議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 遠賀町

平成22年第 7回定例会−12月03日-03号




平成22年第 7回定例会

     平成22年 第7回 遠賀町議会定例会議事録    平成22年12月3日


1.議長の氏名   濱之上 喜 郎


2.説明のため出席した者の氏名・職

   教育長    大 村 信 義
   総務課長   行 事 和 美
   行政経営課長 岩河内 孝 寿
   まちづくり課長川 原 正 義
   会計管理者  丸 井 真由美
   税務課長   石 松   昭
   住民課長   牛 草 英 雄
   福祉課長   川 崎 多賀生
   環境課長   吉 村 哲 司
   建設課長   桝 田 英 夫
   生涯学習課長 松 井 京 子
   学校教育課長 谷 口 義 和

3.書記の氏名

   平田 多賀子 議会事務局長  野口 健治 事務係長

4.議員の出欠 (出席 /・ 欠席 △)

┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐┌──┬───┬───────┐
│出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 ││出欠│ 議席 │ 氏   名 │
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │1番 │堅 田   繁││ / │6番 │浜 岡 峯 達││ / │11番│二 村 義 信│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │2番 │三 原 光 広││ / │7番 │石 松   守││ / │12番│柴 田 征一郎│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │3番 │古 野   修││ / │8番 │舛 添 清 美││ / │13番│奥 村   守│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │4番 │平 見 光 司││ / │9番 │宮 迫 高 志││ / │14番│濱之上 喜 郎│
├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤├──┼───┼───────┤
│ / │5番 │萩 本 悦 子││  │欠 番│       ││ ─ │   │       │
└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘└──┴───┴───────┘



             第7回 12月遠賀町議会定例会
               議事日程 (第3号)

                       平成22年12月3日(金)午前9時 開議

        再    開

 日程第1   各委員会報告
 日程第2   議案第81号   遠賀町ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部改正に
                ついて           〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
 日程第3   議案第83号   平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第5号)
                              〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
 日程第4   議案第84号   平成22年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算
                (第2号)         〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
 日程第5   議案第85号   平成22年度遠賀町学校給食事業特別会計補正予算(第2号)
                              〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
 日程第6   意見書案第6号  TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)締結に反対する意見書
                の提出について       〔委員長報告・同質疑・討論・採決〕
 日程第7   各委員会の閉会中の所管事項及び特定事項調査について

        閉    会



          平成22年第7回遠賀町議会定例会(日程第3号)
                         招集年月日 平成22年12月3日(金)

─── 再開 午前8時58分 ───
○議長(濱之上喜郎) おはようございます。ただいまから、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。
△日程第1
 「各委員会報告」
 遠賀町議会会議規則第77条の規定により、付託委員会の議案処理結果を報告する「委員会報告書」が、各委員長から議長あて提出されておりますので、事務局長をして朗読いたさせます。局長。
─── 局長朗読 ───
○議長(濱之上喜郎) 以上で、朗読は終了いたしました。
△日程第2
 議案第81号「遠賀町ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部改正について」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りいたします。
 議案第81号に関する委員長報告については、遠賀町議会会議規則第41条第3項の規定により、省略することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
─── 異議なし ───
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。
 よって、委員長報告は、省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。
 第2常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
─── 質疑なし ───
○議長(濱之上喜郎) 質疑も出ないようですので、これで質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論はございませんか。
─── 討論なし ───
○議長(濱之上喜郎) 発言もございませんので、これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第81号「遠賀町ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部改正について」本案に対する委員長報告は、原案可決であります。
 本案を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ございませんか。
───  異議なし  ───          12:0(13)
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。
 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。
△日程第3
 議案第83号「平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第5号)」に関し、委員長報告を求めます。第1常任委員会 委員長 二村義信君。
◎第一常任委員会委員長(二村義信) みなさん、おはようございます。それでは第一常任委員会に付託されました議案第83号「平成22年度一般会計補正予算(第5号)」について委員長報告を行います。
 今回、総務費において芦屋タウンバスの若松バス停設置工事費が予算計上され、第一常任委員会でその内容について審査をいたしてまいりました。
 執行部の説明によれば、地域住民の要望により遠賀町から事業主体である芦屋町に依頼するため、設置費用は全額遠賀町が負担することとし、また、バス停設置を機会に芦屋タウンバスも、遠賀川駅のバス待機場所を共同利用するということも考えているということでありました。
 この説明に対し、設置費用については「競艇場の周辺対策事業の一環として捉え、芦屋町にも負担してもらうべきではないのか。」という意見や、「芦屋町のタウンバスが遠賀町の町内を通ることにより、駅・買い物・医療機関等様々な面で利便性が高まり、芦屋町民も恩恵を受け、バス利用者数も増加することから考えると、少なくとも折半が基本ではないか。」という意見も出ました。
 また、遠賀川駅のバス待機場所の件については「住民の利便性を優先することが大切であるということは十分認識しているが、バス停設置の件とバス待機場所の件がセットということであれば、今回の予算は認め難い。過去のバス対策協議会において、芦屋町は遠賀川駅への乗り入れを行わない代わりに、駅前整備費用を負担しなかったことなどから考えて、待機場所設置整備費用の負担等の協議が整うまでは、バス停設置については先送りすべきではないか。」という意見や、また「今回予算計上されたバス停の設置と遠賀川駅のバス待機場所の件は、別物として考えるべきである。今回は現行の運行経路はそのままで、バス停を設置するだけとし、バス待機場所の件については将来的に整理をして欲しい。」というふうな意見が出ました。
 委員会ではこれらの意見を踏まえ、2つの件については切り離して考え、待機場所をはじめとする芦屋タウンバスの運行に関しては今後の協議とし、その経過については、議会にも報告することを執行部に確認をいたしました。
 以上の審査経過を踏まえ、採決の結果、議案第83号に関しましては、全員一致原案可決であります。以上です。
○議長(濱之上喜郎) 以上で、第1常任委員会委員長報告は終了いたしました。
 お諮りいたします。
 議案第83号に関する第2常任委員会委員長報告については、遠賀町議会会議規則第41条第3項の規定により、省略することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
─── 異議なし ───
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。
 よって、第2常任委員会委員長報告は、省略することに決しました。
 これより、委員長報告に対する質疑に入ります。
 第1・第2常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
─── 質疑なし ───
○議長(濱之上喜郎) 質疑も出ないようですので、これで第1・第2常任委員会委員長に対する質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論はございませんか。
─── 討論なし ───
○議長(濱之上喜郎) 発言もございませんので、これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第83号「平成22年度遠賀町一般会計補正予算(第5号)」本案に対する委員長報告は、原案可決であります。
 本案を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。
─── 異議なし ───          12:0(13)
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。
 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。
△日程第4
 議案第84号「平成22年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りいたします。
 議案第84号に関する委員長報告については、遠賀町議会会議規則第41条第3項の規定により、省略することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
─── 異議なし ───
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。
 よって、委員長報告は、省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。
 第2常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
─── 質疑なし ───
○議長(濱之上喜郎) 質疑も出ないようですので、これで質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論はございませんか。
─── 討論なし ───
○議長(濱之上喜郎) 発言もございませんので、これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第84号「平成22年度遠賀町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」本案に対する委員長報告は、原案可決であります。
 本案を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。
─── 異議なし ───          12:0(13)
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。
 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。
△日程第5
 議案第85号「平成22年度遠賀町学校給食事業特別会計補正予算(第2号)」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りいたします。
 議案第85号に関する委員長報告については、遠賀町議会会議規則第41条第3項の規定により、省略することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
─── 異議なし ───
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。
 よって、委員長報告は、省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。
 第1常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
─── 質疑なし ───
○議長(濱之上喜郎) 質疑も出ないようですので、これで質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論はございませんか。
─── 討論なし ───
○議長(濱之上喜郎) 発言もございませんので、これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 議案第85号「平成22年度遠賀町学校給食事業特別会計補正予算(第2号)」本案に対する委員長報告は、原案可決であります。
 本案を、委員長報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。
─── 異議なし ───          12:0(13)
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。
 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。
△日程第6
 意見書案第6号「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)締結に反対する意見書の提出について」に関し、委員長報告を求めます。
 お諮りいたします。
 意見書案第6号に関する委員長報告については、遠賀町議会会議規則第41条第3項の規定により、省略することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
─── 異議なし ───
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。
 よって、委員長報告は、省略することに決しました。
 これより、議案処理結果に対する質疑に入ります。
 第2常任委員会委員長に対する質疑を許します。質疑はございませんか。
─── 質疑なし ───
○議長(濱之上喜郎) 質疑も出ないようですので、これで質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論はございませんか。7番議員。
◆7番議員(石松守) 7番議員、石松です。「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)締結に反対する意見書」について賛成の討論をいたします。
 菅首相が、TPP交渉参加について「平和の開国」と発言を繰り返していることに対し、あまりにも無防備で恥ずかしい発言で、自立した産業にするための具体策がない中、「TPPに乗り遅れる」と、子どもじみた恫喝に乗ってはいけないと考えるところであります。
 TPPとは交渉締結時に貿易総額の90%の関税を撤廃し、残り10%も10年程度で段階的に撤廃しなければなりません。つまり100%除外、例外品目を設けない関税撤廃を原則としております。これまで我が国が締結してきたEPA(経済連携協定)とは、全く異なるものでございます。
 平成22年3月30日の閣議決定では、食料、農業、農村政策を日本の国家戦略として位置づけるとともに、国民全体で農業、農村を支える社会の創造、また、平成32年までに食料自給率目標50%の達成を目指すとともに、EPA、FTAについては、食の安全、安定供給、食料自給率の向上、国内農業、農村の振興等を損なうことは行わないことを基本としており、食料、農業、農村基本計画とTPPとは整合性を図ることは考えられない、目的の達成は不可能であります。
 また、TPPに参加した場合、日本農業は壊滅的な打撃を受け、農村の多面的機能の喪失、農産加工業や農業機械などの製造業など、さらには運送業など幅広い産業に悪影響を及ぼし、地方の雇用も大きく減少することが予想されます。
 よって、我が国の食料安全保障と両立できないTPP交渉への参加には反対であり、断じて認められない。よって、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)締結反対に賛同するものであります。終わり。
○議長(濱之上喜郎) ほかにございませんか。(発言なし)ほかに発言もございませんので、これで討論を終わります。
 これより、採決に入ります。
 この採決は、起立によって行います。
 意見書案第6号「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)締結に反対する意見書の提出について」本案に対する委員長報告は原案可決であります。
 本案を、委員長報告のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。
─── 賛成者起立 ───          12:0(13)
○議長(濱之上喜郎) 起立多数です。
 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。
△日程第7
 「各委員会の閉会中の所管事項及び特定事項調査について」を議題といたします。
 第1・第2常任委員会の所管事項事務調査及び議会運営委員会の所掌事務調査について、遠賀町議会会議規則第75条の規定によって、お手元に配りました各委員長からの申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があっております。
 お諮りいたします。
 各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに、ご異議ございませんか。
─── 異議なし ───
○議長(濱之上喜郎) ご異議なしと認めます。
 よって、第1・第2常任委員会の所管事務調査及び議会運営委員会の所掌事務調査については、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。
 以上で、本日の日程は終了いたしました。
 これをもって、平成22年第7回遠賀町議会定例会を閉会いたします。
─── 閉会 午前9時16分 ───