議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 苅田町

平成 17年 8月臨時会(第4回) 08月22日−01号




平成 17年 8月臨時会(第4回) − 08月22日−01号







平成 17年 8月臨時会(第4回)


───────────────────────────────────────────
平成17年 第4回 (臨時)苅田町議会会議録(第1日)
                             平成17年8月22日(月曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                         平成17年8月22日 午前10時03分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期決定
 日程第3 諸報告
 日程第4 議案上程
 日程第5 議案質疑
 日程第6 採決
 日程第7 議案の付託
 日程第8 総務常任委員長報告
 日程第9 産業建設常任委員長報告
 日程第10 採決
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期決定
 日程第3 諸報告
 日程第4 議案上程
 日程第5 議案質疑
 日程第6 採決
 日程第7 議案の付託
 日程第8 総務常任委員長報告
 日程第9 産業建設常任委員長報告
 日程第10 採決
──────────────────────────────
出席議員(17名)
1番 小山 信美君        2番 常廣 直行君
3番 白石 壽幸君        4番 冨安 正直君
5番 三原  茂君        6番 林  繁実君
7番 井上  修君        8番 武内幸次郎君
9番 作本 文男君        10番 坂本東二郎君
11番 梶原 弘子君        12番 川上公美子君
13番 長井 孝篤君        14番 野本 正樹君
15番 松蔭日出美君        17番 光永 信雄君
18番 珠久 六夫君                 
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(1名)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
事務局長 城  正夫君          書記 金丸 典光君
                     書記 片山  巧君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
助役          梅谷  威君  収入役         上野 義廣君
教育長         有松 邦雄君  消防長         高城 久雄君
町長公室長       後藤 雅博君  総務部長        花房 幸司君
民生部長        井関 寛之君  産業建設部長      各務 強志君
総務課長        北原 正一君  財政課長        作本 和男君
総合政策課長      伊塚  弘君  都市整備課長      星野 峰敏君
水道局長        上川 哲司君                    
──────────────────────────────


午前10時03分開会



○議長(珠久六夫君) 皆さん、おはようございます。ただいまより平成17年第4回苅田町議会臨時議会を開会いたします。

 開会に際しまして、苅田町長職務代理者梅谷助役より発言を求められておりますので、これを許すことにいたします。苅田町長職務代理者梅谷助役、どうぞ。



◎助役(梅谷威) 議長の許可を得まして、第4回苅田町臨時議会の冒頭に当たりまして、去る6月21日以来、報道された新聞紙上等でお騒がせいたしました件について、臨空産業団地のF街区造成工事に関する事件でございますが、町民の皆様に大変御迷惑をおかけいたしました。心よりおわび申し上げます。今回の事件を真摯に受けとめまして、今後このような事件が発生しないよう再発防止に努め、町民の皆様の信頼回復に努めてまいりますので、皆様方の御理解、御協力につきまして、よろしくお願い申し上げます。



○議長(珠久六夫君) 以上のとおりであります。

 それでは、早速、本日の会議を開会いたします。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名について



○議長(珠久六夫君) 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において10番、坂本東二郎君、11番、梶原弘子君を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期決定



○議長(珠久六夫君) 会期の決定を議題といたします。

 本臨時議会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 異議なしと認めます。したがって、会期は本日1日間と決定いたしました。

 議事日程につきましては、お手元印刷御配付のとおりであります。

────────────・────・────────────



△日程第3.諸報告



○議長(珠久六夫君) ここで、前町議会議員沖永春生氏にかかわる辞職願を許可したので、苅田町議会会議規則第99条第2項の規定に基づき御報告をいたします。

 沖永春生氏から私議長あての辞職願が平成17年7月19日に提出されました。これを受理し、これを拒む正当な理由がないことから、地方自治法第126条、ただし書き議会閉会中の議員の辞職願の許可に関する規定に基づき、議長判断をもって同日これを許可し、許可書を郵送いたしました。

 なお、辞職の許可の効力は、これが受理された平成17年7月22日に生じております。

 以上、御報告をいたします。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案上程



○議長(珠久六夫君) 苅田町長職務代理者苅田町助役より議案6件の送付がありましたので、これを一括上程いたします。

 梅谷職務代理者。──ちょっと助役、大変失礼しました。ちょっと待ってください。この際、提案者に提案趣旨の説明を求めます。苅田町長職務代理者梅谷助役。



◎助役(梅谷威) 〔登壇〕提案趣旨の説明をさせていただきたいと思います。

 上程されました議案につきまして、議案の趣旨を説明申し上げます。

 議案第71号平成17年度苅田町一般会計補正予算(第5号)についてであります。

 本議案は、街路事業苅田駅東西線(自由通路)桁製作工事並びに苅田駅周辺整備事業に伴う自由通路等整備に関するJRとの協定を締結するために必要な予算措置を行うものであります。

 次に、議案第72号から議案第74号は専決処分についてであります。

 議案第72号平成17年度苅田町一般会計補正予算(第3号)並びに議案第73号平成17年度苅田町水道事業会計補正予算(第2号)の両議案につきましては、異常気象によります渇水対策のため必要な予算措置を行い、平成17年7月5日付で町長が専決を行ったものであります。

 次に、議案第74号平成17年度苅田町一般会計補正予算(第4号)についてであります。

 本議案は、御承知のように8月8日の衆議院解散に伴いまして、選挙事務を執行する必要が生じたため、平成17年8月10日付で町長職務代理者として専決処分を行ったものであります。

 いずれの議案も議会を招集するいとまがなかったため、地方自治法第179条3項の規定に基づき専決処分を行い、議会に報告し承認を求めるものであります。

 次に、議案第75号財産の取得についてであります。

 本議案は、町内巡回バスを運行するに当たりましてコミュニティバス3台を購入しようとするものであります。仮契約金額3,930万6,840円で北九州日産モーター株式会社苅田店を契約の相手方とするもので、苅田町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。

 次に、議案第76号監査委員の選任についてであります。

 本議案は、議員のうちから選任いたしておりました監査委員沖永春生氏の議員辞職に伴いまして、監査委員が欠員となりましたので、人格、識見ともにすぐれた武内幸次郎氏を監査委員に選任することについて、地方自治法第196条第1項の規定により議会の同意を求めるものであります。

 以上、本日提案いたしました議案の概要について御説明申しましたが、いずれの議案も重要かつ緊急に必要なものでございます。慎重に御審議の上、議決くださいますようお願い申し上げ、提案趣旨の説明といたします。



○議長(珠久六夫君) 以上で提案趣旨の説明を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第5.議案質疑



○議長(珠久六夫君) これより議案質疑を行います。

 議案第71号から議案第74号まで4件の補正予算については、歳入歳出全般について質問を受けたいと存じますので、御了承願います。

 議案第71号平成17年度苅田町一般会計補正予算(第5号)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 議案第72号専決処分について(平成17年度苅田町一般会計補正予算(第3号))を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 議案第73号専決処分について(平成17年度苅田町水道事業会計補正予算(第2号))を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。12番、川上君。



◆議員(川上公美子) 特別損失が500万出てるということで、この内容を説明していただきたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 上川──わかりましたか、特別損失。上川水道局長。



◎水道局長(上川哲司) 特別損失については当初のままですけど、今回一応専決処分をしておるのは、一般会計から渇水対策費として2,000万円繰り入れしてもらう分を水道事業に2,000万円繰り入れしたということなんですけど、あくまでも渇水対費用でございます。今言うたこの500万は当初からの分ですけども。

 以上です。



○議長(珠久六夫君) よろしいですか。



◆議員(川上公美子) はい。



○議長(珠久六夫君) ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) ほかに質問がないので、質疑を終わります。

 議案第74号専決処分について(平成17年度苅田町一般会計補正予算(第4号))を議題として質問を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 議案第75号財産の取得について(コミュニティバス購入)でございますが、このことを議題といたしまして質疑を行います。質疑はございませんか。12番、川上君。



◆議員(川上公美子) このバスを選定した経過と理由というか、そういうものをお聞きしたいと思いますが。



○議長(珠久六夫君) 伊塚課長。



◎総合政策課長(伊塚弘) お答え申し上げます。

 コミュニティバスの選定でございます。日産車でございますが、ハートフルサルーンCNG仕様ということにしております。基本的には福祉対応であること、それから環境対応であることを中心にしまして、外国車という案もいろいろ浮上いたしましたが維持管理、メンテナンスも含めて日産車のこの車種が適切であるということで選定させていただきました。



○議長(珠久六夫君) 12番、川上君。



◆議員(川上公美子) 前回、町長公室──町長専用車、それについても日産の車というふうにもう最初から選定していたような経過がありますけど、これから別の会社も入ってくるわけですから、そういう意味ではこれからの対応というのは考えておられるでしょうか。



○議長(珠久六夫君) 梅谷助役。



◎助役(梅谷威) 今の質問に対してお答えいたします。

 まだ町長とそういうお話をした経緯がございませんが、今まで苅田町が日産の車を常用していたことも否めませんし、今回、トヨタ自動車のエンジン工場が入ることになりまして、そういう分野も含めて今後は検討していくものというふうに考えております。



○議長(珠久六夫君) よろしいですか。



◆議員(梶原弘子) はい。



○議長(珠久六夫君) ほかにございませんか。6番、林君。



◆議員(林繁実) コミュニティバスの今回は購入の件でということで、コミュニティバスの件について非常に皆さん方が議会軽視であるとか説明不足であるとかいう話をよく耳にいたします、私は。ただ、これは、実はプロポーザル方式でやったこと自体は大変すばらしいことなんです。プロポーザル方式でやる、ねっ、その一番いい案が安価で一番いい案が出てきた。それから決まるんですな。決定するわけですよ。それで決定した後、やっぱ議員さんが町民から選ばれた議員ですからやはり全員に詳しく私は説明する、こういう必要があろうかと私は思うんですが。いつも、いつも、皆さんから言われるのは議会軽視だと。一つもその点については危機意識が全くない。一体何度言わしたら、議員と都合のいいときは執行部とは車の両輪だと、ねっ。片ややりよることは、ねっ、お互い足の引っ張り合いをやってると。その点についてそういう声が起きないようにうまくまとめてやるのが私は本来の姿だと。前回の僕が一般質問の中でも言いましたが、もっと丁寧に説明するべきではないかと。その責務があなたたちには必ずあると思うんです。だからそういう声がどんどん出てくるんです。今回は、これはあくまでもバス購入の件でございますので、そのほか何も言いませんが、その点については議会軽視と思いませんか。僕は、説明不足と思いませんか。課長、答えてください。



○議長(珠久六夫君) 伊塚課長。



◎総合政策課長(伊塚弘) 総合政策課の政策課題、たくさんあるわけですが、その一つでありますコミュニティバスの導入について、担当課長といたしまして、本件のような重要な、政策課題の中でも重要な課題について、なぜ丁寧にプロポーザル方式以降十分説明しなかったかということの御指摘でございます。プロポーザル方式が4月8日で行われましたので、随分時間がたっておりまして、今の御指摘に対しては大変私も深く反省しておりますし、申しわけないというふうに思っております。深くおわび申し上げます。今後、本件につきましては議長さんや議会の方々と相談しながら早い時期に機会を得まして十分説明し、かつ検討してまいりたいというふうに考えております。よろしくお願いします。



○議長(珠久六夫君) よろしいでしょうか。



◆議員(林繁実) いいです。



○議長(珠久六夫君) ほかにございませんか。11番、梶原君。



◆議員(梶原弘子) 11番、共産党の梶原です。

 他の議員の質問を聞いた上での質問でございますが、来年、町長選挙が予定されておりましたね。で、その流れの中でこういう今入院されてる町長の計画でやられたと思うんです。で、日程が何度も変えられました。これはもう三原委員長がずっとそのように、これはなぜかというふうに言われております。で、そういう説明を聞く中で、対象の省庁との関係で道路運送法の関係でおくれたんだというふうに言われました。こういうのも全部私どもは担当の委員会でもちぐはぐだというふうに受け取っているわけなんです。今度の臨時議会でこれを見ますと9月9日に納入をされるというふうになってるんです。だから片や急いでて、片や非常に説明不足で、町民にちゃんとした話ができないじゃないかという、こういう意見が噴出するという、この原因はどこにあるのか。陸運局じゃない運送局ですかね。



○議長(珠久六夫君) 陸運局です。



◆議員(梶原弘子) 陸運局の関係でどのようにおくれたのか、その説明をいただきたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 後藤公室長。



◎町長公室長(後藤雅博) 今御質問がありましたけども、陸運局との関係といいますのは、運送法第21条と、いわば緑ナンバーを取得するために陸運局の許可が要ります。その陸運局の許可が私どもが申請して1カ月程度で出るものというふうに見込んでおりましたけども、実際は2カ月半ほどかかりました。これは、一つは西鉄という既存大手のバス路線会社がございます。この西鉄のいわば同意を得なくてはならないという大前提がございまして、陸運局と並行しながら西鉄と協議を図ってまいりました。西鉄についてもほぼ2カ月ちょっとにわたって協議してきたわけですけども、そういったいろんな経緯がありまして、本来は7月というふうに思ってはおりましたけどもなかなか、特に西鉄との協議がうまくいかないと。西鉄がどうしても苅田町に参入をしたいということが大前提でありましていろんな話をしてきます。陸運局の方も、いや、西鉄さんの同意がなければこの事業はだめですよというぐらいの強い意向がございまして、この陸運局と西鉄との折衝に非常に時間がかかった。こちらが計算したよりも非常に時間がかかったという経緯でございます。



○議長(珠久六夫君) よろしいですか。ほかございませんか。11番、梶原君。続いてどうぞ。



◆議員(梶原弘子) こういう話も今初めて聞くわけなんです。それで、私たち、このコミュニティバスに反対はしてないんです。もっとスムーズに町民の方々に利用していただけるように、そして、最初になぜ日産車なのかというふうに同僚の議員が聞きましたけれど、苅田町本当に疑惑の問題がたくさんありましたよね。談合の問題があったりしたんです。そしたらなおのこと慎重に慎重を重ねて、どこから突っ込まれてもいいような形をとるべきだと思うんです。何かばらばらなんです。委員会の中でもっといろいろな意見が出ると思いますが要望です。洗いざらい全部出してください。反対はいたしませんので、私個人はです。反対はいたしませんので、町民は要望が強いですので。そこは要望しておきます。要望です。



○議長(珠久六夫君) 総務付託委員会がこの後ございますが、要望事項ということでございますので、十分踏まえて審議をお願いをいたしておきます。

 ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) ほかにないので、質疑を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第6.採決



○議長(珠久六夫君) 次に、議案第76号監査委員の選任については、地方自治法第117条の規定によって武内幸次郎君の退場を求めます。

〔8番 武内幸次郎君 退場〕



○議長(珠久六夫君) 議場の閉鎖をお願いします。

〔議場閉鎖〕



○議長(珠久六夫君) お諮りいたします。議案第76号につきましては、人事案件でありますので、質疑、討論を省略いたしたいと存じます。御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 異議なしということでございますので、御異議がないので質疑、討論を省略し、直ちに採決を行いたいと存じます。御了承をお願いします。

 これより採決を行います。議案第76号監査委員の選任についてを問題に供します。

 原案に同意することに賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。賛成多数と認めます。したがって、本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。

 それでは、会場を開いて武内幸次郎君の入場をお願いいたします。

〔議場開鎖〕

〔8番 武内幸次郎君 入場〕

────────────・────・────────────



△日程第7.議案の付託



○議長(珠久六夫君) 議案質疑は終了いたしました。議案5件については、印刷御配付のとおり、それぞれの委員会に付託をいたしたいと存じます。御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 御異議がないので、さよう決定いたします。

 委員会開催のために暫時休憩いたします。

午前10時28分休憩

                              

午後0時33分再開



○議長(珠久六夫君) ただいまより会議を再開いたします。昼食時間を割いての御協力、本当に感謝をいたしております。まことに恐縮ですが、引き続き会議を再開させていただきます。

────────────・────・────────────



△日程第8.総務常任委員長報告



○議長(珠久六夫君) 午前中の本会議で総務常任委員会に付託して審議を続けておりました議案第72号外2件の審査が終了した旨、報告があっておりますので、審査の経過と結果の報告を求めます。三原総務常任委員長。



◎総務常任委員長(三原茂) 〔登壇〕今臨時会にて総務常任委員会に付託されました議案第72号外2議案についての審査が終了いたしましたので、その審査の経過と結果について報告いたします。

 まず、議案第72号専決処分について(平成17年度苅田町一般会計補正予算(第3号))についてです。

 本議案は、渇水対策のため必要な予算措置を行い、平成17年7月5日付で専決処分を行ったものです。本議案について審査を行いましたが、二、三の質問がなされた後に引き続き採決を行った結果、議案第72号は全会一致にて可決されました。

 次に、議案第74号専決処分について(平成17年度苅田町一般会計補正予算(第4号))についてです。

 本議案は、衆議院解散に伴い、選挙事務を執行するため必要な予算措置を行い、平成17年8月10日付で専決処分を行ったものです。本議案についても審査を行いましたが質疑もなく、引き続き採決を行った結果、議案第74号専決処分について(平成17年度苅田町一般会計補正予算(第4号))については全会一致にて可決されました。

 最後に、議案第75号財産の取得について(コミュニティバス購入)についてです。

 本議案は、コミュニティバス3台を3,930万6,840円で北九州日産モーター株式会社苅田店と契約するため、苅田町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定に基づき議会の議決を求めるものです。

 本議案について審査を行ったところ、まず、車両の購入について今臨時議会に上程するのではなく、9月定例会に再上程できないかという質疑に対して、陸運局との申請の中で調整は難しい、あわせて運行委託あるいは車両購入等で仮契約をしているので違約金等が発生するので難しいとの答弁がなされました。

 また、実証運行の実施について、9月20日の運行開始に向けて取り組んでいく予定であるが、町民の声、要望を十分取り入れられてなく、また、議会、町民に対する説明、調整が十分できてない中、実行できるのかという質疑に対して、3路線同時に9月20日に実証運行に向けて取り組んでいきたい。議会、町民に対する説明不足については反省しているし、その他運行面でのさまざまな問題点については実証運行をしながら改善していくとの答弁がなされました。

 また、伊塚町政のメインテーマとして行政と住民の役割分担の見直しについて取り上げられているが、今回の議案について繁栄されていないが、どのように考えているのかという答弁に対して、今回は十分でないが今後改めていきたいとの答弁がなされました。引き続きその他多数の質疑がなされた後、採決を行った結果、議案第75号財産の取得について(コミュニティバス購入)については賛成多数にて可決されました。

 以上をもちまして総務常任委員会に付託された3議案に対しての委員長報告とさせていただきます。



○議長(珠久六夫君) 委員長の報告が終わりました。

 ただいま報告のとおりいずれも原案に賛成であります。

 これより委員長に対する質疑を行います。委員長に対する質疑があれば議案番号をお知らせ願います。17番、光永君。



◆議員(光永信雄) 委員長に対する意見だとか質問ではございませんが、確認のために御質問させていただけたらと思っているんですけども、私も付託委員会のメンバーの1人に入っておりますので、その審議の状態等、経過等につきましては十分理解をしておるところでございます。で、このコミュニティバスの購入につきましては、委員長の報告のとおり、大変運用の面でいろんな問題がある。したがって、これからも十分に論議をしながら、そして、その論議の経過も含めて議会なり総務常任委員会に報告をし、よりよい形で進めていこうというような論議がございました。

 したがいまして、こういうことを含めながら、ぜひ委員長に確認をしていただきたいのは、私は審議の過程の中で申し上げましたけれども、運用の面で先ほど申し上げましたように大変問題があるので、これは白紙撤回していこうと。しかし、財産の購入がございます第75号につきましては賛成という形で確認をさせて賛成いたしました。そのことにつきまして委員長、間違いございませんか。ちょっと確認をしていただきたいと思いますが。



○議長(珠久六夫君) 三原委員長。



◎総務常任委員長(三原茂) 一応、光永委員の方からそういうふうな話が出ましたから、委員会の論議の中で白紙、運用の面では白紙撤回という考え方もあったようですけど、今回の議案を通すということは運用面の白紙撤回は含めてということじゃなくて、この購入を通すということは実証運行を認めるという形で採決をとったというふうに私はとらえています。



○議長(珠久六夫君) どうぞ。



◆議員(光永信雄) よくわかります。で、私が基本的に考えておりましたのは先ほども申し上げましたけれども、運用の面では、これはあくまでも白紙だと。したがって、こういう形で賛成をさせていただいたということでございますので、よろしくお願いします。



○議長(珠久六夫君) ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 これより討論を行います。議案第72号外2件に対する討論の向きがあれば議案番号、賛成、反対の旨、お知らせ願います。それでは、11番、梶原君。



◎議員(梶原弘子) 第75号について指摘して反対の討論をさせていただきます。



○議長(珠久六夫君) それでは、9番、作本君。



◎議員(作本文男) 私も議案第75号について反対討論を行います。



○議長(珠久六夫君) 引き続き、12番、川上君。



◎議員(川上公美子) 議案第75号について反対討論をいたします。



○議長(珠久六夫君) それでは、反対討論を3名、11番の梶原議員からどうぞ。



◎議員(梶原弘子) 今度の臨時議会第71号で苅田駅整備が上程されております。それにつながる苅田町内の商店街の活性化、また、環境問題、ひとり暮らし、高齢者、このことをかんがみまして、このコミュニティバスの問題が浮上してまいったはずです。しかし、今度の議案第75号、これにつながる問題で、本当に担当課が私たち議決を担っております議員に理解ができるような説明がなされたのかどうか。私どもは、このコミュニティバスについては反対をいたしませんが、きょうのこのことについては本当に説明がきちっとなされておりません。よって、反対をさせていただきます。



○議長(珠久六夫君) それでは、9番、作本君。



◎議員(作本文男) 私は、この議案第75号について反対討論を行いますけども、きょう、付託委員会の総務常任委員会で大変有意義な議論をすることができたというふうに思っております。で、私は、常にこの議場においては町民の代表であるという、そういう基本的な考え方を、実際はそうはできてなくても常にやはり私はそういう考え方でそういうスタンスでこういう議案に対して責任を持って手を挙げたり、反対をしたりという形のものを私はしなければいけない、その責任があるということは、私が改めてここで申し上げる必要もございません。先ほども申しましたように本当にいい議論ができました。

 で、最後にいつもこの議員はそうなんですけども、さも日産がこれを否決をすると困るんではないか、それから運用会社である太陽交通が困るんじゃないかと、こういう議論がなされます。全く私に言わせればナンセンスな話で、冒頭に言いましたように本当に町民のためになるかどうかを我々はただ1点そのことだけを議論をすればいいわけです。そして、問題をはぐらかしていく。本当に私は困ったもんだというふうに思っております。

 それと、もう1点、総務常任委員会で私も入っておりますけども、そのことを議論をすることを失念をいたしました。で、もちろん公にはなっております。しかし、4,000万円もの財産の取得に関して、そして、既に議会の承認も得ずにもう既に発注をしてる。もちろん理由はございます。しかし、これはもう明らかに自治法に私は違反をしてる。本当にこのすべての責任を執行部に私はとっていただきたい。どうしてもこの議案は否決をしないと苅田の議会のまた常識を疑われるというふうに私は少なくとも確信を持っております。ぜひ議員各位の私は賢明な判断をしていただいて、この議案を否決をし、本当の意味で執行部に目を覚ましてほしい。そして、同じようなまさに口だけじゃなくて二度とこういう間違いを起こさない、そういう執行部の行政執行を私はしていただきたいと、このことを申し上げて反対討論にかえさせていただきます。



○議長(珠久六夫君) それでは、12番、川上君。



◎議員(川上公美子) 反対討論を行います。

 交通弱者、それから交通空白地域に対する施策としてコミュニティバスを走らせることは、町民にとって本当に願い、一日も早く実施してほしいという願いではありますけれども、目的っていうのをはっきりさせて、そのためには検討委員会などにそういう関係者をもっとたくさん入れて、この内容をよりよくすること、そして、議員に対してもいろいろアンケートとか検討委員会でもいろいろ経過があったと思いますが、そういう情報を公開すべきだということを言いまして反対討論といたします。



○議長(珠久六夫君) 以上で討論を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第9.産業建設常任委員長報告



○議長(珠久六夫君) 次に、午前中の本会議で産業建設常任委員会に付託し、審査を続けておりました議案第71号外1件の審査が終了した旨、報告があっておりますので、審査の経過と結果の報告を求めます。武内産業常任委員長。



◎産業建設常任委員長(武内幸次郎) 〔登壇〕産業建設常任委員会に付託されました議案第71号、議案第73号、両議案の審査が終了いたしましたので、その経過と結果につきまして報告をいたします。

 まず、議案第71号平成17年度苅田町一般会計補正予算(第5号)についてであります。

 本案は、先ほど提案趣旨の説明がありましたが、街路事業苅田駅東西線(自由通路)の委託内容の確定による国庫予算の追加及び予算の組み替えなどのJRとの協定を締結するために予算措置を講ずるものであります。本案につきましては意見、質問はなく全会一致賛成可決であります。

 次に、議案第73号専決処分についてであります。平成17年度苅田町水道事業会計補正予算(第2号)であります。

 本案は、渇水対策のために2,000万円の予算措置を講じたものであります。

 主な質問といたしまして、補正2,000万円の内訳はとの問いに対しまして、主なものとして、工事請負費として農業用水の余水を二崎浄水場まで導くためピットや発電機の設置などの工事及びそれに伴います人件費などであるとの答弁がなされました。その他意見がなされた後、採決に入り、全会一致賛成可決であります。

 以上、議案2議案の審査の報告とさせていただきます。



○議長(珠久六夫君) 委員長の報告が終わりました。

 ただいま報告のとおりいずれも原案に賛成であります。

 これより委員長に対する質疑を行います。委員長に対する質疑があれば議案番号をお知らせ願います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 これより討論を行います。議案第71号外1件に対する討論の向きがあれば、議案番号、賛成、反対の旨をお知らせ願います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 討論の向きがないので、討論を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第10.採決



○議長(珠久六夫君) これより採決を行います。採決は、議案題名を省略して議案番号のみで行います。

 まず、議案第71号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。全会一致と認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第72号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。全会一致と認めます。よって、本案は原案のとおり承認されました。

 議案第73号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。全会一致と認めます。よって、本案は原案のとおり承認されました。

 議案第74号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。全会一致と認めます。よって、本案は原案のとおり承認されました。

 議案第75号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。賛成多数と認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



○議長(珠久六夫君) 以上をもちまして、本日の会議を終わります。

 これをもちまして、平成17年第4回苅田町議会臨時議会を閉会いたします。御苦労さまでございました。

午後0時55分閉会

──────────────────────────────

 







 この会議録の内容については、相違ないことを証明するためここに署名する。




                  議  長


                  署名議員


                  署名議員