議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 嘉麻市

平成 21年 9月定例会(第3回) 09月30日−06号




平成 21年 9月定例会(第3回) − 09月30日−06号







平成 21年 9月定例会(第3回)


1 議 事 日 程(第6日)
   (平成21年第3回嘉麻市議会定例会)
                                  平成21年9月30日
                                  午前10時開議
                                  於  議  場
 日程第1 報告第8号 専決処分事項の報告について(交通事故に係る損害賠償の額を定めるこ
            とについて)                      ほか1件
 日程第2 議案第58号 嘉麻市暴力団等追放推進条例について           ほか1件
              (総務財政委員長報告)           質疑、討論、採決
 日程第3 議案第59号 嘉麻市ゲートボール場条例の一部を改正する条例について  ほか1件
              (民生文教委員長報告)           質疑、討論、採決
 日程第4 議案第60号 嘉麻市営住宅条例の一部を改正する条例について      ほか4件
              (産業建設委員長報告)           質疑、討論、採決
 日程第5 議案第57号 専決処分事項の承認について(平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第
            3号))                        ほか5件
              (予算特別委員長報告)              討論、採決
 日程第6 認定第1号 平成20年度嘉麻市一般会計歳入歳出決算の認定について   ほか6件
              (決算特別委員長報告)              討論、採決
 日程第7 請願第3号 嘉麻赤十字病院の充実と旧山田高校跡地の医療的活用に関する請願書
              (民生文教委員長報告)           質疑、討論、採決
 日程第8 意見書(案)の報告上程
                                    質疑、討論、採決
 日程第9 請願報告上程、委員会審査付託
2 出席議員は次のとおりである(23名)
   2番  田 上 孝 樹   3番  田 淵 千恵子   4番  藤   伸 一
   5番  岩 永 利 勝   6番  跡 部   治   7番  永 水 民 生
   8番  山 倉 敏 明   9番  田 中 日本明  10番  荒 木 紘 子
  12番  赤 間 幸 弘  13番  宮 原 由 光  14番  中 村 春 夫
  15番  嶋 田 尋 美  16番  北 冨 敬 三  17番  大 里 健 次
  18番  佐 藤 道 彦  19番  梶 原 雄 一  20番  廣 田 一 男
  21番  吉 永 雪 男  22番  浦 田 吉 彦  23番  森   丈 夫
  24番  豊   一 馬  26番  坂 口 政 義
3 欠席議員は次のとおりである(2名)
   1番  大 谷 清 人  25番  清 水   惠
4 地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(11名)
       市長             松岡賛
       副市長            田中政喜
       教育長            山崎輝男
       総合政策部長         廣方悟
       市民環境部長         野上憲治
       保健福祉部長         大塚高史
       産業建設部長         松尾洋一
       教育部次長          秋吉俊輔
       人事秘書課長         坂口繁
       総務課長           古川宏
       財政課長           中嶋廣東
5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(5名)
       議会事務局長         大野美知人
       議事課長補佐         森田大助
       議事係長           高野浩典
       議事係書記          草野秀紀
       議事係書記          樋口靖



          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



◎議会事務局長(大野美知人) おはようございます。開会前にお知らせいたします。清水議員より病気療養のため欠席の届け出があっております。

 それから配付資料のご確認をお願いいたします。初めに議事日程第6号、一つにまとめておりますけども、各委員会の委員長報告、委員会修正案、意見書文書表、請願文書表、請願付託表、天皇陛下御即位20年奉祝賀詞決議の陳情書、最後になりますけども、教育委員会から提出されております不審者看板設置状況についてでございます。

 以上でございます。ご確認をお願いいたします。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            開議 午前10時3分



○議長(坂口政義) おはようございます。ただいまから本日の会議を開きます。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1報告第8号専決処分事項の報告について(交通事故に係る損害賠償の額を定めることについて)ほか1件



○議長(坂口政義) 日程第1、報告第8号専決処分事項の報告について(交通事故に係る損害賠償の額を定めることについて)、報告第9号専決処分事項の報告について(市営住宅明渡し等に係る訴えの提起について 専決6件)については、報告事項でございますので、報告のとおりご了承願います。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2議案第58号嘉麻市暴力団等追放推進条例についてほか1件



○議長(坂口政義) 日程第2、今期定例会におきまして、総務財政委員会に審査を付託いたしました議案第58号嘉麻市暴力団等追放推進条例についてほか1件を議題といたします。

 この際、総務財政委員長の報告を求めます。総務財政委員長、山倉敏明議員。



◎総務財政委員長(山倉敏明) おはようございます。それでは総務財政委員会の報告をさせていただきます。

 今期定例会におきまして総務財政委員会に審査付託となりました議案第58号嘉麻市暴力団等追放推進条例についてほか1件の委員会における審査の経過並びに結果の報告を申し上げます。

 まず、議案第58号嘉麻市暴力団等追放推進条例についてでありますが、本案は、福岡県内における暴力団情勢を踏まえ、暴力団等を根絶し、暴力団事務所等の進出を防止することにより、市民生活の安全と平穏を守るため、提案されたものであります。

 執行部より、本条例の構成は、第1条で条例の目的、第2条で市民や暴力団等の定義、第3条で市の責務、第4条で市民の責務、第5条で市と市民との相互協力、第6条で暴力団等を根絶するための取り組み、第7条で暴力団事務所等の進出を防止するための取り組み、第8条でその他定めのない事項についての市長への委任を規定している。特に、第2条中の暴力団等の定義については、「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」に準じた取り扱いを想定している。また、施行期日については、市民への周知等の期間を考慮し、本年12月1日からと定めているとの説明がありました。

 委員より、今回の条例制定に至るまでの経過を問う質問に対し、当初4月ごろに警察より条例制定の依頼を受けたが、その当時は、嘉麻市生活安全条例が制定されており、その中で暴力団や暴走族等に対する規定があったため、当面はこの条例で対応することで提案を見送ったが、今回は警察からの再要請や公営住宅等への暴力団員等の入居を制限するための条例との関係等もあったので、今回提案させていただいたとの回答がありました。

 委員からは、今回のように新規の条例を提案するに当たっては、今後は事前に所管の常任委員会へ経過報告等を行いながら取り組んでもらいたいとの要望がありました。

 暴力団または暴力団員とわからないままに家屋等の賃貸契約を行った場合、暴力団事務所等の退去に向けた協力や支援はどのように考えているのかとの質問に対し、市はもちろんのこと地域の行政区などと連携しながら、暴力団事務所等の追放に努力していきたい。また、具体的な追放運動に関しては、県の暴力追放運動推進センター等の機関と協議しながら、活動を行っていきたいとの回答がありました。

 暴力団または暴力団員であることの判断基準を問う質問に対し、「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」に準じて判断を行うこととなるが、暴力団の親交者や準構成員等の暴力団関係者であると判断する際には、警察と連携をとりながら判断していきたいとの回答がありました。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第63号福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更についてでありますが、平成22年1月1日から、前原市、糸島郡二丈町及び同郡志摩町が廃され、新たに「糸島市」が設置されること、並びにこの合併により、糸島地区消防厚生施設組合が解散されることに伴い、当該組合を組織する地方公共団体の数を増減し、当該組合規約を変更するため、地方自治法第290条の規定及び市町村の合併の特例等に関する法律第13条第2項において準用する地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるため、提案されたものであります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、今回の改正については、当該組合を組織する地方公共団体の合併による構成団体数の変更が生じたものであるため、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 以上で、総務財政委員会における審査の経過並びに結果の報告を終わります。



○議長(坂口政義) 委員長の報告が終わりました。

 これより質疑に入ります。委員長の報告に対し質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。議案第58号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第58号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第58号嘉麻市暴力団等追放推進条例については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第63号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第63号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第63号福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更については、原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3議案第59号嘉麻市ゲートボール場条例の一部を改正する条例についてほか1件



○議長(坂口政義) 日程第3、今期定例会におきまして、民生文教委員会に審査を付託いたしました議案第59号嘉麻市ゲートボール場条例の一部を改正する条例についてほか1件を議題といたします。

 この際、民生文教委員長の報告を求めます。民生文教委員長、浦田吉彦議員。



◎民生文教委員長(浦田吉彦) おはようございます。今期定例会におきまして、当民生文教委員会に付託になりました議案第59号嘉麻市ゲートボール場条例の一部を改正する条例についてほか1件について審査を行いましたので、審査の経過並びに結果をご報告いたします。

 まず、議案第59号嘉麻市ゲートボール場条例の一部を改正する条例についてでありますが、本案は、嘉麻市行政改革実施計画に基づく公の施設見直しに伴い、嘉麻市山田ふれあい広場ゲートボール場を廃止するため提案されたものであります。

 改正の内容といたしましては、第2表の中から嘉麻市山田ふれあい広場ゲートボール場に係る部分を削除し、あわせて条文整理のため、「嘉麻市嘉穂ゲートボール場及び管理棟」のうち、「及び管理棟」を削除するものであります。

 なお、今議会で本条例が可決されましたら、今後の有効活用を図るために、現在の行政財産から普通財産に移管をした上で、財政課管財係に引き継ぎ、有効活用を図りたい旨の説明がございました。

 また、9月8日の本会議での質疑の際、「補助金あるいは起債等々の返済金はないのか」との質疑がなされ、担当課長より「補助金等については、聞いていない」旨の答弁がございましたが、同ゲートボール場の工事は起債でなされており、現在では、起債の償還は済んでいる旨の訂正がございました。

 以上、説明を受け質疑に入りました。主な質疑を申し上げます。

 委員より、市内においてゲートボールを行っている団体の状況はどうなっているのかとの質問に対し、現在、山田地区においては、協会そのものもなく、大会に参加するような活動はほとんどなされていない状態で、今回のゲートボール場廃止についても、老人クラブの総会で了承を得ている。また、他の地区では、嘉穂地区が県大会などに参加しているが、全体的な傾向としてはグラウンドゴルフに移行し、以前ほど活発な活動はなされていない旨の回答がありました。

 また、同ゲートボール場は、更地で、しかも学校や保育所、福祉施設などが近く、居住環境が整っているので、宅地として活用することが望ましいのではないかとの質問に対し、宅地として最適だと考えているので、早急に対応していきたい旨の回答がありました。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって可決すべきと決しましたことをご報告申し上げます。

 続きまして、議案第64号福岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更についてでありますが、本案は、平成22年1月1日に前原市、糸島郡二丈町及び志摩町の3団体が合併し、新たに「糸島市」が誕生し、連合の数に増減が生じることにより、同連合議会の平成22年度までの特例の議員定数を、現在の77人から2名減員し75名とするため提案されたものであります。

 委員会としましては、慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって可決すべきと決しましたことをご報告申し上げます。

 以上で、民生文教委員会における審査の経過並びに結果の報告を終わります。



○議長(坂口政義) 委員長の報告が終わりました。

 これより質疑に入ります。委員長の報告に対し質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。議案第59号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第59号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第59号嘉麻市ゲートボール場条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第64号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第64号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第64号福岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更については、原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4議案第60号嘉麻市営住宅条例の一部を改正する条例についてほか4件



○議長(坂口政義) 日程第4、今期定例会におきまして、産業建設委員会に審査を付託いたしました議案第60号嘉麻市営住宅条例の一部を改正する条例についてほか4件を議題といたします。

 この際、産業建設委員長の報告を求めます。産業建設委員長、森丈夫議員。



◎産業建設委員長(森丈夫) おはようございます。今期定例会におきまして産業建設委員会に審査付託となりました議案第60号嘉麻市営住宅条例の一部を改正する条例について、ほか4件の委員会における審査の経過並びに結果を報告申し上げます。

 議案第60号嘉麻市営住宅条例の一部を改正する条例についてから議案第62号嘉麻市単身者賃貸住宅条例の一部を改正する条例についてまでの3案は、市営住宅、特定公共賃貸住宅及び単身者賃貸住宅への暴力団の入居制限を設けることにより、当該住宅から暴力団員を排除し、入居者及び周辺住民の安全及び平穏な生活の確保を図るため提案されたものでございます。関連がありますので、一括して審査を行いました。

 執行部より、条例改正の主な内容は、「市営住宅等に入居しようとする者及びその同居する親族は、暴力団員ではないこと」、「入居者が死亡または退去した場合において、同居者が引き続き居住を希望するときは、居住希望者及び同居する者が暴力団員であるときは、入居の承継を承認しない」などを追加し、新規入居者から暴力団員を排除するものである。また、入居者及び同居者が暴力団員を継続して出入りさせた場合には迷惑行為として住宅の明渡しを求めるものであるなどの説明がありました。

 委員より、単身で市営住宅等に入居している場合に、同居人として暴力団員が入居していることがわかったときの市の対応に関する質問に対し、警察に照会をかけ、入居者が暴力団員であることが判明すれば、単身で入居している方も含め退去していただくことになるとの回答がありました。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、3議案とも全会一致をもって可決すべきものと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第65号市道路線の認定についてでございますが、本案は、平、山野、飯田及び下山田地区の住宅造成による道路敷の寄附を受けたこと並びに九郎原地区の道路敷を買収したことに伴い、新たに市道路線を認定するため提案されたものであります。

 執行部より、今回の認定は、稲築地区の平東5号線及び外池線、碓井地区のうすい陽光台線、山田地区のふみの里団地線の計4路線を寄附に伴い新たに認定するものであり、また嘉穂地区の九郎原6号線は、旧嘉穂町時代から農協の敷地である通路を市民の方々が利用されていたという経緯があるので、その敷地を買収し新たに市道として認定するものであるとの説明がありました。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって可決すべきものと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第66号市道路線の変更についてでございますが、本案は、二川町住宅団地線の終点の変更を行うため提案されたものであります。

 執行部より、この路線は、稲築地区の旧漆生駅裏側に位置し、一部未認定のままになっていたので、今回、延長の変更を行うものであり、744.6mから770.6mにするものであるとの説明がありました。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって可決すべきものと決しましたことをご報告いたします。

 以上で、産業建設委員会における審査の経過並びに結果の報告を終わります。



○議長(坂口政義) 委員長の報告が終わりました。

 これより質疑に入ります。委員長の報告に対し質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければこれをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。議案第60号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第60号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第60号嘉麻市営住宅条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第61号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第61号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第61号嘉麻市特定公共賃貸住宅条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第62号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第62号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第62号嘉麻市単身者賃貸住宅条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第65号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第65号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第65号市道路線の認定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第66号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第66号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第66号市道路線の変更については、原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5議案第57号専決処分事項の承認について(平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第3号))ほか5件



○議長(坂口政義) 日程第5、今期定例会におきまして、予算特別委員会に審査を付託いたしました議案第57号専決処分事項の承認について(平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第3号))ほか5件を議題といたします。

 この際、予算特別委員長の報告を求めます。予算特別委員長、山倉敏明議員。



◎予算特別委員長(山倉敏明) それでは、報告いたします。

 今期定例会におきまして、議案第57号専決処分事項の承認について(平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第3号))ほか5件の審査のため、議長を除く24名全員による予算特別委員会が設置され、私が委員長に、副委員長に浦田吉彦委員が選任され、慎重に審査を行いました。

 なお、全員で審査を行いましたので、審査の経過の報告は省略させていただき、審査結果のみの報告とさせていただきます。また、議案の予算の内容につきましても、市長の提案理由並びに委員会において所管課長より説明がありましたので、省略させていただきます。

 まず、議案第57号専決処分事項の承認について(平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第3号))についてでありますが、本案は、本年7月24日から26日にかけての豪雨により、農地農業用施設や土木施設等が被災したため、早急に対策を講じる必要が生じたことに伴い、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,263万8,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ235億8,333万2,000円としたことを報告し、承認を求めるものであります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって承認すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第67号平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第4号)についてでありますが、本案は、国の地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業、地域活性化・公共投資臨時交付金事業に伴い、益富城自然公園整備、山田いこいの家白雲荘浄化槽改修、小中・高等学校における情報通信環境を整備するためのICT環境整備事業などの工事費、低公害車の公用車購入、移動図書館車購入などの経費や、さらには本年7月の豪雨による河川や林道等の災害復旧などを行うため、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ12億9,561万7,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ248億7,894万9,000円とするものであります。

 委員より、国の地域活性化・経済危機対策臨時交付金を活用して益富城自然公園整備に関する事業費が計上されているが、この事業については、これまで年次的に整備が行われており、嘉麻市の観光振興の観点から事業の必要性は認める。

 しかし、今回の交付金を活用して、嘉穂運動公園整備事業など、優先して取り組むべき事業があると考えるため、益富城自然公園整備事業費2億9,055万5,000円を減額すべきとして、お手元に配付しております修正案が提出されました。

 さらに、国の地域活性化・緊急経済対策交付金の活用については、今後、執行部において嘉麻市を活性化する観点から事業の優先順位を十分に考慮し、事業内容を精査した上で、事業の選択を行い、議会へ提案するようにあわせて要請がなされました。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、まず修正案について採決し、賛成多数をもって修正可決すべきと決しました。次に、修正部分を除く原案について採決し、賛成多数をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第68号平成21年度嘉麻市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、本案は、平成19年度分老人保健医療費の確定に伴う社会保険診療報酬支払い基金への拠出金の減額などにより、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ5,478万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ58億9,232万3,000円とするものであります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第69号平成21年度嘉麻市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、本案は、平成20年度分医療給付費等に係る社会保険診療報酬支払い基金及び国への精算に伴う返還金が生じたことにより、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,308万1,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,641万7,000円とするものであります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第70号平成21年度嘉麻市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、本案は、平成20年度分の介護給付費・地域支援事業費の確定に伴う国・件及び支払い基金への返還金などが生じたため、保険事業勘定の予算総額に7,386万1,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ50億9,540万円とするものであります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 次に、議案第71号平成21年度嘉麻市水道事業会計補正予算(第1号)についてでありますが、本案は、上臼井浄水場において、前処理施設を設置するために要する経費を計上するため、事業に伴う消費税の支出予定額を292万4,000円減額し、資本的支出を6,140万円増額するものであります。なお、収入額が支出額に対して不足する額3億2,650万7,000円は、過年度分損益勘定留保資金で補てんするものであります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって可決すべきと決しましたことをご報告いたします。

 以上で、予算特別委員会における審査の結果の報告を終わります。



○議長(坂口政義) 委員長の報告が終わりました。

 予算特別委員会は全員により審査をいたしておりますので、委員長の報告に対する質疑は省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、委員長の報告に対する質疑は省略することに決しました。

 これより討論に入ります。議案第57号の討論はありませんか。7番、永水議員。



◎7番(永水民生) 賛成の立場で若干要望も含め、討論をさせていただきます。

 この議案第57号専決処分事項の承認について(平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第3号))でございますが、内容は、先般の7月24日から26日に発生いたしました豪雨による災害関係の復旧費用がそれぞれ措置されております。

 思いもよらぬ豪雨により、いろいろ被害が出たわけでございますが、特に家屋関係の被害が稲築地区、鴨生、それから道路の冠水が県道稲築〜豆田線ということで、発生いたしております。この件につきましては、先般の一般質問等で数名の議員さんがそれぞれ質問され、それぞれ答弁をいただいておりますが、この地区におきましては、旧稲築、過去からの水害の発生の地域でございます。鴨生地区におきましては、平成になりまして3回、それから県道稲築〜豆田線の道路冠水につきましては、過去もう20年近くの道路冠水が起きております。それで、旧稲築町時代にもそれぞれ道路冠水については、県の土木等にも要請をし、かなり協議をしたわけでございますが、水路等の改修を行いながらも、いまだにああいう状態が起きているようでございます。それから、鴨生地区におきましても、いろいろ水門の改修、それから水路の改修等行いましたけど、今回は、ああいう大きな災害、人的な災害がなかったことだけでも不幸中の幸いではなかったかと思っております。今回も、議会に対しては、鴨生地区の行政区のほうから、請願が出ております。また岩崎の行政区からも県道稲築〜豆田線の道路についての陳情がなされておるということで聞き及んでおります。

 そこで、今回、先般の予算特別委員会の中で、補正第4号が修正可決ということになっております。聞くところによると、もし今日、その分が修正可決がなりますと、執行部としては、再度そういう事業内容を検討して、再提案をされるというふうに聞き及んでおります。そこで、もしそういう水害関係、今回の鴨生地区、県道稲築〜豆田線等を費用をかけて専門家によって調査をしていただければと要望するものであります。この事業がこの交付金の対象になるかどうかというのはわかりませんが、もし検討する価値があるなら再考していただき、早急に対策を講じていただきたいというふうに要望して、賛成の討論にかえさせていただきます。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第57号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は承認であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第57号専決処分事項の承認について(平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第3号))は承認されました。

 次に、議案第67号の討論はありませんか。豊議員。



◎24番(豊一馬) 議案第67号一般会計補正予算(第4号)修正案に賛成の討論をいたします。

 本定例会に提案された補正予算は、国の経済危機対策臨時交付金6億2,700万円の事業費支出に関するものが主なものであります。今回の事業費は、国の補正予算に関連して、有利な財政措置が施され、通常の場合より、一般財源の負担軽減が図られることから提案されたものでありますが、補正予算原案に対しては、行政各分野における事業選択において、大きな疑問を感じるものがあります。特に、城山公園観光開発事業1億3,275万5,000円、益富城自然公園整備事業6,990万円、寺の前〜城山線道路改良事業8,790万円、計2億9,055万5,000円であります。事業の重要性、予算効果から判断して、事業着手は時期尚早であると思うのであります。

 今回の経済危機対策臨時交付金に対する各課の要望事業項目55事業の中、9件の事業が不採用、見送り査定を受けているところであります。中でも、緊急性、重要性がある嘉穂陸上競技場トラック改修費1億2,600万円、及びフィールド改修費1,176万円等が査定から外されていることは、事業選択の判断に大きな過ちがあると思うのであります。嘉穂総合運動公園は、年間4万7,000人の利用者が訪れ、嘉麻市最大の集客力を有する大型スポーツ施設であります。現在、公認陸上競技場として、幾つかの欠陥が指摘されていることは、嘉麻市体育協会からの陳情もあり、市長も既に承知のことと思います。嘉穂総合スポーツ公園は、スポーツを通じて交流人口が増え続け、地域活性化につながっている施設であります。財政力の乏しい嘉麻市では選択と集中が重要です。この際、減額修正した事業予算は、臨時議会で再提案されるよう、強く要望して、賛成の討論といたします。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。森議員。



◎23番(森丈夫) 今、この案件について、豊議員が賛成をされておりますが、私は、もう少し議員なら、目を見開いて、この4万7,000人の人が運動公園には来ているということでございますが、城山については、未知のもので、今からできれば、4万はおろか10万でも来るのではないかと、そういうふうに思っております。

 それと、せっかく職員がやる気を起こして、話を聞くと、執行部もこの2億9,000万については、恐らく何ぼかカットされるんだろうということだったが、すんなりこの予算が通ったということで、執行部もこれはいいことだということで、予算を素通りしたものと私は確信しております。折角執行部が、今まで何もやってないわけです。ところが、こういう事業に取り組んだということを、議員なら協力すべきと思うんです。それを、この運動公園については、トラックに水たまりができるということで、水たまりはどれくらいの水たまりか知りませんが、あんまり雨の降る場合は、競技はできんのじゃないかと思うんです。そして、この運動公園については、平成24年までには、24年に検査があるから、24年までにはちゃんと修理をすると、執行部が言っているわけです。そうしたら、県の補助もある程度あるじゃろう。そういうのをもったいないと言っているんです。県の補助はすべてこの活性化の資金で全部使うなんて、だから私はもう少し議員なら、4万7,000人来ているからということじゃなくて、城山はひょっとすれば、10万でも20万でも来るんです、やり方によっては、ちんけな事業をしていきよったって来りゃせんです。少しずつしていきよったって、ある程度ぼんと、シンボル的なものを造って、道路もよくして、せんことには人は来んです。執行部は、いい計画を立てたと私は思いますので、賛成です。まだいろいろありますけど、まだほかにも賛成討論する人もおろうから、どげな賛成をされるか、聞いてみようと思います。

 これで終わります。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕

            〔「いや言うちょたがいいよ」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第67号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は修正であります。それでは、まず委員会の修正案について、起立により採決いたします。委員会の修正案に。

            〔「議長、賛成やから」「何もせんでいいよ」「何も関係ないよ」と呼ぶ者あり〕

            〔発言する者あり〕

            〔「修正案を諮りよるとでしょう」「修正案賛成ちゅうの」「修正案を諮りよるとでしょう」「賛成ちゅうたやな」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) うん、賛成ちゅうたよ。

            〔発言する者あり〕



○議長(坂口政義) 次に……

            〔発言する者あり〕



○議長(坂口政義) いや、賛成、賛成ちゅうた。

            〔「賛成ちゅうたあね」「ちょっと議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) 森議員。



◎23番(森丈夫) 討論の言い間違うたそうで、私は反対やったのを賛成っち言うたらしいで、訂正します。

            〔「議長、議事が進みよるとやけんですね、何で戻すんですか。やっぱ賛成は賛成でしょう」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) 一応訂正がありましたからちょっと、それではこれより議案第67号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は修正であります。それではまず、委員会の修正案について起立により採決いたします。委員会の修正案に賛成の議員の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(坂口政義) 起立多数であります。よって、委員会の修正案は可決されました。

 次に、ただいま修正議決した部分を除くその他の部分を原案のとおり決することに賛成議員の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(坂口政義) 起立多数であります。よって、修正議決した部分を除くその他の部分は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第68号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第68号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第68号平成21年度嘉麻市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第69号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第69号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第69号平成21年度嘉麻市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第70号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第70号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第70号平成21年度嘉麻市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第71号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより議案第71号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第71号平成21年度嘉麻市水道事業会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6認定第1号平成20年度嘉麻市一般会計歳入歳出決算の認定についてほか6件



○議長(坂口政義) 日程第6、今期定例会におきまして決算特別委員会に審査を付託いたしました認定第1号平成20年度嘉麻市一般会計歳入歳出決算の認定についてほか6件を議題といたします。

 この際、決算特別委員長の報告を求めます。決算特別委員長、山倉敏明議員。



◎決算特別委員長(山倉敏明) それでは、決算特別委員会の報告をさせていただきます。

 今期定例会におきまして、認定第1号平成20年度嘉麻市一般会計歳入歳出決算の認定について外6件の審査のため、議長、監査委員を除く23名全員による決算特別委員会が設置され、私が委員長に、副委員長に森丈夫委員が選任され、慎重に審査を行いました。

 なお、全員により審査を行いましたので、審査の経過の報告は省略させていただきます。また、決算の内容につきましても、市長の提案理由並びに委員会において所管の部課長よりそれぞれ説明がありましたので、主なもののみとさしていただきます。

 まず、認定第1号平成20年度嘉麻市一般会計歳入歳出決算の認定についてでありますが、一般会計の決算の概要は、市民税や固定資産税などの市税、地方交付税、国県からの補助金等、市債など、歳入総額242億3,469万6,204円に対し、乳幼児医療や生活保護などに関する民生費、教育費など、歳出総額234億6,927万4,521円で歳入歳出差し引き7億6,542万1,683円の黒字となっており、うち2億1,000万円が基金に積み立てられております。

 財政構造としては、自主財源が47億8,742万9,000円で全体の19.8%、依存財源が194億4,726万7,000円で全体の80.2%と、国からの交付税や補助金に依存した構造となっています。

 また、財政指標の状況は、経常収支比率が99.5%と前年に比較して1.7ポイント向上し、財政力指数も0.278ポイントと前年に比較して0.04ポイント向上しているが、自主財源比率は19.8%と前年に比較して0.6ポイント下落している状況であります。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって認定すべきであると決しましたことをご報告いたします。

 次に、認定第2号平成20年度嘉麻市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についてでありますが、本案は、歳入総額53億1,264万7,549円に対し、歳出総額54億8,038万3,544円で、不足する額1億6,773万5,995円は翌年度の歳入から繰り上げ充用するものであります。

 歳入の主なものは、国民健康保険税収入、財政調整交付金など国からの負担金及び交付金、療養給付費等交付金、県からの高額医療費共同事業負担金や財政調整交付金、一般会計からの繰入金などとなっております。

 歳出の主なものは、一般被保険者や退職被保険者に対する療養給付費や高額医療費、出産育児一時金のほか、後期高齢者医療制度が平成20年度より新たに創設されたことに伴う、後期高齢者医療制度への支援金、老人保健拠出金、40歳から64歳までの第2号保険者の国保被保険者対象者分の介護納付金、高額医療費共同事業医療費拠出金や保険財政共同安定化事業拠出金などとなっております。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって認定すべきであると決しましたことをご報告いたします。

 次に、認定第3号平成20年度嘉麻市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定についてでありますが、本案は、歳入総額6億9,170万3,372円に対し、歳出総額6億2,804万1,282円であり、歳入歳出差し引き6,366万2,090円の黒字となっております。

 歳入の主なものは、支払い基金からの交付金、国からの現年度分及び過年度分の医療費負担金、一般会計からの繰入金などとなっております。

 歳出の主なものは、医療給付費や補装具などの医療費支給費、審査支払い手数料のほか、平成19年度決算に対する平成20年度繰り上げ充用金などとなっております。

 なお、本事業は平成19年度をもって終了しておりますので、平成20年度から平成22年度までの精算のための会計となっております。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって認定すべきであると決しましたことをご報告いたします。

 次に、認定第4号平成20年度嘉麻市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてでありますが、本案は、歳入総額5億3,614万6,552円に対し、歳出総額5億2,834万7,770円で、歳入歳出差し引き額を779万8,782円とするものであります。

 歳入の主なものは、保険料のほか、一般会計からの繰入金となっております。

 歳出の主なものは、後期高齢者医療広域連合への納付金となっております。

 なお、後期高齢者医療制度については、実施主体が福岡県後期高齢者医療広域連合であるため、保険料の賦課、減免、事業実施の決定などすべて広域連合で行っており、市町村においては、保険料の徴収、受け付け業務などを行っております。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって認定すべきであると決しましたことをご報告いたします。

 次に、認定第5号平成20年度嘉麻市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定についてでありますが、本案は、歳入総額1億4,011万4,323円に対し、歳出総額1億2,904万3,800円で、歳入歳出差し引き額を1,107万523円とするものであります。

 歳入の主なものは、住宅新築資金等利子補給県補助金、住宅新築資金等貸付事業基金繰入金、住宅新築資金等貸付金元利収入及び住宅改修資金県貸付金元利収入などとなっております。

 歳出の主なものは、住宅新築資金等事業費において、弁護士等委託料など事務費のほか、国住宅改修資金償還金や県住宅改修資金償還金などとなっております。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって認定すべきであると決しましたことをご報告いたします。

 次に、認定第6号平成20年度嘉麻市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についてでありますが、本案は、保険事業勘定において、歳入総額50億8,334万6,201円に対し、歳出総額49億4,190万4,477円で、歳入歳出差し引き額を1億4,144万1,724円として、またサービス事業勘定においては、歳入歳出総額をそれぞれ同額の5,182万9,516円とするものであります。

 保険事業勘定における歳入の主なものは、第1号被保険者保険料や国からの介護給付費負担金及び調整交付金、包括的支援事業などに対する地域支援事業交付金、支払い基金からの介護給付費交付金及び地域支援事業支援交付金、一般会計からの繰入金などとなっております。

 同勘定の歳出の主なものは、職員人件費のほか介護認定審査会に要する費用、居宅サービス給付費や施設介護サービス給付費などの介護サービス等諸費のほか、介護予防サービス給付費や介護予防サービス計画給付費などの介護予防サービス等諸費、地域支援事業費における任意事業費などとなっております。

 サービス事業勘定における歳入の主なものは、介護予防支援計画費収入、一般会計からの繰入金となっております。

 同勘定の歳出の主なものは、居宅支援サービス事業費などとなっております。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって認定すべきであると決しましたことをご報告いたします。

 次に、認定第7号平成20年度嘉麻市水道事業会計決算の認定についてでありますか、まず、水道事業の概況としましては、本年度の給水人口は4万422人で前年度より641人の減となっており、普及率は89.2%、年間有収水量は426万6,258m2で、有収率は87.4%となっております。

 収益的収支では、税抜きで、事業収益は6億3,899万8,234円に対し、事業費用は6億5,682万7,885円、また資本的収支では、税込みで、収入額6,174万3,745円に対し、支出額は2億7,066万6,328円で、2億892万2,583円の不足が生じました。この不足に対する額は、消費税及び地方消費税資本的収支調整額及び過年度分損益勘定留保資金で補てんしたものであります。

 また、1m2当たりの給水原価は153万13銭、供給単価は131円12銭となっています。

 委員会といたしましては、慎重に審査を行いました結果、出席者全員をもって認定すべきであると決しましたことをご報告いたします。

 以上で、決算特別委員会に付託されました議案の審査の経過並びに結果の報告を終わります。



○議長(坂口政義) 委員長の報告が終わりました。

 決算特別委員会は議長、監査委員を除く全員により審査をいたしておりますので、委員長の報告に対する質疑は省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、委員長の報告に対する質疑は省略することに決しました。

 これより認定第1号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより認定第1号の──豊議員。



◎24番(豊一馬) 認定第1号平成20年度嘉麻市一般会計歳入歳出決算の認定について、若干の意見を述べ、賛成の討論をいたします。

 平成20年度予算額は254億5,997万7,000円に対し、決算額は234億6,927万4,521円、予算執行率は92.18%で、9億994万1,479円の執行残が出ております。歳入歳出差し引き残額7億6,542万1,683円の黒字決算で、経常収支比率は昨年の101.2%から99.5%に改善されているところであります。

 政治経済的にも不確かな時代に、黒字決算を維持し続けている行政努力に対し、敬意を表したいと思います。廣方部長が昨年決算時期に、次の年は経常収支比率を100%を切りたいと意欲を示していたのを記憶に残っております。

 さて、本年決算審査を通じて気づいた点を幾つか指摘したいと思います。

 まず第1に、予算額に対し平成20年度は9億900万円の執行残を出していることについて、90%以下の不用額調べでは、全体で385件、その中で経費節減によるもの89件の事業費予算が減額されております。中には、70%以上もの予算が執行されていないのも幾つも見受けられます。これから新年度予算編成に入っていくわけですから、事業費の見直し、評価とチェックを強く求めたいと思います。

 なお、執行残については3月の最終補正で減額の措置をとられることもお願いしたいと思います。

 次に、市税を初め市営住宅使用料等滞納額16億6,439万4,806円の滞納については、依然として滞納解消に向けての実効性が見られません。収納対策本部長である田中副市長の陣頭指揮を強く要請するものであります。その際、滞納者の生活実態調査を行い、低所得世帯で生活保護基準以下の納税者には生活保護法の積極的な活用を図り、滞納解消と市民の生活支援を要請したいと思います。

 また、多重債務者に対する支援についても、滞納解消につながる対策であり、市民生活相談室の開設にあわせて今後積極的に取り組まれることを要望いたします。

 次に、嘉麻市の人件費、物件費については、一般質問でも述べましたが、類似団体と比較してはるかに平均水準を超えております。住民負担を強いる前に、みずから襟を正す、最小の人員で最大の行政効果を上げる、これが市職員の基本姿勢でなければならないと思います。

 一般質問でも取り上げられていましたが、職員の意識改革を図っていくことが今最も重要なときであります。予算書、決算書を初め、類似団体との比較資料などは全職員に配布することから始めるべきであります。危機感なくして行政改革はありません。

 以上、評価と意見を述べ、平成20年度決算の賛成討論といたします。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより認定第1号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、認定第1号平成20年度嘉麻市一般会計歳入歳出決算の認定については原案のとおり認定されました。

 これより認定第2号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより認定第2号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、認定第2号平成20年度嘉麻市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定については原案のとおり認定されました。

 これより認定第3号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより認定第3号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、認定第3号平成20年度嘉麻市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定については原案のとおり認定されました。

 これより認定第4号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより認定第4号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、認定第4号平成20年度嘉麻市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定については原案のとおり認定されました。

 これより認定第5号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより認定第5号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、認定第5号平成20年度嘉麻市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定については原案のとおり認定されました。

 これより認定第6号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより認定第6号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、認定第6号平成20年度嘉麻市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定については原案のとおり認定されました。

 これより認定第7号の討論に入ります。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより認定第7号の採決をいたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、認定第7号平成20年度嘉麻市水道事業会計決算の認定については原案のとおり認定されました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7請願第3号嘉麻赤十字病院の充実と旧山田高校跡地の医療的活用に関する請願書



○議長(坂口政義) 日程第7、民生文教委員会に閉会中の継続審査となっておりました請願第3号嘉麻赤十字病院の充実と旧山田高校跡地の医療的活用に関する請願書を議題といたします。

 この際、民生文教委員長の報告を求めます。民生文教委員長、浦田吉彦議員。



◎民生文教委員長(浦田吉彦) 去る6月定例会におきまして当民生文教委員会に付託になり、継続審査となっておりました請願第3号嘉麻赤十字病院の充実と旧山田高校跡地の医療的活用に関する請願書について審査を行いましたので、審査の経過並びに結果をご報告いたします。

 本請願の趣旨は、嘉麻市民が安心して信頼できる医療を地域で受けることができるよう、嘉麻赤十字病院を飯塚病院と同程度の地域拠点病院として位置づけ、地域医療を担う医師、看護師等の確保、医療設備の充実のために、日本赤十字社の本社に実情を訴えて働きかけを行うとともに、隣接する旧山田高校跡地を医療施設として活用できるよう、国、県に対して働きかけるほか、本請願の取り組み状況を広報等で市民に周知してほしいというものであります。

 市長より、医師、看護師等の確保、医療設備の充実については、県や九州大学病院などに出向きお願いしたが、現在の全国的な医師不足の中で確保できていない。また、隣接する旧山田高校跡地については、県の担当課と話したが、現状の建物等を市に貸し付けるにしても、2年間が限度であり、建物も古く耐震強度の問題も生じる。市の方針としては、日赤の移転や他の企業の誘致、宅地化などを視野に入れ、トータルで考えると、県のほうで更地にしていただくようお願いしていきたい旨の経過説明がなされました。

 委員会としましては、嘉麻市の医療の状況を踏まえると、請願の願意に異論はありませんが、今後、市としての働きかけや、日赤や企業等の動きがあれば、逐一、民生文教委員会に報告していただくよう要望し、全会一致をもって採択すべきと決しましたことをご報告申し上げます。

 以上で、民生文教委員会における審査の経過並びに結果の報告を終わります。



○議長(坂口政義) 委員長の報告が終わりました。

 これより質疑に入ります。委員長の報告に対し質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。請願第3号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより採決いたします。本請願に対する委員長の報告は採択であります。本請願は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、請願第3号嘉麻赤十字病院の充実と旧山田高校跡地の医療的活用に関する請願書は委員長の報告のとおり採択することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第8意見書(案)の報告上程



○議長(坂口政義) 日程第8、本日、意見書(案)が田上孝樹議員外2名より1件の提出があっておりますので、これを上程し、議題といたします。

 お諮りいたします。意見書(案)1件については、提出者の申し出により会議規則第38条第3項の規定に基づき、提案理由の説明並びに委員会審査付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、意見書(案)1件については提案理由の説明並びに委員会審査付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。意見書(案)第2号の討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ討論を終結いたします。

 これより意見書(案)第2号の採決をいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、意見書第2号地方自治の継続性を守るための予算執行を求める意見書(案)は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。ただいま議決されました意見書1件の処理につきましては、議長にご一任をお願いしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、意見書1件については議長において処理することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第9請願報告上程、委員会審査付託



○議長(坂口政義) 日程第9、今期定例会中に受理いたしました請願を報告上程いたします。請願1件についてはお手元に印刷配付いたしております請願文書表のとおり、請願第4号鴨生町行政区内水害対策についての請願であります。

 お諮りいたします。請願1件については紹介趣旨説明を省略し、お手元に印刷配付いたしております請願付託表のとおり、所管の委員会に閉会中の審査を付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、請願1件については紹介趣旨説明を省略し、請願付託表のとおり所管の委員会に閉会中の審査を付託することに決しました。

 これにて平成21年第3回嘉麻市議会定例会を閉会いたします。お疲れさまでした。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            閉会 午前11時23分







   嘉麻市議会会議規則第81条の規定により下記のとおり署名する。

                               平成21年9月30日


                     嘉麻市議会議長    坂 口 政 義


                     会議録署名議員    田 淵 千恵子


                     会議録署名議員    藤   伸 一