議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 岡垣町

平成 15年 3月定例会(第1回) 03月24日−04号




平成 15年 3月定例会(第1回) − 03月24日−04号









平成 15年 3月定例会(第1回)


───────────────────────────────────────────
平成15年 第1回(定例)岡 垣 町 議 会 会 議 録(第20日)
                             平成15年3月24日(月曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第4号)
                                  午前9時30分開議
 日程第1 一般質問
      1.1番 下川路   勲
      2.6番 安 部 正 開
      3.8番 木 原 信 次
      4.5番 竹 井 和 明
      5.9番 市 津 広 海
─────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 一般質問
      1.1番 下川路   勲
      2.6番 安 部 正 開
      3.8番 木 原 信 次
      4.5番 竹 井 和 明
      5.9番 市 津 広 海
──────────────────────────────
出席議員(18名)
1番 下川路 勲君       2番 石井 要祐君
3番 竹井 信正君       4番 勢屋 康一君
5番 竹井 和明君       6番 安部 正開君
7番 土屋 清資君       8番 木原 信次君
9番 市津 広海君       10番 曽宮 良壽君
11番 平山  弘君       12番 久保田秀昭君
13番 大堂 圏治君       14番 矢島 惠子君
15番 竹内 和男君       16番 松本 國夫君
17番 山田 ?一君       18番 大森 忠勝君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長 占部 延幸君       係長 麻生 潤治君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 樋? 龍治君   助役 …………………… 広渡 輝男君
収入役 ………………… 柴崎 國雄君   企画政策室長 ………… 宮内 實生君
総務課長 ……………… 山田 敬二君   管財課長 ……………… 小田 勝人君
情報推進課長 ………… 土田 和信君   地域づくり課長 ……… 渡辺 一郎君
税務課長 ……………… 神屋 守正君   環境共生課長 ………… 西岡 文雄君
住民課長 ……………… 吉田 晋一君   健康福祉課長 ………… 花田 申三君
こども未来課長 ……… 廣渡  昭君   建設課長 ……………… 木原 弘毅君
農林水産課長 ………… 須藤 智明君   下水道課長 …………… 岩藤 昭良君
水道課長 ……………… 岩崎 生夫君                     
教育長 ………………… 安部欽一朗君   教育総務課長 ………… 吉田 清人君
社会教育課長 ………… 石田 健治君                     
──────────────────────────────


午前9時30分開議



○議長(大森忠勝君) ただいまの出席議員は18名であります。

 定足数に達していますので、これより本日の会議を開きます。

 起立、礼。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

────────────・────・────────────



△日程第1.一般質問



○議長(大森忠勝君) 議事日程第4号、日程第1、一般質問を行います。

 一般質問の通告書に従って、受け付け順に順次発言を許します。

 まず、最初に1番、下川路勲君の発言を許します。1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) おはようございます。ただいまから私の一般質問を始めたいと思っております。

 通告書に基づきましてですが、この最初の質問につきましては、平成13年の12月、14年の3月、そして14年の6月に、過去3回、一般質問をしております。今度で4回目であります。1回目の答弁は、戸切川の改修計画があるので、岡垣町単独では取り組めない状況であるというような答弁でありました。そして、外畑遠賀町線の利用しての一方通行でどうだろうかという考え方も御答弁されておられました。今後は、公安委員会との意向を確認させながら進めていきたいという答弁でした。2回目は、1回目の実現に向けての事務手続をさせたいと考えているという答弁でした。3回目は、現在、担当課で折尾警察署と協議を進めさせているとの答弁でした。

 そこで、折尾署との協議の結果を御答弁願いたいと思います。

 また、県道岡垣宮田線の歩道についての御答弁もお願いいたします。詳しくは、百合野の三坑地域の手前の方の土地でございます。

 次に、路線バスの点ですけど、この4月1日より、糠塚・いこいの里線の2路線が廃止となっております。これは非常に岡垣町にとっては痛手であります。高齢者の足を確保したり、福祉行政にかかわる問題ですので、非常に重要な案件でもあります。公共の機関として、一生懸命今まで営業努力もされていたかと思われますが、何せ民間会社というところで、やはりエリアなくてはいたし方ないというところで、路線廃止になったのではないかなと思っております。

 しかし、町当局は、足の確保を考えて、路線バス運行業務委託料を組まれたり、また1日15便走らせることによって、幾らかでも皆さんの足を確保させたいという意向もうかがっております。近くの北九州市では、100円バスを走らせたり、いろいろ営業努力もされておられます。また、新聞、テレビで御存知のように、この近くの豊前市におかれましてもそのようなバスを走らせまして、結構、収益を上げているという報道もされておられます。

 また、幸いなことに、この3月の15日より、念願の快速の列車がとまるということになりまして、なお一層、岡垣町におかれましても、皆さん方、住みやすくなったのではないかなと思っております。

 特に、年を重ねるごとによりまして、人間動きが鈍くなる、外出の機会が少なくなる、いやが応でも家におらなくてはいけない、要するに寝たきりになりやすくなる、そういうことを考えると、公共の交通体制、今後どう取り組まれるのか、御答弁願いたいと思います。

 次に、菜の花についてでございますが、これは先月の2月の25日、町報おかがきにもちょっと載っておりましたが、1月の18日に岡垣観光協会で、環境事業の一環と減反対策の利用というところで300本の菜の花を植えておられます。恐らく5月ごろには花も咲くのではないかなと思っておりますが、この花を見ることによって和む、皆さん方が訪れてにぎやかになる、活性化になる、非常によろしいことではないかなと思うんですけど、この菜の花のことについて、今後どう進められるかをお聞きしたいと思っております。

 最後に、金毘羅山のトイレ設置の件でありますが、この件は連合審査のときでも議論されたところであり、おおむね理解しておりますが、あとは自席から1問1答式で進めてまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) おはようございます。下川路議員の最初の質問でございます戸切区内の安全対策について、平成14年6月の一般質問後の進捗状況につきましての問いに対しまして、お答えをさせていただきたいと思います。

 昨年の6月議会において、町道秋藤抱ノ内線は道路幅員が狭く、車両の離合が困難で、離合場所の設置と県道岡垣宮田線において、戸切百合野地区の一部未歩道設置箇所の対応についてのお尋ねでした。

 まず、離合場所の件についてお答えします。秋藤抱ノ内線は戸切川の河川堤防を利用した道路で、道路幅員については以前から問題のある路線であり、抜本的な解決を図るには、幅員を広げる方法しかありません。それには、JR九州のガード部の拡幅をしなければなりませんので、今後の取り組みとしては遠賀町と共同でJR九州に働きかけて、早期実現したいと答弁しておりましたが、JRのガード拡幅について遠賀町と協議したところ、拡幅については多額の事業費を必要とし、地元負担も相当な額となり、戸切川の改修にあわせて実施せざるを得ないとの結論に達しました。

 また、一方通行については、折尾警察署と協議をしましたところ、道路利用者が広範囲なため同意を得ることが難しいとの見解でしたので、これも断念せざるを得なくなりました。

 一方、それまでの間の対策として、部分的拡幅について戸切川側の拡幅を土木事務所と協議したところ、河川護岸は鉄筋コンクリート組み立て柵渠で古い施設のため、河川側に広げると車両の重量が増加し、強度的に問題であるとの答えでありました。どうしてもというならば、拡幅部分の護岸の改良をする方法もありましたが、地盤強度等から相当の事業費を伴いますので、これも戸切川の早期改修を県に働きかけていきたいと考えております。

 そこで、今回の対策としては、暫定的に離合場所確保について、河川側と農地側の路肩改修を行い、舗装面で広げる方法を検討させており、可能であれば平成15年度内に実施したいと考えております。

 次に、県道の未歩道対策ですが、昨年実施された北九州土木事務所管内の連絡協議会において、県の対応を確認したところ、早速担当係長が来町し、再度土地の鑑定を行い、用地を確保したいとの考えを示されましたので、この件についても早期実現に向けて県に働きかけたいと考えております。

 次に、バス路線廃止で糠塚線・いこいの里線廃止に伴っての対策についてお答えします。

 バス路線の廃止については、前回の矢島議員の一般質問の中でもお答えしましたが、公共交通機関として、岡垣町にはJR鹿児島本線と、西鉄バス宗像が走っています。町内のバス路線の経由につきましても、複雑に入り組んでおり、いこいの里経由といっても、いこいの里〜松ケ台〜JR海老津駅といったルートや波津〜いこいの里〜JR海老津駅ルートなどがあります。西鉄バス宗像として、効率が悪く収益が上がらないルートとして、糠塚線及びいこいの里線の2区間の廃止を、ことし4月から実施すると通知してきました。

 この路線の廃止は、朝夕のJR海老津駅を利用する通勤、通学者及び遠距離通学児童、いこいの里利用者などに影響します。

 福岡県下、廃止路線の通知は、各地方自治体にとって大きな問題となっています。採算が取れない路線で、新規参入事業者も見込めないという中で、赤字補てんをしながら路線の継続を図るのか、独自路線を計画し運営するのか、やむを得ず路線を廃止するのか、厳しい選択を強いられています。

 岡垣町としましても、路線の存続に向けての検討を進めてきました。平成15年度、当初予算書で「路線バス運行業務委託」として計上していますが、空白期間を置かず、4月から引き続き運行するよう事務を進めています。

 いこいの里乗り入れという部分は、完全には解消できませんが、平成15年度実施予定の「公共交通体系整備計画」を策定する中で、行政と住民の皆さんを含めたところで、岡垣町における交通体系が今後どうあるべきかを検討していきます。

 次に、菜の花について、活用や利用についてで御質問でございます。

 菜の花は、アブラナ科の植物です。寒い冬の季節からいち早く春の訪れを感じさせる花でありますし、目にも鮮やかな黄色い花びらは、私たちに和やかさを与えてくれる花です。

 農業的な面からいいますと、菜種で知られ灯火用資材として用いられていましたが、その後、食用油としても古くから日本人とのかかわりが深い作物です。現在におきましても、米の生産調整、いわゆる減反における水田保全の景観作物として、レンゲ同様転作作物として認めていますが、近年、レンゲに比べ作付面積が減っています。

 また、本町において3地区の生産者が、この菜の花を食用として生産しJA遠賀に出荷しています。その他観光協会が内浦地区におきまして、景観事業としまして菜の花を植え、季節の間、人の目を楽しませていますが、御質問にあります菜の花の活用や利用についてでございますが、耕作放棄地における対策としまして、地力及び景観を考慮した、菜の花の作付けを働きかけていきたいと考えております。

 次に、金毘羅山の環境、水洗トイレ設置の進捗状況でございます。

 平成13年3月議会の連合審査会において、勢屋議員から要望として質問があり、その後6月議会の連合審査会でも、下川路議員から要望として質問がありました。

 このことにつきましては、平成15年度の当初予算に計上し、先日の連合審査会におきまして審議していただいたものです。町単独費の予算ではありますが、環境に配慮しまして水洗トイレとし、また景観に考慮し木造の建物を予定しています。

 今後の取り組みについてでございますが、トイレの設置場所が白峰神社用地内であることから、福岡県神社庁を経由して、東京にあります神社本庁に設置許可を受けるため申請を行います。その他関係する一連の諸手続が終わりましたら、工事を発注したいと考えております。ただ、工事が完成し利用できるまで約4カ月間の期間を要することが考えられます。

 しかし、いずれにしましても、金毘羅山を訪れる皆さんが、なるだけ早い時期にトイレの利用ができますよう、今後も取り組んでいきます。

 以上この場でお答えいたしまして、あとは自席にて質問を受けながら答弁いたしますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 今、私、答弁書をもらったばかりで、町長の読まれているときに一緒に目で追いながら読ませてもらったようなわけですけど、この答弁書からすると、最初の一方通行という考えは断念されたということですかね、御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 折尾署といろいろ協議いたしました結果、一方通行については断念をいたしております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 私はこれを当初から申し上げているのは、JRのガードを扱ってくれとか工事してくれとかいうことは全く質問してないわけなんですよね。戸切橋からJRのガードに行く間が狭いから、離合場所を設けたらどうかという質問を過去3度、きょうで4度、質問させてもらっているわけなんですよね。JRのガードを扱うということは非常に経費がかかるということは、私も充分承知しております。戸切橋からJRの手前、その道路は一体どこの管理ですか、町道ですか、国道ですか、県道ですか、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 町道でございます。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 町道なら町の管理下ですので、話もしやすいんじゃないかなと思うんですけど。答弁書の中には、県の方に、警察の方にも行かれたとか、いろいろ協議されたということは詳しく説明されておられましたが、折尾警察署の方にはいつ行かれたんでしょうか、日にちがわかれば、何月何日ということを御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 折尾署との協議その他につきましては、担当課長でございます建設課長の方から説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) 折尾警察署には2度ほど行っております。ちょっとこの場で日にちははっきり覚えておりませんけど、2度ほど行っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) そのことについては、また後ほど議論いたしたいと思っております。

 まず、あの道路は道幅おおむね幾らぐらいあるでしょうか、メートル数で、お答え願います。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) 4メーターを切れたところでございます。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 約3メーター70、私が調べたら。担当課長のおっしゃるとおり、4メーター切れるというところで、大体同じといえます。車が離合するのに、おおむね幾ら必要だと思われますか、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) 車の車種によって違いますけど、乗用車程度であれば、徐行すれば辛うじて離合ができる状況でございます。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 車種とか大きさとか、辛うじてという話を私は質問してないんですけど、私の質問の仕方がまずかったかもしれませんが、車の離合するのは5メーター50あれば離合が望ましいということになっております。5メーター50、これは県の土木事務所の方が私にそう説明し、私もうなずけました、5メーター50。今、課長が4メーター弱、3メーター70ありますが、路肩部分、おおむね幾らぐらいあると思いますか、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) 路肩部分につきましては、平均で30センチ程度ございます。広いところ、狭いところ、合わせましてということです。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 素人の私ですけど、はかってみましたら広いところで1メーター80、先ほどの3メーター70と足しますと、ちょうど5メートル50、離合に望ましい距離があるということになっております。県の土木事務所の方に言わせますと、事情が5メートル50なければ、お互い注意すればもう少し狭いのでも離合できるのではないかなということは言われておりました。

 先ほどの折尾警察署ですけど、実は私、2月の21日、折尾警察署、それと土木事務所に行かせてもらいまして、そのときによく受け付けたかどうかわからないという折尾署の方のお話でした。それで、1週間ぐらい間をおいて、岡垣町の方からそういう相談、お願いあったでしょうか、再度確認してもらえませんかというところで、1週間後、27日に私お伺いして教えてもらうべきところですけど、電話で失礼しまして確認とりましたら、そういう話は来ておりませんということですけど、先ほど2度ほど行ったということですが、一体だれに会われたんでしょうかね、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) 1度は私も行きました。それで、折尾署の交通係の窓口担当の方とお話ししています。2度目は私が行けなかったもんですから、係長が行っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 私は、3月3日の日に県の土木事務所の道路維持課に行って、お会いさせてもらって話をお聞きしまして、そこが町道の管理下なら、うちの方に相談があるのではないかなというふうな、川の横ですので、よほどしっかりした工作物をつくらないと危ないという考え方もあるんですけど、全面的に広くするということになると問題ですけど、離合場所を1カ所か2カ所設けることに、相談があれば県の土木事務所も対応したいという、お金の話じゃない、やる気の問題ではないかなと思う。先ほど、答弁書の中には、何か大層お金のかかるような答弁をなされておられますが、私が過去3度質問して、最初は一方通行、それはあなたの考えでしょうと私は言われておりましたが、そんなにお金がかからなくてもできるのではないでしょうかという土木事務所の管理者の方が私に言われておられます。

 本当に、町長も最初の答弁のときに、町長も時々あそこを通っていますということですので、危険、危ないということは御存知じゃないかなと思うんですけど、最初の一般質問のときから今日に至るまで、そんなにお金もかかりませんという話も聞いておりますが、岡垣町としてあの道路の取り扱いを今後どうされるか、再度御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 戸切川の改修工事を基本的に考えながら、緊急的には、先ほど答弁書の中で申し上げておりましたように、暫定的に離合場所を設置することにつきまして、河川と農地側の路肩の改修を行って、舗装面で広げる方法を検討をさせております。先ほど、答弁書で述べましたとおりでございます。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 私が過去、ちょうど忙しい時期ですけど、折尾警察署や県の土木事務所に行って、いろいろ教えてもらって、お話をしましたら、先方の方も議員がこういうことを聞きに来られるということはごくまれですよという話を聞かせてもらったんですよね。最初は職員やないですかと、こう言われたんですけど、いや、私は質問した手前、その後どうなっているか非常に気にかかり、時間がかかっているから、おたくたちに教えてもらいたいというところで行かせてもらったんですけど、何せ危ないということですので、早急な対応をお願いしたいんですけど、いま一度、町長の答弁をお願いします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほど、答弁書の中に書いておりますように、可能であれば平成15年度内の実施に向けて考えております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 平成15年内ということは、来年の3月、おおむね1年あるということですので、できることなら平成15年でもなるだけ早い時期に、一日も早く離合場所が確保できるように強くお願いいたします。答弁は要りません。

 次にいきます。路線バスの廃止の件ですけど、今、岡垣町は1日23便運行しているという話も聞いておりますし、糠塚、いこいの線がなくなると答弁書に書いてありますとおり、これは糠塚の方やいこいの里に行かれる方については非常に重要な問題ではないかなと思っておりますし、答弁書の中にも策定委員会か何か、また議案書の中にも出ておりましたが、検討したいということですけど、具体的に町長として1日もあけることなく、1日当面は15便のバスを運行させたいということですけど、将来的に考えて、この路線バス廃止についてどういうふうに考えておられますか、御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 昨年から、バス対策協議会という協議会の中で、岡垣町におけるバス路線の廃止が西鉄バス宗像の方から申し出がありまして、1年間いろいろと検討させていただきましたが、すぐ3月31日廃止、4月1日運行ということにつきましては、物理的に非常にまた他の業者といろいろの検討を重ねる時間的な余裕もございませんので、4月1日よりは交通を利用されておる方々の利便性、そしてまた岡垣町としても責任を持って公共交通機関の運行をお願いしましたけど、そこらあたりについては西鉄バス宗像の廃止については強いそういう要望と申しますか、やはり岡垣町といたしまして4月1日より同じ西鉄バス宗像を委託して、運行するという決断をさせていただき、今回の予算の中に上げさせていただいております。

 今後は、1年間かけまして、西鉄バス、それからJRを含めまして、いろいろな岡垣町における公共交通体系の策定をさせていただき、いろいろなバス事業者だけでなく、タクシー、乗り合い自動車を含めまして、総合的な交通体系を確立していきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 議会では、4月1日から路線バスが廃止になるということは、ほかの議員も皆、私もそうですけど知っておりますし、議会では随分以前から対策はどうするんですか、検討されているんですかということはずっと議論されていたと思うんですけど、1日もあけることなく運行するということですので、何とか対応されるんじゃないかなと思うんですけど、先ほどちょっと私、演壇でもいたしましたように、八幡の方では100円バス、それから最近、町長も御存知だと思いますが、豊前の方でそういうバスを走らせて、しかも収益を上げているという新聞やテレビで報道されておりましたが、そのことについて北九州市やら豊前の方へ早速連絡なり職員を行かせるなりして勉強されましたか、まず御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) このバス路線の廃止等につきましては、現在の規制緩和の中で、運輸行政の規制緩和の中で出てまいったわけでございます。これは岡垣町だけでなく、各地方自治体で大きな問題でございます。北九州のバス対策協議会の中で、豊前市も北九州市も入っておられますので、このことについてはお互いに情報交換をして協議、職員はしてまいっております。いろいろな豊前市の問題、それから犀川、それから勝山とか、特に京築方面は山が大変深い場所でございます。そういうところでの西鉄バスが走っておったところがそれを撤退ということで、大変岡垣町以上に非常に厳しい面もございますので、そういうことについては充分に北九州のバス対策協議会の中で職員同士で意見交換、そして各町の対応については研究をいたしております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 何か町長の説明聞きよくと、何かよその話をされておるような、実はうちは4月1日廃止するんだ、そしたら早急に調査すべきやないか、もっと厳しいところでさえやっているんだという今発言がありましたが、やってないんでしょうが、具体的に。されたんですか。我が町がそれを廃止されたらどうするんだとかいうことを、北九州らへ行かれたり、豊前やら調査されたんですか、具体的に、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) バス対策協議会、そしてまた庁議の中でも計画をいたして調査した結果、4月1日より私どもとしては西鉄バス宗像に運行を委託するということで計画をさせていただき、町報その他で皆さん方に、町民の方々にお知らせをいたしております。その経過につきましては、担当いたしております企画政策室長の方から説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 宮内企画政策室長。



◎企画政策室長(宮内實生君) 西鉄バスの減便、廃止の問題につきましては、地区のバス対策協議会というところで、事業者であります西鉄バスと、それから関係する市町村というところで、町の要望なり、そういったこともその経過の中で意見等も出させていただきました。減便と廃止の岡垣町におけるこれが決定したのが2月でございます、ことしの、この廃止、減便、この決定されたものに対して、平成15年の4月からどういう対策をとるかということにつきまして、岡垣町におきましては、まず糠塚線、それからいこいの里線、これの通学者、朝夕のですね、それから通勤者、朝夕の、これの最低の路線をまず確保すると。そして、当面、15年度はそれで確保する。その後の岡垣町における交通体系の整備については、新たに委託料という予算を組みまして、岡垣町の公共交通機関のあり方、特にバスのあり方について、将来の整備計画を策定すると、そういう流れで現在取り組んでおるところでございます。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 宮内室長のそういう流れで取り組んでいるということは、私もこの答弁書の中にも書いておりますので理解いたしております。私は私なりに調査いたしました。民間会社でやれるかどうか、そして民間会社の理解あるところは、町民の足を奪うようなわけいかん、協力しましょうという奇特な民間会社もあるわけなんですよね、北九州市内の中には、私が調査しただけでも。若干、今までよりか経費がかかるかもしれませんが、全面的に協力しましょうという会社もあるんですよ。私が調査してもそれぐらいの会社は出てくるのですので、岡垣町ということで調査すれば、そういう営利目的といいながらも、皆さんの足を確保しなくてはいけない、通学者のことも考えたら大事だから、何とかしなくちゃいけないという会社があるということをまず御存知かどうか、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 宮内企画政策室長。



◎企画政策室長(宮内實生君) そういういろいろな民間の事業者がおられるということについては、理解をしております。しかし、下川路議員言われるような部分につきましては、公共交通体系の整備という中で検討していくと、慎重に検討していくということでございます。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 確かに慎重にしなくちゃいけないですよね、わかります。しかし、私があらあら調べただけでも、そういう会社があるということもですね。そうしないと、4月1日から廃止になる、当面は学生の足の確保、通勤者の足の確保という、わかりますよ、それは。しかし、もう少し具体的に熱心に調査して取り組んでいただきたいと思いますが、そういう姿勢になるかどうか、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 西鉄バス路線の廃止に伴います対策については、町としては真剣に考えて、1年間かけて総合的な公共交通体系を検討、そして来年の4月からは新しい形で私はやっていきたいというふうに思っております。今回の4月1日は、ことしの4月1日です。については、去年から検討させていただき、西鉄宗像にお願いをいたします。税金を投入をしながら、私どもとしてはこの問題については重大に受けとめて、行政として取り組んでおりますので、ただいま言われました下川路議員の質問にお答えを反発するわけじゃございませんけども、真剣に取り組んでおるという事実を申し上げさせていただきたいと思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 私も一般質問をする以上は真剣に取り組んで、民間会社に当たり、熱意を持って説明し、皆さんの足が困るから何とか協力してもらいたいという話はしております。ぜひ、行政はややもすると問題先送りという感がしないでもありません。ぜひ、問題先取り、私が常々申し上げているように、仕事から追われるようじゃ仕事が抜けるとですよね、抜けます。仕事を追うていくような仕事をしないと、全うできないわけなんですよね。あれもせないかん、これもせないかんということになると、あれもこれもそれもどれもで、結局は対応できないんですよね。あれも終わった、これも終わった、さあ、これをしようか、どれをしようか、あれは急いでおこうということになると、仕事が全うできるんじゃないか。それはその人の考え方ですので、私の考え方を何ぼここで言っても理解してもらえるかどうかわかりませんので、もうそういうことについては御答弁願えんでも結構です。それはあんたの生き方やろうったら、それでも結構です。

 時間がありませんので、次、菜の花にいきたいと思います。

 答弁書を読ませてもらいまして、全く町報おかがきに載っているとおり、花を咲かせて減反対策で。これは、私、岡垣の町民の方から情報をいただいたんですけど、早速インターネットで調べましたら、菜の花の活用、すばらしいものがあるわけなんですよね。花を植えて、育てて喜ぶ、咲いて目が和む、そして減反対策、答弁書にもありましたように、食用油にもなるというところで、いいとこずくめではないかなと思うんですけど、菜の花のことについて、一つの岡垣町の活性化として取り組んでいただきたいんですけど、そういう考えになるかならないか、まず御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 答弁書で申し上げましたように、本町におきましても3地区の生産者の方々が菜の花を食用としてまた生産され、JAに出荷をされております。そしてまた、耕作放棄地における対策としても、地力及び景観を考慮して、菜の花の作付は今後とも働きかけをしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 確かに、地力、土地の力を落としちゃいかんということもわからないでもありません。農家の大成する方は、米づくりよりもまず、私、農家はやりませんが、基本は土つくりだと言われております。土ができると、いやが応でも立派な米ができる、おいしい米ができるということも私も知っております。ですから、私たち素人は、すぐどれも植えたい、これも植えたいというところで、植えることに力が入って、肥料、土地を肥やすことは忘れがちであります。しかし、幸いなことに、岡垣町は非常に休耕田、田んぼも多い。そこで菜の花を植えることによって、肥料になる、飼料になる、食料になる、そして燃料になるとも出ております。それが場合によってはシルバーの方の働く場になるのではないかなと思うんですけど、そういう発想にまで、町長いかないですかね、いく必要ないですかね、まず御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) シルバーの方々の人材を活用して、菜の花を岡垣町で活用する考えがないかということでございますけども、確かに減反における遊休農地対策につきましては、昨年度策定いたしました農業振興基本計画書にも上げておりますが、質問にありますシルバーと菜の花につきましては、今後、この場で即答はできませんので、今後、シルバーの中でいろいろと検討はさせていただきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 確かに、町長のおっしゃるとおり、今、私がここで一般質問させてもらったから、即それはシルバーの一つの活動としてやりましょうということは答弁できないんやないかなと思いますけど、シルバーの方は今ちょうど草刈りにも一段落した、剪定も一段落したというところで、働く場がないちゃ失礼ですけど、少ないというところで困っている方もおられます。それで、ぜひそういう働く場を求める意味でも、検討の余地があるのではないかなと思いますが、そういうことだったら一度考えてみようかということに町長ならないでしょうかね、御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私は、先ほど申し上げましたシルバーの菜の花の活用、利用で取り組むという質問でございましたが、本日ここで私が即答はできませんけども、シルバーの理事長がおりますので、そこら辺りについてはそちらの方から答弁をさせます。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) 先ほどの御質問の中で、シルバーが設立されまして11年を経過しております。この中で、受託事業のほかに実施事業の取り組みについても今検討をいたしておりますので、その中で一つの選択肢として、充分シルバーの会員の皆さんと検討はしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 先ほど申し上げましたように、この件につきましては、岡垣町の方から私のところへこういう活動がありますよというところで、インターネットで調べましたら、愛知県で事実やって、そういうフォーラムも全国的にやられているという資料もありますので、ぜひ検討の余地があるのではないかなと思っておりますが、何せ今の私のこの発言で、町長、助役も一体それは何のこっちゃろうかということに思われておるかもしれませんが、調査していただきまして、取り組んでもらえるなり、また考えてもらえればいいのではないかなと思っております。

 最後に、金毘羅山のトイレですけど、答弁書の中にもありますように、以前から私たちが金毘羅山、高齢者が毎日六、七、八十人ぐらい登られて、最近は小学生が遠足を兼ねて行っているというところで、男の子はそうでもないですけど、女の子はやはりトイレ、困るんじゃないかなというところで、何度か言わせてもらっているうちに、町の方もそういうことだったらというところで具体的になってきたわけですけど、この図面を見ましたら、これは、お金のかかることですので、余り無理にも言えないところもあるんですけど、立派なトイレを建てると1,500万ぐらいかかるというような図面をもらっているんですけど、これでは少し立派過ぎるちゃ失礼ですけど、経費の問題で男用、女用で別々に、入り口は別ですけど様式は一緒という図面をもらったんですけど、最近、男の威厳がなくなったということはよく言われておられます。それが一つの社会風潮にもなっております。

 ちょっと話がずっと飛んでくるごとあって、皆さんまた何を言い出すかなという感覚ですけど、サラリーマンが現金で給料をもらって奥さんに渡すときには、奥さんも非常に感謝しておられました。ところが、銀行振り込みになりますと、給料運搬人に男の人が変わって、お父さんの存在価値がなくなりました。時代の流れですから仕方ありません。そして、最近はトイレが男女共用みたいな形になりまして、いよいよ男性の男性たるところは薄くなってきているのが現状であります。

 そういうときに、予算の関係がありましょうが、男性、女性、入り口は別と言いながらも、同じ形式のトイレが果たして男として、日本男児としていいかなというような気がするんですけど、町長、この図面を見られて、何とか予算をつけて小便器もつけてあげたいなという気持ちにならないでしょうか、まず御答弁願います。給料の話からさかのぼって申しわけありませんが。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 連合審査会でも出ました問題でございます。男の威厳その他につきましては初めて聞きましたけども、その経過につきましては、便器の設置の状況の経過につきましては農林水産課長の方から説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 須藤農林水産課長。



◎農林水産課長(須藤智明君) 便器の設置の経過ですけど、連合審査会でもお答えしたように、大体1日の金毘羅山の利用客が100人程度ということを想定しまして、この利用者の方がそれぞれ時間帯がそれぞれ違いまして、一度にトイレに集中するということはない。ただ、小学生につきましては、年1回ここを利用されるということで、そのときにつきましては少し混雑するということもありましょうが、基本的には町の単独予算ということ、そういうことを踏まえまして、男女1つずつの便器と、そういうふうにいたしております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) こういう話もうちのところに来たんですよね、直接電話があったんですけど、何で金毘羅山にトイレなんかつくるのやと、これ私のところに電話があったんですよね。ですから、私、出物はれもの所構いませんと、それは何のこっちゃかと、私の方が時々わからんときがあるんですよね。これは昔の方はよく言われよったんですよ、出物はれもの所構わんというのはですね。何が出物か何がはれものか、大人の方ならわかると思いますが、それでこらえ性のある方は1時間でも2時間でも、ややもすると半日でも1日でも辛抱される方もおられると思いますが、年をとられると、こらえ性がなくなるんですよね、あらゆる面で。トイレもその一つであります。すぐもてなくなります。

 そういうところで、衛生的に考えても、やっぱ金毘羅神社という神聖な場所を考えて、私たちはトイレの必要があるのではないか、それと最近は小学生も遠足を兼ねて金毘羅参りをしているということになると、トイレの必要が絶対これはあるというところで、町長に以前からお願いし、御相談申し上げて、具体的になったのではないかなと思うんですけど、町長、トイレはやはりこれは税金使うことも問題だけど、やはりこれは必要という判断に立たれるでしょうかね。いや、私は本心は余り必要やないんやと思われるかどうか、まずその答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) トイレにつきましては、私は必要だという認識のもとに、本年度の予算の中に計上させていただいております。海老津駅、鹿児島本線沿線で、駅から極端に言えば1キロ以内にああいう景観のある山、そして公園になるような、実際、公園に奥の方はなっておりますけども、大変景観のいい場所というのを私は鹿児島本線沿線の中でも非常に珍しい岡垣の特性だと思っております。今後、これを活用、そして町民の方々が充分活用していただくためには、私はトイレの設置についてはぜひ必要だという観点のもとから、私はこの問題について取り組んでまいりまして、皆さん方のいろいろなお考えを聞かせていただき、最終的には基本的には現在の予算の範囲内で便所、トイレの設置を考えております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 町長のおっしゃるとおり、駅の近くで、しかももうじき桜の咲くという環境のいいところですので、これはトイレも必要ではないかなと私も思っております。ですから、ずっと以前からトイレの必要性を申し上げていたようなわけですけど、場合によると、見方によると、町民の中でもそれぐらいはこらえれという方もおられるんですけど、私のようにこらえ性のない人間は、やはり近くにトイレがなからないといけないんやないかなという考え方もさせてもらうわけですけど、そうでなくても最近非常に性犯罪とか、また考えられない事故、事件が発生しているときですので、トイレについてはやはり昔からあるように男性用、女性用と、きちっとしたようなトイレの形式が一番ふさわしいのではないかなと思うんですけど、町長、予算のつく限り、後、改造してでも男子用は男子用らしくトイレを改築するという気持ちがありますか、御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 建設する前に改築という話はちょっと私としても理解できないわけですけども、先ほど申し上げましたように、現在の予算の範囲内で、私は便器のところにつきましても現範囲内で検討をしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 確かに、建築しない前に改築の話は矛盾しておるということ、そのとおりだと思います。予算の範囲でということですので、だったら予算をつけて、男子は男子用のトイレをつくっていただきたいという今度は発想になるわけですけど、そういう考えには町長ならないんですかね。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 連合審査会の中でも質問されました同じ質問かと思います。小便器の設置でございますが、たびたび申し上げますように、基本的には現在の予算の範囲の中で、私としては検討していきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 私たちが長年にわたってトイレについてはお願いして、やっと実現しつつはあるんですけど、これは多分に白峰神社、お世話されておられます上海老津、海老津、東海老津ですか、それから高倉神社、そういう方々に多大な協力もいただけたんじゃないかなと思っておりますので、やはり私がいつも申し上げているように、お世話になったならなったように、きちっとあいさつをする、お礼をする、これは当然だと思うんですけど、ややもすると親しいというところで、あいさつ、礼儀がおろそかになるのやないかな、またこやつは難しいことを言い始めたなと、こういうような皆さん顔をされているんですけど、実はきょうもちょっとそのことで朝お会いさせてもらったんですけど、これはこの件については担当課長、町長に強くお願いしておくわけですけど、完成の暁には協力いただいた各区の区長さんや高倉神社にきちっと、おかげさまで協力いただきましてできましたというあいさつをお願いしたいところですけど、そういうお約束はできますでしょうか、お双方の御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 白峰神社の関係区は、石井議員がおられますように、石井議員も大変御苦労をかけておりますが、新海老津区も入っておるわけでございます。4つの区の関係者と、そして担当課とがいろいろと協議をさせていただき、今回のトイレ設置への方向性が、そして実施に向けてができたわけでございます。できましたと申し上げる前に、私自身も個人的には関係の方々にお礼も申し上げておりましたし、今後の協力についてもお願いもさせていただいたこともございます。最終的には、でき上がった後にも、私としても人間として礼儀をもって対していきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 今までの交渉は、職員や係長が主にされたということも聞いております。しかし、最後は担当課長や町長がしかるところに行ってお礼を言い、あいさつをしておくと、その後、スムーズにあらゆることに問題が進むんじゃないかなと思いますが、どうもややもするとそれが忘れがちになりそうな気がします。ぜひ、そのことに限らず、先ほど申し上げましたように、お世話になったらなったように、今後もきちっとあいさつをしてもらいたいと思います。

 私も、お願いが終わり次第、常々、私自身自分に言い聞かせながらお礼はしているつもりですけど、一々そういうことを言わなくてももう皆さん御存知だと思いますので、あえて申し上げませんが、格段の御配慮をいただいたという観点から、ぜひ最後の締めくくりは執行責任者として、担当課長として強く要望して、私の一般質問を終わります。

 以上です。



○議長(大森忠勝君) 以上で1番、下川路勲君の一般質問は終わりました。

………………………………………………………………………………



○議長(大森忠勝君) 暫時休憩いたします。再開は10時45分の予定とします。

午前10時30分休憩

………………………………………………………………………………

午前10時45分再開



○議長(大森忠勝君) 再開します。

 6番、安部正開君の発言を許します。6番、安部君。



◆議員(安部正開君) 6番、安部正開でございます。通告書に基づき、一般質問を行います。

 1番、海老津駅南の開発についてでございます。この点につきましては、都市計画マスタープランで位置づけをされている森林活用ゾーンの中のアクセス道路計画の実施についてでございます。

 2番目は、戸切百合野ボタ山の有効活用についてでございます。この点につきましては、安定化工事を平成6年から8年にかけて、新エネルギーによって安定化工事がされたわけでございます。そのボタ山、負の資産でなく、文化的・能動的に元気の出る有効資産としての活用推進を望むものでございます。

 以上申し上げまして、あとは議席の方から行いたいと思います。答弁よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 安部議員の海老津駅南開発について、(1)の都市計画マスタープランで位置づけされている森林活用ゾーンのアクセス道路計画の実施についてという御質問に答えさせていただきたいと思います。

 日本経済はバブルがはじけた後、急激に経済活動も衰退しており、その結果、国及び地方自治体も直接その影響を受け、税収は減り、地方自治体においても財政面での改革を余儀なくされております。

 一方、地方分権化への流れは、地方公共団体がみずから戦略を持ち、健全で効果的かつ効率的な財政運用による自立した地域づくりを行っていくことが求められております。

 このような状況下、JR海老津駅の南側地区は、本町における将来の財源確保と総合的な「まちづくり」の観点から、ぜひとも開発促進を図る必要から、第4次総合計画における重点課題として位置づけを行っております。

 以上、町の基本的な考えをもとにして、都市計画マスタープランに位置づけられている森林活用ゾーンのアクセス道路計画の実施についてお答えします。

 具体的な取り組みとしては、県道岡垣宗像線の整備が急務で、その中でもJR横断部の道路改良整備の完了が急がれます。JR横断部の整備状況は平成14年度に国の補助事業として着手され、完了は平成18年度末を予定されております。

 したがいまして、アクセス道路につきましては、遠賀町との接道を考えた県道とするか、戸切地区との連絡をする道路として計画するかは、今後の検討課題であり、関係機関との調整を行っていきたいと考えております。

 次に、戸切百合野ボタ山の有効利用についてでございます。

 戸切百合野地内にある旧海老津炭鉱三坑ボタ山は、平成6年度から8年度にかけて安定化工事が実施され、擁壁や水路、区域内道路などが整備されて、災害発生の危険性が高い土地から利用可能な土地へと変わりました。ボタ山の半分以上を所有し、また、安定化工事を実施した新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に確認したところ、ボタ山の所有及び使用は目的としておらず、いずれは処分をしていくとのことです。

 現在、町には、このボタ山を利用する計画はありません。

 民間事業者などの動向の把握に努め、地域のイメージアップや活性化につながる、環境に優しい施設の用地として、あっせんや取得の依頼があれば、町内の他の未利用地も含めて検討し、適地として判断された場合は、民間事業者へあっせんしたり、開発公社による先行取得及び転売などによって、ボタ山の有効活用を促進したいと思います。

 以上この場でお答えいたしまして、あとは自席で質問を受けながらお答えしますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) ただいま町長から、1番、2番に対しまして、町長のお考えをお聞かせいただきました。

 1番の海老津駅南の開発についてでございますが、この点につきましては既に都市計画マスタープランで位置づけをされている森林活用ゾーンということになっております。この箇所は、過去、平成元年ごろから計画が出されておりまして、平成2年にはあの場所を、あの地域をゴルフ場をつくったらどうかということで、その後、随分と協議が進められてきた場所であるわけでございます。

 その後、町といたしましては、第3次でも位置づけられておったわけでございますが、第4次というのが出されております。御承知のとおり、平成13年から平成22年でございますが、その中の8大重点項目の中の良好な居住環境の形成という点で、JR海老津南駅側丘陵地において、住宅地を中心とした良質な開発誘致を推進しますというものが項目がございます。そのことをもとにいたしまして、私は、このことを重点課題と位置づけられております以上、今後できるだけ早い時期に計画決定を望むものでございます。

 その意味におきまして、まず開発をしようとする場合には、既に答弁にもございましたように、岡垣宗像線が既に近々のうちに、JR鹿児島本線の県職住宅付近をアンダーパスをする計画になっておる。見てわかりますように、既に小局の方では山がもうごくわずかでカットが終われば、次のJRの下をくぐらせる工事が進められる。そして、その道路は海老津源十郎線へと旧3号を通して続けられていく。そのことが平成18年度には完成予定であるということは既に決定されておる内容でございますが、そのことに引き続きまして、今後、私がただいま申し上げておりますアクセス道路が早く計画決定されることを望むものでございますが、もう一つ、駅南の現在、特開事業で進められております、今年度で2年目を迎え、既に今年度予算にも計上されております駅南側、いわゆる裏側の道路が特開事業で進められておりますが、そのこととあわせて進めていただきたい。

 駅南の道路につきましては、特開事業がどうも二、三年うちにもし続けられない状況になったとした場合は、どのような形で今後進められていく方針を持たれているのかどうか、まずそのことをお尋ねしたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 特開事業の途中終了の話かと思います。特開事業につきましては、現在、終了の時期については確定はいたしておりませんが、見通しとしてはあと二、三年は私どもは継続されるという話も出ておりますし、5月、6月ごろには最終的に検討委員会が予定をされております。もし、事業途中での終了ということになった場合につきましては、地方道路整備事業での実施が可能かどうか、これについてはまた県といろいろと協議をしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) ただいまの件につきましては、今後、積極的に進めていこうという検討委員会が予定されておる、ただいまの報告でございますので、そのような形で、ぜひできるだけ早い時期に貫通ができることを望むものでございます。

 では、そのことにつきましては、そのような形でお願いをいたしますが、当初申し上げました駅南、いわゆるもとゴルフ場計画されておりました森林活用ゾーンに対するアクセス道路計画についてでございます。この件につきまして、ただいま平成18年度までに海老津源十郎線のJRを抜くことを含めて、完成ができなければその次の計画には進められないだろうということはわかるわけでございますけれども、それに引き続いて、計画については前もってやはり計画決定をされるべきものではなかろうかと思いますので、今後の考え方、見通しについての考え方を町長にお伺いしておきたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 安部議員の海老津駅南開発等の関連でございますが、先ほど答弁書の中で申し上げておりますように、平成14年度、本年からJRアンダー部門の工事と、そして旧3号線までの道路、そしてまた旧3号線からバイパス、それから海老津源十郎線の計画については、現在、建設課の方であわせて同時に進行をいたしておるわけでございます。

 いずれにいたしましても、18年度が終期でございます。それの前に、私どもといたしましても、岡垣町に残されました最後の良好なる団地と申しますか、居住区域でございます。これにつきましても大型開発になろうかと思いますが、環境に配慮した、そしてまた私どもとしてはいい団地を形成するための基本的な構想と申しますか、計画等については今後おくれないように、そして皆様方と協議をしながら進めていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) ただいま町長の御答弁をいただきましたが、その点につきまして、18年が完成予定でございますので、それ以前に海老津の宗像岡垣線から南の方に向けての計画について、おおよそ何年ごろ計画を決めたいというお考えがただいま申し上げられますならばお尋ねをしておきたい。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 海老津駅南開発の基本的な構想につきましては、第4次の総合計画、マスタープランの中に上げております。そして、その中から私どもとしては基本的な構想から基本計画を策定し、議会の皆様方にお諮りしながら、平成18年度末という一応終期が決まっておりますので、それに整合性を持って計画を進めていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) 終期が18年でございますので、そのことは既にもう、決議されて進められておることでございますので、私が申し上げておりますのは、それから南側の方に対する計画のことがいつごろまでに計画決定を考えられておるかについて、大きい枠の中では4次計画の中で決められておりますので、それはわかっておるわけでございます。そのことに対しての具体的な年次が申し上げられますならばと申しておるわけでございます。おわかりいただけましたですかね。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) たびたび申し上げますが、南開発についての基本構想について基本計画、いろいろな順序を踏んで、私どもとしては議会の皆様方にお示しをさせていただきますが、現時点で何年に基本計画を策定しということについては、今後、私どもとしては充分に検討をしていきたいと。そして、町民の皆様方のいろいろな審議会と申しますか、そういうふうな委員会等をまたつくりながらしていくことも一つの方法でございますし、またいろいろな手法でもって、町民の皆様方の同意をいただくべく、そういう手続は踏んでいきたいと。

 ただ、年次計画については、現在まだまだ策定は、何年にどういうことをするということについてはまだまだ確定はいたしておりませんが、終期が18年度末というふうになっておりますので、それに整合性のないようなことのないように、それとスムーズに連動していくような形は充分に配慮した計画策定をしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) 町長の考え方がわかりましたので、いずれにしましても整合性のとれる形で、連動する形で進めていきたいというお考えのようでございますので、今後、南の開発につきましては、今後、岡垣町の活性化、そして財源の確保にも大いに役立つことでもございますので、積極的に今後進めていただくことを要望をいたしておきます。

 それでは、この項につきましては終わらせていただきまして、2番の戸切百合野ボタ山の有効利用についてでございます。

 この点につきましては、あの地域一帯、いわゆる東部、岡垣の南東部と申しますか、付近はいわゆる直方層群といわれる第3期層でございますために、遠くは明治45年ごろから石炭の採掘が進められてきた場所でございます。大正の初めごろからは、高陽鉱業所というのが始まったわけでございますけれども、それ以前から大体、父親やらの話を聞きますと、以前からもちょこちょこあった話も聞いております。

 でございまして、ボタ山は明治45年ごろから埋められて、昭和31年の5月に海老津炭鉱が閉山され、32年3月には高陽炭鉱が閉山したわけでございますけれども、その間、今から申しますと約100年間、100年弱前から進められておって、閉山になって約50年弱を経過しております。ボタというのは大体どういうものかということについて、町長はどういうふうに認識をされておりますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私も海老津に生まれて、高陽炭鉱の前で育っておりますので、高陽炭鉱のボタ山、それから百合野のボタ山については、中身はわかりませんけども、山があった、現在はありません、高陽炭鉱についてはありませんけども、石炭を採掘する際に出てくる石炭として使用されない、そこまでいってない炭だというふうに私は思っております。商品価値がなかったから排出をされ、そして山のように築かれたというふうに思っております。科学的とか、正確には私どもはわかりませんけども、ボタとか石炭の光ったとから比べれば、ボタというのはちょっと鈍い光があったかなというふうに記憶をいたしております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) 私もあの付近で生まれ育っておりますので、よく小さいときから見て育ったものでございますが、これを百科事典で見てみますと、主として九州地方の炭鉱で使われる石炭採掘に伴って混入する無価値の岩石をいうと。したがって、ボタの源は炭素中のはさみ、あるいは、上盤、下盤の岩石である。ボタは、選炭場において石炭と分離され、一般には郊外に堆積されて、いわゆるボタ山となると。これは北九州の炭鉱地帯によく見られる風景である。よくこのボタ山が大雨の際に崩れて、災害を引き起こして問題になっているというように記されております。

 そのようにして、ボタ山というのは非常に石炭を取得するために、採掘するために、その副産物として無価値の岩石が掘り出されたものが積み上げられておったものであるということで、いわゆるボタにしてみますと、何ら掘り出されることなく地下何千メートルに眠っておきたかったものだと思いますが、人間が掘り上げて、石炭をとるために掘り上げて地表に積み上げる。ところが、それが弊害を起こして、河川に流出して災害を起こすもとを起こすと。そのようなもので、いわゆる迷惑なものとなっておるわけでございます。

 しかしながら、そのことに対しては、炭鉱が閉山後、何とかしなければならないという考え方のもとで、町でする場合は6分の5ぐらいの補助金を出しますよというようなこともございまして、私は一般質問で前町長のときに2回ぐらい、このことで質問したことがございました。しかしながら、町でこれを安定化工事することがどうしてもできなくているうちに、そういうことについて新エネルギーの方でこれに取り組んでいただいたのが、平成6年から8年についての安定化工事であったわけでございます。

 どこも、このことにつきましては悩んでおったわけでございます。ところが、主に筑豊地帯に多くて、いろいろとその場所なりを利用した有効活用が筑豊方面では既に取り組まれて、跡地にいろんなものができたりしております。岡垣でも、高陽炭鉱の跡地は立派な住宅地になって、現在に至っておるわけでございますけれども、海老津鉱業所の方はそのままになっておりまして、現在のように工事が済まされたという状況でございます。

 先般、1月30日付のこれは読売新聞を切り取っておるものでございますが、「ボタ山活用でまちづくり」ということで、水巻が再開発を秋までに将来像を出すという記事が載せられております。ちょっと言わせてもらいますと、

 水巻町は、ボタ山を活用した開発構想を今秋にもまとめる。負の資産とも言われるボタ山に商業施設の建設など、民間活力を投入し、新しいまちづくりを進める。同町の吉田ボタ山は標高100メートルで、旧日本炭鉱高松一坑の跡地約40万平方メートルにある一帯は、JR東水巻駅や住宅幹線道が走る中心部で、町は立地を生かした再開発に着手する。1996年に地域振興整備公団から跡地を買収して、総事業費39億5,000万円で防災工事のほか頂上部を30メートル削って、昨年8月に整地をしたと。現在、中間市も加わった学識経験者による検討委員会で、将来の姿を検討している。町は建てかえ期にある町営住宅の移転、都市公園のほか商業施設などの誘致も行い、雇用創出を目指す。

ということで、県によりますと、「県内に残るボタ山は209カ所で、町地域振興課は工業団地や住宅団地などにボタ山を活用した例はある。しかし、このように都市計画として、まちづくりの中心に織り込んだ発想はなく、ほかの旧産炭地の参考になるはず」と話しているということが記されております。

 このようにして、水巻の吉田ボタ山というのは面積も非常に広い、40万平方メートルという広い用地であり、立地についてもJR東水巻駅に近い、隣接しておるということもございまして、岡垣の百合野ボタ山とはちょっと立地条件が違いますけれども、このようにして有効活用を図っていくと。そして、この秋にも計画を出そうという考え方を持たれておるようにございます。

 岡垣町においても、新エネルギーというのが跡地の整備をするのみでなく、名のとおり新エネルギーに対する何か手助け、取り組みをしてもらえるところではないのかなと最初思っていたわけでございますが、そのようなことはしないという考えであったということも確認されましたので、そうなりますと、やはり結局町として、過去、明治45年ごろから昭和31年に至るまでの間、多くの人たちが生活をし、町に対しても多額の税金を納めてきておったものと思われるわけでございます。昭和28年ごろの私、調査をしましたところ、町予算の3分の1ないし4分の1を鉱産税、あるいは償却資産税、それから町民税等も含めますとですね、まだその上になるんやないかなと思うわけでございますが、そのようにして町にはやっぱり、まあ法律で決まっておることでございますけれども、町に貢献をしてきておるものでもあると思うわけでございます。

 そして、その後もですね、緊就事業なんていうものが残っておりましたけれども、そのことはですね、その周辺に近くに還元、必ずしもするべきであるという見方に必ずしもならんかもしれませんけれども、そのものは成田山林道という形で三十何年ごろから長い間かけて、今では観光道として役立っておるというようなこともございます。あの事業は緊就事業でされておるわけでございます。

 で、そのことをですね、なんかこうどうこう言うわけではございません。それは町全体でよくなることについては、それはそれでいいわけでございますけれども、戸切百合野地域もですね、ああして残っておる負の資産を有効活用して、今後ですね、何かいい方向で進めてもらえないかということに頭を向けてもらえないかという考えを持つわけでございます。

 で、宗像の武丸というところがございます。で、宗像市においてはですね、広い面積をですね、今では日赤看護大学を誘致してですね、その周辺には研究施設という形で数社の企業の研究施設ができております。そのことも私は数年前一般質問しました際に、現地に行って、そしてまた市役所にも行ってまいりました。それで、まあそういう事例もございます。

 それから、平成6、7年ごろでしたか、千葉県富津市に参りました。その際には新エネルギーパークというものをですね、東京電力が約40億円をかけて新エネルギーの公園をつくっておったわけでございます。で、これは太陽光発電、燃料電池発電、風力発電の3種類の公園がつくられておりまして、小中学生が遠足等にですね、来ておった状況がございました。電気自動車等に乗せてもらったりですね、駅の、両駅にはバスを配置してですね、送り迎えをしておりました。それで職員は、女子職員が十数名と男子職員が数名いまして、東京電力はそういうものをつくっておったということがございます。

 で、今後、関係機関なり関係団体、関係企業等、あるいは調査研究、創意工夫をされてですね、連携をとられて進めていっていただきたい。答弁書にも既にありますけれどもですね、そのことについての今後の町長のお考えをお聞かせ願いたい。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 旧ボタ山に企業誘致等、まあいろいろな研究機関について、そういう考えはないかというような話でございましたので、私どもとしては、第4次総合計画の中で、「新たな雇用をつくる商工業の振興」という中で企業誘致計画を立てまして、安全で自然に優しい優良企業を誘致することを掲げております。現在のところ、誘致計画は立ててはおりませんが、町としては情報の収集に努めながら、町内の未利用地へ、環境に優しい安全な企業や教育研究施設などの誘致を図っていきたいというふうに思っております。戸切百合野のボタ山も、その誘致策の一つと考えております。

 なおまた、先ほど余談になりますけども、安部議員が言われました水巻町の吉田のボタ山の1月30日の読売新聞の記事につきまして、ちょっと私どもで調べておりますので、お答えを──質問は出ておりませんけども、私どもの調べた範囲でちょっと申し上げさしていただきたいと思います。

 現時点では、うちの方も現在ありませんけども、水巻町で企画課に確認をいたしましたところ、吉田ボタ山のことにつきましては、14年の12月に設置されました吉田ボタ山跡地活用検討委員会で、その利用を検討されましたが、現在は白紙の状態で、新聞報道されたような方向は今のところ決まってないというのが実情のようでございます。その詳細につきましてはですね、地域づくり課の方で確認をいたしておりますので、もしよかったら地域づくり課の方から説明をさせていただきたいと思います。(「じゃあ、どうぞ」と呼ぶ者あり)



○議長(大森忠勝君) 渡辺地域づくり課長。



◎地域づくり課長(渡辺一郎君) 地域づくり課の方から、水巻町のですね、企画課の方に3月10日、13日、14日、3回にわたって調査をいたしましたけれども、今町長が申されましたように、吉田のボタ山につきましては、平成7年度に買収をして、総事業費39億5,000万円の事業費をかけまして工事を行いましたけれども、現在のところ、11人による検討委員会で跡地の利用構想についてまとめをされておられますけれども、全くの白紙の状態でありまして、新聞報道されたような内容はまだ決まっていないということでございます。

 なお、検討委員会は大学の助教授、それからコンサルタント、町議会の議員、それから、住民の方、商業者、中間市の職員、ボタ山の近隣の居住者と、こういった11人の方で構成されているとのことでございました。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) 新聞報道に掲載されておるような進み方にはなっていないというただいまの答弁でございますが、いずれにしましても、少なくともですね、水巻町の吉田ボタ山の場合は、岡垣町よりはですね、非常に積極的な取り組みをされておるということには間違いないと思います。そういう点からしまして、今後ですね、そのような形で検討を進めていこうというお考えが持たれておるかどうか。で、私もですね、できるだけ気をつけて、慎重に、非常に慎重を要すると思いますので、私なりにまた何かいいものでもないかなということで心がけたいと思うわけでございますけれども、今後ですね、そのことについて町の方でですね、進めて調査していこうというお考えについて、再度答弁をお願いします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 地域の活性化を促進するためには、第4次の総合計画の後期に当たる平成18年ないし22年あたりからですね、私どもとしてもこれについては、具体的な、現在はございませんけども、民間活力による利用促進をしていきたいと。そのためには、民間事業者等の動向に関する情報収集や、また未利用地としてのボタ山の情報発進にも努めていきたいと。NEDOを中心にして今後そういう活動はしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) 答弁書にありますようにですね、今後調査研究は進めていこうというお考えのようですが、それは執行部内の担当課による調査研究のみでございましょうか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 所有者でございますNEDOも含めてですね、私どもとしても安全で、そして安心されるような企業、で、公害のないような企業、そして研究施設ということについて、私どもも十分周囲のそういう岡垣町の良好な環境をですね、保つためにもそういう形の企業、研究所の誘致、そして研究についてはですね、官民挙げて私どもはしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) 私はですね、平成6年から8年に安定化工事がなされました際にですね、関係地権者、現在ですね、現在個人が5名ぐらいとですね、それから法人が周辺に2名ぐらいおられたように思います。で、面積的にはですね、新エネルギーのそういう分が5万2,300平方メートル、個人の分が3万6,100平米程度、合計8万8,500平米程度あるものと思います。で、この安定化工事をしました際に、その関係地権者の個人の方たちに対してはですね、もし今後、有効活用ができるようなことがありました際はですね、ぜひ御協力をお願いしますというお話はしておるわけでございます。で、安定化工事をしていただく際もですね、再利用ができる、今後利用ができますようにということを新エネルギーの方にもお願いしまして、あそこが標高105メーターでございます。一番高いところが。中山が73メーターでございます。それから道路横はもう道路にほとんど面しておりまして、標高43メーターぐらいですが、そういう一、二、三、四面の平面が現在ございます。で、申し上げますのは、何かありました際は、全体的にですね、小刻みになるようなことのないように、全体的に利用のできるようなものをですね、計画ができればいいなと思っておるわけでございます。

 で、その点もあわして、今後ですね、できるだけ早い時期にですね、民間活力がなければ恐らくできないことと思いますが、町としてできることについては積極的に取り組みをお願いしたいし、今までのままでは一歩も進みませんので、積極的に進めていただくことを求めたいわけでございます。再度町長の答弁をお聞かせいただきたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) ボタ山の歴史等につきましては、先ほど安部議員が言われましたとおりでございます。日本のエネルギーの根幹を、昭和30年代の前半まで持っておった石炭でございます。その負の遺産と申しますか、それが岡垣町にあり、百合野の活性化の今後大きな起爆剤になるような形で、私どもとしては地域の活性化を図るためにもNEDOが所有しておるとは言え、岡垣町にとりましてもその有効活用についてはですね、いろんな関係機関、そして私どももネットワークの中でいろいろな情報を収集しながら戸切地区ボタ山の有効活用に向けて、真剣に取り組んでまいります。そういう中で、また地権者の方々、また法人の方々の御理解をいただけるならば、私どもとしては私どものまちづくりの中で大いに役に立てるような民間、そして活用方法、利用方法についてはですね、十分に真剣に取り組んでまいりますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) 以上で、私の一般質問を終わります。



○議長(大森忠勝君) 以上で、6番、安部正開君の一般質問は終わりました。

………………………………………………………………………………



○議長(大森忠勝君) 暫時休憩いたします。なお、午後の再開は、13時15分の予定とします。

午前11時34分休憩

………………………………………………………………………………

午後1時15分再開



○議長(大森忠勝君) 再開いたします。

 8番、木原信次君の発言を許します。8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 8番、木原信次であります。一般質問をいたします。

 昨年来、国会議員による公費の違法処理、政治資金の違法取り扱いによる逮捕、辞職という事件が相次いで起こっています。また県知事選においての違法献金事件、福岡県下の市や町においてもさまざまな事件が報道されています。政治にかかわる不正な金品の授受、職務に関して不公正な取り扱いを、国民は最も忌み嫌うところであります。こうした事件の頻発が政治不信を招き、有権者の投票行動の低下をもたらしているようです。

 樋?町長は、2年前、クリーン岡垣の実現を掲げられ、町長に就任されました。外から見た町政と現実に執行される町政において所信とされたクリーン岡垣をどのように考えておられるのか、お尋ねをいたします。

 町民の信頼を得ることは、町長御自身がクリーンであるだけでは得られないと思います。町長はもとより行政機構、行政行為そのものが町民の目からクリーンである、公正であると認識されなければなりません。町長は情報公開条例を制定され、政治倫理条例を制定されました。これが町民の信頼を得る上で、どのような役割を果たしていると考えておられるのかお尋ねいたします。

 次に、岡垣町の意思決定と、その執行についてであります。これもクリーン岡垣の実現には重要な問題であると思います。町政の方向を決定していく段階が公正で透明であることが必要であると思います。そこで決定されたことは、職員によって忠実に遂行されなければなりません。また、町民の方々の理解、協力を必要とします。意思決定が公正で適正であれば、職員はもとより、町民の協力は得られるものと思います。

 昨年来の海老津駅前情報センター建設に関しても、学校給食の民間委託の推進にしても、クリーン岡垣の実現という観点から問題はなかったのか、お尋ねいたします。

 あとは自席からお尋ねいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) まず最初に岡垣町政の方向について、クリーン岡垣の実現についてのお答えをいたします。

 私自身、町民の皆さんの負託を受け、町長として町政を担当し、3年目を迎えております。さきの町長選挙はクリーンな町政への期待と岡垣町の名誉回復をかけた重要な選挙と位置づけ、町政を進めるに当たり最も心がけたことは、「常に町民の目線から見た行政に取り組む」ということでございます。

 そのためには、情報公開条例や政治倫理条例等、信頼回復に向けた制度の制定、地方分権に対応した行政の組織体制整備、そして町民の皆さんとの対話行政の推進を唱えてまいりました。

 町長就任当時から見ますと、町民の方々のさまざまなニーズや考え方、役場という行政組織及び行政内部での意思決定機関や、チェック体制などの仕組みも理解をいたしました。その上で、町民の皆さんの意思を確認しながら町議会と一緒になって町政を進めていくためには、法整備や組織の見直しなどより一層進める必要があると認識をいたしました。

 岡垣町情報公開条例は平成13年12月から施行し、町民の方が知りたいとする情報を条例に基づき積極的に公開を推進しています。町民の知る権利を保証し、町の説明責任を明らかにすることで公平でわかりやすいまちづくりを進めることができます。

 平成14年6月には、町政が町民の信託でよるものであるを認識し、町長、助役、収入役、教育長及び町議会議員が町政の受託者として、みずから政治倫理を確立することによって町民の信頼にこたえていくため、岡垣町政治倫理条例を制定しました。この条例は、町民みずからも町政を担い、公共の利益を実現する自覚を持っていただくため、町民の責務についてもうたっています。また、町民の調査請求権をうたうことにより、監視役としての位置づけも行っています。町、議会、住民が一体となってクリーンな町政に取り組んでいます。さらに公正公平は行政を推進していくため、平成15年4月から、不当要求行為等の防止に関する要綱を策定し、事務事業の適正な執行を確保していくことといたしております。

 町民の目線から見た行政に取り組むため、私自身出前講座等により町政の説明を行う中で、直接住民の方々の声を聞かしていただいておりますし、クリーン岡垣の実現については、法的な整備や組織的な取り組みを行いながら確実に前進していると確信をいたしております。

 次に、町の意思決定とその実行についてお答えをします。

 町長として方針決定をすれば、団体の意思決定として組織的に認識をさせ、関係課に周知し、職員の意思統一を図り、実施に結びつけなければなりません。そのために首脳会議や政策会議、調整会議、課長会議、課内会議の5つの庁議があります。それぞれの庁議は、目的に応じ、適時開催をいたします。首脳会議は、庁議の中でも最も重要な位置にあり、基本方針や重要施策に関し、審議するものです。その構成は、町長、助役、収入役、教育長、企画政策室長、総務課長及び審議事案関係課長となっております。

 各課間の調整や連絡を図るために、調整会議や課長会議を開催しています。課長会議は、毎月第1、第3金曜日を定例として開催し、決定事項の説明など意思統一を図っております。また、第2金曜日には、グループリーダー会議を定例で行い、グループ内での調整事項等協議を行っております。各職員については、課内会議により政策の周知や情報の共有化を進めております。

 いろいろな審議を経る中で、最終的に町長として決定したことは、実施に向け具体的な予算措置などを速やかに行っています。

 私は、そうした町の政策形成や意思決定には町民の意見が反映されなければならないという考え方で、原案策定段階で住民意識調査や説明会、団体ヒアリングなどに取り組んでおりますが、実行の過程においても成果や達成状況など町民にわかりやすい資料提供できるよう検討をいたしております。

 なお、御質問の中にありましたが、駅前情報センター建設や学校給食の民間委託に関して、政策を実施するに当たり、正しい情報の提供や地域の民意の把握がうまくできなかったという問題も生じました。住民に対する説明責任の重要性をさらに認識をし、取り組みを進めていきます。

 以上、この場でお答えをいたしまして、あとは自席で質問を受けながらお答えをいたしますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 町長からお答えをいただきました。クリーン岡垣の実現についてということでは、結論的に言いますとですね、確実に前進していると、そのように答弁されました。政治倫理条例、つくりました。その前に情報公開条例もつくりましたが、この2つの条例をつくったことで町民の意識がどのように変わったのか、どのようになっているのか、どういうような町民の意識を受けとめておられるのか、その点についてお答えをいただきたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 町民の、私、就任以来、制度、政党へのクリーン岡垣の実現のためへのまず第一歩の過程の中で、情報公開条例、そして昨年度の政治倫理条例を策定をいたし、町民の皆様方に、情報公開条例の中では、町民の方々の知る権利については、原則的に公開、そして身近に町政を感じられるような、そういう制度をつくり、そしてその中から町民の皆さん方にただいま申し上げましたような情報の共有をしていただきたいと、そして私どもの町政の推進に疑問のないと申しますか、ないように、そこらあたりで検討をしていただきたいなというふうに思っておりますし、政治倫理条例につきましては、議員の皆様方と私どもとが一緒になって町政に対する信頼を損なうことのないような、そういう仕組みの中で、町民の皆さんに理解をしていただきたいという願いで制定をさせていただきました。町民の皆さん方の声を、私も出前講座等でお聞きをするわけでございますが、町政に対する透明性が私は図られて、町民の皆さんが政治に対して信頼を持たれつつあるというふうに認識をいたしております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 町長御自身がクリーンであると、先ほど申しましたが、それがまず第一番、大事なところでございますが、町民から見た目でですね、クリーンというふうに見てもらわなければならないわけですが、今その政治倫理条例等を制定したことが町民の目にクリーンというふうに映っているというふうに今お答えになりました。この政治倫理条例を制定したことで、町の職員、この者たちの職務執行について何か変化がありましたか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 岡垣町のこの大きな制度制定につきまして、職員もその意義、そして目的等を十分に認識をされておりますので、それ以降についてですね、私は各担当課、そしてグループ、課長、グループ会議等の中で、職員等からそういうふうな話は現在のところ上がってきてはおりません。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) さきの全員協議会の中で、県警からですね、不当要求行為等の防止に関する綱領と、役場内でそうしたことを決定すると、そういうことを警察署挙げて県警の方からしてほしいということでの説明がございました。このことについて、町長は演壇で述べられておりますが、岡垣町として必要であると、そういうお考えですか。それとも、当面はその必要もないけど、やっぱりしていかないかんと、その点について、これを役場内で決定していくということでございましたが、どういう気持ちでこれを取り入れようとされておるのかお答えいただきたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) これにつきましてはですね、世の中がいろいろ変化もしております。そういう中で、いつどこでどういうふうな形で職員を含めまして、役場の中でそういう問題が起こり得るかもわからないというような状況も考えられますので、私としては事前の備えとして、こういう不当要求行為につきましての要綱を策定し、周知をして、そして町民の皆さん方にもこれにこういう要綱をつくっておりますというようなことについては、十分に周知をさせていただきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 町長就任されてからですね、こういう要綱が適用しなければいけないという事案はなかったと、そのように思います。しかし、今後のこともありですね、警察の方の意向もあって定めていくと、そういうことでよろしゅうございますかね。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 現時点では、私の2年間におきましてもそういうことはなかったわけでございますけども、今後のいろいろな変化の中でそういうことがあってはならないし、そういう思いを植えて備えということで、私は今回の要綱の制定をさしていただいております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) それではですね、私の演壇での質問にもしております、駅前情報センターに関してですね、町長はクリーンであると。町民から見た目がですね、クリーンでなければならないということを申しました。そうした一連の中でですね、地権者ですね、立ち退きをされる地権者について町はどのような位置づけをされておりますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 地権者に対しましては、私ども行政の必要かつ不可欠な施設でございますし、協力については十分にお話をさしていただき、その情報センターの意義、そして今後の目的等を十分理解をしていただいたというふうに思っておりますので、私どもとしては地権者に対しては十分なる説明をさしていただきました。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 十分な説明をさせていただいたということですが、町政執行についてですね、協力者であったと──ですね。協力していただいたと。そういう誤聞であろうと思いますが、どうですか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほど申し上げました中に決裂しておりましたが、私としてはそういう形の中で十分説明をし、そして目的、そして最終的に私どもとしては協力をしていただいたと、協力者というふうに認識をいたしております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 情報センターにつきましてはですね、長い経緯もあって、議会も多数でこの施設の建設に賛成いたしました。そうした中でですね、地権者について新聞折り込みとか、あるいはその他のですね、文書で、金額まで出てですね、当初は反対であったけど7,000万というような数字が出て賛成に変わったとか、あるいは別の部分では、1億5,000万の立ち退き料が出ているとか、そういうような部分がございました。これがですね、一面、町は常識が外れたような建設をしてるんではないかと、お金を出してるんではないかということからですね、町民の間に不信感を呼んだと。クリーン岡垣と全く違うようなね、疑問を与えたと。そのように私は思うんですが、いかがですか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私どももこの件についてはですね、慎重に進めて、十分に議会の皆さん方のお話も協議を進めながら、私たちもこの建設については進めていったわけでございます。

 特に、私も一番遺憾と思っておるのは、まあ金額の問題等についてでございますが、私どもは金額の明示その他についてはですね、議会の皆様方に申し上げるべく前にですね、そういう話が出たということがですね、非常に遺憾でございましたし、デマと申しますか、謝った情報がどういう形で出ていったのかについてはですね、私どももまだまだビラ、新聞折り込みのビラ等については法的には確認はいたしておりますけども、その他のビラ等についてはですね、どこで、どういう形であのような私どもの関知しないような金額、そしていろいろな経過がされたことについて、本当に遺憾だと思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 町長、遺憾であるということでございますが。当事者ですね、当事者はこの議会で、予算審議でしたから、その中で町から説明がありましたように、いわば土地の代金はですね、路線価格よりも少し低い単価、平米5万8,000円ですね。それから立ち退き料も国の定めた基準の部分に沿った形で、新聞等で言われておる金額の60%程度で結局はおさまっておるわけですね。そうすると、この町に対しての協力者、この人に対してのこうしたものについては、だれが対処すべきでしょうか。この人の名誉を回復するということにおいてですね、町長はどのように考えておられますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) このビラ等につきましてはですね、非常に私どもとしては事実と異なる記事の掲載、そして行政に対する誹謗中傷、用地買収関係から特定できる個人に対しての事実無根の記事、誹謗中傷による人権侵害、そして多数の議員の方々に対する誹謗中傷と、とんでもない意見広告だと受けとめておりましたし、それについて私どもとしては法的措置も辞さない覚悟で昨年度から12月以降、顧問弁護士、いろいろと相談したわけでございますが、特定することについても2月の23日の日にそれの調査も終わりました。ただこれのことについて岡垣町、そして私自身としてはですね、これはもう行政をつかさどるものの務めとして、それについては意見として出されたことに対してできないけども、特定された個人についてはその方に対して名誉棄損、そして人権侵害等のいろいろな罪等についてはですね、告訴ができるというふうに聞いております。

 そして御本人、特定された方々に対しましては、個人名で相手方に対するいろいろな法的措置もできるように聞いておりますし、私、そしてまた助役を含めて関係課長を含めまして、本人にはおわびを、丁重なるおわび、そしていろいろ御迷惑かけたことに対しては、おわびをいたしております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 当人に対してですね、町の行政として協力方、そうしたものについてのお話はするというが、広く町民に対してですね、その名誉を損なった部分について、私はこれは個人とその名誉損害した人との問題じゃなくて、町の行政に、行政事務をですね、事務の執行について協力したんであるから、町当局としてのこれは問題であろうと思いますので、それは町が対応しなければならないと思いますが、いかがですか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 今回の法的措置その他の経過につきましてはですね、助役の方から説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) 今回の事案につきましては、個人の名誉にかかわるということでございます。そういうことで、私、町長の命を受けまして、2月の16日の日に当人の方にお伺いいたしまして、事実無根であるということでその点についてですね、十分説明にお伺いいたしまして、そしてこの件について、町としていろいろ御迷惑をおかけしたことについておわびを申し上げてきました。

 それと同時に、やはりこの内容が、町に協力する過程によって生まれた問題でございますので、この状況を少なくとも町民の皆さんにこの事実をですね、やはり知らせていくと。そうしないと謝ったですね、情報によって、常に誤解がですね、されていくということについては耐えがたい苦痛だということもですね、御本人も言われておりました。

 それで、私どもこの取り扱いについては、まず行政としてはその内容について、事実、この用地交渉についてこういうことですよということをですね、今後の情報センターの進めていく過程においてもですね、今回の広報でも若干触れさせていただいておりますけども、その内容について十分住民の方にですね、御理解なりしていただこうということで、この情報センターについてはシリーズというような形でですね、いろんな情報をですね、住民の皆さんにお知らせし、御理解を得ていくような形をしていこうということを、まず1点ですね、そういう対策をですね、講じるということを御本人に申し上げ、御理解をですね、いただいております。

 それともう一つは、この問題の法的な大綱につきましては、いろいろ特定をいたしました。で、特定する中において、行政が直接対応ということにはですね、これは無理があるんではないかということで、個人のやはり誹謗中傷、いろんな侵害にあります、人権侵害ありますので、その被害者はですね、告訴なり、そういうことすることについてはですね、十分それに値するというようなことで、そこのところについては、その経過なり協議をですね、今、今後どういう形でしていくのかということについて個人的な問題と、それから町としてこの問題について、いかに住民の方に御理解を得るような対応をしていくのかと、こういう2方向でですね、この問題について対応していきたいというように思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 今助役の方から対応策についてお答えをいただきました。やはり本人の名誉を回復する、その部分は、ある程度自分自身のですね、プライバシーをもう広げてしまうんですね。町との契約での収入とかさまざまな部分があって、やはりこういうペンというんですかね、そうした暴力で受けた場合については、書かれ損というような部分があります。それで、岡垣町でですね、再びこうして町の政策、行政にですね、協力する人たちがやっぱりいわれなき中傷を受けると、そういうことがあってはならないわけですから、今回のこのことについて町の対応がこれから町民がこの樋?町政に対しての協力、あるいは協力にならないかというような私は大きな問題を含んでると思いますが、町長、いかがですか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 今回の事件と申しますか、いろいろな無記名によるビラ、その他は、そういうことで町政、私に対する信頼、そして町政に対する信頼がデマとは言え、中傷記事とはいえ、誹謗中傷とはいえ、そういうことで一部の方々にそういう新聞記事等もチラシの中に出ております。そういうことについて、私としても十分今後はそういうことのないように反省をしながら、住民の方々に事業説明等についてもですね、十分に説明をしながら今後とも進んでいきたいというふうに、今後の事業についてはそういうふうな覚悟で進んでいきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 町長の判断というかね、お気持ちというものを今伺いました。まあ当初申しましたように、やはり町民の信頼、清潔であるということが、やはりみんなが共通した認識として持ってもらうことが、やっぱり町政執行で一番基本になる部分であると思いますので、必ず適正っちゅうか──と申しますかね、そのとき必要なときは必要な方策をすると、適宜それについての対応をしていただきたいと、そのように思います。

 それからですね、次は、町の意思決定とその実行についてということで、質問させていただきました。町長はその中で、岡垣町の意思決定について答弁していただきました。そうしたことでですね、町の方向性について決定したことが岡垣町職員挙げてみんな一体となってですね、進めていくと、そういう共通認識を持って実行されていると、そのようにお考えでしょうか、どうでしょうか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私も町政を執行する立場、そして町職員の、職員の長として、私は町で決定したことについては、職員として私はいろいろな課題等もあっても守っていただき、そして意思の統一を図って共有をしていただきたいと、いただいておるものというふうに思っております。今後とも町で決定したこと、事項についてはですね、今後ともいろいろな関係課、そして課長、そしていろいろな過程を経てですね、職員の意思統一については、十分に今後とも図るべく努力、そしてまた図っていかねばならないというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 職員もですね、一般の公務員でない人もですね、働いていく上には職務専念義務というものが基本的にあるわけですね。これが基本で、岡垣町の役場の職員の場合は、地方公務員法で第30条、ちょっと読みます。「すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当たっては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。」とあります。これはどのように解釈しておられますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 職員の服務の根本的な基準だというふうに思っておりますし、これが最大の私は職員の務めだというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 続いてですね、第32条では、こう書いてあります。「職員は、その職務を遂行するに当たって、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。」そのようになってるわけですね。ご存じでしょう。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 法令第32条の「法令及び上司の職務上の命令に従う義務」ということで、私も十分承知をいたしております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) さきのですね、文教委員会で学校給食の民間委託について反対の陳情が出て、文教委員会の多数はですね、民間委託が妥当であるということで決定いたしました。しかし、議会の決定はですね、最終日を待たなければなりませんが。この民間委託推進というものは、町の決定事項でございますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 町の決定事項でございます。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) そうするとですね、このことについて町長がここで述べておられます町の首脳会議、調整会議、そうしたもので意思決定し、職員にどのように執行命令されたのか、お尋ねいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 町の意思決定をさせていただき──しまして、そして教育委員会部局の方でその作業については進められておりますので、教育委員会の方から説明をします。



○議長(大森忠勝君) 安部教育長。



◎教育長(安部欽一朗君) 給食の民営化につきましてはですね、先ほど町長が申されましたように、町の方針に基づきましてですね、私は民営化について町内における保護者、あるいは地域の住民に対して説明責任を果たしたわけでございます。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 住民に対してはですね、一番当初、やっぱり説明不足であるというようなことを申し上げ、その後、再三ですね、説明会もされたということですが、私が今問うておるのは、役場の職員、役場の機構内での指示、命令についてどのように図られたのか、その点をお尋ねしております。



○議長(大森忠勝君) 安部教育長。



◎教育長(安部欽一朗君) 教育委員会部局の問題について申し上げますとですね、教育委員会の部局の職員はですね、やはり教育委員会の方針でございますし、それについて反対するとか、あるいはむしろですね、現在まで教育委員会部局の職員は非常に私の指示、命令に従って、非常に協力的に現在までやってきております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 教育委員会は町長部局と別であると、そういうような答弁でございますが、町長は役場の職員ということについてはどのように考えておられますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 役場の職員であり、そして現在教育委員会の方に出向はいたしておりますけども、原則は役場の、岡垣町役場の職員でございます。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 学校給食民間委託ちゅうものがですね、教育委員会の問題なのか、町長のですね、行政執行での、町長が選挙公約として掲げられた部分も含めてですね、行政改革を推進していく、そうしたものも含めながら、町を通して岡垣町としてこの部分を推進していくと、そういうふうな意思決定があったんではないかと私は先ほど問いました。そしたらそのように答えられましたので、その部分が役場の職員たちのどのように指示、徹底をされたのかを今尋ねてるわけですよ。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほど申し上げましたように、町の決定として、私どもは町の方針として、そして決定をさせて、決定をし、そして課内、課長会議等で十分に私はその趣旨、そして目的、そしてその手順等につきましてはですね、町民の皆様方のいろいろな場を設定をしていただき、そして住民の方々、そして保護者の方々に理解をしていただくような、そういう説明会等についても十分に指示をしてこの問題に取り組んでいったわけでございます。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) PTAとかですね、町民の部分については、もう十分わかっております。

 それでですね、この学校給食民間委託というものがですね、思想信条と関連するものだと町長は考えておられますか。いかがですか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私は、この問題は文教厚生常任委員会の中でも私どもが答えましたように、労働運動というふうには私は認識をいたしておりませんし、給食問題は別だというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) そうしますとですね、町として十分は手順を踏んで学校給食民間委託の部分をですね、打ち出したと。そうすると、役場の職員は一丸となってですね、この政策について誠実に実行していかなければならないと思いますね。そうしたときに、現実にはこれに対しての反対というものがあったと思いますが、町長はどのようにそれを把握されておりますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私も給食問題につきましては、スタート、そしてまた途中経過等にはいろいろと報告も受けておりましたし、この問題については、職員の方々から問題提起もされましたし、地方労働委員会にも提訴をされたわけでございます。が、地方労働委員会の中で、給食問題、給食については斡旋案が出まして、その斡旋案を双方が受託いたしましたので、私はこの問題については前進あるのみというふうに思っておりましたが、あらぬと申しますか、いろいろな私どもが説明、そしてしておった中で、一部給食調理の、一部民間委託化が給食食材の購入まで民間委託をするというような変な話まで私はビラが出たというふうなことで、大変その方については私どもが考えておるような全然想像外のような話も出てまいって、大変私としては遺憾だというふうに思っております。まあ職員については、そこあたりについて、労働、地方労働委員会の斡旋案の意味を十分に考えていただき、この問題に取り組んでいただきたいというふうに話し合いの中でたびたび申し上げております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 私はですね、町長、町長の今の答弁のようなことを問うとるわけじゃないないんですよ。町としてですね、行政改革、あるいは町長の公約等に沿って民間委託を進めていく、そして中学校の学校給食さへ広げていくというその部分がですね、庁議として意思決定してですね、それを職員に実行させる段階において、これについて反対というような活動が許されるかどうかを問うとるわけですよ。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほどの答弁で違っては、私の考えはちょっと別の方で述べさせていただきましたが、それは私としてはそういうふうに思っておりません。職務として私は命令に従う義務があるというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) まあ一番当初言いましたようにね、職務専念義務ちゅうのは、いわば拘束時間ですね。給与をもらってる時間ということが基本でございますが。それから外れてですね、自由な時間と、自分の時間と、そうした部分でそれについて、その時間についてですね、休日とかですね、家に帰って、その部分について町のこういう決定した職務について反対との活動をすることについてはどのようにお考えですか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私は町として政策決定したことについては、私は反対はされないというふうに認識をいたしております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) そうですね。今町長が言われましたように、地方公務員法、先ほど読みました第32条はですね、それに守らなければならないとなってるわけですね。岡垣町でこの問題について、この町長の意思と違ったことがあったかどうか、その点はどのように認識しておられますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私どもの説明、そして目的、給食民間委託、一部調理業務の民間委託、そして中学校への給食導入という大きな流れの中で、いろいろと誤解があったということで私はそういう問題が起きたというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) いや、そうじゃなくてですね、まずですね、役場の勤務時間中、勤務時間中にですね、役場の施設等を使って、こういうような職員が反対運動があったかどうか、町長はどのように認識しておられますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 職務時間中にそういうふうなことがあったということについては、私はちょっと認識をいたしておりません。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) まあそうするとですね、その時間中ということであると、もうこの32条に全く違反してですね、地方公務員法違反で、まあそこでは処分という問題が出てくると思いますので、それはなかったというふうな認識と、そのように伺います。しかし、その勤務時間外であろうと、町のそうした政策決定について職員は守っていく義務がある、そういうふうに認識されるならですね、この部分とあわせて職員の教育をどのように考えておられますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 十分にその意思、政策決定の段階、そして政策決定後のことについてはですね、十分に、いろいろな、先ほど述べました会議の中で職員については周知徹底方を今後とも十分にさせていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) まああのですね、やっぱり同じ役場の中で働いてですね、町民の福祉にこたえていくと、で、期待にこたえていくという役目をみんな持ってるわけですから、きちんとした正当な庁議で意思決定がなされるとですね、そうするとそれはやっぱり職員、そして町民はみんなですね、協力していくと、そういう体制が必要であろうと思うんですね。それでその点については、今町長が言われましたので、今後こういうことがないように十分に配慮しながら意思決定、実行していただきたいと思います。

 それとですね、さきにまたありました岡垣消防署にですね、救急車を配備すると、ね。先乗り方式という形でしますが、これについて消防長、初めは「やります」と、「協力します」と、そういうことで決定したということでしたが、職員が協力できないというようなことを言っているというようなことについて、助役は「これは公務員法に違反してる」というような発言もございましたが、個々の真意を町長は広域組合で尋ねるということでございましたが、その返事をお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 全員協議会の中で出たかと思います。その翌日、私は広域理事会に開催をされましたので、その折り、消防長と消防当局とそういう問題について話をいたしました。その中で、そういう事実と申しますか、そういう話があったということは認めておりますけども、そういうことを今後ないように、職員には徹底をさせていきますと、十分に町民の方々に不安を抱かせるような、そういうことについては、私どもとして、消防当局としては十分に配慮して、今後とも岡垣町の救急業務については万全を期してやりますというふうなお答えをいただきました。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 私は、よもやと思っておりましたけど、今町長からの答弁でそういうことがあったとですね。それはその消防長はそういう意味ではなくて、理事者として強く叱らなければならないですね。ましてや岡垣町の消防署に配属される部分で、そしてほかの消防施設と違って、いわば人員が少ない中でやらないかんわけですから、岡垣の町長が一番強くですね、そこら辺を叱らなければならない、戒めなければならないと思いますが、町長はそれでもう了解ということでよろしゅうございますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) この当初と申しますか、これは無記名でございまして、特定、私どもとして特定が、私どもとしてはできなかったわけでございます。そういう当初でございまして、これについては私も消防当局と打ち合わせしましたけど、当初職員についてはですね、特定できなかったという事実がございます。今後それについてはですね、今後消防署の救急自動車の運営等についてはですね、支障のないようにさせていただきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) もうきょうの私、一般質問がですね、今任期を与えられてる議会での最後の一般質問でございます。まあ運よく次の議会もですね、出てこられればまたする機会もありますが。

 私はですね、きょう一般質問したのは、樋?町政が出発してですね、やはりクリーン岡垣というものを掲げられた、そういうことであるなら、やはり役場のご本人はもちろんのこと、役場の構成する者、それから町民から見てもですね、そうならなければならないということでこういう質問をいたしました。そうした中でですね、やっぱり町政を運営していく上については、町長、職員、それからですね、町民のさまざまな組織、町民自体の協力が必要と思うんですね。そうしたときに、岡垣町、町民でなければならないという部分については、岡垣町の役割としてはどういうポストがあると認識しておられますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。(「意味わからない」と呼ぶ者あり)8番、木原君。



◆議員(木原信次君) あのですね、単純に言うと町長と議員はですね、岡垣町民じゃないといけないわけですね、町の部分です。それで、それ以外の方々は必ずしも岡垣町民だけでなくてもいいわけですね。その部分について岡垣町民の協力を得ていくということについて、町民としての協力、そうしたものについてどのように考えておられるのか。町長はいろんな役目をですね、町のそれぞれの機関にこう、お願いして、任しておられるわけですが、そこら辺についての考え方というものについて最後お尋ねいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 岡垣町の重要な施策、そして決定する重要な位置に占める方についてはですね、私は岡垣町民の方が限定されるというのが私は原則だと思います。なお、また補助機関等についてはですね、まあ町民以外の方々がその智恵といろいろな体験と経験をもって私どもにサポートしていただくことについては、町民以外の方も必要かと思いますけども、中枢決定の重要なことについてはですね、私は岡垣町民の方が第一であるというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 終わります。



○議長(大森忠勝君) 以上で、8番、木原信次君の一般質問は終わりました。

………………………………………………………………………………



○議長(大森忠勝君) 暫時休憩いたします。再開は14時20分の予定とします。

午後2時08分休憩

………………………………………………………………………………

午後2時20分再開



○議長(大森忠勝君) 再開いたします。5番、竹井和明君の発言を許します。5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 5番、竹井和明です。私の一般質問は3点ございまして、1点はまず第一に道の駅、この進捗が長期にわたっておくれているということで行政対応はどうなっているのかということでございます。本日町長から答弁書をいただきましたけれども、若干私の考え方と相違点がございますので、違う点は自席の方から一問一答でお伺いをいたします。

 2番目が、福祉施設についてでございます。現在の岡垣町の福祉の施設の入所実態と、その他展望についていろいろお伺いし、今一番切実な問題は、少子高齢化社会になりまして、特別養護老人ホームというものがございますが、岡垣町がこれに特に力を入れて誘致活動を進める考え方があるかどうか、その将来展望についてお伺いをいたします。

 3番目につきましては、非常に財政状況が今ですね、地方交付税の削減その他によりまして、厳しい今後の推移が出ると思いますが、私の試算が町の考え方と合ってるかどうかわかりませんけれども、一応自分の私見を申し上げ、これから先の町の展望をお伺いし、一問一答で自席の方からお伺いしますので、明快な町長の答弁をお願いをいたします。

 以上です。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 竹井議員の一般質問のまず最初の「道の駅について」で、取り組み状況につきまして、お答えをさしていただきたいと思います。

 本町の道の駅整備の取り組みにつきましては、平成13年3月に道の駅基本調査を実施をいたしました。その結果、岡垣町第4次総合計画において、「地域に輝き」をという将来像実現のための施策として位置づけ、取り組むべき重点課題としたところでございます。

 道の駅の整備については、地場産業と観光のネットワークづくりや情報発進による岡垣町のPRなど新たな地域振興拠点としての整備をするとともに町を代表する名所三里松原と海岸線のサイクリングロードとの連携と活用を図りながら進めていくことといたしております。

 道の駅の整備については、昨年の12月議会の一般質問で述べましたとおり、平成17年度をめどに整備していくことと考えております。

 道の駅の進捗がおくれているという御意見もありますが、道の駅整備計画を進めるに当たって重要なことは、恵まれた岡垣町の自然と環境を生かし、特色を持った魅力ある道の駅とすることであり、決してどこにでもある道の駅や直売所となってはならないと考えております。

 本町が計画する道の駅が成功し、地方財政の負担とならないためにも、しっかりとした事業展開計画や、継続して安定できる運営組織の確立や、運営計画の策定等、基盤の確立が最も重要であることから、十分な調査検討が必要であります。そのためには行政サイドの視点だけでなく、15名の検討委員さんにいろんな角度から調査検討をしていただいております。

 昨年から現在までの検討結果について、本年4月に中間報告として取りまとめていただくこととなっております。それをもとに平成17年度の整備を目指し、積極的に取り組んでいく所存であります。

 次に、福祉施策について、介護保険制度が導入され、3年目を迎えたことで、在宅施設サービスの利用者が増加しています。広域的な利用も浸透していますが、できるだけ住み慣れた地域で暮らしたいという願いが強くあり、そのため町内近隣市町村の施設への入所希望が多い状況です。

 当町に所在します老人福祉法に基づいた老人福祉施設は、ご存じのとおり特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、痴呆性高齢者グループホームなど、介護老人保健施設があります。2月末の老人福祉施設の内、特別養護老人ホーム恵の家は、定数100名に対し、入所者数は100名です。軽費老人ホーム海老津園の定数50名であり、入所者数50名です。さらに、養護老人ホーム遠賀静光園の定数60人に対する入所者数は56名であり、多くの方々が施設を利用し、生活されていますが、施設入所待機者が多く見受けられます。

 特養施設の入所に関しては、待機者対策として平成14年8月厚生労働省の通知により、特別養護老人ホーム入所指針を策定し、入所指針に基づいた第三者からなる入所検討委員会を設けて、本年4月から、緊急性の高い要介護認定者は入所させるよう指導がなされました。

 このことから、本町は「岡垣町特別養護老人ホーム入所指針」を定め、4月から運用できるように特別養護老人ホーム恵の家に指導しており、入所優先の順位によって、円滑な入所が見込まれると考えています。

 町内及び遠賀郡内にも多くの待機者があり、また要介護認定者の増加などの理由から施設数や定員数の不足が予測されるので、中間市、遠賀郡保健圏域内での必要数の確保など、関係機関に見直しを強く働きかける所存であります。

 次に、財政状態についてでございます。

 平成13年度決算では、福岡県内97市町村のうち、73市町村において経常収支比率が80%を上回るという結果となり、地方の財政構造の硬直化が進んでいることがうかがえました。こうした中、岡垣町では77.3%と70%台と維持しましたが、平成12年度決算と比較しますと、3.4%も悪化しています。

 ご存じのとおり平成15年度の当初予算では、町税で5.0%、地方交付税では10.5%の減額を見込み、かつてないほどの厳しい状況に置かれています。長引く不況による町税の伸び悩みや地方交付税制度の見直しなどにより、経常一般財源の減少は確実に進んでおり、今後の財政運営に決して楽観できるものではありません。

 当然ながら歳入が減少すれば、歳出も抑制しなければ、収支のバランスが崩れ、健全な財政運営が困難になります。しかし、歳出の抑制といっても削減することが厳しいものが多くを占めており、容易に実行できるものではありません。このように非常に厳しい条件のもと、行政改革を進め、事務事業の効率化を図り、第4次総合計画に掲げる岡垣町の将来像実現を目指して鋭意取り組んでまいります。

 以上、この場でお答えをいたしまして、あとは自席で質問を受けながらお答えをしますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 今町長の答弁をいただきました中で、平成13年3月に道の駅の基本調査を行ったという答弁がございます。若干私と認識が違いましてですね、この道の駅構想なるものがいつごろから出発したかということでございます。私どもの認識ではですね、4次、この町長の見解では、第4次総合計画にのっとってずっと進めていこうということでございますけれども、平成3年から平成12年はですね、第3次総合計画が打ち出されました。その後に第4次総合計画が打ち出されました。その3次総合計画の中でですね、「岡垣町が目指す将来像は」ということが4点ございまして、その中でね、少なくとも拠点づくり、農業、漁業──第一次産業が集中するところは極力振興しようということで拠点づくりというものがあった中で、西部地区観光基本構想というものが第3次総合計画のときに既に打ち出されておったわけでございます。そして、平成11年の6月の21日にですね、議会としても何とか取り組まなければいけないということで中西部地域観光開発に関する調査特別委員会、これを設置して、行政と仲よく一生懸命に農漁業、第一次産業の発展のため、また商工業育成のためにやろうということで立ち上がったわけでございますが、そのあたりの認識について町長、ご存じでしょうか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 第3次総合計画の中で、西部地区の観光開発を含めてそういう研究がなされたということについては、認識をいたしておりましたが、その時点で道の駅というような構想があったということについては、ちょっと私は認識をいたしておりませんので、私としては第4次総合計画の最重点課題の一つだというふうに認識して現在進めておるわけでございます。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹内君。もとい、竹井君。



◆議員(竹井和明君) はい、竹井です。町長の答弁ではですね、定かではないけれども知っておるということでございます。私どももですね、少なくとも第3次総合計画の終盤になりまして、この特別委員会を設置したわけでございますんで、そのあたりは行政というものについては、第3次総合計画から第4次総合計画に移る時点において、管理職並びに4役等も含めてですね、管理職の入れかえもあり、町長の入れかえもありましたけれども、そういうものは人がかわろうが、組織がかわろうが、長期計画というものについては、必ず引き継がなければいけないと、このように私は考えますが、いかがでしょうか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 3次総合計画の中で、西部地区の観光開発、そして漁業、農業の振興を図る拠点としての構想があったということについては認識をいたしておりますので、それを私どもとしては第4次の中で道の駅構想として取りまとめ、今後についてはですね、その過日と申しますか、そういう経過を踏まえ、そしてその研究されたいろいろなことを私どもとしては貴重な資料として受けとめさしていただき、第4次の道の駅の中に包含していきたいというふうに思っておりますので、皆様方が研究されましたことについては、十分にその資料、そして考え方、そして──についてはですね、十分に参考にさせていただきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) なかなか前向きな発言でよございますが。

 それではですね、平成11年の6月21日に中西部観光開発に関する調査特別委員会を発足させた以後、12、13、14、3カ年にわたって議会がですね、四国並びに九州をまたにかけて、先進地を、すべてと言っては語弊がありますが、まず行政視察を行いましてですね、あらゆる角度からの調査報告書を執行部の方に提出しとるわけでございます。そこらあたり、非常に何回となくも定例会のときには私どもも行政視察を報告し、行政からも意見を聞きましたけれども、これがですね、今の道の駅を進行している上でどのような参考にされたのか、お伺いしたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 特別委員会での研修報告等については、私どもも十分に読ましていただきましたし、参考にさしていただいて、貴重な意見として参考にさせていただいております。

 その中で、一番私どもが懸念と申しますか、しておりますのは、運営の形でございます。365日開店をするのが原則でございます。そういう中で商品の調達、そして岡垣町における農業、漁業の商品の調達をいかに365日開店すれば、それが義務でございますので、そこら辺りについてですね、十分に研究し、そして生産者の御意見を十分にお聞きしながら運営をしていくということが基本にあるということで、いろいろな研修報告の中にもございましたので、これについては私どもとしては貴重な意見として受けとめさしていただき、その研究に現在検討委員会等の中で進めておりますので、皆様方から貴重な意見についてはですね、十分に、先ほど述べましたように参考にさせていただきたいと、いただいておりますというふうに認識をいたしております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 3月11日のですね、特別委員会の道の駅に関する報告書の中で、漁協の青年部との懇談会並びに売り場づくりのプロジェクト開催予定、それから物づくりのプロジェクト、よそにない直売所のあり方とか、こういうものが今ごろになって出てきとるわけです。私どもは、これはですね、もう12、13年、14年、ずっと繰り返してきたことなんです。今ごろになってこれが出てくること自体が、本当にもう残念でならないんですが、そこらあたりの認識がですね、若干後戻りしよるんじゃないかというような気がするんですが、いかがですか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私は、そういう17年度の開業についてですね、皆様方にお約束をいたしておりますし、それについてですね、前向きにスピードを上げながらですね、岡垣町の道の駅、よそにない特色ある道の駅ということを大きな目標に掲げてやっておりますので、私としては後を押すだけをしておるというような認識はいたしておりませんし、実現に向けて一歩一歩検討委員会、そしていろいろな方々の御意見を聞きながら進めて、前へ前へと進んでおるというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 平成15年の道の駅の整備事業の中で、まず予算595万4,000円ですか、道の駅の施設配置図等の作成委託料、それから、認可申請図書作成委託料、測量調査委託料を含めて595万4,000円ですが、既に配置関係につきましてはですね、私どももうこれは平成11年、12年にわたっていろいろと町長もご存じのように、このようにすばらしい配置図も、例えば三里松原も含めたですね、配置の図面もあるわけです。これを改めてまた配置図の作成委託料も含め、全く新しいものが出てくるんかなと思って私、不思議でならないんですが、一例を言いますと、まず、青空市の道の駅、それからタラソテラピーっちゅうんですか、ごめんなさい、タラソテラピー館とか、林間パレットゴルフとか、ドンドンの滝とか、いろいろ配置図はもう全部網羅されておるわけです。こういうものをですね、また595万4,000円もかけてですね、配置図を作成するということでございますんで、行政のね、引き継ぎ事項がどういうことになっておるんかなと思うて私は不思議でなりませんが。まあ今の町長の考え方では、13年の3月に基本調査やり、17年の3月までに何とかめどを完成したいということでございますんが、それはそれで評価をいたしたいと思います。

 それで、一つお尋ねをいたしますが、あそこのまず道の駅の土地の選定でございます。町長は特別委員会でももう什王堂を道の駅とするんだということでございましたが、間違いございませんか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 道の駅の拠点と申しますか、場所につきましては、什王堂地区を私は確定を、私、庁内では確定をいたしております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 岡垣町が道の駅をつくる前にですね、実はJAが企画した経過があるわけですね。JAが企画し、地権者ともある程度交渉した経過があるそうでございますが、私は定かでございませんけども、JAがなぜあそこを頓挫したかご存じでしょうか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私はその当時のことについて大変知識がございませんので、助役の方からその点について説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) JAが什王堂をですね、撤退したということで、表向きは文化財に相当な発掘費用がかかって時間がかかるということで撤退するということを聞き及んでおります。それはあくまで表向きのことでございます。



◆議員(竹井和明君) 特別委員会でもいろいろと話は出ました。地権者という人たちは、特定のところをもうまず第一にここを道の駅にするんだということにしますと、非常に地価のせり上げが必ず起こってまいります。一番いい例が、私は農業集落排水事業の近々の話は処理場でございます。行政が全くお手上げしたもんですから、議会の有志が副議長以下、数人出ていただきまして説得をしていただき、地権者のお方と意見交換をしながら、何とか円満に議会の皆さん方も含めて説得をしていただきました。

 私は、まず第一に道の駅をつくるということについて、特定をすれば必ず地上げが、地権者側が上げるということにつながらないかどうか、そこを危惧しとるわけでございますが、また青空市のお方に聞いてみますと、よくコンタクトがとれていないようで、私どもは道の駅ができても、内浦は内浦でやるよ、というような話を聞くときがあります。なぜこういうことになるのかな、まだ意思統一がうまくいってないんだなと思いますが、その青空市、それから什王堂地区の地産地消の販売者、それから糠塚あたりの意思統一はまだできてないんですかね。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 検討委員会の中で道の駅の代表者も入っておられます。その詳しいことにつきましては企画政策室長の方から説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 宮内企画政策室長。



◎企画政策室長(宮内實生君) この検討委員会の中に糠塚の青空市場の方、それから内浦の青空市場の代表者という形でこの検討委員会に入られて、それぞれの立場から御意見を伺っております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) それでは、また話を戻しますが、やはりこういうものをつくるときには、まず第1に地域を特定したら、いずれにしても大変な地価の高騰になるよということで、特別委員会でもいろいろな二、三の方が心配をされておりました。

 もし、行政が、行政ちゅうのは非常にこういう土地買収についてはうまい、うまくないと言ったら語弊がありますけれども、なかなかすぐ、もうよろしいよということで、もうこれで打ち切りますとか、そういうことをすぐ言いますけれども、どうしても確保したいとなるとやはり地上げをどんどん上げなければいけない。そして、処理場のような非常に高価な土地になるわけでございますが、今はもし、もしですよ、町長。不当に高い不動産鑑定でいずれにしても、助役がこの前、特別委員会でお話をされました、土地価格が不動産鑑定価格で一応やりますから大丈夫です、ということをおっしゃっていましたけれども、もしそれ以上に不当に高い、もし土地を言われて買わなければいけなかったということになりますと、最近は地方公務員の賠償法が施行されているようでございますが、そのあたり御存知ですか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほど、午前中にありましたように、私どもは法を守る立場、そして土地買収につきましても公正、そして鑑定価格といろいろな法律の中でやっていくわけでございます。その詳細等につきましては助役の方から説明させます。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) この町が、公共事業なり実現していくときにはこの位置を、この位置が最善だという決意のもとにその位置を設定いたします。それをもって用地買収に、当然そうしたときには税務署との事前協議とかいろいろ租税特別法の問題、あるいは収用関係でいけば用地課のものと協議とか、いろいろな手続をし、この位置ですよということで、そういう決意を持って用地交渉に臨むということでございます。そのために、最大の努力をいたしますけども、先ほど町長が申されましたように、やはり税金なり、公共が買収することについては当然公共工事の一定の基準がございますし、あくまで鑑定とか、それに基づいて役場の話を進めていくということでございますので、それへ向けて実現化に取り組んでいくのが用地交渉の担当の仕事であるというふうに思っております。

 それで、農排の処理場の用地については、私は携わっておりませんけども、少なくともやはりそういう一定の基準に従って正しく、まして町民に説明責任をとれるような用地の交渉なりあっせんに取り組んでいくということでございますので、ここがスタンスが定まらなくて用地交渉については動けませんので、それぐらいの決意で物事に向けて取り組んでいくということで、今後、この道の駅の取り組みについてもそういうスタンスで、関係各課一丸となって取り組んでいくというような考え方で、持っております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 助役がなかなか優等生的な発言をされております。それならば間違いないような感じでございますけれども、不動産鑑定をやり、そして測量に入るわけでございますが、これはあくまで地権者の了解を得て測量をさしていただける。ただもういや、その前に了解も得ないで測量をすると、絶対にまた苦情が来ますから、そのあたりよくコンタクトをとりながらやっていただきたいと思います。

 それから、窓口は企画調整室ですから、この道の駅の直売所的な道の駅だろうと思います。そういうことで最近に、私がこの中西部の観光開発の特別委員会のまとめの中で述べておりましたように、福岡県の農政部が県下240カ所の直売所を調査したところ、2000年までは右カーブでずっとこう収益が上がっておったわけです。2000年を過ぎますと、直売所的な道の駅というものの収益がだんだん右下がりに下がっておるということで。なぜ、私がこんなふうに早くできないのかなと、こういうことを言ったのはそういう根拠から、もう道の駅はもう県下各所240カ所できた中で、右下がりで収益が下がりつつあるということは、もう頂点に来て、少しずつ下がりだして、岡垣町は今から道の駅をつくる。こういうことで、私が、ちょっと少し遅いんじゃないかなという提言をしているわけでございますので、よほど何か特色のある道の駅でなければ、収益が右下がりをまたこう上げるということは難しいんじゃないかと思いますが、その点いかがですか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 企画政策室長の方から答えさせます。



○議長(大森忠勝君) 宮内企画政策室長。



◎企画政策室長(宮内實生君) 確かに言われるとおりです。もう全国、相当道の駅ができております。岡垣が計画する道の駅が、非常に後発隊ということでおくれております。それだけにやはり直売する産物にしても岡垣の特色のあるもの、そういったものを直売をするとか、どういった加工品についてもどういった特色のある加工品にするのか、もうそこらあたりを十分に検討委員会の皆さんで意見を出してもらっています。これもほとんど意見が出ておりますので、4月には中間報告という形で具体的に報告が受けられるというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 時間が大分経過しましたので道の駅は早く終わりますが、ひとつ町長の答弁の中で、この三里松原の海岸線とサイクリングロードの連携とか書いてございますけれども、これは三里松原自然公園法、それから玄海国定公園法に抵触をいたしますから、ここらあたりはよく営林、森林センターですか、こういうものと連絡をとりながらやっていただくようにしないといけません。

 それから、古墳の状況、そういうものも含めて計画どおりにいかないことが、この進捗のとおりにいかないかもしれませんので、そこらあたりも十分調査をして、早く道の駅を立ち上げていただきたいということを念願して、道の駅を終わります。

 それから、次に、私が一番聞きたいのは、一応、岡垣町の福祉施設の入所状況と、それと定員等について若干わかれば教えていただきたいし、わからなければ、私の方からまた別の時点で質問しますが、わかりますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 福祉施設の定員状況、その他の町内の福祉施設の定員状況、その他につきましては福祉課長の方から説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 花田健康福祉課長。



◎健康福祉課長(花田申三君) 議員がお尋ねの分は、特に高齢者に向けての施設だと思いますので、先ほど町長が壇上で主なところは言われましたけど、恵の家は定数が100でございます。入所が100。それから海老津園が50、小局にある海老津園ですね。軽費老人ホームでございますが、これが50に対して50。それから、遠賀の方にございます老人福祉施設が、あ、そうですね、養護老人ホームが60に対して、ここは措置関係がございますので、現在は56名。それから、高倉苑が、ここは介護老人保健施設でございまして、ここが100に対して94名。それから、清涼苑が80に対して78名、これは2月現在でございまして、やはり冬場でございまして入れかわりが相当激しい状態でございます。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 大体定員と入所者数は、今聞いたところでございますが、特別養護老人ホームの恵の家の定員と待機者の数字はわかりますか。



○議長(大森忠勝君) 花田健康福祉課長。



◎健康福祉課長(花田申三君) これは、2月の現在でございますが、定数100に対して98名が待機者でございます。これは、先ほど町長も述べられておりますように、特別養護老人ホーム入所指針というのが本年度変わりました。こういう形で新たな調査をしたための待機者が98でございますが、11月、昨年の11月の段階ではこういうことがまだ行われていない段階では、174名が待機者というふうにつかんでおりました。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 今聞きますと、178が今、98待機者。これはその待機者のお方がいろいろと各施設に入っておられるんじゃないかと思いますが、その待機者の何といいますか、事実状況といいますか、どんな生活をしておられるんですか、わかりますか。



○議長(大森忠勝君) 花田健康福祉課長。



◎健康福祉課長(花田申三君) 11月段階で174名ほどおられました方の待機者の状況でございますが、ちょっと待ってください、この待機者のうちに岡垣町の方が109名おられます。その中の在宅で待機された方が64名でございます。その他は老人保健施設とか、その他いろいろな場所で入所されている方でございます。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) いかに待機者が多いかということでございますが、これは、私どもはよく助役のところに行って、いろいろとそういう話はしたことがございますが、なかなか助役はよく理解をされておりまして、数字は聞かなかったんですが、認識はされているようでございます。待機者がこれだけいらっしゃるということはいずれにしても県あたりに、それからまた福祉事務所あたりは何といいますかね、もう待機者が幾らおっても枠がないからということで、枠にもうとらわれて一切もう入れませんよ。この枠というものはどんなふうな設定をするんですか。わかりますか。



○議長(大森忠勝君) 花田健康福祉課長。



◎健康福祉課長(花田申三君) これは12年から16年にかけまして、県の方が、各市町村の福祉計画をもとにした福岡県の高齢者対策というのをつくっております。その中で今後の施設整備をどれぐらいの、福岡県全体でつくればいいかというような指数をつくったのがものでございます。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 老人保健計画の見直し案というものが、今は平成15年ですが、見直しはいつされるんですか、今度は。



○議長(大森忠勝君) 花田健康福祉課長。



◎健康福祉課長(花田申三君) 先ほど言いましたように、12年から16年のをつくっておりますが、岡垣町も御承知のように14年度で高齢者福祉計画というのを見直しました。これをもとにして福岡県が15年にそれをつくりますので、そこで先ほど言ったような数字を整理するかと思っております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) わかりました。それでは、見直しをされるということでございますので、これだけの特別養護老人ホームの待機者がいらっしゃるということについては、行政の方の、特に助役、町長はよくもう本当に御存知だろうと思いますので、1カ所でも西部地区でも、もしそういう状況があれば助役、また町長の方にお願いをして何とかしていただきたいということを要望しておきます。

 次に、もう時間がございませんので、一番最後の財政状態、財政状況でございますが、私が今、演壇の方でちょっと言いましたけれども、いろいろと岡垣町の財政が非常に、私は苦しいものになるんじゃないかと、このように思いますが、普通会計財政見込みとか何とかが、またそういうものが一般財源の見込みやらいろいろわかればいいんですが、ちょっと時間が余りございませんので、少なくとも今、平成15年ですが、二、三年後の経常収支比率だけでもよございますが、その見込み額はわかりますか、経常収支比率の、どれぐらいの推移を示すか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 長期的な財政計画を立てております総務課長の方から説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 山田総務課長。



◎総務課長(山田敬二君) 町長の方が答弁されておりますように、平成13年度におきましては77.3%ということでございますが、財政の方といたしましてはここ二、三年、今の経常一般財源、いわゆる税と交付税がかなりの大幅な減額をいたしておりますので、特にもう平成14年度の決算においては、今のところ80を超えるんではないかという考え方を持っております。

 それと、この二、三年先におきました今の状態が続けば、マイナスという状況が続けば85%程度ぐらいまではいくんではないか、というふうに予想を立てております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 私が聞いておりますのは経常収支比率だけ、本当はいろいろな点も聞きたいわけですが、特に人件費や扶助費など義務的な性格の経常経費に、町税及び地方交付税などの一般財源がどの程度使われているかをあらわすもので、特に財政構造のこの弾力性を示すものが経常収支比率ということで、今総務課長の話を聞いてみますと、14年は見込みですね、あくまで、見込みで80になると、経常収支比率が80ということは大体もう黄色な信号ですよね、黄色な信号が、例えば15、16、17ぐらいになるとどれぐらいの見込みになるような考え方ですか。



○議長(大森忠勝君) 山田総務課長。



◎総務課長(山田敬二君) 今、ただいま説明申し上げましたように、これも一般財源が減少するということになりますれば16、17年度ぐらいには85%を超えるんではないかというふうに認識いたしております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) もう90、芦屋町がもう福岡県でもワーストワンですが、特に99近くもうなっておるわけですが、岡垣も非常に、これはもうあくまで家庭でいえばもう懐ぐあいですから、もう危険な状態に陥るということになると思います。

 そういう状況の中でちょっと町長に、この岡垣町の現状をちょっとお聞きしたんですが、平成14年になって急遽いろいろな事業の倒産、町長は商工会の会長をしていらっしゃいましたからよく把握されておると思いますが、例えば土木業者が倒産したり、それからスーパーが倒産したり、それから水道業者が倒産したり、倒産というのは夜逃げみたいなことになりましたけれども、大体岡垣町は非常に、商工業者が大変な立場に立っておるんじゃないかという考え方、町長、どのように把握をされておりましょうか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 岡垣町だけでなく、日本全国どこでもこういう形で大変不況の中、真っ只中におるというふうに認識をいたしております。特に、岡垣町におきましてもいろいろな業者の倒産、閉鎖ということも起こっておりますし、一番身近な例では、寿屋さんが昨年の2月、1月いっぱいで閉店し、倒産したというような大きなこともございました。いずれにいたしましても先行きの見えない不況の中に、いろいろ原因はあるかと思いますけども、そういう現実の中にあるということは十分、認識をいたしております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 今、条例で岡垣町の融資制度の管理及び処分に関する条例の中で、全協でもいろいろとありました。融資制度は30万円でございます。これについて、銀行が貸し出しは金利がまあ1%ぐらいじゃないかと思います。これに必ず保証人1名と保証協会をつけなさいということで、これにまた1.5ぐらいですか、これの利子補給といいますか、これを町長が何とか行政の方で補助をしようということについては、私は本当に高く評価をしたいと思います。商工業者というのは大変な現状でございますので、この利子だけでも1件が500万ですか、500万ぐらいのやっぱり少なくとも2.5%といいますと大変な数字になりますので、商工業者は喜ばれるということでございますが、私が申し上げたいのは、今ちょっと私は定かでございませんが、1件500万ぐらいが限度ですかね。町長、どうですかね。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 岡垣町の制度融資の限度額は昨年300万から500万に変えさせていただき、そして今までは運転資金という形であったのを、事業資金ということで設備資金にも変えるという方向に変えさせていただきました。先ほど、竹井議員が言われました保証協会についての利子補給と申しますか、利子を保証手数料の支払いに対しても今回、利息の補てんを町の方でそういうふうな議案を出していただいております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) その利子補給を、町長はすばらしい補給をしていただいて商工会は大変喜んでおられると思います。今、聞いてみますと、やはり限度額が500万らしいですが、私は、私は今、これはもう今、条例でございますから、町長の前向きな発言があるかどうかわかりませんが、この枠を少なくとも500万ぐらいじゃ、1,000万とか5,000万とか、そういう金額じゃないと商工業者は大変じゃないかと思いますけど、そこらあたり本当に町長はお考えになっておられるか。いやいや、現状でいいか、町長、どのようなお考えでしょうか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 限度額の問題につきましては、保証人の方のなられる方のいろいろな非常に難しい問題がございます。そしてまた、他町では1,000万という制度融資もございますが、今回こういう形で昨年から、そしてことしまた保証手数料、先ほど言いました利子補給じゃない、保証手数料の支払いでございますが、こういう新しい条例で新しい制度もつくって、その中で実態等を見極めたいというふうに思っております。今後の実績と申しますか、そこら辺りをよく見て、そしてまた再度また検討したいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 実績を含めて検討したいということでございます。町長、実は私はまだこの商工業者の融資のほかに、商工業者だけではなくて、今、農業者でも耕作を放棄してから、もう勤めに行っている方がいらっしゃるわけです。それで、農業者、それから漁業者、こういう人も含めて、やっぱり少なくとも融資制度の中に抱合するような考え方も、私は町長の、岡垣町長は元商工会長ですからそれぐらいの腹がお考えがあるのじゃないかと思いますが、その考え方はどうですか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 今回のとは利子保証手数料と、保証協会に対するものでございます。農業、漁業につきましてもそういう国の制度がまたいろいろな制度関係も再度、私もそういうことについてまだ不勉強なところがございます。そこらあたりについて、公平性を欠かないような形で考えていかねばならないというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 5番、竹井君。



◆議員(竹井和明君) 私、3点の一般質問をいたしましたが、一応町長の前向きな答弁と理解して、私の一般質問を終わります。



○議長(大森忠勝君) 以上で5番、竹井和明君の一般質問を終わりました。

………………………………………………………………………………



○議長(大森忠勝君) 暫時休憩いたします。再開は15時20分からとします。

午後3時12分休憩

………………………………………………………………………………

午後3時20分再開



○議長(大森忠勝君) 再開します。

 9番、市津広海君の発言を許します。9番、市津君。



◆議員(市津広海君) 9番、市津です。ただいまより一般質問を始めます。

 行政改革、学校給食について(その2)です。今日、全国の地方自治体が抱える借入金は増大し、自治体財政の硬直度を示す経常収支比率から見ても、多くの自治体が危機的状況にあると認識しなければなりません。今、国内では少子高齢化、高度情報化が進む中、経済、雇用の低迷、財政危機、社会保障の不透明さなど多くの重要課題に直面しています。

 このような環境の中、岡垣町も現在、第3次行政改革を推進中でありますが、民間委託推進の中、学校給食調理業者委託について、教育長部局については確かに財政削減になりますが、町全体の財政状況から見ますと業者委託した分、支出がふえることになるわけです。また、教育長部局だけで小学校の業者委託した分の給料差益により中学校の業者委託センター方式の学校給食を導入することに、町全体の財政状況はますます悪化します。そこで、行政改革の見直し及び職員条例定数の削減について質問いたします。

 次に、地域に輝きを、漁業の活性化についてですが、漁業を取り巻く環境は日本のみならず、外国の漁業の発展に伴い、自然の恵みである魚類の乱獲で魚類が減少している。また、海外から安い魚介類が入り、ますます悪化しているのが今日でございます。こうした環境下で漁協の合併も推進中であります。岡垣町はこれといった産業の振興のない中、農漁業は昔からの基幹産業であります。

 そこで、今回、生き残りをかけた漁業の活性化について、漁業振興基本計画書が作成されましたわけですが、とる漁業から波津地域特性を生かした栽培漁業の推進計画は評価しています。しかし、今後漁業振興計画を推進していく上で波津漁協との取り組みについて質問いたします。答弁をよろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 市津議員の学校給食についてお答えをいたします。

 地方自治体の財政状況は、最も大きな要因でございます地方税収入及び地方交付税の原資となる国税収入の減少により、厳しい状況が続いています。そうした現状の中で、今後のまちづくりの基本である岡垣町第4次総合計画を実現していくためには、健全で効果的、効率的な財政運営や弾力的な組織運営を図る必要があり、そのための行政改革を行っています。

 しかしながら、多様化する住民ニーズ、少子高齢化、高度情報化、そして地方分権と取り組まねばならない行政課題は山積し、職員一人一人が抱える業務は質量ともに増加傾向にあり、そのことは住民サービスにも影響しかねません。歳入が見込めない中で、経常経費の増につながる職員の増員は厳しく、民間委託等を図りながら行政運営を進めていかねばなりません。行政改革につきましては行政サービスを低下させず、低廉な価格で短期的に実施できるものと中・長期的に改革しなければならないものとがあります。

 学校給食調理の民間委託につきましては、法的な身分保障等の問題もあり、民間のような急激な改革とはなりませんが、保護者の要望の高い中学校に完全給食導入を図るためにも、中・長期的な行政改革にならざるを得ないところを御理解いただきたいと思っております。

 次に、地域に輝きを、漁業の活性化についてでございます。

 私は町長に就任して以来、まちづくりを進める上で、漁業の振興は農業と同様、大きなテーマであることを申し上げてきました。そのことを踏まえまして、3月19日の全員協議会におきまして、岡垣町漁業振興基本計画書を説明させていただきました。

 その中でも触れていますように、近年、波津の漁業は、水産物の減少や担い手不足と高齢化、魚価の低迷などで漁家経営は大変厳しい状況にあるといえます。その漁業を何とか活性化したいという思いで3カ年をかけた当該計画書を策定いたしました。本計画書は、岡垣町第4次総合計画に基づき、これを補完する個別計画として、今後の波津における漁業振興の方向性を示したものです。

 町としましては、今後漁業振興計画を基本としながら、波津の漁業活性化に向けた取り組みを支援していきたいと考えています。

 以上、この場でお答えをいたしまして、あとは自席にて質問を受けながら答弁をいたしますのでよろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) まずは、行政改革から学校給食、パート2からでございますが、町長にお尋ねします。

 行政改革とは何のためにされるのか、まず質問いたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほども述べましたように、国の財政その他を含めまして大変厳しい、地方、国も一緒でございます。その中で、住民の多様なニーズにこたえるためには行政みずから改革をして、そして住民サービスにこたえる、そういう願いのもとに行政改革を進めておるわけでございます。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) 私は、先ほどの町長が、今申されました件で、財政的にも大変厳しくなっている状況でございます。財政をもとに考えていくべきやないかと、私は思っている次第でございます、これについてはよろしいですけど。

 次に、第2次行政改革が行われ、水道事業における現業職6名が一般職へと職務が変更されたわけです。町職員の条例定数は185名でありました。そのとき、定数是正は行われたかどうか。答弁できればお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 第2次の行政改革等につきましては、ちょっと私はわかりかねますので企画政策室長の方から説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 宮内企画政策室長。



◎企画政策室長(宮内實生君) しておりません。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) 先ほども学校給食の件で少し触れましたけど、水道事業だけで見てみますと、確かに外部委託、浄水場運転管理委託料、委託ですね、人件費の軽減になったわけでございます。もともと町職員の条例定数は185名なんですよね。外部委託した分、15年度予算、今の予算ベースで約1,600万円の支出がふえているわけなんです。1,600万円。その辺はふえたかどうか、確認の意味で答弁をお願いします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 確かに、予算としてはふえております。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) ここで町長、行政改革はなされていると思われますか。答弁をお願いします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほど、一般質問の答弁書で述べておりますように、中・長期的な身分、職員の身分保障の問題、いろいろございます。そういう中で急激に民間のように極端なこともできないというのも事実でございます。そういうことで、長い中・長期的な中での行政改革というふうに認識をしていただきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) 確かに町民の人口増、また多種多様の町民ニーズに、また福祉の向上に対して、人が職員の数が不足している分があったかとも思います。それは、対応に対しての6名というのが補充されたのではないかと、私はその第2次行政改革の中では推測しているわけですけど、その辺について答弁ができればお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 第2次行政改革のことにつきましては助役の方から説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) 行政改革の中で第2次の分が御指摘ありましたけども、その行革の中で水道については民間委託ということをしまして、そして一般職の業務に充てたということでございますが、これはやはり今、御存知のように、地方分権あるいはその前では福祉の措置権の移譲、そういうもので非常に地方の業務は本当に複雑多様化する中で、本来は定数なりで措置しなければならなかったことが、この水道の民間委託によって水道の経費節減と、それから一般職におきます行政職に対する定数をこれでふやさなくてこの職種変更によって業務を対応できるようにしたということで、まさにこれが行政改革であるというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) 次に、第3次行政改革に、今回入りますが、小学校のおける学校給食調理部門の民営化について、行政改革推進委員会での答申が出て現在、推進中であり、予算における審議待ちでもあるわけでございます。

 そこで、教育長に質問します。小学校における業者委託は何校の予定で小規模校であるのかないのか。答弁お願いします。



○議長(大森忠勝君) 安部教育長。



◎教育長(安部欽一朗君) 結論から申しますと、今、検討中でございます。やはり早急に教育委員会を開きまして、そして現状を説明をし、決めたいと思っております。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君)  以前、私がお聞きしたところによると、小規模校、内浦、戸切はないであろうと。ということは、残りの3校の2校が対象になるのではないかと。私がここに資料を持っているんですが、宗像市の河東小学校ですか、業者委託、調理部門のみ業者委託した分ですが、約年間1,000万の経費で済む。岡垣町では2校行うのであれば、単純に足して約2,000万から2千二、三百万ぐらいかかるんではなかろうか、で経費で済むんではなかろうかと。

 確かに、教育長部局では給食調理員を業者委託することにより4人分、これ2,400万ぐらいの計算であったと思うんですが、4人の一般職が上がるのはですね。職務変更が予定されているんです。ということは、その200万から400万プラスパートの今、現状パート職員、パートの人を雇っているはずです。この分が削減になる。しかし、栄養士を1人、県から補充せないかんとか、そういうこともあるんです。これが果たして行政改革になるんであろうかと、私は思うわけなんです。というのは、4人がこれ一般職に上がるわけですよね。その点について、答弁お願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) 今回、職変更ということで一応4名の方が手を上げておりますが、定足、この内容については教育委員会の分野ですけども、結果的に2名の欠員と4名ですね、で、6名ということになってきます。この受け皿といたしましては、教育委員会としては民間なりあるいは臨時で対応ということでいたしますが、今回これを一般職の中に職種変更して、そして退職者、岡垣町、今から今後、退職者がいっぱい出てきますので、不補充方式によってこの受け皿として吸収していこうということで、先ほど町長が申されましたように、中・長期の中におけるこの取り組みをしていくというような考え方で位置づけています。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) そうすると、定数是正といいますか、今回ことしも1人採用予定があるわけですよね、その辺の確認をいたします。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) 退職者がおられますのでその補充ということは、現段階においてはございます。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) では、4人の一般職に繰り入れ、繰り入れといいますか、職務変更がある。この方々はこの人たちといいますか、方々がいるわけです。採用が必要であったかどうか、町長、答弁をお願いします。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) この問題につきましては、職員の採用ということについては、やはりあらかじめ1年前とかいう計画で採用計画を立てていきますけども、現段階でこの問題についてはいろいろな問題が論議されまして、そしてこの職種変更については、基本的には今、手を挙げられた状況でございまして、これをいつ張りつけるかということについては、先ほど教育委員会の教育長の方で申されましたように、今後の現在の計画の中でどう位置づけていくのかということでございますので、この職種変更の分については、次年度以降の退職者不補充との整合性をとっているということになるんではなかろうかというふうに思っております。

 それから、もう一つは今、御存知のように、合併問題とかいろんなものが論議をされております。そうした中で、やはり職員が今現在、定数いっぱいでおりますけども、新たな職員の必要性も出てくるという部分もにらんでおかねばならないというようなことで、そういう全体的な判断の中で、ことしの採用については例年どおりさせていただいたということでございます。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) 給食調理員の採用はもう退職不補充で2年前ぐらいですか、やっているわけでしょう。今、助役が言われたこととちょっと相違があると思いますが、その点について答弁をお願いします。計画、先ほどの何といいますか、行政改革の中で不補充してきているわけでしょう、1名か2名欠員しているわけですよ。それはもう1年も2年も前のことで計画があるわけでしょう、今、助役が言われたことと違うと思います。答弁お願いします。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) 今、申し上げたのは、4名の職種変更ということでの御質問でございましたので、その退職者不補充という考え方は、一般職における考え方で取り組んでいくということを申し上げたわけで、もともと調理員については、今、市津議員が言われたように、あらかじめ退職者を1年前からそういう制度で取り組んできたということでございますが、私が申したのは、今後一般職に向けての退職不補充という考え方で申し上げたということです。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) 今、助役が言われたことで、一般職の繰り入れの予定ですね、これは早い時点で予定されていたことではないかと、私は思いますが、その点について答弁を再度お願いします。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) この行政改革の小学校の給食調理業務委託については平成15年度からという、そういう当初の行政改革の大綱の中ではそういう年次で計画しておりましたけども、進める過程におきまして諸問題の中でずれてきたということで、現段階においては、先ほども申しましたように、この総体的な計画は今、検討中ということでございます。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) わかりました。第2次、第3次、現在行革により定数条例185名の人数、変更はないんですよね。しかし、実質一般職に予定としまして、今度給食調理員に4名が一般職に上がったら10名ふえたことになるんです。第2次行政改革、水道事業ですね。ふえることになるんですよね。それについて答弁、できればお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) 定数そのものは185では変わりません。ただ、市津議員が言われましたように、ある意味では重複する分が臨時職員なりそうした分、あるいは民間委託で重複する分がそのことを言われているんではないかなとは思いますけども、それは先ほど申しましたように、中・長期の展望の中で考えておりますということで説明したとおりで、基本的には定数そのものは185ということで変わらないということです。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) 基本的に185名は変わらんわけです。しかしながら、給食調理員を業者委託した分、4名が上がってくると。上がってくるというか、職務変更、過去に水道事業で向こうの野間のあそこで交代勤務されていた方が6名ですね、上がられとるわけです。これ一般職に今、入られとるんですよね。それと、入る、今度4名入られるわけです。この辺は結局10名ふえたといいますか、一般職に10名ふえた形になるんです。先ほども話しましたけど、じゃあ、業者委託した分、水道事業の予算、それから学校給食予算というのは別個にふえているわけです。

 これは、私が何を言いたいかっちいうたら、企業の話と何といいますか、この行政というのは違うかもしれませんけど、実質、企業、私の会社もそうですが、業者委託等で人員削減により経営基盤の安定化を図っているんです。これが企業の現実です。うちの会社は去年からですか、1,500人から今、1,000人に減らす予定で、黒崎ですけど、やってるわけでございます。

 私は、この定数185が全然減ってないけ、おかしいんやないかと。それは、確かに町民ニーズにこたえるために、町民ニーズ、複雑な町民ニーズ、たくさんあるわけです、それには、それが1名、2名、3名、ふやしていかないかんかもしれん。しかしながら、この10名ふえるというのは、これは考え方の相違かもしれんけど、おかしいんやないかと、私は思います。

 企業と行政の根本的な違いはありますけど、バブル時代とは違うんです。根本的に第3次行政改革の、私はもう一度見直しが必要ではなかと、私は思いますが、その点について答弁をお願いします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 民間では今、言われましたような厳しいリストラといいますか、厳しい選択で、そしてその中から経費を節減し、そして生き残りをかけるというスタイルと申しますか、やり方が常かと思いますが、低廉な価格で行政サービスを低下させないものについては、私どもは行政改革で実施して、民間委託の方もしていくということも必要でございますが、給食にいたしましても教育の一環としてやりますのでその目的、そして、一部民間委託をしながら、そして給食の内容も質を下げないでやるということで考えております。特に、公務員としての身分の保障の問題もありますので、すべてが民間と比較できるということではできない世界がございますので、そこら辺については十分理解をしていただきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) 今、町長が言われましたけど、身分の保障を私がするなとか、何も言ってないわけですよ。それは身分の保障はもちろんしなさいと。ただ、計画的に採用を是正するちゅう、助役が先ほど言われましたけど、私は計画しておりましたからとか言われるけど、本当にその辺の計画はあいまいで、昨年の全協か連合審査、連合審査やったですかね、予算でサンリーアイの定数外の185定数外の人たちの、それから各いこいの里、それからシルバー人材センター等の出向されている方々がいらっしゃいます。こうした方々も結局は、町の予算から最終的には行くわけでございます。その辺の計画性が、僕はあるかというたらそのときそのときでいっているような気がします。私は、今回の1人でも採用が本当に必要であったかということに対しては疑問を持っております。

 要望になりますが、業者委託した分、支出が増すわけです。今後の採用計画、また人事の割り振り等で検討の見直しを要望して行政改革については終わります。

 次に、地域に輝き、漁業の活性化についてですが、全員協議会で漁業振興基本計画書の説明を聞きました。町長の答弁を聞きましたが、私は漁業活性化の取り組みに何となく物足りなさを感じております。

 というのは、過去、前町長の時代から、町長は漁業出身でございました。もう組合は全然やる気がないというか、積極性がないと言われてきて、幾らこっちから言うてもというような答えが返ってきて、過去役場の課長さんあたりも、言うてもですねえと、何か返ってこんというような御意見を言われたことがありました。こうした中で何となく基本計画書はできたんですけど、対応について物足りなさを感じているんです。町長はどう思われますか。答弁をお願いします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 市津議員が、どの部門で物足りなさを感じられたかということについてはちょっとわかりませんけども、私は、岡垣町の産業の一つである漁業を活性化させたいということはもう思っておりますし、そういうようにぜひしたいというふうに考えております。そのために今回、策定いたしました漁業振興計画はパーフェクトと、完全だとは言いません、言えないかもしれませんが、こういう方向性を出しましたので、今後これについては担当課を含めまして漁協の方々と一緒に支援をしていきたいと。そして、活性化させていきたいというふうに思っております。やはり今後、これについては十分私どもも担当、そしてまた私自身もまた担当課の職員も一生懸命頑張ると思います。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) 物足りなさというのは、先ほど言いました漁協の考えと町の考えが常にこう平行線を行っていたような、私は気がするんです。行政のかかわり方、今後の取り組み方が見えていない。というのが、感じたわけです。その点について答弁お願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほど述べましたように、波津の漁業を何とか活性化したいという思いで本計画書を3年かけてつくってわけでございますが、行政の積極的な取り組みを考えて策定したわけでございます。ただ、漁業の活性化は基本的には波津の漁協、そしてまた漁業の皆さんが熱意を持って取り組んでいただくということが、活性化につながるわけでございます。今後、町といたしましても、先ほど申し上げましたように、計画書を基本的に考え、そしてその取り組みに対しては熱意を持って、今後とも支援をバックアップをサポートしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) 町長が言われるように、波津の漁協なり、漁業者が熱意を持った取り組みが基本であること、私はそう思います。しかし、今までの漁協、私も何度か特別委員会、また組合長のところに出向きましてお話ししたことは何度かあります。私もあるんですよ。私もそう思いますが、その方向について導いてやることも、私は行政の役割であるのではないかと、私は思っておりますが、その辺、その点について答弁をお願いします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほど言われました市津議員の質問でございますが、今回の活性化につきましては本計画書、基本計画の中に示しております。すべてこれがベストだというふうには思いませんけども、漁業の皆さん方からもいろんな、私どもも行きましたし、また担当課係員も漁業者の皆さんの意見も十分に聞いております。そして、その中でつくった資料でございますので、私もそれなりに前向きにできたというふうに思っております。

 そして、今後の課題と申しますか、波津漁協の生き残り策としてとる漁業から、根つけ漁業と申しますか、そういう方向に行ったということは、これが波津漁協の最後のと申しますか、生き残るための最後の取り組みじゃないかというふうに思っております。

 その中で、私どもとしては、行政として支援される漁業の資源調査事業についても本年度の予算に取り上げておりますし、今後の具体的な計画についても責任を持って策定する中でしておりますので、町としても当然熱くかかわっていきたいというふうに思っております。この計画書が終わりでなく、今後の波津の活性化の漁業の活性化のスタートだというふうに位置づけて、今後とも支援をしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) 今、町長が言われたように期待はしております。ここで県の水産振興課からいただいた資料があるんです。波津漁協に関する栽培漁業について、海域から地形、特性、いろんなこう、もう県でこれ調べてあるんですよね。この中で波津地先海域のメリット、波津地先海域は先日のような外海性の漁場特性を有しており、また、外海性の筑前海の中でも位置良好な磯環境と県内有数の磯漁場、それから磯資源の豊かさのメリットがあります。今後の磯漁場の振興策、栽培漁業、波津漁業のメリットを生かすような漁業振興として、アワビ、赤ウニ等の種子放流を促進することで磯漁場効率化に活用することが可能です。特に、栽培漁業の対象種として、現在はアワビだけしか放流していませんが、新たな種類として放流効果の高い赤ウニ等を放流することも期待されますと、こういう資料が県でもうまとめてあるわけです。

 これは今までにももうこの何年間、漁業振興した漁業の特別委員会等で調査したことで、過去にも磯漁場といいますか、こういうことしかないと言われていたわけです。今後とも担当課ももちろんでございますが、波津の漁業振興に努めていただきたいと思います。

 最後に、全協の中で、助役が職員を漁協に行かせると、どんどん行かせますと言われましたが、どの程度の対応を考えられているのか、答弁ができればお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) こないだ全協の中で申し上げましたけども、農林水産課の職員ですね、水産関係にそういう技術的な技術の能力を持った職員がおるということで、これは町長と私が組合長とお会いしたときに、もう少しやっぱり漁協と町との連携をとっていく必要があるということで、漁協の組合長も自分のところに机も置いていいばいというようなことも言われておりますので、極力その接点をもう少しこう深めて、そして先ほどの町長が言われましたように、漁業振興へ向けてのいろんな行政のスタンスも、そういう意見を聞いた中で示していきたいというようなそういう熱意でおります。ただ、それが、じゃ、1カ月後、15日なのか何なのかということについてはそれぞれの職種なり業務を持っておりますので、その中で最大限そこの意見交換なり、いろいろ情報の交流ができるような形は、組合長と協議して一層取り組んでいきたいとは思っております。



○議長(大森忠勝君) 9番、市津君。



◆議員(市津広海君) 今、町の考え方に、私は期待します。

 最後に、3漁協の合併の推進の中、将来平成17年に道の駅の建設予定でございます。岡垣の基幹産業の一つである漁業の一日も早い活性化のために、執行部の対応を期待し、私の一般質問を終わります。



○議長(大森忠勝君) 以上で9番、市津広海君の一般質問を終わりました。

────────────・────・────────────



○議長(大森忠勝君) 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日は、これにて散会します。起立、礼。

午後3時57分散会

──────────────────────────────