議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 遠賀町

平成26年第 3回定例会−06月06日-02号




平成26年第 3回定例会

      平成26年 第3回 遠賀町議会定例会議事録   平成26年6月6日


1.議長の氏名   奥 村   守


2.説明のため出席した者の氏名・職

   町長     原 田 正 武
   副町長    行 事 和 美
   教育長    中 尾 治 実
   総務課長   牛 草 英 雄
   行政経営課長 岩河内 孝 寿
   まちづくり課長池 田 知 致
   会計管理者  安 増 信 秀
   税務課長   川 崎 多賀生
   住民課長   松 井 京 子
   福祉課長   田 中 義 行
   環境課長   永 田 弘 幸
   建設課長   木 村   晃
   生涯学習課長 大 場 繁 雄
   学校教育課長 谷 口 義 和

3.書記の氏名

   平 田 多賀子 議会事務局長
   岩 本 武 志 事務係長

4.議員の出欠 (出席 /・ 欠席 △)

┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐
│出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 │
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │1番 │浜 岡 峯 達││ ― │6番 │ 欠   番 ││ / │11番│古 野   修│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │2番 │萩 本 悦 子││ / │7番 │加 藤 陽一郎││ / │12番│堅 田   繁│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │3番 │織 田 隆 徳││ / │8番 │中 野 嘉 徳││ / │13番│平 見 光 司│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │4番 │二 村 義 信││ / │9番 │萩 尾 修 身││ / │14番│奥 村   守│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │5番 │仲 野 新三郎││ / │10番│三 原 光 広││ ― │   │       │
└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘



                          平成26年6月6日(金)午前9時 開議

      再    開

日程第1  議案第31号  専決処分の承認を求めることについて
              (専決第1号)平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第7号)
                            〔議案質疑・委員会付託・討論・採決〕
日程第2  議案第32号  専決処分の承認を求めることについて
              (専決第2号)遠賀町税条例等の一部改正について
                            〔議案質疑・委員会付託・討論・採決〕
日程第3  議案第33号  専決処分の承認を求めることについて
              (専決第3号)遠賀町国民健康保険税条例の一部改正について
                            〔議案質疑・委員会付託・討論・採決〕
日程第4  議案第34号  人権擁護委員の推薦について 〔議案質疑・委員会付託・討論・採決〕
日程第5  議案第35号  遠賀町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第6  議案第36号  遠賀総合運動公園の設置及び管理に関する条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第7  議案第37号  平成26年度遠賀町一般会計補正予算(第1号)
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第8  議案第38号  平成26年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)ついて
                                  〔議案質疑・委員会付託〕

      散    会



       平成26年第3回遠賀町議会定例会(日程第2号)
 招集年月日 平成26年6月6日(金)

 ─── 再会 午前8時56分 ───
○議長(奥村守) 一同起立、礼。着席。
 皆さん、おはようございます。定刻前でありますが、ただ今から始めたいと思います。ただ今の出席議員は13名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。
△日程第1
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第31号「専決処分の承認を求めることについて(専決第1号)平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第7号)」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。ございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、議案第31号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 お諮りを致します。
 議案第31号につきましては、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、議案第31号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 発言もございませんので、討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第31号「専決処分の承認を求めることについて(専決第1号)平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第7号)」、本案を原案のとおり承認することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、本案は承認することに決しました。
△日程第2
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第32号「専決処分の承認を求めることについて(専決第2号)遠賀町税条例等の一部改正について」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。織田議員。
◆3番議員(織田隆徳) それじゃあ、質問させていただきます。今回の税条例については、大きく法人税割の税率の改正と、それから軽自動車税の引き上げが大きな点でございますが、今回のこの改正によって、年間どれぐらいの税の増減があるのか、お知らせをいただきたいと思います。
○議長(奥村守) 税務課長。
◎税務課長(川崎多賀生) 法人税割につきまして、まずお答えさせていただきます。26年の予算積算ベースから申しまして、2.6%のマイナスというかたちになりますので、影響額と致しましては、景気等の動向もあるかと思いますが、今年ベースで行きますと1,000万程度減額というかたちになります。
 それと、軽自動車税の部分ですが、来年の4月1日の段階での影響額と致しましては、200万程度の増額というかたちになろうかと思っております。
○議長(奥村守) よろしいですか。
◆3番議員(織田隆徳) はい。
○議長(奥村守) ほかに質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、議案第32号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 お諮りを致します。
 議案第32号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、議案第32号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 討論も出ないようです。討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第32号「専決処分の承認を求めることについて(専決第2号)遠賀町税条例等の一部改正について」、本案を承認することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、本案は承認することに決しました。
△日程第3
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第33号「専決処分の承認を求めることについて(専決第3号)遠賀町国民健康保険税条例の一部改正について」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、議案第33号に対する質疑を終わります。
 これより委員会付託に入ります。
 お諮りを致します。
 議案第33号につきましては、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、議案第33号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 発言もないようでございますので、これで討論を打ち切ります。
 これより、採決に入ります。
 議案第33号「専決処分の承認を求めることについて(専決第3号)遠賀町国民健康保険税条例の一部改正について」、本案を原案のとおり承認することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案どおり承認することに決しました。
△日程第4
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第34号「人権擁護委員の推薦について」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑もないようでございますので、議案第34号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 お諮りを致します。
 議案第34号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、議案第34号につきましては、委員会付託を省略することに決しました。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 討論なしと認めます。討論を打ち切ります。
 これより、採決に入ります。この採決は、起立によって行います。
 本案の筋田初子さんの推薦について、適任と思われる諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      12:0〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数でございます。よって、筋田初子さんが適任であると決しました。
△日程第5
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第35号「遠賀町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について」に対する質疑を許します。質疑はありませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、議案第35号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 議案第35号につきましては、第一常任委員会に付託を致します。
△日程第6
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第36号「遠賀総合運動公園の設置及び管理に関する条例の一部改正について」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。堅田議員。
◆12番議員(堅田繁) おはようございます。12番堅田繁です。一昨日の町長の提案理由の説明によりますと、現在、総合運動公園にあります6面あるテニスコート、そこの2面を、南側に面してる2面を、現在のクレー…要するに砂の整地から人工芝、オムニに張り替えるんだというご説明でした、というふうに理解をしとります。
 報告2号の中ででも、平成25年度の遠賀町一般会計繰越明許費の計算書でも載っとりますように、2,527万7,000円の工事費を掛けてると。今回のこの議案は、張り替えることによっての使用料の改定なんだということでございますが、管理は指定管理者でありますシンコースポーツさんですけれども、施設は町のものですから、当然、その利用が、人工芝に張り替えられたことによって利用者が増えていって、たとえ人工芝といえどもやっぱ摩耗もすれば剥がれもすれば、また張り替えということが、当面、課題として出てくると思うんですが、ということは、今後も利用が増えていって、人工芝の利用が増えれば、町の財源でその張り替えも当然行うということになるということを確認させてもらってよろしいでしょうか。
○議長(奥村守) 生涯学習課長。
◎生涯学習課長(大場繁雄) お答えさせていただきます。人工芝の耐用年数につきましては、使用頻度にもよりますけども、約10年。表面の人工芝の耐用年数は、10年ということで聞いております。また10年後、痛みの程度とかにもよりましょうけども、そういったことも発生してくるかと思います。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) 当然、指定管理者との協議の中でなりますが、基本的には金額によって、大規模になる分については町のほうでやるということになります。
○議長(奥村守) 堅田議員。
◆12番議員(堅田繁) 続けます。まず、当面、私、利用料の改定がされたことは、当然、設備を改善して、投資してるんだから、まあ、当然だろうと。
 しかしですね。現在1時間100円が、人工芝になって150円になるんですよね。私、逆の発想すれば、それぐらいの値上げなら、ほんとに愛好者とか利用者の人やったら、絶対、オムニのほう、使うと思うんですよ。そうすれば、6面あって2面がオムニで、残りの4面はクレーなんだから、その2面に集中しはしないかと。
 当然、そうすれば10年の耐用年数の試算でしょうけれども、2面のオムニに集中する、そうすれば残りの4面も将来オムニに替えてくれという要望が、またテニス協会さんなり愛好者の方から出た場合の対応、これも当面、迫られてくるんじゃないかと思うんですよ。
 繰越では2,572万の改修工事、設計とかも入ってるからこの額でしょうけど、単純に芝を張り替えるという作業になったとしても、やはり多額の費用が発生するわけなので、そうなったら、そういった要望が出たら、利用料をもっと上げて、利用者の人に負担をしていただかないと維持できないという現状も、これは想定しておかなくてはいけないのではないか。
 だから、先々、4面もオムニに張り替える。そうなれば、当然、利用料の値上げ、これも想定していらっしゃる。それをしていらっしゃるかどうかをお尋ねします。
○議長(奥村守) 生涯学習課長。
◎生涯学習課長(大場繁雄) お答えさせていただきます。当面は、現状の、今回改修をします2面を人工芝…オムニに張り替えまして、それから先の、まだ具体的に残りの4面をオムニにするとかいうことは、現状ではまだ計画をしておらないところでございます。
○議長(奥村守) 堅田議員。最後。
◆12番議員(堅田繁) 最後になります。じゃあ、ちょっと確認の意味も含めてですけど、このテニスコートの使用料もですけども、もちろん利用した利用料は、シンコースポーツさんの収入として会計されるということかということと…あともう一つ、その一つの確認と、現在の利用頻度といいますかですね、あ、失礼。利用料は100円が150円、1.5倍増しになるだけなんだけど、私は安いなという感覚なんですね。近隣の、そういった人工芝張り付けてる自治体なり、テニスコートの、まあ、ご存じの範囲で構いません、近隣のだいたいの1時間当たりの料金はおいくらなのでしょうか。その2点、最後お尋ねします。
○議長(奥村守) 把握しとる。生涯学習課長。
◎生涯学習課長(大場繁雄) 1点目のご質問の利用料については、指定管理者のほうに入るんだろうかということでございますが、指定管理者の収入として入ることになります。それと、2点目の近隣のテニスコートの利用料ということでございます。近隣でありますと、オムニコートがあるところが水巻町で、1時間当たりの利用料がオムニコートで水巻町は500円でございます。あと、宗像市のユリックスの中にテニスコートがございまして、ここもオムニコートでございますが、宗像市につきましては1時間640円ということで把握をさせていただいております。
◆12番議員(堅田繁) 終わります。
○議長(奥村守) ほかに。三原議員。
◆10番議員(三原光広) 10番三原です。私は、コートの使用料ではなくて、照明の料金ですけれども、なぜその照明が同じ広さで1面あたりなのに100円の差額が出るのか。どうも、何か照明、特別な強烈な光を当てるような照明器具に取り替えるもんなのかどうなのか、そこ、ちょっと説明してもらえますか。
○議長(奥村守) 生涯学習課長。
◎生涯学習課長(大場繁雄) 今回、オムニコートに改修することに伴いまして、オムニの利用料を新設というかたちでさせていただいておりますが、照明の料金につきましては町内者については1時間300円、町外者については1時間600円ということで、ここの照明利用料の変更につきましては、現状と変更はございません。
○議長(奥村守) 副町長。
◎副町長(行事和美) すいません、ちょっと課長が勘違いしてるようなんですが、このテニスコートの利用料につきましては、1面の利用料も含んだところでなっておりますので、議員ご指摘のような照明の料金だけではなく、コートの使用料と照明との使用料を含んでおりますので、それでクレーとオムニに差額が出てると、そういう見方をしていただければいいんやないかなと思いますけど、もう一度、ちょっと確認を。照明というのが夜間使うコートの使用料プラス照明料。ですから、100円の差はコートの利用料の差ということでいいのかなと思いますけども。(「込み」の声)込みです。よろしいでしょうか。
○議長(奥村守) 込みの値段か。生涯学習課長。
◎生涯学習課長(大場繁雄) 申し訳ございません。私の説明不足でございまして、申し訳ございません。
 新旧対照表がございまして、その一番下に備考欄がございます。で、備考欄の1番に「照明使用は、施設使用料を含むものとする」ということになっております。ちょっと表が、理解がしづらい分になってるかも分かりませんが、照明1面当りという金額には、利用料も含んだところでの金額になっておりますので、よろしくお願い致します。
○議長(奥村守) 三原議員。
◆10番議員(三原光広) ということは、すいません、この照明使用する場合は、高校生以下と一般の差がないというふうに捉えるんでしょうか。
○議長(奥村守) 生涯学習課長。
◎生涯学習課長(大場繁雄) 従前の条例にも、照明の場合の高校生以下の表示はなかったわけでございますが、一応、高校生以下が、夜間に高校生以下だけで利用するということが、青少年の健全育成の関係とかもあって、夜だけで…子どもさんだけで利用するということが今までもほとんどあっておりませんし、そういったことで、夜間の照明につきまして、高校生以下の料金を設定をしていないところでございます。
○議長(奥村守) 三原議員。
◆10番議員(三原光広) この利用料を上げたかたちで、だいたいどれぐらい年間に使用料収入が上がりそうな計算になってますか。
○議長(奥村守) 推計できとう。生涯学習課長。
◎生涯学習課長(大場繁雄) 正確なちょっと積算まではできておりませんけども、昨年度の年間のテニスコートの利用者数が約5,000名程度ということで把握をさせていただいております。その方たちが、オムニコートを使う方とクレーコート、今までどおり使う方とおられます、ちょっと割合までは分かりませんけども。金額的には申し訳ございません、把握はしておりませんが、年間で約5,000人の利用者が昨年度でおられたということで、確認をしております。
 以上でございます。
○議長(奥村守) よろしいですか。ほかにございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、議案第36号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 議案第36号につきましては、第一常任委員会に付託を致します。
△日程第7
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第37号「平成26年度遠賀町一般会計補正予算(第1号)」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。仲野新三郎議員。
◆5番議員(仲野新三郎) 5番の仲野でございます。予算書の22ページの消防費の中で、13節委託料、Jアラート自動起動装置改修業務委託料とありますけれども、改修するということは、故障か何か、どういった問題があったので改修するのか、お尋ね致します。
○議長(奥村守) 総務課長。
◎総務課長(牛草英雄) 今回の改修につきましては、特別警報が新設されたこと及び津波警報、噴火警報等の改善に伴うシステムのマスターのソフトの改修の内容でございます。
○議長(奥村守) 仲野議員。
◆5番議員(仲野新三郎) 続けて、同じく22ページの災害対策費の18節備品購入費590万、それから同じく22ページの教育費の中の事務局費の負担金補助及び交付金の幼稚園施設整備等補助金の446万1,000円の内容をお聞かせください。
○議長(奥村守) 総務課長。
◎総務課長(牛草英雄) それでは、まず災害対策費のほうは、私のほうからお答えさせていただきます。この備品購入費につきましては、県の事業を使いまして…市町村避難体制整備助成金という事業でございますけども、この補助事業を使いまして、各地区の公民館また公共施設である避難所にですね、避難用の備品を整備するというものでございます。地区の公民館につきましては、区長さんに地域の実情に応じて必要と思われる備品の要望を昨年度末ぐらいに出していただきまして、その中で地区から要望があったものに対応するということで、1地区上限で20万円ということで設定をさせていただいたところでございます。
○議長(奥村守) 学校教育課長。
◎学校教育課長(谷口義和) この事務局費の負担金補助及び交付金の446万1,000円の内容でございますけども、遠賀中央幼稚園さんが、本年度、夏休み期間中に、汚水排水を公共下水道に接続するということで、その施工工事費が約637万2,000円ほど、それに対する交付要綱に基づきまして、70%補助致すものでございます。主な工事内容としましては、既存の浄化槽、それからグリストラップ槽の汚水排水管の撤去、そのあと、撤去しました後に、新たに塩化ビニル管約総延長208m、それと汚水枡37か所の設置を計画してあるようでございます。
 以上でございます。
○議長(奥村守) 仲野議員。
◆5番議員(仲野新三郎) 備品購入費の中で、地区公民館に対して避難用の備品ということですけれども、要望の中で…例えば、AEDの設置とかいう要望が上がってるのかということをお尋ねします。それと、今後ですね、地区公民館にAEDを設置する考えがあるのかというのをちょっとお尋ねしたいと思います。
○議長(奥村守) 総務課長。
◎総務課長(牛草英雄) 避難用の備品につきましてはAEDの設置はございません。執行部からの避難用の要望ということで、懐中電灯とか誘導棒…細かいものはそうですけども、発電機とかですね、避難用のリヤカー、そういったものを整備する予定にしております。また、AEDの設置につきましては、この補助金というかたちでは考えておりません。この補助金が、もう今年度いっぱいで県のほうも終了するということでございますが、ただ、共同購入のお話が、前回も区長会でもご案内をさせていただいたところでございます。「通常、二、三十万と非常に高価なものですけど、共同購入することによって8万円程度で購入できますよと、希望しますか」ということで地区のほうに投げかけたという経過がございますが、地区のほうからもその要望はございませんでした。この消防費の備品というかたちでは、AEDの購入は考えてないけれども、そういった安価に買えるとか、そういったところの情報提供は区長さん方にもさせていただいてるところでございます。
○議長(奥村守) いいですか、仲野議員。ほかにございませんか。萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 18ページの衛生費についてお尋ね致します。13のところに、委託料としてがん検診等委託料これが254万7,000円上がってますが、これの内容についてお尋ね致します。
○議長(奥村守) 福祉課長。
◎福祉課長(田中義行) ただ今の萩本議員のご質問にお答えを致します。13節委託料、衛生費でございますが、ここに上がっておりますがん検診等の委託料につきましては、今回、4月以降、国のほうから、従来までクーポン券事業として、乳がん検診につきましては40歳代以降5歳刻み、子宮頸がん、子宮がん検診につきましては二十歳から5歳刻みのクーポン券事業を実施を致しておりましたが、当初予算の段階では、この事業が子宮がん検診につきましては20代のみ、乳がん検診につきましては40代のみということで予算計上を致しておりました。ところが、今年度に入りまして、国のほうから、この事業を、従来、平成…この21年から24年まで…25年も事業はあったわけですけれども、21年から24年までの事業における未受診者、未検診者の方を対象に、再度クーポン券を交付するという事業を、今年度、事業を実施することとなりました。これに伴いますがん検診の委託料が254万7,000円増えるであろうということで、計上させていただいたものでございます。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 確認でありますが、乳がん、子宮がん検診に限ってのみということでいいでしょうか。大腸がんに関しては、どういうふうな扱いをされているのか、お尋ねします。
○議長(奥村守) 福祉課長。
◎福祉課長(田中義行) 今のところ、この事業は子宮がんと乳がん検診のみの事業で、大腸がんにつきましては含まれておりません。
◆2番議員(萩本悦子) いいです。
○議長(奥村守) よろしいですか。ほかにございませんか。浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 18ページのですね、児童運営費のところでですね、保育士等処遇改善臨時特例事業費ということで、その補助金ですね。この事業の内容とですね、どういうかたちでもってそういう改善をされていくのか、このへんをちょっと具体的に説明いただきたいと思います。
○議長(奥村守) 福祉課長。
◎福祉課長(田中義行) この保育士等の処遇改善特例事業でございますが、従前からこの処遇改善事業は実施をされておりましたが、今年度につきましても継続して事業を実施されるというところで、それぞれその保育園に在園をする児童の数に応じまして、1園あたりいくらの処遇改善の事業が実施できるということで、単価が決まってまいります。その財源をもとに、事業者におきましては、給与のアップであるとか、あるいは一時金の増額である、あるいはキャリアアップというところで研修を受けさせる、そのような事業を実施するために支出される予算でございます。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 処遇改善ということが出ておりますので、実際ここにですね、それぞれの園にですね、勤められてる保育士さんの方たちです。この人たちの処遇がですね、今よりどのようなかたちで改善されるか、そのへん、もう一遍、ちょっと説明お願いします。
○議長(奥村守) 福祉課長。
◎福祉課長(田中義行) この事業を実施することによりまして、今回、一時金を増額するという事業者が多く見受けられます。そのことによりまして、職員の士気が上がるといったようなことも考えられますし、また事業所によって、研修を充実していくというところで、そのことにより児童に対する対応の改善ということで、そのような効果があらわれるものというふうに期待をしているところでございます。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 目に見えるものとしたらですね、この一時金の増額ということがあるかと思います。しかしながらですね、職員の資質向上とかですね、あるいは研修の充実等について目に見えない部分がありますんで、そのへんについては所管のほうでですね、十分チェックをしていただいてですね、この事業そのものがですね、円滑に進められること、まず要望しておきたいと思います。
○議長(奥村守) ほかに。織田議員。
◆3番議員(織田隆徳) 18ページの、さっきのですね、今の質問ですけど、保育士の処遇改善ですが、基本的には保育士の確保が難しいということで、人件費を上げるというのが主体的な意味だったと思うんですね。
 それで、この反映されてるって、このチェックですね、給料の面のアップ等の、反映されてるということのチェックの体制というのはどうなってるのか、ちょっとお聞きしたいんですけど。
○議長(奥村守) 福祉課長。
◎福祉課長(田中義行) この事業を実施するにあたりましては、最終的には実績報告書を各園から提出をしていただくこととなっております。その内容に、それぞれ一時金をアップしたであるとか、先ほども申し上げましたように研修を実施した、あるいは月当たりの給与単価を増額したといったようなことが細かに計上されてくることとなっておりますので、その段階でまずはチェックはして参ります。
 ただ、事業を実施する前に、計画書を提出していただきますので、その段階において、事前にチェックを行い、必要な、この事業効果があらわれるよう、各園に対しまして、指導助言を行っているところでございます。
○議長(奥村守) 織田議員。
◆3番議員(織田隆徳) これ、確か、もう何年か続いてると思うんですけど、どれぐらいの効果があらわれてるんですか、給料面に特定してだと。ちょっとお尋ねします。
○議長(奥村守) 福祉課長。
◎福祉課長(田中義行) 今、ちょっと手元に細かいその実績を持って上がっておりませんので、私の記憶の中でのお話でございますが、今まで協議を続けていく中で、3園ともなかなかこの財源を使った給与をアップをしていくというところにまで、やはり踏み込めないという状況がございます。というのが、基本的に、運営費が恒常的に増額をするということであれば、将来的にわたっても給与額を増額するということは事業者としても考えていきたいが、臨時事業として、特例事業の中で給付をされるものにつきましては、いつまで続くか分からないというところの中で、どうしてもこれを一時金として増額をしていくという方向に動かざるをえないという事業所の思惑があるというふうに私は見ております。
○議長(奥村守) 織田議員。
◆3番議員(織田隆徳) 私も、そう思うわけですね。一時的なものですから、恒久的に、給料を1回上げれば、恒久的になってくるんだからですね、それによって保育士さんの処遇が改善されるということは、ちょっと難しいんじゃなかろうかと思ってますので、その点は、しっかりですね、やはり国も保育のやはり待機児童解消のために保育所を増設するということですけど、保育士が集まらないという実態がございます。その点、やっぱりですね、現場のほうから声をですね、上げていただきたいと思います。
 それから、もう一点、すいません、20ページの農林水産の水利施設の関係ですけど、15節の工事費、597万6,000円、これのちょっと内訳をお願いしたいんですけど。
○議長(奥村守) まちづくり課長。
◎まちづくり課長(池田知致) これは、平田川の末堰のですね、に、24時間監視できますライブカメラを1台設置し、モニターにつきましては役場内の庁舎内に設置し、平時または大雨時、リアルタイムな監視を可能とすることで、迅速な対応を図るものでございます。
 内訳につきましては、まずセンター機器の費用として110万7,000円程度、平田川井堰の現場整備…これはいわゆるドーム型等のカメラ等の設置、それから照明、投光器等の設置ですけれども、それが174万5,000円。
 それから、この伝送路施設につきましては、島門小学校まで行っております光ファイバーケーブル、地域イントラ網を利用しまして、島門小学校から延長約470mの光ファイバーを延長しまして、回線をつなぐというかたちを想定しております。で、諸経費、現場監理費、一般管理費等が掛かるということでございます。
○議長(奥村守) よろしいですね。ほかにございませんか。古野議員。
◆11番議員(古野修) 11番古野でございます。23ページ、10款教育費の部分でございますけれども、うちの所管になると思いますけれども、町長、教育長にご意見を伺いたく、この場で質問させていただきます。
 丸山古墳のサインの設置ということでございますけれども、まず課長のほうにお聞きしたいんですが、サインの設置というのは、現場だけのサインの設置なんでしょうか。それとも、それ以外のところの丸山古墳に関するサインの設置もあるのか、まず1点、それをお聞かせください。
○議長(奥村守) 生涯学習課長。
◎生涯学習課長(大場繁雄) お答えさせていただきます。島津にあります歴史自然公園におきまして、東側の法面に、今、既存の看板がございます。それが、今回、劣化が進んでるということで、既存の看板より大きめの看板を一つ設置する予定です。それと、もう1か所は、トイレがあります北側からの入口の部分にも1か所、今度はちょっと小さめの看板がありますけども、そちらにつきましても劣化が進んでおるということで、そちらの看板もやり替える予定で、一応、2か所の看板をやり替える予定でございます。
○議長(奥村守) 古野議員。
◆11番議員(古野修) サインの設置ということは、遠賀町にこういう丸山古墳というものがあると、そういうものを皆さんに知ってもらう、またそういう案内という意味を含めてのサインであろうと思いますが、教育関係の所管の部分で言うと、先般行われたおんがレガッタ、そういう分のサインもですね、今から遠賀川の土手に立てるなり、JRが通ってるとこに看板を立てるなり、それも含めて言えば、課が変わりますけれども、今週行う泥リンピックとか、また定例化してる子どもまつりも含めたそういうサインをね、遠賀町内に、皆さんが見えるところに設置して、町のアピールということは、今後、考えていかれるのかどうか、町長にお尋ねします。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) まず、今回のこの歴史自然公園につきましては、まず1番に私が指示しましたのは、やはりあそこで毎年行われてます観月コンサート、そういうものをやってる施設で、今の表示がもう見えない、また古いということで、しっかり外から見えるように、まず町内外の方に見えるようにやってほしいということで、本来、当初予算で上げるべき予算だったと思いますが、50周年ということもございますので、あそこで今年も冠事業、やらせていただきます。そういうことで、まずやりなさいということで、とりあえず今回、議会にお願いしたところでございます。
 それと、今、ご指摘いただきました、以前から、これは萩尾議員からの一般質問でもいただきましたけど、やはりレガッタの町遠賀ということであるならば、総合運動公園にしっかり表示したらどうかということをご指摘をいただきましたし、また今、遠賀町の特産品としていろいろ、夢れんげ、また赤しそなりそういう特産品のものもやっておりますので、そういうものにつきましては特に町外の方にですね、遠賀町にはこういうものがあるんだということでPRするためにも、やはり今、ご指摘いただきましたように、JRを、鹿児島本線を利用・活用してですね、総合運動公園もしくは一番見やすいところもありますような今古賀の中央公園あたりにもですね、そういうPR用の表示板というものもしっかりとすべきではないかなというふうに、今後、また内部で検討していきながら、やっていきたいというふうには考えておるところでございます。
○議長(奥村守) 古野議員。
◆11番議員(古野修) 内容としては、本来なら一般質問でする話かもしれませんけれども、次の一般質問だと9月ということになります。
 この議案の丸山古墳に関連してですね、町長、議案質疑というかたちでさせていただきましたけれども、町長言われた50周年ということ、かたちでということ言われましたんで、まだ50周年事業として、今年度ありますので、そういう特産品も含めたかたちの中でですね、町をアピールするサイン、庁舎前、駅前、また言われるJRから見えるところ、いろんなところですね、サインを設置していただいて、町をアピールしていただければなというふうに思っております。
○議長(奥村守) ほかにございませんか。三原議員。
◆10番議員(三原光広) 10番三原です。12ページになりますが、財産管理費の中で、13節委託料の中の公共施設、町長は議案提案の時にシーエーディーち言われましたけども、キャドなんかシーエーディーなんかちょっとはっきりしてもらいたいんですけども、データ作成業務の内容。それから、15節の工事請負費の1,360万、文化財事務所の整備ということで、これの財源の内訳を、歳入のところで含んで、この13節、15節の、CADデータの880万の財源も含んでお尋ねをしたいんですが、と内容の説明を。で、内容の説明は、CADデータのとこだけで結構です。
○議長(奥村守) 行政経営課長。
◎行政経営課長(岩河内孝寿) お答えを致します。町長がシーエーディーというふうに申しておりました、通常、これはキャドということで、アルファベットでいきますと、コンピュータ・アソシ…すいません。(「いい。」という声)キャドでございます。内容でございますが、現在、遠賀町におきましては、住民福祉を推進するためのたくさんのハード施設を抱えておりまして、これが更新時期、あるいは改修の時期に来ております。
 そういう中で、今後、計画的にその改修を進めていくにあたりまして、古いといいますか、CADでやった施設もございますが、CADがない時代、いわゆる図面、手書きで図面に書いていった時代のデータがございますので、これを電子化するための費用でございます。施設としましては、住宅、公営住宅だとか、以前の公営住宅ですね、CADのない時代の公営住宅のデータ、あるいは地区の公民館、防衛施設で作った公民館、そういった部分のデータをCADで作成するためのものでございます。
 財源につきましては、緊急雇用の事業が26年度も県のほうで基金事業で確保されておりますので、これを活用するということで、全額、県のほうからの基金から補助をいただくということでございます。それから、15節の工事請負費でございます。これは、町長の予算説明の中にもございましたように、木造建築物の部分が、県のほうで基金事業ということで26年度の事業になりましたので、その事業をそのまま今回、あらためて26年度の補正で計上させていただいております。
 それに併せまして、今の文化財事務所がふれあいの里のほうの旧温室を中心とした施設のほうに変わりますので、その跡地、今の、現在の文化財事務所を解体する必要がございます。そのための費用を270万ほど加えて、今回計上させていただいてます。
 この財源につきましても、都市再生計画、都市再生事業で、以前からずっと協議をしておりましたが、この度、その都市再生事業の中でできるということで、県のほうと確認ができましたので、今回あらためて文化財の移転新築事業と併せて、現在の古い文化財事務所の解体費用を計上させていただいているという状況でございます。
◆10番議員(三原光広) 財源内訳。
◎行政経営課長(岩河内孝寿) 財源につきましては、文化財事務所につきましては、前回説明しましたように二分の一補助。それから、解体につきましては、都市再生事業…旧まちづくり交付金事業でございますが、40%の交付金を予定致しております。
○議長(奥村守) 三原議員、いいですか。よろしいですか。ほかにございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、議案第37号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 議案第37号につきましては、それぞれ所管ごとに、第一・第二常任委員会に付託を致します。
△日程第8
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第38号「平成26年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、議案第38号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 議案第38号につきましては、第二常任委員会に付託を致します。
 以上で、本日の日程は終了致しました。
 本日は、これにて散会を致します。
 一同起立、礼。ご苦労さまでした。終わります。
 ─── 散会 午前9時43分 ───