議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 遠賀町

平成24年第 5回定例会−09月06日-03号




平成24年第 5回定例会

      平成24年 第5回 遠賀町議会定例会議事録   平成24年9月6日


1.議長の氏名   奥 村   守


2.説明のため出席した者の氏名・職

   町長     原 田 正 武
   副町長    行 事 和 美
   教育長    中 尾 治 実
   総務課長   川 崎 多賀生
   行政経営課長 岩河内 孝 寿
   まちづくり課長池 田 知 致
   会計管理者  石 松   昭
   税務課長   丸 井 真由美
   住民課長   牛 草 英 雄
   福祉課長   田 中 義 行
   環境課長   永 田 弘 幸
   建設課長   木 村   晃
   生涯学習課長 松 井 京 子
   学校教育課長 谷 口 義 和

3.書記の氏名

   平田 多賀子 議会事務局長
   野口 健 治 事務係長

4.議員の出欠 (出席 /・ 欠席 △)

┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐
│出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 │
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │1番 │浜 岡 峯 達││ / │6番 │平 見 光 司││ / │11番│古 野   修│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │2番 │萩 本 悦 子││ / │7番 │加 藤 陽一郎││ / │12番│堅 田   繁│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │3番 │織 田 隆 徳││ / │8番 │中 野 嘉 徳││ △ │13番│舛 添 清 美│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │4番 │二 村 義 信││ / │9番 │萩 尾 修 身││ / │14番│奥 村   守│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │5番 │仲 野 新三郎││ / │10番│三 原 光 広││ ─ │   │       │
└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘



                          平成24年9月6日(木)午前9時 開議


        再   開

日程第1   一 般 質 問

        散   会



         平成24年第5回遠賀町議会定例会(日程第3号)
                        招集年月日 平成24年9月6日(木)
 ─── 再開 午前8時54分 ───
○議長(奥村守) 定刻前ではございますが、ただいまより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程については、お手元に配布のとおりであります。
△日程第1
 日程第1、これより通告順に従い、一般質問を許します。
 まず初めに、萩本悦子君。
◆2番議員(萩本悦子) おはようございます。2番議員、萩本悦子です。ただいま議長のお許しをいただきましたので、通告書に従い質問致します。
 今回は、食育の推進について質問致します。戦後、私たちの食生活は大きく変化してきました。不規則な食事、孤食や外食が増加した結果、栄養素の不足、過剰なカロリー摂取といった現象が起こっています。このような食生活の変化が、私たちの健康に大きな影響を与えているのは言うまでもなく、特に子どもたちの心身の健康への影響が懸念されています。食育の推進が大きな国民的課題となっている今日、文科省は学校給食の教育的意義を見直すとともに、学校の教育活動全体で食に関する指導の充実に努めていくことが大切と指摘しています。
 そこで、第一の質問として、本町の学校における食育の推進はどのように行っているのかを、教育長にお尋ね致します。また、学校給食に地域の産物を活用して食育に関する指導を行うことは学校給食法に規定されているとともに、新しい学習指導要領にもその重要性が明記されています。地場産物の活用は子供たちに地域の産業や文化に関心を持たせたり、地域において農業に従事している方々に対する感謝の気持ちをいだかせたりなどで、大きな教育的効果があります。
 そこで、本町の学校給食における地産地消についてどのように考えるかを、教育長、町長にお尋ね致します。
 以上、2点の質問についてよろしくお願い致します。以後の質問は自席にて行います。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) まず、1点目の学校における食育の推進はどのように行っているかということでございますが、学習指導要領の総則におきましては、食育の推進に当たっては、児童生徒の発達段階を考慮して学校教育活動全体を通じて適切に行うものと規定されています。学校における食育は、児童生徒が食に関する知識や望ましい食習慣、食品の流通や調理の仕方、地域の生産者と連携した農林漁業体験等、発達段階に応じて総合的に身に付くことができるように実施されています。
 特定の教科においてのみ行われているのではなく、例えば家庭科では調和のよい食事のとり方、体育科では健康と食事、社会科では食糧生産と国民の食生活など、ほかにも特別活動、総合的な学習の時間、給食の時間を使いまして、食に関する指導を教科等の特質に応じて行ったり、関連させたりしながら学校の教育活動全体で推進されているところでございます。
 一つ例を上げますと、毎年、3小学校では学校の近くの農家の方から田んぼをお借りし、直接指導助言や協力を得ながら、田植えや稲刈りなどの農業体験をしています。そして、収穫したそのお米を使って、地域のお年寄りと一緒におもちをつくなどの取り組みを行っています。このように、農業体験や地域交流などの総合的な時間の内容と、食に関する内容を関連させた指導を行うなど、食育の推進に努めているところです。また、各学校では給食指導、年間計画に基づきまして、給食担当主任を中心に学級担任が栄養のバランス、規則正しい食生活、食品の安全性などを指導したり、県の学校栄養職員が学校に出向き、専門性を活かしながら学級担任と連携しながら食に対する指導を行なったりしています。
 次に、2点目の学校における地産地消についてどのように考えるかということでございますが、学校給食の教育的効果を引き出す取り組みの一つとして、地域、地場の産物を学校給食に使用することは私も重要であると考えます。ただいま、議員がお話されたように、子供たちに地域の食にかかる産業に関心を持たせることができます。また、地域の食文化、食糧の生産、流通、自然環境の恵沢等に対する理解の深まりにつながると考えております。食育を推進する上で、地産地消は欠かせない要素であると認識しております。その一つとして、先ほど述べました農業体験を行っているところでございます。また、町の特産物や地元の生産者を紹介した冊子を農林事務所の協力を得て作成し、事業や食に関する指導の中で活用しております。
 現在、学校給食の食材について申し上げますと、米については遠賀町産夢つくしを学校給食会から購入しております。年間235俵でございます。野菜、果物につきましては、JA遠賀や地元青果店から遠賀町産、または遠賀郡産の野菜などを購入しております。例えば、春はイチゴ、タケノコ、ふき、夏・秋はタマネギ、トマト、キュウリ、ビワ、冬はレンコン、大根などでございます。魚は芦屋町のいわしのみりん干しを購入しております。今後は、大量かつ安価で安全安心な食材の安定供給ができるということであれば、まちづくり課や生産者と協議しながら積極的に購入していきたいと考えております。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) おはようございます。
 それでは、2番目の食育推進についての2番目の、学校給食における地産地消についてどのように考えるかということで、町長部局のほうから御答弁をさせていただきたいと思います。
 まず食育を推進する上で、先ほど教育長さんが御答弁をされましたように、地産地消が欠かせない要素だということは十分認識をした上で、御答弁をさせていただきたい。まず、旬の食材は新鮮で栄養成分が豊富で市場に出回る量も多くなり、価格も安い時期となります。児童生徒の皆さんにはぜひ地元の自然の恵みをたっぷりと取ってもらいたいというは、当然行政としては思っているところでございます。
 遠賀町では約31品目の農産物が栽培されております。水稲、麦、大豆以外では野菜23品目、果樹4品目、花卉1品目となっております。給食センターの食材はJAや地元青果店、また学校給食会などの様々な流通過程、流通経路から調達をされておりますが、この中で平成23年度JA北九州農協ですが、JAからの給食センターへ卸した野菜、果樹の状況を見ますと、遠賀郡内の農産物25品目、野菜19品目、果樹6品目が使用されておりまして、遠賀町産は冬から春にかけての白菜やキャベツ、ふき、ブロッコリー、菜の花、春菊、春から夏にかけてのタマネギ、トマトなどを供出しています。特に、ふき、ブロッコリー、タマネギは、遠賀町産のものが大半を占めております。また、全体的に食材品目の4割が遠賀郡産というふうになっているところでございます。
 さらに、米飯用の米につきましても、これまで遠賀町産の夢つくしを学校給食会が通しまして、年間235俵を活用させていただいておりますし、今回、平成24年の新米の夢れんげを1万7,000キロ分、283俵分を確保させていただきまして、米飯給食にと計画をさせていただいているところでございます。
 町長部局と致しましても、質、量ともに安全で安定な供給体制や給食費の限度などの条件を注視しながら、できる限りの地元の農産物を使用していただけるように、農協や生産者の方との連携を致しまして、また積極的に教育委員会とも協議をしていきながら、情報提供をしていいきたいというふうに考えておるところでございます。
○議長(奥村守) 萩本議員
◆2番議員(萩本悦子) 平成20年に出されました中央審議会の答申では、食育の充実というのが提言されています。これを受けて、先ほど議長から御答弁ありましたように、新しい学習指導要領では、学校での食育の推進が大きな課題になるというふうに書かれてあり、記述もたくさん盛り込まれています。
 教育長言われたように、学校における食育というのは、教科等を横断して教育活動全体で行うものというふうになっています。そこで、やはり学校で食育を推進するためには、やはり指導体制の整備、これ大切なことだと思っています。平成17年に文科省が設定されました栄養教諭、遠賀町では配置ができているのかどうか、まずお尋ね致します。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) 現在、給食センターのほうに、栄養教諭じゃなくて、学校栄養職員の配置をしております。栄養職員は遠賀町では配置しておりません。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 給食センターのほうに県の栄養士さんおられるというのは重々わかっているのですが、栄養教諭というのは食育指導体制の核になると言われています。小中学校では食育に関する全体計画、これを作成しなければならないというふうになっています。
 本町においても、それぞれ小中学校いろいろな特色を持った全体計画がつくられていますが、文科省が出しました食育に関する指導の手引では、栄養教諭というものはこういうふうな全体計画に積極的に参画し、そして学校における食育の中心的な役割を果たすものというふうに期待されています。やはり、今現在、学校における食育っていうのが、これほど重要に言われているような中でありましては、やはり高い専門性をもった栄養教諭というのがぜひ必要だと思うのですが、いかがでしょう、教育長。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) 私も議員さんおっしゃったように、やっぱり専門性を持った栄養教諭は必要と考えております。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 福岡県では、今年の4月1日現在、253人の栄養教諭が配置されています。先ほど教育長言われたように、学校における食育ちゅうのはものすごく多岐にわたっています。それをクラスを持った教員が一つ一つ、食育における指導を一つ一つを行うというのは、ものすごく負担が重いのではないかなと思います。ですから、ぜひ専門的に高い、専門性を持った栄養教諭の配置を、ぜひ本町でもお願いしたいと思っています。
 次に、給食の時間についてお尋ねします。給食というのは、栄養バランスの取れた豊かな食事を提供する場だけではなく、栄養指導を効果的に進めるための生きた教材の場であると言われています。また、子供たちに望ましい食習慣を身に付けさせることのできる実践的教育の場と言われています。
 本町における給食の時間見てみますと、小学校では45分から50分、中学校では30分となっています。この時間っていうのは、給食の準備、それから後片付けの時間も含めたような時間で、実際に食べる時間、会食の時間っていうのは、小学校の学校指導計画によりますと小学校で20分、中学校では学校指導計画には載っていませんけど、私が大体想像するには15分ぐらいだと思います。食事はよく噛んでゆっくり食べようというのが食育の場ではよく言われている言葉ですが、本町の子供たちにとって給食というのはあわてて急いで食べなければならないのかなって思っています。このことについて教育長、どのような考えをお持ちでしょう。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) 議員、先ほどのちょっと一つ栄養教諭の、ちょっとお話でございますが、今本町に配置しております学校栄養職員は、非常に力量のある栄養士さんなんですけど、今年を持って定年退職と。7年前くらいから県のほうは全部学校栄養職員を試験を受けさせて栄養教諭に切りかえていると。本年度から採用試験も栄養教諭そのものの試験が。今まで知事部局のほうで学校栄養職員として採用していたんですが、今年度から栄養教諭と。
 したがいまして、今管内に17名いるんですけど11名、あとほとんどの6名の方がもうあと何年かでおやめになるから、もう切りかえの試験を受けないという現状ですので、今後はもうすべて栄養教諭が配置されていくと。ただ、栄養教諭も非常に教員と一緒でありまして、力量のある人と力量のない人がいろいろ出てくるかと思いますけど、そこのところは配置だけのことを考えますと、栄養教諭は今後とも、もうすべて栄養教諭に。その6名が異動で来ない限り栄養教諭が配置されていくと。県の教育委員会は栄養教諭を全部配置していくということでございます。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 今、給食センターにおられる栄養士さん、おられるんですよね。そちらが来年定年に、今年いっぱいで定年っていうこと。そしたらその方が遠賀町に来られるということなんですか、端的に言えば。どういうこと…もう一遍、そこの説明がちょっとわからないんですが。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) 教職員定数というのがございまして、私のところの共同調理場、給食センターですけど、小学校950人、中学校450、約1,400ですか、ばかりいるんですけど、1,500食に対して1人というような定数になってますので、遠賀町に今1人学校栄養職員が配置されてますよね。この先生が来年お辞めになると、次は必ずまただれか栄養職員か栄養教諭が配置されるんですけど、今県の方向としてはもう全部、これからは栄養教諭。だから栄養教諭の試験が始まったというのは、栄養教諭の免許。だからこれからはもう栄養職員じゃなくて栄養教諭が来るという意味でございます。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 今の教育長の御答弁よくわかりました。それで、先ほどの質問に戻るんですが、うちの小中学生の子供、給食をあわててかき込むような状態で食べてると思うんですが、このことについて教育長はどのように考えられているのかどうか、お尋ね致します。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) 小学校も中学校も食べる時間が短いという捉えなんですかね。
 一応、小学校のほうは県の指導では45分から50分、中学校は郡内の4つの町が全部、恐らく30分ぐらいで組まれているんだろうと思います。小学校のほうは小学校、6歳の子供から12歳まで幅が広うございますので、45から50分取ってるわけなんですが、中学校の場合は大体12時40分か35分か45分に終わりまして、それから30分給食時間取っているんですが、4月当たりに給食の準備を鍛えると大体10分から12分。教育事務所のほうも、指導は今まで30分はとってくださいと。そんなに、県の平均からいったら短い、中学校の場合は、12分で準備して18分から20分あれば食べれるっていったらおかしいですけど。そしてもし、4時間目なんかが食い込んで遅くなった場合は、基本的にはきちんとみんなが食べ終わるまで待って、おごちそうさまをすると。食べる時間を保証するという考えですので、30分、そんなにものすごく短いという捉えはしておりません。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 群内、大体中学校は30分っていうふうな、今御答弁だった。確かに全国的にも中学校30分です。しかし、先程言いました文科省が出しました食に関する指導の手引では、給食の時間はゆとりを持って食事や指導ができるよう、時間の確保に努める必要があるとして、小学校では50分程度、中学校では45分程度と示しているわけですね。これから考えるとやはり、小学校はそこそこかなと思うんですけど、中学校の30分というのは、今教育長の御説明聞いたとしても、やはり私は短いと思うんです。
 給食の残菜率について…ちょっと話横にいくんですが、ここ遠賀町においては減少傾向になってます。しかし、子供たちの中には給食を食べる時間がなかったから、仕方なく残したっていう子供さんもたくさんいらっしると思うんです。そこら辺のところを考えていただいて、10分でも伸ばしていただきたい、5分でもですね。
 私たち、大人がお昼ご飯を食べる時間、大体24分という調査が出ています。それから考えたとしても、やはり子供たちの20分、25分ていうのは、あまりにも慌ただしい時間を過ごしているのではないかなって思っています。
 福岡市の南当仁小学校は、平成20年から給食時間を10分間延長したということです、会食の時間です。その結果、ものすごく残菜率が少なくなったという調査結果も出ています。今の指導、学校の中では子どもたちものすごく余裕のある時間はないということは十分わかっているんですが、やはり5分でも給食食べる時間を延ばしてやってほしいと思うんですけど、教育長いかがでしょう。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) まず、1点目の、私も25分はやはり短いかなと思います。多分、中学校のほうが30分組んでいるのは、逆算してその後45分間の休憩時間、昼休みとって、5時間目、6時間目の50分と、そして帰りの指導して、多分冬場辺りはもう6時が真っ暗で最終下校で、少しでも部活のとりたいとか、そういうことも関連しているだろうと思いますので、5分、うちの遠賀中学と南中学につきましては5分、またどこか考えることできないかということでちょっと御相談して、この場ではちょっと、学校経営ございますので。これがまず1点です。
 それから残菜率、確かに遠賀中学のほうが…私も赴任してすぐ、2月に給食の授業がございましたので遠賀中学に参観にいきましたら、ちょうど残菜を減らすというところで、効果を上げたのはやっぱり、学校栄養職員の先生が、中学校になって学級担任と一緒にチームティーチングを組んで、その中でやっぱり作っている人の気持ちとか、残菜を写真にとって視覚に訴えたり、それからずっとどんなふうに減ってる増えてるとか評価しながら、継続的に取り組んでいるのが功を奏しているんだろうと思います。
 だから先ほどの話、私もあれなんですけど、やっぱり残菜の場合はやっぱり指導の仕方と、嗜好の面の好き嫌いと、量あたりの…等々ということで、時間を保証すれば食べるかと言うたら、小学校一、二年は遅い子はだらだら昼休み中かかってでも、何かちょこちょこ食べて、1時間ぐらいかけて食べる子もいますので、そこのところの、私の捉えは確かに時間の保証もあるんでしょうけど、合わせて残菜率の指導をしなければいけないんじゃないかなっていう捉えはしております。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 給食の時間ですね、箸の持ち方とか食べ方のマナー、そういうのは毎日ある給食の時間でしか行えない指導をして、初めて子供たちの習慣となるものと思っています。ですから、給食の食べる時間、食べるだけではなくて、これものすごく重要な教育的効果があると思っていますので、善処のほうぜひよろしくお願い致します。
 次に、給食のパンの持ち帰りについて質問致します。昨年の決算委員会の折、私、給食のパンの持ち帰りについて質問致しましたが、教育長、給食のパンの持ち帰りについてどのようなお考えをお持ちなのかをお尋ね致します。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) これは私の方が、前の仕事のとき、これを中心に指導してまいりまいたので、これは文科省、県教委より…福岡市はもったいないということで、何か一時持ち帰りの云々とか、把握してませんけど…私どもは学校給食法の学校給食衛生基準に則りまして、その中で、要するにパンの持ち帰りは衛生上の見地から、要するにだめと、禁止することが望ましいと、ほかの牛乳とかおかずについてもその日のうちに処分しなさい、というところに則りまして、それに従いまして持ち帰りは禁止しているところです。
 何ですか、三、四年前に0−157が発生したときも再度徹底して、その中でも出たのが、防腐剤入ってないからパンはカビが出るとか、パンの空気穴ですか、ちょっと針の穴みたいのがいっぱい入ってる。そこからやっぱり雑菌が入りやすいとか、小学校の低学年の子供なんかは机の中に忘れて帰って、次の日に持って帰って食べるとか、持って帰ったはいいが、1日おいて次の日また食べるとかいうて、もし何かあったときの責任の所在がはっきりしないということで、県のほうの指導としては望ましくないということで、今、禁止しているところでございます。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 県の指導のほうでは禁止しているということですが、福岡市があえてそれをやってるっていうこと、いろんな事情っていうか、教育的効果があるということでやってると思うんですが、昨年の決算委員会の折に私質問したときに、学校教育課長が現在のところ考えていない、しかし今後教育委員会で検討していくというふうな御答弁をいただきました。その後、教育委員会でどのように検討され、そしてどのような結論が出たのかをここでお尋ね致します。
○議長(奥村守) 学校教育委課長。
◎学校教育課長(谷口義和) この件につきましては、教育長就任される前の経過等々ございますので、私のほうから説明させていただいてよろしいでしょうか。
 確かに萩本議員言われましたとおり、昨年の9月の決算特別委員会の折に、パンの持ち帰りを遠賀町の教育委員会でも検討すべきではないかという質問を受けまして、検討させていただきますという返事を、回答をさせていただいております。私の記憶の範囲内では、9月の教育委員会、早速議題として上げさせていただいております。そのとき議案をいただいたのが、福岡市がもともとパンの持ち帰りを認めたのが、もったいないという観点が出発点だったと。遠賀町の場合は残菜として返ってきたごみを4分の3程度は、土カエルという生ごみ処理機で堆肥化、再利用化しているという点も考えると、ただ単にもったいないという観点だけで持ち帰りを認めるのはどうかという意見もございました。
 それと先ほど言われました、1991年ですか、0−157、それからノロウイルスとかの食中毒の発生におきまして、文科省の原則パンの持ち帰りは禁止するという通知。それから学校給食衛生基準ですか、これについても持ち帰りは好ましくないということもあるので、それに反してまでパンの持ち帰りを認めるのはいかがなものかと。
 ただし、保護者や学校側の意見も聞き取りを、聴取するようにという意見をいただきましたので、すぐ直近の校長会の折に同じような議題として上げさせていただきました。そのときも同じようにやっぱり食中毒発生した場合、教育委員会を始めとする学校側の管理責任も問われる可能性もあるので、先ほどの教育長が言われましたように、学校給食会のパンは防腐剤を使っていないということもございまして、ちょっと持ち帰りにはついてはいかがなものかという校長会の意見をいただいております。
 その後、保護者の意見としましては、学校給食センター運営委員会というのが年2回ほどあっておりますが、これの後半部分が1月か2月に開催させていただきました。そこには5小中学校の校長先生、それからPTAの会長さんが委員として出てこられておられるわけですけども、やはり持ち帰りというよりもまず、学校内で完食させる教育のほうが大事ではないかということで、原則パンの持ち帰りについては従来通り遠賀町の教育委員会は禁止するという結論をいただいております。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 今、課長の御答弁でパンの食べ残し、うちは土カエルに入れてるから大丈夫、もったいなくないっていうふうに言われたんですけど、これっていうのはちょっと論点が違うのではないかなと思うんです。食べ残しを土カエルに入れてるからもったいなくないじゃなくて、やはり一生懸命作ったものは私たちが一生懸命食べなければいけないと思うんですよね。それが食育だと思うんですが、これちょっと置いといて。
 福岡市、去年の9月からモニター校でパンの持ち帰りについて試行を行いまいた。そのとき、先ほど教育長も言われています懸念された食中毒などの被害が少なかったのと、食べ残しが減ったということで、今年の4月から全小学校においてパンの持ち帰りを実施しています。
 これを結果を受けて、うちの教育委員会では検討されたのかどうか、どういうふうに検討されたのかどうか、この結果を受けて。それをお尋ねしたいんですが。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) その結果を受けて教育委員会で4月から今年度に入りまして、その議題は、申し訳ございません、検討してないっていうか議題にのぼっておりません。
 申し訳ございません。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 結果を受けての検討されてないっていうことで、福岡市のモニター校では、保護者アンケートで子供がどのようなパンを食べているのかが分かって良かったとか、給食を完食できないことに悩み、不安そうにしていたのがなくなり良かったとか、食べ残しの量でその日の体調が把握できるという保護者の賛成の声があった反面、夏場では衛生の心配がある、これ教育長言われたことです。それから、完食できるのに持ち帰りたいために残しているというふうな疑問の声もありました。
 こういう保護者の疑問の声があったのに、これをどのようにして福岡市がクリアして、4月からの小学校の全面持ち帰りに至ったか、検討するということはこれを協議してきちんと検証して、それからこれを教育委員会で協議してそして結論を出す。これが検討するということだと思っているんですが、いかがでしょう。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) 議員さんおっしゃるとおり、課題があれば課題の根源はどこかとか、原因を探ったり、この後どのように対処していくかというのは私も当然でございます。ただ、私ども、学校で子供をお預かりしておりますが、お預かりするというときに一番何をお預かりしているかというのは、まず子供の命と、それと子供の可能性、学力、体力云々含めまして、どれだけ伸ばしていくかと。
 まず第一に子供の安全と、命というときに、私もし子供が仮に持ち帰って、机の中に仮に2日間入って、1年生の子が帰りがけに食べながら、腹減って食べて帰って菌が体に入って、もしものことがあった場合にやっぱりそういう危険が、命にかかわる危険があるときには排除すべきできはないかという立場に立っておりますので。
 ただ、今御指摘にありましたように、課題がありましたらきちっと、ちゃんと原因とか検証しながら、その上で回答を出すべきじゃないかというところは、また、しっかりとやりたいと思います。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 今教育長のお言葉、しっかりよろしくお願いします。
 時間もありませんので、次に学校給食における地産地消について、先ほど教育長、町長から御答弁いただきました。学校給食法や学習指導要領では地場の産物を給食に使うというのは、ものすごく大切なことだというふうにきちんと明記されています。
 私、本町の献立見てみましたら、遠賀郡産とか、遠賀町でできたものについては食材のところに丸が付いています。たくさん丸が付いていました。これは大変いいことなんですが、町長、教育長の御答弁にもありましたように、学校給食の食材っていうのは、やはり安定的、量的な確保が必須条件になると思います。
 ですから、野菜の場合なかなか対応が難しいのではないかなって思ってるんですけど、米については保存がききますね。それから現在、夢つくしが週3回子供たちの給食のテーブルの上に乗っているということですが、私は地産地消の点から、給食3回を4回にされてはいかがかなとここで提案させていただくんですが、いかかでしょう、教育長。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) 地産地消の拡大の立場からは、この米飯給食の回数は増やしてもいいというお考えもあるかと思います。ただ、学校の給食センター運営委員会で昨年度のアンケート、確か5年生か6年生と中学1年生、2年生にアンケート取ったところ、ほとんど週3回っていうんですか、ていうようなところ、今のままでいいという意見が、2年生と5、6年生どっちかだと思います。それと中学2年生を取ったところの保護者等の意見では…また県の回数も3.1か2か、ちょっとうろ覚えで済いませんけど…
それと大村教育長さんのときに1回増やしたとちょっと聞いております。週3回のあと2回がパンですね。月、火、水、木、金ございますので、週3回が米飯給食であと2回がパンと。第1周目か第4週目ですか、1週間だけ4回にしたと。限りなく県の平均のほうに合わせるというところで増やしたというところでございます。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 今教育長が言われたのは1月だけです。1月の1週だけ米飯給食を3回であるところを4回にしているということだと思うんですが。
 給食をすべて週5回、完全米飯給食にしているところ。これ町長も去年行かれましたし私も行きました。兵庫県の豊岡市、それから県内では築上町が完全米飯給食を行っています。20年5月1日現在で26自治体、実施校が1,551校。平成21年では1,843校が週5回の完全米飯給食を行っています。本町においても豊岡市とか築上町のように、いきなり完全米飯給食にしてくださいというのはちょっと無理があるかもしれませんが、基幹産業が農業である遠賀町においては、やはり米飯、米を消費を拡大すべきではないかと思っております。本気で地産地消を唱えるならば、やはり米の消費、これを拡大すべきだと私は思っています。
 町長の御答弁で、米のブランド化の取り組みとして10月から夢れんげというお米が売り出されるそうです。今職員、販路拡大に向けて一生懸命努力されていると思いますが、私は原則として地産地消っていうのは、地元で取れたものは地元の人が食べる、食べていただく。これが地産地消だと思っております。ですから地元で穫れたお米は子供たちにたくさん食べていただきたい、そういうふうに思っています。夢れんげの販路拡大の点からも週4回の米飯給食、町長、どういうふうにお考えになられますか。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) まだ回数の問題につきましては、教育委員会のほうで、そういう形で4回やろうというようなお決めいただければ、私のほうとしましては、今度それにお米を確保しなくてはいけない。申しましたように、やはり今私も地元でできたものは地産地消ということで、地元の米を、遠賀町の米を学校給食に使うということは、当然今までもやってきたことですし、今後もやるべきだと思います。
 また、広く遠賀町の町民の皆さんにも、一生懸命やってもらってます夢れんげの、この新米を、これが本当の遠賀町のお米ですよということで、町民の皆さんにも食べていただきたい。そういう意味では、まず学校給食の量が増える、需要が増えるということになりますと、そういうところでは今まで学校給食に納めていただいた生産者の方の量がある程度決まっておりますので、それを学校給食のほうへ回せるような手立てを、生産者の方と協議をさせていただかなくてはなりませんし、ようやく、今回の夢れんげにつきましては、10月から市販の米穀店、またはゆめタウン、またいろんなところで今度販売になりましたので、そういう意味ではまず確保するということが先決だろうと。
 そうなりますと、やっぱり生産者の方、大規模農家の方の、そういう生産していただいている部分を、給食のほうに回していただけるような、個体出荷していただけるような方法ができるのかということも、協議させていただかないといけませんので、私の基本的な考え方としては、増えれば当然確保しなくてはいけない、それが確保できるかというところが今からの課題だというふうに考えております。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 地産地消、販路拡大の点から今町長に御答弁いただいたんですが、大変、それをクリアするには難しいところもあると、今言われていますが、来年からするのではなくて、おいおいそれを、そういう方向性を見ながらやっていただきたいという要望でございます。
 それから、本町において米飯食とパンの価格、これ平均的1食あたり価格を比較した場合、小学校で21円、中学校では約24円、米飯のほうが安いっていう調査が出ています。今テレビとか新聞とかで報道されてますアメリカの干ばつによって穀物価格がものすごく高騰している。日経新聞によりますと、小麦の政府の売渡し価格も10月から数%上がるだろうという見通しが立っており、当然小麦粉の値段も跳ね上がってくる。そしたらパンの値段にも影響してくるのかなって、私は思っています。
 平成20年に、本町では給食費上げましたよね。小学校で100円、中学校で200円。この時の背景もこのような穀物の価格の高騰っていうのが背景にあったのではないかなって私は記憶しているんですが、それに比べてお米の価格っていうのはある程度安定していますので、ぜひ考えていいただきたい。
 それから教育長、先ほど言われましたが、文科省も平成21年3月に学校における米飯給食の推進という通知を出しています。これによると、週3回以上の米飯給食を行っている地域や学校については週4回程度などの新たな目標を設定し、実施日数の増加を図るというふうな通知を出していますので、この辺りも考えに入れていただき、ぜひ検討していただきたい。すぐではない、すぐに来年からということではございません。すぐにはできないと思いますので、近い将来、ぜひお願いしたいと思います。築上町、完全米飯給食を提案したのは、まちづくり課…農政課の職員だそうです。地域振興の点からですね。ですから、本町においても学校教育とまちづくり課の職員、町長部局が連携を取りながら、ぜひ週4回の米飯給食の調査、研究を行っていただきたいと思います。
 それから、次に地産地消ということで、しそジュースについてお尋ね致します。先日のロンドンオリンピックのパブリックビューイングの会場で、応援に来られた住民の皆さんにしそジュースを試飲として配っておられました。具体的にいろんなところ、夏祭りでも私いただきましたし、いろんなところで試飲という形で住民の皆さんに配っているということは、ある程度商品化の見通しが立っているのでは、と思うのですが、この見通しについて、町長、お尋ね致します。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) まず御承知のように、本年度は、先ほど申し上げましたいろんなイベントの中で、夏祭りも言われましたように試飲として出していただきましたし、本年度の1リットルサイズのビンで865本。これは、赤しそジュースとしての製造をされております。原価計算と成分分析、また市場価格並びに価格設定を目的として、そういうことでいろんな試飲をやってきたということで、これにつきましても来年度から本格的に販売に向けての、今、販路の調整をやらさしていただいているところでございます。
 ただ、そういう意味では商品化に私はある程度一歩踏み込んだなというふうに理解を致しておるところでございます。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 私は、このしそジュースが商品化されて販売ルートに乗れば、学校給食、これに使っていただくのも一つの地産地消の取り組みの一つだと思うのですが、教育長いかがでしょう。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) ぱっと思いつくのが、しそジュースが、小学校1年生から中学校3年生までですから、渋い味が嗜好的に云々と。もちろん衛生面とか、価格面とかがクリアできれば、地産地消の面からはいいんだろうという気がしております。
 それから、一つだけ先ほどちょっと出ました米の紹介ですけど、先ほどおっしゃった4回5回やるというのは大震災の前で、最近ここ課題が出てきまして、東北大震災後、全部給食のやられた後に、その後給食始まったときに、パンですか、安定供給の面でパンがどっからいったかっていうと、やっぱりパンを取ってるところの自治体からいったというような、一つ課題が出てきたなと。
 要するに全部パンを、一つもパンの業者から取っていないところ、そうするとうちの場合4つの町がございますけども、もしみんな4回から5回になった場合に、パンの業者が例えば遠賀郡から消えてしまいますと、これ一体どうなるのかなと。
 変な話ですけど、そういうふうに地震が来て堤防が決壊して、そのときに給食を始めるときに当然ものがないから米飯はできませんので、給食はパンのほうから始まるんですけども、そういうところの供給はどうなるのかなとか、いろんな課題点が出てきてるようでございます。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) その件についても、先ほど私パンの持ち帰りについて言いましたが、新潟県の三条市とかいろんなところでやっぱり完全米飯給食やっているんです。
 そうしたら、災害が起こった場合どうするか。そこは当然、そちら先進地がクリアされてると思いますので、そこら辺の意見もおいおい聞いていただきたいと思っています。
 それから、教育長がしそジュース、できれば給食のほうにもっていうふうに言われてましたけど、選択肢にもし給食のほうに上げるという選択肢があるのであれば、私はさきほど教育長言われたように渋いとかいう子供の味覚にどうかなっていうふうな感じだと思うんですが、とするならば、私は給食センターの栄養士さん、こちらにも試飲をしていただいて子供の味に合うのかなっていうような御意見をいただくのも一つの手だとは思うんですけど、いかがでしょうか。
○議長(奥村守) 学校教育課長。
◎学校教育課長(谷口義和) 今、教育長が答弁されましたように、衛生面、価格面で供給できるということであれば学校給食に取り入れたいと思います。
 学校給食は年に4回ほど地元の日を設定しまして、昨年、小学校では2日か3日か設けて、地元の食材を使った給食を提供しております。その日の折にしそジュースを子供たちに飲んでもらうとか、それとか夏休みに親子料理教室しておりますので、そのときにも試飲してもらうとか、いろんな方法でモニター的に意見を集約していきたいと思っております。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 町長のお考えはいかがでしょう。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) まず、一つはこれ6次産業化の中で取り組んでいるということで課題もたくさんございます。今回試飲していただきまして、私も試飲した中で、昨年よりは今年のほうが私の味覚に合ってますし、少し酸っぱさの残った、いいしそジュースができたというふうに理解しております。
 ただ、これは今生産者の方、そして町の職員が、まちづくり課の職員がそこで生産をした過程がございます。ですから、そういうところの課題も今後クリアしていきながら、当然、衛生面の問題とか保管の問題等もございますし、そういうこともやはり今後クリアしていかなくてはいけない。
 ですから、そういう課題もあるということを含めながら、これは来年に向けて製品化、販売をしていこうということで今取り組んでおりますので、そういうところの生産過程での問題の課題をクリアをまずするということと、合わせて夏場の冷たい飲み物として、ジュースだけでなく、学校給食でいえば、例えばドレッシングに活用できないかとかいうものも栄養士さんと協議させていただいて、できたらそういうものに活用を大いにしていただきたいと。
 ただ、先ほど申し上げましたように6次産業化の中でお米もそうです、しそもそうです。失敗を繰り返していきながら、菜種油も今度再度チャレンジしようということで…基本あるのは、やはり地場の営農は成り立つということをひとつ持っていきながら、幅広く、多く収穫していただくことに努力していただく。そういう意味合いでは、まず生産者の皆さんとも十分協議していただきながら検討して、ぜひ1日も早く学校給食に取り入れればと思っております。
○議長(奥村守) 萩本議員。
◆2番議員(萩本悦子) 地元で取れたしそ、それから地元産の蜂蜜を使ったしそジュースっていうのは、子供たちにとって教育的効果がものすごく高いと考えております。
 しそジュースもですが米飯給食4回。学校給食をうまく使えば地産地消の拡大にもなります。遠賀町は基幹産業が農業です。ぜひ、町長部局、教育委員会の担当の枠を超えて地産地消の取り組み、拡大を行っていただきたいと考えております。
 以上で、私の質問を終わらせていただきます。どうもありがとうございました。
○議長(奥村守) 以上で萩本悦子議員の一般質問は終了致しました。
 ここで休憩を致します。
 ─── 休憩 午前9時48分 〜 再開 午前9時58分 ───
○議長(奥村守) それでは、再開致します。
 続きまして、織田隆徳議員。
◆3番議員(織田隆徳) おはようございます。3番、織田隆徳でございます。議長の許可を得ましたので、質問をさせていただきます。
 最初に、消費税の増税について御質問を致します。8月の10日の参議院本会議で税と社会保障の一体改革関連法が成立致しました。これまで民主党政権は国民の生活が第一とのスローガンを掲げ、民主党政権が誕生したならば国民の生活がバラ色になるかのような期待を持たせたわけでありますが、政権交代後早3年を経過致しましたが何も変わらないというのが現状ではないでしょうか。このような中で今国会で決まったのは社会保障制度改革を議論するため、社会保障制度改革国民会議を設置し、1年以内を期限に議論するという内容であります。税は上がるが社会保障制度改革は棚上げの結末でございました。
 税改正の中でも最大の焦点は消費税増税法案でございます。これは国会でかなりもめたわけでございますが、結果的に上げるということに決まりました。現在の5%の税率を平成26年4月から8%、平成27年10月から10%に引き上げるものでございます。今回の消費税増税につきましては、国民の生活や市町村にも大きな影響があると思われますので、次の点についてお尋ねを致します。1点目でございますが、今回の消費税増税により地方への配分はどうなるのか。まず1点お尋ね致します。2点目は、本町においてはどのぐらいの増収になるのかお尋ねを致します。3点目でございますが、増収分の使途についてどのように考えておられるのかお尋ねを致します。
 次に2点目でございますが、通学路の危険箇所について質問を致します。本年6月の福岡県議会に県の教育委員会が福岡市と北九州を除く県内の小学校687校のうち、9割を超える636校で通学路に危険箇所があるという御報告がなされております。数の多さに驚いたわけでございますが、当然、本町においても危険箇所の調査がなされていることと思いますので、次の点についてお尋ね致します。
 本町における通学路の危険箇所の件数と校区別の危険場所をお尋ねを致します。2点目に、危険箇所解消への方法をどのように考えておられるのかお尋ねを致します。
 以上、当初の質問を行いますので、以後は自席にて質問させていただきます。よろしくお願いを致します。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) それでは織田議員の御質問にお答えをさせていただきたいと思います。
 まず消費税増税について。今回の消費税増税により地方への配分はどうなるのかということでございますが、先ほど議員の御指摘のとおり、今回の通常国会におきまして消費税法が改正されまして、税率が平成26年4月から8%に、平成27年10月からは10%になるということでございます。今回の改正に合わせまして、社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正する法律が公布されまして、増税分の地方への配分は8%引き上げ時におきましては、引き上げ分3%のうち地方に0.92%、また10%引き上げ時…これ平成27年ですが…におきましては引き上げ分5%のうち地方には1.54%の配分となっているところでございます。
 次に、2番目の本町においてどのくらいの増収が図られるのかということでございます。27年度10月1日における10%引き上げ時におきまして、地方分の1.54%の内訳は、地方消費税分が1.2%、地方交付税分が0.34%となっております。
 まず、地方消費税分につきましては、地方への配分が今回人口割を基準として1.2%プラスになりますので、10%引き上げ時におきまして、推測ではございますが約2億4,000万円程度の増収が見込まれるというふうに推測を致しております。また、地方交付税分につきましては、財務省では消費税1%の税収を2.7兆円と見込んでおられますので、その10%の引き上げ時点では地方全体で約9,000億円となります。そこで本町には約6,000万円程度の増額が見込まれると推測を致しておるところでございます。
 次に、増収分の使途はどのように考えておられるのかということでございます。当然、増収分の使途につきましては、今回の法改正の議論を経る中で現行の地方消費税を除いて社会保障財源化をするということとされております。現在の保険、医療などの社会保障給付事業に加えまして、厚生労働省が社会保障4分野に該当すると分析した事業及び社会保障4分野に則った範囲として追加する事業が、地方配分の算定基礎となっておりますので、基本的にはこのような事業を基本に充当をするということになってこようかと思っております。
 1回目の答弁とさせていただきたいと思います。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) 本年4月以降、登下校中の子供たちの列に自動車が突っ込み、死傷者が発生する痛ましい事件が相次いでおります。これらを受けまして、平成24年5月30日付で文部科学省より、さらに24年の6月15日付で福岡県教育長より通学路の交通安全の確保の徹底についての依頼文書が来ております。また、これらに先んじまして平成24年の9月24日に折尾警察署、県土整備事務所及び管内市町村職員による通学路の点検及び危険箇所対策に関する合同会議を開催し、緊急点検を行うこととしました。
 本町におきましては、学校側から上がってきた危険箇所を5月30日に折尾署職員、県土整備事務所職員、本町建設課並びに学校教育課職員による現地調査を行っております。
 その結果、何らかの安全対策を講ずる必要がある危険箇所につきましては、島門小学校1カ所、広渡小学校2カ所、浅木小学校1カ所、遠賀中学校3カ所、遠賀南中学校3カ所、合計10カ所でございます。
 具体的には、島門小学校、遠賀中学校と折尾愛真グラウンド間の3号線交差点、広渡小学校は島門小学校から出会いのかけ橋間、西川右岸堤防と広渡小学校東側の集落内、いわゆる町道大久保〜重広線でございます。浅木小学校につきましては蓮角団地の西側町道でございます。遠賀中学校、島門小学校正門側の町道、パスコタウン西側の町道、いわゆる山手線でございます。そして3号線側道の両側鬼津〜若松線でございます。南中学校につきましては、木守大橋東側集落内、西川右岸の木守〜老良線でございます。それから東和苑団地南側、中間市への通り抜け道路でございます、浅木〜底井野線。それから町道ナギノ線、新屋敷と県道宮田〜遠賀線でございます。
 このうち本年度に島門小学校では遠賀中学校と愛真グラウンド間3号線の交差点につきましては、信号機の設置を継続してお願いしていきます。広渡小学校、島門橋から出会いのかけ橋間西川右岸の堤防と広渡小学校東側集落内につきましては、路側帯のカラーの舗装化と学童注意の路面標示の施工を考えております。浅木小学校につきましては、蓮角団地西側の町道につきましても、同じように路側帯のカラー舗装化と学童注意の路面標示を施工する予定としております。残った箇所につきましては建設課と連携を取りながら、以後検討してまいりたいと考えております。
 以上でございます。
○議長(奥村守) 織田議員。
◆3番議員(織田隆徳) まず消費税の関係でお尋ねを致しますが、先ほど町長より今詳細な説明を受けましたんですけど、これはまず国と地方の協議の場で今度は5%上がる消費税の税率のうちで地方と国の取り分でかなりもめていた経過があるわけですけど、当初、地方として要求していた率、それからそれがこのようにちょっと下がっているんやないかと思うんですが、決定をした過程がわかれば教え願いたいと思うのですが。
○議長(奥村守) 行政経営課長。
◎行政経営課長(岩河内孝寿) 先般、県のほうから法律の公布を受けまして資料が送ってきております。その中で協議過程が若干ございます。それと後、ホームページでも若干国と地方の協議の場の議事録等がございますが、この国から県を通して送られた資料によりますと、当初はやはり地方の額というのが収入の4.3兆円という要望額がございまして、その中には人件費、いわゆる我々が給付を行う、市町村の職員が給付行うだったら人件費、その分は除外すべきではないかと。
 それから、現在の地方交付税制度が基準財政収入額の75%というふうになっておりますので、協議の場で結果的に、本来でありますと社会保障4分野の則った範囲で4.3兆円というは地方の主張でございましたが、人件費分をのけてそれに80%を掛ける。それから基準財政収入額ということで75%かけますので、最終的には2.6兆円で決着をしたと。議事録を読みますと不本意ということでございますが、資料によりますと約半分ぐらいで決着がなされたということでございます。
○議長(奥村守) 織田議員。
◆3番議員(織田隆徳) そのとおりで、地方の要求は、端的にいったら地方消費税分で1.2%で結果決まっとるんですけど、当初2%ぐらいの要求で地方は言ってたはずなんです。それで、かなり押し切られた状態でございます。それに致しましても3億ぐらい、一応遠賀町として地方消費税分と地方交付税分で増収になるということですけど、この支出の分で社会保障の4分野で一応充当するということになってるんですけど、やはり町民、国民としても、やはり現在の社会保障の4分野の内容をある程度充実、発展させる、それか新たな事業を起こす、やなからな、なかなか理解が得られないだろうと思うんです。その点、この現在のいろいろ乳幼児医療の問題とか、それから保育所、幼稚園の問題、それから高齢者の日常生活の問題とか、該当するんですけど、こういうふうな具体的な事業について充実されるお考えがあるのかどうか、ちょっとお尋ね致します。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) まず一つ、第1回目の答弁で、地方消費税分にかかるぶんについては2億4,000万程度推測してますっていうことで、それと交付税を合わせて6,000万、約3億。これ、今課長のほうからも説明がありましたように、これは基準財政収入額のほうに算入されますので、計算根拠として、交付税分が逆に75%、基準財政収入額として算入されますので、差し引きとしてやはり実質で入ってくるのは地方消費税分と交付税分を合わせて1億8,000万ぐらいではないかなというふうに考えております。
 そういうことで、当然これは2回に分けて消費税が上がるわけですけど、全体的に今のところでは5%が10%。その時点で今言われました社会保障4分野。この部分については当然その財源をもって充当しなくてはいけないし、充実をさせていただくと。
 特にどれを特化するとかっていうことじゃなくて、当然そういうふうにしなくてはなりません。御承知のように遠賀町も今は高齢化ですが、25.9、これ本当にここ数年で異常に伸びたっていうのは、一つは御承知のように特に遠賀町の場合については、階層的に団塊世代の皆さんが65歳以上になられた方が異様に、極端にここ数年増えてきた。
 当然そういう分については今から、高齢化率で判断するわけではありません。分母が増えれば当然率は下がりますけど、その高齢化の方たちも引き続きそのままいきますので、今高齢者対策にしても介護にしても、そういうものについての給付が増えてくるだろうと。当然、それと合わせて今現状やってます医療についても当然そういうところに、手広くこういうものについてはやっていきたい。
 ですから、そういうことで、今私が申し上げたいのはこの社会保障4分野、特にそれに沿った追加する事業に含めましたので、やはりこの財源を当然充てていくと。ただ、一つ今から…これもそうですけど、逆に今まで特定財源としてこういうところ充当していた部分をさらにほかの部分に持っていく。例えば、防衛9条交付金等々、一例で申し上げますとそういうのに活用できますよということで、今の乳幼児医療のほうに充当させていただいておりますけど、基本的にはこういうところにも充当させていただいて、その9条交付金については、別のところでも活用できるようにしていきたいなと。
 1つは国、県の制度に基づくもので、今回、国も当然そういう年金を始め、医療介護子育て等にしてくるわけですので、そういうところがまた変わってくるのではないかななと。当然やってもらわなくてはいけませんし、先ほど申し上げましたように、乳幼児医療につきましては、これは県の事業でございます。県も地方配分があるわけですので、そういうところにつきましては、県が今やってる制度の中で補助率を戻していただくとか、そういところも努力していただかなくてはいけませんし、当然本町としましてもそういうところに、引き続き財源を充当していきたいというふうに思っているところです。
○議長(奥村守) 織田議員。
◆3番議員(織田隆徳) 確かにいろいろの制度の中の補助金等活用して、福祉の分、社会保障の分野に当てられてることはわかります。ただ、やっぱ感情的に消費税を値上げした分の、それによって税収は増える分でございますので、やはり住民感情からすればそういうふうな、やっぱり社会保障の分野にある程度充実に当てていただくというのがやっぱり期待があるし、それが妥当やなかろうかという考えを持っておられる方がほとんどやなかろうかと思います。そういう面もやはり考慮してお願いをしたいと思います。
 それで、この件についてはまだ通ったばっかりでございますし、これからいろいろの事業について、金額も今町長が言われるように確定まだしてません。ただ予測されるのは、今地方交付税が減額になるということでございますが、それも定かじゃないと思いますので、2億くらいのお金はやっぱり増収になるんやなかろうかと思っておりますので、やはりそういうふうな社会保障の分野について、ぜひともお金を充当させていただいて、この社会保障の充実を諮っていただきたい。これはもう要望でございます。それ以上は、また個々の改善について出てきたときにまたお願いをしようと思ってます。この消費税の件についてはこれで終わらさせていただきます。
 次に、通学路の関係でございますけど、学校からの要望によって一応調査ということでされているわけですけど、この危険箇所の判断基準とかはあるのかどうか。ちょっとお尋ねしたいと思います。どういう基準で危険箇所を選び出されたのか。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) 学校で当然春休み、1年始まるときに、学校のほうがPTAと一緒に、各学校それぞれ校区内をくまなく点検してるわけなんですけど、学校だけの判断基準というのは設けていない。ただ、よくあるのが通学路が狭いので路側帯の分離帯がないとか、横断歩道が消えているとか、それから信号機がないとか、それから過去事故を起こったところとか、特定、判断基準がこれと、これとこれとかいうところでは設けておりませんが、月に1回また必ず青少指導担当と交通安全担当が回ってきますので、そういうところでPTAとしているところで、学校自体の基準は設けておりません。ただ、町としてはあるんですかね…
 教育委員会の安全基準とそういう通学のところは私まだちょっと把握しておりません。
○議長(奥村守) 学校教育委課長。
◎学校教育課長(谷口義和) 申しわけございません。通達文書の中で3項3ということで通学路の点検の実施より危険箇所の抽出、把握に当たっての観点ということで、要注意箇所、まず道路が狭い、見通しが悪い、人通りが少ない、藪や路地、倉庫、空き地など人が身を隠しやすい場所が近い、大型車が頻繁に通るというような観点が挙げられております。
○議長(奥村守) 織田議員。
◆3番議員(織田隆徳) この危険箇所の観点の中に、判断の中に、自転車の通学に対する安全性の部分も加味されておられるのかどうか、ちょっとお聞きします。
○議長(奥村守) 学校教育委課長。
◎学校教育課長(谷口義和) 通知文書の限りはその自転車通学の分を含んだところの文言は入っておりません。あくまでも通学路ということでの通知がきております。
○議長(奥村守) 織田議員。
◆3番議員(織田隆徳) これは御存じのように自転車の専用レーンの問題とか、今自転車の通行で道路の規制がかなりやられてるんです。これは御存じだと思うんですけど。それと確か中学校については自転車通学も認めてあると思うんですけど、その自転車通学の部分の通学路についても加味しなくてよろしいんですか。当然すべきだと思うんですけど、どうなんでしょうか。
○議長(奥村守) 谷口課長。
◎学校教育課長(谷口義和) 確かに織田議員言われるとおり、通学する手段としては徒歩、当然自転車通学もみておりますので自転車もあります。学校側に依頼かけましたときには、先ほど言いました危険要注意箇所について、学校が把握している分は挙げてくださいということで要望しておりますので、ちょっと学校側に確認とってみないとわかりませんが、当然自転車通学者の危険についても把握して挙げてこられたものと思うと、私のほうは考えております。
○議長(奥村守) 織田議員。
◆3番議員(織田隆徳) 含まれておればよろしいんですけど、その点確認をして、もしも自転車通学の分も含まれてなければ、やはりその部分も調査をしていただきたいと思います。これはお願いを致します。
 それから、危険箇所の改善についてお話がございました。できるものについては取り組んでいただくという姿勢はうかがえるわけでございますが、大体この危険箇所の改善を全部するためにどれぐらいの経費が必要なんですか。試算はされておりますか。
○議長(奥村守) 学校教育委課長。
◎学校教育課長(谷口義和) 申しわけございません。学校教育課のほうでは試算しておりません。ただ建設課と協議させていただきまして、本年度予算内で対応であろうということで、先ほど言いました3カ所ですか。この改善をやっていきたいということで建設課と協議を終えております。
○議長(奥村守) 織田議員。
◆3番議員(織田隆徳) やはり計画を持って事業の遂行に当たっていただきたいというのが要望です。それで特にやっぱ子供の安全ですから、町の道路の改良でも優先的にやっぱり取り組んでいただく、これ町の行政のほうと連絡を取り合って行っていただきたいと思います。それで、この改善をするためにすぐできる分もございますでしょう。それから公安委員会の分もございますでしょう。信号機とか色々の規制は公安委員会でございます。
 それで、やはり道路を広げないかんから買収せないかんな分もございますしょう。そういう住み分けをぴしゃっとして、そしてこれはどのくらいのお金がかかるのか、そしてどのくらいの計画で、何年でこれをやろうって、こうっていうやはり計画を立てるべきだと思ってます。その点、立てていただけますですか。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) 今議員から御指摘がありましたように、すぐできるものと中長期的なものを分けまして、計画を立ててみたいと思っています。
○議長(奥村守) 織田議員。
◆3番議員(織田隆徳) ぜひ、やはり何ごともやっぱり計画を立てて、ぴしゃっとやらなければ、何かずるずるといつまでもそこが解決できないというになってきますので、ぜひお願いしたいと思います。それから、やはり道路の幅員を広げるとかいったら難しい問題ございますので、それはやはり少しずつ計画を立てて、少しずつでも改善していくっていう姿勢をやはり取っていただきたい。
 それは、ちょうど町長部局のほうと十分連携をとってやっていただく。これはもうお願いです。
 ちょっと時間が残りますが、私の質問は以上で終わります。
○議長(奥村守) 以上で、織田隆徳議員の一般質問は終了致しました。
 ここでちょっと休憩をとります。
 ─── 休憩 午前10時28分 〜 再開 午前10時37分 ───
○議長(奥村守) それでは、再開を致します。
 続きまして、浜岡峯達議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 1番議員の浜岡峯達でございます。ただいま、議長の許可得ましたので、通告に従い質問を行いますので、よろしくお願いします。
 例年になく今年の夏は、ロンドンオリンピックで我が町出身の鈴木聡美選手の競泳による大活躍で、私もテレビの前に釘づけとなって声を出して応援を致しました。彼女のオリンピックでの活躍が一夜、福岡県に遠賀町ありの名前を全国的に知らしめた功績は絶大で、本定例会で町民栄誉賞を付与するための条例が上程されたことは当然のことだと思っております。まったく無名だった選手が不屈の精神と、それに耐え得る練習量と努力の結果が栄光のメダルに画期的につながったことに、改めて敬意を表したいと思います。このように、本町の名前を全国的に知らしめてくれた鈴木さんにあやかり、来年は本町で全国高校総体のボート協議が遠賀川河川敷にて開催されることになっています。全国から多くの若者たちがこの町を訪れ、ロンドンオリンピックのメダリストを輩出した町を興味深く観察していくことでしょう。
 過去に行われた国民体育祭では秋篠宮殿下夫妻をお招きして、遠賀川河川敷がボート競技場の会場となり、盛大に開催されました。当時の受け入れ体制と、来年の全国高校総体の受け入れ体制では比較にならないとは思いますが、受け入れ側としておもてなしの心を持って受け入れるならば、何よりもまして心を温かくし、印象深く残すのではないかと思います。そのことから、本定例会の一般質問として高校総体の受け入れ体制と題し、質問の第1点目に受け入れ体制のロードマップ計画表についての体制はどのようなものなのか。また、2点目にロードマップに基づいた進捗状況について、町長並びに教育長に質問を行います。質問の第3点では、町長に河川敷周辺の環境整備についてどのように考えておられるかについて質問を行います。
 以後については自席にて質問を行いますので、よろしくお願いします。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) それでは、浜岡議員の御質問にお答えしたいと思います。
 まず、高校総体の受け入れ体制についての御質問ですが、議員十分御承知、今御指摘ありましたとおりでございます。最初に私のほうから国体と、高校総体の違いを多少、少し述べさせていただきまして、1番目と2番目の質問につきましては基本的に教育委員会の所管となりますので、議員の第2質問の際に町長部局に関連する御質問がございましたら、その折に御答弁をさせていただきたいと思います。
 まず、もうこれ十分御承知だと思いますけど、国体でございますが、国がこれはもう主体となって行い、その目的につきましては広く国民の間にスポーツを広め、国民の健康増進と体力向上を図り、特に地方スポーツの振興と地方文化の発展に寄与し、国民生活を明るく豊かにすることにあります。そのようなことで平成2年のとびうめ国体におきましては、本町漕艇競技を行ったわけですが、選手団の民泊や競技役員関係の送迎、それから競技会場の管理など町民上げての取り組みを課せられたのが国体でございました。
 今回の高校総体は御承知のように都道府県、県が主体となりまして高校教育一環としての、教育の一環として高校生に広くスポーツ活動実践の機会を与え、技能の向上とスポーツ精神の高揚を図り、心身ともに健全な高校生を育成するとともに、高校生相互の親睦を深めるという高校生が主体となり、県を始めとした関係機関との連携を取りながら高校生自らが運営を行うということが主な目的となっております。
 そのようなことで、先ほど議員が申されましたように、全国から高校生、その関係者が遠賀町に集うわけでございますので、そういう意味では今回、会場はもちろんでございますが、遠賀川駅前、または遠くからお見えになる宿泊等々の施設がすべて町外になりますので、県が指定されました宿泊所等々から本町に来られる選手、役員の方、また応援をする家族、関係者の方々がお見えになります駅、または車でお越しになります会場の駐車場として計画を致しております総合公園の駐車場等々で、また近隣の、町内でそういう方をお見受けすればやはり頑張ってくださいと、よく遠賀町にお越しいただきましたというような形で、先ほど言われましたようにおもてなしの一声をかけるという運動に徹していきたいなというふうに思っております。
 次に、3番目の河川敷周辺の環境整備をどう考えているかということでございます。平成23年度より高校総体の開催につきましては、開催経費の節減、削減と負担の軽減を図るために各都道府県の単独開催から、全国9ブロックにわけたブロックごとの広域開催となりました。また、大会の基本方針では既存の施設、用具等を最大限に活用し、簡素で効率的な大会運営に努めることとなっております。これは平成25年度の北部九州4県合同開催の高校総体におきましても同様でございまして、施設整備や環境整備等は行われないこととなっておりました。しかしながら、遠賀町は平成2年度に開催を致しましたとびうめ国体以来、全国規模の大会を開催したことがございません。そういうことで、また河川敷の整備や常設構造物の設置などがないというような、さまざまな課題もございます。そのようなことで河川敷の状況改善を現在国土交通省に要望を致しているところでございます。
 その内容と致しましては、河川敷の草刈り、約全長1,500メーターございますが、その河川敷の草刈りをお願いすること。それから雨天時に、水がたまる箇所が数箇所整地しなくてはいけないような状況が、大体400メーターから500メーター地点でそういう水たまりができるということで、そういうところの整地も国交省にお願いを致しております。
 また、観客席用として堤防の法面も利用されるというようなこともございますので、その法面の草刈り。また自転車道横の整地でございます。こういうところにつきましても、約1,500メーターの、川側になります自転車道から、そこの間が、やはり凹凸が激しいというようなこともございますので、その整地につきましてもお願いをしたいと思います。それから川の面、河川面のごみの撤去、大雨の際の。そういうものも含めて、ごみ処理等々も含めて今から、引き続き要望をしているところです。今後も高校総体までの間、精力的に継続して国へそういう要望を行っていきたいというふうに思っております。
 以上でございます。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) 浜岡議員の御質問にお答え致します。まず受け入れ体制のロードマップ計画表を示せということでございますが、平成25年度に北部九州…福岡、佐賀、長崎、大分でございますが…4県合同で開催されます全国高等学校総合大会につきましては、町長が申し上げましたように教育活動の一環として高等学校生徒を対象に、心身ともに健全な青少年育成することを目的と致しまして、全国高等学校体育連盟、また都道府県が主体となって行う大会でございます。
 今大会では遠賀町はボート競技の開催会場ということ今お話ありましたが、国が主体となって行われました平成2年のとびうめ国体とは異なり、今大会は都道府県、また高体連、開催市町と連携して実施されるものでございます。受け入れ体制のロードマップでございますが、全体スケジュールということで御説明をさせていただきます。
 現在、福岡県実行委員会、福岡県専門委員会、遠賀町実行委員会とそれぞれの委員会が設置されまして、今年度の事業計画、予算の承認がされたところでございます。福岡県実行委員会につきましては、6月に総会を開催し、今年度の事業計画予算等が承認され、また実行委員会には5つの専門委員会が設置されておりますが、それぞれに開催における基本方針、推進計画、実施要綱等の作成が行われています。
 開催地であります遠賀町につきましては6月の定例会での議会の承認を経まして、町長を会長と致しました17名の委員で構成される遠賀町実行委員会を設置し、7月19日に第1回目の実行委員会を開催致しまして、開催基本方針、基本要項、平成24年度の事業計画予算が決定致しました。今年度の遠賀町での主要な業務計画につきましては、大会運営に関すること、協議内容に関すること、開催経費に関することなど、その他さまざまな業務がございます。大会運営に関することにつきましては、競技日程の決定や、役員、補助員の編成、業務必携の作成などがございます。協議内容に関することにつきましては、実施要綱の作成、競技会場・練習会場の選定、プログラムの作成、競技用用具のリストの作成、会場設営コース等々、仕様書の作成等がございます。開催経費に関することにつきましては、大会運営費の試算作成後、県のヒアリングを得まして予算の作成を行うこととなっております。
 以上が、今年度の主な業務計画でございますが、これは過去の大会実績や、また本年度開催地の新潟県阿賀町への現地視察を行い、それらを参考に計画を作成致しました。
 次に、ロードマップに基づいての進捗状況でございます。まず、福岡県におきましては福岡県実行委員会が、これまで2回開催されまして、年次別業務推進計画や平成23年度の事業報告、決算報告、並びに本年度24年度の事業計画、予算等が承認されております。また専門委員会につきましては、総務専門委員会、競技専門委員会、輸送警備専門委員会、宿泊衛生専門委員会、広報報道専門委員会と、5つの委員会が設置され、それぞれ個別に委員会が開催され準備を進めているところでございます。遠賀町につきましては、今年度4月に設置されました高校総体推進係職員1名と、福岡県からの派遣の高校教員2名で大会開催に向けて精力的に準備を進めているところでございます。
 進捗状況と致しましては、まず大会運営に関することとして、競技日程、競技会場、練習会場の決定、競技用具リストの作成等を行いました。また、大会経費に関することと致しましては、大会運営費で試算を作成し、県のヒアリングが終わったところでございます。また、体育会実施要綱は常に作成し件に提出しており、現在プログラムの原案等の作成へ取りかかっているところでございます。さらには9月には、会場設営やコース設営、記録システム等の業務委託に関する仕様書ができ上がる予定でございます。
 以上が、本町での主要業務の進捗状況でございますが、平成25年度高校総体開催に向けての準備は、過去の進捗状況に遅れることなく、今年度当初の事業計画に沿って進めておりますことを報告致します。
 以上でございます。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 私は今回のこの質問に先立ちまして資料請求致しましたところ、業務計画表、本年度、それから次年度の分、これを手にすることができたわけですが、この中で私受け入れ側としてまずどんなことを考えおかなきゃいけないかなっていうのは、やはり先ほど申し上げましたように、全国から高校生、しかも将来に夢を持った、そういう若い青年といいますか、そういう人たちがこの町を訪れてくるわけですから、その受け入れ体制というのはお金の問題ではなしに、やっぱり心を持っておもてなしをするということが、これは必須じゃないかなというふうに考えております。
 とはいうものの、やはりこういう財政の非常に厳しい状況の中で、できるだけ経費を抑えていかなきゃいけないんじゃないかなという面もあります。そのことから、実際にこの来年の8月の2日の金曜日から6日ですか、火曜日までの間にどのくらい経費がかかるのか。それ試算されたことがあるか、これ本町でですよ。どのくらい経費がかかるかを試算されたことがあるかを、まずお聞きしたいと思います。
○議長(奥村守) 生涯学習課長。
◎生涯学習課長(松井京子) 来年度の本町の経費ということでございますね。
 これは大会運営費というものが必要となってまいりますので、これは先ほども答弁の中にありましたように、県のヒアリングを経て来年度の予算ということになります。現在進めております概算につきましては、今年度開催されました阿賀町の試算を参考に、また昨年度行われました花巻市の試算を参考に致しまして、遠賀町での負担がどれだけかかるかということを出しております。ただ、現時点では本当に概算でございますので、今後、この概算というのが来年度の予算に向けてのものでございますので、まだ精査はしておりますが、ほぼ全体運営費の3分の1を遠賀町が持つようになります。残りの3分の2が県ということになりますが、概算でございますが、1,000万ほど町の負担がかかってまいります。ただこれは、今からの…先ほども言いましたように仕様書等を作りまして入札等も行いますので、かなり精査されてくるものと考えております。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 1,000万といえども、本町にとっては非常にこういう苦しい財政状況の中なので、成案が出た時点でできるだけ無駄のないような使途を検討していただければというふうに思っております。
 次に、先ほど17名の構成メンバーでもって実行委員会を立ち上げるというお話がありましたけど、こういう構成メンバーの内容、ちょっとお聞かせください。
○議長(奥村守) 教育長。
◎教育長(中尾治実) 町長に、私のほうと副町長、教育委員長、そして議長、社会教育委員、それから公民館連合協議会のほうから、それから商工会、遠賀町体育協会、JR遠賀川駅長、それから婦人会、ボート協会、それから町の小中学校校長会、遠賀高等学校校長、それから福岡県高等学校体育連盟副会長…これ北筑高校の校長でございます…そして福岡県高体連のボート専門部長、そして公立学校長協会の八幡のほうから校長会長の計17名で構成されております、実行委員でございます。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 今、17名の中にボート協会、これ町の。このボート協会等には、実際のこのロードマップ等について説明されたことがありますか。
○議長(奥村守) 生涯学習課長。
◎生涯学習課長(松井京子) ボート協会は、これは福岡県のボート協会の役員さんでございますので、これはまだお示しはしておりません。この計画はあくまでも案でございますので、この実行委員会にはまだお示しはしておりません。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) では、当然のことながら、そういう17名で構成される実行委員会が来年の8月に向けて、これから取り組んでいくということになろうかと思うんですが、この際ちょっと考えておきたいのは、そういう17名で構成される実行委員会は設置されましたと。では、本町に対して、例えば本町の町民の皆さん、あるいは住民の皆さんっていったらいいんですか。そういう方々の例えば役割、何もしなくていいのかと、傍観しておいていいのかということになろうかと思いますが、その点についてどのように考えておられるか御答弁いただきたいと思います。
○議長(奥村守) 生涯学習課長。
◎生涯学習課長(松井京子) 今回の高校総体でございますが、先ほどから何度も申し上げますように、まず高校生を主体ということでございますので、今進めているおもてなしの形と致しましては高校生のまずサポート校の依頼をしております。町内の、例えば地元の遠賀高校さんであったり、近隣の東筑高校、八幡高校、愛真の皆さんの、高校生の皆さんのまず体制づくりをと思って、今進めているところでございます。
 その次に、町でどういったもてなしができるかということでございますが、先催地におきましても、なかなか住民の皆さんのお姿が見えなかったというところが現状でございます。ただ、議員さんおっしゃいますように、全国の皆さんが遠賀町を訪れていただけますので、何か、今から住民の皆さんでできること。例えば町にお花を飾ったり、町の玄関先であります遠賀川駅でお迎えの体制をどんなふうにしていくのか。また現地でどういったことができるのかを今から考えていこうと思っております。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 今からやるのが早いのか遅いのかは別として、やはりこういうものっていうのは、体制づくりっていうのは、ことがあるということが決まれば、その時点からどういうやり方をすればいいのかっていうことを実際に計画するのがロードマップなんです。これからということで話をされると、じゃあ、今で本当にいいんですかという話もあるわけですけど、先ほどサポート校っていう話がありました。私もちょっと調べてみたんですけど、例えば今回はその9ブロックの中で、要するに北部九州ということで、佐賀県、長崎県、大分県、福岡県ということがそれぞれのブロックに分かれてやるわけですよね。その中で、ちなみに各高等学校、要するに高校ですね。この体制見てみますと、大分県がどういうものかしらん、突出してるんです。何が突出してるかっていったらその体制づくりです。これはいろいろな会合があったり、PRに行ったりするというのも含めての話なんですけど、少なくとも今年の3月、2月、この辺りから9月の現時点で調べてみますと、佐賀県では今年の3月からこの9月までの間に10件、やはり高校生が出向いていろいろな活動やっております。長崎県でも4件、福岡県は残念なことに高校生が動いているというのは2件しかないんです。何かといったら、これは例えばスローガンですか、ああいうものを作ったっていう、この須恵高校が作ったとか、そういう何かその発表したとかなんかというのはちょっとありました。そのほか、大分県は先ほど言いましたように59件、これはやはり主催地ということなんかよくわからないんですが、いずれにしても大分県は突出しているんです。大分の各高等学校も生徒さんたちは、やっぱり一生懸命なって動いていると。
 今、先ほどの生涯学習課長の話では、今、愛真であるとか、あるいは遠賀高校であるとか、そういう近隣の高校さんにもサポート校として依頼してるということなんですが、この遠賀町の、この遠賀川河川敷のボート場っていうのは、私なんかがちょっと聞くところでは、これは国際レース場に値するんだと、あれだけの長い距離、しかも幅がある、長い距離がある。こういうところっていうのは国際的にもできるんだと。
 以前、今回はロンドンですか、あるいはその前のオリンピックのときに、やはり福岡県の、オリンピック招致のときに、やはり遠賀川という話が出てきてるわけです。こういう立派なそういう施設を持っていながら、何か盛り上がりに欠けると。特に、これ遠賀町がやるって言ったらおかしいんですけど、要するにそういう実行委員会、あるいは県の要請に基づいて動くわけですけど、それにしてももう少し、このボートを、競技場をここでやるということに対してのアピールをされてもよろしいんじゃないかと思うんですけど、その点について見解をいただきたいと思います。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) まず、今大分県のお話がなされましたが、これ大分県は4県の全体の、今回の高校総体の総合開会式、総合閉会式があるところでございます。そういう意味での全体の開会、閉会の行事に伴う部分については、いち早くあそこで高校生の、要するに高校生を主体とした形で出てくるということですので、その辺はまた他県と違ってまいろうかと思います。
 もう一つ。まず、先ほども申し上げましたように、基本的にこの運営は福岡県におきましても、またこの遠賀町の漕艇会場におきましても、この近隣の、北九州を含めた近隣の高校生はすべてかかわってまいりますので、今からそういうことは出てこようかと思いますが、基本的に会場の管理、運営につきましても、これは県のほうで警備班とかそういうところでやります。
 国体のときは町民の皆さん挙げてボランティアでいろんな、会場班とか、輸送班とか、本当に住民の皆さんにお願いを致しました、ことごとく。それから後はお弁当の配付とか。今回は一切、これは高校生、または県が行います。あるのは、まず競技開会式。これは本町で漕艇競技の開会式は中央公民館で行われるようになっていますし、これも選手・監督のみでございます。そういうところで、住民の皆さんが何とかそこでおもてなしのあれができるならばそういうところでまた考えないといけないだろうし、あと、会場にお見えになる交通機関、唯一のJRでございますから、そこの遠賀川駅になります。そういうところの飾りつけもございましょうし。またそこでお迎えをすることもできましょうし。そういうことを含めて、今から変わっていくというふうな形になりますので、決して私は、福岡県全体が高校生の関わりが遅いというふうな認識は持っておりません。
 以上でございます。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 確かに、先ほど町長のほうからお話いただきましたように、高校総体と国体との違いっていうのは町長が述べられたとおりだと思います。私もそれちょっと調べてみました。高校総体の目的は何であるのかとか。そういうのを調べてみました。とはいうものの、やはり会場は遠賀町であるということであるならば、一切高校生がやるからと、だからそれでいいんだとは言わないと思いますけど、やはり傍観は僕はできないんじゃないかと思います。
 それはなぜかといったら、もう既に1年切ってるわけです。住民の皆さんに、果たしてこの高校総体が遠賀川の河川敷を使ってボート競技をやりますよと。しかもそれ全国から来るんですよということが、いまだに知らされてないんです、はっきり言って。これはロードマップの中に出ております。だからあえて申しません。しかし、人の心っていうのは、やはり今日いったから明日というふうにはいかないと思うんです。
 とはいうものの、やっぱり庁舎内で職員が、皆さんが今来てるシャツ、あれ何て言うんですか、あのシャツ。あれなんかにはまさに、今回の北部、要するにスローガンですね、これをそのままのユニフォームですか、ユニフォームっていうのはおかしいんですけど、それを着てアピールされてると。これは庁舎内だけじゃなしに、やはりこれはやっぱり全町に広げて、私が冒頭申し上げましたように心からおもてなしをするということを考えたら、やはり町民の皆さんがよく来てくれたねと、遠賀町こういうところよと、いうことを見ていただくということが、これからのそういう青年に対して深い感銘を与えるんじゃないかなと、私思ってるわけです。
 それで、この問題については、とりあえず高校総体ということで、高校生が主体となってやるということなんでお任せするということにしても、やはり町民の皆さんの参画を得るような、これは先ほど17名の構成委員の中に入っておりますので、そこら辺りを有効に機能させていただいて、やはり全町上げてお迎えするというふうに、ぜひ教育委員会のほうでそういうリーダーシップを発揮していただきたいというふうに思いまして、この問題についての、一応ロードマップの体制、あるいは進捗状況についての質問を終わりたいと思います。
 次に、3番目に上げておりましたこの河川敷の周辺の環境整備が、これについて先ほど町長から御答弁いただきました。町長も以前、河川敷をウォーキングされておられたと思います。そのときに、周辺の環境についてどのように感じておられるか、感想を聞かせていただきたいと思います。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) 私もいつも…議員もよくお会いするんですが…その河川敷を歩いております。どういうふうに思われるかという…水巻側と比べれば、当然やはり、水巻側は公園として一元管理されておりますし、本町は3号線から御牧大橋の間、漕艇場として河川水域の水面の借用を国交省から占用願いをいただきまして、やっておるところですけど、そういう意味ではもちろん、草も生えてますし、きちっとした整備がなされてない部分も確かに感じております。
 ただ、この部分につきましては、今本町は年に1度、町民レガッタをやる際に、朝日レガッタと合わせて、そこの会場の部分については草刈り等々やっておりますが、その他1年通して、やはり利用は高校生を中心とした部分、また一部町民の方も利用されておりますけど、1年通してのあれは、町としては活用してないという意味では、状態としてはそういう状態であるということは、認識は致しております。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) いみじくも、今町長が対岸の水巻っていうお話をされましたけど、確かに水巻の場合というのは、年間を通して植木祭りがあったり、あるいはコスモス祭りがあったり、また場合によってはあそこの団体、いろいろな各団体で、水巻の周辺の、要するにビン・缶拾い、あるいはごみひろいっていうのを年2回とか。そういうものをやって、河川の愛護ということに関しては水巻のほうは確かに我が町よりは進んでやっておられると思います。それはそれとして、一番私感じているのは、水巻側があれだけできてるのに、本町のほうがどうしても見劣りがするということで、そういうことによって景観を損ねているという部分があろうかと思います。
 先ほど町長、例えば雑草があるとか、あるいはそういうものに対して、町長御自身もサイクリングロードの凹凸があったり、雨が降ったら水たまり、今既にもう、水がたまっております。それはともかくとして、そういうものの、要するに景観、あるいはそういう路面の改修等に対して、国交省のほうにこれからどんどん積極的に働きかけていくという意思があるかないか、ちょっと確認したいと思います。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) 議員御承知のように、あの河川敷につきましては本町で単費で草刈りをシルバーにお願いしてやっております。年間数百万のお金を掛けております。基本的にあるかないかということ、私も当然あそこを、サイクリングロードもありますし、ウォーキングのいいコースになりますので、そういう意味では景観をよくし、もちろん遠賀川の河川の自然の恵みを大事にするという意味では、環境問題も含めて、ごみの問題も含めて、これは当然取り組まなくてはいけないことだと思ってます。
 ただ一つ、本町も今から力を入れていく、この高校総体を機にして町民レガッタをやはり、遠賀川の特色あるスポーツというようなことで掲げて、今年から、ああいう形でやってまいりました、区対抗のですね。
 ですから、そういうことであるからこそ、当然これは河川敷について本来の国交省…河川管理者である国のほうに、ぜひ整備もしてもらわなくちゃいけませんし、草刈りも当然やってもらわないと。これは引き続き国のほうにも要望していきたいと思いますが、もう一つは、神田川というものもございますので、その辺のところもございますから、一概に水巻町のような河川公園と…幅広いですね…素晴らしい公園というようなことにはならないかと思います。
 本町におきましましては総運動公園等々、整備は今までやってきたわけですので、今後も河川敷に関しましては、引き続き景観を保っていただくように、まず草刈り、それから整地等々ありましたらそこでお願いしていくというふうなことで引き続きやっていきたいと思っております。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 私は、この6月からずっとあの河川敷を大体、毎日ということはないんですけど、2日に1遍は、ずっとあそウォーキングやってるんですが、あそこはウォーキング、私だけではなし、ほかの人も結構おられますし、それからサイクリングっていうんですが、自転車に乗ってあそこを走るといったらおかしいんですけど、やっぱり一つのサイクリング道路だから、当然そういうサイクリングをやるだろうと思うんですけど、そういう方たちもおられます。
 それで、対岸の水巻と比較した場合に、水巻のほうには簡易トイレが大体4カ所ぐらい、あるいは5カ所だったかな、あります。東屋が確か2カ所だったと思います。というのは何が言いたいのかというと、雨が降ったときの緊急避難、今回のときみたいに…ゲリラ豪雨じゃないんでしょうけど…ゲリラ的に雨が降ったとき、雷が鳴ったときに、我々のほうの、遠賀町側の河川敷においてはそのような避難する場所がないんです。簡易トイレ等について水巻の担当者にちょっと話を聞いてみますと、確かに5カ所あったと私記憶してるんですが、1カ所につき、大体汲み取り料が、大体これが一カ所につき2,000円…これ年間通して…かかるかかからないぐらいだと。だから5カ所あったとしても1万円弱ぐらいで汲み取りはできるんだと、いう話を聞きました。
 そういうことを踏まえまして、これも今町長おっしゃられてましたように、早急にこれを国交省に話を持っていったって、これはすぐ解決する話じゃないと思いますけど、町長、先ほどおっしゃられましたように踏まえて、やはり今回は、来年度は、遠賀町のそういう漕艇場を使って全国高校総体もあるし、また町民レガッタは毎年やってることですから、その辺もやっぱり環境整備の中で、ぜひそういう東屋の問題であるとか、簡易トイレの問題も設置していただくような働きかけを、ぜひやっていただきたいと思うんですけど。これについても一つ、御検討よろしくお願いしたいと思いますが、いかがですか。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) この遠賀の河川敷につきましては、過去からやはり遠賀町、河川公園という位置づけの中で、総合計画の中でも一つの案としてございました。ただ今、河川敷を占用をさせていただいていますので、こちらの方で全体を公園としての位置づけできちっとやるということになりますと…そこに整備してやるということでしょうけど…今私はまだ公園としての位置づけを致しておりませんし、なかなか無理なところがあります。
 ですから、単費を出してでも老良から遠賀川の間、川とそれから自転車の間のその部分については、まず草刈り。神田川も含めてその間の草刈りを今していただいている。それとあと、町民レガッタが練習をするところを含めて、そういうところは河川敷を、全体を町のほうでやってると。合わせて県のほうにもお願いをしてると。そういうことで今、占用願いの中で活用させていただいてるということでございますので、こちらのほうから東屋をつくるとか、トイレを設置するということは、これは今無理な状況に今なっております。
 そういうことで、御答弁させていただきます。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 今、その国交省に対して占用願いを出してるから、河川公園にはならないということで理解していいんですか。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) やはり、これは占用する届出の時点で、そういう構築物等々の設営ができないというふうになっておりますので、そういう意味で今設置をできないということでございます。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 当然のことながら、当時の建設省等に対して占用願い出してるんだろうと思うんですけど、これを河川公園に変更してということは不可能なんですか。
○議長(奥村守) 町長。
◎町長(原田正武) 不可能じゃないと思います、やろうと思えば。ただ、これあそこの河川を水巻町さんは要するにああいう形で、全体を公園の位置づけた中で、国庫補助金を活用されながら整備をされてきた経緯がございます。
 本町としては、要するに自然のそういうものを有効活用、遠賀川の水面を有効活用しようというようなことで、公園化までは考えておりません。ただ、何ていうんですか、親水公園としての位置づけで護岸を一部、ちょうど船台が置いてあるところ、括っております、それは国のほうにやっていただいた、過去経緯がございます。今の段階では公園化ということについては考えていません。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) いずれに致しましても、これ私も含めてなんだろうと思うんですが、あそこを例えばウォーキングをしたり、あるいはサイクリングをした人たちが、不測の事態になったときに逃げ場がなかってということが発生したときの対応です。
 これ町は関係ないよと、はっきり言って、町のものでないわけですから。ただ借りてるということだけであって、もともと持ち物は国交省の持ち物だから、管理責任はっていったら、それは本人が負うべきだろうし、また逆にその管理責任というのは、町はその第三者的になるんですか。そういうことでそこの責任を問われることはないと思うんですけど、いずれにしてもそういうことを念頭において、できればその占用願いだけでなしに、河川公園あるいは親水公園ということになると限られてくるので、結局あそこの道路ですね。例えば今町長が御指摘いただいたような、例えばその雨が降ったら水がたまるとか、あるいはそういう路面の凹凸があるってことは、これやはり、あそこの占用願いの中でもって解決が図っていけるわけでしょ。その点どうなんですか。
○議長(奥村守) ちょっと、休憩。
 ─── 休憩 午前11時20分 〜 再開 午前11時21分 ───
○議長(奥村守) 再開致します。町長。
◎町長(原田正武) 当然、あそこサイクリングロードも含めて、その間の凹凸があるということでございます。これは競技に支障があるという部分につきましては、それは当然、国交省のほうに言っていかないといけない。引き続き要望はしないと。
 ただ全体の、私の方がお願いしてるのは、まず草刈りをぜひやっていただきたいというのを、国のほうにお願いを致しておりますので、そういう意味では通常の河川敷管理としては引き続き要望していく。今回漕艇競技を行うための河川敷のそういう不備なところにつきましては、十分国のほうにも要望致しておりますので、ぜひそれに向けて、来年しっかりできるように、引き続きお願いをするということで御答弁させていただきたいと思います。
○議長(奥村守) 浜岡議員。
◆1番議員(浜岡峯達) 一応、町長のお考えも、それからこれからやろうとすることも、大体見えてきましたんで、あえてここで申し上げることもないと思いますが、いずれにしても、今どういう状況に置かれているかということだけ、町長のほうでご認識していただければ、それで私の質問の趣旨が全うできたんじゃないかなと思いますんで、一応、これで私の質問は終わりたいと思います。どうもありがとうございました。
○議長(奥村守) 以上で、浜岡峯達君の一般質問は終了致しました。
 以上で本日の日程は終了致しました。
 本日はこれで散会を致します。
 一同、起立、礼。御苦労さまでした。
 ─── 散会 午前11時22分 ───