議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 苅田町

平成 17年 3月定例会(第1回) 03月08日−03号




平成 17年 3月定例会(第1回) − 03月08日−03号







平成 17年 3月定例会(第1回)


───────────────────────────────────────────
平成17年 第1回 (定例)苅田町議会会議録(第9日)
                             平成17年3月8日(火曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第3号)
                         平成17年3月8日 午前10時04分開議
 日程第1 一般質問
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 一般質問
──────────────────────────────
出席議員(18名)
1番 小山 信美君        2番 常廣 直行君
3番 白石 壽幸君        4番 冨安 正直君
5番 三原  茂君        6番 林  繁実君
7番 井上  修君        8番 武内幸次郎君
9番 作本 文男君        10番 坂本東二郎君
11番 梶原 弘子君        12番 川上公美子君
13番 長井 孝篤君        14番 野本 正樹君
15番 松蔭日出美君        16番 沖永 春生君
17番 光永 信雄君        18番 珠久 六夫君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
       事務局長           守 中 鎮 人 君
       書記             金 丸 典 光 君
       書記             片 山 巧 君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
       町長             伊 塚 工 君
       助役             梅 谷 威 君
       収入役            上 野 義 廣 君
       教育長            有 松 邦 雄 君
       消防長            中 園 史 郎 君
       町長公室長          後 藤 雅 博 君
       総務部長           花 房 幸 司 君
       民生部長           井 関 寛 之 君
       産業建設部長         各 務 強 志 君
       教育次長           増 田 英 治 君
       総務課長           北 原 正 一 君
       財政課長           作 本 和 男 君
       総合政策課長         伊 塚 弘 君
       健康福祉課長         白 石 正 弘 君
       都市整備課長         星 野 峰 敏 君
       水道局長           上 川 哲 司 君
       生涯学習課長         森 本 建 治 君
       空港・企業立地推進室長    堺 博 志 君
       環境保全課長         遠 藤 哲 也 君


──────────────────────────────

午前10時04分開議



○議長(珠久六夫君) 皆さん、おはようございます。ただいまより本日の会議を開会いたします。

────────────・────・────────────



△日程第1.一般質問



○議長(珠久六夫君) 日程に従いまして、これより一般質問を行います。

 質問の順位は、印刷御配付の順位により行います。

 2番、常廣直行君。



◆議員(常廣直行君) 〔登壇〕おはようございます。2番議員、第2ニューフォーラムの常廣でございます。

 さて、まず初めに、今回の一般質問につきましては、今直面している問題、課題とあわせまして、昨年3月、9月の一般質問の回答を振り返りながら、行政のそれぞれの事業の進捗状況や方向性を確認していきたいと思っております。

 今現在、周辺市町村が合併による新しい町づくりに試行錯誤している中にありまして、苅田町はその豊富な財源を背景に、当面単独の態度を明確にして、将来へ向けての町づくりに全力を傾注しております。これは、見方を変えますと、合併による町づくり以上に大きな変化を伴う新しい町づくりに直面しているなと言えます。

 今回の町政報告で町長も述べられておられましたように、平成18年3月開港予定の新北九州空港や東九州自動車道などのアクセス道路整備を機に、京築地方の玄関口としての町づくりが急がれます。新空港開港に合わせるべく臨空産業団地の整備やJR苅田駅周辺整備事業を初め、この細くて長い苅田町の地図を書きかえるような新たな町づくり事業を進めている時期だと思います。

 私は、昨年3月の議会及び9月の議会の一般質問を通じまして、苅田町の将来のあるべき姿を描くことの重要性を提言してまいりました。そして、ことしは、新空港開港時期に照準を合わせる町づくりの正念場の年でございます。この新しい町づくりには、何よりもまず新しいコンセプトを持つことが重要だと思っております。

 さらに、トヨタ九州進出が決定し、来年1月稼働へ向け急ピッチに建設工事が進められております。ほんの半年前とは大変大きく状況が変わってしまいました。トヨタ進出によって、当初の町づくり計画がどのように変化してきたのでしょうか。少し前まではなかなか思うように進まなかった企業誘致活動も、現状は今どのように変化したのでしょうか。

 また、苅田町は、振興住宅地と言われた団地が幾つもありました。しかし、最近では、地元の若者の雇用機会が少ないこともあり、一世代団地となってしまった地域の高齢化が目立ちます。苅田町の若返りのためにも雇用の拡大が急務であります。今現在、企業誘致が有利に展開される中、雇用拡大にも大きなチャンスの時期でもあると思います。

 次に、苅田駅周辺再開発につきましても、新北九州空港開港をあと1年に控えまして、苅田駅周辺を眺めてみますと、開発計画は本当に間に合うのだろうかと素直に不安を感じることもあります。

 また、旧国鉄時代の、どこへ行っても同じ駅舎ではなく、苅田駅ならではの苅田らしさが感じられる駅建設を望んでおりますが、苅田らしさが感じられる駅にするための工夫やこの駅前周辺開発を地域振興の起爆剤にするためにも、地元商店街、地元企業などとの共生も大変重要になってくるものだと思います。

 次に、バランスのとれた町づくりについて昨年の3月議会で一般質問をいたしました。強く要望されながらもおくれている事業といたしまして、小波瀬西工大前駅の移転と公共下水道の促進を取り上げました。苅田町で活動する企業から大きな税収でおくれている事業を加速してほしい、長年の懸案事項となっていたものをこの時期に実現する大きなチャンスの時期ではないかと提言をいたしました。そして、現在、企業からの税収は確実に増加をしておりますし、今議会でも町長報告の中で、町長は、「バランスのとれた発展を目指した施策を」、また「あらゆる面でバランスのよくとれた町とすべく」、このような表現を使っておられます。

 こうして、新北九州空港や東九州自動車道の整備、さらにはトヨタ九州進出を含め、苅田中部から北部にかけて短期間で大きな再開発が進む中、ややもするとそちらばかりに目がとらわれがちでございます。この狭い、南北に長い苅田町の地域によって、社会基盤の整備をバランスよく進めていかなければならないと思っております。

 次に、コミュニティーバス運行についてでございますが、町民の要望は大変強く、できるだけ早い運行が期待されます。しかしながら、現状では計画遂行の速度は遅く、当初町長の希望でありました17年1月の運行予定が大幅におくれてしまっております。昨年9月の議会で一般質問に取り上げました。回答では、平成17年4月の実施運行に合わせたいという答弁をいただきましたが、現時点では実際の運行は10月になる見通しだと聞きます。進捗状況やおくれている要因などを整理し、早期運行へつなげたいと考えます。

 次に、行政改革、組織変更のねらいについてでありますが、昨年9月の議会でも人材を育て、適材適所で最大の効果を発揮する、そんな組織の構築を目指していくことが重要であると提言をいたしました。今後地方分権が進むと、地方行政も国の補助や指導を待つだけでなく自分たちで運営していかなければならなくなります。そのためには機能的な組織づくりを急がなければなりません。今回のように新しいニーズが生まれたり、現状の組織がうまく機能しなくなったときの組織変更も、組織改革を意識して進めることが重要だと思います。共同体化した行政組織を機能的組織へ変革していくことが、これからの地方行政にとって大変大きな課題だと思っております。

 ここで、行政の組織改革についての執行部の見解を求めながら、今回の組織変更のねらいを整理していきたいと思います。さらには、最大の力が発揮できる機能組織に改革するには、職員のモチベーションを向上させることが必要だし、人材育成が重要だと思います。人材育成の最大の効果的な施策は人事評価です。能力主義や結果主義を重視することはもう既に世間の常識でございます。現在の昇給試験制度のあり方に疑問を持つ職員も多い中、その課題と改善案を確認していきたいと思います。

 次に、地域コミュニティー活性化支援事業につきましては、昨年の4月からスタートした事業で、昨年3月の議会の一般質問で取り上げました。そして、9月議会でも、実施後の進捗状況や問題点、その対策などを取り上げてきました。苅田町が目指す町づくりシステムの大変大きな柱と位置づけているこの事業も、スタートから既に1年が経過をしております。地域においても多くの課題を抱えて行き詰まっている様子がうかがえます。今の現状と今後の方向性を確認していきたいと思います。そしてさらには、ことし4月から苅田町手づくりの町事業がスタートをいたします。この二つの事業の関連などを確認していきたいと思います。

 最後に、公共施設の維持管理についてでございますが、苅田町はある時期幾つもの公共施設を建設をいたしました。以後、大きな施設の建設は控えまして、財政の健全化へ努力されたと聞いております。

 しかし、一たん建設をした公共施設は年々多額の維持管理費が必要となってまいります。今後大きな負担になってくる維持管理費の削減をどう進めるのか、施設の見直しや計画的補修も重要になってまいります。

 さらには、苅田町の施設、公民館や公共グラウンドが非常に利用しづらいという声を最近町民の方から聞きます。せっかく立派な公共施設を幾つも持ちながら、それが町民が楽しめる、使いやすい仕組みになっていないということも大きな問題です。公共施設の維持と活用について、質問を通して改善につなげる提案としたいと思います。

 以上が私が準備をいたしましたテーマでございます。詳しくは質問席から伺います。簡潔明瞭なわかりやすい答弁をお願いいたしまして、壇上からの質問といたします。御静聴どうもありがとうございました。



○議長(珠久六夫君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 〔登壇〕ただいまの常廣議員の壇上からの御質問と、あらかじめ通告いただいておりました質問要旨に従って、壇上から答弁申し上げます。

 まず、1番目の町づくりビジョンについてでございます。お話のように、苅田町の町づくりという点におきましては、現在、本当に重要な時期に差しかかっていると思います。それに向けて、町づくりに向けて、この重要な時期、私ども職員一同、議員の皆様方とも協力さしていただきながら、この重要な時期をぜひ、将来の発展につながる町にしていくように頑張ってまいりたいと思っております。

 どういう町にするかということにつきましては、その基本は、何といっても苅田町の総合計画でございます。現在は第3次の苅田町総合計画を実行している段階でございますけれども、これは、平成13年から平成22年までの10年間の町づくりの方向を示した、いわば町づくりのバイブルというものでございます。

 その総合計画の基本目標というものがございますが、基本方針とか基本計画とかいろいろありますけど、まずその基本目標では3つほど上げております。住民参画の町づくり、それから2番目に、個性を生かした交流連携の町づくり、3番目に、自然との共存で環境に配慮した町づくり、こうした基本目標をこの総合計画の町づくりの大きな目標としてるわけでございます。

 その中で基本計画というものがございます。これは、10年間を2つに分けまして、前期基本計画と後期基本計画。その前期基本計画がこの平成17年度で終わります。平成18年度から平成23年にかけての5年間、後期基本計画を作成し、それに従っての町づくりを行っていくということになってまいります。ことし1年間かけまして、この後期基本計画を作成いたします。その中で、町政報告等で、私どもが苅田町のねらっております町づくりの方向、つまり自立した町民が住みやすさを真に実感できる町づくりに向けて、いろんな具体的な施策をこの基本計画の中に、後期基本計画の中に折り込んでまいりたいとこう考えております。

 次に、町の状況が大きく変化している。特に去年の暮れからことしにかけて、トヨタ自動車のエンジン工場が進出してきた。それに従って町づくりという面においても大きく変化しているんじゃないだろうかという御質問でございます。全くそのとおりでございまして、今回のトヨタ自動車の進出は苅田町というものを全国的にPRするという面で大変大きな影響と、そしてその効果があらわれつつあります。

 もともとお話のように、新北九州空港が来年3月に開港をする。それに伴いまして東九州自動車道などのアクセス道路があわせて整備されるという、これも全国的に見て陸・海・空の交通基盤がこの1年ぐらいでそろっていくという大変貴重な基盤整備なんですが、それに加えて、あらたにトヨタ自動車の進出という、企業進出に興味を持っている企業に対して非常に影響のある出来事がございました。私どもはこの絶好の機会、二つの大きな機会を活用いたしまして、企業誘致あるいは町の整備、この際積極的にやってまいるつもりでございます。

 その中の一つに駅周辺の整備というものがございます。苅田町におきましては駅の西側、山側の開発がおくれておりました。それで、今回、苅田、JR苅田駅を橋上化、つまり2階駅舎にいたしまして、東側から西側へ、西側から東側へ歩行あるいは自転車で行けるような形をとりたいと思っております。駅の橋上化、それと西口広場の整備、東口広場の整備、さらには空港開港を期に苅田町にたくさんの人が来ていただけるような集客設備という観点から、井場川の埋立地跡の整備、こうしたものを行ってまいります。大変大きな事業であり予算も大変かかる事業でございます。また、補助事業を取り入れて行ってまいりますので、すべてが空港開港に間に合わせるという形にはなりませんけれども、少なくともJR苅田駅の橋上化、あるいは東口駅広場の整備、こうしたものは当然のことながら空港開港に間に合わせる形でやってまいります。

 その中で、地元企業の利便性あるいは地元商店街の活性化につながるようにというお話でございました。当然そのように図ってまいります。広場におきましては企業のバスが当然入れるようにいたしますし、また、商店街の活性化につきましては、井場川の集客施設をつくる際に、商店街との回遊性というものを十分に配慮してやってまいりたいと思っております。

 それから、4番目に、バランスのとれた町づくりということについて、北九州側と申しますか北側の発展のみならず、南側あるいは西側──白川地区ですね。このあたりの発展もと、当然でございます。

 まず、産業面からいきましてもやはりバランスのとれた発展を図っていかなければならないと考えております。工業につきましては、恐らく今以上に発展してまいるだろうと思っておりますが、そのほかの産業、農業、漁業あるいは商業、こうした面もバランスよく、苅田町に合った形で発展をするような施策をとってまいります。そのほか環境とか福祉、教育、文化、そうした面も町民の皆様が本当に苅田町に住んで住みよいなと感じるようなバランスのとれた施策をとってまいります。

 また、白川地区につきましても、いろんな施策を現在検討しておりまして発展させるようにしてまいりますし、小波瀬駅につきましては、常々常廣議員がおしゃっておられますが、JR苅田駅の整備が終わった後、必ずやってまいりたいと考えております。

 それから、おくれておりますコミュニティーバスでございます。私も大変歯がゆい思いをしているわけですが、ルートの決定とかいろんなことで手間取りました。それで、現在は、先ほど10月末というようなお話もありましたけども、もう絶対それじゃあだめだと。町民の皆様が本当にこれは望んでおる事業でございます。いろんなことで町民とお話する際にコミュニティーバス的なものを早く欲しいという声を、私たびたびいろんな方からお聞きいたします。きのうも打ち合わせをいたしまして、何としても7月からの実証運行開口、これはするようにと強く言っておきましたし、私自身もフォローしていきたいと思っております。

 それから、人材育成についてでございます。一つは組織変更でございますが、これは当然のことでおっしゃるとおりでございまして、情勢の変化に従った組織の変更というものは必ずやっていかなければならないと思っております。行政改革第1次、第2次とやってまいりましたけども、その中でも組織の変更というものは常に一つの項目としてやってまいりました。社会情勢がどんどん変わっていく、役場に対するニーズがどんどん変わっていく、特に現在は地方分権ということを実現していく時代となりました。それに合わせた組織の変更をやっていかなければならないと思っております。

 今回幾つかやってまいりますが、一つはたびたび御指摘いただいておりますように危機管理、あるいは防災体制の整備充実というものがございます。この点につきまして、役場の方の総務課の交通安全係、これを暮らし安全係というぐあいに変えます。また、消防本部でももちろん防災活動やってるわけですけども、この役場のものと消防本部のものとをしっかりと連携させて防災体制を整備していきたいと思っております。

 2つ目は、少子高齢化時代をにらんだ福祉の充実でございます。健康福祉課に介護保険室を設けることといたします。

 さらに、少子化対策といたしまして、同じく健康福祉課に子供係というものを新設いたしまして、総合的な少子化対策の実施に向けて、この子供係を中心に実行していくということにいたします。

 それから、3つ目は教育改革に関連いたしますけれども、小学校、中学校の教育改革を推進するために、学校教育課に指導係というものを新しく設置いたしまして遂行していくつもりでございます。

 あと、人材育成についてお話しのように、人事評価制度あるいは昇進試験制度、こうしたものをやっております。それぞれ問題点があります。不備があります。昇任試験制度につきましては採点の仕方、特に上司による、所属長による勤務態度の判断というものがありますが、上司によってはまちまちであると、判断の基準がまちまちであるというような問題もございます。

 また、受験してほしい方になかなか受験してもらえないという問題もあります。そうしたことを、これまで2年間やってまいりました経験を踏まえて、しっかりした昇進試験制度を確立していきたいと思っております。

 それから、人事評価制度、これも大変重要でございます。成果主義、能率主義、時代おくれになりつつあるというお話でしたけども、公務員においてもしかりでございまして、成果主義、能率主義にだんだん移行しております。それに乗りおくれないような人事施策をとってまいりたいと思っております。

 それから、地域コミュニティー活性化事業についてお尋ねいただきました。地方の時代における町民参画の町づくりの形をつくるという中で、この地域コミュニティー活性化事業いうものをつくりまして進めているわけでございますが、1年経過いたしましたけれども、私どもが当初期待したような成果が上がってないというのも事実でございます。少し焦ってきておりますけれども、区長連合会ともいろんな話をさせていただきながら進めているんですが、なかなかうまくいかないのは小学校校区単位という形で地域を設定いたしておりました。小学校校区単位といっても範囲が非常に広いということ、あるいはその小学校校区によって当然事情が違うということ、したがって、一律に進められないということが大きな問題点としてあります。

 しかし、この地域コミュニティー活性化事業というのは、地方分権時代の町づくり、町民参画の町づくり、是が非でも成功させたい事業でございまして、現在白川小学校校区におきまして、私どもが考えております方向でコミュニティーづくりをしようという動きが出てまいりました。当初からあの地域がモデル地域になるんじゃないかと予測しておりましたけれども、そうした動きが出てまいりました。ぜひバックアップして成功させて、苅田町における地域コミュニティー活性化事業のモデルにしていきたいとこう考えております。

 最後に、公共施設の維持管理とその利用のしづらさという点でございます。御指摘のように、苅田町たくさんの公共施設を持っております。町民の皆様が利用していただけるような施設について、この多くの施設を多くの役場の部、課が管理しております。産業建設部施設建設課におきまして、いわゆる例えば大熊公園とか向山公園とかですね。それから、教育委員会の生涯学習課、これはたくさん持っております。図書館、公民館、プール等々たくさん持っております。それから、民生部健康福祉課においても総合福祉会館とかパンジープラザとかこうしたものも持っております。あるいは総務部総務課でこの庁舎を管理している。多くの役場の公共施設を多くの部・課が管理しているというのが現状でございまして、ここに維持管理の難しさがあります。一元的な管理ができないという問題がございます。それぞれ人的にも多くの人が要りますし専門家も要ります。

 そこで、当初、数年前は管理公社的なものを検討いたしましたけれども、現在は、御承知のように指定管理者制度という、NPOとか民間団体でもこうした公共施設の管理ができるという制度ができてまいりました。このあたりを活用する形で何とか一元的な管理を考えてまいりたいと思って、これから検討してまいるところでございます。

 それから、利用しづらさという面いろいろ御指摘をいただきます。早く窓口を一本化して、インターネット等で利用状況が確認でき、間違いなく申し込みができるという形をとるようにこれも検討してまいりたいと思っております。

 以上、壇上から答弁申し上げました。あとは一般質問者席からの具体的な御質問にお答えしてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) 壇上からの答弁どうもありがとうございました。私が準備いたしました質問席からの質問につきましても、壇上答弁と重複しないように気をつけてはまいりますけど、具体的なものから伺って気をつけていきたいと思います。よろしくお願いをいたします。

 まず、壇上からの答弁でいただきました総合計画、第3次の話をされておりましたけど、先ほど申しましたように非常に状況も刻々と変わってきてますし、大きく変わってきてますんで、この計画もかなり基本的な話が多くて具体的なものが少ないと思っております。だから、状況が大きく変化してきた中で、少し見直したり、具体的なコンセプトをつくって臨んだりということが必要になってくると思うんですけど、その辺のなんか動きはございますか。



○議長(珠久六夫君) 後藤公室長。



◎町長公室長(後藤雅博君) お答えをいたします。

 先ほど町長が申し上げましたように、かなり時代の変革等ありまして、後期基本計画、18年度から23年までの計画につきましては町づくりのコンセプトしっかり見つけていきたいというふうに思ってます。まだその具体的な作業につきましては、17年度1年間かけて取り組んでいきたいというふうに考えております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) ありがとうございました。じゃあせっかくの夢のある話なんで、もう一つ具体的なやつで今度質問さしていただきますけど、これは去年の3月の議会の中で町長がお答えいただいた話なんですが、ぜひ観光開発もやっていきたいと思ってるという話もされておりました。まだこの時点で具体的なものは示されておりませんけど、空港開港までに、その期間までにぜひ力を入れていきたいと言われておりましたけど、非常に夢のある話だなと思って聞いておりましたが、空港開港間近になってまいりましたけど、何か動きがありましたらお聞かせ願いたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 観光開発っていうもの、バランスのとれた町づくりの中でも非常に重要な部分でございます。現在、観光ビジョンというものを産業建設部の都市整備課の方でつくっております。この環境ビジョンというものを──失礼。観光ビジョンですね。観光ビジョンを基本としながら、ぜひ苅田町における観光開発を行っていきたいと思います。

 先日も町内の歴史愛好家の方が来て訴えておられましたけれども、苅田町には歴史文化遺産というものが、大変貴重なものが残っている。古文書等もたくさん残っている。そうしたものを大切にし、しかも町民の皆さん、あるいは町外の皆さんに見ていただく形をぜひつくってほしいということ。それと、何といってもやっぱり苅田町は工業都市でございます。日産自動車さんにおかれましても、年間3万人とか4万人の方が工場見学をされるというような実態だと聞いております。産業の町という形においての産業観光というものもぜひ考えなければならないと。



 それから、等覚寺、白川地区等覚寺を中心とする自然に親しむ観光ですね。特に特産品をこれから開発していこうとしておりますけれども、そうしたものも加えた自然の観光、青龍窟とか広谷湿原とか平尾台とかございますけれども、そうしたものもまた観光資源であろうかと思っております。こうした観光開発について、ぜひ具体的に実現させていきたいと思っております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) 私も大変夢のある話で、非常にこういう話をすると楽しくなってくるんですけど、小さな例で門司のレトロのような町も、一つのテーマを持った町として高く評価をしておりますけど、ぜひ苅田町も効率だけではなくて歴史とか文化、そういうものを考える町づくりで、ちょっと価値観を高めるような町づくりにつなげていただけたらなと思っております。

 次に、今回の町政報告の中でございましたけど、企業がもっと活発な企業活動ができるように、道路や社会基盤の整備といったハード事業にも力を入れるというふうにありましたが、具体的にはどのようなものがあるかちょっとお聞かせ願いたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) これだけの全国有数の企業が立地していただいております。町の役割として、役目として、こうした企業の皆さんがますます企業活動が活発にできるようにいろんな基盤、社会基盤整備行っていくというのが町の大きな役目であり、全体として町が発展していく道だと思います。

 よく言われますが水、安心して確保できるようにする。この点につきましては何度も御説明しておりますようにいろんな手だてを現在行っております。あるいは道路ですね、道路。苅田町、基幹道路というものは国や県、あるいは一部町も単独で整備を行っておりますが、まだまだそれぞれの企業にとりまして必要な道路というものがございます。いろいろ要望を受けます。それらについてぜひ要望をきっちりとらえて町が行うもの、あるいは県や国が行うものについては県や国に要望しながら実現していきたいと思います。

 さらに、苅田港の整備っていうのが実はございます。苅田がこうした形で工業都市として発展してきました一番大きな原因はやはり苅田港にあるわけですが、御承知のように化学爆弾というものが出てまいりまして、本来ならば既に本港は13メーター化されているはずなんですけれども、まだ化学爆弾があるがゆえに、ターミナルはできたけれどもまだそれが使えないというような状況ですね。それから、南港におきましても幅を広げるという企業活動にとって大変重要な、航路の幅を広げるという問題がございます。そうしたものも化学爆弾の整理と関係しますので、化学爆弾を整理しながら港湾の整備にもやる、努力していきたいと思います。

 このように、町ももちろんいろんなことを気を配りながらやってまいります。あるいは県にお願いする、国にお願いするというようなこともたくさんございますので、そのあたり総合的に取り組んでまいりたいと思っております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) 今の開発計画──道路やなんかも含めまして、いろんな基盤が整備されることに非常に期待を持っているわけなんですけど、大きなものが整備されるときにぜひ住民、地域住民だとか企業だとかの意見を取り入れて生かしていただきたいと思っております。例えば大きな道路をつくるにしても、信号の位置だとか標識類だとか、地元でないとわからない部分がたくさんありますんでね、ぜひ地元との連携を十分とっていただきたいと思っております。

 それから、次の項目に移りますが、あと新空港をにらんで大型プロジェクトを成功させるためということで、昨年4月から新たな部署が発足しております。市街整備係と空港企業立地推進室、これはもう1年を経過してまいりました。から、あわせまして11月8日に新産業立地プロジェクトチームが設置をされております。トヨタの進出を含めましていろんな成果とか課題があると思うんですが、まとめられていましたらお聞かせ願いたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 壇上からも申し上げましたように、空港ができ苅田町の沖に完成するということ、苅田町にとりまして大変大きなインパクトでございます。これをまずスムーズに開港に結びつけるということ、それから、この空港を町の発展に結びつけなければならないということ、それから、このせっかくの機会を企業誘致をさらに行って、財政面あるいは雇用面で町に寄与する形をとらなければいけないということで、去年の4月に新しい室を設置いたしました。

 ところが、先ほどから御指摘いただいておりますように、去年の暮れになりましてトヨタ自動車の進出というものが決まりました。基本的には先ほど言った空港ができることに関連して、企業誘致等々行っていくというのは変わりはないんですが、さらに企業誘致、それからそれに伴う町づくりですね。特にこの町づくりしっかりしないといけないという部分があります。先ほどの企業活動が活発に出来るようにするという部分も含めて、町づくり一生懸命やらなければならないという部分があります。そういうことが加わってまいりましたもんですから、急遽新産業立地プロジェクト室というものをつくりまして対応することにいたしております。あくまでも基本は空港ができる、高速道路ができる、港湾が整備される、それに伴って企業誘致を行う、町づくりを行うということですが、新たに全国的にも非常に苅田町の名前がPRされましたこの機会をも、さらに先ほど言った空港等に結びつけて拍車をかけてやるということで、新しい組織をつくってやっているところでございます。

 現在のところたくさんの企業進出の情報も来ておりますし企業誘致をしながら、むしろ私ども力を入れていかなきゃいかんと思いますのは、やっぱ町づくりの方だろうと思って気を引き締めているとこでございます。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) 具体的に何をやったかっていうのがよくわからなかったんですけど、大体トータル的にこういう、今の当面のいろんな事業をやられてると思うんですが、この部署にしろ新産業立地プロジェクトチームにしろ、今の時期だからつくった部署だと思うんですけど、これ常設されるつもりなんでしょうか。



○議長(珠久六夫君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 先ほど申し上げましたように、新しい室というものは去年の4月、これはきちんとした目的がございました。新しい空港あるいは企業誘致、港湾の整備ということですね。それから新産業立地プロジェクト室も急遽つくりましたけれども、これも急いでやらなければならないことに対応するためにやってまいりました。

 したがって、恒久的にこの組織を残すということではございません。ある程度役目を果たせば次に引き継いでいく組織だと考えております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) 私も同感です。組織っていうものを拡大しだすときりがなくなりますんで、できるだけその目的を達成したらスリム化するというふうな形が理想だと思いますんで、そういう動きを期待をしております。

 それから、次に、雇用の問題なんですが、トヨタ九州が苅田町へ工場進出決めました。麻生知事の提唱も、北部九州自動車100万台構想ですか、これもありまして、非常に今条件がいいところであります。

 福岡市とか北九州市、これ新聞情報なんですけど、非常に若者の雇用対策を強化しているようでございますが、苅田町としてのその雇用対策の雇用拡大についての取り組みをお聞かせ願いたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 一つは、苅田町にたくさんある大きな企業、中小企業ございますけれども、そうした企業に対して苅田町に住んでいる人たち、あるいは苅田町にございます西日本工業大学、苅田工業高等学校、あるいは福祉専門学校、こうしたところの卒業生を採用していただきたいというお願い、これは毎年続けておりますし、実際に配慮していただいております。これは今後とも続けていきたい。

 それから、新しく苅田町に進出してくる企業に対しては、立地協定書というものを結ぶことにしております。その中に苅田町の住民を優先的に雇用すること、採用することということを必ず入れるようにしております。現在まで──これは県が誘致したものですから県とトヨタ自動車、あるいはトヨタ通商と町との三者の協定なっておりますけれども、その中にも実際にその文言を折り込んでおります。実際にトヨタ自動車のエンジン工場につきましては、苅田町町民を優先的に採用していただける、雇用していただけるという動きになっているように感じております。

 このように、企業に対する働きかけを町が先頭に立ってやっていくというのが、今のところ苅田町における雇用対策だろうと思っております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) 仕組み的なものはないんでしょうか。町の中には。北九州は福岡市なんか仕組み的なものがあって、その中にまた若者の雇用対策を強化するような動きしてますけど、苅田町、よく話聞くと、なんか苅田町に相談に行ってもすぐハローワークに行ってくれとかそういう話になるらしいんですけど、なんか仕組み的に窓口をつくるとかそういう構想はないんでしょうか。



○議長(珠久六夫君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 今のとこありませんけれども、新産業立地プロジェクト室で承るという形を今とっております。そして話をつなぐという形をとってます。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) 雇用対策については一番条件がいいっていうか、一番大きなチャンスですので、ぜひそういうできれば仕組みをしっかりして、苅田町の若者を、苅田町に若者が定着するようにお願いをしたいと思っております。

 次に進ましていただきますけど、あとJRの苅田駅の整備のことなんですが、いろんなところで情報を仕入れながらいいものをつくっていこうという方向があるんだと思いますけど、具体的に──今の苅田駅にもいろんな問題がありまして、いろんなこと言われておりますけど、具体的に町民だとか企業だとかの意見を取り入れたという例は何かございますか。具体例があったらお聞かせ願いたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 星野課長。



◎都市整備課長(星野峰敏君) お答えします。

 この苅田駅周辺事業の関係ですね、地元説明会です。関係者。一つで言えば付近、苅田町全域の町政だよりに載せまして、こういう形をやりますと説明会も開きました。その中で約100人近い方が出席して、その中で説明いたしました。そして商店街、商店街関係を商工会議所にお願いをしまして、会議所で商店街の関係者も説明会いたしました。

 そして、今議員さんがおっしゃいました企業関係ですが、企業の今苅田6社があります。それといろんな方がおられます。その方もいろいろかたり第1回説明会をいたしました。その中でいろんな要望も出ました。だから、それに基づいてまたいろいろな形で中を調整しまして、第2回を開きまして、そこで了解をしたと思っております。その中で町長もおっしゃいました送迎用のバスですね、バスバースです。それをそういう形で大型バスが、送迎用の大型バスが2台、これも企業もありますけどいろんな形で利用した方が、そういう形で利用できるのがバスバース。

 それと、空港ににらんだ連絡バスの、乗降のバスですね、バスも設けております。それと、身体障害者の方が、即エレベーター等で利用できるような形の施設も設けております。

 以上でございます。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) その場を設定されて進められているという様子はよくわかりますが、それがまた定例化されているっちゅうことで一つの仕組みとなって機能すればいいんだと思いますが、それがこちらから説明するばっかりじゃなくて、向こうからちゃんと情報がもらえるような形の仕組みづくり、そういう場を苅田駅がちゃんと最後まで、完成するまでにそういう場をつくって、こういう場があるんだよということもちゃんとPRして意見交換ができるようになると非常にいいと思いますんで、ぜひよろしくお願いしたいと思います。

 それから、新しい駅の中でやっぱり企業の町というイメージも強いんで、ぜひ企業の紹介コーナーなんかもつくると非常に面白いんじゃないかなと思っております。まあこれは個人的な意見ですけども。

 次に進ましていただきまして、あと苅田の町内に、計画がありながら中断してしまった事業というのが非常に多いと地元の古い方からも聞いておりますし、今度は京都トンネルが昭和の合併以来50年間──今工事かかっておりますけど、50年間放置されてたという話も聞いておりますけど、今時点で計画が途中で中断されてる事業っていうのはどれぐらいあるか、把握しておられたらお聞かせ願いたいと思いますけども。



○議長(珠久六夫君) 各務部長。



◎産業建設部長(各務強志君) お答えいたします。

 これは計画と申しますか、これは昭和43年都市計画決定をいたしましていろんな計画をつくっております。それを今年次的に対応していくということで、中断しているというよりも、その計画に合わして順次進めておるという状況でございます。もちろん今度は平成18年の3月新空港が開港しますので、そのときの社会情勢のニーズに合わせた形から取り組んでおるということで、今苅田駅周辺、それから井場川、それからそういうようなそれに関連するところを重点的にやっております。

 おっしゃいます、先ほど議員さんがおっしゃいましたのは小波瀬西工大駅、これについても計画ございます。これも御承知のように、広場を区画整理で一応土地は確保しております。これも北九州側に西工大の山があって到底無理だと、移設するならそこしかない。

 しかし、それに関しましても非常にこれJRと協議してまいらないといけないわけですが、これに関してもJRはまだお金を出さないと。しかもその中で、小波瀬踏み切りはどうするんだ、線路を上げなくちゃあいけないからいろんなこれJRとの協議もかかってまいります。お金もかかってまいります。そういうような施工順序等も考えながらまず苅田駅を片づける。それから、いろいろ言えば南原のまだアンダーを抜くとか、いろんな都市計画決定した部分でまだ道路ができてない部分もございます。これを順次今取りかかっておるとこで、中断したという、ちょっと私そういう解釈持ってないんですが、よろしくお願いいたします。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) 中断してるんじゃないかなと思われる一つの例は、苅田タクシーからまた真っすぐ伸びた道路があるやないですか。あれがJRにぶち当たってなんか変なんですよね。見ててもね。ぶち当たってそのまんまでとまってのかなあて、そういうところもあったんですけど、それはいいといたしまして、小波瀬西工大前のちょっとそっちの方に重点を移したいと思いますけど、この問題につきましては今回私と白石議員と二人で一般質問に取り上げるということで、大変重要なテーマだと思っております。

 今お話があったように、これ中断でなくて計画どおりやってるんだよという話がされておりますけど、去年の3月取り上げたときも非常にこれは皆さんの要望が強いという話もされておりましたし、ここで財政状況を見ながらやっていきたいと思っているという答弁もいただいております。17年度の財政状況といいますのは比較的っていうか、今までにないような財政状況だと思う。決して悪いと思えないんですけど、これはぜひ、言われたように西工大の移転をぜひ早急にやっていただきたい。

 今計画があるとおっしゃっておられましたが、これ具体的な計画をつくっていただいて示していただきたい。具体的な計画っていうのは、いつどこまでにどんな形にするだとか、もう具体的なもんですよね。そういうものを示していただかないと、どうしても我々としても理解できないところがありますんでね、ぜひその辺もお願いしたい。今ありましたらちょっとお聞かせ願いたいんですけど。



○議長(珠久六夫君) 各務部長。



◎産業建設部長(各務強志君) お答えいたします。

 今のお話の中で、まず、こういうニーズの中で苅田駅をやっていくということで、この苅田駅の整備は今現在東口、これは福岡県がやっておりますが、それから西口、自由通路、駅の橋上化、井場川、いろんなトライアングルで、商店街の活性化もあわせて考えておるわけですが、これが20年ごろ終わる予定しております。それが、これがひとつ目鼻をつけば、これも非常にお金がかかっております。当然今度は小波瀬西工大駅も、議員さんがおっしゃいますように、駅を出てすぐ広場が全くない。前に道路がこう変則で曲がってきておる。そういうところ。

 しかし、これにもそんなら、ホームを今度は行橋側に移転するとあの小波瀬踏み切りは開かずの踏み切りになってしまうと。それからJR等の考え方もいろいろあろうと思いますので、これが今どれぐらいお金がかかるのかっちゅうのはまだJRと基本協議しながらやっていかな  ちょっとわからない状況でございます。いずれにしてもかなりのお金がかかってくるということで、この苅田駅をまず目鼻をつけて、それから基本的計画を立ててかかっていくと。今の計画では20年、まあ事前にそういう協議ができれば事前にやっていくのですが、ほぼ20年ぐらいからかかっていきたいとこのように今考えております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) ほぼとか大体とか多いんですけど、計画つくらんと何事も進みませんので、もう確実に、わかりやすいっていうかちゃんといつっていうのを区切って、ちゃんと日程をつくって、それに沿っていろんな問題をつぶしていくという手段をやらないと、いつまでたっても何か「20年ごろ」だとか、「何々が終わった後」だとかいう話になりますんで、ぜひ今苅田駅を進めながらも、この計画だけは先に先行してつくれると思うんですよ。ぜひ明確な計画をつくって提示していただいて、で住民に納得していただきたいなと思っております。

 それちょっと見解よろしい  回答よろしいですか。



○議長(珠久六夫君) 各務部長。



◎産業建設部長(各務強志君) はい、わかりました。そういうふうに前向きに取り組んでいきます。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) はい。どうもありがとうございました。前向きにっち、やるっていうことですよね。

 次に、下水道問題なんですが、今回の町政報告の中で、「平成25年終了予定では全体計画の半分しか進捗しないことになり、目標年限の2倍の整備期間がかかることになる」と、そういう問題が出てきたと報告をいただきましたけど、これ達成できない原因というものはどういうものがあるかと、また達成できないでは済みませんので、その対応策は対策としてどういうものがあるのかお伺いしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 各務部長。



◎産業建設部長(各務強志君) お答えいたします。

 この苅田町のこの公共下水道、これは1,067ヘクタールで、ちょうど雨窪から猪熊までを考えております。

 これは、平成6年に都市計画決定をして行っておるわけですが、このときあくまでも25年ということで目標設定しております。これは下水道を取りかかる上について、あんまり長い工期をとると現実性がないと、また短ければまた、それもまた現実性が全くない。長くなれば社会情勢も全く変わってくるということで、おおむね20年あたりをしなさいという指針がございます。それにのっとって一応25年としておりますが、現実そのとおりいくなとかこれはどこの町村を見ても無理でございます。北九州に見てもそうです。あっこはもう大正時代からやっておりますがまだ100%に行っておりません。だから、その時点その時点で見直していくのが公共下水道だと認識しております。

 この公共下水道ももう着工しまして10年を経過するものですから、再評価の中で、大体年間それこそ30ヘクタール、最大で今整備していっとるんですが、その進捗状況を見ますとこの45年ですか、そういうふうになってまいるということでございます。もちろんこれも今三位一体改革の中で、当然これ2分の1が国の補助金事業でごさいます。だから、それがどうなっていくかによってまた微妙な変化もあり得ると。ただし、この下水道につきましては、今いろんな国の考え方も、公共下水道は国土交通省、それから集落排水は農林省、浄化槽は環境省というふうになっておりますが、今この一本化ということで国も動いております。私どもも今その、これをほんなら今のニーズ、平成6年に検討したそういう形で本当に今のニーズに合うのかということで何回も会議を開いてきてやっております。そして17年度予算にも、この近所の一本化に向けて、苅田町今が何が一番早く皆様たちに貢献できて、安くどんな方法があるのかということ、また補助事業のメニューですね、こういう面も正式に予算化して、17年度でその方向性をはっきり決めて取りかかっていきたいと、このように考えておるところです。

 以上です。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) お話の中で、計画組んでも計画そのとおりにいかない、どこもそうだと言われましたけど、なら計画を組む意味がないんやないかなっち気はせんこともないんですが、ぜひ現実的な計画をちゃんと示していただいて、その計画に沿って、できないんならできない理由がいろいろちゃんと明確になってるんですから、ちゃんとした対策を打っていただきたいなと思っております。

 それから、あと小波瀬区関連につきましては、これも3月議会でちょっとお話さしていただきましたけど、専門的なことで私もよくちゃんと理解してなかったんでしょうけど、17年度に可能と、そのように認識してよろしいんですかっていう私の質問に対して、認可がおりたら可能になりますと答弁をいただいたわけなんですけど、この認可ってやつはおりたんでしょうか。17年度につなぎ込みはできるんでしょうか。具体的にお願いします。



○議長(珠久六夫君) 各務部長。



◎産業建設部長(各務強志君) 17年度の認可はまだおりておりません。この17年度で認可がおりる手続をやってこの年度内に認可をとりたい。都合よくいけば夏までぐらいにとりたいという計画で今県、国に折衝しておるところでございます。可能性としては十分あると判断しております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) ありがとうございます。十分あるという回答いただきました。ありがとうございました。

 次に行きます。あとコミュニティーバスの運行についてでございますが、これ住民の要請も非常に強いと、先ほどの話にありましたように非常に強いものでありまして、あと町長の意向からかなりおくれて、7カ月かなおくれるようになってしまったんですが、そのおくれてしまった内容をちょっと整理して、ぜひ7月にこれつなぎたいと思うんですけど、具体的に要因、原因っていいますか、それをお聞かせ願いたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 後藤公室長。



◎町長公室長(後藤雅博君) お答えをいたします。

 おくれた原因といいますか、一つは先ほど町長からの答弁にありましたように、ボランティアで組織しておりますバス検討委員会でルート案についていろいろ協議、審議等ございました。10数回を経たということでございます。これは、コミュニティーバスという性格上、しっかりとしたやっぱり住民、地域住民の意見を聞くということで、かなりの時間をかけてルートの案を設定いたしました。これが11月に決まりました。

 それと、もう一つは、バスの選定についてです。これにつきましてはまだはっきり決まっておりませんけども、これにも若干時間を要したということで、ではありますが、何とか7月の開始に向けて頑張っていきたいというふうに思っております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) ちょっとものの進め方で、私民間出身なんで民間とちょっと比較してしまうんですけど、どうも計画の中にいろんなものが事前に検討されてないような気がして、どうも計画の組み方が民間と違うような気がしております。トップが17年1月と言ったにもかかわらず、それがちょっと拡大解釈されてしまうというんですかね。17年1月と言ったら17年中になったり、17年度中になったり、そういうふうなちょっと官僚的な組織の特徴かなあと思うてちょっと心配をしとったんですけど、ぜひ7月の運行に間に合わせていただきたいなあと思っております。

 次に移らせていただきます。人事評価、ちょっと重複するとこは避けますんで、人事評価についてでございますが、個人的に、個人に対する仕事の与え方ですけど、これはちょっと前回にも質問をさしていただきました。そのときにまだ目標の決め方につきましては2年目ということで、それが余りまだ定着してないんで、それに向かって努力しているのが現状ですという、花房部長からお答えいただいたんですけど、そのときにいろいろ努力されているような──努力されるというお話しはされてましたんで、この人事評価の目標の与え方についてその方法とか定着状況、それから今度は17年度に向かってのやり方なんかで改善案みたいなんがありましたらお聞かせ願いたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 花房総務部長。



◎総務部長(花房幸司君) お答え申し上げます。

 昨年の9月議会だったと思うんですけども、この話がありまして、私の方から、今現状やってる分については御説明さしていただきました。その後約8カ月程度なってるんですけども、今実質に人材の評価、管理職が部下を評価するときのOJTの問題がこう大きくなってきております。それはなぜかと申しますと、昇任試験するにしてもその人の評価をするにしても、管理職が個人個人で考え方が少しずれがあるんじゃないかというふうに今認識しています。それは、細かく言えばちょっと個人的な話になりますのでやめさしていただきますけれども、人間の見る目ということで、自分の感情をどうしても入れてるっていう評価の仕方が多々見られる部分がありますので、その辺をもう少し平等に見れることをやっていかないと、人事評価っていうのは難しくなるんじゃないかなということで、一応17年度につきましてはそのOJT研修、要するに評価の仕方っていうことを徹底的に管理職にやっていくんだろうということで、今人事──職員係の方でその辺の研修計画という形をつくらしてます。それで、それに向けて一つずつやっていくことで、少し管理職の評価に個人的な評価の仕方が変わってくれば、それから人事評価っていう形に動いていけるのかなあというふうに思っております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) はい。わかりましたといいますか、わかりました。

 あと昇進試験なんですが、これも前回のときにどうしたらその制度がちゃんとできるかっていうことの一生懸命頭をひねっておりますという答弁をいただいておりますし、あともう一つの課題であります試験を拒否した方々、それに対する対応として、この時期でまた一生懸命考えていると言われておりましたが、何か改善案みたいなものがありましたらお聞かせ願いたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 花房総務部長。



◎総務部長(花房幸司君) お答え申し上げます。

 改善案というのが非常に難しくて、個人的に受けてもらえないか、どういう理由で受けられないのかという形で話はいろいろさしていただきました。それで、今回の試験の中で、今まで技術職の方がだれも受けていただけなかったのが今回受けていただきました。女性の方も今度は受けていただきました。ということで、少しずつ職員の意識が変わってきてるんじゃないかと、もう少しPRすることによって皆さんが試験に応募していただけるものというふうに今は考えています。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) 受ける側の意識を変えていただくのも大事かもしれませんけど、試験制度そのものにもまだいろんな課題が残ってると思うんですよ。なかなかこの試験制度っていうのは組織の中で何かを決めて、組織の中の人を評価するもんですから、組織の中で改善案を見つけるちゅうのは非常に難しいとこもたくさんありますんでね、また気がつかないとこもありますんで、ぜひ、民間なんかはかなりこれ先に進んでおりますんで、民間の情報なんかも取り入れて少し検討なさったらいいんじゃないかなと思っております。よろしくお願いをいたします。

 次に移らしていただきます。地域コミュニティー活性化事業についてでございますが、いろいろ答弁をいただいておりますけど、非常に苅田町にとっては大切な活動ということです。1年間経過いたしましたけど、経過の内容も先ほどお聞きしたんで大体理解はできておりますが、あとこれを導入するときに範囲が広いっていうのもありまして、各公民館に拠点を置くという話もされておりました。それから、あと担当職員制度を導入して進めるという話もされておりましたが、この担当職員制度っていうのはどれぐらい効果が──どんな動きがされてどれぐらい効果があったがちょっとお聞きできますでしょうか。お願いします。



○議長(珠久六夫君) 後藤公室長。



◎町長公室長(後藤雅博君) お答えをいたします。

 地域コミュニティー活性化事業の一つの特色は担当職員制度であります。前回の議会だったと思うんですけども、与原地区、与原小学校区の動きの中のお話をしましたときに、与原小学校区の中では与原小学校区に住んでおられる職員が出て、区長さんと一緒に小学校区の何か課題はないかというふうな参加はしたと聞いております。当然今町長も申し上げてありましたが、白川小学校校区で動きがあります。これにつきましても動き始めましたら、担当職員、白川に住んでおられる担当職員をその中に入らせまして、パイプ役あるいは調整役につなげていきたいというふうに思っております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) 一つは、運営の仕方だとかそのプロセス、進め方に何かいろいろ問題があるような気がするんですよ。今度はモデル地区をつくられて、そこで整備されていくんだろうとは思いますけど、もう1年も経過してますんでかなり加速させていかなきゃいけんと思います。モデル地区をつくったときにそういう部分、ちゃんとした半分マニュアル的なものをつくってまず展開してみるのも大切じゃないかなあと思っております。よろしくお願いします。

 それからあと、9月の議会の答弁の中に一つあったんですが、これなかなか9月のときもうまくいってなくて、モデル地区をつくるという話が9月にありました。それからあと、NPOのボランティア団体も具体的な支援として広げてみようかと、その辺も検討しているという話がありました。多分それがこの今度の17年度の手づくり町づくり事業に絡んでくるのかなっていう印象があったんですけど、その辺の取り組みとこれの関連性っていいますか、手づくり町づくり事業との関連性をちょっとお聞かせ願いたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 後藤公室長。



◎町長公室長(後藤雅博君) お答えいたします。

 今議員さんおっしゃったようにNPO団体も苅田町に福祉、あるいは環境といった面でかなり出てきています。今まで行政としてNPOあるいはボランティア団体等にしっかりした支援といいますか方向性を示してはおりませんでした。それで、ぜひその活動に行政が何らかの支援はできないかということで、17年度に、今議員さんおっしゃいましたように、手づくりの町づくり事業というものを立ち上げまして、ここでNPO団体についてフォローしていきたいなというふうに考えております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) ちょっと性格的には非常に地域コミュニティー活性化事業と性格的に似てるようなところが、まあ規模は違いますけども、この関連性っていうのはどうなんでしょうか。二つとも同時に進行させていく、規模的に違うんでそうなのかなどうなのかな、その辺の考え方を少しお聞かせ願えますか。



○議長(珠久六夫君) 後藤公室長。



◎町長公室長(後藤雅博君) 基本は住民参画による協働の町づくりが基本です。今まで実は三つほどありました。地域コミュニティー活性化事業とそれからふるさとづくり事業というのがありました。──済みません、二つありました。

 それで、今度の手づくり町づくり事業というのは、一応ふるさと町づくり事業と統合をさせて一本化しようということでありました。もちろん地域コミュニティーと手づくりは同時並行でやりたいというふうに思っています。内容はかなり、地域活性化とそれから手づくりが違ってますので、その辺の差別化を図りながら推進していきたいなというふうには考えています。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) 考え方はよくわかるんですけど、あんまりこういう活動が多くなって複雑になってくると町民、受ける町民っていうか利用したい町民自体も非常に理解しにくいっていうかわかりづらいんですよね。できれば整理をしてもらって、その中に含めてもらう。余り複雑になり過ぎないようにした方が、町民の方々も使い勝手がいいような気がしますんで、性格的にどうかなっちゅうようなところもありますけど、ぜひその辺も考慮していただきたいと思っております。

 では、次の公共施設の維持管理についてちょっと質問をさしていただきたいと思います。

 公共施設の維持管理、壇上でもちょっとお話をさしていただきましたけど非常に膨らんでまいります。このまま何もしなければどんどん大きくなっていくと思うんですが、今でもいろいろ施策が打たれたと思うんですけども、削減計画、削減の何か具体的な施策があったらお聞かせ願いたい。今実際やってる内容ですね、何かありましたらお聞かせ願いたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 増田次長。



◎教育次長(増田英治君) 削減計画、建物じゃなくて経費の削減計画ですか。



◆議員(常廣直行君) 維持管理の。



◎教育次長(増田英治君) 例えば、公民館についてでございますけれども、公民館は現在4館あります。4館それぞれ空調関係、エレベーター、いろいろ点検事項はあるわけですけれども、それにつきましては従前までは各館で個別にやっております。それを中央で集中的に各館まとめて一括点検委託をしようということで、経費の節減にこれから努めていきたいと思っております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) この中央で一括管理でどれぐらい削減できますか。



○議長(珠久六夫君) 増田次長。



◎教育次長(増田英治君) まだ実績がございませんけれども、17年度からそういうふうに一括管理をしていきたいというふうに思っております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) ソフト面でいろいろ考えられているのはいろいろ聞いておりますけど、あと実際にハード面の部分でもそうなんですけど、私も実際にこの辺、この当時よく知らないんですが、聞いた話によりますと非常に建物が、立派な建物が多くて、何か補修するときに非常にお金がかかる。仕様がいい仕様してるんでしょうね。でお金がかかるだとか、いざ壊れたときもだけ余りにもいい仕様にしてるんで、なかなか修理がおぼつかないだとか、そういう話もよく聞くんですけど、仕様、高価な仕様になってるから、またデザインが、デザインを重視した仕様になってるから使い勝手が悪いだとか、そういう話もよく聞くんですけど、そういうことは何か把握されてますか。



○議長(珠久六夫君) 増田次長。



◎教育次長(増田英治君) 公民館に限って言えばそういう特別仕様はないと思っております。ただし、御承知のように、一番古い物で26年経過しておりますし、最近の物のでも11年以上経過しております。それで、故障箇所、修繕箇所によりましては部品がないということがございます。そういう部分については若干そういうふうにかえるものとしての部品を探すための時間を要しておりまして、ちょっと空調関係で言えばすぐには直らないということで、業者に御迷惑をおかけしている部分がございます。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) ちょっと今の時代で部品がなくておくれるちゅうのは余り考えにくいんですけど、それはやっぱり当初使った仕様がもう古くなって、維持するのに余計にお金がかかってしまうという状況もあるかと思うんで、その辺は見直しが絶対必要だと思っております。

 一つの、私が最近感じた一つの例ですが、パンジープラザみたいなところで、これもよく私のとこの会社のOBもいますんでよく話が出るんですけど、雨漏りやなんかもかなり出ているようで、サッシだとか扉の下がもう腐ってて、そっからこう雨が吹き込んでくるとか、雨漏りが非常に多い。で、何で修理お願いしないのって聞いたら、なんか非常に高いらしいんですよね。そのサッシやなんかがですね。仕様、高いのかなんか高価な仕様で一番最初つくったから、非常に高いからなかなかやってくんないんじゃないかっていう話もされてましたし、あと非常にデザイン的にもすばらしい施設が多いんですけど、パンジーで言います玄関先なんか非常に使い勝手が悪い。身障者の方の車なんかもこうつけられるんですけど、車いすをおろすときに非常に雨がかかったりしてから非常に使いづらいところもある。そういうところも聞きますけど、これから先、これだけの施設を管理していくにはやっぱり経費が抑えられるようにいろんな仕様を変えていったりだとか、デザインも大事なんでしょうけど、使い勝手が悪いんじゃ話になりませんので、その辺も少し考慮して、いろんなその経費を抑えたり使い勝手をよくするようなものを計画的にやっていくというものが必要だと私は考えますけど、いかがでしょうか。



○議長(珠久六夫君) 後藤公室長。



◎町長公室長(後藤雅博君) 今教育委員会の話が出てましたけど、先ほど町長の答弁も申し上げましたように、各施設の維持管理費がかなり上がってきてます。第一行革、第二行革の中でも民間委託、アウトソーシングを取り入れていこうということでいろいろやってきてますけども、総合的な維持管理をする窓口っていいますか、どうも各セクションでばらばらにやってるからコストが高い、行政コストの縮減につながらないということがございますので、ぜひその辺を指定管理者制度を含めて17年度の中で検討していきたいというふうに思ってます。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) そのソフト面、管理する面、ソフトの仕組みとかそういうのも非常に大事と思うんですけど、施設自体を見直すのも非常にこれ効果があると思うんです。管理しにくいですよ今の苅田町の施設は。そういうところが見直し、少し今金かけても将来的に抑えられるようなところがたくさんあると思うんで、その辺もちょっと考えていただければいいんじゃないかなと思っております。

 続きまして、あと公共施設の利用なんですが、これも最近町民の方からよく聞くんですけど、非常になんか使いづらい、苅田町の公共施設、グラウンドなんかが主なんでしょうけど、非常に使いづらいという話をされてます。なんか手続が非常にとりづらいという話されてますけど、その辺の苦情は何か把握されておりますか。



○議長(珠久六夫君) 各務部長。



◎産業建設部長(各務強志君) グラウンドと申しますか、産業建設部施設建設課で管理しておりますのが公園でございます。主な公園、大熊公園、向山公園でございますが、これに関して、今使用する月の1カ月前の1日より、1人に対して1カ月4時間で1日連続2時間とした条件で窓口でしております。確かに、皆さんこう窓口に来ていろいろ、二、三人で来て手続しておるようでございます。これに関しましては、特に使いにくいとかいうそういう声はあんまり聞きませんが、いずれにしても面倒くさいというような話は伺っております。

 これに関しまして、今、先ほど後藤室長が言いましたようにソフト面の一本化、もちろんそれに関してはいろんなもちろんハードルもあると思うんですが、その近所の整理を17年度でやっていきたいというふうにしております。

 以上です。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) 特に苦情は把握しておられないということなんですけど、話に聞きますと、私は実際申し込んだことがないんで大きなことは言えんのですけど、1回、一番最初に申し込みに行って  なんか2回ぐらい通わなきゃあいかんのでしょう。電話の申し込みが──2回行かなきゃあいけなくて電話の申し込みができなくて、受付時間が5時半までというところで、一般の会社員からすると非常にこう利用しづらいと思うんですよね。そういうところで、そんな苦情はないですか。



○議長(珠久六夫君) 森本生涯学習課長。



◎生涯学習課長(森本建治君) 私の方から御答弁さしていただきます。

 体育館関係でございますが、体育館の場合予約そのものが、今議員さん言われたように、電話での現在予約受け付けをやっておりません。それで、こういった関係とか使用に当たって、現在6名以上ではないと予約ができないとか、それから用具の貸し出しができないとか、こういった面の言われるように苦情というか便宜を図ってもらえないかというような申し入れ等もございますので、この辺につきましては規則等の改正が必要な分もありますけど、規則等の改正が必要でない部分から順次できるだけ改善をしていきたいということで今検討をしております。



○議長(珠久六夫君) 2番、常廣君。



◆議員(常廣直行君) 規則等の改善やってくださいよ。必要であるんなら。

 それから、非常に借りづらいっていうのは、借りにいってもなかなかもう予約が詰まって借りれないと。実際にグラウンドやなんか行ってみると土日空いてること多いですよね。結構。で、これどうやって運用してるんだろうって私も不思議に思うんですけど、結構空いてるんですよ。それで借りれないちゅうのはやっぱどっか仕組みに問題があると思うんで、その辺はちょっと見ていただきたいなと思います。

 特に向山公園のグラウンドなんか、使わないからもう荒れてくるんですよね。本当に使わないのかなと思うと、なんか予約が難しくてできないとかね、そんな話もありますので、ぜひ今規制を変えるという話もありましたけど、少しその辺も考えていただいて、こちら管理する側からの意向で仕組みをつくっていくんじゃあなくて、ぜひ利用する側、町民の立場に立ったサービス、町民の立場に立ったサービスを提供する、そういう仕組みにですね、町民の立場に立った側からの仕組みに改善するようなそんな意識を持っていただきたいなと思っております。

 今、もうかなりいろんなものが進んでますんで、先ほどインターネットの話も出ましたから、わざわざ会社勤めの人が5時半までに行くちゅうのはまず不可能なんですよね。だから時間を延長するだとか、それに対応する職員がいないんなら職員をフレックスやらしてもいいやないですか。それとかインターネットでやってもいいやない。電話でも予約いいじゃないですか。何か問題があるんならそこに何か規制をかけなきゃあいけんかもしれんですけど、もっともっと町民が利用しやすいような形にしていただきたいなと思います。

 最後はちょっと要望になっておりましたけど、私の一般質問につきましては以上で終了さしていただきます。どうもありがとうございました。



○議長(珠久六夫君) 以上で、常廣直行君の一般質問を終わります。

                              



○議長(珠久六夫君) テープの入れかえの関係もありますので、以上で午前の部を終わりといたしたいと思います。

午前11時35分休憩

                              

午後1時00分再開



○議長(珠久六夫君) それでは、引き続き一般質問を行います。

 1番、小山信美君。



◆議員(小山信美君) 〔登壇〕皆様こんにちは。1番議員の公明党の小山信美でございます。2005年も既に2カ月を経過いたしましたが、ことしはきのととりということで、とり年は革命的な出来事の多い年、また昔からとりは福の神で開運の象徴的出来事の多い年とされ、60年サイクルとするえとの世界で60年前のきのととりは1945年、終戦の年で、日本の奇跡的な復興と近代国家、経済大国への革命的な発展をなし遂げる大転換となって年でもあります。

 日本経済新聞は、2005年は2007年への取り組み助走の年と位置づけています。日本の人口は2006年をピークに減少に転じ、人口減少社会到来への警鐘を鳴らしています。公明党は、持続可能な社会保障制度を構築しようという中で、少子社会対策を最重要課題ととらえ、さまざまな角度から各種の施策を進めてきました。児童手当や奨学金の拡充、育児休業期間を延長する法改正等、子供を取り巻く環境を改善するためにきめ細かな政策を実現してまいりました。

 伊塚町長は、町政報告の中で、平成17年度を、自立した住みよさを真に実感できる町づくりに向けての正念場の年だとも、また福祉については、早い段階で総合的な少子化対策をしっかり確立し、実行していくことが非常に大切だと明言されています。そのことを踏まえて、今回は大きく2点についてお伺いいたします。

 まず、大きな1点目は、次世代育成支援計画に上げられている、1番目の乳幼児医療費助成の拡充についてです。近年、1人の女性が生涯に産む子供の数の平均、合計特殊出生率は2003年には1.29となり、人口維持に必要とされる2.08を大きく割り込んでいます。平成15年度福岡県が行った子育て等に関する県民意識調査では、出生率低下の原因の1位は、「子供の生活費や教育費に経費がかかり過ぎる」となっています。出生率は全国平均で1.29まで低下した中、最も都市化の進んでいる東京の中でも、江戸川区では1.37と全国平均を上回っています。江戸川区では全国でいち早く小学校入学前までの医療費無料化に踏み切ったほか、各種の子育て先進地としての取り組みを行っています。さらに、台東区では、現在小学校入学前まで助成している医療費を平成17年4月から中学卒業まで一気に大幅拡充するとして、少子化の改善に取り組んでいます。当町におきましても、通院費の助成に対しては、現在3歳未満までの医療費の助成が行われていますが、県内では宗像市が2005年度から通院費医療助成の対象年齢を4歳未満から就学前まで引き上げる施策を単独事業で実施するもので、入院、通院とも就学前まで無料となっています。市の新たな負担は約7,800万円を見込んでいるそうです。そこで当町においても、就学前までの拡充を望みますが、町長はこの格差をどのように考えておられるのかをお伺いいたします。

 次に、2番目の放課後児童健全育成事業の充実についてですが、現在苅田町において4カ所で学童保育が行われていますが、それぞれ場所も受け入れる人数も違い、また、預けたいが安全面に不安があり預けられないなど、子育て世代の働くお母さんの増加に伴い学童保育の需要もふえてきており、これ以上収容できない箇所もあるのではないかと思います。

 また、3番目の夏季及び冬季の休業日等における児童の居場所づくりについては、放課後児童は悩まされませんが、ぎりぎり預けないで頑張っておられる親御さんにとっては、日ごろは何とか我慢して帰りを待っていることができても、長期の休みの間1人にしておけない問題が生じています。そこで、年齢を問わず、だれでも利用できる児童館について昨年の3月の一般質問でお尋ねいたしましたが、町長は16年度に次世代育成支援計画をつくり、その中で検討していくと言われました。その後、どのように検討されたのかお尋ねいたします。

 最後に、4番目の防犯等に関する情報の提供の推進についてですが、先月に起きた大阪府寝屋川市での教員殺傷事件や、大阪教育大付属池田小学校での乱入殺傷事件等、地域にあっても不審者に追い回されたり連れ去られそうになったりした事件が起きています。しかし、事件の情報が当事者と関係者しか知らされず、後になって親たちは聞かされて、どうしてもっとスピーディーに正確な情報が伝わらないのか、地域社会が持っていた防犯機能が低下しているとの指摘がある中、どのような情報提供の推進がなされているのかお伺いいたします。

 次に、大きな2点目の「飼い犬、猫のふん害等の防止条例」施行後の経過については、昨年6月議会において条例が制定をされ、準備期間を設けて平成17年1月1日から施行されておりますが、状況は以前より増して最悪の事態となっています。その点につきまして、条例制定後からの経緯と改善点、そして、何が原因でさらにひどくなっているのかを所見をお聞かせください。

 壇上からの質問は以上といたしまして、執行部からの答弁をお伺いした後に質問席より質問いたします。



○議長(珠久六夫君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 〔登壇〕ただいまの小山議員の壇上からの御質問に対して答弁申し上げます。

 大きく1番目の次世代育成支援計画、少子化対策でございます。それと2番目の犬、猫のふん害の問題でございます。

 少子化対策につきましては、かねがね申し上げておりますように、活気ある社会の実現という意味で大変重要な問題でございます。町政報告でも申し上げましたように、全国的な統計でいきますと、女性の方が一生かかってお産みなるお子さんの数、1.29というのに対しまして、苅田町の場合は1.69という形で若干高いものの、大変深刻な問題と受けとめておりまして、これも町政報告で申し上げましたように、総合的な苅田町における少子化対策というものを現在策定中でございます。

 で、その総合的な少子化対策の柱、中心となりますのが、この次世代育成支援計画でございます。現在ほぼ作成の大詰めにきておりまして、今月いっぱいでつくり上げます。この計画をつくる中で、アンケート調査をした結果、壇上からのお話にありましたように、子育てする中で一番やはり難しいのは、経済的な負担、これであり、この軽減を何とか施策としてやってほしいというものが一番でございました。したがって、総合的な少子化対策、あるいは次世代育成支援計画、現在策定中ではありますけれども、取り組めるものについては取り組んでいこうということで17年度予算に一部反映させているところでございます。

 その中で、具体的にお話の乳幼児医療費助成の拡充についてでございます。現在は3歳未満ですね、ゼロ歳、1歳、2歳は初診料、往診料及び標準負担額を除きまして無料となっております。それから、3歳から小学校に上がるまで、小学校就学前まで入院の場合は初診料、標準負担額のみ自己負担していただいて、外来については医療費の3割負担ということになっております。この部分を3歳から就学までの医療費の無料化につきまして、現在積極的に検討いたしております。苅田町の場合試算によりますと大体4,400万円から4,700万円ぐらいかかるんじゃなかろうかという試算が出ておりますけれども、ぜひ早急にこれは予算化し実施していくつもりでございます。

 次に、学童保育ですね、放課後児童健全育成事業について、学童保育の希望者と、それから施設の収容人員との問題でございます。現在4カ所やっております。苅田小学校、それから南原小学校、これ青い鳥保育園でやっております。それから、与原小学校、あるいは白川小学校、四つのところでやっておりまして、形態も少しずつ違っております。御承知のように、この対象は就労──仕事に就くために保護者が家庭にいらっしゃらない、しかも小学校の低学年、1年生、2年生、3年生を対象にした事業でございます。そのほか町長が特別に認めるものとかいろいろ条件がございますので、4年生、5年生、6年生も預かっているところもございますし、また、いろんな事情で御両親とも働いてないケースでもお預かりしているケースがあります。

 で、一応4カ所、御希望の児童を預かれるようなことになっておりますけれども、一番新しくできました与原小学校がなかなかすべて100%受け入れるという形にはどうもなってないようでございます。ここのところが大きな問題でございますが、与原小学校の場合は、与原保育園でやっているんですが、当初この学童保育を立ち上げるときに、場所の選定に随分苦労をいたしました。なかなかあの地域でいい場所がないんですね。与原小学校に空き地なり空き教室があればよかったんですけれども、それも思うようにないということで、現在の与原保育園のところに建ててるわけですが、ここではもういっぱいいっぱいで、今以上設備を大きくするというわけにはどうもいかないようでございます。そこで、今後さらに与原小学校校区において、学童保育の希望が多いようでありましたら、どうもあるようですけれども、ちょっと別の方法を、苅田小学校でやっている保護者が主体になって運営する方法等々も検討してみたいと思っております。その場合も当然場所の問題が出てまいりますけれども、そういうことをぜひ検討させていただきたいと思っております。

 それから、この少子化対策の中での学校が休みの間の児童の居場所の問題、あるいは犯罪等に関する情報提供の問題、この問題につきましては、教育長より後ほど答弁をさせていただきます。

 2番目の大きな飼い犬、猫のふん害等の防止条例に関する御質問でございます。去年の6月条例が可決されまして、その後、ことしの1月1日の施行前まで町といたしましては犬の場合は登録していただいてますので、登録している犬の飼い主に対しまして、啓発チラシを送付いたしました。それから、町の広報誌、「広報かんだ」で2回ほど公告いたしました。それから、特に犬の散歩をさせているのが多い場所、3カ所ほど実際の状況を調査いたしました。どういう形で現状があるのか。そうしたことを行った後、実際に施行に入っております。施行に入りましても同じようなことをやってるわけですけれども、町の判断として必ずしも以前より悪くなってるとは判断いたしませんけれども、よくもなっていないと。余り効果がないといったところが実情じゃなかろうかと判断しております。で、今後それじゃどうするかということでございますけれども、ようやく看板ができ上がりましたので、それを現在各地区へ配っておりまして、公園等へ設置してもらうようにいたします。で、さらに今後広報車による啓発、それから、どうも注意する人がいないと、あるいは注意しようにしても勇気がいるというようなところがあるようでございますので、これは現在注意する人をボランティアという形で募集しております。この指導員をできるだけふやして指導啓発をやっていきたいと思っております。なお、先ほどの調査ですけれども、施行後も3カ所公園で調査をしております。そういうことで、状況を確認しながら、せっかくつくりました条例ですので、この町を美しくするということから今後効果あらしめる方法をとっていきたいと思っております。

 以上、壇上からの答弁終わります。あとは教育長、よろしくお願いします。



○議長(珠久六夫君) 有松教育長。



◎教育長(有松邦雄君) お答えいたします。御質問は夏季及び冬季の休業日における児童の居場所づくりについてという御質問だったと思いますが、この夏季及び冬季の休みの居場所づくりといたしましては、現在行っているのは、主に公民館講座ですね、子供向けの講座などを開設いたしまして、各公民館で子供の居場所になるようにというふうなところで実施しております。

 それから、この講座につきましては、今までのノウハウとか反省を生かしまして、今後さらに充実したものにしていきたいというふうに考えております。

 一方、図書館等も子供たちの利用がしやすいように、開館日をふやしたりいろいろ工夫をして運営をしているところです。今後とも一層その運営の工夫について考えていきたいというふうに思っております。

 それから、犯罪に関する情報の提供の推進についてですかね、これにつきましては、児童生徒が巻き込まれる犯罪について、本当に全国的に心を痛めるいるところでございますが、苅田町といたしましては、小中学校教育問題審議会答申でも提言されておりますが、学校、家庭、地域の連携による子供の育成と安全確保、これの推進を図っていきたいというふうに考えております。平成17年度からの計画につきましては、具体的な施策を答申を受けた検討委員会の中で現在検討しているところでございます。

 それから、犯罪の防止につきましては、議員御指摘のように情報の提供が何よりも求められるというふに考えております。今日まで教育委員会といたしましては、不審者、変質者の発生事件事項等の情報を広報に掲載したり、学校へそのたびに起こるたびに通知をしたり、公用車、これには子供安全パトロールという黄色いステッカーを張って町職員全員でできるだけ通学路などを通るようにお願いしております。それから、町の広報車を使いまして、何百回やったかな、二百──ちょっと何十何回かはっきりしませんが、今までに二百約五十回程度の苅田町内で不審者についての広報活動を行ってまいりました。今後とも学校とか地域とか保護者、警察とか、そうとこと連携を図りながら迅速に情報提供をいたしまして、犯罪の防止に努めたいと思っております。

 それから、例えばどこどこで不審者が出たというふうな情報がありましたら、もう即教育委員会の学校教育課長を中心に見張りに行ったりしたこともたびたびございます。それから、不審者でありませんが、学校のガラス等が割られることもよくありますので、そのときは夜間の見張り等にも行っております。

 以上でございます。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 御答弁ありがとうございました。では、まず乳幼児医療費助成の拡充についてから始めたいと思いますが、医療費の中でも乳幼児の歯科治療は大人よりも手間がかかるため、保健の治療費が1.5倍もかかり多くの親たちが高負担を強いられています。福岡県の助成制度は現在3歳未満までを対象としていますが、3歳を過ぎてから虫歯の保有率が多くなり、6歳になると虫歯保有率が8割以上になると言われています。せっかくの子育て支援のよい制度も、虫歯治療には期限切れとなっている現状について、どのようにお考えなのかお聞かせください。



○議長(珠久六夫君) 井関部長。



◎民生部長(井関寛之君) 子供に関します歯科の関係でございますが、いま現在3歳児健診、1歳半健診等で、親と子の歯を守る──ちょっと名前は忘れましたが、その健診の中で年歯科医師会の先生方、協力を得てブラッシング指導とか栄養指導、そういったものを含めて実際に行っております。何人受けたかというちょっと数字今持ち合わせておりませんので、そういった事業で町の方としては虫歯予防等には取り組んでおります。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 何人かといいますか、この状況を見ても3歳児健診といいますけども、結局は3歳になったら医療費というのはもう普通に3割かかるわけですよね。助成の対象になっておりませんから、そういう方たちがこれはもう6歳になるまで年々ふえていっているという今現状が統計的に出てるわけです。で、この中で3歳未満のこの乳幼児医療費という制度があるけれども、これが適用されない状況になっているが、それがどのように考えているのかということをお聞きしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 井関部長。



◎民生部長(井関寛之君) 今、先ほど町長が答弁しましたように、3歳以上から小学校就学前というところについて、外来の医療費につきまして、今町としては取り組みとして前向きに検討して実施に向け検討してるという考えでございます。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 前向きの検討をぜひともお願いしたいと思います。

 別の観点からいいますと、人口増加という観点から申し上げておきたいと思いますが、昨年静岡県の長泉町に視察に行ってまいりました。ここの町は毎年人口が増加をしている町です。で、出生率が2000年には1.62から1.72に上昇している。この町に毎年出生率もふえていってますから、この町に引っ越してきたいという人、私ももう1人欲しいという町民、そういった方々の声を聞いたわけです。で、どうしてそのように何が言わせているのだろうかということを伺いましたら、長泉町ならではの思い切った子育て支援策を行ったと。それは何が目玉になっているのかというと、乳幼児医療費助成の完全無料化、先ほどからいろいろ言われております初診料とか往診料はお金がかかると、そのかわり3歳未満までは無料と、そういったことすべてをここの町は無料、最初からすべて無料です、医療費。で、その完全無料化を目当てに越して来る人もいるという実情があります。そのことによって若い人の定住化促進にもなっていて、何といっても周りの人に長泉町は走り続けていると、元気がいい町だ、勢いがある、何かがあるのではないかと思わせること。常に前向きに挑戦をしていることをアピールしているんだということを話されていたことを印象的に思っておりました。そんなときに西日本新聞ですか、隣接している北九州市がことし8月から現在4歳未満となっている乳幼児児童医療費の通院費の支給対象を5歳未満まで拡充する方針を決めたと載っておりました。ほかにも福岡政令市を初め県内の大半の自治体で、3歳から4歳未満となっており、4歳以上は筑紫野市などを含めて5自治体があるとされています。このように近隣の自治体も取り組みを始めている状況がある中、苅田町はこれから取り組むつもりがあるのか、具体的にどういう状況でいくのかお知らせください。



○議長(珠久六夫君) 井関部長。



◎民生部長(井関寛之君) 乳幼児医療の助成制度でございますが、一応実施に向けて検討をしているというお話をしましたが、これいつ実施かということなんですが、事前の準備等、これかなり準備が必要となります。例えば医師会への協力依頼、電算システムの変更、それから国保連合会との打ち合わせ、それから新医療証の発行等ですね、かなりいろんなところで準備が必要です。そういったことを考えますと半年後、早くて半年後というふうなところになろうかというふうに思っております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 先ほど町長よりも早急に予算化をしていくというような答弁もいただきました。未来に希望より不安を抱いている不安の世紀を希望の世紀へ変えていくために、安心をして子供を産み育てることのできる社会の実現に向けて、現行の3歳未満より一歩前進の拡充を強く望んでおきます。

 次に、放課後児童健全育成事業の充実については、苅田町内現在4カ所で放課後保育が行われておりますが、各校区の状況が違いそれぞれの校区にはないと思いますが、4会場の学年ごとの人数と、それから定数枠、また利用条などをお聞かせください。



○議長(珠久六夫君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘君) お答えいたします。これは17年の4月からの予定の人数でございますが、ちょっとこれは古い数字なろうかと思いますけれども、苅田小学校で103名、定員が90名、それから青い鳥で43名に対し定員は50名、それから与原小学校は53名に対して定員は60名、星の子クラブは11名に対して定員は30名というふうになっております。



○議長(珠久六夫君) 数字間違いないですか。間違いない。



◎健康福祉課長(白石正弘君) それと学年ですね、苅小、1年生から順次言います。1年生が31、2年生28、3年生21、4年生13、5年生7、6年生3、計103名です。それから青い鳥、1年生15、2年生12、3年生6、4年生5、5年生4、6年生1、計43名。それから与原校区、1年生14、2年生24、3年生10、4年生2、5年生3、6年生がゼロで53人です。それから星の子クラブ、1年生が2、2年生5、3年生3、4年生1、5年、6年はいません。で、計11人となっております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 学童保育というのは1年生から3年生と聞いております。間違いはないですね。で、実際には先ほど町長がおっしゃっておられました、町長が認めた4年生以上もあるということでございますが、今報告を聞いておりますと、各学校にそれぞれ4年生以上が行かれているようなんですけれども、実際ここの学童保育に入れていない児童もいたというふうな話も聞いているわけですけれど、どういうことなのか、そこら辺の説明、また入れなかった家庭に対してはどのように説明をされたのかお伺いいたします。



○議長(珠久六夫君) 白石課長。



◎健康福祉課長(白石正弘君) 今議員さんの方から入れない家庭があるっていうお話でございましたですけれども、私の方で聞いている限りは皆さん入所できてるというふうに伺っております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) お母さんから直接申し込みをしたけれども、もう無理だと、もういっぱいですよというような話の中でそういう話を聞いたわけですね。で、当然行政の方から保育園等に問い合わせをしたときに、こういう理由で断ったよとかいう一つ一つの報告がないのかもしれませんけれども、今聞いた限りで、先ほど言っていただいた数字を見てみますと、大体定員数に収まるのかなというような感じもするんですけども、いろいろ話を聞いてみると、この中の与原保育園に関しては、申し込む前に周りのお母さんたちの話を聞くわけですね。状況として学童保育なのという話を聞いたときに、前回こういうことを言われたよとか、こんなことがあったのよというような話を聞くと、ああそれならもう無理よねと、じゃあやっぱり申し込むのはもうしない方がいいみたいねとかいうような、いい意味での広がりがあればいいんですけど、やはりそういうことが少しでもあった場合には、だんだんもう申し込んでもねというような感じで、結局数字的に拾い上げてみますと申し込みは何人だったんですかという話になると、ことしも人数的に大丈夫みたいねという感じに落ちついていくんだろうと思うんですね。ただ、じゃあ申し込まなかったお母さんに関して、自分が勝手に判断をして申し込まなかったんだから仕方がないじゃないのと言ってしまえばそれまでなんですけれども、総体的に見て同じ苅田町に住む住民として、そういうことが納得がいくんでしょうか。で、そのために仕事をやめた方は次に就職に就きたいと探してもなかなか就けないで苦労をされているということなんですね。

 放課後児童における一番の問題点ということで考えてみますと、場所の問題ではないかと思います。一番安全でベストなところというのは、小学校の敷地から出ないということだと思うんです。それを考えてみますと、問題になるのは白川保育園の星の子、それと与原小学校区でやっている与原保育園、この二つになるんですね。この白川保育園の星の子というのは、片島小学校はバスで送迎をしている。それから白川小学校は集団で行っているという状況。あとじゃあ与原保育園はどうなのかといいますと、与原保育園の方はそれぞれが、それぞれもう一人一人ですね、集団で行くとかいうことはなく、10号線をそれぞれ1年生から3年生までが渡って、そして狭い旧国道を通って学童保育に通っているという状況があるんです。親にしてみればそのような、親もやはり今古賀とか百合ケ丘とか、そういった方面から通わせている親にしてみれば、踏み切りを越えていくことさえやっぱり危惧をされるのに、またさらに小学校より遠い10号線を渡っていくということを大変危惧をされる内容になるんだと思うんですね。それで、1年目は通わせたけれども2年目はやっぱりやめさせたという、そのような状況があるというふうに聞いておりますが、このことを聞いて今これから何か検討をしていくお考えがあるのかお聞きしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 井関部長。



◎民生部長(井関寛之君) 場所の問題につきまして、今問題になっているのが特に与原の関係ですね。10号線を渡るということなんで、先ほど町長答えましたように、新たに恒久的にそういった要望があるというところを考えた場合、組織的には苅田小学校方式といいますか、父母会の感じでしてもらうということで、場所が問題ということなんで、そこは考え方の検討の中に入るんですが、10号線で上下に分けるとか、そういった場所の選定の方法等が検討の中に入って考えられるということでございます。

 また、申し込まない親の関係ですが、ここについては当初数がお話の中で申し込みたくさんあるというお話のちょっと一時うわさが出ておりました。その中で町の方が選考しましょうと、一緒にしましょうというふうな話の中で、それじゃどういった親を切るかという中で、やはり勤務時間の長い方を優先しましょうというふうな話が一時出てましたので、そういったうわさが広がったんじゃないかというふうに思っております。しかし、現実的には今、先ほど数字言いましたように、数的には学童保育に受け入れができるということでございます。

 それとまた、4年から6年生についての取り扱いというところなんですが、これそれぞれの学童保育の経営者といいますか、そこの運営委員会等のお話によりますと、実はそういった高学年がおる場合大変いい環境になると、お兄ちゃんお姉ちゃんという関係上、一つのグループになって、その中で指導的な立場にあるというふうなところでそういったそれぞれのやり方によりまして、高学年を余裕がある場合受け入れているというふうなこともいろいろ言っておりますので、一概にもう3年まででだめというふうなとらえ方はしておりません。

 以上でございます。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 今高学年がいることでいい方向性にいくという、この学童保育の基本的な部分で、3年生までが対象ということを言ってると思うんですね。この与原保育園なんかにしましても、もういっぱいと、じゃあ私は6年生だけども、そんな話を聞いたら入りたいわといっても入れるんですか。



○議長(珠久六夫君) 井関部長。



◎民生部長(井関寛之君) それぞれのやり方があると思います。それで、先ほど町長が特に必要というふうなことも言っておりましたが、例えば1年生、新しく入ってくる方、上に4年生がおるといった場合は、やはり1人だけを帰らせて1人だけ来るというふうな考え方もしておりませんし、それはそれぞれのそこの入所の状況によってそういった広いとらえ方をして、なるべく要望にこたえたいというふうなところの運営もあるということでございます。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 町長にお伺いをいたします。先ほど町長が認めた4年生以上もいるというようなことでしたが、今のような考え方のもとでそのことを言われているんでしょうか。



○議長(珠久六夫君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 私が申し上げましたのは、町の規則、この学童保育の運営に関する規則について申し上げました。個々についてそれぞれどのように運営されているのか細かくは承知いたしておりません。基本的には小学校の1年生から3年生まで、で、御両親が働きに出ておられる。あるいは母子家庭、父子家庭の方々。それから、御家庭に働きに行っていらっしゃらなくても御家庭に寝たきり老人等いらして、介護のためにお子さんの面倒をなかなか見れないというような方、そういう方は無条件で入っていただくようにしております。そのほかいろんな各家庭によって条件がございますでしょう。今民生部長が言ったように、御兄弟で1年生と4年生、片方だけ入れるという形も不自然かと思います。そういう場合は入っていただいてるものと思います。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 今町長が言われている、確かにその状況に応じたといいますか、そういう話はありますが、いずれにしても例えば余裕のある受け入れ先の余裕のあるところはそれが可能だろうと思います。しかし、受け入れ先がもうぎりぎりのところに、例えば兄弟がいると、1年生も入りたいと、いっぱいじゃないかという話になったときに、どこを一番基準にするのかといいますと、やはり3年生までということが一番基準になると思うんですね。障害持つ上級生のお兄ちゃんがいるとかいうところは、やはりそこら辺は考えていかなければいけないだろうと思いますが、普通に考えて苅田小学校にしても4年生が13人、5年生が7人、6年生が3人というような、本当に星の子の何か1年生から3年生以上に4年生から6年生が居るというようなかなりのばらつきがあって、その中でも普通の学童保育にない、またそれから夏休み、冬休みとかの長期の休みになったときに一人でお留守番をさせるのはつらいということで、お母さんたちが何とか長期の休みだけでもという話に当然なっていくわけですけども、最初から1年間学童保育に行く人が対象というような、何ていいますかね選考基準といいますか、そこの運営する保育園の方針なのかもしれませんけど、そういう状況もあるように思うんですけれども、それはどのように考えていけばいいんでしょうか。



○議長(珠久六夫君) 井関部長。



◎民生部長(井関寛之君) 基本的には、通年で常時そういった子供を家で見られないというのが基本的な考えだと思っております。先ほど言いましたように、通常の一時的に夏休みだけというふうなときに預けてくださいというところの考え方は、一時的には必要だと思います。しかし、やはり空きがあれば当然受け入れますし、空きがなければどうしようもならないといいますか、一時的には見られないというのが今の現状だというふうに思っております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) いずれにしましても、なかなか納得のいくような考え方にはなれません。

 で、次に夏休み、それから冬休みの休業時における児童の居場所づくりについても関連がありますので一緒にお尋ねしたいと思います。この居場所づくりで先ほど公民館で居場所づくりをやっているということでしたが、具体的には公民館でどのようなことをやっているのかお聞かせください。



○議長(珠久六夫君) 有松教育長。



◎教育長(有松邦雄君) お答えいたします。昨年度ですかね、公民館講座、子供対象の講座を4館で15講座ほど持ちました。で、延べ129回持っております。子供たちの参加は延べ2,000名というふうに聞いております。

 それから、今の高校ですね、ここでいえば苅田工業高校ですが、の子供たちが県のサタデースマイル事業というのがございます。これは高校の生徒が小中学生に物づくりとか、そういうことを指導するという事業でございますが、これも毎年苅田工業の生徒たちに子供たちの指導をお願いしているところでございます。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) じゃあ居場所づくりとしては、大成功なわけですかね。何かやっていることがすごくポイント的にはできているなというふうに思うんですが、普通に考えて、例えば毎日居場所があるわけではないですよね。決められた講座、決められたその日に皆さん集まるということで、この夏休みとか冬休みは長いわけですから、例えば土曜日、日曜日の1日を使うとか、そういったこととは違うと思うんですね。長い期間に対して取り組みをしてどうだったのかお聞きしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 有松教育長。



◎教育長(有松邦雄君) お答えいたします。学校週5日制になりました。で、この趣旨といいますかね、目指すものは家庭や地域で子供たちにいろんな体験をさせることによって、子供たちに生きる力とか知恵を育てようということでございまして、基本的には学校や地域、そういうところが積極的に子供たちにかかわりを持っていただくのが本来の趣旨だと思っております。ただ、現状はどうかと申しますと、それを趣旨のとおりに杓子定規に趣旨がこうだからもう学校は知らんぞというふうなことはできませんので、苅田町は苅田町の実情に合わせたような施策を展開していく必要があるというふうに思っております。それで公民館講座、それからサタデースマイル事業、そのほか県のアンビシャス広場とか、いろんなことを今までやってきておりますが、これも十分ではありませんので、これらの事業を総合的に見直しを図るといいますか、改善点を洗い出して今後18年度に不十分な点は補っていきたいというふうに思っております。失礼いたしました、18年度ではなくて17年度ということでございます。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) いずれにしましても、核家族化の進展、それから女性の就労の増加等によって、児童を取り巻く環境が大変大きく変化をしていると思います。さらに出生率の低下や遊び場の不足、交通事故の増加と家族や地域における児童が健やかに生まれ育つための環境づくりが急務と思います。先ほどから学年によっては保育が受けられる人、また受けられない人もいろいろとばらつきがある中で、6年生までの健全児童を全児童を、また、それから小さい幼児も含めながらの受け入れをするような児童館のような整備を考えることは考えていないのか、町長にもう一度お伺いをしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 児童館につきましては、これまで議会で御質問を承っておりますし、現在教育委員会において、その設置の是非について検討してもらっております。検討結果が出次第、具体化に向けて実際に勉強してみたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 今後ともぜひ検討をしていただき御報告をお願いしたいと思います。

 次に、犯罪等に関する情報の提供の推進についてですけれども、昨年の事件の件数と、それから内容、そしてそれを受けてどのように対処をされたのかお聞きしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 有松教育長。



◎教育長(有松邦雄君) 件数等については、次長の方からお答えいたしますが、先ほどどのような取り組みをしているかということを御説明申し上げましたが、行政だけの対応ではどうしても隙間ができるといいますか、不十分な点が多くあります。で、私がもう何よりも心強く思っているのは、苅田婦人会ですかね、たすきをつくって校区内等いろんな折に、散歩に行く折とか、いろんな折にそのたすきをかけて不審者対策にお力添えをいただいているということを大変心強く思っております。このことがだんだんほかの地域にも広がりを見せておりまして、ほかの地域からもぜひたすきをつくってほしいというふうな要望も教育委員会に上がっているというのが現状でございます。婦人会や地域の方、本当に感謝申し上げたいというふうに思っております。

 件数等につきましては、次長の方から御答弁申し上げます。



○議長(珠久六夫君) 増田次長。



◎教育次長(増田英治君) まず、14年度、年度で報告させていただきます。14年度15件、15年度34件、16年度現在まで17件でございます。内容といたしましては、主に声をかける、それから露出、触る、大体この3点が大きなものと考えております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 件数と内容はわかりましたけれども、その変質者に会った、その後こういうことがあったということの連絡といいますか、対処はどのようにされたんでしょうか。



○議長(珠久六夫君) 増田次長。



◎教育次長(増田英治君) まず、発生した場合、下校中であれば保護者、保護者から学校、で、警察、と同時に教育委員会にも連絡がきます。それから、登校時であれば学校にすぐ届け出て学校から警察、もしくは教育委員会ということで、特に悪質な場合は、先ほど教育長からも申し上げましたように、教育委員会の職員がすぐ現場に行くなり付近を注意するなり、もしくは先ほど教育長が申し上げましたように、婦人会の皆様にもこういうところでこういう事例があったということでのお知らせはいたしております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 今の原因、原因というかあったときに学校の方まで連絡がいく、そういうのはわかるのですが、こういうことがあってこういうふうに皆さんにという注意を促す方法といいますか、その事件の後の。



○議長(珠久六夫君) 増田次長。



◎教育次長(増田英治君) 学校の方といたしましては、すぐにPTA、それから学級通信、それから帰り際に子供たちに、こういうところは気をつけなさいということは言っております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 毎日新聞にメールで防犯情報ということで福岡県の春日市で起きた女児殺害事件を通して、地域づくり課の課長補佐の方が防犯情報メール配信システムというのを準備をしているという記事が載っておりました。これは情報を一斉に配信できる携帯電話のメール機能を行かしたアイデアで、保護者を会員として登録し、不審者の情報の信憑性やプライバシー侵害にならないかを市側でチェックし登録者に配信するもので、また、大阪府ではメーリングリストで不審者情報を流す学校が急速にふえています。で、大阪教育大付属池田小学校は全国初となる自治体主体のシステムづくりを目指しており、事件から3年の節目となる6月8日に運用を開始するということが載っておりました。当町でもこのようなシステムづくりをするつもりがあるのかお尋ねいたします。



○議長(珠久六夫君) 有松教育長。



◎教育長(有松邦雄君) お答えいたします。そのメールシステムを使った情報提供ですかね、このことにつきましては、今すぐというわけにはいきませんが、今後研究していきたいというふうに教育委員会では考えております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 進入犯罪者の約6割が声をかけられたので犯行を諦めたと答えています。犯罪者が一番嫌がるのは、地域の連帯と信頼感だとも言われ、安全、安心な防犯のまちづくりを推進するために、自治体において情報の配信サービスの導入をぜひとも検討していただきたいと思います。

 次に、最後の二つ目の飼い犬、猫のふん害等の防止条例の施行後の経過についてお伺いいたします。6月に条例が制定をされてから、犬の登録をされている各家庭に2回封書でお知らせをしています。また、それの総額は幾らになったのか、また、その効果はあったのかお尋ねいたします。



○議長(珠久六夫君) 遠藤環境保全課長。



◎環境保全課長(遠藤哲也君) 犬のふん害の啓発でございますが、施行前に一回啓発、犬の飼い主に知らせを送付いたしております。犬の登録件数でございますが、1,929頭が登録されておりますので、その方たちに啓発のチラシを送付いたしております。施行後も同じ登録者数で送付いたしております。

 予算的には、これは郵便料で1通が50円の郵便料で、1回目が1,883通、2回目が1,724通送付いたしました。

 以上です。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 今はがきでというようなお答えですが、封書で出したんではないでしょうか。



○議長(珠久六夫君) 遠藤課長。



◎環境保全課長(遠藤哲也君) 済みません、封書でございます。



○議長(珠久六夫君) なら、80円。



◎環境保全課長(遠藤哲也君) はい、80円です。



○議長(珠久六夫君) 訂正ですな。



◎環境保全課長(遠藤哲也君) はい。訂正して。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 今50円で何通とかいう話でしたけれども、内容がちょっと違うんではないかと思いますが、80円の封書も切手は80円です。ただその件数を掛けただけではいきませんよね。封筒からいろんな印刷の状況も違って、それをすべて入れて総額は幾らなのかをお聞きしたんですけど。



○議長(珠久六夫君) コストパフォーマンスを言えちゅうんです。はい、遠藤課長。



◎環境保全課長(遠藤哲也君) 申しわけございません。今手元にその総額の金額がございませんので、後で調べて報告いたします。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) では後ほど報告をお願いいたします。

 それと予備費からの流用で看板とか支柱とか、そういったものをつくっていると思います。それから、9月補正も含めて何にどのぐらい使ったのか、具体的な金額と数をお聞きしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 遠藤課長。



◎環境保全課長(遠藤哲也君) ただいまの件につきましても、後で御報告させていただきたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) では後で報告をしてください。

 具体的な数字と内容のものがわからないので、ちょっと何とも言いようがありませんが、施行が1月1日から行われているわけですけれども、この看板の発注はいつごろ行って、いつでき上がり、各校区に何枚配布したのか。それから、今立てている看板はどうするつもりなのかお伺いいたします。



○議長(珠久六夫君) 遠藤課長。



◎環境保全課長(遠藤哲也君) 看板の発注につきましては、ちょっと今手元に資料がございませんが、今でき上がりまして先日各区に一つずつでございますが配布いたしました。現在つくっておりますのが90枚つくっております。そして、46区ございますので、残りにつきましては、各区によりまして多少の要望がございますので、それは残りの枚数で対応したいと考えておりますし、また、足りない分につきましては、新年度予算でまた印刷して配布したいと考えております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 以前立っている看板ですよね、今度新しく看板をつくったわけですよね。以前と今度つくった看板とは違いがありますね。唯一この条例ができた違いが載っているわけですから、以前からある看板はそのままで使うんですか。お聞きします。



○議長(珠久六夫君) 遠藤課長。



◎環境保全課長(遠藤哲也君) 以前ある看板は、今立てております分につきましては、もう古くなっておりますけども、そのままに使っていきたいと思っております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) はい、そのまま使うということですけれども、何のためにこの条例ができて、何のために新しい看板をつくったんでしょうか。よく考えていただきたいんですが、以前から立ててる看板は200カ所ぐらいあるというふうに伺っておりますけれども、その看板のすぐ横でふんをして持ち帰らないんですよ。今度新しい看板が立ったにもかかわらず、区に1枚なんですか。どういう状況でそういうふうになってるのかお聞きします。



○議長(珠久六夫君) 遠藤課長。



◎環境保全課長(遠藤哲也君) 各区に1枚割り当てといいますか配布いたしましたが、とりあえず1枚配布いたしまして、あと各区よりももう何枚ほしいという要望があると思いますので、それを集約いたしまして今後看板を配布したいと考えております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 各区に1枚ということで、その看板もまだ立っていない状況ではないかというふうに思いますが、まず目立つところに立てていただくと、こうやって経費を使って看板をつくってるわけですから、区長には立ててくださいねというふうに言われるんでしょうけども、だからいつ立てるんだということはなかなか聞きにくいとは思いますけれども、もうまず立てていただいたところの区には、もう本当にようこそ立てていただきましたというぐらい、立てた状況でどのように変わりましたかというぐらいの感想を聞くなり、何らかの形で行政がしたことを上げればもうそれまでと、渡してしまったんだからいいではないかということにはならないと思います。

 それと、平成17年の当初予算に9万7,000円の計上をしているということのようですけれども、この9万7,000円の内訳、また指導員さんに使い捨て、うんち袋セットとか、また説明用のチラシとかも持ってもらうような考えがあるのかどうかお聞きしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 遠藤課長。



◎環境保全課長(遠藤哲也君) 新年度予算の犬の啓発につきましての予算は、犬の看板25枚ほど予定しておりまして、現在のところ予算的にはそれだけでございます。今後ボランティアの指導員さんにつきましての必要なものにつきましては、今後補正なりいたしまして考えていきたいと思っております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 今志免町さんなんかがこの条例を福岡県下で一番にやったということで、視察もしてその中でいろんな話を聞いていく中で、前から使っていた看板もどのようにしたのかも伺ったんですね。そしたら、新しい看板にすべて差しかえるというのはやっぱりもったいないと。じゃもったいないけれども新しい看板と古い看板同じようにしていてもやはり意味がない。で、何とかこれを改善できないかということで、不透化制というんですかね、透き通らない、そういうシールがあるそうです。それに罰則規定だとか、いろいろ文言が載るようにして、それをそこの担当課の全員が雑巾を持って1枚ずつシールを張って回ったそうです。そのぐらい自分たちがやっているものに取り組んでいるものに、今回はこれだけの思いでやっているんですと、皆さんこういうふうにモラルの向上に努めていただけませんかというような態度と、それからそういう勢いというものをすごく聞いたときに感じたんですね。うちの今の状況を聞いてみますと、ただそのままあるものは使えと、何となくそういう感じがしますし、できたものも何のためにそれができたのか、それを待ってる人たちはどう思っているのか、そこら辺が全然感じられてきません。ここで町長にひとつお伺いをしたいと思いますが、施行規則の中の第2条の2に、町長は前項の指導を行わせるため指導員を置くことができるというふうになっておりますけれども、今それに対する指導員を置く考え、先ほどボランティアのとかいうふうな話が出ておりましたが、町長自体はどのようにしていくつもりがあるのかお聞きしたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) まちづくりということで考えていきますと、従来のように、こうしたたぐいのものをすべて行政が行っていくということは、効果の面からもどうかと思います。町民の皆さんと一緒になってやっていくということが効果あらしめることであり、まちづくりにつながっていくんだろうと思っております。したがいまして、もちろん行政のやることはやりますけれども、例えば職員がすべての公園を回って指導員でござい、これはよくありませんからやめてください、罰金を払ってくださいというようなところまでは考えておりません。ボランティアを現在募集しておりまして、町民の皆さんと一緒になってこの問題に取り組んでいきたいと考えております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) ボランティアをやはり募ってということなんですけども、この犬のふんをしている人に普通に、「あなたそのふんを持ち帰ってくださいよ」と注意をできる状況ができるでしょうかね。以前にも言いましたけれども、注意を促したときに、やはり反対に怒鳴り返されるという状況。で、できるだけみんな見て見らん振りをするといいますか、そういう状況下にある中で、やはりボランティアという方たちは前向きに持ち帰りましょうと、皆さんにいい方向をおっしゃるんだろうと思いますが、いろんな人がいるわけですよね。その人その人の対応がその方がどうだとかいうことではありませんが、本当に適切な対応がとれるかどうか、そのことを自分の仕事として前向きにやっていけるのかどうか、ボランティアという部分の善意でといいますか、だからここまでやってもらわないと困りますよというようなことは言えないと思うんですね。一緒にやりましょうと、言葉は大変スマートでいいと思うんですけれども、限界があると思います。いろんな意味でやはりお年寄りの方がもう日々自分の前だけはきれいにしたいとか、そういう思いで一生懸命草取りをしたりとか、犬のふんを片づけたりとかしている人を本当にあざ笑うかのように堂々とその前でふんをしては持ち帰らない、こんな状況がある中で、例えば気のいい方もボランティアに参加をされるでしょう。そういう方が「あなたどうして持ち帰らないの」というような、「こういうふうになってるじゃないですか」というような指導、それから命令、勧告といったようなシステムがつくられておりますけれども、これが本当に生きていくでしょうか。大変疑問に思います。

 以前のやはり志免町さんでもやはりボランティアというよりは、やっぱり人を雇ってといいますかね、嘱託の方とかをお願いをして町の方からこういうふうにやってもらいたいと注意も促しながら取り締まることが目的ではない。あくまでも環境に本当にいいためにやっていただくので、例えばそういう脅し的な話になったときに、命をはってとか、そういうことはぜひやらないでいただきたいという細心の注意もしてというような指導もしながらこの指導員さんという方にはやっていただいているということもお伺いしたんですね。だから本当に本気になってきれいにしていこう、そうしう町民の方たちの悩みを取り除いていこうというんであれば、このようなボランティアの方の出て来るのを待っていてはなかなか進まないのではないかというふうに思いますが、いかがでしょうか。今の現在の指導員さんにと思っておられる方がいらっしゃるようですけれども、人数をお聞かせください。



○議長(珠久六夫君) 遠藤課長。



◎環境保全課長(遠藤哲也君) ボランティアの指導員さんの人数でございますが、現在まだ実施はいたしておりませんが、予定といたしまして2人ほど予定しております。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 予定というのは2人もうボランティアで私がやってもいいですよという人がいるということですか。



○議長(珠久六夫君) 遠藤課長。



◎環境保全課長(遠藤哲也君) はい、そのようになります。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 本当に先ほどからボランティアの方にやっていただくというような話なんですが、そこら辺は本当に慎重に、そして、2人で必ず回るということもやっていただきながら、検討をぜひやっていただきたいというふうに思います。先ほどからいろいろ予算についてもちょっとまだわからないことだらけですけれども、私は今までと同じようなことをしていても何ら変わらないのではないかと思います。以前から町政だよりにも何度も載せて啓発もしてきているわけですから、今回も2回ほどまた町政だよりにも載せて啓発、郵送とかもしているそうですが、幾ら個人的にお知らせを出しても効果は出にくいんではないかというふうに思います。それよりは啓発をかけるグッズをつくるつもりはないんでしょうか。町民の意識改革といいますか、町民の方にも目で見ていただく、そして聞いていただく、そして協力していただく、そういうことをすることの方がはるかに効果が出るんではないかと思います。先日隣の北九州市朽網地区というところで、帽子にいぬのふん害防止とぽい捨て禁止の文字を入れて番号を売って、グラウンドゴルフをしている方たちに被っていただきながら啓発に協力をしていただくというような話を、また実際見たんですが、また、ほかにも北九州で今ラッピングバスというのが何か言われているようで、公用車に──公用車というかバスにラッピングをして宣伝を北九州空港とか、ああいったものの宣伝をするということを新聞で読みましたが、うちでも公用車とかに今防犯のステッカーを張っておりますよね、それぞれ。あれにやはり犬の啓発のステッカーなどを張ったらいいんではないかな。それから、また放送も皆さんに呼びかけをしたらいいんではないかな。ともかく人目に触れさせていく、耳にも訴えていくということが大事ではないかと思います。また、四月には犬の予防注射があると思いますが、そのときは年に1回ですからキャンペーンでも行ってみたらどうなんでしょうか。犬を飼っている人しかそれが関係ないわということではなく、飼っていない人にも意識づけをしていくことが小さいことかもしれませんが、みんなでその気になって必ずよくしていこうということが、また抑止力になっていくというふうに思います。

 で、ここで責任と役割について確認をしておきたいと思います。町長は先ほども環境のことについて、住民が住みやすさを感じられるまちづくりを考えるというふうに言われておりましたが、その住みやすさとはどういうことなのか。町民の皆様が諦めていた飼い犬、猫のふん害等の問題について条例ができたことことで、大変期待をし信頼もしていただいていたにもかかわらず、施行開始になっても散歩をする人の周りには何の変化もなく、何が改善されたのかを目で見ることはできない。もう知ってか知らずか今まで以上に堂々とふんをさせたまま通り過ぎる状況に落胆の大きさは計り知れないほどで、町に対しても不信につながっています。

 たくさんの嘆きの声を聞くなかで、きょうは大変心ある町民の方から手紙をいただきましたので、この場を借りて読まさせていただきます。「私は苅田町に住み始めて6年半になります。結婚と同時にこの苅田町での生活をスタートしたのですが、第一印象として生活環境の整った町だなと感じたことを覚えています。当時は社宅に住み部外者が敷地内に入って来ることも少なかったためか、ごみやペットのふんのことなど気にもとめることなく生活をし、子供の遊び場にも困ることがありませんでした。そのため第一印象は崩れることなく私や家族の中に定着し、ますますこの苅田町は住みやすい町であると確信していったのです。このことが家を購入する際に決め手となり、苅田町に居を構えることとなったのです。しかし、夢のマイホームが実現し、ここでの生活をスタートさせてすぐに悩みが発生したのです。それはペットのふんのことです。近くの公園や遊歩道、自宅前の車道など、ところ構わずペットのふんが放置してあるのです。我が家には小さな子供がおりますし、衛生のことや見た目の上でも悪いので、気づいたら直ちに掃除をするように心がけてはいるのですが、まるでそれを当てにしているかのごとく、ペットの飼い主のマナーは一向によくなりません。一度苅田町役場の職員の方に相談してはみたものの、ふんの後始末をしていない人を見かけたら名前を聞いてくださいと言われただけでした。そうは言われても24時間監視できるわけもなく、また、見つけたとしても名前を聞くどころか注意することさえできないのが実情です。これでは住環境の整った町苅田というイメージを維持できるはずもありません。せっかくこの町が好きでこの町を住処として選んだのに、悔しさがつのるばかりです。今苅田町は大企業の誘致に成功し、新空港の開港も目前とし、町としては活気にあふれているときだと思います。となると、町外から訪れる人も少なくないはずです。その人たちがペットのふんの始末を見て、苅田町のイメージをどうとらえるのでしょうか。現状として私の住んでいる地区だけではなく、町の至るところや公園にはふんの始末が見かけられます。そのため私と同じくペットのふんで困っている人は多いと思います。しかし、ペットを飼っている人でもきちんとふんの後始末をしている人も多いと思います。きっとふんの後始末ができない飼い主はほんの一握りなのではないでしょうか。その一握りの人たちのために、苅田町のイメージを悪くされたのではたまったものではありません。ペットのふんに関する条例も決定した今、決定前と何ら改善の兆しが見られるわけではなく、一体何の条例だと思っている人も少なくありません。これでは何の意味もないと思います。今こそ行政と町民が一体となって、町のクリーンアップ作戦に乗り出すべきではないでしょうか」。要するにいつまでどこがやるのか、その執行権はだれにあるのか、最終的にどこに責任があるのかをお尋ねいたします。



○議長(珠久六夫君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 今の手紙大変いい手紙だと思います。特に行政と町民が一緒になってやるべきだと。先ほども申し上げました、この環境の問題というのは、私どもの身の回り、本当に身近な問題です。したがって、行政だけでできるものでもございません。また、町民だけでできるものでもございません。それから企業、あるいは団体だけで解決していけるものでもございません。環境未来図、環境基本計画というものを昨年3月策定いたしております。これには160項目だったと思いますが、非常に数多くの環境問題についてそれぞれ目標を定め、その目標を達成するために何をするか、そして、それぞれ町の役割、町民の役割、そして企業、あるいは団体の役割、明記いたしております。で、先般環境推進委員、それから苅田町環境会議のメンバー選定されまして、今後はこの環境基本計画をこうした会議あるいはメンバーで、それから、今度役場の中にも一つ環境推進会議というのがあります。これらがそれぞれやるべきことをきちんとやり、そして、もう一つ連携を取りながらやっていくという形が必要だろうと思います。ただ、だれの責任かといいますと、やっぱりリーダーが必要になってまいります。リーダーは役場がとっていくべきだと思います。しかし、再三言いますように、役場だけ頑張ってみたところで環境の問題は解決するものではないと思います。皆さんと一緒になって解決していきたいと思います。



○議長(珠久六夫君) 1番、小山君。



◆議員(小山信美君) 目標も決めて役どころも決めて、それぞれが責任のあるその立場を全うしていただければいいんですが、現実目で見て本当にそれが進んでいるのかということも大変疑わしいもので、それをチェックをしていくのが、多分そのトップに立つ人たちの役割だろうと思います。それが全然なされてないというふうに思います。町長は環境問題の中でも目標を決めて着実に取り組むと言われておりますが、条例ができる前に視察に行ったところでは、最初が肝心ということで思い切った予算の中で条例を施行しておりました。今回つけた予算でその思い切りの改革ができるとはとても思えません。町民の皆様の声におこたえすべく信頼回復に向けた施策でスピードアップをさせて、責任の所在を明確にし取り組んでいただくことを切に要望して私の一般質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(珠久六夫君) 以上で、小山信美君の一般質問を終わります。

                              



○議長(珠久六夫君) ここで45分まで休憩をいたします。

午後2時30分休憩

                              

午後2時45分再開

〔議長交代〕



○副議長(光永信雄君) 議長を交代して会議を再開いたします。

 一般質問を続けます。13番、長井孝篤君。



◆議員(長井孝篤君) 〔登壇〕皆さん、こんにちは。13番議員の第1ニューフォーラムの長井でございます。ちょっと花粉症と風邪の合併症に悩んでおりまして、お聞き苦しい点を御容赦をお願いいたします。これから3月議会の一般質問をいたします。

 出口の見えない長いトンネルを歩いて行くような経済不況の闇も、この二、三年幾らか明るさが見えるようになりました。自動車産業、エレクトロニクス関連の大手企業が史上最高の収益を上げ、さらに構造不況産業とも言われておりました素材産業の鉄鋼、石油化学、こういった各産業等も好調でありまして、これらの大企業が牽引役となりまして、まだまだ先行き不透明でこのあと半年余り景気回復の踊り場とも言われる停滞が見られるものの、この10年余りにも及びましたデフレスパイラルという深刻な経済不況から脱出できるのではないかと期待されるのは現在の国内の経済実態ではないでしょうか。

 一方、当苅田町について言いますと、昨年来町内最大手の日産自動車がカルロスゴーン効果といいますか、目ざましい経営革新の成果によりまして、奇蹟的ともいえるV型回復を達成いたしまして高収益を上げ、その結果当町に今年度十数億円という予想を上回る法人町民税が納入されました。さらには昨年末トヨタ自動車九州のエンジン工場の進出が決定、さらについ先日は当町が全国の優良自治体として表彰を受けたという報告もございました。こういった大変明るいニュースが当町には続いておりまして、当面単独でいくことが大勢であります当苅田町のこれからのまちづくりの面で大きな希望と夢が描けるようになってきたのであります。これは近隣自治体が財政不況のもと悪戦苦闘している状況とは裏腹に、当町は不交付団体の強みを生かして、住みよいすばらしいまちづくりを行っていく、まさに正念場を迎えているのであります。町長を初めとする執行部はもちろん、我々議会議員の責任は極めて大きいと言わなければなりません。そこで今回私の質問は大きく分けまして4項目、逐次お聞きいたします。

 まず、第1番目に広域行政についてでございます。当苅田町はことし3月末で期限が切れます合併特例法による合併を見送りまして、当面単独でいく方針が示されております。その方針には私どもも異論はないところでございます。が、長い将来を見越した場合、果たしてずっとこの単独のままでやっていけるのか疑問が残るのであります。今回の市町村合併からさらに進んで、より広域を目指す道州制の導入も既に検討の俎上にのぼっております。そこまでいかなくても当苅田町が、いずれは単独では存在し得なくなる時代が5年、10年、それほど遠くない将来にやってくることも考えなければならないのではないでしょうか。今回の合併特例法の期限が切れるこの4月以降は、合併新法に切りかわりまして、これまでの合併特例債など優遇措置がいろいろございました。いわゆる飴の部分でございます。これがなくなると。それと同時に県知事の合併に関する権限が大幅に付与されまして、それまでの合併が当事者によります自主的なものであったのが、いわゆる行政指導的な、言いかえますと、お上の指導によります半強制的な合併の形も当然出てくると予測されるのであります。この場合現在の各自治体が財政力等においてかなり大きなアンバランス、格差を生じておりまして、この均衡化を図っていかなければいけない国、県の立場も当然勘案された形で推進されるでありましょう。

 一般論で申しますと、時間軸で計る距離は時代とともに急速に短縮されております。交通機関の発達、道路網の完備、さらにIT技術の向上によります情報連絡の時間短縮など、この距離の短縮化に比例して明治、昭和、さらに今回の平成と続く市町村合併が進められてきているといっても過言ではありますまい。地球は狭くなった、いまや国と国、いや地球上は一つというボーダレスの認識が広まりつつあるのであります。したがって、これからは一つの自治体が自己の行政地域の枠内で、あらゆる事業、自己完結的に対処する処理するという形ではなく、近隣地域を含めた広域的な観点から広域的な対応をしていくと。これこそが21世紀を迎えて我々地方行政にかかわるものの思考の原点でなければならないと思います。

 具体的な例といたしまして、消防の問題、水、ガス等インフラ対応、救急医療、下水道、国民健康保険もそうですがごみ処理問題、さらに当町に関しましては空港用地活用等の問題等々、広域対応の対象に上げられる事業分野は枚挙のいとまがないのであります。合併問題とは一応切り離した形で、このような広域的に対処すべき諸問題に適時適切に対応しなければならない。そのためにはまず近隣の自治体、具体的に申しますと北九州市であり行橋市であり京築地域であります。こういった近隣自治体と常に良好な関係を保つことが大前提であります。その上で密接な連携等情報交換を図り、相互に便宜を供用し、互いに足らざるを補い合う姿勢が大切ではないかと考えられます。最近合併問題の後遺症でしょうか、近隣市とぎくしゃくしているという話も聞きますんですけども、こういった問題は早急に解決すべきでありましょう。福岡県における今回の合併の現状説明とあわせまして、この広域化に関します町長のお考えと対処法についてお伺いしたいと思います。

 2番目に、企業誘致の見通しについてでございます。午前中も常廣議員の質問にございました。苅田地区にトヨタ自動車九州の進出を契機にいたしまして、町長の答弁にもありましたが、苅田町は全国的にその名前がPRされまして、企業誘致に当たってのフォローウインドになっていると推測されるのであります。当町では昨年末企業誘致推進プロジェクト室が発足いたしまして、臨空産業団地への企業の本格的な誘致に向けて第一歩が踏み出されました。現在その状況がどうなのか、成果は上がってきておるのか、今後の見通しも含め、できるだけ具体的な説明をお願いいたします。

 加えまして、トヨタ自動車進出に伴いまして、当町には財政面で相当大きなメリットが期待されておりますが、執行部としてこれをどのように評価されているのか、また、税法上の優遇措置がどのようなものを考えられているのか、あわせてお伺いいたします。

 3番目、都市計画の見直しについてでございます。都市計画を現実に即した住民のニーズに基づいて見直すべきであるという意見を私は何回かこの壇上からも一般質問で申し上げてまいりました。発展するすばらしいまちづくりにふさわしい都市計画は、何をおいても必要でありましょう。現在、苅田町に存在する非現実的な緑地帯の修正、現実に即した道路計画等々につきまして、町執行部は今年度中に見直しをかけるとの回答をいただいておりますが、3月期限が迫っております。現状がどうなっているのかお伺いいたします。

 また、与原の区画整理事業につきまして、小波瀬区画整理事業の反省に立ちまして、どのような対応をとられるおつもりなのか、あわせてお伺いをいたします。

 最後の4番目、新空港完成に伴う当町の建設事業の進捗状況についてでございます。

 新北九州空港の完成がいよいよ1年先に迫ってまいりました。空港完成を当町の町づくりのジャンプアップの基盤とすると、かねてから町長も言明されております。町内の大型建設工事も、駅周辺工事を初め空港完成をにらんで進められているのが現実でございます。そこで、これに関連いたします主要工事が空港完成時にどの程度進捗して、どういう姿をあらわしておるのか。これは町民の関心が最も高いところと思われます以下の項目につきましてお尋ねいたしたいと思います。

 まず第1番目、午前中の質問にもございました、苅田駅高架化に伴います東口、西口駅前の改良工事がどうかと。2番目に、井場川の河口の3.1.1号線の道路工事がどういうふうになるか。3番目に、井場川河口に──これ海の駅、名前はまだついていないというふうに聞いておりますけども、人の集まる場所をつくっていこうという計画がございます。これがどのような進捗を示して、どうなっておるかということ。4番目に、3.1.1号線の臨海貨物線の踏み切り工事、これがネックになっておったというふうに聞いておりますが、それがどういうふうになったのかと。以上の4項目についてお聞きいたします。

 以上で壇上の質問を終わりまして、執行部の回答の後に、必要に応じまして補足的な質問を質問席で行いたいと思います。執行部の誠意ある答弁をお願いいたします。



○副議長(光永信雄君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 〔登壇〕ただいま長井議員の壇上からの御質問に対して答弁申し上げます。4点ございますので、順次答弁いたします。

 まず、今後の広域行政のあり方についてでございます。お話ございましたように、この3月31日で現在の合併特例法が期限切れとなりまして、4月からまた新しい合併特例法が施行されまして、今後も引き続き市町村合併は遂行されるということになります。苅田町の場合、既にもう期限が迫っておりますように、今回の特例法のもとでの合併は行わずに、当面単独での町づくりに注力いたしまして町づくりを一生懸命やっているわけでございますが、中長期的には合併というものは常に視野に入れておかなければならないと思っております。新しい合併特例法のもとに、県がこれから市町村の合併について指導を行って合併推進していくことになります。この県の方向、それから近隣の市町村がどうするかということを見極めながら、中長期的に合併については検討を怠らない形でやってまいります。

 それから、広域行政の重要性でございますけれども、地方分権のいよいよ実行の段階となりました。財源が移譲されてまいりまして、これからは国や県に頼らないで、それぞれの市町村が独自で町づくりをしていくという時代と現実的になってまいりました。それぞれの市町村のみならず、地域全体が、議員がおっしゃいましたように連携して地方の時代の行政をやっていく必要もございます。そういう中で、広域行政というものをますます重要になってくると認識いたしております。今までも一部事務組合であるとか、あるいは各種の協議会だとか、いろんな行事、事業ですね、介護保険の認定作業だとか急患センターだとか、いろんなことを近隣の市町村とは協同でやってきておりますけれども、今後はますます広域行政重要になってくると思っております。

 特に、北九州あるいは京築地方との連携が必要になってまいります。その中でも、新しい空港開港ということを基軸にしましてこの地域発展してまいります。そうしたことを考えますと、北九州市との連携は非常に重要だと思います。既に、一昨年から昨年にかけましてトップ会談行いまして、この新北九州空港に伴うお互いの共通事項を幾つか項目挙げまして一緒にやろうという約束を北九州市と苅田町とやってきております。その約束に従って、現在広域行政行われておりますけれども、その当時はっきりしなかった項目が、その後は進展していないというのが現実でございます。このあたりも今後鋭意広域行政努めて、お互いの発展のために努力していきたいと思います。

 それから、2番目の企業誘致の関係でございます。

 先ほども言いましたように、昨年12月、トヨタ自動車の進出が決まりまして、苅田町の名前が全国的にPRされまして、非常に企業誘致にとりましてはいい環境になってまいりました。新産業立地プロジェクト室というものをつくりまして、先ほども申し上げましたように新しい空港ができる、高速道路ができる、港が整備されるという、こうした陸海空の交通基盤が整備されるという条件、プラス、トヨタ進出という好条件を逃がさないように、自動車関連産業だけじゃなくて交通基盤が整備されるのに適した企業の誘致にも努めていきたいと思っております。



 現在、苅田町では、御承知のように苅田臨空産業団地を開発いたしております。造成しながら既に分譲開始しているところもあります。3月1日現在、29社ほどからいろんな引き合いを受けております。準工業地域でございますA地区、B地区、C地区が具体的な話としては多いわけですけれども、大体6社ぐらいはもうほぼ来たいという形で話が来ております。それから、工場専用地域のF街区、D街区、D街区についてはまだ造成途中でございますけれども、2社の申し込みがあるというような状況でございます。今後とも、先ほど申し上げましたように、自動車関連産業を中心にいたしまして空港、高速道路、港湾の整備という好条件を活用した企業誘致を行っていきたいと思います。

 それから、トヨタ自動車が来た場合の財政効果あるいは優遇措置についてお尋ねいただきました。財政効果は、当然のことながらまだはっきりしない部分が多うございます。固定資産税あるいは法人町民税という税金関係が主となりますけれども、まだ機械設備がどうなるのか、あるいは建屋がどうなるのか、はっきりしないところもございまして、いずれ町の財政に寄与してくるということは間違いございません。ただ、それよりも私どももっと期待いたしますのは、関連企業が苅田に立地して、先ほどの苅田臨空産業団地のみならず、県の松山工業用地あるいは白石の企業局が持っております白石の用地等に立地しまして、法人町民税あるいは固定資産税を納入してくれる、あるいは町民の雇用の面で貢献してくれると、こういうことに期待しているところでございます。

 優遇措置は、御承知のように苅田臨空産業団地に立地してくる企業につきまして、議会の承認を得まして現在定めております。これも、その企業の実態をよく見ながら適宜適用していくということにしたいと思っております。トヨタ自動車の場合、苅田臨空産業団地から外れて、県の松山工業用地に来るわけですけれども、大変激しい誘致合戦の中で県の方から苅田の優遇制度を一部、一部でございますけれども適用できないだろうかという御相談がございまして、いいでしょうという形で御返事申し上げております。まだ、具体的には決まっておりませんが、この点については議会の方にも御報告さしていただいていると思います。

 それから、3番目の都市計画の見直しでございます。現実に即した都市計画の見直しをということ当然でございまして、現在苅田町都市計画マスタープランの見直しを行っております。この見直しにつきましては、学識経験者、町民あるいは町の職員からなります研究会とかワークショップとか、こういうもので現在検討しておりまして、また、住民アンケートを行うなど、広い意見を取り入れながら見直してまいりたいと思います。

 お話のように、現実に即した形にするということが非常に肝要でございます。特に、苅田町の場合、現在大きく環境が変わっております。空港ができたり、臨海工業線あるいは東九州自動車道が入ってきたりと、大きく変わってきておりますので、現実に即した、しかも町民の皆さんの意見を取り入れた都市計画の見直しを行ってまいりたいと思っております。

 いま一つの与原区画整理事業でございますが、昭和55年に、実は都市計画決定されておりまして、現在まで事業化されていないということで、地権者の皆様方にはもう大変大変迷惑をかけております。いよいよこの進む方向を決めようということで、現在対応いたしております。去る1月、それから2月、3回にわたりまして地元の皆様方との意見交換会を設けました。そして、この区画整理事業をどう進めるかという方向性について、お互いに意見を交換したところでございます。当初計画しておりました都市区画整理事業というものは、現在の情勢から非常に難しい面がございます。自治体施工というやり方、組合施工というやり方、いずれをとりましても減歩率と申しまして、供出していただく土地の割合が非常に高く、経費も莫大なものがかかります。そこで、町といたしましては、道路あるいは水路、こうしたものを整備していくという案でどうだろうかというような提案をさせていただきました。地権者の方々の大方の賛成は得たと思っておりますけれども、さらにこの計画をもう少し具体的なものにして、すべての地権者の皆様の御意見をお伺いしながら進めてまいりたいと考えているところでございます。

 最後の、新しい空港に関連いたしまして、苅田町でその町づくりに対する事業、よく言われますように、単なる通過点に過ぎないという形にならないための事業でございますが、お話の幾つかの事業が計画されて実行に移されつつあります。

 その進捗状況をお尋ねいただきましたので簡単に申し上げますと、まずJR苅田駅、これは幾つか事業がございます。詳細には6つでございますけれども、大きく分けますと、苅田駅そのものを2階駅舎にする、いわゆる橋上化でございます。と同時に、自由通路というものを設ける、これが一つ。

 それから、苅田駅の西口、山側でございますけども、ここに広場、道路こういうものをつくります。県道と結びつける形にしていくという事業もございます。

 それから、苅田駅の東口広場の整備がございます。現在の形ですと、午前中もお話ございましたように、大型バス等が非常に入りにくい形になっておりますので、企業の送迎バスあるいは空港へのシャトルバス、こういう形が十分に入れるようにする、あるいは観光案内所を設ける、山笠がそこに6台、7台並んでみんなで楽しめる形にするとか、そういう事業を行うようにしております。

 最後が、井場川の埋め立て地に集客設備をつくるという事業でございます。大変大がかりな事業で、しかも予算が50億、60億かかる事業でございます。国の補助事業も取り入れながらやっていかなければなりません。それで、空港開港、来年3月ですけれども、それまでには駅舎あるいは自由通路こういうもの、あるいは東口広場、バスが発着できるように、そういうところまでは仕上げたいと思っております。西口広場、とりかかりますけれども、空港開港までにはちょっと間に合わないところが出てこようかと思っております。

 それから、井場川につきましては、後ほど出てまいります臨海工業線の方が先になります。そちらができ上がりましてから埋め立てて、最後に施設をつくっていくということになりますので、時間がかかろうかとも思っております。

 それで、駅周辺はそうなんですけれども、それでは臨海工業線がどうなるか、これ2カ所についてお尋ねいただいております。一つは、井場川のところ、いま一つはJR貨物のところでございます。いずれにいたしましても、この臨海工業線は、来年3月の空港までには全面供用できるという形で進みます。井場川の方につきましては、既に県が工事を発注しております。間違いなくできると思いますし、JR貨物のところも、既にJR貨物とは協議が整いまして、2月に整ったようですけれども、道路建設に必要な部分のレールの撤去等々、既にもう始まって工事が進められております。

 それから、海の駅ですね、集客設備の方ですけども、先ほど申し上げましたように、道路ができ上がってからということになりますので、現在のところ平成19年ぐらいから何とか建設工事にとりかかれるように今頑張っているところでございます。なるべく早くやりたいと思います。

 以上、ちょっと雑駁だったと思いますけれども、壇上から答弁申し上げました。あとは、一般質問者席からの御質問にお答えしたいと思います。よろしくお願いいたします。



○副議長(光永信雄君) 13番、長井孝篤君。



◆議員(長井孝篤君) 懇切な御説明ありがとうございました。ちょっと私ぐあい悪いんで、簡単に一問一答をしたいと思いますが、まず、広域行政の関係ですけども、現在全国と福岡県の合併進捗状況ですが、ちょっと概要をお話いただけますか。



○副議長(光永信雄君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 平成の大合併がスタートいたしましたときには、大体全国の市町村3,120幾つかあったと思います。現在のところ、まだ2,200か300ですけれども、現在の合併特例法がことしの3月に切れて、その特典がまだ生きている来年の3月末まで、つまり現在の合併特例法のもとでの合併後の市町村の数というのは、2,000をちょっと切った1,900前後でなかろうかと言われております。現在駆け込みでいろんな形がなされておりますので、正確なところはまだ、今月いっぱいでもちろん判明いたします。

 福岡県は、同じ状況では97市町村がございました。これも御承知のように、この京築地方を見てもまだ決まってないところがあるというような状況ですが、大体70前後、70少し切る形で落ち着くんじゃなかろうかと言われております。



○副議長(光永信雄君) 13番、長井孝篤君。



◆議員(長井孝篤君) おっしゃるとおりでありまして、現在福岡県は97ですか、それが70前後ということで約7割ぐらいに集約されると。これはただ全国平均で申しますと、全国3,220幾つあったんですけど、1,840ぐらいということで、約57%ぐらいに集約される。それから見ますと、福岡県は成績が余りよろしくないと。例えば、隣の大分県で申しますと、58が18ぐらいになる。全国で一番少ないのは広島でして、広島が86が24、実にもう20何%に集約されると。こういった近隣の合併に比べますと、福岡県はかなり成績が悪いということになるわけなんです。

 ほんで、我々心配してますのは、こういった成績の悪いところは、したがって行政指導的な二次的な合併というのはかなり強く言ってくるんじゃないかというふうに考えられまして、その辺で意に沿わない合併ということも当然出てくるんじゃないかということを想像しなきゃいかん。国の方針としては、御存知のとおり大体当面1,000ぐらいにまとめようというのを当初目的だったみたいですね。それが1,800ということで、かなり未達成ということで、ことしの4月から新法で運営されますけども、かなり強制的な合併もこれからは出てくるであろうと。人口1万以下の自治体はもうやめるということで、行政指導は出てくるということを想定しなきゃいかんと思います。

 実は、21世紀の国土グランドデザインという本がありまして、これ私たまたま買って読んだんですけども、国土交通省の発刊による、これからの国土をどういうふうにデザインしていくかという本でございました。これによりますと、ちょっと一部書いてあることを御紹介しますと、「参加と連携による地域づくり、人口が減少局面に入りまして、人口増加に期待した地域の活力の増大が困難になってくる。そうした制約の中で地域づくりに求められるのは、集中と巨大化による集積効果ではなく、広い圏域においてそれぞれに個性的な地域間の連携と交流により、集積にかわる効果を発揮させること。広域連合や一部事務組合の制度の活用、合併を含めてということで、連携のための合意形成と連携組織づくり、身近な地域の取り組みを基礎に広域的な連携を推進するということが肝心である」というふうな御披露が出てるんですよ。

 先ほど町長の壇上の答弁がございました。特に北九州市と、我々苅田一番大事なのはやっぱり北九州市、今後空港の活用その他も含めまして北九州市との関連が非常に大事だと思われます。その中で、ちょっと一部雑音的に聞きますのは、何か非常にしっくりいってないと。何か苅田の頼むことは、なかなか通らないんだというような話も伺うところでございます。こういった近隣と仲よくやっていくというのは、かなりいろいろ俗人的な問題もあって難しい面は十分わかるわけでありますが、いつも一方的に頼むだけじゃなくて、相手にとって知ってもらいたいこと、こっちでできること、これが何かということをやっぱり考えていかなきゃいかんと思うんです。だから、相手にとってしてもらいたいことは何かと。それに対してどういうような対応ができるのかと。こういった面で観点を変えて、一方的に頼むだけじゃなくて、むしろ頼まれる、どういった項目があるのかなということで、いかがですか、その辺につきまして、ちょっと御見解をお伺いしたい。



○副議長(光永信雄君) 後藤町長公室長。



◎町長公室長(後藤雅博君) 北九州市との連携でございますけども、広域行政研究会というのを15年6月に立ち上げまして、トップ会談等をしてきながら9項目にわたるいろいろな懸案事項を出してきました。今話が進んでないという御指摘でございましたけれども、かなり調整が済んだものもございますし、現在調整してるというところもございます。そういったものもございますし、当然相互信頼と申しますか、パートナーっていうのはそういうもんであるというふうに思ってます。北九州市からの頼まれごとについても、苅田町でできるものはやっていきたいというふうに思ってますし、今度そもそも広域行政研究会をつくりましたのも、新空港を生かした町づくりをお互いやっていこうというもとにやってきましたし、施設の共同利用につきましてもやっていこうということで話し合ってきました。お互い頼みたいことを言いながら、これからもいきたいと。一つ北九州市から言われてるのは、都市間の広域連携を何とかしてほしいという話は現実にございます。



○副議長(光永信雄君) 13番、長井孝篤君。



◆議員(長井孝篤君) そういった広域的な対応を、今後適切にぜひ進めていただきたいということを御要望を申し上げておきます。

 附帯して、実は最近テレビで拝見したんですけども、1市3町ですかね、行橋市と京都3町、これのごみを北九州市が一括焼却処分するという話が出ておりました。これはたしか1万2,000円で焼却処分してあげるということなんですよ。これは行橋市で焼却できなくなって、北九州市の既存のごみ焼却炉で対応するということが出ておりました。これに関連しまして、当町は苅田エコプラントでごみ処理やっております。これ可燃ごみ1トン当たり大体4万円ぐらいかかってますよね。それに対して1万2,000円でもし焼却できるとすれば、非常に広域の経済的な経済性が高いということを考えられるわけですけども、この辺について民生部長いかがですか。



○副議長(光永信雄君) 井関民生部長。



◎民生部長(井関寛之君) 1市3町でごみを北九州の方で今年度から、17年度から処理をしてもらうという話は聞いておりますが、単価については、まだこれは議会前、契約前ということで数字はまだ教えてもらうことはできません。そういったことから、今エコで可燃ごみ処理してる金額が、単純にエコに町が出してるお金、それとごみの量を割って大体4万円という数字だと思いますが、1万2,000円と比較してかなり安いと、広域の方が安いという話ですが、これ単純にちょっと比較が、ちょっとできないと思っております。というのは、行橋の場合は、中間処理といいますか、ごみをもう圧縮して、もうそれを北九州の方に持っていくということです。だから、コスト的に見ましてもそういったそれまでにする費用というのが当然かかりますし、運搬賃もかかります。だから、これが単純に4万円と1万2,000円かと、予定っていうか、今議員さんおっしゃいますが、これは比較がしにくいということです。いずれにしましても、苅田町もエコプラントの方でこういった処理をしておりますので、RDFということですので、普通焼却に比べては幾分は苅田町比べた場合高いかなという気がしますが、単純にそこらあたりが1万2,000円と比較はできないというふうに思っております。



○副議長(光永信雄君) 13番、長井孝篤君。



◆議員(長井孝篤君) これが目的じゃないんですけども、エコプラントについては、やっぱり経済性の面からいろいろやっぱり再検討をしなきゃいかんのかなという感じもいたしてはおります。

 それと、今回近隣自治体との良好な関係を保つということに関連いたしまして、将来のやっぱり合併もあり得るということで考えますと、現在財政的に非常に恵まれた立場に苅田町はなったと。で、いろんなインフラ整備も含めまして、いろんな多少の投資には耐え得る体質ができつつあると。こういったことで非常に喜ばしいわけであります。そういった意味で、今後をにらんでどこと、例えば一緒になっても遜色がない、そういった強力な体質を整えるための絶好の今が期間であるというふうに考えられるわけなんで、そういった意味から来年度一般会計予算で140数億という、ここ未曾有の大きな予算を計上されておりまして、そういったインフラ整備を含めました一つの町の進め方として、非常にタイミングのいい、タイムリーな行き方だというふうに考えておりますが、その辺について町長のお考えいかがですか。



○副議長(光永信雄君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 広域行政、確かに重要でございます。その地域全体が浮揚していく、発展していくという意味から重要でございますが、その前にそれぞれの市なり町が自立をするということがもっともっと重要でございます。今苅田町は、とにかく自立をしっかりできる体質をつくろうということで、財政的な基盤の整備、それから行政的な基盤の整備。

 財政的には、おかげをもちまして行政改革、財政改革の効果が非常に出てきておりますのと、税収が増加しておりますので、短期的には大丈夫だろうと思っております。今後長期的なものを確立する努力が必要だろうと思います。

 それよりも行政的な、先ほども午前中から午後にかけてもありましたけれども、いわゆる町づくりですね、町民参画の町づくりの形を早くつくり上げなければならないと思ってます。自分たちで自分たちの町をつくっていくという形、これをぜひつくって、行政的にも財政的にも自立した町といえる形が望ましいと思います。それと並行して、当然広域行政をやってまいります。他の市町村の動向を見ながらと、先ほど壇上から申し上げました。他の市町村、今まだ合併努力しているところもあって、とても自立どころではないようなところもございます。そういうところとの広域行政も並行しては考えてまいりますけれども、まず自分のところの自立、これをしっかりやっていきたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 13番、長井君。



◆議員(長井孝篤君) ありがとうございました。町長もそういうお考えで、ぜひこれからも進めていただきたいと思います。

 次に、企業誘致についてお伺いいたしますけども、現在着々と用地販売について実績が上がりつつあると。準工地区については6社がほぼ確定。この面積的にどのぐらいになるのかと。それとF、D工区については2社申し込みがありますけども、これについて臨空産業団地は全体でたしか21ヘクタールですかな、それぐらいだと思いますけども、その中でどの程度の用地が大体めどがついたのか、お伺いいたします。



○副議長(光永信雄君) 各務産業建設部長。



◎産業建設部長(各務強志君) お答えいたします。

 臨空産業団地につきましては、今おっしゃいますように全体分譲面積が21万5,642平米でございます。現在はF街区の5万138平米、これ全体の23%になりますが、これを今分譲しております。16年度末につきましては、B、C、D街区12万9,259平米ができますので、これが約60%で、あわせて16年度の3月末は、約17万9,397平米で83%完成いたします。

 今度は、今この引き合いの関係でございますが、先ほど町長からの御答弁がありましたように、6社あわせて近くのF街区に2社ということで来ておりますが、まだこれの正式契約まで行っておりませんので、面積についてはまだ控えさせてもらいたいと思っておりますが、引き合いは先ほど言ったように29社来て、かなり見込みがあるものが8件ということで、現在のところ分譲可能なF街区とホテル3軒がもし分譲に成功した場合は、約2万6,000平米程度で12%となるようでございます。

 以上です。



○副議長(光永信雄君) 13番、長井君。



◆議員(長井孝篤君) 現在、じゃ12%程度で、まだまだこれからという段階ですよね。

 私の会派の研修で昨年1月に中部国際空港に行ってまいりました。中部国際空港は2月18日ですかね、完成いたしまして、いよいよ国際空港として動き出したわけですけども、あそこもやっぱり空港島でありまして、107ヘクタールですかね、空港島の中に107ヘクタール分譲地をつくっておるわけです。対岸にももちろん臨空産業団地みたいなありました。我々行ったときの説明では、空港島にあります用地についてはほとんど完売されたということで、大体金額的に十二、三万円から、高いところは平米当たり16万円、そういった非常に高い値段で完売されておりまして、それに対して陸地側の方は全然販売がうまく順調に進んでなかった、当時はまだ。ということで、空港島につきましては相当付加価値が高いという話で、売り先も非常に順調であったということであったんですよ。

 それに対しまして、現在北九州空港、苅田側の用地が40何%、百四、五十ヘクタールあるわけですけども、これはほとんどが緑地帯ということで利用の予定はないみたいではありますけども、この辺について将来的にそういった企業誘致ができる用地になるのかどうか、その辺も含めまして現在の町のお考え方はいかがですか。



○副議長(光永信雄君) 伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 2種類ございまして、一つは関連用地と言われているところ。これは北九州市の関連用地と隣接しておりまして、造成し、それから水とか下水の整備を北九州と一緒になってやっているところがございます。ここについては、当然空港関連企業が立地してくる形になります。

 今、議員がおっしゃいましたのは、それ以外の広大な土地の利用についてだろうと思います。ここについてはまだいろんなアイデアはありますけれども、具体的にどういう形にするというところまでは煮詰まっておりません。何分土地を購入して、しかも地盤強化しなければなりません。1ヘクタール1億円とも言われているぐらい莫大な費用がかかります。やはり国や県あるいは北九州市あたりとも相談しながら事業は考えていかなければならないと思っております。



○副議長(光永信雄君) 13番、長井君。



◆議員(長井孝篤君) わかりました。中部国際空港とは大分状況が違うようでございまして、ただ、今臨空産業団地、その県の分譲用地、今度トヨタが進出してまいりました。これはたしか私昨年6月に県の方に聞いてみたんですよ。今県の分譲地どの程度あるかって。したら、当時の話で39ヘクタール残っておりますという話がありました、臨海工業団地ですね。その39ヘクタールのうち、今度がそのトヨタが31ヘクタールですか。そうすると残りが8ヘクタールぐらい残っておるわけですね。この辺についてはまだ余ってるという感覚でよろしいんでしょうか。



○副議長(光永信雄君) 堺空港・企業立地推進室長。



◎空港・企業立地推進室長(堺博志君) 先ほど言われました残りの松山団地ですね。残りについては約8ヘクタールという、完全に今残っております、松山団地がですね。まだ分譲されてないという状況です。



○副議長(光永信雄君) 13番、長井君。



◆議員(長井孝篤君) それで、臨空産業団地も含めてでありますが、先ほどの広域行政とも絡むんですけども、最初はそこで発生します下水処理、これは北九州市にお願いできるんじゃないかということで、トップ会談もやられたんでしょうけども、そのまま状況は大分悪くなって、北九州市はどうも臨空産業団地の分は受け取らんよという話になっておるというふうに聞いておりますが、実際進出する企業にとっては、下水道を単独でやらなきゃいかん。これは非常に不経済な話でもあります。空港から来る下水処理はすぐ横を通るわけですからね、その配管につなぎ込めば、臨空産業団地の下水処理はすぐ簡単にできてしまう。これだれが考えても非常に不経済な話ですよ。だから、臨空、空港から来る下水配管に臨空産業団地の排水をつなぎ込むということをぜひ進めなきゃいかんというふうに考えるわけですけども、この辺についてはもう現段階で完全にギブアップされてるんですか。それとも、これから俗人的な問題もあって、状況が変わればまた再度まないたの上に乗せて検討するということなんでしょうか。お伺いいたします。



○副議長(光永信雄君) 各務部長。



◎産業建設部長(各務強志君) 臨空団地の下水の話ですが、今議員さんがおっしゃられるとおり、当初は北九州と一緒にやっていこうということで、北九州も前向きな形を示してきております。また、同じ数、両方の分譲だから同じようなやっぱ下水道を備えていきたいということで、もう進めてまいりましたが、内容につきましては議員さんおっしゃるとおりでございますが、ことうちの認可、これ1,067ヘクタールとって、これ大臣許可になります。当然北九州市あたりも曽根の処理場、まだ余裕があるわけですが、その手続上の問題。しかも、うちはもう早く空港開港までに分譲したいと、そういういろんな要素がございます。この臨空団地の調整池、これも北九州市と一緒にやっております。そういう中で、今うちの方としては当然合併浄化槽、当面いかざるを得ないと。そういう中で、この漁業組合との当然関連が出てきますが、これはもう今話も進めております。順調にいっております。将来どうするかということになりますと、これに関しては下水道の見直し、これ17年度予算に今上程させていただいておりますので、その中で公共下水道、国土交通省の公共下水道、農林省の集落排水、それから環境省の浄化槽、それからそういう今のところどういうふうな今後計画して、今の時代のニーズにおうたメリットのある、しかも早い形がどうなのかちゅうのを検討して、その中で方向づけを出していきたいと、このように考えております。



○副議長(光永信雄君) 13番、長井君。



◆議員(長井孝篤君) はい、どうもありがとうございました。たしか経済性の論理に立って、何とかやっぱり北九州市の方でやっていただけるような方向を模索していただきたいということを要望申し上げておきます。

 じゃ最後に、あと1件だけちょっとお伺いしますけども、新空港完成に伴います当初の建設事業の関連、壇上で町長からるる説明がございまして大体把握できました。その中で1件だけ、海の駅じゃなくて、人が集まる場所を井場川の河口の方につくっていくということでございます。これは非常に結構な話なんで、ぜひ商店街活性化とも絡んで、町づくりの非常に大きなキーポイントになるんじゃないかというふうに考えますが、その全体構想といいますかね、今のお話で壇上のお話で、大分先の話になると、平成18年度、19年度から着工ということですよね。この中の全貌を、例えば国の補助金をどう考えてるのか、町の持ち出しはどれぐらいなのか、その辺の全体構想はどの程度詰まっておるのか、一応非常に関心の深いところでありますし、現在わかる段階で一応中身の説明を一応お聞かせいただきたいと思います。



○副議長(光永信雄君) 各務産業建設部長。



◎産業建設部長(各務強志君) お答えいたします。

 井場川の埋め立て関係でございますが、これは内容は3つに分かれております。

 一つは、苅田臨海工業線、この部分、これは福岡県の行橋土木事務所がやるようにしております。これはもう既に護岸部、道路の海側の部分ですね、この部分は入札して、4月からいよいよ現地に入っていくという格好になっておるようでございます。

 その背後の埋め立てにつきましては、福岡県の苅田港務所、これが仮設道路が、この17年の4月から6月ごろまでやっていくと。そしてボックス関係を17年度いっぱいで全部して、それに合わせて埋め立て工事も並行に持っていくと。これに関しましては、産建委員会申し上げたと思うんですが、土は門司の方から良質土を持ってきて行うと。ただ、この中に約5,000平米、5,500平米ですか、町の部分の建屋、今の集客施設の建屋が入ります。この部分については苅田町がやっていかなくてはいけないということで、このうちの建屋のこの部分についての補助体制は、都市整備課長の方から言ってもらいたいと思っております。

 以上です。



○副議長(光永信雄君) 星野都市整備課長。



◎都市整備課長(星野峰敏君) お答えします。

 議員さんの質問の井場川の河口の事業の概要を説明いたします。

 事業名が、今いろいろ形変わりまして、戦略的中心市街地商業等活性化支援事業でございます。これは17年度から新しくできた事業であります。その補助、国の補助が3分の2でございます。これに向かって、今関係機関に陳情しております。ぜひともこれでやって生きたいと思っております。

 事業年度でございますが、17年度に申請いたしまして、この事業に乗った場合ですね、いたしまして、18年度に設計に入りたいと思っております。そして、町長が述べましたとおり、19年度から建設に着手したいと思っております。

 そして、内容でございますが、まだいろんな形で道の駅的なものも考えておりますし、情報を発信できるようなとこも考えておりますし、それといろんな方からいろんな要望もありまして、一つといたしまして山笠の展示はどうだろうか、そしてまた苅田町は自動車産業の町です。だから車のトヨタ関係、日産関係の車のいろんな形の展示場もできればなあと思っております。今後、いろんな形で皆さんと協議しながら事業を推進してまいりたいと思ってます。

 以上でございます。



○副議長(光永信雄君) 13番、長井君。



◆議員(長井孝篤君) じゃ、ありがとうございました。ちょっと私もしり切れトンボになりますけども、これで今回の質問を終わりたいと思います。どうもありがとうございました。



○副議長(光永信雄君) 以上で、長井孝篤君の一般質問を終わります。

────────────・────・────────────



○副議長(光永信雄君) お諮りいたします。本日は長井孝篤君の一般質問をもって終了したいと存じます。御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(光永信雄君) 御異議ないので、さよう決定いたします。本日はこれで散会いたします。

午後3時50分散会

──────────────────────────────