議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 那珂川町

平成24年第2回(6月)定例会 06月07日−01号




平成24年第2回(6月)定例会 − 06月07日−01号







平成24年第2回(6月)定例会



1 議 事 日 程 第1号

   (平成24年第2回那珂川町議会定例会)

                                平成24年6月7日

                                午前9時30分開会

                                於   議   場

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 諸般の報告

 日程第4 議案第51号から議案第62号までと諮問第3号、報告第1号から報告第3号までを一括上程

 日程第5 議案第51号から議案第62号までと諮問第3号、報告第1号から報告第3号までの提案理由の説明

 日程第6 議案第51号から議案第62号までと諮問第3号、報告第1号から報告第3号までの説明

2 出席議員は次のとおりである(17名)

  1番  春 田 智 明            2番  森 田 俊 文

  3番  平 山 ひとみ            4番  高 原 隆 則

  5番  高 倉   司            6番  原 口 憲 雄

  7番  若 杉   優            8番  糸 井 十九二

  9番  津 留   渉            10番  江 頭 大 助

  11番  唐 崎 康 子            12番  壽 福 正 勝

  13番  早 冨 惠 子            14番  上 野   彰

  15番  後 藤 秀 記            16番  津 口 勝 也

  17番  加 納 義 紀

3 欠席議員は次のとおりである(なし)

4 会議録署名議員

  7番  若 杉   優            8番  糸 井 十九二

5 地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(13名)

  町長      武 末 茂 喜        副町長     高 田 重 徳

  教育長     大 島 和 寛        総務部長    渡 邉 利 治

  地域整備部長  坂 井 俊 明        住民生活部長  藤 野 義 信

  健康福祉部長  笹 渕 政 一        教育部長    武 田 隆 之

  総務課長    本 田   茂        税務課長    羽 根 正 俊

  福祉課長    池 田 優 子        建設課長    眞 鍋 典 之

  学校教育課長  河 野 通 博

6 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(3名)

  議会事務局長  緒 方 直 巳        係長      藤 島   仁

  主任主事    米 澤 一 江







              開会 午前9時30分



○議長(加納義紀君) おはようございます。

 現在の出席議員は17人です。ただいまから平成24年第2回那珂川町議会定例会を開会します。早速本日の会議を開きます。

 議事日程は、お手元に配付してます議事日程第1号のとおりです。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(加納義紀君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 7番若杉優議員、8番糸井十九二議員を指名します。



△日程第2 会期の決定



○議長(加納義紀君) 日程第2、会期の決定を議題とします。

 お諮りします。本定例会の会期は、お手元に配付してます会期日程案のとおり、本日から6月21日までの15日間としたいと思いますが、ご異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日から6月21日までの15日間と決定をいたしました。



△日程第3 諸般の報告



○議長(加納義紀君) 日程第3、諸般の報告を行います。

 初めに、各常任委員会及び各特別委員会から閉会中の調査報告書が配付されておりますので、ご一覧お願いします。次に、監査関係ですが、平成24年1月分から3月分までの例月出納検査と平成24年5月分の定期監査の結果報告書が配付されておりますので、ご一覧願います。次に、本日までに受理した陳情、要望等については、お手元に配付してます陳情等整理一覧表のとおりです。関係常任委員会での審査をお願いします。以上で諸般の報告を終わります。



△日程第4 議案第51号から議案第62号までと諮問第3号、報告第1号から報告第3号までを一括上程



○議長(加納義紀君) 日程第4、議案第51号から議案第62号までと諮問第3号並びに報告第1号から報告第3号までを一括上程します。



△日程第5 議案第51号から議案第62号までと諮問第3号、報告第1号から報告第3号までの提案理由の説明



○議長(加納義紀君) 日程第5、議案第51号から議案第62号までと諮問第3号並びに報告第1号から報告第3号までを議題とし、提案理由の説明を求めます。武末町長。



◎町長(武末茂喜君) おはようございます。本日ここに平成24年第2回那珂川町議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては大変ご多用のところご出席いただきまして、厚くお礼を申し上げます。

 さて、本日の定例会に提出申し上げております議案は、議案第51号から議案第62号までの12件と諮問1件、報告3件でございます。

 議案第51号は、住民基本台帳法の一部を改正する法律及び出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律が施行されることなどに伴い、条文の整備を図るため、那珂川町印鑑条例及び那珂川町手数料条例の一部を改正するものです。

 議案第52号は、民法等の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、条文の整備を図るため、那珂川町個人情報保護条例の一部を改正するものです。

 議案第53号は、飲酒運転撲滅に関する施策及び取り組み事項を定めることにより、安全で安心して暮らすことのできる町民生活を実現するため、那珂川町飲酒運転撲滅に関する条例を制定するものです。

 議案第54号は、平成24年度那珂川町一般会計補正予算で、歳入歳出それぞれ2億4,116万7,000円を追加することといたしておりまして、これにより予算の総額は歳入歳出それぞれ144億413万6,000円となります。

 議案第55号から議案第57号までは、工事請負契約の締結についてでございまして、いずれも町立学校大規模改造及び太陽光発電設備設置工事の請負契約を締結するため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものです。

 議案第58号は、財産の取得についてでございまして、消防ポンプ自動車を購入するため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものです。

 議案第59号は、道路法第8条第1項の規定により町道路線を認定するに当たり、同条第2項の規定により議会の議決を求めるものです。

 議案第60号は、住民基本台帳法の一部改正に伴い、福岡県後期高齢者医療広域連合に対し構成市町村が負担する共通経費の人口割に係る規定を改めるため、福岡県後期高齢者医療広域連合規約を変更することについて、地方自治法第291条の11の規定により議会の議決を求めるものです。

 議案第61号は、那珂川町の特定の事務を取り扱わせる郵便局の指定における事務の範囲を変更することについて、地方公共団体の特定の事務の郵便局における取り扱いに関する法律第3条第5項後段において準用する同条第3項の規定により議会の議決を求めるものです。

 議案第62号は、固定資産評価審査委員会委員の渡邉幸夫氏が平成24年9月9日付で任期満了となるので、引き続き同氏を選任することについて、地方税法第423条第3項の規定により議会の同意を求めるものです。

 諮問第3号は、那珂川町の区域に置かれる人権擁護委員が1名増員されることに伴い、委員として奥節代氏を推薦することについて、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものです。

 報告第1号は、平成23年度那珂川町一般会計予算繰越明許費に係る繰越計算書について、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するものです。

 報告第2号は、平成23年度那珂川町一般会計予算事故繰越に係る繰越計算書について、地方自治法施行令第150条第3項において準用する同施行令第146条第2項の規定により報告するものです。

 報告第3号は、那珂川町土地開発公社の平成23年度決算に関する書類について、地方自治法第243条の3第2項の規定により報告するものです。以上、提出議案の概要についてご説明申し上げましたが、詳細につきましては担当部長に説明させますので、慎重にご審議の上、ご議決くださいますよう申し上げ、提案理由の説明といたします。



○議長(加納義紀君) 提案理由の説明は終わりました。



△日程第6 議案第51号から議案第62号までと諮問第3号、報告第1号から報告第3号までの説明



○議長(加納義紀君) 日程第6、議案第51号から議案第62号までと諮問第3号並びに報告第1号から報告第3号までを議題とし、担当部長の説明を求めます。議案第51号、住民生活部長。



◎住民生活部長(藤野義信君) 議案第51号について説明いたします。今回の改正内容につきましては、外国人登録制度が廃止され、外国人住民の利便の増進及び行政の合理化を目的として、外国人住民を住民基本台帳法の適用対象に加えることに伴う改正でございます。4ページの新旧比較対照表をお開きください。那珂川町印鑑条例につきましては、第2条及び第4条で外国人登録制度の廃止により外国人登録原票及び外国人登録証明書の表記を削除するものでございます。5ページから6ページの第5条、第6条、第12条につきましては、印鑑登録の規制、登録抹消をする上で、外国人住民である場合、氏名のほか通称も対象になることによる条文の整備及び非漢字圏の外国人住民の住民票の備考欄に記載されている氏名の片仮名表記も対象になることから条文を追加するものでございます。6ページをお願いします。那珂川町手数料条例につきましては、第2条第1項の表中の「外国人登録済証明」を削除するものでございます。3ページをお願いします。附則として、この条例は平成24年7月9日から施行するものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第52号、総務部長。



◎総務部長(渡邉利治君) 議案第52号について説明をいたします。3ページの新旧比較対照表でご説明をいたします。那珂川町個人情報保護条例の一部改正でございます。民法等の一部を改正する法律が施行され、法人が未成年者の未成年後見人になることができるようになりましたので、個人情報の開示請求等の手続の規定について、未成年者の法定代理人として法人が申請する場合を想定し、改正をするものでございます。第13条第1号、第20条第1項第1号及び第22条第3項第1号に、(法定代理人が法人である場合にあっては、その商号又は名称及び住所並びにその代表者の氏名)を加えるものでございます。2ページをお願いいたします。附則としまして、この条例は公布の日から施行し、平成24年4月1日から適用するものでございます。以上でございます。



○議長(加納義紀君) 議案第53号、住民生活部長。



◎住民生活部長(藤野義信君) 議案第53号について説明いたします。本条例制定の経緯は、平成18年8月25日、福岡市東区海の中道大橋での飲酒運転事故により幼い3人の命が突然奪われるという悲惨な事故が発生し、その後法令による厳罰化や取り締まり等の強化が続けられたにもかかわらず、平成23年2月9日には福岡県粕屋町で男子高校生2人の命を奪う事故が起きました。この間、飲酒運転は絶対にしない、させない、許さないとして県民意識は大きく変わったと思われました。しかし、福岡市の消防士や小学校教頭による飲酒運転など、いまだに飲酒運転が後を絶たない状況であります。このような状況にあって、飲酒運転撲滅に対しては議会決議や都市宣言、条例制定など各自治体において取り組まれ、那珂川町議会においては平成23年第4回定例会において飲酒運転撲滅に関する決議が付され、その後啓発の取り組みもなされているところでございます。また、福岡県では、福岡県飲酒運転撲滅運動の推進に関する条例が平成24年3月2日付で公布されました。このような背景を受けて、町内で飲酒運転死亡事故が発生していない今こそ飲酒運転の撲滅に向けて、行政を初め町民一人一人に対する飲酒運転をしない、させない、許さないといった意識の定着、モラルの高い飲酒運転のない安全で安心なまちづくりを実現させるべく、この条例を制定することといたしました。

 本条例は、第1条の目的から第11条、委任までの構成となっております。2ページをお願いします。第1条、目的としまして、町、町民、事業者が一体となって飲酒運転撲滅のための活動を推進し、飲酒運転をしない、させない、許さないという町民意識を定着させ、安全で安心な町民生活の実現を図ることを定めております。第2条は、定義として第1号から第6号まで、この条例における用語の意義を定めております。第3条は、町の責務として、第1項は飲酒運転の撲滅に関する知識の普及、意識の高揚及び総合的な施策や取り組みについて、第2項は町民、事業者、福岡県と連携して施策を推進するための効果的な活動について町が果たすべき責務を定めております。第4条は、町長、町議会議員及び本町の特別職、一般職の職員は町民の模範となるべき立場を自覚し、率先して飲酒運転の撲滅に取り組むことについて定めています。第5条は、町民の責務として、家庭、地域及び職域において飲酒運転撲滅の取り組みに努めること、町が実施する施策や取り組みに対する協力、飲酒運転の疑いがある者を発見した場合は警察への通報や飲酒運転をしないよう声かけなどの措置を講ずるよう努めることなどを定めております。3ページになります。第6条は、事業者等の責務として、従業員の飲酒運転を防止するための措置を講ずるよう努めることなどについて定めております。第7条は、酒類提供事業者等の責務として、酒気を帯び運転するおそれのあるときは声かけや警察への通報、飲酒運転撲滅に関するポスター等の掲示などに努めるように定めております。第8条は、駐車場所有者の責務として、飲酒運転撲滅に関するポスター等の掲示など、飲酒運転撲滅のための必要な措置を講ずるように努めることについて定めております。第9条は、飲酒運転の撲滅に関する相談等に対応するための福岡県等の関係機関との連携について定めております。第10条は、飲酒運転防止教育について定め、第1項第1号は小・中学校における命の大切さや規範意識の育成に関する教育の実施、第2号については、高校生は各種免許を取得でき、卒業して2年程度で成人に達することを踏まえ、本町は特に町立高校を有することから高校生の教育について定めたものでございます。第11条は、委任について定めております。附則としまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第54号、総務部長。



◎総務部長(渡邉利治君) 議案第54号について説明をいたします。5ページをお願いいたします。第2表債務負担行為の補正でございます。指定管理料(学童保育所)以下2件を追加するものでございます。11ページをお願いいたします。歳入でございます。14款1項1目の民生費国庫負担金でございますが、平成24年4月から新児童手当制度に移行したことに伴い、予算の組み替えを行うものでございます。3節の子ども手当国庫負担金を減額し、5節の児童手当国庫負担金を計上いたしております。12ページでございます。14款2項4目の土木費国庫補助金の説明欄でございます。社会資本整備総合交付金でございますが、住宅、建物の耐震化を促進するための耐震改修補助金でございます。14ページでございます。15款1項2目の民生費県負担金でございますが、これにつきましても新児童手当制度に移行したことに伴う予算の組み替えでございます。3節の子ども手当県負担金を減額し、5節の児童手当県負担金を計上いたしております。15ページ、15款2項5目の土木費県補助金の説明欄、県木造戸建て住宅耐震改修促進事業補助金でございますが、木造戸建て住宅の耐震化を促進するための耐震改修補助金でございます。17ページでございます。18款1項1目の基金繰入金でございますが、財政調整基金及びふるさと応援基金の繰り入れでございます。18ページでございます。20款4項2目の雑入、説明欄のコミュニティ助成事業助成金でございますが、国の外郭団体であります財団法人自治総合センターの助成金でございまして、山田区、後野区、中原区のコミュニティ事業に交付されるものでございます。19ページ、これからは歳出でございます。2款1項4目の財産管理費、説明欄の公用車管理費でございますが、アルコール検知器の購入費でございます。公用車の運行に際し、運転する職員のアルコール検査を行うものでございます。22ページそれから23ページ、24ページにまたがりますが、2款4項4目の町長選挙費でございますが、町議会議員補欠選挙が同時に行われる可能性があるため、23ページの5目町長選挙・町議会議員補欠選挙費に組み替えを行うものでございます。25ページでございます。2款8項1目のまちづくり総務費の行政区活動費でございますが、山田区、後野区、中原区へのコミュニティ事業助成金でございます。26ページ、3款2項1目の児童福祉総務費及び2目の児童措置費でございますが、制度変更に伴い、児童手当費、児童手当事務費への組み替えでございます。28ページでございます。5款1項7目農地費の説明欄でございますが、ため池防護柵設置事業費、これにつきましては、農業用施設であるため池への転落事故防止及び水質の安全確保のため、ため池6ケ所に防護柵を設置するものでございます。31ページでございます。7款4項1目都市計画費の説明欄、木造住宅耐震改修事業費でございますが、昭和56年以前に建築された耐震性のない木造戸建て住宅に対して耐震改修工事費の一部を補助するものでございます。32ページ、8款1項5目の交通安全対策費でございますが、飲酒運転撲滅の啓発用チラシ、ポスターの印刷費でございます。33ページ、9款1項2目の事務局費でございます。事務局事務費の備品購入費につきましては、アルコール検知器の購入費でございます。また、負担金、補助及び交付金でございますが、岩戸小学校が平成24年度の国の研究指定校に内定したことにより国立教育政策研究指定事業補助金を計上いたしております。35ページでございます。9款7項1目の生涯学習総務費でございますが、屋内プールの中央監視装置の改修を行うものでございます。以上でございます。



○議長(加納義紀君) 議案第55号、議案第56号、議案第57号、教育部長。



◎教育部長(武田隆之君) 議案第55号について説明いたします。本議案は、町立学校大規模改造(空調設備)太陽光発電設備設置(1工区)工事に係る工事請負契約を締結するためのものであります。まず、工事概要につきまして説明いたします。1工区の工事対象校は、南畑小学校、岩戸小学校、那珂川南中学校でありまして、各教室等にエアコンの空調設備及び20キロワット仕様の発電量の太陽光発電設備の設置を行うものであります。1ページを説明いたします。1、契約の目的、町立学校大規模改造(空調設備)太陽光発電設備設置(1工区)工事。2、契約の方法、条件付一般競争入札による契約。3、契約の金額、1億8,375万円、うち取引に係る消費税及び地方消費税の額875万円。4、契約の相手方、住所、福岡市博多区店屋町5番18号、名称、富士古河E&C株式会社西日本支社支社長岩井弘一。5、工期、契約の効力の発生の日から平成24年10月31日までとしますと133日間になります。裏面に工事請負仮契約書を、3ページに条件つき一般競争入札結果表を添付しておりますので、ご参照をお願いします。なお、落札率は81.98%でございます。以上で説明を終わります。

 議案第56号について説明いたします。本議案は、町立学校大規模改造(空調設備)太陽光発電設備設置(2工区)工事に係る工事請負契約を締結するためのものであります。まず、工事概要につきまして説明いたします。2工区の工事対象校は、片縄小学校、岩戸北小学校、那珂川北中学校でありまして、各教室等にエアコンの空調設備及び20キロワット仕様の発電量の太陽光発電設備の設置を行うものであります。1ページを説明いたします。1、契約の目的、町立学校大規模改造(空調設備)太陽光発電設備設置(2工区)工事。2、契約の方法、条件付一般競争入札による契約。3、契約の金額、1億9,897万5,000円、うち取引に係る消費税及び地方消費税の額947万5,000円。4、契約の相手方、住所、福岡市博多区比恵町13番7号、名称、日本電設工業株式会社九州支店執行役員支店長永島潔。5、工期、契約の効力の発生の日から平成24年10月31日までとしますと133日間になります。裏面に工事請負仮契約書を、3ページに条件つき一般競争入札結果表を添付しておりますので、ご参照をお願いします。なお、落札率は78.94%でございます。以上で説明を終わります。

 議案第57号について説明いたします。本議案は、町立学校大規模改造(空調設備)太陽光発電設備設置(3工区)工事に係る工事請負契約を締結するためのものであります。まず、工事概要につきまして説明いたします。3工区の工事対象校は、安徳南小学校、安徳北小学校、那珂川中学校でございまして、各教室等にエアコンの空調設備及び20キロワット仕様の発電量の太陽光発電設備、太陽光発電設備につきましては安徳南小学校は除いております、の設置を行うものでございます。1ページを説明いたします。1、契約の目的、町立学校大規模改造(空調設備)太陽光発電設備設置(3工区)工事。2、契約の方法、条件付一般競争入札による契約。3、契約の金額、1億6,716万円、うち取引に係る消費税及び地方消費税の額796万円。4、契約の相手方、住所、福岡市博多区下呉服町2番29号、名称、栗原工業株式会社九州支店支店長高尾茂樹。5、工期、契約の効力の発生の日から平成24年10月31日までとしますと133日間になります。裏面に工事請負仮契約書を、3ページに条件つき一般競争入札結果表を添付しておりますので、ご参照をお願いします。なお、落札率は76.81%でございます。以上で説明を終わります。

 済みません、議案第55号の4の契約の相手方の名称を、私が「ふじこがE&C」というふうに先ほど説明いたしましたが、「ふじふるかわE&C株式会社西日本支社」でございます。「ふじこが」を「ふじふるかわ」に訂正をお願いします。以上です。



○議長(加納義紀君) 議案第58号、住民生活部長。



◎住民生活部長(藤野義信君) 議案第58号について説明をいたします。財産の取得でございます。これは、那珂川町消防団第1分団第1部の消防ポンプ自動車の買いかえで、現車両は昭和63年12月に登録し、既に23年が経過して老朽化していることから買いかえるものでございます。1、取得する財産の表示、(1)購入物品名、消防ポンプ自動車、(2)納入場所、那珂川町役場。2、取得価格、1,780万2,990円、これは取引に係る消費税及び地方消費税の額を含みます。3、契約の相手方、住所、福岡市中央区長浜2丁目3番40号、名称、愛知ポンプ工業株式会社代表取締役緒方健一。4、納入期限、契約の効力の発生の日から平成24年12月10日まで。2ページから3ページに物品購入仮契約書、4ページに入札結果表をつけておりますので、ご参照ください。なお、落札率は96%でございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第59号、地域整備部長。



◎地域整備部長(坂井俊明君) 議案第59号について説明をいたします。(仮称)那珂川町浄化センター建設工事に伴い、接続道路として新設予定の路線を町道認定するものでございます。2ページをお開きください。路線番号1666号、路線名、山田塔ノ原線、大字山田字塔ノ原844番1地先を起点に大字山田字塔ノ原722番地先を終点とする延長120メートルの道路を認定するものでございます。幅員につきましては、(仮称)那珂川町浄化センター入り口までを6メートル、その先を5メートルで計画をしております。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第60号、健康福祉部長。



◎健康福祉部長(笹渕政一君) 議案第60号について説明いたします。本議案は、住民基本台帳法の一部改正に伴いまして規約の変更を行うものでございます。3ページの新旧比較対照表で説明いたします。別表第3の備考2において、及びから合算して得た数までを削るものでございます。2ページをお願いします。附則としまして、この規約は平成24年7月9日から施行し、経過措置としまして、改正後の別表第3の備考2の規定は平成25年度以降の年度分の共通経費の人口割について適用し、平成24年度分までは従前の例によるものとするものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第61号、住民生活部長。



◎住民生活部長(藤野義信君) 議案第61号について説明いたします。現在、那珂川町は、南畑地区住民の利便性を図る観点から、南畑郵便局で戸籍の全部事項証明書を初め各種証明書の交付を受けることができるように、那珂川町の特定の事務を取り扱わせる郵便局の指定を行い、協定を締結しております。本議案は、外国人登録法の廃止に伴い、指定の郵便局における事務の範囲を変更するものでございます。改正内容について説明をいたします。3ページの新旧比較対照表をお願いします。第2条第1項第3号の「外国人登録原票の写し又は外国人登録原票記載事項証明書の交付の請求の受付及び引渡しに関する事務」を削り、第4号から第6号までそれぞれを繰り上げて第3号、第4号、第5号とするものでございます。なお、この指定の変更により、町と郵便局株式会社との協定の実施期日は平成24年7月9日から適用することになります。以上でございます。



○議長(加納義紀君) 議案第62号、総務部長。



◎総務部長(渡邉利治君) 議案第62号について説明をいたします。那珂川町固定資産評価審査委員会委員を選任することについて議会の同意を求めるものでございます。氏名、渡邉幸夫。生年月日、住所は、記載のとおりでございます。なお、裏面に略歴書を添付しておりますので、ご参照お願いします。以上でございます。



○議長(加納義紀君) 諮問第3号、住民生活部長。



◎住民生活部長(藤野義信君) 諮問第3号について説明いたします。これは、那珂川町の区域に置かれる人権擁護委員が1人増員されることに伴い、次の者を推薦するため議会の意見を求めるものでございます。氏名、奥節代。生年月日及び住所は、記載のとおりでございます。なお、裏面に略歴書をつけておりますので、ご参照ください。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 報告第1号、報告第2号、総務部長。



◎総務部長(渡邉利治君) 報告第1号について説明をいたします。裏面をお願いいたします。平成23年度那珂川町一般会計繰越明許費繰越計算書でございます。4款衛生費、1項保健衛生費の(仮称)那珂川町浄化センター整備事業費以下17件でございます。3ページの合計欄のところでございますが、翌年度繰越額の合計は14億954万727円、財源内訳でございますが、既収入特定財源は2億9,813万4,327円、国庫支出金2億8,957万円、地方債4億7,650万円、一般財源3億4,533万6,400円でございます。以上でございます。

 続きまして、報告書第2号について説明をいたします。裏面をお願いいたします。平成23年度那珂川町一般会計事故繰越繰越計算書でございます。7款土木費、2項道路橋梁費の安徳138号線道路改良事業費でございまして、翌年度繰越額323万5,000円、財源内訳でございますが、一般財源が323万5,000円でございます。以上でございます。



○議長(加納義紀君) 報告第3号、地域整備部長。



◎地域整備部長(坂井俊明君) 報告第3号について説明をいたします。平成24年5月7日に平成24年度第1回那珂川町土地開発公社理事会が開催され、平成23年度那珂川町土地開発公社の決算認定について承認いただきましたので、地方自治法第243条の3第2項の規定によりここに報告するものでございます。決算書の関係書類としまして、事業報告書、損益計算書、貸借対照表、財産目録及び決算審査意見書を添付しておりますので、ご参照をお願いいたします。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 以上で説明は終わりました。

 これで本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 本日はこれにて散会します。

              散会 午前10時18分