議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 苅田町

平成 18年12月定例会(第7回) 12月06日−02号




平成 18年12月定例会(第7回) − 12月06日−02号







平成 18年12月定例会(第7回)


───────────────────────────────────────────
平成18年 第7回 (定例)苅田町議会会議録(第3日)
                             平成18年12月6日(水曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第2号)
                         平成18年12月6日 午前10時00分開議
 日程第1 議案質疑
 日程第2 議案の付託
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 議案質疑
 日程第2 議案の付託
──────────────────────────────
出席議員(17名)
1番 友田 敬而君        2番 桝谷 忠明君
3番 木原 洋征君        4番 小山 信美君
5番 常廣 直行君        6番 白石 壽幸君
7番 林  繁実君        8番 井上  修君
9番 武内幸次郎君        11番 坂本東二郎君
12番 梶原 弘子君        13番 川上公美子君
14番 長井 孝篤君        15番 野本 正樹君
16番 松蔭日出美君        17番 光永 信雄君
18番 珠久 六夫君                 
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(1名)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
       事務局長           城 正 夫 君
       書記             金 丸 典 光 君
       書記             片 山 巧 君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
       町長             吉 廣 啓 子 君
       助役             野 上 明 倫 君
       収入役            上 野 義 廣 君
       教育長            有 松 邦 雄 君
       消防長            三 溝 博 君
       総務部長           花 房 幸 司 君
       民生部長           井 関 寛 之 君
       産業建設部長         各 務 強 志 君
       教育次長           岡 田 利 定 君
       総務課長           春 田 洋 介 君
       財政課長           加 藤 清 次 君
       総合政策課長         北 原 正 一 君
       健康福祉課長         白 石 正 弘 君
       都市整備課長         星 野 峰 敏 君
       水道局長           坂 岡 正 喜 君
       農政課長           藤 澤 信 三 君


──────────────────────────────

午前10時00分開議



○議長(珠久六夫君) 皆さん、おはようございます。ただいまから本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.議案質疑



○議長(珠久六夫君) 日程に従いまして、これより議案質疑を行います。

 請願第2号御所山古墳及び周辺整備に関する請願書を議題として質疑を行います。紹介議員に対する質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 続きまして、請願第3号新津中学校のエレベーター設置に関する請願書を議題として質疑を行います。紹介議員に対する質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第140号平成18年度苅田町一般会計補正予算(第8号)を議題として質疑を行います。質疑はまず歳出より款を追って行います。1款議会費、質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) ないようなので2款総務費を追加いたします。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) それでは、3款民生費を追加します。9番、武内君。



◆議員(武内幸次郎) 3款1項1目28節ですけれども、国民健康保険特別会計への繰り出し金、7,200万計上されておるんですけれども、今年度の持ち出しは大体どれぐらいになるのかという予想がわかれば教えていただきたいということが1点と、それから、保険料の見直し等々のを検討されておるゆうような話も伺っておりますけれども、国民健康保険の、いわゆる健全なあり方ということから考えれば、十分、保険料の見直し等々を検討されなければならないというふうに思うんですが、そこらあたり、どういう形にやっていこうとされておるのか見通しをお伺いをいたしたいというふうに思います。



○議長(珠久六夫君) 白石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) まず1点目でございますけども、今回の7,062万2,000円の補正をした結果、トータルで2億5,568万7,000円の一般会計からの繰り入れという見込みでございます。

 2点目の件につきましては、過去、毎年1億円を超す赤字がずっと続いておりまして、それにつきましては、そういう状況の中で、何らかの措置をしなければならないわけでございますけれども、その中の一つとして、値上げもやむを得ないのかなというところがございます。もちろん、値上げをするからにおきましては、医療費の抑制等につきましても、十分やっていかなければいけないというところ、そういうことでございます。



○議長(珠久六夫君) はい、9番、武内君。



◆議員(武内幸次郎) 状況をよくわかっておるわけですけれども、いつも決算委員会あるいは予算委員会等々で問題等になるのは、いわゆる社会保険の加入者が二重払いになるという話をいつもされるわけですけど、当然、そういった議論にもなるのは当たり前というふうに思うんですが、そこらあたりをできるだけ、やっぱり圧縮をしていくという施策は必要であろうというふうに思いますんで、そこらをちょっと、十分に考えた配慮をしていただきたいということを申し添え、終わりたい、お願いを申し上げておきたいというふうに思います。



○議長(珠久六夫君) はい。ほかにございませんか。はい、12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) ただいまの関連でございますが、先日NHKで、この国民健康保険の成り立ちについて、もういよいよこれは、もう、無理があると、年金者や高齢者、中小業者が入っているこの国民健康保険について、破綻をしていくと、政府に対して、この中身の枠組みの変更、これなどを要求すべきだというような意見も大学教授から出されていたんですが、そういう問題は、この地方自治体、一地方自治体でも話し合われたことがあるのかどうなのか、もろもろ、いろいろ、たくさんこちらも改善しなければいけない問題があるでしょうが、いかがでしょうか。



○議長(珠久六夫君) 井関部長。



◎民生部長(井関寛之) 国民健康保険の生い立ち、いろいろあるわけですが、基本的には、相互扶助ということで、この国民健康保険、成り立ってると思っております。

 それで、そもそもこの制度のことについて、いろいろ内部で検討したことがあるかということでございますが、正式には、いろいろそういった話はないんですが、これは、議員さんおっしゃいましたように、全国的に国保はもう赤字ということで、これはもう全国的に言われておりますんで、町としても制度の、国の制度に倣って、いろんなところを改正していくということでございます。



◆議員(梶原弘子) 議長、もう1つ。



○議長(珠久六夫君) はい。9番──失礼しました。12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) これは、国の成り立ちでというふうになっておりますが、こういうふうに国民健康保険審査委員会ですかね、町にあると思うんですが、それを今度、県や国に持っていくという、そういう組織というか、流れはないのでしょうか。



○議長(珠久六夫君) 井関部長。



◎民生部長(井関寛之) 苅田町におきましては、国民健康保険運営協議会というのがございます。そこから上に持っていく、それをまた国に持っていくという、その運営協議会自体は、そういった流れになってはおりません。



○議長(珠久六夫君) はい。ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) ないようでしたら4款衛生費を追加します。



◆議員(武内幸次郎) 議長、まだもう1点あります。



○議長(珠久六夫君) はい、どうぞ。9番、武内君。



◆議員(武内幸次郎) 次のページになりますけれども、3款2項2目の19節でありますけれども、少子対策保育補助金ということで127万2,000円計上されておりますけれども、これらは、経済的な負担の軽減という施策の一つだろうというふうに思うんですけれども、少子化対策、大変な問題でありますけれども、苅田町では、次世代育成支援行動計画に基づいて、総合的な、いわゆる少子化対策を図っていくというような答弁をずっとなされてきておるわけでありますけれども、具体的に、そういった施策はすべて、徐々にやっていくということだろうと思うんですけれども、そういったことが全体的にそろっていかないと、少子化対策に歯どめがかからないということにもなろうかというふうに思うんですが、そこらあたり、どのように進められていっておるのか、余り、顔が見えてこないような気がするんですが、そこらあたりの話をちょっとお聞かせをいただきたいなというふうに思います。



○議長(珠久六夫君) 井関部長。



◎民生部長(井関寛之) この次世代育成支援対策ということで、この計画に基づきまして事業を進めているわけでございます。それぞれの項目ごとに担当をしております、それぞれの課より、進行状況ということで、項目が150数項目、事業が上がっておりますが、その1項目ずつにつきまして、進行管理を行っております。それぞれの各課ごとにどれぐらい進んだかということで、進行を出していただいております。それで、幾らできたかという数字が毎年上がってきております。これは、一応、18年度末で70%程度進行しているというふうに、今、考えております。



○議長(珠久六夫君) はい、9番、武内君。



◆議員(武内幸次郎) まあ、70%程度進行しておるという部長の答弁があったわけですけれども、安心して子供を生み育てる環境づくりというのが、これから本当に大変重要な施策の一つだろうというふうに思いますんで、そこらあたりですね、私は苅田町、今、まあ、財政的にも余裕がある程度ありますんで、積極的な取り組みをされて、いち早く少子化に道しるべをつくると。全国的にも先進地といわれるような道しるべをつけていただきたいということを申し添てお願いをしておきたいというふうに思います。



○議長(珠久六夫君) はい。16番、松蔭君。



◆議員(松蔭日出美) 先ほど、梶原さんのあれに関連するんですが、これ大変重要な問題でありますので、ちょっとお尋ねいたします。

 その委員会で、県、国には持っていけないということでありましたが、その委員会から苅田町の議会に持って入ることはできませんか。



○議長(珠久六夫君) 井関部長。わかりますか、質問が。国保運営委員会。あなたの答弁で、国保運営委員会は、そういう国やら県に持っていくようにはなってないと。しかし、そこであった、いろんな審議したことを、課題を議会に持ち込むことはできるかという質問。はい。



◎民生部長(井関寛之) 運営協議会におきまして、町の方から諮問をかけます。そして、そういった諮問をかけた分については、町、答申を受けます。その答申に基づいて、町がいろんな施策を検討しておりますんで、議会に──答申をいただいて、その分につきまして、町の、どうするかということで議会の方には報告という取り扱いはできるというふうに思います。(「どっち、できる、できないの、報告」と呼ぶ者あり)



○議長(珠久六夫君) はい、16番、松蔭君。



◆議員(松蔭日出美) できるなれば、議会にお願いをして、議会の方から県や国に持っていくと。これ、ぜひ、できるならやってくださいよ。お願いします。



○議長(珠久六夫君) はい、野上助役。



◎助役(野上明倫) お答えをいたします。

 国民健康保険運営協議会という、町が設置しております附属機関でございますけれども、これは基本的には、今の現行法の枠組の中で、それを前提として町の方からその枠の中でどういう形で、町で決められる範囲の、例えば保険料を幾らにするであるとか、保健税ですけど、幾らにするかといった、そういったところを中心に議論していただいて答申をいただくと。で、答申をいただいた中身を、私ども執行部の方で、予算というような形にして、それを議会の方にお諮りすると。それが本則の流れでございますけれども、今、お話が出ておりますような、制度全体の改正等に係る、その、国なりに対する要望のような形が、その運営協議会の中で、果たしてできるのかどうか、そしてそれを、どういったルートで国なりに伝えていくということができるのかどうか、その点につきましては、その審議会の役割、審議会の権限なり、役割にかかわる問題でございますので、その必要があり、かつ可能であれば、そういったことも検討したいと思います。

 ちょっと、その審議会の中で、どこまで、そういった制度改正、要望的なことが可能なのかということについては、検討させていただきたいというふうに思います。



◆議員(松蔭日出美) わかりました。



○議長(珠久六夫君) はい。ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) なければ4款追加します。衛生費、追加します。はい、9番、武内君。



◆議員(武内幸次郎) 4款の1項6目ですか、19節の犬猫の避妊去勢の手術の補助金でありますが、今回、補正をされておりますが、今、申し込み、今日までどの程度の申し込みがあって実行されたかということが1点と、それによって、やっぱり費用対効果というものもある程度見ていかなくてはいけないと思うんですよね。例えば、こういった補助をやる場合に、犬あるいは猫の場合の放し飼いとかいろんなふん公害等が言われておりますが、そういった交付する段階で、そういったことも厳しく、こういったことに対して、知っていますが、犬の放し飼いあるいは猫の放し飼いとかいうことについてしっかりと守ってくれとかいうようなこともつけ添えてやっておるのかな。恐らくしてないと思うんですよね。そういったところが甘いと思うんですが、ただ単にやるということだけではなくて、そこらあたりもきちっとやっていくということでないと、本当の意味の効果はあらわれてこないというふうに思うんですが、そこらあたりはどうなんでしょうか。



○議長(珠久六夫君) 井関部長。



◎民生部長(井関寛之) 犬猫の避妊の手術の補助金でございますが、これ、11月末までで、犬が20匹、それから猫が50匹の計70匹になっております。

 次の質問の効果ということで、こういった申請するときには、放し飼いとか、そういったところの指導ということでございますが、この申請に来たときには、今後、そういった指導等を窓口で徹底して行うようにしていきたいというふうに思います。



○議長(珠久六夫君) はい、9番、武内君。



◆議員(武内幸次郎) 部長ですね、今、これから徹底していくとかいう話をされてますけれどね、こんなもの基本ではないですか。そんなばからしいこと言ったらいけませんよ。そういったことを、私は、この制度自身、私、反対ですよ、今でも。何で飼い犬、飼い猫に避妊去勢の手術の助成金をやらないけんですか。今でも私はこれは納得はしていませんけれども、もし、そういうことをされるとするなら、より効果がある方法を考えていくということが行政の責任でもあるというふうに思うんですが。私は今の、部長の答弁ですね、これでは部長の体をなしてないというほかないというふうに思いますが、ぜひ、そこらあたりも、強く言ってるわけじゃない。みんなそういう態勢にあると思うんです。そういったことの、やはり、全体的が、私は、ぬるま湯につかっておると言わざるを得ないというふうに思いますんで、ぜひ、これからそういったことも気をつけてしていただきたい。部長だけを文句を言っているわけでは全くありませんので。全体的なことを申し上げておりますんで、ぜひ、そこらあたりも十分配慮していただきたいということを注文をつけておきたいというふうに思います。



○議長(珠久六夫君) ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) ないようでしたら6款農林水産業費を追加します。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 8款土木費を追加いたします。14番、長井君。



◆議員(長井孝篤) 28ページですかね、2目の道路新設改良費というのがありまして、工事請負費7,700万減額になっております。これをその他の項目でカバーするという形でプラス・マイナス・ゼロにはなっておりますけども、これ、苅田駅の、恐らく西側の工事だろうというふうに思っておりますけども、この減額の理由と、それからどういう形でほかに予算が流用されるのか、その辺の中身の説明をお願いいたします。



○議長(珠久六夫君) 星野課長。



◎都市整備課長(星野峰敏) お答えします。

 工事請負費でございます。1件、幼稚園補償交渉が1件、難航しております。それが、今からもし妥結しても、18年度事業には間にちょっと合いませんから、その中で、委託料に2,000万流用させていただいております。それは、玉川のガード下を改良いたします。その関係で、JRとの協議の関係で設計委託2,000万追加したいと思います。

 それと、17節の公有財産購入費ですね、900万しております。これは、2筆の固有財産購入を追加しております。

 それと、22節の補償補てんですね、賠償金4,800万ですね。この中で、事業用地の中で、もう、早くうちの方に金額提示をしていただきたいということが多々有ります。その中で家屋3軒を4,800万で考えております。

 以上でございます。



○議長(珠久六夫君) 14番、長井君。



◆議員(長井孝篤) で、あの、苅田駅の西側広場、これ、階段おりたところ、非常に手狭になっておりまして、用地交渉がうまくいってないなという感じはしておるんですけども、これ、何かお寺がありますよね、これが手間取ってるというふうに聞いておりますけども、今後の見通しはどういうふうになっておりますか。



○議長(珠久六夫君) 星野課長。



◎都市整備課長(星野峰敏) 補償の範囲内で今後、努力していきたいとは思っております。



○議長(珠久六夫君) 14番、長井君、いいですか。はい。



◆議員(長井孝篤) まあ、努力は努力ですけども、いつまでにできそうだとか、そういった、その見通しはどうですかね。



○議長(珠久六夫君) 星野課長。



◎都市整備課長(星野峰敏) それは、いついつまでということは、ここで断定できませんですけど、担当の私といたしましては、今後、早く解決できるような形で努力をしてまいりたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(珠久六夫君) ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) ないようでしたら9款消防費を追加します。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 消防費ないようでしたら10款教育費を追加します。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) それでは、11款災害復旧費を追加いたします。はい、12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) ページ、36ページですね、ここに15節に工事請負費、法正寺のため池の災害復旧、これが県の予算がつかなかったというふうに大まかに聞いているんですが、この経過をお聞きしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 藤澤課長。



◎農政課長(藤澤信三) お答えいたします。

 これは、さきの夏場の災害に伴いまして、災害を国の補助金で行うために、国、県の補助金を行うために災害査定というのがございます。その災害の査定を受けますときに、私どもとしては、工事延長としましては36メーターの要望ということで査定を受けたわけでございますけども、結果的には、査定の結果は工事延長を16.5メーターということで、約14メーターほどカットされましたためにこの減額ということになったわけでございます。



○議長(珠久六夫君) はい、12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 14メーターカットということで、これは、復旧はできるんでしょうか。これ、あとは町費でやるんでしょうか。他の田畑への影響は出ないのかお聞きしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 藤澤農政課長。



◎農政課長(藤澤信三) それにつきまして、町単費の方で行います。それによってその池の補修を工事を終わらせたいと思っております。



○議長(珠久六夫君) ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) ほかに質疑がないので質疑を終わります。

 以上で歳出を終わります。

 次に、歳入全般について質疑を行います。質疑はございませんか。12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) ページ、14ページに3万6,000円という身体障害児者等実態調査委託金というふうについております。これは、どういう意味合いのものかお聞きしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) これは、厚労省の方より依頼がございまして、身体障害児あるいは身体障害者の精神知的身体の方たちで、地区を指定をしてきておりまして、国の方からですね、地区を指定をされまして、その地区の中で、その該当者の方についてのアンケートでございまして、6件を実施しております。



○議長(珠久六夫君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) この地区指定というのは、これは厚労省からの指定ですか。これは町が、何カ所かって数字を指定されたら、町が抽出してやったのか。

 それから、これは、3万6,000円しかついてませんよね。これ、どういう形の調査をしたのか。



○議長(珠久六夫君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) この地区の指定は国からでございまして、町がしたわけではございません。

 それから、これは、アンケートを実施しました関係で、国からの委託料でございます。国にかわって調査をしたというための委託料の収入ということでございます。



◆議員(梶原弘子) はい。



○議長(珠久六夫君) ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) ほかにないので質疑を終わります。

 以上で議案第140号平成18年度苅田町一般会計補正予算(第8号)の質疑を終わります。

 議案第141号から議案第146号までの6件の補正については、歳入歳出全般について質疑を受けたいと存じますので御了承を願います。

 議案第141号平成18年度苅田町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第142号平成18年度苅田町老人保健特別会計補正予算(第3号)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第143号平成18年度苅田町介護保険特別会計補正予算(第2号)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 次に、議案第144号平成18年度苅田町土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第145号平成18年度苅田町苅田臨空産業団地開発事業特別会計補正予算(第2号)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第146号平成18年度苅田町下水道事業会計補正予算(第2号)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第147号苅田町放課後児童クラブ設置条例の一部を改正する条例の制定についてを議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第148号苅田町産業立地促進条例の一部を改正する条例の制定についてを議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第149号専決処分について(平成18年度苅田町一般会計補正予算(第7号))を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第150号専決処分について(苅田町乳幼児医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第151号専決処分について(苅田町母子家庭等医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第152号専決処分について(苅田町重度心身障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第153号町道路線の廃止についてを議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 続きまして、議案第154号町道路線の認定についてを議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第155号福岡県自治振興組合を組織する地方公共団体の数の減少についてを議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

 議案第156号福岡県市町村災害共済基金組合を組織する地方公共団体の数の減少についてを議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので質疑を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第2.議案の付託



○議長(珠久六夫君) お諮りをいたします。議案質疑が終了いたしました。請願2件及び議案17件につきましては、印刷御配付のとおりそれぞれの委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 御異議がないのでさよう決定をいたします。

────────────・────・────────────



○議長(珠久六夫君) 以上をもちまして本日の議事日程を終了いたしました。本日はこれにて散会をいたします。

 お疲れさまでした。

午前10時33分散会

──────────────────────────────