議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 遠賀町

平成23年第 1回臨時会−01月21日-01号




平成23年第 1回臨時会

      平成23年 第1回 遠賀町議会定例会議事録    平成23年1月21日


1.議長の氏名   濱之上 喜 郎


2.説明のため出席した者の氏名・職

   町長     原 田 正 武
   教育長    大 村 信 義
   総務課長   行 事 和 美
   行政経営課長 岩河内 孝 寿
   まちづくり課長川 原 正 義
   会計管理者  丸 井 真由美
   税務課長   石 松   昭
   住民課長   牛 草 英 雄
   福祉課長   川 崎 多賀生
   環境課長   吉 村 哲 司
   建設課長   桝 田 英 夫
   生涯学習課長 松 井 京 子
   学校教育課長 谷 口 義 和

3.書記の氏名

   平田 多賀子 議会事務局長
   野口 健 治 事務係長

4.議員の出欠 (出席 /・ 欠席 △)
┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐
│出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 │
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │1番 │堅 田   繁││ / │6番 │浜 岡 峯 達││ / │11番│二 村 義 信│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │2番 │三 原 光 広││ / │7番 │石 松   守││ / │12番│柴 田 征一郎│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │3番 │古 野   修││ / │8番 │舛 添 清 美││ / │13番│奥 村   守│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │4番 │平 見 光 司││ / │9番 │宮 迫 高 志││ / │14番│濱之上 喜 郎│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │5番 │萩 本 悦 子││  │10番│仲 野 新三郎││ ─ │   │       │
└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘



            第1回 1月遠賀町議会臨時会
               議事日程(第1号)

                         平成23年 1月21日(金)午前9時 開議

        開    会

 日程第1   議席の指定
 日程第2   会議録署名議員の指名
 日程第3   会期の決定
 日程第4   諸般の報告
 日程第5   一括議題
       ┌議案第1号   遠賀町民体育館の管理運営に関する条例の一部改正について
       │
       └議案第2号   遠賀町教育施設使用条例の一部改正について
                      〔議案上程・提案理由説明・議案質疑・委員会付託〕
 日程第6   議案第3号   平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第6号)
                      〔議案上程・提案理由説明・議案質疑・委員会付託〕
 日程第7   各委員会報告
 日程第8   一括議題
       ┌議案第1号   遠賀町民体育館の管理運営に関する条例の一部改正について
       │
       └議案第2号   遠賀町教育施設使用条例の一部改正について
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
 日程第9   議案第3号   平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第6号)
                             〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
 日程第10   議案第4号   遠賀町副町長の選任について
                〔議案上程・提案理由説明・議案質疑・委員会付託・討論・採決〕
 日程第11   議案第5号   遠賀町職員懲戒審査委員会委員の任命について
                〔議案上程・提案理由説明・議案質疑・委員会付託・討論・採決〕

        閉    会




                平成23年第1回臨時会
                         招集年月日 平成23年1月21日(金)

 ─── 開会 午前9時00分 ───
○議長(濱之上喜郎) 時間になりましたので、ただいまから平成23年第1回遠賀町議会臨時会を開会します。
 会議に入ります前に、昨年の12月12日から町長に就任されました原田正武新町長より、ごあいさつをお受けしたいと思います。原田町長。
◎町長(原田正武) 皆さん、おはようございます。まず平成23年第1回遠賀町議会臨時議会を招集させていただきましたところ、議員の皆さまにはお忙しい中にもかかわりませず、ご出席いただきましてありがとうございました。
 さて、改めまして、昨年末町長選におきまして無投票ではございましたが、故木村前町長の意思を引き継がさせていただきました。これも住民の皆さま方をはじめ、議員の皆さま方の多大なるご支援またご支持を賜りましたことに対しまして心より御礼を申しあげますとともに、その重責に身の引き締まる思いでいっぱいでございます。
 私自身、今回2つのことをまちづくりの方針に訴えて参りました。ひとつは木村町制が育てようとしたまちづくりの施策を実りあるものに着実に仕上げていくということ。それともうひとつは私のこれまでの行政経験を十分に活かした新しいまちづくりの種を蒔きまして、スピード感を持って育てること。このことを基本に施策を展開させていきたいと思っています。
 現在平成23年度におきます事業評価また予算編成の最終調整に入っている段階でございますが、具体的な施策等につきましては3月議会において所信表明させていただいて、できますれば4月が議員の皆さまの改選期ですので平成23年度当初予算は骨格予算で組まさせていただきまして、6月議会において施政方針の中で具体的な施策を述べさせていただきたいと思っております。町民の皆さまが住みやすい町、住みたくなる町、住んでよかった町、そのような町づくりを目指してまいりますので、議員の皆さまにおかれましては、ご理解を賜り、ご協力をいただきながら、一緒にまちづくりをさせていただきたいと思います。このことをお誓い申し上げまして就任のご挨拶とさせていただきます。よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) これより、本日の会議を開きます。
△日程第1
 議席の指定を行います。
 本臨時会は、補欠選挙後、初めての議会となります。補欠選挙で当選された仲野新三郎君の議席については、只今ご着席の議席を指定いたします。
△日程第2
 会議録署名議員の指名を行います。
 本臨時会の会議録署名議員は、遠賀町議会会議規則第120条の規定により、三原光広君、古野修君を指名いたします。
△日程第3
 「会期の決定」を議題といたします。
 本臨時会の会期は、別紙予定表では、本日の1日間といたしておりますが、これにご異議ございませんか。
─── 異議なし ───
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、本日の1日間と決定いたしました。
△日程第4
 諸般の報告を行います。
 第二常任委員会の欠員について、遠賀町議会委員会条例第7条第1項の規定により、補欠選挙で当選されました仲野議員を、12月16日付けで同委員に選任しましたので、報告をいたします。
 以上で、諸般の報告を終わります。
△日程第5
 議案第1号「遠賀町民体育館の管理運営に関する条例の一部改正について」、議案第2号「遠賀町教育施設使用条例の一部改正について」を一括して議題といたします。議案第1号・第2号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第1号「遠賀町民体育館の管理運営に関する条例の一部改正について」及び議案第2号「遠賀町教育施設使用条例の一部改正について」に関し、一括して提案理由の説明を申し上げます。
 第1町民体育館は、昭和63年に防衛施設周辺対策事業を活用して建設された施設でございますが、平成20年の防衛省からの通達で、防衛補助で建設し10年以上経過した施設の財産処分が可能となりました。
 そのため、九州防衛局との協議を進めてまいりましたが、今回協議が整いましたので、学校教育施設の充実を図るため、第1町民体育館を遠賀中学校第1体育館として所管替えを行うため、条例の一部を改正するものでございます。
 また、施設の名称が変更となることや他の学校体育館と規模等が異なることから、使用料の算定も一部異なっておりますので、別表に追加して記載する等、教育施設使用条例の一部も併せて改正するものでございます。
 なお、遠賀中学校第1体育館の使用料につきましては、現行どおりといたしております。よろしくご審議をお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了致しました。
 これより、議案質疑に入ります。議案第1号・第2号に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
─── 質疑なし ───
○議長(濱之上喜郎) 質疑も出ないようですので、議案第1号・第2号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。議案第1号・第2号については、第1常任委員会に付託いたします。
△日程第6
 議案第3号「平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第6号)」を議題といたします。
 議案第3号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第3号「平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第6号)」に関し提案理由の説明を申し上げます。平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第6号)でございますが、歳入歳出それぞれ9,347万5,000円を増額し、予算総額を61億3,887万6,000円にいたすものでございます。
 今回の補正予算内容につきましては、国の第1次補正予算に係わる地域活性化交付金、県の基金事業であります緊急雇用創出事業交付金、特定防衛施設周辺整備調整交付金、地域グリーンニューディール事業補助金ならびに木造公共施設等整備事業補助金を活用した事業費を主に計上いたしております。
 歳入につきましては、地方交付税2,047万6,000円の増、国庫支出金5,010万4,000円の増、これは、民生費国庫補助金4,279万円、教育費国庫補助金731万4,000円の増によるものでございます。次に県支出金で2,189万5,000円の増、これは、総務費県補助金139万1,000円、民生費県補助金1,000万円、衛生費県補助金32万6,000円、教育費県補助金1,017万8,000円の増によるものでございます。寄附金で100万円の増、これは、水防災関連対策の充実強化に対する寄附金でございます。
 続きまして歳出でございますが、総務費で985万5,000円の増、これは、国の第一次補正により交付される地域活性化交付金(住民生活に光をそそぐ交付金)を活用しまして、国際理解教育の充実を図るため、平成23年度、24年度の小中学校へのALT(外国語指導助手)派遣事業の原資を基金へ積み立てるのもので、ふるさと創生基金元金積立金806万4,000円の増、緊急雇用創出事業交付金を活用し、庁舎設備(給排水や空調など)の調査及び庁舎周辺の町有地利用調査を行う委託料139万1,000円の増、ならびに税の償還金利子及び割引料40万円の増によるものでございます。
 民生費で6,909万円の増、これは、地域活性化交付金(きめ細かな交付金)、特定防衛施設周辺整備調整交付金、地域グリーンニューディール事業補助金ならびに木造公共施設等整備事業補助金を活用したもので、ふれあいの里給湯・給水設備改修工事監理委託料で50万4,000円、ふれあいの里給湯・給水設備及び照明設備工事費で5,458万6,000円、遠賀川保育園の施設改修に対する補助金1,400万円の増によるものでございます。
 次に衛生費で107万1,000円の増、これは、子宮頸がんワクチン予防接種料71万8,000円、水災害時の初動の防疫対策を充実させるための経費として34万5,000円が主なものでございます。
 消防費で65万5,000円の増、これは、水災害時の消耗品・備品を充実させるためのものでございます。
 次に教育費でございますが、1,280万4,000円の増、これは、地域活性化交付金及び緊急雇用創出事業交付金を主に活用した事業経費でございます。小学校費としましては、各小学校の児童の安全対策調査費、学校図書室の図書の蔵書を充実するための経費ならびに特別支援学級の環境充実を図るための経費など137万3,000円、中学校費としましては、各中学校の生徒の安全対策や校舎等の建物施設の長寿命化を図るための調査費、学校図書室の図書の蔵書を充実するための経費ならびに特別支援学級の環境充実を図るための経費など203万7,000円、社会教育費としましては、町立図書館の図書の蔵書を充実するため、図書購入費で100万円、それに新町区に対する地区公民館施設補助金12万6,000円、保健体育費としましては、生涯学習施設や体育施設等の公共施設の利用者の安全対策や建物施設の長寿命化を図るための調査委託料593万9,000円、総合運動公園、町民体育館の周辺整備及び漕艇場艇庫の整備をするための作業委託料232万9,000円の増によるものでございます。以上でございます。よろしくご審議をお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了致しました。
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第3号に対する質疑を許します。質疑はございませんか。9番議員。
◆9番議員(宮迫高志) 9番宮迫です。2点お聞きしたいんですが、まず9ページのふれあいの里給湯・給水施設の改修工事ですね、監理料が50万4,000円、工事請負費5,458万6,000円ということになっていますが、今の時期これだけの金額を発注した場合、繰り越しになるんではないかと思うんですけれども、どの補助金を対応するのかわかりませんが、明許繰越というのが通常の場合出てくると思うんですが、これは年度内に終わるのかということと、子宮頸がんのワクチンですね、補助金に対して町費が30万ほど上積みされています。71万8,000円。これの子宮頸がんの接種料に対して何人分の接種料を想定されているのか。その2点お願いします。
○議長(濱之上喜郎) 総務課長…福祉課長…行政課長。
◎行政経営課長(岩河内孝寿) まず1点目のふれあいの里の給湯・給水設備の件でございますが、これにつきましては工事費は2つの工事がございます。後ほど福祉課長が詳しくお話しますが、工事費については給湯工事とグリーンニューディールを使った照明工事がございます。これにつきましては議決がいただけましたら発注をいたしまして、グリーンニューディールのほうは年度内完成、それから給湯につきましては制度的には繰り越しが可能ということでございますので、まず入札を行いまして進捗具合を見まして、その後の対応が決まってまいります。
○議長(濱之上喜郎) 福祉課長。
◎福祉課長(川崎多賀生) 繰越明許の出る時期ですね、同時ではございませんで、直近の議会、要するに繰り越した…4月1日で繰り越すとしましたら直近の議会での報告となりますので、今回の補正に同時にはならないかと思います。それと2点目の子宮頸がんワクチンの対象人数ということですけれども、一応今回のこの子宮頸がんワクチンにつきましては、救済策という位置づけで高校一年生を対象に実施するものでございます。高校一年生の部分が90名ほど対象者がおりますので、その接種率2分の1というかたちで考えて45名ほどの人数分のワクチン料を計上させていただいております。以上です。
○議長(濱之上喜郎) ほかに質疑はございませんか。2番議員。
◆2番議員(三原光広) 2番三原です。教育費のところでちょっとお尋ねいたしますが、この時期に図書購入費が小学校・中学校と社会教育ということで上がってきております。特定財源のほうから出てきておりますけども、まずその中で、どの財源を図書購入費と備品購入費に充ててきているのかというのと、なぜこの時期に図書購入費で頭からではなかったのかという、それの説明をいただきたいと思います。
○議長(濱之上喜郎) 行政経営課長。
◎行政経営課長(岩河内孝寿) それでは、今のご質問にお答えいたします。図書購入費につきましては教育費の中で学校管理費の部分と生涯学習のほうがございます。昨年の国会におきまして経済対策としまして地域活性化交付金が予算づけされました。全国規模でひとつの交付金がきめ細かな交付金ということで2,500億、本町には2,340万6,0000円ほど内示が来ております。もうひとつの交付金が住民生活に光をそそぐ交付金ということで、全国レベルで1,000億、うち本町には7,314万円という内示がきておりまして、この事業につきましては緊急対策ということで、本年度執行が原則になっております。先ほど議員がご質問の図書購入の件でございますが、この件につきましては、事業をそのまま繰り越しは可能なんですが、基本的には年度内執行ということで、この住民生活光をそそぐ交付金を活用しまして学校及び生涯学習の図書館の購入費に充てるということで、制度的に緊急対策、そのかわり年度内執行ということですのでこの時期に今回急きょ計上させていただいております。
○議長(濱之上喜郎) 2番議員。
◆2番議員(三原光広) 例えばこの時期にこれだけの図書の充実をした場合に、次年度の予算で図書購入費が削られるということが考えられる恐れはないんでしょうか。それとこの図書購入費については今行政経営課長が回答されましたが、それは金銭の部分ですけども、学校のほうとの対応それから教育委員会と現場との対応がしっかりできているものなのかどうかを教育委員会のほうから聞きたいと思います。
○議長(濱之上喜郎) 学校教育課長。
◎学校教育課長(谷口義和) この件につきましては、この予算の配分枠を提示があった段階で各学校にかけあいました。そしてその予算配分中で図書購入が可能かどうか確認しまして予算計上させていただいています。
○議長(濱之上喜郎) 生涯学習課長。
◎生涯学習課長(松井京子) 生涯学習のほうからご説明します。今回購入いたしました書籍は「世界全集」とか美術系のものでございまして、1冊の単価が高いものでございます。これは以前より住民の皆さんからご要望がございましたが、現在の指定管理料の中では購入することができませんものでございますので、今回こういった国の補助金が出ましたので、これを充てまして、購入を可能としたものでございます。
○議長(濱之上喜郎) 町長。
◎町長(原田正武) 私のほうからも新年度予算との関わりについてちょっと意向をご答弁させていただきます。これは先ほども申し上げましたように、国の第一次予算ということで、それに必要な予算を国につけていただきましたので、こういう形で急きょ作らせていただきましたが新年度予算とのあれにつきましては従来通りに査定の中でしていきますので、これをやったからといって新年度で削るということは考えておりません。
○議長(濱之上喜郎) ほかに質疑はございませんか。5番議員。
◆5番議員(萩本悦子) 2点ほどお尋ねいたします。子宮頸がんワクチンについては委員会で詳しくお尋ねいたしたいと思いますが、ちょっと不思議なのが、45名分計上されているということですが、これは内容はどういったことで、何回で、単価がどのくらい、それと生涯学習のほうで公民館の公民館施設補助金12万6,000円計上されていますが、これ新町区ということで、12月議会に3つの公民館の補助金があげられていましたけど、追加ということで、これ内容を教えていただきたいと思います。
○議長(濱之上喜郎) 福祉課長。
◎福祉課長(川崎多賀生) お答えいたします。今回ここで計上させていただいています予算につきましては先ほど若干申し上げたんですけども、救済策という位置づけでさせていただいております。といいますのが、今回国の補正を受けまして県のほうが基金を増設しまして、それによって助成を行うということになっています。その対象年齢と申しますか、そういった学齢が基本的に中1から高1の4学年で、その年度ごとに補助を行うものでございまして、町としましては平成23年度から実施する予定でございましたけれども、そうしたところで高校1年生、現在の高校1年生が漏れてしまうというところで、その救済策の位置づけです。
 子宮頸がんのワクチンに関しましては、初回の接種から1ヶ月後と半年後の計3回の接種が必要となります。現状の高校1年生について1回年度内に打っておけば次の年度も補助すると通知がございましたので、そういった形で高1のみを対象とした形での計上となっております。以上でございます。
○議長(濱之上喜郎) 生涯学習課長。
◎生涯学習課長(松井京子) ただ今ご指摘がありましたように、12月の議会で新町公民館の施設補助をご承認いただきましたが、新たに工事に入りまして入口のスロープの幅が十分ではないということがわかりまして、新たに現在あります防災行政無線のスピーカーの柱を移設するという必要性が出てまいりました。これに基づきまして、生涯学習課のほうで新たに追加して、この経費の2分の1を補助するものでございます。
○議長(濱之上喜郎) ほかに質疑はございませんか。
─── 質疑なし ───
○議長(濱之上喜郎) 質疑も出ないようですので、議案第3号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。議案第3号については、所管毎に第1・第2常任委員会に付託いたします。
 ここで委員会付託のため、しばらく休憩いたします。
─── 休憩 午前9時21分〜再開 午前11時19分 (付託委員会開催) ───
○議長(濱之上喜郎) 再開致します。
 はじめに行政経営課長より発言を求められていますので、これを許します。
◎行政経営課長(岩河内孝寿) 先ほどご質問の中で、地域活性化交付金(住民生活に光をそそぐ交付金)で、全国規模で1,000億、当町の内示額が7,314万円ということでご説明をいたしました。これにつきましては単位を間違っておりまして、当町の内示額は731万4,000円でございます。お詫びをして訂正をさせていただきます。よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 
△日程第7
 「各委員会報告」
 委員長報告に先立ち、遠賀町議会会議規則第77条の規定により、付託委員会の議案処理結果を報告する「委員会報告書」が、第1・第2常任委員会委員長から、議長あてに提出されておりますので、事務局長をして朗読致させます。局長。
─── 局長朗読 ───
○議長(濱之上喜郎) 以上で、朗読は終了致しました。
△日程第8
 議案第1号「遠賀町民体育館の管理運営に関する条例の一部改正について」、議案第2号「遠賀町教育施設使用条例の一部改正について」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮り致します。
 議案第1号・第2号に関する第1常任委員会委員長報告については、遠賀町議会会議規則第41条第3項の規定により、省略することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
─── 異議なし ───
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は、省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。
 第1常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
─── 質疑なし ───
○議長(濱之上喜郎) 質疑も出ないようですので、これで質疑を終わります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
─── 討論なし ───
○議長(濱之上喜郎) 発言もございませんので、これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第1号「遠賀町民体育館の管理運営に関する条例の一部改正について」本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。
─── 異議なし ───        13:0(14)
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。
 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。
 議案第2号「遠賀町教育施設使用条例の一部改正について」本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。
─── 異議なし ───        13:0(14)
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。
 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。
△日程第9
 議案第3号「平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第6号)」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りいたします。
 議案第3号に関する第1・第2常任委員会委員長報告については、遠賀町議会会議規則第41条第3項の規定により、省略することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
─── 異議なし ───
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は、省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。
 第1・第2常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
─── 質疑なし ───
○議長(濱之上喜郎) 質疑も出ないようですので、これで質疑を終わります。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
─── 討論なし ───
○議長(濱之上喜郎) 発言もございませんので、これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第3号「平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第6号)」本案に対する委員長報告は、原案可決であります。本案を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。
─── 異議なし ───        13:0(14)
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。
 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。
△日程第10
 議案第4号「遠賀町副町長の選任について」を議題といたします。
 総務課長につきましては、議案第4号に関係いたしますので、議場を退席していただきたいと思います。
 しばらく休憩いたします。
─── 休憩 午前11時26分〜再開 午前11時26分 (総務課長退席)───
○議長(濱之上喜郎) 再開致します。
 議案第4号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第4号「遠賀町副町長の選任について」に関し、提案理由のご説明を申し上げます。昨年11月13日から不在となっております副町長を選任するにあたり、議会の同意を求めるものでございます。副町長には、町職員の行事和美氏を選任するものでございます。なお、任期は、選任の日から4年間でございます。また、別紙略歴書を添付いたしておりますので、ご参照いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第4号に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
─── 質疑なし ───
○議長(濱之上喜郎) 質疑も出ないようですので、議案第4号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 お諮りいたします。
 議案第4号については、遠賀町議会会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
─── 異議なし ───        
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。よって、議案第4号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
─── 討論なし ───
○議長(濱之上喜郎) 発言もございませんので、これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。この採決は、起立によって行います。
 議案第4号「遠賀町副町長の選任について」本案に同意することに、賛成の諸君の起立を求めます。
─── 賛成者起立 ───          13:0(14)
○議長(濱之上喜郎) 起立多数です。よって、本案は、同意することに決しました。
 しばらく休憩いたします。
─── 休憩 午前11時28分〜再開 午前11時28分 (総務課長着席)───
○議長(濱之上喜郎) 再開いたします。
 それでは、新しく選任同意されました行事和美君から、ごあいさつをお受けしたいと思います。行事和美君。
◎副町長(行事和美) ただ今議長より発言の機会をいただきましたので、この場を借りて一言ごあいさつを申し上げます。先ほど副町長の選任につきまして同意をいただきまして誠にありがとうございます。今後はこれまでの経験を生かし、町の職員とともに来年度予定いたしております町の将来像でございます第5次総合計画の策定や町長が掲げております住民福祉の向上といった政策の実現に取り組み、原田町長の補佐役を微力ではございますけれども、一所懸命に努める所存でございます。議員の皆さまにはこれまで以上のご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。
○議長(濱之上喜郎) 
△日程第11
 議案第5号「遠賀町職員懲戒審査委員会委員の任命について」を議題といたします。
 議案第5号に対する提案理由の説明を求めます。町長。
◎町長(原田正武) 議案第5号「遠賀町職員懲戒審査委員会委員の任命」に関し、提案理由のご説明を申し上げます。昨年10月23日から2年間の任期で、町職員1名として当時、副町長でありました原田正武を任命しておりましたが、退職後町長に就任いたしましたので、その後任の委員を任命するにあたり、議会の同意を求めるものでございます。委員には、町職員の行事和美氏を任命するものでございます。任期は前任者の残任期間となりますので、平成24年10月22日まででございます。よろしくお願いいたします。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。
 これより、議案質疑に入ります。
 議案第5号に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
─── 質疑なし ───
○議長(濱之上喜郎) 質疑も出ないようですので、議案第5号に対する質疑を終わります。
 これより、委員会付託に入ります。
 お諮りいたします。
 議案第5号については、遠賀町議会会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略致したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
─── 異議なし ───
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。よって、議案第5号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより、討論に入ります。討論はございませんか。
─── 討論なし ───
○議長(濱之上喜郎) 発言もございませんので、これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。この採決は、起立によって行います。
 議案第5号「遠賀町職員懲戒審査委員会委員の任命について」本案に同意することに、賛成の諸君の起立を求めます。
─── 賛成者起立 ───          13:0(14)
○議長(濱之上喜郎) 起立多数です。よって、本案は、同意することに決しました。
 これをもって、平成23年第1回遠賀町議会臨時会を閉会いたします。
─── 閉会 午前11時32分 ───