議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 苅田町

平成 18年 3月定例会(第1回) 03月06日−03号




平成 18年 3月定例会(第1回) − 03月06日−03号







平成 18年 3月定例会(第1回)


───────────────────────────────────────────
平成18年 第1回 (定例)苅田町議会会議録(第8日)
                             平成18年3月6日(月曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第3号)
                         平成18年3月6日 午前10時00分開議
 日程第1 一般質問
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 一般質問
──────────────────────────────
出席議員(17名)
1番 友田 敬而君        2番 桝谷 忠明君
3番 木原 洋征君        4番 小山 信美君
5番 常廣 直行君        6番 白石 壽幸君
7番 林  繁実君        8番 井上  修君
9番 武内幸次郎君        10番 作本 文男君
11番 坂本東二郎君        12番 梶原 弘子君
13番 川上公美子君        14番 長井 孝篤君
15番 野本 正樹君        16番 松蔭日出美君
17番 光永 信雄君                 
──────────────────────────────
欠席議員(1名)
18番 珠久 六夫君                 
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
       事務局長           城 正 夫 君
       書記             金 丸 典 光 君
       書記             片 山 巧 君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
       町長             吉 廣 啓 子 君
       助役             野 上 明 倫 君
       収入役            上 野 義 廣 君
       教育長            有 松 邦 雄 君
       消防長            高 城 久 雄 君
       総務部長           花 房 幸 司 君
       民生部長           井 関 寛 之 君
       産業建設部長         各 務 強 志 君
       教育次長           岡 田 利 定 君
       総務課長           春 田 洋 介 君
       財政課長           加 藤 清 次 君
       健康福祉課長         白 石 正 弘 君
       都市整備課長         星 野 峰 敏 君
       水道局長           上 川 哲 司 君
       総合政策課長         北 原 正 一 君
       徴収対策室長         森 山 規 美 男 君
       環境保全課長         行 事 道 雄 君
       施設建設課長         藤 澤 信 三 君
       人権推進課長         神 田 俊 彦 君


──────────────────────────────

午前10時00分開議



○副議長(光永信雄君) おはようございます。ただいまより本日の会議を開きます。

 傍聴者の皆さんにお願いをいたします。携帯電話をお持ちの皆さんは、電源を切るかマナーモードで傍聴をしていただきますようにお願いを申し上げておきます。

────────────・────・────────────



△日程第1.一般質問



○副議長(光永信雄君) 日程に従いまして、これより一般質問を行います。

 質問の順位は、印刷御配付の順に行います。

 3番、木原洋征君。



◆議員(木原洋征) 〔登壇〕おはようございます。日本共産党の木原洋征です。国会では、2006年度予算案が衆議院本会議で自民・公明両党の賛成で可決されました。国民の所得が落ち込み、貧富の格差の拡大が深刻な問題となっているにもかかわらず、小泉内閣は総額3兆4,000億円もの増税になる定率減税の全廃を盛り込むとともに、医療を初め社会保障でも国民に大きな負担増を押しつけようとしています。

 最近の世論調査によると、大多数の人が所得などの社会的格差が拡大したと判断しています。1月発表の毎日新聞の調査では、7割の人が格差社会は問題だと考え、税金や社会保障制度で豊かな人から貧しい人への所得の再分配を強めるべきだと答えています。

 国民の暮らしが危機に陥ったときに、その危機を取り除き不安を解消して社会の安定を図ることこそ国の財政の使命です。社会的格差と貧困を一層広げる小泉構造改革に終止符を打つことが必要です。

 苅田町においては、企業進出による税収増で地方交付税の不交付団体として県下トップの財政力を誇る一方、国保税の滞納世帯が3分の1、2,000世帯にも上り、全県でワーストワンと町民の生活実態が非常に厳しいものがあります。

 吉廣町長は、だれもが安心して心豊かに暮らしていける町の実現に向けて全力で取り組むと言われていますが、保険証を取り上げられ困窮している町民に対する施策をどのように考えているのでしょうか。自治体が本来の役割を発揮して、住民が主人公の立場で町民の命と暮らしを守る施策を講じることが必要ではないでしょうか。

 それでは、一般質問に移りたいと思います。

 一つ目は、国保税の引き下げと滞納世帯への支援策、また、滞納制裁措置の中止の3点について。

 小泉構造改革路線が生んだ格差の拡大は、全国で生活保護世帯が100万世帯を突破、教育扶助、就学援助を受けている児童生徒は12.8%に、貯蓄ゼロの世帯は23.8%まで激増しています。

 苅田町でも同様に、町民の所得格差が拡大しています。低所得で苦しんでいる町民でも払える国民保険税にするために、一般財源からの繰り入れ額を増額し、国保税の引き下げをすること。所得の激変や病気などとともに貯蓄ゼロ世帯の増加で国保税の支払いができない世帯がふえ続け、滞納世帯が2,055世帯にもなっています。国保に復帰できる減免などの支援策が必要です。

 また、滞納世帯に制裁措置として保険証を取り上げ、資格証明書や短期保険証を発行していますが、保険証を発行し町民の命を守るべきです。

 二つ目は、教育環境の整備ということで、普通教室への空調設備の設置、スクールバスの運行、通学路の安全対策、少人数編成の4点について。

 小中学校の普通教室への空調設備の設置は、障害児の学習権の保障や子供たちが学習に集中できる環境づくりのために緊急な課題として問題提起をしています。18年度、障害児のいる片島小、苅田小の2校から設置が必要です。

 スクールバスの運行については、新津中学校の地域が非常に広く、自転車に乗らない子や体調の悪い子、障害のある子供たちと家族の負担は大変ですが、防犯上からも速やかな運行が必要です。

 通学路の安心・安全対策については、県道浄土院川横の交差点の改良工事と交通規制、また、県道今古賀横の安全対策の早期実施が必要です。

 少人数編成の問題では、教育特区による少人数学級が提案され、多人数クラスの子供や保護者たちから大きな期待が寄せられていますので、ぜひ実現をお願いします。

 片島小学校の新1年生が五、六人と非常に少ないと聞いています。児童増加対策として片島─岡崎間の校舎所有の遊休地の早期活用や雇用促進住宅への家賃補助の増額などの対策が必要です。

 三つ目は、児童館の早期設置が、幼児の虐待や児童への悲惨な事件が頻繁に発生する中、乳幼児や児童に安心・安全な居場所づくりのために今、緊急に求められているのではないでしょうか。今すぐやれることから実施が必要です。

 四つ目は、町長の「誰もが安心して心豊かに暮らしていける町」の実現に向けて高齢者や障害者が生きがいを持って安心して暮らせる環境づくりなど、町民の意思を反映しながら、具体的な施策として取り組むと言われていますので、目に見える形で実現すべきではないでしょうか。

 また、入札制度の見直しは、選挙での大きな争点でもあり、公約でもありました。公正で透明な入札制度の導入について町長の見解を伺いたい。

 5番目は、平和で安全な新北九州空港について。

 新北九州空港の開港が目前に迫り、期待をする町民とともに、築城基地の自衛隊機や米軍機との事故を心配する地域の皆さんもいます。現在でも不安だが、米軍再編による米軍使用は、緊急使用が恒常的に押しつけられ、事故件数の発生が高くなり、新北九州空港の安全な利用が危ぶまれるのではないでしょうか。そのために安心・安全な新北九州空港を確保するための積極的な手当が必要と考えます。

 住民が主人公の立場で町民の声を真摯に受けとめ、町政に反映することをお願いして私の壇上での質問を終わります。執行部の明確で誠意ある御回答をお願いいたします。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 〔登壇〕おはようございます。ただいまの木原議員の御質問にお答えしたいと思います。

 まず、国保税についてですが、御承知のように、国民健康保険は特別会計を設けて運営しています。国、県の歳入のほかに国民健康保険税でもって医療費などを賄っているわけですから、国保税を引き下げれば下げるほど一般会計からの持ち出しがふえていくことになります。

 言いかえれば、国民健康保険の被保険者でない社会保険等の被保険者からの税収を充てるということになるわけであります。したがいまして、適正な国保税を賦課徴収しなければならないようになっています。現状を見ますと、税の引き下げを行うことは困難だと思っていますので御理解をお願いしたいと思います。

 次に、改正国保法により保険税の納期限から1年間が経過するまでの間に保険税を納付しない場合においては、保険税の滞納につき災害、その他の政令で定める特別の事情があると認められる場合を除き、今までのできる規定から義務的に被保険者証の返還及び資格証明書の交付を行うことになりましたので、資格証明書の発行の中止については困難な状況でございます。

 続いて、教育環境の整備についてですが、大半は教育委員会に関するものですので、後ほど教育長に答弁をしていただきます。

 私の方からは、通学路の安心・安全対策について、県道浄土院川横の交差点の改良と通行規制と今古賀横の安全対策の早期実施をということですが、今古賀団地横の県道須磨園南原曽根線の安全対策としての歩道設置については、苅田町といたしましても早期完了に向け福岡県に要望しているところでございます。

 次に、浄土院川横の交差点の改良と通行規制につきましては、交差点を改良するためには、さらに上流側の道路も拡張する必要があるため、昨年度より行っています下流側とあわせて用地交渉を行ってまいります。地権者との話ができましたら実施してまいりたいと思っています。

 また、一つ橋と県道須磨園南原曽根線の間の交通規制につきましては、行橋警察署にお願いをしてまいりましたが、その中で地域の皆さんの理解と協力が必要とのことですので、皆様方と連携をとりながら町としても対応してまいりたいと思います。

 次に、児童館の早期設置についてということで、平成17年3月に苅田町次世代育成支援対策行動計画を策定し、この計画を推進していくために、関係部局による推進本部を設置し、進行、管理、点検、評価を行っていくようにしております。

 昨年には、推進本部会議を開催し、157事業を評価し、目標達成率を出しており、評価の低い事業は必ず関係課で協議し検討するようにしておりますので、この次世代育成支援事業については、年々実施率が上がっていくものと考えております。

 現在、乳幼児については、パンジープラザ内に子育て支援センターを設置し、乳幼児の子育て相談を行っております。各公民館では、毎月遊びを中心とした育児サークルを実施していますが、公民館は常時ということにはなっておりません。また、小学校低学年についての学童保育については、現在4カ所で実施しています。児童館の設置をということですが、次世代育成支援対策行動計画の中では、21年度までに実施予定と位置づけていますが、今後、どういった形で実施が可能かどうかを具体的に検討していきたいと思っております。

 次に、私の公約についてですが、現在、苅田町では、福祉の町づくりということで、障害者や高齢者にやさしい施設や道路づくりを手がけていますが、なかなか障害者や高齢者の皆様に満足のいくものになっていないというのが現状だということは否めません。

 先日も障害者の皆様との懇談会の中でさまざまな御意見をいただきました。今後ともユーザーの皆様の声を大事にしながら、町づくりをやっていきたいと思いますが、あくまでもやさしい町づくりとは、行政や一部のボランティアに任せるのではなく、地域に住むすべての人が互いに助け合い支え合う町になることが大切だと思っております。

 最後に、公正で透明な入札制度の導入ですが、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律が平成13年4月1日より施行され、透明性の確保、公正な競争の促進、適正な施行の確保、不正行為の排除の徹底などが求められております。

 苅田町では、この法律及び指針に基づいて今日までに予定価格の事前公表及び最低制限価格の公表などをしています。今後、さらなる透明性、公平性を確保するために、入札制度改善対策特別委員会の意見を参考にしながら検討していきたいと思っております。

 以上、壇上からの答弁はこれにて終わらせていただきますが、木原議員の今後の質問につきましては自席にてお答えさせていただきたいと思います。(「ちょっと5番目はないですか。平和で安全な北九州空港を」と呼ぶ者あり)申しわけありません。5番目がありまして、平和で安全な北九州空港をということで、築城基地との空域についてですが、築城基地と新北九州空港の空域調整についてですが、国土交通省大阪航空局に問い合わせましたところ、築城基地と新北九州空港の管制圏が若干重なる部分はありますが、平成4年8月に当時の運輸省と防衛庁の間で空域調整問題は合意しており、また、民間航空機とは飛行経路が違うため安全性は確保されているとの回答をいただいております。

 新空港着工までには、幾つかの難題がありましたが、この空域調整問題もその一つで、これらが解決したため、新北九州空港実施設計調査費が政府予算で認められ、平成6年10月の着工となったものです。

 また、空港用地の管理についてですが、現在、空港島内南側の整備されていない用地は、公有水面埋立法上は未竣工地で、国土交通省九州地方整備局が管理しており、この中の水たまりにカモなどの野鳥が見受けられます。

 現時点では、余り多くはいないようです。しかしながら、国土交通省大阪航空局では、野鳥による航空機への被害等が懸念される場合には、機具などを使用して野鳥が近づけない措置をとり、安全運航に努めるとのことですので御理解をいただきたいと思います。

 以上で終わらせていただきます。



○副議長(光永信雄君) 有松教育長。



◎教育長(有松邦雄) 木原議員の御質問にお答えいたします。

 まず最初は、普通教室への空調設備の設置の御質問についてですが、子供たちが学校で落ち着いて学習ができるように教育環境整備を順次行ってまいりました。今後も学校施設の整備を図っていきたいと考えております。

 お尋ねの空調設備につきましては、平成17年度より子供たちの読書活動を向上させるために、各小中学校の図書室に空調の設備を行い、平成18年度も引き続いて図書室の空調設置に伴う整備を行う予定でございます。各教室の空調設備については、今後、順次検討してまいりたいというふうに考えております。

 次に、スクールバスの件でございますが、障害のある子供が安心して学習できるように現在までソフト面、それから、ハード面の両面にわたりまして整備を行ってまいりました。例えば、小中学校に生活支援員を配置したり、それから、エレベーター、スロープ、手すりの設置や身障者用トイレの改修等、児童生徒が学校生活に支障のないようにバリアフリー対策を行ってまいりました。

 スクールバスの運行についてですが、子供たちの登下校の安全対策の一環として今後の検討課題とさせていただきたいと思っております。

 次に、少人数学級編成に関する御質問でございますが、御存じのように、苅田町の子供たちに確かな学力と豊かな心を育成するために少人数によるきめ細かな指導がぜひ必要だと考え、今教育特区を申請しております。認定後は、議会の承認を経て、段階的に少人数学級を実施していく予定にしております。

 なお、確かな学力を育成するためには、低学年からの学習規律、それから、基本的生活習慣の徹底が必要であるというふうに言われております。そういうことから、原則として低学年からの少人数学級の編成を進めていきたいというふうに考えております。

 しかしながら、特別な支援を必要とする子供の実態など、学校の事情もございますので、実施に当たりましては、学校と合い議しながら、より適切と考える方法で進めていきたいというふうに考えております。

 次に、片島小の児童増加対策についてですが、雇用促進住宅に住み、片島小学校に通っている児童の保護者に対して、月額1万円の家賃助成をしております。しかし、現在、行財政改革を進め、補助金等の見直しをしている中での補助金の増額は厳しいものがあるというふうに考えております。

 教育委員会の方からは以上でございます。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) まず、国保税についてお伺いします。

 国民健康保険法には、社会保障と国民健康保険の向上に寄与すると書かれており、国の責任で国民医療を保障する制度です。

 保険者である市町村は、国の負担金削減で負担を強いられていますが、このままでは国保の制度、国民皆保険制度そのものが崩壊しかねない状態です。滞納世帯が国保に復帰できる減免などの支援策を講じることが、また金の切れ目が命の切れ目ということで放置するのか、町長の見解をお伺いしたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 先ほど木原議員が申しましたように、確かに国保税の徴収率が悪いというのは現状です。しかしながら、木原議員がおっしゃるように、全員納められないからというふうな状態なのかどうかはわからないところもありますし、立場を変えてみますと、国保税を納めていらっしゃる方のほうは、これ以上負担を強いられていくというのも困るわけです。やはりすべての方が納めていただくのが一番理想で、これはお互いを助け合う、支え合う組織ですから、全員で納めていただくのが一番いいと思うのですが、どうしても納めることが難しいという方に関しては、いろんな減免制度もあるようですので、そのあたりを利用されるなり、もし納められるのにいろんな事情で納めてない方は、少しでもやはり納めていただきたいというふうに思っております。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 昨年の5月31日現在の滞納世帯が2,055世帯です。国保世帯の3分の1が滞納になってるんですね。もう異常としか言いようがない現状。

 それと、この一たん滞納になると、また、国保復帰できる可能性っていうのはもうわずかしかないと思うんですが、この状態を続けていくなら2,055世帯がますますふえていく。そうなると、皆保険制度そのものが崩壊するということになりかねないんです。そういう意味で、今の2,055世帯の滞納世帯が一部の悪質な滞納者については除きますけど、本当に生活に困り、滞納している世帯が本当に国保に復帰できるいろんな支援策をぜひ講じていただきたい。

 滞納繰越額が4億6,000万ですかね、16年度で。12年度から未収額の一覧表を見てるんですが、年々ふえ続けて、このままいくと本当どうなるんだろうかという心配をせざるを得ません。そういう意味で、この異常な状況をどういうふうに打開するのか、町のお考えをお聞きしたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 森山徴収対策室長。



◎徴収対策室長(森山規美男) お答えいたします。

 国保の支払いにつきましては、徴収対策室といたしましては、分割納付を出納閉鎖までに原則的には払っていただくということでお願いしております。それでもどうしてもだめな場合は、一応1年ぐらいで分割納付していただく。また、延滞金につきましても、いろんな条件はありますが、延滞金の減免についても御相談に応じているところでございます。

 以上です。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 一応、分割納付、それから、延滞金の減免というのは、たしかされているようですけど、最近の国保に復帰された世帯がどのぐらいあるのか、ちょっとお聞きしたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 花房総務部長。



◎総務部長(花房幸司) 今、木原議員の言われてる国保に復帰されたというのは、ちょっとどういう意味なのか、ちょっと理解できておりませんので申しわけありません。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 滞納世帯には、保険証を取り上げてますよね。制裁措置として資格証明書や短期保険証を発行していますけれど、滞納額を支払って国保に復帰するっていうか、ある意味では、滞納制裁措置で保険証を取り上げるちゅうことは国保世帯から外れるってことですよね、中身としては。だから、そういう意味では、その滞納を減額して、国保料を払う、国保税を払う、そういう対策が実際に今、徴収対策課長から分割納付とか延滞金の減免でそういう措置をやられてるって言うけど、その内容でどのぐらい滞納世帯が減ったのか、ちょっとお聞きしたいと思いますが。



○副議長(光永信雄君) 白石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) ちょっと滞納世帯がどれぐらい減ったかって今ちょっとあれなんですが、ちょっと流れを申し上げますと、国保税の納期から1年間滞納、お支払いいただけないということになりますと、資格証明書というのを発行せざるを得ないようになっております。その資格証明書を発行いたしまして納税相談に応じ、幾らかでもお支払いをいただいたということになれば、今度は短期保険証っていうことでございます。ちなみに、昨年度の資格証明書、これことしの2月分ですけれども、その発行数は163人となっております。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 今までの滞納税額、それから、滞納世帯数、ずっとふえ続けているんですね。だから、これを何とかしようということになれば、今まで以上の対策が必要だと思うんですね。それをしなかったら、今の2,000世帯が3,000世帯になる可能性もあるわけですよね。だから、その辺で、本当に滞納理由、事故や病気から債務超過、サラ金なんかの多重債務、そういういろんな理由はあるでしょうけど、そういう債務整理の指導とか、いろいろ徴収課の方ではやられてるとは思うんですが、本当に今のこの2,055世帯を本当に滞納をなくしてしていくための根本的な解決方法を何とかしていただきたい。全額、滞納額を免除するっていうことは、もちろんできませんけれど、やはりそれなりのやっぱり決断が迫られるんじゃないかと思うんですよ。

 それと、滞納世帯に制裁措置として保険証を取り上げて資格証明書や短期保険証を発行していますけど、全国的にもこの制裁処置をやめて保険証を取り上げない自治体が最近出てきてます。苅田町でもその辺の対応はできないのか、お聞きしたいと思いますが。



○副議長(光永信雄君) 井関民生部長。



◎民生部長(井関寛之) 先ほど町長も御答弁しましたように、これは、滞納対策ということで国の方から各市町村の取り組みということでできる規定から、前はできる規定から今度はこれは義務、しなければならないということですので、今の状況でこの資格証明書の制度を取りやめるということは考えていない状況でございます。今の制度を続けまして、滞納対策につなげたいというふうに考えております。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 全国的に、制裁措置をやめて、保険証をまた再交付してる自治体がふえているっていうことは、国の法律はどうあれ、できるからやってるんだと思うんですよ。何で苅田町はできないのか。

 それと、全国的に医者にかからずに死亡する事例が新聞報道されていました。命と福祉は金次第といった、こういう考え方をぜひやめていただいて、制裁措置を中止し、保険証を発行するべきと考えますが、見解をお尋ねします。



○副議長(光永信雄君) 井関民生部長。



◎民生部長(井関寛之) 保険証を交付しないと。資格証明で病院にかかるということですので、ここはいろいろ見解があろうかと思いますが、そういった場合には、やはり町村に相談に来ていただいて、そこらあたりの対応を個別にいろいろ相談を受けていきたいというふうに思っております。基本的には、今の制度をこのまま持続したいというふうに考えております。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 吉廣町長のだれもが安心して心豊かに暮らしていける町とは大分ギャップがあると思うんですが、ぜひ本当に心豊かに暮らしていける町目指して、実現を目指して努力をお願いしたいと思いますが。

 次の項目に移らせていただきます。

 小中学校の普通教室への空調設備の設置は、共産党の議員団として連続して取り上げている問題です。

 平成17年度図書室の空調化が進み、子供たちは大変喜んでいました。来年度2校に予算が計上され完了しますが、普通教室への予算措置がされておらず、ことしも昨年のように1月近く休むことになれば、障害児の学習権を奪うことになるんじゃないかと思いまずか、教育長の責任は果たせますか、お伺いします。



○副議長(光永信雄君) 有松教育長。



◎教育長(有松邦雄) お答えいたします。

 教育条件の整備については、先ほども御答弁いたしましたように、順次取り組んでおります。ただ、一度にベストな条件整備ができれば、非常に理想的なことだと思っておりますが、現実はなかなかそういうふうにまいりませんので、よりベターな方法で順次ベストに近づいていくように取り組みを進めているところでございます。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 先ほどからの教育長の答弁の中で、確かにスロープやエレベーター含めていろんな施策をされてきていることについては感謝したいと思うんですが、やはり本当に子供たちに学習権をきちっと保障する、そういう観点からぜひ早期にお願いしたいと思うんですが、先日も苅田小学校の体育館の落成式に出席しましたが、やはり教育予算も体育館、今度は南原の体育館の改築がやられていましたけど、しかし、本当に学習権をきちっと保障する、そういう観点からできるところからぜひやっていってほしい。それで、障害児のいるクラスからでもそういう予算措置を講じていただきたいと思うんですが、教育長の見解をお願いします。



○副議長(光永信雄君) 有松教育長。



◎教育長(有松邦雄) お答えいたします。

 先ほどもお答えしましたように、教育委員会といたしましては、順を追って順次できる最大限の努力しているつもりでございます。今後もそれを続けていきたいというふうに考えております。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 納得できませんが、次に移りたいと思います。



○副議長(光永信雄君) どうぞ。



◆議員(木原洋征) 来年度の少人数編成の問題ですが、特区の申請で来年度小学校低学年の1、2年生が対象ということを聞いています。今年度は小学校の1年生が対象でしたが、教育長の答弁のように、学校とも協議の結果、与原小では、今年度3年生を対象に少人数編成をしています。来年度はどうなるかという問い合わせが共産党の議員団に寄せられています。今の1年生37人クラスですかね。ことしが対象から外れた、今年度がですね。来年度また外されるんじゃないかっていう心配が非常に強いんですね。だから、この与原小学校のように、1、2年生からの対象を外してほかの学年にはめる場合は、担任外教師の今年度同じような配置で対策が必要と考えますが、教育長の見解をお願いします。



○副議長(光永信雄君) 有松教育長。



◎教育長(有松邦雄) お答えいたします。

 少人数学級についても、教育委員会といたしましては、段階を追って理想に近づけていきたいというふうに考えております。これも一度に理想になるということはちょっと現実的には難しい問題がございます。それで、限られた範囲の中で学校と十分協議しながらベターな、よりベターな方法を講じたいというふうに考えております。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) よりベターな回答はいいんですが、本当に与原小学校の今の現在の1年生については、来年度外れると、もう永久に外れてしまうわけですね。そういう意味では、ぜひこう与原小学校の場合、もし1、2年生が対象ですけど、それ外れた場合は、やはり担任外教師の配置をしていただいて、きちっと対応していただきたい。非常に、教育委員会にもこういう声が上がっているとは思うんですけど、ぜひそれを実現していただきたいと思います。

 じゃ、児童館の設置について。



○副議長(光永信雄君) どうぞ。



◆議員(木原洋征) 厚生文教常任委員会で先月、吹田市の児童館を研修視察しました。利用料は無料で自由に利用することができる。地域に吹田市全体を6ブロックに分けて各2館ずつ配置をするということで、現在10館が開設されていました。その一つの児童館を視察したんですが、午前中は多くの母親と乳幼児が本の読み聞かせやリズムなど楽しそうに利用していました。昼からは、放課後の児童が学習室で宿題をしたり、伸び伸びと児童館を利用しているとのことでしたけど、苅田町にもぜひこういう無料で利用できる児童館を設置をしていただきたいと思うんですが、児童館そのものを建設するのは今すぐっていうことにならないと思うので、まず公民館や空き店舗、空き教室、既存の施設を利用した早急な設置が必要と考えますが、町の見解を伺いたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 井関民生部長。



◎民生部長(井関寛之) 児童館の設置でございますが、これも21年度までには児童館含めたところでどうするかという結論を出すというふうにしておりますが、公民館やあいた所──空き店舗、そういったところを含めまして、できるところからということで、これはぜひとも検討して早目に取り組みたいというふうに思っております。

 まず、一つとしましては、尾倉の福祉会館等もそういった形で利用できるんじゃないかということで検討をしているところでございます。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 最近はやっぱり経済情勢の悪化の中で、共働き家庭が非常にふえています。共働きの家庭では、家をあけていますよね。そういう意味では、親の心配は子供たちが今どこで何をしているのかという心配が非常に強い。こういう児童に対する凄惨な事件が頻繁に発生しておるし、各自治体でもそれに対する対策を講じておりますけれど、学童保育も3年生までですよね、対象が。それ以上は対象外になる。そういう中で本当に安心・安全な居場所づくりが緊急な課題ではないかと思うんですよ。特に、事件が起きてからでは遅いと思うんですね。だから、早急に対策を実践すべきだと思いますけど、その辺で町の見解を伺いたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 井関部長。



◎民生部長(井関寛之) 安心・安全な居場所ということで、学童保育ということもございますし、放課後に安心・安全に遊べる場所というところにつきまして、先ほどお答えしましたように、できるところからできる施設、そういう場所、そういったところからできるだけ早くそういった施設、居場所づくりをつくるように早急に取り組みたいというふうに考えます。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 先日の全員協議会の中で馬場小学校の学童保育が実現してなかったですが、要求がないからっていう井関部長の発言だったんですが、やはり本当に皆さんの、町民の要求を本当にもう少し前向きにやっぱり取り入れて、そういうどういう要求があるのかきちっと把握するのが必要だと思うんですよ。向こうから言うてこなかったから、いや要求がありませんていうことじゃなくて、私は、もう少し前向きに今どういう町民の要求があるのかっていうのをきちんと把握する。そのためには、やっぱり町の方から出ていって、町の方からアンケートを出してやっていくっていうことは必要じゃないかと思うんですよ。

 特に、学童保育の問題では、学校でアンケート用紙を配れば児童が持って帰り、家庭で書いて出せるんですから簡単だと思うんですよ。そういう意味では、ぜひそういういろんな要求を聞いて対策を考えていただきたいと思いますが、いかがですか。



○副議長(光永信雄君) 井関部長。



◎民生部長(井関寛之) 全体的にはそういった考えで今先ほどから答弁しておりますような考え方で進めたいと思っております。

 また、馬場小学校の学童保育の件でございますが、これを学校の方のアンケートということでございます。これは、この学童保育、必要かどうかというところで、これ各4カ所設置しておりますが、このとらえ方としまして、やはり恒久的な利用ができるということのところやはり前提になってくると思いますので、お母様方、保護者の方がそういった父母会等をつくっていただき、それに対して町の方も学校、保育所、そういったところにアンケートを、出た段階でアンケート等を出して、どれぐらいの方が利用意向を持っているかということで調査をしていきたいというふうに思っております。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 本当に最近の児童に対する、やっぱり凄惨な事件は、本当に皆さんも同じと思うんですが、本当に苅田町で起きてほしくないと願っていると思うんですよ。そのためには、その今緊急に求められている課題については、即実施をするっていう観点から何ができるのか。空き教室でもかなりありますよね。だから、そういう意味ではぜひ早くそういう設置を考えるべきと思います。

 それから、次世代育成支援事業、立派な本もできて計画書もありますけれど、本当に空き店舗や空き教室などを利用して育成会などの活動の拠点づくりの支援もぜひしていただきたいと思います。中央公民館の一室を倉庫みたいなところを間借りして育成会が活動の拠点にしていますけれど、やはりそういうボランティアで頑張られている皆さんを支援し、本当にその活動を発展させるためには、きちんとした町の支援も必要ではないかと思うんで、そういう意味で実施を、支援をしていただきたいと思いますが、答弁をお願いいたします。



○副議長(光永信雄君) 有松教育長。



◎教育長(有松邦雄) 育成会等の支援についての御質問にお答えいたします。

 現在、子供会育成連合会を例にとりますと、中央公民館の第一会議室を拠点として活動しているところです。この第一会議室は、各団体の連絡室として開放している部屋でございまして、公民館の性格上、一つの団体に独占して使用させることができず、従前よりこの形態をとっております。

 各団体から独自で使用できる部屋の提供につきまして要望されておりましたが、諸事情を説明の上、御理解と御協力をいただき今日に至っております。今後、生涯学習を推進していく上で社会教育団体とか各種ボランティア団体等の育成が必要となり、独自で活動できる場の確保が必要になってくると考えられます。そこで、事務所の提供につきましては、今後の課題として、また貴重な御提言として受けとめさせていただきたいというふうに思います。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) それでは、教育環境の整備に戻るんですが、県道の浄土院川横の交差点の改良工事ですね。先週、地域の皆さんの賛同を得て、区長会、老人会、PTA、学校、各種団体の承認も得まして陳情書も上げていますので、ぜひそういう事故の起きないような、当面工事が完了するまでの間、そういう交通規制も含めてぜひ早期に実現するよう力添えをお願いしたいと思います。

 それから、今古賀横ですが、道が狭くて路面が悪いんですね。それで非常に危険な状態になってます。やっぱり白川、片島から通ってる子供たちの父母の皆さんからも、それから、子供がいないところからも今古賀横の道を何とかできないかっていう意見がたくさん寄せられています。お宮の横、小波瀬病院から先のお宮の横が坂でもあるし、苅高の生徒が通学に利用してるんですが、あそこも自転車が坂道でふらふらしながら上っていってますよね。非常にもう危険な状態が続いてるし、実際にも今古賀横の道路では、接触事故がやっぱり頻繁に軽い事故が起きてるようなんで、ぜひ路面の舗装を含めて、もう少し改善をぜひ県の方に要望して、早急に生徒が安全に通行できるようにしてほしいなと思ってますので協力をよろしくお願いいたします。

 四つ目に上げられてました吉廣町長の公約についてということで、高齢者、障害者が生きがいを持って安心して暮らせる環境づくりということがうたわれてますが、昨年度から試験運用してますコミュニティバスの運行、浄土院地区では乗り入れ要求を当初からしてきました。しかし、浄土院地区が900メートルもある、今乗り入れてる中で一番深い地域になるんですが、その浄土院地区への乗り入れが今日まで実現できずに経過をしてきました。2月24日に開催された議会の全員協議会で、もし切りかえ場所が確保できれば乗り入れ可能との回答でしたけど、区民から土地を提供してもよいとの申し入れがありましたので、至急調査の上、今月中にも工事にかかれるように手配をお願いしたいのですが、答弁をお願いいたします。



○副議長(光永信雄君) 北原総合政策課長。



◎総合政策課長(北原正一) コミュニティバスの件でございますが、全員協議会の中でも御説明を申し上げましたけれども、定時定路線ということで許可をとっております。バスのいわゆるUターンする場所がない、それから、道幅等も狭いということで、浄土院の奧まで入っていけないという状況で説明をいたしておりました。道路、それから、Uターンバス等の確保ができれば、それは入っていくことはやぶさかではないという全協での説明でございましたので、そこはそういうことできちんと道幅、それから、Uターンの場所、確保できればバスの方の入っていくことについても再度検討してみたいというふうに思っております。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 今の課長の答弁の中にありましたけれど、ぜひ今月中に調査をして工事がかかれれば、来月からの運行に間に合うんじゃないかと思うんですが、答弁をお願いしたいと思いますが。



○副議長(光永信雄君) 北原課長。



◎総合政策課長(北原正一) 昨年の9月から試験運行に入っております。4月1日から本格運行に入るわけでございますが、それまでに通路の路線の変更をする場合には許可が必要でございます。したがいまして、そのUターンする場所の確保と陸運局への許可がどれほどかかるかちょっと時間的なものについては、ここで何とも答弁はしかねますんで、そういうことがすべてクリアできた状況ならば、バスが入っていくことについてはやぶさかでないというふうに思っております。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) この浄土院区への乗り入れ要求は、もうバスの運行が決まる段階で当初から要求をずっとしてきて、それで、区長を含めて役員で何度も検討して陳情もしてきましたし、本当に奧の深いところほど必要だと思うんですよ。そういう意味でぜひこの浄土院区への乗り入れを早急に対策を講じて実施していただきたいと思います。

 それでは、平和で安全な新北九州空港をということなんですが、在日米軍再編では、米軍と自衛隊の基地を抱える自治体が一斉に猛反対の声を上げています。鹿児島県の人口11万人の鹿屋市で2月26日、8,000人もの大集会が開催されました。昨日は、沖縄で3万5,000人と言われる大集会が開催されてます。京築でも築城基地への米軍来るなの住民の声は大きなものがあり、仲津校区での8,000人規模のあの寒い中で大集会が開かれてます。苅田町を含め、すべての議会で米軍再編反対の決議が採択され、多くの首長が反対を表明されています。近隣の町として、また、新北九州空港を抱える町の町長として米軍再編反対の表明をすべきではないかと思います。町長の見解をお伺いします。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) その件につきましては、近隣市町村の首長と一緒に既にしているのではないかと思います。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 今、町長の答弁があったんですが、町民には、町長がどういう形でそういう表現されたのかわからないし、きちっとした形で、やはり表明をすべきじゃないかと思うんですよ。広報に載せるとか含めて、きちっとした形で町民に本当に町民の安心・安全のためにぜひ米軍再編を反対しますっていうはっきりしたものが必要だと思うんで、ぜひそういう形でお願いしたいと思いますが、いかがですか。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 苅田町では、既に戦争放棄の約束もしておりますし、私としましてもそれにのっとって行動していきたいと思っておりますので、それ以上何度もする必要があるのでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 確かに築城基地には隣接してません。しかし、京築の隣接してる首長が反対をきちっと表明をされて、全国のやっぱり基地周辺の自治体の首長がそういう形で反対を表明して、中にはミサイルが打ち込まれても、戦車でひかれても死守するんだっていう形でされてる市長もあります。そういう意味では、ぜひ本当に町民の安心・安全を守るんであれば、本当に米軍再編反対だという表明をきちっとすべきではないかと思うんですが、ぜひ考えを変えていただいて見解をお伺いしたいと思いますが。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 米軍再編の反対もさることながら、せんだっての新聞にも新北九州空港利用などというとんでもない話が出たりしておりますが、そういうことは全くないと今のところは聞いております。米軍再編に関しましては、既に日にちは定かでないのですが、もう既に私としては署名もしておりますので、それではいけませんでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 町民に開かれた町政、町民にわかりやすい町政を実現するには、やっぱり町長のそういうきちっとした態度を表明するっていうことがまず第一だと思うんですよ。そういう意味でぜひはっきりと表明していただいて、町政便り、それから、議会便りできちっとした位置づけで表明をしていただきたいと思いますが。ぜひ再考をお願いします。ぜひ町長、見解を。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) また、そういう機会がありましたら考えたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) この在日米軍再編の問題では、本当に各自治体頭越しにアメリカと協議をして、一方的に押しつけをしてる。そういう中で基地の周辺の自治体が猛反発して反対を表明して今頑張っておられるんですよ。だから、そういう意味では、この米軍再編の中身をよく見ると、新北九州空港の利用も上げられとるわけですよ。一般の民間空港を利用するっていうことは、緊急時にということで、緊急時というのは、今築城基地で年に2回軍事演習してますよ、米軍が来て。しかし、この米軍再編の中身をよく見てみると、緊急時ということであればいつでも利用できると。この米軍再編で沖縄の負担が軽減されるということではない、はっきりと明言されてます。本当、日本の主権そのものが疑われるような米軍再編の内容なんですが、ぜひ町長がこの点できちっとした考えで表明をしていただきたい。

 もし北九州空港が、米軍が使用されるとなると、本当に安心・安全な空港の確保が困難になると思うんですよ。やはり新北九州空港の米軍や自衛隊の使用についてもノーというきちっと表明、町民の安全を守る立場からぜひしていただきたいと思うんで、町長の決断をお願いします。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 米軍再編、築城基地の話につきましては、私も今申しましたように反対を表明しております。また、新北九州空港等に絡む話につきましては、今のところ何ら連絡も指示もいただいておりませんし、国の方針につきましては、私からは意見は差し控えさせていただきます。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) 政治っていうのは、国が決めたからっていうことじゃなくて、町民がまず第一です。その上に自治体があり、その上に国があると思うんですよ。だから、政治っていうのは、この苅田町民が何を考え、どうしてほしいかていうことから考えて政治はすべきだと思うんですよ。

 そういう意味では、非常に何とも後ろ向きな答弁だと思うんですが、ぜひその辺ではきちっとした態度表明を苅田町民の安全を守るという観点からしていただきたいと思います。

 それから、先日、逆戻りするんですが、障害者の問題で、障害者団体の申し入れによる障害者自立支援法の説明会が2月23日に開催されたんですが、私もその説明会に出てきました。そして、障害者や家族の心配がどこにあるのか、お聞きしようと思って行ったんですが、障害者や家族の心配、本当にどうなるのかっていう、障害者自立支援法の制定でどうなるのかっていう心配が非常に強かった。その心配、それから、意見要望もたくさん出てました。しかし、町の側は、町長初め皆さん、幹部は出席されて説明されていましたけど、本当に障害者、家族の心配に耳を貸さなかったんじゃないかちゅうふうに思える答弁でした。私は、町の意見を押しつけるということじゃなくて、本当に自立支援法によるこの不安が本当大変なものだっていうことを私は感じて、もうそれに対してやっぱり町としてできることからしていく。そのための大体省令なんかも出てませんから、内容的には難しい面がありますけれど、やっぱり進んだ自治体は、今度の自立支援法の負担額を1割負担をできるだけ抑えて、その半分を自治体が負担する、その7割負担する、3割負担するっていう自治体が各所で出ている中で、町としてもきちんとしたそういう自治体として幾らできるかわからないけれど負担をしますと。それで、できるだけ皆さんの不安にこたえるようにしますていう回答をもらえるかと思うたらもらえなかったんですが、本当に開かれた町政、それから、町民参画の町づくりて言われてますが、私は、それに全く相反するような執行部の答弁じゃなかったかと思うんですが、その辺について町長の見解をお伺いしたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 先日、行われました障害者団体との懇談会の席のことだと思いますが、当日出ました参加者からの声に対しましては、いろいろありましたが、まず1点、信号機の件につきましては、あの話があった翌日の朝一番で行橋警察署に行っております。お願いをしておりますが、すぐということにはならないかもしれませんが、町としてできることはすぐやりましょうという姿勢でやったつもりです。また、あの席で学校への送迎が困難だというお母様がいらっしゃいましたので、そのことにつきましても一応対処したのですが、まだ確認はしておりませんが、多分一応の解決を見てるのではないかと思います。

 それから、何パーセントどことかがやってるのに苅田町はどうかというお話確かに出ておりました。あの席ではまだはっきりもしてない話を、はい、やりますというふうにはならないと思います。あの後、関係者でどういう形でやったらいいだろうという話、こういうところが困るだろうからこういう点を考えようかとか、そういう話は続けておりますのでよろしくお願いします。



○副議長(光永信雄君) 3番、木原君。



◆議員(木原洋征) あの説明会の終わった後、何人かの障害者、家族の方にお聞きしたんですが、非常に皆さん、怒り心頭ていう感じで、本当に皆さんが応援した町長、ボランティアでも頑張ってきた町長なのにっていう意見もありました。

 本当にやさしい町づくりっていう意味では、本当に困ってる障害者の方たちを含めて、やっぱりきちんとした前向きの姿勢が必要だと思います。

 以上で質問を終わりますが、執行部、職員、議会が協力して町民が住んでよかったと言える町づくり目指して一緒に頑張りましょう。

 それではこれで終わります。



○副議長(光永信雄君) 以上で木原洋征君の一般質問を終わります。

                              



○副議長(光永信雄君) ここでテープ入れかえのために11時35分まで休憩いたします。

午前11時25分休憩

                              

午前11時35分再開



○副議長(光永信雄君) 会議を再開します。

 休憩前に引き続き一般質問を行います。7番、林繁実君。



◆議員(林繁実) 〔登壇〕皆さん、おはようございます。7番議員の林繁実でございます。私は、ことしで苅田町議会議員生活7年目を迎えます。この間、全国的に大きな地震があり、子供の殺害あり、援助交際あり、公務員の不祥事ありと、上げれば切りがないほどいろいろな事件が毎日のようにありました。おまけに先日は、昨年夏の甲子園で優勝した高校の野球部の生徒が卒業式当日の酒を飲み、たばこを吸って補導されたそうで、大人も若者もわがまま勝手次第放題という印象があります。もちろん大半の人間はこつこつ働いてまじめな暮らしを送っているのですが、世の中狂っているとしか思えません。

 また、最近は、全国の市町村が合併して新しい町村が生まれるので、本屋さんは地図が売れないと、社会科の先生は困っていると聞きました。

 世の中が変遷するのはいたし方のないことですが、このごろは人の心まで変わるものだと実感する次第でございます。

 今、申し上げましたように、平成11年7月の地方分権一括法の成立、市町村合併特例法の改正により昭和30年代以来の市町村の合併が全国で進行して、新しい都市が誕生しています。これを名づけて平成の大合併だというのだそうですが、その先には道州制の導入があることは周知のとおりでございます。

 国が音頭をとるこの合併策に全国の市町村が賛同する大きな理由は三つに集約されます。一つは、市町村の人口の減少です。若者が流出する過疎化に追い打ちをかけるように少子化、高齢化がもはや阻止できない状況にあるからです。

 したがって、二つ目の理由である財政難が引き金となっています。政府は三位一体改革と称して税源の地方移譲、国庫支出金の削減、地方交付税の見直しを進めていますが、立ち行かなくなるのは目に見えています。政府はこれを地方分権と呼んでいますが、住民税は減り、企業などの税源を持たない市町村が合併に飛びつくのは当たり前です。市町村の中には、地域に豊かな財源を抱え、あるいは、人件費を削減して行財政改革に取り組んだところもありますが、そのような市町村は合併には反対の意向を示し、住民はこれに納得して単独行政を支持しています。我が苅田町もその一つです。

 三つ目は、市町村民の行政ニーズの多様化と広域的行政の必要性からですが、これは合併の足固めの言いわけにすぎないと私は思います。確かに財政難が行政サービスを脅かすのは認めますが、自助努力をしない行政の怠慢だと言われても仕方がないと私は思います。

 人間は過去を振り返り、反省しながら修正を加えながら、将来に明るい自分の姿を描くものです。しかし、現在は同じ手口の忌まわしい事件が連続して起きる傾向にあります。おれおれ詐欺が振り込め詐欺と名前を変えても同様な事件が続発しています。最近は、インターネットで殺人を依頼し、また、これを受けるというとんでもない事件がやはり続発しています。

 先ほど申し上げましたように、まさに人の心まで変わったと言わざるを得ません。このような殺伐とした事件を例にするのは適当ではないかもしれませんが、あえて言わせてもらいますと、人の心は変わってはいけない。人はいつも将来に明るい希望を持っていかなければならない、このことだと思います。行政の怠慢と申しました平成の大合併はやがて到来する道州制の導入や地方分権に対して地方自治体がどのように対応していかなければならないか。地域住民の明るい将来を実現するにはどのように取り組まなければならないか。こういうことを示唆しているものと思います。

 そういう意味で、本日は住民参加型の社会を基盤とする行政のあり方を小さな輪から大きな輪へと題して、1、地方分権における町長のリーダーシップについて、2、少子高齢化の考え方と施策のあり方について、3、地域住民と一体化した環境問題の考え方と取り組みの三つの質問をいたします。

 詳しくは質問席より質問します。執行部の誠意ある答弁を期待いたします。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 〔登壇〕ただいまは、地方分権一括法の制定から、いわゆる平成の大合併、そして、道州制の導入を視野に入れた今後の展望まで地方自治、地方分権の現状と課題について非常に大きな視点からの御質問をいただいたと思います。

 林議員のおっしゃるように、まさに世の中は先行きどうなるのか定かでない変化の中にあると思います。これは、恐らく高度成長期のさまざまな制度が今の世の中に不適応を来し、これまで当たり前であった社会の制度と制度の運用のあり方が根本から問われているのだと思います。

 その代表的なものが中央集権型の行政体制から地方分権型の行政体制への改革だと思います。この機会に私なりに考えます地方分権の姿について少し申し上げてみたいと思います。

 地方分権の根拠の一つは、地域の独自性であり、そこに独自の政策課題が生まれ、その課題へ取り組んでいくのが地方分権による自治体の責務だと思います。これまで以上に自己決定、自己責任の重さを感じ、その意欲と能力を発揮せざるを得なくなったのではないかと思います。そういう主体的な存在でなければならないと思います。

 私なりに地方分権についてお答えさせていただきました。これ以後の質問につきましては、自席にて答弁をさせていただきたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 7番、林君。



◆議員(林繁実) まず、地方分権における町長のリーダーシップについてお伺いいたします。

 平成の大合併は、先ほど申したように、その内容の是非はともかく、やがて地方分権の時代が来ることだけは、これは確かです。やがて道州制の声も大きくなるでしょう。町長の在任中はどうかわかりませんが、地方分権で最も重要なのは首長のリーダーシップだと思います。

 私はかねてから、町長のリーダーシップについて再三再四質問してまいりました。それは、地方分権を意識したものでありますが、いいものはいい、悪いものは悪いと。国や県の意向に関係なく苅田町の実情に合った施策は行政も住民も一体になって積極的にやろうという気概を持っていただきたいと思います。住民や議会の賛同が得られるならと悠長なことを言わないで、町長自身がこれはいいと思う施策は積極的かつ迅速的に取り組み、成果を上げていただきたいと思います。

 そのために、まず、行政でリーダーシップをとるべき人間像について申し上げます。

 私は、人間の知恵や能力は無限だと思っています。空港や港湾施設、体育館や公民館などの施設は、予算があればできます。それらはお金で買えるものですが、人間の能力はお金で買えるものではありません。だからこそ、人が一番大事なんです。

 その人間の能力を活用する、あるいは、潜在する能力を目覚めさせてやり、いろいろなことに挑戦するやる気を起こさせる、これがリーダーシップをとるべき人間像です。30しかない能力を50、80、100に拡大できる。だから、無限なんです。やる気を起こさせ挑戦する意欲を持たせる、環境を整えてリーダーはうまくフォローしてやればいいんです。リーダーは、人間を好き嫌いで判断してはいけないと思います。えこひいきもいけません。そんなことをすれば、すぐに見抜かれて能力を発揮するどころか、意欲の低下を招いて決してよい結果は得られないと思います。

 そして、リーダーの最大の仕事は、決断することです。決断と判断とを混合しがちですが、違います。世の中には判断したら、それだけであたかも決断したような錯覚に陥るリーダーが多いんですが、そういうリーダーに限って問題を先送りして、後で後悔することになります。判断は人間の首から上の作業によるものですが、決断は人間の知・情・意のすべてに深く関わり合います。つまり、全身を酷使して決めるということなんです。行政のリーダー、特にどう決断し、どう実行するかと思います。その判断と実行を成功に導くのが周囲にいる人間の知恵であり、労力だと思います。正しい決断と強力な実行のその裏には、リーダーとしての高い理想と確固たる信念があると思います。

 小泉総理は、カリスマ的、専制的と身内からも避難を浴びながら郵政改革を初めとする行政改革に実績を上げています。国の行政改革は、まだ端緒についた段階ですが、総理のこの姿勢は多くの国民に支持されていると私は思います。党や派閥の利益に左右される政治家に比べると靖国問題を取り上げるまでもなく、自分の確固たる信念を貫く姿勢に多くの国民が拍手していると私は思います。

 小泉総理のようにとは申しませんが、我が苅田町の実情に対応した来るべき地方分権を意識したリーダーシップを毅然とした態度で発揮してほしいという私の願いでございます。

 リーダーシップについて、私の思いを今申し上げてまいりましたが、この答弁は町長、助役と2人にお願い申し上げます。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) ただいまの林議員の御意見は、苅田町のリーダーとして人材を育て活用し、そして、毅然として決断すべきであるという御指摘だと思いますが、地方自治体のリーダーは、長期的な展望を持って地域のあるべきビジョンを示し、その達成に向かって職員と住民を動かしていくことが必要ではないだろうかと思います。

 地域は、自然と物と人によって成り立っているわけですから、地域を開発するという意味は、それらが持っている潜在的な可能性を引き出すことだと思います。そのためには、リーダーが健康で明るく公平で人間的魅力がなければならないし、組織の風通しをよくして、建設的な意見が飛び交う職場風土をつくらなければならないと思います。

 また、実地で計画したことが、必ずしも順調に運ぶとは限りません。そうした場合には、冷静、沈着な判断、決断が求められると私は思います。また、そういうふうに今後私も心がけていきたいと思っております。



○副議長(光永信雄君) 野上助役。



◎助役(野上明倫) 地方分権における町長のリーダーシップについてということで、助役がお答えするのはどうなのかというところもございますけれども、町長御自身の言葉で今御自分のリーダーシップのあり方について答弁があったわけでございますので、私としましては、町長が十分にリーダーシップを発揮していただけるようにサポートしてまいるということだろうと思います。

 もう一点、助役の役割、いろいろあろうと思いますけれども、一つ私が考えておりますことは、先ほど林議員さんの御質問の中でも、周囲の人間の知恵と能力が大事だというお話もございました。私、考えますに、助役というのは、職員の代表ということでもございますので、これから役場の職員の皆さんをしっかりまとめて町長がリーダーシップを発揮できるようにやっていくと。

 御承知のように、若輩でございます。町の幹部の職員は皆私より年長の方ばかりですので、今からしっかり内部でも議論をして切磋琢磨していきながらやっていきたい。そしてまた、役場の若い職員の皆さん、まだ、余りお話する機会がありませんけれども、この役場の総力をまとめ上げていくというのも助役の大きな役割だというふうに認識しておりますので、微力ではございますけれども、精いっぱい努めてまいりたいというふうに考えております。



○副議長(光永信雄君) 7番、林君。



◆議員(林繁実) 大変、期待した答弁をいただきましたので、何も申し上げることはございません。これから本当にそのようにできるのか見守っていきたいと思います。

 次に、次の質問の少子高齢化の考え方と施策のあり方についてお尋ねします。

 平成の大合併の大きな要因となりました少子化、高齢化ともはや避けては通れない重要な課題となってきています。しかし、よく考えてみていただきたい。昭和22年から24年にかけて生まれたいわゆる団塊の世代をピークに、出生者の数は緩やかなカーブで減少して再び出生者がふえてピークを迎えるのは団塊の世代が子供を生む昭和48年です。それから、再び緩やかに減少していきます。そして、現在、若者が結婚したがらない、子供を生みたがらないとこの社会現象で、そうでなくても適齢人口が減る上に、さらに少子化に拍車をかけています。

 一方、人口はふえ続けてきた。このことは何を物語るのかおわかりになると思いますが、高齢者人口がそれ以上にふえているからでございます。高齢者がふえるというのはおかしな言い方ですが、医療の発達により亡くなる高齢者が少なくなった。それは結構なことなんですが、年金問題、介護問題、業種によっては労働力不足、税金の減少といった新しい問題を抱え込むようになっているのが現状ではないでしょうか。

 日本は高度成長を迎えて経済大国になる。あるいは若者の社会現象、医療の発達程度などは予測できないものですが、人口の動態や少子化はかなり高い確立で予測できるものです。ちなみに、日本の総人口は、平成19年をピークに減少傾向に変わり、2050年には1億人になり、65歳以上の老年人口は1.5倍になると推計されています。

 このように、総人口や年代別の人口は予測できますが、あるいは予測できたにもかかわらず、今になって抱える問題、課題が出てきました。これはもう県、国、市町村の怠慢から発生したものと言わざるを得ません。

 今、私はこの席で行政の怠慢を問うつもりはありません。予測できる少子化、高齢化に対して行政としてどのように考え、どのような施策で将来に備えるか、伺いたい。

 どこでもやっている児童手当の支給拡大や男性の育児手当などというような返答はしないでください。幸い町長は、元気、やさしさ、輝きの三つの手づくりプランを施策の基本にと言っております。この点について町長にお尋ね、よろしくお願い申し上げます。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 予測できる少子化、高齢化に対して行政としてどのように考え、どのような施策で将来に備えるのかということですが、確かに私は今回、手づくりの町宣言として、元気を手づくり、やさしさを手づくり、輝きを手づくりの三つの手づくりプランを提唱させていただきました。その中で、子育てや介護などに対する地域ぐるみの家族支援の推進、高齢者や障害者が生きがいを持って安心して暮らせる環境整備、子供を中心に学校、家庭、地域の連携づくり、子供たちがはつらつと自然に親しむ環境整備などを掲げておりますので、これらのテーマについて少子高齢化時代における行政のあり方をしっかり議論しながら、できるものから順次取り組んでいきたいと考えていますが、何と申しましても、やはり一番大事なのは地域ぐるみの子育て支援だと思います。

 次に、高齢化社会のあり方についてですが、高齢者が健康で心豊かな人生を送れるよう知識や技術を生かしながら、みずからが積極的に役割を果たせるような地域社会をつくっていくことが必要だと考えられます。そのため本町では、生涯学習事業の強化に取り組むとともに、平成12年10月には、苅田町シルバー人材センターを総合福祉会館に設立し、高齢者の就労、雇用の促進を図っています。

 また、家に閉じこもりがちな高齢者に対しては、地区の公民館などにおいて、日常動作訓練から趣味活動、健康づくりなどの活動の場を提供し、充実した生活を送れるような環境整備に取り組んでいるところです。

 以上、お答えいたします。



○副議長(光永信雄君) 12時になりますが、このまま一般質問を続けます。

 7番、林君。



◆議員(林繁実) じゃ次に地域住民と一体化した環境問題についての考え方と取り組みについてお伺いいたします。

 環境問題ほど幅広く多岐にわたる問題はありませんが、ここでは地域住民との一体化という観点から家庭ごみと不法投棄について考えたいと思います。

 まず、家庭のごみですが、これを分別化することにより、ごみの減量化とリサイクルの推進に成果を上げていることはもう既に皆さん御存じと思います。しかし、これからは、過剰包装や買い物袋の持参、不要なものは買わないといった地域住民のさらにプライベートな分野にもタッチしなければなくなると私は考えています。そうなると、行政が住民との一体化を標榜するより、むしろ住民一人一人の意識改革からスタートとして行政がこれをサポートする立場になるのですが、同じサポートでも積極的な姿勢を堅持して有効な手段、方法には迅速的に対応していくことが大切になると思います。

 ヨーロッパ諸国では、ごみ問題に対して早くから目覚め、住民が危機感を持ち始めてごみの分別化やリサイクル化に積極的に取り組むようになったと聞いております。国民性の違いはありますが、ドイツではごみを出す住民の徹底した意識改革を図るとともに、商品を提供する企業にも税制面の緩和、エコロジーのブランド化による協力を要請しています。現在、日本でもドイツのようなごみ問題の動きは浸透していますが、これからもっと徹底した形での解決策が必要になるでしょう。

 ごみの不当投棄は、もう目に余るものがあります。例えば、富士山が世界遺産に登録されないのは、山ろくに大型の家電製品や自動車、自転車などが大量に捨てられているからだそうです。そうでなくても山間部に車を走らせると、あちらこちらに不当に投棄されたごみの山が目につくようになります。

 町じゅうの道路には、空き缶やたばこのぽい捨てがされています。1人が気軽に捨てるのは一つの空き缶ですが、みんなが捨てるとごみの山になるのです。これはもう一人一人の自覚を待つより対策の立てようがないことになっております。

 ごみ処理の方法として町長は、リサイクルセンターを建設して資源の循環型の実現をお考えのようですが、それはもう私も大賛成です。しかし、器はつくったが、あとはお任せでは困ります。問題は、このセンターを利用して、ごみ問題の大切さを住民に啓発し、住民が行動を起こすようなソフト面の充実を町長のリーダーシップで動いてほしいのです。

 先ほど家庭のごみ、不法投棄について、住民の意識が大切だと申しましたが、このセンターを軸に住民の一人一人の行動が大きなごみ処理効果を生むことを啓蒙し実践していただきたい。また、子供の教育の場にも活用できると思いますが、いかがでございましょうか。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) お尋ねのリサイクルセンターにおけるごみ問題の住民啓発、子供の教育の場の活用を含むソフト事業の展開につきましては、大変有意義な御提案であると思いますので、今後の検討課題とさせていただきたいと思いますが、ごみ問題は、どの自治体にとりましても大変大きな問題です。単にごみ袋を有料化すればとか、監視カメラを設置すればとか、そういった簡単なことでは解決できる問題ではないと思います。

 先ほど、林議員がおっしゃいましたように、もう地域住民と一体化して環境問題について考えなければならないというふうに思っております。

 現在では、大量生産、ごみについて大量生産、大量消費、大量廃棄を見直して、ごみを出さない、ごみを資源として再利用する、再利用できないごみは適正に処分するというリデュース、リユース、リサイクルの3Rを町民に提唱し、人が地球にかけます負荷、環境負荷を減少して、自然と共生する循環型社会を目指そうとしております。苅田町も例外ではありません。

 ただし、ごみの問題は、あくまでも住民のマナーやモラルといった意識に負うところが多いと思いますので、町民の皆様の御協力をお願いしていきたいと思っております。



○副議長(光永信雄君) 7番、林君。



◆議員(林繁実) きょう私が質問したテーマは、実はどこの行政体でも議論される性質のものでありますが、どこもが頭を抱えて、なかなか解決に至らない課題でございます。なぜそうなのか。それは、住民の意識と行動に頼るケースであり、行政が強制できないからです。もうすぐ開港する新北九州空港や産業基盤の整備、企業誘致などの事業は、行政の華やかな部分で、これも重要な施策です。もうそれはこれをもって仕事をしたと勘違いされるところもあります。

 私は、地方分権になると、さらにきめ細かい住民サービスが必要になる、住民参加を促すような生活に根差した施策が大切になると考えて質問したわけでございます。表題の小さな輪から大きな輪は、少子高齢化問題の住民参加、ごみ問題に対する住民との一体化あるいはボランティア団体を初めとする各種グループ活動の一環として考え、きめ細かい行政サービスをどこに自治体にもない苅田方式として元気、やさしさ、輝きの手づくりプランを政策の基本とする町長のリーダーシップをもとに確立していきたいと願っております。また、地域住民との連携や、冒頭に申し上げました嫌な事件の防止にもつながると確信しております。

 本日これにて私の3月の一般質問は終わらせていただきます。



○副議長(光永信雄君) 以上で林繁実君の一般質問を終わります。

                              



○副議長(光永信雄君) ここで昼食のため13時10分まで休憩いたします。

午後0時05分休憩

                              

午後1時10分再開



○副議長(光永信雄君) 午前中に引き続き一般質問を行います。

 10番、作本文男君。



◆議員(作本文男) 〔登壇〕10番議員の作本文男でございます。3月議会の一般質問をただいまから行います。

 現在、日本の社会で大変急激な変化が継続中であります。それは、一つは、我々の守備範囲である行政、政治の話からいきますと、明治以来続いてきた中央集権国家から地方分権へと変わりつつありますし、また、経済の世界から言うと、徹底したいろんな規制のない徹底した市場主義というものが取り入れられて現在に至っております。本当に私は、ある評論家なんかによれば、これは改革じゃない、革命なんだと言う方もおりますけれども、それだけ大きく変化をいたしております。

 当然、歴史を見てもそうでありますけれども、大きな変革のときには、必ずいろんなひずみというものが生じてまいります。現在でもいろんなマスコミの報道なんかを見てみましても、いわゆる格差社会であるとか、弱肉強食であるとか、いろんな言葉が踊っております。現実に去年1年間を見てみても、JR西日本のいわゆる過密ダイヤのその影響であろうというふうに言われておりますけれども、大きな事故がありましたし、また同じような意味でいろんな航空各会社の整備不良ミスでありますとか、それから、規制の緩和の一つなんでありましょうけども、より安く、そして、より広いマンションを国民に提供する。そのために技術改革とかそういうもので安く提供できるんならいいんですけれども、まさに法律に違反をしてまでもそういう供給をしてきた耐震偽造の問題でありますとか、本当に上げれば幾らでもあるぐらいに大きなひずみができております。

 こういうひずみがあるからということの批判で、現在いろんな意味でこれでいいのかという御意見があるようであります。しかし、私は少なくとも私の考えでありますけれども、この今の流れを変えるべきではないというふうに確信を持っております。

 戦後、いろんな形で豊かな平等という言葉を最近よく使われております。イコール結果の平等がなされてまいりました。本当に北は北海道から南は沖縄まで、同じような行政サービスが受けられるということでありますけれども、それができなくなった、なぜできなくなったか。皆さん方に申し上げるまでもなく、御承知のとおりでありますけれども、いわゆる一言で言えば、お金がなくなった。一つの例が、国と地方をあわせて770兆という借金ができてしまいました。これを余り正確ではないかもしれませんけれども、1秒間に100万円の金利がついているというふうに言われております。もっとわかりやすく言うと、1家4人、一般的な家庭でありますけれども、しかも年収が500万円のそういう家庭で6,000万以上の借金があるという形になるそうであります。まさに返済不可能、1軒の家で言うと、宝くじか、何か汚職かなにかをしないと返済ができない、そういう高額な借金があるわけでございます。そのいわゆる今まで豊かな平等、結果の平等ていうのは、そういう借金によって現実のものになってきた。

 そしてまた、もう一点、ことしの国の一般会計予算でありますけれども、細かな数字は省略をさせていただきますが、80兆のうちの40兆が国債という形での借金で賄われている。いわゆる借金を半分以上しないと予算が成立をしない。来年度の苅田町の一般会計でいきますと約140億という形になれば70億町債を発行して、お金を集めてこないと予算が組めないという本当に異常な状態になっております。

 それであっても、豊かな平等、結果の平等を求めるのかというと、それはもう物理的に無理であります。そして、今我々が考えなければいけないのは、機会の均等、いわゆるだれもが一生懸命頑張れば報われるんだと、いろんな規制はないんだと、そういう機会の均等を目指していかなければいけない。間違いなくいろんなひずみはあるけれども、しかし、ここを耐えて、また新しいルールづくりをすることによって、我々は間違いなく社会全体の底上げであるとか、それから、力になる、活力になるということをあえて私はこの場で申し上げさせていただきたい。



 事前に通告をいたしております三つの質問についてもそうであります。そういう本当の意味での行政のあり方、町民と行政の負担の割合等々につきまして、本当の意味でのあるべき姿をこの場で公の席で議論をすることによって、ここにおる皆さん方、そして、それを町民に知らしめていくことがこれからのいわゆる地方分権の、それから、機会の均等の社会をつくるためにも必要なのではなかろうかというふうに確信を持っております。

 どうかいい意味での議論ができますことを心からお願いを申し上げまして、この演壇でのあいさつというふうにかえさせていただきたいと思います。よろしくお願いをいたします。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 〔登壇〕ただいまの作本議員のお話ですが、たしか私が思いますに、機会の均等が大切だ、町民と行政との負担の割合はいかがなものかというふうにとりましたけれども、そういう要旨で受け取ってよろしいでしょうか。

 続く質問に対しましては、自席にて答弁をさせていただきたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) 町長、できたら演壇でも申しましたように、本当に私は、私が言ってることは正しいかどうかは別にして、本当の意味での基本的なことだと思うんですよ。できたら町長の例えば、だれもが安心して心豊かに暮らしていける町づくり、私はもちろん真摯にそれを受けとめておりますし、町長のそういう思いでこれからの町政はやっていくんだということで別に皮肉っているわけでも何でもない。本当に真摯に、そういう町をつくっていかなきゃいけないということで我々も協力もし、また緊張感を持って指摘もしながらやっていかなきゃいけないということであります。

 当然、町長から私には間違いがあるかもしれないし、その辺の指摘なりが演壇であるかと思ったんですけれども、それがなかったので非常に残念なんですけれども、まず、一番最初に上げております町民要求と行政の対応ということであります。

 私は、かねがね言ってきております。いろんな意味でその町民要求ちゅうのは多岐にわたってます。多岐にわたってますけれども、演壇で申し上げたように、お金に限りがあります。だから、言ってきたものは皆してあげるというのが本来のその姿なんでしょう。しかし、現実にはできない。そこをどうするかということは、いや町長である私が知っとけばいいんだということには今はもうならないんですね。こういう席で、公の席でこそこそっと議論するんじゃなくて、公の席で議論をして、そして、町民にもそれを理解をしてもらう。もっと言えば知らしめて、そして、ばかな町民要求はしないでよというような形のものをやっていくとか、そういうものが必要なんだろうと思うんです。自席からで結構でございます。そういう意味での基本的な町長が行政に対する考え方、私の切り口じゃなくて結構です。ぜひお聞かせをいただきたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) お答えいたします。

 確かに町民の要求はあれもこれもというふうに受け入れることができないのが行政でございます。できることとできないことがあるのは申すまでもないと思います。

 私たちは、時にはあれもこれもではなくて、あれかこれかと選択しなければならない場面もあると思います。できるだけ町民の要求に沿えるように努力をしながら、できないところはできないでやっていかないといけないとは思っております。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) これもあるべき姿を私は私の意見として申し上げさせていただくわけなんですけれども、法律というのは、助役さんはお詳しいんでしょうけれども、ぜひ助役さんにもその見解をお聞かせをいただきたいんですけれども、その地方自治法が昭和24年ですか、23年ですかにできて、1条から300何十条まであるわけですけれども、その中に一言も書かれてない。しかし、法律をつくった人の趣旨、思いていうの、理念ですか、哲学ですか。そういうものは、やはり背景にあるわけなんですね。地方自治のそのいわゆる思い、背景ちゅうのは何なのかということは、もちろんいろんなこれも御意見があるでしょうけれども、私に言わせたら、みずからがみずからをおさめていくと。最少の経費で最大の効果を上げていくんだと。そして、その法律の行間にそれが込められていて、そしてなおかつそれで結論は何かというと、住民福祉の増進を図っていくんだというのが地方自治の私は本旨なんだろうというふうに思うんです。

 私は、具体的な例を挙げて申し上げさせていただきたいんですけれども、この一番の町民要求と行政の対応、私は、前からこのことを思ってたんですけれども、各行政区ごとに、ないところもあるかもしれませんけれども、公園があります。その公園は、例えば、具体的な例を出すと、その町長のおられるその集まりの公園に私が遊びにいくことはあるかもしれないけれども、もうほとんど行かないわけですね。集まりの方が使うんです。それを私は伊塚町長になってから、伊塚町長が間違いなく一歩進めたんです、前に。歩を進めたんですけれども、全部業者任せだったんです。金を出して業者にやらせてた、その公園の清掃なんかを。ところが伊塚町長になってやっぱり町民参画なりを図っていく、その本当の1ミリ、第一歩ですけれども、そういうためにも、やはり地域のことは地域でしていただこうということで、いわゆる老人会ていうんでか、老人クラブっていうんですか。そういうところにやりだした。

 しかし、前に伊塚町長に私は言ったことがあるんですけれども、金ありきじゃだめですよと。自分の子供や自分の孫が、その公園で遊ぶんです。老人クラブがしなきゃいけないということではありませんけれども、そういう形のものを地域の人が守っていくという、これが本来のいわゆる町民参画の私は基本的な考え方であろうし、原点だというふうに思うんです。そういう意味から言って、地方自治の本来あるべき姿とは大きくかけ離れてる。それが、かなり予算委員会なんかで私なんかもチェックをしてるつもりですけれども、しょせん、やはり1人の力じゃどうしようもならない。17年度から今まで年3回やってたものを5回に変えてるんです、町長、助役さん。全くこれからどんどんどんどんいろんな形での町民要求で、先ほど言いましたように、幾らお金があっても足らない、そんな時代にそういう形のものをやってる。このことをまず町長と助役にどう思われるのか、御意見をお聞かせをいただきたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 実は、私もいつも出しております手づくりの町づくりという中には、今、作本議員が言われましたように、本来的には地方自治は自分たちのために自分たちによって治められるというのが望ましいと思いますし、できるだけ自分たちのことは自分たちでやってほしいというのも望ましい姿だと思いますが、必ずしもそうもできない事情もあるかと思います。この草取りが3回が5回になった経緯につきましては、申しわけないんですが、多分地域の方からの要望で、先ほど言いましたように、要望すべてにこたえるのですかということになると思いますが、何らかの危険性なりあってのことと思いますので、一応、担当課の方にも聞いてみたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 野上助役。



◎助役(野上明倫) 先ほど作本議員さんの方から法律の問題として大きな問題提起がございまして、私も一応法律勉強をさせていただきましたが、その中で地方自治の本旨ということにつきましては、確かに議員さん言われるように、地方自治の本旨とは何かということは法律そのものの中には明記をされておりません。憲法の中で、地方自治の本旨を生かしてということが書いてあるだけでございますけれども、その本旨というのは、団体自治と住民自治の二つからなるというふうに私は勉強させていただきました。その中で、住民自治ということについて言えば、今、お話にございましたように、自分たちでできることは自分たちでやっていただくということが住民自治の本来的な意味であろうと思いますので、そういう点ではいろんな具体的な問題につきましても、何もかも役場が、ないしは税金を使ってやるということではなく、できることは住民の皆さんのお力も含めてやっていただくということであろうと思います。

 具体的なこの草刈りの回数をふやした経緯につきましては、私も詳細に把握をしておりませんので、よろしければ担当の方からお答え差し上げられればというふうに思います。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) 今、助役がおっしゃるように、団体自治と住民自治があるわけですけれども、まさに地方分権ちゅうのは、イコール住民自治の時代なんだということをこの場で申し上げておきますし、それから、町長も助役も事前に通告をしているにもかかわらず、この公園の清掃のことについての実態を聞いてないんで担当に聞けということですけれども、非常にそれは前もって言ってるのに失礼な話じゃないですか。当然、それは調べておくべきじゃないんですか。だから、その担当じゃ明確に答えてください。



○副議長(光永信雄君) 各務産業建設部長。



◎産業建設部長(各務強志) お答えいたします。

 この公園でございますが、16年度までは年3回、17年度からは毎年5回を標準としております。これにつきましては、夏場は草の伸びが早くて3回では対応できないという状態で、子供たちが遊ぶのにも支障を来し、もう結局雨が降って、天気が続いてもぐんぐん草が伸びて、非常に苦情、または要望が多いということで5回に変えておるところでございます。

 以上です。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) 町長、助役、だから、あれがすべてなんですよ。言ってきたからしたという程度の話ですよ。私が言った、なら地域のことは地域でしていこうと。そしたら、伊塚さんの町長のやったことが間違いなく一歩後退してるんです、町民参画という。それはなぜかというと、上の政治的な行政を行っていく上での政治的な信念、哲学がないから職員がああいう形になるんです。言ってきたからやってやると。全くすばらしいことやないですか。なら5回と言わんで1カ月に1回ずつさせたらええやないですか。もっとそっちの方が子供たちが喜ぶんじゃないですか。なぜそれをしてやらないんですか。なぜ3回が5回なんですか。1カ月に1回ずつしてやりゃいいじゃないですか。それをぴしっと断らない。それは、伊塚町長の、前町長の考え方が職員に行き渡ってなかったと、こういうことなんです。

 ですから、私は、この草刈りがどうとかこうとかていう次元の話じゃないんですよ。私が言いたいのは、政治姿勢、行政に対してどういう考え方でこれから、だから、スタートを切ったばっかりなんですから、吉廣町政は。そうしないと、やっていけなくなるでしょうと、助役も言われましたけれども。だから、今まで3回だった。それで、例えば20万なら20万月に渡してた。それを同じ金額20万で3回を5回にしてるんです。

 きょうもお見えになってますけれども、屋久先生なんかは、自分で機材を買って、そして公園をきれいにしてるんです。それは好きでやってるんでしょうということを行政の方やらおっしゃるかもしれないけれども、そこの気持ちを大事にしていかなきゃいけないんじゃないですか。それは大きなお世話かもしれませんよ、あなたたちから見たら。しかし、片やいろんな町政報告なんかで町長、そのクリーンで透明で、そして、いろんなことを言ってますよ。しかし、全くやってることが、そのいや町長がやったわけじゃないんですけれども、私の答弁は、答えは、答えをしていただきたいのは、だから、そういうものを基本的な考え方をここで示していただいて、そして、予算はそれはどんなことがあっても粛々と通っていくんでしょう、私ごときが反対したって。しかし、執行のときにはそういう形でもう一回見直していくと。

 大変私事で失礼ですけども、私は余り能力がなかったので私立大学しか行けませんでした。卒業をして、そして、私は、兄弟も同じ時期に大学に行ったもんですから、おやじもおふくろも着るものも着らずに、食べるものも食べずに、もうそれぐらい本当にお金がやっぱり要ってたんです、東京の方ですから。そういう苦労をやはりしてきた。私は、私の親を自慢してるんじゃないんです。その時代はすべてがそうだったんでしょう。そういう人がほとんどだったんですよ。それで、教育にやっぱり力を入れてきた。お上に頼ったりとか、そんなことは頭からもうなかった。

 しかし、今は、とにかく町から税金をひっぱり出すことがすばらしいことだというような風潮になってないでしょうか。そこが一番、やはり恐ろしい問題で、いろんな議員が介在をして、そして、3回だけども5回にしてやれ、おまえと。これがいい議員なんです。だから、私も本当に来年も町会議員の選挙もございますし、ここはひとつ心を入れかえて、もう何でも言ってきなさいと、私に。何でも役場に言ってやりますと。私は、前にも自慢したことがあるかもしれませんけれども、いろんな陳情に来たら、そんなことできるわけないじゃないですかって、私に何でそんなことを言っていけって言うんですかとか言って、厳しくそういう方には言ってきました。それで、人気がないわけですけれども、まさに人柄の作本と言われるように、もう幾らでも陳情があったらどんどん役場に言っていくと言った方が、私はこれよくなるんじゃないかなと、そっちの方が。そして、みんなで食い合いして、つぶれたらつぶれてからゆっくり考えましょうと。こっちの方が本当に何でこんだけ一生懸命勉強して、いろいろ自分なりに思い悩んで、そして、ある程度の方針を自分なりに決めて、そして、この場で言ってること、それがすべてむだになってる。何か力が最近抜けてきたんですよ。本当にむなしいんです。同じ次元で議論ができないんですよね。いかがなんでしょうか、町長。だから、いわゆる行政に対する思いというものと、それを実際に行政に生かしていかなきゃいけない、それが目に見えなきゃいけない、いかがでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 作本議員のおっしゃる気持ちは十分に理解しますし、率直に言いまして、私も作本議員に負けずに貧しく暮らしてきましたので、物を大事にすることにかけては負けてないと思いますが、確かに、この予算に関しまして、いろいろな疑問点があると言われますと、そうかもしれないと、情けないと言われそうですが、確かに私がまだ予算の見方についてきちんと見れてないところもあるのかもしれません。やはり大事な町民の税金ですから、少しでも生かせるように気をつけていきたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) 本当に、今の私、行政を見てて、平等という名の不平等といいますか、むちゃくちゃなことが行われてるというふうに思いますし、もう一つ、この身近な例なんですけれども、町長、本当に今の草刈りなんかは本当に小っちゃことですよ──小っちゃなことですけれども、執行するときは、必ず一言思いをめぐらして、どうあるべきかをめぐらしていただいて現実に執行していただきたいというふうに思いますけども。

 例えば、コミュニティバスもそうです。この前全体の説明会がありました。そしたら、その中で公室が言ってました。いわゆる幹線道路を走ってる、そこに停留所があるわけです。その停留所に行くときに、大変なんだと。それに今度はタクシーを出してやるらしいです。まさにすき間のない福祉、すばらしい苅田町になってきてるわけですけれども、それが260万ですか、何か新年度からかかると、こういうことで淡々と御説明をされておりました。私はもう一言も言いませんでした。さっき言いました、もう力が抜けてもう言う元気もないんです。で、これも新たに加えていくと。それのタクシーに乗るのは幾らですかと言うたら、乗り継ぎで同じ100円らしいんです。本当に世界に類を見ないすき間のない福祉の町づくりを目指してるのかどうか知りませんけども、さっき言いました、じゃ受益と負担の原則ちゅうのはどうなんですか。



○副議長(光永信雄君) 北原総合政策課長。



◎総合政策課長(北原正一) 今、コミュニティバスの件で質問がございましたけれども、現在、実証運行で3ルート走っております。作本議員さんがおっしゃったタクシーの乗り継ぎ云々の件でございますが、それは白川地域の方にバス路線が入らない地域が4地域ございまして、その4地域についてタクシーを利用して、バス停から西部公民館まで来ていただくと。それは、タクシー代はバス代の100円と違って1,200円ということでございます。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) いやいや1,200円で乗り継ぎでしょう。全然違うじゃないですか、私が言ってることと。私が間違ってるのかどうか知りませんけれども、ちょっと明確にしてください。



○副議長(光永信雄君) 北原課長。



◎総合政策課長(北原正一) 西部公民館まで行って、それからバスに乗るときは100円ですね。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) だから私が言ってることは正しいんじゃないですか。

 課長、いわゆるコミュニティバスをこうして運行させてるわけです。初期投資ちゅうのは別です。別ですけども、運行するだけで2,000万、3,000万の赤字になる。さらにそういうものもつけ加えていくということなんですけれども、本当に、町長これ私ふてくされて冗談で言ってるんじゃないですよ。例えば70歳以上、免許を持ってない人、それから70歳じゃなくても要介護の1からやるとか、それから、障害者手帳を持ってる人の1からやると。それで週にその重さによって毎日タクシー券を渡しますと。1カ月に1回渡すわけですから。そのかわり1,000円以上はだめですよと。それ乗って別府行っちゃいけませんよと。そういういろんな規約を決めてそして、やった方が、そういう課長あれですか。比較対象したんですか。



○副議長(光永信雄君) 北原課長。



◎総合政策課長(北原正一) 昨年の9月から試験運行をやっておりまして、7月から本格運行にいくということで  。



◆議員(作本文男) いや、だから最初にやったのかって。



◎総合政策課長(北原正一) 具体的にはやっておりません。



○副議長(光永信雄君) 比較対象。



◎総合政策課長(北原正一) 具体的にはやっておりません。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) だから、町長、過去のことはいいんですよ。そういうのが実態なんです、今の役場の行政の中身が、能力が、レベルが。ですから、助役さんも聞いてくださいよ、県におられたんですから。それをやってくださいよ。あなたも助役で来たんですから。そういうこと全くなされてないです。この草刈りもそうです。3回を5回にしてくれっちゅうから、はいはいってやってやったわけです。町会議員なんかいっぱい絡んでるんです、ええ格好をして。

 こういう議員に限って、770兆の借金を子供や孫に残すかって、絶対残しませんよ。そうでしょう。だから、なぜ個人とそれから、いわゆる公になったら違うのかということを私は申し上げたいし、町長にもだからそういうのがいっぱいあるんです。

 私は、本当に町民要求ということですけれども、私は、国保の審議会に入ってますけども、国保の場合、この前議案質疑でも出てましたよ。で法定内のいわゆる出してるお金、除いてやっちゃいけないという一般会計からの持ち出しが2億6,000万かなんかあるんですよ、そうですね。そうしないと国保会計が維持できない。それであっても、やはりそのしちゃいけないことでもやっぱり一般会計から維持できないからてしてる。

 ところが、片や、水道局長がおられますけども、水道なんかは、給水の停止をしたんです、払わない人は。もちろん一気にするわけじゃないですよ。いろんな督促をしたり、いろんな話し合いに応じたりしてやってるわけです。

 そしたら、そのいわゆる町長、政治というのは生意気なことを言って大変失礼ですけども、50.01を生かすために49.9を切らなきゃいけない、そういう厳しい決断だってあるんですよ、あなた、これから。そういう中で考えた場合に、水道は95%入ってるんですよ。国保は6,000軒でしょう。半分ぐらいでしょう。町民の中で、あの件数でいくと。それじゃ6,000軒のために2億6,000万なりのしちゃいけないことをして、水道ももう全部ただにしてやりゃいいじゃないですか。停水はしないと。どんどん水ですから、生きていく上に。そりゃ国保だって病院にかからなきゃいけない、命にかかわることですよ。水だってそうですよ。そりゃ局長がセブンイレブンで買えちゅうて言うかもしれませんけれども、そうじゃなくて、もう停水なんかやめて、もうどんどんどんどん払おうが払うまいが、それが町民要求なんでしょう。いかがなんですか。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 今、作本議員の言われたことも午前中話しました。国保に関しましても、徴収率を上げることが最大の課題だというふうに思っております。確かに社会保険等に入っていらっしゃる方の税金まで回してはおかしいという話は午前中にもしておりまして、そのあたりで、やはり議論がいろいろ分かれております。納められない人をどうするか。納められないのか、納めるのをしてないのか、いろいろ事情はあるでしょうけれどもということでお話をしましたけれども、やはり私としましても、いろんな形で減免制度があるので、徴収は資格証明などを発行してでも徴収させていただきますという話をしたばかりですが、作本議員のおっしゃることは全くそのとおりだと思います。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) もちろんちょっと行き過ぎた説明をいたしましたけれども、水道局は水道局でそのとおりにやっぱりこれからもやっていかなきゃいけない、もっと厳しくやっていかなきゃいけない。国保についても、それじゃ徴収がこれ以上だめなんだと、現実に。もう議論は尽くされてるわけですよ。そしたら、どうしなきゃいけないのか。もちろんセーフティネットはつくらなきゃいけない。弱者のふりをした弱者がいっぱいおるんですよ。しかし、本当の弱者もいるんです。それを切り捨てろとは私はとてもじゃないけど言いません。しかし、そのめり張りというんですか。そういうものはやはり厳しくチェックをして、そして、セーフティネットはつくっていきながら、しかし、現実に受益と負担という原則はあるんです。だから、幾ら徴収率を上げると、この場でお題目を唱えても現実にできないじゃないですか。だから、そうしなきゃいけないということを申し上げてるんです。

 だから、町長、本当にほかの議員はどうか知りませんけれど、私とは本音の話をしていただいて、一般論の話はしないでください。それをどうするかということを私は質問をしてるんです。だったら、そのいわゆる本当の弱者と、そうでないふりをした弱者とそれの精査をこれから早急に行って、そして、現実に受益と負担で町民に知らしめていかなきゃいけないですよ。6,000軒しか入ってないんですから。それが1万2,000軒の人たちの税金を使ってるわけですよ、ぶち込んでるわけですから。町長が言いましたように、社会保険の人は二重払いしてるんですよ、共済保険の方は。それがあっちゃいけない。まさに公平、公正にやっていく意味でも、私はそのことをやっていかなきゃいけないということを申し上げてるんで、そのことについてのその今後どういう形で具体的にやっていくのか。それを御答弁をいただきたいということでございます。



○副議長(光永信雄君) 花房総務部長。



◎総務部長(花房幸司) 議員さんの御質問にお答えしたいと思います。

 今、国民健康保険に入ってる方の滞納世帯につきましては、徴収対策の方で個別訪問、個人カードっていう形で今使わせていただいております。その中で本当にその方が生活が困難なのか、それとも生活がある程度できるんだけれども国保税を払ってないのかという把握に今努めております。今、現状ですべてすぐできてるかって言われると、まだ、もう少し時間がかかるのじゃないかなとは思っておりますけれども、それを全部チェックした中で、その辺はもう一度町執行部の中でどういう形で対応すべきなのかということは検討してみたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) だから、部長、時間の余裕がないんですよ。2億6,000万ですよ。やっちゃいけないことをしてるのが。そしたら、そんな悠長なこと言ってられるんですか。受益と負担で、そのいわゆる保険料を上げなきゃいけないかもしれないじゃないですか。その議論が全く触れようともしないでしょう、あなたたちは。助役、どうなんですか、その辺は。県もそうなんですか。



○副議長(光永信雄君) 野上助役。



◎助役(野上明倫) 国保税の収入の問題、滞納が多いという問題でございます。先日、県の国保の担当の課長が町長と私のところに見えまして、苅田町徴収率がよくないということで、めり張りのついた取り組みをしてもらいたいというお話ございました。

 それは、徴収の方に着目して、いかに率を上げていくかということもございますし、総医療費の抑制ということから言えば、国保の医療費の方のですね。受診の方をいかに元気に健康に暮らしていただいて、そちらを抑制していくかという問題と両面あろうかと思います。いずれにしましても、当町の実情をよく勉強させていただきまして、どういう形でさらなる取り組みが可能なのか、担当の部局ともしっかり検討してまいりたいというふうに考えております。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) 物すごく大きな題を掲げたもんで、言えば幾らでも切りがありませんし、かといって余り広げ過ぎると何が何だかわからなくなってきますので、この辺でやめますけれども、私は、やはりこれからの地方分権というのは、役割分担の見直しなんだと。そして、いわゆる助役も賛同していただきましたけれども、やはり法律の行間にある本当の原則、受益と負担であり、みずからがみずからをおさめていくという、そのことを本当にできたときはそうだったんです。それをいろんな偉い人か悪いやつが知りませんけれども、拡大解釈してきて今日に至ったんです。そして、演壇でも言いましたように、それで立ち行かなくなった。だから立ち行かなくなったから、これからどうするかということで、一からスタートするわけですから、過去のことはどうだっていいわけです。過去のことがあるからちゅうて下を向く必要もない。よくしていくことがこれから大事なわけですがら、ということを申し上げてこの項は終わりますけども。

 次に、公約の実現なんです。町長、このことについても、一言あなたに苅田弁で言うと、文句をちょっと一言言わせていただきたい。

 この前の議会で、私との約束、町長は約束してないと、こういうふうに言うかもしれない。私はしかし、この公の席で議会事務局が一回テープ起こしましょうかと言ったけど、そんことする必要ないということで、善意と善意で、しかも前向きに私は物事をやっていこうというふうに思っております。町長もそのことについて異論はないと思うんです。

 公約の、選挙のときに言った公約の実現に向けてタイムスケジュールだけ出してくださいということを申しましたら、もちろんはい出しますとは言いませんでした。しかし、その努力はするということを言ってきました。その努力をした結果、出なかった。出なかったのを私が要求をして、執行部に議会事務局を通じて要求をして、それで、花房総務部長かなんか知りませんが、出せないと、こういう明確な公式のだから答弁かと言ったら、そうだと、こういうふうに言っておりましたけれども、そんなことで町民の信頼が得られるんですか。そんなことでだれもが安心して心豊かに暮らしていけるまちづくりが町長できるんですか。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) ただいま作本議員が私に提出してくださいということで私が受けたというふうに言われておりますが、申しわけありません。見解の相違になったかもしれませんが、私はできるものからさせていただきますので、私の任期中にはやらせていただきたいというふうに答えたと思っておりましたので、もし私が間違っておりましたら申しわけありません。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) 言い間違い、聞き間違い、私がすべて正しいとは思っておりませんので、たださっきも言いましたように、非常にネガティブな、当然出すべきじゃないですか、町長。約束したんですから。できたらするわて書いてませんよ。すべてに取り組みますて書いてますよ。だから、当然出すべきじゃないですか。そのことはいいです、もう。

 そして、2、4、6、7点にわたって約束がされてます。その中で、町長早速、体験学習施設、これについては、10・4・1の13節で青少年体験研修センター委託料で950万つけております。それから、健康のところでは、ソフトの分で乳がんのマンモグラフィーですか、でついております。それから、安全の分でGPS携帯のところですけども、防災マップで112万5,000円、それから、防災無線、青色パトカーで210万4,000円というようについております。あと具体的に私はしつこいですから、こういう今既に取り組んでいるものも含めてさらに充実をしていかなきゃいけないわけですけれども、これはどのようにお考えになる予定ですか。4年間でやるということは、もちろんそのとおりです。しかし計画がなければ、4年間たってから計画をしたということじゃならないわけですから、それは当然、公室もあるわけですし、優秀な職員がたくさんいらっしゃるわけですから、だからそれで財政的な裏づけも含めてやっていくというのがあなたのとりあえずの一番最初にやらなきゃいけない町民との約束じゃないんでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) おっしゃるとおりだと思います。

 それで最初にも申しましたように、18年度にできることから取り組んでいくということで、さっき御説明いただきました青少年のハード面については青少年の体育研修センター、それから、ソフト面については乳がん検診、安全・安心の町づくりの防災無線等を上げております。その他のハード面、ソフト面につきましては一朝一夕に決められることではなくいろんな難しい問題が絡んでおりますので、18年度にプロジェクトチーム等の組織をつくりまして、どのようにやっていったらいいか、実行に向けて検討を行っていきたいというふうに思っております。





○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) もうそれ以上私は申しません。町長のことを信用してますので、当然そういう形で出していただけるというふうに思って期待をいたしておきます。

 それから、公約の実現について、これはもう申しわけありませんでした。あえて明記はしておきませんでしたけれども、公約の実現という中で申し上げさせていただきたいんですけれども、町長の本当の意味での専門分野であります教育の関係についてお聞きをします。これは、教育長と私は何度かこのことで今回のことについて話をしました。しましたけども、前もって申し上げときます。もう賛成は、総論的には、もうもろ手を挙げて、片手じゃないです。両手を挙げて賛成であります。ところが、教育長を初めとする教育委員会のいわゆる考え方、やり方について各論については、私は全面的に反対であります。そのことをちょっと今から議論をさせていただきたいというふうに思います。

 本当に、私に言わせれば唐突に、「未来を拓く子供を育てる教育の町苅田」特区申請の資料を見せられました。これも十分に読ませていただきました。

 そういう中で、この議会が終わって、そして、臨時議会を開いて、来年度から4月から、今3月ですけれども、来月からこのことをやっていくんだというようなこと。多分、理解の非常に深い議員さんが多いですから、多分これもまた通っていくんでしょう。そして、進められていくんだと思います。

 そういう観点から、私はさっきも言いましたもう堂々とこの皆さんの前で申し上げてるわけですけれども、全くもって反対であると。こんな教育、一番大事な教育の問題について、こう軽々にやっていいのかというふうにも思っております。それで、いろんな具体的なことをお聞きをしたいんですけれども、ただこの特区申請の中を見てみますと、全国平均よりも学力テストで、やっぱりやや低いんですね、苅田町の場合は。やや低いと、こういうことであります。

 それから、本当に三、四回これ私なりに読み直したんですけども、私、町長はどういうふうにその町民の方から聞いてるのか知りませんけれども、前回、伊塚町長のときに英語教育をやりました。この英語教育もその昔からの我々が勉強したようなグラマーじゃなくて、いわゆるヒアリングであり、しゃべったりする、そういう意味での英語教育をという形でやってきました。これも私はいいことだと思って賛成もいたしました。今回第二段としてこういう形の改革をしていくわけでありますけれども、その一般、いわゆるあるべき姿じゃなくて、一般の今いわゆる義務教育の小学校や中学校の親御さんちゅうんですか。その保護者の方ですね。これ何て言ってるか、とにかく安心して行ける学校にさせてくれと。普通に授業を受けられる学校にしてくれと。全部とは言いませんよ。間違いなく学級崩壊がいろんなところで起きてる。ですから、私はいわゆる30人学級、いわゆる34人以下とこういうことですけれども、それで、じゃその今一番求められてる、そしてしかもこれにも書いております。90%以上の保護者とそれから、先生方が賛成をしたと。ですから、いわゆる34人になったから、普通の、そして同じようなサービスが受けられるのかどうかということをまずお聞きをしたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 有松教育長。



◎教育長(有松邦雄) お答えいたします。

 今の学級編成の基準が40人でございます。34人になれば40人のときよりは一人一人に目が行き届く教育ができるというふうに私は考えております。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) いや、私は町長にお聞きしたんですよ。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 今、作本議員がおっしゃいましたように、確かに今の学校教育の中ではいろんな問題がたくさんあるようです。私のところにも直接メールもいただいたりすることもあります。そういった状態の中で、じゃ学校に関心を置くとか、いろんな問題点、またそういうふうにやってるところもあるかもしれません、安心・安全のために。でもそういったことよりも、生徒数を少なくすることで先生の目が届くようにということにはなるのかと思いました。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) いやですから、町長、その40人だったのを34人以下にしたら、そしたら、その問題のある子、いわゆる授業を受けないで動き回ってる子、その子に対しても徹底した、やはり保護をしていかなきゃいけない。そしてプラスその子のために授業がまともに受けることのできない子供たち、30人おるのかなんか知りませんけれども、その子たちのためにも34人にしたら、それが解決するのかということを私は教育長にも申しましたし、もちろんやすくなるでしょう、見やすくなるでしょう。しかし、それでは、問題解決にならないでしょうと。その言葉がよくないかもしれませんけど、トイレのふたをしてるだけじゃないですかということを私は申し上げてるんですよ。そしたら、そういう子供たちを特別にケアをする、本当にだから米100俵で私はこのことに、むちゃくちゃはだめですよ。しかし、計画を立てて、議会にも承認を求めてやる分については、ほかを削ってでもやるべきだという考え方です。ですからそれはいいわけですけれども、そういう形の34になったらそれができるんだと、また、しやすくなるんだとそんないいかげんな、いわゆる目標もないで、そんなことはできませんよ。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 必ずできるのかと言われると、そういうことはもちろん私にも言えません。でも少しでも可能性があるならやっていかなきゃいけないのも事実だと思います。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) いやですから、町長、そのやり方をどうしても18年度からとか、そんなばかなこと言うんじゃなくて、もう少しみんなで議論をして、そして、取り組みませんかと。そしたら、34人今のままよりも34人にした方がいいという非常に前向きですけれども、後ろ向きな話をしてるわけなんですよ。私は、だから、それをやるんたったら──やるんだったらそういう問題のある子をどこかにやってしまうんじゃなくて、受け入れて、そして家庭教育まで入れて、だから、教育委員会のもう枠は超えてますよ。これ福祉の関係になるのかもしれませんよ。そういうまさに縦の社会で、教育委員会だけでと、もちろんそうじゃないでしょうけれども、そういう形でやったって、いわゆる対比効果ですよ。当初2,000万、22年には1億という形になってますけれども、それやっぱり最少の経費で最大の効果を上げる意味でも私はもう少しじっくり考えて、9月からでも再来年の4月、年度からでもいいんじゃないかということを私は申し上げてるんです。むだ遣いは、さっきも演壇で言いましたように一切できない。

 しかし、教育にはやはりまさに日本立国の原点を見ればわかるじゃないですか。人材なんですよ、日本がこうして世界で生きてきたのは。人材ちゅうのは何かて、教育なんですよ。それをもう一度復活させようじゃないかという形で教育長以下、現場で頑張っておられるわけですけれども、そのためにも、私は、教育長にも言いました。学力テストしたんですかと。やりましたと。問題児のことはどうですかと。1人また先生をつけてますとか、それから教師の質の問題、それで、まさに学力テストもそれから、そういうこともすべて教育委員会しか知らないんです。それは隠してるんじゃないと思うんですよ。しかし、一番情報公開しなきゃいけないとこじゃないんですか。苅田小学校がどういうところがよくてどういうところが学力的に悪いのか。白川小学校はどうなのか。それをやはり情報公開すべきじゃないですか。何にもなされてません。

 それから、その教師の採用についてもそうです。豊前の教育事務所にいろんな登録をされてる方がおります。そういう方を雇おうとしてます。しかし、ここはひとつ公募をして、そしてやってみるべきじゃないかとか、議会の中からそういう意見があるかもしれない。それから、いわゆる一度雇ったら10年間は保障しないといい先生は来ないだろう。しかしだめだったら大変だから2年契約にしようとか、いや5年契約にしようとか、そういう話は何もなされてないですよ。それで、なぜ4月からしなきゃいけないのか。しないよりも34人以下学級にした方がいいという、そういう理由だけで4月からするんでしたら、これまたいわゆる私が演壇から言った政治理念ていうのが町長あるんですか。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 今言われましたようなお話は私も既に何点か聞いております。そして、その中で教育委員会とも話し合いをしましたところ、教育委員会の方ではまた1年延ばすのはやはり困ると、早急にしたいという意見で、それほど効果があるのかと言われると困りますけれども、途中9月から、先ほど言われましたように9月からとかできることであれば私もそうしたかもしれませんが、また1年延ばすということになるのでこういうことになりました。でも、短い時間しか残ってませんけれども話し合いはしてみたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) ぜひ、どうも話がかみ合ってないようなんで、ぜひ努力をしていただきたい。それと、やはりいろんな意味でこれは幼稚園を経営してる先生あたりからも聞きましたけれども、幼児教育なんかについても、いわゆるこれは父兄が言ってました。小学校も中学校もその問題児のことで手を入れていくと。もう中学校やら要らんことせんでくださいと。小学校の低学年からしてくださいと。それはなぜかというと、鉄は熱いうちに打てというやつですよ。

 そして、さらに、幼稚園の先生や保育園の先生あたりから聞くと、いわゆるもう幼児教育からしていかないと話にならないんだと。ですから、例えば、身近な例で申しわけないんですが、苅田小学校で問題がある子がいて、その子は苅田中学行くわけですよ。ますます悪くなる。だから、もう余計なことしてくれんでいいと。親が安心して行かせる学校にしてくださいと。ですから、父兄がいわゆる30人学級を90%の人が望んでるというふうに特区のことで書いてますけれども、中身が全くわからないわけですよ。そこの辺もまさにさっき言った行間を調べていただいて、現実をですよ。そしたら当然どこから対応すべきかということは目に見えてくるというふうに思います。いかがでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 変な話になるかもしれませんが、私も子供の教育については本当に作本議員と同じです。小さいときからの家族教育、家庭教育っていうのが、とても大事でそれが基本になるというふうには思っておりますが、現状といたしましては、そういうふうにはなかなか理想どおりにいかないというのが現状でございまして、学校の中で先生たちが教えられる、見られる限界というのもあると思います。先生たちのためにやるのではなく、そういった中で事故ないしはいろんな問題が起こったこと、起こったりすると子供たちにとって大変なことになると思い、こういうふうに考えた次第です。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) ありがとうございました。ぜひ本当にだれが主役かと、子供が主役なんだと今町長が言われましたけれども、そのことを念頭に置いて、どこが問題なのか、30人学級にすることが問題なのか、それとも実際にもっとほかにあるのか、味の素やら塩やらきかしていただいて、その本質をやっぱ見抜いていただかなきゃいけないと思います。

 時間がないので最後の項目に入ります。委託契約であります。

 これは去年の6月議会だったですか、のときに不幸な事件が苅田町を襲いました。談合事件、そして贈収賄事件という形でございます。この委託契約の中で、燃えないごみを契約をしております三友総合商事有限会社と、こういうのがありますけれども、これがちょっと経過は長くなりますけれども説明をいたします。

 今言いましたように、去年の6月21日に中野建設の中野光男、これが三友総合商事有限会社、ですから、建設会社もしてなおかつ燃えないごみの社長もしてたと。代表取締役です。ということで、6月の21日に談合で逮捕されました。そして、さらに7月13日に贈収賄事件で再逮捕されました。これが7月の13日であります。そして、去年の8月の4日に起訴をされました。当然、助役さんももちろん、町長ももちろんですけれども、起訴というのは、逮捕というのは云々は別にして、起訴というのは訴えを起こされるわけですから、裁判を起こされるということですから、そんだけ重いものがあるわけですけれども、平成18年、ことしの1月17日に有罪判決が出ております。

 そして、この三友総合商事というのは、きょうは実は午前中、休みを取りましたのは、商業登記簿謄本なんかちょっと私が整理してなかったもんですから取れなかったもんですから、法務局に行って取ってきたんですけども、さっきの贈収賄事件の片方の主役であります沖永春生、これが7月13日に中野光男は贈賄で逮捕されましたけれども、沖永春生は収賄で逮捕をされました。そして、同じ8月4日に起訴された、裁判所に訴えを起こした、起訴をされたわけです。判決は1週間前のことしの1月の10日ということであります。

 このいわゆる苅田汚職の主役2人は、三友総合商事と深い関係があるわけです。現実に、委託契約書というのを担当課からいただきました。その中の第6条に、乙がいわゆる三友ですけれども、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の施行令第4条第1号から第3号までに定める基準に適合しなくなったとき、またはこの契約に違反をしたと認めたときは何らの催告を要しないで甲は直ちに町──苅田町ですね、本契約を解除をするという形になっておりますが、これはどうなったんでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 井関民生部長。



◎民生部長(井関寛之) この契約の解除でございますが、この分に関して、廃掃法第7条第5項、第4項によりまして、刑の確定をもって、確定が決まらないと取り消しはできないということでございます。そういったことをかんがみまして、そういうことです。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君。



◆議員(作本文男) かんがみましてそういうことですということなんですが、町長、これもとにかく許可を取り消さないためにどういうことをしたらいいかということを皆さんが一生懸命考えておられるんだと思うんですよ。

 さっきも言いました、経過を申しましたけれども、8月の4日に本人が認めて起訴されてるんですよ、中野光男は。この三友総合商事の代表者ですよ。そして、そのいわゆるこれは送った方、送られた方の沖永春生は8月の4日に収賄で起訴されてるんですよ。一緒にやってる会社なんですよ。汚職2点セットというのか、3点セットというのか知りませんけれども。そして、今言ったなるほどそのように書いております。しかし、それじゃもう一点、部長お聞きをいたしますけれども、苅田町建設工事等の入札参加者の指名停止要項の中で、いわゆる別表の中に、有資格者である個人または有資格者である法人の代表権を有する役員、これがいわゆる職員に対して行った贈賄の容疑で逮捕され、または逮捕を経ないで控訴を提起されたときは、これは8カ月以上、24カ月以内の指名停止と、こういうふうになってます。じゃなぜそのときに指名停止しなかったんですか。



○副議長(光永信雄君) どなたが答えられますか。行事環境保全課長。



◎環境保全課長(行事道雄) 8月に起訴されまして、ごみの収集につきましては、どうしても町の仕組みの中で休むことができないというのが当時の大きな理由でした。



○副議長(光永信雄君) 10番、作本君、残り時間が少なくなりました。まとめをお願います。10番、作本君。



◆議員(作本文男) 今、課長がおっしゃったそのとおりだと思うんですよ。指名停止にしたから、それじゃ燃えないごみをほかのところにやらせるというわけにもいかないんでしょう。しかし、現実に、今の経過を言ったように、その中野光男にしてみれば、自分が有罪になったら委託契約を解除されるわけですよ。だから、そのことを逃れるために前もって代表者をかえたわけでしょう。それは歴然とした事実じゃないですか。

 そしたら、その顧問弁護士ておるんでしょう、苅田町に。私は、弁護士、そういう顧問弁護士がおらずにここまで調べてるわけですよ。そしたら当然、こんなことが道義的に許されるのか。町長の言う、本当にクリーンで透明な、そういう町に、町がやってることとどう整合性を図るんですか。これで聞いてる町民の方がそれはしようがない。作本が言ってることが間違ってますよという人は1人もいないと思いますよ。まさに逃れるためにとってつけたような、そういう形でやってきてるじゃないですか。それがなぜ許されるのか。

 そして、私は、ですから、今課長がおっしゃったように、今、指名停止にして、指名停止の後は、絶対あなた方はどう思ってるしかしらないけど逃げられませんよ、そういうふうになってるわけですから。そしたらそれをしなかった。なぜしなかったのか。もうそこまで言いません、時間がありませんので。しかし、そのことによって、新しい年度からそれを変えていくということはどうですか、町長。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 申しわけありません。私は、本当に申しわけない話ですが、このことについての経過をまだしっかりと押さえておりませんので、今後、皆さんと協議をしまして検討していきたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 時間です。

 以上で作本文男君の一般質問を終わります。

                              



○副議長(光永信雄君) ここでテープ入れかえのため14時30分まで休憩いたします。

午後2時17分休憩

                              

午後2時30分再開



○副議長(光永信雄君) 会議を再開します。

 休憩前に引き続き一般質問を行います。12番、梶原弘子君。



◆議員(梶原弘子) 〔登壇〕日本共産党の梶原弘子でございます。3人の党議員と分担いたしまして、きょう最後の質問をさせていただきます。

 今、私たちを取り巻く情勢は非常に慌ただしい空気がいっぱいでございます。これは他町村の合併問題や空港開港、東自動車道開通などによって飛躍と感じて喜びとするのか、それぞれの個人的な環境の違いで変わってくるのは日々の暮らしの中でも同じではないでしょうか。いかに一人一人の町民、国民が自分のできる力を発揮し、意識の高さを求めることが大切ではないでしょうか。

 日本やこの地域に合った互いを思いやるよき伝統、文化、すぐ数字では出てこないが、その積み重ねによって人づくり、地域づくりができていくのではと思っております。

 しかし、私たち議員は、町議会議員に選ばれ、先輩の議員の方たちがつくり上げてきたこの町を、この町に住んでいる方々の声をよく聞きつくり上げていくことが大切ではないかと思っております。すぐ聞き届け改善できるものや、条例上無理、予算上無理、法律上無理といろいろある中、どれも人間である私たちがつくったもの、条例に無理に当てはめるのではなく、生きて生活している町民、国民の苦難を少しでも少なくできるのなら、執行部も議員も、また頂点にいらっしゃる町長、職員を束ねると先ほどおっしゃいました助役、安心・安全なまちづくりを町民のために御一緒につくろうではありませんか。このように呼びかけまして、私の一般質問に移らさせていただきます。

 今回質問は大きく二つに分けました。最初に、安心・安全で住みやすい町づくりについてお聞きいたします。

 一つ目は、2005年10月31日、共産党、民主党、社民党の反対、自民党、公明党賛成で障害者自立支援法が成立いたしました。18年度4月スタートとなっております。町長の町政報告でも詳細な全容が明確になっていないと報告をいただきましたが、それぞれの関係者、複雑な内容で、障害者も担当者も混乱ぎみといえる法スタート前だと思っております。

 この法律で名前のとおり、自立できるのであれば結構ですが、調べるほど大変な内容、一部改善されたところもありますが、重度の人など利用すればするほど負担が重くなる。基本的にこれはどうかと思うものを2点提案して質問にかえさせていただこうと思います。

 次に、児童を守る保育所の処遇改善補助金問題の経過など含めて伺いたいと思います。

 3点目は、消防行政について、私は苅田町の消防は非常に優秀、延焼は皆無と常々他町の方たちにも自慢をしております。しかし、昨年火事による死亡事故が起きました。残念なことです。そこで、苅田町の消防署と消防団の尽力のたまものの今日、また地域にある集会場にある機具やホースの点検、防火用水の整備、耐震化を望みます。

 また、住宅用火災警報機の一歩踏み込んだ活用など提案しての質問といたします。

 安心・安全な町づくり、先ほども一般質問に出ておりましたが、町内の公園のあり方、基本的なことを中心にお聞きをいたします。

 また、コミュニティバス問題は、少し木原さんと重複いたしますので、重複するものはお聞きいたしませんが、町民とりわけ弱者と言われる方たちの要望、願いが多く、私の方にも来ております。これは一つ一つ改善していくことを願い、長い目で見ていこうと思います。

 最後の同和問題は、予算委員会の中でも少し質問いたしましたが、近隣市町村が合併する。1市4町が1市2町に変わり、県の方針としても延長を重ねてきた同和対策、町長もかわりましたので、改めて方針をお聞きしようと思います。また、同和問題の前に、国民保護法の問題も入れております。壇上での質問はこれで終わり、あとは質問席にて質問をいたします。執行部の明快な御答弁をお願いをいたしまして終わりにさせていただきます。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 〔登壇〕梶原議員の壇上での御質問にお答えいたします。

 まず、安全・安心で住みやすい町づくりについての障害者自立支援法についてですが、さまざまな障害を持った町民の実態調査をということですが、今回の障害者自立支援法により、障害福祉計画を作成するよう予算計上いたしておりますし、その中で実情の把握に努めるよう計画しております。

 2点目の公共的な事業を施行するときには障害者の意見や立ち会いが必要ではないかという御意見ですが、福祉のまちづくり計画策定時には皆さんの意見を伺い策定いたしましたが、一人一人の障害の種類や程度が異なるので難しい面もあります。今後この計画を年次的に実施していくことといたしております。

 次に、国民保護法ですが、国民保護法で定められています国民保護計画において、有事武力攻撃発生時に速やかに町民を避難誘導させ、被害を最小限に抑え、その後の救援、復旧活動をすることを目的としています。また、市町村国民保護計画につきましても、苅田町国民保護協議会に図り、18年度に策定していきます。

 次に、保育所運営についてですが、公立保育所民営化の件についてでありますが、平成15年4月1日より若久公立保育所を若久青い鳥保育園へと民営化いたしました。御質問の処遇改善費ですが、言われるとおり、その点だけを見れば補助金の削減をしておりますが、3子以上の保育料の減額、子育て支援センターの拡充あるいは施設整備費にかかわる補助など、処遇改善費の削減額をはるかに超えた予算を充てておりますし、町として子育て支援に取り組んでいるところであります。

 次に、町内の消防行政についてですが、消防防災体制でありますが、消防活動資機材は行政規模に合わせたほぼ基準どおりの整備ができ、水利施設におきましても、防火水槽は消防水利の一つとして火災鎮圧のために消防機械とともに必要不可欠なものであります。町内の防火水槽は42カ所設置しており、すべての防火水槽については耐震基準に適合しています。また町内の防火施設の件でございますが、区及び町内会にホースなど貸与しており、古くなったホースなどは申し出により順次更新しています。

 次に、公園の役割についてですが、町内の公園80カ所を17年度で公園施設安全点検管理を実施し、特に危険な遊具は撤去、補修を実施しました。また、点検結果をもとに子供たちが安心して使用できるように遊具及び公園施設の整備を18年度から実施したいと思います。

 今年度は福祉のまちづくり事業により新開公園の改修を実施し、公園入口の改良、園内の通路、車いす使用者等対応の水飲み場、ルーフつきベンチの設置を行います。あわせて、遊具も子供たちのリクエストを考慮し、整備しています。

 今後の公園整備におきましては、トイレ身障者対応や水飲み場を設置する方向で行いたいと思います。

 コミュニティバスについてですが、御意見、御要望については一般利用者の場合は町と運行事業者で受け付けていますが、コミュニティバス運行協議会においても意見要望を出していただいております。受け付けました意見、要望につきましては、運行事業者との検討及び精査によりできる限り運行に反映させていますが、実証運行中の運行計画にかかわるルート及びダイヤ編成については現時点では反映させることはできません。運行計画にかかわる意見、要望につきましては、本格運行以降に伴う新たな運行計画で反映させたいと思っています。

 最後に、同和事業の苅田町の方針はどうするのかという御質問ですが、国では地対財特法の失効により同和対策事業を一般対策に移行しており、県においても国の方針を踏まえ、実態を考慮しながら5年継続後見直しを行うとしています。本町におきましても、県の動向を踏まえ、18年度中に一般対策への移行を基本に今後の方針を示していきたいと考えております。

 しかし、特別対策の終了が同和問題解決への取り組みの終了を意味するものではないことを認識し、同和問題解決への取り組みを今後は一般対策の中で適正に進めてまいりたいと思っております。

 以上、梶原議員の壇上からの質問に答弁をさせていただきましたが、続く質問に関しましては自席にてお答えさせていただきたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 一番最初の障害者自立支援法についてからお伺いをいたします。

 調査をしているのかという中で、これは今度の予算をつけている中で、おいおいわかってくることだということをいただきました。この利用手続の案内の中で、一次判定は全国統一のソフトで判定するというふうになっております。この二次判定で、地元の審査会をつくるとなっておりますが、これはどのような方たちがこの審査会に入るのか。これは苅田町だけのものなのか、そこを詳しくお聞きをしたいと思います。いかがでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 白石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) この認定審査会でございますけれども、この障害者自立支援法によって、ことしの10月1日から完全実施ということでございます。そのメンバーにつきましては、医師、それから作業療法士、それから社会福祉士等々でのメンバーを予定しておりますけれども、単独でいくのか、広域でやるのかというのは、まだ結論は出ておりません。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 人選する場合、ぜひ入れていただきたいということがあるんです。障害者の家族、それからもちろん障害者自身もです。それから作業所の当事者、それから子供さん、子供を入れるんじゃないんです。子供の親です。障害を持っている子供の親、こういう方たちを入れていただきたいんです。町長の先ほどの答弁の中で、一人一人の障害が違うと言われました。本当に重度障害者の人と視覚障害者の方と、本当に違うなというふうに私も思っておりますが、こういうさまざまな障害者の方たち、当事者の方たちを入れていただきたいんですが、いかがでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) この認定審査会というのは、一定の資格がある方によって構成されるわけですから、今議員さんが言われている分は、認定審査会というよりも、障害者福祉計画の策定という意味なんではないでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) やっぱり審査会なんです。これ厚生労働局、援護局がこの審議会の中に実情に詳しい人や障害者自身を審議会に入れることは望ましいというふうに答弁しているんです。いかがでしょうか。これまた調べていただいたらいいですけど。



○副議長(光永信雄君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) 今、審議会と言われましたけれども、私の方がお答えしたのは、認定審査会なんで、その審議会というのは、ちょっとその福祉計画の方のことではないかと思われるんですが。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) この議会が始まる前、お互いに始まったばかりだから聞く方もわかりにくい。答える方もわかりにくいというふうに私も壇上で言いました。こういうふうに、まだこういうふうに色刷りの分がなかなか出てきてないんです。これを見ながら私も一番障害者の方と話して、きょうのこの議会で苅田町で何をお願いしようかとしたときに、いきなりまだ出ないのに、あれもせい、これもせいというふうにはならないから、最低これだけはお聞きしてくださいということだったのが、今のことなんです。もう一度審査会なのか審議会なのか、私も方もよく調べてきますが、ここに審査会の意見聴取とかいうのがあります。この中で見れば。二次判定審査会と書いてあるんです。審査会は障害保健福祉をよく知る委員で構成されますと書いてます。一応これは言っておきます。今の当事者を入れるというのを言っておきます。

 次に移ります。利用料の問題でというふうにお聞きしたいと思うんですが、先ほどもさまざまな問題で町ができるものもできないものもあるというふうに町長が言われておりました。この利用料の問題では、今まで無料だったんです、この方たち。何とか生活ができてきておりましたが、月ごとの利用者負担に上限が設けられております。低所得者にということで市町村民税非課税、世帯でこの制度の利用限度額が2万4,600円と決められ、それを超えると実費を支払うことになるという、非常に冷たい政策だというふうに書かれておるんですが、負担が重いんです。重度の方で、使えば使うほど負担が重いということになっているんです。ある一定程度まで使えば、上限額の引き下げを考えていただきたいということで、これがこの前障害者の方たちの団体の懇談会の時に、減免ができないだろうかというような声が出ていた一つだと思うんです。この上限額の引き下げ、京都、大阪、東京がやっているよという声が出ておりました。これは今でも自分一人で生活できない方が、この金額をどうやって払おうかと。私、この一般質問をする中で、精神障害者の方だったらSさん、それから重度障害者の方だったらHさんというふうに、ずっと書いてみたんです。たくさんの方がいらっしゃいます。そしたら、この方たち、皆さん、自分で仕事に行けてないんです。障害者年金をいただいたり、それだけでは少ないから、お母さんの年金で何とか生活しているという方たちがたくさんなんです。この上限を何とか引き下げるというふうに庁内で話し合われたのか、まだそこまで行ってないのか。お聞きしたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 井関民生部長。



◎民生部長(井関寛之) お答えいたします。

 上限額の引き下げということでございますが、これはこの制度が走り出して、いろんな障害者の状況等を見て、今後検討するということで、一応これは町長、助役ともそういう方向で進もうということにはなっております。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) もう既に町長、助役さん、それから担当課の皆さんでどうするかというふうに話していただいたということで、これは障害者の方たちの顔が見えるようです。在宅治療されている方や、また医療、舗装具、全部一つにしたものが今度の新制度の中で引かれていくわけなんです。お金がかかるわけなんです。では、ぜひ当事者の方たちの意見もよく聞いて、この方たちの力に、生きていく力に、本当、生きていく力なんです。生きていく力になっていただきたいと思います。

 次に、障害者の訓練、就労移行支援もあるというふうに今度のこの中に説明の文の中に書いてあるんです。そうなったときに、一般企業への就労を希望する人たちの訓練もうたわれているが、受け入れ先の企業の教育などというよりも、障害者を受け入れてくれますかということで、企業に働きかけを、今のこのこういう期間ですので、働きかけを今からしていきますか。いかがでしょうか。



○副議長(光永信雄君) どなたがお答えしますか。企業への働きかけ。井関部長。



◎民生部長(井関寛之) お答えいたします。

 働く意欲、そして能力のある障害者が企業で働けるようにということでございますが、直接行政の方からしてくださいということはなかなか難しいと思いますが、一般就労への移行ということで、何らかの事業等を、計画を、事業を盛り込みたいと、計画を、そういうふうに思っております。



○副議長(光永信雄君) 訓練計画はいいんですか。就労のための訓練計画。12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 助言していただいたんですが、結局、相手方、働く所もないのに訓練だけできないという問題から出ているんです。行く行くは、自立ですから、この今度のこの法律は。本当に自立かなと思います。もちろん自立される方はいいです。だけど自立に問わない方もいらっしゃいますし、支援というか、仕事をお世話します、訓練をしますというところまでいっているわけなんです。苅田町はたくさんの企業があります。そこの企業で、本当に障害者を一般の方たちと同じように、また国としての補助金も出るわけですから、働きかけをお願いしたいと思いますが、いかがですか。



○副議長(光永信雄君) 井関部長。



◎民生部長(井関寛之) 先ほど言いましたように、大変今雇用等につきましては、厳しい状況にあるということは御理解いただきたいと思っております。こういった中で、行政がどこまでできるかということが問題となりますが、何らかの形で検討はしてみたいというふうに思っております。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 始まったばかりの施策ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

 次に、国民保護法の問題ですが、今度の議案にも出ております。これも国民保護法、大変言葉はいいんですが、本当に国民を保護するのか、読めば読むほど、国民を保護しない政策だなというふうに思いました。これは武力攻撃事態法という法律で、2003年6月、自民党と公明党、民主党の賛成で強行可決されております。これはアメリカが海外で引き起こす戦争に自衛隊を引き込み、その支援活動に罰則つきで国民を動員するきわめて危険な内容になっております。国民保護法という名前とかけ離れているというふうに私ども思っておりますが、今度のこれが出されて、町長はこれはどう思われますか。この国民保護法について。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 今のところ、法律にのっとってやっていきたいと思っております。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 先日、担当課の方にお話を伺いました。例えば、苅田の港の方から、どこかの国が攻めてきたら、町民をどこかに避難をさせないといけんと。どこに避難するんですかと聞いたら、基本的に小倉方面じゃなくて行橋方面、それも山の中に逃げてもらいたい。その逃げたら後はどうするのと。そこまで決めてない。結局国民を守らないという法律なんですねという話をしましたが、もう漫才みたいなような話ですが、これはずっと詰めていけばいくほど、国民総動員法、私は昭和22年の生まれですので、さきの第二次大戦のことを覚えてませんが、あれでずっと国民が一くくりにされて、アジアの人々、2,000万人以上、日本国民310万人亡くなっていったわけです。あるかないかわからない法律で、こういうことで国民を縛るという、私は非常に危険な法律だと思っております。特に日本がどこからも攻められていなくても、米軍の戦争の支援をし、国民を動員する態勢に移ることができる規定だと言われております。日本が有事になっていなくても、アメリカが周辺事態が起こったと判断されると、武力攻撃予測事態、予測がつくんです。予測しただけでこの法律が動くんです。至ったとして、直ちに地方自治体や国民をアメリカの支援に動員できるというものということで、どういうふうに動員できるか、これは御存知ですか。これは担当課はどこですか。



○副議長(光永信雄君) 春田総務課長。



◎総務課長(春田洋介) 今後国民保護計画を策定していきます。その中でいろいろ協議していくということになります。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 本当に日々困っている人たちがたくさんいる中に、あるかないかわからないような法律を持ち出してきて、これは本当に自治体にとって迷惑な話だろうなというふうに、担当課にお気の毒に思うという感じの法律なんです。この中に自衛隊法第103条の徴用、徴発という、こういうのも入っているんです。都道府県知事が国民の土地、建物を強制収用できる。こういうのは昔ありました。第二次大戦の時に。物資の収用保管命令を発することができる。緊急の場合、防衛庁長官の指定する自衛隊員が代行できる。都道府県知事は医療関係者、建築、土木業者、運送業者業務従事命令を命令できる。これは罰則で縛られるんです。だから、普通の私たちの知り合いの大工さんとかトラックの運転手さんとか、病院の先生とか、皆さん全部これに駆り立てられるわけです。特に、指定公共機関の一覧というのを見たら、すべてです。独立行政法人、消防研究所や放射線医学総合研究所、160機関です。特殊法人、認可法人、NTTとかNHKとか日本郵政公社、電力、ガス、郵送、鉄道、私鉄、航空、貨物、通信、テレビ、ラジオ、苅田町はその面で言いますと、火力発電所もありますし、空港がもう少ししたらできます。先ほど椎田の新川町長が新北九州空港に、突発的に事態が起きたときには、米軍の飛行機が来たらいいわと言ったけど、これはあり得るんです。幾らでも。これはそんな話ないよということはないんです。こういう法律を国がつくったんです。もし北朝鮮からやってきたらどうするかねというよく私も反論されますが、来ないかもわからないし来るかもわかりません。今の世の中、いきなり暴力では来ないと思います。それでは国がやっていけませんので。だから、外交をきちっとしていただきたいということで、とんだ国のとばっちりで、苅田町、もっと町民のためにいろいろ大切に政治をやっていかなければならないのに、こういうのに忙殺されるということで、私は非常にこれは県に文句を言ってください。こういうのは苅田町でできないよと。もちろん苅田町じゃなくて、もうすべて国がこういうふうにするというふうに決めてきているというふうに言っておりました。

 そうしたら苅田町民をどうやって守るのだということができるのかどうか。どなたかお答えください。



○副議長(光永信雄君) 花房総務部長。



◎総務部長(花房幸司) 議員のお答えをしたいと思います。

 苅田町で国民保護法の中で決められていることは、町民の保護、どういう形で町民を守りますか。一番最小限に町民を守るという形にはなるかと思いますけども、そのためには苅田町の国民保護協議会というのを今回の議会でお願いして条例をつくっております。その中でいろいろ入っていただく部署とかあるんですけども、その人たちの中で、どういう形で住民を守ることが苅田町にとって一番ベターなのかということを計画をつくりまして、それを18年度中に一応こういう形の行動計画を策定すると。策定しましたら、また議員さんの方に説明をさせていただきまして、それで一応保護計画という形をとりたいというふうに思っております。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) この保護協議会というのに、30人以内で協議会の会員といいますか、メンバーを決めるようです。この中に警察、自衛隊員、消防署員、こういう方が入るんですが、あとはどういう方がお入りになりますか。



○副議長(光永信雄君) 春田総務課長。



◎総務課長(春田洋介) 先ほど議員さんが申されました指定公共機関、それから指定地方公共機関のメンバー、それから町職員等でございます。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) どちらにしても第二次大戦中、日本の陸軍は有事の事態に国民を保護することはいかに困難であるか。保護しなかったです。沖縄県民は歴史的な体験として知っていると。1970年だったですか、沖縄が日本に返ってきて、そのときまた自衛隊が沖縄に入る時に、非常に抵抗したのが沖縄県民でもありました。国民保護は軍事作戦を自分の思いのまま行う方便ではないかと。アメリカの戦争の出撃基地、兵站基地として国民を動員する。地方自治体や指定公共機関を動員する計画づくりが基本になっている。どう考えても軍事行動優先の計画づくり。憲法違反だと私は思っております。

 審議会が今度の議案に出されておりますが、築城基地の再編問題が出されている中や重要港湾を持っている、また新北九州空港の一翼を担っております私ども苅田町として、慎重にやっていただきたいということを提案して次に移らせていただきます。

 3つ目に、保育所の運営についてでございます。少子化の中、保育所に通っている児童のうち、第三子は保育料を2分の1に減らすと。先ほど町長が言われたように、この処遇改善費がなくなったかわりに、いろいろなものに回りましたよというふうに言われておりますが、この若久保育所を町立若久保育所を民営化する時に、非常に民間になったらいいんだと。バスもできるし、若い先生たちが来るよという説明があったと思います。そういう裏で、処遇改善費が3年かけてゼロにずっとさせられていってたんです。これは何でわかったかというと、処遇改善費、臨時の保育士の先生方を雇ったりする時の予算ですが、これが来ないものですから、先生たちの勤務時間が長くなったり、全体的に勤務が、お給料が下がったりとか、それから経営者の奥さんが髪振り乱して、子供たちに当たっているとか、そういう形になっているんです。これは処遇改善費と、全体丸めてしたら、よくなったよという問題ではないと思うんです。最初からお聞きします。処遇は改善されたんですか。これはなくすということは、いかがでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) 改善されたかという御質問でございますけれども、これは現在7園ございますけれども、それぞれ独立した社会福祉法人でございますので、そこの運営につきまして町がどうとかということにはならないと思います。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) そういうふうに聞いたら、そうだなというふうに聞こえるんです。でも、これは担当課の方が一番よく御存知だと思うんです。児童福祉の向上を図るため認可された保育所の運営等に関するということで、経費に補助金を出していたと。補助対象経費は4週6休にかかる職員の賃金、代替職員に使うと。これは苅田町のインターネットでホームページで見たら、この処遇改善費の所にそうやって書いてます。だから処遇改善されたんですか。こういうのが要らないから、もう処遇改善されたんですかと聞いたら、いやこれは民間の分だからというふうに言われたんですが、いかがですか。もう1回答えてください。そんなものですか。



○副議長(光永信雄君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) この補助金は町単独事業でございまして、平成15年度までは過去ずっと出してきておりました。16年度で7割、17年度で4割、それで18年度からはゼロということで、これにつきましてはこの保育連盟という所がありますので、この7園の先生方にお話をしまして、御了解はいただいておるというふうに理解しております。

 その中身につきましては、先ほども申し上げましたように、私立の社会福祉法人ということでございます。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 堂々めぐりになりますが、処遇改善費となっていたら、処遇は改善されたんですか。7園の先生方が皆さんそれで、そうだねというふうになったんでしょうか。私ずっと聞いて回ったんです。いかがでしょうかといって。大変しわ寄せが来ますと。それでこういう文章なんですけど、私つくりまして、しわ寄せは職員を通して園児にかかってくる。社会福祉施設は法に基づいて国や自治体が本来担うべき施設ではなかったでしょうか。本来、国や自治体がやることです。それを民間の方にお願いしてやっていただいているんでしょう。それで、公費で運営されています。足りないからといって、利用者に負担を求めることはできないと思います。いかがでしょうか。いかがですか。



○副議長(光永信雄君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) 確かに法によりまして市町村が各施設にお願いをしてそれぞれの施設が運営をしているわけでございまして、確かにこの処遇改善費のみということにとらえれば、そういうことにはなろうかと思いますけれども、この処遇改善費につきましても、過去長い期間補助してきた経緯があるようでございまして、15年の時に、先ほど申し上げましたような形で削減をしていくということでお話をしたところでございます。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 第三子の子供さんの2分の1の補助とこの処遇改善費の話は全然一緒にならないんです。それはもう、担当課の皆さんがよく御存知だと思います。苅田町立の保育所をなくす時に、こういう話がもう既にその時からあったのでしょうか。お聞きしたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) その民営化の時点ではそういう話は起きてなかったということです。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 各園の職員数は満たされていますか。いかがですか。



○副議長(光永信雄君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) これは法律で児童、例えば3歳以上であれば30人に1人とか、未満児であれば6人に1人とかいう法的な決まりがございますから、それは必ず満たしておかなければならないということでございます。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) この数を保障するために、例えば風邪を引いたりとか、身内に病気ができて欠席をするとか、そういうときの保障はどうするんですか。



○副議長(光永信雄君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) その保育士さんの処遇でございますけれども、これも国の方で定められまして、子供さん、ゼロ歳児1人では幾ら、5歳児1人では幾らということで、児童に対する措置費といいますか、国の負担によってその費用を園の方にお支払いしているわけでございまして、その費用の中に、すべてそういう保育士さんの人件費等も入っているということでございます。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) それで、私が最初言いましたように、職員の低賃金を招くということがあるのではないかというふうに言いましたが、これはいかがですか。そういうことはあっているんじゃないですか。



○副議長(光永信雄君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) その低賃金、幾らかということでございますけど、これはそれぞれその保育士さんに対しまして町が決めるわけでもございません。各施設がそれぞれ決めて運営しているわけでございますから、町がその低いとか安いとかそういうことにはならないと思います。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) やはり民営化ということになるとそういうことになるんです、ある意味。保育士をきちっと処遇を安定させておかないと、子供たちにしわ寄せが来ると。安心、安全なまちづくり、住んでよかったと言えるまちというふうにならないということで、なかなか難しいです。

 児童福祉法で、子供は等しく生活を保障されて愛護されなければならないと、このようになっているんです。これに沿ってやっていただけないでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘) 今議員さんが言われましたのは、まさしくそのとおりでございまして、当時民営化する時に、保育園だけでなく、当然幼稚園もあるわけです。保育園だからこうだ、幼稚園だからこうだということにはならない。児童であればすべて同じようにサービスも受けられ、同じそういう行政からの支援も受けられるべきというところで、大きな意味でこの若久保育所というのを、公立を民営化したわけでございますので、ただその施設だけを特別処遇するとかということにはならない。大きな意味で全員の児童さんに同じサービスが受けられるべきであるというふうに考え、そういう観点から民営化ということになったわけでございます。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 今のは白石さんが言うのではなくて、私が言いたくなるような言葉だったと思うんです。この処遇改善費は、何も保育所だけがもらっているんじゃなくて、苅田町、無認可の所、3分の1となっている。2分の1ですか。無認可もそれから幼稚園も、きちんとこれを出しているわけなんです。本当に子育てに優しい町だったんです。それを3年のうちに全部なくしてしまった。この華やかな中で、3人目からの子供さんには出すとか、学校に上がる前までの子供さん、医療費無料よというふうに、苅田町に住んでと、私はよく人にも言っておりました。でも、その裏でこういうふうにやっていたということを、これは少子化問題の手を抜いたということにならないかと。手を抜いたのではないかというふうに私は思います。ぜひこれはもっともっと民間の保育園の先生方からお話を聞いていただきたいと思います。

 町長いかがですか。この話、初めてお聞きになりましたか。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) 今正直に申しまして、2人のやりとりを聞きながら、理解した部分もかなりあります。しかし、全体的にはやはり育児支援に向かって、保育所、幼稚園に対する健康福祉課の手当てはしているのだと思っております。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 今町長に、この問題知っておりましたかと、不遜にもそういう発言をしてしまいました。洪水のように、いろいろな案件が町長や助役に押し寄せてくると思うんです。それは物を見ているという感覚なんです。生きた子供たち、児童福祉法でこういうふうになっているといったように、ぜひ一人一人の子供たちの問題としてとらえていただくように、本当に期待されてなった町長ですので、ぜひそういうふうに考えていただきたいと思います。

 担当課も、もう数で、物で処理をしないで、苅田町民、将来を担う子供たちという感覚で事に当たっていただきたいと思います。

 次に移ります。消防行政についてでございます。区ごとにある消防施設や消防器具の充実を願うというふうに言いましたら、町長が代表で答えていただきまして、申請制度なんだというふうに言われましたが、何があるかわからないときに、大抵区長さんたちは素人だと思います。消防署の玄人の方にしっかり、1年に1回でいいですから、見て回ってください。何かあった時に、穴だらけのホースでは火がすぐには消せないと思います。いかがでしょうか、消防署長。



○副議長(光永信雄君) 高城消防長。



◎消防長(高城久雄) 議員さんにお答えいたします。

 そのとおりだと思いますので、近々検査及び、古くなれば交換するということにいたしたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) それはわかっているんです。古くなったら交換するというのは。でも、言ってきたらしてあげるよという、来なければしちゃらんよという、苅田弁で言う、そうじゃなくて、ずっと見て回るのはいかがでしょうかという話なんです。



○副議長(光永信雄君) 高城消防長。



◎消防長(高城久雄) 今検査していくということを答弁したんですけど、聞こえなかったでしょうか。検査していきたいと思っております。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 早速の御答弁ありがとうございます。防災対策の充実をということで、住宅用火災警報器の設置、義務化を18年6月1日から新築の家ではされます。先日、私の所に、広域の広報が、広域から広報のこういうのを送ってきたんです。広域の議員をしておりましたので、送ってきたのかなというふうに見ておりましたら、住宅用火災警報器の設置が義務化されましたという、こういうのが出まして、3月議会で私どもも賛成して通りました。この中に、住宅火災警報器の価格は幾らかと書いておりますが、5,000円から9,000円ぐらいが中心で機種により価格は変わりますと。町長にお願いなんですが、申請した人だけでもいいし、例えば一人暮らしの高齢者の方たちだけでもいいから、この火災報知機を配付するわけにはいきませんか。この前、亡くなられました、一人。これ配付した自治体があるんです。こういうのはやりませんか。いかがでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 吉廣町長。



◎町長(吉廣啓子) してくださいと言って、すぐはいと言われれば一番いいのですが、そうもいきませんで、予算の関係、その他いろいろありますので、また検討課題とさせていただきます。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) ぜひ検討してください。なぜ住宅に火災警報器が必要なのかというふうに出されております。ここに書かれておりますが、住宅火災により、死に至った原因の7割が逃げおくれですと。それから建物火災による死者数の約9割は住宅で発生をしておりますと。アメリカでは、設置義務化による住宅用火災警報器の普及に伴い、住宅火災による死者数は1970年代、6,000人程度から30年後の2000年では設置率が94%になり、死者数が3,000人を下回りましたというふうになっております。これはまだ即答は、まさか私も望んでおりませんが、こういうものにも目を向けていただきたいと思います。苅田も都会型になりますし、3分以内に逃げないと亡くなるというふうに言われておりました。ぜひよろしくお願いをいたします。

 次に移らせていただきます。先ほども作本議員が公園の話をされておりました。私は少し角度を変えて質問をしてみたいと思います。

 道路の変化や生活様式の変化、また都会型になった私たちのこの地域で、自然の中でだれでも思い切り遊んだ時代と違って、少子化、子育ての中での公園の役割は非常に大切です。担当課がいつも公園をずっと回っておりますし、町内でかなりいろいろな所で公園が新しくなったり、また御寄附をいただいて、立派なトイレができたりとしております。

 もう一つ、子供さんの少子化のためだけではなくて、防災時の避難所にもなると思うんです。80カ所ずっと見て回って、補修したというふうに先ほど答弁の中にありました。18年度から新開公園の遊具の、これは子供さんのリクエストからできたというふうに聞きました。これからはどういう計画で、この公園を防災計画の中にも入れてやるのかどうなのか、お答えいただきたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 各務産業建設部長。



◎産業建設部長(各務強志) お答えいたします。

 この公園ですが、公園の役割と申しますか、これには大きく分けまして、存在的な役割と利用を考える役割とがございまして、今申しますように、防災効果ですが、これは存在的な形になってくると思います。これは、大規模地震、火災時の避難地、延焼防止、爆発等の緩衝、それから災害危険地帯の保護等ございます。

 それからまた、今言われましたような環境衛生的な効果と心理的な効果、また利用効果等を合わせますと、子供の健全な育成効果、競技、スポーツ、健康運動の場、地域コミュニティー活動参加等々がございまして、その中にこの公園につきましても、苅田町にも今80カ所開設公園がございますが、これは近隣公園が3、観賞公園が1、緑地が2、街区公園と申しますが、これが74あって一番多い分でございますが、それぞれの公園の持っている特質が変わってまいります。

 また、遊具もいろんな大きな遊具、小さい遊具がありますが、まず今の形としましては、箱ブランコでありましたように、非常な危険、それからまた遊具が老朽化して、子供さんたちが危険な箇所、まずこれを全部総点検いたしまして、使えないものはすぐ撤去し、また改良が必要な部分は改良、取りかえの分については取りかえということで、今順次取りかかっております。まず、この危険防止から入りまして、当然近隣公園と申しますか、大きな所は避難場所、そういう形の大きな役割を果たしてくると思いますので、町の防災計画の中でも検討してまいりたいと、このように考えているところでございます。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 一つここでお願いがあるんですが、新津地区の真ん中に公園があるんです。新津地域、サンエイビルというんですか。あの裏に公園があるんですが、むき出しに、地がなっているものですから、地域の方の家に吹きつけると。ビル風なんか起きて。一度ここのお話を聞きにいって、地域の方と一緒に芝生を張りつけるかどうかしてあげてください。よろしくお願いします。

 それともう一つ、今競技、スポーツと言われましたが、この苅田町のたばこの税金から、先日豊津の方に、競技場に行きましたあの問題、これは残った部分は今後どうされるんでしょうか。スポーツ競技のことで。



○副議長(光永信雄君) たばこ税のグランドのこと、豊津の競技場。花房総務部長。



◎総務部長(花房幸司) 担当課長が入ってないようでありますので、お答えさせてもらいます。

 一応たばこ税が入ってきましたものにつきましては、一応豊津に出さなきゃいけないものは出しまして、一応残りましたものは、青少年の育成のための体育基金という形で、うちの基金積み立てやっておりますので、そのまま残していきたいというふうに考えております。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 基金として残すということですね。



◎総務部長(花房幸司) はい。



◆議員(梶原弘子) 亡くなった町長が、非常に豊津にやるよりも苅田町に非常に要望があったんだと。苅田町につくりたいねというお話を一緒にしたことがあるんです。ぜひこれは基金は有意義に使っていただきたいと思います。

 それから、あと照明の問題なんですが、少し大きい公園の照明の問題。これも避難所になったときの照明はどういうふうに考えているでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 藤澤施設建設課長。



◎施設建設課長(藤澤信三) お答えいたします。

 現在までのところ、防災に対します公園の整備としては行っておりませんので、例えば地震等があった場合に電気が停電するとなった場合に対応するというような状況ではございません。あくまでも日常的な公園という整備で行っております。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 一遍ではできないでしょうけど、そういう照明の問題とか、それから水の問題、井戸を掘るとか、そういう問題もこれから公園に要求をされるんではないかと思います。公園の問題は終わらせていただきます。

 最後に、同和行政についてということで、壇上でも発言をいたしましたが、京築の合併などによりまして、1市4町から1市2町という形に変わりました。県の同和対策の終了がもう来たんです。激変緩和対策として続けられて、結局ずるずるずるずるいって、平成18年度末まで、県は5年間延長して今日に至っているんです。これは私が今持っていますこの書類は、行橋市の書類なんです。同和対策事業区分別財源調書普通会計というところで、ずっと過去のものから出されているんです。苅田町でもこういう区分ごとにきちっと同和対策にどれだけ使ったのかというのは出しているんでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 神田人権推進課長。



◎人権推進課長(神田俊彦) お答えします。

 その表自体はまだ私、人権推進課に参りましてから見たことがございませんけども、朝、梶原議員さんの方から資料要求ということでその表をつくれということだったんですけども、何分にも昭和44年からの事業のことでございまして、ちょっと朝いただいて、この時間におつくりするというのは非常に不可能でございまして、また同和行政は人権推進課のみで実施をしているものではございませんので、関係各課、多岐にわたりますので、なかなかその表はすぐにできる代物ではございませんけども、そういったことも必要であれば、今後上司と話しながら、そういった作成に取りかかっていかなければならないかなというふうに思いますけども、何分、昭和44年でございますので、資料があるのか、そういったところの心配はいたしております。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 何年ぐらいまでさかのぼったら、こういう資料が出てまいりますか。



○副議長(光永信雄君) 神田課長。



◎人権推進課長(神田俊彦) ちょっと後で倉庫の方を調べさせていただかないとちょっとわかりません。



○副議長(光永信雄君) 12番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) これは町としても、どれだけ出したということをきちっと、これは私が非難するとかそういう意味じゃなくて、こういう実績があるんだということで出す必要があると思います。一つの事業にこれだけ出して、こういうふうになったというふうに出せたら本当にいいと思います。住宅整備や住宅改修、道路整備、下排水整備、その他、また保育所、その他、農林水産業関係、教育関係では小・中学校、その他、その他とたくさんその他がありますが、出ております。国庫支出金というのが、最近までありましたから、国からも来てまして、県支出金、地方債、その他一般財源、国庫支出金というふうにずっと続いてあるわけなんです。ぜひこの同和対策の問題も、ただなくせなくせと梶原が言っているようにあるんじゃなくて、このようにきちっとした文書、数字的に文書があれば、皆さんも受け入れやすいんじゃないかということで期待しております。ぜひこの同和対策の資料要求をさせていただきたいと思います。副議長、これはあれしてください。



○副議長(光永信雄君) よろしゅうございますか。



◆議員(梶原弘子) 私はきょうは大きく2つに分けてお聞きいたしました。特に障害者自立支援法、この問題は本当にこれで生きていけるのかしらというふうに障害者の方たちは、ただ歩くのも大変な方もいらっしゃるし、視力の弱い方もいらっしゃいますし、こういう方たちの思いをぜひ悲しいものにしないようにしていただきたいと思います。国民保護法、こういうものにお金を使うのなら、本当に困っている人たちと一緒に住んでよかったというまちづくりをした方がどれだけよいかということを皆さんお思いになって、私の今回の質問を終わらせていただきます。



○副議長(光永信雄君) 以上で梶原弘子君の一般質問を終わります。

────────────・────・────────────



○副議長(光永信雄君) お諮りします。本日は梶原弘子君の一般質問をもって終了したいと存じます。御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(光永信雄君) 御異議がないので、さよう決定いたします。

 本日はこれにて散会いたします。

午後3時40分散会

──────────────────────────────