議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 遠賀町

平成23年第 2回定例会−03月03日-01号




平成23年第 2回定例会

      平成23年 第2回 遠賀町議会定例会議事録     平成23年3月3日


1.議長の氏名   濱之上 喜 郎


2.説明のため出席した者の氏名・職

   町長     原 田 正 武
   副町長    行 事 和 美
   教育長    大 村 信 義
   総務課長   川 崎 多賀生
   行政経営課長 岩河内 孝 寿
   まちづくり課長川 原 正 義
   会計管理者  丸 井 真由美
   税務課長   石 松   昭
   住民課長   牛 草 英 雄
   福祉課長   田 中 義 行
   環境課長   吉 村 哲 司
   建設課長   桝 田 英 夫
   生涯学習課長 松 井 京 子
   学校教育課長 谷 口 義 和

3.書記の氏名

   平田 多賀子 議会事務局長  野口 健治 事務係長

4.議員の出欠 (出席 /・ 欠席 △)

┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐
│出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 │
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │1番 │堅 田   繁││ / │6番 │浜 岡 峯 達││ / │11番│二 村 義 信│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │2番 │三 原 光 広││ / │7番 │石 松   守││ / │12番│柴 田 征一郎│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │3番 │古 野   修││ / │8番 │舛 添 清 美││ / │13番│奥 村   守│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │4番 │平 見 光 司││ / │9番 │宮 迫 高 志││ / │14番│濱之上 喜 郎│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │5番 │萩 本 悦 子││ / │10番│仲 野 新三郎││ ─ │   │       │
└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘



             第2回 3月遠賀町議会定例会
               議事日程 (第1号)

                        平成23年3月3日(木)午前9時 開議

        開    会

 日程第1   会議録署名議員の指名
 日程第2   会期の決定
 日程第3   諸般の報告
 日程第4   町長の所信表明
 日程第5   報告第1号  専決処分の報告について
               (専決第1号)平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第7号)
                                       〔議題報告〕
 日程第6   一括議題
       ┌議案第6号  遠賀町附属機関の設置に関する条例の一部改正について
       └議案第7号  遠賀町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関す
               る条例の一部改正について     〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第7   議案第8号  遠賀町総合計画審議会条例の一部改正について
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第8   一括議題
       ┌議案第9号  遠賀町町営住宅管理条例の一部改正について
       │議案第10号 遠賀町改良住宅設置及び管理条例の一部改正について
       └議案第11号 遠賀町改良住宅用地内自動車駐車場使用料条例の一部改正に
               ついて              〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第9   議案第12号 平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第8号)
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第10   議案第13号 平成22年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算
               (第3号)            〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第11   議案第14号 平成22年度遠賀町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算
               (第2号)            〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第12   議案第15号 平成22年度遠賀霊園事業特別会計補正予算(第2号)
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第13   議案第16号 平成22年度遠賀町学校給食事業特別会計補正予算(第3号)
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第14   議案第17号 平成22年度遠賀町地域下水道事業特別会計補正予算(第1号)
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第15   議案第18号 平成22年度遠賀町農業集落排水事業特別会計補正予算
               (第1号)            〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第16   議案第19号 平成22年度遠賀町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第17   議案第20号 平成22年度遠賀町土地取得特別会計補正予算(第1号)
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第18   議案第21号 平成22年度遠賀町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第19   議案第22号 平成23年度遠賀町一般会計予算
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第20   議案第23号 平成23年度遠賀町国民健康保険事業特別会計予算
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第21   議案第24号 平成23年度遠賀町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第22   議案第25号 平成23年度遠賀霊園事業特別会計予算
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第23   議案第26号 平成23年度遠賀町学校給食事業特別会計予算
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第24   議案第27号 平成23年度遠賀町地域下水道事業特別会計予算
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第25   議案第28号 平成23年度遠賀町農業集落排水事業特別会計予算
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第26   議案第29号 平成23年度遠賀町公共下水道事業特別会計予算
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第27   議案第30号 平成23年度遠賀町土地取得特別会計予算
                                〔議案上程・提案理由説明〕
 日程第28   議案第31号 平成23年度遠賀町後期高齢者医療特別会計予算
                                〔議案上程・提案理由説明〕

        散    会



          平成23年第2回遠賀町議会定例会(日程第1号)
                         招集年月日 平成23年3月3日(木)

 ─── 開会 午前8時58分 ───
○議長(濱之上喜郎) おはようございます。ただいまから、平成23年第2回遠賀町議会定例会を開会します。
 これより、本日の会議を開きます。
△日程第1
 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、遠賀町議会会議規則第120条の規定により、平見光司君、萩本悦子君を指名いたします。
△日程第2
 「会期の決定」を議題といたします。
 本定例会の会期は、別紙予定表では、本日から18日までの16日間といたしておりますが、これにご異議ございませんか。
─── 異議なしの声 ───
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日から18日までの16日間と決定いたしました。
△日程第3
 諸般の報告を行います。
 本年度、例月出納検査の結果に関する報告が、お手元に配付のとおり議長宛に提出されていますので、報告いたします。
 次に、お手元に配付のとおり、各表彰を受けられておりますので、ただいまから伝達及び町長からの表彰を行います。
 最初に、遠賀町議会におきましては、地方自治の本旨にそって議会運営の向上に努めた功績に対し、2月24日に開催された福岡県町村議会議長会の定期総会において、優良町村議会として表彰されましたので、ここに報告いたします。
 続きまして、自治功労者表彰を行います。
◎事務局長(平田多賀子) まず最初に全国町村議会議長会自治功労者表彰の伝達を行います。議会議員15年以上、濱之上議長、二村議員、前のほうへどうぞおいでください。伝達者として副議長、よろしくお願いします。
─── 濱之上喜郎議員、二村義信議員、表彰伝達 ───
◎事務局長(平田多賀子) 続きまして福岡県町村議会議長会自治功労者表彰の伝達を行います。議会議員23年以上、石松議員、前のほうへどうぞおいでください。
─── 石松 守議員、表彰伝達 ───
◎事務局長(平田多賀子) 議会議員15年以上、二村議員、濱之上議長、どうぞ前のほうへ。
─── 二村義信議員、濱之上喜郎議員、表彰伝達 ───
◎事務局長(平田多賀子) 皆様、おめでとうございます。では、席のほうへお戻りください。
○議長(濱之上喜郎) 続きまして遠賀町功労表彰を行います。浜岡議員、前へどうぞ。町長、よろしくお願いします。
─── 浜岡峯達議員、表彰 ───
○議長(濱之上喜郎) 以上で、諸般の報告は終了いたしました。
△日程第4
町長の所信表明について、発言を求められていますので、発言を許可します。町長。
◎町長(原田正武) 皆さん、おはようございます。平成23年第2回遠賀町議会定例会を開催いたしましたところ、議員の皆さまにおかれましては、お忙しい中にもかかわりませず、ご出席いただき、まことにありがとうございました。
 さて、本定例会の開催にあたりまして、町政に臨む所信の一端を述べ、議員各位並びに町民の皆様のご理解とご協力をお願い申しあげる次第でございます。
 まず、これまで、時代の変革期にあって町民の皆様が「住みやすい町、住みたくなる町」と感じられる活力と魅力の溢れるまちづくりを進めてこられた木村町政を引き継ぎ、これまでのまちづくりの流れを止めることなく、着実に仕上げてまいります。
 また、それと同時に、私のこれまでの経験を活かし、新たなまちづくりの種を播き、スピード感を持って、これを育ててまいります。
 これらのことを基本に、以下、今後取り組む主要な施策について述べさせていただきたいと思います。
 まず、「未来を切り拓く都市の骨格づくり」に精力的に取り組んでまいります。
 遠賀町には、2本の国道と6本の県道が走っていますが、道路整備は、地域交通の利便性を図るとともに経済活動を促進する大きな原動力となっています。東西の軸である国道3号今古賀交差点の立体化につきましては、岡垣バイパスの4車線化と同時並行での整備を国に要望しております。また、南北の軸である県道宮田遠賀線の鹿児島本線跨線橋は、平成24年度の完成予定で工事が進んでおりますが、この二つの幹線道路を補完するその他の県道の整備促進についても、同様に県に対して働きかけてまいります。
 また、木村前町長が昼夜を問わず心血を注いで取り組んでこられました駅南開発については、自由通路や駅前広場の整備を進めており、これからの面的整備に向けて、都市計画の変更などの具体的な準備作業を始めてまいります。駅南開発やこれらの道路整備を促進することによりまして、本町は、遠賀郡の中心都市としてまた筑豊の北の玄関として、発展が期待できるものと考えております。
 次に、「安全で快適な生活環境づくり」を進めてまいります。
 防災面におきましては、遠賀町には、国が管理する遠賀川、西川及び県が管理する戸切川、吉原川がございますが、昨今のゲリラ豪雨や台風に対しまして、これらの河川の防災機能を強化することが重要課題となっています。なかでも、町の中心を流れる西川の堤防工事や老朽化した広渡排水機の改修は、安心・安全の生活には必要不可欠なものであり、国や県に対し整備促進を働きかけてまいります。
 なお、広渡排水機の大規模改修につきましては、県が、排水ポンプのエンジン分解整備等一部の改修を、平成22年度で予算を確保して、今年の梅雨前までに行う予定でございます。以後、施設の全面的な更新につきましては、県が、平成23年度から年次計画をたて、これに沿って進めていく予定でございます。
 生活環境施設では、下水道整備を計画的に推進し、快適な生活環境を整えるとともに、下水道管の敷設により、面的な都市機能の強化を図ってまいります。
 公営住宅の耐震改修や機能の充実を図るため、町営住宅長寿命化計画を策定し、計画的な改修に努めてまいります。
 また、環境基本計画を策定し、これまでの施策を充実する形で、省資源、省エネルギー対策に取り組んでまいりたいと思います。
 次に、「町を活性化させる産業振興」を図ります。
 農業は、産業面のみならず、環境機能、防災機能など多面的な役割を担っています。遠賀町農業振興地域整備計画を始めとする各種農業振興計画に基づき、農地・農業・農村の振興に努めてまいります。TPPへの参加問題など農業情勢が厳しいなか、国や県との連携を強化し、農業者への制度支援に努め、農産物のブランド化や地産地消を推進し、収益性が高く競争力のある農業の育成に努めてまいります。
 商業は、衣・食・住と日常生活に欠くことができない機能を担っています。人が生活しているところでは必ず、通勤・通学・通院・買い物など人の動きにより経済活動が行われています。人の動きを留め、呼び込むための仕組みづくりを支援するとともに、商店街振興計画の推進を図ってまいります。
 工業は、遠賀町産業立地ビジョンをもとに、工業系及び商業系施設の誘致を図り、土地の有効活用や就労者の増加による経済の活性化を目指します。
 次に、「福祉と共生のまちづくり」を進めます。
 女性の就労や社会参加にともなって、保育園・幼稚園や子育て支援施設の整備の必要性が高まっています。南部保育園では、園児が伸び伸びと活動できる「講堂 おひさまほーる」が3月6日に落成します。また、遠賀川保育園におきましても、乳幼児の保育室の増築の計画が進んでおりますが、今後も、このような乳幼児や児童の活動施設の整備及び運営に対する支援を継続し、児童福祉の充実を図ってまいります。
 遠賀町は、乳幼児医療費の就学前の助成を、当時では県下で先駆けて実施しました。少子化が進むなか、子育て環境の充実を図るため、医療費助成の対象年齢拡大に努めてまいりたいと思います。
 また、高齢者を始めとする共生のまちづくりの活動支援施設として運営している「ふれあいの里」の機能及び利便性の向上を図るため、施設改修工事を計画的に進めてまいりたいと思います。
 次に、「豊かな心を育む生涯学習」を推進してまいります。
 学校施設の地震に対する安全性を高めるため、平成22年度におきましては、改修が必要であります4校のうち、遠賀中学校、島門小学校、浅木小学校の耐震改修を実施し、残る広渡小学校の耐震改修についても、計画を前倒しし、平成22年度からの繰越事業として平成23年度に行います。
 また、学校教育における少人数化が文部科学省で議論されていますが、国と並行して児童生徒の健やかな成長を促すための少人数学級の取り組みを検討してまいります。
 社会教育の分野では、様々な団体や個人において、町の施設などを活用しながら、学習・文化・スポーツ活動が展開されています。
 こうしたなか、中央公民館につきましては、これまでの施設の機能回復はもとより、エレベーターや多目的トイレなどを新たに設置し、高齢者や障害のある方にも配慮した施設改修を行い、3月1日から、リニューアルオープンしたばかりでございます。生涯学習の中核施設として、多くの町民に愛され、利用していただくよう全力を尽くしてまいります。
 高齢化や価値観の多様化が進むなかで、それぞれの活動支援を行うとともに、総合運動公園を始め、生涯学習施設の施設改修に努めてまいります。
 最後に、「行財政基盤の強化及び開かれたまちづくり」を目指します。
 これまで、述べてまいりました施策を展開するためには、その財源が必要となります。その財源を確保するためには、経費の削減はもとより、国・県施行の事業の導入や補助事業の活用によります歳入重視の経営に努め、財政運営の効率化、健全化を図ります。
 行財政状況の公表をはじめ、情報公開に努めるとともに、広報・広聴機能の充実を図りながら町民参画のまちづくりを進めてまいりたいと思います。
 21世紀は、人権の世紀と言われています。一歩一歩着実に活動を積み重ねながら、人権尊重社会や男女共同参画社会づくりを推進してまいりたいと思います。
 以上、私の所信を述べさせていただきましたが、これを踏まえまして、平成23年度におきましては、第5次遠賀町総合計画策定に向けた取り組みを行ってまいります。この取り組みの中で、議会の皆様を始め町民の皆様と真摯に議論を重ね、平成24年度からの新たな10年間での遠賀町のあるべき姿をお示しさせていただき、これを実現するため誠心誠意努力してまいる所存でございます。
 何とぞ、議会の皆様と町民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げまして、私の所信表明とさせていただきます。ありがとうございました。よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、町長の所信表明は終了いたしました。
△日程第5
 報告第1号「専決処分の報告について」専決第1号「平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第7号)」を議題とします。報告を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 報告第1号。提案理由の説明を申し上げます。
 「平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第7号)」でございますが、地方自治法第180条第1項及び町長の専決処分事項の指定により、平成23年1月24日に専決したものを報告いたすものでございます。
 内容としましては、歳入歳出それぞれ1,981万2,000円を増額し、予算総額を61億5,868万8,000円といたすものでございます。
 歳入につきましては、地方交付税898万7,000円の増、繰入金990万円の増、これは退職準備基金繰入金でございます。繰越金で92万5,000円の増。
 次に歳出につきましては、総務費で1,981万2,000円の増、これは職員1名の退職手当でございます。以上、概要を申し上げ報告といたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、町長の報告は終了いたしました。
△日程第6
 議案第6号「遠賀町附属機関の設置に関する条例の一部改正について」、議案第7号「遠賀町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について」を一括して議題といたします。議案第6号・第7号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第6号「遠賀町附属機関の設置に関する条例の一部改正について」及び議案第7号「遠賀町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について」に関し、一括して提案理由の説明を申し上げます。平成22年度に、遠賀町営住宅長寿命化計画を策定するため、遠賀町公営住宅等長寿命化計画策定委員会を設置していましたが、一部字句の修正を残し計画を策定しましたので、遠賀町公営住宅等長寿命化計画策定委員会を廃止するに伴い、遠賀町附属機関の設置に関する条例及び遠賀町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例を一部改正するものでございます。以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第7
 議案第8号「遠賀町総合計画審議会条例の一部改正について」を議題といたします。議案第8号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第8号「遠賀町総合計画審議会条例の一部改正」に関し、提案理由の説明を申し上げます。
 本件は町長であります私の諮問に応じ、遠賀町総合計画に関する事項について、必要な調査及び審議を行う遠賀町総合計画審議会に関して、その審議会条例の見直しを行うものでございます。平成23年度第5次遠賀町総合計画の策定にかかる遠賀町総合計画審議会の組織において、委員総数及びその構成に関し遠賀町総合計画審議会条例の一部を改正するものでございます。以上、概要を申し上げ提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第8
 議案第9号「遠賀町町営住宅管理条例の一部改正について」、議案第10号「遠賀町改良住宅設置及び管理条例の一部改正について」、議案第11号「遠賀町改良住宅用地内自動車駐車場使用料条例の一部改正について」を一括して議題といたします。議案第9号・第10号・第11号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第9号「遠賀町町営住宅管理条例の一部改正について」、議案第10号「遠賀町改良住宅設置及び管理条例の一部改正について」及び議案第11号「遠賀町改良住宅用地内自動車駐車場使用料条例の一部改正について」に関し、一括して提案理由の説明を申し上げます。
 本町では、平成22年4月1日から暴力団排除条例が施行され、5月には、折尾警察署と暴力団排除措置に関する協定を締結いたしましたが、本町の事務事業からのさらなる暴力団排除措置の実効性確保のため、点検・整理を行い関係規定の改正を行うものです。改正内容としましては、町営住宅及び改良住宅への暴力団員の入居制限や撤去勧告を実行できるようにするもので、併せて改良住宅自動車駐車場使用契約の解除も可能とするもので、規定を整備することにより、入居者等が暴力団員であるかなどの警察への照会、訴訟への対応も容易となるため条例の一部改正を行うものでございます。以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第9
 議案第12号「平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第8号)」を議題といたします。議案第12号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第12号に対する提案理由を申し上げます。
 「平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第8号)」についてでございますが、年度末も近づいてまいりましたので、事務・事業の整理確定に伴う予算、国の第1次補正関連の地域活性化交付金事業の予算ならびに人事院勧告実施に伴います人件費等の減額調整などを主に計上いたしております。補正額は、歳入歳出それぞれ1億5,110万4,000円を減額し、予算総額を60億758万4,000円にいたすものでございます。
 歳入につきましては、町税で1億1,663万8,000円の増、これは町民税、たばこ税及び固定資産税の増によるものでございます。地方譲与税400万円の減、ゴルフ場利用税交付金100万円の減、地方消費税交付金1,000万円の増、自動車取得税交付金700万円の減、地方特例交付金500万円の減、分担金及び負担金475万6,000円の増、これは民生費負担金の増によるものでございます。使用料及び手数料178万4,000円の減、これは土木使用料の減、コミュニティバス使用料が主なものでございます。国庫支出金で880万円の減、これは民生費国庫負担金及び民生費国庫補助金ならびに消防費国庫補助金の減が主なものでございます。県支出金で1,832万6,000円の減、これは民生費県補助金、衛生費県補助金ならびに農林水産業費県補助金の減が主なものでございます。財産収入で206万2,000円の減、これは基金の利子及び配当金の減が主なものでございます。寄附金で4万8,000円の増、これは豊かなふるさと遠賀寄附金の増でございます。繰入金3億7,691万4,000円の減、これは財政調整基金、減債基金ならびに退職準備基金からの繰入金の減が主なものでございます。繰越金で6,726万5,000円の増、諸収入7,157万5,000円の増、これは雑入の増によるものでございます。町債で350万円の増、これは土木債の減ならびに教育債の増によるものでございます。
 歳出でございますが、最初に人件費関係につきまして取りまとめて申し上げますと、人事院勧告に伴う給与等の改正、給与月額、期末勤勉手当、支給月数の見直し等による減額が主なものでございます。次に人事院勧告に伴います人件費以外の歳出につきまして、主なものを申し上げます。まず議会費226万7,000円減、これは需用費及び委託料の減が主なものでございます。総務費137万3,000円の減、これは職員退職基金元金積み立てに伴う一般管理費及び財政調整基金元金積み立てに伴う財政調整基金費の増ならびに財産管理費、企画費、電算費及び選挙費の減が主なものでございます。民生費で2,091万8,000円の増、これは国民健康保険特別会計繰出金による社会福祉総務費、介護給付費による障害福祉費の増、ならびに介護保険事業推進費、児童運営費の減が主なものでございます。衛生費で2,886万4,000円の減、これは母子保健事業費及び予防費、健康増進費ならびに広域行政事務組合負担金の減が主なものでございます。農林水産業費で1,004万3,000円の減、これは農業振興費ならびに老朽ため池等整備事業費、林業総務費の減が主なものでございます。商工費で204万3,000円の減、これは消費者行政費の減が主なものでございます。土木費で1億2,892万9,000円の減、これは戸切川改修負担金に伴う河川維持費の減ならびに下水道事業特別会計繰出金に伴う都市計画総務費、老良・上別府線改良事業費及び交通結節点改善事業費の減が主なものでございます。消防費で181万7,000円の減、これは広域行政事務組合負担金の増及び備蓄倉庫新築工事に伴う災害対策費の減が主なものでございます。教育費で1,138万1,000円の増、これは幼稚園就園補助金及び学校給食特別会計繰出金に伴う事務局費の減ならびに広渡小学校耐震補強工事に伴う学校管理費、町立図書館施設改修に伴う社会教育総務費の増が主なものでございます。災害復旧費で431万1,000円の減、これは千代丸地区林地崩壊復旧工事に伴う農林水産施設災害復旧費の減でございます。公債費で375万6,000円の減、これは償還金利子の減が主なものでございます。なお、ふれあいの里大規模改修事業、保育所施設整備等事業、戸切川改修負担金、交通結節点改善事業、老良・上別府線改良事業、広渡小学校耐震改修事業、町立図書施設の改修事業の、この7事業、総額2億7,373万9,000円につきましては、年度内に事業が完了する見込みがないことから、繰越明許費の設定をいたしております。また地方債の補正につきましては、広渡小学校耐震改修事業にかかる起債の追加ならびに老良・上別府線、それから交通結節点改善事業等の事業費確定によります起債限度額の変更をいたしております。以上、概要を申し上げまして提案理由の説明といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第10
 議案第13号「平成22年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)」を議題といたします。議案第13号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第13号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成22年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)」についてでございますが、歳入歳出それぞれ636万7,000円を減額し、予算総額を21億3,700万8,000円にいたすものでございます。
 歳入の主なものにつきましては、国民健康保険税で2,367万9,000円の増、使用料及び手数料8万3,000円の増、国庫支出金6,471万4,000円の減、これは療養給付費等負担金及び財政調整交付金の減が主なものでございます。療養給付費等交付金で152万1,000円の減、県支出金20万7,000円の増、共同事業交付金1,842万2,000円の減、これは高額医療費共同事業交付金及び保険財政共同安定化事業交付金の減によるものです。繰入金で4,250万4,000円の増、これは一般会計繰入金の増によるものでございます。繰越金1,161万1,000円の増、これはその他繰越金の増によるものでございます。諸収入20万6,000円の増、これは延滞金の増が主なものでございます。
 次に歳出の主なものにつきましては、総務費で86万2,000円の減、これは一般管理費の減が主なものでございます。保険給付費で245万1,000円の増、これは一般被保険者療養給付費及び高額療養費、出産育児一時金の増が主なものでございます。共同事業拠出金で491万9,000円の減、これは保険財政共同安定化事業拠出金の減が主なものでございます。保健事業費で307万7,000円の減、これは特定健康診査等事業費の減が主なものでございます。諸支出金で4万円増、これは償還金の増でございます。以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第11
 議案第14号「平成22年度遠賀町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号)」を議題といたします。議案第14号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第14号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成22年度遠賀町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号)」についてでございますが、歳入歳出それぞれ92万4,000円を増額し、予算総額を1,771万4,000円にいたすものでございます。
 歳入の主なものにつきましては、繰入金250万4,000円の減、これは基金からの繰入金の減でございます。繰越金102万4,000円の増、これは前年度決算確定に伴う増でございます。諸収入で240万4,000円の増、これは国貸付金元利収入の増が主なものでございます。
 歳出につきましては、総務費で4万円の減、公債費で96万4,000円の増、これは繰り上げ償還に伴う元金の増でございます。以上、概要を申し上げ提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第12
 議案第15号「平成22年度遠賀霊園事業特別会計補正予算(第2号)」を議題といたします。議案第15号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第15号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成22年度遠賀霊園事業特別会計補正予算(第2号)」でございますが、歳入歳出それぞれ20万円を減額し、予算総額を5,449万4,000円にいたすものでございます。
 歳入の主なものにつきましては、使用料及び手数料で452万3,000円の増、財産収入9万5,000円の減、これは基金の利子及び配当金の減によるものでございます。繰入金で684万6,000円の減、これは基金からの繰入金の減でございます。繰越金で221万9,000円の増、これは前年度決算確定に伴う増でございます。諸収入で1,000円の減、これは雑入の減でございます。
 歳出でございますが、総務費で20万円の減、これは基金元金積立金の増及び需用費、委託料等の減によるものでございます。以上、概要を申し上げ提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第13
 議案第16号「平成22年度遠賀町学校給食事業特別会計補正予算(第3号)」を議題といたします。議案第16号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第16号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成22年度遠賀町学校給食事業特別会計補正予算(第3号)」についてでございますが、歳入歳出それぞれ237万5,000円を減額し、予算総額を1億3,786万2,000円といたすものでございます。
 歳入の主なものにつきましては、分担金及び負担金80万5,000円の減、繰入金で166万5,000円の減、これは一般会計からの繰入金の減でございます。繰越金で7万円の増、これは前年度決算確定に伴う増でございます。諸収入で2万5,000円の増、これは雑入の増によるものでございます。
 歳出につきましては、総務費で237万5,000円の減、これは一般管理費の減が主なものでございます。以上、概要を申し上げ提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第14
 議案第17号「平成22年度遠賀町地域下水道事業特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。議案第17号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第17号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成22年度遠賀町地域下水道事業特別会計補正予算(第1号)」についてでございます。歳入歳出それぞれ673万8,000円を減額し、予算総額を1億2,257万円にいたすものでございます。
 歳入につきましては、分担金及び負担金66万円の増、これは下水道分担金の増でございます。使用料及び手数料386万3,000円の増、財産収入9万9,000円の減、これは基金の利子及び配当金の減によるものでございます。繰入金で1,551万4,000円の減、これは一般会計及び基金からの繰入金の減でございます。繰越金で414万7,000円の増、これは前年度決算確定に伴う増でございます。諸収入で20万5,000円の増、これは雑入の増によるものでございます。
 歳出につきましては、総務費で673万8,000円の減、これは一般管理費の減でございます。以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第15
 議案第18号「平成22年度遠賀町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。議案第18号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第18号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成22年度遠賀町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)」についてでございますが、歳入歳出それぞれ26万2,000円を減額し、予算総額を8,566万2,000円にいたすものでございます。
 歳入につきましては、収益的収入26万2,000円の減、これは下水道分担金、前年度繰越金の増ならびに使用料及び一般会計からの繰入金の減によるものでございます。
 歳出につきましては、農業集落排水費26万2,000円の減、これは維持管理費の減でございます。以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第16
 議案第19号「平成22年度遠賀町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)」を議題といたします。議案第19号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第19号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成22年度遠賀町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)」についてでございますが、歳入歳出それぞれ377万円を減額し、予算総額を5億4,571万8,000円にいたすものでございます。
 歳入につきましては、収益的収入453万1,000円の減、これは下水道使用料の増ならびに一般会計からの繰入金の減が主なものでございます。資本的収入76万1,000円の増、これは受益者負担金及び前年度繰越金の増ならびに事業費確定に伴う事業債及び一般会計繰入金の減が主なものでございます。
 歳出につきましては、収益的支出404万円の減、これは維持管理費の減でございます。資本的支出で27万円の増、これは事業費確定に伴う管渠施設事業費の増ならびに事業債償還金利子の減によるものでございます。なお、地方債の補正につきましては、事業費確定による起債限度額の変更をいたしております。以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第17
 議案第20号「平成22年度遠賀町土地取得特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。議案第20号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第20号の対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成22年度遠賀町土地取得特別会計補正予算(第1号)」についてでございますが、歳入歳出それぞれ19万6,000円を減額し、予算総額を26万2,000円にいたすものでございます。
 歳入につきましては、財産収入19万6,000円の減、これは基金の利子及び配当金の減が主なものでございます。
 歳出につきましては、総務費で19万5,000円の減、これは基金利子積立金の減でございます。事業費1,000円の減、これは土地取得費の減でございます。以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。よろしくご審議のほどお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第18
 議案第21号「平成22年度遠賀町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。議案第21号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第21号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成22年度遠賀町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」についてでございますが、歳入歳出それぞれ956万4,000円を増額し、予算総額を2億3,470万3,000円にいたすものでございます。
 歳入につきましては、後期高齢者医療保険料1,200万6,000円の増、これは普通徴収保険料の増が主なものでございます。繰入金で641万9,000円の減、これは一般会計からの繰入金の減でございます。繰越金397万7,000円の増、これは前年度決算確定に伴う繰越金の増でございます。
 歳出につきましては、総務費で27万9,000円の減、これは一般管理費の減でございます。広域連合納付金984万3,000円の増、これは後期高齢者医療広域連合納付金の増でございます。以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
 ここで暫く休憩いたします。再開は10時より予定いたしております。
─── 休憩 午前9時46分〜 再開 午前9時59分 ───
○議長(濱之上喜郎) 再開します。
△日程第19
 議案第22号「平成23年度遠賀町一般会計予算」を議題といたします。議案第22号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第22号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成23年度遠賀町一般会計予算」についてでございます。本年度予算額60億5,054万5,000円、前年度予算額58億2,485万円、対前年対比2億2,569万5,000円(3.9%)の増でございます。
 平成23年度当初予算につきましては、木村前町長の突然のご逝去による首長の交代、新執行部体制の確立、また統一地方選挙の年でありますので、経常経費及び継続事業経費を主とした骨格予算として計上いたしております。前年度と単純に比較することができない部分もございますが、歳入歳出予算の主なものを款を追ってご説明申し上げます。
 歳入につきましては、町税19億2,022万9,000円、前年対比5,968万6,000円の増、これは個人町民税及び法人町民税、たばこ税の増が主なものでございます。地方譲与税7,600万円、前年対比400万円の減、利子割交付金800万円、前年対比増減なし。配当割交付金150万円、前年対比増減なし。株式等譲渡所得割交付金100万円、前年対比増減なし。ゴルフ場利用税交付金2,000万円、前年対比増減なし。地方消費税交付金1億7,000万円、前年対比 500万円の増。自動車取得税交付金2,300万円、前年対比 700万円の減。地方特例交付金2,900万円、前年対比増減なし。地方交付税11億2,562万7,000円、前年対比6,265万9,000円の減。なお、ここで財源の調整を行っております。交通安全対策特別交付金350万円、前年対比 20万円の増。分担金及び負担金1億8,660万5,000円、前年対比1,193万4,000円の増。これは民生費負担金の増でございます。使用料及び手数料6,957万8,000円、前年対比16万2,000円の減。国庫支出金8億3,642万6,000円、前年対比1億2,106万2,000円の増。これは保育園児の増加及び子ども手当に伴う民生費国庫負担金、遠賀川駅自由通路設置工事委託事業に伴う土木費国庫補助金の増が主なものでございます。県支出金4億2,687万1,000円、前年対比2,105万9,000円の増。これは国庫支出金と同様の理由による民生費県負担金、子宮頸がん等ワクチン予防接種事業に伴う衛生費県補助金、緊急雇用創出事業による商工費県補助金などの増及び選挙・統計調査に伴う総務費県委託金の減によるものでございます。財産収入1,295万9,000円、前年対比341万円の減。これは利子及び配当金の減が主なものでございます。寄附金で2,000円、前年対比増減なし。繰入金4億2,973万円、前年対比6,884万円の増。これは退職準備基金繰入金、財政調整基金繰入金、減債基金繰入金及び第3分団格納庫建替に伴う公共用施設整備基金繰入金の増が主なものでございます。繰越金8,000万円、前年対比2,000万円の増。諸収入で6,241万8,000円、前年対比775万5,000円の減。これは雑入の減が主なものでございます。町債で5億6,810万円、前年対比290万円の増。これは臨時財政対策債の減及び土木債の増によるものでございます。
 次に歳出につきましては、議会費1億3,261万3,000円、前年対比3,888万4,000円の増。これは議員共済費の増によるものでございます。総務費6億8,747万7,000円、前年対比2,643万6,000円の減。これは退職手当に伴う一般管理費及び第5次総合計画策定等に伴う企画費の増ならびに庁舎照明工事・駐輪場改修完了に伴う財産管理費、基幹系システムの更改完了に伴う電算費、固定資産評価替え鑑定に伴う賦課徴収費、参議院議員選挙費、国勢調査費の減が主なものでございます。民生費21億4,049万4,000円 前年対比1億9,535万8,000円の増。これは養護老人ホーム「静光園」負担金及び後期高齢者医療療養給付費負担金に伴う老人福祉費、更生医療給付費・介護給付費の伸びに伴う障害福祉費、公的介護施設整備補助に伴う介護保険事業推進費、保育園児の増加・子ども手当による児童運営費の増ならびに重度障害者医療費、ひとり親家庭等医療費の減が主なものでございます。衛生費で5億2,483万9,000円 前年対比1,691万6,000円の増。これは各種予防接種事業に伴う予防費、火葬施設「天生園」建替えに伴う負担金による環境衛生費の増ならびに、し尿処理施設の負担金に伴う清掃総務費の減が主なものでございます。農林水産業費で1億3,643万3,000円、前年対比1,942万5,000円の減。これは農業委員会費及び農業総務費、高家・虫生津排水機維持費老朽溜池等整備事業費、林業総務費の減、ならびに高瀬水門改修に伴う水利施設管理費の増が主なものでございます。次に商工費で1,907万7,000円、前年対比436万2,000円の減。これは商工業振興費及び消費者行政費の減によるものでございます。土木費で10億6,541万円、前年対比9,193万7,000円の増。これは土木総務費及び交通結節点改善事業の増、ならびに道路維持修理費、戸切川改修負担金に伴う河川維持費、都市計画総務費、街路事業費、都市公園事業費、老良・上別府線改良事業費の減が主なものでございます。消防費2億871万7,000円、前年対比3,814万8,000円の減。これは第3分団格納庫建替えに伴う消防施設費の増ならびに非常備消防費及び災害対策費の減が主なものでございます。教育費5億4,228万6,000円、前年対比1,794万8,000円の増。これは退職手当に伴う事務局費の増ならびに中学校管理費、社会教育総務費、公民館費、学童保育費、総合運動公園管理費、町民体育館管理費の減が主なものでございます。災害復旧費100万円、前年対比増減なし。公債費5億7,219万5,000円、前年対比4,697万7,000円の減。予備費2,000万円、 前年対比増減なし。なお、債務負担行為につきましてはファームガーデニング事業として、平成23年度より24年度までの限度額420万円の設定をいたしております。また、地方債につきましては、地方道路等整備事業費事業債2億810万円ならびに臨時財政対策債限度額3億6,000万円の設定をいたしております。以上、概要を申し上げ提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第20
 議案第23号「平成23年度遠賀町国民健康保険事業特別会計予算」を議題といたします。議案第23号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第23号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成23年度遠賀町国民健康保険事業特別会計予算」についてでございますが、本年度予算額21億8,535万7,000円、前年度予算額20億9,313万3,000円、対前年度比9,222万4,000円(4.4%)の増でございます。
 歳入の主なものにつきましては、国民健康保険税4億1,010万7,000円、国庫支出金5億1,772万円、これは療養給付費等負担金及び財政調整交付金等でございます。療養給付費等交付金1億2,261万6,000円、前期高齢者交付金5億6,531万2,000円、県支出金1億313万7,000円、これは県の高額医療費共同事業負担金及び調整交付金等でございます。共同事業交付金2億7,437万4,000円、繰入金で1億8,598万円、これは一般会計からの繰入金が主なものでございます。
 歳出の主なものにつきましては、総務費で2016万7,000円、保険給付費15億2,804万1,000円、これは各種療養給付費及び高額療養費が主なものでございます。後期高齢者支援金2億4,290万円、共同事業拠出金2億7,448万4,000円、保健事業費1,398万円、介護納付金で9,788万3,000円、予備費で500万円でございます。以上、概要を申し上げ提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第21
 議案第24号「平成23年度遠賀町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算」を議題といたします。議案第24号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第24号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成23年度遠賀町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算」についてでございますが、本年度予算額1,163万7,000円、前年度予算額1,777万2,000円、対前年度比613万5,000円(34.5%)の減でございます。
 歳入の主なものにつきましては、県支出金で139万8,000円、繰入金で525万8,000円、これは基金からの繰入金が主なものでございます。諸収入で478万3,000円、これは貸付金の元利収入でございます。
 歳出につきましては、総務費420万円、公債費733万7,000円、これは借入金の償還金でございます。予備費で10万円でございます。以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。よろしくご審議のほどお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第22
 議案第25号「平成23年度遠賀霊園事業特別会計予算」を議題といたします。
 議案第25号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第25号対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成23年度遠賀霊園事業特別会計予算」についてでございますが、本年度予算額4,350万8,000円、前年度予算額4,661万8,000円、対前年度比311万円(6.7%)の減でございます。
 歳入の主なものにつきましては、使用料及び手数料で1,129万1,000円、これは霊園の管理手数料が主なものでございます。財産収入561万9,000円、これは管理運営基金等の利子収入でございます。繰入金2,559万7,000円、これは管理運営基金からの繰入金でございます。繰越金100万円でございます。
 歳出につきましては、総務費で4,150万8,000円、これは霊園の管理費と運営基金元金積立金が主なものでございます。予備費に200万円でございます。以上、概要を申し上げ提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第23
 議案第26号「平成23年度遠賀町学校給食事業特別会計予算」を議題といたします。議案第26号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第26号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成23年度遠賀町学校給食事業特別会計予算」についてでございますが、本年度予算額1億4,047万2,000円、前年度予算額1億3,907万円、対前年度比140万2,000円(1.0%)の増でございます。
 歳入の主なものにつきましては、分担金及び負担金6,604万1,000円、これは給食費の保護者負担金でございます。繰入金で7,432万1,000円、これは一般会計からの繰入金でございます。
 歳出につきましては、総務費で1億3,967万2,000円、これは一般管理費と給食の材料費でございます。予備費に80万円でございます。以上、概要を申し上げ提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第24
 議案第27号「平成23年度遠賀町地域下水道事業特別会計予算」を議題といたします。議案第27号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第27号に対します提案理由の説明を申し上げます。
 「平成23年度遠賀町地域下水道事業特別会計予算」についてでございますが、本年度予算額1億364万円、前年度予算額1億2,930万8,000円、対前年度比2,566万8,000円(19.9%)の減でございます。
 歳入の主なものにつきましては、使用料及び手数料で6,179万2,000円、繰入金4,008万1,000円、これは施設改修基金及び管理運営基金からの繰入金でございます。
 歳出につきましては、総務費1億314万円、これは団地浄化槽の管理費と公共下水道へ接続するための管路改築工事費が主なものでございます。予備費に50万円でございます。以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第25
 議案第28号「平成23年度遠賀町農業集落排水事業特別会計予算」を議題といたします。議案第28号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第28号に対します提案理由の説明を申し上げます。
 「平成23年度遠賀町農業集落排水事業特別会計予算」についてでございますが、本年度予算額8,972万6,000円、前年度予算額8,592万4,000円、対前年度比380万2,000円(4.4%) の増でございます。
 歳入につきましては、収益的収入8,972万6,000円、これは使用料収入と一般会計繰入金が主なものでございます。
 歳出につきましては、農業集落排水費として8,922万6,000円、これは施設の維持管理費と建設事業債の償還金でございます。予備費で50万円でございます。以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第26
 議案第29号「平成23年度遠賀町公共下水道事業特別会計予算」を議題といたします。議案第29号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第29号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成23年度遠賀町公共下水道事業特別会計予算」についてでございますが、本年度予算額5億8,670万7,000円、前年度予算額5億4,962万3,000円、対前年度比3,708万4,000円(6.7%)の増でございます。
 歳入につきましては、収益的収入で1億5,822万円、これは下水道使用料及び一般会計繰入金が主なものでございます。資本的収入4億2,848万7,000円、これは国庫補助金、受益者負担金、事業債及び一般会計繰入金が主なものでございます。
 歳出につきましては、収益的支出9,845万円、これは下水道施設の維持管理経費が主なものでございます。資本的支出4億8,775万7,000円、これは工事設計委託料、管渠施設工事費及び借入金の償還金が主なものでございます。予備費50万円でございます。なお、地方債におきましては公共下水道事業債限度額1億3,500万円の設定をいたしております。以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第27
 議案第30号「平成23年度遠賀町土地取得特別会計予算」を議題といたします。議案第30号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第30号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成23年度遠賀町土地取得特別会計予算」についてでございますが、本年度予算額30万円、前年度予算額45万8,000円、対前年度比15万8,000円(34.5%)の減でございます。
 歳入の主なものにつきましては、繰入金5万1,000円、これは一般会計からの繰入金でございます。財産収入で24万8,000円、これは基金からの利子収入でございます。
 歳出の主なものにつきましては、総務費で24万9,000円、これは基金利子等の積立金でございます。予備費5万円でございます。以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
△日程第28
 議案第31号「平成23年度遠賀町後期高齢者医療特別会計予算」を議題といたします。議案第31号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第31号に対する提案理由の説明を申し上げます。
 「平成23年度遠賀町後期高齢者医療特別会計予算」についてでございますが、本年度予算額2億1,260万6,000円、前年度予算額2億2,513万9,000円、対前年度比1,253万3,000円(5.6%)の減でございます。
 歳入の主なものにつきましては、後期高齢者医療保険料1億5,736万3,000円、繰入金5,521万9,000円、これは一般会計からの繰入金でございます。
 歳出の主なものにつきましては、総務費1,039万4,000円、広域連合納付金2億181万1,000円でございます。
 以上、概要を申し上げまして提案理由といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
 以上で、本日の日程は終了いたしました。
 本日は、これにて散会いたします。
─── 散会 午前10時24分 ───