで難しいところがあるかもしれませんが、もうこれを考え直さないと、大変な私はことになるだろうとそういうふうに思っております。そして、しっかりとした事業仕分けを私は10年前から言っております。どうかここでしないと、大きな負債を抱えることは間違えのないところであります。

 そして、合併でも言わさせていただきましたけれども、3月議会で言わさせてもらいましたことの中に、「支所をなくさないでください。そのために支所が本当に閑古鳥が鳴き、大変な大きな寂しさでなってしまう」という、出しましたけれども、今度総務省は、答申に従って、「地方自治法などの改正を検討し、来年の通常国会に提出。合併市町村財政支援策をする」というふうに書いております。

 その中で、答申は、「2009年度までに進めた大合併で、面積が広がった市町村が本町以外に支所などを設けて、きめ細かな住民サービスを提供している点を評価。こうした取り組みが安定的につながられるよう、地方交付税による財政支援の拡充が必要だと指摘した」。こういうふうで、「来年は、地方に財政支援の方向で向かっている」。そういうふうにも書かれております。

 確かに、今、何もなきようでありますけれども、やはりこういう細かいことからしっかりと次々としないと、大変な赤字を抱えるに当たりますが、お考えをお伺いをいたします。

 第2点目をお伺いをいたします。

 学校教育についてであります。重複しますけれども、先ほどから問題になっております特別委員会、学校応援団「チーム豊津」についてお伺いをいたします。

 今現在、いじめや暴力、また万引き、ひいては先生方の飲酒、中学校における生徒間の暴力における訴訟など、本当に大変な苦労はあろうかと思いますが、いろいろと問題のある中、支援体制の一環として、今回、豊津中応援団「チーム豊津」ができると聞き及んでおります。そして、豊津中のPTA組織の特別委員会に位置する。

 発起人は、行政トップの町長初め、議会議長、教育長、準備会団員は、副町長初め、文教厚生委員長、みやこ教育委員長、教育長、少年補導員、行橋・みやこ保護区会会長、豊津在住の方々、そして老人クラブ会長の連合会の方々、そして豊津駐在員の方々などなど、早々たるメンバーでこのチームを組んでおります。

 行政挙げての早々たるメンバーで挙げております。本当にすばらしい応援団ができるなと感心をしているところでありますが、もう一つ、中学校の問題で大変な問題ではありますが、このくらい大がかりな応援団は、ほかにあるでしょうか。私は、子供が萎縮しないか、子供のために本当になるのか、不安でなりません。

 そして、今現在、暴力により子供の目が失明したとして、みやこ町は訴訟されており、現在公判中と聞いております。それも豊津の住民であります。確かに地域一体となった学校づくりとなっていますが、何か異様な気がいたします。私だけの考えでしょうか。応援団がでか過ぎて、決して本分を見失わないようにお願いを教育長にしたいと思っております。

 あえて言うならば、教育委員会は、何なのか。事件があってから学校の先生や教育委員会の対応の反省は、どうなったんでしょうか。落ち度がなかったんでしょうか。そういう反省のなかったのか全く目に見えないし、聞こえもいたしません。子供たちに対する思いやりの対応や子供たちを主体とした対策は、どうなのか、全く目に見えません。

 元気な子供たちのエネルギーをどこで発散させるのか。先生の対応一つで子供たちの将来、人生が変わります。我が子のように、我が孫のように思いやりのある対応をしっかりと教育委員会はしていただきたい。成績だけが学問ではありません。まず人間づくりです。みやこ町の子供を伸び伸びとした明るい子供に育ててほしいと思っております。教育長、いかがお考えなのか、お聞きいたします。

 3番目に、みやこ町豊津の二月谷の件でございます。

 見出しには、「554──555の連結を」と書いております。大変失礼いたしまして、号数が違いましたことをこの場にかわってお断りを申し上げます。

 二月谷のあの地域は、なかなか犀川と豊津の境にあり、標高60メートルの丘であります。真正面には馬ケ岳や御所ケ谷が、といめんとして見え、対面できるところであります。ここは、明治に開拓され、開拓した雰囲気が少し残っております。すばらしいところであります。

 また、すばらしい土地柄であり、今後まちづくりするには、みやこ町にはない風景があります。多くの住居が建っており、しかしながら、この地域は、旧町時代から道路整備についての地区要望を何度となく提出し続けており、みやこ町になってからも何回となく要望が出ております。

 この地域は、道路や排水路が未発達のため、移住者も二の足を踏み、道路そのものが行きどまりであり、移住者の生活道路としての道幅も狭く、今、救急車や消防車、また宅配やタクシー、今後高齢者がたくさんおる中、デイサービスなどの車も阻害されております。

 また、側溝が未整備のために、途中でとまった箇所や普通の雨でも通路にたまり、水浸しとなる状況にあります。昨年の大水害では、低いほうに流れるため、大川のように水がどんどんと山に、また私有地に流れ込んだということであります。公共水路がなく、側溝の生活排水を私有地に流し込んでいる状態であり、毎年旧町時代から、地域の要望が何十年と続いております。

 一部、昨年測量していただいたということも聞いておりますが、この地域も今高齢者も多く、救急車等や、先ほど言いました雨が入るには支障を来たしており、道路整備とあわせて側溝整備を切にお願いとしたいという要望であります。

 どうか、町長、このことは、御承知と思いますけれども、みやこ町の本当に「住んでよかった」、「日本一の町」の原点として、早急に道路整備をしていただくように切にお願いをいたしまして、3点を終わらせていただきます。よろしくお願いを申し上げます。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 中尾昌廣議員の質問にお答えをいたします。

 中尾議員から、行財政改革をやれと、応援をするぞと、大変心強い言葉をいただきましたので、これで行財政改革はさらに進むものだというふうに私は心強く思いましたので、本当に激励をありがとうございます。そういう気持ちでやっていきたいなというふうに思っております。

 私も行財政改革をやらなければいけないという思いでこの3年間やってまいりました。しかしながら、一気に、先ほど話がありました「ゆいの郷」、あるいは「すどりの里」、そして犀川の「いこいの里」、これを一気に閉鎖することができるのかどうか。このことは、議会の皆様、あるいは町民の皆様、いろんな形でお話をしてまいりました。本当に今後どうするのか。これは、真剣に考えていかないと年間約1億円近くの赤字を出していると。これは、町民の皆様にも御理解をしてやっていかなければいけないというふうに考えております。

 そういう中で、この行財政改革を進めながら、そしてやはり本庁方式をしながら、無駄のない方法でこのまちづくりを進めていく必要があるのではないかなということを考えております。

 そういう中で、このことにつきましても、議会の皆様、これから7月から町政懇談会をしながら、そういう問題を町民の皆様に話をしながら、そして議会の皆様に、このことに対しても提案をしていかなければいけないと私は考えております。大変難しい問題ではあると思いますけれども、やはり勇気と責任を持ってこの問題に取り組んでいく必要があるのではないかというふうに考えております。

 その中で、議員が指摘がありましたが、決して支所はなくすということはありません。これは、支所は支所としてしっかりその仕事をしていただかなければいけない。ただ大事な課だけは、本庁で一緒に仕事をしていかなければいけないというふうに考えております。

 ちょっと話が前後になりますけれども、例えば建設課と話をするときも、いろんな方から、ここに要望に来てもすぐに話ができないというふうないろんなことを私は感じております。そういうことをこれからまた話をしていきたいと思っておりますが、よろしくお願いをいたします。

 その中で、学校の八景山の施設でございます。これも私も何度か見に行っております。さらにこれをどうするのか、関係者と調整をしながら、今後の対策を考えていきたいというふうに考えております。

 大変この問題についていろいろと質問がありまして、全てを答えていないかもしれません。その場合は、また改めて質問をしていただきましたら、担当課からも答弁をしたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いをいたします。

 続きまして、先ほどありました二月谷の件ですが、議員が御指摘のところでございますが、これは、地元の区長さんからも要望も出ておりますし、我々としても、早期に解決をしてまいりたいというふうに考えております。

 平成24年度、道路側溝の敷設を計画しており、現地の測量に着手をして、また拡幅をしてほしいという要望がありました。今年度、用地・補償算定測量を行います。そして用地・補償交渉が順調に行うことができれば、来年度以降工事を進めてまいりたいというふうに考えております。

 そして、ちょうど二月谷・霞が崎線及び菖蒲谷・吹谷線については、道路側溝の流末処理が未整備のため私有地に流れ込んでいます。昨年度、流末の地権者の同意をいただき、道路側溝敷設の現地測量を行っております。今年度につきましては、用地測量を実施し、拡幅とあわせて道路側溝の整備を行いたいと考えております。

 この問題につきましても、豊津町時代にもいろいろと議論があったようでございます。これからさらに、今後どういうふうにあの地域を町として何ができるのか、このこともしっかり勉強をして、そして地元の皆さんの要望に応えられるように努力をしてまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 私のほうは、以上でございます。



○議長(上田重光君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) 学校応援団「チーム豊津」に係る御質問でございます。

 4月1日の町議会全員協議会におきまして、議員の皆様から、豊津中学校の状況を改善するための支援組織を立ち上げようとの御意見をいただきました。それを受け、豊津中学校のPTAを初め、豊津中教員のOB、PTA役員のOBなど、さまざまな方からの御意見をいただきながら、今回、行政・議会・学校・PTAが発起人となり、学校応援団「チーム豊津」の準備会を6月3日に開催いたしました。

 学校応援団「チーム豊津」は、豊津中学校における教育活動が充実したものになるよう、福岡県が行っている「『教育力向上』福岡県民運動」のアクションプランの一つである「学校を支援する体制を整備しよう」に基づき組織しようとするものでございます。

 この学校応援団「チーム豊津」は、生徒の行動を団員である大人が取り締まるといったものではなく、保護者や地域の人と学校が一体となって、地域に開かれ信頼される学校づくりをしていくためのサポートをお願いする組織であり、生徒と学校を保護者や地域が温かい目で見守っていき、時には褒めたり、時には叱ったりして子供たちの健全育成にお力添えをお願いしようとするものであります。子供が委縮したり、いじめが見えにくくなったりするものとは考えてはおりません。

 また、他地区におきましては、各地区のPTA活動や地域の皆様から学校を応援していただいている見守り安全隊や学校安全対策会議など、さまざまな活動の状況を踏まえ、今後さらに学校への応援をいただく方法につきましては、検討してまいりたいと考えております。

 次に、元気を消化できる場所づくりについての御質問でございます。

 身体的に子供から大人へと変化し始める小学校高学年から中学校の時期は、情緒面においても大変不安定な時期でもあります。児童・生徒たちの有り余るエネルギーを発散させるとともに、心身の健全育成の手段として、運動はもとより音楽などの文化的活動など、熱中できるものを持たせることは大変有効な手段だと思っております。

 現在のみやこ町の中学校の部活動では、加入率につきましては、運動部加入率が57.2%、文化部加入率が24.2%で、合わせると80%を超えております。部活動の種類や数は、生徒数の減少に伴い、部の存続が成り立たず廃部になったものもあり、従前に比べて減少しております。また部員の数も減少し、部活動の指導者不足も深刻にあります。

 みやこ町では、皆様の御理解、議員の皆様の御理解によって、学校区・町内はもちろん、町外からも部活動経験を有する人や指導経験を有する人を外部指導者として招聘できる予算を措置していただき、指導者不足を補っております。

 また、部活動以外の活動の場としては、本町では、スポーツ少年団での各種スポーツ、文化協会の少年少女合唱団や太鼓などもあり、子供たちの活動の場づくりに御協力をいただいております。

 子供たちの健全育成のために協力していただける各種機関・団体の皆様と学校の連携が図れるよう、教育委員会としても努めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 中尾昌廣議員。



◆議員(中尾昌廣君) ありがとうございます。

 まず第1点目の行財政改革の見直しなんですが、町長、町長になってからすぐですか、コミュニティセンターに二人で登って、こうこうという話もしましたし、あれからもう3年になるんですが、私は、町民の人たちが福祉でやはり使わなくてならないところは、やっぱり残さなくてはならないというのが前提なんですね。

 しかしながら、そこで今、年間3つ合わせて1億近いお金が1年間に食っているということは、非常に大きな負財産でありますし、これから大変なものだろうと思うんです。そしてこれをいかに削減する努力と、そしてこれに住民の方々がいかに利用させてするかですよね。

 私は、福祉は、少しは赤字でも結構だろうと思うんです。そして住民の方々が使うことによって福祉が生きてくるとそう考えております。

 例えばバスで、豊津の地域の福寿会や老人会やもろもろがあります。きょうは、犀川の風呂に行ってはどうでしょうかとか。では勝山が犀川から行ってはどうでしょうかと。そういういろいろな策を練りながら、そして犀川みたいなコミュニティセンターは、たくさんの何百人──五、六百人ぐらいの収容ができます。そして来ていただいたら、昔ながらの浪曲や芝居をやることによって、非常にやはりみやこ町の一体としたデイケアができるんじゃないか。そういうふうにうまく利用することによって、しっかりとしたお金も落としてくれるだろう。そして赤字ならば、私はそれが本当の福祉やないかなとそういうふうに考えております。

 そして、この供用学習センターですが、あすこもやはり今のままでは、町長、本当に危ないです。この前も先般行きましたけどね。いつでも裏も、いつでもがちゃがちゃという音で一気に手をすれば入れます。そして資料館の大事な品物を置いております。いわゆる弥生時代であり縄文時代のものもしっかり整理して置いて倉庫にしておりますけれども、いつでもガラス、手でぽんと割るぐらいで入れて取られるや、いつでも割られることは可能であります。

 そして、今さっきも申し上げましたように、あそこは絶対に町長ね、おもしろい巣になります。なったときには大変なことができますし、その裏に、5年前も申し上げましたけど、本当にすばらしい豊津の、明治なのか、明治のまあ昭和初期でしょうけど、「豊津」と書いたしっかりしたまといがあります。題もはっきりしています。そしてこの消防の古いものもあります。

 今、骨董屋さんに行くと、あのまといは大体50万はします。あれをつくっても大変なんです。そういうものを私はなぜ資料館に飾らないのか。玄関の前に飾れば、豊津ですから小笠原の紋も入っていると思います。だから、あそこで飾りさえすればあれが生きてくるんです。

 それなのに、もう5年前、見つけたんですよ。その前に、豊津はいつああいうことになったのか私はよく存じませんけれども、それからだから10年は私はそのまましているんではないか。あのまま朽ちるのか。もし私がくださいと言えば大変なことになりますので、それはいただけませんが、これは本当のことですが、やはりあなたたちが、課長さん連中がしっかりこれ、削減するならノルマを与えてください。ことしは、これにどうするのか。1年間ことしの計画を立てる。そして最後の年末に、議会や皆さんと、この12月議会で私はこういう計画を立てました。しかし、なかなか難しかったけれども、まといだけはここにありましたとか。でもできませんでした。努力があってもできなかったらいいんです。そういう努力をお互いにしないと大変なことになると私は思っております。

 ここにも旧犀川町の課長さんがおりますけれども、経験をしていると思います。赤字債権団体に入りましたよね。大変な私も近くの郵便局に出ながら、役場の職員とは、25年間も職場対抗ソフトボール連盟をつくりながら、課長たちも一生懸命しましたね。20何年間続けてした中で、幾らスポーツでも飲んではだめですよ、公務員が。ああしたらだめですよ。使用的にもされるんです。どのぐらい債権団体がきついかを知ってください。習ってください。絶対にこういうことは今からあります。

 今、言うように財政難で、平成30年度にはもう切ってしまいます。2万を。そうすれば、犀川、豊津、勝山の隅々はなくなります。そうなったときに本当にみやこ村になるかもしれません。そうならないように、井上町長に一生懸命頑張ってもらいましょうよ。

 そのためには、やはり目立たないけれども、町長ね、こつこつとやはりしたほうが私は財政を少なくし、大事なところは使わなくちゃいけません。思っています。そういうここは使わなくてはならない。ここはどうしても減ずしても、大きな支障は来たさないというところは、どけましょうよ。そしてここは努力してくださいというところは、みんなで努力する。そして私たちもやはり同じ仲間ですから、遠くから一人でもお客さんを公共事業に来て使用してもらう。これが本当の私はまちづくりである。今後みやこ町をしっかりと骨太の根幹をつくるのは、ここだろうと思っております。よろしくお願いをしたいと思います。

 それと、この先ほどの教育委員会の件でありますけれども、教育長ね、最終的には学校のこれは問題です。学校教育のね。そして最終的には、悪いんですが、あなたの責任です。そしてその最終的な責任は、学校の現場の先生なんです。非常に厳しい学校の現場の先生たちは、苦労をさせられているんです。その先生たちが右往左往、今特に豊津中学校はしています。そして、教育長がどれほど豊津中学校に通ったかしれませんが、まだまだ通って、その豊津中学校の先生たち、関連する先生たちの意見をしっかり把握してください。私はそう思います。

 そして、やはり今、訴えられた方々が、いじめや物事があったときには、あなたがわざわざ毎回毎回出る必要はないんです。しっかりと先生方や関係者に、しっかりと何回となく、もういいですよというぐらいの対応をしますと、訴えてくることはまずありません。そのときの対応がまずかったからです。

 初めに目を悪くした子供たちも、初めに慰謝料を払っていただけませんかという話だったそうですね。ならそのときに、ああそうですか、それなら学校関係が悪かったんでしょう。いよいよなったら私が自腹切ってもいいですよという覚悟でしっかりとした対応をしたならば、私は父兄は腹を立てていないと思うんですよ。

 聞いてみると立派な方々です。そういう人たちが、なぜここまで奮起して腹を立てて、自分が育った、自分がお邪魔になっているみやこ町を訴えるのか。その人たちの本当の気持ちというのをわかってほしいんです。どんなにその父兄は残念なのか。悔しいのか。私は、そういうものをしっかりと考えた上で対応してやらないと、その立場になって対応して、大げさに大きなものを持っていってするんではなくて、本当に子供たちのためにすることが私は教育であると。

 教育というのは、教えを育むと書きます。必ずや子供たちをしっかり教えないと。それと今の子供たちがスポーツや云々と言うならば、今後いずれは、最終的には10年先20年先は合併しなければ、一貫校にならなければならない状況にあるならば、私は、チームができないなら、犀川中学校、勝山中学校にチームづくりをしたらどうですか。みやこ町で一つつくったらどうですか。できるんですよ。そしてよそのチームに打って出ることも私はできるんではなかろうかと。

 ここにチームが少ないからできませんとか、ああ言うんではないんです。大きな意味を考えて10年先20年先は、町長が言っているように一貫校をつくろうと、なければならないという状況に今あるんでしょう。先々はね。今合併しなくても、今後あるならば、じゃあ子供たちが一生懸命スポーツができて生かせるように、そういう手立ても必要なんです。それをすることによって子供たちが生かせるかもしれません。

 それと、私がきょうちょっと聞いて、教育長、私もあなたが好きなんです。だけど、残念なことに、学力ができないから暴力に走るという言葉がちょいと引っかかりました。間違えなく言っているんですけどね。きょうの議員が質問の中にそういうのがありましたけどね。

 私たちは、学力はゼロです。学校のときには勉強はしませんでした。なぜならば嫌いでした。だけど、スポーツやほかのものは、人には負けないものを持っていました。そして今どうでしょう。社会に一つでも役立とうと思って頑張っています。ここにいる人で、みんな学力100%トップにいった人がおってでしょうか。みんなできましたか。みんなどっちかちゃ、私もそうですが、昔は家取りがおらんから、役場に出ろ、農協に出ろ、郵便局に出ろじゃなかったんですか。皆そうです。そしてその人たちが今行政を抱えて、みやこ町の2万の数を一生懸命立ち上げていっているすばらしい人なんです。これは、学力とは問題はないんです。心があればできるんです。そうでしょう。

 私は、教育長ね、学力はできない、だからさまざまな人がおって人間社会はできているんです。そういうことを絶対に口に出してはいけません。絶対それだけはお願いをいたしたいと思います。それと大きな気持ちを持って子供たちを育てていただきたい。教育長。

 そして、教育委員会が、まず捨石となって打って出ることです。それでできないときには、行政にお願いしたり何かでしなければなりません。それまでは、あなたの責任です。しっかりと私は、あなたの責任でこの学校教育、そして豊津のそういう土壌があるならば、それをしっかり土を変えることです。

 ちょうど教育長ね、あなたは、ふが悪い。本当の話ですよ。今までさまざまな問題があった中で、あなたは本当に気の毒な方と思っておりますけれど、しかしそれを乗り越えなければなりません。そして今の豊津の私は土壌がどこにあるのか、はっきりとここで大きな選択をすることです。どんな応援でも支援でも私たちも頑張ります。頑張りましょうよ。よろしくお願いを申し上げます。

 それと、あとの町長、よろしくお願いを申し上げまして、町長もしてくれる。課長からも話を聞かさせていただきました。

 あすこは、二月谷は、ちょうどこの前、豊津、町長、テレビで出ていましたね。町長、なかなかスマートな人がこう映っちょったですね。テレビに出ていましたが、まちおこしで馬ケ岳から見るのも、町長、いいんですが、二月谷から京都平野を見てください。あの梅林を削るならば、非常にすばらしい景観のある標高60〜80メーターあります。犀川は本当に低いところから見えて、豊津の高崎から彦徳をずっと見おろします。行橋まで見えます。すばらしいところです。早くあそこを整理して、空き地もたくさんあります。

 そして、真正面には、何百──二、三百メーターおりたら新豊津駅です。今後将来は、続命院と豊津と新豊津駅を二、三百メーターで結べます。あれを結んでそのまま二月谷に上がるならば、すばらしいあそこは、今後のみやこ町のまちおこしのまといとなります。それこそ豊津と書かないで、みやこ町のまといとなりますので、そこのところは、よろしくお願いを申し上げたいと思います。

 13分残りましたけれども、よろしく町長にはお願いをいたしまして、終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(上田重光君) 中尾昌廣議員の一般質問を終わります。

………………………………………………………………………………



○議長(上田重光君) ここで暫時休憩とします。3時10分から再開いたします。よろしくお願いします。

午後2時58分休憩

………………………………………………………………………………

午後3時10分再開



○議長(上田重光君) これより休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 一般質問を続けます。

 通告順位5番、議席番号3番、中山茂樹議員。



◆議員(中山茂樹君) 議席番号3番の中山でございます。本日最後の一般質問でございます。二、三十分で要点だけ質問しますので、どうか最後までよろしくお願いいたします。

 早速ですが質問に入らせていただきます。今まで、何度か一般質問で有害鳥獣被害の話がありましたが、問題解決は困難であることはわかっております。このみやこ町は山麓の田が多くて、有害鳥獣、特に鹿・イノシシの被害から守るためには、電気柵を数キロメートルにわたりつくる必要があります。そのためには、個人で限界がありますので、行政の力がどうしても必要である。個人の田だけに柵をつくっても効果は限定的なので、効果を上げるには集団でまとまった電気柵をつくったほうが効果的であると考えております。今のところ、イノシシや鹿は人間への被害は聞いておりませんけど、このままだと人への被害が心配されるところであります。今のうちに被害対策をとるべきであると考えております。

 今ニュースで話題になっておりますTPP交渉の参加が正式に決まれば、日本の米作農家にとっては、米価は下がり、反対に鳥獣被害対策に要する費用が増加し、農業経営にとって深刻な打撃を与えるようになります。なおかつ、耕作条件の悪い中山間地の農地は、ますます耕作放棄地が増加し、鳥獣被害の拡大が心配されます。みやこ町の基幹産業である農業は衰退の恐れがありますので、今のうちに何とか対策をとっていただきたいと考えております。

 そういう意味を込めまして、平成18年3月20日に告示されております、みやこ町有害鳥獣防止対策補助事業実施要綱の内容を改正する考えはありますか、というのが主な問いになってきます。その要綱の第2条の中で、補助対象者は生産調整実施行政区または生産調整実施者でなければならないとありますが、生産調整に関係なく全ての農家に対してこの補助の対象にしたらどうかという質問でございます。そして2項目で、補助金の額が3分の2とありますが、本人負担はできるだけ軽減してほしいという考えで1割、10%程度にしてはどうかという考えでございます。同じく、第3条の中で、行政区に対する補助金は1行政区の限度額は1年度当たり50万円とするとありますが、簡単にいいまして、この限度額を廃止してはどうでしょうかという問いでございます。

 あとは、次は、健康づくりでございますが、健康で長生きすることを誰しも願っているのが現状でございます。みやこ町は他の市町村に比べ、高齢化率が高いのは御存じのとおりでございます。今後健康づくり課の果たす役割は重要になってきます。どの課も重要な課ではありますが、特に健康づくり課には、課と課の名前に恥じないように町民の健康づくりには積極的に頑張ってもらいたいという気持ちで、一般質問をさしていただきます。

 1つとして、町長は日本一元気な町を目指して尽力しているが、就任時と平成25年3月、本年の3月を比較して、国民健康保健医療費の負担額の増減はどのようになっていますか。2つ目としまして、今後は町民の健康増進のためにどのような対応をするかと。3つ目として、職員は健康づくりに積極的に取り組んでいる先進地の視察を実施したと思うが、参考になる先進地の例を町政に生かすべきと考えております。そのような例はあるかどうかをお知らせください。

 以上、この場での質問は終わります。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 中山茂樹議員の質問にお答えをいたします。

 最初に、みやこ町有害鳥獣被害防止対策補助事業実施要綱についてですが、現在、1行政区当たり50万円を限度とし、電気柵などの設置に係る経費に対し事業費の3分の2の補助を行っています。昨年度に引き続き、今年度も現在の要綱に基づき政策を実施して行いたいというふうに考えております。

 続きまして、この有害鳥獣対策補助金の中での生産調整ということでございますが、生産調整と有害鳥獣被害対策補助金に関する、この質問ですけども、米価の安定のため、毎年生産者に対しお願いしている米の生産調整については、水稲の生産・販売を主とする生産者が多いみやこ町におきましては、今後も重要な制度となるものと認識しております。また、本事業の実施に当たり、集落で生産調整の取り組みに努力をいただいた地域もあることから、本制度の重要性やこれまでの経緯等を鑑み、引き続き御協力をお願いしたいと考えております。

 有害鳥獣被害対策補助金の補助率に関する質問です。農林業関連事業におきましては、国や県の補助事業の補助率が2分の1程度であることを鑑みると、3分の2の補助率は高い部類に入ると考えております。当該事業は町単独の事業であり、町の財源にも限りがありますので、この辺は御理解を賜りたいというふうに考えております。

 それから、有害鳥獣被害対策補助金の補助額限度に関する質問です。最近、地域の皆様より、地域全体で電気柵の設置等の鳥獣被害対策へ取り組みたいとの要望が出てきております。地域全体を電気柵等で囲うことになれば、事業費が当該事業の限度額をはるかに上回ることとなるため、国庫補助事業の活用等を検討する必要があります。ただし、国庫補助事業の活用等に当たりましては、事業要望書の正確な把握や各地域における有害鳥獣対策協議会の設置等が必要となりますので、地域の皆様に御協力をお願いしたいと考えております。

 TPPの問題ですが、これはご存知のように3月15日に安倍総理大臣が交渉の表明をされました。今後この問題がどのように展開をしていくのか注意深く見守っていきながら、この農家の被害につながらないように、これは町としても考えていかなきゃいけないというふうに考えております。

 続きまして、健康づくりでございます。国民健康保険医療費の負担額の増額についてですが、町民1人当たりの療養給付費が平成22年度は27万1,000円、平成23年度は29万9,000円、平成24年度は28万1,000円、これは見込みとなっております。増減を繰り返しております。

 現在、健康づくり課で行っている事業の効果が、すぐにあらわれているとは考えにくいと思っています。しかしながら、粘り強くがん検診や特定健診事業を推進していくことが、将来の礎になることと確信しております。私が町長に就任してから掲げております、日本一元気なみやこ町を実現していくには、町民の健康が第一だと考えております。

 今後の取り組みといたしましては、介護の必要がなく、自立した生活が送ることができる健康寿命を延ばすことはもちろんのことですが、重病化を未然に防ぎ、早期発見・早期治療及び習慣的運動の継続による生活習慣病の予防を実現するために、特定健康診査等実施計画に基づき、1年に1度の特定健診・がん検診をもっと多くの町民に受診していただけるよう、努力をしてまいりたいと考えております。また、町民に習慣的な運動を始めていただくきっかけづくりを、体育係等と協力し健康指導等の中に取り入れ、スポーツ人口の増加と健康増進を推進していきたいと考えております。

 ここ数年において、担当の職員は健康づくりに関する先進地視察は行ってはおりませんが、先進的な研修会や講演会等へは積極的に参加させております。先進地ということでは、長野県が5年連続で平均寿命全国1位となっています。もともと長野県は、昭和40年に脳卒中による死亡率が全国1位でしたが、長年塩分を控えるための取り組みを全国の市町村に先駆け、地道に長期的に推進してきた結果、全国1位の長寿へと導くことができました。

 こういった長野県や他の有効な取り組みなどを参考にして、国が指導する特定保健指導、いわゆるメタボの人の指導だけではなく、痩せていても心疾患・脳血管疾患を起こしやすい人たち、高血圧・高血糖・腎機能低下の人にも優先的に保健指導を行っています。血管が痛むのに30年かかるといわれている現状を踏まえ、今年度から、国民健康保険加入者の30歳代の方にも特定健診を実施し、早期からの生活改善・食生活改善に取り組んでいけるよう対策を行っております。

 今後は、個人の健診データ、医療費の現状、介護保険の状況をつなげたシステムの構築を行い、みやこ町における健康課題を見出し、保健指導・食育へと展開をしてまいりたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 中山茂樹議員。



◆議員(中山茂樹君) 生産調整の必要性は十分にわかっておりますが、生産調整をしてない人が山の裾野で田んぼを持っておると、そこはもう何ていいますか、恐らくいろんな手を加えないと思うんです。生産調整はそこではするんでしょうけど、優先的にその場に、そういう場所を減反として届け出すでしょうけど、そういう人に限って多分鉄柵を張らないと思うんです。

 そうなれば、そこから今度はイノシシ、いろんな動物はそこを通ってよその田んぼのほうに入りますから、生産調整を協力してない人であっても、その田を含んで全体的に、今町長が言われていたように、かなりの長い距離の鉄柵をつくる場合に、できるだけ多くの、何ていいますか、補助金を出していただきたいなという考えであります。

 それと、もう一つ尋ねたいのが、第3条のただし書きの中で、ただし書きで、共同して事業を実施できず1戸で事業を実施した場合には、対象事業の3分の1を乗ずると。で、2項の前項ただし書きの補助対象期間は平成18年度までとすると。そういうことですが、延期はしていないのかどうかを尋ねたいんですが。この規定というのが18年3月につくっておりまして、1年だけのことなのかということを尋ねたいんですが。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) 中山議員からの質問に回答させていただきます。実施要綱の3条の中に、確かに3条2項の中に、確かに補助対象期間は平成18年度までとするという文言がありますが、ちょっと私の持っている資料を見る限りはそれ以降の改正というものがないようなので、延期というものはしてないのかなというふうに思われますが、ちょっと調べないとわかりません。

 で、あともう一つ、議員もおっしゃってた話ですけれども、この町の実施要綱で補助を出しておるところなんですけれども、やはり地域の皆様から全体、要は山つきの部分を田んぼから切り離すような感じで柵を引かないとだめだと。そうじゃないと1戸1戸、1筆1筆くくってても全然対策にならないというようなお話をいただいております。

 ただ、そういった事業をもしやっていこうという話になれば、事業費が非常に大きくなってまいりますので、そういった部分をやるという話が地域でまとまってくるのであれば、国庫事業を活用した形で、多少大きな金額になっても国庫事業であれば対応できると思いますので、そういった形で事業実施できればなというふうに考えております。



○議長(上田重光君) 中山茂樹議員。



◆議員(中山茂樹君) 多分、ことしはもう稲作の転作絡みの説明会は済んでおると思うんですが。来年度、この要綱に対しての説明というのが、転作説明会のときに、町と農協が一緒になって転作説明会というのをやってますが、この要綱、有害鳥獣の被害対策のこういう要綱は説明をしているでしょうか。教えていただきたいです。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) 質問に回答させていただきます。現在転作の説明会においては、鳥獣害のこの実施要綱についての説明というものはしておりません。



○議長(上田重光君) 中山茂樹議員。



◆議員(中山茂樹君) 来年度からは、こういう要綱があるということで説明をしていただきたいということを要望いたします。

 次に、健康づくりのことでございますが、町長から回答いただきまして、なかなか立派な、立派なっとかあれなんですけど、町も一生懸命やってるということはわかっておる、十分わかっております。その中で、若者対策については、子育て支援策等で出産祝い金・結婚祝い金・若者定住促進住宅等の対策がありますが、地域の農業を担っておる高齢者への支援というのが少ないんじゃないかなとか思っておりますので、有害対策の要綱のことも検討していただきたいなということで、ちょっと質問は出したわけでございます。

 それで、今回町からいただいておりますチラシ、特定健診等のチラシで、超お得健康メニューとかこういうチラシをいただきました。白い色とグリーンの色で、なかなか町としても一生懸命頑張ってるなと思っております。その中で感心したのが一番下のほうにありますが、目指せ健康寿命日本一と。これを目指して、町も一生懸命頑張っていただきたいと思っております。私はそういうことを期待しまして、もう質問はこれで終わります。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 以上で、中山茂樹議員の一般質問を終わります。

────────────・────・────────────



○議長(上田重光君) 本日の日程は全て終了いたしました。本日はこれにて散会したいと思いますが、御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、本日はこれにて散会とします。お疲れさまでした。

 なお、明日午前10時より通告順位6番から10番までの一般質問を行いますので、よろしくお願いをしておきます。

午後3時30分散会

──────────────────────────────