議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 嘉麻市

平成 21年11月臨時会(第3回) 11月30日−01号




平成 21年11月臨時会(第3回) − 11月30日−01号







平成 21年11月臨時会(第3回)


1 議 事 日 程(第1日)
   (平成21年第3回嘉麻市議会臨時会)
                                  平成21年11月30日
                                  午前10時開議
                                  於  議  場
日程第1会期の決定
日程第2会議録署名議員の指名
日程第3提出議案の案件報告上程、提案理由の説明
日程第4提出議案の質疑
日程第5議案第72号ほか7件の委員会審査付託省略
日程第6議案第72号嘉麻市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例につい
            て
                                       討論、採決
日程第7議案第73号嘉麻市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正す
            る条例について
                                       討論、採決
日程第8議案第74号嘉麻市職員の特別職の給与等に関する支給条例の一部を改正する条例に
            ついて
                                       討論、採決
日程第9議案第75号嘉麻市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他勤務条件に関する条例
            の一部を改正する条例について
                                       討論、採決
日程第10議案第76号嘉麻市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例につ
            いて
                                       討論、採決
日程第11議案第77号損害賠償の額を定めることについて
                                       討論、採決
日程第12議案第78号交通事故に係る損害賠償の額を定めることについて
                                       討論、採決
日程第13議案第79号平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第5号)
                                       討論、採決
2 出席議員は次のとおりである(22名)
   1番  大 谷 清 人   2番  田 上 孝 樹   3番  田 淵 千恵子
   4番  藤   伸 一   6番  跡 部   治   7番  永 水 民 生
   8番  山 倉 敏 明   9番  田 中 日本明  10番  荒 木 紘 子
  12番  赤 間 幸 弘  13番  宮 原 由 光  14番  中 村 春 夫
  15番  嶋 田 尋 美  16番  北 冨 敬 三  17番  大 里 健 次
  18番  佐 藤 道 彦  19番  梶 原 雄 一  20番  廣 田 一 男
  21番  吉 永 雪 男  22番  浦 田 吉 彦  24番  豊   一 馬
  26番  坂 口 政 義
3 欠席議員は次のとおりである(3名)
   5番  岩 永 利 勝  23番  森   丈 夫  25番  清 水   惠
4 地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(14名)
       市長             松岡賛
       副市長            田中政喜
       教育長            山崎輝男
       総合政策部長         廣方悟
       市民環境部長         野上憲治
       保健福祉部長         大塚高史
       産業建設部長         松尾洋一
       教育部次長          秋吉俊輔
       人事秘書課長         坂口繁
       総務課長           古川宏
       財政課長           中嶋廣東
       こども育成課長        深町俊一
       住宅公園課長         野見山泰三
       生涯学習課長         大塚正則
5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(5名)
       議会事務局長         大野美知人
       議事課長補佐         森田大助
       議事係長           高野浩典
       議事係書記          草野秀紀
       議事係書記          樋口靖





          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



◎議会事務局長(大野美知人) おはようございます。開会前にお知らせいたします。森議員より所用のため遅刻、岩永議員より所用、清水議員より病気療養のため欠席の届け出があっております。

 それから、配付資料のご確認をお願いいたします。初めに、議事日程第1号提案理由、議案第72号、73号、74号、75号、76号の参考資料、補正予算第5号説明資料、それから基金運用状況、財政課提出分でございます。最後に、A3の用紙でございますけども、経済危機対策臨時交付金要望事業一覧でございます。以上でございます。ご確認お願いいたします。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            開会 午前10時1分



○議長(坂口政義) おはようございます。これより平成21年第3回嘉麻市議会臨時会を開会いたします。直ちに本日の会議を開きます。

 今臨時会には、地方自治法第121条の規定により、市長及びその他の説明員の出席を求めております。ご了承願います。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1会期の決定



○議長(坂口政義) 日程第1、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は、本日1日間と決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2会議録署名議員の指名



○議長(坂口政義) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、6番、跡部治議員、7番、永水民生議員のご両名にお願いいたします。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3提出議案の案件報告上程、提案理由の説明



○議長(坂口政義) 日程第3、本日、市長より付議事件として議案第72号から第79号までの8件の提出があっておりますので、これを一括上程し、議題といたします。この際、市長に提案理由の説明を求めます。松岡市長。



◎市長(松岡賛) 皆さんおはようございます。本日ここに、平成21年第3回嘉麻市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、大変お忙しい中ご参集いただき、厚くお礼を申し上げます。

 さて、本臨時会の付議事件といたしましては、議案第72号から議案第79号までの8件でございます。それでは、順を追ってご説明申し上げます。

 まず、議案第72号から議案第76号までの嘉麻市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例、嘉麻市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例、嘉麻市職員の特別職の給与等に関する支給条例の一部を改正する条例、嘉麻市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他勤務条件に関する条例の一部を改正する条例及び嘉麻市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の5件につきましては、平成21年8月11日付の人事院勧告を考慮し、提案するものでございます。

 議案第72号では、平成21年12月から一般職の職員の給料月額を若年層を除き平均0.2%引き下げるものでございます。また、同年4月分の給与に0.24%を乗じて得た額に4月から11月までの8月を乗じて得た額と、6月期に支給された期末勤勉手当の額に同率を乗じて得た額の合計額を、12月期の期末手当で減額調整するものでございます。

 加えて、一般職の職員に係る12月期の期末勤勉手当の支給割合を、現行の「100分の235」から「100分の220」に引き下げるものでございます。

 他方、平成22年4月1日から一般職の職員の月60時間を超える超過勤務に係る時間外勤務手当の支給割合を、現行の「100分の125」から「100分の150」に引き上げるものでございます。

 議案第73号から議案第75号までは、市議会議員、市長、副市長及び教育長に係る12月期の期末手当の支給割合を、現行の「100分の175」から「100分の165」にそれぞれ引き下げるものでございます。

 議案第76号では、議案第72号の給与条例の一部改正により、平成22年4月1日から、一般職の職員の月60時間を超える超過勤務に係る時間外勤務手当の支給割合が、100分の150に引き上げられることに伴い、当該支給割合と本来の支給割合との差額分の支給にかえて、正規の勤務時間においても勤務することを要しない時間(時間外勤務代休時間)を指定することができる制度を新設するものでございます。

 次に、議案第77号損害賠償の額を定めることについてでございます。

 これは、平成21年11月11日、市営住宅山田山下団地の駐車場内の枯れ木が倒れ、駐車車両を損傷させる賠償責任事故が発生したことに伴い、当該損害賠償の額を定めることについて、議会の議決を求めるものでございます。

 次に、議案第78号交通事故に係る損害賠償の額を定めることについてでございます。

 これは、平成21年3月31日、水道局職員運転の公用車が交差点を走行中、右方向から直進してきた相手方小型自動二輪車と接触する物損及び人身事故が発生し、相手方の治療費等が確定したので、当該損害賠償の額を定めることについて、議会の議決を求めるものでございます。

 最後に、議案第79号平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第5号)についてでございます。

 今回、第5回目の補正予算で2億8,800万円を追加補正し、予算総額を歳入歳出それぞれ248億7,639万4,000円とするものでございます。

 まず、歳出についてご説明いたします。

 3款民生費では、保育所費で碓井第二保育所浄化槽改修工事に伴う経費として1,100万円を増額補正いたしております。同じく、児童福祉施設費では、下山田学童保育所駐車場新設工事に伴う経費として660万円を増額補正いたしております。同じく、子育て応援特別手当事業費では、国の子育て応援特別手当交付金の執行停止に伴い4,209万8,000円を減額補正いたしております。同じく、育児支援給付金交付事業費では、子育て応援特別手当交付金の執行停止に伴い、嘉麻市独自の取り組みとしまして、ゼロ歳から就学前までの児童を対象に、1人2万4,000円を交付するための経費として4,179万2,000円を増額補正いたしております。

 6款農林水産業費では、農業施設費でかんがい施設の改修工事に伴う経費として5,133万8,000円を増額補正いたしております。同じく、林業振興費で、荒廃竹林の解消を図るため、竹粉砕機購入経費として1,728万3,000円を増額補正いたしております。

 8款土木費では、土木総務費で、治水計画調査委託料として1,782万円を増額補正いたしております。同じく、公園費で嘉穂益富城自然公園道路改良工事等に係る経費として4,549万6,000円を増額補正いたしております。

 10款教育費では、保健体育施設費で嘉穂陸上競技場トラック改修工事等に係る経費として1億3,876万9,000円を増額補正いたしております。

 次に、歳入についてご説明いたします。

 14款国庫支出金では2億4,306万8,000円を増額補正し、18款繰入金では財政調整基金繰入金4,493万2,000円を増額補正いたしております。

 以上で提案理由の説明を終わりますが、議員各位におかれましては、十分ご審議いただき、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(坂口政義) 市長の提案理由の説明が終わりました。

 次に、参考資料が提出されておりますので、補足説明をいたさせます。人事秘書課長。



◎人事秘書課長(坂口繁) それでは、今回、人事院勧告に基づく給与等の改正条例を72号から76号まで提出させていただいておりますけれども、非常に多岐にわたっております関係から、今回、参考資料としておつくり申し上げております。これによりご説明させていただきたいというふうに思っております。

 人事秘書課提出の参考資料、A4の3枚ものをごらんいただきたいと思います。表紙を1枚はぐっていただいて1ページお願いいたします。

 まず、概要ということで、背景と経過についてでございますけれども、現下の社会情勢を反映し、本年8月11日に人事院から、国家公務員の一般職の給与改正の勧告がなされております。これを受けまして政府は、10月27日に閣議決定をしまして、同日、国会に関連法案が提出されております。本市としましても、この人事院勧告に基づき、一般職及び特別職、教育長並びに議員報酬等に関する条例を改正するものであります。

 それで、改正の内容でございますけれども、3の改正内容をごらんいただきたいというふうに思います。

 まずは職員の給料の改正ですけれども、平均で0.2%の減額となっております。また、本年4月から改正条例施行までの格差分としまして、具体的に言いますと4月から11月までの給料と6月の期末勤勉手当について、その格差分として、調整率0.24%を乗じた額を12月期の期末手当から減額するものであります。

 次に、期末勤勉手当の減額ですけれども、これは次のページの表をごらんいただきたいというふうに思います。

 まずは一番上段の部分ですけれども一般職員です。12月は期末手当が0.1月、勤勉手当が0.05月、合計で0.15月の減額となります。ちなみに、本年6月の支給分は既に特例措置として0.2月分を凍結しておりますので、合計で0.35月の減額となっております。

 また、この6月支給分について本年度凍結としました特例措置これを本則改正しまして、来年度以降これによるものとしまして、施行を平成22年4月1日としておるところでございます。

 次に、特別職、議会議員、教育長ですけれども、すべて同じでございまして、12月期の期末手当が0.1月分減額となっておりまして、本年6月凍結分と合わせると0.25月の減額となっております。

 また、6月支給分の取り扱いにつきましては、一般職と同様に、来年度以降について本則改正しておりまして、条例におきまして条立てで行い、施行日が異なっておるところでございます。

 最後に、時間外勤務手当の改正ですが、従前は時間外勤務手当については、時間給に1時間当たり100分の125を乗じた額を支給しておりましたが、月の時間外勤務が60時間を超える部分について100分の25を上乗せして支給するとするものでございます。

 また、これにあわせて、議案第76号で嘉麻市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例として、この上乗せ分の時間外勤務手当の支給にかえて、代休をとることができる制度を新たに設けるものでございます。

 以上が今回の人事院勧告に基づく給与等の改正の概要でございます。

 以上です。



○議長(坂口政義) 財政課長。



◎財政課長(中嶋廣東) それでは、私のほうから議案第79号の嘉麻市の一般会計補正予算についてのご説明をさせていただきたいと思います。まず補正予算書それから補正予算書第5号の説明資料というのがございます。それから基金の運用状況、それからA3の縦長でございますけど経済危機対策臨時交付金の要望事業一覧表です。この資料についてご説明をさせていただきたいと思います。

 まず補正予算書のほうからご説明をいたします。補正予算書第5号でございますけど、補正予算書の1ページをお開きをいただきたいと思います。

 それではご説明いたします。歳入歳出予算の補正第1条でございます。歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億8,800万円を追加をいたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ248億7,639万4,000円とするものでございます。

 事項別明細の説明の前に、今回補正予算の概要についてでございますが、まず、9月定例会での一般会計補正予算(第4号)におきまして、地域活性化経済危機対策臨時交付金事業の一部修正案が議会より提案され、修正案どおりに補正予算が可決をされております。執行部としましては、事業内容を精査し、事業の選択を行いましたので、再度ご提案をさせていただくものでございます。

 また、平成21年度国の第1次補正予算において、子育て応援特別手当交付金が措置されておりましたが、今回の政権交代により予算の見直しが行われ、執行停止となったため、減額補正するものでございます。

 それでは、補正予算の内容につきまして、事項別明細書によりご説明をいたします。

 補正予算書の7ページをお開きいただきたいと思います。3款民生費2項児童福祉費4目保育所費は、碓井第二保育所浄化槽改修工事に伴う設計監理委託料及び工事請負費として1,100万円を増額補正をいたしております。

 次に5目の児童福祉施設費では、下山田学童保育所駐車場新設工事に伴う設計監理委託料及び工事請負費として660万円を増額補正をいたしました。

 次に6目子育て応援特別手当事業費は、先ほど少しご説明いたしましたが、平成21年度国の第1次補正予算で措置されておりました3歳から就学前までを対象に1人3万6,000円を交付することとなっておりましたが、政権交代により予算の見直しが行われ、この予算が執行停止となったため4,209万8,000円を減額補正するものでございます。

 次に、7目育児支援給付金交付事業費は、予算書の7ページから8ページになっております。前回の補正予算(第4号)で、市単独により、ゼロ歳から2歳までを対象に1人1万2,000円を交付する予算のご承認をいただいておりましたが、3歳から就学前まで1人3万6,000円の交付予定が執行停止となったため、嘉麻市単独により、ゼロ歳から就学前まで全員を対象に1人2万4,000円を交付するため、事務費を含めまして4,179万2,000円を増額補正するものでございます。

 次に、8ページの6款農林水産業費1項農業費8目農業施設費では、稲築、嘉穂地区の排水樋門改修工事及び可動掛樋改修工事に伴う測量設計委託料及び工事請負費として5,133万8,000円を増額補正するものでございます。

 次に9ページをお願いいたします。6款2項林業費2目林業振興費18節備品購入費で、森林整備のための竹粉砕機を2台購入するため1,728万3,000円を増額補正をいたしております。

 次に8款土木費1項土木管理費1目土木総務費13節委託料は、稲築の鴨生山野地区の治水計画調査委託料として1,782万円を増額補正するものでございます。これは水害等の災害に伴う水利解析等の調査委託料でございます。

 次に8款4項都市計画費2目公園費は、益富城自然公園整備費の道路改良工事、用地購入費、立木補償費等として4,549万6,000円を増額補正をいたしております。

 次に10款教育費7項保健体育費2目保健体育施設費は、嘉穂陸上競技場トラックの改修工事及び同競技場のフィールドの改修工事に伴う設計監理委託料及び工事請負費として1億3,876万9,000円を増額補正するものでございます。

 以上が歳出でございます。

 次に歳入についてご説明をいたします。ページを戻っていただきまして6ページをお願いをいたします。

 14款国庫支出金2項国庫補助金1目民生費国庫補助金2節児童福祉費補助金は、歳出でもご説明いたしましたが、国の第1次補正予算の見直しにより、子育て応援特別手当が執行停止となったため4,209万8,000円を減額補正するものでございます。

 次に7目総務費国庫補助金1節総務管理補助金は、前回の補正予算(第4号)で減額修正案が出された地域活性化経済危機対策臨時交付金減額相当額として2億8,516万6,000円を増額補正するものでございます。

 次に18款繰入金1項基金繰入金1目1節の財政調整基金繰入金は、今回補正予算の一般財源相当額として4,493万2,000円を増額補正するものでございます。

 以上、一般会計補正予算第5号の説明を終わります。

 次に資料関係でございますけど、まず、補正予算書第5号の説明資料ということで6枚つづりのこれ位置図等でございますけど、この説明をいたします。

 まず1ページをお願いいたします。右下のほうにページ数打っておりますけど、1ページにつきましては、これは下山田学童保育所の駐車場新設工事箇所でございます。下山田の小学校横に現在学童保育所がございますけど、その学童保育所に隣接をして駐車場を新たに新設するものでございます。台数的には7台程度を予定をいたしております。

 次に2ページでございます。これは農林整備課関係でございますけど、図面のほうから、まず上のほうから、洗越排水樋門改修工事箇所でございます。この箇所は碓井から稲築に行く県道千手稲築線がございますけど、稲築の漆生地区でございます。遠賀川の河川の一角に市が管理をいたしております井堰がございます。碓井のほうから行きますと211号線に出る手前、100メートル手前程度でございますけど、ここが位置でございます。

 次に、クツワイデ井堰改修工事箇所でございます。ここは、嘉穂工業高校の先にいすやという葬儀屋さんございますけど、その葬儀屋さんから稲築の才田のほうに行く市道がございます。この途中の左側に用水路がございまして、この用水路の一角の井堰の改修工事でございます。

 次に、下りまして長田1号、2号の可動掛樋の改修工事箇所でございますけど、ここは嘉穂地区でございまして、夢サイト嘉穂付近の農地に用水路が走っております。その水路の可動掛樋の改修箇所でございます。

 次に樹木粉砕機でございますけど、これは2台購入予定いたしておりまして、これは森林組合のほうに貸与をいたしますので、管理するということで森林組合の一応図面としてあらわさせていただいております。

 次に3ページの資料は、これは樹木粉砕機2台でございますけど、1台は移動用ということでございまして、3ページが移動用でございます。それから4ページが、ちょっと大型になりますけど固定用の粉砕機ということでございます。

 それから5ページでございますけど、これは益富城の自然公園道路の改良工事箇所でございます。プールのほうから公園のほうに上りますけど、通常言われるくねくね道路でございます。この道路箇所でございます。

 それから最後に6ページでございますけど、嘉穂陸上競技場のトラックそれからフィールドの改修箇所ということで図面の添付をさせていただいております。

 それから、基金の運用状況でございますけど、これは今回4,400万円ほど一般財源相当額入れております。そういう関係で支出高の欄が変更になっておりますので、5号補正予算後の基金の運用状況ということでございます。

 それから、最後にA3の縦長の部分でございますけど、これは中ほどに9月補正予算額というのがございますけど、これが6億4,542万6,000円ということで9月補正予算で提案をさせていただいておりました。その下に減額修正、括弧して9月補正というのがございます。これが議会のほうから修正案が出されました2億9,055万5,000円でございます。その額を差し引きますと、その次に9月補正額の可決額というのがございますけど、これが減額修正後の臨時交付金事業ということになります。一番右端が臨時議会予定額というのがございますけど、6億8,496万9,000円ということで、今回の追加いたしました5号補正予算後の経済危機対策臨時交付金事業の総額が6億8,496万9,000円ということになります。したがいまして、約3,900万円程度一般財源相当額でふえてきたということになります。

 以上で説明を終わります。



○議長(坂口政義) 執行部からの補足説明が終わりました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4提出議案の質疑



○議長(坂口政義) 日程第4、これより議案の質疑に入ります。

 お諮りいたします。議案第72号から議案第75号までの4件については、人事院勧告に伴う条例改正であり、関連する議案ですので一括して質疑を行います。

 議案第72号から議案第75号までの4件について質疑ありませんか。豊議員。



◆24番(豊一馬) 細かい説明は受けたところですが、人事院勧告によって人件費の削減をもたらしたわけですが、それで、議案第72号です。特に議案第72号の該当職員数です、この条例に関係する。該当職員数が何名かということと、それから、トータルでこの第72号の削減額、人件費の削減額はどのくらいになるのかお示し願いたいと思います。あわせて73号、これは市議会議員の議員報酬ですが、議員報酬がどのくらい引き下げられたのか、金額で、1人1人の金額どのくらいになるのか、あるいは議長はどのくらいになるのか、また全体ではどのくらい削減効果をもたらすのかを第73号では示してください。

 それから74号、嘉麻市職員の特別職の給与に関する支給条例、これは市長、副市長の分だと思いますが、これについても同じように、どのくらいの削減幅になるのかを同じように示してください。それから議案第75号は嘉麻市教育委員会教育長の分ですけど、これは教育長1人について、同じように説明してください。そして、72号から75号まで全体のトータルとしては幾ら削減につながったのか示してください。

 以上です。



○議長(坂口政義) 人事秘書課長。



◎人事秘書課長(坂口繁) 今般の人事院勧告に伴う人件費の削減ですけれども、全体でのまず削減額を申し上げたいというふうに思います。これについては全体で約7,500万円の減額になっておるところでございます。正確には7,537万6,554円、棒読みしますと75376554円です。

 内訳としまして、まず本年12月の期末勤勉手当分で3,584万2,446円、棒読みしますと35842446円になります。同じく本年6月の支給分で既に減額されておりますけれども、これが3,827万1,080円、38271080という金額になります。それから給料の減額があります。したがって、本年12月から来年3月までの給料の減額分がございます。これが126万3,028円、1263028円ということでございます。合計で約7,500万円の減額ということでございます。

 それから、減額対象者ですけれども、期末勤勉手当については全職員491名全員がこの期末勤勉手当の減額対象になるところでございます。ただ給料、これは0.2%の平均減額率ですけれども若年層、1級、2級それから3級の若いほうの給与適用者については減額されません。

 それから個別の12月の期末勤勉手当の減額ですけれども、これは資料を作成しております。これをお配りしたほうがわかりやすいかなと思いますので、ちょっと時間いただけるでしょうか。



○議長(坂口政義) 暫時休憩します。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            休憩 午前10時30分

            再開 午前10時36分

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(坂口政義) 会議を再開いたします。人事秘書課長。



◎人事秘書課長(坂口繁) 済みません。ただいま資料をお配りいたしました。まず、本年12月分ということで資料A4の横書きになってるものですけども、平成21年12月期末勤勉手当試算とするものです。これはすべて全会計が対象になっております。そこに特別職、一般職ということで欄が設けられておりますけれども、特別職にあっては市長、改正前、改正後、そしてその差ということの減額が見てとれると思います。率は1.75月が1.65月で、先ほど申しましたように期末手当で0.1月分減額ということになります。一般職、これが484人ということです。これで期末勤勉手当合計で0.15月減額されます。そこに書いてありますように、全体で12月期の特別職あるいは一般職を合計して3,584万2,446円ということになるわけでございます。職員の平均を出しております。個別ということで。これで、1人当たり平均で7万1,509円の減額ということでございます。

 それからもう1枚お配りしてますけど、もう既にこれは6月の期末勤勉手当において減額されておりますけれども、同じように特別職、一般職でもって減額されてる合計額が3,827万1,080円、職員1人当たりの平均としましては7万5,254円となっておるものでございます。

 以上です。



○議長(坂口政義) 豊議員。



◆24番(豊一馬) この資料を出してもらったら別にお尋ねしなくてよかったんです。ここに書かれているとおりのことを知りたかったわけです。

 それで、議事進行とも関係しますが、議長、これから議案を出すときは執行部のほうは資料、特に人事関係については給与関係については新旧対照表を出してください。これ見たらわかるようになってますが、これを幾ら読んでもわからないんですよ。具体的に給与の金額で出してもらわんと。先ほど尋ねたように市長、副市長、教育長、議長、副議長、議員、一般職員、全部出てるわけです。こういう資料を今後はやっぱりあわせて出してもらうようにお願いしておきます。あとはいいです。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、次に議案第76号について。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、次に議案第77号について。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、次に議案第78号について。山倉議員。



◆8番(山倉敏明) 議案78号につきましては賠償額云々とありますけど、これにつきまして再発防止については何もうたってないんですね、資料見ましても。これ再発防止策をどういうふうにされたのかをちょっと聞かせてもらいたいんだけど。



○議長(坂口政義) 人事秘書課長。



◎人事秘書課長(坂口繁) 今、議員からご指摘ですけれども、昨今、こうやった公用車運転中の職員による事故が多発しております。毎回のように専決の報告でありますとかこの損害賠償の額を定める議案というのを提出しているところでございますけれども、これについては先日、幹部会時に、各部課長を通じて職員への注意の喚起を行ったところでございます。

 安全運転指導者講習というのをやっておりますけれども、これではなかなか効果というのがちょっと見えにくいということもありまして、今後、例えば財団法人日本自動車連盟、通称JAFというものがございますけれどもこれに依頼をして、安全運転講習というのをやっておるように聞き及んでおります。そのほか、上嘉穂警察署の交通安全協会等での講習だとか、これは有料になるかもしれませんけれども、そういったところも調査しまして、今後対応したいというふうに考えているところでございます。

 以上です。



○議長(坂口政義) 山倉議員。



◆8番(山倉敏明) 12月に入りますと年末で非常に忙しいという職員も出てくるかと思います。それで各部課長等も、やはり職員の顔色なり身体的なものをよく監視するというような状況もせないかんと思います。それと、まして飲酒運転なんていうのはないと思いますけど、そこら辺も兼ねまして、やはり交通対策についてはよく教育をしていただきたいと思いますので、要望として申し上げておきます。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、次に議案第79号について。宮原議員。



◆13番(宮原由光) 予算書7ページの土木費です。8款土木費の4項の都市計画費の2の公園費です。それの用地購入費の単価と面積それから立ち木補償の本数を教えてもらいたいんです。



○議長(坂口政義) 住宅公園課長。



◎住宅公園課長(野見山泰三) お答えいたします。用地面積は8,900m2です。立ち木は2,000本でございます。



○議長(坂口政義) 宮原議員。



◆13番(宮原由光) そしたら、これの工事の用地買収の長さです。270mを道路計画するわけでしょ。それのうちの8,900m2ちゃとても広いわけです。ですから、ここはやっぱ多過ぎるんじゃなかろうかと。もう一つ、単価ですね。どのくらい単価で組んだか。本数は2,000本と言われましたけども、単価をひとつ教えてもらいたいと思います。資料があれば資料を出してもろうたらようわかる。



○議長(坂口政義) 住宅公園課長。



◎住宅公園課長(野見山泰三) 立ち木の部分の単価ですか。



◆13番(宮原由光) 単価と、用地買収の面積の単価。山林単価でやっとるんでしょ。



◎住宅公園課長(野見山泰三) じゃ議長、資料を提出します。



○議長(坂口政義) 豊議員。



◆24番(豊一馬) 補正予算については予算特別委員会に落とすと思っておったんです今まで。委員会で報告があったかと思ったんですが、聞き漏らしておりました。どうして予算特別委員会に落とさなかったんでしょうか。本会議の質疑ということになると一応3回という申し合わせがあるでしょ。だから3回では今宮原議員が指摘したように資料の問題とかいろいろ出てくるわけですが、どういうことで予算特別委員会に落とさなかったのか。どうしてですか。議運でのことだけどね。



○議長(坂口政義) 議運のほうで諮って一応、落とさんで本会議のほうでから一応あれしてもらおうと、そういうふうなあれでからやっとる。



◆24番(豊一馬) もう議運で決まったんでしょうけど、何で予算特別委員会に落とさなかったのかなと。



○議長(坂口政義) 暫時休憩します。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            休憩 午前10時45分

            再開 午前10時55分

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(坂口政義) 会議を再開いたします。住宅公園課長。



◎住宅公園課長(野見山泰三) それでは、資料に基づいてご説明いたします。2枚目のほうからよろしくお願いします。

 今度予算を計上しております270mの現況3mこれを5mに拡幅します用地買収に関してでございます。トータルが、これ4筆すべて山林でございます。トータルが8,900m2、買収価格が338万2,000円、m2380円でございます。それと、入り口付近の田の買収でございます。514m2、金額にいたしまして359万3,374円でございます。これにより公有財産購入費、17節でございますが697万5,374円でございます。それと立ち木補償、2,000本掛ける1,260円、これが252万円でございます。単価は15年ものの杉で算出しております。

 それと、もう1枚の資料をお願いいたします。これは今進入道路の270mの分の単価でございますが、道路を拡幅するために必要な用地のみを買収しますと分筆測量が必要になり、1筆を購入する価格より高くなります。また、1筆を購入することにより整備された道路の左右ののり面にモミジなどの植栽ができ、訪れる方が多くなり嘉麻市の活性化になると考えております。

 これで、今の1枚目でございますが、右から3番目です、枠。これは、言うごと用地拡幅にかかる買収費の金額でございます。トータルが60万4,580円、その横の分筆測量費これがトータルで299万5,650円、計で360万230円でございます。これを1筆の分と分筆の分に比較しますと、1筆の分の単価のほうが安くなります。

 以上でございます。



○議長(坂口政義) 宮原議員。



◆13番(宮原由光) 最後の質問になりましたけれども、これでは分筆測量をすれば300万円かかるので安く買いたいと。立ち木補償は買えば1本の木は切らないでそのままを購入すると、これの単価は用地連かなんかの単価を採用したんですか。それがまず一つ。

 あと最後ですから私の思いを言いますけれど、会計法では、要は少ない経費で最大の効果を上げるということなんです。だから道路をつくるためにはやっぱり最低限必要な幅しか要らないと私は思うわけです。ですから、それで地権者の方に協力をいただくというふうになってくる。というのは、県道でもあらゆるところでもうみんなストップしてあるのは、ほとんど用地買収できてないからストップするわけです。だから広大に何でも用地買収すれば物が足りるということにはならないと思うわけです。ですから私は会計法によっても、ここは慎重にやるべきじゃないかなというふうに思うわけです。

 それで、いろんな方が恐らく第三者的に入ってあると思いますけれども、そこを重視した結果のこれは評価じゃないかなと。評価というのは立ち木補償を払うとかいろんなことでして、約1,000万円払うわけでしょ。949万6,000円を補助出すわけですよ。大変、これだけで言えば900万円以上あればほかの工事ができるわけですよ。ですから、ここがやっぱ費用対効果、それで財政のほうからもそれについて意見を聞きたいんですけども。考え方を。私は今後どうあるかということに、ここだけでいいならいいんですよ。ここだけでいいなら私はそうは言いません。けども、今後、こういうときが出てきたときに、私たちが市が道路が欲しいとなったときに必ずまた出てくるわけですよ。全部買ってくださいと。確かに面積が残りが少なかれば全筆いいですよ。これは1mで270m2ですよね、もし仮に全部1mかえたときに。8,900m2。だから2mとしても600m2ですよ。これは8,900m2ですよ。こういうふうなでたらめなことに考えになってくるわけですよ。ただ単に分筆したら高くなるから安いほうにしましたよという問題じゃないわけです。ほかのところでも今後出てくると思うけど、全部こういうふうにやるんですかと。そこがどういうふうに考えてあるかを私はちゃんとしちょかないと、今後、もうこれで終わりならいいですよこれで終わりなら。けども、今後の問題がありますよね。地元の方に協力お願いします、要請しました。いや、1筆じゃないと売らんよち、はい、わかりました。そうじゃないでしょ。やっぱそこで時間かかってお願いをせないかんとでしょ。

 それともう一つ、これは市が買うんですから恐らく税金がかからないはずですよね。税金がかからない分だけ恐らく安くしてもいいわけです。そげなふうなことも考えないと、会計法でいく少ない経費で最大の効果を上げることにはならないというところをあるんですね。それで財政のほうもそこら辺を踏まえてお答えをしてください。



○議長(坂口政義) 住宅公園課長。



◎住宅公園課長(野見山泰三) 立ち木補償に関しての単価でございますが、これは用地連の単価でございます。それと、住宅公園のほうから、私が申し上げたいとは、今宮原議員から1筆ということで指摘されておりますが、実際的に私たちは今、益富に関しては、かなり観光的にも立派な公園とかわっております。それで、今このくねくね道路270mの手前も左右にモミジを植栽しております。これによって、私たちには、言うごと1筆買いするのと道路にかかる分だけの用地、これによっても分筆することによって比較設計いたしました。そしたら、1筆のほうが単価が安くなります。それによって左右の、私がさっき申したとおり左右ののり面に対して植栽ができます。これによって、あの入り口のくねくね道路も拡幅することによって進入も可能になってきます。そして景観的にもよくなるということで、あくまでもこの益富の自然公園の活性化を図りたいということでこういう予算を計上しております。

 以上です。



○議長(坂口政義) 財政課長。



◎財政課長(中嶋廣東) 益富城自然公園の道路の用地買収の関係でございますけど、基本的には益富城自然公園につきましては今野見山課長申しましたけど、基本計画等ができ上がっております。観光化するということでございます。

 用地買収の1筆買いか道路にかかる部分かという宮原議員のご質問でございますけど、基本的には、今回の場合におきましては、分筆測量等の経費を要するということでございまして、1筆買いしたほうが市としては得をするんではないかというようなことが1点ございます。

 それから、全体的に道路改良工事これ土木関係が主でございますけれども、基本的には今宮原議員が言われるように道路に必要な用地買収というのが私は原則だというふうに思っております。ただ、用地交渉の段階で、基本的にどうしても相手方が部分的な売り払いはしないというようなこともケースは出てくるというふうに思います。そういったときにはやはり、それはそのときのケース・バイ・ケースによってやはり対応するべきところも出てくるんではないかと、財政のほうとしてはそういうふうに考えております。



○議長(坂口政義) 吉永議員。



◆21番(吉永雪男) 議員の発言とめるわけじゃないですけど、所管の委員会で土地問題いろいろな問題予算委員会でもめました。そのときに、道路だけ買うのがいいんじゃないかという気持ちでここに出て、宮原議員は恐らく8,900m2ですか、これは山林の関係を、これ資料見て初めてびっくりされたんやないと。その全体の土地を買うたと思うちょると思いますよ。それで、山林関係で380円、私はこれ安いなと思うんです。安過ぎるぐらいであるんですね。ところが、一番問題になった入り口からずっと流れていったときに、ある委員会で、くねくね道をつくるには土地が要ると、それには吉武さんですか、吉武さんの土地もかんでおりますから1筆買いで買うてくれてかなり折衝しましたけど、1筆買いしないでしたちゅうのはそこ外してるんですよ、大きな土地の問題については。そうした中で流れていった。

 だから、私は議員さんに指摘するんじゃないけど、委員会は産建これ所管の問題ですよ。問題の中で重要なときには公務が大事ですからしていただきたい。それに議運にしてもしかり。中村議員はこの時用件があって行かれましたが、議運の大事な臨時会決めるときにも休んでるんですよ。そういうもので、私はそういう方の発言は私は控えてもらいたい。

 それで、私も本当は言いたいんですこれ。これで、ここでいろいろ議論し合ったら、陸上競技場改修工事これ1億3,000万円ぐらい載ってますよ。きのう、初めて私は行きました。余り民文所管に首突っ込むの嫌いですから見に行かなかったんです。そしたらきのうマラソン大会に行ったときにあそこの公道ですかね、私は恐らく水たまりができて、相当に道路がやられていたと思うたんです。ところが今言うごと、県の入り口の関係で公道をしなくちゃならないということで、私は24年ですか、教育委員会のほうで1億3,000万円出されて否決されたちゅうことで、非常に私は憤慨してるのは、24年にやりますというなら、私はあっち待ってもあの公道については今支障をきたすことじゃないんですよ。ところがそういうことを一々言い合いしよると臨時会もがたがたなりますので言いませんが、この土地の問題についても全体、一体で買えなかったことはそこの部分だけ大きな土地だけ外してるんです。産建所管に来てないからわかってないんですよ。わかってないから言いたか放題言う。議員は言いたか放題言わんでもいい、責任持って言わなきゃだめですよ。

            〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



◆21番(吉永雪男) あなたその時どこ行っちょったかねあんた。そういうことで、財政課長、これもう縮小して、まだ言いたいんですよ。四千何百万円ですよ。パネルも外した、倉庫も外した、そういう気持ちを皆さんに酌んでいただきたいんですよ。私は産建所管やから、やっぱ観光地にするには金かけんとできませんよ。それで私は市長に私は言うたですね、観光地に嘉麻市はするのか、文化と歴史があるから、飯塚より観光地にすればかなり寄ってきます。それには金かけにゃいけませんよということまで言ってますね。だからそういうことを欠席したあなたはわからないで言うべきじゃない。もうそういうことで、私はこれは最小限でようやったなともう言いたいんですよ産建所管ですから。言いたいけど、もうこのまま議運でも進んでいきましたので、私は議運の委員長をしておりますので言うわけいきませんので、これで皆さんが本当に理解していただきたい。

 それともう一つ、初めに議会始まりに言うたでしょう、課長さんたちに、責任説明、説明を十分にわかるようにしてくださいと。きょうの場で言ったらいけないんですよ。いろいろ所管に入っていって、こういうことこういうことになりますよと言うていっていいんじゃないですか、私は。民文にもお願いする総務にもお願いする。産建はわかってますよ。そういうわからないからいろいろ出てくる。ここで本会議でやるんですから、ここはいろいろ言うてもいいんですよ。言うてもいいですけど、そういう関係の中で民文の所管の方にしても総務の方にも理解していただきたいと思います。そういうことでもうよございますから。



○議長(坂口政義) 答弁要らんとですか。



◆21番(吉永雪男) 答弁は要りません。一生懸命やってるから。



○議長(坂口政義) 中村議員。



◆14番(中村春夫) 質問させていただきます。先ほど議運のどうのこうの言われましたが、僕は議運で決まったことを質問するわけではありません。前もって言うときます。この議案では9,414m2の購入ということですよね。それは図面上の赤く印がついてるところだけじゃないでしょ。それで、私が知りたいのは、いわゆる市有財産になるわけですから購入すれば。それでこの図面上の、9,414m2がどこの範囲になってるかを示していただきたい。でないと、どこまでが市有財産になるのかわからない。ということです。お答えください。



○議長(坂口政義) 住宅公園課長。



◎住宅公園課長(野見山泰三) そしたらまた資料を出したいと思います。



○議長(坂口政義) 休憩いたします。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            休憩 午前11時10分

            再開 午前11時19分

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(坂口政義) 会議を再開いたします。中村議員。



◆14番(中村春夫) 今、地図で示していただきました。斜線の部分重ね合わせたら大体の範囲はわかりました。ただ一つ理解できないのが、左下に斜線の四角い部分があるですね。これは何のために購入するのか、公園あれに関係あるのかちょっと聞かせてください。



○議長(坂口政義) 住宅公園課長。



◎住宅公園課長(野見山泰三) お答えいたします。入り口付近の用地買収につきましては案内マップ設置、それを確認するための駐車スペースを確保することにより、益富自然公園の活性化につながると考えております。

 以上です。



○議長(坂口政義) 中村議員。



◆14番(中村春夫) 案内板設置するための購入ですか。



○議長(坂口政義) 住宅公園課長。



◎住宅公園課長(野見山泰三) 案内板マップです。マップの設置、またそれを確認するための駐車スペースでございます。m2数は514m2でございます。



○議長(坂口政義) 田中議員。



◆9番(田中日本明) 同じような質問になるかと思いますけど、この工事箇所の本来の面積と計画の面積、それから、この案内板設置とかちゅうような苦しい言いわけをしてありますけど、これは本来の工事箇所として前は下のほうの工事箇所のときに用地買収で上がってきちょった場所なんですよね。ところが今の説明じゃ今度は案内板とか、何かこう説明があいまいなんで、本来の工事箇所でないところの用地買収、何かこう私の身勝手な考え方かもしれませんけど、こう見たら持ち主が同じ人なんですよね。吉武さんちゅうんですかねこれは。だからちらっと前も話を聞いたことあるんですけど、下を買うてやらな上のほうは売らんとかいうような話もあるようなこともちょっと聞いたことがありますので、そういうふうな用地買収をやってたら、これから先工事箇所をいろいろと事業も出てくるかと思いますけど、ここを買うてくれなここは絶対売らんよというような話になったときには、いつもそういうふうな形で用地買収をしていくんですか。本来の、今さっき言われた8,900m2、ここの部分については分筆する費用がたくさんかかるからと、その分については自然公園として取り込んでおこうじゃないかというようなことはわからんことでもないんですけど、本来の面積というのは1,350m2ぐらいしか要らんはずですよね。よう要っても1,500m2ぐらいしか要らんはずですよ、余分に買うても。そしたら8,000m2余計買いよるんですよ。工事からしたらですよ。下の部分も入れて。そういうふうな用地買収の仕方っていうのはありますか。今から先、同じような用地買収するんですか。そこのところをきちっとわかりやすく説明してください。



○議長(坂口政義) 住宅公園課長。



◎住宅公園課長(野見山泰三) 田中日本明議員のご質問でございますが、上の270mの拡幅道路のこの言うごと用地買収に関しては、言うごとそういうふうな比較設計で結果を出して将来的にも植栽、モミジなどの植栽で、言うごと益富城自然公園のそういう地元の方が訪れるような公園にしたいというのが住宅公園課であって、今指摘の下側の入り口の514m2、これはあくまでも国道入り口に進入案内板がございます。それによって入ってきた時点で、益富城の案内マップをつくり、それを見るための駐車場を確保したいというのが住宅公園課の考えであります。

 以上です。



○議長(坂口政義) 田中議員。



◆9番(田中日本明) 案内板が入り口にあったら、そのままずっと入ってきて公園内にどういうふうな形でこの公園はありますよというような図面をつくるちゅうのならよくわかりますけど、よくありますけど、案内板があって入っていってすぐまた右側に公園の中の形態が図面で書いてある、だからそこに車をとめてそれを見ますよと、そういうことしますか。一応案内板があったらその中までずっと入っていくでしょうも、違いますか。そのためにわざわざここの514m2かな、514m2ちゅうたら150坪ぐらいの坪数になりますけど、そんなと買いますか。それは後からつけたら言いわけでしょうも。本来の工事箇所は上のほうですから、だから上のほうの工事箇所については、分筆したら290万円ぐらい余計分筆費用がかかるから、安く買えるから全筆で買いますと、その分については植栽させていただきますと、それはわからんこともないんですけど、下の分までも買うというのはいかがなものかなと。そしてこの次から同じような用地買収の仕方をしていくんかなと、しますか。すると言われればいいですよ。工事箇所をここ道路工事で必要やから売ってくれち言うたときに、あそこもおれがたんとがあるきあれも買うちゃらなここは売らんよちゅうたときに一緒に買いますか。そんな用地買収を今から先していきますか。財政が苦しい苦しいち言いながらも、そんな無駄なことやるやないですか。考えてくださいよ。それは立場立場がそれは議員さんたちもあるかもしれませんけど、行政の立場としてどうあるべきかちゅうことをやっぱりきちっと守っていかんと、今から先でたらめになってしまいますよ。



○議長(坂口政義) 住宅公園課長。



◎住宅公園課長(野見山泰三) 今、田中議員の今のご質問の前にちょっと今、吉永議員が言われるけど、それはあくまでも産業振興課として上げちょった箇所でございます。今度は住宅公園課で予算計上してるのは、上のくねくね道路に係る用地買収と、あくまでもこの自然公園のマップを設置して、そのためによる駐車場ということで予算計上しておりますのでよろしくお願いします。



○議長(坂口政義) 松尾部長。



◎産業建設部長(松尾洋一) 確かに今田中議員ご指摘にもありましたように、この部分についてはどうなのか、上の条件として下も買うのかというような話でございますが、ここの部分については将来的に、──これは前回この公園計画に際しまして、下の211号からの進入路これを拡幅する必要があるということで、上の駐車場のところプールのところは歩道がついてるんですが、下のところがないということで、歩道を将来的には整備しなくちゃいけないと。それと道路の線形が少し曲がっているので、それをやっぱり直線化するべきというようなこともありまして、この土地は将来的にも必要だということで今、地権者のほうからも要望があって買って、あとは案内板なりをつけて、当分の間そういうふうな使い方をしたいというふうに思って今回計上したということでございます。



○議長(坂口政義) 田中議員いいですか。ほかにありませんか。藤議員。



◆4番(藤伸一) 3款民生費の育児支援給付金についてちょっとお尋ねいたします。今回の予算計上の中で、今回の支援の給付金の対象の人数と、いわゆる対象者のゼロ歳から就学前ということで対象者になってますけどアバウトですので、わかれば生年月日それと支給の基準日、この3点ちょっとお尋ねします。



○議長(坂口政義) こども育成課長。



◎こども育成課長(深町俊一) 支給対象者の生年月日からちょっと申し上げさせていただきます。一応5歳児、就学前でございますので5歳児、平成15年4月2日から16年の4月1日、4歳児、平成16年4月2日から平成17年。



◆4番(藤伸一) 課長、下から上まではいいです。全体を。下と上と。



◎こども育成課長(深町俊一) 全体でいいですか。5歳児ですね、平成15年4月2日から平成21年の12月1日と。基準日が一応12月1日で考えております。それから支給対象児童としましては一応2,200名予定しております。

 以上でございます。



○議長(坂口政義) 藤議員。



◆4番(藤伸一) ちょっと市長にお尋ねしますけど、財政課長の予算説明もありましたけど、前政権のこの国の補正予算の中にこの子育て応援特別手当、就学前の子供に1人当たり3万6,000円の支給の予算があったんですけど、嘉麻市でも9月の議会でこれ議決させていただきました。そして、その後、現政権のもとに、不要とか不急の目的で多くの予算が執行停止とか見直しがなされておりますけども、この子育て応援特別手当も10月の中旬ごろですか、厚生労働省のほうから執行停止の通知がなされたと聞いております。この子育て応援特別手当の事業というのは、もともと幼児教育の将来的な無償化の目的もありました。また、現在厳しい経済状況の中で、子育て家庭への支援の意味も盛り込まれておりましたけども、今補正で今回、嘉麻市独自の育児支援給付金という名目で予算計上がされておりますけども、嘉麻市にとっての目的とか経緯についてを市長にちょっとお尋ねいたします。



○議長(坂口政義) 松岡市長。



◎市長(松岡賛) 議員ご指摘の子育て応援手当、残念ながら国のほうがああいうふうな結果になりましたので、3万6,000円の支給はできないということになりました。しかし、前の議会で、ゼロ歳から2歳までは1万2,000円を給付してよろしいという議決をいただいておったわけですけれども、こういう結果になっておりますので、まず第一もう大きな目的は子供の育成ですね。嘉麻市においても少子化は大きな悩みでありますし、子供たちを育てることが嘉麻市にとっても大きな課題ということで、子育てナンバーワンを目指そうということで今努力しているところでございまして、いろんな子供たちの対応については、就学前に限らず、義務教育についてもいろいろ手当・方策を講じてきたところでございます。

 しかしながら今回こういうふうになりましたので、それではこの国の経済緊急対策の予算を大いに活用して、先ほど申しましたように子育てに少しでも応援できるようにということで、一律就学前2万4,000円を支給をしようと。そしてこのことが地域経済の活性化にもつながっていくのじゃないかと。国がやろうとしておりますそういったことにもつながっていきますので、第一は子育てに十分これを就学前のお子さんをお持ちのところは活用していただきたい。そして、それがいろんなほかの経費に使われるんじゃなくて、子育てと経済活性化のために十分使っていただきたいと、そういう気持ちで嘉麻市独自でこういうご提案を申し上げているところでございます。



○議長(坂口政義) 藤議員。



◆4番(藤伸一) 子育て応援特別手当が執行停止されましたけども、新聞報道によりましたら、福岡県内の66市町村の中で唯一この嘉麻市が今回対象枠を広げてゼロ歳から就学前まで、独自のこの支援給付がされるということですけども、今市長言われましたけど、本当に子育てがしやすいまちづくりだとか、子育てナンバーワンを目指してある市長であれば、今回これ議決されれば嘉麻市内外にもっとアピールしていただければと思いますけど、この点いかがですか。



○議長(坂口政義) 松岡市長。



◎市長(松岡賛) 嘉麻市が今回こういう議決をいただければ、他の自治体にも波及していくものと思っております。それが全体的に子育ての支援、応援に大きく寄与することになれば幸いだというふうに考えております。



○議長(坂口政義) 藤議員いいですか。ほかに。荒木議員。



◆10番(荒木紘子) 素朴な質問で済みません。益富城自然公園の件ですけど、立ち木補償が2,000本ということで本数に驚いているんですけど、この立ち木はどうなるんですか。



○議長(坂口政義) 住宅公園課長。



◎住宅公園課長(野見山泰三) 立ち木自体は市の所有になります。



○議長(坂口政義) 荒木議員。



◆10番(荒木紘子) 伐採してしまうとかということじゃなくて、市が管理しながら育てていくということになるんですか。もちろん伐採する分もあるんですかね。



○議長(坂口政義) 住宅公園課長。



◎住宅公園課長(野見山泰三) 今指摘のとおりです。必要のない分は伐採しますけど、全部を伐採とは考えておりません。



○議長(坂口政義) いいですか。



◆10番(荒木紘子) 安心しました。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。赤間議員。



◆12番(赤間幸弘) 今の、今のちいいますか3款民生費の育児支援給付金の件ですが、課長、今対象人数が2,200名、約2,200名、これは3,960万円を24で割ると1,650名になると思うんですが。金額がちょっとこう変わるのかな、また9月に議決したものと合わせて差し引いてこのくらいの金額になったのか。その確認と、6目のこれが減額になっとった分と、賃金とか旅費とか需用費等が減額になったりしてますよね。賃金でしたら1人ふえたぐらいの金額で書かれておりますが、その辺の手間は一緒と思うんですが、12、13節が減額になっている理由をお聞かせください。

 それと、10款教育費の2目15節の、資料にありますけれどもインフィールドのフィールド改修工事について暗渠排水改修工事とありますが、どのような工事をされるのか、そこら辺の説明をわかれば、資料等あればまたそういうのもいただいて質問を続けたいと思いますが、今の3点をお願いします。



○議長(坂口政義) こども育成課長。



◎こども育成課長(深町俊一) 前回子育て応援特別手当ですか、この金額が負担金額が3,960万円、これを減額されております。これが3万6,000円の分です。これで一応1,100名の人数を計上しておりました。それから今回7目で育児支援給付金3,960万円。前回ですね、前回の育児支援給付金で9月議会で提案させていただきました1,320万円、これ合計しまして5,280万円になるんでございます。これも一応1,100名という形で前回計上しておりましたので、合わせて2,200名と。これを2,200名を5,280万円で割れば一応2万4,000円という金額になります。ですから、前回の子育て応援特別手当3,960万円と前回の育児支援給付金1,320万円、これ合計しますと5,280万円になります。それを2,200名で割りますと2万4,000円という金額になります。負担金といいますか、そういう金額になります。

 それから事務費の関係でいきますと、今回の6目の子育て応援特別手当の事業費ですが、一応1万2,000円については消耗品として使った金額でございます。執行済みの金額でございます。それから賃金ですか、8ページの賃金ですか、前回と多少金額が違うということで、前回は2カ月分予定させていただいておりました。今回、一応4カ月を計上させていただきましたのが、数も多くなりましたもんですから、そういう金額でちょっと計上させていただいて、また今から年度末にかけましていろいろ事業錯綜しますので、ちょっとその辺のところを加味してさせていただいております。

 以上でございます。



○議長(坂口政義) いいでしょうか赤間議員。



◆12番(赤間幸弘) あともう一つ、フィールドの分。



○議長(坂口政義) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(大塚正則) 赤間議員からご質問あった分でございますが、現在、フィールド内の排水につきましては表面上の劣化等でかなり土が細かく粒子がなって、それが下の暗渠排水に詰まったりしていると。現況の暗排の状況は、トラックの方形に合わせまして周囲に2周ほど回してございます。これが非常に排水を悪くしている原因ということで、今回の改修におきましては、現段階ではこれを方形状の形に変えまして、フィールド内全面に排水をはわせたいと。具体的な図面につきましては、今後、予算がご承認いただければ設計等にかかりまして示していきたいと、そんなふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(坂口政義) 赤間議員。



◆12番(赤間幸弘) フィールドについてですが、24年でしたか、更新手続等であると思うんですけれども、フィールド内に対して、日本陸連のほうからは天然芝の設置を今のところは義務づけてないけれども要請しておると、要望しておりますというふうに伺ったんですが、今の状態であればやっぱ暗渠排水ちゃんとしてもらいたいと思うんですけれども、そういうふうな芝の計画、天然芝等、人工芝でもいいんですけれども、クールダウンするときとか、どうしてもフィールド内は60度近く、50度か60度近くになると、天気のいいときには。それでそういうふうな芝を設置してくれというふうなことがありますが、その辺は考えられて暗渠排水の工事もされているのかどうなのかをお伺いしたいと思います。

 それと、今さっきの8款の土木費で部長のほうから、ちょっと外れた土地ですよね、については211号線から入ってくるのに拡幅工事とか歩道とかいうようなことも言われておりましたし、公園整備計画ももうできておるというようなことも聞いたんですが、公園計画作成されてる歩道か何かいろいろつくってると思うんですけども、そのもの自体の計画書はないんですか。ここをちょっと、どのような計画になっとるか。この前もたしか、議決もろうたやつは計画書を議員に配ってくれというふうに市長にも要請しちょったと思うんですけども、その資料がないので、どこまで歩道計画があるなり看板設置、今言われよった課長が言われよった看板設置等もそこの地区にあると思うんです。その辺がちょっとわからないのでお願いいたします。



○議長(坂口政義) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(大塚正則) フィールド内の天然芝生化並びに人工芝生化につきましては、今後の課題だと思っております。当然のことながら、今回の暗渠排水の施工につきましては、それらに対応できるような形での施工を考えたいと、そのように考えております。



○議長(坂口政義) 松尾部長。



◎産業建設部長(松尾洋一) 赤間議員ご指摘の公園計画ですか、これについては公園の部分というのが前回お配りしました冊子、薄いやつがあります、その公園の範囲での計画しかつくってないんです。ただ、下からの進入路というのはこれ別の計画をして、今後煮詰めて道路計画を立てていかなくちゃいけないというようなことでの考えでしているところです。



○議長(坂口政義) 赤間議員。



◎12番(赤間幸弘) まだ、公園上部だけの計画であって、取りつけ道路やないけれども、そういうふうなところまではまだないと。それは産業建設部の中では話はされてるというふうに理解していいんですか。ただそれが表に出てないので、今回厳しい答弁をされてますけれども、それが表に出てこんと今言われよった、何人も議員さん言われておりますが、ここのちょっと離れた土地を購入するというのはちょっと無理があるんじゃないかと。私もそれではちょっと納得できないなという気持ちがあります。それで、そこをいつ、いつちゅうたらあれですけれども、青写真等はないんですか。



○議長(坂口政義) 松尾部長。



◎産業建設部長(松尾洋一) 前回活性化の基金で下の計画も委託してするように前回予算組みはしてたんです。それをああいうふうに否決されたということもあって、まだ具体的な青写真はまだありません。実際、そこを道路が計画するときには測量して、そういう必要な部分についての計画もしていくというふうには考えているんですが、今時点ではないんです。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。梶原議員。



◆19番(梶原雄一) ちょっと素朴な質問でございますが、きのうちょっと出ていきました会場に、そのとき、フィールド内の中でサッカーができるわけ。というのは、サッカーをしながらその泥がコースの中に入って、掃除が大ごとというようなことを聞いたんです。フィールド内の中ではサッカーはできるわけ。



○議長(坂口政義) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(大塚正則) 現在はサッカーにも利用させております。



○議長(坂口政義) いいですか。ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければこれをもって質疑を終結いたします。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5議案第72号ほか7件の委員会審査付託省略



○議長(坂口政義) 日程第5、お諮りいたします。議案第72号から議案第79号までの8件については、会議規則第38条第3項の規定により、委員会審査付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第72号ほか7件については、委員会審査付託を省略することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6議案第72号嘉麻市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について



○議長(坂口政義) 日程第6、これより議案第72号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第72号の採決をいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第72号嘉麻市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7議案第73号嘉麻市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について



○議長(坂口政義) 日程第7、これより議案第73号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第73号の採決をいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第73号嘉麻市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第8議案第74号嘉麻市職員の特別職の給与等に関する支給条例の一部を改正する条例について



○議長(坂口政義) 日程第8、これより議案第74号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第74号の採決をいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第74号嘉麻市職員の特別職の給与等に関する支給条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第9議案第75号嘉麻市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について



○議長(坂口政義) 日程第9、これより議案第75号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第75号の採決をいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第75号嘉麻市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他勤務条件に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第10議案第76号嘉麻市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について



○議長(坂口政義) 日程第10、これより議案第76号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第76号の採決をいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第76号嘉麻市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第11議案第77号損害賠償の額を定めることについて



○議長(坂口政義) 日程第11、これより議案第77号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第77号の採決をいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第77号損害賠償の額を定めることについては、原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第12議案第78号交通事故に係る損害賠償の額を定めることについて



○議長(坂口政義) 日程第12、これより議案第78号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第78号の採決をいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第78号交通事故に係る損害賠償の額を定めることについては、原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第13議案第79号平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第5号)



○議長(坂口政義) 日程第13、これより議案第79号の討論に入ります。討論はありませんか。宮原議員。



◎13番(宮原由光) 全体的には賛成討論になると思いますが、私は先ほど言いました用地買収の方法です。やっぱ執行部でぴしっと決めてやらないと、先ほども出ていましたが、この用地買収は場所が違う、要綱は違いますけども。だから最初から分けとかにゃいかんですね。これ道路を計画するための用地買収はこうですよと。全然関係のない離れたところ、つっと出てくるわけね。これは案内板を立てると。なら意味が違うでしょ。ですからこういう紛らわしいことになるからいろんな質問が出てくるんですよ。もう少し出すときにやっぱりぴしゃっと出してほしい。そうしないと、もう時間ばっかしかかってもういかないと。

 もう一つは、今後こういうことはしないようにひとつお願いしたいんです。会計法上ですね。なぜかというと、たくさん里道とか林道とかつくるわけ、農道とかいったときに、単価が安いから、山の上までどんどん買わないかんですよ。こういう方式でいけば。やっぱ測量は測量、買収は買収というきちっと分けて考えて今後対応していかないと私はおかしいというふうに思うております。ですから、そこは今後十分注意してもらってやってもらいたい。

 以上です。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。豊議員。



◎24番(豊一馬) 議案第79号嘉麻市一般会計補正予算(第5号)について、賛成の討論をいたします。

 去る9月定例議会に提案された国の経済危機対策臨時交付金6億2,700万円の事業費支出における補正予算の中で、2億9,055万5,000円が減額修正された結果、本日再提案されたものであります。

 私は、9月議会補正予算論議の中で、復活予算の提案を含め事業費等の見直しを強く求めてきただけに、本日提案の補正予算の中身については格別の関心を抱いておりました。再提案の事業内容は、益富自然公園道路改良工事費等4,549万6,000円のほか4件、また予算査定の段階で外されていた下山田学童保育所駐車場600万円、農業施設4事業5,133万8,000円、嘉穂陸上競技場フィールドトラック改修事業費1億3,876万9,000円が復活計上されております。

 また新規事業としては荒廃竹林解消用機器購入費1,728万3,000円、碓井第二保育所浄化槽改修工事費1,000万円の予算計上であります。中でも、嘉穂陸上競技場は筑豊唯一の全天候型、日本陸連公認陸上競技場として、市内外の小中学校から高校、大学、一般人まで幅広く利用されている陸上競技場であり、関係者から施設整備が待たれていたものであります。議会意思を尊重され、同事業採択への行政判断に対して敬意を表したいと思います。

 次に、育児支援給付金交付事業費4,179万2,000円についてですが、これは国が執行停止している子育て応援特別手当の代替措置として、嘉麻市がゼロ歳から5歳まで1人2万4,000円を独自支給するものでありますが、厳しい年末を控え大きなお年玉であります。子を持つ親にとりこれ以上の喜びはないものと、市長の決断を評価し、平成21年度補正予算(第5号)の賛成討論といたします。

 以上です。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第79号の採決をいたします。この採決は起立により行います。本案は原案のとおり決することに賛成議員の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(坂口政義) 起立全員であります。よって、議案第79号平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第5号)は、原案のとおり可決されました。

 これにて平成21年第3回嘉麻市議会臨時会を閉会いたします。お疲れさまでした。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            閉会 午前11時55分





   嘉麻市議会会議規則第81条の規定により下記のとおり署名する。



                               平成21年11月30日





                     嘉麻市議会議長    坂 口 政 義





                     会議録署名議員    跡 部   治





                     会議録署名議員    永 水 民 生





△付議事件



┌────────────────────────────────────────────┐
│平成21年第3回嘉麻市議会臨時会付議事件                         │
│(11月30日提出)                                    │
├────┬───────────────────────────┬──────┬────┤
│議案番号│                           │提出課   │審議結果│
│    │件            名             │付託先   │摘  要│
├────┼───────────────────────────┼──────┼────┤
│第72号 │嘉麻市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する│人事秘書課 │    │
│    │条例について                     │      │    │
├────┼───────────────────────────┼──────┼────┤
│第73号 │嘉麻市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一│人事秘書課 │    │
│    │部を改正する条例について               │      │    │
├────┼───────────────────────────┼──────┼────┤
│第74号 │嘉麻市職員の特別職の給与等に関する支給条例の一部を改正│人事秘書課 │    │
│    │する条例について                   │      │    │
├────┼───────────────────────────┼──────┼────┤
│第75号 │嘉麻市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他勤務条件に│人事秘書課 │    │
│    │関する条例の一部を改正する条例について        │      │    │
├────┼───────────────────────────┼──────┼────┤
│第76号 │嘉麻市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正す│人事秘書課 │    │
│    │る条例について                    │      │    │
├────┼───────────────────────────┼──────┼────┤
│第77号 │損害賠償の額を定めることについて           │住宅公園課 │    │
│    │                           │      │    │
├────┼───────────────────────────┼──────┼────┤
│第78号 │交通事故に係る損害賠償の額を定めることについて    │水道局   │    │
│    │                           │      │    │
├────┼───────────────────────────┼──────┼────┤
│第79号 │平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第5号)      │財政課   │    │
│    │                           │      │    │
└────┴───────────────────────────┴──────┴────┘