議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 苅田町

平成 15年 2月臨時会(第1回) 02月03日−01号




平成 15年 2月臨時会(第1回) − 02月03日−01号







平成 15年 2月臨時会(第1回)


───────────────────────────────────────────
平成15年 第1回 (臨時)苅田町議会会議録(第1日)
                             平成15年2月3日(月曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                         平成15年2月3日 午前10時00分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期決定
 日程第3 議案報告上程
 日程第4 議案質疑
 日程第5 議案の付託
 日程第6 意見書案上程
 日程第7 産業建設常任委員長報告
 日程第8 採決
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期決定
 日程第3 議案報告上程
 日程第4 議案質疑
 日程第5 議案の付託
 日程第6 意見書案上程
 日程第7 産業建設常任委員長報告
 日程第8 採決
──────────────────────────────
出席議員(17名)
1番 冨安 正直君        2番 三原  茂君
3番 林  繁実君        4番 井上  修君
5番 武内幸次郎君        6番 作本 文男君
7番 坂本東二郎君        8番 梶原 弘子君
9番 川上公美子君        10番 長井 孝篤君
11番 野本 正樹君        12番 松蔭日出美君
14番 田崎 俊夫君        15番 光永 信雄君
16番 森下 吉晴君        17番 珠久 六夫君
18番 沖永 春生君
──────────────────────────────
欠席議員(1名)
13番 潮下 洋子君
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
       事務局長           守 中 鎮 人 君
       書記             三 溝 綾 美 君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
       町長             伊 塚 工 君
       助役             日 名 子 芳 君
       教育長            有 松 邦 雄 君
       教育次長           満 江 修 一 君
       消防長            森 田 喜 富 君
       総務部長           上 野 義 廣 君
       民生部長           大 木 一 孝 君
       産業建設部長         各 務 強 志 君
       総務課長           岡 田 利 定 君
       財政課長           花 房 幸 司 君
       企画課長           作 本 和 男 君
       健康福祉課長         井 関 寛 之 君
       施設建設課長         藤 澤 信 三 君
       水道局長           上 川 哲 司 君


──────────────────────────────

午前10時00分開会



○議長(沖永春生君) おはようございます。ただいまより平成15年第1回苅田町議会臨時議会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名について



○議長(沖永春生君) 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において7番、坂本東二郎君、8番、梶原弘子君を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期決定



○議長(沖永春生君) 会期の決定を議題といたします。

 本臨時議会の会期は、本日より1日間といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(沖永春生君) 異議なしと認めます。したがって、会期は本日より1日間と決定いたしました。

 議事日程につきましては、お手元印刷御配付のとおりであります。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案報告上程



○議長(沖永春生君) 町長より議案2件の送付がありましたので、これを一括上程いたします。

 議案の朗読を事務局長にさせます。守中事務局長。



◎事務局長(守中鎮人君) 議案第1号工事請負契約の締結についての議決内容の一部変更について(南部1号幹線管渠築造工事)。議案第2号人権擁護委員の候補者の推薦について。

 以上でございます。



○議長(沖永春生君) 以上で議案の朗読を終わります。

 提案者に提案趣旨の説明を求めます。伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 〔登壇〕ただいま上程されました議案について、提案趣旨の御説明を申し上げます。

 議案第1号工事請負契約の締結についての議決内容の一部変更についてであります。

 本議案は、南部1号幹線管渠築造工事を施工するに当たり、工事設計の変更により、請負契約額を変更する必要が生じたので、現契約金額に3,143万9,100円を増額し、変更後の契約金額を3億1,493万9,100円とするものであります。工事請負契約を変更するに当たり、苅田町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得、または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 議案第2号人権擁護委員の候補者の推薦についてであります。

 本議案は、現委員の池上允之氏が平成15年3月31日をもって任期満了となり退任するため、後任に人格・識見とも高く、広く社会の実情に精通している清永彰氏を人権擁護委員の候補者といたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の議決を求めるものです。

 以上、本日提案いたしました議案の概要について御説明申し上げましたが、2議案とも重要かつ緊急必要なものでございますので、慎重に御審議の上、御議決くださいますようお願い申し上げ、提案趣旨の説明といたします。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案質疑



○議長(沖永春生君) これより議案質疑を行います。議案第1号工事請負契約の締結についての議決内容の一部変更について(南部1号幹線管渠築造工事)の議題として質疑を行います。質疑はございませんか。17番、珠久君。



◆議員(珠久六夫君) 後ほど採決があるので、私自身ちょっと迷いがありますから、あえて御質問いたしておきます。

 現在の経済環境、大変不況の折なんですよね。今回のいろんな便宜上ていいますか、そうしたことでのそれからできるだけインフラを有効に拡大していこうという趣旨はわかるんですが、ある意味、こういうときにこういうやり方が通っていくということになると、今後こういう契約していくと請負契約形態の部分にまで問題が起こってくるんではないかと。どっかにぽんととらしておいて、金が余ったから随意契約していくという形なんですよね、結果としては。こういうことが本当にいいのか。

 それからまた、今日のような経済情勢の中で、いろんな企業が苦しんでいるときに、例えばアロケーション的な平等の原則に立てば、こういうパイが分けられるわけですよね。こういう部分での執行部としてのこの形に持っていくに当たっての判断ていうのはどういうふうに理解をしたらいいか、御答弁いただきたいと思います。



○議長(沖永春生君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 本来ならば、指名競争入札をして、この今回追加しようとしている分、入札すべきだと思います。

 2つ大きな理由が、今回議案を提出させていただいているのにございます。1つは、現在施行している設備を有効に活用できるということでございますが、推進の設備ですね。ごらんになっていただけると思いますけど、とても深く掘って大がかりな設備を設けました。それを有効に活用できるということが一つと。

 もう一つは、今回これをこの追加の工事をすることによって、単独で行うよりも、パーセンテージで申し上げたら約30%ぐらいコストが逓減できるという面がございます。この辺が非常に大きかったので、この際追加をしようとこうした次第でございます。



○議長(沖永春生君) 17番、珠久君。



◆議員(珠久六夫君) 理由はよくわかりました。あえてもう一点だけお尋ねをしておきます。

 まあそういうことであれば、理解できない点もないんですが、しかし私が申し上げましたような問題は残ると。この案件が成立していろいろやっていく後に、いろいろな問題が発生しないというふうに理解をしているのかどうか、これだけ確認をして質問を終わりたいと思います。



○議長(沖永春生君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 最初に御質問をいただきましたように、一つは、やはりこういったことをしばしば重ねるべきでない。その追加の追加しようとしている工事について、本来ならば、やはり別の案件として指名競争入札でやるべきだろうということを深く認識いたしておりますし、今後につきましても、そのような観点からこういったケースが出てきた場合、慎重に判断をして処理したいと思います。

 それから、今回実際の施工に当たりましては、当然先ほど申し上げました既設の設備の有効活用というようなことも考えて、慎重に工事をし、問題を起こらないようにしていきたいと思っております。



○議長(沖永春生君) ほかにございませんか。8番、梶原君。



◆議員(梶原弘子君) はい、梶原です。担当委員会でさっきのような説明を受けたわけですが、口だけの説明だったんですね。それで、私また委員会で聞こうと思って書いてきておりましたけれど、町長が30%くらいて今言われましたが、担当委員会では1,000万円近く安くなるというふうに言われたんです。それはそういう文書が出ているのか、なぜそのような金額が出るのかということで、それはどこからどういうふうに計算したら出るのかということで、担当委員会で聞こうと思ったんです。あの辺、地元の建設業者が多いということで、あえて何で前田建設なのかということから入りまして、私、担当委員会で聞こうと思いましたけど、この議会で議場で聞くことにしました。

 あれだったら、文書なんかも担当委員会にきちっと出さないと、私どもも地元の業者に説明を求められたときに説明ができません。よろしくお願いいたします。



○議長(沖永春生君) 各務部長。はい、1,000万円。



◎産業建設部長(各務強志君) お答えいたします。

 工事のいろんな現場管理費、一般管理費、安全管理費、いろんな経費を計算する上で、金額により何%、金額が大きくなれば当然経費は安くなってまいります。当然当初のこの変更後の3億1,493万9,100円と、それと新たに追加するこの10分の1となれば、当然経費は別途発注になりますと非常に経費が上がってまいります。それが大きな差額です。

 それと、先ほど町長が御説明したように、既設のいろんな設備の有効利用が図れるとこういうところも大きな理由でございます。

 以上です。



○議長(沖永春生君) ほかにございませんか。6番、作本君。



◆議員(作本文男君) きのう、議会運営委員会の席で御指摘をしたんですけれども、今町長の答弁で、施設が有効に利用できる、それからコストが30%削れるという。もちろん信用しておりますので事実なんだろうというふうにも思います。

 さきに珠久議員の方からも指摘がありましたですけれども、町のためになるという、そういう大義名分でこういうもちろんプラスアルファもあってということは十分に承知もしていますんですけれども、それをきのうも指摘しましたように、なぜ具体的に説明をしないのか、したらいけない違法な行為をしているのかということになってくるわけで、なぜ本当のことを議会に話をして、そして同意を求めるという形のものができないのかというのを指摘をし、また質問もさせていただきます。きのうもそういうふうに指摘をしているはずなんですけれども、いかがなんでしょうか。



○議長(沖永春生君) 質問もちゅうよるけ。伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) この件、こうしたいという報告を私が受けたときに、こうしなければいけない理由というものを聞きました。私の観点からいきますと、なぜこれをこの際、本件を追加という処理をしなければいけないか。一番の理由は、私はコスト削減だろうと。そして工事がしやすい形だろうとこういうぐあいに思って、そのように聞きましたら、担当課の方はむしろ予算の執行というような考え方でいたようでございます。

 しかし、予算の執行よりも、やはりコスト削減、そして工事がしやすい形というのがこうしたことに踏み切る優先順位だろうとこう思うんです。このあたり担当課と私と認識がちょっと違っておりました。したがって、議会の皆さん方に説明する場合、当初から私がもう少し本件を行う理由について、コスト削減、あるいは施行がしやすいということを強調するように、担当課の方に徹底すればよかったんですけれども、そこのところができておりませんでした。したがって、昨日の議運のときに、私の方からそういった理由を申し上げた次第でございます。



○議長(沖永春生君) 6番、作本君。



◆議員(作本文男君) ですから、そのことを提案趣旨のときに御説明をしていただかないという形のものをするのが、私は情報公開だろうというふうに思いますし、重複いたしますけれども、副議長が御指摘をしましたですけれども、その大義名分と、それからその法律的に条例的の間の非常に難しい行政を執行する上で必要なんだということで信じてはおりますけれども、しかし、こういう目に見えないものの中にそういう問題が起きてくるというのが過去のいわゆる我々の反省点でもありますし、その辺をこれからこういう形のものをやっていく上において、どちらを優先していくのかというのもやはりこれは質問じゃございません。指摘だけはさせておいていただきたいというふうに思います。



○議長(沖永春生君) 8番、梶原君。



◆議員(梶原弘子君) 口だけで説明していただいているんです。資料として出さないものですか。



○議長(沖永春生君) あなた担当委員会やから、委員会でやってもらえ  



◆議員(梶原弘子君) 担当委員会だけれど。



○議長(沖永春生君) だから、委員会でその辺はやってもらえんですか。資料請求等も含めて、委員会でやってください。お願いします。



◆議員(梶原弘子君) はい。



○議長(沖永春生君) 3番、林君。



◆議員(林繁実君) ちょっと参考までにお聞きいたしますが、立て坑等なんかのそれを再利用するということの中で、財源が30%、先ほど町長申したように、これだけの経費が削減できるんだということは、多分そうだろうと思うんですが、今立て坑2本掘っていますよね。だから、そういうことをきちっとお話しないと、今梶原議員が言ったみたいに、非常に誤解されるんじゃないかと思うんですが、たったそれだけのことを言うのに、今のその言葉で一般の建設業の言葉をわからない人は理解できませんよね。それが僕は親切さがないと思うんですよ。

 それが、例えば30%、そういうことで、その立て坑を大いに利用してもう1本掘れば、何千万円の立て坑の経費が、工事費がかかるんですよと。その中で、一般管理費経費等なんかが、安全管理費等なんかがこれはかかるんですよということを説明しないと、これ何を言っているか私でもわからんようなふうなので、それとその財源確保できる確保できると、その30%が削減できるというんであれば、そうすれば、私どもがあなた方の整合性がないんではないかと。もう少し地場業者、今どういう状況になっているかちゅうことを考えたら十分地場業者でもできる、これは大臣許可を持った業者もおりますので十分できる、その地場業者が潤うことによって税収も多くなるわけですから、そういうことも踏まえて、ちゃんと日本語で親切に話してあげないと、私はこれは単純に議論にならないと思います。これはちょっと指摘でございます。どうも。



○議長(沖永春生君) ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(沖永春生君) 以上で、質疑を終わります。

 お諮りいたします。議案第2号は、人事案件でございますので、質疑、討論を省略したいと存じますが、御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(沖永春生君) 御異議がないので、質疑、討論を省略させていただきます。

────────────・────・────────────



△日程第5.議案の付託



○議長(沖永春生君) お諮りいたします。議案質疑が終了いたしました。議案1件につきましては、印刷御配付のとおり、産業建設常任委員会に付託したいと存じますが、御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(沖永春生君) 御異議がないのでさよう決定いたします。

 委員会開催のため、暫時休憩いたします。

午前 時 分休憩

                              

午前 時 分再開



○議長(沖永春生君) 会議を再開いたします。

────────────・────・────────────



△日程第6.意見書案上程



○議長(沖永春生君) 印刷御配付のとおり、意見書案1件の送付がありましたので、これを一括上程いたします。

 意見書案の朗読を事務局長にさせます。守中事務局長。



◎事務局長(守中鎮人君) 意見書案第1号、平成15年2月3日、苅田町議会議長沖永春生殿、提出者、苅田町議会議員森下吉晴、賛成者、苅田町議会議員梶原弘子、同じく田崎俊夫、同じく潮下洋子、同じく作本文男。町村自治の確立に関する意見書(案)。

 以上でございます。



○議長(沖永春生君) 以上で意見書案の朗読をおわります。

 この際、意見書案第1号について、提案者に提案趣旨の説明を求めます。16番、森下吉晴君。



◎議員(森下吉晴君) 〔登壇〕意見書案第1号町村自治の確立に関する意見書(案)についての趣旨の説明をさせていただきます。

 その前に、本意見書案は、全国町村議会及び福岡県町村議会として、各町村議会の議長あてに各議会において、この意見書案を早急に採択し、各省庁に提出する依頼があったところでございます。

 さきの議会運営委員会でもって、この意見書案の取り扱いについて協議し、議会運営委員会で提案することで決定したところでございます。

 それでは、趣旨の説明をさせていただきますが、本意見書案は、昨年の11月1日に開催された地方制度調査会小委員会に提出された「西尾私案」、皆様方のお手元とにございますが、町村の自己決定権を踏みにじりにした住民自治を否定する内容でございます。

 具体的には、自治基盤である税財政制度の将来像について全く言及しておらず、地方として、税財政制度のもとで、行政を行わせようとする見通しも示さないやみくもにも町村の「解消」を図ろうとする地方分権の確立に反する案と言わざるを得ない内容でございます。

 したがいまして、1つは、国は地方自治制度の検討に当たっては、町村の自己決定権及び住民自治を尊重し、町村自治の確立を前提とすること。2つ目には、早急に自治の基盤である税財政制度の将来像を明らかにし、税財源の地方分権を早急に実現すること。

 以上の内容をもって、意見書案を関係各省庁に提出いたすものでございます。議員各位の御賛同を切にお願い申し上げまして、趣旨の説明とさせていただきます。



○議長(沖永春生君) 以上で、提案趣旨の説明を終わります。

 これより意見書案に対する質疑を行います。

 意見書案第1号を議題として、提案者に対する質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(沖永春生君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 これより討論を行います。意見書案第1号に対する賛成、反対の討論の向きがあれば、意見書番号、賛成、反対の旨、お知らせ願います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(沖永春生君) 討論の向きがないので、討論を終わります。

 これより採決を行います。採決は題名を省略して、意見書案番号のみで行いますので、御了承願います。意見書案第1号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(沖永春生君) 賛成多数と認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 意見書案をそれぞれの関係先に送付いたします。

────────────・────・────────────



△日程第7.産業建設常任委員長報告



○議長(沖永春生君) 産業建設常任委員会に付託して審議を続けておりました議案第1号の審議が終了した旨、報告があっておりますので、審査と経過と結果の報告を求めます。武内産業建設常任委員長。



◎産業建設常任委員長(武内幸次郎君) 〔登壇〕先ほど上程され、当委員会に付託をされました議案第1号工事請負契約の締結についての議決内容の一部を変更についての審査が終了いたしましたので、その経過と結果につきまして報告を申し上げます。

 本案は、提案趣旨の説明にもありましたが、南部1号幹線管渠築造工事を施工するに当たりまして、工事設計の変更により、現契約金額2億8,350万円に3,143万9,100円を増額し、契約金額を3億1,493万9,100円に変更いたすものであります。

 主な質問といたしましては、当委員会での担当委員会での説明が不十分ではないのか、また、経費削減が1,000万円ぐらいできるとのことであるが本当にできるのか、中身を詳しく言えないのか。

 また、このような方法で今日までやったことがあるのかとの問いに対しまして、委員会の説明については、今後気をつけて行っていきたいと思うということと、経費削減については、単独発注につきまして検討も行ったが、単独発注では、業者が変わると安全面や既設の設備の有効活用などに支障を来し、単独よりもはるかに安くなるという答弁がありました。また、設計の中身につきましては、詳しく申し上げられないとの答弁であります。

 また、この事業は、13年度繰り越し事業ということでもありますが、13年度分は幾らで、14年度分は増額部分については幾らになるのかとの質問に対し、13年度の増額部分についての対象は1,680万円、14年度は1,463万9,000円であるとの答弁がなされました。

 ほかいろいろ質問もございましたが、採決に入りまして、採決の結果、全会一致をもって可決をいたしました。

 以上、当委員会に付託をされました議案1件の説明にさせていただきます。



○議長(沖永春生君) 委員長の報告を終わりました。

 ただいま報告のとおり、いずれも原案に賛成であります。これより委員長に対する質疑を行います。委員長に対する質疑があれば、議案番号をお知らせ願います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(沖永春生君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 これより討論を行います。議案第1号に対する討論の向きがあれば、賛成、反対の旨、お知らせ願います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(沖永春生君) 討論の向きがないので、討論を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第8.採決



○議長(沖永春生君) これより採決を行います。採決は議案題名を省略して、議案番号のみで行います。

 議案第1号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(沖永春生君) 全会一致と認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第2号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(沖永春生君) 全会一致と認めます。よって、本案は原案のとおり同意されました。

────────────・────・────────────



○議長(沖永春生君) 以上をもちまして本日の会議を終わります。

 これをもちまして、平成15年第1回苅田町議会臨時会を閉会といたします。お疲れでございました。

午前11時20分閉会

──────────────────────────────

 



 この会議録の内容については、相違ないことを証明するためここに署名する。


              議  長

              署名議員

              署名議員