議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 嘉麻市

平成 21年 6月定例会(第2回) 06月09日−02号




平成 21年 6月定例会(第2回) − 06月09日−02号







平成 21年 6月定例会(第2回)


1 議 事 日 程(第2日)
   (平成21年第2回嘉麻市議会定例会)
平成21年6月9日
午前10時開議
於議場
 日程第1 議案の質疑
 日程第2 議案の委員会審査付託省略
 日程第3 議案の委員会審査付託
 日程第4 予算特別委員会の設置、議案審査付託、委員の選任
 日程第5 嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員会の設置、議案審査付託、委員の選任
 日程第6 請願報告上程、委員会審査付託
 日程第7 追加議案の案件報告上程、提案理由の説明
 日程第8 追加議案の質疑
 日程第9 追加議案の委員会審査付託
2 出席議員は次のとおりである(23名)
   1番  大 谷 清 人   2番  田 上 孝 樹   3番  田 淵 千恵子
   4番  藤   伸 一   5番  岩 永 利 勝   6番  跡 部   治
   7番  永 水 民 生   8番  山 倉 敏 明   9番  田 中 日本明
  10番  荒 木 紘 子  12番  赤 間 幸 弘  13番  宮 原 由 光
  14番  中 村 春 夫  15番  嶋 田 尋 美  16番  北 冨 敬 三
  17番  大 里 健 次  18番  佐 藤 道 彦  19番  梶 原 雄 一
  21番  吉 永 雪 男  22番  浦 田 吉 彦  23番  森   丈 夫
  24番  豊   一 馬  26番  坂 口 政 義  
3 欠席議員は次のとおりである(2名)
  20番  廣 田 一 男  25番  清 水   惠  

4 地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(15名)
       市長             松岡賛
       副市長            田中政喜
       教育長            山崎輝男
       総合政策部長         廣方悟
       市民環境部長         野上憲治
       保健福祉部長         大塚高史
       産業建設部長         松尾洋一
       教育部次長          秋吉俊輔
       人事秘書課長         坂口繁
       総務課長           古川宏
       財政課長           中嶋廣東
       市民課長           白石二郎
       税務課長           福田勇
       人権・同和対策課長      鈴木淑文
       こども育成課長        深町俊一
5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(5名)
       議会事務局長         大野美知人
       議事課長補佐         森田大助
       議事係長           高野浩典
       議事係書記          草野秀紀
       議事係書記          樋口靖




          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



◎議会事務局長(大野美知人) おはようございます。開会前にお知らせいたします。廣田副議長より通院のため欠席、清水議員より病気療養のため欠席の届け出があっております。

 それから、配付資料のご確認をお願いいたします。初めに、議事日程第2号、議案付託表、請願文書表、請願付託表、追加提案理由、平成21年6月嘉麻市議会定例会追加付議事件、福岡県嘉麻市一般会計補正予算書、追加議案付託表、6月定例会中の委員会審査予定、統計書更新項目一覧表、嘉麻市統計書、それから最後でございますが、ケーブルテレビ拡張事業関係予算資料、以上でございます。ご確認をお願いいたします。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            開議 午前10時2分



○議長(坂口政義) おはようございます。これより本日の会議を開きます。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1議案の質疑



○議長(坂口政義) 日程第1、これより議案の質疑に入ります。

            〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) 豊議員。



◆24番(豊一馬) 今、開会前に局長からちょっとお話があるかと思ったらないんですが、先日の流会のときの経過について説明して欲しいということ。資料をもらったんですが、口頭でやった資料を、そのときに流会した経過あたりをいろいろ聞かせてもらいたいし、どういう問題点があったのかをみんなで聞こうということで、全員協議会を要請したわけです。議長はそのときは検討させてくれということで、いつするということを言っていなかったので、それをいつするように決めたのか、聞かせてください。全員協議会をいつするのかですね。この前ごと、逃げたらだめよ。今日は説明するまで、休憩やらしないで、ちゃっと答えてくださいね、最後まで。



○議長(坂口政義) 私は何も逃げてないよ。



◆24番(豊一馬) 早く答えてください。



○議長(坂口政義) 検討させてもらいますよ、それは。何で悪いとですか、検討が。



◆24番(豊一馬) だから、答えを言いなさいと、その結果がどうなったか。



○議長(坂口政義) 答えを言いよるやないですか、私は検討させてもらうと言いよるやないですか。



◆24番(豊一馬) いつ。



○議長(坂口政義) いつち、私は検討して、私は判断が出たら言いますよ。



◆24番(豊一馬) 議会の初日にあなたは言うたでしょう、検討させてくれと。5日よ、5、6、7、8、9日やないの、今日は。何十時間とったらいいの、考えるのに。答えてください、いつするのか。



○議長(坂口政義) 今、6月議会がありよるやないですか、定例会が。



◆24番(豊一馬) だから、いつするのかを言いなさいち言いよるの。



○議長(坂口政義) 終わってからでもいいでしょうもん。何日、いついつち、そこまでまだ言わんでいいでしょうもん、何も。



◆24番(豊一馬) 開議の前に言わないと、後、進行しないやないの。



○議長(坂口政義) あなたがせんごとしよるとやないですか。私が何かしよるですか、そういうことを言うて。



◆24番(豊一馬) あなたが何もしないから、言っているんだよ。



○議長(坂口政義) 何をしよらんですか。



◆24番(豊一馬) 議長らしくはっきりしなさい。



○議長(坂口政義) 何ちゅうですか、あなたはこういうところで、そういう大きい声を出して言うとですか。



◆24番(豊一馬) ここで言わんで、どこで言うの。



○議長(坂口政義) 何ちゅうですか、あなたは、もう少し考えて物を言わんですか。



◆24番(豊一馬) はっきりしなさいと言っているんです。



○議長(坂口政義) はっきりいいよるじゃないですか、検討しますち言いよるじゃないですか、私は。

            〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



◆24番(豊一馬) 発言中。



○議長(坂口政義) 私は梶原議員を指しよるとですたい。



◆24番(豊一馬) 立っているじゃないの。議会のルールもあなたはわからんの。



○議長(坂口政義) 何ちゅう、どっちがわからんですか、あなたがわからんやないですか。



◆24番(豊一馬) 立ってるじゃない、発言中で。答えなさい。



○議長(坂口政義) 何を言うですか。



◆24番(豊一馬) 何を答えん。

            〔「暫時休憩」と呼ぶ者あり〕



◆24番(豊一馬) 逃げるな、ちゃんと答えろ。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            休憩 午前10時5分

            再開 午前10時57分

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(坂口政義) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 先ほど豊議員の質問に対してお答えいたします。

 今日は副議長も欠席しておりますし、また23日まで本会議がありますので、23日以降30日までの間に開きたいと思います。

 以上です。豊議員。



◆24番(豊一馬) 早く定例会中に開いてもらわんと、一般質問との関係だとか、最終日との調整やらがありますので、定例会中にやってもらいたいと。何月何日何曜日にやるということをはっきり言ってください。議会との関係はどういうふうになっているのか、調整事項は。

            〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



◆24番(豊一馬) 発言中、黙ってください。説明してください。



○議長(坂口政義) 日程の調整の都合もありますので、今、急に何日何時とか言われても、ちょっと返事できません。



◆24番(豊一馬) あなた、何時間かかったら、そういうことを言うんですか。5日の日からですよ、検討しますとか言って。今日も大分休憩しながら、打ち合わせをいろいろしたんでしょう。なぜ、何月何日にやるということが言えないんですか。



○議長(坂口政義) 日程を調整してやると、私は言っておりますよ。



◆24番(豊一馬) 今日でも委員会が終わったらやったらどうですか、全員協議会を。あなたは流会しているんですよ、議会の臨時議会を招集しながら。責任はどうとるの、これの。



○議長(坂口政義) 私がしたとやないでしょうも、あなたは何ちゅうことを言うとですか、そこで。



◆24番(豊一馬) あなたがしたんですよ。臨時議会を流会させたのは、議長、あなたがさせたんです。



○議長(坂口政義) 何ちゅうことですか、そこで。

            〔発言する者あり〕



◆24番(豊一馬) 発言中。



○議長(坂口政義) 発言を停止します。



◆24番(豊一馬) そういうあなたは言う資格ないよ。



○議長(坂口政義) 何が資格ないですか。



◆24番(豊一馬) 議会の整理もし切らんで、何が議長ですか。



○議長(坂口政義) 何を言うですか、あなたこそ議会を乱してから、何ちゅうことですか。



◆24番(豊一馬) 私が発言しているじゃないね。



○議長(坂口政義) 何ちゅうですか、あなたは議会を混乱させよるじゃないですか。



◆24番(豊一馬) 何が混乱しているの。あなたが一人で……



○議長(坂口政義) しよるじゃないですか。



◆24番(豊一馬) 議長が審議を中断しているじゃないですか。



○議長(坂口政義) ほかからも意見が出よるじゃないですか、あなただけの議会じゃないですよ、ここは。



◆24番(豊一馬) 何日を決めなさい。宮原議員だまんなさい。

 1年生議員じゃあるまいし、黙っときなさい。発言中。発言妨害。



◆13番(宮原由光) 大事な議会が始まって、それでこの議会を終わらせて、その後、全員協議会を今議長が言ったようにすればいいのであって、この議会を進めるか進めないか、全員協議会をしないと進めないのか、これで決をとってください。



○議長(坂口政義) そういう意見が出ておりますが。



◆24番(豊一馬) 発言しているよ。あなたね、一人の人が発言したら、座ったら次を指すとが常識でしょう。何で2人も3人も並べて発言させるの。議長らしくない、整理をしなさい。



○議長(坂口政義) 整理しよるじゃないですか。



◆24番(豊一馬) それは整理じゃない、混乱させよる。



○議長(坂口政義) 何ちゅうですか、あなたは冒頭から何を言いよるとですか、大体。



◆24番(豊一馬) 混乱させてるの、あなたが。



○議長(坂口政義) 何を言いよるですか、あなた、冒頭から。議会を混乱するようなことは控えてくださいよ、何ちゅうことですか、冒頭から。



◆24番(豊一馬) 全員協議会をいつするか決めなさいと言っているの。あなたは流会の責任をどうとるの。



○議長(坂口政義) 私は流会なんかしてない。



◆24番(豊一馬) 臨時議会を流したやないの。なぜ流したか。



○議長(坂口政義) 関係ないです、今日はそういうあれは。今日は議会の6月の定例会ですよ。何ちゅうことを言うですか、あなたは、本当。



◆24番(豊一馬) 市民に対して申しわけないよ、臨時議会を招集して。

            〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) 梶原議員。



◆19番(梶原雄一) ここは豊議員一人の議会じゃないんですよ。だから、今、議長がこの議会が終わりましたら、23日以降、必ず話し合って全協を開くと、それでいいじゃないですか、それが悪いわけ。いいから、おれが聞きよるとたい。



◆24番(豊一馬) 悪いんだよ。



◆19番(梶原雄一) 採決してもいいよ、いいか悪いかを。あなた一人でしょう、悪いち言いよるそは。



◆24番(豊一馬) そうじゃないよ。



◆19番(梶原雄一) それなら採決とってみない、いいか悪いか。そうしなきゃ、進まんじゃないですか、議事が。何を言うですか、あなた一人で。そういうことでしょう。



○議長(坂口政義) 森議員。



◆23番(森丈夫) えらいもめるごとあるけ、いろいろ言う人は出てもらえない、退場してもらえない。そうしたらスムースに議会がいくよ。



○議長(坂口政義) 田中議員。



◆9番(田中日本明) 1点だけ、ちょっと教えてください。先日の申し合わせ事項の中で、一般質問を私は出しておるとですよ、今度。そうすると、今までの分については、一般質問というのはあそこに45分、45分ちゅうて出てきますよ。そしたら、通常の場合については、時間制限というのはないんですよ。その点だけをどういうふうな取り扱いをされるのか、ちょっと議長として聞かせて。



○議長(坂口政義) それはあなたに答えるあれはない、もう別に。



◆24番(豊一馬) 聞かれたことを答えんね。



○議長(坂口政義) 静かに。

 日程第1、これより議案の質疑に入ります。

 議案第35号について、質疑ありませんか。豊議員。



◆24番(豊一馬) もうちょっとしゃんとしてよ。



○議長(坂口政義) どっちがしゃんとせなですか、ほんと。



◆24番(豊一馬) これ質疑というよりも、専決事項ですが、条例案だけではなかなか理解がしにくいと思うんですよ。改正案の中には、個人住民税について引き上げる分がありますね。この分だとか、あるいは定額給付金については個人住民税を課さないとか、あるいは差し押さえを禁止するというような政令になっております。条例だけじゃそういうことは書き込んでいませんので、これをわかりやすく、市民が納得するような資料を最終日までに提出していただきたいと思いますが、いかがですか、担当のほうは。



○議長(坂口政義) 税務課長。



◎税務課長(福田勇) 資料につきましては、最終日までに提出をさせていただきます。



○議長(坂口政義) 豊議員。



◆24番(豊一馬) どうして資料を要求したかといったら、これは臨時議会の招集の中にも入っていたんですよ。臨時議会は必要じゃないじゃないかというような意見も一部ありましたが、こういう重要な問題も入っております。それと、定額給付金については個人住民税を課してはいけないとか、あるいは差し押さえを禁止するとかいう条項もあります。だから、こういったのもわかりやすく出してもらいたいと思います。差し押さえの禁止条項に違反して、飯塚市のほうは滞納処分で通帳を差し押さえして、後で大問題になったと、返還したというような事例も最近ですが出ております。そういうこともありますので、資料のほうを十分用意しておってください。お願いします。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、次に議案第36号について。豊議員。



◆24番(豊一馬) これも専決処分ですが、議案36号については簡単に説明をしてもらえませんか。



○議長(坂口政義) 白石課長。



◎市民課長(白石二郎) ご説明いたします。

 今回の議案第36号でございますが、中身につきましては市民課及び税務課の関係でございます。私のほうから簡単にご説明差し上げます。

 今回の改正につきましては、3点が改正点でございます。基本的には、地方税法の改正、それから地方税法施行令等の改正がございましたので、それに伴いまして条例の改正を専決処分したものでございます。

 まず、1点目でございますが、1点目につきましては、地方税法、地方税法施行令の改正に伴いまして、国民健康保険税の介護分の限度額、これが政令上、9万円から10万円に上がりました。したがいまして、条例上も9万円から10万円に上限額を改正するものでございます。

 それから、改正点の2番目でございますが、これは事務の簡素化に関するものでございます。以前は、2割軽減の対象者の方につきましては、一たん申請を出していただいて審査、それから減免という形がとられてございました。それが今回の地方税法の改正により、審査を免除して、そのままストレートに減額するということになりました。したがって、面倒な手続が1つのいたということになります。

 それから、3番目の改正でございますが、これは税額算出上の所得算定方法、これが地方税法等の条文を引用している部分がございましたので、3月31日に地方税法が改正されましたので、これに伴い当該法律の改正に合わせて改正したことでございます。

 以上の3点でございます。



○議長(坂口政義) 豊議員。



◆24番(豊一馬) 説明はわかりましたが、介護納付金が限度額が9万円から10万円に引き上げられると、1万円が住民負担になるわけで、この場合の限度額の対象人員ですか、それとトータルで幾らになるのか、説明してください。



○議長(坂口政義) 白石課長。



◎市民課長(白石二郎) 20年度の場合でいけば、影響は約30世帯ということになります。



○議長(坂口政義) いいですか。



◆24番(豊一馬) はい。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。──なければ、議案第37号から議案第40号までの4件については、人事院勧告に伴う関連する議案でございますので、一括して質疑を行います。議案第37号から議案第40号までの4件について、質疑はありませんか。豊議員。



◆24番(豊一馬) 37号から40号までの期末手当、勤勉手当等に対する削減ですが、市職員、それから議員、市長等の特別職、それから教育長ですか、この方々の人件費の削減することによって、財政的にどれほど削減なるのか、示してください。37、38、39、40号、それぞれ。それと、トータルで出してもらえませんか。



○議長(坂口政義) 人事課長。



◎人事秘書課長(坂口繁) お答えしたいと思います。

 すべての会計を含むところの今回の期末・勤勉手当の減額に伴う総額の人件費の抑制額のお尋ねでございます。

 まず、特別職、市長が13万7,700円、副市長11万1,456円、教育長10万3,788円、合計で35万2,944円となっております。それから、議員、議長7万380円、副議長6万2,640円、議員お1人5万9,220円、23名の議員がいらっしゃいますので、136万2,060円ということになります。それから、職員については、総体で484人おりますけれども、3,642万3,056円でございます。合計で3,827万1,080円となっているところでございます。

 以上です。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。──なければ、次に議案第41号については、予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに予定しておりますので、質疑を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第41号については質疑を省略することに決しました。

 お諮りいたします。議案第42号については、議員全員で構成する嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに予定しておりますので、質疑を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第42号については質疑を省略することに決しました。

 次に、議案第43号について、質疑はありませんか。──なければ、次に議案第44号についてありませんか。──なければ、次に議案第45号についてありませんか。──なければ、次に議案第46号についてありませんか。──なければ、次に議案第47号についてありませんか。──なければ、次に議案第48号についてありませんか。──なければ、次に議案第49号についてありませんか。田中議員。



◆9番(田中日本明) 財産の無償譲渡ということになっておるんですけど、これは普通財産ですか、行政財産ですか、どっちですか。もし、行政財産であれば、無償譲渡というのはできるのかどうなのか、私にもちょっとわかりませんので、普通財産だったら無償譲渡というのはできると思っていたので、行政財産はできないんじゃないかなという気がしたものですから、ちょっとお尋ねしております。



○議長(坂口政義) こども育成課長。



◎こども育成課長(深町俊一) 今現在のところ、行政財産でございます。それを一時、普通財産のほうに異動いたしまして、それから譲渡ということになります。

 以上でございます。



○議長(坂口政義) 田中議員。



◆9番(田中日本明) 今からするということですか。



○議長(坂口政義) こども育成課長。



◎こども育成課長(深町俊一) そういうことでございます。



○議長(坂口政義) 田中議員。



◆9番(田中日本明) 今からするのに、無償譲渡の議決だけ先にもらうということですか。普通財産に落として、そして無償譲渡という案件を出してくるんだったら、順序的には理屈はわかるんですけど、先に無償譲渡を可決しておって、そして普通財産に、それから事務処理をするというのはちょっとおかしいんじゃないかなという気がするんですけど、これから見たら行政財産も簡単に無償譲渡ができるという解釈にとられかねないですよ。だから、今現在が行政財産であるなら、やはり今議会中でもなんですけど、早急に普通財産に落として、この議案の可決をもらわんといかんのやないかなという気がするんですけど、その点はいかがですかね。



○議長(坂口政義) 松岡市長。



◎市長(松岡賛) お答えいたします。

 現在、ご指摘のとおり行政財産になっておりますので、これを早急に普通財産に落として、議決をいただきたいと思っております。



○議長(坂口政義) 田中議員、いいですか。ほかに、中村議員。



◆14番(中村春夫) 47号から50号までは、それこそ今お話のとおり、無償譲渡についてということなんですが、無償譲渡になりますと、所有権が市から離れて、それぞれのこの場合は保育園ですか、に移るわけですが、その後の税制上、いわゆる固定資産税とかについてはどのように考えてあるんですか。免除措置がされるのか、それとも、そういう税法的なことも含めて何か。どういう計画になっているのか。



○議長(坂口政義) どなた。答えれんだったら、休憩するばい。答える人おらんと、おらんとやったら休憩するばい。──暫時休憩します。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            休憩 午前11時16分

            再開 午前11時21分

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(坂口政義) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 深町課長。



◎こども育成課長(深町俊一) 申しわけございませんでした。現在、社会福祉法人税は固定資産税はかからないということでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(坂口政義) 中村議員。



◆14番(中村春夫) よろしくお願いしますじゃなくて、社会福祉法人では課税対象となりませんということですね。わかりました。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、次に議案第50号について。──なければ、次に議案第51号について、嶋田議員。



◆15番(嶋田尋美) 所管でありますけれども、二、三ちょっと聞きたい点がございますので、お許しを願いたいと思います。

 議案第51号の嘉麻市住宅新築資金等の貸付事業の貸付金の返還の請求にかかわる訴えの提起についてでありますけれども、嘉麻市も市民税とか住民税などの多額な滞納額があるということは承知しております。今回の住宅資金等貸付金にかかわる訴えの提起については、私も賛成の立場でありますけれども、法的措置をとってでも滞納対策における強化を図っていただきたいと思います。

 そこで、今回の支払い督促については、債務者が市の支払い督促に対して異議を申し立てたため、裁判になっているということであります。訴えの提起をされていると思いますけれども、異議申し立ての理由は何かわかれば、お知らせいただきたいと思います。



○議長(坂口政義) 鈴木課長。



◎人権・同和対策課長(鈴木淑文) 異議申し立ての理由については、まだこちらのほうに中身がわかりませんので、裁判になって明らかになると思います。



○議長(坂口政義) 嶋田議員。



◆15番(嶋田尋美) それと、詳しくは所管でこの問題については聞きたいと思いますけれども、債務残額が出ておりますよね、この8人の方について。それから、遅延損害金、これが倍以上になっているわけですね、表を見れば。これどういう計算方法をしてこういうことになっているのか。

 それと、これは合併前にこれはお支払いをされた方も、8名のほかにされた方もあるけれども、そのときは遅延損害金はゼロ円ということで、今回、訴えの提起を起こしているのは、これ平成21年6月1日まで現在となっておりますけれども、いつごろから遅延損害金を取るようになったのか、これをちょっと教えて欲しいんですが。



○議長(坂口政義) 鈴木課長。



◎人権・同和対策課長(鈴木淑文) 遅延損害金の計算につきましては、償還期限が過ぎたものについて計算式がございますので、過ぎた日からの計算になります。遅延損害金を請求する理由といたしまして、それまでは、おっしゃるように、9人の人につきましては損害金は取っていなかったということで、去年、20年の10月23日に開かれました第5回の行革の委員会の中で、損害金の取り扱いについて、考え方が基本的に新年度から21年度から取っていくということで報告でされましたので、その方向でやっていくということです。



○議長(坂口政義) 嶋田議員。



◆15番(嶋田尋美) 例えば、行政のこれは公平性からして、遅延損害金を取るのであれば、支払い催促を実施した時点から、これは遅延損害金を取るのがこれは当たり前ですよね。しかし、これだけの8名の方の債務残高が残っているにもかかわらず、遅延損害金が倍以上になっている方もいらっしゃるわけですよ。払えますかね、恐らく払えないと思いますよ。こういった関係で、これは所管委員会でまた聞きますけれども、これはある程度修正したほうが私はいいんじゃないかなと思いますけれども、これはまた所管委員会で審議していきたいと思っております。



○議長(坂口政義) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) なければ、お諮りいたします。議案第52号については、予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに予定しておりますので、質疑を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第52号については質疑を省略することに決しました。

 次に、報告第4号について、質疑ありませんか。──なければ、次に報告第5号についてありませんか。──なければ、次に報告第6号についてありませんか。──なければ、次に報告第7号についてありませんか。──なければ、これをもって質疑を終結いたします。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2議案の委員会審査付託省略



○議長(坂口政義) 日程第2、お諮りいたします。議案第45号、議案第46号並びに報告第4号から報告第7号までの4件については、会議規則第38条第3項の規定により、委員会審査付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第45号外5件については委員会審査付託を省略することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3議案の委員会審査付託



○議長(坂口政義) 日程第3、お諮りいたします。議案第35号から議案第40号までの6件、議案第43号、議案第44号並びに議案第47号から議案第51号までの5件については、お手元に印刷配付いたしております議案付託表のとおり、所管の常任委員会に審査を付託したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第35号外12件については、議案付託表のとおり、所管の常任委員会に審査を付託することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4予算特別委員会の設置、議案審査付託、委員の選任



○議長(坂口政義) 日程第4、お諮りいたします。議案第41号、議案第52号の2件については、予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第41号外1件については、予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決しました。

 お諮りいたします。ただいま設置されました予算特別委員会の委員の選任については、委員会条例第6条第2項の規定により、議長を除く24名全員を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました24名の議員を予算特別委員会の委員に選任することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員会の設置、議案審査付託、委員の選

     任 



○議長(坂口政義) 日程第5、お諮りいたします。議案第42号については、嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第42号については、嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決しました。

 お諮りいたします。ただいま設置されました嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第6条第2項の規定により、議長を除く24名全員を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました24名の議員を嘉麻市自治基本条例制定に関する調査特別委員会の委員に選任することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6請願報告上程、委員会審査付託



○議長(坂口政義) 日程第6、今期定例会において受理いたしました請願を報告上程いたします。

 請願3件については、お手元に印刷配付いたしております請願文書表のとおりであります。

 お諮りいたします。請願3件については、紹介趣旨説明を省略し、お手元に印刷配付いたしております請願付託表のとおり、所管の常任委員会に審査を付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、請願3件については、紹介趣旨説明を省略し、請願付託表のとおり、所管の常任委員会に審査を付託することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7追加議案の案件報告上程、提案理由の説明



○議長(坂口政義) 日程第7、本日、市長より追加付議事件として、議案第53号の1件の提出があっておりますので、これを一括上程し、議題といたします。

 この際、市長に提案理由の説明を求めます。松岡市長。



◎市長(松岡賛) 本日、追加提出いたしました議案第53号平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。

 今回、第3回目の補正予算で24億6,870万2,000円を追加補正し、予算総額を歳入歳出それぞれ259億7,939万6,000円とするものでございます。

 まず、歳出についてご説明いたします。

 2款総務費、1項総務管理費、15目ケーブルテレビ事業運営費で、24億6,870万2,000円を増額補正いたしております。補正予算の内容としましては、平成21年度当初予算において計上しておりましたケーブルテレビ施設機器リプレース関係経費を減額補正し、ケーブルテレビ全市拡張に伴う経費として、29億9,650万5,000円を増額補正いたしております。

 次に、歳入についてご説明いたします。

 14款国庫支出金では、地域情報通信基盤整備推進交付金9億888万7,000円を増額補正いたしております。

 18款繰入金では、財政調整基金繰入金1億9,168万5,000円を減額補正いたしております。

 21款市債では、ケーブルテレビ整備事業債17億5,150万円を増額補正するものでございます。

 以上で提案理由の説明を終わりますが、議員各位におかれましては、十分ご審議をいただき、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(坂口政義) 市長の提案理由の説明が終わりました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第8追加議案の質疑



○議長(坂口政義) 日程第8、これより追加議案の質疑に入ります。

 お諮りいたします。議案第53号については、予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに予定しておりますので、質疑を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。森議員。



◆23番(森丈夫) この前の全協やったか、あれからアンケート調査をするように言っておったが、その結果も出らんうちに予算を計上ちゃどういうことですか。説明してもらわんにゃいかんでよ。



○議長(坂口政義) 森議員、一応特別委員会を設置して、そこでやってもらうごと、今、私言いましたので、ひとつよろしくお願いします。浦田議員。



◆22番(浦田吉彦) 3月定例会では、今、森議員がおっしゃるように、市長も十分ご存じのとおり、リプレース予算、これは減額されていますけど、4億8,000万のリプレース予算については、住民の意向調査、要するに住民が本当にこれで見るか見ないかのことも含めたアンケート調査をやった後に議会に提案するということでされているわけですよね。急遽出されたと。当然、予特の中では審議していかなければならないし、これが本当にいいものであれば、これは議会としても取り上げないかんし、これがまた負の遺産として残るようなことであれば、それはそれなりの決断をせないかんと思うんですよ。

 ただ、今、提案の理由がされたけども、少し材料的に、我々が論議するにしては足りなさ過ぎると思うんですよ。例えば、具体的に言うならば、ケーブルテレビというのは、今、山田の市民は見ていますけども、具体的にそのよさとか利点とか、そこら辺が具体的に嘉穂、稲築、碓井の我々はわからんわけですよ。ケーブルテレビの良さというか。そういうものが、例えば3月のときにはセットトップボックスがなくなると、会社が倒産してなくなるということでしたから、そしたら結局、議会放送等、自主放送、これしか残らんという形では、宮原議員がおっしゃったように、全く意味がないやないかというふうなことだったと思うんですね。我々もそう思います。

 では、今回提案されているケーブルテレビの内容というのはどういうものなんだというところが具体的にやっぱり提示されんと、予特の中で1日で論議せえたって、ちょっと無理があるんじゃないかと思うんですよ。あるいは、じゃ施設は造ったはと、例えば了解して造った。ところが、それを市民が見らな意味ないでしょう。まず、見てくれなきゃ、これは腐った持ち腐れになるじゃないですか。だから、そのためには、市民にも周知徹底せないかんでしょう。

 それと、料金の問題もきちっと、これぐらいの料金をいただいて、内容的にはこういうものですということで、やっぱり住民の理解を得らないかんでしょうが。そこら辺についても、この説明ではわからんとですよね。

 さらには、ランニングコストの問題ですね。結局、山田だけで運営して、大体今度のリプレースをして、1億6,000万ぐらいに確か計画ではなっていましたよね。セットトップボックスがなくなった後に1億6,000万かかると、これが全体の運営になったらもっとかかるんじゃないかと思うんですよ。当然、地域が広がるからですね。しかし、それでは財政的にきつかったから、我々論議したわけでしょうが。だから、それをどうやってペイしようとしているのか、そこら辺も含めて、やっぱりきちっとした丁寧な、ここでも提案理由のときに言ってもらわんと、ある程度のものは、審議できないと思います。



○議長(坂口政義) 荒木議員。



◆10番(荒木紘子) 今、浦田議員がおっしゃいましたけれども、全くそのとおりなんですよね。最初にやはり市民の方のどういうお気持ちなのかという、3町ですね、そして一番重要なことは幾ら個人が負担できるかというところもありますので、最初にやっぱり市民の気持ちを聞くということが、その結果でこういう、ゆっくりある状況でしたら、私はケーブルテレビも賛成ですけれど、今の嘉麻市の状況では、まず市民の皆さんがどこまでお金を毎月出せるかという、賛成か反対かという、そういう最初に市民アンケートありきと私は思いますので、順序が違うかなと思います。



○議長(坂口政義) ちょっと執行部、私のほうから言いますけど、今、意見が2つ3つ出されたけど、そういう資料とか、そういうあれはまだ全然していないんですか。そこら辺、説明をちょっとしちゃらんですか。松岡市長。



◎市長(松岡賛) 執行部といたしましては、今、説明してもいいんですけれども、間に合っていない資料もございます。今日の提案で資料要求といいますか、そういうのもあるかなと思っております。結局、1つは、端的に言いますと、今何で急がないかんのかちゅうのは、これが国の緊急対策の中で、今のところのまだ最終を国が決めていませんけど、これは計画を出さないかんとですね。出さないとできない。ですから、議会に全員協議会とか開いていただいて、そういうことも考えておりましたけど、今の状況の中でちょっと無理がありましたので、それでこれは予算特別委員会で十分論議していただいて、やっていかなくてはいけないと思います。

 以前はまだ、端的に申しまして、私がずっと言ってきたのは、今、嘉麻市は財政的な問題があるので、一応、私の市長マニフェストでは全市にケーブルテレビを配置するとしているんですよね。だけども、今の財政の中ではとてもできませんよということで、今すぐということは考えておりませんということできたんですけど、このたび先ほど申しました国の緊急対策で、今のところ大方の負担、それが国のほうで面倒見ていただくということに、まだ最終決定はなっておりませんけども、計画は出さなくてはいけないわけですね。

 ですから、その計画を申請書を出して、そのことによって、それから各地域とも情報のまちづくりというのは今からの課題ですので、いろんな動きがあっているわけですね。ですから、その動きにも遅れたらいけませんので、執行部としては議会に急を要したため、十分にまだ今ご指摘のところは説明しないまま提案となっております。

 異例のことだと思いますけれども、そのあたりをご理解いただいて、そして一応執行部といたしましては、今いろいろ指摘があっております問題、これにつきましては県の緊急対策の予算と、それからいわゆるペイできる、今度は一応無料は考えておりません。ですから、ケーブルテレビでペイできるような、そういう試算を立てて、議会のほうにご提案申し上げたいと思います。

 加入者が増えれば増えるほど、料金は安くなっていくということになります。ですから、何でそのあたりをアンケートとかすると言ったやないかということがありますが、今はそのいとまがありませんので、今からアンケートもおおよそ今はできておりますけれども、それを市民のほうにも配布して、大体どのくらいのものが有料であればできるのか、これは自主放送や普通のそういったものだけじゃなくて、CSもありますし、それからインターネットもあり、そういうのを含めて状況を把握して、対応をしていきたいというふうに考えておるところでございます。



○議長(坂口政義) 田淵議員。



◆3番(田淵千恵子) お尋ねします。

 今、緊急対策でと、このことがわかったとおっしゃいますけども、3月の時点では全くこういうことなかったですよね。緊急対策というのはいつ発令されたんですかね。いつまでというのは、ちょっと急ぎよんなさるから、恐らく期限が来ようと思いますけども、いつこれを見つけられ──見つけられたちゃ失礼やけども、わかったんでしょうか。

 それから、3月の時点では4億何千万かの修理するのに要るというようなことを聞いていましたが、もしもまた5年先にそんなことが起きたら、一遍で市の財政はパンクしますから、無料にはしないとおっしゃったところにすがりたいんですけれども、そういうような大きな負担が一挙に来ないような方法をやっぱりとっていただかないといけないと思うんですよね。聞きたいことは、緊急対策のケーブルテレビの内容がいつお知りになったか、教えてください。

 以上です。



○議長(坂口政義) 松岡市長。



◎市長(松岡賛) これにつきましては、3月時点ではまだわかっておりませんし、今もまだ国会で最終決定いたしておりません。しかし、恐らく間違いないと思います。それで、恐らくでやっていいのかというご指摘もあるかもしれませんけど、これは地元の国会議員の事務所とも十分論議して、今いろいろ力を受けておるところでございまして、だからいわゆる私は千載一遇のチャンスだと思っております。

 結局、全部で30億近い経費がかかるわけですけれども、起債の返還も少なくて済みますし、それから今計算、試算しているのにおいては、ケーブルテレビのいわゆるペイできる、ですから料金等によってできるという今試算をしております。ですから、それを今度は予算特別委員会でご説明申し上げたいと思っているところでございます。



○議長(坂口政義) 吉永議員。



◆21番(吉永雪男) 議事進行ですよ。今、あなたが一番先に整理せないかんことは、質疑はいいですけど、予算特別委員会で十二分にされますから、2日間とっていますので、そこで審議……



○議長(坂口政義) 今からします。



◆21番(吉永雪男) そうしてもらわんと、整理せんと、どんどん……



○議長(坂口政義) 整理します。



◆21番(吉永雪男) そうでしょう、それで整理してください。そして、予算委員会でやってもらえばいいんですから、進行してください。切りがないですよ。



◆19番(梶原雄一) 市長が今一生懸命、この件に対して取り組んでやってくれと。ただ、我々は今一番心配、それなら例えば特別委員会を開いて、否決になったときはどうするか、これが一番問題なんですよ、市長。例えば、我々は納得いかないと、そういうことじゃ、これは認められんちゅうて各議員さんが言ったときはどうなるんですかと、ここが聞きたい。



○議長(坂口政義) 松岡市長。



◎市長(松岡賛) 当然、否決もあるかもしれませんが、私としては、今、こういう情報化の中で市が情報のまちづくりにできる、その他いろんな利点はご存じのとおりと思います。そして、しかもペイできる計算ができれば、私は否決の理由はないだろうというふうに考えております。



○議長(坂口政義) 森議員。



◆23番(森丈夫) 今、調子のいいことばかり市長が言われよるが、これは家でも大きな家を建てると、建てるときは何とか建ったにしても、後の維持管理がこれは大変なんですよ。

 それと、3月議会でこの問題は出たんじゃが、そのときにアンケート調査をということでなっておりましたな。ところが、アンケートの件については、あれから3カ月になるんですよ。アンケート調査はまだ出ておりませんが、この程度、アンケート調査についてはやっておるが、済まんやった、まだ結果は出ておらんが、緊急な金が入るもんで提案させてくれんかとか、こういう話はあっていいと思うんですよ。いきなりぽん、これはちょっと受け付けるほうも受け付けるほう、はっきり言ってね。ここはあれやったら、どの程度アンケート調査が進んでおるのか、準備じゃろうが、恐らく準備もしとらんとやないですか。これ、どこがアンケートをとるとですか。総務課長のところ、どの程度進んでおるんや。



○議長(坂口政義) 総務課長。



◎総務課長(古川宏) 今お尋ねになっているアンケートの進捗状況でございますけれども、これにつきましては、アンケートの原案がほぼでき上がっておりますし、郵送とか、そういうふうな経費についても現行予算の中で対応できるというような見通しも立っておりますので、そういう方向で進めておるところでございます。



○議長(坂口政義) 森議員。



◆23番(森丈夫) アンケート調査にそげん長々、3カ月もかかるんか。月に1,000円の支払いやったら私は加入しますとか、2,000円で、3,000円やったらどうじゃちゅうて、そのぐらいのことは3カ月もかからんよ、あんた、1日でできるわな。3カ月ちゃ、どういうことな。



○議長(坂口政義) 総務課長。



◎総務課長(古川宏) 私が4月にかわって、その後で事務引き継ぎ等でちょっとばたばたしておった関係で、遅くなったというところもございますので、本当にまことに申しわけございません。

            〔「制限せんにゃ、3回以上で」と呼ぶ者あり〕



◆23番(森丈夫) 4回でん5回でん、大事なことはせにゃ。



○議長(坂口政義) 荒木議員。



◆10番(荒木紘子) 私が一番心配していることは、最初にやっぱり市民ありきですので、皆さんが、いや、もう2,000円も毎月払うのならいいですとかいう回答が多かった場合に、そしたらせっかくいい企画を、例えば国のほうから許可が出たと思います。そしたら、市民の心は反対だったというときに、やはり市長は取り下げるんですか。

 私、最初にやっぱり市民ありきと思うんですよ。いいことではあるに違いないけれども、今も切り捨て、削除、そういうような状況の中で、これ以上、毎月2,000円とか1,500円とか、わかりません、金額がまだ出ていないから、そういうのは賛成しかねます。要りませんという回答のほうが多かった場合、このいい企画は取り下げられるんですか。それを一番心配しております。



○議長(坂口政義) 特別委員会で十分質疑を出していただいて、やっていただきたいと思いますので、これをもって質疑を終結いたします。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第9追加議案の委員会審査付託



○議長(坂口政義) 日程第9、お諮りいたします。

            〔「資料要求できないんですか」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) 資料要求、できるよ。後で。

 お諮りいたします。議案第53号については、お手元に印刷配付いたしております追加議案付託表のとおり、予算特別委員会に審査を付託したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、議案第53号については、追加議案付託表のとおり、予算特別委員会に審査を付託することに決しました。

 お諮りいたします。6月10日から6月16日までの7日間は、各常任委員会並びに特別委員会開催のため、休会いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂口政義) ご異議なしと認めます。よって、6月10日から6月16日までの7日間は休会することに決しました。

 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。本日はこれにて散会いたします。お疲れさまでした。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            散会 午前11時52分




┌────────────────────────────────────────────┐
│平成21年第2回嘉麻市議会定例会追加付議事件                       │
│(6月9日提出)                                    │
├────┬───────────────────────────┬──────┬────┤
│議案番号│                           │提出課   │審議結果│
│    │件            名             │付託先   │摘  要│
├────┼───────────────────────────┼──────┼────┤
│第53号 │平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第3号)      │財 政 課 │    │
│    │                           │      │    │
└────┴───────────────────────────┴──────┴────┘







△議案付託表
                         平成21年第2回嘉麻市議会(6月)定例会
┌────────┬─────┬─────────────────────────────┐
│所管委員会   │番  号 │件            名               │
├────────┼─────┼─────────────────────────────┤
│総務財政委員会 │議案   │専決処分事項の承認について                │
│        │第35号 │(嘉麻市税条例等の一部を改正する条例について)      │
│        ├─────┼─────────────────────────────┤
│        │議案   │専決処分事項の承認について                │
│        │第37号 │(嘉麻市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正す   │
│        │     │る条例について)                     │
│        ├─────┼─────────────────────────────┤
│        │議案   │専決処分事項の承認について                │
│        │第38号 │(嘉麻市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例   │
│        │     │の一部を改正する条例について)              │
│        ├─────┼─────────────────────────────┤
│        │議案   │専決処分事項の承認について                │
│        │第39号 │(嘉麻市職員の特別職の給与等に関する支給条例の一部を   │
│        │     │改正する条例について)                  │
│        ├─────┼─────────────────────────────┤
│        │議案   │専決処分事項の承認について                │
│        │第40号 │(嘉麻市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他勤務条   │
│        │     │件に関する条例の一部を改正する条例について)       │
├────────┼─────┼─────────────────────────────┤
│民生文教委員会 │議案   │専決処分事項の承認について                │
│        │第36号 │(嘉麻市国民健康保険税条例の一部を改正する条例につい   │
│        │     │て)                           │
│        ├─────┼─────────────────────────────┤
│        │議案   │嘉麻市国民健康保険条例の一部を改正する条例について    │
│        │第43号 │                             │
│        ├─────┼─────────────────────────────┤
│        │議案   │嘉麻市立保育所条例の一部を改正する条例について      │
│        │第44号 │                             │
│        ├─────┼─────────────────────────────┤
│        │議案   │財産の無償譲渡について                  │
│        │第47号 │(嘉麻市立漆生保育園)                  │
│        ├─────┼─────────────────────────────┤
│        │議案   │財産の無償譲渡について                  │
│        │第48号 │(嘉麻市立平保育園)                   │
│        ├─────┼─────────────────────────────┤
│        │議案   │財産の無償譲渡について                  │
│        │第49号 │(嘉麻市立碓井第一保育所)                │
│        ├─────┼─────────────────────────────┤
│        │議案   │財産の無償譲渡について                  │
│        │第50号 │(嘉麻市立嘉穂第二保育所)                │
│        ├─────┼─────────────────────────────┤
│        │議案   │嘉麻市住宅新築資金等貸付事業貸付金の返還請求に係る訴   │
│        │第51号 │えの提起について                     │
├────────┼─────┼─────────────────────────────┤
│予算特別委員会 │議案   │専決処分事項の承認について                │
│        │第41号 │(平成21年度嘉麻市国民健康保険事業特別会計補正予算   │
│        │     │(第1号))                       │
│        ├─────┼─────────────────────────────┤
│        │議案   │平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第2号)       │
│        │第52号 │                             │
├────────┼─────┼─────────────────────────────┤
│嘉麻市自治基本条│議案   │嘉麻市自治基本条件について                │
│例制定に関する調│第42号 │                             │
│査特別委員会  │     │                             │
└────────┴─────┴─────────────────────────────┘
                               (6月9日 付託)










△追加議案付託表



                         平成21年第2回嘉麻市議会(6月)定例会
┌────────┬─────┬─────────────────────────────┐
│所管委員会   │番  号 │件            名               │
├────────┼─────┼─────────────────────────────┤
│予算特別委員会 │議案   │平成21年度嘉麻市一般会計補正予算(第3号)       │
│        │第53号 │                             │
└────────┴─────┴─────────────────────────────┘




△請願付託表



                         平成21年第2回嘉麻市議会(6月)定例会
┌──────┬───┬─────────────────────────────┐
│所管委員会 │番 号│件                   名        │
├──────┼───┼─────────────────────────────┤
│民生文教  │請 願│介護保険事業にかかるグループホームの夜間職員配置の改善を求│
│   委員会│第1号│める意見書提出の請願書                  │
├──────┼───┼─────────────────────────────┤
│      │請 願│無年金在日外国人高齢者・障害者の救済に関する意見書提出を求│
│      │第2号│める請願書                        │
├──────┼───┼─────────────────────────────┤
│      │請 願│嘉麻赤十字病院の充実と旧山田高校跡地の医療的活用に関する請│
│      │第3号│願書                           │
└──────┴───┴─────────────────────────────┘
                               (6月9日 付託)




△請願文書表


                         平成21年第2回嘉麻市議会(6月)定例会
┌───┬────────────────┬──────────────┬───────┐
│番 号│件         名     │提     出     者 │紹 介 議 員│
├───┼────────────────┼──────────────┼───────┤
│請 願│介護保険事業にかかるグループホ │請願者           │廣 田 一 男│
│第1号│ームの夜間職員配置の改善を求め │ 嘉麻市山野1673    │       │
│   │る意見書提出の請願書      │松岡勝子ほか139名      │       │
├───┼────────────────┼──────────────┼───────┤
│請 願│無年金在日外国人高齢者・障害者 │請願者           │宮 原 由 光│
│第2号│の救済に関する意見書提出を求め │ 嘉麻市才田352−2   │       │
│   │る請願書            │日高 利文         │       │
├───┼────────────────┼──────────────┼───────┤
│請 願│嘉麻赤十字病院の充実と旧山田高 │請願者           │宮 原 由 光│
│第3号│校跡地の医療的活用に関する請願 │ 嘉麻市下山田436    │       │
│   │書               │出葉 茂利         │       │
└───┴────────────────┴──────────────┴───────┘