議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 那珂川町

平成23年第3回(10月)臨時会 10月21日−01号




平成23年第3回(10月)臨時会 − 10月21日−01号







平成23年第3回(10月)臨時会



1 議 事 日 程 第1号

   (平成23年第3回那珂川町議会臨時会)

                                平成23年10月21日

                                午前9時30分開会

                                於   議   場

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 委員長報告

 日程第4 委員長報告に対する質疑

 日程第5 討論

 日程第6 採決

2 出席議員は次のとおりである(17名)

  1番  春 田 智 明            2番  森 田 俊 文

  3番  平 山 ひとみ            4番  高 原 隆 則

  5番  高 倉   司            6番  原 口 憲 雄

  7番  若 杉   優            8番  糸 井 十九二

  9番  津 留   渉            10番  江 頭 大 助

  11番  唐 崎 康 子            12番  壽 福 正 勝

  13番  早 冨 惠 子            14番  上 野   彰

  15番  後 藤 秀 記            16番  津 口 勝 也

  17番  加 納 義 紀

3 欠席議員は次のとおりである(なし)

4 会議録署名議員

  13番  早 冨 惠 子            14番  上 野   彰

5 地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(12名)

  町長      武 末 茂 喜        副町長     高 田 重 徳

  教育長     大 島 和 寛        総務部長    渡 邉 利 治

  地域整備部長  馬 場 士 道        住民生活部長  藤 野 義 信

  健康福祉部長  坂 井 俊 明        総務課長    笹 渕 政 一

  税務課長    羽 根 正 俊        福祉課長    河 野 通 博

  建設課長    眞 鍋 典 之        学校教育課長  武 田 隆 之

6 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(3名)

  議会事務局長  緒 方 直 巳        係長      藤 島   仁

  主任主事    米 澤 一 江







              開会 午前9時30分



○議長(加納義紀君) おはようございます。

 開会前ですが、報告します。本日は八尋教育部長は病気療養中のため、本日は欠席です。

 それでは、議事に入ります。

 現在の出席議員は17人です。ただいまから平成23年第3回那珂川町議会臨時会を開会します。早速本日の会議を開きます。

 議事日程は、お手元に配付してます議事日程第1号のとおりです。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(加納義紀君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 13番早冨惠子議員、14番上野彰議員を指名します。



△日程第2 会期の決定



○議長(加納義紀君) 日程第2、会期の決定を議題とします。

 お諮りします。本臨時会の会期は、本日1日にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、本日1日に決定いたしました。



△日程第3 委員長報告



○議長(加納義紀君) 日程第3、継続審査となっておりました認定第1号を議題とします。

 決算特別委員会委員長の報告を求めます。決算特別委員会委員長春田智明議員。



◆決算特別委員会委員長(春田智明君) 平成23年9月5日の本会議において委員会に付託された関係議案を決算特別委員会で慎重に審査した結果を会議規則第75条の規定により報告します。平成23年10月21日。那珂川町議会議長加納義紀様。決算特別委員会委員長春田智明。

 記。継続審査について。

 (1)認定第1号平成22年度那珂川町一般会計歳入歳出決算認定について。賛成多数をもって認定でございます。

 審査の経過や主な内容について報告いたします。閉会中の継続審査となっておりました認定第1号平成22年度那珂川町一般会計歳入歳出決算認定について、10月5日、7日、13日の3日間慎重に審議を重ねました。審査に当たりましては、執行部に対して決算書などをもとに詳細な説明を求めるとともに、必要な資料を請求し、その上、予算の執行が関係法令に沿って適正かつ効率的に行われたかどうか、また施策や事業の目的がどの程度達成され、住民サービスや福祉の向上にどのように貢献したかなどの視点から慎重に審査を行い、またその過程においては町政全般について活発な質疑が行われました。平成22年度決算の概要における収支の状況は、実質収支額3億2,665万2,000円の黒字となっていますが、臨時財政対策債9億3,051万6,000円の借り入れがなかったとすれば、6億386万4,000円の赤字決算となります。税収入については、収入済額51億5,331万6,000円で、平成21年度に比べ3.37%の減となっています。財政力指数は、基準財政収入額を基準財政需要額で除した数値の3年間平均であらわされたもので、1に近いほど財政力に余裕があるとされています。本町の財政力指数は、平成20年度から平成22年度までの3年間平均で0.701となっており、平成21年度と比較すると0.012ポイント下がっています。実質公債費比率は、平成20年度から22年度までの3年間を平均したもので5.9%となっており、平成21年度と比較すると0.1ポイントの増となっています。経常収支比率は、財政構造の弾力性を判断する指標であり、比率が低いほど弾力性が大きいことを示します。すなわち人件費、扶助費、公債費などの経常的経費に地方税、普通交付税等を中心とする経常的一般財源がどの程度充当されているかをあらわす比率です。町村では70%程度が望ましいとされますが、平成22年度の経常収支比率は89.2%と相対的にも高い数値を示しており、平成21年度と比較すると1.1ポイントの増となっています。平成22年度決算の概要は以上です。

 平成22年度の主な事業について、予算執行及び主要な施策の成果をもとに審査した結果、質疑が出された中でも主なものについて報告いたします。道路維持補修費について委員から、那珂川町の道路も悪くなってきていて、補修の必要な箇所がかなり多くなっており、いろいろな要望も出てきていると思う。要望に対して満足にできたのかとの質疑が出されました。これに対して執行部から、地域からの要望等で行う事業としては工事請負費と修繕料がある。修繕料についてはできるだけ予算の範囲内で要望を承るような形としている。1件当たり10万円でできる範囲で行っており、平成22年度は294件行った。道路補修についても予算の範囲内で17件行っている。しかし、地元の要望はもっと多く出ているので、予算との兼ね合いというところをご理解いただき、ご協力いただいているのが現状である。要望すべてを消化しているかといえば、そういう状況ではない。道路管理者としてはもう少し金額を増やしていただいて、ある程度面的整備ができるようにやっていきたいと考えているが、全体的な町の枠組みもあるので、その点についてはなかなか厳しい状況が続いているとの回答がありました。審議においても、ほかにも多くの質問や意見が出されましたが、報告は主なものにとどめさせていただきます。

 最後に、討論では、反対の立場から、節単位で100万円を超える不用額は33項目あり、その総額は8,456万円に上っている。これらの不用額を真剣に精査するなら、緊急に求められている住民の要望にこたえることができたのではないか。基金では、現在でも退職準備積立金の現在高が35億円というふうに、全職員が一斉にやめてもおつりが返ってくるほどため込む必要はないと考える。条例を改正してでも、この基金は取り崩して、住民の暮らしに役立つ制度などに活用するなどを求めたい。また、部落差別解消のためにも、国、県がやめたものを町も早く終結を求めるという意味で、また同和対策事業に今回も5,000万円の決算が出ているということで、これは認めるわけにはいかないとの討論がありました。採決の結果は、賛成多数により認定第1号は認定であります。以上、付託されました平成22年度決算の審査の結果及び審査の概要をご報告申し上げました。町長を初め執行部におかれましては、審査の過程で委員から出た意見、要望、また監査委員の指摘事項に十分留意され、町財政の健全化と住民福祉の向上に向けて引き続き努力されることを要望いたしまして、決算特別委員会の報告を終わります。



○議長(加納義紀君) 決算特別委員会の審査結果の報告は終わりました。



△日程第4 委員長報告に対する質疑



○議長(加納義紀君) 日程第4、認定第1号を議題とし、委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) これで質疑を終わります。



△日程第5 討論



○議長(加納義紀君) 日程第5、認定第1号を議題とし、これから討論を行います。

 まず、原案に反対者の発言をお願いします。平山議員。



◆3番(平山ひとみ君) 3番平山ひとみです。日本共産党を代表いたしまして認定第1号平成22年度一般会計歳入歳出決算認定の反対討論を行います。

 自民・公明内閣時代の三位一体改革で、地方財政は困難をきわめ、住民生活は追い詰められるという政治に対する国民からの反撃で、地方自治体財政に対する国の手当てが若干改善されましたが、那珂川町に交付された地方交付税の額は、平成22年度決算では23億556万円ですが、平成12年度の40億775万円の対比では6割弱でしかありません。一方、臨時財政対策債は9億3,051万円で、後年度の返済で町の負担を重くするものであり、容認できるものではありません。歳出では、2010年度中に生じた不用額が3億円にもなっています。節単位で100万円を超える不用額は33項目、8,456万円に上ります。どの時点で発生したか、なぜ不用額を歳出予算から減額することができなかったのか、一つ一つ説明を求めましたら、年度末にならなければ確定しないものなど、納得できるものも多くありました。しかし、もっと細かく真剣に精査するならば、例えば自然エネルギー導入であるとか、住宅リフォームへの助成とか、緊急に求められる住民の要望にこたえることができたのではないでしょうか。次に、那珂川町の退職準備積立金が余りにも大き過ぎるという問題です。2011年3月末現在で基金現在高は35億円となっています。職員の退職金は最低見込まれる数年先の退職者に規定どおり支払えるだけの基金があればいいと考えます。全職員が一斉にやめてもおつりが返ってくるほどため込む必要はなく、到底住民の理解が得られるものではありません。条例を改正してでも取り崩し、住民の暮らしのために使うことを求めます。その他、財政調整基金など使い勝手のいい基金も経済が疲弊し、住民の暮らしや中小企業、農林業の営業がいよいよ冷え込んでいる昨今、緊急にでも役立つ施策に用いるべきと考えます。その他、日本共産党が無駄な大型公共事業としている五ヶ山ダム対策費、不要不急の開発は当面一時的にでも凍結を求めているグリーンピアなかがわなどへ支出されています。さらに、国、県が部落差別解消のためにも廃止し、一般対策へと移行すべきとしている同和対策事業に5,000万円もの多額の費用が使われたことなど認めることはできません。以上、認定第1号平成22年度一般会計決算についての反対討論といたします。



○議長(加納義紀君) 後藤議員。



◆15番(後藤秀記君) 15番後藤秀記です。動議を提出をしたいと思うんですが、これはもう議事進行についてであります。私ども決算委員の特別委員会の委員のメンバーでない議員については、閉会中の決算特別委員会の日程等については一切承知をしておりません。そういうことで、通常であれば委員会の終了の明くる日の午前中までに委員長質疑については通告をするというふうになっておりますが、いつ決算委員会が開かれ、いつ終わったのかということを承知をしておりませんので、通告する時間、時刻についてわかりません。そういう意味で、若干動議が遅れたんですが、休憩をとって質疑の通告があるのかどうかご確認をいただきたいという動議を提出をいたします。



○議長(加納義紀君) それでは、ここで休憩をとります。それでちょっと調べますので、暫時休憩します。

            休憩 午前9時46分  再開 午前10時0分



○議長(加納義紀君) それでは、休憩前に引き続きまして再開いたします。

 後藤議員。



◆15番(後藤秀記君) 15番後藤でございます。先ほど動議を提出をいたしましたけども、この動議を取り下げをしたいというふうに思います。その理由でございます。今、休憩をとりまして、申し合わせ事項について勉強させていただきました。その申し合わせ事項の中に、閉会中の委員長報告に対する質疑については当面見送ると、こういう申し合わせ事項がございます。ただし、今回のこの決算特別委員会の議案というのは執行部提案でございまして、当然採決を要する議案ということになります。そういう意味で、決算特別委員会を臨時会で開催をすると、こういうことを決定をしたときに、この辺についてはきちんと整理をしておかなければならなかった事項ではないのかなというふうに思います。休憩中に、議長を含め議運の委員長も、この件については議運の中で整理をしたいということでございましたので、そういう理由で取り下げをいたします。



○議長(加納義紀君) それでは、会議を進めます。質疑が終わって終結した時点で発言というともう後戻りになりますので、タイミング考えてお願いします。

 それでは、日程第5の認定第1号のことについて討論に入ります。

 次に、原案に賛成者の発言をお願いします。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 原案に反対者の発言をお願いします。ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 原案に賛成者の発言をお願いします。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) これで討論を終わります。



△日程第6 採決



○議長(加納義紀君) 日程第6、これから採決を行います。

 認定第1号を議題とします。

 委員長報告は認定。認定することに賛成の方は挙手をお願いいたします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 賛成多数により、認定第1号は認定することに決定をいたしました。

 以上で全日程の議事がすべて終了しました。

 これをもって平成23年第3回那珂川町議会臨時会を閉会いたします。

              閉会 午前10時3分



   地方自治法第123条第2項の規定により下記のとおり署名する。



                                平成23年10月21日



                        那珂川町議会議長  加 納 義 紀





                        会議録署名 議 員  早 冨 惠 子





                        会議録署名 議 員  上 野   彰