議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 24年第5回定例会(12月) 12月06日−02号




平成 24年第5回定例会(12月) − 12月06日−02号









平成 24年第5回定例会(12月)


───────────────────────────────────────────
平成24年 第5回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第3日)
                             平成24年12月6日(木曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第2号)
                         平成24年12月6日 午前10時00分開議
 日程第1 議案質疑
      議案第57号 みやこ町特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の特例に関する条例の制定について
      議案第58号 みやこ町農業者育成施設条例の制定について
      議案第59号 みやこ町学校給食センターの設置及び管理運営に関する条例の制定について
      議案第60号 みやこ町転作定着化促進集会施設条例を廃止する条例の制定について
      議案第61号 みやこ町集会所・公民館等条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第62号 みやこ町集会所条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第63号 みやこ町証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第64号 みやこ町同和対策施設管理条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第65号 工事請負契約の締結について
      議案第66号 工事請負契約の締結について
      議案第67号 福岡県市町村災害共済基金組合規約の変更について
      議案第68号 福岡県市町村災害共済基金組合の解散について
      議案第69号 福岡県市町村災害共済基金組合の解散に伴う財産処分について
      議案第70号 平成24年度みやこ町一般会計補正予算(第4号)
      議案第71号 平成24年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第72号 平成24年度みやこ町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
      議案第73号 平成24年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
      発議第11号 看護師等の職場実態の改善を求める意見書(案)について
      発議第12号 介護職員処遇改善加算の継続、拡充を求める意見書(案)について
 日程第2 議案の付託
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 議案質疑
      議案第57号 みやこ町特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の特例に関する条例の制定について
      議案第58号 みやこ町農業者育成施設条例の制定について
      議案第59号 みやこ町学校給食センターの設置及び管理運営に関する条例の制定について
      議案第60号 みやこ町転作定着化促進集会施設条例を廃止する条例の制定について
      議案第61号 みやこ町集会所・公民館等条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第62号 みやこ町集会所条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第63号 みやこ町証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第64号 みやこ町同和対策施設管理条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第65号 工事請負契約の締結について
      議案第66号 工事請負契約の締結について
      議案第67号 福岡県市町村災害共済基金組合規約の変更について
      議案第68号 福岡県市町村災害共済基金組合の解散について
      議案第69号 福岡県市町村災害共済基金組合の解散に伴う財産処分について
      議案第70号 平成24年度みやこ町一般会計補正予算(第4号)
      議案第71号 平成24年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第72号 平成24年度みやこ町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
      議案第73号 平成24年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
      発議第11号 看護師等の職場実態の改善を求める意見書(案)について
      発議第12号 介護職員処遇改善加算の継続、拡充を求める意見書(案)について
 日程第2 議案の付託
──────────────────────────────
出席議員(15名)
1番 橋本 真助君       2番 柿野 正喜君
3番 中山 茂樹君       4番 小田 勝彦君
5番 田中 勝馬君       6番 飯本 秀夫君
7番 中尾 昌廣君       8番 金房 眞悟君
9番 大束 英壽君       10番 柿野 義直君
11番 熊谷みえ子君       12番 原田 和美君
13番 中尾 文俊君       15番 浦山 公明君
16番 上田 重光君                
──────────────────────────────
欠席議員(1名)
14番 肥喜里和隆君                
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 廣末  豊君     書記   中村 銀次君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
総務課長 ……………… 久保 良美君   財政課長 ……………… 吉永 秀信君
総合政策課長 ………… 村上 重範君   税務課長 ……………… 中嶋 純男君
徴収対策課長 ………… 葉瀬垣和雄君   住民課長 ……………… 長野 正美君
健康づくり課長 ……… 柿野 善広君   介護保険課長 ………… 中村 政弘君
生活環境課長 ………… 中原 裕二君   教育長 ………………… 屏  悦郎君
教務課長 ……………… 山本 淳一君   生涯学習課長 ………… 立花 博美君
建設課長 ……………… 森下 高志君   産業課長 ……………… 久保賢太郎君
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
上下水道課長 ………… 能方  壽君                     


──────────────────────────────



◎事務局長(廣末豊君) 開会の前に事務局より御報告申し上げます。

 本日、14番、肥喜里和隆議員より欠席の旨、届け出があっております。御報告申し上げます。

午前10時00分開議



○議長(上田重光君) おはようございます。ただいまの出席議員は15名です。したがいまして、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。日程に従いまして議事を進行いたします。

────────────・────・────────────



△日程第1.議案質疑



○議長(上田重光君) 日程第1、議案質疑、議案第57号みやこ町特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の特例に関する条例の制定についてから、議案第73号平成24年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)についてまでの町長提出案件17件及び議員提出の発議第11号及び発議第12号の計19件を一括議題とします。

 本件は、さきの本会議において提出者の説明が終わっておりますので、これより質疑を行います。質疑については、要点をまとめた概要的な質疑でお願いいたします。

 また、本件は、後ほど所管の常任委員会へ付託し審査をお願いしますので、当該委員の質疑は御遠慮いただければと思います。

 では、初めに、議案第57号みやこ町特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の特例に関する条例の制定について、質疑のある方いますか。2番、柿野正喜議員。



◆議員(柿野正喜君) 所管が総務委員会の分なんですが、総務委員会が最終日になっております。採決日の前日になっておりますので、あえて1点だけお尋ねいたします。

 これは12月の給料の支給から減額するとなっております。それで、今既に12月ですね。採決日が12月の14日になります。それで、不利益、不遡及の原則があるかと思いますが、それには該当しないかどうか。該当すれば、12月にはできないということになりますので、そこら辺を。きょうは回答はいいかと思いますが、総務委員会ぐらいまでに、きちっとされて提出お願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(上田重光君) 担当課長は、総務委員会のときの回答でよろしいですか。議員、それでよろしいですか。



◆議員(柿野正喜君) はい。



○議長(上田重光君) ほかに質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第58号みやこ町農業者育成施設条例の制定について、質疑のある方いますか。11番、熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 議案58号みやこ町農業者育成施設条例の制定について、質問をいたします。

 この条例について、さきに、ビニールハウスの調査等をしたらどうかという提案もさせていただきました。この制度について、全町にどのように広げる意思があるのかについてお伺いをいたしたいと思います。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) 今回、議案第58号としまして、みやこ町農業者育成施設条例、具体的には犀川のビニールハウス、3連になっているものを2棟購入するというような形にしておりまして、それの管理のための条例を提案させていただいているところでございます。

 この農業者育成施設につきましては、今、新規就農の育成のための制度として、いわゆる勝山の支援センターで研修を行うという制度が一つと、それからそこで研修をしている間に、月額15万円を貸し付けを行うという制度がございます。

 ただし、新規就農者がそこの研修施設から出た後、これについては、まだ今のところ支援がないというような状態になっておりますので、そういった新規就農の研修が終わった後に、こちらの育成施設に入っていただいて、そこでビニールハウスの施設園芸というような形のものをやっていただくと。その上で、最終的にはそこからまた出てもらって、実際に農地とか、それから農機具を購入した上で就農に入っていくというような、いわゆる新規就農の研修から、その先の支援を行うというようなものとなっております。

 今後、こちらの施設について拡大していくかどうかについては、空きハウスの状況、現在農協や普及センターと一緒に調べておるところではございますが、それの状況を見ながら、ただし、余りにもそういった施設を町が持ち過ぎると、それはそれで遊んでしまう可能性もありますので、そこは慎重に考えていきたいなと思っております。



○議長(上田重光君) ほかに質疑のある方はいませんか。10番、柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 10番、柿野です。

 これは直接管理ですね、町が直接管理ですね。今まで勝山の地域ではリースハウスというのがありまして、これは農協に委託、しかもこの条例の9条関係で3連棟が1万5,000円という──面積はわかりませんけれども──従来のリースハウスに比べては、結構割安のような状況があるんじゃないかなと思うんです。面積は後で教えていただきたいんですけれども。だから、今までのリースハウスの運営のあり方と、それを規定する条例を、きょう、ちょっと探してみましたけども、見当たらないんですよね。それで、もしそれがあれば、それとの整合性ですね。

 で、恐らく、それも一定程度、新規就農の方に門戸を開いたリースハウスの運営だったと思うんですよ。勝山の経過からしてもそうです。だから、その整合性についてどういうふうにお考えになっているのか。直接管理と、町が直接管理は、農協に委託した管理とは、また違う感じになってますので、それはどういう意味合いを持っているのか。それは幾つか問題を提起しましたので、それに回答できる部分がありましたら、回答していただきたいと思います。

 第1回目を、質問を終わります。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) 済みません。ちょっと、全ての内容にお答えできるかはあれなんですが。今回の育成施設につきましては、まさしく、今現在、勝山の支援センターに1名、新規就農を希望されている方が入っておるんですけれども、そういった方が今後、先ほど申し上げましたとおり、研修が終わった後、実際に就農という段階になりますと、例えば農地の確保とか農機具の確保とか、そういった部分が非常に問題になってまいりますので、そういったものの体制が整うまでの間、町からの支援が何もないというようなことでは、今後、新規就農を獲得するのも難しいというところもございますので、そういった中で新規就農者をちゃんと受け入れるための農業育成施設というような形で今回のビニールハウスを買って、こういう形で条例化の提案をさせていただいておるところでございます。

 そういった中で、月額1万5,000円が安いのではないかというような御指摘があったんですけれども、まさしく今までのリースハウスとは違って、実際に、これから新規就農として入ろうというような方を対象とする形で行っていきたいということなので、大分ちょっと安目に設定をさせていただいておるところでございます。

 ただし、新規就農者、今1名おると言ったんですけども、そういった方々がいなくなった場合、その場合、逆に施設が遊んでしまうということもございますので、そういったことのないように、今後運用を考えてまいりたいと思っております。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) 私の質問の仕方も、1回目は悪かったと思うんですけども。要するに割安ではないかという、これは具体的に数字を示していただきたいというのは、3連棟が1万5,000円って、3連棟の面積は大体幾らぐらいかということと、従来のリースハウスとの整合性ですよね。整合性っていうのは、例えば勝山地域における新規就農者に対応して、あるいは高収益型のハウス栽培を広めていくという姿勢の中で、皆さん、最初に取り組んだ時点では初めてですから。だから、それに対してリース形式でやっていこうということを広める、行政としての指導的な役割を果たしてつくられたものなんですけれども、それは農協に委託されてるわけですよね、運営については。じゃあ、今度は、直接ということになってますので、恐らく、これは何か意味があるのかなというようにちょっと思ったりするんですけど。

 今の課長の説明では、個人に、ある意味では与えるような状況かなというふうにもとれるような内容です。特定の一人に対して、これを宛てがうということですから、ですね。だから、そうすると、今までのリースハウスとの整合性をどういうふうにしてやっていくのかというのを、やっぱりきちっと考えておいていただかないと、支援センターで技術を得た人が誕生すれば、逐次そういうふうにやっていくのかですね。いや、そうじゃないというふうに考えるのであれば、従前とのリースハウスとの整合性をどういうふうにやるのかということですよね。だから、この問題はちょっと深いと思うんですよね。

 今2回目ですから、答えられる範囲で答えていただきたい。面積ぐらいは答えられると思うんですね。



○議長(上田重光君) 久保産業課長。



◎産業課長(久保賢太郎君) パイプハウスの面積につきましては、3連棟が2棟ございまして、一つが882平米、もう一つが1,050平米となっております。

 で、私もリースハウスとの整合性というふうに聞かれると、私も趣旨が、ちょっとつかみかねておるんで、あれなんですが。今後、その新規就農者、先ほど、今実際に1名、新規就農を希望されてる方がおるというような話はしたんですけれども、その方に宛てがって、渡して、はいどうぞということではなくて、今後、そこで実際に1万5,000円月額を払って、そこで農業をしていただいて、その間に自分でお金を稼いで、農地を買ったりとか、農機具を買ったりというようなところに、自分で持っていけるようにするための支援というような感じで考えておりますので、単純にそのリースハウスとして、はい、貸しますという話ではないと考えております。

 こういう趣旨でよろしいでしょうか。



○議長(上田重光君) 柿野義直議員。



◆議員(柿野義直君) この問題は、今後、一般質問等で取り上げていきます。これ以上、きょうは質疑の段階ですので、ちょっと深められないような感じがしますので、これで終わらせていただきます。



○議長(上田重光君) ほかに質疑のある方いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第59号みやこ町学校給食センターの設置及び管理運営に関する条例の制定について、質疑のある方いますか。11番、熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 文教で申しわけございませんが、資料の請求となるので、ここであえて発言をさせていただきます。

 第6条に、運営委員会となっております。で、この人数等が明らかになっておりません。それで、改めて給食センターを立ち上げる場合の運営委員会の果たす役割は、大変重要だと思っております。そういう点について、この運営委員会の内容について、少し、この場でお伺いをしたいと思います。

 それから、運営委員会の設置要綱なりを、これは委員会のほうに提出をしていただければというふうに考えております。



○議長(上田重光君) 屏教育長。



◎教育長(屏悦郎君) 資料は準備させていただきたいと思います。

 この場で答えるのは人数とかでよろしいですか。(発言する者あり)はい。人数は8名プラス一、二名ということで、一応10名程度を考えております。それから規則については教育委員会で決定するということで、今のところ準備をしておる段階ですので、その資料を提出するということでよろしいでしょうか。

 以上です。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) これで質疑を終わります。

 次に、議案第60号みやこ町転作定着化促進集会施設条例を廃止する条例の制定について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第61号みやこ町集会所・公民館等条例の一部を改正する条例の制定について、質疑のある方いますか。5番、田中勝馬議員。



◎議員(田中勝馬君) 払い下げを希望しているところもあるけど、地縁団体等ができてないというところがあるそうで、どのくらいあるかわかりませんが、その辺はどのぐらいか。また、どうしてもこの書類等はなかなか、私もちょっと見たけど、なかなか簡単にはできにくいことがあるんで、その辺を行政のほうでお手伝いをしてあげて、少しでも早く、そういうふうな払い下げができるように進めていただきたいと。

 それと指定管理者でなっとるところはどのくらいあるのかと。そして、やっぱりこれをする限りは、進めていく限りは、全体どこも不公平のないように、やっぱり平等でやっていただきたいということをお願いしておきたいと思います。

 以上です。



○議長(上田重光君) 久保総務課長。



◎総務課長(久保良美君) 地縁団体の認可手続につきましては、町としても積極的に支援をさせていただきたいと思います。

 それから、指定管理者の数でございますけども、まず無償譲渡の払い下げを優先させまして、無償譲渡の払い下げに応じない集落につきましては、指定管理者制度による管理の委託というものを考えております。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 11番、熊谷みえ子でございます。

 用途廃止をするということで、宮原と下高屋については取り壊しという報告も聞いておりますが、全体としての集会所修理費用、それから、これの撤去費用等も町が負担するというふうに理解しておりますが、大体の予算規模はどれくらいをお考えでしょうか。

 また、撤去することに当たっては、地元の意思はどのように御確認なさっているのか、その点についてお伺いをいたします。



○議長(上田重光君) 久保総務課長。



◎総務課長(久保良美君) 現在、地元から無償譲渡の払い下げの要望が出ている集落は、全部で11カ所でございます。あと2カ所につきましては、今後も集会所の用途に供しないというようなぐあいで必要ないということでありますので、町のほうとして、その物件については何らかの処理をしなければならないと思っております。

 また、その費用等につきましては、まだ、ちょっと概算費用までは算出していないというような状況でございます。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) これで質疑を終わります。

 次に、議案第62号みやこ町集会所条例の一部を改正する条例の制定について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第63号みやこ町証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第64号みやこ町同和対策施設管理条例の一部を改正する条例の制定について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第65号工事請負契約の締結について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第66号工事請負契約の締結について、質疑のある方いますか。5番、田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 5番の田中ですが。

 この工事、主体工事とこの機械設備工事の分離発注の理由と、それとメリットはどこにあるかということを教えていただきたいと思います。



○議長(上田重光君) 暫時休憩とします。いいですか。──再開いたします。

 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 担当課長が答えませんので、私のほうからお答えいたします。

 先般も給食センターを見ていただきましたけども、やはり専門、建築は建築、こういった設備は設備というふうに分けてやったほうが、私は専門的にできるんじゃないかと。そういうことから、今回はこういうふうに分離発注をさせていただきました。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。8番、金房眞悟議員。



◆議員(金房眞悟君) この議案65号を見てみますと、いつもこういう形で……(「66号」と呼ぶ者あり)今、66号をいきよるか。はい、66号。ちょっと待ってくださいね。

 66号ですけど、65号については、もう今質疑を終わりましたが、町内業者が2業者入っております。そういう中で、いつも質問がございますが、辞退が多いということで。また、今これを見てみますと、やはりそれぞれの理由があろうかと思われますが、10社の中、4社、辞退ということが出ておりますが。そこら辺のとこをどう捉えて、今後この辞退についてはどういう対応をなされていかれますかということでございます。



◎議員(田中勝馬君) 吉永財政課長。



◎財政課長(吉永秀信君) ただいまの御質問でございます。辞退が、確かに4社ございます。辞退の理由といたしましては、専任技術者の配置ができないという理由でございましたので。また、今後の対応につきましては、やはり辞退される会社につきましては、基本的には指名の回避とか、そういったことで対応を考えております。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 金房眞悟議員。



◆議員(金房眞悟君) 課長、私、町長にお尋ねしたいんですけどね。一書記でしょう。これ、大事なことですからね。そういう経過で事務的なあれはわかりますけど。町長、どんなふうですか。



○議長(上田重光君) 井上町長。



◎町長(井上幸春君) 私も地元の業者を入れたいと思ったんですが、地元の業者の方はそういった技術を持ってないということで、こういう高額な指名には入れられないというふうになっているようでございますので、その規則にのっとって指名をしたようでございます。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。5番、田中勝馬議員。



◆議員(田中勝馬君) 5番、田中ですが。

 この機械設備は、特にどういう工事ですか、内容は。



○議長(上田重光君) 森下建設課長。



◎建設課長(森下高志君) 機械設備工事の主な内容につきましては、衛生設備工事、給水設備工事、排水設備工事、給湯設備工事、ガス、換気、消火器等の工事でございます。



○議長(上田重光君) 田中勝馬議員。



◎議員(田中勝馬君) これは水道工事も入っとると思いますが、この水道工事は、以前にも住宅のときに、水道を引いたときに、もう間がないのを、建てかえるというのがわかっとるにもかかわらず、その一軒一軒に、今里団地は水道を引いたと。そして、もうこういうふうに間もなく、何カ月もせんうちに壊してしもうたと。本当に、これはお金の無駄遣いやないかと思うてね。こういう計画があるときには、やっぱりその辺をよく見きわめて、水道を引くべきか引かないか。県営住宅のほうは引いてないわけなんですね。町営住宅だけが、もう壊すのがわかって、県営はまだ崩されておりませんが、そういうふうに、もう何カ月もせんうちに壊す、建てかえるちゅうのがわかっとって、わざわざ引いたというようなこと、全くのお金の無駄遣いやないかと思いますんで。今後は、そういうことのないように、ひとつよろしくお願いします。



○議長(上田重光君) 答弁はよろしいですね。



◎議員(田中勝馬君) はい。結構です。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) これで質疑を終わります。

 次に、議案第67号福岡県市町村災害共済基金組合規約の変更について、質疑のある方いますか。11番、熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 熊谷みえ子でございます。

 どうも、この件に関しては大分前から広域的に話し合いが進められていたというふうなことらしいんですが、基本的には、どういう論議の結果で解散に至ったかということについて、御説明をいただければと思います。



○議長(上田重光君) 吉永財政課長。



◎財政課長(吉永秀信君) 市町村災害共済基金組合の解散についてでございますが、基本的に、現在、国のほうで災害にかかわる救済措置、そういった法令案等がなされておるとこでございます。また、各市町村の首長さんより、いろんな財政難な状況であり、ほとんどこの基金組合に基金を有効活用してないような状況でございます。そういったことで、この解散によって、そういった基金をほかの財政、有効利用という形をとりたいということで、このように解散の申し出があったと聞いております。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) これで質疑を終わります。

 次に、議案第68号福岡県市町村災害共済基金組合の解散について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第69号福岡県市町村災害共済基金組合の解散に伴う財産処分について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第70号平成24年度みやこ町一般会計補正予算(第4号)ですが、質疑は、まず歳出全般について受けたいと思います。質疑される方は、ページ数と款、項、目を言ってから質疑をお願いします。質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、歳入全般について質疑を受けたいと思います。質疑のある方は、ページ数と款、項、目を言ってからお願いします。質疑のある方いませんか。熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 款、項、目といい、歳入、歳出と分けられましたので、ちょっと微妙な質問になるかと思いますが、その点はお許しください。

 先ほど、基金が新たに4億3,056万余り、財産処分に関する協議書に基づいて、歳入として入ります。

 7月の災害等は、あと個人負担の分とか、そういう点で、まだ災害復旧が進んでいない部分もあるのではないかと思います。もともとは、そういう使途として決められた基金であるというふうに理解しております。ですので、この基金の有効活用という点で、ぜひそういう対象を含めて考えていただけないかなということで提案をさせていただきます。



○議長(上田重光君) 熊谷みえ子議員。



◆議員(熊谷みえ子君) 申しわけございません。なかなか意図するところが届かなかった。

 基金の組合解散ということで、4億円余りの基金として利用するという、当面はそういうことへ積み立てるということになると思うんですが。この活用について、もともとは災害復旧等、そういう用途が決められていたわけですから、7月の、いろんな形で災害が起こっております。そういう中で、自己負担しなければならないで、復旧が進んでいない箇所もあるのではないかと。これは、今年度より工事が始まるという町長の施政方針もありましたけれども、そういう中でやはり活用をしていただきたいと、そういうことで提案をさせていただきます。



○議長(上田重光君) 吉永財政課長。



◎財政課長(吉永秀信君) 確かに4億ばかりの、災害基金の解散による歳入が受け入れております。災害に対する町民の分につきましては、また今後いろいろな災害も出るかもわかりませんので、検討させていただきたいと思います。



○議長(上田重光君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) これで議案第70号について質疑を終わります。

 次の議案第71号から第73号までの3件の特別会計補正予算については、歳入歳出一括で質疑を受けたいと思います。

 質疑をされる方は、ページ数と款、項、目を言ってからお願いします。

 では、議案第71号平成24年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第72号平成24年度みやこ町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第73号平成24年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、発議第11号看護師等の職場実態の改善を求める意見書(案)について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、発議第12号介護職員処遇改善加算の継続、拡充を求める意見書(案)について、質疑のある方いますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 以上で全ての議案の質疑は終了しました。

────────────・────・────────────



△日程第2.議案の付託



○議長(上田重光君) 日程第2、議案の委員会付託。

 これより議案の委員会付託を行います。議案第57号みやこ町特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の特例に関する条例の制定についてから議案第73号平成24年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)についてまでの町長提出案件17件及び議員提出の発議第11号及び発議第12号の計19件は、お手元に配付しました議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会へ付託します。

 各委員会におかれましては、今会期中に十分審査をされ、12月14日の本会議最終日において委員長より審査結果を報告していただきますようお願い申し上げておきます。

────────────・────・────────────



○議長(上田重光君) 以上で、本日の議事日程は全て終了しました。

 本日はこれにて散会といたします。お疲れさまでした。

 なお、この後、全員協議会を議員控室で開催いたしますので、御参集よろしくお願いいたします。10時50分の開会にいたします。

午前10時40分散会

──────────────────────────────