議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 遠賀町

平成17年第 8回臨時会−11月28日-01号




平成17年第 8回臨時会

  平成17年 第 8回 遠賀町議会臨時会会議事録   平成17年11月28日

1.議長の氏名   仲 野   丈

2.説明のため出席した者の氏名・職
   町長     木 村 隆 治
   助役     原 田 正 武
   収入役    高   敏 昭
   教育長    大 村 信 義
   総務課長   丸 井 力 夫
   企画課長   山 崎 崇 信
   建設課長   桝 田 英 夫
   都市計画課長 岩河内 孝 寿
   保健課長   善 明 康士郎
   住民課長   石 松   昭
   税務課長   川 原 正 義
   産業課長   桜 井   潔
   下水道課長  桝 田   勲
   学校教育課長 田 中 幸 男

3.書記の氏名
   吉 村 哲 司 議会事務局長
   平 田 多賀子 事務係長

4.議員の出欠 (出席/・ 欠席 △)
┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐
│出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 │
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │ 1番│平 見 光 二││ / │ 7番│舛 添 清 美││ / │13番│濱之上 喜 郎│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│──│ 2番│       ││ / │ 8番│森   繁 義││ / │14番│柴 田 征一郎│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │ 3番│二 村 義 信││ / │ 9番│浜 岡 峯 達││ / │15番│石 松   守│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │ 4番│仲 野 和 義││ / │10番│堅 田   繁││ / │16番│仲 野   丈│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │ 5番│田 平 征四郎││ / │11番│三 原 光 広││ / │   │       │
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │ 6番│奥 村   守││ / │12番│大 森 光 幸││ / │   │       │
└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘


            第8回11月遠賀町議会臨時会
               議事日程(第1号)

                   平成17年11月28日(月)午前9時 開議
    開   会

日程第1  会議録署名議員の指名
日程第2  会期の決定
日程第3  議案第74号 遠賀町一般職職員の給与に関する条例の一部改正について
                〔議案上程・提案理由説明・議案質疑・委員会付託〕
日程第4  委員会報告
日程第5  議案第74号 遠賀町一般職職員の給与に関する条例の一部改正について
                       〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕

    閉   会



             平成17年第8回11月遠賀町議会臨時会
                       招集年月日平成17年11月28日(月)

 ─── 開会午前9時 ───
○議長(仲野丈) おはようございます。本日、福祉・生涯学習課長が欠席しておりますことを、まずご報告致します。只今から平成17年第8回遠賀町議会臨時会を開会いたします。
△日程第1
 会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、遠賀町議会会議規則第120条の規定により、柴田征一郎君、石松 守君を指名致します。
△日程第2
 会期の決定を議題と致します。本臨時会の会期は、別紙予定表では、本日の1日間と致しておりますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(仲野丈) ご異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、本日1日間と決定致しました。
△日程第3
 議案第74号「遠賀町一般職職員の給与に関する条例の一部改正について」を議題と致します。事務局長をして朗読致させます。
 ─── 局長朗読 ───
○議長(仲野丈) 以上で、議案の朗読は終了致しました。議案第74号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(木村隆治) 皆さん、おはようございます。平成17年11月臨時議会を招集さしていただきましたところ、議員各位におかれましては、公私共に大変お忙しいなかに、ご出席をいただきまして誠にありがとうございます。早速ですが、議案第74号に対する提案理由を申し上げます。「遠賀町一般職職員の給与に関する条例の一部改正について」でございますが、国家公務員に対する人事院勧告に準じて町一般職職員の給与条例の一部を改正するものでございます。改正の内容といたしましては、給料月額のマイナス0.3%の引き下げ改定、配偶者に係る扶養手当の現行月額13,500円を13,000円に500円引き下げ改定、勤勉手当の現行の支給率0.7月分を0.75月分に0.05月の引き上げ改定となっております。なお、適用時期は本年12月1日からでありますが、平成18年度以降の勤勉手当につきましては、6月期、12月期それぞれ0.725月分となっております。また、本年4月から、この改定の実施の日の前日までの期間に係る官民給与較差相当分マイナス0.36%を解消するため、「本年4月1日における職員が受けるべき給料、管理職手当、扶養手当、調整手当、住居手当の月額の合計額」及び「本年6月に支給された期末手当及び勤勉手当の合計額」に較差率マイナス0.36%を乗じて得た額の合計額を、12月期の期末手当の額で調整するものでございます。なお、人件費に係る補正予算につきましては、12月定例議会に上程させていただく予定でありますので、よろしくご審議をお願い致します。
○議長(仲野丈) 以上で、提案理由の説明は終了致しました。これより、議案質疑に入ります。議案第74号「遠賀町一般職職員の給与に関する条例の一部改正について」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。10番堅田繁議員。
◆10番議員(堅田繁) それでは質問さしていただきます。今回のこの議案、職員の給与の一部の条例の改正についてなんですけども、今のご説明ですと、2005年度の給与改定人事院勧告を受けての、実質のマイナス遡及調整になるかと、私は理解したんですけども、議案は、あくまで2005年の0.3%ですか、かける月額分の差額を調整と言うか、実質、ようするに、戻しなさいよと言う解釈を私はしたんですけども、それを出された2005年の人事院勧告と合わせて、2006年度、先程の説明の中で出ましたけれども、平成18年の勤勉手当も合わせて、その人事院勧告の中で通達をされてる、そういうことになるのでしょうか。議案は、あくまで2005年分という私は解釈をしましたけれども、それだけではなくて、当然2006年度の調整分も含めての人事院の通告であったかということをちょっと、お尋ね致します。
○議長(仲野丈) 総務課長
◎総務課長(丸井力夫) 勤勉手当の件につきましては、既に6月期につきましては、支給済みでございます。従いまして、官民比較のなかで、0.05月分が差があるということで、その0.05月分を、6月分には、もう支給が出来ませんので、12月に、取り合えずといいますか、12月期に、その差額分を支給すると。そして、来年度からにつきましては、勤勉手当の率、6月、12月、同率で支給するという方針がございますので、その0.05を0.025に割り振るということでの、今回の人事院勧告でございます。以上でございます。
○議長(仲野丈) 堅田委員
◆10番議員(堅田繁) 細かなところは、所轄の委員会でと思いますけれども、ようするに、2005年と6年は、やはり、両立してセットであるという解釈を私はしましたけれども、そうなんですね。
○議長(仲野丈) 総務課長
◎総務課長(丸井力夫) 給料表等の本体に付きましては、また改めて3月議会に2006年度以降の給料体系等に付きましては別途給与条例の改正案を提出させて頂くというふうに考えております。
○議長(仲野丈) 他に質疑はございませんか。森委員。
◆8番議員(森繁義) 突然の事で分かりづらいのですが、専門ではございませんので、ただ一つ言えることはどれほど遠賀町の職員の給料が総括でですね、どれ位の減額になるかのかだけ答えて頂きたい。
◎総務課長(丸井力夫) 個人的なことで恐縮なのですが、私の分で勤勉手当が0.05増えますので本年度と致しましては、若干の支給額何千円かの支給額、プラス支給になります。取り合えず12月に付きましては。1、2、3月分でマイナスが出てきますので、約それが2000円位になってきます。0.36ですから、現在補正予算としては他の分の色んな分がございますので、集計中で、人事勧告分だけの集計とは致しておりませんが、約人件費の見込み等がございまして700万近い減額になりまして、12月に補正として挙げさせて頂こうと考えております。
◆8番議員(森繁義) 何ですか、よく分からないですがね、最後の所だけ分かる、700万の補正をするということですか。再度詳しく。
◎総務課長(丸井力夫) 当初、4月に見込んでおりました人件費で若干変動した分育休等がございますので、育児休業に入った職員、当初育児休業が明けて出勤すると執務するという職員もおりましたので、そういうものを全て含めて700万位の減額措置になるということでございます。付きましては、共済年金の率の未会計分の全て含んだ分の減額ということになっております。
◆8番議員(森繁義) 詳しくは委員会であるということですけど、ここにこの表がございますけど、これは17年8月15日人事勧告と書いてありますね、これの元もとの前の分がないとですね、比較しようがないけどこれはいかがなものですかね。
◎総務課長(丸井力夫) この給料表に付きましては既に条例で議決を頂いている給料表でございますので、例規集の中にこの給料表はございます。
◆8番議員(森繁義) 結構でございます。突然この議案がですね、私も今日初めて見たわけでしてその辺の事もはっきり分かっておりませんので、そう言われますとそういうことでございますので詳しくは委員会の方で。終わります。
○議長(仲野丈) 他に質疑も出ないようですので、議案第74号に対する質疑を終わります。これより委員会付託に入ります。議案第74号については、第1常任委員会に付託致します。ここで、委員会付託のため、暫く休憩致します。
─── 休憩 午前9時09分 〜 再開 午前9時49分 ──
○議長(仲野丈) 再開致します。
△日程第4
 委員会報告。遠賀町議会会議規則第77条の規定により、付託委員会の議案処理結果を報告する「委員会報告書」が、第1常任委員会委員長から議長あてに提出されておりますので、事務局長をして朗読致させます。局長。
 ─── 局長朗読 ───
○議長(仲野丈) 以上で、朗読は終了致しました。
△日程第5
 議案第74号「遠賀町一般職職員の給与に関する条例の一部改正について」に関し委員長報告を求めます。お諮り致します。議案第74号に対する委員長報告については、遠賀町議会会議規則第41条第3項の規定により、先程の委員会報告書の朗読をもって、省略することに致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。ご異議なしと認めます。よって、以上のとおり委員長報告は省略することに決しました。これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第1常任委員会委員長対する質疑を許します。質疑はございませんか。質疑も出ないようですので、第1常任委員会委員長に対する質疑を打ち切ります。以上で、質疑は終了致しました。これより、討論に入ります。討論はございませんか。堅田委員。
◆10番議員(堅田繁) 10番堅田です。私は今回上程されました議案に対しまして反対の立場からの討論に参加させて頂きたいと思います。私は今回2005年度の給与改定が人事院の勧告通りに要するにマイナスの遡及調整という形で行われたということに対してはやはり問題があると考えるわけであります。本来、今回の公務員の賃金の改定というのは、その民と官の給与較差について人事院から指摘があったわけですけど、本当であれば民間で行われた春闘の結果ですとか、地方の最低賃金の引き上げなど、今の民間の賃金というのも不景気な世の中ですけど、一定の利益を上げているところもあります。大企業と中小の零細の企業とは全然違いますけど、そういった現実を見ずにですね、景気の動向に影響を及ぼしていく中で今回の遡及の調整をされるということは不利益の不遡及という公務員の原則を踏みにじるものではないかと思うわけです。私は本当に今公務員の数が多すぎるとか、公務員がいかにも小泉内閣の中で槍玉に挙げられている感じを受けるのですが、果たしてそうなのかと。本当に正されなくてはいけないのは一部の特権階級にしがみついている官僚制度が問題なのです。一部の公務員だけ。だから私はそういう流れで国民の批判の的になっているけど、そういうキャリアの人たちが問題にされるべきであって、公務に従事しておられる750万人と言われていますけど、そういう公務関連に勤務している人の給与構造とか給与水準、そして勤勉手当は改定すべきでないと考えます。それをやってしまったらですね、本来の公務員としてのやはり労働に対する意欲ですとか、モラルハザードを引き起こしたり、行政というか組織全体のモチベーションも下がってくるのではないかということを懸念するのです。本来、公務員というのは全体の奉仕者という立場があって公務の運営に携わっている以上、公正であり公平であって安定性、継続性というのを求められてくるわけです。ですから私は闇雲にそういう人事院勧告に従わなくてはいけないのでしょうけど、そうではないと、一律に考えなくて、もっと考えていく必要があると。合わせて第1委員会の中でも明らかになったのですけど、今回はあくまでも15年度のマイナス遡及ですけど、16年度には抜本的な給与体系の見直しも入ってきているわけです。2006年度ですね。ですから今回の一部の現象だけにとらわれると、先々の与えてくる影響は連動してくると思いますので、私はやはり、今度遠賀町の自立推進計画の中も独自にやるわけですけど、経済的に影響を与えると思いますので私は反対の立場でお話させて頂きました。以上です。
○議長(仲野丈) 他に討論ございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(仲野丈) 発言もございませんので討論なしと認めます。以上で、討論は終了致しました。これより、採決に入ります。この採決は、起立によって行います。議案第74号「遠賀町一般職職員の給与に関する条例の一部改正について」 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      13:1(15)
○議長(仲野丈) 起立者多数です。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。以上で、本日の日程は終了致しました。これをもって、平成17年第8回遠賀町議会臨時会を閉会致します。
 ─── 閉会 午前10時07分 ───