議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 遠賀町

平成25年第 5回定例会−09月20日-05号




平成25年第 5回定例会

     平成25年 第5回 遠賀町議会定例会議事録   平成25年9月20日


1.議長の氏名   奥 村   守


2.説明のため出席した者の氏名・職

   町長     原 田 正 武
   副町長    行 事 和 美
   教育長    中 尾 治 実
   総務課長   川 崎 多賀生
   行政経営課長 岩河内 孝 寿
   まちづくり課長池 田 知 致
   会計管理者  安 増 信 秀
   税務課長   丸 井 真由美
   住民課長   牛 草 英 雄
   福祉課長   田 中 義 行
   環境課長   永 田 弘 幸
   建設課長   木 村   晃
   生涯学習課長 松 井 京 子
   学校教育課長 谷 口 義 和

3.書記の氏名

   平 田 多賀子 議会事務局長
   岩 本 武 志 事務係長

4.議員の出欠 (出席 /・ 欠席 △)

┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐
│出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 │
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │1番 │浜 岡 峯 達││ / │6番 │平 見 光 司││ / │11番│古 野   修│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │2番 │萩 本 悦 子││ / │7番 │加 藤 陽一郎││ / │12番│堅 田   繁│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │3番 │織 田 隆 徳││ / │8番 │中 野 嘉 徳││ △ │13番│舛 添 清 美│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │4番 │二 村 義 信││ / │9番 │萩 尾 修 身││ / │14番│奥 村   守│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │5番 │仲 野 新三郎││ / │10番│三 原 光 広││ ─ │   │       │
└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘



                          平成25年9月20日(金)午前9時 開議

       再    開

日程第1  各委員会報告
日程第2  議案第61号  遠賀町後期高齢者医療に関する条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第3  議案第62号  遠賀町公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第4  議案第63号  遠賀町子ども・子育て会議条例の制定について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第5  議案第64号  遠賀町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第6  議案第65号  平成24年度遠賀町一般会計歳入歳出決算の認定について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第7  議案第66号  平成24年度遠賀町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第8  議案第67号  平成24年度遠賀町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第9  議案第68号  平成24年度遠賀霊園事業特別会計歳入歳出決算の認定について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第10  議案第69号  平成24年度遠賀町学校給食事業特別会計歳入歳出決算の認定について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第11  議案第70号  平成24年度遠賀町地域下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第12  議案第71号  平成24年度遠賀町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第13  議案第72号  平成24年度遠賀町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第14  議案第73号  平成24年度遠賀町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第15  議案第74号  平成24年度遠賀町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第16  議案第75号  平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第2号)
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第17  議案第76号  平成25年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
日程第18  発議第1号  議員派遣の件について
                  〔議題上程・趣旨説明・議題質疑・委員会付託・討論・採決〕
日程第19  発議第2号  道州制導入に反対する意見書案の提出について
                  〔議題上程・趣旨説明・議題質疑・委員会付託・討論・採決〕
日程第20  各委員会の閉会中の所管事項及び特定事項調査について

       閉   会



          平成25年第5回遠賀町議会定例会(日程第5号)
                         招集年月日 平成25年9月20日(金)

 ─── 再開 午前8時58分 ───
○議長(奥村守) 一同起立、礼。着席。
 皆さん、おはようございます。会議に入る前に、舛添清美議員より、所用のため、本日欠席する旨の届けがありましたので、皆さまにお知らせを致します。
 それでは、ただいまの出席議員は13名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。
△日程第1
 「各委員会報告」
 会議規則第77条の規定により、付託委員会の議案処理結果を報告する委員会報告書が、第一常任委員会委員長、第二常任委員会委員長及び決算特別委員会委員長から、議長あて、提出されておりますので、事務局長をして朗読させます。局長。
 ─── 局長朗読 ───
○議長(奥村守) 以上で、朗読は終了致しました。
△日程第2
 議案第61号「遠賀町後期高齢者医療に関する条例の一部改正について」
△日程第3
 議案第62号「遠賀町公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りを致します。
 議案第61号、議案第62号に関する委員長報告については、会議規則第41条第3項の規定により、省略することに致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第二常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、これで質疑を終わります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 討論なしと認めます。討論を打ち切ります。
 これより、採決に入ります。
 議案第61号「遠賀町後期高齢者医療に関する条例の一部改正について」、議案第62号「遠賀町公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について」を一括して採決を致します。議案第61号、議案第62号に対する委員長報告は、原案可決であります。議案第61号、議案第62号を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第61号、議案第62号は、委員長報告のとおり、可決されました。
△日程第4
 議案第63号「遠賀町子ども・子育て会議条例の制定について」
△日程第5
 議案第64号「遠賀町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りを致します。
 議案第63号、議案第64号に関する委員長報告につきましては、会議規則第41条第3項の規定により、省略することに致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第二常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、これで質疑を終わります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 討論なしと認めます。討論を打ち切ります。
 これより、採決に入ります。
 議案第63号「遠賀町子ども・子育て会議条例の制定について」、議案第64号「遠賀町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について」を一括して採決致します。議案第63号、議案第64号に対する委員長報告は、原案可決であります。議案第63号、議案第64号を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第63号、議案第64号は、委員長報告のとおり、可決されました。
△日程第6
 議案第65号から、
△日程第15
 議案第74号までを、一括して議題と致します。10議案に関し、委員長報告を求めます。決算特別委員会委員長、織田隆徳君。
◎決算特別委員会委員長(織田隆徳) それでは、平成25年決算特別委員会委員長報告を申し上げます。本委員会に付託を受けました議案第65号「平成24年度遠賀町一般会計歳入歳出決算」及び議案第66号「平成24年度遠賀町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算」ほか8特別会計の歳入歳出決算認定について、9月9日から11日までの3日間にわたり、慎重に審査致しました結果をご報告申し上げます。
 審査にあたりましては、歳入のポイントとして、収入確保の努力が十分なされているかに着目し、具体的には町税の徴収が効果的になされているか、補助金を予算どおり確保できているか、その他、収入確保の努力が十分であったか、などについて審査致しました。
 また、歳出のポイントとして、議決された予算が適正かつ効果的に執行されたか、またどのように事業効果が上がったかに着目し、具体的には、支出が適法適正になされているか、不用額は妥当であるか、予算の流用や予備費の充当は適正か、補助金の効果が上がっているか、などについて審査致しました。
 さて、決算の概要と致しましては、平成24年度の一般会計歳入歳出決算額63億481万822円で、前年度比93.9%です。経常収支比率は本年度89.7%、前年度は91%で、前年に比べて実質1.3ポイントの減少です。実質公債費比率は本年度8.8%、前年度9.6%で、0.8ポイントの減少です。
 また、自主財源比率が46.9%と、前年度の45.7%に比べて、1.2ポイント増加しておりますが、これは福岡県市町村災害共済基金組合からの精算に伴う諸収入約2億160万円や、社会資本整備総合交付金事業の減少により、国庫支出金が減少したことが要因です。しかし、依存財源比率は依然として50%を上回り、町の財政は、地方交付税を始め、国や県の支出に依存している状況です。
 次に、歳入面について、主たる自主財源である町税の収納率は現年度分98.6%で、前年度より0.1ポイント増加し、滞納繰越分も本年度24.9%で、前年度より2.9ポイント増加しています。しかしながら、収入総額は19億5,929万6,594円で、前年度に比べ3,117万3,882円の減収でした。固定資産評価替えに伴う固定資産税が減少していることが要因です。
 また、本年度の収入未済額は1億381万3,020円で、前年度に比べ507万3,064円の減少となっています。不納欠損額は町税で前年度1,455万2,366円に対し、本年度585万9,845円と869万2,521円の減額。町税以外で前年度0円に対し、本年度512万4,030円となっています。
 次に、一般会計における指摘事項についてですが、一つ目、集会所の利用状況について3集会所間で内容や回数に大きな差があるので、有効的に活用されている集会所を参考に、協議指導されたい。二つ目、住宅が建ち並んでいる地域も増えているので、調査を行い、住居表示の当初計画を拡大して実施されたい。3番目、コミュニティバス運行事業について、広域連携を推進し、住民の利便性の向上を図られたい。4番目、地域活性化商品券は短期間で完売し、町内商工業の活性化につながっている。発売数を増やすために補助金の増額を講じられたい。5番目、狂犬病予防注射の接種率が全国平均より低いので、接種率を全国平均レベルまで上げる取り組みを講じられたい。6番目、下水道全体計画区域外への合併処理浄化槽設置を促進させるため、補助金の引き上げを講じられたい。7番目、図書館の利用者が減少しているので、利用者が増えるような対策を行われたい。
 ここからは、特別会計における指摘事項でございます。遠賀霊園事業特別会計において、昨年から町外者にも販売し、北九州・中間方面から来られる方が道に迷われたとよく聞くので、霊園への道案内の表示板の設置を検討されたい。また、学校給食事業特別会計において、給食費の未納者については、町の顧問弁護士とも相談し、法的措置を講じられたい。
 以上のような指摘を致しまして、本決算委員会に付託された議案第65号から議案第73号までの9議案について全員一致、議案第74号につきましては賛成多数で認定致しました。
 本委員会の決定に議員各位の賛同をお願いし、委員長報告を終わらせていただきます。ありがとうございました。
○議長(奥村守) 以上で、委員長報告は終了致しました。ただいまの委員長報告に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、決算特別委員会委員長に対する質疑を終わります。
 これより、討論に入ります。議案第65号から議案第74号までの10議案に対する発言を、順不同にて許します。討論はございませんか。堅田議員。
◆12番議員(堅田繁) 失礼します。12番堅田繁でございます。私は、議案第74号「平成24年度遠賀町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について」、決算特別委員会の採決の場で反対の立場を取りました。賛成多数で可決をされましたけれども、その反対の立場を取りましたので、この本会議場でも反対の立場から討論に参加をさせていただきます。
 まず私は、この平成24年度3月定例会に提出されました平成24年度遠賀町後期高齢者医療特別会計予算案にまず反対を致しております。その理由と致しましては、その予算書の中には後期高齢者の保険料の値上げが織り込まれた内容になっていること。また、その制度上の仕組みとして、後期高齢者の2年間の医療費の伸びと高齢者の人口の増加に比例して、際限なく保険料が増加する仕組みになっていることなどをあげさせていただきました。そして、今回提出された議案第74号の質疑でも、後期高齢者医療保険料収入が前年と比べて約2,298万5,000円引き上げられているということが明らかになっております。このことから、高齢者の増加もさることながら、保険料改定の影響がここに数字上として色濃く出ているという傾向がうかがえると私は考えます。
 また、これは参考までにですけど、本年の8月2日には、福岡県後期高齢者医療広域連合議会、一般質問が行われておりまして、保険料の見直しについて議論が交わされております。皆さまもご存知のとおり、後期高齢者医療の保険料は2年ごとに見直され、改定をされるわけであります。平成24年度からは、一人当たりの月額平均保険料は6,606円で、全国で5番目に高い水準です。均等割に致しましても5万5,045円、お一人。全国で、これは一番高い水準です。また、所得割率も10.88%、これも全国1高い水準となって、後期高齢者を苦しめている現状がございます。2012年度の特別会計の決算では、163億8,166万円の余剰金が出ているという現状がございます。次期保険料改定は来年度となりますが、広域連合議会が決断するのは、この約163億円の余剰金を活用した保険料の引き下げではないでしょうか。私はこのように考えます。
 最後になりますが、健康上でもリスクの高い高齢者だけを囲い込んで別勘定に設定をしている現在の後期高齢者医療制度は、公的な保険として私は致命的な欠陥があるのではないか、ということをご指摘させていただきまして、私のこの議案第74号に対しての反対討論とさせていただきます。
○議長(奥村守) ほかに討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに発言もありませんので、討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第65号「平成24年度遠賀町一般会計歳入歳出決算の認定について」、この決算に対する委員長報告は、認定であります。この決算を、委員長報告のとおり認定することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第65号「平成24年度遠賀町一般会計歳入歳出決算の認定について」は、認定をすることに決しました。
 続いて、議案第66号「平成24年度遠賀町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について」、この決算に対する委員長報告は認定であります。この決算を、委員長報告のとおり認定することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第66号「平成24年度遠賀町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について」は、認定することに決しました。
 続いて、議案第67号「平成24年度遠賀町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について」、この決算に対する委員長報告は認定であります。この決算を、委員長報告のとおり認定することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第67号「平成24年度遠賀町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について」は、認定することに決しました。
 続いて、議案第68号「平成24年度遠賀霊園事業特別会計歳入歳出決算の認定について」、この決算に対する委員長報告は認定であります。この決算を、委員長報告のとおり認定することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第68号「平成24年度遠賀霊園事業特別会計歳入歳出決算の認定について」は、認定することに決しました。
 続いて、議案第69号「平成24年度遠賀町学校給食事業特別会計歳入歳出決算の認定について」、この決算に対する委員長報告は認定であります。この決算を、委員長報告のとおり認定することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第69号「平成24年度遠賀町学校給食事業特別会計歳入歳出決算の認定について」は、認定することに決しました。
 続いて、議案第70号「平成24年度遠賀町地域下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について」、この決算に対する委員長報告は認定であります。この決算を、委員長報告のとおり認定することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第70号「平成24年度遠賀町地域下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について」は、認定することに決しました。
 続いて、議案第71号「平成24年度遠賀町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について」、この決算に対する委員長報告は認定であります。この決算を、委員長報告のとおり認定することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第71号「平成24年度遠賀町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について」は、認定することと決しました。
 続いて、議案第72号「平成24年度遠賀町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について」、この決算に対する委員長報告は認定であります。この決算を、委員長報告のとおりに認定することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第72号「平成24年度遠賀町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について」は、認定することに決しました。
 続きまして、議案第73号「平成24年度遠賀町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について」、この決算に対する委員長報告は認定であります。この決算を、委員長報告のとおり認定することに、ご異議はございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第73号「平成24年度遠賀町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について」は、認定することと決しました。
 続いて、議案第74号「平成24年度遠賀町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について」、この採決は、起立によって行います。この決算に対する委員長報告は認定であります。この決算を、委員長報告のとおり認定することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                      11:1〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数と認めます。
 よって、議案第74号「平成24年度遠賀町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について」は、認定することと決しました。
△日程第16
 議案第75号「平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第2号)」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りを致します。
 議案第75号に関する委員長報告については、会議規則第41条第3項の規定により、省略することに致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第一、第二常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、これで第一、第二常任委員会委員長に対する質疑を終わります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに発言もありませんので、これで討論を打ち切ります。
 これより、採決に入ります。
 議案第75号「平成25年度遠賀町一般会計補正予算(第2号)」、本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
△日程第17
 議案第76号「平成25年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りを致します。
 議案第76号に関する委員長報告につきましては、会議規則第41条第3項の規定により、省略することに致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。第二常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、これで質疑を終わります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 発言もございませんので、これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第76号「平成25年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)」、本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───                     12:0〔13〕
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、本案は、委員長報告のとおり、可決されました。
△日程第18
 発議第1号「議員派遣の件について」を議題と致します。
 お諮り致します。
 発議第1号については、会議規則第39条第3項の規定により、趣旨説明を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、発議第1号については、趣旨説明を省略することに決しました。
 これより、議題質疑に入ります。発議第1号に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) ほかに質疑も出ないようでございますので、発議第1号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 お諮りを致します。
 発議第1号につきましては、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、発議第1号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 討論なしと認めます。討論を打ち切ります。
 これより、採決に入ります。
 発議第1号「議員派遣の件について」は、原案のとおり決することに、ご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。
△日程第19
 発議第2号「道州制導入に反対する意見書案の提出について」を議題と致します。
 発議第2号に対する趣旨説明を求めます。堅田 繁君。
◎12番議員(堅田繁) それでは、発議第2号「道州制導入に反対する意見書案の提出について」、趣旨説明を行います。
 これまで行われてきた道州制導入の議論は、住民に一番身近な当事者である町村に対し、丁寧な説明や真摯な議論のないまま、政府与党、一部野党なども含め、財界主導、大都市を中心に進められたと認識を致しております。このように、国のかたちの根本であるにもかかわらず、国民的な議論のないまま、一方的に中央から押しつけられるということは、地方分権の精神に反するものであります。
 また、基礎自治体という新しい概念は、明らかに現在の市町村の再編を意図しているものと思われ、国策として行われた平成の大合併と同様、小規模町村が否定をされ、事務権限の受け皿という名目で、大規模な合併を余儀なくされるものであると考えるものであります。こうしたことが、これまで住民生活を支え、地域の伝統・文化を守り、個性あるまちづくりを進めてきた町村にとって、存亡にかかわる危機であると言えます。
 よって、政府に対し、住民自治の推進に逆行をし、町村の存在を否定する道州制の導入に反対するものであります。議員皆さまのご賛同を心よりお願いを申し上げまして、意見書案の趣旨説明とさせていただきます。
○議長(奥村守) 以上で、趣旨説明は終了致しました。
 これより、議題質疑に入ります。発議第2号に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) 質疑も出ないようでございますので、質疑を打ち切ります。
 これより、委員会付託に入ります。
 お諮りを致します。
 発議第2号につきましては、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。よって、発議第2号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。まず、反対討論から。織田議員。
◆3番議員(織田隆徳) 本意見書に反対の立場で、意見を述べさせていただきます。そもそも道州制とは、現在の47都道府県を廃止して、全国に10程度の道州を設置するものでございます。私は、この道州制導入につきまして基本的に賛成でありますので、反対の討論をさせていただくところでございます。
 まず、その理由と致しましては、現在、国と県が類似した事業をかなり行っております。道州制導入により、効率的に事業が推進するものと考えております。次に、県の間における行政水準に差があり、公平性を図るためにも広域化が望ましいというふうに考えております。それからもう一つは、現制度は国と市町村の間に都道府県が存在し、補助金等の申請の場合、中継機関として県があるわけでございます。道州制導入により地方分権を促進し、事務のスピード化が図られるんじゃないかというふうに考えております。
 最後でございますが、公務員数の大幅な削減が期待でき、行政のスリム化ができるということの利点もございます。以上の点を、一応、この道州制推進により、実現が可能じゃないかというふうに考えております。しかしながら、この推進にあたりましては、地方自治体や国民に対する説明や議論の不十分な点につきましては事実でございます。この点につきましては、政府に強く求めていくべきだというふうに考えております。
 以上の理由によりまして、当意見書に反対の立場を述べさせていただきます。以上です。
○議長(奥村守) ほかに。賛成討論、ございませんか。古野議員。
◆11番議員(古野修) 11番古野でございます。道州制導入に反対する意見書に賛成の立場で討論致します。
 大変難しい問題ですが、私は特にこの意見書の3行目からの、ちょっと読みたいと思いますが、「町村や国民に対して丁寧な説明や真摯な議論もないまま、道州制の導入が決定したかのごとき法案が提出されようとしていることは誠に遺憾である」と。また、下段のほうになりますが、17行目、「町村は、これまで国民の生活を支えるため、食糧供給、水源涵養、国土保全に努め、伝統・文化を守り、自然を活かした地場産業を創出し、住民とともに個性あるまちづくりを進めてきた。それにもかかわらず、効率性や経済性を優先し、地域の伝統や文化、郷土意識を無視してつくり上げる大規模な団体は、住民を置き去りにするものであり」というところでございますが、国は次期の国会に法案の提出を考えているようですが、現在、道州制導入については、地域の視点、住民の視点となった議論が行われていない。また、説明も十分にされていない。単なる地方分権、行政の簡素化、効率化を前提にするべきことではないと思います。重ねて申し上げますが、今現在、議論・説明の薄い中で、拙速推進の立場をとるのは時期尚早と思います。
 以上が主な理由として、道州制導入に反対する意見書に賛成の討論とします。議員各位におかれましては、意を汲んでいただきまして、賛同をお願いしたいと思います。以上。
○議長(奥村守) ほかに。萩尾議員。
◆9番議員(萩尾修身) 9番議員萩尾です。私は、反対の立場から、討論に参加をさせていただきます。
 その主な理由と致しまして、私は現在のですね、政治的及び社会構造は非常にいびつだと私は考えております。それに関して、現在の財源の流れ及びそれに関して1,000兆を超える財政赤字による国民負担を考えた時、道州制は避けて通れない道と私は考えております。なるほど説明不足は否めないと思いますけども、私は道州制は避けて通れない道と考え、私は反対で討論に参加させていただきます。
○議長(奥村守) ほかに討論はございませんか。
 ─── なしの声 ───
○議長(奥村守) それでは、討論を打ち切ります。
 それでは、これより採決に入ります。この採決は、起立によって行います。
 発議第2号「道州制導入に反対する意見書案の提出について」、本案を原案のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
 ─── 賛成者起立 ───                       9:3〔13〕
○議長(奥村守) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。
△日程第20
 「各委員会の閉会中の所管事項及び特定事項調査について」を議題と致します。
 第一、第二常任委員会の所管事務調査及び議会運営委員会の所掌事務調査について、会議規則第75条の規定により、お手元に配りました各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査の申し出があっております。
 お諮りを致します。
 各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに、ご異議はございませんか。
 ─── 異議なしの声 ───
○議長(奥村守) ご異議なしと認めます。
 よって、第一、第二常任委員会の所管事務調査及び議会運営委員会の所掌事務調査については、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決しました。
 以上で、本日の日程は終了致しました。
 これをもちまして、平成25年第5回遠賀町議会定例会を閉会を致します。一同起立。ご苦労さまでした。
 ─── 閉会 午前9時42分 ───