議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 遠賀町

平成25年第 7回定例会−12月17日-05号




平成25年第 7回定例会

     平成25年 第7回 遠賀町議会定例会議事録   平成25年12月17日


1.議長の氏名   奥 村   守


2.説明のため出席した者の氏名・職

   町長     原 田 正 武
   副町長    行 事 和 美
   教育長    中 尾 治 実
   総務課長   川 崎 多賀生
   行政経営課長 岩河内 孝 寿
   まちづくり課長池 田 知 致
   会計管理者  安 増 信 秀
   税務課長   丸 井 真由美
   住民課長   牛 草 英 雄
   福祉課長   田 中 義 行
   環境課長   永 田 弘 幸
   建設課長   木 村   晃
   生涯学習課長 松 井 京 子
   学校教育課長 谷 口 義 和

3.書記の氏名

   平 田 多賀子 議会事務局長
   岩 本 武 志 事務係長

4.議員の出欠 (出席 /・ 欠席 △)

┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐
│出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 │
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │1番 │浜 岡 峯 達││ ─ │6番 │ 欠   番 ││ / │11番│古 野   修│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │2番 │萩 本 悦 子││ / │7番 │加 藤 陽一郎││ / │12番│堅 田   繁│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │3番 │織 田 隆 徳││ / │8番 │中 野 嘉 徳││ / │13番│平 見 光 司│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │4番 │二 村 義 信││ / │9番 │萩 尾 修 身││ / │14番│奥 村   守│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │5番 │仲 野 新三郎││ / │10番│三 原 光 広││ ─ │   │       │
└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘



                         平成25年12月17日(火)午前9時 開議

       再    開

日程第1  各委員会報告
日程第2  議案第79号  公の施設に係る指定管理者の指定について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第3  議案第80号  遠賀町町営住宅管理条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第4  議案第81号  遠賀町改良住宅用地内自動車駐車場使用料条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第5  議案第82号  遠賀町営駐車場設置及び管理に関する条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第6  議案第83号  遠賀町都市公園条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第7  議案第84号  遠賀町教育施設利用条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第8  議案第85号  遠賀町民体育館の管理運営に関する条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第9  議案第86号  遠賀町武道場の設置及び管理に関する条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第10  議案第87号  遠賀総合運動公園の設置及び管理に関する条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第11  議案第88号  遠賀町田園テニス場の管理運営に関する条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第12  議案第89号  遠賀川漕艇場の管理運営に関する条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第13  議案第90号  遠賀町税条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第14  議案第91号  遠賀町国民健康保険税条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第15  議案第92号  平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第4号)
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第16  議案第93号  平成25年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第17  議案第94号  平成25年度遠賀町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第18  議案第95号  平成25年度遠賀霊園事業特別会計補正予算(第1号)
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第19  議案第96号  平成25年度遠賀町学校給食事業特別会計補正予算(第1号)
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第20  議案第97号  平成25年度遠賀町地域下水道事業特別会計補正予算(第1号)
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第21  議案第98号  平成25年度遠賀町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第22  議案第99号  平成25年度遠賀町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第23  請願第1号  少人数学級の推進などの定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための2014年度政府予算に係る意見書採択の要請について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第24  発議第3号  議員派遣の件について
                  〔議題上程・趣旨説明・議題質疑・委員会付託・討論・採決〕
日程第25  発議第4号  容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書案の提出について
                  〔議題上程・趣旨説明・議題質疑・委員会付託・討論・採決〕
日程第26  各委員会の閉会中の所管事項及び特定事項調査について

       閉   会



          平成25年第7回遠賀町議会定例会(日程第5号)
                         招集年月日 平成25年12月17日(火)

 ─── 再開 午前8時57分 ───
○議長(奥村守) 一同起立、礼。着席。
 皆さん、おはようございます。ただいまの出席議員数は、13名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。
△日程第1
 「各委員会報告」
 会議規則第77条の規定により、付託委員会の議案処理結果を報告する委員会報告書が、各委員長から議長あて提出されておりますので、事務局長をして朗読をさせます。局長。
 ─── 局長朗読 ───
○議長(奥村守) 以上で、朗読は終了致しました。
△日程第2
 議案第79号「公の施設に係る指定管理者の指定について」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りを致します。
 議案第79号に関する委員長報告については、会議規則第41条第3項の規定により、省略することに致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) 異議なしと認めます。よって、委員長報告は、省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第一常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。堅田議員。
◆12番議員(堅田繁) おはようございます。12番堅田繁でございます。ただいまの第一委員会の委員長報告に対してのご質問をさせていただきます。まず、3回の質疑ですので、最初、第1回目に3問、ちょっと設定をさせて、ご質問をさせていただきます。
 で、委員会の中で、この公の施設である遠賀町総合運動公園を、指定管理者に…要するに管理を任せることについての審議をされることで、結局、民間業者になるわけです、この指定管理者はですね。で、そこで、管理を任せることによって、発生することが期待できる効果の金額でございます。これが果たしてどれぐらい見込めるものなのかという議論がされたのか。
 二つ目が、現在その施設内、総合運動公園で働いていらっしゃる…要するに雇用されている方々が、指定管理者のもとの管理のもとで働くことで、労働条件に変化が生じてきて、過重労働に陥る可能性があるのではないか、そこが懸念されますが、そのことが審議をされたか。
 で、三番目になります。今回、執行部側からの提案は、指定管理者に管理を行わせることで、施設の有効活用が図られて、活性化が図れるものなんだと、そういった効果に期待して、管理をするのだという提案理由でございましたけれども、確かに、施設が活性化されて利用者が増えて、それが健康増進に繋がっていって、医療費が抑制されるという方向にも繋がれば、それはそれでよしと、またそういった別の効果も期待できるとは思いますけれども、やはり私は町内にある施設である以上は、町内者の方が利用していただいて、そこでにぎわってもらって、活力が生まれていくことが一番望ましいのではないかと考えます。よって、そのために、やはり魅力ある企画立案をしていただいて、せっかくプロポーザル方式、要するに事業企画提案というかたちを提案されてるわけですから、そういったこう、魅力ある企画を用意してあるような事業提案がされたのか。
 ちょっと長くなって恐縮でしたが、そういう3点が、審議をされる中で意見として出されたかですね、それを、最初にお尋ね致します。
○議長(奥村守) 第一常任委員会委員長古野修君。答弁。
◎第一常任委員会委員長(古野修) 堅田議員の質問にお答えしますが、まず1点。指定管理において、効果がどうなのかということだったんですが、委員会の中では、5年間で200万円の効果が生まれるというふうに説明を受けております。
 また、2番目、労働条件の件と思いますが、基本的に雇用は80%以上の確保をするということで、また、今現在関わられている方にもいろいろとお話をしながら進めていくというふうにうかがっております。
 それと、3点目が、魅力ある企画が、事業企画提案で説明があったかということですが、全国的にかなりの施設数の中で事業されている会社とお聞きしておりますし、その中でも、また、今回、遠賀町の指定管理においては、スポーツイベント等の計画、またスポーツショップの展開というふうな話もうかがっておりますし、ジム機器、新規のですね、新しい、最新型のジム機器なんかと、またインストラクターの配置を行うというふうな話がございました。
○議長(奥村守) 堅田議員。
◆12番議員(堅田繁) まず、1回目のお答え、ありがとうございました。そこで、最初にお尋ねを致しました指定管理者に管理を委託することで期待できる効果の金額でしたけども、200万円というお答えでした。で、今回の委託する期間は、平成26年の4月1日から5年間の期間を業者に委託をお願いするわけですけれども、本会議場での質疑ですと、私は指定管理者に管理を行わせることによって、現在、町から、総合運動公園に一人、職員を張り付けているようなかたちになりますけど、この職員の方の人件費はこの200万円の中に、まず入っているのでしょうか。それをどけたところで200万なのか。ちょっとそこだけの1点の確認をお願い致します。
○議長(奥村守) 第一常任委員会委員長。
◎第一常任委員会委員長(古野修) 基本的には、入っていないというふうにうかがっております。
○議長(奥村守) 堅田議員。
◆12番議員(堅田繁) 最後になります。じゃあ単純に、すいません、金額から推測致しますと、5年間で200万円の削減効果だということであれば、年間40万円程度の削減効果が見込めるというふうに解釈をしてよろしいのでしょうか。
○議長(奥村守) 第一常任委員会委員長。
◎第一常任委員会委員長(古野修) はい、その通り、というふうに理解しております。
◆12番議員(堅田繁) 終わります。
○議長(奥村守) ほかにございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、これで質疑を終わります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。堅田議員。
◆12番議員(堅田繁) 12番堅田繁です。私は、この議案第79号「公の施設に係る指定管理者の選定について」、反対の立場から、討論に参加をさせていただきます。
 その反対の理由を申し述べます。まず、平成25年6月議会に提案をされました、「遠賀町総合運動公園の設置及び管理に関する条例の一部改正について」、この内容は、現在の遠賀町運動公園の管理・運営に関して、平成26年度より指定管理者制度を導入する予定のために、地方自治法の規定を受けて、その旨、指定管理者に管理を行わせることができるという規定を加える一部改正の内容でした。
 私はその際、その条例の一部改正に反対をしております。その理由は、反対の理由は、まず一つ目が、公の施設であるならば、地方公共団体、すなわちこの遠賀町がしっかりと責任を持って管理するべきであるということ。2番目が、この遠賀町の総合運動公園の立地条件の優位性を、提出された執行部側はお示しになっていました。要するに、JR遠賀川駅からも近い、国道3号線にも近い、バイパスから近いということを強調されるわけでしたが、そのようなですね、物理的な条件は、遠賀町が管理しようが指定管理者が管理しようが、基本的には変わらないということを申し上げました。住民サービスの向上と利用者の増員を目指すなら、駅南の開発と合わせたインフラ整備がまず先に先行されるべきではないのか。3番目が、地元の町内業者の事業を圧迫しないこと、そして町内の在住者である方を優先的にその遠賀総合運動公園で雇用をすること。4番目でしたが、指定管理者が管理することになったとして、利用料金が値上げされるという可能性が否定はできなかったということを申し上げて、反対を致しました。
 今回は、その条例、6月議会の条例改正を受けての指定管理者の指定でして、具体的に、平成26年4月1日から平成31年の3月31日まで管理を行わせる期間を定めている内容となっています。
 ただいま、第一常任委員会委員長にも質問をさせていただきました。指定管理者に管理をさせたとしても、5年間で200万円程度の効果額しか期待できないということ。それと、地元の雇用の確保という観点から見ましても、要するに、指定管理者、民間業者になるわけですので、管理するということで、当然、住民・利用者に対するサービスの向上が求められてくる。その名目で、雇用されている方々の労働条件が過酷にはなりはしないかと。当然、今ある条件に、負荷がかかってはきはしないか。それとやっぱり、対利用者に対する接し方なんかの、そういったモラル的なところの訓練・教育なんかも、よりこう、厳しくなってくるのではないかということが、ちょっと心配されます。そういったことが過酷になると、そういった指定管理者の要求に応えられずに辞めていく結果になってはしまわないのかということも危惧されます。
 それぞれ理由はありますけれども、任せてみないことにはわからないというところが正直なところではないのかと。ということから、私はやはり公の施設は地方公共団体、この遠賀町がしっかり管理をしていくべきであるということを申し上げまして、反対討論とさせていただきます。
○議長(奥村守) ほかに、討論はございませんか。織田議員。
◎3番議員(織田隆徳) 私は、賛成の面で、討論をさせていただきます。
 一つは、現在雇用されている方については、そのまま業者が面接を致しまして、極力雇用をするという確約をいただいております。
 それから、大きな問題は、やはり現施設をいかにやっぱり魅力ある、有効ある事業を入れながら運営するかということでございますが、やはり行政だけの発想では、なかなかその点はやっぱりうまくいかないんではなかろうか。やはり民間のノウハウを入れた中の運営のほうが、やはり魅力ある施設をですね、有効に利用する、使うことができるんやなかろうかというふうに考えております。特に、パットゴルフについてもいろいろ一般質問ございましたが、業者のほうもいろいろ意見を持っております。そういうことで、あの総合運動公園を、やはりもう少し遠賀町にこういうような立派な施設があるんだろうということをですね、町内外にやはり知らしめるためにも、やはり魅力ある施設とすることが重要だと思ってます。そのためには、やはり事業者ですね、ある程度、事業者のノウハウを取り入れることも必要じゃなかろうかと思ってますので、その点につきまして、賛成をしたいと思ってます。
○議長(奥村守) ほかに討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑もございませんので、これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第79号「公の施設に係る指定管理者の指定について」、この採決は、起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      11:1〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数です。
 よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
△日程第3
 議案第80号「遠賀町町営住宅管理条例の一部改正について」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りを致します。
 議案第80号に関する委員長報告については、会議規則第41条第3項の規定により、省略することに致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第二常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、これで質疑を打ち切ります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに発言もございませんので、討論を打ち切ります。
 これより、採決に入ります。
 議案第80号「遠賀町町営住宅管理条例の一部改正について」、本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                   12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
△日程第4
 議案第81号「遠賀町改良住宅用地内自動車駐車場使用料条例の一部改正について」
△日程第5
 議案第82号「遠賀町営駐車場設置及び管理に関する条例の一部改正について」
△日程第6
 議案第83号「遠賀町都市公園条例の一部改正について」に関し、一括して委員長報告を求めます。
 お諮りを致します。議案第81号、議案第82号、議案第83号に関する委員長報告については、会議規則第41条第3項の規定により、省略することに致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第二常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、質疑を打ち切ります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第81号「遠賀町改良住宅用地内自動車駐車場使用料条例の一部改正について」、議案第82号「遠賀町営駐車場設置及び管理に関する条例の一部改正について」、議案第83号「遠賀町都市公園条例の一部改正について」を、一括して採決致します。
 議案第81号、議案第82号、議案第83号に対する委員長報告は、原案可決であります。議案第81号、議案第82号、議案第83号を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第81号、議案第82号、議案第83号は、委員長報告のとおり、可決されました。
△日程第7
 議案第84号「遠賀町教育施設利用条例の一部改正について」
△日程第8
 議案第85号「遠賀町民体育館の管理運営に関する条例の一部改正について」
△日程第9
 議案第86号「遠賀町武道場の設置及び管理に関する条例の一部改正について」
△日程第10
 議案第87号「遠賀総合運動公園の設置及び管理に関する条例の一部改正について」
△日程第11
 議案第88号「遠賀町田園テニス場の管理運営に関する条例の一部改正について」
△日程第12
 議案第89号「遠賀川漕艇場の管理運営に関する条例の一部改正について」に関し、一括して委員長報告を求めます。
 お諮りを致します。
 議案第84号から議案第89号に関する委員長報告につきましては、会議規則第41条第3項の規定により、省略することに致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第一常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、これで質疑を終わります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 討論なしと認めます。これで、討論を打ち切ります。
 これより、採決に入ります。
 議案第84号「遠賀町教育施設利用条例の一部改正について」、議案第85号「遠賀町民体育館の管理運営に関する条例の一部改正について」、議案第86号「遠賀町武道場の設置及び管理に関する条例の一部改正について」、議案第87号「遠賀総合運動公園の設置及び管理に関する条例の一部改正について」、議案第88号「遠賀町田園テニス場の管理運営に関する条例の一部改正について」、議案第89号「遠賀川漕艇場の管理運営に関する条例の一部改正について」を、一括して採決致します。
 議案第84号から議案第89号に対する委員長報告は、原案可決であります。議案第84号から議案第89号を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第84号から議案第89号は、委員長報告のとおり、可決されました。
△日程第13
 議案第90号「遠賀町税条例の一部改正について」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りを致します。
 議案第90号に関する委員長報告については、会議規則第41条第3項の規定により、省略することに致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は、省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第一常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑なしと認めます。質疑を打ち切ります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに発言もございませんので、これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第90号「遠賀町税条例の一部改正について」、本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
△日程第14
 議案第91号「遠賀町国民健康保険税条例の一部改正について」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りを致します。
 議案第91号に関する委員長報告については、会議規則第41条第3項の規定により、省略することに致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第二常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、これで質疑を終わります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 討論もないようでございますので、討論を打ち切ります。
 これより、採決に入ります。
 議案第91号「遠賀町国民健康保険税条例の一部改正について」、本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
△日程第15
 議案第92号「平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第4号)」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りを致します。
 議案第92号に関する委員長報告については、会議規則第41条第3項の規定により、省略することに致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第一・第二常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、これで質疑を打ち切ります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。堅田繁君。
◆12番議員(堅田繁) 12番堅田繁です。私は、付託先である第二常任委員会の中で、この議案第92号には、反対の立場をとりました。よって、この本会議場でも、議案第92号「平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第4号)」について、反対の立場から、討論に参加をさせていただきます。
 その理由を述べます。まず、この予算書には、総務費工事請負費として、庁舎周辺駐車場整備費として594万4,000円、同じく町制50周年事業に係る備品購入で114万6,000円、民生費出産育児の給付金18件分を見込んでの232万、また民生費地域活動支援センターはまゆうへの施設建設費の総額2,700万円を遠賀郡4町で等分するための施設建設補助金675万、民生費子育て支援システム構築のための、新規開発のための業務委託料として1,254万8,000円、また商工費でも、駅前商店街の宣伝や活性化につながると思われる工事費を164万5,000円などが計上された内容となっております。そういったものが主でございます。そのことは、住民サービスの向上と町民の生命と財産を守ることにつながる内容であると私は認識を致しております。そこは、強調させていただきます。
 しかし、私は、6月議会で提出されました、遠賀町長・副町長、また教育長の給与の特例に関する条例の制定について並びに「遠賀町一般職職員の給与の臨時特例に関する条例の制定について」の議案3案ともに、反対の立場をとりました。その反対の理由は、一つ、政府からの、地方自治体に地方公務員の賃金引き下げを要求すること、またその相当額を地方交付税から削減することは、明らかに国家からの地方自治体への介入であること。二つ目、職員給与の削減は、職員の生活に直結すると同時に、生活設計に大きな影を落とすことになり、公務労働を担う士気にも関わる重大な問題であること。ほかにも述べましたが、主にはこの、大まかな理由でございました。反対の理由でした。
 その公務員給与の削減が、この議案第92号では、特別職の給与費の減額で116万4,000円、一般職の給与費約…大まかでございますが、異動も含んでますので、約2,000万円にも及ぶという削減が反映された予算書になっております。
 よって、私は、先に述べた事業や住民サービスの向上につながる内容は、この予算書の中に織り込まれてる、それは必要であるという立場ですけれども、いましがた申し上げましたように、公務員給与の削減が盛り込まれているこの予算を、予算書を認めるわけにはいきませんので、反対とさせていただきます。以上、終わります。
○議長(奥村守) ほかに討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに討論もございませんので、討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第92号「平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第4号)」、この採決は、起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      11:1〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数であります。
 よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
△日程第16
 議案第93号「平成25年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りを致します。
 議案第93号に関する委員長報告につきましては、会議規則第41条第3項の規定により、省略することに致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第二常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、これで質疑を終わります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。堅田君。
◆12番議員(堅田繁) 12番堅田繁です。私は、この議案第93号「平成25年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」について、反対の立場から、討論に参加をさせていただきます。付託先の第二常任委員会でも反対の立場をとりましたので、同様にこの本会議でも、反対の立場から、討論に参加をさせていただきます。
 まず、この補正予算書の中には、保険給付費の一般被保険者療養費負担金として453万7,000円、同じく出産育児一時金375万円、同じく葬祭費負担金として33万が計上されている内容です。そのいずれも、住民生活に密着した内容であるという認識を持っております。しかしながら、先の議案第92号の反対討論でも述べましたけれども、この補正予算書の中には、総務費の一般職員給与として18万円の減額が提示された内容となっております。
 私は、6月議会で可決をされました「遠賀町一般職職員の給与の臨時特例に関する条例の制定について」、反対の立場を取っておりますので、その立場から言いますと、この内容が盛り込まれている議案第93号には賛成することができませんので、反対を致します。以上、終わります。
○議長(奥村守) ほかに、討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに発言も出ないようでございますので、討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第93号「平成25年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」、この採決は、起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      11:1〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数です。
 よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
△日程第17から日程第22
 日程第17議案第94号から、日程第22議案第99号までを、一括して議題と致します。
 6議案に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りを致します。
 議案第94号から議案第99号に関する委員長報告については、会議規則第41条第3項の規定により、省略致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第一・第二常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、これで第一・第二常任委員会委員長に対する質疑を終わります。
 これより、討論に入ります。議案第94号から議案第99号までの6議案に対します発言を許します。討論はございませんか。堅田議員。
◆12番議員(堅田繁) 12番堅田繁です。それでは、まず議案第94号から議案第99号までの6議案に対しまして、その6議案すべてに対して、私は反対の立場から、討論に参加をさせていただきます。
 その理由を述べます。先ほどの議案第92号の反対討論でも述べました内容と同じく、この6議案のそれぞれの特別会計補正予算書には、6月議会で可決をされました遠賀町一般職職員の給与の特例に関する条例の制定などに伴う給与の減額及び人事異動に伴う予算の組み替えによる人件費の調整が計上された内容となっております。私は、一般職職員の給与費削減が盛り込まれている各特別会計補正予算書を認めるわけにはいきません。そういう立場でおりますので、反対ということになります。
 付け加えさせていただきますと、議案第99号に関しまして言わせてもらいますならば、「平成25年度遠賀町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」で、私はこの3月議会での当初予算審議の際に、高齢者の医療費と高齢者人口の増加に比例をして、後期高齢者医療の保険料が増加する仕組みになっている、この後期高齢者医療制度そのものが問題であると、医療制度の根本的な欠陥上の問題があるということを指摘させていただいております。それを理由に、反対を致しております。
 また、この議案第99号には、総務費後期高齢者医療一般管理費の給料などで、30万8,000円が減額された予算書の内容となっております。よって、私は、一般職職員の給与削減は断固認められないという立場から、議案第94号から議案第99号まで、反対という立場から、討論に参加をさせていただきます。以上、終わります。
○議長(奥村守) ほかに討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに発言もございませんので、討論を終わります。
 これより、採決に入ります。この採決は、起立によって行います。
 議案第94号「平成25年度遠賀町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)」、本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      11:1〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数であります。
 よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
 続いて、議案第95号「平成25年度遠賀霊園事業特別会計補正予算(第1号)」、本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      11:1〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数です。
 よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
 続いて、議案第96号「平成25年度遠賀町学校給食事業特別会計補正予算(第1号)」、本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      11:1〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数であります。
 よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
 続いて、議案第97号「平成25年度遠賀町地域下水道事業特別会計補正予算(第1号)」、本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      11:1〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数であります。
 よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
 続いて、議案第98号「平成25年度遠賀町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)」、本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      11:1〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数であります。
 よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
 続いて、議案第99号「平成25年度遠賀町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」、本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      11:1〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数であります。
 よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
△日程第23
 請願第1号「少人数学級の推進などの定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための2014年度政府予算に係る意見書採択の要請について」に関し、委員長報告を求めます。
 第一常任委員会委員長、古野修君。
◎第一常任委員会委員長(古野修) 委員長報告を致します。第一常任委員会に付託されました請願第1号「少人数学級の推進などの定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための2014年度政府予算に係る意見書採択の要請について」について、委員長報告致します。
 この請願は、子どもたちに対するきめ細かな対応や、全国どこに住んでいても一定水準の教育を受けられるようにすることが趣旨であるとの説明があり、趣旨に関しては、概ね理解できるという意見がありました。しかし、趣旨は理解できるが、文章の中で「30人以下学級」と表現されているが、現在、小学1年生、2年生については35人学級が実現しているものの、それ以外については、まだ予算措置もなされておらず、35人学級でさえも実現されていない。まずは35人学級を実現させる方向の要請をすべきだという意見や、「30人以下」とあいまいな数字であるため、確定した数字を提示すべきだという意見が出ました。
 また、義務教育費国庫負担制度についても、これは、市町村ではなく、特に都道府県に関わってくる問題であるため、都道府県で意見書を出すべきだとの意見がありました。
 そのほかにも、委員会での請願書の修正ができないため、再度の提出を求める意見が出ました。
 以上の審査の内容を踏まえ、請願第1号に関し、採決した結果、賛成少数で不採択となりました。以上です。
○議長(奥村守) 以上で、委員長報告は終了致しました。
 これより、委員長報告に対する質疑に入ります。第一常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、これで質疑を打ち切ります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに発言もございませんので、この討論を終わります。
 これより、採決に入ります。この採決は、起立によって行います。
 請願第1号「少人数学級の推進などの定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための2014年度政府予算に係る意見書採択の要請について」、本案に対する委員長報告は、不採択であります。
 したがって、原案について、採決致します。本案を、原案の通り決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                     2:10〔13〕
○議長(奥村守) 起立少数であります。よって、請願第1号は、不採択と決しました。
△日程第24
 発議第3号「議員派遣の件について」を議題と致します。
 お諮りを致します。
 発議第3号については、会議規則第39条第3項の規定により、趣旨説明を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、発議第3号については、趣旨説明を省略することに決しました。
 これより、議題質疑に入ります。発議第3号に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、発議第3号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 お諮りを致します。
 発議第3号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、発議第3号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 討論なしと認めます。討論を打ち切ります。
 これより、採決に入ります。
 発議第3号「議員派遣の件について」を、原案のとおり決することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり、可決されました。
△日程第25
 発議第4号「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書案の提出について」を議題と致します。
 発議第4号に対する趣旨説明を求めます。三原光広君。
◎10番議員(三原光広) それでは、発議第4号「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書案の提出について」、趣旨説明を行います。
 一般廃棄物の半分以上を占める容器包装のリサイクルを行うため、容器包装リサイクル法が施行されました。ところが、リサイクル率は上がっても、使い捨て型容器の大量生産・大量使用は見直されず、排出抑制に結びついてないのが現状です。
 その一方で、自治体は、リサイクルコストの約8割を占める収集・保管・選別を義務づけられ、分別収集に積極的に取り組む自治体の財政を圧迫しています。また、これらに要する費用が税金負担の構造では、事業者にも発生抑制や環境配慮設計に取り組むインセンティブが働いていません。従って、容器包装を選択する事業者の責任を明確にしない限り、このままでは大量リサイクルに、際限なく税金を使い続けることになります。
 しかもこの法律は、リデュース・リユース・リサイクルという3Rの優先順位を明確にしたとされる循環型社会形成推進基本法にも矛盾しており、これらを推進する様々な手法、例えば、容器課徴金、デポジット制度などを盛り込む視点で見直すことも不可欠です。
 以上のことから、拡大生産者責任の強化に基づく、容器包装リサイクル法の改正を求めるものでございます。
 議員皆さまの賛同をお願いし、意見書案の趣旨説明とさせていただきます。よろしくお願い致します。
○議長(奥村守) 以上で、趣旨説明は終了致しました。
 これより、議題質疑に入ります。発議第4号に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、発議第4号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 お諮りを致します。
 発議第4号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、発議第4号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 討論もないようでございますので、討論を終わります。
 これより、採決に入ります。この採決は、起立によって行います。
 発議第4号「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書案の提出について」、本案を、原案のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり、可決されました。
△日程第26
 「各委員会の閉会中の所管事項及び特定事項調査について」を議題と致します。
 第一・第二常任委員会の所管事務調査及び議会運営委員会の所掌事務調査について、会議規則第75条の規定により、お手元に配りました各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査の申し出があっております。
 お諮りを致します。
 各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、第一・第二常任委員会の所管事務調査及び議会運営委員会の所掌事務調査については、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決しました。
 以上で、本日の日程は終了しました。
 これをもちまして、平成25年第7回遠賀町議会定例会を閉会致します。
 一同起立、礼。ご苦労さまでした。ありがとうございます。
 ─── 閉会 午前9時53分 ───