議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 那珂川町

平成23年第1回(5月)臨時会 05月26日−01号




平成23年第1回(5月)臨時会 − 05月26日−01号







平成23年第1回(5月)臨時会



1 議 事 日 程 第1号

   (平成23年第1回那珂川町議会臨時会)

                                平成23年5月26日

                                午前9時30分開会

                                於   議   場

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 議案第40号から議案第48号までを一括上程

 日程第4 議案第40号から議案第48号までの提案理由の説明

 日程第5 議案第40号から議案第48号までの説明

 日程第6 議案第40号から議案第48号までの質疑

 日程第7 討論

 日程第8 採決

2 出席議員は次のとおりである(17名)

  1番  春 田 智 明            2番  森 田 俊 文

  3番  平 山 ひとみ            4番  高 原 隆 則

  5番  高 倉   司            6番  原 口 憲 雄

  7番  若 杉   優            8番  糸 井 十九二

  9番  津 留   渉            10番  江 頭 大 助

  11番  唐 崎 康 子            12番  壽 福 正 勝

  13番  早 冨 惠 子            14番  上 野   彰

  15番  後 藤 秀 記            16番  津 口 勝 也

  17番  加 納 義 紀

3 欠席議員は次のとおりである(なし)

4 会議録署名議員

  5番  高 倉   司            6番  原 口 憲 雄

5 地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(13名)

  町長      武 末 茂 喜        副町長     高 田 重 徳

  教育長     大 島 和 寛        総務部長    渡 邉 利 治

  地域整備部長  馬 場 士 道        住民生活部長  藤 野 義 信

  健康福祉部長  坂 井 俊 明        教育部長    八 尋 博 基

  総務課長    笹 渕 政 一        税務課長    羽 根 正 俊

  福祉課長    河 野 通 博        建設課長    眞 鍋 典 之

  学校教育課長  武 田 隆 之

6 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(3名)

  議会事務局長  緒 方 直 巳        係長      藤 島   仁

  主任主事    米 澤 一 江







              開会 午前9時33分



○議長(加納義紀君) ただいまから会議を開きます。

 現在の出席議員は17人です。ただいまから平成23年第1回那珂川町議会臨時会を開会いたします。早速本日の会議を開きます。

 議事日程は、お手元に配付しています議事日程第1号のとおりです。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(加納義紀君) 日程第1、会議録署名議員の指名をします。

 5番高倉司議員、6番原口憲雄議員を指名します。



△日程第2 会期の決定



○議長(加納義紀君) 日程第2、会期の決定を議題とします。

 お諮りします。本臨時会の会期は、本日1日にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は本日1日に決定いたしました。



△日程第3 議案第40号から議案第48号までを一括上程



○議長(加納義紀君) 日程第3、議案第40号から議案第48号までを一括上程します。



△日程第4 議案第40号から議案第48号までの提案理由の説明



○議長(加納義紀君) 日程第4、議案第40号から議案第48号までを議題とし、提案理由の説明を求めます。武末町長。



◎町長(武末茂喜君) 本日ここに平成23年第1回那珂川町議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては大変ご多用のところご出席いただきまして、厚くお礼を申し上げます。

 さて、本日の臨時会に提出申し上げております議案は、議案第40号から議案第48号までの9件でございます。そのうち議案第40号から議案第44号までの5件は、いずれも平成23年3月31日付で専決処分したものであり、議案第45号は、平成23年4月27日付で専決処分したものでございます。

 議案第40号は、地方税法施行令の一部を改正する政令が平成23年3月30日に公布され、平成23年4月1日に施行されたことに伴い、那珂川町国民健康保険税条例の一部を改正したものです。

 議案第41号は、健康保険法施行令等の一部を改正する政令が平成23年3月30日に公布され、平成23年4月1日に施行されたことに伴い、那珂川町国民健康保険条例の一部を改正したものです。

 議案第42号は、平成22年度那珂川町一般会計補正予算で、譲与税、交付金、地方交付税、地方債等が確定したなどの理由により、歳入歳出それぞれ7,482万4,000円を減額いたしまして、予算の総額を歳入歳出それぞれ159億2,655万円としたものです。

 議案第43号は、平成22年度那珂川町国民健康保険事業特別会計補正予算で、国県支出金、療養給付費交付金等の一部が決定されたなどの理由により、歳入歳出それぞれ5,086万2,000円を減額いたしまして、予算の総額を歳入歳出それぞれ46億7,516万2,000円としたものです。

 議案第44号は、平成22年度那珂川町老人保健特別会計補正予算で、支払基金交付金、国県支出金等の一部が決定されたなどの理由により、歳入歳出それぞれ48万1,000円を減額いたしまして、予算の総額を歳入歳出それぞれ128万4,000円としたものです。

 議案第45号は、地方税法の一部を改正する法律が平成23年4月27日に公布され、同日に施行されたことに伴い、那珂川町税条例の一部を改正したものです。

 議案第46号から議案第48号までは、工事請負契約の締結についてでございまして、苗ヶ尾ため池新設工事、下谷ため池新設第1工区工事及び安徳北小学校大規模改造第2期建築主体工事の請負契約を締結するため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものでございます。以上、提出議案の概要についてご説明申し上げましたが、詳細につきましては担当部長に説明させますので、慎重にご審議の上、ご議決くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。



○議長(加納義紀君) 提案理由の説明は終わりました。



△日程第5 議案第40号から議案第48号までの説明



○議長(加納義紀君) 日程第5、議案第40号から議案第48号までを議題とし、担当部長の説明を求めます。議案第40号、議案第41号、健康福祉部長。



◎健康福祉部長(坂井俊明君) 議案第40号について説明をいたします。平成23年3月30日に地方税法施行令の一部を改正する政令が公布されたことに伴い、那珂川町国民健康保険税条例の一部を改正するものでございます。改正内容につきましては、いわゆる国民健康保険税の課税限度額の引き上げでございます。新旧比較対照表で説明いたします。4ページをお願いいたします。まず、課税額、第3条第2項の改正でありますが、基礎課税額の限度額につきまして50万円を51万円に改めるものでございます。同じく第3項は、後期高齢者支援金等課税額につきまして13万円を14万円に改めるものでございます。同じく第4項は、介護納付金課税額につきまして10万円を12万円に改めるものでございます。次に、国民健康保険税の減額、第23条ですが、保険税の減額においても、基礎課税額50万円を51万円に、後期高齢者支援金等課税額13万円を14万円に、介護納付金課税額10万円を12万円に改めるものでございます。3ページをお願いいたします。附則として、この条例は平成23年4月1日から施行するものでございます。また、適用区分として、改正後の那珂川町国民健康保険税条例の規定は、平成23年度以後の年度分の国民健康保険税について適用し、平成22年度分までの国民健康保険税につきましては、なお従前の例とするものでございます。以上で説明を終わります。

 続きまして、議案第41号について説明いたします。平成23年3月30日に健康保険法施行令等の一部を改正する政令が公布されたことに伴い、那珂川町国民健康保険条例の一部を改正するものでございます。改正の内容につきましては、出産育児一時金が平成23年3月31日まで35万円を39万円に引き上げるよう経過措置として附則で規定しておりましたが、恒久措置となったことによるものでございます。新旧比較対照表で説明をいたします。4ページをお願いいたします。まず、第5条、出産育児一時金第1項の改正でありますが、出産育児一時金の支給額につきまして35万円を39万円に改めるものでございます。また、附則第4項については平成23年3月31日までの経過措置であったため、削除するものでございます。3ページをお願いいたします。附則として、この条例は平成23年4月1日から施行するものでございます。また、経過措置としまして、施行日前に出産した被保険者に係る那珂川町国民健康保険条例第5条第1項の規定による出産育児一時金の額については、なお従前の例とするものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第42号、総務部長。



◎総務部長(渡邉利治君) 議案第42号について説明をいたします。8ページをお願いいたします。第2表繰越明許費の補正でございます。平成22年度内に事業が完了しないことから、9件の繰り越しを追加するものでございます。9ページの第3表地方債の補正でございますが、事業費の確定により、2件の地方債限度額を変更するものでございます。いずれも減額となります。10ページの農林水産業施設災害復旧事業債、これにつきましては補助率のかさ上げに伴い、地方債を借りる必要がなくなったものでございます。15ページをお願いいたします。2の歳入でございます。15ページの2款地方譲与税から30ページ、15款県支出金まででございますが、地方譲与税、交付金、補助金等の確定により、それぞれ増減補正をするものでございます。31ページをお願いいたします。16款2項1目不動産売払収入でございますが、普通財産、土地の売却収入でございます。32ページの17款1項1目一般寄附金でございますが、岩戸財産区からのふるさと応援寄附金でございます。33ページの18款1項2目老人保健特別会計繰入金でございますが、平成22年度で老人保健特別会計が終了するため、収支差額を一般会計へ繰り入れするものでございます。34ページの20款4項2目雑入でございますが、事業の確定による受託料の減額等でございます。35ページの21款町債でございますが、地方債の額の確定により減額をするものでございます。36ページ、これからは3の歳出でございます。2款総務費から60ページまででございますが、10款災害復旧費までは、その多くが事業費の確定に伴う減額補正、または国県支出金等の額の確定による財源組み替えでございますので、この部分につきましては説明を省略させていただきます。36ページの2款1項7目基金積立金費でございますが、公共施設等整備基金2億円、ふるさと応援基金17万6,000円の積み立てでございます。公共施設等整備基金は、福岡都市圏南部環境事業組合が計画を進めております南部清掃工場の建設負担金の積み立てでございます。恐れ入りますが、61ページをお願いいたします。12款諸支出金でございますが、国民健康保険事業特別会計、老人保健特別会計への繰出金の減額でございます。62ページの13款予備費、これにつきましては財源調整を行うものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第43号、議案第44号、健康福祉部長。



◎健康福祉部長(坂井俊明君) 議案第43号について説明をいたします。9ページをお願いいたします。歳入といたしまして、3款1項1目療養給費等負担金につきまして、交付決定に伴い減額補正をしております。10ページをお願いいたします。3款2項1目財政調整交付金、2目介護従事者処遇改善臨時特例交付金、3目出産育児一時金補助金、4目国民健康保険特別対策費補助金につきまして、交付決定に伴いそれぞれ増額、減額の補正をしております。11ページをお願いいたします。4款1項1目療養給付費等交付金につきまして、交付決定に伴い減額補正をしております。12ページをお願いいたします。6款2項1目県財政調整交付金につきまして、交付決定に伴い減額補正をしております。13ページをお願いします。7款1項1目高額医療費共同事業交付金、2目保険財政共同安定化事業交付金につきまして、交付決定に伴いそれぞれ減額、増額補正をしております。14ページをお願いします。8款1項1目一般会計繰入金につきまして、交付金等の増額の交付決定に伴い減額補正をしております。15ページをお願いします。10款3項1目一般被保険者第三者納付金、2目退職被保険者等第三者納付金につきまして、収入確定に伴いそれぞれ増額、減額補正をしております。続きまして、歳出でございます。16ページをお願いします。1款1項1目一般管理費につきましては、執行確定に伴い減額補正するものでございます。17ページをお願いします。2款1項1目一般被保険者療養給付費につきましては、歳入の確定に伴う財源の組み替えを行うものでございます。2目退職被保険者等療養給付費、3目一般被保険者療養費につきましては、執行確定に伴い減額補正するものでございます。18ページお願いします。2款2項1目一般被保険者高額療養費、2目退職被保険者等高額療養費、3目一般被保険者高額介護合算療養費及び4目退職被保険者等高額介護合算療養費につきまして、執行確定に伴い減額補正するものでございます。19ページをお願いします。2款3項1目出産育児一時金につきまして、執行確定に伴い減額補正するものでございます。20ページをお願いします。6款1項1目介護納付金につきましては、歳入の確定に伴う財源の組み替えを行うものでございます。21ページをお願いします。8款2項1目特定健康診査等事業費につきましては、執行確定に伴い減額補正するものでございます。22ページをお願いします。11款1項1目一般被保険者保険税還付金につきまして、執行確定に伴い減額補正するものでございます。以上で説明を終わります。

 続きまして、議案第44号について説明をいたします。老人保健特別会計が平成22年度で終了することに伴い、歳入歳出ともに確定額による補正をしております。9ページをお願いします。歳入といたしまして、1款1項1目医療費交付金、2目審査支払手数料交付金につきまして、交付決定に伴い減額補正をしております。10ページをお願いします。2款1項1目国庫負担金であります。医療給付費負担金につきまして、交付決定に伴い減額補正をしております。11ページをお願いします。3款1項1目県負担金であります。医療給付費負担金につきまして、交付決定に伴い減額補正をしております。12ページをお願いします。4款1項1目一般会計繰入金につきまして、医療給付費等の確定に伴い減額補正をしております。15ページをお願いします。6款2項2目返納金につきまして、収入確定に伴い増額補正しております。続きまして、歳出でございます。16ページをお願いします。1款1項1目一般管理費につきまして、執行確定に伴い減額補正をしております。17ページをお願いします。2款1項1目医療給付費、2目医療支給費及び3目審査支払手数料につきまして、執行確定に伴い減額補正をしております。19ページをお願いします。3款2項1目一般会計繰出金につきましては、歳入歳出の確定に伴い増額補正をしております。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第45号、住民生活部長。



◎住民生活部長(藤野義信君) 議案第45号の説明をいたします。この議案は、東日本大震災による被災者を支援するための緊急の対応として特例の措置を講じるために地方税法が改正され、平成23年4月27日に交付されたことに伴い、那珂川町税条例の一部を改正するものです。税条例の改正に関係します地方税法の改正の要点でございますが、住民税では雑損控除の特例、住宅借入金等特別税額控除の適用期間に係る特例、固定資産税では被災住宅用地に対する特例等が盛り込まれました。これらの改正に伴う税条例の改正について説明をいたします。改正は、附則第21条の後に3条を加えるものです。6ページの新旧比較対照表をお開きください。附則第22条、東日本大震災に係る雑損控除額等の特例。第1項前段は、所得割の納税義務者の選択により、東日本大震災により受けた資産の損失金額を特例損失金額として平成22年分の総所得金額等から雑損控除として控除できることを定めるものです。後段は、23年度においてこの条例の適用を受けた者の24年度以後の措置について規定をするものです。第2項は、第1項の適用を受けた者で、新たに特例損失金額が24年以後に生じた場合は、第1項の23年を当該損失金額が生じた年とすることを規定するものです。第3項は、第1項前段の特例損失金額の中に、生計を一にする扶養親族の有する資産の損失金額、ここで言います親族資産損失額がある場合について、第1項後段と同様の措置を行うことを規定するものです。第4項は、親族資産損失額について第2項同様の措置を行うことを規定するものです。第5項は、第1項の規定を適用するに当たり、申告書等の提出について規定をするものです。附則第23条、東日本大震災に係る住宅借入金等特別税額控除の適用期限の特例は、住宅借入金等、特別税額控除の適用を受けていた住宅が東日本大震災により居住できなくなった場合においても、控除対象期間の残りの期間について引き続き適用できることを規定するものです。附則第24条、東日本大震災に係る固定資産税の特例の適用を受けようとする者がすべき申告等。第1項は、法附則第56条第1項に規定する、被災住宅用地に対する特例の適用を受けようとする場合の申告書の提出について規定するものです。第2項は、第1項で申告された場合、町税条例第74条、これは住宅用地の申告、それから被災住宅用地の申告の規定は適用しないことを規定するものです。第3項は、法附則第56条第4項に規定する共用土地に係る固定資産税額の按分の申し出について、特定被災共用土地納税義務者の代表者が行う申告について定めたものです。第4項は、法附則第56条第9項に規定する仮換地等に係る固定資産税額の按分の申し出について、前項に倣い規定をするものです。5ページをお願いいたします。附則としまして、この条例は公布の日から施行する。ただし、附則に3条を加える改正規定(附則第23条に係る部分に限る。)は平成24年1月1日から施行するものでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 議案第46号、議案第47号、地域整備部長。



◎地域整備部長(馬場士道君) 議案第46号、議案第47号につきましては、九州新幹線建設事業に起因する恒久的渇水対策としての事業でありますので、一括して説明をさせていただきます。減渇水対策補償として平成23年2月23日、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構と18億4,273万円で補償契約を締結しました。この補償金を受諾し基金化することから、本年3月定例議会において、那珂川町九州新幹線渇水対策等被害対策基金条例としてご議決をいただいたところでございます。この財源を用いまして、3ケ年事業として5ケ所のため池を新設し、1ケ所のため池のしゅんせつ及び施設整備を行うこととしております。本臨時議会の議案につきましては、2ケ所のため池を新設整備するものでございます。お手元に資料を配付しておりますので、ご参照していただきたいというふうに思います。まず、1枚目のため池位置図を見ていただきたいというふうに思います。議案第46号の位置が図面右上にあります市ノ瀬区の苗ヶ尾ため池2,300トン、議案第47号の位置が図面左にあります埋金区下谷ため池3,100トンの新設工事であります。また、構造につきましては、従来の土盛りにより堰堤をつくりまして貯水します従来のため池と異なりまして、四方はコンクリート構造で施行するものでございます。2枚目、3枚目につきましては、苗ヶ尾のため池の全体平面図、標準断面図、次に4枚目、5枚目につきましては下谷ため池の全体平面図、標準断面図を添付させていただいております。3枚目の標準断面図をお開きください。四方はコンクリート製の逆T擁壁、図面の右側の構造でございます。もたれ式擁壁、左側の構造物でございます。底板もコンクリート張りとなっておりまして、水密性の高い構造物となっているところでございます。臨時議会の提案につきましては、沢水を主たる水源としておりますことから、渇水地域により早期着工し、完了後速やかに貯水し、来年の田植えに備えたいとの強い要望もありまして、早々に発注することで貯水量の確保を図るためにここに上程するものでございます。

 議案第46号をご説明いたします。契約の目的は、苗ヶ尾ため池新設工事。契約の方法、指名競争入札による契約でございます。契約の金額は8,240万4,000円、うち取引に係る消費税及び地方消費税の額392万4,000円でございます。契約の相手方、住所、筑紫郡那珂川町今光4丁目58番地2、名称、株式会社成世建設代表取締役成世明人。工期は、契約の効力の発生の日から平成24年3月23日まででございます。効力の発生日を本日といたしますと、工期は303日間となります。裏面に工事請負仮契約書を、3ページに指名・入札結果表を添付しておりますので、ご参照をお願いいたします。なお、落札率につきましては84.5%でございます。

 続きまして、議案第47号を説明させていただきます。契約の目的は、下谷ため池新設第1工区工事。契約の方法は、指名競争入札による契約でございます。契約の金額は7,518万円、うち取引に係る消費税及び地方消費税の額358万円でございます。契約の相手方、住所、筑紫郡那珂川町大字埋金748番地、名称、有限会社寺崎組取締役寺崎次彦。工期は、契約の効力の発生の日から平成24年3月23日まででございます。効力の発生日を本日としますと、工期は303日間となります。裏面に工事請負仮契約書を、3ページに指名・入札結果表を添付しておりますので、ご参照をお願いします。なお、落札率は94.9%であります。以上で説明を終わらせていただきます。



○議長(加納義紀君) 議案第48号、教育部長。



◎教育部長(八尋博基君) 議案第48号を説明いたします。1、契約の目的、安徳北小学校大規模改造第2期建築主体工事。2、契約の方法、指名競争入札による契約。3、契約の金額、6,772万5,000円、うち取引に係る消費税及び地方消費税の額322万5,000円。4、契約の相手方、太宰府市通古賀5丁目23番1号、株式会社小嶋建設筑紫店店長石井一人。5、工期、契約の効力の発生の日から平成23年9月30日まで。効力の発生の日を本日といたしますと、128日間となります。工事の概要でございますが、場所につきましては、22年度第1期工事を実施をいたしました校舎の北側の校舎1階から3階の部分でございます。工事の内容は、防水、外壁等の外装改修並びに普通教室6教室の老朽部分の改修でございます。2ページの工事請負仮契約書、3ページの指名・入札結果表はご参照いただきたいと思います。なお、入札結果でございますが、落札率は76.16%でございます。次に、低入札価格調査について経緯を説明いたします。



○議長(加納義紀君) 部長、ちょっと待ってください。電気が消えております。

 それでは、照明がつくまで暫時休憩をいたします。

            休憩 午前10時14分  再開 午前10時23分



○議長(加納義紀君) それでは、休憩前に引き続きまして再開をいたします。

 照明の消灯した原因を今調べております。

 それでは、教育部長、続けてお願いします。



◎教育部長(八尋博基君) 議案第48号の説明の途中でございましたが、低入札価格調査について経緯を説明いたします。本町におきましては、平成23年3月に入札制度の改正を行いました。議員各位におかれましては、ご案内のとおりでございます。本議案につきましては、設計金額5,000万円以上の案件であったことから低入札価格調査基準額を設定して、平成23年5月11日に入札会を行いました。入札の結果、最低入札価格業者が調査基準価格に満たなかったので、落札者の決定を保留をいたしました。その後、最低価格入札者である株式会社銘和建設の入札について調査を実施したところ、那珂川町低入札価格調査実施要綱第6条の数値基準による失格に該当することから、失格と判定をいたしました。次に、第2位の最低価格入札者である株式会社中尾工務店の入札についても調査基準価格を下回る価格であったため調査を実施したところ、同様に要綱第6条の数値基準による失格に該当することから、失格と判定をいたしました。さらに、第3位の最低価格入札者である株式会社小嶋建設筑紫店の入札についても調査基準価格を下回る価格であったため調査を実施をしたところ、要綱第6条に該当せず、第7条の低入札価格調査を行いました。低入札価格調査により、当該入札価格の積算内容に合理的な根拠があり、株式会社小嶋建設筑紫店を落札者としての契約内容に適合した履行がなされると判断をいたしました。以上の調査結果を報告をし、決裁を経て株式会社小嶋建設筑紫店を落札者と決定をしたところでございます。以上で説明を終わります。



○議長(加納義紀君) 以上で説明は終わりました。

 ここでお諮りします。本日提出の議案については、那珂川町議会会議規則第38条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決定をいたしました。

 ここで暫時休憩をいたします。

            休憩 午前10時27分  再開 午前11時15分



○議長(加納義紀君) それでは、休憩前に引き続きまして再開いたします。



△日程第6 議案第40号から議案第48号までの質疑



○議長(加納義紀君) 日程第6、議案第40号から議案第48号までを議題とし、これから質疑を行います。

 議案第40号。後藤議員。



◆15番(後藤秀記君) 議案第40号について質疑をいたします。今回の議会が臨時会ということで、委員会付託がございませんので、当然委員会に付託されればそこの中で質疑ができるわけですが、本会議で質疑をさせていただきます。今回の条例改正に伴いまして、対象となる被保険者世帯が大体どの程度になるのか、そしてさらに条例改正に伴ってどれだけの税収になるのか、もし試算されておればご報告をいただきたいと思います。以上です。



○議長(加納義紀君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(坂井俊明君) お答えをいたします。今回の条例改正に伴いまして対象となる被保険者の世帯数はどの程度かということと、今回の改正に伴いどれくらいの税収になるかということでございますが、平成22年度分の所得で試算した場合の資料がございますので、それに基づいて回答させていただきたいというふうに思います。まず、医療分で対象となります世帯が146世帯です。次に、支援分の関係で123世帯、次に介護分で55世帯というふうになっております。次に、税収の増につきましては約412万8,000円ということで試算をしております。以上でございます。



○議長(加納義紀君) ほかに。ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第41号。ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第42号。後藤議員。



◆15番(後藤秀記君) 議案第42号について質疑をいたします。ページ数は31ページ、16款2項1目公有財産の売払収入513万3,000円が計上されております。まず1点目が、どこの土地を売却されたのか、それからどのような方法で売り払いをされたのか、それからいつ売買が終了したのか、この3点についてご質問をいたします。



○議長(加納義紀君) 総務部長。



◎総務部長(渡邉利治君) お答えいたします。公有財産売払収入の513万3,000円の売り払いの場所ということでございます。場所は大字別所155番地6の一部、156番、161番2の一部ということで、合わせて602.52平方メートルでございます。場所につきましては、京団地から南面里、寺倉のほうに続いております町道でございます。その町道の、京団地から寺倉のほうに向かいまして、右肩が切り立った斜面になっております。これにつきましては、道路敷として保有いたしておりましたものでございます。これにつきまして、隣接の土地所有者からその土地を活用するに当たってこの斜面の部分を、通常言います法敷の部分でございますが、その部分を購入したいという申し出があっております。そういうことから売却をいたしております。平成23年3月10日に売買契約を結んでおります。以上でございます。



○議長(加納義紀君) いいですか。ほかに。ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第43号。ありませんね。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第44号。ありませんね。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第45号。ありませんね。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第46号。後藤議員。



◆15番(後藤秀記君) 議案第46号、議案第47号が同じため池の工事請負契約の関係でございますので、議長の許しを得て同時に質疑をしたいと思いますが、よろしゅうございましょうか。



○議長(加納義紀君) 許可します。



◆15番(後藤秀記君) まず、今資料として図面をいただいたんですが、不勉強で申しわけないんですが、このため池の新設について、今よく池等に転落を子どもたちがするというような記事も載っておりますので、このため池周辺全体にフェンスが設置されるのかどうかということを1点お聞きします。それから、この入札結果表を見てみますと、議案第46号では町内業者が5社が指名に入っています。そこで、那珂川町の、これCランクと思いますので、Cランクの業者が何社あるのかということを、次の質問との関係もございます。そこで、次の質問ですが、なぜこの5社以外のCランクの業者が、この2件の工事請負についての指名に入っていないのか、もうごらんになられたらわかると思いますが、議案第46号も議案第47号も那珂川の町内業者はすべて5社、同じ会社です。ほかにもCランクの業者はおられると思うんですが、なぜこの2つの契約について、入札について指名がなされていないのかということが、理由があればご説明をいただきたいと思います。それから、同じく議案第46号、議案第47号で町外業者が指名をされております。この町外業者はすべて春日市の業者です。春日市の業者に限ったという理由があればご説明をいただきたいと思います。以上です。



○議長(加納義紀君) 地域整備部長。



◎地域整備部長(馬場士道君) ため池の周囲にフェンスは設置されるかということでございますが、このことにつきましては安全性や管理の面から設置することにしております。続きまして、町内のCランク業者は何社あるのかということでございますけど、6社でございます。それから、Cランク業者が議案第46号、議案第47号に指名されなかったのかということでございますけど、先ほど言いましたように6社ございますけど、建設業法の28種の中で、1社につきましては第1希望業種がとび土工というふうになっております。あとすべて5社は土木という形になっておりますので、5社を選定したということでございます。それから、町外業者は春日市のみとなっているがということでございますけど、地理的に本町に近い自治体の有資格者からと、自治体の施行実績等を考慮いたしまして選定をしたということでございます。以上でございます。



○議長(加納義紀君) いいですか。ほかに。ありませんね。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 議案第48号。ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 以上で質疑を終わります。



△日程第7 討論



○議長(加納義紀君) 日程第7、議案第40号から議案第48号までを議題とし、これから討論を行います。

 まず、原案に反対者の発言をお願いします。平山議員。



◆3番(平山ひとみ君) 3番平山ひとみです。私は日本共産党を代表して、議案第40号国民健康保険税最高限度額引き上げについての反対討論を行います。

 今回の国保税最高限度額引き上げとなる所得は、夫婦、子2人の標準4人世帯の場合で、医療分590万9,800円、後期高齢者支援分665万3,600円、介護分で756万4,800円となっています。そういう世帯が73万円から4万円値上げされた77万円に達することになってしまいます。年所得600万から700万円の世帯が果たして高額所得者と言えるのでしょうか。可処分所得、つまり税や保険料などを差し引かれた後の個人が自由にできる所得は年々下がってきている中で、こうした中所得者層への増税は地域経済を冷え込ませることになるでしょう。特に今年3月の東日本大震災により、被災地のみならず全国的にも影響が及び、深刻な経済難に拍車をかけています。こうした国難というべき状況の中で、さらなる国保税の引き上げはすべきではありません。以上をもって議案第40号国民健康保険条例の国保税最高限度額引き上げの反対討論といたします。



○議長(加納義紀君) 次に、原案に賛成者の発言をお願いします。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 原案に反対者の発言をお願いします。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 原案に賛成者の発言をお願いします。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 原案に反対者の発言をお願いします。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) 原案に賛成者の発言をお願いします。ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納義紀君) これで討論を終わります。



△日程第8 採決



○議長(加納義紀君) 日程第8、これから採決を行います。

 議案第40号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 賛成多数により、議案第40号は原案のとおり可決しました。

 議案第41号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第41号は原案のとおり可決しました。

 議案第42号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第42号は原案のとおり可決しました。

 議案第43号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第43号は原案のとおり可決しました。

 議案第44号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第44号は原案のとおり可決しました。

 議案第45号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第45号は原案のとおり可決しました。

 議案第46号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第46号は原案のとおり可決しました。

 議案第47号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第47号は原案のとおり可決しました。

 議案第48号を議題とします。

 原案に賛成の方は挙手をお願いします。

              〔賛成者挙手〕



○議長(加納義紀君) 全員賛成により、議案第48号は原案のとおり可決しました。

 以上で本臨時会の全日程の議事がすべて終了しました。

 これをもって平成23年第1回那珂川町議会臨時会を閉会いたします。

              閉会 午前11時32分







   地方自治法第123条第2項の規定により下記のとおり署名する。



                                平成23年5月26日



                        那珂川町議会議長  加 納 義 紀





                        会議録署名 議 員  高 倉   司





                        会議録署名 議 員  原 口 憲 雄