議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 志免町

平成16年第8回12月定例会 12月14日−03号




平成16年第8回12月定例会 − 12月14日−03号







平成16年第8回12月定例会



1 議 事 日 程(第3号)

   (平成16年第8回志免町議会定例会)

                               平成16年12月14日

                               午 前 10 時 開議

                               於   議   場

 日程第1 一般質問


平成16年第8回(12月)定例会一般質問通告書
番号質 問 者件    名要 旨 ・ 質 問 内 容質問の相手

池 邊 満 男
1.公平性、平等性について

宇美町、志免町衛生施設を吉原地区に建設地として決定された経緯。

 ?吉原地区に建設するにあたって、どの範囲内の町内会に説明又事前協議をされたのか。

 ?迷惑施設(し尿浄化施設)を建設するにあたって地域対策はどのような、対策をとられたのか。

 ?し尿浄化施設から、隣り町内会である水鉛町内会には地域対策(反対給付)をなされ、同じ隣り町内会で距離も近い田富町内会には何もされなかったのはなぜなのか。

 ?地域対策(反対給付)をされたとき周辺地域を見て公平で、平等であるかどうか検討されたのか。

 ?し尿浄化施設から一番近い田富町内会に対して地域対策(反対給付)をされるのか。町長
助役
2.町有地について

リサイクル施設(水車橋横)の土地に関して。

 ?リサイクル施設の移転はどのようになっているのか。

 ?移転後、跡地利用はなにか考えがあるのか。

 ?この場所で長い期間ゴミを野焼きして、周辺地域の住民の皆さんに大変ご迷惑をかけてきました。この広い土地を近くの地域住民の方々に還元できるものを何か考えがあるのか。町長

熊 本   廣
1.第4次総合計画について

志免町総合福祉施設(シーメイト)周辺の活性化について。

 ?旧炭鉱住宅、跡地、地区の整備計画について。

 (1)区画整理はどうなのか。

 ?公共交通機関の利便性について。

 ?ボタ山跡地の活用について。

 ?地域商業の活性化については。町長

学校教育について。

 ?新学習指導要領での週5日制について。

 (1)成果はどうか。家庭、学校では。

 (2)少年犯罪について。

 (3)緊急情報メールをスタートされている所があると聞くが。

 ?校区の再編成について。

 (1)少子化の中で西小学校増築工事の今後について。

 (2)30人学級について。

 ?学校施設の整備について。

 (1)今年は特に多くの台風や新潟中越地震では甚大な被害が出ておりますが、学校施設において耐震調査が16年予算計上されているが進捗状況は。

 (2)学校施設小・中学校校舎が約30年を経過する校舎もあると聞いておりますが、耐力度、耐久度はどうなのか。町長
教育長

吉 田 耕 二
1.学校教育について

中学校教育について。

 ?父兄間において、学校の状況について心配する声が広がっている。学校の荒れに対する対応策の一つとして、外部指導員を派遣するなどして、クラブ活動の活性化を提案してきた。その後どの様な行動をなされたか。

 ?今後どの様に取り組んで頂けるのか。

志免町の歴史的産業遺産を生かした教育の実施について。

 ?荒れや非行を防止するため一つの手段として、今現在生活をしている志免町に愛着と誇りを持つための教育が必要と思うが。

 ?志免町の誇れる遺産である竪坑櫓など炭鉱遺産について、教育委員会としてどの様な意見を持ってあるのか。

 ?その様な産業遺産を題材にして、志免町に対して自信と誇りの持てる教育のさらなる実施に取り組んでは。教育長

野 上 順 子
1.予算編成について

17年度予算編成に対する基本的考えは。

 ?16年度予算も、執行されたもの、されていないものと色々あるようだが、16年度を踏まえこれから17年度予算編成に入られると思うがどう考えられているのか。

 ?福祉・環境・教育について17年度への思いはどの様な所に特に力を入れていくのか。町長
2.子育て支援について

学童保育所の今後の計画は。

 ?今年度予算で東学童の予算化をしていた。しかし今のままで好いとの要望もあり作られなかった。しかし待機児童もあり、必要性はあるのではないか。以前の質問に対し、場所の問題があるが将来的には考えたいとの答弁だった。将来的ではなく早急に作るべきでは。

 ?休み(長期)の時の心配をされている親も多い。休みのときの対応を考えて欲しい。町長
3.福祉問題について

障害者への対応。

 ?障害のある子どもの放課後や学校休業日の過ごし方の問題について、どの様に考えているか。ぜひ志免町でも障害児の一貫した場作りをして欲しいと思うが。町長
10
稲 永 康 人
1.竪坑櫓について

竪坑櫓の所有者について。

 ?独立行政法人新エネルギー産業技術総合開発機構(通称ネド)の所有物か、それとも志免町所有物か、どちらですか。

 ?通称ネドが竪坑櫓を解体するやに聞きましたが本当ですか。

 ?通称ネドが竪坑櫓を解体するやにいっているのに、竪坑櫓周辺の安全対策必要ですか。ネドが安全対策するのではないか。当町は総合福祉施設シーメイト周辺の万全なる対策でいいのではないのか。

竪坑櫓の保存について。

 ?志免町に払い下げになっても莫大な補修費がかかると聞いています。現在、行財政改革の審議がなされている中、資金はどうなされるのか。そういう資金があるのであれば、昨年の7月19日の大水害の被災者に補償してもいいのではないか。

 ?私は竪坑櫓は遺産であっても他人様の物だから関知しない方がよいと思いますが町長の考えは。

 ?竪坑櫓を払い下げてもらったら保存するのか。町長
2.宇美川について

災害に強い宇美川について。

 ?去る11月10日19時より福岡県土木事務所災害事業室河川砂防課砂防事業について説明がありました。その中で、何故今かといったのは昭和48年7月末日の大水害の教訓がどうして活かされなかったのかと言いたかったからです。行政は天災といえば責任のがれになる、被災者は泣き寝入りせよというのですか。

 ?水害によって倉庫にもならない家屋に前年と同等に固定資産税をかける。法で決まっているのですか町長は正当と思われますか。

 ?危険箇所調査報告、県にその都度調査報告しているのですか。町長
3.介護保険につて

第1号介護保険料について。

 ?介護保険料が6段階になったが、65歳以上延べ6段階で負担するので少しは安くなるだろうと思っていましたが、第2号介護保険税最高限度額より第1号介護保険最高額の方が高くなっていますが、このことについて福岡県介護保険広域連合議会では異論又は意見は出なかったのか。

 ?未納者が出るのではないかと危惧されますが、介護保険料未納金については2年で時効になります。その対策は一般会計から補填するのか。税収が下がっているのに一般会計から補填できるのか。町長


2 出席議員は次のとおりである(18名)

  1番  大 熊 則 雄            2番  助 村 千代子

  3番  丸 山 真智子            4番  吉 住 龍太郎

  5番  池 邊 満 男            6番  牛 房 良 嗣

  7番  大 西   勇            8番  西 川 蓉 子

  9番  古 庄 信一郎            10番  吉 田 耕 二

  11番  稲 永 正 昭            12番  大 林 弘 明

  13番  熊 本   廣            14番  二 宮 美津代

  15番  野 上 順 子            16番  稲 永 康 人

  17番  末 藤 省 三            18番  佐 藤   哮

3 欠席議員は次のとおりである(0名)

4 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(2名)

  議会事務局長  長   秀 樹      書記      小 池 邦 弘

5 地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(21名)

  町長      南 里 辰 己      助役      吉 原 清 光

  収入役     上 田 博 昭      教育長     中牟田 修 身

  総務課長    脇 田 義 政      企画財政課長  入 江 信 雄

  環境課長    二 宮 克 美      建設課長    権 丈 和 孝

  上下水道課長  石 川 善 弘      地域振興課長  児 嶋 賢 始

  学校教育課長  緒 方   博      税務課長    安河内   勇

  社会教育課長  長 澤 利 信      福祉課長    世 利   章

  子育て課長   堀 内 善 之      健康課長    木 村 俊 次

  住民課長    山 本 万司子      上下水道課参事 入 江 勝 利

  福祉課参事   田 村 秀 一      宇美川対策室長 世 利 茂 春

  総務課長補佐  安 田 豊 重







            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜

              開議 午前10時00分



○議長(大林弘明君) これより本日の会議を開きます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 一般質問



○議長(大林弘明君) 日程第1、一般質問を行います。

 順番に発言を許します。

 5番池邊議員。質問時間45分です。

 池邊議員。



◆5番(池邊満男君) 通告しております順序に追うて質問をしていきたいと思います。

 まず、町長初めとして二、三人の方々にお聞きしたいことがあるんですが、行政を行っていく上で基本となります、基本になるかどうか知りませんけども、公平性、平等性を基本として、住民サービスに当たっておられるのかということで、私は住民サービスに当たっていくためには、公平であって平等でなからないけないということを私は常々思っておりますが、二、三人の方にそのことをまずは聞きたいと思います。まずは町長から。



○議長(大林弘明君) 答弁を許します。

 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 行政を執行をさせていただきます上で、最も重要なことは公平性あるいは平等性にかんがみて、そのことがいいのかどうなのかということを基本に執行をしていかなければならないというように基本的に思っております。



○議長(大林弘明君) 池邊議員。



◆5番(池邊満男君) 上田収入役はどう思われますか。



○議長(大林弘明君) 上田収入役。



◎収入役(上田博昭君) 公平性、平等性につきましては、私たち公務員のまたは行政を執行する上からおいても、基本的なものだろうということで考えております。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 池邊議員。



◆5番(池邊満男君) 今町長と収入役から基本的なことを話されましたので、これを念頭に置いて、質問に出していることを順次お尋ねをしていきたいと思います。

 この質問は、過去2回ほどしてますが、もう2回したとはあのときこう言ったやないかということは別として、それは言うつもりありませんが、きょうは新たな気持ちで質問をしたいと思っております。

 吉原地区に建設された例の衛生施設のことでありますが、その経緯を、私たちが一般町民でおるときの話も含めて、吉原に決まった経緯を詳しく説明をしていただきたいと思います。というのが、倉石跡地にしたらどうかと、その後に南里今の運動広場といいますか、そこの町民センターの横の町民広場といいますか、そこで建設をしようという話があってたと思うんですが、その契約というか協定を結ぶあしたが協定を結ぶ、契約かどっちか知りませんけども、そういう話があって、一晩でその話が変わったということでお聞きしております。それから吉原に行ったということでありますが、今言ったように、細かく説明をいただければと思っております。



○議長(大林弘明君) 二宮環境課長。



◎環境課長(二宮克美君) 御説明を申し上げたいと思います。

 この吉原地区に決まった経過でございますけども、まず第1点はし尿処理をしておりました福岡市が、平成12年度末をもって海上投棄をやめるということでございました。そして、陸上処理をするという方針を決定されております。

              (5番池邊満男君「それ海上投棄のこと」と呼ぶ)

 海上投棄から陸上処理に変わっていったということでございます。そういうことでございまして、し尿処理施設の建設が急務となったわけでございます。そこで、最終処分場を持って、なおかつ同じくし尿処理を福岡市に委託をしておりました宇美町に、平成8年11月18日に清掃施設処理などを共同提携について持ちかけをしております。ただ、そのときに、これは志免町のごみの焼却灰及び不燃残渣の最終処分をするという関係もあったんですが、期限を平成9年8月末とされております。それから、当初から3カ所、先ほどにおっしゃいました吉原地区、それと町民広場、それと総合公園というふうに聞いとるんですが、そこを候補地と指定しておったんですが、地権者との協議が調った吉原地区を現地域を候補地として決定をいたしております。

 一応経過については以上でございます。



○議長(大林弘明君) 池邊議員。



◆5番(池邊満男君) その南里に決まっとって、そこを解約といいますか、そこを地権者が反対されたと。地元から反対されたと。一晩で変わったという話を聞きますが、その内容がわかれば教えてもらいたいと思うんですが。



○議長(大林弘明君) 吉原助役。



◎助役(吉原清光君) 町民広場候補地について、一晩で変わったというお話ということでございますけれども、私も詳しくは存じ上げてないんですが、地権者の方々が突然といいますか、この地に建設することは許せないというような話を持ちかけられて、できなくなったというふうに聞いております。



○議長(大林弘明君) 池邊議員。



◆5番(池邊満男君) 要するに、一晩で変わって、その変わった内容は前町長と前助役が知っとったかなということでしょうけども、ただそれをどうするかということで、今も話がありましたように、9年の8月末までごみを焼いた灰を海に捨てる更新契約ができないということが、非常に強いどっかないやろかという気持ちで探されたのであろうとは思います。思いますが、それをわらにもすがりたいという気持ちから、あらゆる方法とられたと思うんですが、その吉原地区にその場所を選定されながら、非常に強い、物すごい強い反対運動がありましたよね。その中で、ましてや吉原に建設すればできたということでありますが、その反対されている人たちのグループは私も知ってますけども、その対策ですね、どのような対策をとられたのか。教えてもらいたいと思います。



○議長(大林弘明君) 二宮環境課長。



◎環境課長(二宮克美君) その対策でございますが、平成9年5月26日に吉原、同年6月2日に水鉛の町内会で、両町内会で説明会を開催しております。しかし、6月20日の日に浄化センターの建設反対の陳情書が出されております。そして、27日には吉原環境を守る会が結成をされております。そこと協議を続けてきたわけでございます。

 その後、条件協議に切りかえをされております。町は条件を提示をしております。その条件を申し上げますと、8つの項目がございます。1つは、吉原地区の活性化を目指すということ。それから、都市計画道路これは志免・宇美線でございますけども、そこの地域の期待に添うよう積極的に取り組むということ。3点目は、吉原町内会区域の公共下水道の早期の実現。4番目は公民館運営費の助成をしております。これは吉原と水鉛でございます。5項目めが吉原地域の活性化整備基金条例の制定、これは平成9年から10年間2,000万円を積み立てるということでございます。それと、6番目が下水道受益者負担金の減免、これ200平米を限度といたしておりますけど、減免を行うということ。それから7番目に、近隣の3世帯は特別下水道受益者負担金の減免。それから、8番目に監視委員会の設置ということでございます。

 7月19日には先進地の視察をされてる。7月26日には役員会に一任をされております。そして、協議に入りまして8月30日に協定を締結したということの対策と経過でございます。

 以上でございます。



○議長(大林弘明君) 池邊議員。



◆5番(池邊満男君) 今協定書を大体かいつまんで話されたようですが、その協定書はここも私は吉原とも水鉛のとも持っとうとですが、これは前段であって、今から少し突っ込んだ話をしていきたいと思います。

 じゃあ、水鉛町内会、公民館はどういった内容の反対運動をされたのか。吉原強い反対運動されてます。それを教えてください。



○議長(大林弘明君) 吉原助役。



◎助役(吉原清光君) 私が記憶している限り、水鉛地域の方々の反対運動というのは、私の記憶にはございませんですね。



○議長(大林弘明君) 池邊議員。



◆5番(池邊満男君) 水鉛町内会は反対運動されてないんですよ。反対署名はしてあるんですよ、署名は。そうすると、じゃあ建設地のすぐ横である田富は、何で説明会なりこういったことがありますと、協力願えませんでしょうかといった説明会あるいは協議をどうしてなされなかったのか。私はそこなんですよ、ポイントは。私はこのとおり反対給付をしてくれという質問しよっちゃないとですよ、根本的には。吉原地区は、吉原町内会吉原地区関係は当地でありますので当然のことでしょうけども、水鉛と田富とどう違うんですか。そこを言ってくださいよ。



○議長(大林弘明君) 吉原助役。



◎助役(吉原清光君) 昨年度一般質問でもお答えしたかと思いますけども、地域性ということを主体的に考慮すると、これが前提で反対給付と申しましょうか、そういう交渉のテーブルに着く対象として定めた。どう違うのかということでの御質問ですけれども、やはり昔から田富地域、吉原地域という地域の一体性、それぞれが持っておったというふうに思います。そういう意味から、吉原地域に建設するということで、一つの判断材料となったと。田富は田富地域として、何かそういうものがあれば田富地域として対策を講じるということになろうかと思いますが、そういったことで吉原地域ということでの判断であったというふうに思っております。



○議長(大林弘明君) 助役、答弁は質問に答えてないよ、今の答弁。

 池邊議員。



◆5番(池邊満男君) じゃあ、へりくつかもわからんけど、桜丘も吉原地区ですよ。大字吉原ですよ、桜丘も、そうなればね。私は田富地区にそう何もなしじゃ、反対署名は調べてみますと何人かの人が書いとります。反対署名はしてますよ。してるけど、やっぱり未だにくすぶるんですよ、だから。今田富地区にやっと下水が入ってきた。直接自分の懐に響くもんですから、どうしてもそういう話があっちこっちから出てきだしたわけですね。受益者負担金の問題ですよ。今二宮課長が言よったこの関係ですけど、宅地面積のうち200平米を限度として下水道受益者負担金を減免すると協定書に書いてありますよね。これは、浄化センターの場所からコンパスできゅっと、田富で一番近い家を基準として円形を書いて、ほたら水鉛はかかってないんですよ。田富はかかっても。ましてや吉原言いません。いうならば、原鹿雄さんとこも個別優遇されてますけども、ここも287メーター田富で一番近いところが287メーター、これは児島課長が大分前、2年ぐらい前につくってくれたものですよ。私は、説明会とか何か声をかけとけば、そんときにもう田富は川の向こうやけいいですよということであって、了解を得とれば私言いませんよ、こういうことを。基本的にやっぱり冒頭町長と収入役が申されましたように、冷静な判断、公正的なじゃあ田富は何も言わんやろかとか、そのときは助役は総務課長だったろうと思いますけども、その上に助役と町長、前がつきますが、その判断の仕方と申しましょうか、実際一時は何も言よらんたっとですよね。しかし、もう田富にどんどん下水が入ってきたと。早速受益者負担を払わないかんと。こういったところでやっぱりどうなっとうとなと聞かれれば、私もこれは本当一般質問の下の下の質問しようとですよ、はっきり言うて。あんまり私も好きではありません、こういう質問は。町長何か感ずるところのあれば、ちょっとおっしゃってください。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 前回の池邊議員の同じような質問のときにもお答えしたと思いますが、私どもが町を運営をしていく上で、非常にいろんな面があるわけでございますが、そういう施設をどこの地域の皆さん方に負担をしていただくのか、また迷惑をかけるのかということでは本当に大変なことでございます。言いますならば、そのために感謝の気持ちを込めて地域の方々にいろんな給付をさせていただいておるというように思います。補償といいましょうか。しかし、その当時のことでありますので、私もその当時のことに言及することはできませんけれども、その当時のいろんな判断のもとにこのような協定がなされ、その地域の方々にいろんな感謝の気持ちとしての補償をさせていただいたんじゃないかと思います。

 そのようなことで、その周辺あるいはいろんな距離的な問題等考え合わせますと、どちらが近いのかとかというような議論もあろうかと思いますが、先ほどから申し上げております大字吉原という観点からというような判断がなされたんじゃないかと思いますが、今田富地域の皆様方がうちも近いのになぜだろうかというような思いをなさるのは当然じゃないかと思います。しかし、その当時は当時なりにいろんな調整が図られてこのようなことがなされておるんじゃないかというように判断をいたしますので、どうかそのあたり御理解を賜りたいというように思います。



○議長(大林弘明君) 池邊議員。



◆5番(池邊満男君) 実は、今年の10月14日の日に浄化センターの鐵艸局長のところへ田富の方からにおいがすると、臭いということで連絡があったそうです。私知りませんでした。鐵艸局長から電話がありまして、池邊議員知ってありますかと言う。何事なと言うたら、こうこうで田富の方からこういう苦情が出とると。おたくの方に連絡ありましたでしょうかて。おれは知らんよってこう言いました。後で詳しく聞きましたところ、田富から役場に職員として来とる、ここに来てる人からの電話で、そっちに苦情がいっとったらしいです。臭いとか時々西風が吹いたときにはちょっと臭いですということで、私は後から聞いたんですが、それで少し調べたら、後事でありますので現在もそのとき臭かりゃ別ばってん、そういうことで、そういった報告も聞いてますし、まずいなと思いながら思っとったんですが、これはもう鐵艸局長に確かめてもらったらわかると思いますが、そういうことで、町長もうこれは反対給付といいますか、吉原並みとか水鉛のどうのこうのじゃなくて、結局幾らかでも田富に対して反対給付をするのか、しないのか、もしくは検討しましょうと、その3つの中から即答できるかどうかということを町長から聞いて、次の質問に移りたいと思います。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) まことに申しわけございませんが、事後の反対給付については私はできないというように考えております。



○議長(大林弘明君) 池邊議員。



◆5番(池邊満男君) 次の質問に移ります。

 リサイクル施設の水車橋の横の土地の件に関してですが、これは志免町志免大字志免1638番地−1、これ間違うとったら言うてください。1638−1、面積1万320平米、約3,127.3坪のことをちょっとお尋ねしたいんですが、これが今議会で101号議案で出てますので、ちょっとやりにくいかなと思ってますが、それは避けまして、この宇美と志免のリサイクルの広域でやろうということの関係でちょっとお聞きしたいんですが、13年3月議会で宇美町・志免町衛生施設組合の規約の変更に関する協議について、今度の101号議案によく似たとこもあるんですが、その議案上程されて、全員賛成でここで可決されています。それから約10年と3カ月たってるわけですね。そのときの議案のこれは議事録から、町長が提案理由の説明からしてあるんですが、組合の運営に関して幅広く意見を求めるため、議員定数を増員する必要を生じたので、自治法第290条の規定に基づいて議会の決議を求めるものであるということで議案上程されてます。

 それから、今言いましたように、3年10カ月の間なかなか宇美と志免との話し合いがつかず、やっとここまできたんですが、101号の別表2に示されとうこと、初日の日に同僚議員からもこれに対するちょっと意見も申されておりましたが、解体費用の分がいろんな問題ができたかなと、これを宇美町で単独でやるということがこれはよかったなと思うんですが、その間の町長も一部組合の宇美・志免衛生施設組合の組合長されとる関係上、3年10カ月おくれた理由といいますか、やっぱりなるたけ早くあそこの今リサイクルセンターを使ってるところを早く更地というか、別な用途で使えるようにしたいなという私個人的な意見持ってますので、ちょっとお尋ねしたいと思います。



○議長(大林弘明君) 池邊議員、ちょっと外れかけよるけん、用心して発言してください。

 南里町長。



◎町長(南里辰己君) この宇美・志免のリサイクルプラザ建設に関しましては、宇美町との連携というのが非常に大事なポイントであるというふうに思ってます。もちろん組合ですから当然のことでございますが、そういう中で、宇美町さんにおけます焼却場の解体等そういうことに関係いたしまして、時期的なものがかなりずれてきたというふうに思っております。



○議長(大林弘明君) 池邊議員。



◆5番(池邊満男君) その移転後のいずれは今現在使ってるリサイクルの事業はどっかに移せるものだと思ってますので、その跡地利用を何とかもうそろそろ私たちも工学的な考え方から検討してみてはどうかという気持ちが私自身ありますので、あそこは御承知のとおり立花寺北の都市高速からおりてきてすぐ間もなくですが、南福岡方面から来る場合は、一番真っ正面の玄関先に当たるような土地であって、そういった場所にフェンスがしてあって、植え込みが植えられて、何があるのかわかりません、今は。建物がちょっと見えて、私たちはリサイクルであそこの不燃物の処理を作業されてるちゅうことは知ってますけども、そういった場所で、町有地でありながら何とか利用はできないものかということで、将来は町長も考えてあるとは思いますけれども、私はここで一番言いたいのは、30年来から前、前々町長時代から、あそこで夜中空が真っ赤になるぐらい野焼きして、昭和三十何年ぐらいからあそこは燃やして、非常に地元の人に風向きによっては洗濯物が汚れたとか、サッシの網のべたべたになったとか聞いておりました。そういう関係で、地元に還元できる、近くの人たちが今までは非常にあそこはごみ焼いてから、もう臭うしてから往生しよったと。

 しかし、憩いの場といいますか、私は箱物つくれって絶対言いません。箱物じゃなくて、いいものを何とか。きのうも牛房議員から申されましたように、芝生を張ったらどうかとか、寝ころんで遊べるようなとこつくったらどうかとか、私自身はそう思っているんですが、あそこは今川のすぐ横でもあるし、今度河川の改修もしますので、宇美川を再検討しながらあそこを使って、そして今までごみを焼いとった衛生センターも含めて、やっぱり大きな目線から何か地元に還元というか、地元の人は今まで臭い目遭うて、ダイオキシンかぶりながらどうのこうのって言われながら、今まであれしとったでよかもんつくってもろうたなというような、ましてや向ケ丘団地には数十本の桜の木の志免一の桜が咲くとこでもありますので、何か考えてもらいたいなあということを思っております。これは、水車橋の土地のこと言いましたですけど、リサイクルのことも言いましたけども、早くリサイクルのあの施設をどっかに移転してもらって、早く新しい姿を今まで辛抱された方々、年寄りの方ですが、辛抱された方々にお返しをするという意味から、何かいいものを計画をされてはどうでしょうかということでお話ししているんですが、町長それに対する何かあればおっしゃっていただきたいと思います。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 水車橋のところにございます以前野焼きをしておったところ、不燃物並びに焼却灰等今までの本当にごみの歴史を物語るようなものをあそこに埋めさせていただいてます。その関係で、周辺部を遮水壁で囲いまして、地下水が周囲に流れないように、それから下の方は岩盤がありますので、岩盤まで遮水壁を到達させてますので、その地域の水がほかに流出しないように、それから一つは上にアスファルトを張りまして、上らか水が浸透してこないようにというようなことで、言うならば包み込みをした地域であると思います。そういうことから、後の利活用につきましては、いろんな障害というかあるんじゃないかと思いますけども、そういう跡地利用につきましては、周辺地域の皆様方の要望を取り入れながら整備を図りたいというように考えておるわけでございます。



○議長(大林弘明君) 池邊議員。



◆5番(池邊満男君) これで終わります。



○議長(大林弘明君) 池邊議員の一般質問を終わります。

 次に、13番熊本議員。質問時間30分です。

 熊本議員。



◆13番(熊本廣君) 通告に従いまして一般質問をさせていただきます。

 ちょっと風邪ぎみでございますので、お聞き苦しい点があるかと思いますけども、よろしく御了承お願いしたいと思います。

 まず、13年度に第4次総合計画ということで策定がなされておりますけども、この志免町の総合策定計画は、ひもといてみますと、昭和46年に第1次総合計画が策定され、次に56年に第2次、それから平成3年に第3次が策定されまして、平成8年これ私がちょうど7年から議員になりましたけども、8年に第3次の後期の計画が策定されております。それから、平成9年志免町土地利用計画提言書というものも策定し、また13年度に第4次志免総合計画の策定。それで、14年度に炭住街住環境整備調査分析業務報告書、そういうなるものがいろいろこの旧炭鉱跡地等の区画整理についても詳しく書いておられます。これはすばらしいいろいろ今後の志免町におきまして、志免の本当の昔の全盛のころの志免町といいますのは、やはり国鉄の炭鉱時代は粕屋、須恵、宇美、遠くからは香椎からでも買い物に、志免町に来られたような形跡もあるわけでございますので、その中で町長も今後はシーメイトを志免の核にして、志免町の福祉、環境、教育が結び合う志免というような志免らしさの創出を目指して、長期的な問題を提起しておられるとこでございますけども、いろいろ計画はされておられますけども、その後同僚議員も6月の一般質問に出されましたけども、一つも志免の奥座敷言いましょうか、炭住街はシーメイトができて以後はその別の関係は何も発展性がない。計画書は、今言いましたように10冊程度もいろいろの面でいい試行的なことも書いてありますけども、何も前進がない。今一般の業者でも、土地が足らんということで、農家でももう早う資産運用で田んぼ減らしてビル建ててくださいというようなことをどんどん農家の方に回ってきよります。

 しかしながら、もしそういう情勢なら、私は今一度その志免炭鉱の跡を再開発するというような昔からの基本があれば、なぜそういうふうに一歩でも二歩でも前進しないのか。それはいろいろな障害あると思います。もう39年に閉山して各人に払い下げしたけ、それはできんばいということもあるかもしれん。しかしながら、中ではやはり大西議員の発言のありましたように、遠くまで行ってそして了解してもろて崩して、やはり防犯、防災そういう関係からでも、いろいろな面でもしていくことがたくさんあると思いますけども、その後同僚議員の6月の質問からどのように整備計画、またその後についてはどういうふうなお考えか、町長にお伺いしたいと思います。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 炭住街住宅環境整備調査を過去に行っておりながら、その後の進捗状態についてのお尋ねであろうかと思います。これ先般大西議員からも同様な御質問がございました。私どももそういう調査報告に従って努力をしていきたいというふうに考えて答弁をいたしておりましたけれども、その進捗状況につきましては担当課の方より説明させたいというふうに思います。



○議長(大林弘明君) 権丈建設課長。



◎建設課長(権丈和孝君) 6月以降の進捗状況ということで御質問でございますが、今のところ進んでおりませんけども、できる箇所から側溝の整備等は行ってきております。区画整理につきましては、今のところまだ着手はしておりません。

 以上でございます。



○議長(大林弘明君) 熊本議員。



◆13番(熊本廣君) 閉山してもう四、五十年なると思いますけども、何も寂れていくばかりで、あそこ通るときに何かむなしいような気もするわけでございますけども、この県道沿いは何度か新しい道も来ながら、志免町ももうなかなかやなというような感じておりましたけども、いざ今度シーメイトが建ち、そしてダイヤモンドシティができ、よその町からどんどん追われるような立場で、何か追い越されていくような、取り残されたような気持ちがするわけでございますけども、その点私は地域の御理解もなけりゃないかんと思いますけども、そういう区画整理でもモデルでもつくって、やっぱりしていく価値はあるんじゃないかなというふうに考えております。特に今東区町内会が33組合あるようでございますけども、今の公民館の周辺の桜町ですか、旧、それの桜町の集会所なんかもう薄暗くて、何か本当に嫌だなというような感じがするわけでございますけども、何かそういうとこから一つずつ片づけていくとか、何かそして話し合いもって土地の区画整理図面つくって、こういう利点もあるとですよと。そして駐車場もとっていいとですよと、そういうふうな動きを少しずつやっていけば、何かこう33町内会もああそんならおらちも何とかしようかというような気持ちになれるんじゃないかというふうに考えておりますが、そん中でやはり私は今後の志免の発展はここの発展しかないと。この旧北区、中央区、この地域が発展しないことには、志免はもう発展する余地がないんじゃないかというふうにまで言いたいほどです。というのは、大変かもしれません。しかしながら、それをみんなで理解し合ってしていかんと、これは表は何かえらいことよかばいと、志免はいいばいと思ってますけども、横か攻められ裏から攻められ、真ん中はもう廃墟と化した住宅でも活気のないような町、そういうふうなことを言えばちょっと過言かもしれませんけども、そういうふうに僕は感じております。ですから、今後そういうふうな区画整理でももしでき得るんであれば、小さな組合からでもしていただきたいというふうに考えております。

 次に、公共の交通機関の利便性についてということで上げておりますけども、これは志免の勝田線が大体僕のあれでは昭和64年ごろに廃止になったかと思います。それから20年ぐらいですかね、いろんな町の方もいろんな面で地下鉄の延長とかいろんな面でも努力をされておりますけども、これも先輩の方からこういう提言がいただきました。志免の炭鉱には引き込み線があるじゃないかと。酒殿から志免駅まで。その中であとは須恵川に鉄橋を敷いて、そしてその中でも日本コンクリートですか、それとナフコあたりももう土地は国の方売ったか交換したか知りませんけども、その駅の道ぐらいは何とか相談して、何とかこの東区の公民館ぐらいまでは引っ張ってこられんやろかというような普通じゃ考えられんかもしれませんけども、ぜひともそういう開発でそういうことも思い合わせて思うとりますが、その点についてはどのようにお思いでしょうか。



○議長(大林弘明君) 建設課長。



◎建設課長(権丈和孝君) 勝田線廃止後の東区の交通の利便性ということでございますが、多分言ってある酒殿からの引き込み線の件だろうと思いますけども、その件につきましては、大変有効な手段だと思いますけども、現在の財政面また用地等につきまして大変困難な用地の問題がございまして、建設には大変困難ではないかと思っておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(大林弘明君) 熊本議員。



◆13番(熊本廣君) もう大変ちゅうとははなからわかっとうとです。はなからわかっとうとですけども、いろんな面でそこんとこをやはり須恵町それから特に粕屋町にお願いしまして、そしてそういう輪を図りながら、やっぱりお願いしながらこれも一つの隣組のつき合いじゃろうと思うてですよね。粕屋じゃ特に7つも駅のあるというふうに聞いておりますけども、志免は1つぐらい協力して何とかしてくれんですかと、そういうふうな町と町のつき合い、そういうことも大切じゃなかろうかというふうに考えております。いろんな面で糟屋郡も南、中、北ありますけども、やはりその隣の町はそういう意味では仲よくしながら助け合うていかないかんし、またその次に上げてますボタ山のことでもしかりでございます。そういう面では、何か表ばかりのつき合いじゃなくて、一歩進んだつき合い、もう一歩したお願い、そういうことを先にダイヤモンドシティでも来られた以上は、やはりそういう面でいろんなもの商業の活性化についてもそうですけども、やはり守るべきは守る、それから一緒にするときは一緒にすると、そういうことをしていかないと、志免はただ住宅地ばっかりで、後は学校にも金が要るし、いろんな老人医療、国保も要りましょう。ですから、そういう面ではもう少し今後前向きに考えたらどうでしょうかというふうな提案をしたいと思いますが、どうでしょうかね、町長。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 公共交通機関の利便性というお尋ねでございまして、なかなか予測が難しかったわけでございますけども、そういう今いろんな内容を御説明になりましたので、そのことに照らし合わせながらお答えをさせていただきたいと思いますが、シーメイトをつくらさせていただきまして、東区のあのあたりに一つの大きな光をという思いがいたします。ところが、その周辺にはまだ旧態依然とした地域があるじゃないかというような御指摘でございます。炭鉱住宅につきましては、東区とそれから別府と志免町では2ヵ所あるわけでございますけども、そこの整備ということについては、本当に私ども心痛めておるところでございます。区画整理というのは、なかなかこれ難しい問題がございますが、言いますならば、炭鉱住宅の地域の方々のその住宅が個人所有になっておる。そしてまた改造等も、改築等も含めてもう既に進んでおるとこもある。それから、道路に関係するところが非常に少ないというようなことから、なかなかこれを区画整理と一言で片づけるわけにはいかないわけでございます。

 そういうところから、先ほど御提言があっていますように、また以前大西議員からも御提言がございました。防災上の観点からいろんなそういう空き家等あるいは周辺に迷惑がかかるであろう、そういう世帯等については買い取りをさせていただいておるところでございます。これをもう少し進んでいきますと、どこかに一つの場所ができれば、順次繰りかえができるんじゃないかなと、そういう思いもいたしておるところでございまして、別府の方とそれから東区の方と、そういう観点から何とか切り口をあけないことにはそういう整備はできないということで、実は私どもこの一般質問の通告を受けましてから、地域振興課並びに建設課、関係各課寄って、もう少し積極性を持ってやろうじゃないかというようなそういう檄を飛ばしたところでございます。そういうところの住宅整備もさることながら、公共交通機関等引き入れるような対策をしてはいかがかというようなお話でございますが、もちろん酒殿線の話もございますが、まずは私は地下鉄が空港まで来ておりますので、その空港まで来ておる地下鉄を何とかこちらの方に引っ張ることはできないかという思いをいたしております。またそれに渡辺代議士も後押しいただきまして、近々福岡市長と会談をさせていただく、そういう段取りになっておるところでございます。また、熊本議員も福岡市の議会の関係、市議会議員の関係から、地下鉄延伸についてというようなことで御要請もしていただいております。いろんな人脈等を使いながら、福岡市に隣接する志免町として、志免町の将来につながるようなそういう公共交通機関のこちらの方に誘致をすると言いましょうか、引き込むということに対して情熱を傾けていきたいというように思ってます。そのときにこの酒殿線の問題等も出てくるんじゃないかと思いますが、まずは地下鉄空港線を博多の森競技場まで、その次に言うならば今お話に出ておりますそういう志免町の中心部に何かポイントが引けないだろうか。それから、宇美、須恵志免の関係がございますので、周辺地域とのいろんな関係、そのような観点から、福岡市の方にも要請をしてまいりたいと思います。

 しかし、さらに、今公共交通機関としては、西鉄バスが開通、巡回をするようになりまして、地域の皆様方の今までの状況とは違うようなことになっているんじゃないかというようには思いますけれども、さらなる利便性ということでございますので、そういうことも踏まえながら、今後福岡市さんと交渉をさせていただきたい、またお願いをさせていただきたい、また地域等挙げてそういう運動に取り組んでいきたい、そういう思いをいたしております。



○議長(大林弘明君) 熊本議員。



◆13番(熊本廣君) 今シーメイトの建設にもたくさんの予算を使って今成果を一生懸命上げておられますけども、本当ならば、ちょっとまた逆戻りしますけども、シーメイトの倉石跡地は、前の町長の構想では、炭住街を社宅をみんなあそこにビルにして、そして志免をもう少し広く利用したらどうかというような案もありました。しかしながら、それがついえた以上は、今後はやはりそういうふうなミニでも、そういうモデルケースでもつくられて、そして皆さんに事実を示せられて、皆さんの了解を得てもらいたいというふうに考えております。

 続きまして、ボタ山の跡地の活用でありますけども、これはもう見ればボタ山じゃないなというようなふうに変わってきておりますし、また、このボタ山、3町でつくっております国鉄志免炭坑ボタ山開発推進協議会というふうなことで、16年度で約1億円ぐらいの積立金があるように聞いておりますけども、いろんな面でもう緑もある程度生えたし、遊歩道とか、山登りのコースとか、何かもう少し3町で話し合って利用すればどうじゃろうかというふうに考えます。ある町では、階段1段1段をみんな寄贈してもらって777段ぐらいつくっている町も視察もしてきましたけども、そういうこともやはり3町で一緒にしようやと、何かそういうただボタ山じゃなくて、そういう前向きなことも提言しても、僕は3町の中でもいいんじゃないかというふうに考えますが、今後ボタ山に関してはどのような活用か利用があるかと思われますか、町長に一度お伺いしたいと思いますが。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) これはもう議員も御存じのとおり、ボタ協というのは、志免と粕屋と須恵、3カ町の共有のものでございます。また、ボタ協の委員でもあるんじゃないかと思いますが、ボタ山の開発、あるいはボタ山の運用等につきましては、そのボタ協の中で論議をすることではないかなというように思います。

 ただ、志免町が今言うならば一番近いところにあるわけでして、いろんな期待もあるわけでございますが、過去にも経済が活発なころはいろんなプランが計画をなされましたけども、こういう時代にあれをさわるのはどうなのか。言うならば、一番問題なのは、ボタを持ち出す、搬出をするということがいかがなものか、でございました。しかし、今の提案ですと、何かそういう現状のまま活用してはどうかというような御提言のようでございますが、それはまたボタ協の方で御議論いただければというように思いますが。



○議長(大林弘明君) 熊本議員。



◆13番(熊本廣君) 町長の答弁ももっともだと思いますけども、私はまず、宣伝しちょるんじゃございませんけども、もう志免はこの本通り、裏通りですか、これを開発せんことには発展がないと思うとですよ、何度も言いますけども。私は、この中で竪坑は触れませんでした。といいますのは、町長は、町政報告で竪坑のことで云々という町政報告がありましたし、また、今後5人の同僚議員が竪坑については詳しく議論がなさろうと思いますけども、総体的に私は、志免の炭坑としてと、前からこういうふうな総合計画の中でうたい上げて、つくり上げてきたことなら、それはやはり早急に判断せないかんし、もっと前に総合的に開発せないかんというか、そういう答えは出らないかんというふうに考えておりました。

 そこで、何度でも言いますけども、やはりこの地区のこの地域の環境整備が今後の志免町の発展のかぎを握っていると言っても過言ではないというふうに考えております。交通問題、それから炭坑跡地、炭住街、ボタ山、そして竪坑も一体的に総合的な視野の観点から、この地区、地域の環境整備、その取り組みが今後志免町の前進の一歩になる、発展のかぎになるのではないかというふうに考えまして、このここの質問を終わりまして次に参りたいと思いますが、よろしいでしょうか。



○議長(大林弘明君) はい。



◆13番(熊本廣君) 次に、この総合計画の中でも学校教育は三本柱の一本ということで大変重要な問題でございまして、同僚議員もいろいろの面で角度から一般質問をされておるわけでございますけども、新学習指導要領で2学期制ですか、それと、ここに僕は週5日制も書いておりますけども、それについての成果はどんなふうかというふうにお聞きしたいというふうに考えています。2学期制については、始まって1学期終わったぐらいでいろんな面でこういうことも出して、わかりやすいようにしてありますけども、メリット、デメリットはあると思います。それから、5日制に関してもございますので、その成果なり結果なりを御報告をお願いしたいと思います。



○議長(大林弘明君) 緒方学校教育課長。



◎学校教育課長(緒方博君) 学校週5日制の成果ということで、家庭、地域につきましては、全国的に次のようなデータが上がっておりますので、それを説明させていただきたいと思っております。

 子どもたちの半数以上が毎週土曜日が休みになってよかったと好意的に受けとめている一方、3人に1人が休日にすることがなくてつまらない、2人に1人が学校や家ではできない体験をもっとしてみたいと感じており、子どもたち自身にも体験活動等への意欲がある様子がうかがえます。また、保護者の半数近くが友達と遊ぶことがふえた、親子で一緒に過ごす時間もふえたなど、完全学校週5日制により、子どもや家庭に変化があったと感じています。しかし、保護者の中には、子どもが何もせずに休日を過ごすことが多くて困っている、有意義な休日の過ごし方がわからず悩んでいるなどの不安や悩みも読み取ることができます。一方で子どもの休日の過ごし方に配慮している保護者ほど、完全週5日制実施後の方が充実していると評価していることが明らかになっています。さらに、地域の人たちとの触れ合いが多い子どもほど地域活動への関心や日常生活への充足感が高い傾向が見られています。

 このようなことから、今後完全学校週5日制が子どもたちにとって本当に有意義なものとなるためには、地域の受け皿づくりも含めて家庭や地域の教育力をさらに向上させる必要があると考えております。

 本町におきましては、社会教育課を中心に生涯学習の観点から、小・中学生を対象としたジュニア講座を開設し、毎週土曜日に活動をしています。また、本年度は県の子ども会育成会の補助金を受け、西小学校を中心によさこい踊りを教える地域子ども教室等を開催しております。

 また、学校の成果ということにつきましては、次のようなデータが上がっております。

 子どもたちの学習活動の変化について、家で勉強するようになったに対しては2割前後、ゆとりの中で学校での授業や学習内容により関心を持つようになったに対しては、15%前後の保護者が、そう思う、あるいはどちらかというとそう思うと回答しており、学年間で結果に違いが見られていません。また、学習塾に通うようになったり、通う回数、時間がふえたりしたについては、学年が上がるにつれて変化があったと回答した保護者が多くなるものの、そう思うと、どちらともいえばそう思うを合わせて1割に満たないという結果が出ております。

 このようなことから、今後もさらなる完全週5日制の充実を目指した取り組みが必要であると言えます。さきにも述べましたが、ゆとりの中で学校、家庭、地域社会が相互に連携しつつ、子どもたちに生きる力をはぐくむためには、学校の教育活動が、土曜日の子どもたちの自然体験や社会体験につながることが大切であり、総合的な学習の時間を中心とした取り組みを充実させることが必要です。本町でも各学校で総合的な学習の充実を図り、土曜日を有効に活用した課題解決が見られるようになりつつあります。夏休み期間中に行われました環境フェスタ・イン志免における発表や秋休み期間中に環境課を中心に取り組んでいただきました。志免町の子どもの目から見た環境における展示作品などには、総合的な学習の課題解決を通して、豊かな自然体験や社会体験ができたことがうかがえると思います。

 また、完全週5日制になり、先生方の研修等に当てる時間の確保が容易になり、本町の各学校でも充実した校内研修が行われ、子どもたちにそれを還元しているというふうな結果があらわれております。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 課長さんたちにお願いします。きのうも総務課長さんにお願いしておったんですけど、要点をきちっと言われて、できるだけ質問者の質問に答えてください。それで、原因があって結果があるんだから、その内容を言われるのは結構ですけど、要点だけをきちっと言ってください。お願いしておきます。

 熊本議員。



◆13番(熊本廣君) ただいま課長の方からメリット、デメリットが少しずつ出てきておるようなお話がありましたけども、やはり福岡県でもいろんな面で週5日制、2学期制、これが問題かどうかわかりませんけども、少年犯罪が凶悪化しているということで、県民一体でやっぱり子どもの居場所づくりに取り組みをやろうということで、これはもう同僚議員からも再三再四言われておりますけども、青少年のアンビシャス運動、それが2001年に開始されまして、地域公民館単位の活動に助成金を出したり、スポーツ団体、ボランティア団体に個人、また企業が支援するなど、現在923団体の展開をされているというふうに新聞記事でも書いておりますけども、また一方では、そういうふうなテレビゲームやらパソコン、それから携帯電話の普及により、子供が夜更かし、睡眠不足が社会観が問題になっておりまして、子どもの生活リズムの狂いは、無気力で情緒不安、疲れやすい、子育て専門のそういう指摘がありますけども、こういうこの社会と子どもたちのずれ、それはやはり子どもは家庭、地域、それと行政、三者でしなきゃならんというふうに、もう皆さんも御承知と思いますけども、その中でそういう情報公開、いろんな情報が網羅して、子どもたちは携帯を持たされ、何か防犯ベルを持たされ、何かされると、もうその分刻みのこともあるわけですね。ですから、やっぱりもう少しその点、学校の方ではどういうふうな携帯電話とか、そういうふうなパソコンとか、そういうものはどういうふうな指導をされているか、分かる範囲で御答弁をお願いしたいと思います。



○議長(大林弘明君) 緒方学校教育課長。



◎学校教育課長(緒方博君) 学校では携帯電話は禁止ということで扱っております。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 熊本議員。



◆13番(熊本廣君) 学校ではあれでしょうけども、塾なんかにはお母さんたちは携帯を持たせておけば大丈夫だろうなというふうなこともあるとも限りませんので、その点、もう少しお母さん方に注意、そして先生たちにも意見を言われた方がいいんじゃないかというふうに考えます。

 私は、その次に、また少年犯罪、それから緊急情報メールをスタートされているところがあると聞いておりますけども、これは今答弁していただきましたけども、その先に、3番目の緊急情報メール、Eメールと言いますけれども、これは春日市がもう採用しておるというように聞きますけども、その点につきましては、その情報の関係でどんなふうでしょうか。



○議長(大林弘明君) 緒方学校教育課長。



◎学校教育課長(緒方博君) この緊急情報メールというものの内容につきましては、子どもをねらった犯罪が全国的に多発している中、不審者の目撃情報をより早く保護者の方に伝えたいという形で、志免町の方も今試験的に運用しております。さっき議員さんおっしゃいましたように、春日市の方でも既に一部やられているということも聞いております。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 熊本議員。



◆13番(熊本廣君) もう時間も迫ってきますので、私は、きょうは、教育関係には、この前、長崎で事件がありました6年生同級生同士の殺害事件のことで、お父さんの寄稿文の中に書いてありますので、ちょっと読まさせていただきたいと思います。

 「親が子どものすべてを理解することはできないかもしれない。しかし、同じ子を持つ親に言えるとすれば、ただ一つだけ、子どもとのすべては理解できないとわかった上で理解する努力を続けてください。それぞれの家がそれぞれのやり方で」というふうにこの文章があります。そして、このそれぞれの家のやり方ということが、私は、今後のやはり教育には大切じゃなかろうかと思います。いろいろな面できのうも同僚議員から、3年生までの養育は受けますけども、4年生、5年生、6年生は受けてないというふうにお聞きしていますけども、やはりいろんな面で、私は、今やっぱり忙しい忙しいと親が言っている場合じゃないんじゃないかと。親がやはりこの奈良の事件でも、事件があればやっぱり送り迎えは親がする。いっときすればボランティアに任す。その次は学校で先生が立って待っている。また事件がある。これの繰り返しじゃないですかね。といいますのは、やはり今もいろんな面で目まぐるしい時代かもしれませんけども、やはり親は忙しい忙しいと言って、仕事は忙しいですよそれは。しかしながら、子どもの今の小学生だから、そのときに手間暇かけんといかん忙しさもあると思うんですよね。そういうことを子どもたちに一生懸命お母さんお父さんでも、夫婦でどっちかがフォローしてくれれば、そういういろんな問題が出てくるようなことまで起きらんと思っておるんですよ。ですから、それは理想かもしれませんけども、今後はそういう面でいろんな学校とか地域にゆだねなくて、やはり基本は親が見ると、親がいろんな面で指導するというふうなことをしていきたいなというふうに思っておりますが、最後に、教育長はどういうふうに思われるでしょうか。



○議長(大林弘明君) 中牟田教育長。



◎教育長(中牟田修身君) お答えいたします。

 佐世保市で起こりました事件の後に、志免中央小学校のPTA新聞にコメントをということで、私、コメントさせていただきましたけれども、そのときに今回最終のまとめをされておりましたとおり、やはり現場での児童・生徒に対する指導が非常に困難性があるというコメントを私、していたんですけれども、長崎県のまとめでもそのようなまとめがされているというふうに思います。児童虐待とは逆に、今は子どもが親を乗り越えていると、結局、親が子どもをしかることができない、指導することができないという家庭が非常に多くなっているわけでございます。私の気持ちといたしましては、熊本議員が言われるそれぞれの家庭でそれぞれのしつけが、指導が十分にできれば、それが一番いいのではないかというふうに感じているところでございます。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 熊本議員。



◆13番(熊本廣君) これで私の一般質問を終わります。



○議長(大林弘明君) 皆さんにお諮りしますが、次に、吉田議員の質問になっているんですけど、ただいま11時25分ですが、続けてよろしいでしょうか。いいですか、終わりますか。吉田議員、大体。

 そうしたら休憩に入ります。再開は13時とします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜

              休憩 午前11時25分

              再開 午後1時00分

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(大林弘明君) 休憩前に引き続き会議を再開します。

 一般質問を続けます。

 10番吉田議員、質問時間20分です。

 吉田議員。



◆10番(吉田耕二君) 通告に従いまして一般質問の方をさせていただきますので、御答弁の方よろしくお願いいたします。

 学校教育についてということで、また中学校教育についてということで題目を出させていただいております。

 昨年から学校の荒れということで、議会の中でもいろいろと議論がなされてきたところであります。学校、父兄、行政などの努力によりまして、一時期よりは、かなり状況も改善してきているとは思いますけれども、それでもいまだにいろいろの問題を抱えているというのは事実であろうと思います。そのような状況の対応策の一つとして、部活の活性化を通して校風や学校の荒れの改善を図ることはできないかということを提案してまいりました。また、指導者不足の部活があるならば、外部指導員を招いて部活の活性化の一助にできないかということも、あわせて質問させていただいております。

 前回の質問で、校長先生方と十分に協議をしながら、必要な顧問については配備をしたい、また体育協会、その他の団体の方とも話し合いをしながら発掘に努めたいとの答弁をいただいておりましたが、その後どういった議論ですとか行動をしていただけましたでしょうか、まずその点につきまして、教育長にお伺いさせていただきます。



○議長(大林弘明君) 中牟田教育長。



◎教育長(中牟田修身君) 子どもたちがスポーツに限らず文化も含めて目標を持って活動するということは非常に大切なことであろうと思っておりますので、私ども、校長先生方とその点も十分に協議をしながら、可能な限りスポーツエキスパートについて協議をしたわけです。校長先生方はおおむね前向きでございます。やはり今後部活の先生方とも協議をしていく必要があるのではないかと、そのような段階でございます。

 体協会につきましては、随分御質問いただく前にそういうふうなお話しはいたしましたけれども、いまひとつ反応が十分でないと申しますか、と申しますのは、やはり60代以上の方については、非常に時間帯はあるものの手を挙げていただく方がおられない。それから、60歳未満の方につきましては、お仕事をお持ちで常時というのは非常に難しい。ある部活については、単発であれば可能な方もおられるわけでございますが、体育協会についてはいま一つ話が進んでないというところです。

 現在では、吉田議員も御承知のとおり、社会体育面ではいろんな分野で御指導をいただいております。中学校につきましても、一定の部活については、エキスパート事業ではございませんけども、ボランティアという形で活動をいただいておりますので、現在の状況としては以上のとおりでございます。



○議長(大林弘明君) 吉田議員。



◆10番(吉田耕二君) 9月の議会の折に御答弁いただいた部分とやはりさほども変わってはないということだと思います。校長の方はおおむね前向きにとらえていただいているということなんでしょうけども、また逆に、協力いただかなければいけない体育協会に関しては、またなかなか難しい面もあるということでございますけど、例えば、この間にこういったことを展開したり、県のスポーツ振興課というんでしょうか、県のこういった担当の課ですとか、そういうところに問い合わせをされたりとかして、例えば、先進地の事例等々を踏まえたりとか、そういった検討ですとか、調査などはしていただきましたでしょうか。



○議長(大林弘明君) 緒方学校教育課長。



◎学校教育課長(緒方博君) 次の質問と係るかもわかりませんけど、ちょうど今が次年度の予算時期でありますので、そういうことも踏まえまして、担当の課とどんな事業形態をとってあるかとかというような形の問い合わせをしておりますけども、なかなか具体的な形では、これがこうというふうな形でなくて、やっぱり地域によって地域差もあるというふうな形のお答えをいただいております。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 吉田議員。



◆10番(吉田耕二君) 県の方の担当課の方とお話しをしていただいたときに、先ほど言いましたように、例えば、糟屋郡のこの地区にこういった先進的な事例の自治体もありますので、そういうとことかをいろいろ調査とか研究されてみてはどうですかとか、そういうふうなお答えですとか、アドバイス等はなかったでしょうか。



○議長(大林弘明君) 緒方学校教育課長。



◎学校教育課長(緒方博君) せんだって議員さんの質問の中に須恵町という例もございましたので、うちの方から須恵町の方の状況もお聞きしております。ただ、ほかの市町村については、具体的な形ではちょっとお答えいただけておりません。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 吉田議員。



◆10番(吉田耕二君) 今課長の方から御答弁がありましたように、隣町の須恵町におきましては、やはりこういった制度に関して30年ぐらい前から取り組んでおられるということで、それなりのノウハウを今蓄積してあるようです。いろいろ指導員の問題ですとか、多々あるようですけども、例えば、須恵町さんの方の担当課の方なんかにお伺いしましたら、前議会の9月の議会のときに、やはり体育協会さんなり何なりでそういった指導者不足部分があるので、須恵町さんの方からその間、志免町の方にそういった指導してくれる方とかをあっせんといいますか、来ていただくことは可能でしょうかというふうなことも、個人的なんですけども、いろいろお伺いしてみました。あくまで個人的なことですので、どうなのかということはわかりませんけども、それは可能であると、志免町さんの例えば受け入れ方ですとか、そちらの方に問題がなければ、臨時的にその間、制度が整うまではそういったことも可能ではないかということもおっしゃっておりましたけども、そういったことまでも含めて、その他の近隣の自治体とか、そういった須恵町さん等々にお話を聞かれたというような実績等はありますでしょうか。



○議長(大林弘明君) 緒方学校教育課長。



◎学校教育課長(緒方博君) 具体的にはそういうことはやっておりません。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 吉田議員。



◆10番(吉田耕二君) 長期的には、こういったクラブ活動の充実を図る中で、学校の荒れですとか、校風の乱れとか、そういった部分をしっかりと改善していく一助になればということで提案はしておるんですが、短期的にはやはり今現在短い中学校生活の中で、子どもたちがしっかりと充実したクラブ活動、しかも志免町というのは70%から80%近い加入率を誇っているということもありますので、やるとすれば、子どもたちのためにも充実したクラブ活動を環境整備をしてあげたいというのが思いにあるわけなんです。そういうことから考えますと、ぜひ近隣にはそういったいろいろな先進的なところもあるわけですので、また相談するなり、またいろんな角度からそういった指導員の方たちの発掘に当たっていただきたいと思います。

 ちなみに、須恵町のことばっかり話しましたけども、宇美町さん、こちらにおきましては、平成12年度からやはり同じような理由で外部指導員制度に取り組んであるそうです。こちらでは、初めは体育協会との連携ではなくて、広報によってそういった方の募集をかけられてスタートをされたそうです。しかし、今現在では、競技ごとにそのやはり指導者数がばらつきが出てきて、やはり改めて体育協会と協議をしながら、指導員の方の登録制度を推進していきたいとは話してありました。

 今都市圏の広域委員会の中におきまして、例えば、3町共同の教育委員会などが設置できないかとか、議論もしておりますけども、このような問題に関しましても、そのような形で、例えば、須恵町さんも含んで3町合同の中で広域的に指導者を発掘する、広域的にいろいろな問題に対応していく、そういうふうなスタンスでこの問題に対応することはできませんでしょうか。



○議長(大林弘明君) 中牟田教育長。



◎教育長(中牟田修身君) 各町の体育協会につきましては、その上部団体として糟屋郡体育協会がございます。そういう形からいけば、協議については大きな支障は感じてはおりません。ですから、当然そのような形ができれば、そういう形づくり、組織づくりということの前の段階かなと思いますけれども、全く不可能ということではございません。また、教育長会等において話をするということもそれは可能ですけれども、現在のそれぞれの3町の進捗状況から考えますと、それよりも私どもがもう少し前進させるような考え方で、まずは志免町で十分な協議をしていくべきではないのかなというふうに思っております。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 吉田議員。



◆10番(吉田耕二君) 今教育長の方からいろいろなそういうふうなシステムは可能ではあるということなんですけども、しかし、反面、志免町でやはりやるべきことはやるんだというふうなことだと思うんですが、その反面、冒頭に教育長おっしゃられましたように、なかなかそういった指導者を志免町で見つけることは現段階では難しい、それは私の方で話がその後進んでないというような答弁があったわけです。私もちょっと繰り返しになりますけれども、短い中学校の期間であります。そして実際クラブ活動というのは2年とちょっとぐらいしかできないだろうと思います。そういうふうなことを考え合わせましたら、まずできることからしっかりやっていく、そして可能性があればどんなことにもチャレンジする。ましてや、これも繰り返しになりますけれども、隣の須恵町さんなんかにおきましては、30年間からのいろいろな蓄積もあって、その間に先生ですとか指導者間のいろいろなあつれきですとか、いろんなこと、紆余曲折を乗り越えて、今なお指導者の質の改善とか質の向上にも取り組んであるというふうな、いろんなものが蓄積されてあるわけですので、そういったものを利用しながら、繰り返しになりますけど、広域の中でも人材の発掘をしていくというスタンスを少なくとも並行してでも私はとっていただきたいと思いますけども、いかがでしょうか、再度教育長にお伺いいたします。



○議長(大林弘明君) 中牟田教育長。



◎教育長(中牟田修身君) 本町では、体育協会で体育協会を中心にして総合型スポーツクラブの育成ということに取り組んでいただいているわけです。昨年度と今年度、2年続けて、卓球、バドミントン、それから軽スポーツ等に各土曜日ごとに10回ずつ、午前中に10回、午後に10回ということで、トータルすれば40回、2年でやっていただいたわけですけれども、その中でやはり卓球協会の指導者の方、それからバドミントン協会の指導者の方で御指導をいただきながら回を重ねたわけですけれども、やはり教える側にしても一定の指導力というのが大事なんだなというのを、私もそのスポーツ教室に参加いたしましたので、指導者の指導力というのも随分大事なことである。ですから、教えられる側にしても、やはり指導者のありようによって、続けてやりたいとか、途中でおやめになった方も何人かいらっしゃいますけれども、そういうことでは、単なるスポーツができるから指導者として適任かどうかということを考えますときに、やはり慎重にならざるを得ない。それからやはり、学校側との協議もすごく出てきます。これまでも校長先生方にこのことで随分話をいたしましたし、また、ほかの議員さんからもいろいろ要請がございまして、私も努力いたしましたけれども、実現には至らなかったんですけれども、今吉田議員が言われますことにつきましては、当然私どもが努力していくべきことでございますので、引き続きそのような形で努力したいというふうに思っております。



○議長(大林弘明君) 吉田議員。



◆10番(吉田耕二君) 済みません、ちょっと確認させていただきますけど、努力していただくということなんですけど、それはその先ほど教育長がおっしゃったように、あくまで3町の中で、今後も引き続きそういう指導者を探すような形で努力をするということなのか、少し間口を広げて他町ですとか、近隣の自治体ともコミュニケーションをとりながら努力をしていくのか、ちょっとしつこいようですけど、そのあたり明確にお答えいただけますでしょうか。



○議長(大林弘明君) 中牟田教育長。



◎教育長(中牟田修身君) 私どもは、今まで努力が足らなかったかなというふうには思っています。実際、必死になってというところまでは至ってなかったかなというふうに思っています。それで、志免町だけで指導者の方を見つけるのが容易なのか、広域で指導者を探すのが容易なのか、どちらかといえばやはり志免町内で指導者を探すのが容易なんではないかと思います。ただ、手だてとしては、今御提案いただいた部分もあるわけですので、どちらも大事にしながら、言うなれば模索からもう一歩段階を踏み込んだところでの努力ということで説明にかえたいと思います。



○議長(大林弘明君) 吉田議員。



◆10番(吉田耕二君) 今まで必死さがなかったということで今お言葉がありましたけど、私はしゃにむに外部から指導者を導入しろと言っているつもりもないんですけど、ただ、そういった状況とか環境が悪い部分があるので、それを改善するためには、こういう手段があるんじゃないですか、こういう手段を使われたらどうですかということを提案しただけなんです。それでもしそういうことをしなくても、例えば、部活を活性化して、そしてその校風とか、そういうことに対してもいい影響を与えることができるんだという手段があるんでしたら、それをやられればいいと思うんです。必死にならなかったということは、そういう部分があるから、こういった提案に対して必死になる必要がなかったというふうにもとらまえることができるんですけども、その点はいかがでしょうか。



○議長(大林弘明君) 中牟田教育長。



◎教育長(中牟田修身君) 御要望されていることが私どもの努力が不足して実現していないというのは事実ですけれども、この問題については、やはり私自身に非常に難しい点があるというのが正直なところでございます。先ほども申しましたように、学校のためにということで2つの部が十分に指導できる方が手を挙げていただいたんです。そのことで、私としては、中学校長は非常に喜んでいただけるんではないかなということでお話をしましたら、学校の状況も十分にわかっていただける方、それから子どもたちの気持ちも理解できる方、それから一番厳しかった条件が常時指導していただける方ということで、私は、そのことで、校長先生、先生方も幾ら頑張っていただいても常時指導できる体制にはないんじゃないですかという話をして、形としては強引に指導者を配置したいということを試みましたけれども、最終的には、部活の顧問も含めて学校で頑張りますということで実現しなかったケースがあります。

 それから、複数の指導者、一つの部活で複数の指導者で指導をしていただくということも実現寸前になりましたけれども、これも最終的には学校の姿勢で実現しなかったということの結果が出ております。ただ、それじゃそのままでいいのかということであれば、私は、当初申しましたように、スポーツ活動、文化活動を通じて生徒たちの生きがいづくり、目標づくりにもなるわけですので、いろんなケースで実現可能なものを模索しながら、実現に向けて努力していきたいというふうに思います。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 吉田議員。



◆10番(吉田耕二君) 教育長の話をお伺いしていましたら、学校側と教育委員会等々の意思の疎通というんですか、コミュニケーション部分がややとれてない部分があるんじゃないかというふうな今気がいたします。ただ、その中で一番やはりかわいそうなのは子どもだと思うんです。無理やり指導者の方を押し込むなんてことは当然それはできませんけども、現実、子どもたちとか、またその御父兄の方たちが指導者の方がおられればいいねという声が上がっているのは、現場、現実間違いないことなんです。そういうことをやっぱりしっかりととらまえて、そして学校側、また教育委員会、その他の関係団体、そういうところとしっかりと議論をしていただきたいと思います。このことにつきましては、またこれからもその後の状況ですとか、その後どういうふうに進展していったかということを改めてまたお伺いさせていただきたいと思いますけども、しっかり子どものことを考え、また将来の学校のありようも考えて議論を続けていただきたいと思います。

 議長、続けてよろしいでしょうか。



○議長(大林弘明君) はい。



◆10番(吉田耕二君) それでは、次に行かせていただきます。

 志免町の歴史的産業遺産を生かした教育の実施についてということで出させていただいております。

 今の議論とかぶる部分もあるんですけども、今までるる述べましたように、学校の荒れですとか校風の乱れ、そういった教育現場の諸問題を解決していく、その上でその地域のすぐれた歴史や遺産、こういったものに興味を持たせ、地域への愛情や誇りを持たせること、これは非常に大切なことであると思います。地域の愛情、誇りを持つことができたら、次にはその地域を大切にしたい、守っていきたいという気持ちが芽生えてくるのは当然でありますし、また自分自身に対する自信や誇り、そういったものにもつながるのではないでしょうか。

 過去、いじめや非行が頻発したとき、当初は文部省でしたけども、文部省の指導で、郷土を愛する心を育てる指導というのがなされた時期があります。また最近でも、文化や伝統を大切にする心を育てる指導、こういうものがなされた時期もあるそうです。学校の荒れ、また校風の乱れ、こういったものを防ぐ手段として、地域の歴史、遺産、文化、こういったものを利用する、そのような観点から、各小・中学校に対して指導なり提案なり、何か取り組んであることはありますでしょうか。また、そのような切り口からの教育の必要性についてどのような考えをお持ちなんでしょうか、教育長の御所見をお伺いいたします。



○議長(大林弘明君) 緒方学校教育課長。



◎学校教育課長(緒方博君) 御指摘のとおり、荒れや非行を防止するための手段の一つとして、志免町に愛着や誇りを持つための教育は必要不可欠だというふうに思っております。現在、各学校の方でも子どもたちが志免町への愛着や誇りを持てるように、地域の人・物・事ということのかかわりを深める取り組みをやっております。すべて歴史遺産というような形ではなくて、現実子どもたちが日ごろ生活をしている中でどのような形で子どもたちが地元の愛着を持つかということの中での活動の一環なんですけども、例えば、田んぼを借りながら米づくりをするとか、各中学校におきましては、地元の職場体験をすることによって、地域人とのかかわりを持つ中から、自分たちの地域を愛するというふうな誇りを持たせているような教育を今やっております。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 吉田議員。



◆10番(吉田耕二君) 例えば、新宮町とかでは「楽しく学ぶ昔と今、私たちの町新宮」と、粕屋町では「小・中学生のための粕屋町の歴史」、さらに宇美町におきましては、現安川町長が当時編集委員長としてつくられた「私たちの宇美」というような小・中学生向けの副読本があるそうです。こういったものを使って授業の中でそういった指導がなされているんだろうと思いますけれども、私は、地域を愛する心ですとか、地域を誇りに持つ心、こういったものを持たせる、さらには、それらを自分たちの手で守り育てていくという気持ちにまで高めていくには、単に歴史や文化、遺産、そういったものを紹介するということだけではなくて、心に強いインパクトを与えるようなもの、そういった絶対的な存在感のあるもの、そのようなものを題材としながら、整理なりそういった編集を行っていくことがとても必要だと思います。もちろん今お米づくりですとか、そういったこともお話でありましたけども、それ以外にもしその教育現場に地域を愛する心や誇りを持つ心の教育が必要だと考えるならば、例えば、どういった題材を使ってそのようなメッセージを子どもたちに送れるのか、そういったことについて教育長はどのようにお考えになりますでしょうか。



○議長(大林弘明君) 中牟田教育長。



◎教育長(中牟田修身君) 課長が答弁しましたとおり、人・物・事をテーマにしてやっていけばいいのではないかというふうに思っております。



○議長(大林弘明君) 吉田議員。



◆10番(吉田耕二君) 私、先ほど言いましたように、この地域に誇りですとか、自信、そういったものを持たせるため、そのためにはやはり子どもたちに強いインパクトのある存在感のあるもの、こういったものをしっかりとやはり題材に使っていく必要もあると思っております。私は、その題材と中心になるものはやはり炭坑の歴史であると思います。海軍炭坑から国鉄志免鉱業所として日本の海軍を支え、戦後は日本の復興を基幹産業として支え続けた日本唯一の国営炭坑である、こういった事実であろうと思っております。そしてその事実、これを存在を持って証明し続けているのが竪坑櫓であり、ボタ山、また坑口、さらに他町にも存在する産業遺産の数々であると思っております。他の地域にはないここだけの特筆すべき歴史であり、多くの方々の努力や苦悩、そういったものが刻み込まれてある歴史、そういったものを子どもたちに伝える、それが志免町に対する子どもたちの絶対的な価値ですとか、いわゆるアイデンティティーというようなものを子どもたちの心に根づかせることになるのではないかと思っております。

 荒れですとか校風の乱れ、そういったものはやはりどこか子どもたちの心の中にぽっかりとした風穴みたいなものがあいているんだと思っております。そういうものをしっかりと見るためにも、地域に愛着を持つ、そして自信を持つ、そういったものをはぐくみ育てていく、そういう思いまでも持たせるためには、やはり強烈な存在感のあるもの、こういったものを一つの題材としてとらえていくべきだと私は思います。教育委員会の方におかれましては、こういった産業遺産ですとか、そのような近隣の炭坑の歴史、そういったものについてどのような価値をお持ちになったのでしょうか。また、そういうものを今後教育の中に使っていこう、有効利用していこうというふうなお考えはありませんでしょうか、教育長の方にお伺いいたします。



○議長(大林弘明君) 中牟田教育長。



◎教育長(中牟田修身君) 今吉田議員が言われました分につきましては、総合的な学習の時間で勉強するものでございます。総合的な学習の時間につきましては、やはり国際社会とか、福祉、環境、少子・高齢化、いろんなテーマを子どもたちの興味、関心があるものを教師が指導しながら、それを勉強していくということでございます。ですから、当然、今吉田議員が言われました炭坑の歴史等についても、一つの学校だけではなくて、中学校、小学校で勉強しております。あくまでも子どもたちが興味、関心を示すものということで総合的学習の時間は進められておりますので、そういう意味では、竪坑櫓のことについての興味、関心がある場合にはそれなりの勉強をしておりますし、また、社会教育課の職員が出向いて指導に当たっている状況でございますので、志免町のやはりあらゆる人・物・事で総合的な学習の時間が成り立っておりますので、当然、そのようなことについて教育委員会が押しつけるということではいかがなものだろうかと思っております。ただ、言われました副読本等については、やはり貴重な資料であろうというふうに思っております。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 吉田議員。



◆10番(吉田耕二君) 総合的な学習の意味合いについてちょっと質問していたわけではないんです。そういった自信とか誇り、そういったものを持たせるためには、こういったまさしく志免町の大転換期の歴史だと思うんです。他に類を見ない、先ほど同僚議員からもお話もありましたけども、志免町の全盛期の歴史をつかさどるものでもあるわけですので、そういったものをしっかりと伝えるということによって、地域に誇りを持つ、そしてまた自分自身に対してもそれを通じて生まれ育ったということに対して自信を持ってもらう、そういう意味合いからこういったものを題材に使ったらどうかというふうな提案をさせていただいております。教育委員会が押しつけることはできないというお話でございましたけども、ただ、そういうことに対して、それなりの教育委員会としての評価ですとか、何か価値観というのはあると思うんですけども、そういった歴史に関しましての教育委員会の価値についてはどのようにお考えになってあるんでしょうか。



○議長(大林弘明君) 中牟田教育長。



◎教育長(中牟田修身君) 教科以外でこのようなことを指導するのはあくまでも総合的な学習の時間なんですね。それで、私どもは、校長先生方には、常にやはり志免町でテーマ等、できるものについては十分に御配慮いただきたいということで、学年ごとにやはり理解度がございますものですから、志免町のことについてはそれぞれの学校で、それぞれの先生方が指導していただいているところでございます。炭鉱遺産を題材にした教育につきましては、今後その教育的な価値を学習指導要領の目標、内容から見きわめて、子どもたちの発達段階に合わせて具体化していくことが大切だというふうに思っております。吉田議員が申されましたことにつきましては、やはり大事なことでもございます。校長先生方も認識はしていただいています。やはり、校長先生方から先生方にもこのような取り組み、考え方、志免町の歴史等も含めて再度お願いをいたしたいというふうに思います。



○議長(大林弘明君) 吉田議員。



◆10番(吉田耕二君) 今回におきまして、竪坑櫓のことにつきまして、種々の議論が行われております。また、今後もいろいろな角度から保存や解体、こういったものの議論が行われてくるものと思っております。今国際化が叫ばれる中、志免町におきましてもホームステイや国際交流なども盛んに行われていますが、来年太宰府に国立博物館ができます。アジア各国から、特に東アジアから多くの方々が来福してもらえるような仕掛けづくりも進んでおるようです。先日中国の国費で日本に留学してある撫順市の外事室の金氏という方が志免町を訪問されました。その折、志免町の竪坑櫓を見て、とても懐かしい感じがする。実際この目で見ることによって、志免町と撫順市、長い時間の流れですとか地理的な距離の遠さ、こういったものを超えて本当に身近なまさしく兄弟のようなつながりを感じるということを話してありました。もちろん私たちが御招待したわけなんですけども、それもしかし志免町に竪坑櫓があるからこそであり、また撫順市に当時の満鉄時代につくられました竪坑櫓があるからこそできる国際交流であろうと思っております。これからの九州地方は、九州全体で観光に力を入れていこうとしております。横の福岡市もアジアのゲートウエーとして地位の確立をするためにいろいろな催し物がなされてあります。このような国際状況ですとか社会状況、そういったものをしっかりと視野に入れて、教育委員会は教育委員会としての立場から、あの竪坑櫓ですとかボタ山、また周辺の産業遺産、そういったものについて教育的見地からどのような価値があるのかをまた再度しっかりと検証いただきたいと思います。また、先ほど申しましたように、子どもたちに地域に対して絶対的な価値ですとか存在感、そういったアイデンティティーのような持たせるために、貴重な資料となるのではないか、そういう視点からもぜひそのような産業遺産を再検討していただきたいと思います。

 客観的な立場、独自の立場から再度それらの存在感を素直な目で調査いただきまして、ぜひ学校教育の現場に……。



○議長(大林弘明君) 吉田議員、時間です。



◆10番(吉田耕二君) わかりました。以上で終わります。



○議長(大林弘明君) 吉田議員の一般質問を終わります。

 次に、15番野上議員。質問時間30分です。

 野上議員。



◆15番(野上順子君) 15番野上です。通告に従いまして一般質問をさせていただきます。

 最初に予算編成についてということで、17年度の予算編成に対する基本的な考えをお聞きをしていきたいと思います。

 16年いよいよもう17日たつと16年度も終わり、17年度に入っていくわけですけれど、私にとっての1年も、それから志免町にとっての1年、そして日本、世界そういうこの1年はどうだったのかなというのを思いながら浸る時期でもあります。行政にとりましてはそういうものの、3月まではこの予算の中で3月まで出していくわけですので、すべて16年度のことだけでは言えませんけれど、残り3カ月という中で、進捗状況そういうものもどうなっているのかなという思いで質問をさせていただいております。今年度の予算を編成される中に、町長の16年度の3月の定例会議の中では、三位一体が行われる中で大変苦労をした、そういう予算編成だったということで述べられておりました。そういう思いをしながら予算を組まれた中で、実際何も手つかずで今年の1年も終わろうとするものもあるし、これから頑張って残り3カ月でそういうものがされるのかという部分もいろいろそれぞれの課であるのではないかなという思いがあります。総括して、今の現状どのぐらいまでの形でどういうものがなされてるのか。そして、個々に関してはまだ何一つ手つかずでいて、これからどういう対応とろうかなと思っているものがあるのか、総括でお願いをします。



○議長(大林弘明君) 入江企画財政課長。



◎企画財政課長(入江信雄君) 現在までの状況ということでのお尋ねですので、私の方からちょっとお答えしたいと思います。

 17年度の予算編成については、現在各課が予算要求を財政課の方に提出しておる状況にございます。今財政課の方で取りまとめて1月以降予算査定を行うその準備には入っておる段階です。この中で、予算編成についての方針なりを財政課の方から各課の方にいたしておるんですが、15年度に取りまとめた主要な施策とその成果、これをそういうものの課題と反省を踏まえて、16年度のこれまでの執行状況、これを各課で検証し、17年度の予算要求をするようにということで、現在それが各課から出ておる状況でございます。

 そういう状況で、16年度のこれまでの先ほど言われましたこれができてこれができてないと。これは確かに各課ございます。まだ工事等の予算についても、まだされてないところについては入札等行っていくようなこともございます。そういう意味で、まだどれができてどれができてないという最終的な取りまとめというのはまだ現状ではいたしておりません。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 野上議員。



◆15番(野上順子君) まだ、あと3カ月ありますので、すべてが私もできてるんじゃないんですか、もうでき上がってないといけないんじゃないんですかというところまで言いませんけれど、やはり自分の担当の委員会でもありますけれど、跡地委員会というあたりというのは手つかずという状況もありますので、そういうことも含めて、やはり16年度中に予算を組まれたものができるような、最大限の努力はしていただかなければと思っております。今予算要求を各課から上がってきているということでありますので、ちょっとお伺いをしたいんですけれど、議員の私たちはこういう形の一般質問でも、自分たちのこういうことをしてもらいたいという住民の声ももちろんありますし、自分たちの思いも含めて一般質問やそれから委員会の中で言っていかれるわけです。私は、ここの中でも大事なんじゃないかと思うのは、若い職員の方たち、そういう方たちの意見というのがこの予算編成の中にどういう形で生かされていくのかなという思いがあります。少しわかりませんので、お聞かせいただきたいんですけれど、それぞれの各課まずどういう予算、16年度なら16年度にこういう予算を組みました。そしてそれをチェックしながらこれはできた、これは要らないねというような形でされていくんでしょうけれど、ただそれだけなのか。それともやっぱりそこで一緒に働いてきた人たちの中から、声としてこれはすごくよかったけれど、これ以上にこういうことをうちの課で取り組んでもらえないんですかねというような、そういう人たちの声というのがどのぐらい予算の編成の中に反映をされるものなんでしょうか。



○議長(大林弘明君) 入江企画財政課長。



◎企画財政課長(入江信雄君) 質問の趣旨は大変理解できますが、やはり各課においてもそれぞれの事務担当がおって、それが若い職員であり年齢はそれぞれあるかとは思いますが、そういう中で各課が今年度の一つの例えば自分が受け持ってる事業について今までやってきたこと、それから去年のさっき言った成果等も踏まえて、来年この予算をどうしていくか、それがやはり積み上がって各課の課長を中心にまとめて、最終的に予算査定で町長にこういう思いでこの予算を編成しましたという形で出てくるのだろうと思います。そういう意味では、若い職員の意見というんですか、その担当においてその意見は反映されてると思います。



○議長(大林弘明君) 野上議員。



◆15番(野上順子君) 町長にお伺いをしたいんですけれど、先般女性議員で勉強会に行ってきたんですけれど、そこの中に子育て課の若い女性の方が勉強会に来られてました。一緒に勉強させてもらったんですけれど、よかったねという彼女と話をしながら、早速1月15日の日にそのときにいらっしゃった先生を招いて、今度次世代の勉強会があるわけなんですけれど、やっぱり若い方たちがそういういろんな勉強会に行って勉強されてくる。すごくいいこと、今まで余りなかなか研修に行かせるべきじゃないかという意見が議会の中でもよく出てましたけれど、そこが少し開けてきて、いろんな勉強をさせてもらえるようになったのかなという思いなんですけれど、そういう若い人たちが勉強してきた、若いというのに限らないんですけれど、職員が勉強してきたこと、そして職員の声というのを町長はどこでお聞きになって、特に予算の編成をなさる中でそういう声というのをどこで聞かれますでしょうか。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 私ども行政も最近はいろんなところに研修に行きませんと、言うならば議員の皆様方の方がよく勉強されるような、そういう感じが私はいたしております。そういうことで、ついていけないというような部分もあるわけでして、インターネットや何やらで検索したり勉強したりすることはできるんですが、やはり現地に行って見ることの大切さというのは、本当に実感をしておるところでございます。最近は若い職員もそういうところに出かけてるんじゃないかというようなことを言っていただいてますが、少しはそのようなふうになっておるんじゃないかというように思います。そして、またそのことを私にどう伝わるのかということでございますが、それは研修をいたしますと研修報告というものがきちっと出されます。例えば何とかアカデミーに行って、1週間でも泊まり込んでしっかり勉強してくると、こんなに厚い3センチにもなるようなそういう報告書も参りますし、それからまた、1泊程度の研修等もあると思いますが、いろんな研修についてはその研修報告で私の方に提出をなされます。そのことは、それぞれの課でそういうことも含めて、課の中でいろんな取捨選択をなされ、めり張りをつけた課内での取りまとめがなされ、それをひいては企画財政課の方に提出をし、そこでまた取りまとめをして査定ということになるわけでございますが、直接私と話すということは非常に少のうございますが、その報告、研修した結果というのは私には届くようにはなっております。



○議長(大林弘明君) 野上議員。



◆15番(野上順子君) 今私議員という立場から、それからまた職員の皆さんの思い、そして今町長まちづくりの懇談会等にも出られてると思うんですけれど、住民の声はこの予算の編成の中にどういう影響を与えていくものでしょうか。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 住民の方々の御意見というのは、まずは役場玄関あるいは町民センターの方にも置いておりますが、町民の皆さん方からの御意見箱というのがございます。それから、ほかにはそれぞれのいろんな地域に出かけさせていただきますが、それのときに直接お話を聞くこともできます。また、今これからのまちづくりについてということで、それぞれの町内会に出かけさせていただいてますが、そういう中でも今までは地元、足元要求でございましたが、最近は今回は志免町の将来をどのようにしたいかとかというようなそういうテーマでお話をさせていただいてます。そのようなことから、いろんな御要望等あるいは意見等いただくことができます。

 それから、このごろもうまちづくり採点表を皆さんのところにお配りをさせていただきましたが、それの中に町長への意見というところが返信がございますが、そういうものでも書いてもまいります。それから、私はできるだけ町民の皆様方のところへ出かけていきたいという思いで、いろんなスポーツを初めいろんな地域で要請があった行事には出かけさせていただいてます。そういう中で、いろんな御意見をいただいたり、また感じたりすることがあるわけでございます。いろんな方法で、できるだけ皆様方の御意見を吸収することができるように努めているところでございます。



○議長(大林弘明君) 野上議員。



◆15番(野上順子君) それぞれいろんな思いがあって、ぜひこのことを17年度の予算に取り入れてもらいたい、17年度にはこれも考えてもらいたいということで今各課も上げていますし、それにはそれぞれの思いがあって上がってきてると思います。言ったことがすべて予算の中に反映されると思いませんけれど、やはり多くの声を踏まえて、各課が取りまとめて町長に出されると思うんですけれど、その各課の中にはぜひ多くの声が入るようなそういう予算の編成であるようにお願いをしたいと思います。

 その中で、特に町長の柱となっております福祉、環境、教育についてということで、これは町長の最初からの3本の柱ですので、17年度もこのことは力を入れていただけると思いますけれど、私今回このことを出したのは、子育て課の学童保育所の問題、それからこのまた下に書いております障害児の問題ということを踏まえて、本当に町長が福祉、環境、教育というこの3本柱に力を入れてされるのか。それとも上げてはいるけれどという思いなのか、そこがはっきりしないと、この予算というのはどこかが欠けていってしまうんじゃないかな。この問題を欠けてもらっては困るので、あえて今度の12月に出しているところであります。

 1点目は、先般厚生委員会で柚の木の園長さんを呼びまして、パワフルキッズのことについてお伺いをしました。パワフルキッズ町長も御存じのとおり、0歳から6歳までの子どもたちの相談等を行っているわけなんですけれど、当初15名でスタートしたこのパワフルキッズのものは、現在44名の子どもそれから親が相談に来るようになっております。今の予算の中で、この44名の子どもを見ていくというのは非常に大変であるということで、ぜひその部分も考えてもらいたいという声がありました。ぎりぎりの人数でいや40名でもう人数を切って、今の予算の中でするなら人数を切ってもうするか、または今まで週1回か2回か受け入れたのをもう1週間に1回しかできませんよというような形で日にちを切るか。もうどっちにしかないんですね。今の状態ではもう精いっぱいなんですということなんですね。私はこれは本当に町長が思いがあって、ほかの町にはない障害児を持つ親も子も本当に憩いの場になってる。こういう大事なことが、人数がふえればそれだけの手当をしていくのか。それともやはり予算お金があるからということでその施設の利用を切っていくのか。それは町長の考えの一つなんじゃないかなという思いもするんですけれど、まずその1点についてお伺いをしたいと思います。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 福祉の関係でのパワフルキッズを今後どのように運営しとらえていくのかという御質問だろうかと思いますが、その前にやはり今の厳しい財政状況、これをもう御存じだろうと思いますけども、あえて申し上げさせていただきますと、地方分権三位一体の改革によって、私どもは本当に財政的に言うならばもう予算が組めないというようなそういう状況にございます。今各課から出てきたものをとりまとめしてますが、相当にこれはカットしないと予算が組めないと、そういう状況でございます。そのことを御理解いただきたいと思いますが、そういう中で福祉、環境、教育が結び合った夢と希望の元気な町、これはぜひ私も続けさせていただきたいと、そういう思いです。中でも、福祉につきましては少子・高齢化対策、それから健康づくり、そういうことをキーワードに予算編成に生かしたいというふうに思います。それから、環境につきましては安心安全のまちづくり、それから教育につきましては、青少年の健全育成、それから食育等についても力を入れていきたいというふうに思ってます。そのようなことで、予算の配分はキーワードを持ちながら取捨選択をしながら、めり張りをつけながら、配分をしていかなきゃならないというふうに思っております。そういう中でも、いろいろ補助金等につきましては今後いろいろ検討もしなきゃならない分野でございますが、そういうところも含め何とかここをしのいでいけるように努力をしていきたい。もちろん行財政改革もさることながら、この間も牛房議員からもいろんな御指摘がございました。御提言もございましたが、行財政改革に努めるとともに、住民の皆さんとの共同によるまちづくりというところに、私は今回は特に力点を置きたいというふうに思います。今までは、行政の方から何でもかんでもしてさしあげるというようなスタンスであったんじゃないかと思いますが、今からやはり地域の皆様方の力をおかりをしながら、一緒になってその地域をよくしていく。言うならばそれぞれの役割分担、それから責任というものをそれぞれが自覚をして、そして協力をしながら、対等の関係で共通の目的を達成するために連携して活動していくというようなそういうふうなことが皆様方にお願いできればというような思いをいたしております。

 そういう中で、質問にお答えさせていただきたいと思いますが、福祉等につきましては福祉の後退にならないような、そういうスタンスでいけたらというふうに思います。



○議長(大林弘明君) 野上議員。



◆15番(野上順子君) 町長先ほども言いましたけれど、16年度の予算をつくるときに一生懸命言われてました。三位一体のということで、今回は大変だったということで、もちろんわかっております。わかっておりますけれど、じゃあ行財政改革とともにこの分はもういいんじゃないっていうことは言えないんですよね。大事なところはやはりしっかりしてもらわないといけない、そういう予算編成をしてもらわないといけないわけですので、弱者と呼ばれる人たちが反対に追いやられるような予算の編成をしてもらっては困りますので、あえて上げておるわけなんですけれど、2点目に教育の問題。先ほど町長青少年の問題、食育の問題ということで上げられておりました。今年度、16年度の予算編成の中でも、教育に関しては大変充実した内容の予算を組んでいただきました。それが前言いました担当サポート教員、それから学級補助員、通級指導教室の設置等もしていただいておりますし、不登校児のカウンセラーあたりも充実をさせていただいておるところなんですけれど、先般広報で志免中に行く機会がありました。不登校の子どもたちが教室でちょっと勉強をしてまして、ああ今こういう不登校の教室までつくってもらって対応してるんですねって言ってまして、何人ぐらいがいつも来られますという話をしたら、やっぱり五、六人の子が今まで学校に行かなかった子がここまで来るようになったって。その子どもたちが教室に帰っていくというのはありますかと言うたら、せいぜい一人か二人かぐらいの子どもたちが教室帰ってやっていくようになってきてるんですって。でもまだまだ来ない子どもたちに対して、じゃあどうしてあげればいいんだろうかというところでは悩みでもありますということの校長先生の話だったんですね。いろんなことしてもらい、対策をとっていただいたけれど、まだまだ中学校の現状というのは荒れた状況が続いてるわけなんですけれど、そういうことも踏まえて、学校に対してよりよくこういう予算も配分もし、こういうことをすればもっとここの部分がよくなるんじゃないかといようなもちろん学校教育課の方からそういうことは上がってくるんでしょうけれど、町長の方にそういう言葉が上がってきてるのか。そして、どういう思いを町長は持ってられるのかお聞きをしたいと思います。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 先ほども申し上げましたように、現在予算の取りまとめをしておるところでございまして、来年になりましてそういうものの査定を行うわけでございます。まだそこまで私のところには声は上がってきて届いてはおりません。



○議長(大林弘明君) 野上議員。



◆15番(野上順子君) 済いません、町長の方に上がってきていないということですけれど、予算の要求は今来ているということで、全課が来てるのかどうか定かではありませんけれど、1点学校教育課にお聞きをしたいんですけれど、17年度の予算の編成に当たって、ぜひこれだけはしていきたい、このことだけは今年度もつけてもらったけれど、より以上にこれはしたい。また、新たにこれはしたいという課のまとめというあたりはそろそろ出てるものなんでしょうか。



○議長(大林弘明君) 野上議員、通告に従ってしてますので、資料も持ってきてないということですから、取り下げていただけんですか、今の質問。

 野上議員。



◆15番(野上順子君) 17年度への思いはどのようなところに特に力を入れていくのかということで、私も担当の方から特にどのようなところに力をという意味がわからないということも言われてませんでしたので、質問をしているところなんですけれど、やっぱり確かにあと3カ月しかありませんけれど、次私たちが見るのはもう17年度の予算ができ上がってきたのを見て、それがいいか悪いかという挙手でこれはだめ、これは賛成できないとかというぐらいしかできないんですね。やはりこの予算編成をする前に、基本的な考えというのは、私はもう12月の議会ではある程度各課それぞれの課長さんたちはこれはしたいよというぐらいの思いは持ってらっしゃって答えられるだろうと思って出してましたけど、それができないと言われるならわかりました。ただ、ぜひあと3カ月を残した中では、来年度のこういうことはまた聞くと思うんですけれど、ぜひやはり12月議会のぐらいにはどういうことをしたいというのが各課持ってらっしゃるようにお願いをしときたいと思います。

 じゃあ続きまして子育て支援について。

 先ほどもちょっと触れたんですけど、学童保育所の今後の計画はということで出しております。今予算の中で、東学童のプレハブで建設をということで予算をとっておりました。しかし、父母の会の要望で、学童保育所は要らないということで、学童保育所が要らないということじゃないんですけど、プレハブではもう要らないということで着工ができなかったわけです。それができなかったことに対して、私はそれはいかんじゃないかという思いではないんです。本当に必要なものをちゃんとしたものができれば、ここで1年おいてでもいいのかなという思いもあるわけです。父母の会からの思いとしたら、1階と3階とそれから駐車場にまたプレハブでというようなそういう変則的な学童保育所では使いづらいという思いもあったんだろうと思います。以前私が一般質問を町長に、これ15年12月にしてるわけですけれど、東学童の件で特にこれは障害者を持つ父兄から、学童で障害の子どもも対応してもらいたいということで請願が上がりましたので、そのことについて一般質問して、1階と3階が非常に使いづらいということで一般質問をしたときに、町長のお答えの中に、プレハブでということを考えてますということで、だけどこれはずっとということではなくて、将来的には場所もちょっとちょっと言われてるんですね。学校の北側の方ということで、場所もちょっと明記をされてるんで言われたんですけれど、そこあたりにつくったらどうだろうかということで、それが皆さんのいろんな意見を聞きながらしていきたいということで、答えられてるんですよね。これを見た父母の方にしたら、プレハブで一時的にそういうのをつくってもらうよりも、ちゃんとした学童保育所をつくってもらった方がいいよねという思いが出ると思うんですね。その点で、この言葉というのは町長一般質問で答えられてるんですけど、この言葉はどんなふうになってますかね。もう消えてるんですかね。私はこの学童保育所ちゅうのはくってもらえる、東学童はつくってもらえるということでとらえてるんですけれど、どうですか。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 東の学童保育につきましては、要望があったと思いますが、そのことによって、言うならば1階と3階で非常に使い勝手が悪いから、1階のところにプレハブでもいいからぜひつくってほしいという要望に基づいてそういう計画をしたというように記憶をいたしております。ところが、そういう要望をされた皆さんが、もうよろしゅうございますというようなお話がございましたので、それではもうしばらく時期を待って、言うならばその皆さんの思いというのはもっとしっかりしたものをという思いがあったんじゃないかと思いますが、今から計画をいたしますのは、中央小学校、そして続きまして東に順番が回ってくるわけでございますので、その時期を待っていただけるんじゃないかというふうに思っております。



○議長(大林弘明君) ちょっとここで課長が答弁したいと言よりますがいいですか。

 野上議員。



◆15番(野上順子君) 子育て課は、私たちの担当ですので、質問すること自体も私も問題だなと思ってますので、子育て課には直接また委員会の中でも聞かれるのでいいんじゃないかなと思ってるんですけど、私が言いたいのは、町長中央小学校が次で、その次が東でっていうようなことだけど、やっぱり必要とされてるわけなんですよ。何で順番つけて、まあ順番つけていいです。順番つけていいけど、一緒にしても構わないんじゃないですか。それは一時的にはその年に2個つくったらその分だけお金要りますよね。でも、次の年につくったときにはやっぱりお金は一緒なわけですよ。やっぱり必要とされてるものをつくっていくということは、私はそう思ってますので、ぜひ早急に東学童の方も考えていってつくっていってもらうべきじゃないかなと思っておりますので、伏せてお願いをしておきたいと思いますけれど。



○議長(大林弘明君) 野上議員。



◆15番(野上順子君) この学童保育所の話になったときに、ちょっと委員会で意見として、こういう学童保育所をちゃんとしたのをつくっても、今は一時的に子どもたちが多くて、だけど、将来的に少子化になってきたときに、その教室というもの自体が人数がいなくなってもったいないものにもなるよねという意見もありました。確かにそうだよねっていうのも思ったんですけれど、ただやっぱり必要とされてるということの方が私にとっては大きいものがあったんですね。その話をしたときに、非常に待機者は多いんだというのを委員会で言いましたところ、待機ゼロと、ほとんどゼロ、南だけが10人という形で出てきてるんですね。でも、実際私たちが聞いた話では、申し込みをする時点で、あなたのパートの時間は何時までねということで聞かれるんですね。3時なら3時までとかというパートでしたら、3時過ぎにもう子どもが帰るような時間だったら、何も学童保育所に預けなくて家で見てくださいという形になるわけですね。だから、見れないことはないし、子どもが1時間ぐらい家におって帰れるから、そのときはもういいわということで、1年間学童に預けていた人たちにも今回はそういうお願いがあって、学童に預けられなかったということで、私はある程度制限がされたんじゃないかなっていう感じがするんです。その方たちが一番心配されるのは、確かに日常的に仕事に出てるときに、3時で終わりますって。でも、長期休みのときにはやはり子どもは一人。母親は、父親も働くわけですので子どもは一人で家にいなきゃいけない。そういう現状があるんですけれど、それはどう思ってるのというような質問をされたんですね、私も。確かにそうですよね。そういう意味では、私はこんだけ世の中が物騒な時代になってきたときに、休みの間だけでも、もっと欲を言えば助村議員言われるように、4年生から6年生までということのお願いもしてきたわけですけれど、それがなかなか思うように進んでないちゅう現状もあるわけですけれど、せめてこの休みのときにも子どもの対応というのを考えていただけないのかなと思うんですけれど、そのあたりについてはいかがでしょうか。



○議長(大林弘明君) 堀内子育て課長。



◎子育て課長(堀内善之君) お答えいたします。

 まず、夏休みの学童保育の件はちょっと後へおいて、まず町長がプレハブの件を申しましたが、これは地元の父母の会の要望というよりも、私も実際に東学童保育に行った場合、これも厚生委員会と行ったと思いますが、不自由をかけとるというような形で、雨の日でも70人が1つの教室に入って右往左往しよるというような状況でございましたので、これは何とかせないかないということで、町長の方に予算を上げさせていただいて、町長も了解していただいて、また議会の議決も得たとこでございます。そういうことで、後の経過についてはもう厚生委員会でちゃんと述べたとおりと思います。

 それからまた、東学童と志免中央学童保育所を一緒に建ててみてはという質問もございましたが、これは今補助金がこういうふうな国の状況で、不景気な状況でございますので、なかなか補助金がつかないと。ましては今中央学童保育所の建設に対しての補助金を出しておりますが、2つもということになると、東も志免中央学童保育所もということになるとなかなか難しいということもあって、やっぱり年月ずらさないかんということもあって、こういうふうにあと町長が申したとおりでございます。

 それから、本来の質問に戻りたいと思います。

 夏休みの長期休みのときに、学童保育所に入所できないかと、するような形でということで、あと待機児童の関係は、もうきのう数字はもう申し上げましたので申し上げませんが、このことについても父兄の方からも要望は上がっております。こういうことで、うちの方でも子育て課としても、検討をしてるわけでございます。そうすると、やっぱり東学童についてもほかの学童についても、同じように施設の整備、それからなおかつ財政面を考え合わせると、よい案が、妙案っていいますか、そういうことが出てこないということも含めて、私たちも思っているところでございますが、きのうも助村議員さんの方から待機児童の解消、それから4年生以上の入所の拡大ということも含めて、子育ての子どもの居場所づくりを京都郡の豊津町に行ってきて、学校教育課とともにどうしたらできるんじゃなかろうかということも含めてしているわけでございます。それについてもいろんな問題がございますので、きのうも申したとおりでございます。したがって、今精査、研究をいたしてるところでございます。

 以上でございます。



○議長(大林弘明君) 野上議員。



◆15番(野上順子君) 調査研究をしていただいているということですので、ぜひしていただきたいんですけれど、私いつまでもじゃあ調査研究では困るんですね。やっぱりもう現に休みというのはまたすぐ来ますよね。そういうときに、本当に子どもたちの安全が守れるのかということまで含めて検討していただきたい。夏休みだったら空き教室等ももしかしたらあるかもしれない。そういう部分では、せめて長期休みのときだけの対策はどうしようかというのを学校教育課とそれから子育て課という形で何か話し合いをぜひとってもらって、まずできること、確かに今言われるように、課長言われるように学童保育所については補助金の関係もあると言われるなら、早急に2つ一緒にというようなことが無理なら、それはそれでですけど、やっぱり長期休みのときのちゅうのは考えられないことはないと思うんですよ。今預けてないけど、長休みのときに心配はありませんかというようなことで今親に聞いてみて、預けてみたいと思われますかというような声かけとかというのをされて、そこに人数が出てくるのか出てこないのか。私が知ってる人はそういうのがあれば安心だけどねというのがありましたけど、実際親がどう思ってらっしゃるのか。いやもういいよ、夏休みぐらいとかと思われるかもしれない。そういう調査ぜひ始めていただきたいなと思うんです。それで、先ほど課長中央学童に関しては予算をって言われたけど、結局1年間昨年は学校とタイアップの関係上出なかったですね。だから、1年おくれてますよね。私はこんな形でまたおくれ、そしてそれから来年それが必ずなるのかという確信はまだないわけですよ。その後また何年かおいてっていえば、物事というのは何年も何年も何年もたっていくわけなんです。それではその時々の親にとっては非常な不安を与え、思いながら、学校に学童ができないということで、そこはもう一回私との考えが違うかもしれませんけど、ぜひ早急の対応をお願いをしたいと思います。

 3番目に福祉の問題、先ほどの福祉、環境、教育の中の1つでもあるんですけれど、障害児ですよね、先ほども言いましたように、0歳から6歳まではパワフルキッズでしてます。それ以上の18歳からの子どもには一時預かりという形で志免町はできるようになっております。ただ、一貫してできてないんですね。途中が抜けてるわけなんですけれど、それに対して、ぜひ一貫した場づくりをしてもらえないだろうかということをずっと言ってきてるわけなんですけれど、そのパワフルキッズの先生が来られたときの話の中でも、やはりパワフルキッズを6歳まで行かれて、その後やっぱり相談がどこにも相談のしようがなくて、パワフルキッズの方に相談が電話等でもあってるということで、また、私の知ってる人たちでも障害持っていろいろ働くようになって、その中で子どもが子どもなりに苦労してるのを見たときに、アドバイスをいただきたいという思いで、一番最初にお世話になったところにやはり相談を持っていかれるということで、何か一貫した障害児の対応というのも必要なんじゃないかなと思うんですけれど、そこのあたりでぜひそういう一貫した場づくりというのをしていただきたいなという思いがあるんですけれど、いかがでしょうか。



○議長(大林弘明君) 世利福祉課長。



◎福祉課長(世利章君) ただいまの御質問でございますけど、障害をお持ちの子ども様の御事情といいますか、それは確かに一貫性を持ったというのは、途中でせっかくのいろんな訓練なり、いろんなケアの仕方によって伸びてくる能力とかを途中でどうしてもそがれるということは十分理解できます。障害者の方の地域とのかかわり合いについては、これ大変重要なことと思います。今後地域でそれぞれ障害を持った方が地域にとけ込んで、地域で生活されるということが大変重要なことと思います。そのような環境づくりは必要なことと考えております。今さっき一時預かりの件がございましたんですが、現在社協の方でその一時預かりは事業として行っております。もうこれは平成3年からの取り組みで、長く行われておりますが、現在はシーメイトの中で引き続き行っているわけでございますけど、学校の休業時とか定期的に障害者の方を預かることとかは、日常の生活のリズムを維持していくためには大変重要なことで、これ御家族の方も大変気にかけてある、また今後ずっと長く生活してある中では大変御要望も多いということは十分PKの柚の木学園、福祉会の方からでも話は伺っております。そのようなことから、シーメイトの中で行われるようにしておるんですけど、利用の実績等はもう既につかんであると思いますけど、平成15年度ですが、実施しております日数63日、1年間63日実施しております。その中で、利用の延べ人数は281人で、1日平均大体4人強ですかね、4.4人ほどでございます。単純に延べ人数で割ったところですね。同じ利用してある方がその中には含まれてあると思うんですけど、しかしながらこの事業も放課後になってからはそういう事業が現状ではできてないということが現実でございます。この平日に預かる放課後とか、御両親なり家族の方がどうしても預かられるようになるためには、いろんな問題等がございますので、送迎の問題とか人的な配置ですね、そういうことございますので、今後早急に検討は、それはもう予算編成の前でも主には柚の木福祉課へ、社会福祉協議会もございましたんですけど、いろんな協議する中でそういう切実たる職員の方の思いといいますか、かかわってある方の思いというのは感じられますので、十分今後検討させていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(大林弘明君) 野上議員。



◆15番(野上順子君) 今課長が言われたように、ただ預かるだけじゃなくて、続けてきたものが途中で途絶えるということが非常にいけない、せっかくのものがまた一から戻っていくんですということは言われておりますので、ぜひ一貫した障害児、0歳からの一貫したものかでき上がるようにお願いをしておきたいと思います。私こういうことも含めて17年度の予算、大変厳しい現状のある中で、今から各課の予算をそれぞれ皆さんしたいことがいっぱいあると思いますので、そういう中から削って、削って削っていかれるんでしょうけれど、ぜひ弱者そして弱い者の見舞金、補助金等の削れることはないようにお願いをして一般質問を終わりたいと思います。



○議長(大林弘明君) 野上議員の一般質問を終わります。

 ただいまから休憩に入ります。再開は14時50分とします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜

              休憩 午後2時30分

              再開 午後2時50分

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(大林弘明君) 休憩前に引き続き会議を再開します。

 一般質問を続けます。

 次に、16番稲永康人議員。質問時間45分です。

 稲永議員。



◆16番(稲永康人君) 竪坑櫓について。竪坑櫓については、竪坑櫓周辺の安全対策について町政報告がされましたので、重複する分については割愛をいたします。

 確認のため2点ほどお尋ねいたします。

 独立法人新エネルギー産業技術総合開発機構(通称NEDO)は、竪坑櫓を文化遺産と見てないと私は思っております。NEDOは、瓦れきまたは価値のない建物と思っているのではないかと思われます。文化遺産と見ているのであれば、解体、撤去すると言えるはずがないと思われます。町長にお尋ねします。どう思われますか。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 稲永康人議員の質問にお答えをさせていただきます。

 NEDOの思いについてのお尋ねでございますけども、私はNEDOの思いがどういうことなのかというのはいろんな要素があろうかと思いますので、NEDOの代弁をするわけにはいかないという気がいたします。NEDOの思い等について、長くこのことについて交渉をしてきておった課長がおりますので、そのあたりから答弁をさせます。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) 今長いやら云々とおっしゃいましたが、これはどうしても残すと思えば、今町長の直接には関係ございませんが、昭和39年の閉山と同時に対策を講じておけばよかったと私は思っておるわけでございます。私やったら、写真を保存して、NEDOの所有物でございますので、あなた様の御自由になさってくださいと。ただし、人命尊重の観点から、早急に竪坑櫓の周辺の安全対策を講じてくださいと、私やったらそういうふうに申し入れますが、NEDOが竪坑櫓の保存価値なしと思っているのに、町長それでも3年間猶予いただいて調査しなくてはならないのか。また、3年もかけて他人様の所有物を調査する必要があるのですか。お尋ねします。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) NEDOとの関係については稲永議員も御存じのことであろうと思います。今まで長い間NEDOに対して譲り受けをしたいという申し入れをしておったわけでございまして、そのような関係から、今回の台風によるコンクリート片の剥離によって、言うならばNEDOの方からは志免町の住民の方々に迷惑をかけてはならないという思いから、安全対策の最たるものでございますが、そのものをなくせば、皆さん方に御迷惑はかからないのじゃないかというようなことが解体という言葉になってくるんじゃないかと思います。しかし、それはもう志免町の生い立ちからして、そして竪坑というものについての認識はそれぞれ思いがあろうかと思いますが、その町民のコンセンサスも得ずしてNEDOに、言うならば私どもの持ち物じゃないからどうぞというわけにはいきません。NEDOの方からは、解体について志免町の意見を問いたいというようなふうに申し出があったわけですから、そのことについてはしっかりとした回答しなきゃならない。ついては、短期間でそのコンセンサスを得ることができるであろうか。住民の皆さんとあるいは保存か解体かということについて短期間でその結論が出し得るであろうか。言うならば、3年近くはかかるのじゃないか。言うならばいろんな調査をし、研究をし、そういうことを踏まえてこのような方向性でどうこうしたいと、町民の皆様方に意見をお尋ねをする。そしてまた、それが幅広い方々にお尋ねをするということになりますと、期間というのはせめてそれくらいなからないと理解を得られるとこまでいかないのじゃないか、そういうことが3年間でございます。そういうことから、よそ様のものに余計なことを言わないでもいいのじゃないかと言われますが、それは長い歴史がそういうことになったわけでございまして、御理解を賜りたいというふうに思います。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) 意見の一致ちゅうのはなかなかとれないと私思いますよ。結局、片一方は世界遺産と言うし、他方では瓦れきやないかと。あれに数億円も金かけてどうするとかと、それで済めばいいけど、あと2次被害と、そういうふうになれば、コンセンサスもあったものじゃないです。なかなか意見の一致は私はとれないと思いますが。そじゃけもうこれは向こうからこうして書類が来ておる以上は、もう向こうの意見に従う方が私は賢明じゃなかろうかと思いますが。



○議長(大林弘明君) それで答弁されますか。稲永議員、考え方を聞いてはるわけですか。



◆16番(稲永康人君) 私、言語障害がありますけ、言葉が足らんときはもう一度聞いてください。



○議長(大林弘明君) 今のあなたの意見を。



◆16番(稲永康人君) そじゃけん、今のところは答えされんならされんでもいいですから。される分についてしてください。



○議長(大林弘明君) はい。



◆16番(稲永康人君) 私は、町長にお尋ねしてるけ、課長さんには関係ありませんので。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 先ほども申し上げましたが、NEDOの方から、解体したいと思うがいがかという回答を求められておるわけですから、私としては、それは稲永議員は解体すべきではないかと言われましょう、またほかの方々はいや保存すべきじゃないかと言われましょう、そしてまた、きょうも子どもたちの話等もあっておりましたけども、そういう中にある保存をしたらいいんじゃないか、解体すべきじゃないか、ましていわんや保存するとしたらこれだけの財政的な負担がかかる、あるいは解体したら、言うならば志免町の何かシンボル的なものを崩すことになる、文化的な造形がないことにつながってくる、そういうふうないろんなことがあるわけですので、そういうことを町民の皆さん方にお知らせをして、そしていろんな意見を聞くというのは、私はしなければならない立場でございます。もちろん解体すべきだと言われる方もたくさんおられると思います。また保存すべきだと言われる方もたくさんおられると思います。そういう方々のいろんな御意見を調整をさせていただきませんと、今個人的な町長としての今の考えだけで返事をするというわけにはいかないわけでございまして、そういう立場といいましょうか、があるということをぜひ御理解をいただきたいというふうに思います。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) 私が言いたいのは、きょうでも財政難で云々とありました。それに何でどのぐらいかかるかわからん、底の見えんような莫大な金をかけて、それだけの価値があるんですかと言いよるわけです。それはもうお答え要りませんけど、一応考えておってください。

 いいです、どうぞ。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 私は町政報告でも申し上げました。一度壊したものはもうもとに戻らないんです。それから、文化財とか何かいうのが財政的な問題だけで改廃するということがいいでしょうかという、そういうところを私はしっかりと論議を深めなければならないのじゃないかと、そういう思いでおるわけでございまして、そういうことでございます。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) そやから、写真で保存でいいじゃないですかと言いよるんです。写真保存でいいんじゃないですかと言うただけのことです。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) そういう記録保存といいましょうか、そういう方法もあると思います。あるいはまたミニチュアをつくってここにこういうものがあったという保存の仕方もあると思います。あるいは現在のものをきちっと将来、未来永劫にわたって安全なようにする方法もあると思います。あるいはまた利活用できるようにいろんな保存もあると思います。あるいはまたその中にも、じゃあみんなで見守ろうかという、お金を最小限度、お金をかけない見守り保存というのもあるかもしれません。いろんな知恵があるかもしれませんので、そういうことを学術的、あるいはそういう専門家的、建設学的、いろんな立場の方々に知恵を拝借をして、そしてこれを志免町としてどうするのかという方向性を私はつかまさせていただきたい、そのためのいろんな資料をいただきたい、勉強させていただきたい。そのことをもって私どもの案をつくり、そして皆様方に提示をし、御意見をいただいて最終決定をさせていただければと、そういうふうなことを考えているところでございます。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) 本当に残したいのであれば、閉山した昭和39年に修理補修して、ずっと年々定期的に管理してから保存すれば、そちらの方が値段的にも安うもつくし、そして本当に世界遺産と言えると思いますけど、今、悪い言葉で言えば、瓦れきに等しいんじゃないかと、それを何で何億円もかけてせにゃいかんかという声があるから、私はそれを言いよるだけのことで、住民の声を代弁しよるだけでございます。答弁は要りません。

 次に行きます。



○議長(大林弘明君) はい。



◆16番(稲永康人君) 宇美川についてでございますが、災害に強い宇美川について。

 去る11月10日19時よりおいて、南里一公民館、町内公民館で福岡県土木事務所災害事務室河川砂防課の砂防事業について説明がありましたが、その説明の中で、平成15年7月19日の雨量には耐え得ることのできる砂防工事をするとのことでしたので、私は一安心しておるところでございます。私がなぜそのときに今かと言ったのは、昭和48年7月末日の大水害の教訓がどうして生かされなかったのかと言いたかったからであります。行政は天災と言えば責任逃れになる、被災者は泣き寝入りしなくてはならない。これはどう町長は思われますかね。これは天災やからと言うて。当時、町長、直接おってなかったから、直接関係ありませんけど。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 昭和48年の水害の経験が今日どうして生かせなかったのかというお尋ねであると思います。

 当時の水害というのは、今もまだ私どもの脳裏には焼きついておるわけでございますが、そのようなことを踏まえて、宇美川の改修が言うなら博多湾の方側から、綿打川のところから、御手洗の方からずっと上に進んできたというふうに思います。それが亀山橋、言うならば何といったらいいのか、亀山橋のところまで来て実はとまっております。その後、私がこうして町政を担当させていただくようになって、言うならばできるだけ早くそれが上流域に上がってきて吉原、田富までその改修工事が進めばよかったのですが、なかなかそうはいきませんでした。

 その経験が生かされてないと言われればそれまでかもしれませんが、いろんなところで宇美川の改修については要望、要請をしてきておったつもりではございます。言いわけになるかもしれませんけども、県の事情、あるいは国の事情等もあったんではないかと思いますが、後ほど対策室長がおりますので、そちらから経緯については説明をさせますけども、国交省を初め、あるいは県議会に行っても宇美川の早期改修についてということで要望はしてきておったところでございます。しかし、実際問題として、河積の拡張及び井堰の統廃合、あるいは改善、改修等についてのそういうことができなかったわけでございます。そうこうするうちに今回の7・19の災害ということで、それが天災であるのか、人災であるのか、非常に私も私自身の責任は感じはいたしますけれども、しかし、これもやっぱりいろんな面が打ちそろいませんと改修にならないわけでございます。特にこれは、もう言いわけになるかもしれませんけども、県営河川でございまして、県の予算がつかないことにはその改修ができなかったわけでございまして、努力が足りなかった分があるかもしれませんけども、そのことは私なりに今後の私の糧とさせていただきたいというふうに思いますけども、人災か天災かと、どちらかと言われますと、今回の集中豪雨、しかも上流域にピンポイント的にスポット的に降った未曾有の雨がもたらした、そしてまた地域の環境がいろんな面で都市化をした、そういう複合的な条件が重なって、今回の水害に結びついたんじゃないかなという思いはいたしております。そういうことから、前回の轍を二度と踏まないように、今回はできるだけ早期に改修に向けての努力をしてきたところでございまして、おかげさまで、御存じのとおり上流域の復緊事業と助成事業ということで一応のめどがついたところでございますが、今後も引き続き今回の災害を教訓として将来に向けた努力をしていかなければならないと、そういうふうに心も新たにしておるところでございます。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) 今までは、その場限りの事業しかしてきておらんから、補修してきたところからどんどん決壊していく、そういうことでありましたので、それはもう過ぎ去ったことやけ、とやかく言いませんが、この間、県の説明で言えば、何でできるとなら早くせんじゃったとか、そうしたら、あの説明を聞いておったら、これは人災ですよと言わんばっかりのとれるような説明だったですね。これは答弁は要りませんけど、そういうことでございますので、次に行きます。

 これもある人からの質問ですけど、水害によって倉庫にもならない家屋に前年度と同様に固定資産税がかけられていると。これも固有名詞はちょっと言えませんので言いませんが、町長は、その倉庫にもならん、それを前年度同等に税金をかけるということは当然と思われますか、それともちょっとひどいねと思われますか。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 税金のことについては、担当課長がおりますので、そちらの方から説明をさせます。

              (16番稲永康人君「町長に」と呼ぶ)

 私があいまいなことを答えるわけにはいきませんので、私にかわって課長に答えさせたいというふうに思います。

 それから、先ほどの宇美川の件でございますけども、答弁は要らないということでございましたが、上の方を上流域、水車橋から上流域を助成事業で早急に改修をする、そうすると下の方、つまり水車橋から下がまた今度はその被害を受けるということになるから、今までの経験を踏まえて、上流域を助成事業で下流域を復緊事業で整備をする。つまり、上流から下流まで一挙にやるということが今までと違うわけです。先ほど御指摘のありましたように、今まででしたら、どこか破堤したところ、言うなら堤防が決壊したところを修理するだけだったのが、今度は上側と下側とのバランスのとれた整備の仕方をしようというのが今回の今までと違うところじゃないかと思いますので、その辺はどうぞ御理解いただきたいし、また町民の皆様方にもそのようにお知らせをいただきたいと思います。

 それから、税金のことにつきましては担当課長から答弁させます。



○議長(大林弘明君) 安河内税務課長。



◎税務課長(安河内勇君) 罹災をされた家屋に税金がかかっているがということでございますけれども、固定資産の評価は、総務大臣が定めました固定資産評価基準に基づきまして、再建築価格をもとにしまして、町長がその価格を決定し、その価格をもとに課税標準額を算定しています。このようにされた価格や課税標準額が固定資産税台帳に記載されまして課税の基礎となります。その基礎がその年の1月1日現在の所有者に対して課税することとなっております。

 議員申し出のような事例が余りないわけでございますけれども、昨年の7・19の災害時には約174件の固定資産税の減免をさせていただいております。これは、災害年におきましては所得税法及び住民税法の軽減の措置がございませんので、そのような形で災害世帯に対しては減免を行ったと。当然、大半の罹災家屋におきましては、災害後、畳、ふすま、家具等の修理をされまして、通常住める状況に復して使用されているのが現状だと思います。そこで、修復にかかりました費用は、所得税、住民税の雑損控除の適用を受け、また借家等も必要経費で控除されますので、なおかつ減価償却の対象となります関係上、そのような形で残存率に適した残しました物件は、すべてのものに対して、原則として建物が建っている間は毎年課税をするということになっておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) 法的に決まっておるとなら、書類は後で下さい。何でも法的法的と言って逃れさすわけです。見らんことにはわからんと。



○議長(大林弘明君) 安河内税務課長。



◎税務課長(安河内勇君) そのような形の書類ありますので、提出させていただきます。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) それから、危険箇所についてお尋ねします。

 危険箇所の調査はしてあるのかないのか、それから調査した報告は県に報告しているのかいないのか。県にその都度報告をしているのであれば、県の職務怠慢であるから、県はその損害賠償をすべきではないかと思われますが、町長はどういうふうに判断されますかね。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員、対策室長でよろしゅうございますか。いいですか、町長ですか。



◆16番(稲永康人君) いやいや、いいです。



○議長(大林弘明君) 世利対策室長。



◎宇美川対策室長(世利茂春君) ただいまの件ですが、防災上の観点から防災係の方が通常の分は報告していると思いますが、災害時、いろんな水害とか受けた場合は、その都度現地調査を行い、常に連絡は取り合っています。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) いや、私が言うのは、危険箇所でそういう時期になると、ここは増水すれば決壊するとか、決壊しないとか、そういう調査を定期的にしてあるんですかと言う。



○議長(大林弘明君) 世利宇美川対策室長。



◎宇美川対策室長(世利茂春君) 河川に関しての調査はその都度報告していますが、今回のような越水箇所、数キロに及ぶ箇所、どこが越水するとかという予測は立てられませんので、その分については報告いたしておりません。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) 県も報告せんとわからんとですけんね、宇美川だけが県の川だじゃありませんので。いろいろ御笠川もありますし、やっぱり今度平成15年7月15日の水害があれぐらいの雨量があっても耐え得る工事をするということでございますのでそれはいいとして、今後どういう上流がまたかわってくるかわからんから。上流が開発するから下へどんどん水が鉄砲水みたいに流れてくるとやから。じゃけんそういうことのないようにひとつお願いしておきます。



○議長(大林弘明君) 答弁要りますか。

 世利宇美川対策室長。



◎宇美川対策室長(世利茂春君) 今回に限りましては越水箇所すべて報告いたしております。資料等を上げておりますので、それを参考に河川改修の計画も行っている部分があると思います。

 以上です。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) これは通告してなかったからあれは要りませんけど。



○議長(大林弘明君) 通告外はせんでください。



◆16番(稲永康人君) 遊水地をぜひつくっていただきたいと要望しておきます。



○議長(大林弘明君) できるだけ通告外は言わんとってください。

              (16番稲永康人君「議長」と呼ぶ)

 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) それから、介護保険について、第1号介護保険料について。

 介護保険料が6段階になったが、65歳以上延べ6段階で負担するので少しは保険料が安くなるだろうと思っていましたが、要介護者の増加、介護サービス利用料の増加、介護サービスに必要な費用の増加等で介護保険料が上げなくてはならんような状態になりましたと。また、互助の精神で値上げを御承認してくださいというようなことでございますが、4段階、5段階、6段階の方の一部は、ぎりぎりの生活をしている人は、その保険料の支払いに追われている状態でございます。低所得者より4、5、6段階の一部の人の方が、そういう状態の人は生活が苦しいわけでございます。それでそのうっぷんはどこにぶつけていいのか、これもみんな困っておるところでございます。

 福岡県の介護保険広域連合議会でのこういうことに対して、意義とか意見とか出たか出なかったのか。ただ、第1号は介護保険料、第2号は介護保険税、だから、最高額が違うというのか、そういうとこのそれをどういうふうにとらえてあるのか、ちょっと御意見をお聞かせください。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 1号保険と2号保険の被保険者のその保険料というのは、それぞれ計算をされるのじゃないかと思います。そういうことから、広域では話し合うというか、論議をされるということではないというふうに私は思いますが、担当課長の方からそのあたり詳しいところは答弁させます。

              (16番稲永康人君「議長。課長、会議行ってないでしょう。町長のかわりに行きよるとですか。そじゃけ介護保険議会でそういう話が意見が出たか出なかったか尋ねよるだけです」と呼ぶ)



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) ただいま申し上げましたとおり、意見は出ておりません。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) みんな議会へ出てはる方は金持ちばっかりやから、そういうことは意に介せんということでございますかね。もうそのぎりぎりに生活しよる人は、今言うたように、低所得者よりもまだ苦しいとですよ、税金に追われてから。そして未収入がたくさんあるし、張り合いのある腰の強い人はそのままほっておくと、取りやすい者から取ると、それじゃいかないと思いますが。もう少し研究してください。



○議長(大林弘明君) はい。



◆16番(稲永康人君) その今の件につきましては、介護保険連合議会でよく話し合っていただきたいと思います。

 それから、これによりまして、私は、未納者が、結局2号の最高額よりも1号の最高額の方が高額やから未納者が出るのではないかと聞く人がおりますが、介護保険料未納金については2年で時効になります。そしてその対策は一般会計から補てんするのか。税収が下がっているのに一般会計から補てんできるのか。未納者がどんどんふえれば納税者の納税意欲がなくなるのではないかと思われますが、町長はどう思われますかね。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) 私と意見が少しかみ合いませんのは、5段階にした場合と6段階にした場合のそこが私、少しかみ合ってないんじゃないかなといういうふうに思います。5段階を6段階にするということの方がそういう低所得者の方々には有利になるのではないかなというふうに思いますが。そういうことで、6段階方式は所得の低い階層の人の保険料負担感を軽くしようというするものであります。また、6段階の人の負担が重くなることについては、改正の時点、平成14年度で理解を得られていたものというように考えております。しかしながら、未納者、滞納につきましては生じていますが、この滞納額は、今言われておりますように2年で時効になるわけでございまして、それらは不納欠損で処理をされていきます。この額につきましては、一般会計からの補てんはできないようになっておりまして、したがいまして、県の財政安定化基金の方から借り入れで運営されるということになるわけでございます。

 そういうことでございまして、言いますならば、稲永康人議員は厚生委員長でございましたので、もう介護保険にはいろいろ造詣も深いのではないかと思いますが、どうぞよろしく御理解を賜りますようにお願いいたします。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) 私も5段階から6段階になったから安くなると、そしてそれはどうしたかということは、低所得者に対しての援助といいますか、そういうために6段階にすると、そう聞いておったけど、実際なってみれば、高くなった。



○議長(大林弘明君) 南里町長。



◎町長(南里辰己君) それは稲永康人議員の個人的な問題ではないかと思いますが、所得が高い方の分に属されるんじゃないでしょうか。そういうふうなことからやっぱり負担が高くなったんじゃないか。所得の低い皆さん方には、6段階方式は有利に働いたと思いますが、いろんな所得のある方には有利には働かないんじゃないかと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員。



◆16番(稲永康人君) 実際基準が上がっておるから、だから、それにつれて上がっておるから、余計高くなったのはわからんでもないですね。わからんでもないですけど、やっぱり人から尋ねてくれと言われれば、私も住民とのパイプ役で通してきておりますので、一言言っておかんと、そういうことでございます。

 少し早うございますばってん、これで終わります。



○議長(大林弘明君) 稲永康人議員の一般質問を終わります。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれで散会します。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜

              散会 午後3時30分