議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 苅田町

平成 16年 6月定例会(第3回) 06月04日−01号




平成 16年 6月定例会(第3回) − 06月04日−01号







平成 16年 6月定例会(第3回)


───────────────────────────────────────────
平成16年 第3回 (定例)苅田町議会会議録(第1日)
                             平成16年6月4日(金曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                         平成16年6月4日 午前10時08分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期決定
 日程第3 諸報告
 日程第4 町政報告
 日程第5 議案報告上程
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期決定
 日程第3 諸報告
 日程第4 町政報告
 日程第5 議案報告上程
──────────────────────────────
出席議員(18名)
1番 小山 信美君        2番 常廣 直行君
3番 白石 壽幸君        4番 冨安 正直君
5番 三原  茂君        6番 林  繁実君
7番 井上  修君        8番 武内幸次郎君
9番 作本 文男君        10番 坂本東二郎君
11番 梶原 弘子君        12番 川上公美子君
13番 長井 孝篤君        14番 野本 正樹君
15番 松蔭日出美君        16番 沖永 春生君
17番 光永 信雄君        18番 珠久 六夫君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
       事務局長           守 中 鎮 人 君
       書記             金 丸 典 光 君
       書記             片 山 巧 君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
       町長             伊 塚 工 君
       助役             梅 谷 威 君
       収入役            上 野 義 廣 君
       教育長            有 松 邦 雄 君
       消防長            中 園 史 郎 君
       町長公室長          後 藤 雅 博 君
       総務部長           花 房 幸 司 君
       民生部長           井 関 寛 之 君
       産業建設部長         各 務 強 志 君
       教育次長           増 田 英 治 君
       総務課長           北 原 正 一 君
       財政課長           作 本 和 男 君
       総合政策課長         伊 塚 弘 君
       健康福祉課長         白 石 正 弘 君
       都市整備課長         星 野 峰 敏 君
       水道局長           上 川 哲 司 君


──────────────────────────────

午前10時08分開会



○議長(珠久六夫君) 皆さん、おはようございます。ただいまより平成16年第3回苅田町議会定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名について



○議長(珠久六夫君) 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において11番、梶原弘子君、12番、川上公美子君を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期決定



○議長(珠久六夫君) 会期の決定を議題といたします。

 本定例会の会期は、本日より15日間といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(珠久六夫君) 異議なしと認めます。したがって、会期は本日より6月18日までの15日間と決定いたしました。

 議事日程につきましては、お手元印刷御配付のとおりであります。

────────────・────・────────────



△日程第3.諸報告



○議長(珠久六夫君) 御報告します。議会閉会中の各委員会の調査事項につきましては、印刷御配付のとおりでありますので、御了承を願います。

 報告事項に移らせていただきます。報告第1号平成15年度苅田町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について、報告第2号平成15年度苅田町一般会計事故繰越し繰越計算書の報告について、報告第3号平成15年度苅田町土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について、報告第4号平成15年度苅田町土地開発公社の経営状況の報告について、以上4件の報告が町長より送付されましたので、お手元に御配付をいたしております。

 なお、この報告に対する質疑は、議案質疑の際に行いますので、御了承願います。

────────────・────・────────────



△日程第4.町政報告



○議長(珠久六夫君) 次に、町長より町政報告のため発言を求められておりますので、これを許すことにいたします。伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 〔登壇〕本日ここに、6月定例議会を招集いたしましたところ、議員の皆様には御多忙の中に御出席をいただき厚くお礼を申し上げます。

 議会の開会に当たり、お許しを得まして町政報告をさせていただきます。

 まちづくりについて。

 3月議会でも述べさせていただきましたが、平成16年度は本町が「自立に向けた町づくり」を進める上で大変重要な年であります。自立のための重要な諸施策については、「目に見える形で」「確実に」実現していかなくてはなりません。

 そこで、現在取り組んでいます重要な諸施策の進捗状況について御報告いたします。

 まず、「町民との協働による町づくり」の推進についてです。

 行政と町民の役割分担を明確にしつつ、地域の活性化を地域に住んでいる町民がみずから行う事業として、昨年12月「地域コミュニティ活性化支援事業」を設立し、議会の承認を得て、区長連合会に働きかけを行ってまいりました。

 現在の取り組み状況ですが、与原校区で活性化委員会設立の準備が進んでいます。去る5月21日には、校区に住む住民の皆さんと担当の町職員が実際に校区内の街歩きを行い、校区として取り組んでいく事業の調査を行いました。

 具体的な事業の内容がまとまりましたら、議会に御報告させていただきます。

 また、他校区につきましても校区内に活性化委員会の設置に向け取り組んでいただくようお願いしているところであります。

 次に、情報公開についてです。

 「自立に向けた町づくり」において、町民との協働による町づくりを推進していくことが肝要であり、町民との信頼関係を築くことが必要であります。

 そのためには積極的な情報公開が不可欠であり、その一つの手段として、町民の皆様に本町が取り組んでいる重要な施策や課題について町民の皆さんと語り合う懇談会「町長と語ろう、かんだ・みらいトーク」を7月から開催する予定にしています。

 今回は町内6つの小学校区単位で開催することにいたします。

 また、町民の皆様への最新の情報の提供ということで、5月14日に苅田町のホームページのレイアウトと、その内容を一新いたしました。

 新北九州空港・東九州自動車道の進捗状況、そして苅田臨空産業団地の分譲案内など町の重要な施策について、特別にコーナーを設け、取り組み状況などを公表しています。

 御存じのように、ホームページは町の情報を全国に発信する大きな媒体であり、開設以来9万件近いアクセスが寄せられています。

 これからも、わかりやすく、親しみやすい内容の充実に努め、最新の町の情報を積極的に発信していきたいと考えています。

 次に、第3次苅田町総合計画後期基本計画の策定についてです。

 第3次苅田町総合計画は本町の町づくりの基本となる上位計画であり、平成13年度から5カ年の町づくりの指針を示した前期基本計画が来年度終了いたします。

 17年度には後期基本計画の策定に向けて具体的な作業に入ることになりますが、その前に前期基本計画の評価について町民の皆様に「住民満足度調査」としてアンケートをとりたいと考えています。

 「住民満足度調査」につきましては、第2次行政改革の推進項目でもありますので、早急に実施し、アンケート結果を18年度から22年度までの後期基本計画の策定に反映させてまいります。

 現在、総合政策課で設問内容について検討しており、6月中にはアンケート調査を実施し、その結果を公表いたします。

 次に、第2次行政改革についてです。

 第2次行政改革は、「自立に向けた町づくり」のために確実に実行しなければなりません。したがって、34の推進項目について常に実施状況をチェックしながらフォローしてまいります。

 未実施項目については、ヒアリングを行い、目標を達成するよう厳しく指示をしています。この実施状況につきましては、9月議会前には、議会の皆様に御報告する予定にしております。

 また、第2次行政改革とは別に、各部に対し19項目にわたる総合的な政策課題を与え、目標年次の設定や実施に至るまでの取り組み経過報告の義務づけなどを行うなど、「自立に向けた町づくり」をさらに徹底して取り組むようにしています。

 次に、合併50周年記念事業についてです。

 御存じのように平成17年1月1日、苅田町は合併50周年を迎えます。

 そこで町民の皆様とともに合併50周年を祝い、50年間の歴史を振り返り、町の将来のあり方を考えることを基本とした事業を行いたいと考えております。

 具体的な行事内容、町民参画の体制づくりについては、まだ検討段階ですが、合併50周年の主な記念事業として、記念式典、記念誌の発行などの特別事業、例年実施している事業に合併50周年の冠をつける冠事業、そして町民の自主的は企画、取り組みを支援する町民企画事業の3つの事業を柱として取り組んでいきたいと考えております。

 今後のスケジュールですが、既に4月の「広報かんだ」で町民のアイデアの募集、実行委員会ボランティアスタッフの募集を行っていますので、早急に実行委員会を立ち上げ、町民の参画や産学官との協働体制に向けて検討を初め、本格的な作業に入っていきたいと思います。

 この合併50周年は苅田町にとりまして大変大きな節目となりますので、町民の皆様の記憶に残る記念事業にしていきたいと考えております。

 そのために、全町挙げての取り組みといたしたく、町内各界各層の諸団体を初め、議会の皆様にも積極的に参加していただき、御意見を伺いながら進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

 次に、化学弾の処理についてです。

 3月議会において報告させていただいたように2月18日に「苅田港の環境調査」の受け入れ表明を行った後、この環境調査が行われた結果、防衛庁より「化学弾の内容物である化学剤による水質、土質に影響は全く認められない」との報告を受けましたので、「広報かんだ」で苅田港の安全宣言を行うとともに、早期処理の観点から苅田町内での「化学弾の無害化処理施設建設」の受け入れを3月15日に表明いたしました。

 この間の町民、議会、苅田町漁業協同組合、そして苅田町内企業の皆様方の御理解に改めて感謝申し上げます。

 現在の状況ですが、新松山地区に処理施設を建設するための桟橋を建設中で、9月までに無害化施設処理施設が完成する予定となっております。

 なお、6月10日から6月末までの間、本港に海上自衛隊艦船が接岸し、海中作業の現地調査を実施する予定になっておりますので、御理解をいただきたいと思います。

 今後とも処理に際し、安全に行われることを注視するとともに、さらなる苅田港の安全を目指し、未探査区域の探査と発見された場合の早期処理について、国、県に要望を続けていきたいと考えております。

 次に、大型事業の進捗についてでございます。

 まず、新北九州空港建設についてです。

 去る4月5日に北九州市において、国土交通省九州地方整備局長、国土交通省大阪航空局長、福岡県知事、北九州市長、苅田町長による新北九州空港整備に関する五者会談が開かれました。

 会談では、平成17年10月の開港を目指して工事が進められていましたが、台風被害で東側護岸が倒壊し、約1年半の工期のおくれが生じ、短縮努力の結果約半年おくれの平成18年3月末の開港となる見込みとなったこと、また当初総事業費が980億円として工事が進められてきましたが、工期のおくれを取り戻すために約40億円増額し、総事業費が約1,020億円になったことが報告されました。

 実際の工事状況についてですが、いよいよ16年度から空港の基本施設であります滑走路、誘導路、エプロン等の建設工事が始まります。また、ターミナルビルの建設も総事業費約45億円を見込み、平成18年1月の完成を目指しております。

 空港開港が約半年おくれることは残念ですが、18年3月開港に向けて、このように空港の基本施設や主要施設も着実に工事が進んでいますので、開港を視野に入れた町づくりを今後も積極的に進めていきたいと考えています。

 次に、東九州自動車道についてです。

 (仮称)小倉ジャンクションから苅田インターチェンジの間、約8.2キロメートルの工事につきましては、4月末現在35.3%の進捗率で、このうち苅田インターチェンジのみの進捗率は45.3%となっております。

 16年度中には、土工事が完成する予定で、17年度には舗装・植栽等の工事に着手し、17年度末完成予定となっております。

 苅田インターチェンジから南側の堤から集までの4地区は、現在用地交渉が行われており、4月末現在で約75%の用地取得率となっております。

 また、片島・岡崎地区につきましては、現在設計協議用図面を作成しており、準備ができ次第、協議に入る予定でございます。

 事業主体であります日本道路公団は、平成17年度に新会社へ移行することになっておりますが、北九州市から豊津町間は東九州自動車道の重要区間として位置づけられ、施行命令も出ておりますので、従来どおり事業が進むものと確信いたしております。

 次に、苅田臨空産業団地開発計画の進捗状況及び企業誘致についてです。

 平成18年度工事完了を目指しています苅田臨空産業団地の工事関係の進捗状況は、平成16年3月現在で53.2%となっております。

 本年度分譲開始するF街区約5万平方メートルについては、さきの3月議会で御承認いただきました「立地促進奨励金」「雇用促進奨励金」「立地推進員設置制度」などの優遇制度を活用し、企業誘致活動に積極的に取り組んでいきたいと考えております。

 なお、この苅田臨空産業団地への企業誘致の状況でございますけれども、このほどホテルの立地が内定いたしました。

 次に、3月議会後の主な行事について御報告いたします。

 4月18日、白山多賀神社で伝統行事の「等覚寺の松会」が行われました。ことしは祭りのシンボルである12メートルの「松柱」が150年ぶりに新しくなり、例年より多くの見物客が訪れました。

 松柱の製作には、松会保存会を初め等覚寺応援団、谷・稲光・山口区の皆様などが昨年秋から作業に参加していただきました。伝統を守る皆様の熱意に改めて触れた思いがいたします。

 5月9日は、例年実施される春の環境美化の日でした。毎年、町内の環境美化に御協力をいただく町民の皆様や関係諸団体に厚くお礼を申し上げます。

 5月15日、第26回かんだ港まつりが開催されました。

 あいにくの天気でしたが、昨年に続きパレードが行われ、23の団体がそれぞれ趣向を凝らした仮装を競いました。

 審査の結果、1位は苅田地区婦人会、2位は苅田町文化協会、3位は西日本工業大学でした。また、昨年大変好評でした苅田町漁業協同組合の「お魚天国」「大漁旗海上パレード」、そしてことしで5回目となる町内郵便局主催による「ミュージックフェスティバル」など多彩な行事が行われ、大変盛況のうちに終わりました。

 これも、苅田町漁業協同組合、苅田町商業協同組合、町内郵便局を初め、多くの関係諸団体の皆様の積極的な参加によるものであります。この場をおかりして厚くお礼を申し上げます。

 最後に、行事ではありませんが、町民の健康を守る一環として、5月1日から役場庁舎を初め、町の公共施設すべてにおいて施設内全面禁煙(一部喫煙室を設置)を行っておりますので、御協力をよろしくお願いいたします。

 以上、御報告いたしましたが、議員の皆様方の格別の御理解と一層の御協力をお願い申し上げ、町政報告といたします。



○議長(珠久六夫君) 以上で町政報告を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第5.議案報告上程



○議長(珠久六夫君) 町長より議案16件の送付がありましたので、これを一括上程いたします。

 議案の朗読を事務局長にいたさせます。守中事務局長。



◎事務局長(守中鎮人君) 議案第51号平成16年度苅田町一般会計補正予算(第1号)、議案第52号平成16年度苅田町水道事業会計補正予算(第1号)、議案第53号苅田町漁業振興審議会条例の一部を改正する条例の制定について、議案第54号苅田町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第55号専決処分について(平成15年度苅田町一般会計補正予算(第7号))、議案第56号専決処分について(苅田町手数料条例の一部を改正する条例の制定について)、議案第57号専決処分について(苅田町税条例の一部を改正する条例の制定について)、議案第58号専決処分について(苅田町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について)、議案第59号専決処分について(平成16年度苅田町老人保健特別会計補正予算(第1号))、議案第60号専決処分について(平成16年度苅田町国民健康保険特別会計補正予算(第1号))、議案第61号工事請負契約の締結について(北部1号幹線管渠築造工事)、議案第62号町道路線の認定について、議案第63号新たに生じた土地の確認について、議案第64号町の区域の変更について、議案第65号新たに生じた土地の確認について、議案第66号町の区域の変更について。

 以上でございます。



○議長(珠久六夫君) 以上で議案の朗読を終わります。

 この際、提案者に提案趣旨の説明を求めます。伊塚町長。



◎町長(伊塚工君) 〔登壇〕ただいま上程されました議案について提案趣旨の御説明を申し上げます。

 議案第51号平成16年度苅田町一般会計補正予算(第1号)についてです。

 本議案は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5億4,880万7,000円を追加し、補正後の総額を124億4,875万7,000円とするものであります。

 主な内容につきまして、歳出より御説明申し上げます。

 2款総務費では、国際青少年スポーツ交流事業負担金など1,063万1,000円を増額し、5款商工費では市街地活性化事業用地費など9,800万円を計上、8款土木費では街路事業長畑松山線などで3億9,684万5,000円を増額しております。

 10款教育費では、片島小学校エレベーター設置工事など876万4,000円を計上しています。

 13款諸支出金では、漁業振興基金廃止に伴う財政調整基金積立金3,351万7,000円を計上しております。

 次に、歳入について御説明申し上げます。

 13款国庫支出金では、地方道路整備臨時交付金長畑松山線など2億2,200万円を増額し、18款繰越金では歳入歳出調整として1億1,829万1,000円を計上しております。

 19款諸収入では、漁業振興基金廃止に伴う残余財産収入3,351万6,000円を計上し、20款町債では土木債として1億7,500万円を増額しております。

 次に、議案第52号平成16年度苅田町水道事業会計補正予算(第1号)についてです。

 本議案は、地方債許可方針の運用で、上水道高料金対策借換債に該当するため現在の地方債の中で利率7.0%以上のもので公営企業金融公庫分2,437万9,000円の未償還残高を平成16年度に返還し、2,430万円の借換債の申請をするものであります。

 次に、議案第53号苅田町漁業振興審議会条例の一部を改正する条例の制定についてです。

 本議案は、女性委員の参画を行うため委員構成の見直しを行い、必要な改正を行うものです。

 次に、議案第54号。

 本議案は、苅田町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についてです。非常勤消防団員の退職報償金支給額を改正する消防団員等、公務災害補償と責任共済等に関する法律施行令の一部を改正する政令が平成16年4月1日から施行されましたことに伴い、必要な改正を行うものです。

 議案第55号から議案第60号までは、専決処分についてでございます。

 議案第55号は、平成15年度苅田町一般会計補正予算(第7号)についてです。

 本議案は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,830万2,000円を追加し、補正後の総額を114億5,537万円とするもので、内容といたしましては青少年育成振興基金に積み立てを行ったものでございます。

 次に、議案第56号苅田町手数料条例の一部を改正する条例の制定についてです。

 内容といたしましては、地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部を改正する政令が平成16年度3月31日から施行され、船員手帳の交付、書きかえの手数料等が改正されたことに伴い、必要な改正を行ったものです。

 次に、議案第57号と第58号につきましては、地方税法の一部を改正する法律が平成16年4月1日より施行されたことによるものです。

 内容といたしましては、個人住民税均等割の見直し、非課税等特別措置の整理合理化などが行われたため、必要な改正を行ったものでございます。

 次に、議案第59号平成16年度苅田町老人保健特別会計補正予算(第1号)についてです。

 内容といたしましては、平成15年度の老人保健特別会計における歳入歳出差し引き不足額4,054万5,000円を補てんするための繰り上げ充用及び平成15年度老人保健審査支払い事務費23万3,000円の返還金につきまして、5月13日付で予算措置を講じたもので、補正後の歳入歳出予算の総額を32億4,579万5,000円とするものです。

 次に、議案第60号平成16年度苅田町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてです。

 内容といたしましては、平成15年度国民健康保険特別会計において9,926万2,000円の歳入不足となったため、これを補てんするため、5月31日付で平成16年度予算の繰り上げ充用のための予算措置を講じたものです。

 以上、6件の専決処分はいずれも議会を招集するいとまがなかったため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分いたしましたので、同条第3項の規定によりまして、これを報告し承認を求めるものでございます。

 次に、議案第61号工事請負契約の締結についてです。

 本議案は、公共下水道事業として苅田町幸町地内における北部1号幹線管渠築造工事を施工するに当たり、指名競争入札により仮契約金額5,554万5,000円で中野建設株式会社を工事請負人と定めるもので、苅田町議会に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。

 次に、議案第62号町道路線の認定についてです。

 本議案は、県道須磨園南原曽根線の新道部分が一部完成し、その旧道路分が町に移管されたため、道路法第8条第1項の規定に基づき、町道路線を認定するに当たり、同条第2項の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。

 次に、議案第63号から議案第66号までですけれども、苅田町港町地先の福岡県施工の公有水面埋め立てが竣工いたしましたので、新たに生じた土地の確認並びに港町に編入する町の区域の変更について、地方自治法第9条の5第1項並びに同法260条第1項の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。

 以上、本日提案いたしました議案の概要について御説明申し上げましたが、いずれの議案も重要かつ緊急、必要なものでございます。慎重に御審議の上、御議決くださいますようお願い申し上げまして、提案趣旨の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(珠久六夫君) 以上で提案趣旨の説明を終わります。

────────────・────・────────────



○議長(珠久六夫君) 以上をもちまして、本日の会議を終了いたします。

 これにて散会いたします。お疲れさまでした。

午前10時40分散会

──────────────────────────────