議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 那珂川町

平成23年第4回(12月)定例会 12月01日−01号




平成23年第4回(12月)定例会 − 12月01日−01号







平成23年第4回(12月)定例会



1 議 事 日 程 第1号

   (平成23年第4回那珂川町議会定例会)

                                平成23年12月1日

                                午前9時30分開会

                                於   議   場

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 諸般の報告

 日程第4 議案第76号から議案第95号までと報告第6号及び報告第7号を一括上程

 日程第5 議案第76号から議案第95号までと報告第6号及び報告第7号の提案理由の説明

 日程第6 議案第76号から議案第95号までと報告第6号及び報告第7号の説明

 日程第7 請願等の上程

2 出席議員は次のとおりである(17名)

  1番  春 田 智 明            2番  森 田 俊 文

  3番  平 山 ひとみ            4番  高 原 隆 則

  5番  高 倉   司            6番  原 口 憲 雄

  7番  若 杉   優            8番  糸 井 十九二

  9番  津 留   渉            10番  江 頭 大 助

  11番  唐 崎 康 子            12番  壽 福 正 勝

  13番  早 冨 惠 子            14番  上 野   彰

  15番  後 藤 秀 記            16番  津 口 勝 也

  17番  加 納 義 紀

3 欠席議員は次のとおりである(なし)

4 会議録署名議員

  1番  春 田 智 明            2番  森 田 俊 文

5 地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(13名)

  町長      武 末 茂 喜        副町長     高 田 重 徳

  教育長     大 島 和 寛        総務部長    渡 邉 利 治

  地域整備部長  馬 場 士 道        住民生活部長  藤 野 義 信

  健康福祉部長  坂 井 俊 明        教育部長    八 尋 博 基

  総務課長    笹 渕 政 一        税務課長    羽 根 正 俊

  福祉課長    河 野 通 博        建設課長    眞 鍋 典 之

  学校教育課長  武 田 隆 之

6 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(3名)

  議会事務局長  緒 方 直 巳        係長      藤 島   仁

  主任主事    米 澤 一 江







              開会 午前9時30分



○議長(加納義紀君) おはようございます。

 現在の出席議員は17人です。ただいまから平成23年第4回那珂川町議会定例会を開会します。早速本日の会議を開きます。

 議事日程は、お手元に配付してます議事日程第1号のとおりです。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(加納義紀君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 1番春田智明議員、2番森田俊文議員を指名します。



△日程第2 会期の決定



○議長(加納義紀君) 日程第2、会期の決定を議題とします。

 お諮りします。本定例会の会期は、お手元に配付してます会期日程案のとおり、本日から12月15日までの15日間としたいと思いますが、ご異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日から12月15日までの15日間と決定いたしました。



△日程第3 諸般の報告



○議長(加納義紀君) 日程第3、諸般の報告を行います。

 初めに、各常任委員会及び各特別委員会から閉会中の調査報告書が配付されておりますので、ご一覧願います。次に、監査関係ですが、平成23年7月分から9月分までの例月出納検査と平成23年10月分及び11月分の定期監査の結果報告書が配付されておりますので、ご一覧願います。次に、本日までに受理をした陳情、要望等については、お手元に配付してます陳情等整理一覧表のとおりです。関係常任委員会での審査をお願いいたします。以上で諸般の報告を終わります。



△日程第4 議案第76号から議案第95号までと報告第6号及び報告第7号を一括上程



○議長(加納義紀君) 日程第4、議案第76号から議案第95号までと報告第6号及び報告第7号を一括上程します。



△日程第5 議案第76号から議案第95号までと報告第6号及び報告第7号の提案理由の説明



○議長(加納義紀君) 日程第5、議案第76号から議案第95号までと報告第6号及び報告第7号を議題とし、提案理由の説明を求めます。武末町長。



◎町長(武末茂喜君) おはようございます。本日ここに平成23年第4回那珂川町議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては大変ご多用のところご出席いただきまして、厚くお礼を申し上げます。

 さて、本日の定例会に提出申し上げております議案は、議案第76号から議案第95号までの20件と報告2件でございます。

 議案第76号は、平成24年4月の機構改革に伴い、条文の整備を図るため、那珂川町総合計画審議会設置条例等、4つの条例のそれぞれ一部を改正するものです。

 議案第77号は、公共施設への交通アクセスのあり方に関する審議が終了したため、那珂川町公共施設交通アクセス審議会設置条例を廃止するものです。

 議案第78号は、五ヶ山ダム水源地域の活性化に向けた公園等整備計画の見直し等に関する事項を調査及び検討するため、那珂川町五ヶ山ダム水源地域公園等整備計画検討委員会設置条例を制定するものです。

 議案第79号は、地方公務員災害補償法が一部改正されたことに伴い、条文の整備を図るため、議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正するものです。

 議案第80号は、那珂川町スポーツ振興審議会条例等の一部改正、那珂川町公共施設交通アクセス審議会設置条例の廃止及び那珂川町五ヶ山ダム水源地域公園等整備計画検討委員会設置条例の制定に伴い、条文の整備を図るため、那珂川町特別職の職員等で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正するものです。

 議案第81号は、健康保険法等の一部を改正する法律が施行され、老人保健制度が後期高齢者医療制度に移行したことに伴い、条文の整備を図るため、那珂川町特別会計条例の一部を改正するものです。

 議案第82号は、国民健康保険税の納期ごとの分割金額の端数処理方法を変更することに伴い、条文の整備を図るため、那珂川町国民健康保険税条例の一部を改正するものです。

 議案第83号は、スポーツ振興法が全部改正され、スポーツ基本法が施行されたことに伴い、条文の整備を図るため、那珂川町スポーツ振興審議会条例等、3つの条例のそれぞれ一部を改正するものです。

 議案第84号は、災害弔慰金の支給等に関する法律の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、条文の整備を図るため、那珂川町災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正するものです。

 議案第85号は、障害者自立支援法及び児童福祉法が一部改正されたことに伴い、条文の整備を図るため、那珂川町重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正するものです。

 議案第86号は、中ノ島公園管理中央センターに冷暖房機器を設置するに当たり、新たに利用料金の設定を行う必要が生じることに伴い、条文の整備を図るため、那珂川町中ノ島公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正するものです。

 議案第87号は、町が下水道事業の一環として整備する浄化槽について、その設置及び維持管理に関する必要な事項を定めるため、那珂川町浄化槽の設置及び管理に関する条例を制定するものです。

 議案第88号は、平成23年度那珂川町一般会計補正予算で、歳入歳出それぞれ1億4,777万4,000円を減額することといたしておりまして、これにより予算の総額は歳入歳出それぞれ143億1,676万2,000円となります。

 議案第89号は、平成23年度那珂川町国民健康保険事業特別会計補正予算で、歳入歳出それぞれ3億943万8,000円を追加することといたしておりまして、これにより予算の総額は歳入歳出それぞれ49億9,664万6,000円となります。

 議案第90号は、平成23年度那珂川町介護保険事業特別会計補正予算で、歳入歳出それぞれ1,149万4,000円を減額することといたしておりまして、これにより予算の総額は歳入歳出それぞれ22億6,401万4,000円となります。

 議案第91号は、平成23年度那珂川町下水道事業会計補正予算で、収入につきましては380万2,000円を追加することといたしておりまして、これにより予算の総額は12億1,870万1,000円となり、支出につきましては150万3,000円を追加することといたしておりまして、これにより予算の総額は13億8,808万円となります。

 議案第92号から議案第95号までは、那珂川町公の施設に係る指定管理者の指定についてでございまして、華石苑、中ノ島公園、グリーンピアなかがわ、博多南駅前ビル、博多南駅前広場及び那珂川町博多南駅前自転車駐車場の指定管理者を指定するに当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものです。

 報告第6号は、財団法人那珂川町教育文化振興公社の平成23年度事業報告及び収支決算について、地方自治法第243条の3第2項の規定により報告するものです。

 報告第7号は、公益財団法人那珂川町教育文化振興財団の平成23年度事業計画及び収支予算について、地方自治法第243条の3第2項の規定により報告するものです。以上、提出議案の概要についてご説明申し上げましたが、詳細につきましては担当部長に説明させますので、慎重にご審議の上、ご議決くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。



○議長(加納義紀君) 提案理由の説明は終わりました。



△日程第6 議案第76号から議案第95号までと報告第6号及び報告第7号の説明



○議長(加納義紀君) 日程第6、議案第76号から議案第95号までと報告第6号及び報告第7号を議題とし、担当部長の説明を求めます。議案第76号、議案第77号、総務部長。



◎総務部長(渡邉利治君) 議案第76号についてご説明をいたします。本議案は、4つの条例改正を一括提案するものでございます。機構改革に伴い課の名称が変わることから、条文の整備を図るものでございます。3ページの新旧比較対照表をお願いいたします。初めに、那珂川町総合計画審議会設置条例の一部改正でございますが、第7条中、現行の「政策推進課」を「経営企画課」に改めるものでございます。次に、那珂川町行政区審議会設置条例の一部改正でございますが、第8条中、現行の「まちづくり課」を「経営企画課」に改めるものでございます。次に、那珂川町行政改革推進委員会設置条例の一部改正でございますが、第7条中、現行の「政策推進課」を「経営企画課」に改めるものでございます。那珂川町環境保全推進委員設置条例の一部改正でございますが、第5条中、現行の「環境防災課」を「環境課」に改めるものでございます。2ページをお願いいたします。附則としまして、この条例は平成24年4月1日から施行するものでございます。

 続きまして、議案第77号についてご説明をいたします。裏面をお願いいたします。那珂川町公共施設交通アクセス審議会設置条例を廃止するものでございます。附則としまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。以上でございます。



○議長(加納義紀君) 議案第78号、地域整備部長。



◎地域整備部長(馬場士道君) 議案第78号についてご説明いたします。2ページをお開きください。水源地域対策特別措置法、いわゆる水特法によります公園計画3ケ所等の事業の見直し、検討を行う委員会を設置するものでございます。まず、第1条は設置の目的を、第2条では委員会の任務を各3号で定めております。第3条は、委員会の組織を定めておりまして、学識経験者、関係団体の代表、水源地域関係者及び公募によります町民の計12人以内の組織としております。第4条は、委員の任期を平成25年12月31日までとしております。これは、平成25年度中には町の方針を決定する必要が生じることから、このように定めておるところでございます。第5条は、委員長及び副委員長の役割を、第6条は会議の運営について、第7条では委員の報酬及び費用弁償について定めております。第8条は、所管を都市計画課に定め、第9条は委任について定めております。附則の1としまして、この条例は平成24年1月1日から施行するとし、附則の2として平成25年12月31日限り、その効力を失うものとしております。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第79号、議案第80号、総務部長。



◎総務部長(渡邉利治君) 議案第79号についてご説明をいたします。3ページの新旧比較対照表をお願いいたします。第1条による改正でございます。第10条の2、介護補償でございますが、第2号は障害者自立支援法第5条に1つの項が追加されたことにより、第5条の項が1つずつ繰り下げとなることから、第5条第12項を第5条第13項に、また同条第6項を同条第7項に改める条文の整備でございます。4ページをお願いいたします。第2条による改正でございます。第10条の2、介護補償でございますが、第2号は障害者自立支援法第5条第8項が削除されることにより、第5条の項が1つずつ繰り上げとなることから、第5条第13項を第5条第12項に改める条文の整備でございます。2ページの附則としまして、この条例は公布の日から施行し、平成23年10月1日から施行する。ただし、第2条の規定は平成24年4月1日から施行するものでございます。

 続きまして、議案第80号についてご説明をいたします。4ページの新旧比較対照表をお願いいたします。別表第1の改正でございます。上から2段目、現行の「体育指導委員」を「スポーツ推進委員」に、その下の「スポーツ振興審議会」を「スポーツ推進審議会」に名称を改めるものでございます。また、「公共施設交通アクセス審議会」を削除するものでございます。表の一番下でございますが、新たに「五ヶ山ダム水源地域公園等整備計画検討委員会」を追加し、委員報酬を日額4,100円、費用弁償を日額1,700円とするものでございます。3ページをお願いいたします。附則といたしまして、第1項、この条例は公布の日から施行する。ただし、別表第1に五ヶ山ダム水源地域公園等整備計画検討委員会の項を加える改正規定は、平成24年4月1日から施行するものでございます。第2項、この条例(スポーツ推進委員の項及びスポーツ推進審議会の項に係る改正規定に限る。)、これによる改正後の那珂川町特別職の職員等で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の規定は、平成23年8月24日から適用するものでございます。以上でございます。



○議長(加納義紀君) 議案第81号、議案第82号、健康福祉部長。



◎健康福祉部長(坂井俊明君) 議案第81号について説明をいたします。那珂川町特別会計条例の一部を改正するものでございます。改正内容につきましては、健康保険法等の一部を改正する法律に基づき、老人保健制度が後期高齢者医療制度に移行したことにより、老人保健特別会計設置を廃止するものでございます。内容につきましては、新旧比較対照表で説明をいたします。3ページをお願いいたします。第1条第3号を削除するものでございます。2ページをお願いいたします。附則としまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。以上で説明を終わります。

 続きまして、議案第82号について説明をいたします。那珂川町国民健康保険税条例の一部を改正するものでございます。改正内容につきましては、国民健康保険税の納期ごとの分割金額の端数処理の変更についてでございます。新旧比較対照表で説明をいたします。3ページをお願いいたします。第13条について、現在国民健康保険税は地方税法に基づき1,000円未満の端数がある場合、またはその分割金額の全額が1,000円未満であるときは、その端数金額またはその全額はすべて最初の納期限に係る分割金額に合算することとしておりますが、納期ごとの金額を平準化し、より納付しやすい環境を整備するため第3項を加え、端数処理の方法を100円未満に変更するものでございます。2ページをお願いいたします。附則において、この条例は平成24年4月1日から施行するものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第83号、教育部長。



◎教育部長(八尋博基君) 議案第83号を説明いたします。今回の改正につきましては、スポーツ基本法、これは昭和36年に制定をされましたスポーツ振興法を50年ぶりに全面改正をいたしまして、スポーツに関し基本理念を定め、国及び地方公共団体の責務やスポーツ団体の努力義務等を明らかにし、スポーツに関する施策の基本となる事項を定めたものでございます。3ページの新旧比較対照表で説明をさせていただきます。今回の条例改正関係分としては、3つの条例がございます。まず、1つ目でございますが、「那珂川町スポーツ振興審議会条例」の題名を「那珂川町スポーツ推進審議会条例」に改めます。第1条の目的の規定でございますが、審議会の根拠規定を明記し、第1条及び第2条中、「スポーツ振興審議会」を「スポーツ推進審議会」に改めるものでございます。次に、那珂川町屋内運動施設設置条例の改正でございますが、第3条については法律名の改正でございます。3つ目の那珂川町立社会体育施設の設置に関する条例の一部改正でございますが、第1条の改正内容は根拠規定を明らかにするもので、改正をするものでございます。2ページをお願いいたします。附則として、この条例は公布の日から施行し、改正の条例それぞれの内容につきましては、平成23年8月24日から適用するものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第84号、議案第85号、健康福祉部長。



◎健康福祉部長(坂井俊明君) 議案第84号について説明をいたします。災害弔慰金の支給等に関する法律の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、条文の整備を図るため、条例の一部を改正するものであります。3ページをお願いいたします。新旧比較対照表により改正内容を説明いたします。まず、第4条第1項に第3号として「死亡者の配偶者、子、父母、孫又は祖父母がいずれも存しない場合で、死亡者の兄弟姉妹(死亡者の死亡当時その者と同居し、又は生計を同じくしていた者に限る。)があるときは、その者」を加えるものであります。次に、同条第3項につきましては、条文の整備を図るものであります。2ページをお願いいたします。附則としまして、この条例は公布の日から施行し、改正後の那珂川町災害弔慰金の支給等に関する条例の規定は、平成23年3月11日以後に生じた災害により死亡した住民の遺族に対する災害弔慰金の支給について適用するものであります。以上で説明を終わります。

 続きまして、議案第85号について説明をいたします。障がい者制度改革推進本部等における検討を踏まえて障害保健福祉施策を見直すまでの間において、障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律が施行され、障害者自立支援法及び児童福祉法が一部改正されたことに伴い、条文の整備を図るため、条例の一部を改正するものでございます。3ページをお願いいたします。新旧比較対照表により改正内容を説明いたします。まず、改正第1条について説明をいたします。第13条第1項の障害者自立支援法第5条第5項に規定されております療養介護対象施設が同法の第5条第6項となり、同条第12項に規定されております障害者支援施設が同条第13項となります。また、障害者自立支援法第5条第22項に規定されております福祉ホームは、同法第5条第23項へ、同法附則第4条及び第18条第2項に規定されております共同生活住居等は、同法の附則第4条が削除されて、第18条第2項のみとなります。4ページをお願いいたします。続きまして、改正第2条について説明をいたします。前条の改正で第13条第1項中、障害者自立支援法第5条第13項に改正されました障害者支援施設(同法附則第41条第2項又は第58条第2項の規定により障害者支援施設とみなされる施設を含む。)は、同法同条第12項に戻り、同法第5条第23項に改正されました福祉ホームは、同法第5条第27項となります。また、第13条第2項中、児童福祉法第7条に規定されております児童福祉施設のうち、知的障害児施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設及び知的障害者通勤寮は、障害児施設等となります。2ページをお願いいたします。附則としまして、改正第1条の規定は公布の日から施行し、平成23年10月1日から適用するものでございます。ただし、改正第2条の規定は、平成24年4月1日から施行されるものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第86号、議案第87号、地域整備部長。



◎地域整備部長(馬場士道君) 議案第86号についてご説明いたします。中ノ島公園管理中央センター、通称四季彩館に冷暖房機器を新たに設置することにより、利用料金を改定するものでございます。新旧比較対照表により説明いたします。4ページをお開きください。管理中央センターの種目の区分を室料と冷暖房料の区分に新たに分けたもので、室料の利用料金については今回改定はございません。現行の暖房利用料金を会議室では町内220円を冷暖房利用料金として230円に、町外320円を290円に、現行の多目的ホール及び展示室、現行暖房利用料金、町内220円を冷暖房利用料金380円に、町外320円を480円にそれぞれ改めるものでございます。附則としまして、この条例は平成24年4月1日から施行するものでございます。以上で説明を終わります。

 続きまして、議案第87号についてご説明いたします。那珂川町浄化槽の設置及び管理に関する条例の制定についてでございます。本町の今後の下水道整備の基本方針を定めるため、平成22年度調査を行いました。その結果、管渠での整備区域かそうでない区域かを明記し、管渠での整備方針がなじまない区域におきまして、このほど町設置型浄化槽整備をもって早期に生活環境整備を図ることとしたところでございます。2ページをお開きください。第1条、目的でございます。町が私有地に浄化槽を設置し、使用料の徴収により維持管理を行う事項を定めるものでございます。第2条は用語の定義を定め、第3条では処理区域の告示、第4条は浄化槽の設置申請の手続について、第5条では浄化槽の設置対象を定めております。第6条は浄化槽を私有地内に設置することから、浄化槽設置用地の使用貸借契約を締結することとしております。4ページをお開きください。第7条は設置完了の通知、第8条から第13条までは排水設備について定めております。第14条は工事費の負担について定めております。第15条は浄化槽の保管義務、第16条では修繕費用について、第17条については使用料の徴収について定めております。第18条は使用料の算定方法について、これは那珂川町下水道条例第13条にうたっております管路によります使用料の算定と同じであります。6ページをお開きください。第19条は浄化槽の維持管理、使用料の算出のための資料の提出を求めること、第20条は電気料金、水道料金の負担について定めております。第21条は再設置、第22条は既設浄化槽の寄附採納と維持管理について、第23条は委任について、第24条は罰則、第25条は両罰規定を定めております。附則といたしまして、この条例は平成24年4月1日から施行するものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第88号、総務部長。



◎総務部長(渡邉利治君) 議案第88号についてご説明をいたします。8ページをお願いいたします。第2表の繰越明許費でございますが、林道竹屋敷線整備事業費、以下3件の繰り越しでございます。9ページの第3表債務負担行為の補正でございますが、レセプト整理収納業務委託料(重度障害者)以下17件の追加をするものでございます。11ページの第4表地方債の補正でございますが、地方道路等整備事業債(町道整備事業)の追加をするもので、限度額は1,210万円でございます。12ページの学校教育施設等整備事業債(安徳北小学校大規模改造事業)につきましては、地方債の限度額の変更で、変更後の限度額を4,890万円とするものでございます。17ページをお願いいたします。これからは2の歳入でございます。1款1項2目法人町民税でございますが、本年9月末の課税調定により増収見込みとなることから、増額補正をするものでございます。18ページの1款4項1目たばこ税でございますが、これにつきましても課税調定により増収見込みとなることから、増額補正をするものでございます。19ページの9款1項1目地方特例交付金でございますが、交付額の確定によりそれぞれ増減の補正をするものでございます。20ページの10款1項1目普通交付税でございますが、子ども手当特別措置法の制定に伴い交付税の額の再算定が行われ、減額となるものでございます。続きまして、25ページをお願いいたします。14款1項1目民生費国庫負担金、3節子ども手当国庫負担金でございますが、これは大幅な減額となっております。当初の予算計上において3歳児未満の交付額を1人2万円で見込み計上していたのが1万3,000円となったこと、また子ども手当特別措置法の制定に伴い10月以降の支給額が減額となったこと等により減額となるものでございます。続きまして、26ページの14款2項5目の教育費国庫補助金、1節小学校費補助金でございますが、説明欄の一番上、学校施設環境改善交付金を減額し、安全・安心な学校づくり交付金を計上する予算組み替えでございます。安徳北小学校大規模改造事業に係る補助金の決定により組み替えをするものでございます。29ページでございます。15款2項2目民生費県補助金、2節児童福祉費補助金の乳幼児医療費補助金でございますが、医療費の歳出見込みにより増額となります。その下、4目農林水産業費県補助金、これの県畜産振興総合対策事業費補助金でございますが、堆肥発酵機械購入に対する補助金でございます。その下、6目の消防費県補助金、これの避難活動コミュニティ育成強化事業補助金でございますが、これは自主防災組織の設置や自主防災組織の活動強化を目的として、市町村に対し400万円を限度に交付されるものでございます。31ページをお願いいたします。16款1項2目の利子及び配当金でございますが、預金利子等の確定見込みによりまして、基金利子を増額するものでございます。32ページ、16款2項1目の不動産売払収入でございますが、普通財産である土地の売払収入でございます。用途廃止をした道路及び水路、合わせまして105.86平方メートルの売却でございます。35ページでございます。20款4項2目雑入でございます。説明欄の一番下、山田西遺跡群発掘調査受託料でございますが、これは開発を行う業者から受け入れるものでございます。36ページでございます。21款1項3目の土木債でございますが、町道道善片縄線等道路改良事業でございます。その下の4目教育債でございますが、安徳北小学校大規模改造事業の確定により減額となります。続きまして、37ページ、ここからは3の歳出でございます。歳出につきましては、事業費の確定または確定見込みによる減額が多くなっていますので、この減額部分についての説明は省略をさせていただきます。37ページでございます。1款1項1目の議会費でございます。1つ目の丸、議会事務局事務費の備品購入費につきましては、議場に設置しているカメラ及び録音用機器の更新を行うものでございます。38ページでございます。2款1項4目の財産管理費でございます。39ページの3つ目の丸、庁舎改修事業費につきましては、機構改革に伴い内線電話を増設するための工事請負費、及び電話交換機の故障で回線数が不足することから、電話交換機の改善を行うものでございます。40ページでございます。7目の基金積立金費でございますが、財政調整基金から41ページの住民生活に光を注ぐ基金まで、運用利息の確定見込みによりそれぞれ増額となります。49ページをお願いいたします。3款1項1目の社会福祉総務費でございます。5つ目の丸、福岡県後期高齢者医療広域連合事業につきましては、負担金確定により増額となります。50ページの3款1項6目の重度障害者医療費でございます。2つ目の丸、重度障害者医療費につきましては、上半期六月の執行状況により医療費が不足する見込みであることから、増額をするものでございます。その下、8目の障害者福祉費でございます。51ページの3つ目の丸、訓練等給付費の扶助費でございますが、これにつきましても上半期六月の執行状況により不足する見込みであることから、増額をするものでございます。54ページをお願いいたします。3款2項1目の児童福祉総務費でございます。3つ目の丸、私立保育所運営費につきましては、入所児童数が増えたこと等により増額をするものでございます。2目の児童措置費でございます。2つ目の丸、子ども手当事業費につきましては減額でございます。これは、当初予算において3歳児未満の交付額を1人2万円で見込み計上していたのが1万3,000円となったこと、また子ども手当特別措置法の制定に伴い平成23年10月以降の支給額に変更が生じたこと、これによりまして減額となるものでございます。それから、55ページの一番下、6目乳幼児医療費でございますが、上半期六月の執行状況により不足する見込みであることから、増額をするものでございます。58ページをお願いいたします。4款1項4目健康づくり総務費でございます。59ページの3つ目の丸、保健センター改修事業費につきましては、空調設備の改修を行うものでございます。60ページでございます。5款1項3目の農業振興費でございます。1つ目の丸、農業振興費の畜産競争力強化対策事業補助金につきましては、町内畜産農家への堆肥発酵機械購入補助金でございます。財源は全額県費補助金でございます。61ページの7目農地費でございます。2つ目の丸、水路維持費につきましては東隈地区の古河川のしゅんせつを行うものでございます。3つ目の丸、中ノ池改修事業費につきましては、堤体の補修工事を行うものでございます。11目の九州新幹線対策事業費でございます。農業用水応急対策事業費につきましては、委託料から工事請負費への予算組み替えでございます。62ページでございます。5款2項1目の林業振興費でございます。2つ目の丸、有害鳥獣駆除費でございますが、イノシシの侵入防止柵等の資材購入補助金が不足することから、増額をするものでございます。65ページをお願いいたします。6款2項1目観光事業費でございます。次のページの66ページの2つ目の丸、中ノ島公園施設整備事業費でございますが、公園利用者の利便性向上を図るため環境整備を行うものでございます。案内看板等の取りかえ、四季彩館空調機設置、第2駐車場の舗装工事などでございます。68ページをお願いいたします。7款2項3目の道路新設改良費でございます。3つ目の丸、町道道善片縄線等道路改良事業費につきましては、バリアフリー化を進めるために増額補正をするものでございます。70ページでございます。7款4項1目の都市計画費でございます。3つ目の丸、駅前ビル維持管理費の工事請負費につきましては、ペデストリアンデッキ側面に設置している照明灯をLED照明器具に取りかえを行うものでございます。5つ目の丸、公共施設等循環バス運行事業費につきましては、JR博多南線の平成24年度ダイヤ変更が見込まれることから、かわせみバス停等の時刻表取りかえ並びにパンフレット印刷の経費を計上いたしております。73ページでございます。8款1項4目防災費でございます。1つ目の丸、防災費につきましては本町の地域特性を考慮した防災行政無線整備計画を策定するための調査委託料、及び機構改革に伴い庁舎2階に防災関連システムの移設をするための工事請負費を計上いたしております。その下の自主防災組織活動事業費、これの備品購入費につきましては、担架、メガホン、懐中電灯の購入でございます。75ページをお願いいたします。9款1項2目の事務局費でございます。次のページ、76ページの2つ目の丸、私立幼稚園就園奨励費につきましては、対象園児数の増加等により予算が不足することから、増額するものでございます。その下の学校施設整備費でございます。この中に那珂川町中学校整備基本計画業務委託料と岩戸小学校整備基本計画業務委託料を計上いたしております。那珂川町中学校整備基本計画業務につきましては、那珂川床上浸水対策特別緊急事業等の実施に伴い、プールとプレハブ校舎を取り壊す必要があることから、また岩戸小学校整備基本計画業務につきましては、国道385号の改良拡幅事業に伴い、玄関及び児童昇降口等の見直しが必要となることから、今回の予算計上となっております。備品購入費につきましては、小・中学校10校分の図書館管理用パソコンの購入でございます。80ページをお願いいたします。80ページの2つ目の丸、安徳北小学校プール改修事業費につきましては、プールの水を循環する配管設備の改修を行うものでございます。89ページをお願いいたします。9款7項1目の生涯学習総務費でございます。2つ目の丸、屋内プール施設整備事業費につきましては、25メートルプール及び小児用プールの水の循環流量を調整する量水器の改修を行うものでございます。91ページでございます。9款7項13目の文化財調査費でございます。山田西遺跡群発掘調査事業費につきましては、開発に伴い民間事業者から受託をして発掘調査を行うものでございます。92ページでございます。12款諸支出金につきましては、特別会計への繰出金でございます。13款予備費につきましては、財源調整でございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第89号、議案第90号、健康福祉部長。



◎健康福祉部長(坂井俊明君) 議案第89号について説明をいたします。5ページをお願いいたします。債務負担行為の補正でございますが、レセプト点検業務委託と特定健診・特定保健指導業務委託が平成23年度で終了することに伴い、平成24年度から平成26年度までの債務負担行為を追加するものでございます。次に、歳入でございます。11ページをお願いいたします。3款1項1目1節療養給付費等負担金現年度分でございますが、被保険者の医療費の増額に伴い増額するものでございます。12ページをお願いいたします。3款2項1目1節普通調整交付金でございますが、同じく被保険者の医療費の増額と交付割合の見直しに伴い増額するものでございます。同じく2節特別調整交付金でございますが、昨年度実績をもとに交付額の見直しを行ったものでございます。同じく2目1節出産育児一時金補助金でございますが、補助率の変更に伴い減額するものでございます。国の補助率が2分の1から4分の1へ変更になったものでございます。13ページをお願いいたします。4款1項1目1節療養給付費等交付金、現年度分でございますが、退職被保険者等の医療費の増額に伴い増額するものでございます。同じく2節過年度分でございますが、平成22年度の療養給付費等交付金、実績確定に伴う追加交付によるものでございます。14ページをお願いいたします。5款1項1目1節前期高齢者交付金でございますが、交付金額の確定に伴い減額するものでございます。15ページをお願いいたします。6款2項1目1節定率交付金でございますが、退職被保険者等の医療費の増額に伴い、療養給付費等負担金と同様に増額するものでございます。16ページをお願いいたします。8款1項1目2節一般会計繰入金でございますが、事務費や赤字補てんの減額によるものでございます。続きまして、歳出でございます。18ページをお願いいたします。2款1項1目一般被保険者療養給付費、同じく2目退職被保険者等療養給付費でございますが、いずれも医療費の増額に伴い増額するものでございます。19ページをお願いいたします。2款2項1目一般被保険者高額療養費、同じく2目退職被保険者等高額療養費でございますが、いずれも高額療養費の増額に伴い増額するものでございます。21ページをお願いいたします。3款1項1目後期高齢者支援金でございますが、金額の確定に伴い増額するものでございます。24ページをお願いいたします。6款1項1目介護納付金でございますが、金額の確定に伴い増額するものでございます。27ページをお願いいたします。11款1項1目一般被保険者保険税還付金でございますが、本年度の保険税還付額実績が高額となったため増額するものでございます。同じく3目償還金でございますが、平成22年度の特定健診等負担金、国民健康保険調整交付金の実績に伴う精算額でございます。以上で説明を終わります。

 続きまして、議案第90号について説明をいたします。9ページをお願いいたします。1款1項1目1節第1号被保険者保険料、現年度分特別徴収保険料でございますが、調定額の確定により減額するものでございます。なお、徴収率については89%を見込んでおります。同じく3節滞納繰越分普通徴収保険料につきましても、調定額の確定により減額するものでございます。なお、徴収率については17%を見込んでおります。10ページをお願いいたします。3款1項1目1節介護給付費負担金、現年度分を減額するものでございますが、これは歳出の介護予防住宅改修費及び地域密着型介護サービス費等減額補正分の国庫負担分の20%でございます。11ページをお願いいたします。3款2項1目1節調整交付金、現年度分を減額するものでございますが、国庫負担金と同じく歳出の介護予防住宅改修費及び地域密着型介護サービス費等減額補正分の国庫補助分の3.7%でございます。12ページをお願いいたします。4款1項1目1節介護給付費交付金、現年度分を減額するものでございます。これは、歳出の介護予防住宅改修費及び地域密着型介護サービス費等減額補正分の支払基金分の30%でございます。13ページをお願いいたします。5款1項1目1節介護給付費負担金、現年度分を減額するものでございます。これは、歳出の介護予防住宅改修費及び地域密着型介護サービス費等減額補正分の県負担分の12.5%でございます。14ページをお願いいたします。7款1項1目1節介護給付費繰入金、現年度分を減額するものでございます。これは、歳出の介護予防住宅改修費及び地域密着型介護サービス費等減額補正分の町負担分の12.5%でございます。同じく2目2節事務費繰入金でございますが、これは一般管理費の減額及び認定調査費の増額に伴い減額するものでございます。15ページをお願いいたします。10款1項1目1節財政安定化基金貸付金でございますが、これは財源不足に対する基金からの貸し付けを増額するものでございます。16ページをお願いいたします。1款1項1目7節一般管理費賃金でございますが、これは介護保険認定調査員の退職に伴う賃金及び時間外勤務手当を減額するものでございます。17ページをお願いいたします。1款3項1目13節認定調査費委託料でございますが、介護保険認定調査員の退職により、退職日以降の認定調査予定者等について業者委託とするために増額するものでございます。18ページをお願いいたします。2款1項9目19節地域密着型介護サービス給付費負担金でございますが、認知症対応型通所介護施設が現在整備中でございますが、開所が12月予定となったため減額をするものでございます。19ページをお願いいたします。2款5項5目19節介護予防福祉用具購入費負担金でございますが、購入見込み者数が増加したため増額をするものでございます。同じく6目19節介護予防住宅改修費負担金でございますが、改修費用の平均額が減少したため減額をするものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第91号、地域整備部長。



◎地域整備部長(馬場士道君) 議案第91号についてご説明いたします。議案書の1ページをお願いいたします。第3条予算の収益的収入及び支出で収益的収入の1款1項営業収益を380万2,000円増額するものです。よって、第1款下水道事業費収益的収入は8億3,321万3,000円となります。支出につきましては、1款1項営業費用を150万3,000円増額補正するものです。よって、第1款下水道事業費収益的支出は7億7,452万5,000円となります。詳細につきましては、補正予算節別明細表にて説明いたします。10ページをお開きください。収益的収入のうち1款1項1目1節の下水道使用料、これは下水道接続により料金収入の増額によるもので、380万2,000円の増額でございます。次に、収益的支出の1款1項1目総係費の増額ですが、4節は接続勧奨推進委員の研修に伴うもので1万8,000円、18節委託料は浄化槽設置事業に伴う下水道使用料システムの変更に伴う委託料3万6,000円、24節負担金で流域下水道管理者負担金としまして144万9,000円の増額をするものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第92号、住民生活部長。



◎住民生活部長(藤野義信君) 議案第92号の説明をいたします。公の施設の名称、華石苑。指定管理者となる団体、有限会社那珂川事業センター、那珂川町下梶原1丁目10番26号。指定の期間、平成24年4月1日から平成27年3月31日まででございます。なお、華石苑の指定管理者の選定につきましては、非公募でございます。非公募とした理由は、し尿処理業務の縮小に対する代替業務として従業員の雇用対策を含め、華石苑の管理業務を位置づけております。当該団体はこれまで華石苑の管理業務を受託し、適切な業務の遂行と施設管理を行っております。また、葬斎場としての施設の性格や機能等を熟知しており、施設の設置目的の達成及び事業効果が期待できると判断し、非公募としたものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第93号、議案第94号、議案第95号、地域整備部長。



◎地域整備部長(馬場士道君) 議案第93号についてご説明いたします。那珂川町公の施設に係る指定管理者の指定についてでございます。まず、経過についてご説明いたします。那珂川町公の施設に係る指定管理者の手続等に関する条例第5条の規定により、那珂川町指定管理者選定委員会を設置いたしまして、審議いただきました。選定委員につきましては、内部委員3名、外部委員3名によります計6名による構成でございます。中ノ島公園につきましては、申請団体は4団体でございました。1次の選定委員会を9月27日に開催し、4社とも合格でありました。次に、プレゼンテーション等の2次の選定委員会を10月7日に開催しまして、その結果としまして指定管理者の候補者として社団法人那珂川町シルバー人材センターを選定し、10月11日付で町長に答申しております。1、公の施設の名称、中ノ島公園。2、指定管理者となる団体、社団法人那珂川町シルバー人材センター、那珂川町上梶原1丁目2番2号。3、指定の期間としまして、平成24年4月1日から平成27年3月31日まででございます。

 続きまして、議案第94号をご説明いたします。グリーンピアなかがわにつきましては、申請団体は7団体でございました。1次の選定委員会を9月27日に開催し、上位5社が合格でございました。2次の選定委員会を10月6日に開催し、その結果としまして指定管理者の候補者として木下緑化建設株式会社を選定し、10月11日付で町長に答申しております。1、公の施設の名称、グリーンピアなかがわ。2、指定管理者となる団体、木下緑化建設株式会社、福岡市南区長丘3丁目13番27号。3、指定の期間としまして、平成24年4月1日から平成27年3月31日まででございます。

 続きまして、議案第95号でございます。申請者が2社で、1次選定委員会を9月27日に開催し、2社とも合格でございました。プレゼンテーション等の2次の選定委員会を10月4日に開催しました。その審査結果は同点でございましたので、施行規則の定めにより委員過半数の者を候補者として決定しております。その結果としまして、指定管理者の候補者として共栄・太平グループを選定し、10月11日付で町長に答申しておるところです。1、公の施設の名称、博多南駅前ビル、博多南駅前広場、那珂川町博多南駅前自転車駐車場。2、指定管理者となる団体、共栄・太平グループ、共栄ロードサービス株式会社、福岡市博多区綱場町1番1号、太平ビルサービス株式会社、福岡市中央区渡辺通2丁目4番8号。3、指定の期間としまして、平成24年4月1日から平成27年3月31日まででございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 報告第6号、報告第7号、教育部長。



◎教育部長(八尋博基君) 報告第6号を説明いたします。財団法人那珂川町教育文化振興公社が本年7月1日付をもって公益財団法人那珂川町教育文化振興財団に移行をいたしました。したがいまして、4月から6月までの3ケ月分の事業報告及び収支決算について報告をするものでございます。内容については、資料をご参照ください。以上でございます。

 報告第7号を説明いたします。公益財団法人に移行しました公益財団法人那珂川町教育文化振興財団の7月から来年の3月までの事業計画及び収支予算でございます。内容につきましては、資料をご参照願いたいと思います。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 以上で議案の説明は終わりました。



△日程第7 請願等の上程



○議長(加納義紀君) 日程第7、請願等を上程します。

 本日までに受理した請願等は2件です。お手元に配付してます請願等文書表のとおりです。

 以上で本日の議事日程はすべて終了しました。

 本日はこれにて散会いたします。

              散会 午前10時52分