議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 嘉麻市

平成 21年12月定例会(第4回) 12月22日−06号




平成 21年12月定例会(第4回) − 12月22日−06号







平成 21年12月定例会(第4回)


1 議 事 日 程(第6日)
   (平成21年第4回嘉麻市議会定例会)
                                  平成21年12月22日
                                  午前10時開議
                                  於  議  場
      民生文教委員会委員長の互選結果報告
 日程追加 議会運営委員会委員の選任
 日程第2 議案第42号 嘉麻市自治基本条例について
              (嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員会
 中間報告)
 日程第3 報告第10号 専決処分事項の報告について(交通事故に係る損害賠償の額を定めることについて)
 日程第4 諮問第2号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
採決
 日程第5 諮問第3号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
採決
 日程第6 諮問第4号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
採決
 日程第7 議案第80号 嘉麻市職員の特別職の給与等に関する支給条例の一部を改正する条例について
                                        ほか3件
              (総務財政委員長報告)           質疑、討論、採決
 日程第8 議案第83号 嘉麻市社会体育施設条例の一部を改正する条例について   ほか2件
              (民生文教委員長報告)           質疑、討論、採決
 日程第9 議案第87号 平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第6号)       ほか5件
              (予算特別委員長報告)              討論、採決
 日程第10 意見書(案)の報告上程
質疑、討論、採決
 日程第11 請願第5号 後期高齢者医療制度の即時廃止の意見書提出を求める請願
 日程第12 請願第6号 2010年度の年金確保に関する請願書
 日程第13 追加議案の案件報告上程、提案理由の説明
 日程第14 追加議案の質疑
 日程第15 追加議案の委員会審査付託省略
 日程第16 議案第93号 差押債権取立請求に係る訴えの提起について
討論、採決
 日程第17 議長、市長あいさつ
2 出席議員は次のとおりである(23名)
   1番  大 谷 清 人   2番  田 上 孝 樹   3番  田 淵 千恵子
   4番  藤   伸 一   5番  岩 永 利 勝   6番  跡 部   治
   7番  永 水 民 生   8番  山 倉 敏 明   9番  田 中 日本明
  10番  荒 木 紘 子  12番  赤 間 幸 弘  13番  宮 原 由 光
  14番  中 村 春 夫  15番  嶋 田 尋 美  16番  北 冨 敬 三
  17番  大 里 健 次  18番  佐 藤 道 彦  19番  梶 原 雄 一
  20番  廣 田 一 男  21番  吉 永 雪 男  23番  森   丈 夫
  24番  豊   一 馬  26番  坂 口 政 義  
3 欠席議員は次のとおりである(2名)
  22番  浦 田 吉 彦  25番  清 水   惠
4 地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(10名)
       市長             松岡賛
       副市長            田中政喜
       教育長            山崎輝男
       総合政策部長         廣方悟
       市民環境部長         野上憲治
       保健福祉部長         大塚高史
       産業建設部長         松尾洋一
       教育部次長          秋吉俊輔
       人事秘書課長         坂口繁
       財政課長           中嶋廣東
5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(5名)
       議会事務局長         大野美知人
       議事課長補佐         森田大助
       議事係長           高野浩典
       議事係書記          草野秀紀
       議事係書記          樋口靖



          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



◎議会事務局長(大野美知人) おはようございます。開会前にお知らせいたします。

 浦田議員より所用、清水議員より病気療養のため欠席の届け出があっております。

 それから、配付資料のご確認をお願いいたします。初めに、議事日程第6号、嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員会中間報告、それから、一つにまとめておりますが、総務財政委員会、民生文教委員会、予算特別委員会の委員長報告、意見書文書表、追加提案理由、行財政改革調査特別委員会報告資料、最後ですが、嘉麻市男女共同参画推進条例案。

 以上でございます。ご確認をお願いいたします。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            開議 午前11時8分



○議長(坂口政義) おはようございます。ただいまから本日の会議を開きます。

 ご報告いたします。民生文教常任委員会における委員長の辞任に伴う互選の結果、委員長に15番、嶋田尋美議員が選任されましたので、報告いたします。

 ご報告いたします。本日議会運営委員会委員の浦田吉彦議員、清水惠議員から委員の辞任願が提出され、委員会条例第14条の規定に基づき、許可をいたしております。

 お諮りいたします。この際、議会運営委員会委員の選任の件を日程に追加し、日程の順序を変更して直ちに議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、この際、議会運営委員会委員の選任の件を日程に追加し、日程の順序を変更して直ちに議題とすることに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

日程追加 議会運営委員会委員の選任 



○議長(坂口政義) 議会運営委員会委員の選任の件を議題といたします。

 お諮りいたします。委員の辞任に伴い、委員会条例第8条第1項の規定により、5番、岩永利勝議員、15番、嶋田尋美議員を議会運営委員会委員に指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました5番、岩永利勝議員、15番、嶋田尋美議員を議会運営委員会委員に選任することに決しました。

 ご報告いたします。お手元に配付いたしております本日の議事日程は、ただいまの1件の日程追加に伴い、日程第1が日程第2に繰り下がりますので、ご了承願います。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2議案第42号嘉麻市自治基本条例について(嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員会中間報告)



○議長(坂口政義) 日程第2、嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員会に付託中の議案第42号嘉麻市自治基本条例については、会議規則第46条第2項の規定により、同委員会より中間報告を行いたいとの申し出があっておりますので、この際、特別委員長の報告を求めます。嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員長、廣田一男議員。



◎嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員長(廣田一男) おはようございます。6月定例会におきまして、本特別委員会に審査付託となり、閉会中の継続審査となっておりました議案第42号嘉麻市自治基本条例についての委員会における審査の中間報告をいたします。

 なお、今回の中間報告は、委員会における審査の中で各委員から条文に関して出された意見、指摘、要望等を報告し、現在の予定では来年3月までには委員会として結論を出したいと考えておりますので、3月定例会の委員長報告の際に、審査の内容や条文の修正などについての報告をいたしますので、ご承知願います。

 議案第42号嘉麻市自治基本条例についてでありますが、本案は嘉麻市の自治の基本理念及び基本原則を明らかにするとともに、市民の権利及び責務並びに議会・市長等の役割及び責務を定め、市民が主体の自治の実現を図るため提案されたものであります。

 審査に当たり執行部より提出されました嘉麻市自治基本条例逐条解説書に沿って各章ごとに説明を受け、現在まで4回にわたり委員会を開催し、第8章コミュニティまでの審査を行いました。

 第1章「総則」の第3条にうたわれている「市民」の定義、第2章「基本原則」の第5条(市民自治の原則)は、市民主体でこの条例を策定したことを表現している部分であるが、市民の積極姿勢への表現が明確に示されておらずぼやけている。

 第6条の(情報共有の原則)では、行政や議会が保有する情報をどの範囲まで市民が共有できるのか。

 第3章「市民の権利及び責務」の第9条の(市民の権利)で、執行部の解説では性別、年齢、障がいの有無を問わず、だれでも市政に参画する権利を有するとのことだが、年齢に関してはある一定の枠を設けるべきではないか。

 第10条の(市民の責務)第3項において、この表現では、条文の内容が理解しづらいのではないか。

 第11条の(事業者の責務)では、市内事業者の位置づけが明確にされていない。

 第4章「議会の役割及び責務」の第12条(議会の役割及び責務)では、「議会独自の政策立案や政策提言を積極的に行わなければならない」と断定したような条文になっている。なぜ「議会の役割及び責務」だけこのような条文にしたのか。

 第5章「市長等の役割及び責務」とあるが、「市長等」では市長のほかにどこまでの役職が含まれているのか、その役割及び責務を果たさなければならないのかが明確に示されていない。

 (審査会等の運営)の第18条では、審議会等の委員の男女の比率を設けるべきであり、委員の年齢構成、メンバー構成についても均衡を図るべきである。

 第6章「情報の共有等」の第19条(情報公開及び情報提供)では、市が所有している情報とは別に市の執行機関並びに附属機関に準ずる機関までの情報も公開するのか。

 (救済機関等)の第22条では、市民の不利益処分等を救済する機関の設置がうたわれているが、この条文は努力目標ではなく、実施という形でうたうべきではないか。

 議会側も情報がほしいときにもなかなか出してもらえないことがある。そのためにも、執行部としてはファイリングシステムの構築が急がれると思料するが、情報公開の先進自治体に職員を派遣し、実態調査をすべきではないか。

 第7章「協働及び参画」について、協働のまちづくりというのはあくまでも行政主体のまちづくりに対して、市民参加の協働ということなのか。

 (参画の対象)の第26条は素案と条例案は同じ内容だが、条例案は3項目に分けた形で提案されている。3項目に分けた理由は何なのか。

 同じく第26条の条文に「緊急を要する場合」とあるが、この緊急というのはどういう状況を想定しているのか。また、議員自身も市民の負託を受けて出てきている、市民の参画は理解するが、市民が行政のすべてに参画をするようになれば、議員の存在価値が問われる。

 (参画の方法)の第27条では、市が実施する計画の策定や変更、廃止、条例の制定や改廃、施策の実施等々を行う場合、市民に対し、パブリックコメントやアンケート調査を実施するとのことだが、市が行うすべてのものに対して、パブリックコメントやアンケート調査を実施するのか。

 また、この条文は素案に比べ抽象化されたように受け取れるため、この部分については先進地の条文を参考にし、わかりやすいものにすべきである。

 第8章「コミュニティ」の(コミュニティ活動の尊重)の第29条及び第30条については、嘉麻市独自の地域にあった条文とすべきではないか。現在、嘉麻市においては、小学校の統廃合が進められているが、この統廃合により、廃校となった地域で生活している人々は、地球上から子供たちが消滅したような、とても寂しい孤立感を感じているとの話を委員会視察で目の当たりにしてきた。

 まさに今の嘉麻市が置かれている状況に酷似している。そういう孤立感を解消するためにもコミュニティづくり、いわゆる学校と地域と行政の連携協力というものを嘉麻市のこの自治基本条例にうたい込むべきである。

 以上が自治基本条例制定に関する調査特別委員会における委員からの意見、指摘、要望等の概略であります。

 委員会といたしましては、現状の条文では、嘉麻市の自治基本条例として、整合性が疑問視されるところや、条文中の文言が嘉麻市になじまないところも数多く見受けられるので、今後もさらに慎重に各条ごとに精査を行い、嘉麻市の今後の自治の方向性を示す根幹としての条例を制定する必要があるとの判断から、引き続き閉会中の継続審査とすることで、出席者全員の了承がなされたことを報告し、嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員会の中間報告を終わります。どうも失礼しました。



○議長(坂口政義) 委員長の報告は終わりました。

 お諮りいたします。議案第42号については、委員長からの中間報告において、引き続き継続して審査を行いたいとの申し出があっておりますので、委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、委員長からの申し出のとおり、議案第42号については閉会中の継続審査とすることに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3報告第10号専決処分事項の報告について(交通事故に係る損害賠償の額を定めることについて)



○議長(坂口政義) 日程第3、報告第10号専決処分事項の報告について(交通事故に係る損害賠償の額を定めることについて)は報告事項でございますので、報告のとおりご了承願いします。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4諮問第2号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて



○議長(坂口政義) 日程第4、諮問第2号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 なお、この議案は坂口益夫さんを人権擁護委員として推薦することに意見を求める議案です。これより議案の討論に入るわけでありますが、本案は人事案件でございますので、本案に対する討論は省略いたします。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、諮問第2号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては原案のとおり同意されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5諮問第3号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて



○議長(坂口政義) 日程第5、諮問第3号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 なお、この議案は山?和代さんを人権擁護委員として推薦することに意見を求める議案です。これより議案の討論に入るわけでありますが、本案は人事案件でございますので、本案に対する討論は省略いたします。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、諮問第3号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては原案のとおり同意されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6諮問第4号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて



○議長(坂口政義) 日程第6、諮問第4号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 なお、この議案は有吉直子さんを人権擁護委員として推薦することに意見を求める議案です。これより議案の討論に入るわけでありますが、本案は人事案件でございますので、本案に対する討論は省略いたします。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、諮問第4号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては原案のとおり同意されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7議案第80号嘉麻市職員の特別職の給与等に関する支給条例の一部を改正する条例についてほか3件



○議長(坂口政義) 日程第7、今期定例会におきまして総務財政委員会に審査を付託いたしました議案第80号嘉麻市職員の特別職の給与等に関する支給条例の一部を改正する条例についてほか3件を議題といたします。

 この際、総務財政委員長の報告を求めます。総務財政委員長、山倉敏明議員。



◎総務財政委員長(山倉敏明) おはようございます。それでは、総務財政委員会の結果報告をさせていただきます。

 今期定例会におきまして総務財政委員会に審査付託となりました議案第80号嘉麻市職員の特別職の給与等に関する支給条例の一部を改正する条例についてほか3件の委員会における審査の経過並びに結果の報告を申し上げます。

 まず、議案第80号嘉麻市職員の特別職の給与等に関する支給条例の一部を改正する条例についてでありますが、本案は嘉麻市農事区長並びに介護認定審査会、地域密着型サービス運営委員会、地域包括支援センター運営協議会、地域ケア会議及び障害者自立支援審査会の委員等に係る報酬及び費用弁償の根拠規定を明確にするため、提案されたものであります。

 委員より、農事区長や審査会等の委員の身分を問う質問に対し、従前から非常勤特別職として取り扱っていたが、本条例の中で報酬及び費用弁償を明確に示していなかったために改正するものであるとの回答がありました。

 農事区長を例に挙げると、報酬及び費用弁償の支給については農事区規程で「予算に定めるところにより」と漠然と定めているが、今回の条例改正とあわせて、この条文を見直す必要はないのかとの質問に対し、本条例で報酬及び費用弁償が明文化されるので、この部分の規程を見直す必要があると考えている。今後、関係課と協議を行い検討していきたいとの回答がありました。

 特別職報酬等審議会の開催状況を問う質問に対し、平成18年度に在任特例後の議員報酬の額について諮問し、答申を受けてから以降は、審議会は開催されていない。人事院勧告が実施された場合には、特別職や非常勤特別職の報酬の取り扱いについても、ある程度考慮する必要があるので、今後、近隣自治体の状況等も調査しながら検討していきたいとの回答がありました。

 委員からは、現在、不景気の中で一般職の職員は人事院勧告によって給与が削減されている状況である。特別職や非常勤特別職の報酬等の見直しに関しては、特別職報酬等審議会へ諮問すれば、近隣自治体の状況等の調査も行いながら議論が交わされると思うので、ゼロ回答であったとしても、毎年審議会へ諮問してもらいたいとの要望がありました。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第81号嘉麻市税条例の一部を改正する条例についてでありますが、本案は平成21年6月29日付で福岡県税条例の一部を改正する条例が公布され、個人住民税の寄附金税額控除の適用対象となる寄附金が追加指定されたことに伴い、市税条例においても当該寄附金を寄附金税額控除の適用対象とするため、提案されたものであります。

 執行部より、今回の主な改正内容は、個人住民税の寄附金税額控除の対象として、福岡県税条例で指定された指定寄附金法人、特定公益増進法人、認定特定非営利活動法人に対する寄附金を追加するものであり、平成21年1月1日以降に支出された寄附金から対象となるとの説明がありました。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、今回の改正については福岡県税条例の改正に伴う条例改正であり、全会一致をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第82号嘉麻市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてでありますが、本案は消防法の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、関係条項の整備を行うため、提案されたものであります。

 執行部より、今回の消防法の主な改正内容は、傷病者の搬送及び受け入れの迅速かつ適切な実施を図るために、都道府県が実施基準を定めるとともに、協議会の設置を規定するものであるとの説明がありました。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、今回の改正については上位法律の改正に伴い、引用する条項が繰り下がったことによる条例改正であり、全会一致をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第85号福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更についてでありますが、本案は平成22年2月1日から、八女郡黒木町、同郡立花町、同郡矢部村及び同郡星野村が廃され、その区域が八女市に編入されること並びにこの合併により八女東部広域衛生施設組合が解散されることに伴い、当該組合を組織する地方公共団体の数を減少し、当該組合規約を変更するために、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるため、提案されたものであります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、今回の改正については当該組合を組織する地方公共団体の合併により構成団体数に変更が生じたものであるため、全会一致をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 以上で、総務財政委員会における審査の経過並びに結果の報告を終わります。



○議長(坂口政義) 委員長の報告が終わりました。

 これより質疑に入ります。委員長の報告に対し質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。議案第80号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第80号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第80号嘉麻市職員の特別職の給与等に関する支給条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 次に、議案第81号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第81号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第81号嘉麻市税条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 次に、議案第82号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第82号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第82号嘉麻市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 次に、議案第85号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第85号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第85号福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更については原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第8議案第83号嘉麻市社会体育施設条例の一部を改正する条例についてほか2件



○議長(坂口政義) 日程第8、今期定例会におきまして民生文教委員会に審査を付託いたしました議案第83号嘉麻市社会体育施設条例の一部を改正する条例についてほか2件を議題といたします。

 この際、民生文教委員長の報告を求めます。民生文教委員長、嶋田尋美議員。



◎民生文教委員長(嶋田尋美) 今期定例会におきまして当民生文教委員会に付託されました議案第83号嘉麻市社会体育施設条例の一部を改正する条例についてほか2件について審査を行いましたので、審査の経過並びに結果をご報告いたします。

 まず、議案第83号嘉麻市社会体育施設条例の一部を改正する条例についてでありますが、本案は嘉穂陸上競技場の個人利用における使用料について、料金区分の見直しを行うため、提案されたものであります。

 改正の内容としましては、現行、個人利用における高校生の利用区分は、大人と同じ区分となっていますが、高校生の利用区分を小・中学生と同区分とするものであります。

 これにより個人利用における高校生の使用料は、現行3時間150円から50円引き下げられることとなります。なお、県内における2種及び3種公認陸上競技場の利用料金は、利用時間にばらつきはあるものの、おおむね2時間から3時間の利用で30円から100円である旨の説明がありました。

 委員会としましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告申し上げます。

 次に、議案第84号嘉麻市温水プールスイミングプラザなつきの指定管理者の指定についてでありますが、本案は現在、指定管理者で管理運営が行われている嘉麻市温水プールスイミングプラザなつきの指定管理者の指定期間が平成22年3月31日に満了となります。平成22年4月1日から平成25年3月31日までの3年間、引き続き(株)福岡カホスイミングスクールを同プールの指定管理者として指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 執行部より、管理業務の概要は、嘉麻市温水プールスイミングプラザなつきの管理運営に関する一切の事項で、選定理由については、スイミングプラザなつきは、その管理運営において事業の専門性及び市の施策との一体性が必要とされる公の施設であって、(株)福岡カホスイミングスクールは、その指定期間において当施設の十分な管理運営を行うことができるものと判断したので、嘉麻市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第4条の規定により、指定管理者の候補者として選定したということであります。

 また、選定委員会における具体的な審査の経過並びに審査方法等については、本年11月2日に審査会より市長に提出された答申書に基づき、説明がなされました。

 今回、申請のあった団体は、(株)福岡カホスイミングスクールほか、有限会社飯塚スイミングスクール、財団法人嘉麻市文化スポーツ振興公社の3団体で、審査経過としては7月2日から11月2日の答申まで計5回の審査が行われ、申請団体のヒアリング、選定基準の決定、指定管理者候補者の選定などが協議されております。

 選定基準としては、審査会において、施設の平等な利用を確保できるものであるか、施設の適切な管理を行うことができ、施設の効用を最大限に発揮できるものであるかなど、詳細には25項目を設定し、150点満点で審査され、(株)福岡カホスイミングスクールが124.6点、有限会社飯塚スイミングスクールが122.8点、財団法人嘉麻市文化スポーツ振興公社が112.2点、それぞれ獲得し、最終的には最高点を獲得した(株)福岡カホスイミングスクールが指定管理者候補者として、適当と認められる団体に選定されております。

 あわせて12月8日の本会議において、豊議員より要求のあったサルビアパーク及びスイミングプラザなつきの利用者数や決算書についても、民生文教委員会に提出され、説明がなされました。

 以上、説明を受け、質疑に入りました。主な質疑を申し上げます。

 委員より、財団法人嘉麻市文化スポーツ振興公社の点数がほかに比べ低過ぎるが、原因は具体的に把握しているのかとの質問に対し、概略ではわかるが、具体的な分析は行っていない。個々に審査が行われているので、それらを比較するため、表にし、後日、委員会に提出したい旨の回答がございました。

 また、スイミングプラザなつきの利用者数が減って、減収となっている理由は何かとの質疑に対し、理由としては筑豊緑地に温水プールができたことなどが上げられるが、具体的な理由はつかんでいない旨の回答がありました。

 委員からは、これまでプール利用後の着がえ等の時間が短いなど、利用者からの苦情を指摘しているが、最近では高齢者の利用区分を65歳から70歳に引き上げたことが利用者減の最大の原因ではないかと、利用者から聞いているので、そのほかの施設を含めて、今後、十分に調査をしてほしい旨の要望がございました。

 委員会としましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告申し上げます。

 次に、議案第86号福岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更についてでありますが、本案は平成22年2月1日、八女市に八女郡黒木町、立花町、矢部村、星野村が編入合併いたします。これに伴って、連合の数に増減が生じ、連合議会の平成22年度までの特例の議員定数も変更になるため、議会の議決を求めるものです。

 今回の規約の変更により、同連合議会の構成団体は、現行の64団体が60団体になります。しかし、平成22年度までの特例の議員定数は、4団体が減少するので、4名減となるところですが、新八女市における老人人口が多いことから、同市の特例の議員数は2名となります。したがって、連合議会全体の特例の議員定数は75名から72名とするものです。

 委員会としましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告申し上げます。

 以上で、民生文教委員会における審査の経過並びに結果の報告を終わります。



○議長(坂口政義) 委員長の報告が終わりました。

 これより質疑に入ります。委員長の報告に対し質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。議案第83号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第83号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第83号嘉麻市社会体育施設条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 次に、議案第84号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第84号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第84号嘉麻市温水プールスイミングプラザなつきの指定管理者の指定については原案のとおり可決されました。

 次に、議案第86号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第86号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第86号福岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更については原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第9議案第87号平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第6号)ほか5件



○議長(坂口政義) 日程第9、今期定例会におきまして予算特別委員会に審査を付託いたしました議案第87号平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第6号)ほか5件を議題といたします。

 この際、予算特別委員長の報告を求めます。予算特別委員長、山倉敏明議員。



◎予算特別委員長(山倉敏明) それでは、予算特別委員会委員長報告をさせていただきます。

 今期定例会におきまして、議案第87号平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第6号)ほか5件の審査のため、議長を除く24名全員による予算特別委員会が設置され、私が委員長に、副委員長に浦田吉彦委員が選任され、慎重に審査を行いました。

 なお、全員で審査を行いましたので、審査の経過の報告は省略させていただき、審査結果のみの報告とさせていただきます。また、議案の予算の内容につきましても、市長の提案理由並びに委員会において所管課長より説明がありましたので、省略させていただきます。

 まず、議案第87号平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第6号)についてでありますが、本案は、嘉穂地区小学校統合施設建設事業の変更に伴う継続費の追加、嘉穂陸上競技場整備などに対する地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業及び学校ICT環境整備事業に伴う繰越明許費の追加、農業経営体育成資金利子補給及びスイミングプラザなつき管理運営費に伴う債務負担行為の追加、並びに新型インフルエンザワクチン接種費用補助、高収益型園芸産地育成事業補助、荒廃森林整備等に伴う経費、また飯塚地区消防組合負担金の確定による増額などにより、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億311万2,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ252億7,950万6,000円とするものであります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第88号平成21年度嘉麻市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)についてでありますが、本案は、平成20年度分療養給付費等国庫支出金などの確定に伴う償還金の増額により、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,765万4,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ59億1,997万7,000円とするものであります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第89号平成21年度嘉麻市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、本案は、人事異動に伴う人件費の増額により、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ117万円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ6億2,103万6,000円とするものであります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第90号平成21年度嘉麻市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、本案は、国債、地方債等の利子収入及びオーバーパー債券購入による償還差損等が見込まれるため、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ143万4,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億620万7,000円とするものであります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第91号平成21年度嘉麻市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、本案は、人事異動に伴う人件費の増減及び各種介護サービス給付費の増額等により、保険事業勘定の予算総額に1億9,744万3,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ52億9,284万3,000円とするものであります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第92号平成21年度嘉麻市水道事業会計補正予算(第2号)についてでありますが、本案は、収益的収入及び支出で、本年7月の豪雨災害に伴う水道料金の減免により、水道事業収益の営業収益を6万1,000円減額し、営業外収益を6万1,000円計上するとともに、職員の人事異動に伴う人件費を水道事業費用で1,543万8,000円減額、資本的支出で20万6,000円減額するものであります。なお、収入額が支出額に対して不足する額3億2,630万1,000円は、引継損益勘定留保資金で補てんするものであります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 以上で、予算特別委員会における審査の結果の報告を終わります。



○議長(坂口政義) 委員長の報告が終わりました。

 ここでちょっとお諮りいたします。12時になりましたが、どんなふうにしましょうか。

            〔「継続」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) 継続ですか。はい、ほんなら継続しますので、よろしくお願いします。

 予算特別委員会は全員により審査をいたしておりますので、委員長の報告に対する質疑は省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、委員長の報告に対する質疑は省略することに決しました。

 これより討論に入ります。議案第87号の討論はありませんか。豊議員。



◎24番(豊一馬) 議案第87号平成21年度嘉麻市一般会計補正予算について討論を行います。

 今回の補正額は4億311万2,000円で、歳入歳出予算総額それぞれ252億7,950万6,000円となっていますが、そのうち、歳入では20款諸収入、部落解放同盟補助金返還金について、歳出では第10款教育費、中央公民館費の2点について、意見、提言を述べ、賛成の討論を行います。

 今回の補正予算に計上されている部落解放同盟補助金返還金970万4,000円については、碓井連絡協議会の補助対象の活動が一定期間行われていなかったとの情報提供があり、私が予算特別委員会において、事実調査と事実が判明したときの補助金返還を求めてきたものであります。市の返還要請に協力いただいた部落解放同盟嘉麻・桂川地区協議会並びに各連絡協議会に対して敬意を表するものであります。

 ところで、現在、新年度予算編成中でありますが、今回歳入に組み込まれた部落解放同盟補助金970万4,000円の返還金の活用について要望いたしたいと思い、ここに提案するものであります。

 去る9月議会、嶋田議員の一般質問において、嘉麻市内における低学力の実態と同和地区の学力向上に向けた同和教育予算の充実を図ることが取り上げられました。その中で、補助学習毎月1回実施の報告が行われましたが、本当に学力を高めるためには最低週2日は必要であります。月に一、二回程度での補習学習では、ほとんど児童生徒の学習効果は期待できるものではありません。実りある学力を備えさせるためには、補習時間をたっぷりと準備をしなければなりません。そのためには、潤沢な教育予算が必要であります。今回返還された部落解放同盟補助金返還金が、同和地区児童生徒の学力向上のために生かされることを強く要請するものであります。

 次に、社会教育費、公民館費110万円の振りかえ計上に関連して、公民館分館管理委託契約について、改善点について意見を述べておきたいと思います。

 本定例会中に私のもとに公民館関係者からの手紙が参りました。概略次のような内容です。「これまで公民館管理人は地元から館長が委嘱していたので、地域に詳しく、公民館の利用も円滑にできていきました。ことしは桂川町の業者が管理業務を行っており、管理人が地元のことに全く疎いため、電話の問い合わせ、案内、回答など、すべてにわたって公民館役員に尋ねなければ仕事は務まりません。分館など小さな施設などの委託契約については、根本から見直し、今の入札制度を改めてください」という内容でした。

 今指摘されていることは、一公民館分館のことだけでなく、公共施設全般についての委託契約問題だと思います。指定管理者制度を含め、民間契約のあり方が問われているものであります。管理業務委託契約書及び入札の結果表を見てみますと、言われているとおりの矛盾点が見られました。地元と全く無縁の管理人を配置することによる地区公民館関係者の不便さとサービスの低下は相当に深刻であります。

 平成22年度公民館管理業務は、公民館本来の地域に密着し、地元の意向が十分反映できるような直営方式を復活されるよう要望して、賛成討論といたします。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第87号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第87号平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第6号)は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第88号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第88号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第88号平成21年度嘉麻市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第89号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第89号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第89号平成21年度嘉麻市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第90号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第90号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第90号平成21年度嘉麻市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第91号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第91号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第91号平成21年度嘉麻市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第92号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第92号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第92号平成21年度嘉麻市水道事業会計補正予算(第2号)は原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第10意見書(案)の報告上程



○議長(坂口政義) 日程第10、本日、意見書(案)が民生文教委員会より2件、大里健次議員ほか4名より1件の提出があっておりますので、これを一括上程し、議題といたします。

 お諮りいたします。意見書(案)3件については、提出者の申し出により、会議規則第38条第3項の規定に基づき、提案理由の説明並びに委員会審査付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、意見書(案)3件については、提案理由の説明並びに委員会審査付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。委員会提出意見書(案)第4号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより委員会提出意見書(案)第4号の採決をいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、委員会提出意見書第4号後期高齢者医療制度の即時廃止を求める意見書(案)は原案のとおり可決されました。

 次に、委員会提出意見書(案)第5号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより委員会提出意見書(案)第5号の採決をいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、委員会提出意見書第5号2010年度の年金確保に関する意見書(案)は原案のとおり可決されました。

 次に、意見書(案)第3号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより意見書(案)第3号の採決をいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、意見書第3号改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書(案)は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。ただいま議決されました意見書3件の処理につきましては、議長にご一任お願いいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、意見書3件については、議長において処理することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第11請願第5号後期高齢者医療制度の即時廃止の意見書提出を求める請願



○議長(坂口政義) 日程第11、請願第5号後期高齢者医療制度の即時廃止の意見書提出を求める請願を議題といたします。

 本請願は委員会提出意見書第4号と同一趣旨であり、既に意見書は可決されており議決を要しませんので、採択されたものとみなし処理いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、請願第5号後期高齢者医療制度の即時廃止の意見書提出を求める請願は、採択されたものとみなし処理することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第12請願第6号2010年度の年金確保に関する請願書



○議長(坂口政義) 日程第12、請願第6号2010年度の年金確保に関する請願書を議題といたします。

 本請願は委員会提出意見書第5号と同一趣旨であり、既に意見書は可決されており議会を要しませんので、採択されたものとみなし処理いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、請願第6号2010年度の年金確保の関する請願書は、採択されたものとみなし処理することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第13追加議案の案件報告上程、提案理由の説明



○議長(坂口政義) 日程第13、本日、市長より追加付議事件として議案第93号の1件の提出があっておりますので、これを上程し、議題といたします。

 この際、市長に提案理由の説明を求めます。松岡市長。



◎市長(松岡賛) 本日、追加提出いたしました議案第93号差押債権取立請求に係る訴えの提起についてご説明申し上げます。

 これは嘉麻市が滞納市税等を徴収するため、滞納者が貸金業者に対して有する過払金債権の差し押さえを行ったところ、当該貸金業者が嘉麻市の履行請求に応じないため、当該差押債権に係る給付を求める訴えの提起を行うものでございます。

 以上で提案理由の説明を終わりますが、議員各位におかれましては、十分ご審議いただき、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(坂口政義) 市長の提案理由の説明が終わりました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第14追加議案の質疑



○議長(坂口政義) 日程第14、これより追加議案の質疑に入ります。議案第93号について質疑ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、これをもって質疑を終結いたします。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第15追加議案の委員会審査付託省略



○議長(坂口政義) 日程第15、お諮りいたします。議案第93号については、会議規則第38条第3項の規定により、委員会審査付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第93号については委員会審査付託を省略することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第16議案第93号差押債権取立請求に係る訴えの提起について



○議長(坂口政義) 日程第16、これより議案第93号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、討論を終結いたします。

 これより議案第93号の採決をいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第93号差押債権取立請求に係る訴えの提起については、原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第17議長、市長あいさつ



○議長(坂口政義) 日程第17、引き続き私並びに松岡市長からごあいさつを申し上げます。

 12月の議会を終えるに当たりまして、議長としてごあいさつを申し上げます。

 今定例会の初日において、議長在職12年以上の総務大臣表彰伝達式を行っていただいた上、議会執行部より身に余るご祝辞をいただき、まことにありがとうございました。今回の受賞は、ひとえに議会の皆様、そして執行部の皆様のご協力、ご支援のたまものと深く感謝を申し上げます。

 嘉麻市が発足して4年目が経過しようとしておりますが、この間、住民福祉の向上、安心で安全なまちづくり、財政基盤の健全化などに関して、行財政改革に関する調査特別委員会や各常任委員会で真剣かつ活発に取り組んでまいっておりますが、まだまだ直面する課題が山積しているのが現状であります。今後とも、市民、議会、行政が一丸となって課題解決に向け取り組んでいかなければ、嘉麻市の将来は望めるものではありません。私も微力ではございますが、議長として全身全霊をかけ、嘉麻市の発展、住民生活の安定を目指し、務めてまいる所存でありますので、どうか皆様のご協力をお願い申し上げます。

 最後になりますが、皆様方におかれましては健康に十分留意され、今後ますますのご活躍、ご発展、ご多幸を願いつつ、はえある新年を迎えられることを心よりご祈念申し上げ、甚だ措辞簡略でありますが、私のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

            〔拍手〕



◎市長(松岡賛) 平成21年12月定例会の最終日に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 3月の定例議会から本日の議会まで無事に終わりましたこと、これも議員の皆様方のいろんな意味のご協力あったことであるということで、心から感謝を申し上げる次第でございます。

 振り返りますと、平成18年の3月に合併をいたしました。1市3町、非常に財政状況が厳しい、何とか合併して活路を見出そうということで、いろんな難局を乗り越えて合併にこぎつけましたけれども、合併して3年9カ月を過ぎようと今いたしているとこでございます。これまで合併しての大きな目標、これは何といっても健全財政の確立でございました。そういった意味で、市民の皆さんにもいろんな意味でご迷惑をかけてきたわけでございます。しかしながら、ご案内のとおり、財政状況も単年度実質収支は黒字を計上することができましたし、経常収支比率も99.5と、まだまだ十分ではございませんが、近隣の市が100%を超える中、嘉麻市はそういった意味で財政の健全化に向かって大きな足跡を残すことができたわけでございます。

 しかしながら、財政がすごくいいという状況でもまだないわけでありまして、これからいろんな行財政改革を進めていかなくてはいけないだろうと思っているとこでございます。しかしながら、単年度でありますけれども、そういう状況が残せましたことは、市民の皆さんの絶大なるご理解とご協力、そして議会の慎重なる審議のもとにそういった状況は生まれたわけでございますので、改めて厚くお礼を申し上げる次第でございます。

 これまで本当にいろんな難局もございましたが、その一つ一つを真剣に、執行部、議会一体となって取り組んでまいりました。嘉麻市は3年9カ月を過ぎたといえ、まだまだ動き始めたばかりで、十分な基盤はできていない状況でございます。それぞれの自治体の歴史・文化、そういった違いやいろんな違いの中、一体感という点ではまだまだ十分ではございませんけれども、祭りは一つにまとまったり、いろんな催し物もだんだん一つになってきている状況もあるとこでございます。今後はそういった市民の一体感を醸成するためにも頑張っていかなくてはいけないと思っているとこでございます。

 嘉麻市の場合、このようにご協力いただいておりますが、一方では、国の政権が交代をいたしました。地方分権、地方分権と言っておりましたけれども、地方分権から今地方主権というように言われるようになってきたところでございます。そういったことで、大きく今国も動き出しております。

 来年は、現在ご審議いただいております自治基本条例、これも制定を目指しておりますので、これからは嘉麻市らしさと申しますか、嘉麻市の特色を生かして、嘉麻市ならではのまちづくりを今後とも考えていく必要があろうかと思います。いずれにいたしましても、人と自然に優しく、安全で安心なまちづくりを議会と一体となって来年も進めていかなくてはいけないというふうに考えておるとこでございます。

 最後になりますけれども、年末年始、議員の皆さんにおかれましては、大変慌ただしい生活をお過ごしになるかと思います。どうか健康には十分留意されて、来年はとら年でありますので、トラのように元気よく、また議会の活性化、そしていろいろ執行部についてもご指導、ご鞭撻いただければと思っているとこでございます。新しい年が皆様方にとって、市民の皆様方にとってすばらしい年になることをご祈念申し上げまして、12月議会最終日に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

            〔拍手〕



○議長(坂口政義) これにて平成21年第4回嘉麻市議会定例会を閉会いたします。お疲れさまでした。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            閉会 午後0時25分




   嘉麻市議会会議規則第81条の規定により下記のとおり署名する。

                               平成21年12月22日


                     嘉麻市議会議長    坂 口 政 義


                     嘉麻市議会副議長   廣 田 一 男


                     会議録署名議員    山 倉 敏 明


                     会議録署名議員    田 中 日本明





┌────────────────────────────────────────┐
│平成21年第4回嘉麻市議会定例会追加付議事件                   │
│(12月22日提出)                                │
├────┬────────────────────────┬─────┬────┤
│議案番号│                        │提出課  │審議結果│
│    │件            名          │付託先  │摘  要│
├────┼────────────────────────┼─────┼────┤
│第93号 │差押債権取立請求に係る訴えの提起について    │収納対策室│    │
│    │                        │     │    │
└────┴────────────────────────┴─────┴────┘








△意見書文書表




                        平成21年第4回嘉麻市議会(12月)定例会
┌─────┬───────────────────────┬────────┐
│番 号  │件          名           │提 出 者   │
├─────┼───────────────────────┼────────┤
│委員会提出│後期高齢者医療制度の即時廃止を求める意見書(案│民生文教委員会 │
│意 見 書│)                      │ 委員長    │
│第 4 号│                       │嶋 田 尋 美 │
│     │                       │        │
│     │                       │        │
│     │                       │        │
├─────┼───────────────────────┼────────┤
│委員会提出│2010年度の年金確保に関する意見書(案)    │民生文教委員会 │
│意 見 書│                       │ 委員長    │
│第 5 号│                       │嶋 田 尋 美 │
│     │                       │        │
│     │                       │        │
│     │                       │        │
├─────┼───────────────────────┼────────┤
│意 見 書│改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書(案│大 里 健 次 │
│第 3 号│)                      │北 冨 敬 三 │
│     │                       │佐 藤 道 彦 │
│     │                       │永 水 民 生 │
│     │                       │嶋 田 尋 美 │
│     │                       │        │
└─────┴───────────────────────┴────────┘