議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 みやこ町

平成 24年第5回定例会(12月) 12月04日−01号




平成 24年第5回定例会(12月) − 12月04日−01号









平成 24年第5回定例会(12月)


みやこ町告示第70号
 平成24年第5回みやこ町議会定例会を次のとおり招集する
    平成24年11月26日
                               みやこ町長 井上 幸春
1 期 日  平成24年12月4日(火曜日)午前10時
2 場 所  みやこ町庁舎3階議事堂
──────────────────────────────
開会日に応招した議員
橋本 真助君          柿野 正喜君
中山 茂樹君          小田 勝彦君
田中 勝馬君          飯本 秀夫君
中尾 昌廣君          金房 眞悟君
大束 英壽君          柿野 義直君
熊谷みえ子君          原田 和美君
中尾 文俊君          肥喜里和隆君
浦山 公明君          上田 重光君
──────────────────────────────
応招しなかった議員
                
──────────────────────────────
 
───────────────────────────────────────────
平成24年 第5回(定例)み や こ 町 議 会 会 議 録(第1日)
                             平成24年12月4日(火曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                         平成24年12月4日 午前10時00分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期及び日程について
 日程第3 諸般の報告
 日程第4 行政報告
 日程第5 議案の上程、提案理由の説明、審議、採決
      承認第3号 専決処分の承認を求めることについて
      諮問第4号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
 日程第6 議案の上程、提案理由の説明
      議案第57号 みやこ町特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の特例に関する条例の制定について
      議案第58号 みやこ町農業者育成施設条例の制定について
      議案第59号 みやこ町学校給食センターの設置及び管理運営に関する条例の制定について
      議案第60号 みやこ町転作定着化促進集会施設条例を廃止する条例の制定について
      議案第61号 みやこ町集会所・公民館等条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第62号 みやこ町集会所条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第63号 みやこ町証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第64号 みやこ町同和対策施設管理条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第65号 工事請負契約の締結について
      議案第66号 工事請負契約の締結について
      議案第67号 福岡県市町村災害共済基金組合規約の変更について
      議案第68号 福岡県市町村災害共済基金組合の解散について
      議案第69号 福岡県市町村災害共済基金組合の解散に伴う財産処分について
      議案第70号 平成24年度みやこ町一般会計補正予算(第4号)
      議案第71号 平成24年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第72号 平成24年度みやこ町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
      議案第73号 平成24年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
 日程第7 議員提出議案の上程、趣旨説明
      発議第11号 看護師等の職場実態の改善を求める意見書(案)について
      発議第12号 介護職員処遇改善加算の継続、拡充を求める意見書(案)について
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期及び日程について
 日程第3 諸般の報告
 日程第4 行政報告
 日程第5 議案の上程、提案理由の説明、審議、採決
      承認第3号 専決処分の承認を求めることについて
      諮問第4号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
 日程第6 議案の上程、提案理由の説明
      議案第57号 みやこ町特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の特例に関する条例の制定について
      議案第58号 みやこ町農業者育成施設条例の制定について
      議案第59号 みやこ町学校給食センターの設置及び管理運営に関する条例の制定について
      議案第60号 みやこ町転作定着化促進集会施設条例を廃止する条例の制定について
      議案第61号 みやこ町集会所・公民館等条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第62号 みやこ町集会所条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第63号 みやこ町証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第64号 みやこ町同和対策施設管理条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第65号 工事請負契約の締結について
      議案第66号 工事請負契約の締結について
      議案第67号 福岡県市町村災害共済基金組合規約の変更について
      議案第68号 福岡県市町村災害共済基金組合の解散について
      議案第69号 福岡県市町村災害共済基金組合の解散に伴う財産処分について
      議案第70号 平成24年度みやこ町一般会計補正予算(第4号)
      議案第71号 平成24年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第72号 平成24年度みやこ町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
      議案第73号 平成24年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
 日程第7 議員提出議案の上程、趣旨説明
      発議第11号 看護師等の職場実態の改善を求める意見書(案)について
      発議第12号 介護職員処遇改善加算の継続、拡充を求める意見書(案)について
──────────────────────────────
出席議員(15名)
1番 橋本 真助君       2番 柿野 正喜君
3番 中山 茂樹君       4番 小田 勝彦君
5番 田中 勝馬君       6番 飯本 秀夫君
7番 中尾 昌廣君       8番 金房 眞悟君
9番 大束 英壽君       10番 柿野 義直君
11番 熊谷みえ子君       13番 中尾 文俊君
14番 肥喜里和隆君       15番 浦山 公明君
16番 上田 重光君                
──────────────────────────────
欠席議員(1名)
12番 原田 和美君                
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 廣末  豊君     書記   中村 銀次君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 井上 幸春君   副町長 ………………… 辛島 秀典君
総務課長 ……………… 久保 良美君   財政課長 ……………… 吉永 秀信君
総合政策課長 ………… 村上 重範君   税務課長 ……………… 中嶋 純男君
徴収対策課長 ………… 葉瀬垣和雄君   住民課長 ……………… 長野 正美君
健康づくり課長 ……… 柿野 善広君   介護保険課長 ………… 中村 政弘君
生活環境課長 ………… 中原 裕二君   教育長 ………………… 屏  悦郎君
教務課長 ……………… 山本 淳一君   生涯学習課長 ………… 立花 博美君
建設課長 ……………… 森下 高志君   産業課長 ……………… 久保賢太郎君
人権男女共同参画課長 ……………………………………………………… 上田 政三君
上下水道課長 ………… 能方  壽君                     


──────────────────────────────



◎事務局長(廣末豊君) 事務局より、開会の前に御報告申し上げます。

 本日、議席番号12番、原田和美議員より欠席の届けがなされております。

 以上、御報告申し上げます。

午前10時00分開会



○議長(上田重光君) おはようございます。ただいまの出席議員は15名です。したがいまして、定足数に達しておりますので、平成24年第5回みやこ町議会定例会を開会いたします。

 では、ただいまより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。日程に従い、議事を進めます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(上田重光君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 今回の会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、2番、柿野正喜議員、3番、中山茂樹議員の2名を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期及び日程について



○議長(上田重光君) 日程第2、会期及び日程についてを議題といたします。

 このことにつきましては、議会運営委員会において協議をしていただいておりますので、その結果について報告を求めます。中尾文俊委員長。



◎議会運営委員長(中尾文俊君) おはようございます。中尾文俊でございます。

 本日招集されました平成24年第5回みやこ町議会定例会の議事運営について、去る11月30日、議会運営委員会を開催をし、協議を行いましたので、その結果について御報告をいたします。

 本定例会に提案されます議案は、町長提出案件として承認案件1件、諮問案件1件、条例案件8件、工事請負契約案件2件、その他の案件3件及び補正予算案件4件の計19案件と、議員提出の意見書案2件の合計21案件でございます。執行部より町長、副町長及び総務課長、財政課長の出席を求め、提出案件の説明を受け協議をいたしました結果、本定例会の会期を本日から12月14日までの11日間とすべきものと決した次第でございます。

 この11日間の会期において、お手元に配付しております会期日程に従い、本会議、各常任委員会を開催し、審議及び審査いただきますようにお願いを申し上げます。

 次に、本日の議事日程について申し上げます。この後、日程第3は諸般の報告です。議長としての報告事項は書面をもっての報告といたします。日程第4は行政報告で、町長より報告を受けます。日程第5は、議案の上程、提案理由の説明、審議、採決でございます。承認第3号及び諮問第4号を一括議題とし、提案理由の説明、質疑の後、委員会付託、討論を省略をし、直ちに採決すべきものと決定をいたしました。日程第6は、議案の上程、提案理由の説明です。議案第57号から議案第73号までの17案件の町長提出案件を一括議題とし、町長から提案理由の説明を受けます。なお、議事能率を高めるため、提案理由についての補足説明は割愛をいたします。日程第7は、議員提出議案の上程、趣旨説明でございます。発議第11号、第12号の2件を一括議題とし、それぞれ提出者から趣旨説明を受けます。以上が本日の議事日程であります。

 また、あす以降の日程ですが、あす5日は考案日とし、6日は本会議で、本日説明を受けた議案の質疑を行い、その後、議案の委員会付託表をもって各委員会に付託を行います。

 7日及び10日、11日の3日間を各常任委員会の審査日に当て、7日を産業建設常任委員会、10日を文教厚生常任委員会、11日を総務常任委員会としております。ついては、所管分の審査をよろしくお願いをいたします。

 12日、13日の2日間を本会議一般質問と当てております。

 14日が本会議の最終日で、継続審査となっておりました決算の認定案件も含む審査終了案件の委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決を行い、閉会といたします。

 なお、さきの全員協議会で決定しておりましたみやこ町給食センターの見学会を本日の日程終了後実施いたしますので、御参加をお願いをいたします。そのことにより、全員協議会を6日の本会議終了後に開催することにいたしました。

 また、一般質問の通告締め切りを本日の午後5時までとしておりますので、質問を予定されている方は時間厳守の上、お願いをいたします。

 以上、本定例会の運営につきまして、議案運営委員会で協議いたしましたので、各議員の御賛同と御協力を賜りますようにお願いを申し上げ、報告といたします。



○議長(上田重光君) 議会運営委員長の報告が終わりました。

 お諮りいたします。会期及び日程については、ただいまの議会運営委員長の報告どおり決することに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は本日12月4日から12月14日までの11日間とし、日程につきましてもお手元に配付の日程表のとおり決定をいたします。

────────────・────・────────────



△日程第3.諸般の報告



○議長(上田重光君) 日程第3、諸般の報告を行います。

 議長としての報告事項は、印刷してお手元に配付しているとおりであります。

────────────・────・────────────



△日程第4.行政報告



○議長(上田重光君) 日程第4、行政報告。

 町長から行政報告の申し出があっておりますので、これを許可します。井上町長。



◎町長(井上幸春君) おはようございます。本日ここに12月定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては公私御多用の中、御参集いただき厚くお礼申し上げます。

 さて、衆議院は去る11月16日に解散し、本日12月4日、公示、そして12月16日、投開票となります。今、我が国を取り巻く状況は、東日本を襲った大震災、それに伴う福島原子力発電所のメルトダウンによる放射能汚染、尖閣諸島や竹島問題など国際的な摩擦も日々増大し、どの問題も解決の糸口さえ見えない状況にあります。

 さらに、世界的な金融不安による日本経済の低迷、普天間基地移設を初めとする問題が山積しており、決して楽観できる状況ではありません。

 今回の総選挙には12政党が候補者を擁立し、しのぎを削るという乱立模様を呈しています。どのような政権の枠組みが誕生するのか、今のところ皆目見当のつかない状況となっています。どのような政権が誕生しようとも、国民が安全安心で暮らせる社会実現のための政策論争をしてほしいものです。今回の選挙において、我々有権者一人一人が、この日本の将来をどのように考え、どのようにかかわっていくのかを真剣に考え、1票を投じなければならないと考えます。

 さて、9月定例会以降の行政運営について御報告する前に、保育料の算定に誤りがありましたことを御報告申し上げます。議員各位並びに町民の皆様、そして関係します保護者の皆様に深くおわびを申し上げます。

 平成21年度から平成23年度の3カ年間、保育料の算定誤りにより、返還金及び追加徴収金を調定する必要が生じました。関係保護者の皆様方には多大なる御迷惑をおかけすることとなりました。追加徴収をさせていただく保護者に対しましては、誠心誠意、事情を説明の上、御理解を願う所存であります。

 私の監督不届きで私自身が処分されるのは仕方ありませんが、職員への処罰はつらいものがありました。「諸葛亮孔明泣いて馬謖を斬る」という言葉がありますが、一罰百戒を込め、関係職員への処分を12月1日付で行いました。私及び副町長の給料の返納処分を行う条例案を提案いたしております。

 今後は、事務執行について、全課長に対し間違いを起こさないよう強く指示するとともに、町民への信用失墜の回復に向けコンプライアンスの徹底を図ってまいりますことを申し上げ、陳謝いたします。

 それでは、9月定例会以降の行政運営について御報告申し上げます。

 まず初めに、7月14日の北部九州豪雨災害による災害復旧状況についてであります。ようやく、公共土木、農林業施設災害復旧の申請箇所における国の災害査定が、11月22日に終了いたしました。また、農林業施設災害の補助金も増額申請を12月中に行い、災害復旧に向けて早急に実施設計を行い、災害箇所の工事を年内から順次行ってまいります。

 次に、町営住宅の進捗状況についてです。町営今里団地は、本年度建築予定地の造成工事が終わり、第1期工事として鉄筋コンクリート造りの6階建て30戸の建築工事の運びとなっています。また、犀川駅裏に計画しております若者向け住宅におきましても、既に造成工事を行い、建設に向け建築基本設計及び実施設計を行っております。

 次に、出会いサポート事業について報告いたします。これまで5回行ってきましたが、今回、ようやく1組がゴールインし、町内に住んでいただくことになりました。婚活支給要綱にのっとり、お祝い金を差し上げるために、今議会に補正予算をお願いしているところです。

 次に、町立保育所の民営化についてです。平成25年4月1日の諫山保育所の民営化に向け、10月から社会福祉法人護法会と保育事務の引き継ぎを実施しております。また、保護者とも民営化後の疑問点や要望等について、随時、意見交換の場を設け、円滑に移行できるように事務調整を行っております。

 次に、教育行政についてです。6月議会で御指摘いただきましたみやこ町教育委員会の事務執行に関する評価、いわゆる外部評価につきましては、3名の評価委員による会議を3回開催し、11月22日、評価書を議会宛てに提出いたしました。外部評価委員の所見につきましては真摯に受けとめ、今後の教育行政の充実に努めてまいります。また、学校在り方検討委員会については、月1回のペースで委員会を開催し検討を進めております。なお、9月に実施しました保育所(園)、幼稚園、小学校、中学校の全ての保護者に対する学校教育に対する、保護者の意識アンケート調査につきましては、その結果をみやこ町のホームページに掲載しております。

 次に、人権政策についてです。これまで、部落解放同盟京都行橋地区協議会とは行政交渉を実施しておりましたが、本年度からは意見交換という形で10月に実施いたしました。また、12月4日から10日は人権週間となっています。私たち一人一人が人権のとうとさと意義を考え直し、誰もが心の豊かさを実感できるような「人権のまちづくり」を目指してまいらなければと考えています。

 12月1日、「第7回みやこ町人権のつどい」を実施いたしました。今年は、元オリンピックのマラソン選手、現在は熊本市議会議員を務めておられます松野明美先生をお迎えし、「人生は一番じゃなくていい 生まれてきてくれてありがとう」と題し、講演をしていただきました。講演の中で、次男が心臓病やダウン症を持って生まれ、苦労した話を赤裸々に語られた時は胸にぐっとくるものがあり、生きる力や人間愛のすばらしさに感動した方が多かったのではと思います。

 次に、第55回福岡県民体育大会秋季大会陸上競技についてです。9月23日、福岡県内の各郡市代表者395名の選手が集まり、みやこ町豊津陸上競技場において開催されました。本町では、10月を「みやこ町スポーツ月間」と位置づけ、「スポーツフェスタINみやこ2012」を開催し、アジャタ大会を初めスポーツレクリエーション9種目を実施しました。

 次に、移動図書館車についてです。移動図書館車の巡回を本年度の4月から開始したところですが、さらに充実を図るため、11月から、小学校は月2回、保育所はみやこ町全地区の7園を月1回巡回しています。また、平成25年1月からは、遠方により図書館へ来られない方のために、地域へ移動図書館車を月1回巡回することにいたしました。

 次に、「みやこ町古墳フォーラム」についてです。今回で2回目となるみやこ町古墳フォーラムのプレイベントとして、古墳めぐりを実施しました。また、古代のモノづくり体験教室を豊津公民館で実施したところ、多くの小中学生及び保護者の皆様の参加をいただきました。11月24日に開催しましたメーンイベントであるみやこ町古墳フォーラムでは、東京文化財研究所の朽津信明先生による基調講演、シンポジウムが豊津公民館で開催され、多くの皆様の参加をいただきました。

 次に、「みやこミュージックストリート2012オータム」についてです。今回のミュージックストリートは、今年1月に開催したミュージックストリートの第2弾として、秋の叙勲において旭日小綬章を受章されましたジャスピアニスト山下洋輔氏と、ものまね女王の清水ミチコ氏をお招きし、開催いたしました。また、今回は会場前のフードコートを14店舗とさらに充実させ、多数の来場者をいただき終了することができました。翌日の音まつりにつきましては、住民及びカラオケ指導者並びに地元で音楽活動をされている7つの個人・団体の方々に参加をいただきました。

 次に、産業祭についてです。11月17日、18日の両日、「第7回よってこ犀祭inみやこ」を開催いたしました。17日は、RKB毎日放送でおなじみの磯田久美子さんの司会により、祭りを盛り上げていただきました。地元出身のシンガーソングライターの永井龍雲さんを「みやこ町観光大使」として委嘱するとともに、その後、ミニコンサートを行っていただきました。18日は、県内で活動されているアイドルユニットのステージなど、両日を通し、今までとは趣向の異なる催しにより、大勢の方々の御来場の中、盛大に終わることができました。

 続いて、地域特産関係の取り組みについてです。10月20日、21日、北九州市において、B1グランプリと同時に開催された「魅力発信!北九州フェア」や、10月6日に福岡市で開催された「京築フェスタ」及び11月4日に豊前市で開催された「京築神楽と食の祭典」などの各種地域イベントに参加し、「みやこ肉カレー」など、みやこ町の特産品のPR及び販売を行いました。また、11月15日からは福岡県庁の購買部でみやこ肉カレーの販売を開始しており、店員の方によりますと、まとめて購入する方が多く、品切れすることもあると聞いております。今後も、県内外を問わず地域イベントに積極的に参加し、みやこ町の特産品のPRを行っていくとともに、消費者から見てインパクトがある商品開発やパッケージデザインについて検討してまいります。

 農業政策関係の取り組みにつきましては、有害鳥獣による農林産物等の被害防止を図るため、みやこ町有害鳥獣捕獲奨励金交付要綱を制定し、新たな制度としてスタートしたところです。また、有害鳥獣捕獲期間につきましては、従来は4月から猟期に入るまでの期間と限定していましたが、今年度より1年間を通して捕獲期間として許可するよう拡充しました。さらに、県の補助事業も活用し、有害鳥獣加工施設での解体処理する肉質の均一化及び量の確保を図るとともに、捕獲獣の広域受け入れについても検討を行っているところです。

 次に、町政懇談会について御報告いたします。7月に町政懇談会を計画していましたが、九州北部豪雨による災害のため延期しておりました町政懇談会を11月4日、11日の両日、豊津、犀川、勝山の3地区にて開催しました。参加者は全体で188名でしたが、子育てや高齢者問題など身近な問題から、企業誘致など、みやこ町の将来像に関することなど多くの御意見をいただき、有意義な意見交換ができたと考えております。

 また、9月19日には生立区、11月1日には上・下伊良原地区において出前座談会を開催いたしました。町政懇談会、出前座談会でいただきました御意見は、今後の町政に反映させていきたいと考えております。

 最後に、今後の催しについてお知らせいたします。12月22日、サン・グレードみやこで「愛郷音楽祭」を開催いたします。次に、新しい年を迎えての平成25年1月11日、みやこ町新年会を行います。12日には、みやこ町消防出初め式を犀川支所前でとり行います。翌13日には、新成人対象者210人を迎え、みやこ町成人式をサン・グレードみやこで開催いたします。そして、27日、冬季県民体育大会の福岡県郡市対抗駅伝競走大会の開催を予定しています。詳細につきましては、後日、御連絡申し上げます。議員各位におかれましては、公私共に御多忙とは存じますが、御臨席賜りますようお願い申し上げます。

 以上、9月以降の行政運営及び今後の予定につきまして御報告申し上げました。

 なお、本議会には17の議案を上程いたしております。議員各位の活発な議論をお願いを申し上げまして、私の行政報告といたします。



○議長(上田重光君) 行政報告が終わりました。

────────────・────・────────────



△日程第5.議案の上程、提案理由の説明、審議、採決



○議長(上田重光君) 日程第5、議案の上程、提案理由の説明、審議、採決。

 承認第3号専決処分の承認を求めることについて及び諮問第4号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを一括議題とし、これより提出者の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 専決処分の承認を求めることについて御報告いたします。

 承認第3号は、平成24年度みやこ町一般会計補正予算(第3号)についての専決処分の承認についてであります。

 第46回衆議院議員総選挙の執行に当たって、歳入歳出予算を補正する必要が生じたが、町議会を招集するいとまがないことから、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したもので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものです。

 次に、人事案件を説明いたします。

 諮問第4号は、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてであります。

 現委員の塚田信博氏が平成25年3月31日をもって任期満了になるので、後任の委員を推薦するに当たり、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものであります。

 以上でございます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(上田重光君) 以上で提案理由の説明が終わりました。

 これより質議に入ります。

 初めに、承認第3号について質疑のある方、いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。

 次に、諮問第4号について質疑のある方、いませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りいたします。ただいま議題となっています承認第3号及び諮問第4号の2件は、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思いますが、これに御異議はありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(上田重光君) 異議なしと認めます。したがって、承認第3号及び諮問第4号の2件は、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行うことで決定しました。

 では、これより承認第3号について採決します。この採決は起立によって行います。

 本件は承認することに賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成です。したがって、承認第3号専決処分の承認を求めることについては、承認することに決定しました。

 次に、諮問第4号について採決します。この採決は起立によって行います。

 本件は原案のとおり適任とすることに賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(上田重光君) 御着席ください。全員賛成です。したがって、諮問第4号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、原案のとおり適任とすることに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第6.議案の上程、提案理由の説明



○議長(上田重光君) 日程第6、議案の上程、提案理由の説明を行います。

 議案第57号みやこ町特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の特例に関する条例の制定についてから、議案第73号平成24年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)まで、17件の町長提出案件を一括議題とします。

 これより、提出者に提案理由の説明を求めます。井上町長。



◎町長(井上幸春君) 今議会に提案いたしました議案は、条例の制定及び改正案8件、工事請負契約の締結案2件、福岡県市町村災害共済組合に関する案件3件、一般会計及び特別会計補正予算案4件の計17件であります。議案ごとに提案理由の概要を説明申し上げます。

 議案第57号は、みやこ町の特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の特例に関する条例の制定についてであります。

 みやこ町の保育料の算定誤りにより徴収不足及び徴収過多があり、町長及び副町長としての責任を明らかにするために、町長及び副町長の給料の一部を減額するための特例措置を定める必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第58号は、みやこ町農業者育成施設条例の制定についてであります。

 農業従事者の高齢化及び担い手不足などによる農地の遊休荒廃化並びに人口減少による地域活力の低下を解消するため、意欲的な新規就農者などを受け入れる農業者育成施設を設置する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第59号は、みやこ町学校給食センターの設置及び管理運営に関する条例の制定についてであります。

 みやこ町学校給食センターを開設するに当たり、学校給食法及び地方教育行政の組織及び運営に関する法律の規定に基づき、みやこ町学校給食センターの設置及び管理運営に関する必要な事項を定める必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第60号は、みやこ町転作定着化促進集会施設条例を廃止する条例についてであります。

 二月谷区に二月谷地区転作定着化促進集会施設を無償譲渡することに伴い、みやこ町転作定着化促進施設条例を廃止する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第61号は、みやこ町集会所・公民館等条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 集会所・公民館等を無償譲渡することに伴い、みやこ町集会所・公民館等条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第62号は、みやこ町集会所条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 伊良原地区集会所ふるさと会館を上伊良原地区に無償譲渡することに伴い、みやこ町集会所条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第63号は、みやこ町証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 地方自治法の一部を改正する法律が平成24年9月5日に公布されたことに伴い、みやこ町証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第64号は、みやこ町同和対策施設管理条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 同和対策事業により補助を受け建設した集会所及び児童遊園を、みやこ町同和対策施設管理条例において施設管理をしていましたが、現在はみやこ町集会所・公民館等条例及びみやこ町児童遊園条例により施設管理を行っていることから、みやこ町同和対策施設管理条例の一部を改正する必要があることから、この条例案を提出するものであります。

 議案第65号は、工事請負契約の締結についてであります。

 町営今里団地建築主体附帯工事第1期を施工するため、指名競争入札により工事請負人を定め、工事請負契約を締結するに当たり、みやこ町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 議案第66号は、工事請負契約の締結についてであります。

 町営今里団地機械設備工事第1期を施工するため、指名競争入札により工事請負人を定め、工事請負契約を締結するに当たり、みやこ町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 議案第67号は、福岡県市町村災害共済基金組合規約の変更についてであります。

 福岡県市町村災害共済基金組合の解散に伴い、事務の承継について地方自治法施行令第218条2の規定に基づき、規約の特別の定めをするため、福岡県市町村災害共済基金組合規約を変更する必要が生じたため、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるものです。

 議案第68号は、福岡県市町村災害共済基金組合の解散についてであります。

 福岡県市町村災害共済基金組合は、災害に関する費用に充てるため、福岡県内の市町村が互助共済方式によって行う積立金に関する事務を共同処理していましたが、近年、国の災害に対する体制支援措置が充実されたため、当該組合に解散することについて、地方自治法第2条第290条の規定により、議会の議決を求めるものです。

 議案第69号は、福岡県市町村災害共済基金組合の解散に伴う財産処分についてであります。

 福岡県市町村災害共済基金組合の解散に伴う財産処分について定めるため、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものです。

 議案第70号は、平成24年度みやこ町一般会計補正予算(第4号)についてであります。

 既定の総額に、歳入歳出それぞれ7億1,540万1,000円を追加し、歳入歳出の総額を132億9,099万8,000円にするものであります。主な内容といたしまして、職員の人事異動による人件費の組み替えを初め、福岡県市町村災害基金組合の解散に伴う公債費の繰り上げ償還及び公共施設整備基金元金積立金などを追加補正しております。

 議案第71号は、平成24年度みやこ町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)であります。

 既定の総額に、歳入歳出それぞれ6,158万7,000円を追加し、歳入歳出の総額を30億2,558万7,000円にするものであります。主な内容といたしまして、後期高齢者支援金等は社会保険診療報酬支払い金からの指示額により補正し、また、諸支出金では平成23年度分の療養給付費負担金など国庫返納金を追加補正しております。

 議案第72号は、平成24年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)であります。

 既定の総額に、歳入歳出それぞれ2,696万8,000円を追加し、歳入歳出の総額を3億1,016万8,000円にするものであります。主な内容といたしまして、後期高齢者医療広域連合納付金を追加補正しております。

 議案第73号は、平成24年度みやこ町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)であります。既定の総額から、歳入歳出それぞれ914万3,000円を追加し、歳入歳出の総額を19億7,288万8,000円にするものであります。主な内容といたしまして、総務費に職員の人事異動による人件費及び介護保険認定審査会負担金を追加補正しております。

 以上、提案理由を御説明いたしました。今回提案しております議案は、いずれも重要な案件でありますので、慎重に御審議の上、御可決くださいますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(上田重光君) 以上で、町長提出案件の提案理由の説明を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第7.議員提出議案の上程、趣旨説明



○議長(上田重光君) 日程第7、議員提出議案の上程、趣旨説明を行います。

 発議第11号看護師等の職場実態の改善を求める意見書(案)について及び発議第12号介護職員処遇改善加算の継続、拡充を求める意見書(案)についての2件を一括議題とします。

 これより提出者に趣旨説明を求めます。なお、発議第11号及び発議第12号は、提出者が同じですので、一括して趣旨説明を求めます。11番、熊谷みえ子議員。



◎議員(熊谷みえ子君) 皆さん、おはようございます。発議第11号看護師等の職場実態の改善を求める意見書(案)について、趣旨説明をさせていただきます。

 文案にありますように、厚生労働省は2011年の6月17日に各局長、5局長通知での看護師等の雇用の質の向上のための取り組みについての通知を発しております。その中で、看護師等の勤務環境の改善なくして、持続可能な医療提供体制や医療安全の確保は望めない。夜勤交代制労働者の勤務環境改善は喫緊の課題としております。

 以下、1、2、3、4として、看護職員確保法及び基本指針を遵守し、夜勤は月8日以内が守れる人員数を配置すること。2、夜勤は3交代を基本とし、長時間夜勤は改善すること。3、労働時間管理者の明確化を図り、違法な不払い残業をなくし、時間外労働を減らすこと。勤務間隔を12時間以上とすることや、日勤、深夜勤務解消等でのシフトの改善を進めること。夜勤等があることによって、看護師としての仕事を勤められなくなっている方も多いと聞いておるところでございます。

 国に、また福岡県知事に対して、看護師等の職場実態の改善をさらに求めるものとしての意見書提出でございます。また、この意見書案については、福岡県医労連よりの陳情に基づくものでございますので、皆さんの御賛同を得るようによろしくお願いしたいところでございます。

 次に、発議12号についての、意見書についての趣旨説明をさせていただきます。介護職員処遇改善加算の継続、拡充を求める意見書(案)について、説明をさせていただきます。

 皆さん御承知のように、介護職員の処遇改善交付金というものが制度として行われてまいりました。表題にありますように、平成21年10月から実施をされていて、平成24年度介護報酬改定での介護報酬に組み込まれ、介護職員処遇改善加算として継続することになりました。

 しかし、この実態に基づいても、なおさらに介護職員の給与の確保がなかなか難しい施設が続いているというふうに聞いております。その中で、介護を担う介護職員の不足は深刻で、離職者が依然として高い状況が続いておるというふうになっております。介護事業者は、介護職員の確保に苦慮している。介護崩壊を食いとめ、安全安心の介護を実現するためには、介護職員確保に向け、賃金改善などの処遇改善が不可欠だとされています。介護職員の賃金実態は、全労働者平均と比較しても、介護職員の賃金実態はおよそ3分の2程度で、約10万円以上も低い実態でありますとされています。厚生労働省の平成22年度賃金構造基本統計調査によれば、福祉介護職員は21.4万円、全国労働者平均は32.3万円とされています。この約10万円以上も低い実態の中で、政府公約である介護職員への4万円の賃上げの必要性からも、介護処遇の改善加算は廃止ではなく、継続し拡充させることを求めるという内容になっております。

 この案件についても、国と福岡県知事に対して提出するものでございます。皆さんの御賛同をお願いたしまして、私の趣旨説明を終わらしていただきます。ありがとうございます。



○議長(上田重光君) 議員提出議案の上程、趣旨説明を終わります。

 以上、本日付議されました19件は6日の本会議で質疑を受けた後、それぞれ所管の常任委員会に付託を行いたいと思います。

────────────・────・────────────



○議長(上田重光君) これで、本日の日程は全て終了いたしました。

 本日はこれで散会といたします。

午前10時50分散会

──────────────────────────────