議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 苅田町

平成 17年 4月臨時会(第2回) 04月27日−01号




平成 17年 4月臨時会(第2回) − 04月27日−01号







平成 17年 4月臨時会(第2回)


───────────────────────────────────────────
平成17年 第2回 (臨時)苅田町議会会議録(第1日)
                             平成17年4月27日(水曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                         平成17年4月27日 午前10時00分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期決定
 日程第3 議案報告上程
 日程第4 議案質疑
 日程第5 議案の付託
 日程第6 総務常任委員長報告
 日程第7 産業建設常任委員長報告
 日程第8 厚生文教常任委員長報告
 日程第9 採決
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期決定
 日程第3 議案報告上程
 日程第4 議案質疑
 日程第5 議案の付託
 日程第6 総務常任委員長報告
 日程第7 産業建設常任委員長報告
 日程第8 厚生文教常任委員長報告
 日程第9 採決
──────────────────────────────
出席議員(18名)
1番 小山 信美君        2番 常廣 直行君
3番 白石 壽幸君        4番 冨安 正直君
5番 三原  茂君        6番 林  繁実君
7番 井上  修君        8番 武内幸次郎君
9番 作本 文男君        10番 坂本東二郎君
11番 梶原 弘子君        12番 川上公美子君
13番 長井 孝篤君        14番 野本 正樹君
15番 松蔭日出美君        16番 沖永 春生君
17番 光永 信雄君        18番 珠久 六夫君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
       事務局長           城 正 夫 君
       書記             金 丸 典 光 君
       書記             片 山 巧 君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
       町長             伊 塚 工 君
       助役             梅 谷 威 君
       収入役            上 野 義 廣 君
       教育長            有 松 邦 雄 君
       消防長            高 城 久 雄 君
       町長公室長          後 藤 雅 博 君
       総務部長           花 房 幸 司 君
       民生部長           井 関 寛 之 君
       総務課長           北 原 正 一 君
       財政課長           作 本 和 男 君
       総合政策課長         伊 塚 弘 君
       健康福祉課長         白 石 正 弘 君
       都市整備課長         星 野 峰 敏 君
       水道局長           上 川 哲 司 君
       施設建設課長         藤 澤 信 三 君


──────────────────────────────

午前10時00分開会



○議長(珠久六夫君) 皆さんおはようございます。ただいまより平成17年第2回苅田町議会臨時会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名について



○議長(珠久六夫君) 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において、6番、林繁実君、7番、井上修君を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期決定



○議長(珠久六夫君) 会期の決定を議題といたします。

 本臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 異議なしと認めます。したがって、会期は本日1日間と決定いたしました。

 議事日程につきましては、お手元印刷御配付のとおりであります。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案報告上程



○議長(珠久六夫君) 町長より議案9件の送付がありましたので、これを一括上程いたします。

 議案の朗読を事務局長にいたさせます。城事務局長。



◎事務局長(城正夫君) 議案第45号専決処分について(平成16年度苅田町一般会計補正予算(第9号))、議案第46号専決処分について(平成16年度苅田町介護保険特別会計補正予算(第4号))、議案第47号専決処分について(苅田町税条例の一部を改正する条例の制定について)、議案第48号専決処分について(損害賠償の額の決定について)、議案第49号工事請負契約の締結について(城南団地建替工事(建築主体工事))、議案第50号工事請負契約の締結について(城南団地建替工事(電気設備工事))、議案第51号工事請負契約の締結について(城南団地建替工事(機械設備工事))、議案第52号工事請負契約の締結について(苅田町立苅田小学校屋内運動場改築工事)、議案第53号財産の処分について(苅田臨空産業団地)。

 以上でございます。



○議長(珠久六夫君) 以上で議案の朗読を終わります。

 この際、提案者に提案趣旨の説明を求めます。伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 〔登壇〕ただいま上程されました議案について、提案趣旨の御説明を申し上げます。

 議案第45号から議案第48号までは専決処分についてです。

 議案第45号、この議案は平成15年度繰越事業長畑松山線の補償交渉の難航によりまして、事業費を返還することとなり、地方債の借入可能額が減少し、歳入予算に不足が生じたため、地方債借入額の不足分を充当する予算措置に伴う専決処分を平成17年3月31日付で行ったものでございます。

 議案第46号、本議案は介護保険事業に伴う財政安定化基金よりの貸付金を県支出金から町債に組み替える必要が生じたため、新たに補正予算を編成し、予算の組み替えを平成17年3月24日付で専決処分したものでございます。

 次に、議案第47号、この議案は地方税法等の一部を改正する法律が平成17年3月25日に公布され、平成17年4月1日より施行されることに伴い、苅田町税条例の一部を改正する必要が生じたため、平成17年3月31日付で専決処分を行ったものでございます。主な改正点といたしましては、年齢65歳以上の者のうち、前年の合計所得が125万円以下の者に対する個人住民税の非課税措置の段階的廃止などでございます。

 議案第48号、本議案は苅田町大字与原の町道1106号線において、路面にできた直径約60センチメートル、深さ10センチメートルのくぼみ部分により通行車両3台に損傷を与えたため、損害を賠償するに当たり、緊急に示談書を締結する必要が生じたため、その額を定めることについて、平成17年4月15日付で専決処分を行ったものでございます。

 これらいずれの議案も議会を招集するいとまがなかったため、地方自治法第179条第3項の規定に基づき、専決処分を行い議会に報告し承認を求めるものでございます。

 次に、議案第49号から議案第52号は工事請負契約の締結についてでございます。

 議案第49号は城南団地建てかえに伴う建築主体工事を施行するに当たり、指名競争入札により仮契約金額7億2,975万円で、真柄建設株式会社九州支店を工事請負人と定めるものでございます。

 議案第50号は、城南団地建てかえに伴う電気設備工事を施行するに当たり、指名競争入札により仮契約金額7,822万5,000円で角杉電業株式会社を工事請負人と定めるものでございます。

 議案第51号は、城南団地建てかえに伴う機械設備工事を施行するに当たり、指名競争入札により仮契約金額1億3,965万円で川本工業株式会社九州支店を工事請負人と定めるものでございます。

 議案第52号は苅田町立苅田小学校屋内運動場改築工事を施行するに当たり、指名競争入札により仮契約金額3億2,497万5,000円で前田建設工業株式会社九州支店を工事請負人と定めるものでございます。

 いずれの議案も苅田町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。

 最後に、議案第53号は、苅田臨空産業団地の一部造成完了に伴い、分譲を開始するに当たり、財産の処分を行うもので、苅田町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。

 以上、本日御提案申し上げました議案の概要について御説明申し上げましたけれども、いずれの議案も重要かつ緊急必要なものでございますので、慎重に御審議いただき、御議決くださいますようお願い申し上げまして、提案趣旨の説明とさせていただきます。



○議長(珠久六夫君) 以上で提案趣旨の説明を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案質疑



○議長(珠久六夫君) これより議案質疑を行います。

 議案第45号専決処分について(平成16年度苅田町一般会計補正予算(第9号))を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 次に、議案第46号専決処分について(平成16年度苅田町介護保険特別会計補正予算(第4号))を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 議案第47号専決処分について(苅田町税条例の一部を改正する条例の制定について)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 議案第48号専決処分について(損害賠償の額の決定について)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 次に、議案第49号工事請負契約の締結について(城南団地建替工事(建築主体工事))を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。11番、梶原君。



◆議員(梶原弘子君) 共産党の梶原です。基本的にはこの公営住宅建設には反対をいたしませんが、産建に入っておりませんので、お聞きをしたいと思います。

 平面図というか、この位置図が出ておりますが、私ども、部屋の間取りなど、詳しい説明は受けておりません。この状態で同意を求められるというのは、非常に難しゅうございます。それで、担当委員会には平面図としては出されたが、審議をされたのかどうか。委員会には例えばこのように同意を求めるなら、平面図は部屋などの間取りなどは出さないのか。3つ目に、ここがくぼ地の時代から私はよく知っておりますが、この2号棟になっている所、ここ全く谷地だったんです。これを埋め立てたので、この6階建てを建てるということは、大丈夫なのか、耐震性など、大丈夫なのかどうかをお聞きしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 藤澤課長。



◎施設建設課長(藤澤信三君) お答えいたします。

 担当委員会につきましては、産業建設常任委員会の中では平面図と位置図的なものは提示しておりますけども、他の委員会についてはしておりませんので、必要であれば後で御提示させていただきたいと思います。

 それから、もう一つは間取り的なものにつきましては、1号棟、2号棟も同じですけども、5階建て、1階に6戸、5階建てで30戸でございます。それを2棟ということで、合わせて60戸、そして2DK、3DK、1棟に2DK、3DK一緒にしておりますので、30戸、30戸ですけども、2DK30戸、3DK30戸でございますけども、それぞれ若干部屋の形が1号棟と2号棟につきましては違います。といいますのは、1号棟と2号棟、15戸ずつ分けますので、奇数というわけにはいきませんので、片方に2DKが多い、片方に3DKが多いという形になっております。

 それから、エレベーターにつきましては、各棟それぞれ1基ずつ設置しております。そして、各戸バリアフリー化ということでございます。

 それから、基礎の関係でございますけども、それぞれ棟によって部分的によってくいの長さは違いますけども、約8メーター前後のくいをそれぞれ打ちます。

 耐震性につきましても、建築基準法のレベルでいいますと、等級1で震度6強から震度7程度に耐え得る耐震設計をしております。この震度6強と7と言いますのは、一般的に言いますと、関東大震災の揺れで倒壊や崩壊をしない程度ということでございますので、それにあわせて構造計算をしているところでございます。

 以上です。



○議長(珠久六夫君) よろしいですか。



◆議員(梶原弘子君) もう一つ。



○議長(珠久六夫君) 11番、梶原君。



◆議員(梶原弘子君) ぜひ、この中でも、先ほどの質疑の中でも私は言いましたが、やっぱり詳しく出していただかないと、気持ちよく賛成できないんです。ですから、資料は絶対出していただきたい。よければ出しますということではなく、出してくださいということを強く言いたいと思います。

 委員会の中で、この建物の中、間取りの中で、例えばお年寄りが倒れたときに、ストレッチャーなど入りますかというのを、たしか部長と立ち話したことあるんです。ああ、入ります、入りますというふうに、そこでは言われましたが、そういう審議はされたんですか。説明はされたんですか。



○議長(珠久六夫君) 藤澤課長。



◎施設建設課長(藤澤信三君) 詳しいことは後でまた調べて御答弁させていただきますけども、住宅の建てる基準法に基づきましてしていますので、先ほど言いましたように、バリアフリー、それから手すり等につきましては設置をするということで、住宅の基準の、国が示してます基準に基づいてそれぞれの建物、部屋については設置しております。



○議長(珠久六夫君) ほかに。13番、長井君。



◆議員(長井孝篤君) 今回の入札、比較的当町になじみのない業者が並んでおるわけですけども、この入札業者の選定基準といいますか、どういう基準で入札選考をされたのか、まずそれをお伺いしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 梅谷助役。



◎助役(梅谷威君) お答え申します。

 今一つの城南団地の建てかえ工事の件で質問されていると思うんですが、あと城南団地の建てかえ工事の電気部分、機械部分、それからその後の苅田町立体育館、この辺の部分も、ちょうど時期が同じ時期でございましたので、総合的に御返答ということでようございますでしょうか。



◆議員(長井孝篤君) 議案が、追っかけていくんですから、今49号についてやっているんですから、49号について答弁してください。



◎助役(梅谷威君) 49の建てかえ工事の部分についてお答えいたします。

 まず、この建てかえ工事については、たしか2月ごろに県から話が正式に来た関係がございまして、かなり急いでやる必要がございました。それで、実は3月の議会のときに何とか間に合わせたいというふうに考えておりましたが、諸般の事情によりまして3月の議会には提出ができなかったというのが実態でございます。したがって、それからいろいろ検討してくる中で、建物につきましては、一定の基準を設けてさせていただきました。町長から指名委員会に対しまして諮問がございましたけれども、検討を重ねてまいったわけでございます。後との関連があるので、どうもここの部分だけというと、なかなか答弁しにくいんですけれども、一定の基準、特に経営審査、経審の点数を重視させていただきました。

 それから、指名願を町の方に出されておりますけれども、その実績が一定基準以上のもの、これは平成15年度の町に指名の願いが出たときの書類から取り上げたわけでございますが、その一定の金額以上、それから県内に責任者をきちんと置いている本社なり営業所、そういうものがある、そういう連絡がとりやすい場所ということで、超ゼネコンは一応除外をして設定いたしました。そういうことで、15社を選定いたしました。



○議長(珠久六夫君) 13番、長井君。



◆議員(長井孝篤君) それで町の業者が全く入ってない。資格がなかったというふうに理解しておりますけども、これはせっかく7億の工事が出ると。町内業者がまったくこれに参画できないというのは、ある意味じゃ非常に寂しいことであります。

 そういった意味で、私たしか5年ぐらい前ですか。ジョイントベンチャー制度をぜひ我が町にも導入できないかという一般質問をいたしまして、町長の答弁では前向きに運用基準等々について検討いたしましょうという前向きの答弁をいただいたんですけども、本件に限らず、後に出てきます体育館の問題も、これはせっかくこれだけの工事が出るんであれば、町内業者も何らかの形で参画して、町内業者の育成、資金的な問題、技術的な問題も含めて、こういった町内業者の育成を図るという意味では、我が町でもぜひジョイベン制度といいますか、ジョイントベンチャー制度、これを導入すべきではないかということを改めて感じるわけですけども、この辺の今後の考え方について、御意見をお伺いしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 梅谷助役。



◎助役(梅谷威君) ジョイントベンチャーの組み方については、私も過去に経験がございます。今、県の方では、たしか平成6年ぐらいにそのルールがきちんと決められております。そういうことを少し勉強する必要があるんではないかということで、財政課と鋭意その辺の研究をしているわけでございます。これをやるには、多分条例なり規定、そういうものもつくらなきゃいかんということもございまして、私の考えでは、大体6カ月ぐらいは、事前準備が必要であろうというふうに思っております。以前はこれほど大きな事業はなかったんではないかと思いますけれども、最近特に数億円というのが苅田町では出てきておりますので、その辺については、研究、検討しながらやっていきたいと思います。

 なお、財政課の方にはとりあえず、習いやすいところから習ったらどうかということで、私は先日、農林事務所の方を紹介いたしておりまして、そういったことの協議は重ねております。

 今議員が言われるように、私もジョイントベンチャーを組む体制をこの苅田町の役場内に、そういう検討する部門を設けまして、そういう方向でできるだけ早くそういう体制をやっていかないと、今のままであれば、現在のような状態に終わってしまうということになるんではないかと思っております。その辺については、前向きに検討し、できれば今年度内にはそういう体制をきちんと整備したいなというふうに私はそういうふうに思っております。



○議長(珠久六夫君) 13番、長井君。



◆議員(長井孝篤君) 今の助役の回答を聞きまして、非常に安心したわけではありますけども、今後かなり大きな工事、井場川の問題も含めて出てくる可能性もあるわけで、近隣自治体はジョイベンを随分採用しています。ジョイベン制度。こういった意味で、我が町がおくれることがないように、ぜひ前向きに対応をお願いしておきます。



○議長(珠久六夫君) ほかにございませんか。5番、三原君。



◆議員(三原茂君) 今の長井議員の質問と関連いたしますし、議案第52号と関連して質問いたしますが、基本的には質問の内容は一緒なんですけど、これはいつもいつも工事請負契約の際にいつも質問していることで、私もいいかげんに疲れてきたんですけど、ある程度JB方式につきましては、今の助役の方から御返答いただきましたので、早期導入のことをできるように、早く体制づくりをしてください。

 あと、いつも町長は工事請負契約の際には地場企業育成ということをいつも言われてますけど、このJB方式もそうですけど、なかなか目に見えてこない。現実に体制ができてないということがありますので、今回のこの2件の指名に関しまして、地場企業の育成について、どのように生かされているのか、お聞きします。



○議長(珠久六夫君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) いつも答弁申し上げておりますように、地場産業、地場企業の育成というものは、当然私たちは考えていかなければならないと思っております。今回につきましても、地場企業をどのように組み入れるか、あるいは入札の対象にするか、随分検討させていただきました。この案件、城南団地の建設につきましては、金額が非常に張るということ等々で、先ほど助役が申し上げましたように、県の経営審査の点というものを見ましたところ、今回指名していたところと、地場産業、相当な開きがございましたので、残念ながら対象外といたしました。ただし、電気設備については、ごらんのように、地場産業、組み入れさせていただきました。

 それから、施行に当たりましては、本議会で承認いただきまして、本契約となるわけですけれども、その際、できるだけ地場産業を活用してもらうように契約者に対して申し入れをする予定にしております。



○議長(珠久六夫君) 5番、三原君。



◆議員(三原茂君) 受注業者にそういうふうに地場企業の活用ということで指導していくということで返答いただきましたので、これ先日、総務委員会で明石に指名入札制度で勉強に行った際にも、明石市は一般競争入札を導入してますので、またその中で大手ゼネコンが受注した際には、今町長が言ったように、地場業者を活用するようにと指導しているみたいなので、なるべくその辺を強く、町の方針として受注業者に要望するようにお願いしておきます。

 また、関連質問として、今回真柄建設が落札されていますが、過去当町においての工事を施工した実績があるのかが1点と、2点目に、先ほど長井さんが言ったように、今回余り聞きなれない業者が指名されていますので、真柄建設、勝村建設、矢作建設、大豊建設、徳倉建設、以上5社、5企業に過去3年間、当町において入札に参加した経歴について、質問いたします。



○議長(珠久六夫君) 梅谷助役。



◎助役(梅谷威君) 先ほどもちょっと長井議員の答弁のときに申し上げましたけれども、実績高につきましては、当方で調べた経緯がございます。これはいずれも管内での実績というのは、こういう会社にはほとんどございません。その会社が指名願を前回に出した段階で、その帳票、その出した書類の中からそれぞれやっております。どこが幾らあるかというのは、ここに手元にあるんですけれども、例えば真柄建設はこれは真柄建設の九州支社では、15年度の実績が583億5,800万というふうになってます。それからほかにもちょっと名前を全部覚えてないんですが、今質問された会社が以下、ずっと一覧表で15年度に申請したときの実績表は検討させていただきました。



◆議員(三原茂君) 質問の趣旨がわかってないみたいだが。苅田町内で真柄建設が工事を施工した実績があるかが1点と、2点目に関しましては、先ほど申した5社が指名入札に過去3年間、何回参加したかというのをお聞きしたので。



○議長(珠久六夫君) 作本課長。



◎財政課長(作本和男君) 突然の質問でありまして、調査いたしておりませんけれども、真柄建設が過去に受注したという実績はないように考えます。

 それから5社につきまして、ちょっと名前をちょっともう一度お教えいただけますか。



○議長(珠久六夫君) 三原君。



◆議員(三原茂君) 真柄建設、勝村建設、矢作建設、大豊建設、徳倉建設、以上5社です。



◎財政課長(作本和男君) いずれも初めて聞く名前でございまして、資料を持ち合わせておりませんので、お答えのしようがございませんが、後ほど調べてお答えいたしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 三原君。



◆議員(三原茂君) 先ほど長井議員の質問の中にもありましたように、助役の答弁で、緊急性があるというふうに聞きましたので、その中で工事実績のない真柄建設が落札したというのは、私は本当に安全な工事ができるのかどうかと、私は疑問を持ってますし、先ほど言った5社に対しても、財政課長、過去の入札、経歴が説明できない状況なので、そういった中で、ゼネコンを指名する際の、一番危惧しているのは、透明性がはっきり見えてこない。そこらあたりは私は、この前城南団地の設計のときにも質問しましたけど、そこらあたりを明確にしてもらわないと、なかなか議会として、はいそうですかというわけにはいきませんので、今後そこらあたりを気をつけて、指名入札にかかわっていただきたいと強く要望いたしておきます。



○議長(珠久六夫君) ほかに質問ございませんか。11番。



◆議員(梶原弘子君) 質問ではありません。今三原議員が財政課長に質問したときに、多分そうだと思うというような答えが返ってきました。私に対しても室内図など見せていただきたいと言ったら、よかったら見せるよというふうに、配りますというふうに明確な答えが返ってきてないんです。きょう1日での採決ですので、休憩するなり何なりして、それを出していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(珠久六夫君) 資料の提出等については、必要であれぱ出すということになっておりましたので、今のに対して、何かある。



◎施設建設課長(藤澤信三君) 住宅の関係。



○議長(珠久六夫君) 藤澤課長。



◎施設建設課長(藤澤信三君) では、後ほど配置図につきましては、御配付いたします。



◆議員(梶原弘子君) 採決の前ですね。



◎施設建設課長(藤澤信三君) はい。



○議長(珠久六夫君) では、後ほど出すということで。ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) ないようでしたら、次に進みます。

 議案第50号工事請負契約の締結について(城南団地建替工事(電気設備工事))を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 議案第51号工事請負契約の締結について(城南団地建替工事(機械設備工事))を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 議案第52号工事請負契約の締結について(苅田町立苅田小学校屋内運動場改築工事)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 議案第53号財産の処分について(苅田臨空産業団地)を議題として質疑を行います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第5.議案の付託



○議長(珠久六夫君) お諮りをいたします。議案質疑が終了いたしました。議案9件については、印刷御配付のとおり、それぞれの委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 御異議がないので、さよう決定いたします。

 委員会開催のため、暫時休憩をいたします。

午前10時35分休憩

                              

午前11時02分再開



○議長(珠久六夫君) それでは、会議を続けます。

────────────・────・────────────



△日程第6.総務常任委員長報告



○議長(珠久六夫君) 本会議で総務常任委員会に付託して審議を続けておりました議案第47号の審査が終了した旨報告があっておりますので、審査の経過と結果の報告を求めます。三原総務常任委員長。



◎総務常任委員長(三原茂君) 〔登壇〕ただいまより本臨時会において総務常任委員会に付託されました議案第47号についての審査が終了いたしましたので、その審査の経過と結果について報告します。

 議案第47号専決処分について(苅田町税条例の一部を改正する条例の制定について)です。本議案は、地方税法等の一部を改正する法律が施行されることに伴い、条例の一部を改正する必要が生じたため、専決処分を行ったものです。

 本議案について、審査をいたしましたが、1点の質問がなされた後に、引き続き採決を行った結果、議案第47号専決処分について(苅田町税条例の一部を改正する条例の制定について)は、賛成多数にて承認されました。

 以上をもちまして、総務常任委員会に付託されました議案の報告とさせていただきます。



○議長(珠久六夫君) 委員長の報告が終わりました。

 ただいま報告のとおり、いずれも原案に賛成であります。

 これより委員長に対する質疑を行います。委員長に対する質疑があれば、議案番号をお知らせ願います。質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 これより討論を行います。議案第47号に対する討論の向きがあれば、賛成、反対の旨お知らせ願います。11番、梶原君。



◎議員(梶原弘子君) 反対の討論をいたします。



○議長(珠久六夫君) ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) それでは、11番、梶原君、反対討論をお願いします。 



◎議員(梶原弘子君) 専決問題で決まったとはいえ、これは国民いじめの政策だと思います。この法律に1,000人の人が苅田町では該当するというふうに聞いております。例えばこれに対して、国は米軍施設にこの27年間、思いやり予算として2兆円を出していることがわかっております。そもそもこの思いやり予算というのは、1978年度に米軍基地の日本人従業員の労務費を負担したのが始まりです。79年度以降、施設建設費、水光熱費、訓練移転費と対象を拡大、2005年度予算では2,378億円となっております。基地提供を除き、在日米軍の維持経費は米側がすべて負担するとした日米地位協定にも違反するものです。このように、地方議会といえども、町民を守る立場で、厳しくとらえる必要があるということを発言いたしまして、反対といたします。



○議長(珠久六夫君) 以上で討論を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第7.産業建設常任委員長報告



○議長(珠久六夫君) 次に、本会議で産業建設常任委員会に付託して審査を続けておりました議案第45号外5件の審査が終了した旨報告があっておりますので、審査の経過と結果の報告を求めます。武内産業建設常任委員長。



◎産業建設常任委員長(武内幸次郎君) 〔登壇〕先ほど上程をされ、産業建設常任委員会に付託をされました議案6件の審査が終了いたしましたので、その経過と結果につきまして御報告を申し上げます。

 議案第45号、48号は専決処分についてであります。まず議案第45号平成16年度苅田町一般会計補正予算(第9号)であります。本案は平成15年度の繰越事業長畑松山線の家屋移転の補償交渉の難航により、事業費返還のため、地方債借入可能額が減少されたための不足分の予算措置を行ったものであります。

 本案につきましての質問といたしましては、この補償交渉難航により工期に影響は出たのかという問いに対しまして、この件では工期に影響は出てないが、財政的な問題で完成がずれこみ、平成20年の完成になるということでございます。ほか質問はなく、本案につきましては、全会一致、承認をされました。

 次に、議案第48号損害賠償の額の決定についてであります。本案は与原の町道1106号線において、路線のくぼみ部分により通行車両3台のタイヤホイールに損傷を与えたため、損害賠償の示談締結を図るための措置であります。

 本案につきましては、意見、質問もなく、全会一致で承認をされました。

 次に、議案第49号、50号、51号はいずれも城南団地建てかえに伴います工事請負契約の締結であります。まず議案第49号、本案は城南団地建てかえに伴う建築主体工事の請負契約金額7億2,975万円で真柄建設株式会社九州支店と請負契約の締結をいたすものであります。

 本案につきましての主な質問といたしまして、工事に手抜き工事等がないような、支障を来さないように指導してもらいたいとの問いに、監理監督については、業者に依頼をすると。そのようなことのないように十分指導していくとの答弁がなされておるところであります。

 本案につきましても、本案は全会一致、賛成可決であります。

 次に、議案第50号、本案は城南団地建てかえ工事に伴います電気設備工事を請負契約金額7,822万5,000円で角杉電業株式会社と請負契約の締結をいたすものであります。

 本案につきましては、意見、質問はなく、全会一致、賛成可決であります。

 次に、議案第51号、本案は城南団地建てかえに伴います機械設備工事の請負契約を、請負契約金額1億3,965万円で、川本工業株式会社九州支店と請負契約の締結をいたすものであります。

 本案につきましての質問といたしましては、当然浄化槽を設置するであろうが、何人槽の浄化槽なのかという問いに、225人槽で対応するとの答弁がなされたほか、意見、質問はなく、全会一致、賛成可決であります。

 次に、議案第53号財産の処分について(苅田臨空産業団地)、本案は、苅田臨空産業団地の一部造成完了に伴う分譲を開始するに当たり、全員協議会等でも御説明がなされましたけれども、現行条例では、財産の取得または処分につきましては、1件5,000平米以上につきましては、議会の議決に付さなければということでございますが、そのたびに議会の承認を得るということでは、企業誘致活動に支障を来すということで、苅田臨空団地の一部でありますB、C、D、F街区、18万227平米の財産処分について、一括して承認を受けるものであります。

 本案につきましては、意見、質問はなく、全会一致、賛成可決であります。

 当委員会に付託をされました議案6件の経過と結果の説明報告とさせていただきます。



○議長(珠久六夫君) 委員長の報告が終わりました。

 ただいま報告のとおり、いずれも原案に賛成であります。

 これより委員長に対する質疑を行います。委員長に対する質疑があれば、議案番号をお知らせ願います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 これより討論を行います。議案第45号外5件に対する討論の向きがあれば、議案番号、賛成、反対の旨お知らせ願います。11番、梶原君。



◎議員(梶原弘子君) 49号、50、51号の城南団地建てかえ工事について、指摘をいたしまして、賛成をさせていただきます。



○議長(珠久六夫君) ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) それでは、梶原議員、49号〜51号の賛成討論、お願いします。 



◎議員(梶原弘子君) 今住んでいる人たちに対しての今後の家賃のあり方や減免も含んだ話し合いなど、慎重にしていただきたい。このことを指摘いたしまして、この件については賛成をいたします。



○議長(珠久六夫君) 以上で討論を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第8.厚生文教常任委員長報告



○議長(珠久六夫君) 次に、本会議で厚生文教常任委員会に付託して審査を続けておりました議案第46号外1件の審査が終了した旨報告があっておりますので、審査の経過と結果の報告を求めます。川上厚生文教常任委員長。



◎厚生文教常任委員長(川上公美子君) 〔登壇〕厚生文教常任委員の川上でございます。ただいまより厚生文教常任委員会に付託されました議案2件について、審査の経過と結果を報告いたします。

 最初に議案第46号専決処分について(平成16年度苅田町介護保険特別会計補正予算(第4号))についてです。

 本議案は、介護保険事業に伴う財政安定化基金よりの貸付金を県からの指摘を受けて、県支出金から町債に組み替えるため、新たに補正予算を編成して、予算の組み替えを平成17年3月24日付で専決処分したものです。

 これにつきまして、いつごろ県から指摘があったのかの質問に対して、3月の初めという答弁の後に、採決をいたしました。議案第46号専決処分についての、平成16年度苅田町介護保険特別会計補正予算(第4号)については、全会一致で承認をされました。

 次に、議案第52号工事請負契約の締結について(苅田町立苅田小学校屋内運動場改築工事)、本議案は苅田町立苅田小学校屋内運動場改築工事を施行するに当たり、指名競争入札により仮契約金額3億2,497万5,000円で、前田建設工業株式会社九州支店を工事請負人と定めるものです。

 これについては、耐震性は大丈夫なのかの質問に対し、法律に基づいた城南団地と同じぐらいであるとの答弁がありました。

 建設中の児童の安全、体育館のバリアフリーについて、大きな手直しがないようにという要望がありまして、採決の結果、議案第52号工事請負契約の締結について(苅田町立苅田小学校屋内運動場改築工事)につきましては、全会一致で賛成可決されました。

 以上をもって報告を終わりにさせていただきます。



○議長(珠久六夫君) 委員長の報告が終わりました。

 ただいま報告のとおり、いずれも原案に賛成であります。

 これより委員長に対する質疑を行います。委員長に対する質疑があれば、議案番号をお知らせ願います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 質疑がないので、質疑を終わります。

 これより討論を行います。議案第46号外1件に対する討論の向きがあれば、議案番号、賛成、反対の旨お知らせ願います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 討論の向きがないので、討論を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第9.採決



○議長(珠久六夫君) これより採決を行います。

 採決は議案題名を省略し、議案番号のみで行います。

 まず、議案第45号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。全会一致と認めます。よって、本案は原案のとおり承認されました。

 議案第46号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。全会一致と認めます。よって、本案は原案のとおり承認されました。

 議案第47号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。賛成多数と認めます。よって、本案は原案のとおり承認されました。

 議案第48号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。全会一致と認めます。よって、本案は原案のとおり承認されました。

 議案第49号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。賛成多数と認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第50号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。全会一致と認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第51号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。全会一致と認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第52号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。全会一致と認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第53号を問題に供します。原案に賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(珠久六夫君) 御着席ください。全会一致と認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



○議長(珠久六夫君) 以上を持ちまして、本日の会議を終わります。

 これをもちまして、平成17年第2回苅田町議会臨時会を閉会いたします。お疲れさまでした。

午前11時19分閉会

──────────────────────────────



 



 この会議録の内容については、相違ないことを証明するためここに署名する。


              議  長

              署名議員

              署名議員