議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 岡垣町

平成 14年 3月定例会(第1回) 03月22日−04号




平成 14年 3月定例会(第1回) − 03月22日−04号









平成 14年 3月定例会(第1回)


───────────────────────────────────────────
平成14年 第1回(定例)岡 垣 町 議 会 会 議 録(第19日)
                             平成14年3月22日(金曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第4号)
                         平成14年3月22日 午前9時31分開議
 日程第1 一般質問
      1.1番 下川路 勲
      2.6番 安部 正開
      3.15番 竹内 和男
      4.2番 石井 要祐
─────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 一般質問
      1.1番 下川路 勲
      2.6番 安部 正開
      3.15番 竹内 和男
      4.2番 石井 要祐
──────────────────────────────
出席議員(18名)
1番 下川路 勲君       2番 石井 要祐君
3番 竹井 信正君       4番 勢屋 康一君
5番 竹井 和明君       6番 安部 正開君
7番 土屋 清資君       8番 木原 信次君
9番 市津 広海君       10番 曽宮 良壽君
11番 平山  弘君       12番 久保田秀昭君
13番 大堂 圏治君       14番 矢島 惠子君
15番 竹内 和男君       16番 松本 國夫君
17番 山田 隆一君       18番 大森 忠勝君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長 川原 勝博君       係長 麻生 潤治君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 樋? 龍治君   助役 …………………… 広渡 輝男君
収入役 ………………… 柴崎 國雄君   企画政策室長 ………… 宮内 實生君
総務課長 ……………… 山田 敬二君   管財課長 ……………… 小田 勝人君
情報推進課長 ………… 土田 和信君   地域づくり課長 ……… 渡辺 一郎君
税務課長 ……………… 神屋 守正君   環境共生課長 ………… 西岡 文雄君
住民課長 ……………… 吉田 晋一君   健康福祉課長 ………… 花田 申三君
こども未来課長 ……… 廣渡  昭君   建設課長 ……………… 木原 弘毅君
農林水産課長 ………… 須藤 智明君   下水道課長 …………… 岩藤 昭良君
水道課長 ……………… 岩崎 生夫君   教育長 ………………… 安部欽一朗君
教育総務課長 ………… 吉田 清人君   社会教育課長 ………… 石田 健治君
──────────────────────────────


午前9時31分開議



○議長(大森忠勝君) ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。起立。礼。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

────────────・────・────────────



△日程第1.一般質問



○議長(大森忠勝君) 日程第1、一般質問を行います。

 一般質問の通告書に従って、受け付け順に順次発言を許します。

 まず最初に、1番、下川路勲君の発言を許します。1番、下川路勲君。



◆議員(下川路勲君) 1番、下川路です。おはようございます。昨年の12月定例議会での私が一般質問いたしましたが、その後の進捗状況はどうなったのか、今日までの途中報告がないので、あえて重ねて一般質問をするわけでございます。

 私が聞かなかったということも、反省いたしておりますが、さきの一般質問での答弁書に県の公安委員会の意向を確認させたいとの文言も答弁書に載っております。そのことについての御答弁もお願いいたします。

 次に、金比羅山環境衛生についてであります。

 この件は、既に昨年の議会でいろいろ議論されております。自分たちの健康管理と、そして健康増進、また憩いの場となっています。最近は、山田小学校や戸切小学校の生徒・児童が、遠足といって金比羅山に登っております。そこで、トイレの設置の要望であります。

 以前より、執行部は前向きに検討したいとのことでした。また、本議会の5日の補正予算の審議の中でもトイレの必要性が論議されたところです。そのとき、農林水産課長は、約私に2,000万なり2,500万の費用がかかる。一般財源は厳しいので、国や県の補助対象に乗らないのか、検討中、調査すると聞いていましたが、平成14年度の当初予算の審議の中でも、その金額よりも少し低かったように聞いております。結局、このトイレについて、どうするのかをお聞きいたします。

 また、周辺の環境美化について質問いたします。

 自分で持って来たごみは、自分で持ち帰るというのが原則でありますが、美化の観点から、ごみ収集かごの設置の答弁をお願いいたします。これに関連して、環境美化に関する条例の運用についても、その考え方についての質問をいたします。

 本議会の最終日、議案第14号で環境基本条例が制定される運びとなっております。この条例の第1条の目的から第14条まで立派な条例ができています。しかも、第1条の前に、前文として、その理念や取り組みを的確に掲げ、町の責務、事業者の責務、町民の責務と条例化し、環境審議会を設置するとなっています。そこで、なお一層の環境美化を願って、監視員を置き、また、罰則規定を設けてはどうかということも御答弁願います。

 最後に、学校週5日制について、質問いたします。

 去る1月の下旬、中央公民館において、各区の区長さん方、集まっていただきまして、週五日制に対する説明をなされたと思います。そのときの区長さんの考え方や御意見をお聞かせ願いたいと思います。あとは自席から一問一答式で一般質問を行いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) おはようございます。下川路議員の平成13年度の12月第4回の定例会の戸切区内の安全対策及び戸切川の河川整備について、その進捗状況というようなことで御質問でございましたので、答弁をさせていただきます。

 昨年12月の議会では、町道秋藤・抱ノ内線の道幅が狭く、車両の離合が困難で、離合場所の設置についてと、戸切川の早期改修についてのお尋ねでございました。

 まず、秋藤・抱ノ内線についてお答えをいたします。

 秋藤・抱ノ内線は、戸切川の河川堤防を利用した道路で、昔から幅員については問題のある路線でございます。車両の通行量の増加によって問題も大きくなり、抜本的に解決する必要から、国道3号線への接続が図られましたが、それでも利便性から今でも朝・夕には多くの車が利用されている現状でございます。

 その対策の一環として、町道外牟田・遠賀町線の道路改良を行い、遠賀町の山手線までの間を整備して、次に山手線に架かっているJR九州のガード下の拡幅をしなければなりません。そのような理由により、昨年の12月議会において、外牟田・遠賀町線の改良工事に関する予算の補正をお願いし、現在の工事を行っております。

 今後の事務といたしましては、JRのガード拡幅について、遠賀町と共同でJRに働きかけをし、拡幅を実現したいと考えております。

 また、その間の応急的な措置といたしまして、秋藤・抱ノ内線と外牟田・遠賀町線の二つの路線を活用した一方通行の実現に向けての事務手続をさせたいと考えております。

 次に、戸切川の改修については、昨年遠賀町において開催された戸切川改修規成同盟の総会で、北九州土木事務所の報告では、現在の状況のみの報告でございましたが、その後、北九州土木事務所と河川課との打ち合わせによって、ある程度具体的な整備年次が決まったとの連絡を受けましたが、それでも岡垣町にたどり着くまでは相当の年月を要します。

 内容について、説明をいたしますと、平成14年から15年にかけて、県道岡垣・遠賀線にかかっている古川橋までを改修し、引き続き古川橋のかけかえの実施設計を平成15年に行い、工事を平成16年・7年の2カ年で実施したいとのことでございます。

 古川橋から岡垣町までの間は、約860メーターあり、概算工事費は10億円を必要としますので、この間の完了は約10年かかるとの内容でございます。今後も、なお一層、早期完成向けての取り組みが求められており、議会の御協力もお願いしたいと思っています。

 次に、金比羅山の環境衛生でございます。

 まず最初に、水洗トイレの設置についてでございます。金比羅山の水洗トイレにつきましては、最初平成13年3月議会の連合審査会において、勢屋議員から要望として質問があり、その後6月議会の連合審査会でも、下川路議員から要望として質問がありました。このことにつきまして、まず上海老津地区への状況の説明とトイレ設置についての意向を伝えるという形で、区長と話し合いを持ちました。また、水洗トイレ設置にかかる概算事業費を算出し、対応を検討いたしました。

 その中で、補助事業を模索したところ、平成14年度からスタートする環境保全林整備事業に該当するのではないかとの県の指導があり、要望に向けて準備をしていたところでございます。

 しかし、最終的にこの補助事業の採択条件が厳しい内容となり、補助対象にならない旨の連絡が、ことしの1月末、県からあり、現在に至っている状況でございます。よって、金比羅山の水洗トイレ設置につきましては、具体化いたしておりません。今後につきましては、町単独費の取り組みとなりますが、厳しい財政状況でもありますので、トイレの内容及び維持管理費を含め、再度設置の方向で取り組みたいと考えております。

 次に、金比羅山のごみ収集かごの設置についてでございます。

 金比羅山の利用者は、毎日100人以上あるにもかかわらず、現在まで、ごみの問題は発生をいたしておりません。このことは、金比羅山に入られる皆さんがマナーを守られており、持ち込んだごみは自分たちで持ち帰る。また、捨てられているごみがあれば、気づかれた人が持ち帰っていただいていると聞いております。

 ごみ収集かごにつきましては、場所など環境によって設置の是非はあるかと思いますが、金比羅山につきましては、現在までごみ収集かごを設置していないことで、良好な環境が保たれているのではないかと考えています。

 また、今後も、この良好な環境は維持していかねばなりません。ただ、将来的にどうしてもごみ収集かご設置の状況が生じれば、検討していきたいと考えております。

 次に、岡垣町の環境美化に関する条例の運用で、監視員を設けることについてでございます。

 町内における環境美化につきましては、現在、ラブアース、ごみゼロの日を設けて、全町一斉に清掃事業を実施をいたしております。区長会や環境衛生協議会の協力を得ながら、資源ごみの改修や清掃活動を各地域ごとに随時実施していただいておりまして、地域の清掃やごみ──資源ごみ改修に対しては、一定の助成金を支出して美化活動に対する支援を行っております。

 町内における空地に雑草が繁茂して、環境上ふさわしくない状態になっているところについては、区長と連携を取って対策を講じております。不法投棄ごみについては、現在シルバー人材センターに委託して、環境パトロールを行っておりますが、自分たちが住んでいるところは、自分たちできれいにするというのが基本だと考えております。環境基本条例及び環境ビジョンにのっとって、地域の環境は自分たちで守るという意識の向上や環境ボランティアの養成など、良好な環境の創出のため、啓発活動をより強化していきたいと考えております。

 次に、罰則規定についてでございます。

 悪質な違反行為に対しては、警察や関係機関と連携を取り、関係法令の罰則規定の適用も考えております。また、これからの方向といたしましては、環境に対する意識の向上と自覚的なボランティア活動支援と啓発活動を強化推進していくことだと考えております。岡垣町学校週五日制については教育長に答弁させます。

 以上、この場でお答えをいたしまして、あとは自席で質問を受けながらお答えをいたしますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 安部教育長。



◎教育長(安部欽一朗君) 学校完全週5日制についての対応策について、答弁いたします。

 学校週5日制の趣旨は、学校・家庭・地域社会が一体となってそれぞれ教育機能を発揮する中で、子どもたちが自然体験や社会体験を行う場や機会をふやし、豊かな心やたくましさを育てようとするものであります。そのため、家庭や地域社会においては、異年齢や同年代の子ども同士の遊びや多様な地域活動、自然と触れ合い、青少年育成団体の活動への参加、ボランティア活動など、さまざまな活動の場の機会の充実を図っていきたいと思います。

 平成10年度に文部科学省が行った子どもの体験活動等に関するアンケート調査の結果が発表され、子どもたちの成長には地域での豊かな体験が不可欠であると報告されました。子どもたちが生活体験、お手伝い、自然体験などをしていることと、道徳観、正義感が身についていることとの関係が、そのアンケートの結果から一層明らかになりました。教育委員会はこれを実践し、家庭・地域等が子どもを豊かに育む地域活動に対して支援していきたいと思います。

 なお、答弁書に書かれておりませんが、今議員が、2月25日の区長、公民館長さんとの会議の内容についての報告せよということでございますので申し上げます。

 内容は、完全学校5日制の趣旨についての説明でございます。もう一つは、小中学校の児童・生徒が、地域行事に自主的に参加していただくための方策についてのお願いをいたしました。

 以上です。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 1番、下川路です。私が申すまでもなく、行政とは、継続、川の流れのように滞ることなく流れていくのは行政の仕事ではないかなと思っております。

 そこで、昨年の12月の答弁書の中に、先ほど申し上げましたように、県の公安委員会の意向を確認させたいという文言が入っておりますが、このことについて、どう対応されていましたか、まず御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 一方通行の件かと思います。これにつきましては、建設課長の方から、警察庁の問題につきましては、答弁をさせます。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) 昨年の12月の一般質問でございましたその一方通行につきましては、町長の答弁書にありましたように、まず道路整備が先だということで、その整備状況からある程度めどがついた中で具体的な作業を行うという考えで、また一方通行そのものに対しては、具体的な取り組みは関係者との協議は行っておりません。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 今、道路整備とか、課長答弁されましたが、私もよくここを皆さんも通っておられると思いますが、私も地元柄、よく通っているわけですけど、外牟田・遠賀町線舗装工事、平成13年の12月13日から14年の3月15日、ごく最近まで工事があっておりまして、終わっております。

 答弁書の中には、何かまだ継続のように書いておりますが、もう既に終わっております。終わらなくてはいけないと思っております。3月の15日ですので、きょうは22日ですので、終わって当然かと思います。

 それと、あとの手前の方の道は、秋藤・抱ノ内線の舗装工事は、平成14年の1月18日、ことしの1月の18日から、ちょっとおくれて3月の25日、まだ日にちは二、三日ありますが、ここもきのう通っても、ほとんど工事が終わっております。この工事と、この私が12月の一般質問いたしました場所とは違うんじゃないかなと思いますけど、御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) ちょっと暫時休憩します。

午前9時51分休憩

………………………………………………………………………………

午前9時52分再開



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 担当課長、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) 継続ということで、外牟田・遠賀町線は、秋藤・抱ノ内線に戸切川の河川に行く橋がかかっています。そのちょうど分岐点からが外牟田・遠賀町線、それからずっと手前の方で、県道87号線からその戸切橋の橋を渡って、遠賀町の山手線につながっておる、それが秋藤・抱ノ内線でございまして、平成14年度も秋藤・抱ノ内線の舗装工事を連合審査で審議していただきました予算の中で上げておりますように、舗装工事も入れておりますということで、工事そのものは継続的にされておるということで、どちらにしろ、一方通行につきましては、現在行っておる外牟田・遠賀町線の、これは路面はずっと改良しておりまして、今回は抜本的な改良でございますが、その工事の進捗が終わった後ということで考えておりまして、この1月から3月までございましたけど、この間では、一方通行の関係はやっておりません。まあ今後、工事が3月いっぱいで終わりますので、4月にかけて行うというふうに考えてはおりました。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 担当課長、そしたら、県道吉留・岡垣線とは、どこらあたりまで言われるとですかね。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) 吉留・岡垣線て、今現在、岡垣・宮田線のことじゃないかと思いますけど。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 岡垣・吉留線でも構わんのですけど、これは戸切の方のところは、どこの区域までその路線に入るんですかね。担当課長、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) お尋ねの件は、国道3号線から、戸切の百合野ずっと抜けて、宗像に行っております。ていうことで、ちょうどJRのニシイ──国道3号線にニシイがございました。あそこの交差点からずっと岡垣の戸切の方に下ってきまして、それからずっと戸切の清掃工場があるずっと行った、その路線が岡垣・宗像の宮田線でございまして、区間としてはそこになろうかと思っています。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) ちょっと話の視点を変えますが、その12月の定例── 一般質問のときに、この県道について、要するに、百合野のよく私たち言っている三坑、御存じですかね、三坑のちょっと手前のところ、歩道ができていないが、この歩道の整備をやってもらわないと、両方歩道ができてその間だけ歩道が抜けて欠けているから、地主と相談してくれということでお願いしておりましたが、今までの戸切の区長に全く相談されていないということです。これを区長から話を聞いたんですけど、そういう経過になっておるんでしょうかね。答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) この件については、県道ということで、県の土木事務所には、その議会が終わった後、歩道設置についてお願いはしております。具体的な区長さん云々ていうのは、県の意向がまだ返事も来てませんので、そのあたりであと県の意向を聞いて、地元区長あたりにつないでいきたいなというように考えております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 県道ですから、県の土木事務所に連絡を取ってというのはよくわからんでもないんですけど、まあ岡垣の地主ということになると、身近なこの岡垣に住んでおられる方ですし、幸いなことに、もう総会が間際ですけど、今の区長ならその地主と非常に懇意にしておるということで、表向きばかりの話じゃなくても、個人的にも話もできるんじゃないかなと思っておりますので、もう総会まで余り時間もありませんが、今の区長によく相談してみると、案外スムーズにいく面もあるんじゃないかなと思いますが、早急に、この歩道のことについて、今の区長に連絡を取って協議してみる気持ちはありますか。ありませんか。答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君、どちらに答弁させます。どちらに。



◆議員(下川路勲君) 担当課長に。



○議長(大森忠勝君) 指定してください。



◆議員(下川路勲君) もうずっとこれでいいです。(笑声)



○議長(大森忠勝君) いや、指定をしてもらわないと、町長の方に聞きたいのか、担当課長の方かということで、明確にしたいと思っておりますので。



◆議員(下川路勲君) 担当課長、答弁願います。この件につきましては、もう一々言わんでも、直接の時間がかかりませんから、それで結構ですので、よろしゅうお願いします。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) 根本的に、これは県道ということで、岡垣町長であれば直接私の方から区長さんに云々でできますけど、やはり予算の裏づけのない話を私の方で無責任でやるわけいきませんので、このあたりはやはり県の、主管が県ですから、やはり県を対象としたところで進めさせてもらざるを得ません。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 私は何も無責任とか勝手にということは言ってないとですよ。やはり、地主も岡垣、世話されている方も懇意にされておるから、話をされていた方が話の通りやすい面もあるんではないかなと。それはもう考え方の相違、立場の相違ですので、それから先は私も申しません。

 それから、先ほどのこの離合については、12月の答弁書にも、何か県の意向とか何か舗装とかごちゃごちゃ言っとうですけどね、そんなに難しい話やないと思うんですよね。かつがつ離合できそうなんですよね、今の時点でも。ただ、その女性ドライバーとか、若葉マークのドライバーの方は、慎重を期してよけてとまっている状態だから、そこに20センチか30センチでも離合場所が確保されればいいんではないかなというこの道路──道なんですよね。

 ですから、そんなに、私は難しい問題ではないと思うんですけど、もう少し親身になって考えてみる気はありませんか。担当課長、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 木原建設課長。



◎建設課長(木原弘毅君) 確かに、今乗用車同士であれば、離合は、まあ完全とは言いませんけど、多少のよけながらお互いに譲りながらということであれば、現在も離合できるわけですね。そこに、20センチ、30センチていうそのオーダーで広げるていうことが、御存じのとおり、あそこは平面的な地形じゃございませんで、立体的な地形ていうことでのりもございますので、確かにそういうことはやるていうことは可能です。

 そのあたりがありますので、ただし、その20センチ、30センチの離合よりも、もっと基本的なことの対応の方がよりいいんじゃないかというような考えで現在のとこまで来ておりました。今後、現地も私も見ておりますし、そういう運転のちょっとまだ未熟の方云々ていうようなところで、離合場所がこう確保できるというところで、若干ちょっともう一度現地を状況を、どういうふうな離合状況ていうのは私もこれまであっこ何度も通りますけど、あれちょっと離合が難しいなていうことも体験はいたしておりますので、そのあたりは、今後一応宿題という形で考えさせていただきたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 宿題ということですので、今後は樋?町長にお願いしたいんですけどね、また答弁あとで願います。一方通行の現実に向けての事務手続をさせたいと考えておりますので、具体的に町長として、どういうふうに考えておられるか。

 それから、このガードの件については、戸切川の期成委員会があるということは私も存じておりますし、随分先の長い話で、相当の年月を要するとこう答弁書に書いておりますが、計画でも実施計画を平成15年に行い、計画ですからその計画は予定ですので再三来るんじゃないかなと思いますけど、そして、その最終的には16年、17年──2カ年で工事をしたいとか、大体平成20年ごろに完成するんではないかなと思っておりますが、現実、12月の一般質問で申し上げましたように、既に民家が浸かっている、梅雨のたんびにですね、それと、大切な子どもたちの通学路にも支障を来している、そういう現状をとらえたときですね、町長として、平成20年まで戸切の期成委員会があると言いながらも、それでいいのかということを、答弁、町長願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 私も期成会の一員でございます。下川路議員も一員でございますけれども、現状につきましては私も熟知はいたしております。一方通行につきましても、河川の横の道の離合場所について非常に不便を来しておるという大きな前提のもとに一方通行が計画され、それが遠賀町、そして、岡垣、JRという三つの団体が今後真剣に取り組んでいかないけないというふうに思っております。

 また、河川の改修につきましては、先ほど申し上げましたように、平成15年に実施設計ということになり、川の改修については下の方から行くというようなことで、岡垣町にはまだまだ入っては、現実には入っておりませんけれども、今後改修期成会の中で、十分に私どもも声を挙げながら、一日でも早い改修に向けて努力をしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 次に、金比羅山のトイレについて、質問をいたします。

 まず、この答弁書の中に、いろいろ検討され、取り組んでおられることは私もこの答弁書から理解できます。しかし、「県から1月の末に補助対象にならないという連絡はあって」という文言が入っておりますが、1月の末から今日の3月の22日までどういうふうに対応されたか、そして、その間の議会中でも話があってもいいんではないかなと思いますけど、1月の末の県の回答から今日までどう対応されたか、まず、町長に答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 昨年のトイレの話につきましては、1月末に県の方から、先ほど答弁書の中で申し上げましたように、環境保全林整備事業にというようなことで、担当課の方で事業採択に向けて資料等を提出をいたしたわけでございますが、先ほど申し上げましたように、県の方から1月末に事業採択は難しいというようなことになり、現在先ほど申し上げましたように、今後トイレ──水洗トイレを含めまして、下水、それからそういうとのもろもろについて、現在担当課の方で、農林水産課の方で現在計画と申しますか、計画を立てておる状況でございます。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) トイレの設置についての意向を上海老津の区長に伝えたということですけど、恐らく設置の説明とか、あとの維持管理も話もあったんではないかなと思いますが、そのとき上海老津の区長さん、代表者はどういうふうに答えられましたか。これは、どこの……農林水産課長、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 須藤農林水産課長。



◎農林水産課長(須藤智明君) その当時、私まだ担当課長でありませんでしたので、そのときの状況を聞きますと、結果的──基本的には、トイレを設置することによりまして、何らかの形で、また上海老津の区の方に、何ていいますか、影響ていいますか、そういう迷惑がかかるような状況が発生するんではないかということで、上海老津区としては反対であると、そういうことを言われたというふうに聞いております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 当該区長であり、また、当該地であれば、恐らく発生するのではなかろうかとか、何か問題があると、うちの区に影響があるんではなかろうかという考え方になるのをわからないでもありません。

 この金比羅山につきましては、答弁書の中にも、100人前後の毎日登山者がおられるということで、それは私もよく知っておりますし、また大切な、やっぱ健康増進と先ほど申し上げましたように、憩いの場ですので非常にいいことだなと思っておりますが、トイレの設置について──トイレを設置をしたいということは、上海老津に説明しても、あとの維持とか管理に相談するのは、私は筋違いではないかなと思っております。

 設置することに、関係区に黙っておるのは失礼かもしれませんが、やはりたくさんの登山者がおられるから、自然現象としてそのトイレがないと困るからトイレを設置しますよ。ところが、あと維持管理については、ここを登っておられる利用される登山者か、それかシルバー人材センターにお願いし、そして極力、また絶対と言いたいが、そういうことが迷惑にかからないように、上海老津区には御迷惑をかけないつもりです。ついては、トイレを設置します。そして、管理についてはこういう方々にお願いしますという話をすると、断られる理由がないんじゃないかなと思いますけど、そういう考えにはならないでしょうかね。農林水産課長、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 須藤農林水産課長。



◎農林水産課長(須藤智明君) 先ほどの区に意向を伝えた中で、その上海老津区の方に維持管理をお願いしたいというその申し出ていうか、そういうことは言ってないそうです。

 今、言われました今後につきましては、当然そういうふうに区に維持管理するていうことではなくて、総体的に、やはり町の方でトイレを設置するということになりますので、シルバー等を含めた中で、総合的に設置の方向で取り組みたいというふうに考えています。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 農林水産課長は、先ほど自分がそのとき担当課長でなかったから、最初言われたそのとおり、恐らくそれ聞かれた、私は区長に直接聞いたんですよ。そしたら、何でトイレを自分の区がせないかんかというのはもうはっきりこう言われておるんですよね。それはそうでしょう。私は直接本人に聞いておるですもん。

 だから、私は区長さんに、それはそうですね、大体金比羅山に登ることについては、上海老津の方は御迷惑しておるんでしょうと。しておると言っとたですたいね。何でかって、朝早く登って、がやがや言うて通るからうるさいから、まだみんな寝ておるときに来られたら困る、迷惑しておる、だから今まで町は静かに通ってくれという数カ所看板立てとうでしょうが。

 そして、課長が登ったかどうかわかりませんが、途中で見晴らし台というところを設けて、そして、こいのぼりを揚げたり日の丸を揚げたり一生懸命されとるですたいね。あそこの木を少し伐採してくれんかという過去こう経過もあったわけなんですよね。それは見晴らし台に登る人、見晴らしをよくする人は、その木を切ってくれちゅうのはこれは当然な要望ですたいね。

 ところが、上海老津の地元の方からすると至らんことするなちゅうんですよね。何でかて言うたら、木を切ってもらおうと、ひょっとして土砂崩れでもあったら、自分たちの家が崩れそうなと、危ないと、やめてくれというような話も過去あったんですよね。ですから、金比羅山を利用すればするほど、利用される方は自分の健康増進のため、やっぱ憩いの場のため、やっぱ親睦のためていい目的で登られておるんですけど、上海老津の地元の方はもう最初から反対ですたいね。まして言わんや、トイレつくりたいたら、やめてくれていうのは、これはもう区長さんの偽わらざる心境やないかなと思うんですよね。

 ですから、先ほど申し上げましたように、たくさん登るということは、やはりトイレが必要ではないか、片や環境美化とか岡垣町を美しくと言いながら、トイレがないということはいささか問題があるんではないかなというのが、昨年の議会からずっといろんな話が出ているんじゃないかなと思うんですよね。

 確かに、課長のおっしゃるように、その国やら県の補助対象にならないかて働いてみたけどだめだった。だったらどうするかということを、1月の末にそういう返答が来たなら、岡垣の一般財源からどうにかして地元の利用者の、また要望にかなうようにしなくてはいけない、地元には迷惑かけられない、そしたら登られる方か、シルバー人材センターの方にお願いしようかというのは、派生的にずっと考えていかざるを得ないんやないかなと思いますけど、どっかで話がとまっておるんやないかなと思うんですよね。補助金出らない。ああそうですかじゃ、それじゃ発想の転換にならないわけなんですよね。

 そしたら、その目的をどうすれば達成できるか、建てた後、維持についてはどうクリアするかということを、やはり知恵を絞り考えなくてはいけないのやないかと思うんですよね。

 それから、ちょっといきます、先に。厳しい財政状況ということ、文言が入っておりますが、執行残が、連合審査か何かのときに数字が出ておりましたが、総務課長、この執行残について、幾らあったか御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 山田総務課長。



◎総務課長(山田敬二君) 3億5,000万前後だったと思いますけど。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 3億5,000万の執行残ということは、考えによってはよく残したなと、それは町長も言われたように、やはり職員の方それぞれが、知恵を絞り、やはり予定額よりも少なくして、一生懸命知恵を絞った結果3億5,000万というお金が要するに残ったんではないかなと思うんですよね。

 そして、私も連合審査のときに申し上げましたように、残ったお金は残さなくて、全部使えということやないとですよ。区長さんはじめ、区民の皆さん方、町民の願いとされている有意義に使ったらどうですか。例えば街灯をつけていただきたいという要望もありましょう。ここの道が狭いから溝ぶたにグレーチングをかけてくれとか、道が狭いから何とかしていただきたいというのは強い要望が、身近な要望があると思うんですよね。この3億5,000万の中から、切羽詰まった金比羅山の建設について知恵を出そうという考えは、町長、ないとですかね。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 執行残のことにつきましては、ただいま総務課長の方から説明をいたしましたので、あとでまた述べますが、いずれにいたしましても、1月末に県の方から、この事業については採択できないというようなことになりましたので、農林水産課を含めて、金比羅山の水洗トイレについては、いろいろな課で検討いたし、1月末ということでございましたので、当初予算の中には入るような、時期的にもちょっとおくれておりました。

 そういうようなことで、さきの連合審査の中でも、私も勢屋議員も昨年からも言われておりましたし、今後については、先ほど申し述べましたように、関係区長さんとかいろいろな話もいたせねばなりませんので、今後これに向けて、実現に向けて取り組んでいきたいというようなことで、財政状況については厳しい中ではございますけれども、維持管理──トイレの内容及び維持管理を含め、再度設置の方向で取り組んでいくというようなことを先ほど申し述べましたので、そういう方向で御理解いただきたいというふうに思っております。

 なお、執行残につきましては、先ほど総務課長も申し上げましたように、職員、そしてまたいろいろな研究の結果になっております。残ったからといって、そこあたりについては、言われたからすべてオッケーというわけにはなかなか要望についてはたくさんございますので、そこあたりは最終的には吟味をさせていただきながら、年次計画の中でやっていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 町長は、選挙公約に、私はいつも申し上げているんですけど、選挙公約の中に、町民の目線で──町民の目線で仕事をするということをずっと言われていたですよね。ぜひその目線を忘れることなく、目線を高くせず、目線でしっかりこの執行残のことについても御検討願えたらと思ってりおります。区長さん初め、区民の方々は切実な問題がこう次々出てきとうと思うんですよね。すべてかなうということはありませんが、やはり目線ということを考えたら、特にトイレとかは、これは人間の摂理、必要欠くべからざることではないかなと思っております。

 それは、確かに街灯も大切です。グレーチングかぶせることも大切です。ガードレールつけることも大切です。カーブミラーも大切です。交通事故に遭わしてはいかないから、それはつけらないけないことは大切なんですけど、やはり、町長が選挙中に強く訴えられていたようなこの町民の目線でということをしっかり認識して、それは私も評価します。学童保育も厳しい予算の中からつけられたということも私も認識しております。ぜひ、この金比羅山のトイレについては、やはり大切なことですし、お願いいたします。

 次に、このごみの収集かごの件についてですけど、今までそのなかったからつけなくてもいいんではないかな、これはかえって文言に入っておりますが、皆さんの協力があったから散らからなかった。確かにそういう論法は成り立つでしょう。しかし、かごを設置してより一層皆さんに理解してもらう、協力してもらうということになると、かごの設置も必要ではないかな。

 かといって、大きなかごをつけますと、これは私の心配ですけど、一般家庭ごみを持って来られる方は世の中非常に多うございますので、そこはよく考えられて、そして、瓶・缶が別になるような設置の仕方をしておかないと、大きなかごをつけますと、一般家庭ごみまで持って来る可能性もある。

 ほとんどの方が常識ある方ですけど、一部の方はそういう行為に及ばないとも限らないから、ぜひこのかごについてはなかったからもういいんではないかというところで、そうやなくて、これから先なお一層──後ほど質問もいたしますが、環境美化条例、基本条例なんか設けますと、なおさらこの条例の中にしっかり町民の意識を高めるとか、町民ぐるみとか言われておるんだったら、そういうモラルアップを望むならかごも必要ではないかな。ぜひ分別方式のかごもこの際設置していただきたいということをお願いするわけですけど、農林水産課長、御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 須藤農林水産課長。



◎農林水産課長(須藤智明君) 先ほど町長が答弁されましたように、現状では、この金比羅山のごみにつきましては、利用されている方の協力がありまして、ごみ問題は発生しておりません。

 議員が言われますように、その場所によりましては、そういう是非というのは当然あろうかと思います。町長、最後答弁されましたように、今後、将来的にこのごみ収集のかごの設置が必要であるというこう状況が生じれば、当然担当課としても、そこら辺を検討したいというふうに考えていますので、そういう方向できょうは答弁させていただきます。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 余り時間がないので、次に進みたいと思います。

 環境美化条例に関する件ですけど、答弁書の中に、町内における空き地や雑草が繁茂して、環境上ふさわしくない状況になっているところについては──ところについてということは所があるということだと思います。そういうところがあるから、区長と連携を取って対策を講じています。確かに講じております。私も認識しております。

 ところが、この空き地、雑草の中に、瓶・缶を投げ込む、これがなかなか区長さんも頭の痛いところではないかな。すると、町長も聞かれたかもしれませんが、農家の方で、私もよく草刈り機を使うんですけど、農家の方で草刈り機を使うときに、特に瓶が入っていると割れて飛んで来る、危ないということでこれは何とかしてもらいたいという強い要望があるんですけど、そこで、罰則規定とか監視員という言葉も出てくると思うんですけど、こういう現実の問題からとらえて、どうしようという区長さんにあくまでもお願いするということですかね。町長、まず答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほど答弁申し上げましたように、空き地については──区内の空き地については、区長さんと連携を取ってやっております。また、不法投棄については、シルバー人材センターの環境パトロールも行っておりますので、最終的には、私どもの町でございます町民の方々のモラル、そしてまたモラルの向上のために、行政としてはあらゆる方策を考えながら、環境の美化のために努めていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) この環境基本条例及び環境ビジョンにのっとって、地域の環境は自分たちで守るという意識の向上や環境ボランティアの養成、良好な環境の創出のため、啓発活動を強化しますという文言がありますが、西岡課長、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 西岡環境共生課長。



◎環境共生課長(西岡文雄君) 今回環境基本条例を上程しています。その中で、それとまたその中で決めています環境ビジョンという環境共生構造計画を立てまして、環境意識啓発に関する重点目標ていうものを立てたいと思っております。

 その中で、地区については、環境の指導員とかリーダーとかていうことやらも、区長さんたちに御相談をしたり、また、行政事業者、町民の共同によって、環境の認識やら環境モラルの向上に、ビジョンの中でも取り組んでいくような方策を立てていきたいと思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 環境に関しての区長さんにお願いして、リーダーその他で地域のこの認識モラルをアップさせたいという考えのようですけど、具体的に、例えば環境のリーダーだというような目印と申しますか、腕章か帽子かステッカーか、何かそんなのをつけて、より具体的にそういう姿勢で取り組むという考えになるんでしょうか。担当課長、答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 西岡環境共生課長。



◎環境共生課長(西岡文雄君) 今、言われましたように、まだどこをどうするていうことでありませんけれども、今言われたような腕章とかそういう身分証明のようなものができれば、そういうことで取り組んでいきたいと思っております。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) この条例見ても、非常にすばらしいことが書いてあって、特に町民の責務第6条には、「町民は日常生活に伴う環境への負荷の低減と良好な環境の安全に努めるとともに、町の実施する施策に協力しなければならない。」大半の人は協力すると思うんですよね。協力しない人がごく少数一部おられるから、いつまでたっても環境美化が進まないんやないかなと思うんですよね。

 そこで、矢も盾もたまらず、そういう指導員──区長さんにお願いして指導員を設置したり、そういうモデル地区をつくったりということで、これから進んでいくんではないかなと思うんですけれども、そういうことを一生懸命されて、特にこれは勢屋議員が一生懸命力説されていることですけど、畜犬条例、犬の件ですけど、ふんをすることについて罰則規定を設けろという強い考え方もあるわけなんですけど、私もそういう犬のふんに対しても、これは環境そのものの問題ではないかなと思っておりますし、こういう不法投棄についても、これこそまさに環境そのものであると思っております。

 それで、西岡課長のその意気込みと答弁の内容からすると、恐らく近い将来、より具体的になるんではないかなと思っております。

 そこで、町長、これでなおかつ身近な空き缶、空き瓶の不法投棄がやまないということになりますと、最高責任者としてどう考えておられるですかね。町長の答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 現在、不法投棄にどのように今後対応するかということでございますが、環境パトロール及び町民からの不法投棄の連絡があった場合につきましては、身元が判明できるような品物がないかというようなことで調査を──ごみの中から調査をしておるわけでございます。

 そしてまた、判明できた場合には、警察及び町から投棄者の方に連絡をし、始末書を提出させ、ごみの処理をさせております。不明の場合は、指定業者に委託し、また、軽微なものについては、環境パトロールで処理をいたしております。

 なお、不法投棄により罰則を適用するには、警察に告発し、目撃者等が必要であるという非常に厳しい条件でございますので、現在まで告発の事例はあっておりません。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 何かすぐ罰則とかいうことになると、何か罰金、お金を思い出すわけですけど、やはりいかにして環境を美化するか、いかにして生活──自由生活を整備するかという問題ですので、罰金もさることながら、何かそこにペナルティーをかけて、そういう空き缶を捨てたり事実がわかれば、ボランティアで例えば半日奉仕してもらうとか、皆さんにわかるように帽子なり、あるところによっては、背中に私はこういういらん行為しましたというのをされると、お金を取られるよりもかえって、そして町民になお一層啓蒙になるんではないかなと思っております。

 何も罰金、お金を取るがいいことやないと思うんですよね。そういうペナルティーをかけると、常識ある方なら、これは空き缶を捨てられんぞ、空き瓶を捨てられんぞ、ああいうステッカーをさげて町内歩かないけんぞ、駅の前を空き缶拾うて歩かないけんぞということになると、私はいい運動になるんやないかなと思いますよ。これは私の一つの考えです。町長、それはちょっとやめたいと思うんやったらやめてもいいですけど、そういう考えにならないですかね。町長の御答弁願います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 下川路さんと私との大分認識が違いまして、そこらについては、ちょっと私は下川路議員の考えについては、ちょっと私は賛成をしかねます。だれがどこでいつどういう形で確定して、そして後ろにそういうことをつけるということについては、余りにもちょっと私の考えとは人権の問題とかいろいろ大きな問題が絡んでおりますので、私自身簡単に、それにはいというわけにいきません。

 今後、いろいろな形を考えていかねばなりませんけれども、人としての、また岡垣町民としてのモラル、自然保護、環境を保護するという大きな目的の中で、いろいろありますけども、最終的には一人一人の岡垣町の自然を守る、環境を守る大きな理念のもとに、町民の方々に啓発、そしていろいろなPR関係を行っていきたいというふうに思っておりますので、下川路議員の言われましたようなそういうことについては、ちょっと私自身から──私自身はそういうことは考えておりません。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 私と考えが、全く一緒ということは私もあり得んと思っております。第一立場が違いますので、これは一つの考えですので、考えが間違っておれば、取り入れてもらわなくても結構ですけど、そういう考えもあるということをですね。

 最初に申し上げましたように、町長は12月の議会でも言ったでしょうが、一方通行を考えておりますと、いやそういうことを考えなくても、離合だから、そんなに難しく考えでもいいんやないですか。考えの相違だからと言われとったからですね。私も考えの相違ですので、別にこのとおり何でせんかということも言いたくもありませんし言う考えもありません。そういう考え方も一つとしてあるのではないかなということです。

 時間がありませんので、最後に学校週5日制のことにつきまして、区長さん方集まってもらって、そういう話をして御答弁をいただましてありがとうございました。ただし、いずれにしても、これは区が大変、育成会が大変だと思うんですよね。

 それで、教育委員会の方は、区長さん初め、育成会の会長さんにしっかり説明して理解してもらわないといけない時代になっているんじゃないかなと思いますよね。この答弁書を見ると、確かに、やはりその異年齢、違った学年とおつき合いせないかん、地域のボランティアをせないかん、ふるさとを大事にせないかんとか、やはり若干昔的な考え方もあるんですけど、今それが失われているからそれを呼び起こすのは大変じゃないかなと思いますよね。

 ぜひ、この教育長のこの考え方に沿って、区長さんにそういうふうになるように、また育成会も公民館活動としていくようにお願いしたいんですけど、御答弁を教育長にお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 安部教育長。



◎教育長(安部欽一朗君) お答えいたします。

 努力いたします。



○議長(大森忠勝君) 1番、下川路君。



◆議員(下川路勲君) 時間が参りましたので、私の一般質問をこれで終わります。



○議長(大森忠勝君) 以上で、1番、下川路勲君の一般質問を終わりました。

………………………………………………………………………………



○議長(大森忠勝君) 暫時休憩いたします。再開は10時50分とします。

午前10時32分休憩

………………………………………………………………………………

午前10時51分再開



○議長(大森忠勝君) 再開します。

 6番、安部正開君の発言を許します。6番、安部君。



◆議員(安部正開君) ただいま議長から許可を得ましたので、通告書に基づきまして、一般質問を行います。

 前回、13年12月議会で質問をいたしておりました道路整備について、もう既にそのとき回答を得ておりました2路線につきましては、早速14年度予算で対応をするという答弁いただいておりましたが、早速予算化していただきまして進めていただくということに努力をしていただきましたので、今回は、そのときに質問をしておりまして、今後、回答を得ていないものがございましたので、2点ほど質問をさせていただいております。

 第4次総合計画の中で、快適な交通基盤づくりということに該当しようかと思います。そしてまた、次の農業の振興というものにつきましては、活力ある農林水産業の振興、そしてまた、そのことは地域産業との観光のネットワークづくりとも連動いたす問題だと思います。

 そういうことから、非常にすばらしい第4次総合計画が出されております内容につきまして、着々と執行部としましても進められておりますので、そのことにつきまして、質問をさせていただくわけでございます。

 道路行政につきましては、国道3号線複線化の早期着工、早期完成を目指す要望に対する経過についてでございます。このことについては、その後、町当局といたしましても、努力をされて、その結果が成果が出ておるものと思います。その結果について、お尋ねをするものでございます。

 それから、2番目の県道87号線と国道3号線交差点から国道495号線へ最短でつなげる県道延長について、遠賀町との協議及び県営の要望の経過につきましても、その後の結果がどうであったか、また感触等について、どういう感触であったのかということについて、お尋ねしたいと思うものでございます。

 2番目は、農業の振興についてでございますが、岡垣町の農業と農地は、岡垣町の基幹産業として長い歴史を持ち、今日の町の形や文化等の基礎をつくってきたものと思います。農業は、単に農産物をつくるといったことだけではなく、健康の源である食料を供給するとともに、恵まれた岡垣の環境を守り、田園や緑の広がりは岡垣らしい豊かな景観を形づくっています。

 ふるさととしての教育や文化を育むといったようなこともあります。このような農業や農地が持つ多面的な機能を町全体のまちづくりの中に取り組んでいくことが大切であろうと思います。

 しかし、一方では、国際化社会のもとでの貿易自由化とか都市型社会とか、あるいは高齢化社会と言われるように、社会情勢が大きく変化していく中で、農業もまた将来に向けて大きな変化を迫られていると思います。

 そこで、岡垣町においても同じでございますが、県では、県民すべてが食の重要性を再認識するとともに、農業及び農村が果たす役割と意義に思いをいたし、都市と農村が共生しつつ持続的に発展するように、主体的に構造していくことが重要であるという福岡県農業・農村振興条例が、13年7月9日、福岡県条例第30号で示されて──施行されております。

 県のですね、県でもそうした条例が施行されておるということでございますので、あわせて、基本理念について、ここに手元にございますので申しますと、収益性の高いゆとりある農業経営の確立、安全で安心できる農産物の生産、食の重要性について、県民の理解を深めること、農業・農村の多面的機能の維持増進というような基本理念のもとで、福岡県農業・農村振興条例というのが13年7月9日に施行されております。

 岡垣町においても、13年1月には、農業経営基盤強化の促進に関する基本的な構想が打ち出されておりまして、今年度は、農業経営に関する基本農業振興計画が出されようと──現在出されようとしておりますことも承知しております。でございますので、岡垣町は岡垣町なりのですね、今後そのことを通して、そのことが実現できて、今後そのことが反映できるような立派な振興計画が出されることを望むものでございまして、私も私なりの意見を申し上げたいと。そしてもしよければ、一応執行部におかれましても、そのことが反映できますならばと思いまして、質問するものでございます。よろしく御答弁お願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 安部議員の一般質問につきまして、御答弁をさせていただきたいと思います。

 まず最初に、道路整備についてでございますが、国道3号線の複線化の早期着工、そして完成を目指す要望の経過ということでございますが、3号線の複線化につきましては、以前より議会の皆さんの積極的な運動によって、平成13年度の第2次補正予算で、事業費にして3億円の予算配分がなされました。

 国土交通省より、工事箇所については、山田の高架橋の下部工に取りかかるとの連絡報告を受けており、また、それについての協力の依頼があっております。

 さらに、平成14年の1月の17日に、私自身も地元県議、また地元選出の代議士の秘書の方と帯同し、国土交通省九州地方整備局の副局長、道路部長、道路調査官等に会い、直接お願いをいたしております。また、2月28日には、北九州の国土工事事務所所長にもお願いをいたし、そういうふうな12月以降の経過については、以上のような経過でございます。

 次に、県道の87号線と国道3号線の交差点から、国道495への最短につなぐ県道の延長という御質問を、一般質問を12月に受けたわけでございます。2月に北九州の土木事務所の建設課長と遠賀町の建設課長にお会いをいたし、県道87号線の延伸について、協議を行ったわけでございます。しかしながら、県と遠賀町は、県道宮田・遠賀線の跨線橋の建設で、当分の間は新たな路線計画に応じることができないということでございました。今後は、機会を見ながら、県、遠賀町に働きかけをしていく考えでございます。

 次に、大きな2番目の農業の振興についてでございます。

 農業振興計画に対する基本的な考え方ということでございます。岡垣町は、古くから稲作を中心として農業が栄え、現在では、稲作と畑作及び果樹栽培とバランスが取れた農業が行われております。しかし、本町の農業を取り巻く現状は、全国的な傾向と同様に年々厳しさを増す一方でございます。

 原因といたしましては、農業者の減少と全体的な高齢化や後継者不足と、農産物の輸入自由化の影響による価格競争力の低下や流通構造に変化を招き、本町の農業は産業として活力を逓減させております。

 そこで、現在策定中でございます農業振興計画におきましては、岡垣町の農業の現状を把握するとともに、第4次総合計画との整合性を検討し、まちづくりにおける課題として、農業及び農業地域振興のあるべき方向性を探ることを基本的な考え方として取り組んでおります。

 その基本的な方向についてでございますが、私は、まちづくりを進める上で、農業の振興は大きなテーマであることを機会があるたびに述べてまいっております。基本的な考えにつきましては、先ほど述べましたように、第4次総合計画との整合性を持ったものでなければなりませんし、農業振興計画の基本的な方向につきましては、当然そのようにあるべきと考え、計画を策定中でございます。

 次に、特色ある農業経営の推進ということでございますので、岡垣町の農業生産物は、近隣他市町に比べましても特色があると認識をいたしております。稲作・畑作とビワ、イチジク、ブドウ、ミカン等の果樹と多品種にわたって幅広い内容があります。しかし、農業経営を考えますと、さきに述べましたように、農業従事者の高齢化、後継者不足等により、必ずしも安定しているとは言えません。むしろ、そのことによって、農地の荒廃化が懸念をされます。

 御質問にあります特色ある農業経営の推進につきましては、将来の農業経営の発展と目標を農業基本振興計画の中でも明らかにして、本町の農業が職業としてやりがいのあるものになるよう推進していきたいと考えております。

 以上、この場でお答えをいたしまして、あとは自席で質問を受けながらお答えをいたしますので、よろしくお願いをいたします。

 なお、詳細な説明につきましては、担当課長より説明をさせますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) ただいま町長から、道路整備についての1番、国道3号線複線化の早期着工、早期完成を目指し、要望に対する経過についての説明が具体的に報告をいただきました。大変努力をしていただいた。そして、こうした成果が得られたものと思います。

 説明によりますと、山田の高架橋の下部工事に3億円の予算が13年度第2次補正で計上されたということは、いずれにいたしましても、福岡−北九間で岡垣町だけが残っておった状況で、遠賀町の交差点がまだ十分完成ではないんじゃないかと思いますが、まず、ひとまずあそこはあれで切りがついたと、あとは岡垣町の箇所はトンネルが2本もあり、高架が2カ所もあるという状況の中では、非常に年数を要することからしましても、引き続いて頭だしがなされんことには、ちょっとでも休みがあったりしますと、もう非常なおくれになっていくということもございますので、その点、たゆまず努力をされて、こうして頭だしができたということは、非常にひとまずよかったことだと思います。

 しかしながら、こうして頭だしができたと申しましても、先ほど申しましたように、トンネルが2本もある、そして野間の架橋がもう一つあるということからしますと、もう一点できれば、非常に年数を要すると思われますトンネル工事の方も、同時に着工ができるような頭だしができることを、引き続いて要望したい。強力に要望したいと私は思うわけでございます。その点につきまして、町長、御答弁をよろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほど答弁書の中で申し上げましたように、議会の皆さん方も含めまして、大変な御協力をいただきまして、13年度の補正予算の中で、今回説明をいたしましたような3億円の工事費が出たと、配分をされたということでございます。岡垣町のバイパスにつきましては、皆さん方、御存じのように、トンネルという大きな課題があるわけでございます。今後もこの問題も、今安部議員が言われました大きなトンネル工事等もございますので、引き続き複線化に向けて、私も努力をいたしたいと、そしてまた、皆様方からも御協力をいただきながら努力をしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) ただいま町長の方から、今後も力強く運動展開していく、要望を続けていくという答弁がございました。よろしくお願いをしたいと思うものでございます。

 なお、もし国等に対する陳情等につきまして、議会の方からもよろしければ、陳情活動をしていくべきではないかと思うんですが、その点について、町長のお考えをお尋ねいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほど申し上げましたように、今回の補正も、議会の皆様方の御協力もいただいて、今回補正になったということでございますし、今後につきましても、先ほど述べましたように、議会の皆様方──住民の代表でございます議会の皆様方のいろいろなお知恵、そしてまた御協力をいただきながら、この問題には取り組んでいくということでございます。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) それでは、そのように今後も議会の、特に関係委員会等においては、そのような態度で今後も臨んでいかなければならないものと思います。

 引き続き、次に、2番の県道87号線と国道3号線の交差点から495への最短でつなげる県道延長についての遠賀町との協議及び県への要望の経過でございます。

 この件につきましても、2月に土木事務所の建設課長なり遠賀町の担当の建設課長にお会いされて、87号線の延伸について協議を行ったという報告でございます。私も承知しておったわけでございますが、遠賀町は、県道宮田遠賀線の跨線橋の建設には非常なエネルギーを要すると同時に、経費がかかると同時に、エネルギーを要するという状況も承知しております。

 そういうことから、87号線を延長させるということについては、その次の段階にしか考えられないことだというような意味だろうと思いますが、私がこのことを主張します理由といたしましては、12月議会でも申し上げましたように、87号線を通して、国道3号と495号線がつながるということは、九州縦貫道の方へも、横の線が南北に結ぶ線が通じると、最短で通じると。

 前回、町長も申されましたように、現在鞍手インターの期成会ができて、それにも出席しておるというお話も聞いております。そのようにして、鞍手から3号まで来るには、もしインターができれば、現在若宮までは戸切からは15分くらいで、十五、六分で行ける距離にございます。ございますので、岡垣からは20分ぐらいで行くわけですが、その点が鞍手インターができれば、また5分くらい縮まると思います。

 そういうことで、非常に今後、非常に道路網が整備されて、あの間をつなげば495ともつなげる。495は将来第2関門橋に通じる海岸道路、芦屋の橋ももう既にできておりますが、いわゆる495というのは、今後福岡空港との結ぶ路線として、もう既に用地の買収も済んでおる箇所もあるわけでございまして、その道路を通して非常に有意義なものである。

 そして、糠塚地域には企業も相当ありますし、国道3号から495を結んだ場合は、あの箇所付近は非常な将来性も考えられる箇所でもございますので、意義あるものであると思うわけでございます。引き続いて、今後町長も答えておられますが、非常な有意義なものと考えられますので、引き続いて働きかけをお願いしたいと思います。

 答弁で申されておりますけれども、再度町長の力強いその意義からしまして、考えをお尋ねしたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 答えておりましたように、遠賀町の現在は、このことにつきましては、現在のところ、遠賀町としては道路計画についてはまだ白紙の状態だというふうに町長からも聞いておりますし、また、建設課長ともそういうふうな会議の中でお伺いをしております。

 今後、岡垣町としては、確かに糠塚の企業誘致条例に基づきます企業団地がございますし、岡垣町として、非常に私は将来的には有意義な道かなというふうに思っております。今後これについては、遠賀町の認識等の間にちょっとこうずれがございます。そこらあたりについては、また遠賀町は遠賀町の事情もあろうかと思いますけれども、私どもの立場、そして遠賀町の事業のどういうふうな順番になっておるのか、そこあたりも含めまして、今後とも機会あるごとに働きかけと申しますか、説明をしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) よろしくお願いを申し上げておきたいと思います。

 それで、次の農業振興についての問題でございます。

 農業の振興につきましては、当初申しましたように、今年度振興計画が計画されておりまして、コンサルの方で既に現地調査等が進められておることを承知しております。

 でございますが、岡垣町の置かれておる現在までの状況、そして、今後どのようにあるのがよいのか、どのように進めることがよいのかということが今後の課題だと、大きな課題だと思いますので、まず、現在置かれておる状況につきましては、私が岡垣町の農業というものについては、感じておりますことは、古くから米・麦農業──米・麦を主体とした農業であったわけでございますが、いつの時代からか、果樹、特に高倉ビワを始められた方がおられる。

 そして、引き続いてまたブドウ等も転々とございました。私どもが小さいころは、大体ブドウ──ビワとブドウぐらいが主な果物だったと思います。主には、米・麦、そして菜種、そういうものが主体だったと思います。しかし、その後の岡垣町の状況としましては、果物、特にイチゴ、それからミカンですね、それから、トマトとか、そういう──それからイチジク、そういうものが入って来て、いろんな多角経営的な農家がふえてきたという状況だと思います。

 他市町村の先進地等を視察いたしましたときには、一品種をその特産品としてつくっておるところもございますが、非常にまあ熱心に取り組まれている。じゃ岡垣の人は熱心でないかというと語弊がありますが、それこそ岡垣町としては基幹産業として今まで延んできた町であると。農業が村を町を支えてきておるという状況からしまして、農業が現在置かれている立場というのは、現在先ほども申しましたように、高齢化が進み、後継者が減って来ておる。そういうことで、現実に今農家離れで兼業農家がふえてきておると。

 転々と聞く話の中に、専業農家の方が、前専業であった人も高齢化したために、専業農家の人に田んぼづくりをお願いすることになっておる農家が多いわけでございますが、そういう人──借りてある人たちも、田んぼの方が多くてつくる人が少なくなっておるということから、もう今までつくらしてもらいよりましたけど、もう来年からはちょっと戻させてもらえんでしょうかという話を──というような話を転々と聞くわけでございます。

 そういうことからしまして、非常に今、今後の岡垣の農業に対する不安が多いわけでございます。そういうことからしまして、私が今、皆さんもだろうと思いますが、考えられておることは同じかもしれませんが、まず、現在認定農業者というのが岡垣町でもおられます。そこが中心になって、今指導的役割をささえられておると。聞くところによりますと、現在認定農業者は46名おられるていうことで、岡垣町の農地は、田んぼが約500町歩、しかしながら、42%の減反でございますので、約300町歩しかつくられないと。

 仮に、50人おったとしても、平均……50人ですと、6町ですか、平均6町ぐらいしかなりませんね。それで、経営面積は10町、50人で10町ぐらいになるわけですが、昨年出されております農業基本構想によれば、主たる農業者1人当たり、年間収入540万、労働時間2,000時間というような一つの形が出されております。

 しかし、そのようにして出されておりますが、実際540万ということで、普通の一般の通勤者の所得はどうかと比較した場合に、そうした他産業並みの経営ということでは出されてはおるわけですが、まだまだ非常に厳しい。どうしても農業で専門でいこうという人が少ないわけですが、その認定農業者が46名現在おられる。この方たちを今後育てていき維持させていき、町としてもうちょっとぐらいはふやす考えがあるのかどうか。その点について、町長、御答弁をお願いします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 認定農業者の現状と今後の行政の支援ということの御質問かと思います。

 現在、農業を職業として選択していこうと意欲ある農業者に対する制度が認定農業者制度でございます。岡垣町では、先ほど言われましたように、安部議員が言われましたように、46人の方がおられます。現在、会員制によって連絡会を設立され、情報交流誌の発行や視察研修等を実施をされております。

 行政の政策につきましては、県の補助事業及び町が助成金により支援をしておるわけでございます。今後、非常に岡垣町の基幹産業でございます農業のことについては、全国的な傾向だというようなことで一般質問の答えの中で述べさせていただきました。後継者、高齢者といういろいろなほかの職業についても同じような状況が発生をしておるわけでございますが、今後岡垣町といたしましても、農業認定者についても、いろいろな私もその会に行きまして、懇談出前講座等で、また懇談会の中でいろいろな御意見も聞いております。

 そして、岡垣町の農業について、それなりの見識と、そしてまた意欲を持っておられる方ばかりでございますので、私どもも年に何回かはそういう形の懇談をしながら、岡垣町の農業について考えていきたいというふうに、そしてなおかつ、支援されることについては、私どもも法的に、そしてまた合法的に、法的に、また意欲ある方々の育成と申しますか、自主性を重んじながらバックアップをしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) 今後も認定農業者については十分指導していきたい、そして、支援をしていきたいという町長の基本的な考え方はわかりました。

 ところが、現在46人は、もうちょっとぐらいふやすとするなら、何人ぐらいまではふやす考えがあるのかどうかということについて、もし答えられますならば、お願いしたいと思います。町長、よろしゅうございますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 農業認定者を行政として支援していく方向ではございますけれども、農業認定者の方々のそれに対する、また入られる方、またはいろいろな状況で意欲ある農業者でございますので、これの仕組み、その他につきましては、農林水産課長の方から説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 須藤農林水産課長。



◎農林水産課長(須藤智明君) 今の認定農業者の今後の考え方というか、計画では、岡垣町では53名を一応目標として、今取り組んでいる状況です。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) 目標については53名ということでございますが、現在46名ということですから、あと7名ですか、ということになろうかと思いますが、まず、先ほど申しました田んぼをつくる人たちが少なくなって、頼む人の方が多いという状況で、今のところ個人的に利用権設定の方法で、農林水産課を通して契約を結んで進められておると思います。

 ところが、利用権設定をする個人的な話し合いが、現在はどうにか進められてきておる状況でございますが、区内でどうしても見当たらないという状況が今後来た場合に、どういう対応をすることが考えられるのかですね。

 受委託ということで、受委託の方法を農協等も受け入れておる話は聞いておるわけでございますが、そういう場合、事実上、その区の中でですね、区の中でつくる人ができればおる方が、合理的──時間のロスもないし、いいわけでございますけれども、農協、その区内の中で見当たらなかった場合に、他町からでも来るようなこともやむを得んことになるのかということになるわけですが、受委託の状況みたいにないのかどうかですね。そのことはどの程度周知されておるのか、事実、農協を通して受委託をされておる内容がもしわかれば、お聞かせいただきたい。農林水産課長にお願いします。



○議長(大森忠勝君) 須藤農林水産課長。



◎農林水産課長(須藤智明君) 今の利用権の設定の関係ですけど、14年の1月末現在では、175ヘクタールがそれぞれ利用権設定されましてやられております。現実は区内ということだけではありません。例えば、地域外の方でもそういうことがありますし、実際町外の方がこの岡垣町にそういう農地を持ってある方がおられます。ただ、町外の方と、じゃ岡垣町内のそういう農業者の方のそこら辺の利用権の設定状況については、今現在把握しておりません。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) ただいま農林水産課長の方から、175ヘクタールというのは、利用権設定をしてある面積ではなかろうかと思いますが、どうですかね。

 要するに、個人的に本人同士が話をして、そして利用権設定をする手続を農林水産課にしてある人が、全部で175ヘクタールという意味じゃないかと思うんですが。そうですかね。



○議長(大森忠勝君) 須藤農林水産課長。



◎農林水産課長(須藤智明君) はい、そのとおりです。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) それじゃ、私がお尋ねしたのは、その分についての面積は承知しておるわけです。農協等を通じた受委託なんかが、現在把握されておるならばということでお尋ねしたわけです。再度答弁を。もう把握してなければそれで。



○議長(大森忠勝君) 須藤農林水産課長。



◎農林水産課長(須藤智明君) 農協の関係の今の御質問の内容につきましては、今現在資料を持ち合わせておりませんので、把握しておりません。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) それでは、そのことについては、後日またお尋ねすることといたしまして、農業振興について、基本的な考え方、そして基本的な方向、そして、特色ある農業経営の推進ということの中で、私の考えを申し述べさせていただきますならば、まず、岡垣町の農産物はいろんな品物がある。米・麦以外のですね、米・麦・大豆、そのほか果樹・野菜、そういうものが大抵のものがあると思います。

 そして、非常に恵まれておる地理的位置にある。そのことも非常に地の利を得ているということになることだと思いますが、それかというて、地産地消という考え方からしまして、福岡県内のものぐらいは、それは当てはまるかもしれませんが、できれば岡垣町の産物は、岡垣町で食べることが一番新鮮である。そして、新鮮であるというようなことになるわけですし、生産者、消費者ともにいい状況であることが考えられます。

 それで、まずできますことならば、その品物それぞれをいい品物をつくってもらう、できれば、他町からも岡垣町のあの品物を買いに行こうというようになるような、いわゆるブランド品を多く備えつくる。そして、それが販売できるような方法を考える。

 そしてもう一つ、具体的に言いますと、高収益型園芸農業の推進、このことについては、既にもう岡垣町では何人かの方々が、何人もの方が進められておると思いますし、今後、高収益型園芸農業に対する希望が、希望者が出られた場合は、町として積極的に進めていこうというお考えがあるだろうと思うんですが、この点について、これは国・県で55%ぐらいの補助が出ると思います。──国・県で50%ぐらいの補助が出て、町が5%ぐらい上乗せしてあげんといかんということだろうと思います。その点について、町長、今後非常にその高収益園芸農業というのは収益を上げる上においても、やる気のある人が次々と出て来た場合は、町長、大いに歓迎するという気持ちだろうと思いますが、お考えをお尋ねします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 岡垣の農産品のブランド化と申しますか、ブランド品というようなことの御質問、そして支援策についてどういうふうに考えるかというような御質問だと思います。

 岡垣町では、ブランド品といいますのは、唯一と申しますか、高倉ビワというのが、全国的にも私どもはブランド品だと、岡垣町以外でも大変有名な品物でございます。特色を目指します岡垣町の農業のためには、野菜・果樹を含めブランド化が必要ではないかというふうに思っております。

 今後、この高倉ビワも本年が100周年というようなことで、特色ある農業を目指す中で、ぜひこれの確立をなお一層していきたいというふうに思っております。今後、生産者、また行政、JAを交えて研究をいたしますが、大きく一つのくくりといたしまして、高収益園芸農業につきましても、現行どおり、私どもとしては、補助金の交付要綱に基づいて、十分支援をしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) 町長のお考えがわかりました。今後も力強く進めていこうという考えでございますので、よろしくお願いをいたします。

 そういうことで、いわゆる認定農業者を育てていくということ、そして、そうしたブランド品を多く生産することを支援していくということ、それから、その中での高収益型園芸農業等を進める人に対しても支援をしていくと。そういうお考えはわかりました。

 それから、現在、その営農集団が今後考えられる、非常に高齢化しておる中での営農集団を通した今後の農業経営のあり方をまた進めていくべきだと思うんですが、現在幾つの営農集団があって、どのような活動をされておるのかについて、農林水産課長の方から答弁をお願いします。



○議長(大森忠勝君) 須藤農林水産課長。



◎農林水産課長(須藤智明君) 今、質問の数的なものを含めまして、この場で資料を持ち合わせておりません。申しわけありませんが、このことについては、後日でもまたお知らせしたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) ただいまの件につきましては、よろしくお願いをしておきます。

 いわゆる岡垣町の農産物はいい農産物がたくさんあるということがもし仮にあったとしても、そのことを予定どおりに販売できる販売ルートを、これはまた量の問題等もございますが、現在は農協の共選を通して出しておるものがかなりほとんどだろうと思います。

 しかし、岡垣町にはこういうものがたくさんありますよということを、他市町村に大いにPRする、宣伝することが大事なことではなかろうか。そして、観光ともつながるわけでございますけれども、いわゆるそのものを展示し、販売も買うこともできるというような場所、箇所をつくるということも非常に大事なことであるし、そのことを非常に農家の人も期待しておると思うわけでございます。

 その振興──地域の振興を拠点として考えられておりますのが道の駅だろうと思います。この件につきましては、できるだけ1年でも早く実現できることを希望するわけでございます。現在の進め方の中では、いろいろと調査研究も必要だろうと思いますけれども、1年でも早く実現ができることが大事なことであろうと思いますので、その件について、現在予定しておるよりも、早目な取り組みができるように望むわけでございますが、その点について、町長のお考えをお尋ねします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 農業生産品の販売ルートと、そしてそれの延長線にあるものにつきまして、安部議員の方からさきに申されましたけれども、共販農業の──本町の農業生産の主なルートと申しますか、これについては、JAとの共販体制が主でございます。

 今後、これも継続していく考えでございますが、先ほど申されましたように、農業の振興の拠点として、私ども昨年に皆様方の御賛同を得まして制定をしておりますマスタープランの中で、道の──仮称でございますけれども、道の駅というように考えております。その場所等につきましては、先ほど来の会議の中で、一応のアウトラインと申しますか、お示しをさせていただきました。

 今後は、これに向けても、前期の重点施策だというふうに私も認識をいたしておりますし、そのためのプロジェクトと申しますか、担当職員も昨年の10月につくっております。今後はそういう職員と、またいろいろな3課にもまたがっておりますので、中心になる職員を1人つくり、そして3課の、また私どもも入らせていただき、今後構想について実行を実際そういう形の中で、組織の中に仮称の道の駅ができる場合、その中で十分に自分たちの生産物、そして、販売について責任を持っていかれる方々を中心に実行と申しますか、そういう方々の組織もしていきたいと。そして、最終的には、前期の計画の中で実現していきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) 非常に町としても重点施策として受けとめて、今後もそのことについては、抜かりなく進めていこうという考えのようでございますので、よろしくお願いをしておきたいと思います。

 先ほどの農産物と農産物に限りませず、水産物等もございますし、要するに、岡垣の特産品として、私は駅前に情報センターを現在進められておりますが、その中でも岡垣の産物の展示コーナーを設けるとか、あるいはそのことをどこに行けばあるとかいうような案内をするとか、そのほか、観光の案内とかも情報センターの中で、とにかく岡垣の窓口としても役割も果たしていただくことを、関連がございますので、希望するわけでございます。

 それともう一つは、岡垣町の今後を支えていく、やる気のある人に対しては大いに町としては支援していきますよと、制度がなければつくってでもあげますよというお考えがぜひ欲しいものと思いますが、そういうものを総合しまして、最後、町長、よろしく御答弁をお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 今後の町政、そしてまた、私どもの中で岡垣町の今後の進んでいく方向性、そして、他町にない特色のあるまちづくりというような観点からいたしますと、特産品、そしてまた観光案内とかいうような総合的なものにつきましては、私も駅前の情報センターの活用については、十分認識をいたしております。

 今後、やる気のあるそういういろいろな施策の中で、やる気のある方々、そして、そういう方々の組織化と申しますか、そういうことについては、十分今後とも関係課、そして町議の中で研究をしていき、行政として支援される範囲については、合法的にやっていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 6番、安部君。



◆議員(安部正開君) 町長の非常な熱心な考えをお持ちのことをお聞きいたしまして、期待をしておきます。どうぞよろしくお願いを申し上げまして、私の一般質問を終わります。



○議長(大森忠勝君) 以上で、6番、安部正開君の一般質問は終わりました。

………………………………………………………………………………



○議長(大森忠勝君) 暫時休憩します。なお、午後の再開は13時30分を予定とします。

午前11時51分休憩

………………………………………………………………………………

午後1時31分再開



○議長(大森忠勝君) 再開します。

 15番、竹内和男君の発言を許します。15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) ただいま議長の方から、一般質問の許可が出ましたので、直ちに始めさせていただきたいとこのように思います。

 今、平成の大合併に向けて、全国3,223団体の自治体のうち、実に63%に当たる2,026の市町村が協議会や研究会を設けております。この中には、岐阜県の坂下町など、6町村と他県であります長野県山口村は、まさに県境を越えて研究会を設けておるわけであります。

 また、大阪府と大阪市との合併協議や、東京都世田谷区に群馬県の川場村が編入合併を検討している、こういった話もございます。この村は、20年前から世田谷区と縁組協定を結んでおり、交流をずっと続けておられるそうであります。

 村内には、その世田谷区と共同でつくりました2カ所の保養研修施設を拠点に交流、今日までに延べ100万人以上の区民の方が宿泊しているそうでございます。また、毎年小学5年生全員が相互訪問を続け、合併話が近くの他人より遠くの身内として浮上したとのことであります。

 これは、ちなみに、世田谷区は御存じのとおり、神奈川県との県境、途中にこの村は埼玉県があります。ですから、一つの県を越えての昔で言う天領みたいな形の合併構想まで今出ているということでございます。

 ことしは、こうした例を初めとして、全国の市町村が、合併の是非について、決断を迫られている年となっていると言われております。合併特例法の期限切れは、平成17年3月末まででございます。それまでに合併をしなければ、同法に盛り込まれたさまざまな特典を受けることは不可能になります。

 さらに、合併がおそくなればなるほど、中長期的には岡垣地域の衰退を招きかねません。加えて、遠賀川流域全体の均衡あるまちづくりや、特色ある都市づくりに支障が出ることは間違いございません。地方分権の推進も、ようやく国・県の強力な支援制度のルール化を終え、一つの峠を越えて、まさに自治体みずからが考え、推進体制を整えた上で、住民に合併についてもさまざまな偽りのない情報を提供し、理解を求める時期にあると考えております。

 こうした考えは、樋?町長自身が、過去に表明されてきたことと合致するものでございます。しかし、遠賀郡合併任意協議会の昨年9月末の解散から今日まで、一度足りとも合併について、前向きな発言がないまま半年が経過しようといたしております。

 既に、国と地方の借金が、平成14年度末には約693兆円にも上る厳しい財政事情があるわけであります。同じく岡垣町でも約150億円もの借入金がございます。そこで、町長にお尋ねをいたします。財政と合併という観点から、今後の町財政の見通しについて、どういう見解を持っておられるのか、その上で町民サービスは今後とも低下しないかどうか、お伺いをいたしたいと思います。

 次に、まちづくりと合併の観点から、お尋ねをいたします。

 総合的なまちづくりで、郡内3町より、数値が低いもの、また、3町にあって岡垣町にないサービスはどういうものがあるのか、明示をしていただきたい、このように思います。

 また、せめて、岡垣、遠賀、水巻の3町で法定協議会にこうして勉強を始める時期だと思うわけでございますが、町長の率直な見解をお伺いをいたします。

 関連した質問は、自席より行いますので、執行部の明解なる答弁をお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 竹内議員の一般質問にお答えをさせていただきます。大きく分けまして、財政と合併問題、その1の町財政の見通しということで、最初にさせていただきます。

 平成14年度、国は予算編成の基本的な考え方の中で、財政構造改革の第一歩として、国債の発行額を30兆円以下との目標を掲げ、歳出全般にわたる徹底した見直しを行い、思い切った縮減と重点的な配分を実現するための「改革断行予算」と位置づけておるわけでございます。

 地方財政対策でも、地方税収入や地方交付税の原資となる国税収入が大幅に減少する中で、公債費の累計等により、平成13年度に引き続き、大幅な財源不足を生じるものと見込んでおります。そのため、地方公共団体の自主的・主体的な財政運営を促すという観点から、国の歳出の見直しと歩調をあわせるよう強く求められております。現状の地方財政は、歳入に占める地方税収入の割合が3割程度にとどまり、国からの地方交付税や国庫支出金に多くを依存する構造となっております。

 岡垣町の平成14年度予算におきまして、前年度対比で町税マイナス0.6%、地方税マイナス2.4%、国庫支出金マイナス16.0%という状況になっております。

 地方分権が進む中、少子高齢化・高度情報化等地方公共団体が果たすべき役割はますます増大するものと見込まれます。しかしながら、そうした政策を実施するに当たっての財源のあり方、特に国と地方の税財源や地方交付税の改革等大きな課題が残っており、町財政の見通しといたしましても、今後は国の動向により、大きく影響を受け、厳しい状況が続くものと予想をいたしております。

 2番目に、町民のサービスは今後低下しないかということでございますが、基本的には、歳入が減るとなると歳出も抑えなければ財政運営に支障が生じます。しかし、地方公共団体が果たすべき役割は、みずからの判断と財源で行政サービスや地域づくりを進めることでございます。地方分権の時代を迎え、簡素で効率的な行政システムを図ることを確立するため、徹底した行政改革を推進するとともに、歳出の見直し、特に経常的なものの抑制を進め、住民福祉の向上に努めてまいりたいと思っております。

 次に、まちづくりと合併問題ということで、総合的なまちづくりが郡内3町よりも低いものは何か、また、3町にあって岡垣町でないものか何かという御質問でございます。

 私は、町政を進めるに当たり、常に心がけ、職員にも話していることは、町民の目線から見た行政に取り組むということでございます。まちづくりは地域特性を生かしながら、地域に住む人々が安心して豊かな暮らしをおくられることを目指すものであり、その評価は、最終的には住民の満足度で図られると考えます。

 また、町の概要を示すものとして、さまざまな指標があり、それにより特性を把握することができます。市町村要覧等で一般的に公表されている指標のうち、郡内ほか3町より、数値の低いものといたしましては、都市公園等人口1人当たりの面積が上げられます。

 また、3町にあって、サービス等で岡垣町にないものについては、主に福祉サービス等で検証をしたものの、名称や内容の違いによって、単純比較できにくく、本町だけが未実施のサービスは見当たらないものと思われます。

 次に、せめて3町で法定協議会に移行して、勉強を始める時期ではないかという御質問でございますが、このことにつきましては、昨年の9月議会及び12月議会でお答えをしてまいりました。

 遠賀郡4町合併問題は、遠賀郡域という考え方で、10年以上議論をされ、最終的には芦屋町が法定協議会へ参加しないことになり、4町合併の任意協議会は、昨年9月30日をもって解散をいたしました。これにより、合併問題は白紙の状態に戻ったと考えております。

 合併が住民が豊かで安全な暮らしをおくるための有効な手段の一つであるとの認識には変わりませんが、今は第4次総合計画に基づくまちづくりを最優先とし、必要な時期が到来すれば、いろいろな選択肢を含めてこのことを検討すべきだと考えております。

 以上、この場でお答えをいたしまして、あとは自席で質問を受けながらお答えをいたしますので、よろしくお願いします。なお、詳細等につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) ただいま答弁をいただいたわけでありますが、これは少し後刻触れさせていただきたいと思います。

 まず、冒頭申せばよかったわけですけれども、きょうはせっかくのこの合併論議ということで、私自身は常にお話しておりますけれども、合併はあくまでも手段であって目的ではございません。その先に住民の福祉、まちづくり──どのようなさまざまなまちづくりができるかということが大きな課題でありまして、合併そのものは目的でも何でもないわけであります。このことは、もう常に言い続けてまいりました。

 ただ、この手段である合併論議は、余り長引きますと、今言います本当のまちづくりのための政策、研究、実行というのがおくれることは事実であります。したがって、これも早く推進しなければいけないということも私ども地方議員として強く思っているわけであります。

 そこで、町長に、まず第1点目にお尋ねをいたしたいわけでありますが、先日、総務省の方から通知が参っておりました。これがちょうど今答弁にお答えいただいたものと逆説になるわけでありますけれども、平成14年2月28日(木曜日)、全国市町村振興協会事務局長会議での香山総務省審議官の発言ということで載っておりますけれども、この事実は御存じでしょうか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 14年の2月28日に、総務省からの連絡等については、まだ私ども入って参っておりません。



○議長(大森忠勝君) 15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) これは「各都道府県市町村合併担当課御中」ということで、事務連絡で国の市町村合併推進室の方から参って来ているわけですね。それで、地方議員、これわざわざただし書きがありまして、「各都道府県議会議員、各市町村長及び各市町村議会議員にも同様に御本人にお知らせいただくようお願いします」と、こういうように国の通達文書の中に明記してあるわけですね。

 これをやっぱり知らないということは、やっぱり町長、担当部局をしっかりしかっていただかないと、大事なものを推進されようが反対されてようが、やはり国が出した文書をしっかり読まれるということは、町長の判断を今後やっていかれる上で非常に大事なことじゃないかと思いますが、まずこの点、いかがでしょうか。どうぞ。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) これにつきましては、すぐ調査をさせていただいて──調査をいたしまして、把握を、その文書の把握と申しますか、それについて、すぐ調査をさせたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) こちら手元にございますので、これ事務局の配慮で、私たち各議員の方にも配っていただいております。

 ちょっとこれ短いですから読ませていただきますけれども、この香山総務省審議官──審議官と言えば、外務次官、要するに外務次官といいますかね、次官の次の方ですね、もう要するに、事務方ではこのナンバー2と言われる方の発言であります。今までは大臣の発言ていうのは非常にこの合併積極論、出してありましたけれども、事務方、ここまで明確に出された文書はないんです。読ませていただきます。

 「合併推進のための財政的な特別措置を全部書いてあります。これいろいろ考えるあめといいますか、ほとんど網羅してあります。これ以上にネタを探すのは難しいくらい用意してあるわけであります。この特例措置は、いずれにしても、17年の3月で切れます。どうもこれを延長するというようなことをいたしますと、合併は幾ら待っても切りがないわけでありまして、私ども、この財政措置を延長するつもりは持っておりません。そういう意味で、この特例措置に間に合うように、ぜひともやっていただきたい。

 ぜひともやっていただきたいというのは合併をやっていただきたいということだと思います。こういう内容が、国の方から各都道府県、それから市町村合併担当課御中ということで、ただし書きの中に各都道府県議会議員、各市町村長、各市町村議会議員にも同様に本人にお知らせくださいとまで明記して配られているものです。

 ですから、よくありますけれども、まだ17年から先、法律が再延長されて、特例措置が続くんではないかという甘い考えがありますけれども、私が当初述べましたとおり、693兆円ですか、もう14年度末の国債残高ということで、非常に財政が厳しい中、昨年からことしもその財政が足らないということで、赤字地方債を発行させられているわけでありますね。

 そういう意味で、昨年は1億5,300万円ぐらいだったと思いますけれども、総務課長にお尋ねしますが、ことしの分は幾らこの赤字地方債を発行しなきゃいけないということになっておりますでしょうか、お答えください。



○議長(大森忠勝君) 山田総務課長。



◎総務課長(山田敬二君) 一応平成14年度予算では2億4,320万円ほど、財政対策債を予定いたしております。



○議長(大森忠勝君) 15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) これは予算審議の中にも出てまいりましたし、確かに借りてまでこの予算が来ないものを、臨時財政対策債という形で借り入れをして、そして国からは財政措置をすると言われておるわけでありますけれども、今の地方交付税そのものが、国が支出している国税5税の一定割合の分が足りなくて、交付税特別会計の中から借り入れをやった上で継ぎ足して、しかも返済を繰り延べするというもうインチキに近いようなやり方を、今回国債額、町長がこの冒頭言われました30兆円、国債を30兆円に小泉さん抑えるために、そういう要するに支払いを延期してまで、国だからこそこれはできるこういう会計上のやり繰りですけれども。

 一般のとこならお金を借りている銀行、サラ金にちょっと待っとってくださいと、別な借金があるから借金のため、返すために支払いをあなたのとこにちょっと払えませんからということは普通は言えないわけですけれども、国だからこそ、その特会で支払い基金ですね、元金、利息の分について、先延ばししたのをそのつけ加えて、加算と特別加算て言うんですけど、それは特別加算でも何でもなくて、もうまさに世間で言うサラ金にはまり込んでいってしまった。そういう状態は国は既にある。このように認識をしなきゃいけないと思うわけですね。

 ですから、財政措置確かにされます。この今総務課長が言っていただいた金額については交付税措置はしてきますけれども、国が借金で借りたもので、地方が借金を借りたものを返していただくちゅうことは、まさに赤字地方債、昨年から、ですから、町の始まりの終わりですと、私が昨年も申しましたとおり、これは2年目、額も増額してまいりました。借りなくてもいいけれども、借りなければ、今町長が住民サービスを低下しないように頑張りたいとおっしゃっておりましたけれども、その2億も数億もお金を減らすわけいきませんので、またこれも借らざるを得ないと、こうなってくれば、国だけでなくて、岡垣町先ほど冒頭申しましたとおり、今年度──14年度末で150億近い借金があるわけですね。基金も確かに六十一、二億ありますけれども、地方税で入ってくるものを足し合わせましても、2年3年何にも岡垣町がそのそういう意味で使わなくても、交付税がなくなってしまえば返せないわけですね。

 そういう状況に今あるということを認識が町長には非常に、まあこの冒頭の御返事とは裏腹に非常に希薄ではないかなとこのように感ずるわけでありますけれども、この中段の中に、大幅な財源不足を生じるものと見込んでおりますと見込んでおられながら、最後の場面におきましたら、いわゆる今は第4次総合計画に基づくまちづくりを最優先とし、必要な時期が来れば、いろんな選択肢を含めて、このことを検討すべきと考えております。

 ですから、この12月にも必要な時期というのは言われておりますけれども、ここでは一歩踏み込まれて、第4次総合計画を最優先としとこう書いてあるわけです。ということは、合併の方向ではなくて、合併しない方向に一歩これで完全に踏み出されたなとこのように私は感じますが、その点、町長、いかがでしょうか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 現在言われております3町の話もこれに絡んでこうかと思っておりますが、私ども3町の合併についても、私自身このような考え方を持っておりますので、あえて言わせていただきたいというふうに思っております。

 遠賀郡の合併については、現在の北九州市の八幡西区、若松の一部を含めまして、広域な県域を形成をしておりましたし、明治から近代まで、行政区等の編入については、幾度となく形成されまして──国からされまして、遠賀郡が形成され、こうした背景から、遠賀4町の合併については、各町の特色、特徴を評価しながら、遠賀郡の域の芝居の中で、合併が模索されたというふうに理解をしておるところでございます。

 私が、町長選の立候補したときには、こうした遠賀郡単位として、過去10年にわたる合併論議がなされておりましたので、先輩方の取り組みを継承し、遠賀郡4町合併の推進を進めるべきだと認識をいたしておりました。しかし、昨年芦屋町が住民アンケートの結果を尊重され、遠賀郡4町の合併法定協議会に参加されない決議がなされ、実質的に、遠賀郡4町の白紙が戻ったということについては、議員各位、先ほども述べたとおりでございます。

 こうした中から、昨年の9月議会、また12月で申し上げましたように、現在合併──4町の合併は白紙になり、現在は岡垣町としては、第4次総合計画の実現に向けて、積極的に取り組むと、先ほど述べたとおりでございます。

 また、現在、その地方を取り巻く環境、また、地方分権社会の到来、経済、財政の厳しさについては認識をいたしておりますし、経営の難しさも痛感しているところでございますが、マスタープランに掲げ、皆様方と一緒になって作成をいたしておりますマスタープランにも上げておりますように、合併は何度も申し上げますように、住民の方々の福祉の向上を進めるための選択肢ということについては、変わりはございません。

 ただし、4町合併がなくなったから、残りの3町でこの合併については、隣接町民と岡垣町民の生活、日常生活圏等、また伝統文化など一体的なまちづくりの推進が可能なのか、または財政的にも長期的な展望の、どの町と合併することが岡垣町民にとって最善なのか、慎重に検討していかねばならないと考えております。

 先ほども述べましたように、いろいろな選択肢があるわけでございます。こうした背景から、私は芦屋町も、最も住民生活に密接な町であると認識をいたしておりますし、芦屋町は、本年過疎地域に指定され、自立促進特別法の指定を受けられまして、国の積極的な財政支援のもと、今後のまちづくりへ向けて、積極的に取り組まれると思われます。

 私は、芦屋町の動向に留意するとともに、また合併参画に期待しながら、日常生活圏・経済圏が一体的な行政区域の実現へ向けて、岡垣町民福祉サービスや産業の振興等に取りかからねばならないと考えているところでございまして、現時点での3町合併については、私は時期尚早と申しますか、現在のところ考えておらないということを提言させていただきたいと思っております。



○議長(大森忠勝君) 15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) それでは、芦屋が入ってくると言えば、町長、されるんですね。その点だけお答えください。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 十数年にわたる研究の経過、そしてその集積をもとに、遠賀4町の縛りだという中で、合併の推進をいたしておりますので、芦屋町のいろいろな問題もございますので、そこらあたりについては、十分私どもとしては、今後それについては進めていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) 町長が言われることは、かなり事後相違があるんですよ。答弁書にもありますとおり、私は、合併を進める上で、いろんな財政上の違いを言うと、住民の方、非常にわかりにくいと、ですから、例えばこちらにこういうサービスがあり、他町にはこういうサービスがありますと、合併すると、このサービスは一緒にそれぞれの町の方が受けられますよ、だからそれぞれ1個か2個ずつ違う優秀なサービスがあれば、それを合わせて、今度は合併した住民に同じように提供できるんじゃないかとこういうやり方が一番望ましいと思って私が提案して、こういうお尋ねの仕方しました。

 それに対して、町長は、本町だけが未実施のサービスは見当たらないと思われますとこう書いてありました。これは、私が書いたのは、郡内他3町ですから、これは芦屋町排除していないわけですね。そういった答弁をされました。任意協議会のときに出された資料、これもう全部配ったそうでございますけど、私もう忘れておりましたが、もう本当1メーター以上のこう集積があるわけですね。今全部を集めますと。

 その中には、これ幹事会検討資料ちゅうのがあるんですよ。幹事会ちゅうのは、当時助役さんたちの集まりが幹事会なんですね。調整会議ちゅうのが、町長の皆さん、議長さんたちが集まられた会議が調整会議です。

 この中には、統一の時期として平成15年4月1日、遠賀郡4町合併任意協議会で承認された期日ということで、来年の4月1日に合併をしたときに、どういう方向で持っていくかということがこれ書いてあるんですね。「福祉事業合併時の調整について(案)」とこう書いてあります。高齢者福祉部門、それから身障者児童福祉・母子一般福祉部門、それから保健事業部門とこう書いてありますけれども、この中の分類別にAからB、C、Eとこう書いてあるんですよ──Eはないのか、Cまでですね。ていうことは、Aがほとんど他町も同じような内容でこう実施されている。Bが少し違う。Cは単独でやっておられるとこう書いてあります。

 そうすると、この中で書いてありますよ。保健事業部門については、大きな相違はないとかそれぞれこう中で書いてあるんですけれども、障害者ですね、身心障害者児童・母子一般福祉部門の中に、単度事業ですね、?の中に、単独事業については、芦屋町では手当や補助金の現金給付制度が多くあり、他の3町は原則として現金給付は廃止の方向で進んでいるので、現金給付は原則として廃止する。

 事業の効果及び財政負担を勘案して、廃止すべきものは廃止する必要があるとこう述べられておるんです。もし芦屋が入ってきておれば、大変なことになったんですよ。向こうは自分が今までもらっていたものがすべてなくなっていくわけですね。他の3町が余りこう差がないんです。

 だから、その住民にとってみれば、サービスがおのずから低下しそうだから、アンケートを出されたりすると薄々わかっているもんですから、反対が多かったちゅうのもありますよね。極端に言いますと。決して私たちは裕福な町だとは見られていないんです。それは財政上は均衡はしているでしょうけども、芦屋町ほど我々3町は裕福な町だとは、芦屋町の住民からは思われていないんですね。しかも、この内容は幹事会ですから、調整会議に上がってくる前、そして、これを町政会議に上げた後、任協の我々メンバーにも配ったと言ってましたけども、こういう形のものがあるんです。あるんです、これ。

 ということは、ここに書いておりますように、岡垣町だけが未実施のサービスは見当たらない。見当たらないどころか、いっぱいあるじゃないですか。だから、私は、あえて4町で他3町と書いたんです。2町ならですね。だから私が言う遠賀・水巻なら合併はいつでもやりやすいんです。サービスにそんなに差がありませんから。芦屋が入ると大変なんですよ、本当は。病院特別会計も持っております。職員数も全く違います。しかも、1人当たりの給与費、これも全然違うんですよ。

 ですから、その辺のことをしっかり理解された上で、4町という責任持った答弁をしていただかないと、やりやすい3町の方をよそに置いてしまって、ハードルが物すごく高い芦屋町、私はそれでも芦屋町の人が入って来ると言えば、我々みんな議員やめるんですよ。あなたたちもやめなきゃいけないんですよ、正直言って。それで動くお金は2億1,000万ぐらいしかないんです。これは財政シミュレーション出ております。我々がやめたとしても、8人だけ残りますけれども、残りは全部ですね、議会議員56名ですか、30名、それと首長さんたちですね、合わせて2億1,000万、単年度で出てくるお金は。これだけじゃ補い切れないんですよ、これを。だけど県とかが、公共料金の差があるときには、単年度でも3億5,000万とか2億とか継ぎ足してくれるようになっているわけです。サービス格差があった場合。それがきちんと手当をされておるんですよ。

 だから、私が万が一芦屋が入ってきたときには、そういった制度を利用して、そして、廃止なら廃止の方向だけども、芦屋の住民の方々が本当に納得されるまでは続けてやらない限りは、それはもう入ってこられないわけですね。

 だから、もし入ってくるとしましたら、町長は考えますて今おっしゃったわけですね。あるんですね、動きが。今言われたように、過疎債まで恥ずかしい思いして、日本一下水道普及率の町が何で過疎債をもらわないかんですか、よその町より多くの補助金を国から取ろうとしなきゃいけないですか、財政が豊かだったら。豊かじゃないからもらわなきゃいけないんでしょう。経常経費比率、芦屋町ナンバーワンですよ。悪い方にナンバーワンです。99.6%ですよ。10万の収入があったら4,000円で生活していきなさいと言われている町なんですよ。これは町長が持ってありますでしょう。一般の報道でありますから、助役だって、どの担当の課長だって、それぐらいは注意義務があるはずですよ、自分の町と他町との比べ。岡垣はさすがに80%乗っておりません。水巻はその下の方に80%で乗っておりますけど、30以上あるんですね、もう既に、福岡の町村の中で。

 だから、いつまでもやっておけば、赤池町みたいに、赤字再建団体に陥る可能性だって、特別会計がなければ、ボートの収入がなければ、落ちるところを自分たちと一緒に、それが条件じゃないとだめですと言ってたら、ハードルが高いとことはやる、サービスはほとんど均一でそんなに差がないとことはやらないちゅうのも何か論理の矛盾があります。これは真っ盛り答弁書の中も矛盾だらけなんですよ。今、言いますように。

 他の2町とはサービス差がないんですよ。しかも、うちの町、面積が広いです。もういろいろ調べてみましたら、本当に驚くことばかりですよ。うちの山林面積は、水巻や遠賀、芦屋の面積にも広いんです。もうお金にならないところが広いんですよ。だから、私はきょうは三つの提案、一つの疑念を晴らす質問にさせていただきたいということで、3点ほど上げさせていただいております。

 例えば、県行造林という、もう県がお金がなくなったもんですから、町有地の中に営林をされていますよね。木を植えられて、40年近くなる立派な杉が生えた。広い面積を町は今度の予算で買おうとされているじゃないですか、その立木、立った木ですね。だったら、それを銘木にしようじゃありませんか、町長。これぐらいのアイデアがないと、県が金がないから、岡垣に立木を押しつけられたと。だから、日田杉、土佐杉、吉野杉、名前がついたブランドですよ。セキアジだってそうでしょう。泳いでいるアジは何も変わらんのです。ですね。これを一つ。

 これぐらいの発想を持って、芦屋町の鈴木さんみたいに「きらりと光る町」と言ってくださいよ。そうじゃなくて、ただ前の方がつくった第4次総合計画に基づいて、それだけを優先しますと言ったら、議員はみんな不安なんです。それより、やっぱり3町でやって、経常経費を削減できる方向に持っていって、そのお金をやれば。だから、これは仮にですよ、仮に来年4月1日に合併ができたとしたら、5年後には投資的経費に使えるやつが44億出てくるちゅうんです、44億、5年後には。これちゃんとシミュレーションあります、県の、出しました、県のシミュレーションを。10年後には50億です。そのお金を住民のために使えるんですよ。

 財政が厳しくて、敬老祝い金も削りました。今まで5,000ずつやってあげたものをですよ、節目節目に直していった。先ほど書いてあるとおりですよ。現金給付はほとんどもう廃止していこうと。それは財政が厳しいからじゃありませんか。そうでしょう。そしたら、どこかに進むといえばそういうふうにやっていかなきゃ。だから、そういう今まで言いますように、岡垣杉でもいいですよ、町長、イメージソングつくるぐらいなら、これただでできますよ。町長、名づけんですか。そしたら、ずっと後世の方まで、第何代町長の樋?龍治さんという人が、岡垣の杉に名前をつけてこういう名前になりましたと。それが全国ブランドになっていきますよ。今40年ですから、60年70年経てば、杉は黙っておってもしっかり育ちますから。

 それともう一つ、その全部が全部残すと花粉症が残りますから、広葉樹へ転換、イノシシや生きている動物たちにもえさが与えられるように、実のなる広葉樹に一部は転換し、場所のいいところ、北側に生えている芽が詰まりそうなところの杉だけ残していって、あとは樹脂転換やってくださいよ。これぐらいの気構えないといかんです。

 それから、新税の導入、これは一般質問で言いました── 一般質問じゃない、ごめんなさい、予算審議の中で申しましたけれども、街灯を町民税の1戸当たり10円上乗せして取ってください。そして、今区に特別会計があって、区長ほか役員の方々でここに街灯、区民の方から要望があったらつけようとこうなっておりますけれども、議員の方に言って来られてもなかなかつかないですね。5年も6年も。その調整が必要で。

 だから、合併したとこの市は、もう全部これ自分とこでつけているんですよ。町単独でもできますよ、これ100円上乗せして、大きな通りを通るのは、どなたにも通られるわけですから、100円町民税上乗せ、新税、岡垣町の名前出ますよ。名前売りたいんだったら。新しい税金を導入した街灯税100円、しかも、今特別会計区でつくっているわけですから、何にも住民にとってみたら負担増じゃありません。150円ぐらい、たしか1軒取られていると思います。これも一つ。これは二つ目の提案。

 3つ目、これも予算審議で出ました。国保を基金が20万しか残っておりませんね。これを増額して、安定運営に期すること。これは勢屋議員の方からも住民保険、被保険者1人当たり1万ぐらいは積んでもいいんじゃないかというお話もあっておりましたけれども、安定のためには、財政調整基金にばかり繰り入れしないで、こういったところにこそ入れるべきじゃないかと思いますが、町長、それ少し前向きな答弁されておりました。これは三つの提案です。せっかく言っても、なかなかこれいい返事が今の執行部、町長のお話では、これはもう前向きにいきませんので、せめて三つ提案しておきます。

 それから、一つの疑念、これが大変です。これは大変です。昨年12月9日、シンポジウムを私どもの方で開きました。シンポジウムを開きました。町長にも御招待を出しておりました。地元の県会議員さん2名はお見えいただきました。そして、お話もしていただいたわけでありますけれども、地元の議員8名、周りの3町の議員さん合わせて10名、18名の町会議員の方も参加されまして、90数名の方が住民の方が募って、県の福山さんという課長補佐の方ですね、これは昔、助役で派遣されていた方が来ていただきまして、講演もしていただきました。このときも、町長、お見えになりませんでしたですね。

 それはそれで一つの判断だと思うんですが、その前後にですね、会長を引き受けていただいておる、まあOさんにしておきましょう。名前を出すといろいろ差し障りがあるかもわかりません。この方にいろいろ圧力がかかったんやないかというお話があったわけですね。それで私会いました。私のところへは、調査なくして発言なしというふうに、答弁でそう言っておりますので、お会いしまして聞きました。お家には来られてませんという明解な答弁をいただきました。樋?町長も助役も来られませんでしたと。

 うわさの中では、お二人が見えて、任協の委員、住民代表で出ておったから、要するにこういうことをやることは適当ではないんじゃないかということを言われたといううわさが何人もの方から聞こえてきたんです。ですから、これは、決してそうじゃないちゅうことは、片一方が否定されましたから、町長がこれでそんなことはありませんて言えば、二人が言われれば私も信用せざるを得ませんけれども、あっちからこっちから聞こえて来るということは、町長の姿勢そのものが、合併を推進として出られて、芦屋がのいたというだけで、もう白紙に戻るというその態度から、やっぱこういった悪いうわさが出てくるんじゃないでしょうか。

 それと、そのときの報道が2社報道していただきました。読売新聞と西日本新聞。読売新聞の記者は来ておりました。記事を書かれて翌日出ました。もう1社、西日本新聞、確かに後日取材でございます。後日取材。どういうことがあったかということで。これ執行部の中から激しい抗議があったと聞きます。鈴木宗男さんじゃないですけど、恫喝みたいなものがあったと聞いておりますが、この点、何か聞かれておりますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 竹内議員からたくさん話が出ました。最後のシンポジウムの件につきまして、私は、その件につきましては、その当日も言われましたように行っておりませんし、Oさんという名前が出ておりますけれども、私と直接そういうことでお家に行ったということもございませんし、それについて、何ら住民の方々の研究会というふうに認識をいたしておりましたので、別に私それについて、どうのこうのという立場ではございませんでしたので、圧力をかけるとかどうのこうのということは、一切あっておりません。



○議長(大森忠勝君) 15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) 後段の部分は、お答えになってないわけですね。新聞記者に対する恫喝ですよ。新聞記者に対する恫喝。これは確かに町長はやられてないと思います。私はそうは聞いておりません。担当の課長の方から、電話があったと私は聞いております。担当の課長から。住民がみずからやられるものに対して、そういうものを圧力みたいなことをかけられるんでしょうか。お答えください。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 事実関係を──当日の事実関係を確かめるために、新聞社の方にどういう内容であったかというような問い合わせは、事務局と申しますか、役場の中からやったかとは思いますけれども、それ以上のことについては、私は聞いておりません。



○議長(大森忠勝君) 15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) これはもう他人事じゃありませんので、明確に言いますので、私のところにその記者から電話が入ったんです。一体この人はどういう人ですかと。厳しい内容で自分言われたと。来ないものが何でこんなことが書けるんだというようなことまで言われたというんですよ。それは言われた即座にかかってきましたから、私の携帯に。

 まあ昨年は、町長も推進してあるし、私なりに、このことも事を荒立てるつもりはありませんでした、正直言ってですね。ですけど、やっぱり事実はいろんなうわさが立つということは、町長にも本当の意味では傷がつくんですよ。下手しよれば、国があれだけ騒がれたように、政治的・道義的責任を問われて、やめなきゃいけないという問題でも発生してくるわけです。だからあえて私は取り上げているわけですよ。

 この問題はやっぱ厳しいと思いますよ。その姿勢が、12月に私がどなたかが庁舎で町長以外反対している人がありませんかとここで質問しましたね。一般質問で。そういうことは聞いておりませんと。でも、今問い合わせされたて知ってあったじゃないですか。ということは、その内容が、町長が考えられたほど穏やかな内容だったかどうかと思われますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 恫喝とかいうことやなく、内容を聞くために電話をされたかと思いますけれども、そういうふうなことについては、私は、記事の信憑性と申しますか、それについて、電話をされたかと思いますけれども、恫喝的とか、そういうことについては、私はそういうふうな電話がされたということについては認識をいたしておりません。



○議長(大森忠勝君) 15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) もう裁判所なら本当記事の内容から全部検証するわけですけれども、これは一般質問の場所ですから、そこまでいたしませんけれども、読売新聞の記事よりも西日本新聞の記事の方が緩やかな内容が書いているんですよ。それですら来てなかった。何か我々はじゃもうやってた住民は、行政から監視されてたんでしょうか。来てなかったちゅうことを御存じ、どなたから聞かれたんでしょうかね。その記者が来てないということまで調べるということは、我々が一般の住民として、いかなる制約も受けずに、正々堂々とシンポジウムを県の担当の方もお見えになる。地元の県会議員さん二人もお見えになるんですね。地元4町の町会議員も少ないとは言え4分の1ですよ。18名の方がお見えになっとたわけですね。そして住民の方も含めて九十数名の方が集まっている内容について。それをとやかく言うていうことは、もう合併そのものは絶対やりたくないという姿勢があらわれじゃないですか。その姿勢のあらわれ。私はそう思います。ここに連れて来てもいいですよ。本当言えば、記者を。聞き名前じゃないですか、あれから。一度足りとも。

 だから、ほかの記者からは、同僚の記者ですて紹介受けて、電話取材はそれ以後ありました。ありましたけど、もう本人が来ることはありませんよ。よほど恐かったんでしょう。正直言って。どんな人ですかとまで聞かれましたから。

 今後はやっぱこのことが、もし二度と続いたら、私はもう責任を問いますよ。反対は反対でもこれ構いません。だけど、民主主義を踏みにじるようなやり方で恫喝するということは、国会と同じじゃありませんか。絶対このことだけは注意をしてもらいたい。その上で、政策論議の上で、町長がやはりあと2年か3年は町単独でいった方がいいと思われるんなら、その論法をしっかり示されて言ってください。今全部跳ね返されてしまっているでしょう。今この答弁書もそうですけど。もし町長を助けるんだったら助役でもどなたでもいいですよ。私が言っていることが間違いであるというんなら、答弁をしていただければいいと思いますが。ないでしょう。ありますか。どうぞ。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) たびたび申し上げますように、新聞社に対する恫喝とか、そういうことについては、私たびたび申し上げましたように、私自身もそれについては関知しておりませんので、知りませんが、今後、調査については、確かに電話があったかと思いますけれども、そういうふうなことについて、恫喝とかいうことについては、私は事実絶対そういうことはあり得ないというふうに認識しております。



○議長(大森忠勝君) 15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) じゃ町長はないということで、私は確認をいたしておきます。この問題これで取りやめますけれども、ぜひ今後このようなことが起こらない、またうわさが出ないように、町長自身もしっかりそのことは、変なうわさを立てられないように、逆にですね、私はちゃんと調べますから、人のうわさだけでは信用しません。ですから、お話も聞いた上でいきます。ですけど、違った方々が何人も言われていることは、お家には行かれてなくても、いろんな場面で町の委員もされておりますから、その宴席とかで話されたのかなと。うわさちゅうのはやっぱりどっからか聞かない限りは出て来ないんですよ。だから、そういう意味では、やはり言動には、ぜひ注意をしていただきたいということを念願いたします。

 次の質問移ります。

 先ほどできるだけ怒らないというつもりで私もおりましたけれども、この点だけは直接私が見聞きしたものですから、そのようなお話させていただきましたけれども、この財政的な問題、災害、それと三つの点からぜひ必要だということは今財政そのものは町長も認めておられます。もう一つは、災害の問題です。

 富士山の直下型、東海地震、東南海、南海地震、これが連続して起こる可能性があるということが、今、地震学会、すべての学者がもう指摘しているわけですね。しかも、富士山という観光名所のところに、防災会をやったり訓練をやると観光客が減るからということで今までやっておらなかったんです。でも、昨年、きちんと国・地方自治体対応されたんですね。ということは、ある意味の大きな災害が迫っていると考えた方がいいんです。ただし、今、きょう起こるかあす起こるかとこういうことは私も言えません。ですけど、町長が言われるように、4次計画というのは、平成13年度から10年間の計画です、少なくとも。これ最優先に今はと言われても、今はが10年かもわかりません。それか、今は町長が17年1月で任期切れになるまでの今はかもわかりませんよね。

 そうすると、その間に起こらないということは、日にちが経てば経つほど確立は上がっていくんです。そうすると、財政的な問題を完全に押し上げる。震度8以上、マグニチュード8以上のものが起こるだろうと今これ言われているんですよ。一般誌ですよ。全国誌の大新聞ですら社説であるかないかじゃなくて、あると思って防災対策をやっていこうと、こうも一流誌の社説ですらここまで言い切っています。しかも、毎回毎回注意をしていただいたら、もう何ページにわたってそのことが載ってきているわけですね。

 ですから、岡垣でもきょうは安部議員の質問の中で3号線の高架橋の問題もようやく3億円予算がついたという、もうこれは喜ばしいことですけども、以前からあの高架橋は、阪神・淡路地区の強度に比べると7掛けでしかあっこはつくられていないと。しかもあんなに高いもので7掛けの強度ですと、もし地震が起こったときに、福知山断層というのが、遠賀川頓田貯水池ですか、あの辺とこ通っているというふうに聞いてますんで、県の防災も、シミュレーションでも、震度5弱、もしか震度中ぐらいですね、今まあ上・中・下になっているみたいですけど、強がここでも起こり得るというふうに言われておりますが、そうすると、それが倒れる可能性もある。

 しかも、町の施設のほとんどが、その震度5強以上のものには耐えないということは、前の助役か明言されているんですよ、私の質問に対して。で、山田小学校だけは、せめて新しくつくるから、1971年以降──81年か、ごめんなさい、81年以降(56年以降)の新耐震基準でつくっているから、これは大丈夫です。ただし、ガラスを耐用するからというんで、あれ強化ガラスをお願いします。避難先あそこ一つしかないんです。

 こういう認識を持っておかないと、どこかの町の町長じゃないですけど、地震が起こったら、竹やぶの中に逃げ込みゃいいですよ、竹内さんと言われました。まあこの人は、何万人の住民の命を預かるにしては、少し考え方が違うんじゃないかと私その場で瞬間思いましたけれども、そういう言い放つ人と、言われても何にもしない人も、あんまり内容は変わらないような気がするわけですね。あそこに持っていけば、ほとんど、今出ています、防災マップから何から。この災害について、町長はどのように考えておられますか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 災害につきましては、岡垣町は災害の余り多くないとは言いながら、岡垣町独自の防災計画と申しますか、それは策定はいたしております。その中身につきましては、総務課長の方から説明をさせます。



○議長(大森忠勝君) 山田総務課長。



◎総務課長(山田敬二君) 防災計画につきましては、毎年度毎年度見直しを図りながらやっております。その中で、今既存の施設の中で、先ほど竹内議員が言われましたように、避難場所とか、そういうものについては、現在町については12カ所ほど指定をいたしております。

 その中で、その建物自体が今の震度8とかそういうものに耐えれるというような建物ではございませんけれども、一応町といたしましては、12カ所ほど、各小学校、それから東中西部の公民館、そういうものを避難場所として設置をいたしております。

 それから、毎年防火水槽とか、それから、ことしの14年度の予算につきましては、避難場所の誘導の看板とか、そういうもの等についてもやっておりますので。



○議長(大森忠勝君) 15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) 防災の点は確かに私どもが主張してまいりましたし、白島備蓄基地の一部補助金で1カ所、それから町単費で1カ所、ことしまた1カ所つくっていただいていると。これはまあ少ないとは言え、その周辺地域住民にとっては安全性が増すということはこれは確かに感謝をいたしております。ただ、この程度の内容では非常に心もとない。今、図らずも総務課長が言われたとおりです。避難先で本当にしのげるのかと言えば、非常に難しい問題があるんですね。

 ですから、この中にも、サービスの違いはないかったら違いはありませんと言われましたけれども、公園ぐらいでしょうとおっしゃったその公園がここにございますよ、都市公園の資料。平成6年と12年の差がこう出ておりますけれども、もうよその町は、水巻町、芦屋町、遠賀町──水巻町の数字、住民人1人当たり14.2平米、芦屋町14平米、遠賀町13.3平米、岡垣町わずか2.3平米です。それぞれ増加したのが、平成6年からこの間、岡垣町は0.5平米、遠賀町1.8平米、芦屋町0.5平米、水巻町が0.6平米、もう14平米から13平米ですね、越えているんです。岡垣は2.3しかないんですよ。自然が豊かとは言いますけど、利用できる要するに森といいますか、本当に言えば避難先になる総合公園みたいなんがないんですね。

 ところが、合併すればこれできるんですよ。用地買収費の3分の1、施設費の2分の1、しかも国土交通省が頭金で30億ですか、あげよう、残りのお金については、特例債で68%、いわゆる100億の仕事が2億、これだけ大きな仕事ですと3年がかり4年がかりになるかもわかりません。

 そうすると、町単費で持ち出すものは、わずか7,000万足らずでできるんですよ、防災。しかも、今流域下水道で水巻と遠賀町が工事を一生懸命やってますから、そこにお金がかかるでしょう。うちの町に認めてくださいと言えば、これは皆さんの避難場所にもなるわけですね。

 そういう意味では、大きな岡垣町の総合公園、今県の公園として、緑の総合計画の中で県立公園をということを入れてありますけれども、県行造林ですら私の町に買ってくださいという、県に対してですね、確かにここは何もないから、そうしてあげようという気持ち怒られるかもわかんないけれども、財政的な余裕が県にあるとは思えないんですね。

 ですから、2ヘクタールぐらいは最初できるかもわかりませんけど、その周りについては、町がこういう形でも特例債を使ってでもやっていって、住民の方に三里松原をつくっていただいたように、この50ヘクタールを超えるような大きな公園を残して、防災機能、城跡の復元、町長が言いよった子ども未来館、どうせつくるなら、あっこに持っていかなきゃいけないですよ。そんな狭苦しいほかの建物があるところに併設して建てようというようなちゃちな考えじゃいけません。

 やるんなら、単費でも向こうにまず用地でも確保して、用地を確保してでも、広い環境のいいとこで、一遍にはできないかもわかりませんけれども、県立公園来るちゅうことはもう今言っているわけですから。その近くにでもつくっていく、そういう大きな発想があって、しかも道の駅を今度はつくるでしょう、総合公園。ですね。4次総合計画やっていますよ。回遊性を持たさないと、道の駅だけできたって物販所がちょろとあったって人は来ません。休憩できるところをつくることによって、情報センターも役立つし、総合公園も役立つ、防災機能にも役立つ、子どもたちの通学学宿の施設としても利用できる。こんないいことはないじゃないですか。

 しかも、防災機能変えて、中に3,000トンから5,000トンのラクタル鋳鉄管を入れたやつで、地震が起こったら、電磁源で両方とも、いつでも水が給水できるように持っていってあげる。これが可能なんですよ。可能なんです。こういったことが、岡垣の大きな発展の礎になるものがありながら、前に動かれないちゅうのは、ただ4次計画にあるその今まで決められたものが、三つできるから、町長、それで満足しちゃいかんと思いますよ。

 ぜひ、一歩も二歩も踏み出していただいて、もし仮に芦屋が入ってこられる、入ってこなくても、他の町の町長、議長の方から呼びかけがあれば、せめて法定協議会、勉強会ですよ、まだこれも。それに入る、これぐらいの気構えを見せていただけませんか。最後に答弁お願いします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 先ほどもお答え申し上げましたように、合併については、私の町政の中で避けて通れない問題だというふうには認識をいたしておりますし、今後それの時期等につきましても、選択肢を含めて真摯に今後研究もしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 15番、竹内君。



◆議員(竹内和男君) もうあと3分しかございませんので、ほかにつぐこともございませんけれども、何回も、もうこれは最初のときからずっと用意して持ってきたんですね。温めてきました。

 以前、米百俵という話をしまして、ある議員さん、覚えてくださっておりましたので、リクエストにこたえるんじゃないんですけど、町長の気持ちを幾ばくか、人生の先輩を口頭でこうやってしかれるんだな、現実しましたんで、少し柔らかい話もして終わりたいと思います。

 上杉鷹山というのが御存じだと思います。これは、内村鑑三というのが英文で紹介をされておりました。当時、ジョン・エフ・ケネディという大統領がいまして、この方に日本人記者が、あなたが最も尊敬する日本人はだれですか」と質問したそうです。そしたら、即座にこの上杉鷹山の名を上げられたんだそうです。江戸時代、封建時代にありながら、旧民1人の餓死者も出さなかったということで有名なんですね、この人は。すばらしい治世をされたんです。

 この方が残した、本名「治憲」と言われるんですね。本当は、先代の殿様に子どもがお姫様しかいなくて、結局それも身体障害者の方のお姫様だったそうです。3万石の高鍋藩から、この上杉家というのは、もう名門ですよね。そこの15万石に婿養子で入るわけです。ただし、その後に、その大殿に子どもができられたために、この方は偉いですね。自分の子どもをつくるんじゃなくて、その大殿のできた子ども治広さん、この方にやっぱり殿様を譲るんです。代を譲るんですね。

 このときに上げたのが、「伝国の辞」といいます。その中に三つあるんですね。これが町政と重ね合わせて考えてください。

 国家、当時の米沢藩は、先祖から子孫に伝えられるもので、決して渡しすべきものでないこと。ですから、町長や私たち議員が、自分の議席だけとかそういうことを思わないでくださいというのと同じです。

 それから2番目、人民は国家に属するもので、決して渡してはならない。町民自身もいいように扱っちゃいけないということですね。

 3番目、国家人民のために立ち去る君、藩主、町長であって君のために町民があるんではないんだと。だから、町民のための福祉向上、安全確保ですね、そして健康増進、こういったことができるまちづくりのために、どちらがいいかということをぜひ町長、先ほど言われました研究しますというふうに、やっと一歩前向きの答弁が出ましたので、検討していただきたいとこのように念願して、私、質問を終わります。



○議長(大森忠勝君) 以上で15番、竹内和男君の一般質問を終わりました。

………………………………………………………………………………



○議長(大森忠勝君) 暫時休憩します。再開は14時50分の予定とします。

午後2時31分休憩

………………………………………………………………………………

午後2時51分再開



○議長(大森忠勝君) 再開します。

 2番、石井要祐君の発言を許します。2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) 2番、石井要祐です。議長の許可を得ましたので、一般質問いたします。

 我が岡垣町のまちづくりは、恵まれた自然環境を生かした人と自然の優しいハーモニーを基本理念とし、目指すべき将来像、自然に思いを、をベースとし、その恵まれた自然環境が、地域に輝きを導き、暮らしに安心をもたらし、人に元気を与えるこの四つの将来像を掲げた岡垣町第4次総合計画が昨年13年の3月に策定されて以来、その実現に向けて推進がなされているところであります。

 今回の私の一般質問としては、さきの四つの将来像の中の一つであります。暮らしに安心を、を掲げた健やかで快適に暮らせるまちづくりについて、町長には、岡垣町民の暮らしの中での防犯、及び交通の安全対策について、その施策を、次に暮らしを支える福祉の充実についての現状と課題について、安部教育長に対しては、岡垣町の将来を支える大切な宝物であります学童の安心・安全対策について、どのように考えていられるか、についてお尋ねいたします。答弁をお願いします。

 関連質問は、自席にて行います。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 石井議員の岡垣町の第4次総合計画の将来像の実現、その中の暮らしに安全を、そして、健やかで快適に暮らせるまちづくりの町民の暮らしの中での安全・安心(防犯・交通問題)について、どのように考えておるかということでございますので、第4次の総合計画では「暮らしに安心を〜健やかで快適に暮らせるまち」という将来像を実現するために、六つの分野で別に施策を掲げておるわけでございます。

 防犯につきましては、「良好な住居環境の形成」という計画分野の中で、生活環境の安全性を高めるための施策として、「防犯灯の整備拡充」を掲げております。現在、一定の基準に基づき、町内の幹線道路や通学路、公共施設周辺に順次防犯灯を設置をいたしております。また、行政区が、設置する防犯灯についても、工事費の2分の1を補助をいたしております。

 岡垣町内における刑法犯の発生件数は年々ふえ続けております。現在、折尾警察署や折尾防犯協会連合会、岡垣町防犯協会などとの連携を図りながら、町民の防犯に対する意識を高める啓発運動を行っておりますが、今後は町民の自主的な取り組みによる防犯運動を促進し、町内における犯罪の発生防止に努めたいと思っております。

 次に、交通安全対策でございますが、人命尊重の理念に立ち、交通事故及びこれによる死傷者根絶を究極の目標といたしております。

 交通社会を構成する人間、車両等の交通機関及びそれらの活動する場としての交通環境の3要素について、本町第4次総合計画の基本理念や福岡県第7次交通安全計画等とも調和を図りながら、町民の理解と協力により目標を達成をしていかねばなりません。

 交通安全対策事業として、交通安全指導員による町内の主要交差点での誘導などを実施するとともに、児童・生徒に対する交通安全指導や高齢者への交通安全教室を実施をいたしております。

 また、春・夏・秋・年末の交通安全県民運動の期間中は、のぼり旗の設置やチラシの回覧により、交通安全思想高揚を図っております。

 ハード事業としては、カーブミラーやガードレール等の交通安全施設の設置及び側溝や道路の改良、歩道の新設等を実施いたしております。

 また、特に、高齢者の交通事故については、増加の傾向にあるため、国・県・警察等関係機関と連携を図りながら、高齢者に対して交通安全意識の普及徹底等を実施したいと考えております。

 次に、第4次総合計画の中で、暮らしを支える福祉の充実の現状と課題ということでございます。

 当町では、御存じのように、昭和40年代から住宅団地の開発が始まり、ベッドタウンとして、人口が急増しましたが、その後、少子高齢化や核家族等により家族形態が変化し、高齢化率は昨年10月で21.9%と高齢化現象が年々進んでいる状況でございます。

 保健福祉医療施策につきましては、介護保険にかかわる施策はもちろん、生活支援や介護予防についても、地域の実情を踏まえた自主的な活動をバックアップしつつ、きめ細かなサービスが行き届くよう努めています。

 さらに、多くの高齢者は、住み慣れた地域で安心して暮らせることを望まれていますので、地域コミュニティーの形成により、お互いに支え合う体制づくりを進めております。

 取り組んでいます事業といたしましては、地域住民との連携により、在宅高齢者に地域内交流と生きがいの場を広げる「地域デイサービス事業や健康づくり事業」、特に平成6年度から岡垣町社会福祉協議会の事業である「小地域福祉ネットワーク活動」に財政支援し、地域ごとのネットワーク化を努めることで、高齢者の見守りや支援など、地域ぐるみの助け合いを推進をいたしております。

 学童の安心・安全対策については、教育長に答弁をさせます。

 以上、この場でお答えをいたしまして、あとは自席で質問を受けながらお答えをいたしますので、よろしくお願いいたします。なお、詳細につきましては、担当課長より説明をさせますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 安部教育長。



◎教育長(安部欽一朗君) 学童の安心・安全対策について、どのように考えているか、お答えいたします。

 教育委員会といたしましては、将来を担う子どもたちが安心して学べる環境を第一に考えているところです。昨年6月に、大阪で起きた児童殺傷事件を教訓に、各学校での子どもの安全について、十分な協議を重ね、そして、PTAの皆さん、校区の地区委員の皆さんと連携を取りながら取り組んでまいりました。

 「子ども110番」につきましては、平成9年に福岡県下に起きた小学校2年生の女児が誘拐され殺害されたという痛ましい事件がきっかけに、各学校へステッカー等による指導の緊急避難場所として、地域ぐるみで子どもたちの安全を守っているところでございます。

 学校完全週5日制になると、各地域での安全対策が必要と考えられますので、区長、公民館長を初め、関係団体の皆さんと十分な協議を行います。また、中学校区に安全対策協議会の設置の準備をいたしております。

 以上です。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) 我が岡垣町が「住みたい町・住みたくなる町」を目指す中で、住民者が快適な生活をおくる上でも生活環境を脅かす種々の犯罪があります。その犯罪が社会環境を悪くするわけですが、その環境は悪くならぬよう取り締まりも含めて、警察行政があるわけですが、町内にも折尾警察署よりの岡垣派出所、吉木駐在所、波津駐在所がありますが、岡垣町行政とはどのようなかかわりを持っているか、警官とのコミュニケーションはどのように取っているか、答弁を求めます。

 なお、答弁については、担当課長の地域づくり課長にお願いしたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 渡辺地域づくり課長。



◎地域づくり課長(渡辺一郎君) 今、議員のおっしゃった三つとの派出所との定期的な会合とか、そういったものは現在ところやっておりません。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) 次に、全国的に警官数が少ないとは聞いております。警官と区行政とのかかわりはどうあるか、とりわけ区長さんとのかかわり合いについて、行政はどう見ているか。地域づくり課長、答弁をお願いします。



○議長(大森忠勝君) 渡辺地域づくり課長。



◎地域づくり課長(渡辺一郎君) 岡垣町に、防犯協会というのがございまして、岡垣町防犯協会というのがございまして、これは、折尾地区の防犯協議会の連合会にも所属しているわけですけれども、この岡垣町の防犯協議会の役員が現在各行政区の区長さんでございます。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) 私が以上お尋ねしたのは、ただいま担当課長より、答弁がありました。全区長さんを理事とした岡垣町防犯協会というのが設立されております。その防犯協会の機能がどう生かされているかをお尋ねしたいわけですが、有意義な情報交換がなされているか、確認を取りたいと思いますが、その答弁をお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 渡辺地域づくり課長。



◎地域づくり課長(渡辺一郎君) 今申しましたように、岡垣町の防犯協会は、折尾の防犯協会連合会に所属しております。折尾の防犯協会連合会では、毎年地域での新学期の歩道安全指導とか、クリーンキャンペーン作戦、それから放置自転車の収集・搬送、それから非行防止などのキャンペーン、そういった街灯活動、それから防犯対策会議、地域安全運動、そういったものを開催いたしております。

 岡垣町防犯協会の会長は、現在自治区長会の会長がなっておられますけれども、それと区長会の副会長5人の方、こういった方が折尾防犯協会のそういう地域の活動に参加されたり、折尾防犯協会が主催する会議に出席をいたしておりまして、そういう中で、地域の防犯活動の取り組みを研修したり、そういう防犯思想の普及促進に役員の段階で取り組んでいるところでございます。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) さきの町長答弁にありました年々岡垣町内における刑法犯の発生件数がふえているという紹介があったわけですが、私も私なりに、この平成11年から14年の1・2月にかけての、これは刑法犯の中でも岡垣町の盗難発生状況というものを調べてみました。

 盗難という中身につきましては、空き巣と忍び込みという二つがあるわけですが、空き巣においては、家の方がいらっしゃらないときに進入して金品を所持するということですね。

 それから、忍び込みというのは、従来私どもが夜寝ているときに、屋内に進入して、金品を取っていくということの二通りがあるわけで、平成11年を見てみますと、空き巣が23件、一番多い月で6月でございますが、23件、忍び込みが4件、それが12年になりますと、年末の12月が9件空き巣がふえまして、43件、忍び込み、まあ夜中に入る泥棒が9件です。13年になりますと、これが空き巣が全体的に平均して泥棒が入るわけで54件、忍び込みが8件というようにふえました。

 また、14年のことしの1月・2月にかけても、もう既に27件の空き巣が入ったということで、忍び込みが3件、まあ30件のよからぬ泥棒さんが入っておるわけでございますが、それに、警察の方も、私がお尋ねに行きますと、注意事項等もわざわざワープロを打っていただきまして、外出する際には、窓や出入り口には必ず錠をかけ、隣に一声かけて出かけましょうと。こういう隣に一声かけて出かけましょうとこういう隣に一声かけて出かけましょうということが、あえて書いてあります。

 町民の防犯に対する意識を高める啓発運動を行っているという先ほどの答弁がありましたが、私は町よりも協力体制や呼びかけがやや少ないのではないかと見ております。防犯ビラや回覧、掲示板、有線放送、区内巡回、警察との連携、それなどがいま一つ少ないのではないかと思っております。

 実は、こういうビラが昨年の12月以来泥棒がふえまして、これは防犯速報という折尾警察署の生活安全課が、商工会通じて商工会が会員のところに送って来た──郵送をして呼びかけたわけですが、「注意・現金が危ない」ということで、これはビラハ、ガソリンスタンドやらレストラン、会社という不在──寝泊まりしていないところに入ることに対しての注意の呼びかけでしたが、私はこういうふうなビラが、やはり必要じゃないかというように思いまして、きょう持って来てみました。

 担当課として、このようないわゆるPRがどのようになされておるか、答弁を求めます。



○議長(大森忠勝君) 渡辺地域づくり課長。



◎地域づくり課長(渡辺一郎君) 町独自のそういうパンフレット類を配付していることはございませんが、町が防犯──先ほど申しました折尾防犯協会連合会に加入しておりまして、その防犯協会が県から防犯に関する啓発広報誌をもらっております。それを町が受けて、各世帯に年間──正確な回数はちょっと覚えておりませんけれども、四、五回だったと思いますけれども、「防犯福岡」という啓発誌を全世帯に配付しております。その中で、昨今の犯罪の状況とか、防犯に対する住民の方の啓発の文章を載せたものを配付しているわけですけれども。

 それから、現在どういう取り組みがなされているかということでございますけれども、防犯協会全体が中心となって、町内で防犯キャンペーンをするというのは、今のところやっておりません。先ほど申しましたように、町の防犯協会の役員さんが折尾地区の防犯連合会の活動を通じて防犯運動に取り組んでいるという状況でございます。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) 今日の文化生活が、昔で考えられないような生活をおくっておる今日、こういうふうな犯罪によって生活を脅かされるということ、先ほどから、私が話しておりますが、実は、このこういうふうな空き巣までの被害等に遭われた場合、特にお年寄りや女性の方がしばらくの間はやはり恐怖感やら脅え等があり、私は相当深刻に考えております。

 まあ課長の一つの今答弁があったわけですけれども、今後やはり防犯協会等で、岡垣町のこれは折尾関係じゃなくして、我が岡垣の当然防犯協会ということで、もう少し中身のある活動、これは決して、今の防犯協会を批判するものではありません。

 防犯ビラにしても、回覧にしても、やはり私が先ほど読み上げました現在の状況ですが、昨年あたりにしても、年間通して54件という空き巣があるということについては、このような防犯協会の会議そのものが大体年間にどれぐらい行われておるか、御答弁をお願いします。



○議長(大森忠勝君) 渡辺地域づくり課長。



◎地域づくり課長(渡辺一郎君) 正確な内容は把握しておりません。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) ぜひ、また区長会等も年間の中でかなり開催されておると思います。

 町長にお聞きいたすわけですが、このような事態については、やはり町長会等が──区長会等がある際に、やはり町内の状況等の把握の意味で、実際にこういうふうな事態が起こっておるということについて、やはり区長会等も、そういうふうなことが話題になり、また区民挙げてのやっぱ防犯ということが必要と私は感じますが、町長、どのようにお感じでしょうか。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 石井議員の言われましたように、岡垣町として、行政として、防犯意識の高揚等を含めまして、活動がちょっと希薄になっておりゃせんかなというふうに私自身も認識をいたしております。今後、防犯は犯罪、住民の意識を高めるように、行政としても、そこらあたりもう少し力を入れていきたいというふうに思っております。

 今後も防犯協会や各行政区とまた連携を図りながら、広報活動、また防犯キャンペーンを進め、そして、防犯思想の普及、宣伝に努めていきたいと思っておりますし、また、一般質問の答弁書の中にございましたように、町民の方々の自主的な取り組みによる防犯運動促進誌ということを上げ、お答えしたわけでございますが、平成14年度の予算の中に、地域活性化補助金を計上いたしておりまして、その中に緑ケ丘区での取り組みを進めている防犯活動に対する補助金を上げております。

 今後は、そして来る独自の取り組みで、地域で防犯に取り組んでいますというようなステッカーを各世帯に張っていただいたり、そして、行政区内の中で同様の看板の設置をしていくわけでございます。

 今後はこのように各行政区にモデル地区を選定をいたしておりますので、いろいろな各区に住民の自主的な防犯運動の展開を促進したいと思いますとともに、行政としても、もう少し力を入れて防犯活動普及、いろいろな施策については、一生懸命頑張っていきたいというふうに思っております。今後もやります。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) 力強い今後の防犯に力を入れていくという答弁をいただいたわけですが、それが全町挙げての防犯ネットワークができるというようになっていけばと希望いたします。よろしく御指導、行政指導がこれは要ると思います。

 次に、防犯については、夜の防犯には重要な防犯と、これについても答弁がなされておるわけですけれども、整備拡充は一定の基準に基づき、順次設置と答弁でありました。この一定の基準に基づきという意味を御回答願いたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 渡辺地域づくり課長。



◎地域づくり課長(渡辺一郎君) 現在、岡垣町防犯灯設置及び管理規則という規則がございますけれども、町が設置する防犯灯は、この規則に基づいて整備を行っております。

 この規則には、防犯灯を設置する場所としまして、国道、県道、町道のうち主要な路線、及び通学路、公共施設の周辺というふうに規定しております。主要な路線としまして、現在58路線を定めております。設置の基準としましては、おおむね50メートルに1基というふうに定めております。

 それから、照明の防犯灯の明るさですけれども、基本的には20ワットというふうに定めておりますけれども、地域の景観を配慮する場所については、明るさも別なものを使用するというふうに規定しております。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) また、説明の中に順次設置とありました。この設置計画が恐らく行政ではなされておると思うわけですが、やはりまだ防犯灯の設置がなされていない近辺の方はどうなっておるんだろうなということも思われておると思います。できれば、こういう設置計画が、広報等、または区長さん等にでもどの程度の計画がなされておるか、図面等が仮にあるとすれば、それはやはり広報していただければと思いますが、と言いますのは、やはり区で管理する範囲と、行政の範囲の境目のところなんかが、やはりなかなかわかりにくい面があると思います。そういうふうな順次設置ということについての広報などで知らせていただくことができるかどうか、お尋ねしたいと思います。まあ計画ですね。



○議長(大森忠勝君) 渡辺地域づくり課長。



◎地域づくり課長(渡辺一郎君) 現在、町が管理している防犯灯の数は338灯ございます。予算的に、毎年250万円程度計上しまして、その予算の範囲内で防犯灯の新設、あるいは維持補修を行っているところでございます。

 今、御質問のありました整備計画でございますけれども、現在のところ、どの路線に幾つ何年度に設置するというふうなそういう詳細な計画は立てておりません。要望が出たところを優先的に設置していっているというのが現状でございます。

 今後は、年間の予算の範囲内で整備できる範囲をこう定めまして、そういう計画をちょっとつくってみたいというふうに考えております。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) そのように、ぜひ進めていっていただきたいと思います。

 次に、交通安全対策についてですが、当町の交通安全対策については、岡垣町交通安全推進協議会規則、岡垣町交通安全指導員設置要綱にのっとって行われているわけですが、定例会議は、それぞれの1回ぐらいではないかなと思いますが、いかがでしょうか。年度当初の会議くらいではないかと思いますがいかがでしょうか。担当課長、お願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 西岡環境共生課長。



◎環境共生課長(西岡文雄君) 今言われましたように、年1回しております。

 もう一つ、岡垣町交通安全対策会議というのがあります。それにつきましては、5年に一度ですね、岡垣町の陸上交通の安全に関する総合的な施策を計画立案するということで、町長が会長で招集されて、ことし今度の29日にその会議を開くようにしております。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) 今、お聞きしましたように、大体定例会議が1回程度、また対策会議においては、5年に一度と、これだけ目まぐるしく交通戦争の行われている中で、少し何ていいますか、軽く交通安全については軽く考えられておるように私は理解いたしますが、全体的にマンネリ化しておるなというように思いまして、まあ実際に活動団体の合同会議なんかが、やはり行われるべきやないかと。

 と申しますのは、それぞれのいわゆる任務が目標が違います。そういう一つの団体が集まって、やはり情報交換がやっぱり必要じゃないかと思いますが、いかがでしょうか。担当課長。



○議長(大森忠勝君) 西岡環境共生課長。



◎環境共生課長(西岡文雄君) 言われるとおりだと思いますが、特に一番指導していただいているところは、岡垣町の交通安全指導員さんが、月に1回、1日の日にずっと出られて、街灯啓発指導ですね、子どもとお年寄り等にされているものと、あと町長も言われましたように、春・夏の交通安全県民運動の期間中につきましても、交通安全指導員さんが出られて、常にされておられます。

 それと、交通安全のチラシが、毎月1回新聞が来ておりますので、そういうものでも回覧をして、啓発に努めているような状況でございます。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) 実は、私は合同会議を申し上げたのは、大体推進協議会の会則、規則の第3条、事業の内容の見直し、また同じく、交通安全指導員の3条の中に、職務の内容が大体書いてあるわけですよ。その内容の見直しがやはり必要でないかと感じるわけです。

 と申しますのは、町内の交通安全については、年度を通して、町担当職員が限られた人員で非常に頑張っておられることを目の当たりに見ておりますが、町民の交通安全について、町内の危険場所──危険場所の確認、カーブミラーの設置状況、一旦停止、飛び出し注意、カーブ注意、徐行、空き缶ポイ捨て、それなどの啓発運動を行う上で、交通指導員のボランティア活動を含めてその活動要請があってもよいのではないかと私は思っております。

 と申しますのは、カーブミラー等を含めまして、実際に団地内の一旦停止、飛び出し注意等においても、なかなか限られた職員では大変な状況やないかなと憶測をするわけです。そこで、やはり設置されておりますそういう組織を活躍させるといいますか、動かすということが必要じゃないかと思いますが、いかがでしょうか。担当課長、お願いします。



○議長(大森忠勝君) 西岡環境共生課長。



◎環境共生課長(西岡文雄君) 今、現状では、交通安全の施設の設置や劣化、また壊れたところについては、区長さんや町民の方、または議会の議員さん等から、そういう通報がありましたら、すぐに行きまして、修繕等をしているところでございます。

 なお一層、そういうことが交通安全指導員さんや、また委員さんにそういうことをしていただけるならば、なお一層、交通安全が保たれるものだと思います。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) 午前中の下川路議員の質問の中で、戸切百合野地区の歩道の件も出ておりました。こういうのがいわゆる町内をできるだけ細かく回って、感じることをやはり善処していくのがやはり大切やないかと考えますので、その点、行政指導と申しますか、呼びかけ等が必要だと感じますので、そういう指導方を希望いたします。

 また、次に、暮らしを支える福祉の充実についてですが、この幅広い福祉問題のうち、今回は地域デイサービス事業や健康づくり事業についてと、それからまた小地域福祉ネットワーク活動についてお尋ねしたいと思うわけですが、まず地域づくりデイサービス事業や健康づくり事業についてと、いわゆる小福祉ネットワーク活動についての目的説明と現状についてを、健康福祉課長ですか、に答弁をお願いをいたします。



○議長(大森忠勝君) 花田健康福祉課長。



◎健康福祉課長(花田申三君) 町長が答弁されております地域コミュニティー環境をするための地域デイサービス、まあ健康づくり地域福祉ネットワークの件でございますが、目的は、在宅の高齢者が住み慣れた地域といいますか、そういうところで生きがい、それから触れ合い、そういうことを目的に、身近な公民館を利用しての、そして地域の方々を協力していただいて、そして、その中に本人の自立、生活をおくれるような支援事業とこういう大きな目的で取り組んでいる事業というものでございます。

 それともう一点、現状でございますが、これは、地域──小地域福祉ネットワーク事業は、町長が述べられましたように、平成6年度からやりまして、モデル事業をこちらから設定しながら、地区の御協力で、平成13年度も含めまして、7カ所を現在やっております。

 それから、地域デイサービス事業は、現在は上畑地域を平成13年度から3カ年計画で現在やっております。

 以上です。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) 普通、デイサービスというと、通称介護ということで、自宅より施設までバスで送迎して皆さんと一緒に食事・入浴・レクリエーションなどを大体なさって過ごされるという事業と聞いておりますが、この地域づくりデイサービスということになると、内容的には、どのようなことでしょうか。福祉課長、お願いします。



○議長(大森忠勝君) 花田健康福祉課長。



◎健康福祉課長(花田申三君) 今議員が申されますように、通称はデイサービス事業というのは、私どもの場合だったら「いこいの里」でやっておりますが、この地域デイサービスは、先ほど言いましたように、公民館の地区の一番自分の通いやすい、身近な公民館を利用しながら、健康相談、それから保健婦が行きますので、健康チェック、それから一番楽しまれるお茶飲みといいますか、そういう皆さんのレクリエーション、時には絵画をしたり、工芸をしたりとか、まあそういうことの。要は、在宅の方が、少しでも閉じこもらないための外にお誘いするというのがこういう大きな目的の事業と御理解ください。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) 大変な事業と思いますけれども、明るく接していただいて、家に高齢者の方が引きこもることのないように、できるだけ表に出ていただくというようなことで、ぜひこの事業については、大事に進めていっていただきたいと思うわけです。

 また、次に小地域福祉ネットワーク事業についてですが、この福祉ネットワーク事業について、一応目的と現状をお尋ねしたいと思いますが、担当課長、花田課長、お願いします。



○議長(大森忠勝君) 花田健康福祉課長。



◎健康福祉課長(花田申三君) 目的は、先ほど一部申しておりますように、その地域内、現在はモデル地区をお願いしましてやっている、そしてその後は、またその地域の中で福祉推進協議会というものを立ち上げてもらって、その後にやってもらうというのが現在取り組んでおるわけでございますが、地域内の高齢者、障害者、そういう本人、それから御家族を支援するという意味からも、声かけなり、それからその生活状態を皆さんで見守っていただく。それから、場合によっては、支援としまして、ごみ出しをお手伝いするとか。その地域内で助け合い事業をしていただくということでございます。

 それから、先ほど言いましたように、平成6年度から、一つのモデル地区は3カ年でやっております。平成14年度も、また3地区ぐらいをこちらからお願いして、それをぜひ取り組んでいただきたいというふうな形で、行政としましても、どうしても地域のボランティアの方のお力を受けながら、介護なり、高齢者対策事業、福祉事業、すべてをやっていきたいとこのように思っております。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) ただいま説明がありましたこの福祉ネットワーク事業は、少なくとも触れ合いネットワーク事業と考えると、大分柔らかく感じるわけですが、この事業は、福祉協議会が各地に出向いて、必要性を説明され、奨励推進されているわけですが、この事業を実施していく上で、推進委員会の設立が必要となってきます。委員会の設立には、区長さんの理解と熱意が欠かせません。

 ひいては、地域づくりの母体にもなる組織と理解しますが、町長はどういうふうに理解されますでしょうか。この福祉ネットワーク事業に対しての町長のお考え。(発言する者あり)



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 社会情勢の変化、それの中で核家族、またそして少子化というような大変な時代の中でございます。行政としても、これについては見逃すわけにもいきませんし、そういうことで小地域福祉ネットワークということで、地域内の方々の高齢者、または障害者の家族に対して、生活支援を行うわけでございます。これについては、社会福祉協議会の方に、事業支援として、助成と申しますか、社会福祉協議会の中で現在やっていただいております。

 今後は、これ単年度単年度で2万円と、そして3カ年というふうになっております。これも順次地域の方々の同意をいただきながら、またこれも広げていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) ぜひお願いしたいわけですが、この事業は、区長会、老人会、公民館、民生委員会、それから育成会、子ども会、医療機関等などなどの構成された委員が必要となることが予想されます。

 そこで、町行政としても、福祉関係の課だけでなく、地域づくり課、町民課、教育委員会、公民館などのあらゆる課との連携が必要と考えますが、どのように考えられるでしょうか。町長の答弁をお願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 樋?町長。



◎町長(樋?龍治君) 今言われましたように、その課だけとかいうようなことでは現在の社会状況では済みません。それで、今言われましたように、教育委員会、また区長会、地域──私どもといたしますれば、地域づくり課とか、福祉課とか、そういうあらゆるそういう関係課が、いろいろと複合的に、そしてお互いに考えを出しながら、小地域福祉ネットワークについては取り組んでいかねば、総合的に取り組んでいかねばならないというふうに感じておりますので、今後はそういう方向で、私どもとしては、調整をしていきたいというふうに思っております。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) この事業は、急いで推進すると失敗します。まあそこで、今町長からも答弁がありましたように、ぜひこの事業においては、よい行政指導をいただきながら、やはり全区にまたがってこういう事業が展開されればと願うものであります。

 次に、最後ですが、学童の安心・安全対策について、先ほど回答をいただいたわけですが、現学校での状況が、先ほどの答弁で大体理解はできました。教育委員会としては、3月の15日小学校、また3月の18日においては中学生の卒業式がありました。雰囲気すべてすばらしい雰囲気の中で行われ、教育委員会としても安心もなされ、また自信を持たれたことと、あいさつ申し上げるわけですが、あの姿を見せていただくと、日ごろの先生方々の御指導が察知できました。また、PTAとの連携もよく、このよい環境が続いていることが察知できたわけですが、今後もそのようによい環境が続いていくことを念じておるところでございます。

 そこで、学童の通学道路及び歩道のまだ未設置、それから横断歩道の設置などについて、全体的に学童の通学に対して、今もってこう問題点があるところなどはないでしょうか。お尋ねします。教育長、お願いします。担当課長、お願いします。



○議長(大森忠勝君) 吉田教育総務課長。



◎教育総務課長(吉田清人君) ただいまの件につきましては、今山田小学校が新しく運動場もできますし、通学路の場所も決定しますけれども、今は仮の通学路ということで、今課題になっております。これは近々完成されると思います。通学路も完成すると思います。

 それから、一部海老津小学校からの要望も上がっておりますが、一応町としての回答も出させていただいておりますし、今後、いろんな問題等がありました場合は、学校と協議しながら善処させていただきたいと思っております。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) これは、次に、今予算案が提案されておるわけですが、その中に、学校警察の補導連絡協議会ということで予算が計上されておりますが、これはどんな協議会か、答弁をお願いいたします。担当課長、お願いいたします。



○議長(大森忠勝君) 吉田教育総務課長。



◎教育総務課長(吉田清人君) この件につきましては、学警連としておりますが、これは遠賀・中間地区の警察の皆さん方、あるいは学校──小・中学校の先生方、そして行政の組織の皆さん方によります子どもたちの安全に対する会ということで設置されております。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) さきの2月の17日「サンリーアイ」において、家庭教育講演会が行われました。また、その中でシンポジウムもあり、登壇者より、お店経営者でございましたけれども、深夜の──学生の深夜の徘徊の話が登壇者から出ておりました。この深夜徘徊者に対しては、私たちの目に見ても、やや野放しやないかなと感じておりますが、どのように感じ、またどのような指導をされておられますか。教育長より答弁をお願いしたいと思います。



○議長(大森忠勝君) 安部教育長。



◎教育長(安部欽一朗君) 塾帰りの子どもが、やはり常識なくて、そういうふうなところでたむろして食事をしたり、あるいは中学生だけやなくして、一部高校生もおるようでございますけれども、その点につきましては、学校、特に小中学校を通じまして、校外生活の指導、あるいは指導担当もおりますし、夜間なかなか回るわけにいきませんけど、見つけて巡回指導をするようにしておりますし、また、町長が会長でございます青少年問題協議会がございます。その中で近々いたしますそうですから、その中で、補導の何ていいますか、補導指導員がおられますから、そういう方にまたお願いしまして、そういうとこは重点的に回っていただくように考えております。

 以上です。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) この深夜徘徊については、私も警察署でお聞きいたしましたが、実はなかなか内容的には難しい面がありまして、グループの中に、一人でも20歳以上の人が同伴という形、決して親子とか兄弟とかいうことでなくても、グループの中に20歳以上のものがおれば、なかなか注意がしにくいという指導ががしにくいということもお聞きいたしました。

 そこで、まあ早朝より、駅前周辺が補導員の方が補導をなされておることをお見かけするわけですが、このいわゆる早朝の巡視にしましても、実は、やはり時には警官も一緒に、やはり巡回されるということも私は必要はないかと感じるわけですが、実は、私どもも一人の交通指導員に立ち返りますと、警官の姿を私どもが一緒に交通指導で立っておると、さすがに交通警官と一緒のときには、もう運転手の態度はころっと違います。または巡回においても、やはり、しょっちゅうとはいかんでしょうけれども、時には、やはり警官との巡回も必要でないかと思いますが、教育長、どのように感じられますでしょうか。



○議長(大森忠勝君) 安部教育長。



◎教育長(安部欽一朗君) 社会教育課長に答弁させます。



○議長(大森忠勝君) 石田社会教育課長。



◎社会教育課長(石田健治君) 今の件につきましては、つい最近そういう話の中で、折尾署の方に話を持ち込みましたら、全部が全部、管内の岡垣町が一つになりますので全部といかないけれども、そういった部分については、うちの方から公文書で持って上げれば、連携が図られるとそういうふうに言っていただいております。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) 次に、「子ども110番」について、お尋ねします。

 「子ども110番」につきましては、児童の緊急避難場所とお聞きしておるわけですが、この110番については、当然親子で、また学校、それから行政との話もあってこういう事件があった後、こういう110番をつくられたということは聞いておりますけれども、他町でそういうふうに聞いておるわけですけれども、実際には、その設置されたところを親子と一緒になって確認された、いわゆる徹底されたことがあるかどうか、お尋ねしたいと思いますが。110番についてです。担当課長。



○議長(大森忠勝君) 吉田教育総務課長。



◎教育総務課長(吉田清人君) この件につきましては、先ほど教育長も申されましたように、昨年──平成9年に久留米市で起きました女児の殺傷事件に伴いまして、それが契機でできたものでございますが、今議員申されましたようなその件につきましては、親子の実態という指導ですかね──地区ごとにお願いをしておるのは、ちょっとそれは今のところはしておりません。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) ぜひ、必要ということで設置されておると思いますし、また、これはやはり気持ちよく引き受けていただいておるそのところについては、やはり私は行政ということでなくても、学校父兄等で話し合われて、やはり、あいさつなり意思の伝心といいますか、意思の疎通があってしかるべきだと思います。その点、御指導を希望しますが、いかがでしょうか。



○議長(大森忠勝君) 安部教育長。



◎教育長(安部欽一朗君) 110番の家を指定する場合、もちろん学校と、例えば上畑でございましたから、上畑にPTAの地区委員さんがおられますね。そういう方が行って、そしてお願いしておるわけです。そしてもちろん、地区の子どもに十分にこちらの家にお願いするんだということはもう趣旨は徹底するように、吉田課長申しましたが、しておるわけでございます。

 それで、かねがね指導しておるわけですが、ただ単にお願いするだけやなくして、そういう110番の家には、学校だよりとか、それからいろんな学校のいわゆる問題といいますかね、大人の問題がございましたら、そちらの方にやはり通報して、お知らせするように、非常にやっぱ110番の家多いんですよ、物すごい。学校としては、大変ですけどね、お願いだけして、あとはもう放ったらかしじゃいけませんからですね。そういう点を蜜なやはり対応をするように指導しております。



○議長(大森忠勝君) 2番、石井君。



◆議員(石井要祐君) しておるということで、理解しておきますが、頼みっぱなしということでなく、やはり年間通じてこういう避難場所が利用されることのない社会が欲しいわけですから、ぜひ今教育長が言われたように指導しておるということですから、期待しておきます。

 本日、私が呼びかけました防犯ネットワークと申しますか、また、小地域福祉ネットワーク、「子ども110番」、これはまあ子どもを守るネットワークと言わせていただきますが、この3月定例議会に提案されております、岡垣町は環境条例設定とともに共通するところを認識したいわけで、これらはすべて岡垣町民が声をかけあって、自分たちのために互いに協力しあって、住みよい町をつくる努力を期待するわけですから、今後ともぜひお互いが協力しあって、よいまちづくりができればと希望いたしまして、私の一般質問を終わります。



○議長(大森忠勝君) 以上で、2番、石井要祐君の一般質問を終わりました。

────────────・────・────────────



○議長(大森忠勝君) これをもって本日の日程は全部終了しました。本日はこれにて散会します。起立。礼。

午後3時49分散会

──────────────────────────────