議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 遠賀町

平成26年第 1回臨時会−01月23日-01号




平成26年第 1回臨時会

     平成26年 第1回 遠賀町議会臨時会議事録   平成26年1月23日


1.議長の氏名   奥 村  守


2.説明のため出席した者の氏名・職

   町長     原 田 正 武
   副町長    行 事 和 美
   教育長    中 尾 治 実
   総務課長   川 崎 多賀生
   行政経営課長 岩河内 孝 寿
   まちづくり課長池 田 知 致
   会計管理者  安 増 信 秀
   税務課長   丸 井 真由美
   住民課長   牛 草 英 雄
   福祉課長   田 中 義 行
   環境課長   永 田 弘 幸
   建設課長   木 村   晃
   生涯学習課長 松 井 京 子
   学校教育課長 谷 口 義 和

3.書記の氏名

   平田 多賀子 議会事務局長
   岩本 武 志 事務係長

4.議員の出欠 (出席 /・ 欠席 △)

┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐
│出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 │
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │1番 │浜 岡 峯 達││ ─ │6番 │ 欠   番 ││ / │11番│古 野   修│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │2番 │萩 本 悦 子││ / │7番 │加 藤 陽一郎││ / │12番│堅 田   繁│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │3番 │織 田 隆 徳││ / │8番 │中 野 嘉 徳││ / │13番│平 見 光 司│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │4番 │二 村 義 信││ / │9番 │萩 尾 修 身││ / │14番│奥 村   守│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │5番 │仲 野 新三郎││ / │10番│三 原 光 広││ ─ │   │       │
└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘



                          平成26年1月23日(木)午前9時開議


        開    会


 日程第1   会議録署名議員の指名
 日程第2   会期の決定
 日程第3   議案第1号  遠賀町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の全部改正について
                  〔議案上程・提案理由説明・請求代表者の意見陳述等の決定〕
 日程第4   議案第2号  遠賀町表彰条例の臨時特例に関する条例の制定について
                                 〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第5   議案第3号  平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第5号)
                                 〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第6   発議第1号  遠賀町議会議員定数条例の一部改正について
                                   〔議題上程・趣旨説明〕


        散    会



            平成26年第1回臨時会(日程第1号)
                         招集年月日 平成26年1月23日(木)

 ─── 開会 午前8時58分 ───
○議長(奥村守) 一同起立。礼。着席。皆さん、おはようございます。定刻前ではございますが、始めたいと思います。ただ今の出席議員数は、13名であります。定足数に達しておりますので、これより平成26年第1回遠賀町議会臨時会を開会を致します。
 これより、本日の会議を開きます。
△日程第1
 会議録署名議員の指名を行います。
 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第127条の規定により、二村義信君、仲野新三郎君を指名を致します。
△日程第2
 「会期の決定」を議題と致します。
 本臨時会の会期は、別紙予定表では本日から1月24日までの2日間と致しております。これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、本臨時会の会期は、本日から24日までの2日間と決定致しました。
△日程第3
 議案第1号「遠賀町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の全部改正について」を議題と致します。議案第1号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) おはようございます。平成26年第1回遠賀町議会臨時会を招集致しましたところ、議員各位におかれましては、お忙しい中にも関わりませず、ご出席いただきまして、誠にありがとうございました。
 それでは、議案第1号「遠賀町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の全部改正について」に対する提案理由の説明を申し上げます。
 地方自治法第74条第1項の規定による遠賀町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の全部を改正する条例制定請求を受理しましたので、同条第3項の規定により、意見を付けて、当該請求に添えられた条例案を議会に付議するものでございます。
 それでは、この条例案に対する私の意見を述べさせていただきます。まず、条例制定請求の趣旨における次の世代への負担については、将来につながるまちづくりの観点から、世代間の負担の公平性を考えた場合、応分の負担は必要であると考えます。次世代への負担の軽減を図ることは、現役世代の町行政を預かる私の責務としてとらえ、不断の行政改革等、効率的な行政運営を、これからも実践してまいります。
 また、議員のあり方についてですが、議員活動の中にも、住民の皆さまの目に見える活動とそうでない活動があろうかと思います。条例案にあるように、議会に係る正規の会議や研修等への出席など、目に見える部分だけを議員活動としてとらえるのであれば、活動日数は年間で数十日となります。しかしながら、議員の皆さまにおかれましては、日頃から、住民からの意見や行政に関する問題点などの情報収集と分析や、政策実現に向けた調査・研究など、日当制では計りがたい部分に多くの時間を割き、取り組まれていることもまた事実であろうかと思います。
 今回の条例案は、議員報酬を日当制として、公的な活動日数に応じ、日額3万円に改め、また、現行の期末手当を廃止する内容が主なものとなっております。
 私は、あらゆる立場の方々が議員を志し、その活動に専念できるよう、議員報酬につきましては、一定の経済的保障が必要であると考えます。この条例案のように日当制となった場合、議員報酬以外に独自の収入がある方以外は、結果的に排除される懸念がございます。
 このような機会に、住民の皆さまが議会のあり方や必要性について関心を持ち、お考えいただくことに異論はございませんが、議員の皆さまにおかれましては、すでに平成20年度には、招集に応じて本会議及び委員会の会議等に出席した場合の議員の費用弁償を廃止されるなど、これまでにも経費節減に向けて自ら取り組まれておられますし、現在も議会改革の一環として、議員定数も含め、議会のあり方について、検討を重ねられるとお聞きしております。まずは、議員のお立場で、自律的にそのあり方について方向性を出されることを期待を致しております。
 なお、今回の条例案が可決された場合は、法制的な整備の観点から、意見書の最後に記載したとおり、修正を行わさせていただく予定でございます。
 よろしくご審議のほど、お願い申し上げます。
○議長(奥村守) 以上で、提案理由の説明は終了致しました。
 本議案については、地方自治法第74条第4項の規定により、条例制定請求代表者に、意見を述べる機会を与えなければならないことになっております。
 お諮りを致します。条例制定請求代表者の意見を述べる機会については、1月24日、金曜日、午前9時から、遠賀町議会議場において、条例制定請求代表者森田誠之助氏、萩尾修身氏の2名に付与したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、条例制定請求代表者の意見を述べる機会については、1月24日、金曜日、午前9時から、遠賀町議会議場において、条例制定請求代表者森田誠之助氏、萩尾修身氏の2名に付与することに決定致しました。
 なお、地方自治法施行令第98条の2、第1項及び第3項の規定により、条例制定請求代表者に対し、ただ今決定した事項を通知するとともに、告示し、公表をします。
△日程第4
 議案第2号「遠賀町表彰条例の臨時特例に関する条例の制定について」を議題と致します。議案第2号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第2号「遠賀町表彰条例の臨時特例に関する条例の制定について」に対する提案理由の説明を申し上げます。
 遠賀町町制施行50周年を記念するにあたり、これまで遠賀町のまちづくりに貢献してこられ、その功績が顕著であると認められる個人及び団体や、その他、特に町民の模範となる者を特別に表彰し、記念式典の中でその功績を讃えるため、遠賀町表彰条例の臨時特例を定めるものでございます。
 よろしくご審議のほど、お願い申し上げます。
○議長(奥村守) 以上で、提案理由の説明は終了致しました。
△日程第5
 議案第3号「平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第5号)」を議題と致します。議案第3号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第3号に対します提案理由の説明を申し上げます。「平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第5号)」でございますが、歳入歳出それぞれ450万円を増額し、予算総額を67億1,084万円に致すものでございます。
 歳入につきましては、地方交付税300万円の増。県支出金150万円の増、これは農林水産業費県補助金でございます。
 歳出につきましては、農林水産業費150万円の増、これは水田農業経営力強化事業補助金でございます。教育費で300万円の増、これは広渡小学校施設改修工事実施設計委託料でございます。
 次に、第2表におきまして、債務負担行為の追加を行っております。これは、遠賀町表彰条例の臨時特例に関する条例の制定によるものでございますが、平成26年4月1日に町制施行50周年を迎えることにより、町の発展にご尽力を賜りました方へ表彰するためのものでございます。
 以上、概要を申し上げ、提案理由と致します。よろしくご審議のほど、お願い申し上げます。
○議長(奥村守) 以上で、提案理由の説明は終了致しました。
△日程第6
 発議第1号「遠賀町議会議員定数条例の一部改正について」を議題と致します。発議第1号に対する趣旨説明を求めます。平見光司君。
◎13番議員(平見光司) それでは、発議第1号「遠賀町議会議員定数条例の一部改正について」の趣旨説明を行います。
 平成17年に自立推進計画が策定され、平成19年に議員定数を2名削減、平成20年7月には、本会議や委員会などに出席した場合の費用弁償を廃止し、行財政改革の推進に取り組んでまいりました。
 われわれ議会も、さらに町民に開かれた議会の実現を図り、町民の負託に的確に応えつつ、遠賀町の持続的で豊かなまちづくりの実現に向け、1年前より、遠賀町議会基本条例を策定中でございます。その策定にあたり、議員定数と議員報酬についても、しっかりと全議員で議論を交わしてまいりました。
 その中には、議員定数を削減すると、駅南開発で人口増を目指している中、住民の声がさらに届きにくくなるなどの意見もありましたが、最終的には、次回の選挙から、議員定数14名を1名減らし、13名にする案で一致しましたので、遠賀町議会基本条例案にのっとり、提出するものでございます。
 なお、提出賛成者は、浜岡峯達議員、萩本悦子議員、織田隆徳議員、二村義信議員、仲野新三郎議員、加藤陽一郎議員、中野嘉徳議員、三原光広議員、古野修議員であります。
 以上、趣旨説明とさせていただきます。
○議長(奥村守) 以上で、趣旨説明は終了致しました。
 以上で、本日の日程は終了致しました。本日は、これにて散会を致します。
 一同起立。礼。ご苦労さまでした。
 ─── 閉会 午前9時12分 ───