議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 遠賀町

平成25年第 7回定例会−12月09日-02号




平成25年第 7回定例会

     平成25年 第7回 遠賀町議会定例会議事録   平成25年12月9日


1.議長の氏名   奥 村   守


2.説明のため出席した者の氏名・職

   町長     原 田 正 武
   副町長    行 事 和 美
   教育長    中 尾 治 実
   総務課長   川 崎 多賀生
   行政経営課長 岩河内 孝 寿
   まちづくり課長池 田 知 致
   会計管理者  安 増 信 秀
   税務課長   丸 井 真由美
   住民課長   牛 草 英 雄
   福祉課長   田 中 義 行
   環境課長   永 田 弘 幸
   建設課長   木 村   晃
   生涯学習課長 松 井 京 子
   学校教育課長 谷 口 義 和

3.書記の氏名

   平 田 多賀子 議会事務局長
   岩 本 武 志 事務係長

4.議員の出欠 (出席 /・ 欠席 △)

┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐
│出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 │
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │1番 │浜 岡 峯 達││ ─ │6番 │ 欠   番 ││ / │11番│古 野   修│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │2番 │萩 本 悦 子││ / │7番 │加 藤 陽一郎││ / │12番│堅 田   繁│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │3番 │織 田 隆 徳││ / │8番 │中 野 嘉 徳││ / │13番│平 見 光 司│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │4番 │二 村 義 信││ / │9番 │萩 尾 修 身││ / │14番│奥 村   守│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │5番 │仲 野 新三郎││ / │10番│三 原 光 広││ ─ │   │       │
└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘



                          平成25年12月9日(月)午前9時 開議

       再    開

日程第1  議案第78号  人権擁護委員の推薦について
                            〔議案質疑・委員会付託・討論・採決〕
日程第2  議案第79号  公の施設に係る指定管理者の指定について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第3  議案第80号  遠賀町町営住宅管理条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第4  議案第81号  遠賀町改良住宅用地内自動車駐車場使用料条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第5  議案第82号  遠賀町営駐車場設置及び管理に関する条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第6  議案第83号  遠賀町都市公園条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第7  議案第84号  遠賀町教育施設利用条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第8  議案第85号  遠賀町民体育館の管理運営に関する条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第9  議案第86号  遠賀町武道場の設置及び管理に関する条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第10  議案第87号  遠賀総合運動公園の設置及び管理に関する条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第11  議案第88号  遠賀町田園テニス場の管理運営に関する条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第12  議案第89号  遠賀川漕艇場の管理運営に関する条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第13  議案第90号  遠賀町税条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第14  議案第91号  遠賀町国民健康保険税条例の一部改正について
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第15  議案第92号  平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第4号)
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第16  議案第93号  平成25年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第17  議案第94号  平成25年度遠賀町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第18  議案第95号  平成25年度遠賀霊園事業特別会計補正予算(第1号)
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第19  議案第96号  平成25年度遠賀町学校給食事業特別会計補正予算(第1号)
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第20  議案第97号  平成25年度遠賀町地域下水道事業特別会計補正予算(第1号)
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第21  議案第98号  平成25年度遠賀町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第22  議案第99号  平成25年度遠賀町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
                                  〔議案質疑・委員会付託〕
日程第23  請願第1号  少人数学級の推進などの定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための2014年度政府予算に係る意見書採択の要請について
                                       〔委員会付託〕

       散   会



        平成25年第7回遠賀町議会定例会(日程第2号)
 招集年月日 平成25年12月9日(月)

 ───  午前8時55分 ────
○議長(奥村守) 一同起立、礼。着席。皆さん、おはようございます。定刻前ではございますけど、ただいまの出席議員数は、13名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。
△日程第1
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第78号「人権擁護委員の推薦について」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、議案第78号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 お諮りを致します。
 議案第78号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、議案第78号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 発言もございませんので、これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。この採決は個別にお諮りし、起立によって行います。
 議案第78号のうち、内藤正道君の推薦について、適任と思われる諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      12:0〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数であります。よって、内藤正道君が適任であると決しました。
 続いて、舛添朝生君の推薦について、適任と思われる諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      12:0〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数であります。よって、舛添朝生君が適任であると決しました。
△日程第2
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第79号「公の施設に係る指定管理者の指定について」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。堅田繁君。
◆12番議員(堅田繁) 12番堅田です。先に失礼を致します。まず今回、この議案第79号の内容と申しますのは、総合運動公園の指定管理者に、誰に請け負わせるかということを、公募によって募ったということでございました。で、3業者が手を挙げられて、委託する上での審査基準を満たしていると選定委員会が判断をしたものだと。そのうち、シンコースポーツ九州株式会社さんに最優先交渉権を与えたいというご説明でした。
 で、ちょっと私なりに、シンコースポーツさん、株式会社さんがどういった企業かということで、インターネットで検索をした範囲なんですけれども、主に…そもそもその企業としての設立は昭和53年、シンコーフーズさんというところから出発されているということで、その後、段階的にこう、事業を拡大されてきて、現在の運営に至っているところですね。で、そういったところ、審査基準に満たしてたから最優先交渉業者として指定をしたんでしょうけど、地元の雇用を果たして守れているのかという観点から、ちょっと質問します。
 まずこのシンコースポーツ九州株式会社は、業務内容としてトレーニングルームの指導業務とか、体育施設の管理業務、受付案内業務、またスポーツクラブ施設の管理・清掃業務まで請け負っている事業内容です。で、ここに委託、指定管理者として指定して管理を任せると、こういったところが雇用する、基本的に従業員300人、契約社員1,700名を雇用しているということですから、そういったところからこの、派遣なり来るような事態になったら、地元の雇用を守れないのではないかという、一つは疑問があります。
 ですから、ここは、委託する上で、地元の雇用、遠賀町在住のそういった労働者を雇用するという、そういった基準は担保されているのか、それを承知でシンコーさんに、そういった条件をシンコーさんが了承されて、交渉者としてやりたいと言ってるのか、そこが担保されてるのか、そこをまず1点、お尋ねします。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) 地元の雇用状況では、シンコーさんのほうはですね、80%以上を確保すると審査会の中でおっしゃっておりました。ちょっと詳しいことはまた課長のほうで、よろしくお願いします。
○議長(奥村守) 生涯学習課長。
◎生涯学習課長(松井京子) 地元雇用につきましては、選定基準の大きなポイントでございましたので、そのへんは審査会のほうでもヒアリング等していただいております。その中で、今、教育長が申しましたように、80%以上を確保するというご返事でした。その方策としましては、まずやはり現行の従業員の皆さんと必ず面接を行って、継続雇用の確認を取るということでございました。で、継続雇用の希望をされた方につきましては、条件提示等行って、交渉に入っていくということでございました。そして、もし新たな採用が必要になった時に関しましても、地元の住民の皆さんを優先して採用をするというお答えをいただいております。
○議長(奥村守) 堅田議員。
◆12番議員(堅田繁) 雇用のところは、そういったお答えです。だから、それを忠実に履行してもらえれば、ということです。
 次に、委託料の観点からお尋ねをします。当然、委託料、指定管理者で5年間委託するわけですから、現在、総合運動公園に関わっている職員は、基本的に引き揚げる…引き揚げるというか、役場に戻ってくるわけですよね。職員には変わりはないけれども、そこで人件費、帰ってきた職員に、また別の労働条件というか、また活躍してもらうということになるから、そこは削減する効果はあるんでしょう。
 で、現在の設備を見た時に、トレーニングルームの機械なんかはもうかなり古くて、利用してる人もそんなに、事業実績報告見ても、そんなに、固定してる人はいるけれども、伸びていく形跡は見受けられないと。そういった時に、このシンコーさんは、先ほど申し上げましたように、トレーニングルームの業務指導とか、そういったこう、トレーニングマシーンのレンタルなんかも行ってるわけですよね。で、シンコーさんにしてみたら、利用者が増えて利用料がそれはシンコーさんに入るわけやから、そうなったときに遠賀町の委託料はその分減るから、そういった委託料と収入とのバランスは出てくると思うんですけど、結局、シンコーさんは利用者を増やしたいと思ったらですよ、そういった、「うちが扱ってるトレーニングマシーン入れてくださいよ」とか、「こんな設備があるから、ぜひ購入してくださいよ」と。ほんで、利用者増やすために、こういったことで提案してくると思うんですよ、関わってくれば。そういった民間の知識・ノウハウもいただくということもその理由に、主な、指定管理者に任す以上、入ってるわけやから、そういった時の費用なんかもね、結局のところ、遠賀町が単費でまたレンタルなりして、購入するなりして、した時のことを考えたらですよ、逆に委託したあとの費用の捻出、また設備を増設する、最新の機器を導入する、というところに費用がかかってくるんじゃないんですか。そういったところが、どういった審査基準の中で、シンコーさんと取り引きをされてるんですか。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) まさにこれが指定管理のいいところで、シンコーさんはそういう器具も含めて、持っておられるんですね。自分でやられてる。いろんなところ、やられてますんで。ですから、そういう器具に関しましては、そういう入れ替えはシンコーさんがお持ちになると。ただ、施設を大幅に改修とか…今のトレーニング室をですね、大きく改修しようという時はまたそれはその時の提案の中で、我々との協議になってこようかと思いますけど、器具等については、向こうから提案なさってます。自分で持ってる、まだほかにやってる、請けてるところで、そういう器具を、新しい器具をお持ちですので、そういうところの器具をこちらのほうにお持ちになるという提案をなさっておりますので、私のほうから新たな器具を購入致しますということじゃない。向こうから、そういう器具をお持ちいただいて、そこでトレーニング事業を展開なさるということでございますので、我々としてはその提案の中で、新たな器具もそこで、我々のほうから器具を設置するということじゃございません、今は。そういうことでございます。
○議長(奥村守) 堅田議員。
◆12番議員(堅田繁) そこの細かなとこはもう付託された委員会のところでの議論を期待しますけども、3番目、最後の質問ですけど、本町、年が明けますと、町制50周年事業がかなり盛りだくさんに企画されております。そういった中で、総合運動公園を利用する機会も増えてきますよね。人文字でやったりとか、今度、スポレクがなくなって、その体育…オリンピックおんがじゃない、ですよね、そういった事業をすると、町民参画とか。
 基本的に、管理はシンコースポーツ九州さんですけど、大前提はやっぱり町の事業最優先で取り組んでいくということを、まず方針として確認させてもらいたいことと、それ以外の施設がございますけれども、たとえばテニスコート、あと相撲場ですね、櫓組んでるから、相撲場もあります。あと、パットゴルフとかもあります。キャンプ場とかもありますけど、これ、もう一式が対象となってのシンコースポーツさんの管理なのか、2点。50周年事業に係るところと、もう総合運動公園全部がシンコーさんにお願いするのか。一つの質問で、二つ聞きました。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) 当然、今、定期利用もなさっておられますし、町の事業も抱えております。それと、また来年の50周年事業もあります。そして、もうすでに来年の事業、定期利用なり、いろんなかたちですでに計画されておるものにつきましては、優先的にその事業がもう展開していくということでございますので、当然そういうことで。その空いてる、使ってない、まだ入ってない、そういうものを、要するに、シンコーさんがどういうふうに今から展開していくかということで提案なさってますので、すべて、相撲場から今ある施設、すべて管理の対象になっておりますし、事業展開を今度もしシンコーさんが皆さまの議決をいただければ、第一優先権者でございますので、そこがすべて展開していくということでございますので、まず通常、事業を展開していく部分を優先的に、これはもう当然、今まで通り、町の事業としてやっていくところはその通りやっていきます。その使わないところを、今後、指定管理者はどのように展開していくかという提案をなさっているということでございますので。
◆12番議員(堅田繁) 全部の。
◎町長(原田正武) 全部の施設でございます。
◆12番議員(堅田繁) 終わります。
○議長(奥村守) ほかに質疑はございませんか。仲野議員。
◆5番議員(仲野新三郎) 5番仲野でございます。11月の初めぐらいだと思ったと思うんですけど、ホームページで指定管理者の相手が決まったということで載ってたんですけど、住民とか利用者の方からすれば、指定管理者になるということで、こう、いろんな不安とかですね、何か変わっていくのかとか、利用しづらくなるんじゃないかという、こう、思いが、町からその指定管理者に変わるということで、そういう不安を抱えてる方もいらっしゃると思うんですけど、今後、その協定とか結んでいく中で、住民や利用者のですね、意見とか要望を挙げて、それを協定の内容に取り込んでいくということをされていくのかというのが1点と、それから来年の4月から指定管理者ということになればですね、当然、ホームページとか町報とかでもお知らせすると思うんですけど、そういった時にまた「来年の4月から、指定管理者に変わりましたよ」という時に、その住民や利用者に対しての周知方法はどうやって行うのか、この2点について、おうかがいします。
○議長(奥村守) 副町長。
◎副町長(行事和美) まずは最初に、住民の皆さんへの説明ということでございますけども、今回の審査会の委員さんの中にもですね、利用者代表ということで、4名の方に入っていただいております。そのほかにも、これから教育委員会が、今回の12月議会で…それと次の問題にも入るんですけども、今回の12月議会…この議案が可決されましたら、積極的な広報活動に入っていく、というふうに思っております。
○議長(奥村守) いいですか。ほかに質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、議案第79号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 議案第79号については、第一常任委員会に付託を致します。
△日程第3
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第80号「遠賀町町営住宅管理条例の一部改正について」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑もないようでございますので、議案第80号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 議案第80号については、第二常任委員会に付託を致します。
△日程第4
 議案第81号「遠賀町改良住宅用地内自動車駐車場使用料条例の一部改正について」
△日程第5
 議案第82号「遠賀町営駐車場設置及び管理に関する条例の一部改正について」
△日程第6
 議案第83号「遠賀町都市公園条例の一部改正について」を一括して議題と致します。
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第81号から議案第83号までに対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑もないようでございますので、議案第81号から議案第83号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 議案第81号から議案第83号については、第二常任委員会に付託を致します。
△日程第7
 議案第84号「遠賀町教育施設利用条例の一部改正について」
△日程第8
 議案第85号「遠賀町民体育館の管理運営に関する条例の一部改正について」
△日程第9
 議案第86号「遠賀町武道場の設置及び管理に関する条例の一部改正について」
△日程第10
 議案第87号「遠賀総合運動公園の設置及び管理に関する条例の一部改正について」
△日程第11
 議案第88号「遠賀町田園テニス場の管理運営に関する条例の一部改正について」
△日程第12
 議案第89号「遠賀川漕艇場の管理運営に関する条例の一部改正について」を一括して議題と致します。
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第84号から議案第89号に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、議案第84号から議案第89号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 議案第84号から議案第89号については、第一常任委員会に付託を致します。
△日程第13
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第90号「遠賀町税条例の一部改正について」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、議案第90号に対する質疑を終わります。
 これより委員会付託に入ります。
 議案第90号については、第一常任委員会に付託を致します。
△日程第14
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第91号「遠賀町国民健康保険税条例の一部改正について」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、議案第91号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 議案第91号については、第二常任委員会に付託を致します。
△日程第15
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第92号「平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第4号)」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。仲野議員。
◆5番議員(仲野新三郎) 予算書の3ページの債務負担行為のとこなんですけれども、一番下の総合運動公園の委託料ですね。確認なんですけども、5年間で2億円ということなので、年間4千万円ということなんですけど、これが協定金額にそのままなるのか、それともあくまでも上限であって、今後、協定内容によって下がることもありえるのかということが1点と、先ほどちょっと堅田議員からの質問ありましたけど、利用料制度を採用して、相手方の収入となるのかの確認が1点、お願いします。
○議長(奥村守) 生涯学習課長。
◎生涯学習課長(松井京子) それでは、お答えいたします。2億円の債務負担行為は上限額でございますので、今後、年度協定をその都度結んでまいりますので、これ以下になるものと思っております。それと、使用料でございますが、利用料金というかたちで指定管理者の収入となります。以上でございます。
○議長(奥村守) いいですか。ほかに質疑はございませんか。萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 30ページのですね、29、30ですね。商工費、商工業振興費の中で、工事請負費164万5,000円、上げられてます。これは駅前商店街の街路灯の整備ということですが、この具体的な内容、教えていただきたいと思います。
○議長(奥村守) まちづくり課長。
◎まちづくり課長(池田知致) この工事請負費は、先ほど議員言われましたように駅前街路灯の整備事業の追加工事費でございます。内容につきましては、今、個人商店の広告用看板、これ、60ワットの電球が、電灯がついたプラスチック製のケースのところに表示されておりますけれども、省電力化も含めまして、設計の段階で見直しを行っております。その見直しの内容は、いわゆるフラッグ式。旗ですね。旗での、要は表示を考えておりまして、上段に個人商店、下段に町のイベント等のフラッグを掲げるということに致しております。その関係上、いわゆる旗をかけますポールですね、この部分が不足しておりますので、その経費、164万5,000円でございます。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 駅前商店街、これの工事を行われる範囲ですね。どこからどこまでなのかということと、街路灯、何基っていうんですかね、何灯っていうんですかね、その数を教えていただきたいと思います。
○議長(奥村守) 池田課長。
◎まちづくり課長(池田知致) 工事範囲は、駅を中心として南北ですね、それと、東西の線になります。基数は現在97基、既存の部分が97基ありますけれども、それを全体見直しまして、新規として駅前に5基、設置を致します。そして既存の部分を88基残しまして、合計93基の再整備ということになります。
○議長(奥村守) よろしいですか。
◆2番議員(萩本悦子) はい。
○議長(奥村守) ほかに質疑はございませんか。古野議員。
◆11番議員(古野修) おはようございます。11番古野でございます。1点お尋ねします。28ページ農林水産業費6款1項3目になりますけども、議案の説明においては、9節また13節、旅費また委託料の部分でございますけれども、「町イチ村イチ」参加に関する費用とうかがっておりますけれども、旅費も35万円ほどついておりますし、どのようなかたちで参加をされるのか、まず1点目はそこ。あと、内容ですね。詳しく説明いただければな、と思います。
○議長(奥村守) 池田課長。
◎まちづくり課長(池田知致) この農業振興費の…先ほど言われましたように、「町イチ村イチ」の出店経費が主なものでございまして、これは全国町村会が主催されますイベントでございます。来年1月11日土曜日、12日日曜日のこの二日間に分けて、東京国際フォーラム展示ホール及び有楽町の駅前地上広場で行われるものでございます。
 内容につきましては、特産品、約、全国から309市町村の出店が予定されておりまして、福岡県からは23市町村の出店が予定されております。目的は、各地方自治体、各地域における特産品の展示販売コーナーを東京で行うということで、大消費地の東京で行うということでございます。遠賀町からは、おんがの赤しそ、なたね油、夢れんげ、遠賀の雫、遠賀の赤芋、そして遠賀の鶏米麺として、いわゆる展示即売を行うというかたちでございます。
 普通旅費につきましては、職員4名分の東京2泊3日分の旅費を計上させていただいております。通信運搬費につきましては、いわゆる資材の輸送費でございます。委託料につきましては、まず「遠賀米麺」につきましては、米麺代表の方に行っていただきまして、実際に行っていただいて、その委託料として上げさせていただいております。もう一つ、お酒類を販売致しますので、商工会のほうに依頼しまして、販売の免許をお持ちの方を1名依頼しまして、遠賀の雫と遠賀の赤芋を売っていただくという経費でございます。概要は、以上でございます。
○議長(奥村守) 古野議員。
◆11番議員(古野修) 東京に行かれるのも結構ですが、先般ありました県の農林水産まつり等にも遠賀町、出店されていませんでしたね、確か。それと、その以前にですね、海外福岡県人会世界大会というのがまたありましたけれども、そういう部分に関しても遠賀町はこういう特産品の展示またはそういう宣伝する部分ですけれども、出店はされていませんでした。私が思うには、やはりそういうところに行くよりも、まずは地元からというように思っておりますけれども、その点についてはいかがでしょうか。
○議長(奥村守) まちづくり課長。
◎まちづくり課長(池田知致) 誠に申し訳なく思っておりますけど、私も地元中心にと考えておりますけれども、いろいろ日程の関係、そして準備の関係でできなかったことは申し訳なく思っております。ただ、東京のほうで、負けずに頑張ってきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願い致します。
○議長(奥村守) 古野議員。
◆11番議員(古野修) 東京のほう、頑張って、成果期待しておりますけれども、まず地元からというふうに私、思ってますので、今後、そちらのほうもよろしくお願い致します。
○議長(奥村守) ほかに質疑はございませんか。浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 22ページのですね、民生費のところで、1目のですね、児童福祉総務費。この中の委託料でですね、子ども・子育て支援システム構築ということで計上されてるんですけど、これは以前あったものをですね、見直しをされるのか、また新たにですね、こういう委託料発生しながら、こういうことを、システムをですね、構築していくのか、そのへんとですね、その内容について、できればお願いしたいと思います。
○議長(奥村守) 福祉課長。
◎福祉課長(田中義行) 子ども・子育て支援システムの構築料1,254万8,000円でございます。これは、現在、保育システムなど、福祉関係のシステムは、既存のシステムがございますけれども、平成27年の4月より、子ども・子育て3法によりまして、それらの仕組みが大きく変わることになります。それに伴います新規開発費として、1,254万8,000円を計上をさせていただいております。
 内容と致しましては、保育園等につきましては、保育の必要性の認定を新たに実施することとなりますので、その認定ができるシステムが付加された保育園の運営管理のシステム、それから幼稚園等につきましても、施設型給付に対応できる新たなシステムを導入することと致します。また、将来的に、認定子ども園にも対応できるシステムであること、また、地域型保育給付というものが市町村の裁量で事業実施することになりますが、本町におきましては、事業所内保育の実施事業所が1件ありますことから、これらに対する給付等もシステム化をしていくということで考えております。以上です。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 27年6月ですか、これで、この時点で仕組みが変わるということの説明であったと思うんですけど、実際にですね、既存のものと、新たに今度そういうものをですね、組み替えるということで、新たにかかる費用というのは、どの程度、見ておられるんですか。
○議長(奥村守) 福祉課長。
◎福祉課長(田中義行) 今回のこの費用につきましては、新たなシステムの導入に係る経費でございます。
○議長(奥村守) よろしいですか。
◆1番議員(浜岡峯達) 結構です。
○議長(奥村守) ほかに質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、議案第92号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 議案第92号については、それぞれ所管ごとに、第一・第二常任委員会に付託を致します。
△日程第16
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第93号「平成25年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑なしと認めます。質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 議案第93号につきましては、第二常任委員会に付託を致します。
△日程第17
 議案第94号「平成25年度遠賀町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)」
△日程第18
 議案第95号「平成25年度遠賀霊園事業特別会計補正予算(第1号)」
△日程第19
 議案第96号「平成25年度遠賀町学校給食事業特別会計補正予算(第1号)」
△日程第20
 議案第97号「平成25年度遠賀町地域下水道事業特別会計補正予算(第1号)」
△日程第21
 議案第98号「平成25年度遠賀町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)」
△日程第22
 議案第99号「平成25年度遠賀町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」を一括して議題と致します。
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第94号から議案第99号に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、議案第94号から議案第99号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 議案第95号、議案第96号については、第一常任委員会。議案第94号、議案第97号、議案第98号、議案第99号につきましては、第二常任委員会に付託を致します。
△日程第23
 これより、委員会付託に入ります。
 請願第1号「少人数学級の推進などの定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための2014年度政府予算に係る意見書採択の要請について」は、第一常任委員会に付託を致します。
 以上で、本日の日程は終了致しました。
 本日は、これにて散会を致します。一同起立、礼。ご苦労さまでした。
 ─── 散会 午前9時30分 ───