議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 岡垣町

平成 15年 3月定例会(第1回) 03月05日−01号




平成 15年 3月定例会(第1回) − 03月05日−01号









平成 15年 3月定例会(第1回)


岡垣町告示第21号
 平成15年第1回岡垣町議会定例会を次のとおり招集する
    平成15年2月24日
                                岡垣町長 樋? 龍治
1 期 日  平成15年3月5日
2 場 所  岡垣町議会議場
──────────────────────────────
開会日に応招した議員
下川路 勲君          石井 要祐君
竹井 信正君          勢屋 康一君
竹井 和明君          安部 正開君
土屋 清資君          木原 信次君
市津 広海君          曽宮 良壽君
平山  弘君          久保田秀昭君
大堂 圏治君          矢島 惠子君
竹内 和男君          松本 國夫君
山田 ?一君          大森 忠勝君
──────────────────────────────
3月6日に応招した議員
なし
──────────────────────────────
3月17日に応招した議員
なし
──────────────────────────────
3月24日に応招した議員
なし
──────────────────────────────
3月25日に応招した議員
なし
──────────────────────────────
3月26日に応招した議員
なし
──────────────────────────────
応招しなかった議員
                    なし
──────────────────────────────
 
───────────────────────────────────────────
平成15年 第1回(定例)岡 垣 町 議 会 会 議 録(第1日)
                             平成15年3月5日(水曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                                  午前9時30分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期の決定について
 日程第3 議案第15号 岡垣町教育委員会委員の任命について
 日程第4 議案第16号 岡垣町附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例
 日程第5 議案第17号 岡垣町ふるさとづくり基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例
 日程第6 議案第18号 岡垣町国民健康保険条例の一部を改正する条例
 日程第7 議案第19号 岡垣町都市公園条例の一部を改正する条例
 日程第8 議案第20号 岡垣町立体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
 日程第9 議案第21号 福岡県自治振興組合を組織する市町村数の増減に関する協議について
 日程第10 議案第22号 福岡県市町村災害共済基金組合を組織する市町村数の増減に関する協議について
 日程第11 議案第23号 福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合を組織する市町村数の増減に関する協議について
 日程第12 議案第24号 福岡県自治会館管理組合を組織する町村数の増減に関する協議について
 日程第13 議案第25号 平成14年度岡垣町一般会計補正予算(第6号)
 日程第14 議案第26号 平成14年度岡垣町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)
 日程第15 議案第27号 平成14年度岡垣町老人保健事業特別会計補正予算(第3号)
 日程第16 議案第28号 平成14年度岡垣町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
 日程第17 議案第29号 平成14年度岡垣町農業及び漁業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)
 日程第18 議案第30号 平成14年度岡垣町水道事業会計補正予算(第4号)
 日程第19 議案第31号 平成15年度岡垣町一般会計予算
 日程第20 議案第32号 平成15年度岡垣町国民健康保険事業特別会計予算
 日程第21 議案第33号 平成15年度岡垣町老人保健事業特別会計予算
 日程第22 議案第34号 平成15年度岡垣町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算
 日程第23 議案第35号 平成15年度岡垣町公共下水道事業特別会計予算
 日程第24 議案第36号 平成15年度岡垣町農業及び漁業集落排水事業特別会計予算
 日程第25 議案第37号 平成15年度岡垣町水道事業会計予算
 日程第26 議案第38号 岡垣町道路線の認定及び廃止について
 日程第27 陳情について
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期の決定について
 日程第3 議案第15号 岡垣町教育委員会委員の任命について
 日程第4 議案第16号 岡垣町附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例
 日程第5 議案第17号 岡垣町ふるさとづくり基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例
 日程第6 議案第18号 岡垣町国民健康保険条例の一部を改正する条例
 日程第7 議案第19号 岡垣町都市公園条例の一部を改正する条例
 日程第8 議案第20号 岡垣町立体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
 日程第9 議案第21号 福岡県自治振興組合を組織する市町村数の増減に関する協議について
 日程第10 議案第22号 福岡県市町村災害共済基金組合を組織する市町村数の増減に関する協議について
 日程第11 議案第23号 福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合を組織する市町村数の増減に関する協議について
 日程第12 議案第24号 福岡県自治会館管理組合を組織する町村数の増減に関する協議について
 日程第13 議案第25号 平成14年度岡垣町一般会計補正予算(第6号)
 日程第14 議案第26号 平成14年度岡垣町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)
 日程第15 議案第27号 平成14年度岡垣町老人保健事業特別会計補正予算(第3号)
 日程第16 議案第28号 平成14年度岡垣町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
 日程第17 議案第29号 平成14年度岡垣町農業及び漁業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)
 日程第18 議案第30号 平成14年度岡垣町水道事業会計補正予算(第4号)
 日程第19 議案第31号 平成15年度岡垣町一般会計予算
 日程第20 議案第32号 平成15年度岡垣町国民健康保険事業特別会計予算
 日程第21 議案第33号 平成15年度岡垣町老人保健事業特別会計予算
 日程第22 議案第34号 平成15年度岡垣町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算
 日程第23 議案第35号 平成15年度岡垣町公共下水道事業特別会計予算
 日程第24 議案第36号 平成15年度岡垣町農業及び漁業集落排水事業特別会計予算
 日程第25 議案第37号 平成15年度岡垣町水道事業会計予算
 日程第26 議案第38号 岡垣町道路線の認定及び廃止について
 日程第27 陳情について
──────────────────────────────
出席議員(18名)
1番 下川路 勲君       2番 石井 要祐君
3番 竹井 信正君       4番 勢屋 康一君
5番 竹井 和明君       6番 安部 正開君
7番 土屋 清資君       8番 木原 信次君
9番 市津 広海君       10番 曽宮 良壽君
11番 平山  弘君       12番 久保田秀昭君
13番 大堂 圏治君       14番 矢島 惠子君
15番 竹内 和男君       16番 松本 國夫君
17番 山田 ?一君       18番 大森 忠勝君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長 占部 延幸君       係長 麻生 潤治君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 樋? 龍治君   助役 …………………… 広渡 輝男君
収入役 ………………… 柴崎 國雄君   企画政策室長 ………… 宮内 實生君
総務課長 ……………… 山田 敬二君   管財課長 ……………… 小田 勝人君
情報推進課長 ………… 土田 和信君   地域づくり課長 ……… 渡辺 一郎君
税務課長 ……………… 神屋 守正君   環境共生課長 ………… 西岡 文雄君
住民課長 ……………… 吉田 晋一君   健康福祉課長 ………… 花田 申三君
こども未来課長 ……… 廣渡  昭君   建設課長 ……………… 木原 弘毅君
農林水産課長 ………… 須藤 智明君   下水道課長 …………… 岩藤 昭良君
水道課長 ……………… 岩崎 生夫君                     
教育長 ………………… 安部欽一朗君   教育総務課長 ………… 吉田 清人君
社会教育課長 ………… 石田 健治君                     
──────────────────────────────


午前9時32分開会



○議長(大森忠勝君) ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、これより平成15年第1回岡垣町議会定例会を開会します。起立、礼。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

 日程に入るに先立ち、諸般の報告を行います。占部事務局長。



◎事務局長(占部延幸君) 平成15年2月7日、東京で開催された全国町村議会議長会総会において、大森議長が自治功労者表彰を受けられました。

 また、平成15年2月27日、福岡市で開催された福岡県町村議会議長会総会において、大森議長、勢屋議員が自治功労者表彰を受けられましたので、ここで表彰を行いたいと思います。2名の方、前にどうぞ。



◎議員(下川路勲君) 表彰状、福岡県岡垣町議会議長、大森忠勝殿、あなたは多年議会議員として地方自治の振興発展の寄与され、その功績はまことに顕著であります。よって、ここにこれを表彰します。平成15年2月7日、全国町村議会議長会会長、安原保元。(拍手)

 表彰状、遠賀郡岡垣町議会議長、大森忠勝殿、貴殿は多年町村議会議員として、地方自治の振興発展に貢献され、大きな功績を残されましたので、これを表彰します。平成15年2月27日、福岡県町村議会議長会会長、阿部政幸。(拍手)



○議長(大森忠勝君) 表彰状、遠賀郡岡垣町議会議員、勢屋康一殿、あなたは30年余りの長い期間に議会議員として、地方自治振興発展に寄与され、特に大きな功績を残されました。よって、これを表彰します。平成15年2月27日、福岡県町村議会議長会会長、阿部政幸。(拍手)



◎議員(勢屋康一君) おはようございます。30年の表彰を今いただきまして、本当にありがとうございます。これも皆さん方のいろいろなお支え、御理解の賜物と私は深く感謝しております。今後ともひとつよろしくお願い申し上げまして、あいさつといたします。(拍手)



○議長(大森忠勝君) 私も4期16年たつということでございますが、これもひとえ町民の皆さん、また議員の皆さんの御理解のもとで果たせたと思っております。これを一つの起点として再出発のつもりで、また今後とも頑張りますので、皆さんの御協力のほどよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名について



○議長(大森忠勝君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。本定例会の会議録署名議員は、会議規則第112条の規定により、議長において8番、木原信次君、10番、曽宮良壽君を指名します。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期の決定について



○議長(大森忠勝君) 日程第2、会期の決定についての件を議題とします。

 お諮りします。本定例会の会期は本日から3月26日までの22日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、会期は22日間と決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案第15号



○議長(大森忠勝君) 日程第3、議案第15号岡垣町教育委員会委員の任命についての件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第15号について提案理由の説明をいたします。

 教育委員が1名欠員となっておりますので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、教育委員として十時榮一氏の任命について議会の同意を求めるものです。

 同氏の履歴は、次のとおりであります。任期は前委員の残任期間の平成15年10月30日までとなっています。

 以上をもちまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって、提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。4番、勢屋君。



◆議員(勢屋康一君) この十時榮一氏をここに提案されておりますが、森さんの亡くなられた後に出てきておるわけでございます。残任期間ということでございますんで、本来なら校区は私たちも今まで校区から出しておったけども、それは解いてもよろしいと、解くべきやということを申し上げてきました。今度初めて校区を取っ払う教育委員が任命されようとしよるわけですね。私は残任期間であるならば、やっぱり戸切校区から、亡くなられた後の残任期間であるから、私はそっから出すのが妥当やないかというふうに考えます。その点について町長はあえてこれを出された提案の理由を明確にしていただきたい、これが一点です。

 2点目が、戸切校区から欠員になったと。これをあえて三吉には教育委員がおるわけですよ。そこで、あえて二人を出さなきゃいけない理由が、何があるのか、この点が2点です。

 3点目が、十時氏を出したということは、今、森さんというのは民間から入っておるわけですね。この方は学校教育現場で働いてきた、いわゆる教育畑からきておる方なんですね。これを出そうとすることは、教育長の問題も考えられた上で出しておるのか、安部教育長は来年の12月ですか──ありますが、そういう問題も含めて町長としては提案しておるのか、この3点をまずお聞きしたいと思う。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 勢屋議員の御質問にお答えをいたします。

 最初、残任期間を戸切校区からというような、出してもいいんじゃないかというような質問でございますが、さきの12月の議会におきまして、校区については今までは各小学校区から出られておりましたけども、今後は幅広く地域性も考慮しながら、幅広く人材の登用についてはやるべきではないかというような御質問、そしてまた、私どももそういう方向で今後していきたいというように、お答えをいたしておりましたので、前教育委員の欠員につきましては、今後は今回の12月議会に答弁いたしました方向でもって、選任をいたしたわけでございます。

 それから、残任期間ということでなく、幅広く登用するというようなことでさせていただいたということが一つと、それから三吉区ということでダブるわけでございますが、東部、中部、西部というような枠組みと、学校区についてはあと2名等については幅広くというようなことで、偶然、三吉区ということになったわけでございますけども、まず、重要なことは教育委員の地方教育行政の組織及び運営に関する、先ほど言いました第4条1項にありますように、人格は高潔で、そして、教育、学術及び文化に関し、識見を有する方というようなことで、私は選ばしていただいて、たまさかと申しますか、偶然こう自治区が一緒だということになっておりますけども、そういう形で選ばしていただきました。

 また、次に、民間の故森教育委員の後、今回の十時氏が教育畑からということで、後の教育長というような話を勢屋議員がされましたけども、それはあくまでも私どもとしては教育委員として選ばしていただいておりますので、今後のことについてはまたいろいろと考えていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 4番、勢屋君。



◆議員(勢屋康一君) 3点目の問題については、私は町長の答弁で良とします、そこまでは考えておらないということで。

 私は、2点目の非常に教育熱心な方と、私は戸切校区なり、あるいは戸切校区を取っ払うにしても山田校区なり、海老津校区なり、私が、樋?町長から相談があれば、私も探しますよ、おりますよ。だけども、やっぱり提案者というのは樋?町長でありますから、少なくても校区は取っ払うにしても、この岡垣町の広い中で、あえて三吉から二人出すということについては、私は非常に納得しがたい面を持っておるわけですよ。おらないという樋?町長の見解なら、あなたの考えはそれでいいでしょう。しかし、私は校区を取っ払えと言ったのは、少なくとも戸切校区から、本当は校区から出したらいいでしょう、詳しいから。だけども、そういうのを取っ払うということは、私も議会の皆さんも言ってきましたよ。しかしながら、戸切からそれをあえて中西部の方に持っていくちゅうのは、これはやっぱり我々山田校区の議員としてはなかなか納得しがたい。

 もう一つ言わしていただくなら、内浦小学校がなくなったと、教育委員変えなきゃいけないという、内浦小学校から吉田眞宰さんやら出ておるでしょう。これを、じゃ、海老津なり、山田なり持ってきてみらんですか。これと全く同じなんですよ。だから、私は法律に基づいて、識見がある方を選ばれたといわれるけれども、じゃ、東部の方におらなかったのかと。基本的にはやっぱり中部、西部、昔からいう中西部、いわゆる吉木、内浦ですわね。こういうところから2名、やはり、東部の方から山田、戸切、海老津、こういうところから3名というものは、私は基本的には守っていかなきゃいけないのやないかと思うわけですね。だから、町長がじゃあ、もう校区は取っ払うから、東部がおらんなら西部から出す、西部も東部ももう岡垣町全体をプールするというふうに考えておるのか、町長は。その点だけもう1回、お聞きしたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 教育委員の選任につきましては、私も幅広く人材の登用が必要だというようなことで、教育委員会の方とも協議いたしまして、2名の方が私どもとしては、そこで検討さしていただいたわけでございます。その中の一人として、私どもとしてはふさわしい方ということで、今回、十時氏を選任をさしていただきたいというふうに思っております。

 総体的な地域のバランスを取るということも必要でございますし、今後は私どもも東部地域、中西部地域と二つの大きな地区に分けて、その中で人材の登用は進めていきたいというふうには、基本的には思っております。すべてを何もかもそういう総体バランスということも考えずにやるということは、私は考えておりません。ある程度、東部、中西部、それから、東部地域というふうのバランスも総合的には考えていきたいというふうに、思っております。



○議長(大森忠勝君) 4番、勢屋君。



◆議員(勢屋康一君) もう3回目ですから最後にしますが、今、森教育委員の後任に十時氏がよかったということで提案されとるわけですね。で、十時氏しか教育委員会と行政との話し合いの中でおらなかったのか。もし、仮にあったとします。一人しか出てこなかったというんなら、私はそれでも今度はそういうところを選んだ教育委員なり、教育長なり聞きたいわけですが、やっぱりこうこの広い岡垣町の中で、十時氏しかなかったのか、あるいは、ほかにもあったのかどうか。ほかにあったとするなら、この方よりこの方がいいというものを私に示していただかなきゃ、私もなかなか、はい、そうですかと、町長が提案したものについて同意するちゅうわけにはまいりませんので、最後ですから、その点について、明確にお答えいただきたい。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 教育委員会と協議した中では、複数の方がございました。その中で、私としては履歴、その他を今までの教育委員としてのふさわしい履歴、それと業績について十分に勘案をいたしまして、十時氏を選んだということでございます。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部正開君。



◆議員(安部正開君) 私は、今回の提案に対しまして、反対するものではございませんが、今まで教育委員が5名おられ、小学校校区として5校区であるということから、広く全般的に有能な人材を選任するという考え方はありましたし、意見もございました。しかしながら、事実上、校区から一人の委員というのは、今回、初めて外れておるわけですね。ですので、ということは、やはり教育というのは岡垣の中でも、やはり地域の独自性という一つの特色がございまして、いわゆる開かれた学校ということで、今教育面では地域のふれあいのもとで、社会なり家庭、そして学校が一体的に進めていこうという、しかも、少子高齢社会の中で、地域とともに子どもを育てていこうと、そういう面において、やはり校区から一人やはり象徴的な相談できる教育委員さんを筆頭に、やはり特色のある学校、そして特異性のある子どもというのも目指す方向というのがあるわけでございまして、そのためにはやはり従来から守られてきた校区から一人、教育委員が出されておるということは非常にいいことではなかったかと思うわけでございます。で、今回は、不幸にして有能な森委員が不慮の死亡によって急遽決められるような状況になったわけでございますけれども、やはりその点、推薦をされてありますこの方は非常に有能なお方であることは承知しております。しかし、非常な無理なような印象をもつわけでございます。で、今後、まず、どういう基準のもとで、町長は選任をされたのか、再度、お尋ねをしたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほど勢屋議員の質問でもお答えいたしましたように、12月議会の中で前の選任をさせていただきました柴山教育委員の2名の議会の折にも申し上げましたように、確かに小学校区から1名ずつの過去は教育委員の任命がされておりましたし、私も12月議会では山田校区から選ばしていただいたわけでございます。そういう中で、議員の皆さん方といろいろな質疑等の中で今後の教育行政のあり方について、貴重な御意見等もいただき、今後は地域的なバランスも東部、中部と岡垣町には昔からそういうふうな、東部、中西部とかいう大きな縛りがあります。その中で地域性も見ながら、そして、あと2名については、バランスを取りながら、有能な人材ならば、ダブると申しますか、そういう地区に小学校区の人数もございますけども、いろいろなことを考えて、有能な人やったら、校区ごとを取っ払うといいますか、そういうことも壁もある程度破ってもいいんではないかというような提言もいただき、私どももその方向について、受けとめておるわけでございます。

 そういう中で、今回、教育委員会の活性化という問題、そして週休5日制の問題とか、いろいろ教育をめぐる環境についても、昔と大分変わってきておりますので、そういうところを考え、今回、十時氏を私どもとしては教育委員会の中で協議し、そして、地区的にはダブるというような形になりましたけども、私は有能な人材であり、今後の教育委員会の中で十分にその能力を発揮していただけるという確信のもとに、選ばしていただいたわけでございます。今後とも、地域的なバランスは十分に考慮をしていきたいという頭は十分持っております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) ただいまの町長の答弁は、勢屋議員の答弁とほとんど同じような答弁であるように伺われるわけですが。私が申し上げたいことは校区に一人の委員というのは、事実上、そこそこの特異性を持っておるという意味からして、校区にこだわるという意味じゃなくて、そういった一つの形がある。で、皆さん方も御承知と思いますが、どこの学校に行きましてもそれぞれの特色がございます。それは、やはりそこなりの学校のよさで、先般来から戸切の校長が初めて赴任して来られて、この学校のいいところを学んでくださいというあいさつをされました。そのようにして、やはりいい面を大いに学習しながら、そして、いい方向に進んでいく。そういう、決して偏った人物をつくっていくという意味ではなくて、やはり秀でるものは限りなく伸ばしていく。そういう生きた特色のある教育のあり方というのが、望ましいのやないかという考え方のもとで、私は学校区から一人という意味じゃなくて、いわゆる校区の特色があるんだという意味からすれば、やはり校区で従来から一人出られておった教育委員の任命のあり方というのは、従来からやはり守られてきたのやないかと思うわけでございます。そういう意味からして、十分今後、そのような考え方があるんだということを十分認識をもっていただきたいと思うわけでございます。そういう意味で、再度町長のお考えをお尋ねします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 御承知のように、岡垣町では小学校が五つあるわけでございます。私も各小学校には機会を通じてまいっております。特色のある学校づくりという教育委員会の大きな方針の中で、私は十分にその成果は上げられておりますし、戸切小学校にも私も常に言ってまいりましたが、特色のある、そして先生と生徒とがいろいろな少人数でございますけども、特色、そして地域に開かれた地域の方々ともいろいろなイベント、そして行事については大変な協力を、地域の方にいただいております立派な学校でございます。そういう中でございますけども、私は今回の教育については、教育委員会としてそういうことについても十分今後とも考慮されて、戸切小学校の特色ある学校、そして各小学校もそれぞれの特色をもって伸ばしていかれるというふうに確信をもっておりますので、教育委員会として、私は町内で有能な今後の教育行政に明るく、そしてまた、経験豊かな十時氏を選ばさせていただいたというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 8番、木原です。町長が提案されておりますこの方、経歴を見ましても学校教育で精通されたと、そういうことはわかります。人格ともに町長が責任もって推薦されると、そういう方であろうと思います。しかし、私は町長の教育行政に対してどういうことを考えてあるのかということがわかりません。まず、昨年の12月の議会で、議員が広く校区ということにとらわれず、人材をやっぱり求めていくべきだというような意見があって、町長はそういうことも考慮したと、しかし、その中で町長は、地域性を考慮してやっていきますと言われた。今度のとは地域性を考慮してないわけですよ──してないわけですよ。先ほど、一番先頭に、最初に、勢屋議員が言われたように、森氏が亡くなられた。それの補充という観点もあるわけです。そうしたものがありながら、なおかつ、地域性を考慮せずに、違うところから持ってこられた。

 それから、教育委員というものは、広く岡垣の教育のやっぱり執行、それについてきちんとした提言をし、また見守っていくと、そういう大きな大事なポストです。教育というものが、学校教育、社会教育、また生涯教育というような形で、学校教育だけではなく、広くやっぱり物事を見ていかなければならない。そうした意味から、昔はやっぱり教育委員というたら学校の先生上がりの方ばかりという感じだったですね。しかし、この数年、いろいろな方が教育委員ということに就任されました。今、上がっております森さんは北九州の市役所から民間の産業界に行かれて、その方になった。その前、山田小学校区から出られておった人は、保健所に行かれたと、さまざまと。今回はやっぱり先生上がり、5名のうち4名が教育関係者ばかり。まず、町長は教育というものを、岡垣の教育行政、将来像というものをどのように考えてありますか。それを伺います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私は、学校を基本的な考え方にいたしましては、確かな学力の育成をすること、そして、心の教育の推進、そしてまた、地域住民の方々から信頼される学校づくりをしていかねばならない。そして、また教員の方々の資質の向上も図りながら、そして、岡垣町の教育全般を見ていただきます教育委員会の活性化というような大きな地域、そして、個人、地域、そして社会全体というような枠組みの中で、私は教育はそういうふうにあるべきだというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) そうすると、次の内浦小学校区から出ておられる教育委員も次はやっぱり学校教育を経験された方に変えていくと、そういうことですね。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 仮定の話でございますので、それについてはまだまだ私どもとしては、教育委員会とまた協議も、そのことについてはまだいたしておりませんので、それについてはまた今後考えていきたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 学校教育はやっぱり基本ということはわかるわけですね。そういうけど、広くやはりさまざまな分野で、さまざまなところで活躍していただいた方々の英知を結集して、幅広くこの岡垣の教育というものを考えていく。それに対応される人材をやっぱり登用していく、お願いしていくということが必要であると思うんですよ。今のさっきの町長の答弁はやっぱり学校教育しか表に出てきてこなかったわけですよね。そういうようなことで、今回もあえて、学校の先生を経験された、学校教育を務めてこられた方にされた、そういうふうに受け取ったわけですね。それで、そうでないということであるなら、やはりもっと広く物事を見ていくような教育行政ということについて答えていただかなければならない。それから、町長は、私はやっぱり基本的な政治姿勢ちゅうものは、私は間違ってないと思うんですよ。町民の目線を大切にする、町民の声を十分に聞いて反映していく。そうなると、この地域性ということからすると、町長の基本的な部分については、私は町長が言われたことと違うんじゃないかと、そのように思いますがどうですか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 地域性については、自治区が一緒だということで、皆さんから御意見を受けておるわけでございますが、今後の教育行政の中で、私は幅広くということで、町内の中でいろいろと教育委員会とともども検討いたした結果が、私どもとしては今回の教育委員としてふさわしいということで、地域性は今回バランスがちょっと一緒の区、同一区ということになりましたけども、私は有能な人材と、教育委員会の活性化に、そして岡垣町の教育に十分に対応、そして、寄与していただける人材ということで、選ばせていただきましたので、今後の人選につきましてはいろいろな幅広く岡垣町の教育行政に幅広く、人を、また今後とも地域のバランスも取りながら、そしてまた選んでいきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 議長、3回しておりますから、今の町長の答えで、私は住民の目線、住民の声を反映してないんではないかということを尋ねたわけですね。町長は教育委員会での声は聞いたけど、住民の部分について答えられてないから、その点をもう一度、指導してください。



○議長(大森忠勝君) 町長、いいですか、今の。どうぞ、樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私も東部、中部、西部の総合的なバランスを私は取っておるというふうに思っておりますし、住民の方々についても私は大きな岡垣町の枠組みの中では東部、中部、西部、東中部、そしてそのバランスの中には私は今回は配慮して、住民の方々の声も私は十分入っておるというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 1番、下川路です。議会は以前から教育の現状を考え、将来を見渡したときに、校区制を撤廃して、幅広く人材活用をすべきじゃないかというなことはずうっと以前から議論されておりました。現実、森教育委員の後、今出ております十時先生ということになりますと、現実問題として、私の住んでおります戸切校区から教育委員が現実おらないということになりますと、これは教育委員自身が考え方を変えてもらって、自分は校区の教育委員であるということを切りかえて、岡垣町全体の教育委員であるという認識に立ってもらって、特に、今社会教育や家庭教育をいろんな意味で輻輳しております。非常に難しいときではないかなと思うんですよね。そういうときに町長は、かねがね議会では校区を撤廃せよと話が出て、ここで一つの流れを変えていきよるんじゃないかな。そうなりますと、今たまたま三吉区から二人出ているんですけど、極論すれば、もっと偏るかもしれませんし、男女共同参画社会ということになりますと、5人の教育委員のうちに、それが4対1とか3対2とかいうこともあるんではないかな。そういうことも考えられて、この人事案件を提案されたのかどうかをお聞きしたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 過去、各小学校区から1名ということは別に法律にのっとったわけでございませんけども、地域のバランスということでされたと思いますけども、出られた方々は各その小学校区のための教育委員ということの認識じゃなく、岡垣町全体のもう教育委員として考えられて活躍をされておったと思いますので、今回、時期的にダブりましたけども、各岡垣町の教育、広く岡垣町の教育を見ていただく、教育委員でございますので、私は地区的には確かに偏った形になっておりますけども、全体を見ていただくという人材だというふうに思っておりますので、それについて私は今後のいろいろな状況の中で、余りにも極端に地区がダブるということは、私は考えたくないと思いますけども、ある程度、そういうことになることについても有能な人材であるならば、私はやむを得ないかなというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 確認ですけど、今町長は有能な人材であればということですけど、今後はこの教育に対して、やはり情熱と熱意のある教育委員という考え方で取り組む姿勢なんでしょうか。確認の意味で、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) そういう教育熱意のある、そういう有能な人材であるというふうに確信をいたしております。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) これをもって質疑を終了します。

 本件は人事案件でありますので、討論は省略します。

 これより、議案第15号の件を挙手により採決します。本件は原案のとおり同意することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(大森忠勝君) 挙手全員であります。したがって、議案第15号の件は原案のとおり同意することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案第16号



○議長(大森忠勝君) 日程第4、議案第16号岡垣町附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第16号について、提案理由の説明をいたします。

 岡垣町の附属機関として、まず、岡垣町エンゼルプランに基づく事業の推進について調査審議するため、岡垣町エンゼルプラン推進協議会を、次に、岡垣町個人情報保護条例制定について調査審議するため、岡垣町個人情報保護条例制定審議会を、最後に、岡垣町の男女共同参画に関する事項について調査審議するため、岡垣町男女共同参画審議会を設置するものであります。

 なお、岡垣町エンゼルプラン推進協議会については「こども未来課長」に、岡垣町個人情報保護条例制定審議会については「総務課長」に、岡垣町男女共同参画審議会については「企画政策室長」に詳細説明させますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 廣渡こども未来課長。



◎こども未来課長(廣渡昭君) それでは詳細説明をさせていただきます。

 2ページの新旧対照表をお開き願いたいと思います。まず、岡垣町エンゼルプラン推進協議会でございます。所掌事務といたしましては、先ほど町長の方が申されましたことを所掌いたします。で、組織といたしまして、委員を考えておりますけれども、議会、学校、民生児童委員、医師、ボランティア団体、子育て関係団体などの代表者12名以内で構成する考えで進めたいというふうに思っております。

 以上がエンゼルプラン推進協議会の詳細といたします。よろしくお願いします。



○議長(大森忠勝君) 山田総務課長。



◎総務課長(山田敬二君) 岡垣町個人情報保護条例制定審議会の件につきまして、説明をさせていただきます。

 所掌事務につきましては、町長が先ほど申されましたようでございますが、組織といたしまして審議会は7名以内の委員で組織をしたいというふうに考えております。その内訳といたしましては、学識経験者、それから住民代表、その他、特に町長が必要と認めたものということでございます。この個人保護条例につきましては、16年度をめどに制定いたしたいと思っております。ただし、国の個人情報保護法というのが、今国会に提出される予定でございますので、その保護法が通過した後において、この審議会を発足させたいというふうに考えております。



○議長(大森忠勝君) 宮内企画政策室長。



◎企画政策室長(宮内實生君) 岡垣町男女共同参画審議会の設置について、詳細説明をさせていただきます。

 この審議会は、町長の諮問に応じて、岡垣町の男女共同参画社会づくりに向けた基本方針に基づく基本計画策定や条例制定及び今後の施策を推進する上での総合的な調査審議を行っていくものでございます。審議会の委員数につきましては10名以内で、委員の内訳につきましては学識経験者、それから町議会議員及びその他町長が必要と認めたものとして、関係団体の代表者、それから住民代表者で組織する、そういう構成を考えております。

 以上でございます。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。11番、平山君。



◆議員(平山弘君) 11番、平山です。予定では、総務委員会に付託されるようになっておりますので、そこで十分審議ができるように、一つは資料をお願いしたいと思います。

 で、今、町長と担当課長から提案されたわけですけども、一つはエンゼルプランについて、エンゼルプランの事業を推進するということで、審議会を設けようということですね。もう既に、プランはできています。その上で、なおかつ、審議会をつくっていこうということだと思います。それについては、一定の考え方が町長におありだろうと、町長の諮問に応じてということになっておりますから、どういうことを目的として、どういう考え方について、この審議会を設置されるのか。どういう諮問をされるのか、そういうことについて資料を総務委員会のときに提出をしていただきたいと思います。

 それから、個人情報保護条例制定審議会、これは以前から個人情報の保護条例という必要性は議会の中でも議論されてきたところだというふうに思います。住民基本台帳のネットワークシステムも稼働を始めているわけで、全国的にもこの住民基本台帳の問題点がいろいろ指摘されて、そして訴訟まで起きているという地域もあるわけですね。そういう中で、個人情報保護条例の審議会、これも町長の諮問ということでありますので、先ほど言いましたように、考え方なり、目的について、きちんとした資料を出していただきたい。また、今担当課長の説明の中で、国の保護条例が通過した後に審議会を発足させたいという説明でありました。そうじゃないんじゃないかというふうに思うわけです。国は、国の個人情報保護法をいろいろ問題があって、審議が中断したり、継続されたりしているわけですね、いいですか。私は国の保護法は保護法、国の保護法は保護法でできます。それとは関連性が全然ないということにはならんと思いますけども、岡垣町として住民の個々人の情報を保護するという立場からすれば、国の保護法が通過するかしないか関係なく、やはりこういう審議会を設置して、そして、保護条例の制定に向けて進めていくべきじゃないかというふうに思うわけですね。これは、町長、答弁を求めます。

 それから、男女共同参画の審議会についても町長の諮問に応じということになっておりますので、いろいろな講演会がされたり、一定の取り組みがされております。その上で審議会をつくっていこうということですので、これもこの考え方なり、どういう目的をもっているのか、総務委員会で十分審議ができるように、資料の提出を用意していただきたいと思います。先ほどの国の通過ということについて、町長、答弁を求めます。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほど申し上げました3つの審議会につきましての資料等については十分に提出をさせていただきます。

 また、エンゼルプランの推進についての施策の推進状況とか、それから個人情報保護条例についての法制度の基本的な推進とか、そういうことについて審議会の中で私は審議をしていただきたいというふうに思っております。

 資料等につきましては、十分に提出をさせていただきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほど質問にございました国の保護法と岡垣町の条例との審議会との関係でございますが、国の保護法の整合性を見ながら、私どもとしては岡垣町で個人情報を条例制定審議会の中で進めていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) できれば、担当される委員会の方は、皆さんの中で──よかれば、短くお願いします。11番、平山君。



◆議員(平山弘君) 町長の今の答弁は、担当課長が先ほど説明したとおりだというふうに、私は受け取るわけですけども、そういうことじゃおかしいんやないかと私は言いよるんですよ。だから、国の保護法が通過せんと審議会つくらんちゅうわけでしょう、先ほどの担当課長。それじゃおかしいんじゃないかと、国の保護法は保護法、岡垣町の条例は条例ということで進めていくべきじゃないかというふうに私は思うんですね。だから、町長、再度、答弁お願いします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) ちょっと私の答えが意に沿わないで失礼いたしましたけども、補足については助役の方から説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) 先ほど総務課長が法律が通ってからということで申しましたけど、その後で町長が申されたことは、この個人情報保護法については地方の責務とかいうこともこの法律の中で明示されておりますので、そういう表現になっておりますけども、この審議会につきましては、岡垣町の個人情報保護条例としてどういう形で制定すべきなのかということで、検討する中で、国の法律の整合性を見ながらしていくというような言い回しで、あくまでこれは岡垣町の個人情報保護条例の検討をするということでございますので、具体的に言えば、国は今の国会で論議されましょうけども、岡垣町は岡垣町としてこの審議会の中で独自に整合性を取りながら検討していくというようなことで、設置をさせていただきたいと、そういうふうなことで説明、町長の言われたのはそういう趣旨でございますので、御理解をお願いします。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。4番、勢屋君。



◆議員(勢屋康一君) 私も総務委員ですから、ここで論議しますが、今平山議員の質問で、助役が国は国、町は町だということで提案をしてきとるんなら、私は総務委員会で尋ねますが、やっぱり国の法律より上回るようなことは岡垣町の条例でできるわけないとですたい、できますか。今まで、私32年間、執行部は国の法律が決まらんうちに、うちはできませんと、国の指導云々ち言うことは常々言うてきたじゃないですか。今回だけ国の法律ができんでも岡垣町独自でやりますて今言われたですよね、その確認だけ私はして、総務委員会で質疑したいと思います。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) こういう地方自治の進める中で、条例制定権は地方の首長並びに議会で御審議して決定することができるということでございます。それで、岡垣町の条例を制定したいと。ただし、この条例制定するにおいては、先ほど申し上げましたように、国で個人情報保護に関する法律が審議されておりますので、やはりこの国の法律の内容と十分整合性を取るということも必要でございますので、並行しながらこの調整を図りながら、取り組んでいきたいということを申し上げたことでございます。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第16号については会議規則第36条の規定により、総務常任委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第16号については総務常任委員会に付託することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第5.議案第17号



○議長(大森忠勝君) 日程第5、議案第17号岡垣町ふるさとづくり基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第17号について提案理由の説明をいたします。

 ふるさとづくり基金事業の一つである「平成育英資金」につきましては、平成育英資金給付制度が廃止されたことに伴い、条例の一部改正を行うものであります。

 なお、詳細については、企画政策室長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 宮内企画政策室長。



◎企画政策室長(宮内實生君) それでは、詳細説明をさせていただきます。

 2ページの岡垣町ふるさとづくり基金の設置、管理及び処分に関する条例の新旧対照表をごらんいただきたいと思います。

 改正前の2号の平成育英資金を廃止いたしまして、「3号」を「2号」に、それから「4号」を「3号」に改正するものでございます。で、平成育英資金の旧制度につきましては、昨年の3月の議会で給付選考委員会の項を削除させていただきました。で、平成育英資金につきましては、平成10年度の給付が平成14年3月31日までとなっておりました関係で、削除いたしておりませんでした。したがって、今回、改正によりまして削除をさせていただくものでございます。

 以上です。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 8番、木原です。平成育英資金につきましては、廃止ということでございましたが、先般の私の一般質問じゃなかったかと、何か質問で、町長は平成育英資金は廃止してもそれに変わるものを創設すると、していきたいということを答えておられました。それでこれに、今度のこの部分と合わせて、どのようなことを検討されておるのかと、お答えいただきたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 教育委員会の方に、教育総務課長の方から説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 吉田教育総務課長。



◎教育総務課長(吉田清人君) お答えいたします。昨年の本会議におきまして、木原議員さんが言われまして、育英資金にかわるものをということで御指摘がありました。そういうことで、平成13年12月に文化芸術振興法が制定されまして、それに基づきまして、文化芸術の振興に関する基本的な方針というのが、国の方で答申が出されております。そういうことで、文化庁もこれに基づきまして、今いろんな施策をされて、国の方もされておりますが、今回、文化庁からの指導によりまして、岡垣町もこの育英資金にかわります文化芸術をしたいということで、今15年度の新年度予算に御提案させていただいております。

 エンゼルプラン、昨年の3月ですか、エンゼルプラン策定の中にもありますように、さまざまな文化に慣れ親しむために、社会人としての必要な文化性、国際性を養う機会を提供するために、国内外の音楽あるいは演劇、鑑賞等を芸術文化等を支援をするということで、エンゼルプランの中にも御提案をさせていただいております。そういうことで、教育委員会といたしましても、この方針に基づきまして、新年度予算で御提案させていただいております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 教育長でしょうけど、子どもの学校に通う、高等学校、大学そういうようなところにいくための援助という形での育英資金と、今答えられました文化芸術の奨励金みたいな分といささか違うと思うんですよね。その点はどのように教育委員会としては位置づけられて、そういうものにかえるということでいいとされたのかどうか、お答えいただきたい。



○議長(大森忠勝君) 安部教育長。



◎教育長(安部欽一朗君) 確かに目的が違います。ところが、育英資金は特定の子どもさんとか、家庭に対する援助でございますが、この芸術文化については児童、生徒全部の子どもに対象になるわけでございます。そういう点、目的がちょっと違いますけど、育英資金のお金を今度小学校の子どもから中学生まで、特に問題になっております子どもの心情といいますか、心の教育、そういう面からこういうことに切りかえたわけでございます。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 町長、そうすると、もう従来の育英資金というものは役目が終わったと、そのように町長は考えておられる、そういうことでございましょうか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) ふるさとの基金の中からいろいろと育英資金を出させていただいておりましたけども、果実の減少と申しますか、そういう問題もございます。そして、また現在、国と申しますか、国民生活金融公庫を初め、いろいろな国の機関も育英資金についても、奨学金制度も充実をいたしておりますので、岡垣町といたしましては、ふるさと基金条例の平成育英資金を昨年度廃止させていただき、今後は文化、平成15年度、16年、17年といろいろな形で、それにかわる事業ということで、本年度は文化芸術の振興を図るために、またそういう鑑賞できるような場を提供するというようなことで、この事業に取り組んでいきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) 議案第17号について質疑をさせていただきます。

 今、木原議員の方からも質問があってましたとおり、本来の育英資金給付制度の目的からしますと、教育長が答弁されたとおり、特定のものに対する給付から、学年もしくは学校に在学するものすべてに広げるという意味では、極めてこれは賛成なものがありますけれども、できれば、教育長の答弁と町長の答弁をしっかり結びつけていただいて、国の方できぼう21という日本育英会資金のもの使った、既に融資があるわけです。昨年も66万人の方がもう利用されてるわけですね、こういった点もやはり町民に幅広く知らせていただくということで、このすばらしかった我が町の資金給付制度を発展的に解消できるんではないかと、ですから、このことも以前から申しておりましたし、さらに広めていただきたいということで、このきぼう21プランの周知徹底を町民にしていただきたい、まだ知らない方がたくさんおりまして、月額10万、8万、5万、3万ということで、生徒自身が選んで、有利子ではありますけれども、非常な低金利で借りられる。卒業されて、一定の期間を据え置いた後、返済ということでありますから、通学の方であれば、十分利用できますし、入学金も今年度から対象になるという話も聞いておりますので、ぜひこのことは町民にこの育英会の給付制度の廃止に伴い、また条例の改正に伴うものとして、しっかり周知徹底をやっていただいて、このリストラの世情の中で、生徒、児童の方々が学業を断念しないように、町としてもしっかり対応をお願いしたいと思いますが、その点だけお答えをいただきたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 安部教育長。



◎教育長(安部欽一朗君) ただいま竹内議員がおっしゃるとおり、周知徹底を図りたいと思っております。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第17号については、会議規則第36条の規定により、総務常任委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第17号については総務常任委員会に付託することに決定しました。

 ここで暫時休憩いたします。

午前10時38分休憩

………………………………………………………………………………

午前10時53分再開



○議長(大森忠勝君) 再開いたします。

────────────・────・────────────



△日程第6.議案第18号



○議長(大森忠勝君) 日程第6、議案第18号岡垣町国民健康保険条例の一部を改正する条例の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第18号について提案理由の説明をいたします。

 健康保険法等の一部を改正する法律が平成15年4月1日より施行されることに伴い、岡垣町国民健康保険条例の一部を改正するものであります。

 今回の改正は、退職被保険者等が医療機関等で支払う一部負担金の割合の変更と、外来の薬剤一部負担金の廃止であります。

 被用者保険における一部負担金の割合の見直しにあわせ、退職被保険者等の一部負担金の割合を3割とするものであります。

 また、6歳以上、70歳未満の人が負担することになっていました外来の薬剤一部負担金を廃止するものであります。

 なお、詳細については、住民課長に説明させますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 吉田住民課長。



◎住民課長(吉田晋一君) それでは、議案第18号の詳細説明をいたします。

 参考資料の新旧対照表により説明いたしますので、3ページをお開きください。平成15年4月より、被用者保険の患者一部負担が2割から3割になります。よって、国保の一般被保険者と負担割合が同一となるものであります。これによりまして、旧条例の第5条の1項5号と6号を削除するものであります。これに伴いまして、2ページの第5条第1項第1号の字句を「第6号」から「第4号」に改正いたします。

 次に4ページをお開きください。4ページにつきましては、外来の薬剤一部負担金の件でございますが、これが4月より廃止となります。よって、この第5条2項は削除するものであります。

 以上、説明を終わります。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。11番、平山君。



◆議員(平山弘君) 11番、平山です。幾つか質問をいたします。退職者の被保険者が2割負担が3割負担になるということですけども、これによって、これからの国民健康保険の仕組みといいますか、いろんな決算報告、それから成果報告などで出されるそういう資料が一般被保険者と同一されるのか、それともあくまでも退職者被保険者は退職被保険者として別個に取り扱われるのかということを一つお聞きしたいと。それから、一部薬剤費の負担が廃止されるということもありますけども、2割から3割ということは、いわゆる本人当人にとっては約5割負担増になるわけですね、今までと比べるとですね。それで、その退職者の人たちの医療費──医療費が一人当たりどのくらいかかっているのか、わかれば、答弁お願いします。

 以上、2点について、答弁を求めます。



○議長(大森忠勝君) 吉田住民課長。



◎住民課長(吉田晋一君) 退職者被保険者の退職被保険者の取り扱いにつきましては、今までどおりの取り扱いでございます。ただ、負担割合が一般被保険者と同じというだけでございます。

 それから、退職者の一人当たりの医療費ということでございますけれど、これちょっと今資料を持ち合わせておりませんので、連合審査のときにお答えするということでよろしゅうございますでしょうか。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第18号については、会議規則第36条の規定により、文教厚生常任委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第18号については文教厚生常任委員会に付託することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第7.議案第19号



○議長(大森忠勝君) 日程第7、議案第19号岡垣町都市公園条例の一部を改正する条例の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第19号について提案理由の説明をいたします。

 海老津住宅地開発事業の第一工区の完了に伴い、今回、2カ所の公園が町に帰属されました。この公園を都市公園として管理するため、岡垣町都市公園条例の一部を改正するものであります。

 なお、団地名が「えびつ晴海台」と命名されたため、公園名を「晴海台東公園」「晴海台西公園」とするものであります。

 詳細については、建設課長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) それでは、都市公園の条例変更に伴います詳細説明をいたします。

 今回、グリーンホーム施工の岡垣、海老津住宅開発事業に伴いまして、都市計画法第32条協議により、公園が設置され、都市計画法第40条第2項に基づき、岡垣町へ帰属、寄附されましたので、この公園を追加するものでございます。

 2ページに資料をつけて、参考資料をつけておりますので、よろしくお願いいたします。

 団地名は先ほど町長の説明にありましたように、「えびつ晴海台」という団地名に決まりました。そこで、公園名称を「晴海台東公園」、面積が1,379平方メートル、それから「晴海台西公園」、面積1,733平米、合計面積3,112平方メートル、この2カ所を都市公園として追加し、都市公園として管理を行うということでございます。よって、現在、都市公園数が34カ所ございます。この2カ所を含めて36カ所、総全体面積といたしまして、7万3,450平方メートルから、今回面積を追加しまして7万6,562平方メートルとなります。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第19号については、会議規則第36条の規定により経済建設常任委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第19号については経済建設常任委員会に付託することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第8.議案第20号



○議長(大森忠勝君) 日程第8、議案第20号岡垣町立体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第20号について提案理由の説明をいたします。

 戸切周辺地域スポーツ広場の新規設置及び町民武道館の改修により会議室を設置したことに伴い、岡垣町立体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正するものであります。

 なお、詳細については、社会教育課長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 石田社会教育課長。



◎社会教育課長(石田健治君) それでは、新旧対照表によって説明をさせていただきます。

 第2表の表ということで、新条例の一番下に戸切周辺地域スポーツ広場と位置として、岡垣町大字戸切1217番地3というふうに明記をしております。これは岡垣清掃センターにかかる周辺対策事業として、社会教育課の方で平成13年度から14年度の2カ年事業として、戸切区にあります龍王神社前の用地にこのスポーツ広場を建設してまいりました。このことによりまして、この設置条例の中に条文を追加するものであります。

 それから、次の3ページに管理として、第3条2項中にこれは戸切区との委託契約が生じますので、この戸切周辺地域スポーツ広場という条文を追加しております。

 それから、7条の同じページの7条の旧条例の3項になります。これは武道館の関係になりますが、2階にトレーニング室を設置しておりました。で、サンリーアイの体育館が完成をしまして、そちらの方にトレーニング室をつくりましたので、これにつきましては廃止をしておりました。今回、ここを会議室に改修をしておりますので、合わせてこの条文を削除するものです。

 次に、4ページの方をよろしくお願いいたします。4ページにつきましては、この武道館の改修に伴いまして、1階に会議室が約50平米ほどありました。ここを体育協会とか、運動をされる方々の要望といいますか、そういう部分を予算化しまして、シャワー室に変更をしております。それから、それにかわる会議室として、2階の今までのトレーニング室ですか、そこの150平米、有効になる150平米ですね、これを会議室に改修をしております。で、従来から少し大きくなりますので、ここにつきましては全体が使える場合と、均等に2分割をして使用できる状況に環境づくりをしております。これに伴いまして、この新条例の改正の部分、会議室に料金の設定をさせていただきました。この料金の設定のあり方につきましては、町内に三つの公民館があります。中央、東部、西部公民館があります。ここの会議室の面積と類似しているところを調査いたしまして、これに伴いまして、この料金を設定させていただきました。例えば、会議室の全部使用の町内という考え方では、東部と西部公民館になりますか、ここの面積が大体同じような状況になります。この部分について、この料金の設定をさせていただきました。もう一つの料金設定の考え方として、3公民館すべての会議室それぞれの料金があるわけですが、そこらあたりを大体1平米当たりどれぐらいになるかな、そういった設定の中で一応計算しますと大体5円弱ぐらいになります。それで、その部分も一つの選択の方法として考えますと、大体これぐらいの金額になりましたので、こういった設定で上げさせていただいております。

 もう一つ、旧条例の下の方を見ていただきたいと思います。会議室に従来、町内、町外の別に体育関係とその他というふうに細区分をしておりました。これが、この武道館というのが基本的にスポーツ関係者の体育関係者の主体としたものでありましたので、それと会議室が手狭であったために、主体的にそういった方々が使える状況といいますか、そして、その他におきましては、その金額を少し上げまして、そういった利用条件になっておりました。現実的に、13年度の実態調査をしましたら、年間を通じて2回か3回程度の利用でありました。今回、これが2階に会議室を持っていくことによって、利用が少し大きくなりますので、体育関係者以外でも、周辺の自治区とか、PTAとかそういった部分が従来の公民館で利用できないような状況になったときに、こういった受け入れ態勢もできますので、ほかの施設と同様に町内、町外統一をして、整理させていただきました。

 以上です。よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第20号については会議規則第36条の規定により文教厚生常任委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第20号については文教厚生常任委員会に付託することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第9.議案第21号



△日程第10.議案第22号



△日程第11.議案第23号



△日程第12.議案第24号



○議長(大森忠勝君) この際、日程第9、議案第21号福岡県自治振興組合を組織する市町村数の増減に関する協議について、日程第10、議案第22号福岡県市町村災害共済基金組合を組織する市町村数の増減に関する協議について、日程第11、議案第23号福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合を組織する市町村数の増減に関する協議について、日程第12、議案第24号福岡県自治会館管理組合を組織する町村数の増減に関する協議について、以上4件を一括議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第21号、議案第22号、議案第23号について提案理由の説明をいたします。

 福岡県自治振興組合、福岡県市町村災害共済基金組合、福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合の構成団体である宗像市と宗像郡玄海町が合併することに伴い、それぞれの組合を組織する市町村数に増減を生じるため、その協議について地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 次に、議案第24号について提案理由の説明をいたします。

 福岡県自治会館管理組合は福岡県内の町村のみで構成されており、その構成団体である玄海町が宗像市と合併することに伴い、本組合を組織する町村数が減少するため、その協議について、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるものです。

 以上をもちまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑の場合は議案番号をお願いいたします。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 これより討論を行います。討論をされる方は議案番号をお願いいたします。

 まず、本件に対する反対討論の発言を許します。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 反対討論なしと認めます。

 次に、賛成討論の発言を許します。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 賛成討論なしと認めます。これをもって討論を終了します。

 これより1件ごとに採決します。

 初めに、議案第21号の件を挙手により採決します。本件は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(大森忠勝君) 挙手全員であります。したがって、議案第21号の件は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第22号の件を挙手により採決します。本件は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(大森忠勝君) 挙手全員であります。したがって、議案第22号の件は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第23号の件を挙手により採決します。本件は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(大森忠勝君) 挙手全員であります。したがって、議案第23号の件は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第24号の件を挙手により採決します。本件は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(大森忠勝君) 挙手全員であります。したがって、議案第24号の件は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第13.議案第25号



○議長(大森忠勝君) 日程第13、議案第25号平成14年度岡垣町一般会計補正予算(第6号)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第25号について提案理由の説明をいたします。

 岡垣町一般会計予算の歳入歳出から、それぞれ2億1,430万2,000円減額し、総額で81億470万8,000円とするものであります。

 今回の補正は、主に遠賀・中間広域行政事務組合の負担金精算を初め、各事業予算の執行状況を精査し、最終調整を行うためのものであります。

 なお、駅前情報センター建設及びこども未来館の設計につきましては、年度内の事業完了ができないため、繰越明許費として計上しております。

 詳細につきましては、総務課長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 山田総務課長。



◎総務課長(山田敬二君) それでは、詳細説明をさせていただきます。

 今回の補正は、先ほど町長が申されましたように、平成14年度の執行予算の整理を主に行ったものでありますが、事業内容の変更や増額した経費等を主に説明をいたしたいと思います。

 まず、初めに、8ページをお願いいたします。継続費の補正でございますが、これは町営住宅建設事業を入札残によりまして、減額補正をするものでございます。

 それから、続きまして、第3表でございますが、繰越明許でございます。これにつきましても、駅前情報センター建設事業、それからこども未来館建設事業、これにつきましては実施設計でございますが、事業完了は14年度にできないために繰り越しするものでございます。

 それでは、歳出の方から説明をいたしたいと思います。23ページをお開き願いたいと思います。

 総務費1項総務管理費の1目一般管理費でございますが、それの3節の職員手当と退職手当2,372万8,000円でございます。これにつきましては、保育士が1名普通退職するものでございます。

 それから、25ページをお願いいたしたいと思います。25ページの9目財政調整等基金費でございます。これの積立金、その中の財政調整基金積立金利子1,597万円でございますが、これにつきましては満期により利子を積み立てるものでございます。

 32ページをお開き願いたいと思います。32ページでございますが、8項企画振興費の5目情報推進費15節の工事請負費2,700万円でございます。これは工事の入札残による減額でございますが、18節の備品購入費1,623万7,000円は13節の委託料の923万7,000円を減額いたしまして、パソコン等の購入を増額するものでございます。

 33ページをお願いいたします。民生費1目社会福祉総務費の28節繰出金の1,146万3,000円でございますが、そのうち保険基盤安定繰出金212万8,000円は交付決定額が確定したための補正でございます。

 それから、次の老人保健事業特別会計繰出金933万5,000円でございますが、これは公費負担割合が14年10月から引き上げられたことに伴います負担増でございます。

 46ページをお願いいたしたいと思います。46ページの土木費の3目街路整備事業費の17節公有財産購入費でございますが、839万4,000円、都市計画道路用地購入費でございますが、これにつきましては海老津源十郎線の土地価格が当初予定いたしておりましたものより、鑑定価格を取ったため、そのことによりまして、当初予算より差が生じたために、増額するものでございます。

 50ページをお願いいたしたいと思います。50ページの教育費の3項中学校費の1目学校管理費の15節工事請負費199万5,000円でございますが、これは岡垣中学校の防犯カメラを設置するものでございます。これにつきましては、15年度の当初予算に計上いたしておりましたが、今回、事件が発生したために、前倒しで設置するものでございます。

 それから、53ページをお願いいたしたいと思います。53ページの13款諸支出金1目土地取得費17節公有財産購入費でございますが1,100万円、これは先般から町長が何度もおわびを申し上げました件でございますが、公社が下水道のポンプ場用地を取得していたものでございますが、5年以上、公社の保有が5年以上、経過いたしましたので、今回、町が買い戻しをするものでございます。

 以上、歳出について説明を申し上げました。

 歳入につきましては、国、県の補助金等につきましては、特定財源につきましては事業の確定に伴うものでございます。

 町税と一般財源につきましては、今年度の最終見込みを計上したものでございます。

 21ページをお願いいたしたいと思います。16款繰入金1目基金繰入金、財政調整基金繰入金でございますが、当初、財政調整基金につきましては4億7,248万円の取り崩しを計上いたしておりましたが、歳入の最終的な見込み増と歳出の減、今回、歳出につきましては2億1,430万2,000円の減額となりました関係上、取り崩し額を3億7,248万円ほど減額いたしまして、1億円とするものでございます。

 以上、詳細説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第25号については、会議規則第36条の規定により、総務常任委員会に付託し、他の2常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第25号については、総務常任委員会に付託し、これを連合審査会とします。

────────────・────・────────────



△日程第14.議案第26号



○議長(大森忠勝君) 日程第14、議案第26号平成14年度岡垣町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第26号について提案理由の説明をいたします。

 岡垣町国民健康保険事業特別会計予算の歳入歳出をそれぞれ5,628万7,000円追加し、総額で24億5,993万円とするものであります。

 今回の補正は、歳出につきましては、老人保健拠出金が医療制度改正に伴い、5,799万9,000円の増額をするとともに、介護納付金が第2号被保険者数と一人当たり負担額が当初より減となったため、171万2,000円を減額しております。

 歳入につきましては、国民健康保険税が4,297万5,000円の増と、療養給付費等負担金が平成13年度精算分として272万8,000円増額となります。また、退職者の療養諸費の増加に伴い、療養給付費交付金を845万6,000円増額しております。

 なお、詳細につきましては、住民課長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 吉田住民課長。



◎住民課長(吉田晋一君) それでは、議案第26号の詳細説明をいたします。

 歳出の方から説明いたします。7ページをお開きください。3款老人保健拠出金の19節老人保健医療費拠出金を5,797万4,000円増額させていただいております。この増額の理由でございますが、当初予算にもこの制度改正を見込んで調整をしておりましたが、見込んだ数字や係数が変更になったために増額になったものでございます。

 それから、制度改正による拠出金の付加替えが当初10月予定でございましたが、これが11月からと1カ月延びたことによりまして、この増額となったものでございます。

 次に、9款の19節介護納付金を171万2,000円ほど減額させていただきましたが、これにつきましては、当初よりも対象人数が減ったことと、一人当たりの単価が下がったことによります減額でございます。

 次に、歳入の説明をいたします。5ページをお開きください。1款の国民健康保険税で、1目一般被保険者国民健康保険税が2,582万3,000円、2目退職被保険者等国民健康保険税が1,715万2,000円で、合計4,297万5,000円の増額でございますが、これにつきましては国保の加入者がふえたものでございます。

 次に、4款2目療養給付費交付金845万6,000円の増額でございますが、これは先ほど町長が申されましたように、退職者医療給付金の増に伴う増額でございます。

 それから、10款の繰入金でございますが、6ページをお願いいたします。この繰入金につきましては、212万8,000円の増額をさせていただきました。一つは、保険基盤安定への繰入金でございまして、国が2分の1、県と町で2分の1の負担でございます。以上で、説明を終わらせていただきます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。

 以上、詳細説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第26号については、会議規則第36条の規定により、文教厚生常任委員会に付託し、他の2常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第26号については、文教厚生常任委員会に付託し、これを連合審査会とします。

────────────・────・────────────



△日程第15.議案第27号



○議長(大森忠勝君) 日程第15、議案第27号平成14年度岡垣町老人保健事業特別会計補正予算(第3号)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第27号について提案理由の説明をいたします。

 岡垣町老人保健事業特別会計予算の歳入歳出からそれぞれ6,999万3,000円減額し、総額で38億8,439万3,000円とするものであります。

 今回の補正は、歳出につきましては、医療費の伸びが当初予算の見込みを下回ったことにより、医療給付費を1億2万1,000円減額するとともに、平成14年10月の老人保健法の一部改正に伴い、医療費の自己負担限度額が改定されたことにより、医療支給費を3,002万8,000円増額しております。

 歳入につきましては、医療費の公費負担割合が変更されたことに伴い、支払基金交付金を1億2,600万7,000円減額し、国庫支出金を3,734万4,000円、県負担金を933万5,000円、一般会計繰入金933万5,000円を増額しております。

 なお、詳細につきましては、住民課長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 吉田住民課長。



◎住民課長(吉田晋一君) それでは、議案第27号の詳細説明をいたします。

 歳入歳出補正予算の事項別明細書により説明いたします。

 まず、歳出の方から6ページをお願いいたします。2款医療諸費1目医療給付費を1億2万1,000円減額させていただきました。理由といたしましては、制度改正によりまして、70歳到達者が前期高齢者となりまして、国民健康保険の被保険者となったためでございます。それと一部診療抑制も多少影響があるものと思われます。2目医療費支給費を3,002万8,000円増額させていただき、5,255万8,000円とするものでございますが、昨年の10月から制度改正によりまして、老人保険にも高額医療の対象が発生いたしました。この高額医療の還付金を計上させていただいたものでございます。

 次に、歳入の説明をいたします。5ページをお願いいたします。1款支払基金を1億2,600万7,000円減額し、26億1,842万8,000円とするものでございますが、医療給付費の減と、医療費負担割合の変更に伴う減でございます。

 それから、2款国庫支出金、3款県支出金、4款繰入金をそれぞれ3,734万4,000円、933万5,000円、同じく933万5,000円増額させていただきましたが、これは医療費の負担割合の変更によるものでございます。

 以上、説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第27号については、会議規則第36条の規定により、文教厚生常任委員会に付託し、他の2常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第27号については、文教厚生常任委員会に付託し、これを連合審査会とします。

────────────・────・────────────



△日程第16.議案第28号



○議長(大森忠勝君) 日程第16、議案第28号平成14年度岡垣町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第28号について提案理由の説明をいたします。

 岡垣町公共下水道事業特別会計予算の歳入歳出をそれぞれ1億5,192万円を追加し、総額で16億778万1,000円とするものであります。

 今回の補正は、国の補正に伴い継続事業である岡垣町浄化センター及び吉木汚水中継ポンプ場関連予算の一部の前倒しをするため必要な調整をし、補正を行うものであります。

 なお、詳細につきましては下水道課長に説明をさせますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 岩藤下水道課長。



◎下水道課長(岩藤昭良君) それでは、詳細説明をさせていただきます。

 まず、5ページをお願いいたします。5ページの第2表の継続費の補正でございますけども、先ほど町長が申しましたように、国の補正に基づきまして、前倒しをいたすものでございます。この14年度が2億1,000万円を2億9,710万円に前倒しするものでございます。

 なお、今回の継続費の補正の中で、事務費を新たに継続費の中に含めさせていただいております。したがいまして、その事務費を含めまして、24億3,300万円が24億5,210万円となる補正になるものでございます。

 なお、年次別の年割り額につきましては、そこに計上する内容でございます。予算書をお願いしたいと思います。

 続きまして、8ページをお願いいたします。今回の補正は、まず、歳出の方でございますけども、実績見込みに伴います補正並びに先ほど申しました前倒しによります予算の増でございます。

 まず、委託料でございますけども、これは事業団に委託する事業費でございまして、1億6,600万円の補正増でございます。

 まず、処理場の建設委託費が8,600万円の補正増。それから、測量設計委託が100万円の減でございます。

 次に、ポンプ場建設委託費が8,100万円の増でございます。それから、工事請負費でございますけども、978万円の減でございますけども、これも実績見込みに伴います3月予算での調整でございます。

 それから、17節の公有財産購入費でございますが、これは吉木の中継ポンプ場用地から圧送管を処理場まで持っていくわけでございますけども、その間、一部ポンプ場用地のところでございますけども、用地の購入を計上いたしておりましたが、今年度地元調整が今の段階では成立見込みがつかなくなりましたので、減額いたしまして、改めて、15年度に計上をさせていただくものでございます。したがいまして、330万円の減でございます。

 なお、補償費につきましては、これは補償する事例がなかったということで、今回減額をさせていただいております。

 次に、7ページをお願いします。歳入でございます。これも歳入の3月での調整を含めました数字でございまして、国庫補助金が8,808万円。それから、町債が6,384万円を補正増するものでございます。

 以上でございます。よろしく御審議のほどお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第28号については、会議規則第36条の規定により、経済建設常任委員会に付託し、他の2常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第28号については、経済建設常任委員会に付託し、これを連合審査会とします。

────────────・────・────────────



△日程第17.議案第29号



○議長(大森忠勝君) 日程第17、議案第29号平成14年度岡垣町農業及び漁業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第29号岡垣町農業及び漁業集落排水事業特別会計予算の歳入歳出を、それぞれ122万3,000円を追加し、総額で4億9,642万円とするものであります。

 今回の補正は、漁業集落排水事業の開削工事のため、補正を行うものであります。

 なお、詳細につきましては、下水道課長に説明をさせますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 岩藤下水道課長。



◎下水道課長(岩藤昭良君) それでは詳細説明をいたします。

 まず、6ページで歳出の方から説明を申し上げます。15節の工事請負費を122万3,000円増額するものでございます。これは、1年間の管工事の実績に伴いまして、今回、管工事を施工する中で、一部予算不足が生じたために、補正を行うものでございます。

 なお、その財源につきましては、5ページの歳入の中で雑入を充てております。これは消費税の収入を充てております。

 以上でございます。よろしく御審議のほどお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第29号については、会議規則第36条の規定により、経済建設常任委員会に付託し、他の2常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第29号については、経済建設常任委員会に付託し、これを連合審査会とします。

────────────・────・────────────



△日程第18.議案第30号



○議長(大森忠勝君) 日程第18、議案第30号平成14年度岡垣町水道事業特別会計補正予算(第4号)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第30号について提案理由の説明をいたします。

 岡垣町水道事業会計の収益的収入では、703万1,000円を増額し、総額で5億1,032万8,000円とするものであります。

 収益的支出では、219万2,000円を減額し、総額で5億35万7,000円とするものであります。

 資本的収入では、3,284万6,000円を増額し、総額で1億5,444万2,000円とするものであります。

 資本的支出では、1,890万円を減額し、総額で2億5,433万9,000円とするものであります。

 補正の主な内容として、収益的収入については、給水収益の減額及び口径別納付金等の増額であります。

 収益的支出については、補償費や委託料等の減額であります。

 資本的収入については、企業債の増額及び受益者負担金の減額であります。

 資本的支出については、建設改良費及び委託料等の減額であります。

 なお、詳細については、水道課長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 岩崎水道課長。



◎水道課長(岩崎生夫君) 説明させていただきます。3ページをお願いいたします。収益的収入のうち、2目その他の営業収益3節口径別納付金912万円の増でございますが、これは海老津地区のベスト電気店の前のアパートの分と町営住宅海老津晴海台の1番館などの納付金でございます。

 支出につきましては、入札などの執行結果によって減額調整させていただいております。

 以上です。よろしくお願いします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第30号については、会議規則第36条の規定により、経済建設常任委員会に付託し、他の2常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第30号については、経済建設常任委員会に付託し、これを連合審査会とします。

────────────・────・────────────



△日程第19.議案第31号



○議長(大森忠勝君) 日程第19、議案第31号平成15年度岡垣町一般会計予算の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第31号平成15年度岡垣町一般会計予算、平成15年度岡垣町一般会計予算の御審議をお願いするに当たり、町政運営についての所信と予算案の概要を申し上げます。

 政府は、平成15年度予算において、活力ある経済社会と持続的な財政構造の構築を目指し、国債発行額30兆円以下を基本に、予算配分の重点化、効率化を進めるため、制度、施策の抜本的見直しを行い、歳出の抑制を図ることとしています。

 地方財政計画においても、国の歳出予算と同様に徹底した見直しと重点配分を行い、地方財政計画の規模を抑制することで財源不足額の圧縮と借入金の抑制を進めたいとしています。しかしながら、過去数次にわたる公共事業により、地方の借入金は増大し、施設の維持管理に要する経費等、実際は削減することが困難なものが多くを占めているのが現実です。

 こうした厳しい条件のもと、当町におきましては第4次総合計画に掲げる岡垣町の将来像実現のため、事務事業の効率化に努め、さまざまな住民要望にこたえられるよう予算を編成をいたしました。

 一般会計の歳入歳出予算の総額は、76億8,400万円で、14年度と比較すると1億100万円、1.3%の減額となっております。

 歳入の主な内容について、説明をいたします。

 歳入の中では、町税23億3,900万円と地方交付税23億6,600万円が、全体の61.2%を占めています。町税のうち、個人住民税については引き続き恒久的な減税が実施され、前年比4.1%減の9億3,100万円を見込み、固定資産税においては、評価替えにより前年比7.1%減の11億5,300万円となり、町税全体では前年度予算額より1億2,400万円の減額を見込んでおります。

 地方交付税につきましては、その原資となる国税収入が減少する中、平成15年度は10.5%減と前年度に引き続き大きな財源不足となり、その補てんとして、赤字地方債である「臨時財政対策債」の借り入れを6億円予定しています。

 このほか、歳入の特色としましては、2年目になる海老津町営住宅建設に伴う国庫補助8,600万円と町営住宅建設事業債8,600万円の借り入れと、全体的な歳入を調整する財政調整基金の繰り入れを1億8,000万円、職員の退職手当に充てる退職準備基金の繰り入れを1億円、また、公共下水道特別会計への繰り出しのため公共下水道設置準備基金の繰り入れを2億円計上しております。

 次に、歳出の主な内容について説明をいたします。

 まず、総務費では、平成13年度に制定した情報公開条例と一体となるものとして、平成16年度の個人情報保護条例制定を目指し、条例制定審議会を設置します。

 また、平成14年度から取り組んでまいりました環境マネジメントシステムISO14001につきましては、認証取得の申請を行い、行政が率先して環境保全の推進に努めてまいります。

 男女共同参画社会の形成を目指すため、平成15年度は、男女共同参画審議会を設置するとともに、既に策定しています基本方針に基づく、基本計画の策定、さらに継続的な施策を実施するための法的根拠となる条例制定等の取組みを進めてまいります。

 4月から西鉄バス路線の一部が廃止されることになりますが、通学・通勤者の交通手段を確保するため、当面は民間委託で路線存続を図るとともに、今後の町全体の公共交通体系の整備計画を策定いたします。

 駅前情報センターにつきましては、平成16年4月開設を目指し、施設の有効活用が図れるように各種情報システムの整備を行い、あわせて、情報センターコミュニティ広場の整備を実施し、住民に親しまれる施設としての環境整備に努めます。

 また、道の駅整備につきましても、具体的な実施計画の策定並びに事業申請に向けての準備を進めてまいります。

 このほか、県知事・県議会議員一般選挙及び町議会議員一般選挙の事務費や住居表示整備事業等に関する予算を計上しています。

 民生費では、平成15年度から障害者福祉施策において従来の措置制度から支援費制度へと大きな転換が行われるとともに、知的障害者等の事務が県から委譲されることとなり、障害者福祉にかかわる事務が大きく変わることとなりますが、事務が確実に遂行できるように配慮した予算措置をしております。

 また、昨年に引き続き、障害者相談センターの運営を行い、在宅の身体、精神、知的障害者や家族等の相談に24時間体制で対応してまいります。

 児童福祉では、エンゼルプランに基づく施策の推進を図るため、エンゼルプラン推進協議会を設置、本年度から、新たに地域や保護者の子育てを支援する「岡垣っ子育成支援事業補助制度」を創設します。

 また、海老津学童保育所の建てかえによる施設の拡充を行い、放課後児童健全育成事業の充実を図ります。

 このほか、老人憩いの家やいこいの里ではレジオネラ菌対策のための施設整備を行い、安全な管理に努めてまいります。

 また、人権擁護啓発事業では、小中学生を対象に人権意識調査を行い、今後の人権教育の基礎資料として活用していきたいと考えています。

 衛生面では、町内小学生を対象に身近な川での環境体験学習を実施し、児童期からの環境認識の醸成を図ります。また、環境モニター制度を継続し、日常生活における身近な環境問題を行政施策へ反映していきたいと考えています。

 感染症予防事業では、昨年から行っているC型肝炎ウイルス検査を継続、健康審査事業とあわせて、町民の疾病予防に努めます。

 労働費では、緊急対策雇用特別事業が、今年度も実施され、英会話学習を進めるための人件費や、IT講習を行うための委託料等を計上しています。

 農林水産業費では、本年度から新たに、農業の担い手の減少と高齢化による農地荒廃対策として、生産組合で水田を管理するために購入する農業機械に補助を行います。また、生産調整対策として、消費者と農業者の交流を進める「まちとむらネットワーク事業」を行います。

 商工費では、町の制度融資を受ける際の保証料に対して補助を行い、制度融資が有効に活用されるよう推進してまいります。

 土木費では、海老津町営住宅建設事業が2年継続事業の2年目となります。また、まちづくり総合支援事業として、海老津・源十郎線の延長を行い、県道宗像線と国道3号線バイパスを結び、快適な道路交通体系の整備を図ります。

 消防費では、災害時に迅速かつ円滑な対応ができるよう、老朽化した第4分団の消防ポンプ自動車の買いかえを行います。

 教育費では、平成育英資金給付事業にかえ、「文化芸術鑑賞事業」として、今年度は中学生を対象にミュージカル鑑賞を実施し、音楽・芸術活動を通じた情操教育に取り組みます。

 また、内浦小学校のコンピューター教室の整備を行い、これにより小中学校すべてIT学習の環境が整います。

 平成14年度から、地区懇談会等実施してまいりましたが、その実績を踏まえ、本年は家庭教育を重要課題と位置づけ、家庭教育講演会等の事業に取り組むとともに、ボランティアリーダー等のひとづくりを中心に地域の教育力の向上を図りたいと考えております。

 以上が、平成15年度一般会計予算案の主な内容であります。

 町としましても、この予算案に掲げた各施策の着実な実行により、町民の皆さまの期待と要望におこたえしたいと存じますので、議員の皆さまの御理解と御協力を重ねてお願いいたしまして、町政運営についての所信表明と予算案の概要説明を終わります。

 なお、予算案の詳細については、総務課長に説明をさせますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 提出者から提案理由の説明でございますが、ここで暫時休憩いたします。

 なお、再開は13時30分からとさせていただきます。

午前11時58分休憩

………………………………………………………………………………

午後1時30分再開



○議長(大森忠勝君) 再開いたします。

 山田総務課長。



◎総務課長(山田敬二君) それでは、詳細説明をさせていただきます。

 説明につきましては、かなりの量に上りますので、平成15年度の主要な事業や新規事業を主に説明を申し上げたいと思っております。

 まず、最初に、歳出の方から説明を申し上げます。まず、40ページをお願いいたしたいと思います。40ページの2款総務費1項総務管理費でございますが、その中の職員手当等でございますが、一番下に退職手当1億708万7,000円でございますが、これにつきましては15年度は4名の定年退職でございますが、予定をいたしております。

 それから、42ページをお願いしたいと思います。42ページでございますが、2目文書広報費、報酬で個人情報保護条例制定審議会委員報酬2,700円の7人分の7回を予定いたしております。13万3,000円でございます。

 それから、45ページをお願いいたしたいと思います。45ページの総務管理費の12節役務費、一番下のISO認証取得審査手数料でございますが、これは200万円、それから、その下の委託料、ISO認証取得委託料90万円でございます。これは15年度に認証取得をする費用でございます。

 それから、46ページをお願いいたしたいと思います。46ページの総務管理費の15節の工事請負費1,433万円でございますが、そのうち庁舎設備関連工事費これ1,200万円でございますが、これは書庫の増設工事でございます。これは、この議会棟の一番下にピロティーがございます。そこに書庫を増設いたしたいというふうに考えております。

 それから、50ページをお願いいたしたいと思います。50ページの1項総務管理費でございますが、13目電子計算機費、一番上でございます。18の備品購入費1,377万円、これにつきましては国の電子行政の推進といたしまして、LG1、いわゆる総合行政ネットワークの接続機の購入でございます。

 それから、56ページをお願いいたしたいと思います。56ページ、2目の住居表示事業費でございますが、これにつきましては委託料、13節の委託料1,230万2,000円でございますが、これは第6次の地区と次年度第7次の事前調査を委託するものでございます。第6次については大字山田、野間、高倉、吉木の一部でございます。それから、第7次につきましては、大字山田、戸切、海老津の一部ということでございます。

 それから、63ページをお願いいたしたいと思います。総務費の8項の企画振興費、1、企画費で1節の報酬、これにつきましては男女共同参画審議会委員の報酬2,700円の10人分の十日を予定いたしております。

 それから、13節でございます。13節の委託料2,697万5,000円、このうち公共交通体系整備計画策定委託料といたしまして、これは岡垣町の公共交通についての基本的な考え方を15年度に策定するものでございます。それの委託料といたしまして、15年度に策定するものでございます。それの委託料といたしまして、1,049万円を予定いたしております。

 それから、その下の路線バス運行業務委託料でございます。これにつきましては、ことしの4月から廃止される路線バスの運行委託料でございます。これは1日に15便を予定いたしております。これにつきましては1,610万円を予定をいたしております。

 それから、66ページ、67ページをお願いいたしたいと思います。6目の駅前情報センター建設事業費でございますが、これは14年度から事業を実施しているものでございますが、この中で67ページの17節の公有財産購入費でございます。2,466万1,000円、これは駅前情報センター施設コミュニティー広場用地の購入費でございます。面積におきましては、土地387.76平方メートルでございます。

 それから、22節の補償補てん及び賠償金3,298万3,000円でございますが、これにつきましては家屋と営業補償を予定いたしております。家屋につきましては2,464万6,000円、営業につきましては608万6,000円でございます。これは契約金額でございます。

 それから、68ページをお願いいたしたいと思います。67から68ページ、7目の道の駅整備事業費でございます。今年度におきましては、この道の駅整備事業費を目を起こして道の駅整備事業に取り組むという姿勢で、今回、目を起こしております。そのうち、13節の委託料でございますが、595万4,000円、道の駅の施設配置図作成等委託料235万4,000円、それから道に駅認可申請図書委託料160万、それから測量調査委託料200万と、そういう内訳でございます。

 続きまして、72ページをお願いいたしたいと思います。72ページの15節の民生費の1項社会福祉費でございますが、そのうちの15節の工事請負費792万5,000円でございます。老人憩いの家施設等整備工事、このうちといたしまして、レジオネラ菌対策といたしまして、残留塩素の自動測定器の取りつけ工事といたしまして、325万3,000円を予定いたしております。

 それから、73ページでございますが、3目の人権擁護啓発事業費、これの委託料、13節の委託料、児童生徒の人権意識調査委託料でございますが、これは75万円でございますが、これは児童生徒の人権意識を調査して、これは小中学校でございますが、人権教育の基礎資料とするものでございます。

 それから、78ページをお願いいたしたいと思います。78ページの3款民生費の1項社会福祉費、その中の20節の扶助費でございますが、知的障害者施設訓練等支援事業費、それから知的障害者施設入所者医療費給付、それから知的障害者居宅生活支援事業でございますが、これにつきましては平成15年度からこの知的障害関係につきましては事務の委譲が町にあったものでございます。

 それと、今回、大きな事業の変化といたしまして、これは身体障害者の関係もございます。今までの措置から支援に、支援事業に変わるということでございます。

 それから、79ページでございます。民生費の2項児童福祉費でございます。1目の児童福祉総務費の中で、報酬といたしまして、エンゼルプランの推進員の報酬、2,700円の12人分の2日ということでございます。

 それから、81ページでございます。81ページの2項児童福祉費で19節の負担金補助及び交付金でございますが、岡垣っ子育成支援事業費20万円、これは団体企業地域が実施する子育て支援事業に対して、補助金を交付するものでございまして、2分の1、補助率を2分の1、最高で10万円を助成するものでございます。

 それから、84ページをお願いいたします。2項の児童福祉費でございますが、この中の15節の工事請負費2,825万7,000円でございますが、学童保育所施設整備工事費といたしまして、これは海老津学童保育所を建かえるものでございます。面積は168平方メートル、従来の定員を40名から70名にするものでございます。

 それから、89ページをお願いいたします。89ページの衛生費の1項保健衛生費でございますが、それの13節の委託料、児童自然体験学習委託料、これ75万6,000円でございますが、これは近くの川等で児童の自然体験学習をするものでございまして、一応、5年生を予定いたしております。吉木と海老津、本年度は吉木小学校と海老津小学校を予定しているものでございます。

 それから、95ページでございます。95ページをお願いいたしたいと思います。労働費の5款労働費の失業対策、1項の失業対策で2目の特定地域開発就労事業でございますが、これは昨年からも引き続いて工事請負費、15節の工事請負費5,200万でございますが、これは海老津の白谷線、海老津から白谷線改良工事、これにつきましては延長が64メーター、幅員といたしまして11メーター、そのうち、歩道を3.5メーターを予定をいたしております。

 それから、96ページでございます。96ページの1項の失業対策の3目の緊急地域雇用特別対策事業でございますが、これは昨年に引き続きまして、事業といたしましては小学校の英会話の講師、それから、法定外公共物譲与申請業務、コンピューターの指導員設置等を予定をいたしております。総額で1,581万9,000円でございます。

 それから、100ページをお願いいたしたいと思います。100ページの1項の農業費、4目の農業振興費の中の19節負担金補助及び交付金の中で、下から2行、3行目の水田管理機械補助金90万8,000円、これにつきましては、農地の荒廃を防ぐための対策といたしまして、生産組合で農地を管理をしていただくということで、水田の管理機械補助金、これは草刈機でございますが、草刈機の購入の補助を行うものでございます。今年度は、内浦、上高倉、小局の3農業組合を予定いたしております。補助率につきましては、2分の1でございます。

 それから、その下の町と村ネットワーク事業補助金55万円、これは別名棚田オーナー制度と申しまして、原地区に面積で2反、1口1万円の40人を募集をいたしまして、棚田オーナー制度というものを実施するわけでございますが、これについて原地区に55万円の助成を行うものでございます。

 それから、105ページをお願いいたしたいと思います。6款の農林水産業費の2項林業費でございますが、その委託料、13節委託料の中で、金比羅山トイレ測量設計委託料40万円でございます。

 それから、15節の工事請負費676万2,000円、金比羅山トイレ設置工事でございます。これにつきましては、議運の中で私が男女兼用という形で申しておりましたが、男女別々に一つずつの便器を設けるものでございます。

 それから、107ページをお願いいたしたいと思います。3項の水産業費でございます。このうちの13節の委託料328万5,000円で、そのうち漁場調査委託料として、240万円を計上いたしております。これにつきましては、波津の白瀬、それから第一防波堤、それから東防波堤、それから吉木のハマグリ漁場、そういうところの4カ所の漁場調査を行うものでございます。

 109ページをお願いいたしたいと思います。商工費でございますが、このうちの19節の負担金補助及び交付金1,016万4,000円でございますが、そのうち、商工会補助金として470万円、この内訳といたしまして、15年度におきましても、商工会でプレミアム商品券を3,000万円ほど発行いたします。それの1割の300万円を助成するものでございます。これにつきましては、15年度のTMOは発足いたしますれば、補助金がつくということでございます。それと、その中の制度融資資金保証料補助金50万円、これにつきましては制度融資を今現在やっておりますが、非常に借りる方が少ないということもございまして、それの振興策といたしまして、この保証料を助成するものでございます。これ大体1件、平均150万円ほど借りられるということでございますので、その10件分を予定いたしております。

 それから、113ページをお願いいたしたいと思います。113ページの2項の道路橋梁費でございます。そのうちの3目の道路改良費の中で、15節の工事請負費でございます。6,500万、そのうちに一番下の出口中添線道路改良工事、これ1,400万円でございますが、これにつきましては特定防衛施設の調整交付金を充てて行いたいというふうに考えております。その下の公有財産購入費、この2,000万円、これにつきましても、その出口中添線の改良工事に伴うものでございます。

 それから、119ページでございます。119ページの都市計画費の中の公園整備事業費でございますが、15節の工事請負費1,124万円のうち駅前広場工事、これ374万円を予定いたしておりますが、これにつきましては、海老津駅前の広場の公衆トイレを改修するものでございます。男子トイレの方は外から通行人の方から見えるということもございまして、それの見えないようにするため、それともう一つは女子トイレを洋式のトイレを一つ、洋式のトイレに改修をするということでございます。

 それから、121ページをお願いいたします。都市計画費の街路整備事業費でございますが、これにつきましては、工事費といたしましては5,640万、これは海老津源十郎線の改良工事でございます。ことし予定いたしておりますのは、工事量といたしまして、L型擁壁を高さ2メーター、延長83メーター、それから現場うちのL型の擁壁、高さ7.5メーター、延長で80メーターを予定いたしております。それから、17節の用地購入費でございますが、これにつきましても海老津源十郎線の用地でございまして、用地の購入面積が3,162平米ほど予定いたしております。それから、22節の移転補償費4,750万、これにつきましては物件が4件、それから立木補償等が3件でございます。

 それから、124ページをお願いいたします。124ページの18節の消防費でございますが、それの18節備品購入費1,600万円でございます。これは消防自動車の購入費でございます。これは第4分団の消防自動車を老朽化により買いかえるものでございます。平成元年に購入したものでございます。

 続きまして、128ページをお願いいたしたいと思います。1項の教育総務費で、この中の19節の負担金補助及び交付金の中の下から2行目でございます。文化芸術鑑賞事業負担金、これは平成15年度から新たに取り組む事業でございます。平成15年度におきましては、ミュージカルを予定いたしております。公演料等については、これは国の方で見るようになっております。これは対象を中学の2年、3年生を一応サンリーアイの方で予定をいたしております。

 それから、131ページでございます。131ページの小学校費でございますが、そのうちの15、工事請負費3,780万円でございます。これの内浦小コンピューター教室設置工事、これ1,200万円予定いたしておりますが、この内浦小のコンピューター教室を設置することによりまして、すべての小中学校においてコンピューター教室が整う形になります。

 それから、147ページをお願いいたしたいと思います。5項の保健体育費でございます。これの17節の公有財産購入費1,517万6,000円でございます。これにつきましては、野間の総合グラウンドの駐車場の一角に民有地がございます。その民有地を駐車場用地として購入するものでございます。面積につきましては、271平米でございます。

 以上、歳出につきまして、新規事業並びに主な事業を説明をさせていただきました。

 続きまして、歳入について説明を申し上げます。

 15ページをお願いいたしたいと思います。15ページの1款町税でございます。1項町民税、これにつきましては、前年度比較といたしまして、3,816万6,000円、特に個人におきましては3,968万8,000円の減額でございます。これにつきましては、恒久減税と不況の関係で減となっております。それから、2項の固定資産税でございます。1目固定資産税、対前年比較で8,812万7,000円の11億5,252万4,000円でございます。その中でも現年度分の家屋が本年度は5億4,700万円を予定いたしておりますが、昨年が6億3,600万円でございましたので、大きな減となっております。これにつきましては、15年度評価がえ等で価格が下落している。特に、この固定資産税につきましては、過去、前年度を下回るというようなことはございませんでしたが、今回、大きく、家等が建っておるにもかかわらず、大きな減額となっております。

 それから、18ページをお願いいたします。地方交付税でございますが、地方交付税につきましても、昨年比較で2億7,884万3,000円ほど減額をいたしております。率で申しますと、10.5%でございます。これにつきましては、後で説明申し上げますが、起債に振り替えった分が6億円ほどございますので、一応、当初比較といたしましては、それを含めますと、2.8%増にいたしております。

 それから、22ページでございます。22ページの国庫支出金、1項国庫負担金でございますが、6節の障害者福祉費負担金、これは先ほど歳出の方でも説明申し上げましたように、知的障害者関係が平成15年度から事務委譲で町でするようになっております。この負担金を計上いたしております。これにつきましては、国が2分の1の補助で、助成で、負担金でございます。

 それから、23ページ、国庫補助金の民生費の国庫補助金でございますが、このうちの2節の児童福祉費補助金、673万3,000円、これにつきましては海老津学童保育の建設分でございます。国県補助金につきましては、大きく昨年と補助率等については大きな変動がございませんので、省略をさせていただきたいと思っています。

 32ページをお願いいたしたいと思います。32ページの16款の繰入金1項基金繰入金でございますが、昨年に比較いたしまして、692万円ほどの増額をいたしております。その内訳といたしまして、財政調整基金を1億8,000万円、それから2節といたしまして、退職準備金の繰入金を1億円、それから、3節といたしまして、公共下水道の設置準備基金繰入金を2億円ほど予定をいたしております。

 それから、36ページでございます。36ページの町債でございます。昨年度に比較いたしまして、2億7,240万円の増額でございます。本年度におきましては、事業といたしまして、町営住宅の建設事業、それから、先ほど申し上げましたように、臨時財政対策債、昨年が2億4,320万でございましたが、本年度は6億円ほど予定をいたしております。これにつきましては、交付税で100%振り替えという形になります。

 以上、説明を申し上げました。よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。4番、勢屋君。



◆議員(勢屋康一君) 連合審査でやりますが、今、山田課長の説明の中で、用地を買収したときに、金額が何平米で何ぼだと。平米に計算を我々が、君が説明した中でせないかんわけね、平米単価どんぐらいになったんだろうかと。こういう点はやっぱり我々にも平米ではこれだけですという説明をやっぱり今後していただきたいということを、まずお願いちゅうたらあれですけど、連合審査ぐらいで。私、課長が言うたのを計算しよったら、もう次いくもんやから、だから、平米単価がどれぐらいだちゅうことによって、ああ、これは、ここらあたりはこういうもんやなということで勉強になるわけですね。

 それから、もう一点が、町長にお尋ねしますが、今、岡垣町の中で福銀から高陽団地に上がるところ、非常に危険であるということは私は常々指摘してきとるわけですね。ところが、今度のこの予算の中にも何にも出てきてないと、出てきておるんならどっかで私が聞き損なったかもわかりませんが、早く、都市計画街路を待っとたんではいつのことになるかわからんから、町単でもやっぱり早く何とかしてくれと、高陽団地の皆さんもさることながら、皆さん方が高陽団地に来るときも非常にあっこは危険で、危ないんですよ。だから、早く広げていただきたいということを、私も常々言ってきておりますが、この予算に上がってきてないんで、上がってきておるんなら上がってきておるように教えていただきたいし、上げてないなら上げてないの理由を説明していただきたい。



○議長(大森忠勝君) 山田総務課長。



◎総務課長(山田敬二君) 平米単価につきましては、御指摘のとおり、連合審査会で説明申し上げます。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 福銀の前のあの四つ角につきましては、私も身近におりますのでよくわかっております。現在、公社の方でそれについて今話し合いをやっております。土地開発公社の方でやっておりますので、いずれ皆さん方にそれについてまた説明をする機会があると思います。



○議長(大森忠勝君) 4番、勢屋君。



◆議員(勢屋康一君) 公社で買われるちゅうことは、私も当然と思いますが、長いことまた塩漬け、土地の云々ちゅうことになってまいりますので、やっぱり早急にあれしてもらわなきゃいけないんだけども、今あっこのあれ町道か、県道、町道になるんですかね、福銀から山田小学校に行く方は、県道──県道は今度歩道をつくっておるわけですよ。でも、電柱はもう今広げようとも、またこれをのけないかんような状態になっとるんですよ。電柱はもうあれはもうちょうどあっこに電柱が立っておりますから。だから、私は将来、やっぱりつくらなきゃいけないということは、町長もよくわかっておると思うんですよ。非常に危険なんですね、歩道もないし、ましてあれ田代栄一氏の土地やが、こう何ちゅうんか、がけみたいなちゅうか、ちょっとしとって、非常に危険なんですよ。人通り、交通も多いというところですから、やっぱり早急に解決してもらわないかんが、今町長が開発公社の方でやっとるちゅうので、買収が終わり次第、やっぱり早急にやっていただきたいと思いますが、その点だけ一つお答えいただきたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) 先ほど町長が申されました用地の件については、今まちづくり総合支援事業の中で補助金を受けて取り組むという大きな方向で、今検討をいたしております。それに先立ちまして、用地等については先行で取り組みたいということで、土地開発公社の理事長をしておりますけども、今回の事業の中で、また理事会の中でまた御相談することになると思いますけども、そういう総体的な計画の中で、基本的には公共事業としてはまちづくり総合支援事業で取り組みたいということで、今検討をいたしております。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。11番、平山君。



◆議員(平山弘君) 11番、平山です。連合審査がありますので、そこでいろいろ出てくるんじゃないかというふうに思います。で、ちょっと一つ、二つ、質疑したいと思います。それで、情報センターの建設事業費にかかわって、先ほども担当課長から説明の中で、公有財産購入費、それから移転補償費で予算が組まれております。で、これについてはいろいろ情報センターの建設をめぐって、いろんな話がされているわけですね。それで、これまでも特別委員会、その他で幾らか私も質疑してきましたけども、どういう根拠に基づいて、こういう用地買収の費用になっているのか、また、移転補償費についてもどういう根拠に基づいて、こう積算されているのか。これは一定の公共物の移転、または公有財産の土地買収に当たっては一定の算出基準があるんだということで、これまで説明されてきました。で、そういうのに基づいて、具体的に連合審査のときに、資料を出していただきたいというふうに思います。で、個人の土地であります。それを公有財産として購入するわけですね。それで、個人のプライバシーということもありますけども、公有財産として、予算をつけて、購入する上においては、町民の皆さん方にもどういう算出基準でこうなっているのか、そういうのも明らかにしていく必要があるんじゃないかというふうに思うわけです。その点で町長の考え方をお聞かせいただきたい。町長のその点についての考え方をあとで聞かせていただきますけども、連合審査のときに、この永見氏の土地の評価額といいますか、固定資産税を課税するなど、評価額、それから、一定のコンサルに、鑑定士に頼んで、この土地用地購入をしてきていると思いますけども鑑定額、それから、ここの土地についてのいわゆる普通土地が先ほどの固定資産のところで、評価額が下がった、上がったとかっていろいろ言われてましたけども、それの土地の何ちゅうんですかね、公示価格ちゅうですかね、文章によっては公示価格というふうに書いてあったり、標準価格というふうに書いてあるわけですけども、ここの土地のそういう標準価格なり、公示価格が幾らであるのかということを、それから、先ほど移転補償でも、家屋と営業補償というふうにありましたけども、これも算出基準があると思います。だから、そういう基準に、こういう基準に基づいて、こういう計算になりましたと、用地買収についてもまた移転補償費についても明らかにして、やっぱり町民の中にいろんな問題を残さないということが、特に、この情報センターの建設に当たっては、重要なことだというふうに私は思っています。町長の答弁を求めます。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 何事につきましても、私は公平、そして透明性をもって図っていくと、進んでいくということが基本でございます。今回の情報センターの土地の購入等につきましても、公平なる鑑定を出していただき、そして税務署とも事前に協議をしながら、疑惑と申しますか、いろいろな変な話がないように、私は公平、透明をもって進めてまいっております。

 いずれにいたしましても、資料等につきましては、連合審査の中で提出をさせていただきたいと思っております。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 個々の問題は、連合審査ということになりましょうが、町長の施政方針の中で、岡垣町の税収としては1億2,400万円ほど減額したと、下がったと。そして、基金からの繰り入れ、これについては前年度から692万円ほどふやしたと、そういう部分がございます。そうした中で、町長は第4次総合計画に掲げる岡垣町の将来像実現のため、さまざまな住民要望にこたえるような予算を編成しましたとしてあるわけですね。第4次総合計画の重点課題、そうしたもののやっぱり進捗状況が遅いというような印象も私は受けるわけですね。例えば、古い住宅団地の中の再生を図っていく。今度、そこのU字溝の上にふたをしていくというような部分等がございますが、どの程度、こういうものについて前年比から比べてふやしていったかと、そういうのがまだわかりませんけど、そうしたさまざまな住民要望がある中で、この予算規模というものは果たして、町長がここに書いておられるような、答えられているような予算ということで編成されたんだろうかと、予算が少ないんではないか、規模が小さいんではないかというような印象を持つわけですが、その点については、どのように論議されて、このようにされたのか、ちょっとお尋ねいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 木原議員の質問にお答えしますが、いずれにいたしましても、現今の経済環境、いろいろ見ますと、非常に厳しい中で、岡垣町の地方交付税を含めまして、町税も非常に影響をいろいろのことから影響が出て、10%の地方交付税の減額とか、いろいろ減少の要因はたくさんございます。その中で、私どもとしても第4次総合計画の実現化という目標がございます。それを私どもとしては限られた財源でございます。それを有効かつ効率的に使っていくという基本的な考えの中から、今回の予算編成をし、第4次総合計画の実現化に向けて、今後進んでいくわけでございますが、商工業、そしてまた農業、漁業の振興も含めまして、道の駅についてもまた私どもも今後真剣に前向きに取り組んでまいりますし、限られた、そして最大最小の経費でもって、最大の効果が上げるような形で、今後、この1年間の予算を編成をさせていただいております。



○議長(大森忠勝君) 8番、木原君。



◆議員(木原信次君) 我々は議員のやっぱり町民の代表でございますので、さまざまな声をこの町政に反映していく、そういう責務があるわけですね。そうしますと、必ずしも現在の岡垣町の行政の進展、進捗状況がそれに的確にこたえていくということにはならない部分があるんですね。なぜかと、予算がありません。そうした部分が多いわけですね。そうした中で、今町長は効率化に努めて、適正にやっていくということでございましたが、予算は編成する上で、各課からいろいろな事業要望等があったと思うんですね。それについて十分こたえられたのかと、もうこれ以上、予算を、繰入金をふやして、ふやすとそういうようなことは検討はなかったのか、その点についていかがでしょう。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 各課で予算のヒアリングの中で、いろいろ事業が出てまいりましたが、私どもとしては現時点でこういう形で予算編成をし、いろいろな住民の方々の要望にもこたえていけるというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。10番、曽宮君。



◆議員(曽宮良壽君) 町長にお尋ねします。昨年の3月定例議会連合審査会において、私は公平委員会の科目保存1,000円ということについてお尋ねをさせていただきました。例規集の261、岡垣町と福岡県との間の公平委員会の事務の委託に関する規約と、昭和32年8月28日付の規約がございます。で、これについて、昨年3月の連合審査で、これはいわゆる予算の執行については、この規約に反しておるのではないかということで、指摘をさせていただきました。その中で、この規約のとおりにやれば、1,000円では足りないというふうに指摘をさせていただきました。御記憶がおありですか。町長、お尋ねします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 昨年の3月議会で公平委員会の件について、ちょっと私も今その当時のメモか何かを私は机か何かに置いとるかと思いますけども、ちょっと今すぐ言われましても、私はちょっと記憶に、ちょっと定かではございません。



○議長(大森忠勝君) 10番、曽宮君。



◆議員(曽宮良壽君) 記憶がないということで、連合審査の中で具体的にまた再度行いたいと思いますが、予算とこの条例あるいは規約というものは必ず連動してないと、整合性をもってないとおかしいわけですね。で、今回、後ほど、陳情の中で出てくることですが、こういう言葉があります。もしそうであれば、この行為は明らかに地方自治法第244条2項及び3項に違反するものであり、そのための用地購入も、また違法行為でありますというふうに言われております。で、この地方自治法に違法の予算が上がっておるという声が町民から上がっておるわけですね。で、私が指摘した昭和32年8月28日付の規約と1,000円という科目保存の予算というのは、昨年の3月にこれは言葉としてはおかしいんじゃないかと、これ規約を変える必要があるんじゃないかということで指摘をしたんですよ。しかし、そのままことしも同じように、またこれ例規集、私の預かっておる例規集だけ差し替えがなされてないのかなと思いますが、その点で何か今一つ、行政の内部の中でぴりっとしたものがないんじゃないかと、そんなふうに私は町民の声として、こういうことが上がってくること自体が町として恥ずかしいと、そんなふうに思うわけです。いかがですか、町長。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私の方もその署名、陳情書と申しますか、それについても非常に不愉快でございます。話そのものが、私どもとしては議会の皆さん方に数字等については説明がなかったかと思いますけども、今回出しました数字等については十分に公平なる、そして透明性のある数字を出させていただき、それは陳情書の中には風聞と申しますか、そういうことがあると、非常に紛らわしい言葉で書いてあり、このことについては非常に私どもとしても説明をしたことについて、大変私自身も不快に思っております。



○議長(大森忠勝君) 10番、曽宮君。



◆議員(曽宮良壽君) あとは、連合審査で議論をさせていただきたいと思いますが、この公平委員会の規約についても経緯があろうかと思います。それを総務課の文書係あるいは企画政策室の人事の係に調査をしていただいて、果たしてこの規約が現在も生きておるのかどうか、そのとおりに執行するように予算組みがされておるのか、詳しく尋ねたいと思います。あわせて、ここに陳情がありますように、もしそうであればと言われておりますけど、もしそうであれば、地方自治法に反しておるわけですから、そういう予算であれば、私たち認めるわけにいかないわけです。ですから、あわせて、先ほど平山議員の方から質問があっておりましたように、詳しく説明をしていただくように、準備をお願いいたします。

 以上です。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。13番、大堂君。



◆議員(大堂圏治君) 私はこの15年度の一般会計予算については非常に注目をいたしておりました。なぜならば、財政が非常に厳しい状況にあると、それと樋?町政ができてから、実質的に2年目ということで、15年度の一般予算がどうなるだろうかということで、非常に注目をして見ておったわけですが、この中で数字的には前年度の対予算マイナス1.3%、そしてもう一つ、14年度の補正後の予算額にいきますと、4億2,100万の減、5.5%でございます。それの差があります。これは現実の数字としてとらえるといたしましても、ここに、町長に、冒頭に施政方針が示されました。非常に大事なことが書いてあるんですね。政府、財政構造の構築は必要だと、これは当然のことでございます。そして、予算配分の重点化、効率化を進めるということが書いてあります。これを地方もこれを踏襲していくんだというようなことが基本施政方針の中に述べられております。ただ、このことを考えたとき、今までの説明を聞いておりますと、本当に果たしてこのような予算編成になっておるのかというように、疑わざるを得ないというような気がいたします。というのは、予算の組み方そのものが従来の手法と変わらないような各課の組み分け、そして、現状を積み上げてきたようなそういう予算編成の手法を取られているということが言えるんじゃないだろうかというふうに思います。果たして、この15年度の予算の中に、重点化、事務の効率化、どこに予算として見えるのかというのは、まず、疑問でございます。まず、具体的なそういう重点化しました効率化しましたというものを具体的に説明をまず求めたいと思います。

 それともう一つは、財政の基本姿勢であります、これは具体的に答弁いただきたいと思いますが、自主財源と依存財源がございますが、平成13年度においては43対57%というふうに聞いております。この予算の中で、自主財源、依存財源の比率はどうなっておるか、まず、これを明らかにしていただきたいと思います。

 それから、よく財政力、財政等すると経常収支比率でございますが、これがどれぐらいの予想ができるんだとか、予算案の中で。平成13年度は恐らく77%ぐらいだったというふうに聞いておりますが、15年度はこれでいくと経常収支比率はどれぐらい見込めるのかと、なるのかという具体的な数字を求めたいと思います。

 それから、赤字国債といわれる6億の投入が見込まれているようですが、公債費の負担比率が全体予算に何%なるのか、この数字をまず、説明ちゅうか、答えを答弁を求めたいと思います。ということで、今私が質問しました基本的なことについて質問いたしましたが、細部にわたっては町長の施政方針、また予算の各款ごとの個別については連合審査会の中で徹底的な審議を尽くしたいと思っておりますが、先ほど私が質問しました項目について、ここで答弁を求めたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 暫時休憩。

午後2時28分休憩

………………………………………………………………………………

午後2時30分再開



○議長(大森忠勝君) 再開いたします。



◎総務課長(山田敬二君) ただいまの御質問でございますが、財政の一応今年度予算の見通しといたしましては、経常収支比率につきましては、いわゆる経常一般財源が大きく減少いたしておりますので、80%を超えるのではないかというふうに予測を立てております。

 それから、依存財源と自主財源でございますが、これも大まかでございますが、6:4の割合というふうに理解しております。

 以上でございます。

 公債費につきましては、この歳出に占める割合の中では14ページに書いておりますが、一応、公債費といたしましては8.1%ということでございます。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 施政方針の中で効率化というような言葉を使いました。これはそういう中で効率化を求めた結果、私としてはこういう形の予算編成をさせていただいたわけでございます。その中で、特色のある予算と申し上げますが、岡垣町の将来に向けて情報化、そして個人情報の問題もございます。エンゼルプラン、少子化対策もエンゼルプランの推進の審議会とか、それからまた男女共同参画社会への実現に向けての審議会の設置等について、私は岡垣町の将来に向けてのそういうことに満たすべき方向性の予算等について、今回、過去はどうのこうのじゃなく、方向性を目指した予算編成をさせていただいたというふうに思っています。



○議長(大森忠勝君) 13番、大堂君。



◆議員(大堂圏治君) 細かいことについては連合の中で詰めていきたいとこういうように思います。ただ一つ、予算編成、予算という形で上がっておりますが、手法として、編成の手法として、どのような手順を取られましたか。この件について説明を求めたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) 具体的な予算の編成手法ということでございますが、これは毎年、御報告申し上げておると思いますが、3カ年の実施計画というのを策定いたします。それは建設的な計画と、それからそれを踏まえた中で、財政的な整合性をどう取るかということで調整していくわけですが、この予算の考え方につきましては、先ほど町長が申されましたように、現下の厳しい財政状況の中で、この複雑多様化していくさまざまなサービスに対して、どう取り組んでいくのかということで、まず、第一番にはやはり経常的な経費の削減と、それから新規事業についても抑制と、しかし、その正しい新規事業についてはマスタープランに基づいて、この実効あるものとして、なっていくものについては、限られた財源の中で、取り組んでいくというふうなことで、非常に右肩上がりの財政状況の中では、いろんなたまむし色のところもありますけども、この条件の中で、限られた財源の中で、この事業をするために、まず、みずからの経常的な財源を削って、そして、圧縮した部分を住民サービスの方に展開するというようなことで、この予算編成に取り組んできたということでございます。



○議長(大森忠勝君) 13番、大堂君。



◆議員(大堂圏治君) 私が質問したいところは、予算編成の手法の中で、従来やりました事業を検証しながら、基本的に抑制の方向でいくというようないろいろな方法があろうかと思いますが、そういうものを分析して各課積み上げで、そして上に上がってきて、全体的ができ上がったのか、それとももしくは樋?町政として、こういう基本的な方針のもとで事業をやっていくと、事業の裏づけが予算でございますので、その辺のものが明確にして、そして各課におろしていったのか、結局、元がアップしたのか、トップダウンのかと、簡単に言うたらそういう手法はどうとらえてあるのかということを質問しておるわけですよね。だから、従来どおりの事業をそれを見直しをしましたと、抑制の方向で、効率化の方向で、重点化の方向で、各課で詰めていただいて、そしてそれをヒアリングして、積み重ねて全体的にしたのか、それとも樋?町長そのものが3度目でおられますから、やっぱり町長のカラーを出すために、しっかりその効率化、重点化、そして4次総合計画との照合の中で、しっかりとした1年間の町政をこういったことをやっていくんだという基本的な政策をしっかり踏まえた上で、各課にそれを流して行って、そして、それの意向がいく、そういうような予算の積み上げをしたのかということを一つの手法として、具体的にどうされたのかということを、具体的に説明していただきたいということでございます。



○議長(大森忠勝君) 広渡助役。



◎助役(広渡輝男君) 先ほどの説明の中で、まず、樋?町政の施政方針というんですか、その点について申されましたけども、これは平成13年に策定したマスタープランというのがまさにございます。これは岡垣町の10年を目指した方向ということで、これはまさに樋?町政のときに策定し、取り組む方向性を示されたものでございますので、これに向けて、各課が一致団結して取り組むというのが大前提でございます。この大前提の中で先ほど申し上げましたように、財政が非常に厳しくなっていく中で、このマスタープランに掲げられた事業をより実践するためにということで取り組む中で、これは予算編成方針の中でこういう考え方で予算を編成するようにということの指示はされております。そして、その指示に基づいて、それはマスタープランに基づいて上がってきたものを、町長査定の中で十分吟味して、町長の政策として、これはやはり取り組んでいくべきだということを総合的にまとめて調整したものが、今回の予算ということでございます。そういうことで御理解をお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。11番、平山君。



◆議員(平山弘君) 11番、平山です。町長の所信、そして予算の概要説明について、もう少しお聞きしたいと思います。

 直接的には触れられてませんけども、きょうの新聞では介護保険料が35.5%、3,940円に引き上げられたと、町長も議員であるんで、連合審査のときまでにどういう根拠に基づいて、そういう結果になったのか。当初は4,537円という数字が出て、その後、4,150円、そして今度正式にというか、3,940円ということで決定されたようでありますし、それがどういう根拠に基づいて出されてきたのか、結局はその問題の先送りになってるんじゃないかという危惧も持っておりますので、資料提出方お願いします。

 それから、情報センターのことについて、これは言葉の使い方がどうかということでは副議長が先般の質疑の中でされておりましたので、しかし、情報センターを駅前地域、そして商業の活性化の一点突破、最初の取っかかりとして、建設していくということです。開設が16年の4月からだということでもありますけども、その当初の目的のために、この情報センターをどう生かしていくかというところのやっぱり考え方が私は今度の町長の施政の中には希薄じゃないかというふうにも思うわけです。だから、その点について、町長の考え方をお聞かせいただきたい。

 それから、公共下水道の設置準備基金に繰り入れを2億円計上したいと、公共下水道には毎年毎年一般会計から4億数千万円、5億円という繰り入れがされております。今度の15年度予算でも5億3,500万円繰り入れがされておるわけですね。それとは別に2億円、公共下水道設置の準備基金に基金繰り入れをするということなんですね。で、これまで決算で見ますと、約10億円、準備基金があります。その上に、毎年、さっき言ったように、5億円近く繰り入れをして、そして2億円またその新たに準備基金に積み立てると、どういう考え方でそうなっているのか。そうでしょう、2億円、5億3,500万円の中から2億円を準備基金に充てるということですか。それならそれでいいけど、説明ではそういうふうになってない、当初の説明では準備基金にするということと、予算書では別に一般会計から下水道会計に繰り入れるということと、基金に繰り入れるちゅうことは違うわけですから、おのずと。だから、私ちょっとずうっと予算書をめくって見て、ちょっと基金にどこで繰り入れとるのか見つけきらんやったわけですけども、どういうそれで町長に公共下水道のこれからの考え方について、やっぱり岡垣町での大きなやっぱり町民の願いでもあるけれども、大きな財政負担でもあるんですよ。相当起債も大きい、だから、公債ももう早う言えば、利子の方が元金の2倍以上、納めにゃいかんと、払わないかんというような状況にもなっておりますので、どういう考え方を町長初め、町執行部が持たれているのか、町長、代表して答弁をしていただきたい。情報センターの件についてもあわせて答弁をお願いします。



○議長(大森忠勝君) 質疑の途中でございますが、暫時休憩いたします。再開を14時55分といたします。

午後2時43分休憩

………………………………………………………………………………

午後2時56分再開



○議長(大森忠勝君) では、再開いたします。

 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 平山議員の情報センターの今後の活用、利用等について説明をさせていただきます。

 去る2月23日におかげさまで起工式を行うように至ったわけでございます。今後の活用、利用については私どもも駅前の情報センター、そして面整備も含めまして、今後十分に取り組んでいきますし、情報センターの利用についても、各種団体、そしてまた町民の方々、学校関係といろいろと打ち合わせ、ヒアリングを行いながら、魂を入れていきたいというふうに思っております。今後とも利用、活用については十分私どもも説明をしながら、そしてそれの皆さん方の御賛同を得てつくります施設でございます。十分にそれについては頭に入れて、今後とも取り組んでまいりますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 山田総務課長。



◎総務課長(山田敬二君) 平山議員の基金の関係でございますが、2億円、これは基金を取り崩すと、積み立てじゃございません。取り崩すして、それの公共下水道の繰出金5億3,500万円でございますが、それのうち2億円をこれに充てると、そういう考え方でございますので、御理解のほどをお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第31号については、会議規則第36条の規定により、総務常任委員会に付託し、他の2常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第31号については総務常任委員会に付託し、これを連合審査会とします。

────────────・────・────────────



△日程第20.議案第32号



○議長(大森忠勝君) 日程第20、議案第32号平成15年度岡垣町国民健康保険事業特別会計予算の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第32号について提案理由の説明をいたします。

 国民健康保険事業特別会計予算の歳入歳出を、それぞれ26億5,451万円で、本予算を調整しております。対前年度比較で2億8,878万2,000円、12.2%の増額となっております。

 歳出につきましては、予算の約6割を占める保険給付費が前年度に比べ、3億1,442万3,000円、約24.1%の増額となっております。その主な要因としましては、医療制度改正により、一般被保険者の前期高齢者分療養給付費の増額と、退職被保険者等につきましては、給付割合は下がりますが前期高齢者分の療養給付費が増加し、一部負担割合が3割となるため、高額療養費が増加いたします。それに、前年度は他会計との整合性を図るため、療養給付費を11カ月予算で計上しておりました。また、高額医療費共同事業の拡充により、共同事業拠出金が3,344万円の増額と、介護納付金が第2号被保険者数と、一人当たりの負担額の増額により、2,205万3,000円の増額となっております。老人保健拠出金につきましては、医療制度改正による拠出金負担割合の変更等により、8,366万2,000円の減額となります。

 歳入につきましては、不況等による国保加入者の増加と地方税法の改正に伴い、国保税が5,252万4,000円増額となっております。また、国庫支出金が一般被保険者の保険給付費等の増額により、3,301万3,000円の増額、療養給付費交付金につきましては、退職被保険者の保険給付費の増額及び制度改正により退職被保険者等にかかわる老人保健拠出金については全額被用者保険が負担するようになったため、1億7,369万3,000円の増額となります。

 当初予算編成につきましては、国民健康保険の適正かつ安定的な事業運営の確保を図るための予算の調整を行っておりますが、医療制度改正により不透明な部分もあり、今後の医療費等の推移を見ながら、対処していきたいと思います。今後は、町民に対して健康増進、疾病の発生予防、早期発見、早期治療が大切ということを認識してもらう必要があると考えております。

 なお、詳細については、住民課長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 吉田住民課長。



◎住民課長(吉田晋一君) それでは、議案第32号の詳細説明をいたします。

 歳入歳出予算事項別明細書により、主なものを歳出から説明させていただきます。

 184ページをお開き願います。1款総務費の1項総務管理費の28節繰出金でございますが、これは15年4月から新しく創設いたしました出産資金貸付金の繰出金でございます。10名分の予算を計上しております。

 続きまして、186ページをお願いいたします。2款保険給付費1項療養諸費の1目一般被保険者療養給付費を8億6,885万2,000円計上させていただきました。14年度に比較いたしますと、1億6,619万4,000円で、率にいたしまして23.6%の増でございます。2目退職被保険者等療養給付費を5億5,475万2,000円計上させていただきました。14年度に比較いたしますと、1億452万6,000円、率にして23.2%の増でございます。理由といたしましては、先ほど、町長が提案理由で申されましたように、前期高齢者の増加が主なものでございます。

 続きまして、187ページをお願いいたします。2項高額療養費の1目一般被保険者高額療養費を1億540万円計上いたしました。昨年度と比べますと、964万円の増でございますが、率にして10%の増でございます。2目の退職者につきましては5,400万円を計上させていただきまして、昨年に比べまして、3,120万円、137%の増でございます。この理由といたしましては、先ほど申しました前期高齢者の増加に伴いますものと、退職被保険者につきましては患者一部負担の割合が2割から3割になりました。これに伴いまして、高額医療が大きく発生いたしますので、その高額医療費を還付するために、こういったような予算を調整させていただきました。

 次に、188ページをお願いいたします。3款の老人拠出金の1項1目の老人保健医療拠出金を7億6,023万1,000円計上いたしましたが、昨年と比較いたしますと、8,331万円で9.9%の減でございます。この減少の理由といたしましては、今まで社会保険診療報酬支払い基金が70%、公費が30%の割合で医療費を支給しておりましたが、15年の10月から制度改正によりまして、10月から5カ年間でこの負担比率を50%ずつにするということでございまして、その公費負担が20%、それぞれ20%の減額、増額というような形になりますが、その増額分を公費負担として、ここに上げさせていただいたものでございます。

 続きまして、189ページをお願いいたします。4款共同事業の拠出金でございますが、1項1目高額医療費共同医療拠出金の5,129万1,000円計上させていただきました。昨年と比較いたしますと3,344万円、率にいたしまして187%の増でございますが、これは前期高齢者の増加に伴いますものと、先ほど説明申し上げました退職者の関係で、こういったような高額療養が発生いたしますので、このようなことで調整させていただいております。

 それから、192ページをお願いいたします。192ページは9款の介護納付金でございます。9款の介護納付金1項1目の介護交付金でございますが、これにつきましては1億1,677万9,000円計上させていただきました。昨年に比べますと、2,205万3,000円で23.3%の増でございます。これは平成13年度の実績に基づきまして、計上したわけでございますが、それぞれ一人当たりの単価と、それから人数の増加によるものでございます。

 続きまして、歳入の方に移らせていただきます。175ページをお願いいたします。1款国民健康保険税1項1目一般被用者保険健康保険税でございますが、6億2,735万円を計上させていただきました。昨年と比べますと、3,079万円の増でございます。率にいたしまして5.2%の増でございます。2目の退職被保険者等国民健康保険税2億145万6,000円を計上をいたしました。昨年と比べますと2,173万4,000円、率にいたしまして12.1%の増でございます。理由はこの被用者保険からの異動が主なものでございます。

 次に、178ページをお願いいたします。5款療養給付費交付金1項1目療養給付費交付金を5億7,502万1,000円計上いたしました。昨年と比較いたしますと、1億7,369万3,000円、43.3%の増でございます。これは退職被保険者等の前期高齢者の増加に伴うものでございます。

 次に、7款共同事業交付金1項1目共同事業交付金を5,129万1,000円計上いたしました。昨年と比べますと、2,503万2,000円、率にいたしますと95.3%の増加でございます。これにつきましても先ほど歳出で申し上げたとおり、前期高齢者、それから退職者の医療の高額医療の発生に伴います増加でございます。

 179ページをお願いいたします。これは、10款の1目1項一般会計からの繰り出しでございますが、これはその他の繰出金につきましては、昨年と同様でございます。

 以上、説明申し上げました。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。11番、平山君。



◆議員(平山弘君) 介護保険との関係で、40歳から64歳まで各健康保険の加入者は保険税と一緒にこれを払うことになっておるんですけども、3年ごとの見直しということで、介護費用を1号被保険者が17%、2号被保険者が13%とか、ちょっと忘れましたけども、そして、国が何ぼ、町が何ぼということで負担をしてきよるわけですね。そうすると、見通しとして、1号被保険者もこれから介護費用がふえるからちゅうて上がったけれども、2号被保険者、この国保の関するものについても、それにそういうことで介護保険税率が上がるのか、先ほどは一人当たりの単価が上がったということと、加入者がふえたということで、介護保険の納付の額がふえたというふうに説明がされたんで、ちょっと私もどうなっとるんかなというふうに思いましたので、その点について、1号被保険者と同じようにやっぱり2号被保険者も介護保険料が上がるということになっとるのかどうか、その点についてだけちょっと答弁お願いします。



○議長(大森忠勝君) 吉田住民課長。



◎住民課長(吉田晋一君) 一応、この介護保険につきましては、被保険者が50%、それから、公費で50%というような率になっております。そのうちの被保険者の第1号保険者が17%、それから第2号が33%と、そういったような比率になっておりますが、本来なら、この1号被保険者と同様にやはり保険税を上げていくべきではないかなというぐあいに思いますが、ただ介護保険税だけを上げるというのは大変難しい状況にあるんではないかなと、国民健康保険税の中の分でございますので、当然、近い将来、そういったような形の処置を取らざるを得んようになるんではないかなというぐあいに、ちょっと今のところ感じております。現在のところ、そういう介護の税と、この納付金との差がやっぱりございます。この差につきましては、国民健康保険の会計の方から出していくと、そういったようなシステムになっております。



○議長(大森忠勝君) ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第32号については、会議規則第36条の規定により、文教厚生常任委員会に付託し、他の2常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第32号については文教厚生常任委員会に付託し、これを連合審査会とします。

────────────・────・────────────



△日程第21.議案第33号



○議長(大森忠勝君) 日程第21、議案第33号平成15年度岡垣町老人保健事業特別会計予算の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第33号について提案理由の説明をいたします。

 老人保健事業特別会計予算の歳入歳出を、それぞれ37億2,247万3,000円で、本予算を調整しております。対前年度比較で2億3,010万4,000円、約5.8%の減額となっております。

 平成14年10月からの老人保健法の一部が改定されたことに伴い、一部負担金の限度額が引き上げられ、加入資格年齢も70歳から75歳に引き上げられたため、医療給付費が減少することが減額の主な理由であります。

 歳出につきましては、医療支給費は前年度に比べ、5,067万4,000円ふえるものの、医療給付費が2億8,326万7,000円、約7.3%の減額となるため、全体では2億3,010万4,000円、約5.8%減額となります。

 歳入につきましては、平成14年10月、平成15年10月の2度にわたる医療費の負担割合が改定される等で支払い基金交付金は3億8,236万7,000円の減額となりますが、国庫支出金が1億100万3,000円、県支出金が2,525万円、一般会計繰入金が2,601万円の増額となります。

 当初予算編成につきましては、老人医療の適正かつ安定的な事業運営を図るための予算調整を行っておりますが、今般、実施された医療制度改革後の医療動向等が見込めない部分もあり、今後の医療費の推移を見ながら、対処していきたいと思います。

 なお、詳細については、住民課長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 吉田住民課長。



◎住民課長(吉田晋一君) 議案第33号の詳細説明をいたします。

 歳入歳出予算事項別明細書により、主なものを歳出から説明させていただきます。210ページをお願いいたします。210ページの2款医療諸費1項1目医療給付を36億1,482万4,000円計上いたしました。昨年と比較いたしますと、2億8,326万7,000円で7.3%の減でございます。これは、理由といたしまして、先ほど町長が申されました前期高齢者の増加に伴いまして、医療費、老人医療給付対象者が減少するためであります。2目の医療給付費を7,320万4,000円計上いたしました。昨年と比較いたしまして、5,067万4,000円、225%の増でございます。これは高額医療が大幅にふえる見込みのためでございます。この高額医療につきまして、老人医療につきましては、今まで限度額が随分抑えられておりましたけれど、今度基本的に1割、それから上位所得者については2割というそういったような負担割合が発生することによりまして、高額医療が発生いたしますので、ここで計上させていただいております。

 次に、歳入の説明をいたします。205ページをお願いいたします。1款支払基金交付金1項1目医療費交付金を23億6,033万8,000円計上いたしました。昨年と比較いたしますと、3億8,409万7,000円、14%の減でございます。これにつきましては、前期高齢者が国保加入となります。そういうことから老人医療対象者が大幅に減少することによる支払基金からのこの交付金が減額となるものでございます。

 次に、206ページをお願いいたします。2款国庫支出金1項1目医療費負担金を8億8,512万7,000円計上いたしました。昨年と比較いたしますと、1億3,000円、率にいたしまして12.7%の増でございます。これにつきましては、町長が提案理由の中で申されましたように、医療費の公費負担の割合が増加いたします。それに伴う増額でございます。

 次に、3款県支出金1項1目医療費負担金を2億2,128万2,000円計上いたしましたが、これは昨年に比べまして2,525万円、12.9%の増でございますが、理由といたしましては、先ほどの国庫支出金と同じでございます。

 次に、4款繰入金1項1目一般会計繰入金を2億3,751万6,000円計上いたしまして、これは昨年に比べまして、2,601万円の12.3%の増でございます。これにつきましても公費負担増によります増額でございます。

 以上、説明を終わります。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第33号については、会議規則第36条の規定により、文教厚生常任委員会に付託し、他の2常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第33号については文教厚生常任委員会に付託し、これを連合審査会とします。

────────────・────・────────────



△日程第22.議案第34号



○議長(大森忠勝君) 日程第22、議案第34号平成15年度岡垣町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第34号について提案理由の説明をいたします。

 岡垣町住宅新築資金貸付事業特別会計予算の歳入歳出をそれぞれ428万4,000円とするものであります。

 この事業は、住宅の新築資金等の貸付を行い、住環境の整備を図るものです。平成7年以降、新規貸付は行っておらず、現在は貸付金の回収及び起債の償還が主な業務となっています。

 なお、詳細については、建設課長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) それでは、議案第34号の詳細説明をいたします。

 まず、歳出の方から説明いたします。225ページをお願いいたします。1款事業費として事務費、本年度10万5,000円、対前年度同額です。それから、2款の公債費、元金309万9,000円、1款2目利子として103万円、計412万9,000円、それから、3款予備費として5万円を計上しております。

 それから、歳入につきまして、223ページをお願いいたします。1款貸付金回収金ということで、本年度304万4,000円、2款県支出金、県の補助金42万6,000円、繰越金81万3,000円、トータル、計、歳入歳出ともに428万4,000円でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第34号については、会議規則第36条の規定により、経済建設常任委員会に付託し、他の2常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第34号については経済建設常任委員会に付託し、これを連合審査会とします。

────────────・────・────────────



△日程第23.議案第35号



○議長(大森忠勝君) 日程第23、議案第35号平成15年度岡垣町公共下水道事業特別会計予算の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第35号について提案理由の説明をいたします。

 岡垣町公共下水道事業特別会計予算の歳入歳出をそれぞれ18億1,482万6,000円とするものであります。

 平成15年度は、前年度に引き続き岡垣町浄化センターの増設及び吉木汚水中継ポンプ場の建設について、継続事業として実施いたします。

 また、管渠工事については、吉木地区を重点に実施いたします。

 なお、詳細につきましては、下水道課長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 岩藤下水道課長。



◎下水道課長(岩藤昭良君) それでは、詳細説明をさせていただきます。

 まず、歳出の方からお願いいたします。241ページをお願いします。まず、1款総務費1項1目一般管理費でございますけども、この一般管理費につきましては処理場、ポンプ場、それから建設事業、公債費等を除いた一般事務費を個々に計上いたしております。今年度は6,125万3,000円計上いたしまして、前年度に比べまして、1,852万円の増でございます。伸びとしましては43%でございます。これの主なものとしまして、242ページをお願いします。

 242ページの13節の委託料の中に、地方公営企業法適用化業務委託料というのを計上いたしておりますが、企業会計システムを導入するための準備作業を今年度から一応2カ年間の予定でかかる予定でございます。

 まず、これに事業費が1,898万円程度予算化いたしております。主な内容としましては、固定資産の把握、分類調査、そういったものを今年度の事業に上げております。それから基本計画、そういったものでございます。

 次に、2目の処理場管理費でございますが、本年度が1億4,981万5,000円で、前年度に比べまして、3%の伸びでございます。

 続きまして、244ページをお願いします。ポンプ場の管理費でございますが、本年度が760万2,000円で、前年度に比べまして4%の伸びを計上いたしております。

 それから、245ページの事業費でございますが、本年度が10億1,305万6,000円計上いたしまして、41%の伸びを上げております。246ページの委託料、13節の委託料、7億5,400万円計上いたしておりますが、今年度処理場建設委託費に5億1,100万円、それから、測量委託費に1,500万円、それからポンプ場建設委託費に2億2,800万円計上をいたしております。それから、15節の工事請負費でございますが、2億1,800万円の内容といたしまして、管渠工事でございますが、これを吉木の幹線を420メートル延長いたします。それから、枝線でございますけども、延長約1.4キロを延長する予定でございます。それから、また水道管の布設工事に一応今年度も950万円程度計上をさせていただいております。それから、付帯工事費に950万円程度計上させていただいております。それから、公有財産購入費でございますけど、補正予算の項で説明を申し上げましたけども、中継ポンプ場用地の管路用地としまして、今年度も改めて地元と協議をさせていただくということで、400万円の計上をさせていただいております。

 次に、歳入の方をお願いしたいと思います。237ページの下水道使用料でございますけども、本年度3億970万円計上いたしました。4%の伸びを見ております。対象戸数としましては、約7,500戸程度を見込んでおります。

 次に、分担金でございますが、本年度3,107万の計上をいたしております。前年度に比べまして30%の減でございます。

 次に、238ページをお願いします。下水道の事業国庫補助金でございますけども、本年度2億4,916万円計上させていただいております。これにつきましては、浄化センターの補助金、それからポンプ場の補助金、管渠の補助金等でございます。それから、県の支出金が頭出しの1,000円計上させていただいております。これにつきましては、今年度も補助対象に乗るかどうか、はっきり今の段階ではわかりません。その理由としまして、これが下水道の普及率が条件になっております。で、今年度70%を超える予定でございますので、この70%を超えた場合に普及率が超えた場合に、補助の対象がなくなるという、そういった要綱になっておりますので、今年度ここのところが微妙な状況になってまいりますので、現在のところ、1,000円の頭出しで計上させていただいております。

 以上が、本年度の収入の内容でございます。よろしくお願いします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第35号については、会議規則第36条の規定により、経済建設常任委員会に付託し、他の2常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第35号については経済建設常任委員会に付託し、これを連合審査会とします。

────────────・────・────────────



△日程第24.議案第36号



○議長(大森忠勝君) 日程第24、議案第36号平成15年度岡垣町農業及び漁業集落排水事業特別会計予算の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第36号について、提案理由の説明をいたします。

 岡垣町農業及び漁業集落排水事業特別会計予算の歳入歳出をそれぞれ5億7,860万5,000円とするものであります。

 平成15年度は、農業集落排水事業地区の内浦区、原区の一部の供用開始に伴い、西部浄化センターの水処理施設と電気設備の増設をいたします。

 管渠工事としては、内浦、原地区を実施し、当該年度に農業集落排水事業を完了いたします。

 また、漁業集落排水事業は、昨年同様、波津の一部の地区において、管渠工事等を実施いたします。

 なお、詳細につきましては、下水道課長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 岩藤下水道課長。



◎下水道課長(岩藤昭良君) それでは詳細説明をいたします。

 まず、歳出の方から説明を申し上げます。271ページをお願いいたします。まず、1款1項1目処理場管理費でございます。これにつきましては、本年度882万円計上をいたしております。26%の伸びを見込んでおりますが、稼働の実績量がふえることに伴いまして、光熱水費が前年度に比べまして、45%増の403万2,000円を計上させていただいております。

 次に、ポンプ場の管理費でございますけども、本年度、174万8,000円を計上させていただいております。これもポンプ場が現在の4カ所から6カ所にふえる予定でございますので、その費用といたしまして、結果的に光熱水費が上がるということで計上を増加させていただいております。

 次に、274ページの農業集落排水建設事業費でございますけども、委託料としまして管渠の測量設計委託料450万円計上させていただいております。それから、15節の工事請負費でございますけども、管渠を原、内浦地域を含めまして、3,380メートルの延長を計画いたしております。それから、付帯工事としまして、1,150万円計上をさせていただいております。これは主に舗装等の工事に伴う費用を計上いたしております。それから、水道管の布設がえ工事を540万円、それから処理場の建設工事といたしまして、1億800万円計上をいたしております。

 なお、この処理場の建設につきましては、漁業集落排水事業とのアロケーションの事業になりますけども、1系列を今現在整備しておりますけども、残りの1系列を今回整備をいたします。で、機械、それから電気設備の整備となります。

 続きまして、漁業集落排水事業でございますけども、275ページをお願いします。

 まず、処理場の建設工事は、先ほど農排事業で申し上げました内容と同じ内容でございます。

 次に、管渠工事でございますが、延長820メートルいたします。それから、付帯工事で670万、水道管工事で100万、計上いたしております。

 次に、収入の方をお願いいたします。まず、265ページでございますけども、排水施設の使用料でございます。今年度841万9,000円を計上いたしております。まず、戸数といたしまして、この240戸を対象とした料金の収入を見込んでおります。

 次に、266ページをお願いいたします。受益者分担金でございます。本年度1,665万7,000円でございます。約435戸の受益者分担金を計上いたしております。

 次に、県の補助金でございますけども、農業集落排水事業の県補助金ということで、2億880万円計上いたしております。また、漁業集落排水事業で6,325万円の事業補助金を計上いたしております。

 以上が歳入の主なものでございます。よろしくお願いします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第36号については、会議規則第36条の規定により、経済建設常任委員会に付託し、他の2常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第36号については経済建設常任委員会に付託し、これを連合審査会とします。

────────────・────・────────────



△日程第25.議案第37号



○議長(大森忠勝君) 日程第25、議案第37号平成15年度岡垣町水道事業会計予算の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第37号について、提案理由の説明をいたします。

 平成15年度の業務の予定量は、給水戸数1万672戸、年間総給水量301万5,000立方メートル、1日平均給水量8,260立方メートル、1人1日平均287リットルの計画で業務を進める予定であります。

 収益的収支におきましては、収入では、前年度比較0.8%増の5億750万8,000円を見込んでおります。

 支出では、前年度比較0.8%増の4億8,895万1,000円を計上しております。

 支出の主なものは人件費、修繕費、委託料及び動力費などであります。収支差し引きでは、1,855万7,000円の収益を見込んでいます。

 資本的収支におきましては、収入では前年度比較で5,700万円増額の1億7,700万1,000円を計上し、支出では前年度比較で6,692万2,000円増額の3億910万2,000円を計上いたしております。

 主な事業としては、黒山水源テレメーター設置工事、老朽管更新事業、配水管改良事業及び乳垂橋水管橋布設事業等を計上いたしております。

 水道事業の使命であります、清浄にして豊富で低廉な水の安定供給を図りながら、なお一層の経費節減に努める所存であります。

 なお、詳細については、水道課長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 岩崎水道課長。



◎水道課長(岩崎生夫君) 説明させていただきます。316ページをお願いいたします。316ページの資本的支出のうち、2目1節の建設改良費ですが、下水道関連を除く管の布設延長を3,100メートル予定しております。場所ですけど、高陽団地、吉木、山田、海老津など予定しております。

 なお、新設工事は県道原海老津線の吉木の乳垂橋に転化する管工事でございます。

 収入につきましては、建設費用に見合う起債などの金額を計上させていただいております。収益的収入につきましては、15年度において収益として見込めるものを金額を上げさせていただいております。

 支出につきましては、人件費、各施設の維持管理費など必要な経費を計上しております。よろしくお願いします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第37号については、会議規則第36条の規定により、経済建設常任委員会に付託し、他の2常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第37号については経済建設常任委員会に付託し、これを連合審査会とします。

────────────・────・────────────



△日程第26.議案第38号



○議長(大森忠勝君) 日程第26、議案第38号岡垣町道路線の認定及び廃止についての件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 議案第38号について、提案理由の説明をいたします。

 認定路線の主なものは、宅地開発により帰属を受けた路線及び改良整備と起点、または終点の変更による24路線であります。また、廃止については起点、または終点の変更による認定がえによるものの3路線であります。

 なお、詳細については、建設課長に説明させますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) それでは、議案第38号についての詳細説明をいたします。

 次のページに路線調書を添付しております。路線調書をお願いいたします。まず、新規認定路線といたしまして、旭団地48号線から大日焼、後口、手野ということで、全部で24路線でございます。この中で大部分が宅地開発によります新規路線でございます。その中で、大日焼地内、第3号線、これは一部延長の廃止でございます。それから、一番最後のページに戸切百合野地内3号線、これにつきましては新規計上しております。それから一番最後の正矢口地内1号線につきましては、12月議会で一部路線を一たん廃止いたしました、48.あと6メーターということで、これ新規計上させていただいております。総延長といたしましては、3,074.86メーターでございます。そのうち晴海台団地関係が2,428.94メーターございます。さらに、その中で歩道専用路線というのが120.99メーターございます。その他といたしましては、645.92メーターでございます。ということで、今回、3,074.86メーターの路線を認定するものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第38号については、会議規則第36条の規定により、経済建設常任委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、議案第38号については経済建設常任委員会に付託することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第27.陳情について



○議長(大森忠勝君) 日程第27、陳情についての件を議題とします。

 お手元に配付しております文書表により順次審議します。

 陳情第2号の件をお諮りします。

 会議規則第86条の規定により、総務常任委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大森忠勝君) 異議なしと認めます。よって、陳情第2号は総務常任委員会に付託することに決定しました。

 お手元に配付しております会期中の日程については、先日の議会運営委員会にお諮り決定していますので、会期中の会議通知はしません。御了承願います。

 一般質問については、通告書を3月7日までに提出されますようお願いいたします。

 また、本日要求された資料について必要な方は、本日5時までに議会事務局へ申し出ください。

────────────・────・────────────



○議長(大森忠勝君) 以上で、本日の日程は全部終了しました。本日はこれにて散会します。起立、礼。

午後3時51分散会

──────────────────────────────