議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 那珂川町

平成24年第1回(5月)臨時会 05月23日−01号




平成24年第1回(5月)臨時会 − 05月23日−01号







平成24年第1回(5月)臨時会



1 議 事 日 程 第1号

   (平成24年第1回那珂川町議会臨時会)

                                平成24年5月23日

                                午前9時30分開会

                                於   議   場

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 議案第42号から議案第50号までを一括上程

 日程第4 議案第42号から議案第50号までの提案理由の説明

 日程第5 議案第42号から議案第50号までの説明

 日程第6 議案第42号から議案第50号までの質疑

 日程第7 討論

 日程第8 採決

2 出席議員は次のとおりである(17名)

  1番  春 田 智 明            2番  森 田 俊 文

  3番  平 山 ひとみ            4番  高 原 隆 則

  5番  高 倉   司            6番  原 口 憲 雄

  7番  若 杉   優            8番  糸 井 十九二

  9番  津 留   渉            10番  江 頭 大 助

  11番  唐 崎 康 子            12番  壽 福 正 勝

  13番  早 冨 惠 子            14番  上 野   彰

  15番  後 藤 秀 記            16番  津 口 勝 也

  17番  加 納 義 紀

3 欠席議員は次のとおりである(なし)

4 会議録署名議員

  5番  高 倉   司            6番  原 口 憲 雄

5 地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(13名)

  町長      武 末 茂 喜        副町長     高 田 重 徳

  教育長     大 島 和 寛        総務部長    渡 邉 利 治

  地域整備部長  坂 井 俊 明        住民生活部長  藤 野 義 信

  健康福祉部長  笹 渕 政 一        教育部長    武 田 隆 之

  総務課長    本 田   茂        税務課長    羽 根 正 俊

  福祉課長    池 田 優 子        建設課長    眞 鍋 典 之

  学校教育課長  河 野 通 博

6 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(3名)

  議会事務局長  緒 方 直 巳        係長      藤 島   仁

  主任主事    米 澤 一 江







              開会 午前9時30分



○議長(加納義紀君) おはようございます。

 現在の出席議員は17人です。ただいまから平成24年第1回那珂川町議会臨時会を開会いたします。早速本日の会議を開きます。

 議事日程は、お手元に配付してます議事日程第1号のとおりです。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(加納義紀君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 5番高倉司議員、6番原口憲雄議員を指名します。



△日程第2 会期の決定



○議長(加納義紀君) 日程第2、会期の決定を議題とします。

 お諮りします。本臨時会の会期は、本日1日にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、本日1日に決定いたしました。



△日程第3 議案第42号から議案第50号までを一括上程



○議長(加納義紀君) 日程第3、議案第42号から議案第50号までを一括上程します。



△日程第4 議案第42号から議案第50号までの提案理由の説明



○議長(加納義紀君) 日程第4、議案第42号から議案第50号までを議題とし、提案理由の説明を求めます。武末町長。



◎町長(武末茂喜君) 皆さんおはようございます。本日ここに平成24年第1回那珂川町議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては大変ご多用のところご出席いただきまして、厚くお礼を申し上げます。

 さて、本日の臨時会に提出申し上げております議案は、議案第42号から議案第50号までの9件でございます。そのうち議案第42号から議案第46号までの5件は、いずれも平成24年3月31日付で専決処分したものであり、議案第47号及び議案第48号はいずれも平成24年4月23日付で専決処分したものでございます。

 議案第42号及び議案第43号は、地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律が平成24年3月31日に公布され、平成24年4月1日に施行されたことに伴い、那珂川町税条例及び那珂川町国民健康保険税条例の一部を改正したものです。

 議案第44号は、平成23年度那珂川町一般会計補正予算で、譲与税、交付金、地方交付税、地方債等が確定したなどの理由により、歳入歳出それぞれ2,292万8,000円を減額いたしまして、これにより予算の総額を歳入歳出それぞれ154億969万3,000円としたものです。

 議案第45号は、平成23年度那珂川町国民健康保険事業特別会計補正予算で、国県支出金、療養給付費交付金等の一部が決定されたなどの理由により、歳入歳出それぞれ7,074万円を減額いたしまして、これにより予算の総額を歳入歳出それぞれ49億3,174万9,000円としたものです。

 議案第46号は、平成23年度那珂川町介護保険事業特別会計補正予算で、一般会計繰入金の一部に減額が生じたなどの理由により、歳入歳出それぞれ26万7,000円を減額いたしまして、これにより予算の総額を歳入歳出それぞれ22億9,198万8,000円としたものです。

 議案第47号は、家屋損傷事故により国家賠償法第2条第1項の規定による損害賠償をするに当たり、損害賠償の額を定めたものです。

 議案第48号は、平成24年度那珂川町一般会計補正予算で、家屋損傷事故に係る損害賠償金を支払う必要が生じたことにより、歳入歳出それぞれ10万円を追加いたしまして、これにより予算の総額は歳入歳出それぞれ141億6,296万9,000円としたものです。

 議案第49号及び議案第50号は、工事請負契約の締結についてでございまして、市ノ瀬第一ため池新設第1工区工事及び安徳小学校大規模改造第1期建築主体工事の請負契約を締結するため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。以上、提出議案の概要についてご説明申し上げましたが、詳細につきましては担当部長に説明させますので、慎重にご審議の上、ご議決くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。



○議長(加納義紀君) 提案理由の説明は終わりました。



△日程第5 議案第42号から議案第50号までの説明



○議長(加納義紀君) 日程第5、議案第42号から議案第50号までを議題とし、担当部長の説明を求めます。議案第42号、住民生活部長。



◎住民生活部長(藤野義信君) 議案第42号の説明をいたします。この議案は、地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律が平成24年3月31日に公布され、平成24年4月1日に施行されたことに伴い、那珂川町税条例の一部を改正するものです。税条例の改正に関する地方税法等の改正の要点としましては、固定資産税の評価替えに伴う基準年度の変更、固定資産税等の特例条項及び附則の改正、それに伴う施行規則等の改正でございます。これらのことに伴う那珂川町税条例の改正について説明をいたします。8ページの新旧比較対照表をお開きください。以下、新旧比較対照表により説明をいたします。9ページ、第34条の7第1項第4号は寄附金税額控除の対象を拡充するもので、特定非営利活動促進法の一部を改正する法律、附則第9条の規定により条文の整備を行うものでございます。同じく9ページの第36条の2第1項は所得税法第203条の3の改正で、公的年金等に係る源泉徴収税額計算における控除対象に寡婦控除が加えられたことにより、地方税法第317条の2が改正されたことによる条文の整備でございます。10ページの第54条第7項は、地方税法第321条の8の2の更正の請求の手続を定めた地方税法施行規則第10条の2の6が削除されたため、条文の整備を行うものでございます。同じく10ページ、附則第10条の2は、地方税法附則第15条固定資産税等の課税標準の特例が改正されたことによる条文の追加で、第1項の法附則第15条第2項第6号とは下水道法に規定する除外施設、第2項の法附則第15条第10項とは特定都市河川浸水被害対策法に規定する雨水貯留浸透施設で、固定資産税の課税標準額となるべき価格の割合を定めたものでございます。11ページの附則第10条の2が附則第10条の3となるのは、前条を追加したことによる改正でございます。第7項及び第8項の改正は、地方税法施行規則附則第7条第6項が削除され、項がずれたことによる条文の整備でございます。同じく11ページ、附則第11条の見出しの改正は、評価替えにより平成24年度が基準年度となることから、「平成24年度から平成26年度まで」に改正をするものでございます。同条第1項第6号は、地方税法附則第18条第4項負担水準の規定でございますが、これが削除され、項がずれたことによる条文の整備でございます。次に、13ページをお開きください。附則第12条第2項の改正及び13ページから14ページにかけての第4項の削除は、住宅用地の負担水準の特例の廃止に伴う条文の整備でございます。第5項以下は、第4項の削除に伴う項の繰り上がりでございます。そのほかの、戻りますが11ページから、11ページの附則第11条の2の見出しから15ページの第13条までの各年度を変更する改正は、固定資産税の評価替えによる基準年度の変更に伴い、条文の整備を行うものでございます。15ページの「から第6項まで」を「から第5項まで」に改正する理由は、町条例附則第12条第4項の削除に伴う改正で、その他の年度及び日付の改正は、固定資産税の評価替えによる基準年度の変更に伴い、条文の整備を行うものでございます。16ページをお願いします。16ページの附則第21条の2は、特定移行一般社団法人等が設置する幼稚園、図書館、博物館については、固定資産税及び都市計画税を課することができないとする地方税法附則第41条第15項が追加されたことに伴い、その申告の方法についての条文を新設するものでございます。17ページから18ページの附則第22条の2第1項及び第2項は、東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地に係る譲渡期限の延長の特例で、地方税法附則第4条の2の改正により、特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除が2年間延長されたことにより、条文を追加するものでございます。18ページの附則第23条第1項は、地方税法附則第45条、表題部分の改正及び同附則第2項が追加されたことによる条文の整備でございます。19ページの第2項は、地方税法附則第5条の4第6項第1号及び第5条の4の2第5項第1号の読みかえ規定として地方税法附則第45条第4項が追加されたことによる条文の追加でございます。5ページをお開きください。附則でございます。6ページの第1条は施行期日を、第2条は町民税に関する経過措置、第3条は固定資産税に関する経過措置をそれぞれ定めております。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第43号、健康福祉部長。



◎健康福祉部長(笹渕政一君) 議案第43号について説明いたします。4ページの新旧比較対照表で説明いたします。附則第16項の次に第17項として、東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地に係る譲渡期限の延長の特例の規定を加えるものでございます。改正内容としましては、災害により居住用家屋が滅失した場合に、その敷地を災害の発生から3年後の年末までの間に譲渡した際に適用する特別控除を東日本大震災の被災者につきましてはこの3年を延長し、7年後の年末までの間に譲渡した場合も適用するものでございます。3ページをお願いします。附則として、この条例は平成24年4月1日から施行するものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第44号、総務部長。



◎総務部長(渡邉利治君) 議案第44号について説明をいたします。8ページをお願いします。第2表繰越明許費の補正でございます。4款衛生費、1項保健衛生費、保健センター改修事業費以下6件の追加で、いずれも平成23年度内に事業が完了しないことから計上するものでございます。9ページは繰越明許費の変更でございます。7款土木費、2項道路橋梁費の町道道善片縄線等道路改良事業費以下2件について、繰越金の額を変更するものでございます。この町道道善片縄線等道路改良事業費につきましては、道善交差点から屋形原方面へ向かっての道路のバリアフリー化事業でございます。既設の埋設物処理等で2工区が平成23年度内に完了しないことから、変更後は3つの施工区域のうち2工区と3工区が繰り越しとなります。10ページをお願いいたします。第3表地方債の補正でございます。学校教育施設等整備事業債(小中学校空調設備整備事業)以下2件について、地方債の限度額を変更するものでございます。いずれも減額でございます。15ページをお願いいたします。2の歳入でございます。2款地方譲与税から31ページの15款県支出金まででございますが、譲与税、交付金、地方交付税、補助金等の確定により、それぞれ増減補正をするものでございます。32ページをお願いいたします。16款1項2目の利子及び配当金でございますが、基金運用利息の確定により減額をするものでございます。33ページの18款1項1目の基金繰入金でございますが、基金運用事業の確定によりそれぞれ増減補正をするものでございます。34ページの20款4項2目の雑入でございますが、説明の一番上のところでございます。後期高齢者医療制度長寿健康増進補助金等の確定により、それぞれ増減補正をするものでございます。35ページの21款1項4目の教育債でございますが、国庫補助金の増額等により小中学校債を減額するものでございます。36ページ、これからは3の歳出でございます。2款総務費から58ページまででございますが、9款教育費まではその多くが事業費の確定に伴う減額補正、または国県支出金等の確定による財源組み替えでございますので、その部分につきましての説明は省略させていただきます。38ページをお願いいたします。2款3項2目の外国人登録費でございます。外国人登録事務委託金の額の確定により、外国人登録事務費を増額補正するものでございます。50ページをお願いいたします。7款2項5目五ヶ山ダム対策費でございます。丸の3つ目、町道倉谷七曲線整備事業費でございますが、社会資本整備総合交付金の額の確定により増額補正をするものでございます。これにつきましては、平成24年度へ繰り越しをして事業を行うものでございます。59ページをお願いいたします。12款の諸支出金でございます。国民健康保険事業特別会計、それから介護保険事業特別会計への繰出金の減額でございます。60ページでございますが、13款予備費につきましては財源調整を行うものでございます。以上でございます。



○議長(加納義紀君) 議案第45号、議案第46号、健康福祉部長。



◎健康福祉部長(笹渕政一君) 議案第45号について説明いたします。9ページをお願いします。歳入でございますが、交付決定に基づきまして3款1項1目療養給付費等負担金、2目高額医療費共同事業負担金、10ページの3款2項1目財政調整交付金、2目出産育児一時金補助金、4目国民健康保険特別対策費補助金、11ページの4款1項1目療養給付費等交付金、12ページの6款1項1目高額医療費共同事業負担金、13ページ、6款2項1目県財政調整交付金、14ページの7款1項1目高額医療費共同事業交付金、2目保険財政共同安定化事業交付金につきましては、それぞれ増額及び減額をするものでございます。15ページの8款1項1目の一般会計繰入金につきましては、歳出の執行見込み及び交付金等の交付決定に伴いまして減額をするものでございます。16ページをお願いします。10款3項1目一般被保険者第三者納付金、2目退職被保険者等第三者納付金、3目一般被保険者返納金、4目退職被保険者等返納金、5目雑入につきましては、収入確定に伴い増額及び減額をするものでございます。17ページ、歳出でございます。1款1項1目一般管理費につきましては、財源組み替えでございます。18ページをお願いします。2款1項1目一般被保険者療養給付費、2目退職被保険者等療養給付費、3目一般被保険者療養費、19ページの2款2項1目一般被保険者高額療養費、2目退職被保険者等高額療養費につきましては、執行確定に伴い減額するものでございます。20ページをお願いします。2款3項1目出産育児一時金につきましては、財源組み替えでございます。21ページの7款1項1目高額医療費共同事業拠出金、2目保険財政共同安定化事業拠出金、それから22ページの8款2項1目特定健康診査等事業費につきましては、執行確定に伴い減額をするものでございます。以上でございます。

 続きまして、議案第46号について説明いたします。9ページをお願いします。歳入といたしまして、7款1項2目その他一般会計繰入金につきましては、歳出の減額に伴いまして事務費繰入金を減額するものでございます。10ページ、歳出でございます。1款1項1目一般管理費につきましては、事業費の確定に伴い減額をするものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第47号、地域整備部長。



◎地域整備部長(坂井俊明君) 議案第47号について説明をいたします。本議案は、家屋損傷事故により国家賠償法第2条第1項の規定による損害賠償をするに当たり、緊急に示談を取り交わす必要が生じましたが、特に緊急を要し、議会を招集する時間的余裕がなかったため、平成24年4月23日付専決第8号で専決処分をしたものです。2ページに専決処分書を添付しております。内容につきましては、3ページの資料で説明をいたします。3ページをお願いいたします。1、事故名、家屋損傷事故。2、事故発生年月日、平成23年12月14日。3、事故発生場所、那珂川町今光4丁目6番地1。4、被害者の住所、氏名、これにつきましては記載のとおりでございます。5、事故の状況、安徳公園の利用者、加害者不明でありますが、この利用者が打った軟式野球ボールが公園に設置している防球ネットを越えて被害者宅に飛び込み、窓枠を損傷させたものでございます。6、損害賠償の額、那珂川町が被害者に対し損害賠償金として9万9,750円を支払うものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第48号、総務部長。



◎総務部長(渡邉利治君) 議案第48号について説明をいたします。9ページをお願いします。2の歳入でございます。20款4項2目の雑入でございますが、家屋損傷事故に係る総合賠償補償保険金の受け入れでございます。10ページをお願いいたします。3の歳出でございます。7款4項2目の公園費でございますが、家屋損傷事故被害者への賠償金の計上でございます。以上でございます。



○議長(加納義紀君) 議案第49号、地域整備部長。



◎地域整備部長(坂井俊明君) 議案第49号について説明をいたします。本議案は、九州新幹線建設事業に起因する恒久的渇水対策として市ノ瀬大谷地区に市ノ瀬第一ため池、貯水量4,300トンを新設する工事請負契約を締結するためのものでございます。まず、工事概要につきまして説明をいたします。市ノ瀬第一ため池は分割して発注することとしておりまして、本工事の主な内容につきましては、ため池本体の掘削、残土処理などの土工事、及び工事現場進入のための仮橋工事などとなります。

              (11番唐崎康子君「議長、第49号の議案書が入ってないんですが」と呼ぶ)



○議長(加納義紀君) 第49号がないんですか。

              (11番唐崎康子君「はい」と呼ぶ)

 ここで暫時休憩します。

            休憩 午前10時5分  再開 午前10時8分



○議長(加納義紀君) 休憩を閉じ再開いたします。

 改めまして、議案第49号、地域整備部長。



◎地域整備部長(坂井俊明君) 議案第49号について説明をいたします。本議案は、九州新幹線建設事業に起因する恒久的渇水対策として市ノ瀬大谷地区に市ノ瀬第一ため池、貯水量4,300トンを新設する工事請負契約を締結するためのものでございます。まず、工事概要につきまして説明をいたします。市ノ瀬第一ため池は分割して発注することとしておりまして、本工事の主な内容につきましては、ため池本体の掘削、残土処理などの土工事、及び工事現場進入のための仮橋工事などとなります。なお、ため池本体のコンクリート構造物の築造工事等につきましては、本工事を進捗させた上で発注する予定としております。本議会へ提案しております工事につきましては、先に土工事などを早期に完了させ、その後の発注となりますコンクリート構造物の築造工事等に速やかに着手できるようにするためのものでございます。1ページを説明いたします。1、契約の目的、市ノ瀬第一ため池新設第1工区工事。2、契約の方法、指名競争入札による契約。3、契約の金額は5,754万円、うち取引に係る消費税及び地方消費税の額は274万円でございます。4、契約の相手方、住所、筑紫郡那珂川町大字上梶原883番地3、名称、有限会社木下土木、代表取締役木下精一。5、工期、契約の効力の発生の日から平成24年10月19日まででございます。効力の発生日を本日としますと、工期は150日間となります。裏面に工事請負仮契約書を、3ページに指名・入札結果表を添付しておりますので、ご参照をお願いいたします。なお、落札率につきましては94.9%であります。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第50号、教育部長。



◎教育部長(武田隆之君) 議案第50号について説明いたします。本議案は、安徳小学校大規模改造第1期建築主体工事に係る工事請負契約を締結するためのものであります。まず、工事概要につきまして説明いたします。本校舎南側にあります現在の鉄骨校舎を解体し、その跡地に増築を行います。また、校舎の一部につきましても改修を行います。増築棟は鉄筋コンクリートづくり平家建て、建築面積573.10平方メートルで、給食調理場、生活科ルーム2教室です。校舎改修工事につきましては、2階から4階までの既存教材室を配ぜん室に、療育相談室を配ぜん車プールに、さらに給食施設の整備にあわせてダムウエーターの新設を行います。また、事務室及び障がい者用のエレベーターの新設、男女更衣室並びに多目的便所の改修を行います。その他解体工事、外構工事、機械設備工事一式となっております。1ページを説明いたします。1、契約の目的、安徳小学校大規模改造第1期建築主体工事。2、契約の方法、条件付一般競争入札による契約。3、契約の金額、1億7,640万円、うち取引に係る消費税及び地方消費税の額840万円。4、契約の相手方、住所、福岡市博多区上牟田1丁目29番6号、名称、大高建設株式会社、代表取締役大木孝一郎。5、工期、契約の効力の発生の日から平成25年3月22日まで。効力の発生の日を本日としますと、304日間になります。裏面に工事請負仮契約書を、3ページに条件付一般競争入札結果表を添付しておりますので、ご参照をお願いします。なお、落札率は78.94%でございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 以上で議案の説明は終わりました。

 ここでお諮りします。本日提出の議案については、那珂川町議会会議規則第38条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決定をいたしました。

 ここで暫時休憩します。

            休憩 午前10時15分  再開 午前10時40分



○議長(加納義紀君) それでは、休憩前に引き続きまして再開いたします。



△日程第6 議案第42号から議案第50号までの質疑



○議長(加納義紀君) 日程第6、議案第42号から議案第50号までを議題とし、これから質疑を行います。議案第42号。平山議員。



◆3番(平山ひとみ君) 議案第42号についてお尋ねいたします。今度の税制改正によりまして住民生活にどのような影響を及ぼすかということが一番気になるところですけれども、このたびの条例改正によりまして果たして増税になる部分が出てくるのかどうか。また、その増税が生じるのであれば、最大それが何%になるのかがまず1つ目と、2点目について、このたび据え置き部分が変化するのが住宅用地に関するもののようですけれども、商業地、非住宅用地についてはそれも変えられるのかどうかということをお聞きいたします。



○議長(加納義紀君) 住民生活部長。



◎住民生活部長(藤野義信君) お答えいたします。まず、1点目の増税になるのかということでございますけれども、負担調整の関係で80%が90%になりますので、この部分では12.5%、1.25倍の上昇になるということになります。それから、商業地、非住宅用地についてはどうですかということですが、これについては改正はございませんので、今までどおりでございます。以上でございます。



○議長(加納義紀君) 平山議員。



◆3番(平山ひとみ君) 平成26年度についてもそうなりますでしょうか。



○議長(加納義紀君) 住民生活部長。



◎住民生活部長(藤野義信君) お答えいたします。平成24年度、平成25年度、2年間の経過措置として80を90にということで改正をしております。それ以降については100%になりますので、この経過措置の90%が100%になるということになります。以上でございます。



○議長(加納義紀君) 平山議員。



◆3番(平山ひとみ君) 要するに、平成26年度につきましてはその12.5%の増税部分が25%になるということですよね。このたび、先ほどもおっしゃいましたように住宅用地の税額は上がるけれども、商業地、非住宅用地についてはそれが上がらずに済んで、それが据え置かれるということだったですね、今のご答弁では。その整合性、こちらは上がるけどもこちらはそのままというその整合性は何か説明できますか。



○議長(加納義紀君) 住民生活部長。



◎住民生活部長(藤野義信君) 今回の改正については、いわゆる負担水準のばらつきが大きかった住宅用地ですね、これについてもう100%でばらつきが解消されてきたと。たしか平成6年からの取り組みだったと思うんですけども、それが解消されてきたということで、ばらつきがもう是正されてきたので、今回改正をしますと、ただ、2年間の経過措置はとりますということの改正のみとしかちょっとお答えできません。以上です。



○議長(加納義紀君) ほかに。ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第43号。ありませんね。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第44号。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第45号。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第46号。ありませんね。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第47号。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第48号。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第49号。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第50号。ありませんね。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 以上で質疑を終わります。



△日程第7 討論



○議長(加納義紀君) 日程第7、議案第42号から議案第50号までを議題とし、これから討論を行います。まず、原案に反対者の発言をお願いします。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 原案に賛成者の発言をお願いします。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 原案に反対者の発言をお願いします。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 原案に賛成者の発言をお願いします。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 原案に反対者の発言をお願いします。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 原案に賛成者の発言をお願いします。ありませんね。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) これで討論を終わります。



△日程第8 採決



○議長(加納義紀君) 日程第8、これから採決を行います。

 議案第42号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 賛成多数により、議案第42号は原案のとおり可決しました。

 議案第43号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第43号は原案のとおり可決しました。

 議案第44号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第44号は原案のとおり可決しました。

 議案第45号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第45号は原案のとおり可決しました。

 議案第46号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第46号は原案のとおり可決しました。

 議案第47号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第47号は原案のとおり可決しました。

 議案第48号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第48号は原案のとおり可決しました。

 議案第49号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第49号は原案のとおり可決しました。

 議案第50号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第50号は原案のとおり可決しました。

 以上で本臨時会の全日程の議事がすべて終了いたしました。

 これをもって平成24年第1回那珂川町議会臨時会を閉会いたします。

              閉会 午前10時51分



   地方自治法第123条第2項の規定により下記のとおり署名する。



                                平成24年5月23日



                        那珂川町議会議長  加 納 義 紀





                        会議録署名 議 員  高 倉   司





                        会議録署名 議 員  原 口 憲 雄