議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 志免町

平成18年第2回 4月臨時会 04月25日−01号




平成18年第2回 4月臨時会 − 04月25日−01号







平成18年第2回 4月臨時会



1 議 事 日 程

   (平成18年第2回志免町議会臨時会)

                               平成18年4月25日

                               午 前 10 時 開議

                               於   議   場

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 議会運営委員長報告及び質疑

 日程第3 会期の決定

 日程第4 招集あいさつ(町長)

 日程第5 第37号〜第43号議案上程(提案理由説明、質疑、委員会付託)

 日程第6 各常任委員長の審査の経過及び結果報告に対する質疑

 日程第7 討論、採決

2 出席議員は次のとおりである(18名)

  1番  大 熊 則 雄            2番  助 村 千代子

  3番  丸 山 真智子            4番  吉 住 龍太郎

  5番  池 邊 満 男            6番  牛 房 良 嗣

  7番  大 西   勇            8番  西 川 蓉 子

  9番  古 庄 信一郎            10番  吉 田 耕 二

  11番  稲 永 正 昭            12番  大 林 弘 明

  13番  熊 本   廣            14番  二 宮 美津代

  15番  野 上 順 子            16番  稲 永 康 人

  17番  末 藤 省 三            18番  佐 藤   哮

3 欠席議員は次のとおりである(0名)

4 会議録署名議員

  5番  池 邊 満 男            15番  野 上 順 子

5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(2名)

  議会事務局長  長   秀 樹        書記      小 池 邦 弘

6 地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(11名)

  町長      南 里 辰 己        助役      吉 原 清 光

  教育長     中牟田 修 身        総務課長    脇 田 義 政

  企画財政課長  入 江 信 雄        地域振興課長  丸 山 孝 雄

  税務課長    安河内   勇        住民課長    児 嶋 賢 始

  福祉課長    藤   龍 己        総務課長補佐  安 田 豊 重

  地域振興課長補佐稲 永 正 志







            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜

              開会 午前10時00分



○議長(大林弘明君) ただいまから平成18年第2回志免町議会臨時会を開会します。

 これより本日の会議を開きます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(大林弘明君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第120条の規定によって、5番池邊議員、15番野上議員を指名します。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議会運営委員長報告及び質疑



○議長(大林弘明君) 日程第2、議会運営委員長報告を議題とします。

 佐藤議会運営委員長。



◎議会運営委員長(佐藤哮君) 議会運営委員会の報告を行います。

 4月18日、本日開催の臨時議会のために議会運営委員会を開催をいたしましたので、その結果について御報告をいたします。

 会期につきましては、本日1日間と議運で決定をいたしております。

 本議会に提案されます専決処分4議案を含む7議案は、従来ですと本会議場で審査、討論、採決となっておりましたが、議案の中に、報酬等費用弁償に関する件、シーメイトにおける施設使用料に関する件を含んだ補正予算も提案をされる関係上、3常任委員会に付託することといたしましたので、御理解をお願いをしたいと思います。

 今後、臨時議会がすべてこのような条件で推移するわけではございませんが、今回、先ほど申しましたような提案がされますので、本日の1日、3常任委員会での審議をお願いをしておりますので、御理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(大林弘明君) ただいまの報告に質疑ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 質疑なしと認めます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 会期の決定



○議長(大林弘明君) 日程第3、会期の決定の件を議題とします。

 本臨時会の会期は、本日4月25日1日間にしたいと思います。これに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 異議なしと認めます。したがって、会期は本日1日間に決定しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 招集あいさつ(町長)



○議長(大林弘明君) 日程第4、南里町長の招集あいさつを議題とします。

 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 本日、平成18年第2回志免町議会臨時会を招集させていただきましたところ、議員の皆様方におかれましては、何かと大変御多忙中にもかかわりませず御参集をいただきまして、まことにありがとうございます。

 本日提案させていただきます議案につきましては、後ほど説明をさせていただきますが、竪坑櫓及び周辺土地取得等に係る平成18年度志免町一般会計補正予算(第1号)外6議案でございます。御審議いただき、議決いただきますようよろしくお願いを申し上げまして、本日の招集のあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 第37号〜第43号議案上程(提案理由説明、質疑、委員会付託)



○議長(大林弘明君) 日程第5、第37号議案から第43号議案までを一括して議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 議長から一括上程を認めていただきましたので、一括して上程させていただきます。

 第37号議案専決処分の承認を求めることについてであります。

 地方自治法第179条第1項の規定に基づき、志免町の収入役の廃止に伴い、粕屋南部消防組合規約の一部を改正することについて専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。

 第38号議案専決処分の承認を求めることについてであります。

 地方自治法第179条第1項及び同法施行令第148条の規定に基づき、平成17年度志免町公共施設公益施設整備拡充基金特別会計補正予算(第1号)について専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。

 第39号議案専決処分の承認を求めることについてであります。

 地方自治法第179条第1項の規定に基づき、地方税法の一部を改正する法律の施行に伴う志免町税条例の一部を改正する条例について専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。

 第40号議案専決処分の承認を求めることについてであります。

 地方自治法第179条第1項の規定に基づき、国民健康保険法施行令の一部を改正する政令及び地方税法の一部を改正する法律の施行に伴う志免町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。

 第41号議案志免町障害程度区分認定等審査会の委員の定数等を定める条例の制定についてであります。

 平成18年4月1日から施行された障害者自立支援法に基づき、志免町障害程度区分認定等審査会を設置するに当たり、所要の規定を整備する必要があるので、本条例を制定するものであります。

 第42号議案志免町総合福祉施設「シーメイト」条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 シーメイトにピアノを設置するに当たり、所要の規定を整備する必要があるので、本条例の一部を改正するものであります。

 第43号議案平成18年度志免町一般会計補正予算(第1号)についてであります。

 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正のとおりとするものです。

 その内容につきまして述べさせていただきます。

 竪坑櫓及びその用地を平成18年3月28日に新エネルギー開発機構と無償譲渡契約を交わし、平成18年4月1日に町が譲渡を受けました。その安全対策等に係る予算1,080万円を計上させていただきました。

 続きまして、障害者自立支援等については、議案第41号に基づく審査会委員報酬及び旅費として165万5,000円を計上させていただいております。

 なお、これらの予算につきましては予備費にて対応させていただいております。

 以上、7議案を上程させていただきますので、御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(大林弘明君) ただいまの議案上程に対する質疑はありませんか。

 末藤議員。



◆17番(末藤省三君) 第43号議案、補正予算の中身について少しお尋ねをいたします。

 無償譲渡をされて、いよいよ志免町の自前の安全策を講じなければならないという建前から、今回の1,080万円が組まれたわけですが、これについて先般も申し上げておりましたように、文化財の申請はいつごろにおやりになるおつもりか、まず1点、最初お尋ねをいたします。



○議長(大林弘明君) 丸山地域振興課長。



◎地域振興課長(丸山孝雄君) 文化財の申請時期という御質問があっております。

 この文化財の申請におきましては、現在のところ、まだ志免町の文化財審議会の方のお尋ねも、町の方にはあっておりません。ただ、社会教育課の方で、近々志免町の文化財審議会が行われるというふうに聞いております。

 それから、町の方が産業遺産なり文化財の考えで行動を起こすというふうなことは、現段階ではまだ安全管理の方に力を、まずやらなければいけないという考えで、文化財関係の方については何も手をつけておりません。

 以上でございます。



○議長(大林弘明君) 末藤議員。



◆17番(末藤省三君) いや、すぐ、無償譲渡を受けたからすぐやれとは言っておりませんが、見通しとしてはあると思うんですね。歴史的に文化財という形で非常に評価があるというふうにおっしゃってましたから、当然これは、せめていつぐらいまでにこの申請をするという見通しぐらいは立ててもいいんではないかと思うんですが。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 文化財保護審議会と十分協議をさせていただきながら、今後の方向性については定めていきたいというように考えております。



○議長(大林弘明君) 末藤議員。



◆17番(末藤省三君) 竪坑櫓につきましては、財政上の問題がありまして、非常に現財政事情から、見守り保存を行っていくという形で無償譲渡を行われたわけですが、その歴史的文化遺産価値が高いということから、全国的に資金の援助を公募をされたらいかがと。これによって、なおかつ30年も40年も50年も伸びるのではないかと。あなたたちが言われる産業遺産価値という価値観の問題から言いますと、当然そういう努力が必要ではないかと思いますが、その辺のお考えどうでしょうか。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 今後の見守り保存をしていくについては、基準というか要綱というか、そういうものも今定める準備をしてるところでございます。そういう中で、今後いろんな保存の仕方等もあろうかと思います。

 今御意見をいただきましたように、全国から基金を募集をするというようなこともあるかと思いますが、しかしこれはもう、言うならば民間の方々にもそのような企画に、あるいはプランに参画をしていただくというようなこともあるんじゃないかというようにも思います。いろんなことが考えられると思いますので、今後いろいろ研究をさせていただきたいというように思います。



○議長(大林弘明君) 末藤議員。



◆17番(末藤省三君) この竪坑櫓が志免町のものになって、町長はこの説明の中で、町の活性化につながっていくと、具体的にはどのようなお考えをお持ちでしょうか、町の活性化、まちづくりをどのように、この竪坑櫓を生かしてつくろうとお考えでしょうか。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) おかげさまで、この竪坑櫓を取得をさせていただくことができました。また、竪坑櫓だけではなくて周辺の土地もでございますが、そのようなことから、横にも3,000坪からの土地もございます。それから、シーメイトの子どもの広場もございます。シーメイトもございます。そういう中で、志免町のランドマークとして、そしてまた今回いただきました土地あるいはその横にある土地等も含めた、いろんな活性化策があるんじゃないかというように思います。いろいろ皆様方からお知恵を拝借をしながら、今後の計画等については、一番町にふさわしい、そしてまた有効な活用の仕方を模索をしてまいりたいというように考えております。



○議長(大林弘明君) 末藤議員。



◆17番(末藤省三君) 無償譲渡される経過の中で、従来からありましたこの解体費用の問題につきましては、どのようなお話がされてこられたんでしょうか。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 解体費用といいますと、どことということですが、NEDOとということでございましたら、そのようなことはNEDOとは話をいたしておりません。



○議長(大林弘明君) ほかにありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) ないようですので、これで質疑を終わります。

 ただいま議題になっております議案は、お手元に配付しました議案付託表のとおり各常任委員会に付託したいと思いますが、御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 異議なしと認めます。したがって、議案付託表のとおり各担当委員会に付託することに決定しました。

 ここで委員会審査のために休憩とします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜

              休憩 午前10時16分

              再開 午後3時38分

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(大林弘明君) 休憩前に引き続き会議を再開します。

 本日の会議時間は、議事の都合によりあらかじめこれを延長いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 各常任委員長の審査の経過及び結果報告に対する質疑



○議長(大林弘明君) 日程第6、各常任委員長の審査の経過及び結果報告に対する質疑を議題とします。

 大西総務文教委員長。



◎総務文教常任委員長(大西勇君) 総務文教委員会に付託されました4議案について審査の報告をいたします。

 第37号議案粕屋南部消防組合規約の一部改正について、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、粕屋南部消防組合規約の一部を改正するに当たり規約を専決処分するものです。

 内容としては、第12条中「組合長の属する町の収入役」の次に「又は収入役の事務を兼掌する助役」という文言を加える。

 この規約は福岡県知事の許可の日から施行する。

 全員賛成です。

 第38号議案平成17年度志免町公共公益特別会計補正予算(第1号)について、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ28万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5,421万5,000円とするものです。

 理由としまして、地方自治法施行令第148条の規定に基づき、予算は会計年度経過後においてこれを補正することができないので専決処分するものです。

 内容としましては、この制度については16年5月で廃止になっておりますが、分納分と2戸分が残っていたためであり、南里公園台の2戸分と分納の1戸分となっており、これですべて完納ということです。

 全員賛成です。

 第39号議案税条例の一部改正について、地方税法の一部を改正する法律が平成18年3月31日に公布され、平成18年4月1日に施行されることに伴い専決処分するものです。

 この税制改正において3点、次の点を初めとする地方税制の改革が行われております。

 1点目に、個人住民税の所得割の税額を10%(都道府県税4%、市町村税6%)の税率とするとともに、個々の納税者の負担が変わらないよう、所得税と個人住民税の人的控除額の差額に基づく負担増を調整する措置を設けることとした。改正前は、課税所得200万円以下の金額、標準税率は5%、700万円以下の金額10%、700万円超の金額13%、改正後は、課税所得、これら一律となり、標準税率10%となります。平成19年度分の個人住民税から適用されることになっております。

 2点目に、個人住民税の定率減税を廃止する。改正前は、所得税の7.5%相当額、上限2万円、これが改正後は廃止となります。平成19年度分の個人住民税から適用となっております。

 3点目に、固定資産税について、平成18年度の評価替えに伴い、宅地に係る負担調整率については、商業地等の宅地に係る課税標準額の法定上限(評価額の70%)を維持するとともに、平成16年度から講じられている地方公共団体の条例による減額制度を維持することとし、また課税の公平及び簡素化の観点から、負担水準が低い宅地について、その均衡化を一層促進する措置が講じられた。

 以上の3点が今回改正の総括事項であります。

 内容としては、皆さんのお手元に配付しております資料のとおりでございますので、よろしくお願いします。

 一部反対、賛成多数です。

 第43号議案平成18年度志免町一般会計補正予算、歳入歳出予算補正として、総務費1,080万円、民生費165万5,000円は予備費から流用しております。

 内訳として、旧国鉄跡地対策費1,080万円、障害者自立支援等諸費165万5,000円となっております。

 賛成少数、反対多数となっております。

 以上、総務文教委員会の審査を終わります。



○議長(大林弘明君) ただいまの報告に質疑ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 質疑なしと認めます。

 次に、古庄厚生常任委員長。



◎厚生常任委員長(古庄信一郎君) 平成18年度第2回臨時議会で厚生委員会に付託されました4議案の審査の結果を報告をいたします。

 第40号議案は国民健康保険税条例の一部改正の専決処分の承認を求めるものです。

 国民健康保険法施行令の一部を改正する政令が平成18年3月10日に公布され、平成18年4月1日に施行されることと、先ほど総務文教委員長の報告でもありました、地方税法の一部を改正する法律が公布施行されることに伴い、志免町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分であります。

 改正内容の主なものの第1点は、第3条、課税額のうち、第3項の介護納付金課税額の賦課額の限度額を「8万円」から「9万円」に引き上げるものです。第14条も関連して、「8万円」から「9万円」に改正するものです。

 第2点目は、65歳以上の公的年金等控除の見直しが行われてきましたが、激変緩和措置として、段階的に本来負担すべき保険料額に移行できるよう、平成18年度から2年間、保険料の算定の際に特別控除を適用しようとするもので、公的年金等控除に公的年金等特別控除を18年度は13万円、19年度は7万円を設け、合計18年度は28万円、19年度は22万円の減額特例を設けるものであります。

 第3点目は、地方税法の一部改正で、条約適用利子所得等及び配当等による所得があった場合は、所得割額や減額判定のための総所得金額の算定時においても所得に含めるとなったため、住民税の特例と同様に国保税でも取り扱うこととするものであります。

 以上、審査の結果、厚生委員会全員賛成で承認といたしました。

 次に、第41号議案志免町障害程度区分認定等審査会の委員の定数等を定める条例の制定についてを報告いたします。

 本条例は、平成18年4月1日から施行された「障害者自立支援法」の第15条の「市町村に介護給付費等の支給に関する審査会を置く」により、障害者の福祉サービス利用支給決定の中に、2次判定をする審査会の設置を市町村が行わなければならないこととなったため、その審査会を設置するに当たり、委員の定数ほか所要の規定を定める必要が出、提案されたものであります。委員会構成は、障害保健福祉に造詣の深い方で構成されるわけで、整形外科、精神科、内科等の医師とその他の方々から成るとの報告を受けました。

 また、規則については、最終決裁を受ける段階であるとのことであります。

 厚生委員会、全員賛成で採択であります。

 次に、第42号議案志免町総合福祉施設「シーメイト」条例の一部を改正する条例の制定について報告いたします。

 3月議会における18年度予算で、シーメイトのグランドピアノの予算が可決され、設置するに当たり、利用料金の規定を定める必要が求められ、条例を改正するものであります。

 内容は、条例の附則、別表第2その1の映像設備の項の次に、「グランドピアノ使用料・1時間500円」を加える条例変更であります。

 利用料金は小ホールのグランドピアノ利用料を参考に、1時間当たりの額を算定したものです。

 厚生委員会、全員賛成で採択であります。

 次に、平成18年度志免町一般会計補正予算(第1号)であります。

 厚生委員会としては、所管の委員会ですので、第41号議案の認定審査会の委員の定数条例の採決を行い、全員賛成で採択を受け、審査をいたしました。

 内容は、総務文教委員長が先ほど報告されましたので省略しますが、障害程度区分認定審査会委員報酬と費用弁償の補正予算に対しましては、認定作業が支障なく円滑に行われるよう、人選等については十分配慮するよう要請をいたしました。

 また、少数意見として、旧国鉄跡地対策費の草刈り、フェンス予算の額が少額で、事業が行えるのかとの指摘もありました。

 厚生委員会、採決の結果、賛成多数で採択であります。

 以上、厚生委員会に付託されました4議案についての審査報告を終わります。



○議長(大林弘明君) ただいまの報告に質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 質疑なしと認めます。

 次に、熊本建設常任委員長。



◎建設常任委員長(熊本廣君) 建設委員会に付託されました第43号議案平成18年度志免町一般会計補正予算(第1号)、4目国鉄跡地対策費1,080万円、6目障害者自立支援等諸費165万5,000円。

 審査いたしました結果、全員賛成です。

 以上で報告を終わります。



○議長(大林弘明君) ただいまの報告に質疑ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 質疑なしと認めます。

 以上で委員長報告並びに質疑を終わります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7 討論、採決



○議長(大林弘明君) 日程第7、討論、採決を議題とします。

 第37号議案専決処分の承認を求めることについてを議題とします。

 討論を行います。

 反対の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 賛成の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 討論なしと認めます。

 これから第37号議案を採決します。

 本案は承認することに賛成の方は挙手願います。

              〔賛成者挙手〕



○議長(大林弘明君) 全員賛成です。したがって、第37号議案は承認することに決定しました。

 第38号議案専決処分の承認を求めることについてを議題とします。

 討論を行います。

 反対の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 賛成の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 討論なしと認めます。

 これから第38号議案を採決します。

 本案は承認することに賛成の方は挙手願います。

              〔賛成者挙手〕



○議長(大林弘明君) 全員賛成です。したがって、第38号議案は承認することに決定いたしました。

 第39号議案専決処分の承認を求めることについてを議題とします。

 討論を行います。

 反対の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 賛成の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 討論なしと認めます。

 これから第39号議案を採決します。

 本案は承認することに賛成の方は挙手願います。

              〔賛成者挙手〕



○議長(大林弘明君) 賛成多数です。したがって、第39号議案は承認することに決定いたしました。

 第40号議案専決処分の承認を求めることについてを議題とします。

 討論を行います。

 反対の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 賛成の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 討論なしと認めます。

 これから第40号議案を採決します。

 本案は承認することに賛成の方は挙手願います。

              〔賛成者挙手〕



○議長(大林弘明君) 賛成多数です。したがって、第40号議案は承認することに決定しました。

 第41号議案志免町障害程度区分認定等審査会の委員の定数等を定める条例の制定についてを議題とします。

 討論を行います。

 反対の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 賛成の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 討論なしと認めます。

 これから第41号議案を採決します。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の方の挙手を願います。

              〔賛成者挙手〕



○議長(大林弘明君) 全員賛成です。したがって、第41号議案は原案のとおり可決されました。

 第42号議案志免町総合福祉施設「シーメイト」条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。

 討論を行います。

 反対の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 賛成の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 討論なしと認めます。

 これから第42号議案を採決します。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

              〔賛成者挙手〕



○議長(大林弘明君) 全員賛成です。したがって、第42号議案は原案のとおり可決されました。

 第43号議案平成18年度志免町一般会計補正予算(第1号)を議題とします。

 討論を行います。

 反対の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 賛成の討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大林弘明君) 討論なしと認めます。

 これから第43号議案を採決します。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

              〔賛成者挙手〕



○議長(大林弘明君) 賛成多数です。したがって、第43号議案は原案のとおり可決されました。

 これで本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成18年第2回志免町議会臨時会を閉会します。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜

              閉会 午後3時54分



   地方自治法第123条の規定により下記のとおり署名する。



                              平成18年4月25日





                       志免町議会議長  大 林 弘 明





                       会議録署名議員  池 邊 満 男





                       会議録署名議員  野 上 順 子