議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 岡垣町

平成 29年 1月臨時会(第1回) 01月25日−01号




平成 29年 1月臨時会(第1回) − 01月25日−01号









平成 29年 1月臨時会(第1回)


岡垣町告示第5号
 平成29年第1回岡垣町議会臨時会を次のとおり招集する
    平成29年1月12日
                                岡垣町長 宮内 實生
1 期 日  平成29年1月25日
2 場 所  岡垣町議会議場
──────────────────────────────
開会日に応招した議員
小野 元次君          市津 広海君
西 美千代君          下川路 勲君
広渡 輝男君          三浦  進君
平山 正法君          曽宮 良壽君
森山 浩二君          神崎 宣昭君
木原 大輔君          太田  強君
横山 貴子君                
──────────────────────────────
応招しなかった議員
なし
──────────────────────────────
───────────────────────────────────────────
平成29年 第1回(臨時)岡 垣 町 議 会 会 議 録(第1日)
                            平成29年1月25日(水曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
午前9時30分開議 
 日程第 1 会議録署名議員の指名について
 日程第 2 会期の決定について
 日程第 3 議案第 1号 岡垣町教育委員会教育長の任命について
 日程第 4 議案第 2号 岡垣町教育委員会委員の任命について
 日程第 5 議案第 3号 岡垣町教育委員会委員の任命について
 日程第 6 議案第 4号 岡垣町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 日程第 7 議案第 5号 岡垣町一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正す
る条例
 日程第 8 議案第 6号 岡垣町の単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関
する条例の一部を改正する条例
 日程第 9 議案第 7号 平成28年度 岡垣町一般会計補正予算(第5号)
 日程第10 議案第 8号 平成28年度 岡垣町国民健康保険事業特別会計補正予算(第
4号)
 日程第11 議案第 9号 平成28年度 岡垣町後期高齢者医療特別会計補正予算(第
1号)
 日程第12 議案第10号 平成28年度 岡垣町水道事業会計補正予算(第2号)
 日程第13 議案第11号 平成28年度 岡垣町下水道事業会計補正予算(第2号)
 追加日程第1 議案第 4号 岡垣町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 追加日程第2 議案第 5号 岡垣町一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正
する条例
 追加日程第3 議案第 6号 岡垣町の単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に
関する条例の一部を改正する条例
 追加日程第4 議案第 7号 平成28年度 岡垣町一般会計補正予算(第5号)
 追加日程第5 議案第 8号 平成28年度 岡垣町国民健康保険事業特別会計補正予算(第
4号)
 追加日程第6 議案第 9号 平成28年度 岡垣町後期高齢者医療特別会計補正予算(第
1号)
 追加日程第7 議案第10号 平成28年度 岡垣町水道事業会計補正予算(第2号)
 追加日程第8 議案第11号 平成28年度 岡垣町下水道事業会計補正予算(第2号)
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第 1 会議録署名議員の指名について
 日程第 2 会期の決定について
 日程第 3 議案第 1号 岡垣町教育委員会教育長の任命について
 日程第 4 議案第 2号 岡垣町教育委員会委員の任命について
 日程第 5 議案第 3号 岡垣町教育委員会委員の任命について
 日程第 6 議案第 4号 岡垣町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 日程第 7 議案第 5号 岡垣町一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正す
る条例
 日程第 8 議案第 6号 岡垣町の単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関
する条例の一部を改正する条例
 日程第 9 議案第 7号 平成28年度 岡垣町一般会計補正予算(第5号)
 日程第10 議案第 8号 平成28年度 岡垣町国民健康保険事業特別会計補正予算(第
4号)
 日程第11 議案第 9号 平成28年度 岡垣町後期高齢者医療特別会計補正予算(第
1号)
 日程第12 議案第10号 平成28年度 岡垣町水道事業会計補正予算(第2号)
 日程第13 議案第11号 平成28年度 岡垣町下水道事業会計補正予算(第2号)
 追加日程第1 議案第 4号 岡垣町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 追加日程第2 議案第 5号 岡垣町一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正
する条例
 追加日程第3 議案第 6号 岡垣町の単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に
関する条例の一部を改正する条例
 追加日程第4 議案第 7号 平成28年度 岡垣町一般会計補正予算(第5号)
 追加日程第5 議案第 8号 平成28年度 岡垣町国民健康保険事業特別会計補正予算(第
4号)
 追加日程第6 議案第 9号 平成28年度 岡垣町後期高齢者医療特別会計補正予算(第
1号)
 追加日程第7 議案第10号 平成28年度 岡垣町水道事業会計補正予算(第2号)
 追加日程第8 議案第11号 平成28年度 岡垣町下水道事業会計補正予算(第2号)
──────────────────────────────
出席議員(13名)
 1番 小野 元次君        2番 市津 広海君
 3番 西 美千代君        4番 下川路 勲君
 5番 広渡 輝男君        6番 三浦  進君
 7番 平山 正法君        8番 曽宮 良壽君
 9番 森山 浩二君       10番 神崎 宣昭君
11番 木原 大輔君       12番 太田  強君
13番 横山 貴子君                 
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長 太田 周二君       係長 廣渡 要介君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長 …………………… 宮内 實生君    副町長 ………………… 山田 敬二君
企画政策室長 ………… 門司  晋君    広報情報課長 ………… 石井  学君
総務課長 ……………… 川原 政人君    地域づくり課長 ……… 武谷  勝君
税務課長 ……………… 青山雄一郎君    会計管理者 …………… 今村 虎夫君
健康づくり課長 ……… 中山 朝雄君    福祉課長 ……………… 来田  理君
住民環境課長 ………… 神谷 昌宏君    こども未来課長 ……… 川原 義仁君
こども未来館長 ……… 川原美智子君    都市建設課長 ………… 吉田  茂君
産業振興課長 ………… 上部 龍二君    上下水道課長 ………… 辻  芳和君
教育長 ………………… 花田 敏彦君    教育総務課長 ………… 高山 昌文君
生涯学習課長 ………… 原  憲司君                      


──────────────────────────────

午前9時30分開議



○議長(横山貴子君) おはようございます。ただいまの出席議員は13名です。定足数に達していますので、これより平成29年第1回岡垣町議会臨時会を開会します。起立、礼。

 直ちに、本日の会議を開きます。本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。

 日程に入るに先立ち、昨年12月25日に執行された町長選挙で当選されました宮内町長から御挨拶がありますので、これをお受けします。宮内町長。



◎町長(宮内實生君) 皆さん、おはようございます。本日、平成29年第1回岡垣町議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には御多用の中、御参集を賜り厚くお礼を申し上げます。

私は、昨年12月に実施された町長選挙におきまして、再び町政のかじ取り役を担わせていただくことになりました。今議会におきまして、3期目に臨む所信を申し述べる機会をいただきましたことに重ねてお礼を申し上げます。

 私は、平成21年1月に町長に就任して以来、今できること、今しなければならないこと、今しかできないことを常に意識し、政策の実現に向けてできる限り迅速な対応を心がけ、時間を要するものについては総合計画等に位置づけ、段階を踏み実施してまいりました。中でも、平成23年度から着手した海老津白谷線道路、駅南側広場、自由通路の整備につきましては、昨年12月に事業が完了いたしました。

 議員の皆様、町民の皆様に多大なる御協力をいただきましたことをこの場をお借りして感謝申し上げます。今後も、関連する開発事業等を推進してまいりますので、引き続きの御支援と御協力を賜りますようお願いいたします。

 さて、この2期8年の間に、地方自治体を取り巻く環境は大きく変化してまいりました。人口減少社会と地方創生時代の到来です。国の人口は、私が町長に就任したころから減少傾向に転じました。

 一方、我が岡垣町の人口も就任後1期目の4年間は約130人ふえましたが、2期目の4年間では約470人減少しました。今後、国も岡垣町も人口減少が加速化することが推計されています。総体的な人口減少社会への対応は国の責務であると認識していますが、岡垣町も一地方自治体としての責務を果たす取り組みをすべきと考えます。

 昨年度には、前期基本計画の施策の評価を行い、本格化した人口減少社会などの社会動向の変化を踏まえた、第5次総合計画後期基本計画を策定するとともに、人口減少等に対応するため、まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定いたしました。

 その過程で実施した住民意識調査では、岡垣町への転入を決めた理由は、親や親族が近くにいる、家賃・土地価格が手ごろ。岡垣町を知った理由は、以前から、不動産会社等からの情報が多く、住んだ後の岡垣町の住みよさの魅力は、自然環境に恵まれ、新鮮な農作物が身近に、そして自然災害が少ないが上位を占めていました。このことから、岡垣町の住みよさの魅力が転入を決めた理由に十分結びついていないことが伺えます。

 したがって、今後定住促進や空き家対策に取り組む上で、新たな団地開発などのハード面の整備に加え、岡垣町の住みよさの魅力を増すことと、それを町外へ発信するソフト面の取り組みが肝要であると考えます。

 そのことを踏まえ、私は公約として、子育て・安全安心・自然・健康・産業をキーワードとする次の5つの約束を掲げました。

 「子どもたちが健全で豊かに育つための環境整備」、「みんなが安全・安心・心豊かに暮らせるまちづくりの推進」、「岡垣のすばらしい自然、森林・地下水・海を守り環境に優しいまちづくりの推進」、「健康で生きがいの持てる暮らしの支援」、「農業、漁業、地場産業の育成と企業誘致の促進」以上の5つです。

 この5つの約束を、第5次総合計画後期基本計画とまち・ひと・しごと創生総合戦略と連動しながら、政策として実現することにより、住みよさの魅力増とその発信につなげたいと考えています。

 なお、詳細な政策につきましては、3月定例会の新年度予算における施政方針として述べさせていただきたいと考えています。

 結びとなりますが、これからも、岡垣町の住みよさを次世代に引き継いでいくためには、私自身がまちづくりの先頭に立つのはもちろんのこと、職員が元気で意欲を持って職務を進められる環境整備も必要です。そのための組織改革や行政改革にも積極的に取り組み、一つになって町政運営に邁進してまいりますので、議員の皆様、町民の皆様におかれましては、御理解と御協力を心からお願いいたしまして、私の3期目の就任に当たりましての所信とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(横山貴子君) 次に、諸般の報告を行います。山田副町長。



◎副町長(山田敬二君) 平成29年1月11日に発生した貨物船座礁事故について、報告をいたします。

 1月11日午後、岡垣町矢矧川河口から500メートル沖合の浅瀬にフィジー船籍の貨物船トンダ号が乗り上げ座礁いたしました。事故の原因は、荷崩れによりかじがとれなくなり、転覆を防ぐため浅瀬に乗り上げ、船を座礁させたということであります。この座礁により、油の流出も確認されております。事故対応の状況としては、事故発生に伴い1月12日午後4時から岡垣町役場において、若松海上保安部の呼びかけで、自治体、漁協、貨物船関係者等による連絡調整会議が開催され、海上保安部及び貨物船関係者から事故の概要や貨物船の状況及び流出した油の処理対策等について報告を受けました。

 これを受け、1月13日には被害関係者である岡垣町、芦屋町、遠賀漁協の3者がトンダ号船主に対し、早急な油流出防止対策の実施と船体撤去を求めました。1月16日からは、油が漂着した海岸線や矢矧川河口、座礁船周辺海上の油処理対策が実施され、1月20日には船内の油の抜き取りも終了いたしております。貨物船関係者からは、毎日作業の進捗状況が報告され、現在は貨物船の撤去に向けての協議が行われており、当町といたしましても早期に作業が完了するよう関係機関と連携しながら注視してまいります。

 以上をもちまして諸般の報告を終わります。



○議長(横山貴子君) 以上をもちまして、諸般の報告を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名について



○議長(横山貴子君) 議事日程第1号、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本臨時会の会議録署名議員は、岡垣町議会会議規則第118条の規定により、議長において、5番、広渡輝男議員、6番、三浦進議員を指名します。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期の決定について



○議長(横山貴子君) 日程第2、会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。本臨時会の会期は、本日1日限りとしたいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、会期は本日1日限りと決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案第1号



○議長(横山貴子君) 日程第3、議案第1号岡垣町教育委員会教育長の任命についての件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。宮内町長。



◎町長(宮内實生君) 議案第1号について提案理由の説明をいたします。

 現教育委員会委員で教育長の花田敏彦氏の任期が、平成29年1月26日をもって満了となりますので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、佐々木敏幸氏の教育長の任命について議会の同意を求めるものです。同氏の履歴は、経歴書に書いているとおりです。任期は3年となります。

 以上をもちまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(横山貴子君)  これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。曽宮議員。



◆議員(曽宮良壽君) 法律の改正に伴って、従前の教育長選任の方法と異なった仕組みで、今回の町長の提案はなされております。

 そこで町長にお尋ねします。我々、この同意案件について、教育長を直接同意ということで選任するという形になります。その意味では、岡垣町の教育行政の中での教育長を選ぶ中で、責任の重さというのが従前よりも重くなってまいります。と同時に、町長が我々に提案する同意案件でありますので、町長の責任も同時に重くなります。あわせて教育長の責任も、以前よりも重くなるものというふうに考えます。

 その点で、町長の心構えといったらおかしいですね、所信といいますか、制度改正に伴って教育長とともに岡垣町の教育を担っていくという立場であろうかと思いますので、その所信を述べていただければということで質疑といたします。



○議長(横山貴子君) 宮内町長。



◎町長(宮内實生君) 従来の教育委員会制度と、この制度が大きく変わりました。平成27年の4月から、教育長、教育委員会の役割、そしてその責任ということで、今までとは大きく変わったということであります。

 まずは、教育長は町長が任命して、そして議会の同意を得るということで教育長は誕生するということであります。

 教育委員の任期は4年ということであります。今まで教育長は、在任中はこの法改正の体制のままでいくと、ただし教育長は任期が切れると同時に、平成28年4月1日に施行された新教育委員会制度のもとで運用していくということになります。

 まさに、平成29年の1月27日からは、新しい岡垣町の教育委員会の体制でいくということで、まずはその一つの始まりが、この教育長を、今回直接私が選任をして、そして議会の同意を求めるその提案であります。

 一方では教育行政を、この首長と、そして教育委員会が合同で教育の大綱、その町の、その自治体の教育の大綱は教育総合会議において大きな方向性を定めるということになっております。これは法が施行されてからです、27年度、28年度で総合教育会議の中で、岡垣町の教育大綱を策定をいたしております。

 そこで、この教育委員会、教育長の役割としては、直接首長が選任をして議会の同意を求めるということで、当然そこには選んだ私の責任と、そして選ばれた教育長の責任、これは従前にも増してその責任の所在が明らかになる。

 今までは、教育委員会の中から教育長を互選をする、そして教育長は教育行政の責任者として、一方では教育委員会の代表である教育委員長というのも、そういう役割と責任があるわけでありますが、この辺が非常に曖昧であったというのが従来の制度でありました。

 今回、新しい法案のもとで、そこの教育委員会における教育行政の現場の責任は、教育長一本に絞られたということが今回の法の趣旨でありますから、当然、今までは教育委員長と教育長とがその責任を分担するというような形でありましたけども、今回は新しい教育長のもとで、教育の現場の責任は教育長、そして全体的な責任については、教育も含めての責任については、この岡垣町の代表である私の責任ということが明らかになるということであります。

 そういう状況でありますので、この教育委員会と首長とが合同で形成する教育総合会議というのが、最も重要になるだろうと。

 そこで、さまざまな岡垣町における教育行政の問題点、課題を速やかに解決していくというのが今回の法の改正でありますので、お尋ねの、今回教育長を提案した部分については、私の責任が最も大きいということになります。以上であります。



○議長(横山貴子君) ほかに質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 本件は、人事案件ですので討論は省略します。

 これより議案第1号の件を挙手により採決します。本件は、原案のとおり同意することに賛成の方は、挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(横山貴子君) 挙手全員です。したがって、議案第1号の件は、原案のとおり同意することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案第2号



△日程第5.議案第3号



○議長(横山貴子君) この際、日程第4、議案第2号岡垣町教育委員会委員の任命について、日程第5、議案第3号岡垣町教育委員会委員の任命について、以上2件を一括議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。宮内町長。



◎町長(宮内實生君) 議案第2号及び議案第3号について提案理由の説明をいたします。

 現教育委員会委員2名の任期が、平成29年1月26日をもって満了となりますので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定により、占部義和氏及び福山康憲氏の委員への任命について議会の同意を求めるものです。両氏の主な履歴は、経歴書に書いているとおりです。なお、任期は4年となります。

 以上をもちまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(横山貴子君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑のある方は、議案番号をお願いします。

質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 本件は、人事案件ですので討論は省略します。

 まず、議案第2号の件を挙手により採決します。本件は、原案のとおり同意することに賛成の方は、挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(横山貴子君) 挙手全員です。したがって、議案第2号の件は、原案のとおり同意することに決定しました。

 次に、議案第3号の件を挙手により採決します。本件は、原案のとおり同意することに賛成の方は、挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(横山貴子君) 挙手全員です。したがって、議案第3号の件は、原案のとおり同意することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第6.議案第4号



△日程第7.議案第5号



△日程第8.議案第6号



○議長(横山貴子君) この際、日程第6、議案第4号岡垣町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例、日程第7、議案第5号岡垣町一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例、日程第8、議案第6号岡垣町の単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例、以上3件を一括議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。宮内町長。



◎町長(宮内實生君) 議案第4号から議案第6号までについて提案理由の説明をいたします。

 平成28年8月の人事院勧告に基づき、国家公務員の給与が改定されたことに伴い、岡垣町の一般職の職員及び単純な労務に雇用される職員の給与の改定について、条例の一部を改正するものです。

 なお、詳細については、企画政策室長に説明させますのでよろしくお願いします。



○議長(横山貴子君) 門司企画政策室長。



◎企画政策室長(門司晋君) それでは詳細説明を行います。

 まず、きょう配付いたしました資料の説明からさせていただきます。給与条例の改正について、右肩に議案第4号・5号・6号資料(企画政策室)と書かれたものです。それの大きな1番、民間給与との比較とありますけれども、これが人勧のベースとなった部分でありまして、民間との給与の調査を行った結果、月例給においては民間との較差708円、それからボーナスにおいては民間との較差が0.12月程度あるという結果が出ております。

 それをもとにいたしまして、大きな2番、給与改定の内容と考え方のところを説明させていただきますが、大きく3つございます。給料とボーナスと扶養手当であります。

 まず、1点目の給料につきましては、我々の給与表の1、2級を中心に1,500円程度、それから高い級・高い号俸では400円程度と幅がございます。全体でいえば平均で約0.2%の改定率というふうになっております。この給与の改定につきましては、平成28年4月1日にさかのぼっての支給ということになります。

 次に、ボーナスの改正についてです。総額4.2月を4.3月と0.1月の増となります。これは全て勤勉手当に配分をするということになります。これも平成28年4月1日にさかのぼっての支給になるんですが、平成28年度は12月の勤勉手当で調整をして、平成29年度は6月、12月の勤勉手当で調整をするということになります。

 それから、3点目の扶養手当の改正についてです。これにつきましては現行が平成28年度、配偶者が1万3,000円、子・父母等が6,500円ですけれども、これを平成30年度以降は、子を1万円にして、配偶者・父母等が6,500円にするというものです。なお、平成29年度は経過措置がとられるということになります。

 以上でまず、資料の説明を終わります。

 次に、議案第4号について説明をさせていただきます。新旧対照表で説明をいたします。9ページをお願いいたします。

 第23条、勤勉手当の改定になります。先ほど説明いたしましたように、12月の支給月額を0.1月分引き上げるというものです。下のほうの第2号のところでは、再任用職員についても12月の支給月額を0.05月引き上げるということを、ここで改定をしているものです。

 次に10、11ページは、第4条関係の別表1、行政職給与表の改定です。先ほど申し上げましたように、1級の最初のほう若い号俸では1,500円、逆に高いところでは400円程度と幅をもった改定ということになっております。

 それから12、13ページをお願いいたします。ここの第12条と13条は扶養手当の改定になります。先ほど申し上げましたとおり、配偶者を1万3,000円から6,500円へ、子を6,500円から1万円にするということが、ここで改定をされております。

 それから14ページをお願いいたします。ここの第23条の勤勉手当ですね、先ほどは平成28年度の勤勉手当の改定でしたけれども、ここでは29年度以降の勤勉手当を定めております。したがいまして、2回の支給とも6月、12月とも一般職は100分の85に、再任用職員は100分の40にするという内容がここで改定されております。

 最後に15ページです。別表2、第5条関係の改定を行っております。これは行政職等級別基準職務表なんですけれども、この部分を国からの通知に伴って、1級から3級を中心にして、標準職務を整理して改正をしましたということであります。

 戻っていただきまして7ページをお願いいたします。附則です。まず、この条例は、公布の日から施行をいたしますけれども、給与の改定については、平成28年4月に遡及し施行をする。

 それから、扶養手当及び先ほどの職務表の改定、それから勤勉手当の平準化の改定については平成29年4月1日から行うということになります。さらに、扶養手当に関する特例ということで、平成29年度の移行期間の暫定措置についても、この附則で述べておるところです。

 続きまして、議案第5号につきまして説明をさせていただきます。こちらも新旧対照表で説明をいたします。7ページをお願いいたします。

 第10条です。勤勉手当の改定。一般職と同じです。12月の支給月額を0.05月引き上げる。それから短時間の任期付職員についても、12月の支給月額を0.04月分引き上げるということをここで述べております。

 それから、8ページ、9ページ、10ページにつきましては別表1、任期付行政職給与表、別表2、任期付技能労務職給料表の改定を行っているものです。これも人勧に基づいての改定となっております。

 それから11ページの第10条、勤勉手当の改定ですが、一般職と同様にここでは29年度以降の勤勉手当の改定を行っており、6月と12月で平準化を図っているという内容になっております。なお、扶養手当の支給については、一般職に準じますのでここでは掲げておりません。

戻っていただきまして、6ページをお願いします。附則です。この条例は、同じく公布の日から施行しますけれども、給与の引き上げについては、平成28年4月からの遡及適用とする。このことも含めて、その他は一般職に準じるということになります。

 次に、議案第6号の説明を行います。これは、単純な労務に雇用される職員の給与になります。新旧対照表の7ページから7、8、9と技能労務職給料表の改定を行っております。あと、勤勉手当それから扶養手当の改定については一般職に準ずるという条例になっておりますので、ここには上がってきておりません。

 戻っていただきまして、5ページです。附則です。この条例は、公布の日から施行いたします。一般職と同じように給与の引き上げについては、平成28年4月からの遡及適用とするということを述べております。

 詳細説明は以上です。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(横山貴子君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより1議案ずつ質疑を行い、付託委員会を決定します。

 まず、議案第4号岡垣町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、質疑を行います。質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第4号については、会議規則第36条の規定により総務産業常任委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第4号については、総務産業常任委員会に付託することに決定しました。

 次に、議案第5号岡垣町一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例について、質疑を行います。質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第5号については、会議規則第36条の規定により総務産業常任委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第5号については、総務産業常任委員会に付託することに決定しました。

 次に、議案第6号岡垣町の単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例について、質疑を行います。質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第6号については、会議規則第36条の規定により総務産業常任委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第6号については、総務産業常任委員会に付託することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第9.議案第7号



△日程第10.議案第8号



△日程第11.議案第9号



△日程第12.議案第10号



△日程第13.議案第11号



○議長(横山貴子君) この際、日程第9、議案第7号平成28年度岡垣町一般会計補正予算(第5号)、日程第10、議案第8号平成28年度岡垣町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)、日程第11、議案第9号平成28年度岡垣町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)、日程第12、議案第10号平成28年度岡垣町水道事業会計補正予算(第2号)、日程第13、議案第11号平成28年度岡垣町下水道事業会計補正予算(第2号)、以上5件を一括議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。宮内町長。



◎町長(宮内實生君) 議案第7号から議案第11号までについて、提案理由の説明をいたします。

 議案第7号から議案第11号は、人事院勧告に基づく給与の改定に伴い、各会計の職員の人件費について必要な予算の調整を行うものです。

 まず、議案第7号について、岡垣町一般会計予算の歳入歳出にそれぞれ745万円を追加し、総額で99億6,895万7,000円とするものです。

 次に、議案第8号について、岡垣町国民健康保険事業特別会計の歳入歳出にそれぞれ10万7,000円を追加し、総額で44億9,535万9,000円とするものです。

 次に、議案第9号について、岡垣町後期高齢者医療特別会計の歳入歳出にそれぞれ4万5,000円を追加し、総額で5億4,269万円とするものです。

 次に、議案第10号について、岡垣町水道事業会計の収益的支出を15万9,000円増額し、総額で5億240万7,000円とし、資本的支出を8万3,000円増額し、総額で3億6,901万6,000円とするものです。

 最後に、議案第11号について、岡垣町下水道事業会計の収益的支出を30万8,000円増額し、総額で9億3,126万3,000円とするものです。

 以上をもちまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(横山貴子君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより1議案ずつ質疑を行い、付託委員会を決定します。

 まず、議案第7号平成28年度岡垣町一般会計補正予算(第5号)について、質疑を行います。質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第7号については、会議規則第66条の規定により総務産業常任委員会に付託し、文教厚生常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第7号については、総務産業常任委員会に付託し、文教厚生常任委員会との連合審査会とします。

 次に、議案第8号平成28年度岡垣町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について、質疑を行います。質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第8号については、会議規則第66条の規定により文教厚生常任委員会に付託し、総務産業常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第8号については、文教厚生常任委員会に付託し、総務産業常任委員会との連合審査会とします。

 次に、議案第9号平成28年度岡垣町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について、質疑を行います。質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第9号については、会議規則第66条の規定により文教厚生常任委員会に付託し、総務産業常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第9号については、文教厚生常任委員会に付託し、総務産業常任委員会との連合審査会とします。

 次に、議案第10号平成28年度岡垣町水道事業会計補正予算(第2号)について、質疑を行います。質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第10号については、会議規則第66条の規定により総務産業常任委員会に付託し、文教厚生常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第10号については、総務産業常任委員会に付託し、文教厚生常任委員会との連合審査会とします。

 次に、議案第11号平成28年度岡垣町下水道事業会計補正予算(第2号)について、質疑を行います。質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。議案第11号については、会議規則第66条の規定により総務産業常任委員会に付託し、文教厚生常任委員会との連合審査会としたいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第11号については、総務産業常任委員会に付託し、文教厚生常任委員会との連合審査会とします。

 ここで暫時休憩します。

午前10時10分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時15分再開



○議長(横山貴子君) 再開します。

 お諮りします。追加議事日程第1号、日程第1、議案第4号から日程第8、議案第11号までを日程に追加し、議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、追加議事日程第1号、日程第1、議案第4号から日程第8、議案第11号までを日程に追加し、議題とすることに決定しました。

────────────・────・────────────



△追加日程第1号.議案第4号



△追加日程第2号.議案第5号



△追加日程第3号.議案第6号



○議長(横山貴子君) 追加議事日程第1号、この際、日程第1、議案第4号岡垣町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例、日程第2、議案第5号岡垣町一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例、日程第3、議案第6号岡垣町の単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例、以上3件を一括議題とします。

 本件に関し、委員会報告書を配付していますので、委員長報告は省略します。

 委員会報告書を朗読させます。事務局長、朗読。



◎事務局長(太田周二君) 報告第1号、総務産業常任委員会報告書、1.議案第4号岡垣町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例、2.議案第5号岡垣町一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例、3.議案第6号岡垣町の単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例。本委員会は、上記の議案を審査した結果、原案をそれぞれ可決と決定したから、岡垣町議会会議規則第72条の規定により報告します。平成29年1月25日、総務産業常任委員会委員長曽宮良壽、岡垣町議会議長横山貴子様。



○議長(横山貴子君) これより委員長報告に対する質疑を行います。質疑のある方は、議案番号をお願いします。

質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 これより討論を行います。討論をされる方は、議案番号をお願いします。まず、本件に対する反対討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)

 反対討論なしと認めます。

 次に、賛成討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)

 賛成討論なしと認めます。これをもって討論を終了します。

 これより1件ごとに採決します。

初めに、議案第4号の件を挙手により採決します。本件に対する委員長の報告は、可決です。本件は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(横山貴子君) 挙手全員です。したがって、議案第4号の件は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に議案第5号の件を挙手により採決します。本件に対する委員長の報告は、可決です。本件は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(横山貴子君) 挙手全員です。したがって、議案第5号の件は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に議案第6号の件を挙手により採決します。本件に対する委員長の報告は、可決です。本件は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(横山貴子君) 挙手全員です。したがって、議案第6号の件は委員長の報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△追加日程第4.議案第7号



○議長(横山貴子君) 日程第4、議案第7号平成28年度岡垣町一般会計補正予算(第5号)の件を議題とします。

 本件に関し、委員会報告書を配付していますので、委員長報告は省略します。

 委員会報告書を朗読させます。事務局長、朗読。



◎事務局長(太田周二君) 報告第2号、総務産業常任委員会報告書、1.議案第7号平成28年度岡垣町一般会計補正予算(第5号)。本委員会は、文教厚生常任委員会との連合審査会において、上記の議案を審査した結果、原案を可決と決定したから、岡垣町議会会議規則第72条の規定により報告します。平成29年1月25日、総務産業常任委員会委員長曽宮良壽、岡垣町議会議長横山貴子様。



○議長(横山貴子君) これより委員長報告に対する質疑を行います。

質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 これより討論を行います。まず、本件に対する反対討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)

 反対討論なしと認めます。

 次に、賛成討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)

 賛成討論なしと認めます。これをもって討論を終了します。

 これより議案第7号の件を挙手により採決します。本件に対する委員長の報告は、可決です。本件は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(横山貴子君) 挙手全員です。したがって、議案第7号の件は委員長の報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△追加日程第5.議案第8号



○議長(横山貴子君) 日程第5、議案第8号平成28年度岡垣町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)の件を議題とします。

 本件に関し、委員会報告書を配付していますので、委員長報告は省略します。

 委員会報告書を朗読させます。事務局長、朗読。



◎事務局長(太田周二君) 報告第5号、文教厚生常任委員会報告書、1.議案第8号平成28年度岡垣町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)。本委員会は、総務産業常任委員会との連合審査会において、上記の議案を審査した結果、原案を可決と決定したから、岡垣町議会会議規則第72条の規定により報告します。平成29年1月25日、文教厚生常任委員会委員長西美千代、岡垣町議会議長横山貴子様。



○議長(横山貴子君) これより委員長報告に対する質疑を行います。

質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 これより討論を行います。まず、本件に対する反対討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)

 反対討論なしと認めます。

 次に、賛成討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)

 賛成討論なしと認めます。これをもって討論を終了します。

 これより議案第8号の件を挙手により採決します。本件に対する委員長の報告は、可決です。本件は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(横山貴子君) 挙手全員です。したがって、議案第8号の件は委員長の報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△追加日程第6.議案第9号



○議長(横山貴子君) 日程第6、議案第9号平成28年度岡垣町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の件を議題とします。

 本件に関し、委員会報告書を配付していますので、委員長報告は省略します。

 委員会報告書を朗読させます。事務局長、朗読。



◎事務局長(太田周二君) 報告第6号、文教厚生常任委員会報告書、1.議案第9号平成28年度岡垣町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)。本委員会は、総務産業常任委員会との連合審査会において、上記の議案を審査した結果、原案を可決と決定したから、岡垣町議会会議規則第72条の規定により報告します。平成29年1月25日、文教厚生常任委員会委員長西美千代、岡垣町議会議長横山貴子様。



○議長(横山貴子君) これより委員長報告に対する質疑を行います。

質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 これより討論を行います。まず、本件に対する反対討論の発言を許します(「なし」と呼ぶ者あり)。

 反対討論なしと認めます。

 次に、賛成討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)

 賛成討論なしと認めます。これをもって討論を終了します。

 これより議案第9号の件を挙手により採決します。本件に対する委員長の報告は、可決です。本件は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(横山貴子君) 挙手全員です。したがって、議案第9号の件は委員長の報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△追加日程第7.議案第10号



○議長(横山貴子君) 日程第7、議案第10号平成28年度岡垣町水道事業会計補正予算(第2号)の件を議題とします。

 本件に関し、委員会報告書を配付していますので、委員長報告は省略します。

 委員会報告書を朗読させます。事務局長、朗読。



◎事務局長(太田周二君) 報告第3号、総務産業常任委員会報告書、1.議案第10号平成28年度岡垣町水道事業会計補正予算(第2号)。本委員会は、文教厚生常任委員会との連合審査会において、上記の議案を審査した結果、原案を可決と決定したから、岡垣町議会会議規則第72条の規定により報告します。平成29年1月25日、総務産業常任委員会委員長曽宮良壽、岡垣町議会議長横山貴子様。



○議長(横山貴子君) これより委員長報告に対する質疑を行います。

質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 これより討論を行います。まず、本件に対する反対討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)

 反対討論なしと認めます。

 次に、賛成討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)

 賛成討論なしと認めます。これをもって討論を終了します。

 これより議案第10号の件を挙手により採決します。本件に対する委員長の報告は、可決です。本件は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(横山貴子君) 挙手全員です。したがって、議案第10号の件は委員長の報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△追加日程第8.議案第11号



○議長(横山貴子君) 日程第8、議案第11号平成28年度岡垣町下水道事業会計補正予算(第2号)の件を議題とします。

 本件に関し、委員会報告書を配付していますので、委員長報告は省略します。

 委員会報告書を朗読させます。事務局長、朗読。



◎事務局長(太田周二君) 報告第4号、総務産業常任委員会報告書、1.議案第11号平成28年度岡垣町下水道事業会計補正予算(第2号)。本委員会は、文教厚生常任委員会との連合審査会において、上記の議案を審査した結果、原案を可決と決定したから、岡垣町議会会議規則第72条の規定により報告します。平成29年1月25日、総務産業常任委員会委員長曽宮良壽、岡垣町議会議長横山貴子様。



○議長(横山貴子君) これより委員長報告に対する質疑を行います。

質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了します。

 これより討論を行います。まず、本件に対する反対討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)

 反対討論なしと認めます。

 次に、賛成討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)

 賛成討論なしと認めます。これをもって討論を終了します。

 これより議案第11号の件を挙手により採決します。本件に対する委員長の報告は、可決です。本件は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(横山貴子君) 挙手全員です。したがって、議案第11号の件は委員長の報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



○議長(横山貴子君) 以上で本日の日程は、全部終了しました。

 ここで、花田敏彦教育長から発言の申し出がありますので、これを許可します。花田敏彦教育長。



◎教育長(花田敏彦君) こういう時間をいただきまして、まことにありがとうございます。退任に当たりまして、一言、御挨拶を申し上げます。

 私は、平成21年1月から教育委員として、そして平成24年6月からは教育長として、通算8年間教育行政に携わらせていただきました。この間、議員の皆様方には、多大な御支援、御協力をいただきました。おかげさまで、あすをもって任期を終え退任することができます。

 私自身といたしましては、特に教育長としての4年8カ月間は、存分にと申しますか、また腹いっぱいといいますか、精いっぱい職務に当たることができたと満足して退任することができるというふうに考えております。

 言葉では言い尽くせませんけれども、皆様方には本当にお世話になりました。ありがとうございました。深く感謝をいたします。

 終わりになりますが、岡垣町のますますの御発展と議員の皆様方の御健勝、御活躍を祈念させていただきまして、退任の挨拶にかえさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(横山貴子君) 次に、本日、教育委員会教育長の任命について同意しました佐々木敏幸氏、並びに教育委員会委員の任命について同意しました占部義和氏、福山康憲氏の3名から御挨拶がありますので、これをお受けします。

 まず初めに、教育委員会教育長に同意しました佐々木敏幸氏から御挨拶をお願いします。



◎佐々木敏幸氏 こんにちは。今回の議会で、花田教育長の後を教育長として同意していただきました佐々木です。本当にありがとうございます。

 今回、新しく教育委員会制度が変わり、今までの教育委員長、教育長の仕事を、今回私が一身に背負うことになりました。本当に責任の重さ、そういうことを痛感しております。

 しかし、私も岡垣町で生まれ育ち、岡垣町の発展を願う一人として、今回、このような機会を与えてくださったことに、本当に感謝しております。そういう意味で教育長として誇りを持ち、私自身、誠心誠意、精いっぱい頑張っていきたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(横山貴子君) 次に、教育委員会委員に同意しました占部義和氏に御挨拶をお願いします。



◎占部義和氏 皆様、こんにちは。ただいま御紹介いただきました占部義和と申します。教育委員の任命に御同意いただきましてありがとうございました。力不足ではございますが、岡垣町の教育行政発展のため、全力を尽くしてまいる所存でございますので、どうかよろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(横山貴子君) 次に、同じく福山康憲氏に御挨拶をお願いします。



◎福山康憲氏 こんにちは。このたび、議会で御同意いただきました福山と申します。微力ながら、岡垣町の教育行政に精いっぱい頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(横山貴子君) 続いて、山田敬二副町長から発言の申し出がありますので、これを許可します。山田敬二副町長。



◎副町長(山田敬二君) 皆さん、お疲れさまでございます。私、3月1日をもって副町長としての任期が満了いたします。今回、退任をすることになりました。まだ、任期が1カ月余りありますけれども、私が議会に出席するのは、きょうが最後となりますので、一言、御挨拶並びにお礼を申し上げます。1時間ぐらいいただきたいところなんですけど、それはちょっとあんまりかと思いますので、簡単にお礼を申し上げます。

 平成21年3月2日に宮内町長から御指名をいただき、そして、議会で御同意をいただきまして、2期8年間、副町長として務めをさせていただきました。その間、議長を初め議員の皆様、そして町長を初め職員の皆様、また住民の皆様から温かい御支援をいただきまして、皆様方にとっては力不足のところもありましたでしょうけれども、私といたしましては、何とかこの役目を果たしたのではないかと思っているところでございます。私の人生の中で、この8年間というのは本当に充実した期間であったというふうに思っております。

 役目を終わるわけでございますけれども、少し寂しい気持ちもありますけれども、今は本当に、ただ皆様に感謝、そして満足感でいっぱいであります。これから、私も一町民となって、町の発展にかかわることができればいいかなというふうに思っております。(発言する者あり)

 岡垣町、これは国の課題でもありますけども、今、少子高齢化、そして人口減少という大きな課題があります。議員の皆様方におかれましては、私も大好きな岡垣町のために、なお一層この町が発展するように、議員の皆様のなお一層の御奮闘と、そして御活躍を祈念申し上げまして、簡単ではありますけれども退任の御挨拶とさせていただきます。本当に、長い間ありがとうございました、お世話になりました。どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(横山貴子君) 以上で本日の会議を閉じます。

 これで、平成29年第1回岡垣町議会臨時会を閉会します。起立、礼。

午前11時39分閉議

──────────────────────────────




   会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。

      平成  年  月  日

                  議  長

                  署名議員

                  署名議員