議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 25年第1回定例会( 3月) 03月07日−02号




平成 25年第1回定例会( 3月) − 03月07日−02号









平成 25年第1回定例会( 3月)


───────────────────────────────────────────
平成25年 第1回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第3日)
                             平成25年3月7日(木曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第2号)
                         平成25年3月7日 午前10時00分開議
 日程第1 議案質疑
      議案第1号 みやこ町道路標識の寸法に関する条例の制定について
      議案第2号 みやこ町道路の附属物である自動車駐車場又は自転車駐車場に設ける標識に関する条例の制定について
      議案第3号 みやこ町高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に係る道路の構造に関する基準を定める条例の制定について
      議案第4号 みやこ町道路構造の基準に関する条例の制定について
      議案第5号 みやこ町伊良原定住促進住宅条例の制定について
      議案第6号 みやこ町新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について
      議案第7号 みやこ町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の制定について
      議案第8号 みやこ町水道技術管理者等の資格基準に関する条例の制定について
      議案第9号 みやこ町学校教育振興基金条例の制定について
      議案第10号 みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第11号 みやこ町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第12号 みやこ町防災行政無線施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第13号 みやこ町集会所・公民館等条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第14号 みやこ町営住宅条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第15号 みやこ町障害程度区分等認定審査会の委員の定数等を定める条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第16号 みやこ町重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第17号 みやこ町公共下水道条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第18号 みやこ町総合観光案内所の指定管理者の指定について
      議案第19号 町道路線の変更について
      議案第20号 町道路線の廃止について
      議案第21号 福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について
      議案第22号 行橋市・苅田町・みやこ町介護認定審査会の共同設置規約の変更について
      議案第23号 平成24年度みやこ町一般会計補正予算(第5号)
      議案第24号 平成24年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第25号 平成24年度みやこ町水道事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第26号 平成25年度みやこ町一般会計予算
      議案第27号 平成25年度みやこ町国民健康保険事業特別会計予算
      議案第28号 平成25年度みやこ町後期高齢者医療特別会計予算
      議案第29号 平成25年度みやこ町介護保険事業特別会計予算
      議案第30号 平成25年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計予算
      議案第31号 平成25年度みやこ町土地取得特別会計予算
      議案第32号 平成25年度みやこ町水道事業特別会計予算
      議案第33号 平成25年度みやこ町農業集落排水事業特別会計予算
      議案第34号 平成25年度みやこ町公共下水道事業特別会計予算
      議案第35号 平成25年度みやこ町犀川財産区管理会特別会計予算
      議案第36号 平成25年度みやこ町城井財産区管理会特別会計予算
      発議第1号 生活保護基準の引き下げ反対、国の責任強化を求める意見書(案)について
      発議第2号 拉致問題の早期解決を求める意見書(案)について
      陳情第1号 育徳館高等学校の入学定員(学級数)増等を求める意見書提出についての陳情書
 日程第2 議案の付託
 日程第3 農業委員会委員推薦の件
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 議案質疑
      議案第1号 みやこ町道路標識の寸法に関する条例の制定について
      議案第2号 みやこ町道路の附属物である自動車駐車場又は自転車駐車場に設ける標識に関する条例の制定について
      議案第3号 みやこ町高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に係る道路の構造に関する基準を定める条例の制定について
      議案第4号 みやこ町道路構造の基準に関する条例の制定について
      議案第5号 みやこ町伊良原定住促進住宅条例の制定について
      議案第6号 みやこ町新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について
      議案第7号 みやこ町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の制定について
      議案第8号 みやこ町水道技術管理者等の資格基準に関する条例の制定について
      議案第9号 みやこ町学校教育振興基金条例の制定について
      議案第10号 みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第11号 みやこ町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第12号 みやこ町防災行政無線施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第13号 みやこ町集会所・公民館等条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第14号 みやこ町営住宅条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第15号 みやこ町障害程度区分等認定審査会の委員の定数等を定める条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第16号 みやこ町重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第17号 みやこ町公共下水道条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第18号 みやこ町総合観光案内所の指定管理者の指定について
      議案第19号 町道路線の変更について
      議案第20号 町道路線の廃止について
      議案第21号 福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について
      議案第22号 行橋市・苅田町・みやこ町介護認定審査会の共同設置規約の変更について
      議案第23号 平成24年度みやこ町一般会計補正予算(第5号)
      議案第24号 平成24年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第25号 平成24年度みやこ町水道事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第26号 平成25年度みやこ町一般会計予算
      議案第27号 平成25年度みやこ町国民健康保険事業特別会計予算
      議案第28号 平成25年度みやこ町後期高齢者医療特別会計予算
      議案第29号 平成25年度みやこ町介護保険事業特別会計予算
      議案第30号 平成25年度みやこ町住宅新築資金等事業特別会計予算
      議案第31号 平成25年度みやこ町土地取得特別会計予算
      議案第32号 平成25年度みやこ町水道事業特別会計予算
      議案第33号 平成25年度みやこ町農業集落排水事業特別会計予算
      議案第34号 平成25年度みやこ町公共下水道事業特別会計予算
      議案第35号 平成25年度みやこ町犀川財産区管理会特別会計予算
      議案第36号 平成25年度みやこ町城井財産区管理会特別会計予算
      発議第1号 生活保護基準の引き下げ反対、国の責任強化を求める意見書(案)について
      発議第2号 拉致問題の早期解決を求める意見書(案)について
      陳情第1号 育徳館高等学校の入学定員(学級数)増等を求める意見書提出についての陳情書
 日程第2 議案の付託
 日程第3 農業委員会委員推薦の件
──────────────────────────────
出席議員(14名)
1番 橋本 真助君       2番 柿野 正喜君
3番 中山 茂樹君       4番 小田 勝彦君
5番 田中 勝馬君       6番 飯本 秀夫君
7番 中尾 昌廣君       8番 金房 眞悟君
9番 大束 英壽君       10番 柿野 義直君
11番 熊谷みえ子君       13番 中尾 文俊君
14番 肥喜里和隆君       16番 上田 重光君
──────────────────────────────
欠席議員(2名)
12番 原田 和美君       15番 浦山 公明君
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 廣末  豊君     書記   中村 銀次君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
総務課長 ……………… 久保 良美君   財政課長 ……………… 吉永 秀信君
総合政策課長 ………… 村上 重範君   税務課長 ……………… 中嶋 純男君
徴収対策課長 ………… 葉瀬垣和雄君   住民課長 ……………… 長野 正美君
健康づくり課長 ……… 柿野 善広君   介護保険課長 ………… 中村 政弘君
生活環境課長 ………… 中原 裕二君   教育長 ………………… 屏  悦郎君
教務課長 ……………… 山本 淳一君   生涯学習課長 ………… 立花 博美君
建設課長 ……………… 森下 高志君   産業課長 ……………… 久保賢太郎君
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
上下水道課長 ………… 能方  壽君                     


──────────────────────────────



◎事務局長(廣末豊君) それでは、事務局から御報告申し上げます。

 本日、浦山副議長が欠席、それから12番、原田和美議員より遅刻の旨それぞれ届けが出されておりますので御報告申し上げます。

午前10時00分開議



○議長(上田重光君) おはようございます。

 ただいまの出席議員は14名です。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

 日程に入る前に事務局より報告をさせます。事務局長。



◎事務局長(廣末豊君) それでは御報告いたします。

 本会議初日に設置されました予算特別委員会の正副委員長の互選が終わりましたので御報告いたします。

 委員長に柿野義直議員、副委員長に中山茂樹議員が互選されました。委員の名簿はお手元に配付のとおりであります。

 以上で報告を終わります。



○議長(上田重光君) 報告が終わりました。

 では、これより本日の日程に入ります。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。日程に従いまして議事を進行いたします。

────────────・────・────────────



△日程第1.議案質疑



○議長(上田重光君) 日程第1、議案質疑、議案第1号みやこ町道路標識の寸法に関する条例の制定についてから、議案第36号平成25年度みやこ町城井財産区管理会特別会計予算についてまでの町長提出案件36件及び議員提出議案の発議第1号及び第2号の2件を一括して議題といたします。

 本件は、さきの本会議において提案者の説明が終わっておりますので、これより議案に対する質疑を行います。なお、詳細や内容についての個別質疑は、付託予定の所管の委員会で十分な審査が尽くされると思います。この際質疑については、要点をまとめた概要的な質疑でお願いいたします。また、申し合わせにより当該委員の質疑は御遠慮いただければと思います。よろしくお願い申し上げます。

 初めに、議案第1号みやこ町道路標識の寸法に関する条例の制定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第1号について質疑を終わります。

 次に、議案第2号みやこ町道路の附属物である自動車駐車場又は自転車駐車場に設ける標識に関する条例の制定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第2号についての質疑を終わります。

 次に、議案第3号みやこ町高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に係る道路の構造に関する基準を定める条例の制定について、質疑のある方、いますか。11番、熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 11番、熊谷みえ子でございます。

 議案3号の高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に係る道路の構造にと、そういうことですので、当みやこ町においては、この条例によって整備をしなければならない箇所が出てくるというふうに予想されますが、どのようにお考えなのかお伺いをいたします。また、町は実施責任はないのかどうか。まずお伺いをいたします。



○議長(上田重光君) 森下建設課長。



◎建設課長(森下高志君) お答えします。

 障害者、高齢者の移動に関連する道路の構造に関する基準でございますので、これから整備に向かっての条例をするものでございます。今までの中での条例についての部類じゃなく、今から施行する、要するに道路の分についての条例でございますので、現在そういう箇所についての分については、維持管理等で処理という形になってくると思います。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 議案第3号についての質疑を終わります。

 次に、議案第4号みやこ町道路構造の基準に関する条例の制定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第4号についての質疑を終わります。

 次に、議案第5号みやこ町伊良原定住促進住宅条例の制定について、質疑のある方、いますか。2番、柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) これを見ると、まずこの対象者、入居の対象者ですが、町内に在住の方でしょうか。それとも町外者を含めたところの対象者なのか。そして、もし町外の方も含めるとなれば、第3条の入居者の公募の方法なんですが、もし町外の方も対象になれば、ホームページ等の掲載が必要かと思います。この3つの部門を見てみると、町内の方を対象にした広報のあり方になっているように思われます。

 そしてもう一点は、第4条の中で入居者の資格なんですが、1項目で支払いが確実に可能な収入とあるものとされております。それで、この支払い確実収入というのは、どういったものか。そして生活保護者の方は対象となり得るのかをお伺いいたします。



○議長(上田重光君) 森下建設課長。



◎建設課長(森下高志君) 最初の質疑でございます。伊良原の、これは最初、伊良原ダムに関連する住宅の中で整備を伴っております住宅でございます。その中で、やはり伊良原の定住化という形を目的として今度の条例を制定しておりますので、町外者を含む広報となっております。ホームページについては、今の議員さんの希望に沿って、広報等でホームページ等で応募については申し込みをっていうか、公募をさせていただきたいと考えてはおります。

 それから入居についてですが、生活保護者も可能となっております。

 それから、家賃、敷金の、支払い確実に可能な収入のある者って、やはり家賃等、敷金等はやはり最初の入居基準として条件的に必要だと思いますので、これはやはり収入のある、一定のある方じゃないとという形になるのかな……ちょっともうちょっと済いません。調べておりませんのでちょっと調べてみます。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 5番の田中ですが、この住宅、いつごろ完成になって、いつごろから公募をするのかちょっとお聞きしたいと思います。



○議長(上田重光君) 森下建設課長。



◎建設課長(森下高志君) 完成でございますが3月いっぱいに完成して4月から応募をとっていきたいと考えております。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はございませんか。中尾文俊議員。



◆議員(中尾文俊君) 中尾です。

 ここには以前2棟建てましたよね。2棟は伊良原の人が入居してます。今現在、2棟建てていますよね。そのうち2棟は予定者がいるんですか、いないんですか。1人は私知ってますけども。問題はこれは、あと4棟建てられる区画あるわけですね。道路をとって。その4棟を建てて、言うなら促進住宅にするのか。そこがなければですね、本来この条例は、伊良原の今の住宅を、あれ何年でしたか、建てたときに、これは条例制定をしなきゃならない。で、今これをするという意味が、じゃあ、あと4個の区画がありますから、それを建てるんで、これを適用するというのか。今、2棟建ててますね、2棟。そのうち1棟は私知ってます。もう、今2棟建ててる2棟は、もう入居予定者はいるんですか。いないんですか。

 いるとするならね、これを今改めて新しくこれを適用するとするなら、みやこ町に住民票があって在住しておかなきゃいかんわけですね。で、あと、4棟についてのことも含めて、この伊良原地域の定住促進に向けての条例制定なのか。そこの意味が、すっきりしませんので、その意味について教えていただきたい。



○議長(上田重光君) 森下建設課長。



◎建設課長(森下高志君) この条例を制定したのは、今現在2棟建ててます。それにつきましては、今の家賃っていうよりも、賃借、貸し付けで今、行っている住宅でございます。改めて住宅家賃を徴収するためには、条例を制定をしなければ家賃の確保はできません。それで、条例の制定と。今後の、要するに今からいけば、1棟2棟も建ってますので3棟目からですよね。3棟目について建設課が引き受けた時点では、伊良原住宅と、定住住宅という形になっておりますので、家賃を徴収するためには条例の制定が必要だという形で条例を制定しております。

 今2棟については貸し付けという形で処理されておりますので、住宅家賃という形ではとってないんですよね。それで条例の制定が行わなければいけないという形でしてます。



○議長(上田重光君) 中尾文俊議員。



◆議員(中尾文俊君) じゃあ、以前建てて、伊良原の人が住んでいる住宅は家賃じゃないんですか。無料ですか。それとも、どういう契約になっているんですか。当初は家賃を取るという話だったんですよね。それが今、課長いわくは家賃やないで貸し付けという話になってますよね。それの実情がよくわからないのと。今後のものについては家賃を徴収、そのための条例制定だというのはわかるんですよ。そうすると、そこで一定の差が出てくるわけですね。確かに、いろんな事情があったというふうに聞いてます。何か県との協議の中で、この2人については住宅に入ると。そういう話は聞いてますよ。しかし、町が建てて町営住宅という認定をしたら、住宅としては家賃もらわないかんわけですよね。その人のために建ててやったということにすると、おかしな格好になるわけです。でしょう。そう思いませんか。本来そうあってはならないと思うんです。だから、この条例が制定をされたら、いわば家賃として、そのような伊良原の方が入居している人も家賃としていただくということが、この条例を制定する意味だと思うんです。

 それとあわせて、今ホームページ等々でやっていくということですから、私は、まあこれ、一般質問にも係りますけども、この住宅を建てて、やはりいわゆる児童生徒を持った人を一定の優遇をしてやって、ここに住んでいただくと。そしてやっぱし、伊良原小学校、中学校に生徒を通わせる、そういうような施策も考えていくべきだと思うんです。ただそこがすっきりしませんので、そこだけ教えてください。家賃の関係ね。



○議長(上田重光君) 森下建設課長。



◎建設課長(森下高志君) 私がことし引き受けたときに、ダムのほうから引き受けたんですが、以前建てた1、2棟については賃貸契約をして、それで家賃2万3,200円を徴収していますという形で承っております。

 ただ、今後、今先ほど言いましたように、2棟、もしくは希望者等がおれば、また3棟、4棟ぐらい建てなければなりません。それについては条例制定した中で、家賃等はやっぱり決めていくべきだという形で条例の制定となっております。

 今までの2棟については、ダムの事業という形で伊良原の事情等を鑑み、そこに賃貸契約を結び、今入居さしているというのが現状だと聞いております。



○議長(上田重光君) 中尾文俊議員。



◆議員(中尾文俊君) 2万3,500円いただいているならね、いうなら貸し付けということで未来永劫ということではないでしょうから、家賃というふうに、この条例を制定をしたら、その家賃として、家賃の設定が幾らか私も、まだわかりませんけども、大体余り変わらないところだと思うんですよ。そういうことを検討すべきではないかというふうに思います。もう答弁は要りません。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 課長に私のほうから。

 2番の柿野正喜議員の質疑、質問。答弁は今その場で、もう今の時点では即答できるような質問でしたよ。後で答えるというのはちょっとあれのように思いますんで。また委員会までにはしっかり把握しとってください。



◎建設課長(森下高志君) はい、わかりました。



○議長(上田重光君) お願いします。

 議案第5号についての質疑を終わります。

 次に、議案第6号みやこ町新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第6号についての質疑を終わります。

 次に、議案第7号みやこ町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の制定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第7号についての質疑を終わります。

 次に、議案第8号みやこ町水道技術管理者等の資格基準に関する条例の制定について、質疑のある方、いますか。2番、柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) この条文の中の第4条です。第4条の3項ですけど、みやこ町水道事業に4年以上の水道事業の実務を従事した経験を有する者となっております。その中で、この4年というのは、どの基準から持ってこられたかお伺いいたします。能方上下水道課長。



◎上下水道課長(能方壽君) 4年以上の基準ということですが、今のみやこ町の水道課、上水係の職員の経験年数によって4年という形で規定を上げております。



○議長(上田重光君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) いや、聞いたのはなぜ4年かということなんです。4年が適当だという、その基準をお伺いしたんです。



○議長(上田重光君) 能方上下水道課長。



◎上下水道課長(能方壽君) みやこ町の水道に関しての専門的な知識が、最低4年ぐらい必要だということで4年という規定にしております。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 議案第8号についての質疑を終わります。

 次に、議案第9号みやこ町学校教育振興基金条例の制定について、質疑のある方、いますか。10番、柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 10番、柿野義直です。

 条例中に、ちょっと見てみると、基金の使途について、ちょっとはっきりしない部分があります。どういうものに使っていくのかというのが明らかにされていないようにも感じるんですが、どういうことを念頭に置いてこの条例がつくられているか、御説明を願います。



○議長(上田重光君) 山本教務課長。



◎教務課長(山本淳一君) 基金の使途につきましては、今まで学校の35人学級とか複式学級とかの部分を一般の財源で対応しておりましたが、今回、防衛省の調整交付金が入るということで、この分を一回基金に積み立てまして、3年間で講師の賃金に充てたいということで、今回、基金を設立したということでございます。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) そうすると、ハードの面ではなくてソフトの面で、そうすれば具体的にどういうふうな使途については、ちょっとイメージ沸くように、使途の何といいますか、方向性といいますか、そういうのをやっぱりきちっと書くべきだと思うんですよね。これじゃあちょっと何に使うのかというのがわかりませんし、この財産をどういうふうに処分していくのか。これは運営益だけでやっていくのも限られるでしょうし、取り崩してやっていくということになると、どれぐらいの年数を、これ、基金として維持していくのかということもあると思うんですね。ずっと続けていくのかっていうことになってくると、毎年基金を補充していって、その基金のどれぐらいを消化していくというような、そういう何かイメージが沸かないと、ちょっとこれ、何なのかなというふうに思ったりしますよね。

 だから、そこらあたりについても、きっちりした目的があるんであれば、どういうところに使って、どれぐらいの規模でやっていくかということを、やっぱり説明できるようにしておいていただきたいと思うんです。

 条例に盛り込む必要があるかどうかというのは私もわかりませんが、これを見る限りでは、何に使うのか、どれぐらいの規模でどういうところに使っていくのかというのが、ソフトであればなおさらわかりづらいと思いますので、ぜひ今後は御答弁いただけるように整理をしておいていただきたいと思います。よろしくお願いします。

 以上で、質問を終わります。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。2番、柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 第6条の末尾に、教育委員会が別に定めるとなっております。ですね。それで、整合性の話にもなるかもわかりませんが、みやこ町立伊良原中学校の振興基金条例がありますですね。それは町長が別に定めると、そういうふうになっております。それから、みやこ町の行政組織規則ですね。そこには町長部局ですが財政課財務係が基金の管理及び処分に関することということで事務をとることになっております。ここの説明をお願いできますか。



○議長(上田重光君) 山本教務課長。



◎教務課長(山本淳一君) 6条の、教育委員会が別途定めるということで、今、柿野義直議員から質問がございました施行規則等で使途を決めていくということで、教育委員会が別途定めるということで、6条は教育委員会にさせていただきました。



○議長(上田重光君) 柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) これはもう実務の話になりますが、それはもう確認だけです。教育委員会がそういう実務をやっていくということですね、基金管理において。



○議長(上田重光君) 山本教務課長。



◎教務課長(山本淳一君) 基金管理につきましては、みやこ町財政規則で基金については財政課長が行うということになっておりますので、財政課長にお願いするつもりです。



○議長(上田重光君) よろしいですか。

 ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 議案第9号についての質疑を終わります。

 次に、議案第10号みやこ町課設置条例の一部を改正する条例の制定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第10号についての質疑を終わります。

 次に、議案第11号みやこ町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第11号についての質疑を終わります。

 次に、議案第12号みやこ町防災行政無線施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第12号についての質疑を終わります。

 次に、議案第13号みやこ町集会所・公民館等条例の一部を改正する条例の制定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第13号についての質疑を終わります。

 次に、議案第14号みやこ町営住宅条例の一部を改正する条例の制定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 議案第14号についての質疑を終わります。

 次に、議案第15号みやこ町障害程度区分等認定審査会の委員の定数等を定める条例の一部を改正する条例の制定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第15号についての質疑を終わります。

 次に、議案第16号みやこ町重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第16号についての質疑を終わります。

 次に、議案第17号みやこ町公共下水道条例の一部を改正する条例の制定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第17号についての質疑を終わります。

 次に、議案第18号みやこ町総合観光案内所の指定管理者の指定について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第18号についての質疑を終わります。

 次に、議案第19号町道路線の変更について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第19号についての質疑を終わります。

 次に、議案第20号町道路線の廃止について、質疑のある方、いますか。11番、熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 11番、熊谷みえ子でございます。

 これは、旧豊津のときの町営住宅があった箇所でございます。このことで町道路線の廃止で、一定の土地の確保が利用しやすくなるというふうに考えておりますが、今後の方向性、見込み等をお考えならば御報告をお願いしたいと思います。



○議長(上田重光君) 森下建設課長。



◎建設課長(森下高志君) 済いません。この場所は県営住宅の跡地ですよね。この路線を廃止した目的というのは、周りは以前廃止しとったんですが、これ、真ん中だけがぽつんと漏れとったというのが原因の始まりなんで、その残りを廃止したと、あとの跡利用を考えて、中にやっぱり町道があるというのはちょっと利用ができないという形でしたんだと思います。これは県住の跡地だと認識しておりますが。



○議長(上田重光君) よろしいですか。熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 申しますのはですね、県営住宅の前の道路が不法駐車で、警察の取り締まりが大変厳しくなっているということで聞いております。やはりここにいつも通るたび、空き地があるのに、そういうふうな駐車場整備ができないかなというのはありまして、そういう方向性も考えられるのではないかという提案でございます。回答は結構です。

 以上です。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 議案第20号についての質疑を終わります。

 次に、議案第21号福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第21号についての質疑を終わります。

 次に、議案第22号行橋市・苅田町・みやこ町介護認定審査会の共同設置規約の変更について、質疑のある方、いますか。2番、柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 認定委員の方が減るということ、それから合議体が減るということになっております。それでこの減るという理由ですね。認定申請者数が減ったということなんでしょうかお伺いします。



○議長(上田重光君) 中村介護保険課長。



◎介護保険課長(中村政弘君) 認定審査件数が減少ということではなくて、現在20合議体ということになっておりますが、それを、済いません。20合議体になってますが、20合議体以下ということで、実質今、15合議体ぐらいで動いております。

 それから、一合議体について7人を5人とありますが、医師が3名程度、その合議体の中に入っているんですが、実質1人の方、ローテーションで1人の方になっておりますから、7人を5人にしても、合議体そのものに変化は生じないということになっております。

 以上です。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 議案第22号についての質疑を終わります。

 次に、議案第23号平成24年度みやこ町一般会計補正予算(第5号)について質疑を行います。

 質疑はまず、歳出全般について行いたいと思います。質疑をされる方は、ページ数と款項目を言ってからお願いいたします。

 では、質疑のある方、いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。歳出について質疑を終わります。

 引き続き、歳入全般について質疑を行います。質疑をされる方は、ページ数と款項目を言ってからお願いいたします。

 では、質疑のある方、いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。歳入についての質疑を終わります。

 以上で、議案第23号についての質疑を終わります。

 次の、議案第24号及び議案第25号の特別会計補正予算につきましては、歳入歳出全般について一括で質疑を受けたいと思います。質疑のある方は、ページ数と款項目を言ってからお願いいたします。

 初めに、議案第24号平成24年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について、質疑のある方、いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第24号についての質疑を終わります。

 次に、議案第25号平成24年度みやこ町水道事業特別会計補正予算(第1号)について、質疑のある方、いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。議案第25号についての質疑を終わります。

 次の、議案第26号平成25年度みやこ町一般会計予算及び議案第27号から議案第36号まで10件の平成25年度みやこ町特別会計予算案件は、議員全員が委員となる予算特別委員会で審査されますので、この際、議場での質疑は割愛いたします。

 次に、発議第1号生活保護基準の引き下げ反対、国の責任強化を求める意見書(案)について、質疑のある方、いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。発議第1号についての質疑を終わります。

 次に、発議第2号拉致問題の早期解決を求める意見書(案)についてですが、本件については、議会運営委員長の報告にもありましたように、受理しました請願文書を議会運営委員が賛成者となって意見書(案)を提出すると決定したものであります。

 本件については、質疑を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、発議第2号は質疑を省略いたします。

 以上で、付議された議案に対する質疑を終了いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.議案の付託



○議長(上田重光君) 日程第2、議案の委員会付託を行います。

 議案第1号から議案第36号まで及び発議第1号、第2号の計38議案は、お手元に配りました議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会及び予算特別委員会へ付託したいと思いますが御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議がないようですので、付託表のとおり……



◆議員(柿野義直君) ちょっと議長。



○議長(上田重光君) 10番、柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 資料の請求をひとつお願いしたいなと思うんですね。総務常任委員会に、拉致問題の発議が上がっています。きょう初めて見ましたので、総務常任委員会が受けるんだなというふうに思いました。それで、この意見書は意見書として出てるんでしょうけども、国が北朝鮮と平壌宣言を結んでいるんですね。それは外務省のほうがホームページで掲示してますが、その平壌宣言の全体ですね、A4で1ページぐらいなんです。それもちょっと見ていただければありがたいなと思って、これを議論していく上で資料になればと思って、もし出していただけるんであれば、総務常任委員会のほうに平壌宣言の写しを出していただければありがたいなと思いますけど、いかがですかね。もし可能であればお願いします。可能でなければいろいろな規則から難しいというのであれば、それはそれまでですから。よろしくお願いします。



○議長(上田重光君) わかりました。調査いたします。

 ほかに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議がないようですので、付託表のとおり決定いたします。

 各委員会におかれましては、今会期中に十分審査をされ、3月22日の本会議において、委員長より審査結果を報告していただきますようお願い申し上げておきます。

────────────・────・────────────



△日程第3.農業委員会委員の推薦の件



○議長(上田重光君) 日程第3、農業委員会委員の推薦の件を議題とします。

 お諮りします。議会推薦の農業委員は4人とし、別紙配付のとおり議長において、楠森誠一さん、福森猛さん、蓑添一昭さん、永沼加奈子さん。以上4名の方を指名推薦することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。したがって、議会推薦の農業委員は4人とし、楠森誠一さん、福森猛さん、蓑添一昭さん、永沼加奈子さん、以上の方を指名推薦することに決定しました。

────────────・────・────────────



○議長(上田重光君) 以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。

 本日はこれにて散会といたします。お疲れさまでした。

午前10時42分散会

──────────────────────────────