議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 福津市

平成 20年12月定例会(第4回) 12月16日−06号




平成 20年12月定例会(第4回) − 12月16日−06号







平成 20年12月定例会(第4回)


1 議 事 日 程(6日目)
   (平成20年第4回福津市議会12月定例会)
平成20年12月16日
午前9時30分開議
於  議  場
 日程第1 議案第76号 福津市福祉会館の指定管理者を指定することについて
 日程第2 議案第81号 福津市国民健康保険条例を改正することについて
 日程第3 議案第82号 住居表示に伴う町の区域の設定について
 日程第4 議案第83号 住居表示に伴う町の区域の設定について
 日程第5 議案第77号 福津市営自転車等駐車場の指定管理者を指定することについて
 日程第6 議案第78号 福津市公園の指定管理者を指定することについて
 日程第7 議案第80号 建設工事委託に関する基本協定の変更について
 日程第8 議案第84号 鹿児島本線福間駅自由通路新設工事の施行協定を締結することについて
 日程第9 議案第79号 西郷川リバース用地の土地売買契約を締結することについて
2 出席議員は次のとおりである(21名)
  議 長  阿 部   巖  副議長  村 上 修 一   1番  中 島 美和子
   2番  江 上 隆 行   3番  山 本   清   4番  岩 城 俊 郎
   5番  井 上   聡   6番  渡 辺 由 美   7番  米 山   信
   8番  永 島 直 行   9番  八 尋 輝 紀   10番  樋 口 幸 雄
   11番  渡 辺 理 恵   12番  椛 村 公 彦   13番  永 山 麗 子
   14番  松 尾 ひとみ   15番  大久保 三喜男   17番  大 峰 重 美
   18番  山 脇   清   19番  迫   靜 吾   20番  硴 野 九州男
3 欠席議員は次のとおりである(1名)
   16番  竜 口 雅 博
4 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職・氏名(15名)
  市    長  池 浦 順 文         収 入  役  青 ? 喬 彦
  教 育  長  白 石 哲 雄         総合政策部長  吉 田 安 廣
  市 民 部長  下り松 英 次         健康福祉部長  新 海 悦 生
  地域生活部長  花 田 徳 茂         都市整備部長  小 田 達 也
  教 育 部長  楠 田 元 明         総 務 課長  萩 原 利 博
  企画政策課長  荻 原 益 美         財 政 課長  藤   達 也
  広報秘書課長  吉 田 哲 春         行 政 経営         
  水 道 課長  石 村 清 治         推 進 室長  青 谷 郁 夫

5 職務のため議場に出席した者の職・氏名(3名)
  事 務 局長  恒 任 博 司         議 事 課長  荻 原 哲 夫
  議 事 係長  花 田 正 弘




          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            開議 午前9時30分



○議長(阿部巖) 皆さん、おはようございます。議員定数22名中、ただいまの出席議員は21名で、定足数に達し議会は成立いたしましたので、平成20年第4回福津市議会定例会を再開いたします。

 なお、16番、竜口議員、荒牧副市長から欠席の届け出があっております。

 それでは、直ちに会議を開きます。

 本日の日程は、お手元に配付のとおりであります。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1から日程第4まで(委員長報告)



○議長(阿部巖) 日程第1、議案第76号福津市福祉会館の指定管理者を指定することについてから、日程第4、議案第83号住居表示に伴う町の区域の設定についてまでの以上4議案を議題といたします。

 市民福祉委員長の報告を求めます。永山委員長、お願いいたします。永山委員長。



◎市民福祉委員長(永山麗子) おはようございます。市民福祉委員会の審査の報告をいたします。

 市民福祉委員会報告書。

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第77条の規定により報告します。

 記。

 1.審査経過。

    付託年月日 平成20年12月2日、11日。

    審査年月日 平成20年12月8日、12日。

 2.出席者委員。

    永山、山本副委員長、江上委員、渡辺由美委員、大峰委員、迫委員、村上委員。

 3.執行部。

    吉田総合政策部長、新海健康福祉部長、下り松市民部長、森いきいき健康課長、阿部主幹、荻原企画政策課長、永島主幹、花田市民課長、原田主幹、高田住居表示係長。

   議案第76号 福津市福祉会館の指定管理者を指定することについて。

 (1)審査内容。

 主な質疑及び答弁。

 問い。男女共同参画の視点から、事業者に対し社員の出産休暇や育児休暇などの取り組みがどうなっているのか求めないのか。

 答え。審査の選定基準の中に、男女共同参画の視点で育児休暇や男女雇用などについての環境整備に努めているかとの項目を設けており、また申請書の中にも明記してもらっている。

 問い。収支計算書は5期連続赤字で、一般的には考えられないが、大丈夫か。

 答え。指定管理料は4,300万円としているので、赤字や黒字を問わず、この額となる。

 問い。選考委員の内訳は。他の指定管理者の審査・選定も同じメンバーがするのか。

 答え。選考委員は6名で、そのうち3名は市が選定した識見者で、税理士・行政評価委員・障害者施設長。あと3名は公募委員。この6名で他の指定管理者の審査・選定も行う。

 (2)主な意見。

 (反対)なし。

 (賛成)3年間無難にやってきたのを評価されたのだろう。地元最優先でやっていただきたい。老若男女の集う場なので、事故のないようしっかり安心・安全を優先にしてほしい。

 (3)審査結果。

 本委員会では、全員賛成により原案のとおり可決すべきものと決定した。

   議案第81号 福津市国民健康保険条例を改正することについて。

 (1)審査内容。

 主な質疑及び答弁。

 問い。産科医療補償制度の施行に伴い、3万円が加算して請求されることになるが、この制度に未加入の医療機関はどうなるのか。

 答え。この制度に対する加入率は、12月2日現在、全国で98.2%。福岡県では、病院・診療所133の医療機関で100%の加入率。助産所は16機関中14機関が加入している。未加入の医療機関で出産した場合は、35万円に据え置くことになる。また、出産後の支給請求は、本制度に加入する医療機関に対しては、所定のスタンプが配付される予定で、当該スタンプ印を受けた領収書のコピーを添付し、市に請求することになる。

 問い。出産予定者に対して制度の詳しい説明はどうするのか。

 答え。この制度は、財団法人日本医療機能評価機構が運営する。補償の対象は、出生体重が2,000g以上かつ在胎週数33週以上、身体障害者1・2級相当の重症児が対象となる。詳細は、直近の広報に掲載し、市民への周知を図りたい。

 (2)主な意見。

 なし。

 (3)審査結果。

 本委員会では、全員賛成により原案のとおり可決すべきものと決定した。

   議案第82号 住居表示に伴う町の区域の設定について。

 (1)審査内容。

 主な質疑及び答弁。

 なし。

 (2)主な意見。

 なし。

 (3)審査結果。

 本委員会では、全員賛成により原案のとおり可決すべきものと決定した。

   議案第83号 住居表示に伴う町の区域の設定について。

 (1)審査内容。

 主な質疑及び答弁。

 なし。

 (2)主な意見。

 なし。

 (3)審査結果。

 本委員会では、全員賛成により原案のとおり可決すべきものと決定した。

 以上です。



○議長(阿部巖) 委員長報告に対して質疑を受けます。

 まず、議案第76号についての質疑を受けます。ございませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) ないようです。質疑を終結いたします。

 次に、議案第81号についての質疑を受けます。ございませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) ないようです。質疑を終結いたします。

 議案第82号についての質疑を受けます。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) ないようです。質疑を終結いたします。

 議案第83号についての質疑を受けます。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) ないようです。質疑を終結いたします。

 永山委員長、自席へお戻りください。

 日程第1、議案第76号福津市福祉会館の指定管理者を指定することについての討論を受けます。討論ございませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) 討論ないようです。討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決することに決しております。委員長の報告どおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔起  立〕



○議長(阿部巖) 全員賛成であります。したがいまして、日程第1、議案第76号福津市福祉会館の指定管理者を指定することについては、委員長の報告どおり可決することに決しました。

 日程第2、議案第81号福津市国民健康保険条例を改正することについての討論を受けます。ございませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) ないようです。討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決することに決しております。委員長の報告どおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔起  立〕



○議長(阿部巖) 全員賛成であります。したがいまして、日程第2、議案第81号福津市国民健康保険条例を改正することについては、委員長の報告どおり可決することに決しました。

 日程第3、議案第82号住居表示に伴う町の区域の設定についての討論を受けます。ございませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) 討論ないようです。討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決することに決しております。委員長の報告どおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔起  立〕



○議長(阿部巖) 全員賛成であります。したがいまして、日程第3、議案第82号住居表示に伴う町の区域の設定については、委員長の報告どおり可決することに決しました。

 日程第4、議案第83号住居表示に伴う町の区域の設定についての討論を受けます。ございませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決することに決しております。委員長の報告どおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔起  立〕



○議長(阿部巖) 全員賛成であります。したがいまして、日程第4、議案第83号住居表示に伴う町の区域の設定については、委員長の報告どおり可決することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5から日程第8まで(委員長報告)



○議長(阿部巖) 日程第5、議案第77号福津市営自転車等駐車場の指定管理者を指定することについてから、日程第8、議案第84号鹿児島本線福間駅自由通路新設工事の施行協定を締結することについてまでの以上4議案を議題といたします。

 建設環境委員長の報告を求めます。米山委員長、お願いいたします。米山委員長。



◎建設環境委員長(米山信) 建設環境委員会の審査報告をいたします。

 建設環境委員会報告書。

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第77条の規定により報告をいたします。

 記。

 1.審査経過。

    付託年月日 平成20年12月2日、11日。

    審査年月日 平成20年12月9日、12日。

 2.出席者委員。

    米山、樋口副委員長、中島委員、永島委員、八尋委員、大久保委員。

   出席を求めた執行部、小田都市整備部長、吉田総合政策部長、藤財政課長、荻原企画政策課長、永島主幹、下水道課野口主幹、宮原係員、広渡建設課長、秦維持管理係長、城野係員、松尾河川公園係長、梶原係員、都市基盤整備事業吉村係長、井浦係員。

   議案第77号 福津市営自転車等駐車場の指定管理者を指定することについて。

 (1)審査内容。

 主な質疑及び答弁。

 問い。応募が1社しかなかったことで比較対照のしようがないが、7カ所の施設を管理するのに900万円の予算で足りるのか。

 答え。第1号自転車駐車場(有料施設)は、午前6時から午後10時までの16時間を1名の交代制で管理する。人件費が450万円かかると見込まれ、経費としてはこの人件費が主なものであると考えている。

 (2)主な意見。

 なし。

 (3)審査結果。

 本委員会では、全員賛成により原案のとおり可決すべきものと決定した。

   議案第78号 福津市公園の指定管理者を指定することについて。

 (1)審査内容。

 主な質疑及び答弁。

 問い。提案書の中に、公園管理センター職員の継続雇用が書かれているが、これは今の職員を全員必ず雇用するということなのか。

 答え。当初説明会のときに、「現在働いている方の雇用はぜひともお願いします」と投げかけており、これを受けて、応募したすべての業者は、「現職員については採用の方向で検討する」という提案及びプレゼンテーションになっている。

 問い。指定候補者の構成団体の中に、2006年に北九州市で暴力団絡みの不祥事を起こした企業がある。申請時にこのことについて事前に調査されたのか、また選定委員会はこのことを承知していたのか。

 答え。当市の指定管理者選定規定にのっとり選定した。また、県警に対し、この企業に関する事件後の暴力団とのかかわりについて問い合わせをしたところ、その事実と情報はないとの回答を得ている。選定委員会には、これらの情報については伝えていない。

 問い。不祥事が生じた場合の対応はどうするのか。

 答え。地方自治法及び市の条例に基づき、厳正に対処したい。

 (2)主な意見。

 (反対)今回選定された企業グループについては、暴力的妨害行為を行った業者が入っており、法律的に抵触しないからといって認めるわけにはいかないと考える。市民に不安を与えるだけではなく、今後行政運営にも支障を来す問題をはらんでいると思われるので、反対とする。

 (賛成)地元業者を多く使っていること、現在雇用している職員を継続して雇用されることが明記されていること、また問題の業者については、1年間の指名停止処分というペナルティーを受けており、いつまでも復帰させないこともできない行政側の配慮もあったと考え、賛成する。

 (3)審査結果。

 本委員会では、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決定した。

   議案第80号 建設工事委託に関する基本協定の変更について。

 (1)審査内容。

 主な質疑及び答弁。

 問い。金額が13億2,350万円というものすごい削減となっているが、設計の見直し修正等によるコストの縮減でどのくらい差額が生じたのか。また、入札が何回行われてどのくらい入札差額が生じたのか。

 答え。コストの縮減で約10億円程度の削減が図られている。入札の回数については、12工事の入札が行われ、残りはこれによる入札差額である。

 (2)主な意見。

 なし。

 (3)審査結果。

 本委員会では、全員賛成により原案のとおり可決すべきものと決定した。

   議案第84号 鹿児島本線福間駅自由通路新設工事の施行協定を締結することについて。

 (1)審査内容。

 主な質疑及び答弁。

 問い。全体金額9億8,700万円でギャラリーが約1億円ということだが、エレベーターやエスカレーターなど、項目別の金額はおよそいくらぐらいになるのか。

 答え。入札前であるので大まかな金額しか言えないが、エレベーター、エスカレーターについては、それぞれ1基約2,000万円(6基で1億2,000万円)程度と考えていただきたい。トイレについても、およそ2,000万円ぐらいかかるのではないかと思われる。

 (2)主な意見。

 なし。

 (3)審査結果。

 本委員会では、全員賛成により原案のとおり可決すべきものと決定した。

 以上であります。



○議長(阿部巖) 委員長報告に対して質疑を受けます。

 まず、議案第77号について質疑を受けます。ございませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) ないようです。質疑を終結いたします。

 議案第78号についての質疑を受けます。岩城議員。



◆4番(岩城俊郎) では、質問させていただきます。

 委員会の中でも検討されたということでございますが、この市民による選考委員会で選考なされたわけでございます。ただ、行政のほうからは、その市民、つまり全くの素人である一般の方たちに適切な情報というのは伝えられてなかった。この委員長の報告にもございましたが、そのような中でございます。ただ、この案件に関しましては、奥アンツーカ社員と指定暴力団4代目工藤会3代目林組幹部が逮捕されております。これは厚冨スポーツ施設株式会社の受注した工事に対する威力公務妨害及び器物破損容疑です。その後、さらに厚冨スポーツ株式会社の施設と奥アンツーカの社員が談合容疑で逮捕されております。この器物破損容疑というのは、委員会でもございましたように、テニスコートにアスファルト及びペンキ等々をまき、100数十万円の被害を与えたものでございます。

 そこで、質問させていただきます。

 建設環境常任委員会では、当然、暴力団絡みの事件の議論はされたと思いますが、小さな子どもから家族連れが集う市民の憩いの場であるこの施設に対し、委員会で十分に議論され、最適任であるとの判断をし、建設環境常任委員会として福津市議会本会に責任を持って報告されるわけでありますが、私としては到底理解に苦しみます。本議会が今後責任を持って市民に対し説明をし、ご理解をいただかなくてはならないわけですが、この事件を通じ、どうしてこの業者が最適任であったのか、この根拠をぜひお示しいただきたい。

 以上です。



◎建設環境委員長(米山信) 建設環境委員会の審議の中では、いわゆる地方自治法、それから市の指定管理者選定規定、それから選考委員会のプレゼンテーション等の説明の中で不適格要件がないということで、この議案として上がっている説明がなされております。そういうことでよろしいでしょうか。



○議長(阿部巖) 他にございますか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) ないようです。質疑を終結いたします。

 次に、議案第80号についての質疑を受けます。ありませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) ないようです。質疑を終結いたします。

 次に、議案第84号についての質疑を受けます。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) 質疑を終結いたします。

 米山委員長、自席へお戻りください。

 日程第5、議案第77号福津市営自転車等駐車場の指定管理者を指定することについての討論を受けます。ございませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) 討論ないようです。討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決することに決しております。委員長の報告どおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔起  立〕



○議長(阿部巖) 全員賛成であります。したがいまして、日程第5、議案第77号福津市営自転車等駐車場の指定管理者を指定することについては、委員長の報告どおり可決することに決しました。

 日程第6、議案第78号福津市公園の指定管理者を指定することについての討論を受けます。

 それでは、まず反対の討論を受けます。岩城議員。



◎4番(岩城俊郎) 反対の立場で討論させていただきます。

 先ほど質問の中でも述べましたように、北九州におきまして広域指定暴力団との威力業務妨害、また談合等々により大変大きな問題、テレビや新聞等々のマスメディアでも報告されましたように、大きな問題になった事件でございます。この事件におきましては、暴力団幹部、実刑で2年、執行猶予なし、また奥アンツーカ北九州支店長──所長かな、所長に対し懲役2年6カ月、執行猶予5年、また実際にそのペンキをまいた実行犯のほうは懲役1年6カ月、執行猶予3年、こういう厳しい判決がおりております。

 確かに、先ほど委員長の報告にもありましたように、指名停止に対して期間が経過をしている、このことは重々承知をいたしておりますが、市民の代表は何も情報を与えられずに、この会議の場でこの業者を選定をした。本来であれば、この公園は子どもたちが芝生やグラウンドの中でくつろぎ、家族で楽しみ、安らぎを求める場であるのではないか。行政の立場であり、議会の立場であれば、市民が安心してくつろげる場所を提供するのがもっともな話である。その不安材料は取り除くべきではないか、私はこのように思っております。

 今月の12月7日、福津スポーツフェスタ、子どもたちが約500人、それからご父兄、当日来られた方含めて1,000人ほどのスポーツフェスタが行われました。これは将来夢を持つ、日夜スポーツに励む子どもたちがプロの選手の指導を仰ぎ、オリンピックやプロの選手になることを夢見て、泥んこになり、一生懸命やっている、一生懸命学ぼうとしているイベントでございます。しかしながら、この実行委員会の中でも、果たしてその不安材料がある会場を来年も使うべきかどうか、このような検討がなされているとも聞き及びます。

 先ほども申しましたように、我々議会、こと私一議員として、市民に不安を与えるような業者をあえて選考することに対し、いかがなものかと思い、反対の討論とさせていただきます。



○議長(阿部巖) 次に、賛成の方の討論を許します。江上議員。



◎2番(江上隆行) 賛成の立場で意見を述べさせていただきます。

 まず、本議案につきましては、委員長報告にもありましたとおり、今回指定管理者に選定されたグループ内の一企業が、過去に起こした不祥事につきまして、議会において盛んな議論が展開をされているところでございます。ただ、本件に関しましては、本市はもとより所管長における指名停止処分等が解除され、法律的には既に復権をしているところであり、過去に起こした不祥事に対する先入観や偏見によって、法律、条令、選定基準に照らし合わせ、不適格要因が認めれないものを否定することは、当事者が法律行為を行う上での公的権利を侵害するものであります。したがいまして、このことにより本議案を議会が否定するには無理があると考えるところでございます。

 また、指定管理者選定前の本市の対応につきましては、心情的にいささか行政の脇の甘さと市民感情に対する配慮のなさを感じるところではございますが、執行部から本議案に対する選定基準や選定に至るまでの経緯につき説明を受ける中、適正に選定されていると思われ、当事者を不適格とするだけの根拠はないと判断するに至ったところでございます。

 なお、市民に不安を与えることや行政運営に支障を来すのではないかという意見もありますが、議会は市民の意見を代表する機関として、行政施策に対する監視機能等調査権を有しており、今後議会が有する権能を最大限発揮し強化することこそが必要であり、特に本件につきましては、議会として継続的に監視と調査をするシステムづくりが重要であることを私の意見として申し上げますとともに、提案をする次第でございます。

 最後に、地元造園会社の意見を集約いたしますと、一歩一歩技術力の向上を図りながら、本市の発展に貢献したいという思いとともに、地元企業のさらなる育成を切望している旨を確認しているところでございます。今回、指定管理者に選定されたグループには、地元造園2社も参加しているところでもございますので、この2社を含め地元企業のさらなる振興・育成に特段の配慮をすべきであると考える次第でございます。

 以上の理由により、本議案には賛成をいたします。



○議長(阿部巖) 次に、反対の方の討論を許します。大久保議員。



◎15番(大久保三喜男) 15番、大久保です。反対の立場で意見を述べます。

 委員会でも指定管理者の構成団体の一業者に対して、問題点が指摘をされています。構成団体の一業者は、過去北九州市で指名停止処分を受けており、その内容は、自分の思うようにならなかったと落札価格に対する不満などから、北九州市が整備を進めていたテニスコートに塗料をまき散らすなど、威力業務妨害や器物破損などの脅迫暴力行為を行い、警察に逮捕されております。過去のことであり、法的に抵触をしないからと、2、3年も経過しない状態で本市で受け入れをすることは、社会的に制裁を受け、市民が許容する範囲内ではないと考えますし、市民に不安を与え、今後の委託業務に対しても問題点が発生しないか、私どもも不安を感じるところであります。

 また、景気の悪化で自動車業界、電機業界など大量の期間工の雇いどめや解雇が発生しており、今後日本でも数万人の失業者が出るとも言われている中、現在働いている人たちの処遇は十分保障されているとは言えません。指定管理者選考についても、この人たちの処遇、労働権、生活権など保障すべきであったと思います。安かろう、効率的などなどの安易な指定管理者の選定についても、再考の必要があると考えます。

 以上の問題点を指摘し、反対といたします。



○議長(阿部巖) 次に、賛成の方の討論を許します。渡辺理恵議員。



◎11番(渡辺理恵) 賛成の立場で討論いたします。

 平成15年の地方自治法の改正によって導入された指定管理者制度は、民間事業者を始め、NPOや自治会、法人格を持たない任意の団体にも門戸を広げ、公募により選定条件を満たした団体を選定するものです。経費の縮減により税金の有効活用を図り、市民自身が市民が必要とする質の高いサービスを提供する主体となることができるものですから、市民の力を発揮できる制度というふうに考えています。

 一方、この指定管理者制度においては、自治体は管理運営の状況をチェックしなければいけないことになっております。今後、指定管理者制度を広げるにあたって、ふくおかネットワークとして3点について提案をいたします。

 1点目は、直営施設指定管理者による施設の管理の施設、いずれにおいても利用者の立場から市民自身が公の施設の管理運営状況をチェックし、サービスの質の向上に関与できるよう、利用者委員会や利用者アンケートなどによる市民意見の収集と、それに基づくサービス改善策の実施、並びに公開を義務づけることを提案いたします。

 そして2点目は、指定管理者の第三者評価の検討です。さらなるサービスの質の向上を図るため、より公正で客観的な第三者による点検評価が必要です。横浜市では、第三者評価をする複数の民間の評価機関を選定して評価を実施しております。そして、その費用は指定管理者が負担をしているというものです。福津市単独でそういう評価をするのはなかなか大変だと思いますが、近隣の自治体との連携も視野に入れて、ぜひ検討していただきたいということを提案いたします。

 それから3点目、これは指定管理者などから暴力団を排除するための検討です。同じく横浜市では、神奈川県警との情報交換を行うことを内容とする合意書を締結しております。これからしばらく不景気は続くようです。民間のさまざまな事業者が指定管理者に応募する可能性は高まってまいりました。それゆえにぜひこの横浜市の行動も参考にしていただいて、検討していただきたいと提案をいたします。

 以上、3点のことについて提案をし、この議案は賛成をいたします。



○議長(阿部巖) 次に、反対の方の討論を許します。迫議員。



◎19番(迫靜吾) 反対の立場で意見を述べてみたいというふうに思います。

 一つは、選定委員に至るまでの公募様式に対する事業主のそういった会社概要、あるいは過去におけるそういった実績等々が全く報告されないまま選定をされたということが、まず一つあります。それと、ずっと今までの意見、討論をお伺いするに至っては、余りに行政サイドと一般市民の認識の乖離がある。やはり本市では1年間指名停止が解けたといっても、三重県ではまだ1月の20日まで指名停止処分の継続中であります。それぐらいやはり公共工事にまつわる暴力団絡みのそういった案件については、非常に社会的な制裁を重く受けとめておられるというのが、今日の状況であります。

 さらに、この暴力団絡みといえば、今、世間では大変な状況を呈しております。大牟田、久留米、佐賀、そういった状況におかれましても、やはり組事務所の移転等々の市民の追放決起集会等々が連日メディアで報道されているというふうに記憶をいたしております。北九州におけるこの事件を法律あるいは条令等々に抵触しないから罪はもういいんだと、しかし一般市民から言わせますと、限りなくそういったグレーゾーンに近い企業をなぜ最も適当な公社にされるのか、最も理解しがたい私どもの感じです。

 そういったことを考えますと、とりわけ公園施設という性格からいいましても、私も言いましたけれども、本当に市民が老若男女集う場、憩いの場、体育をし、あるいは心身のリフレッシュに使う、そういった場に本当になじむのかどうなのか、私は非常に理解に苦しむところであります。暴力団絡みということ一つとっても、とても市民の皆さんに、この議会の一議員としてのご報告をする立場にある私どもとしましては、責任が持てない、何かあったら地方自治法上云々で厳正に対処します、何かあったからでは遅いんです。その前に事前に対処するのが、行政あるいは議会の責任ではないでしょうか。

 そういった観点から、この案件に対しては反対といたします。



○議長(阿部巖) 次に、賛成の方の発言を許します。永島議員。



◎8番(永島直行) 賛成の立場で討論いたします。

 まず第1点目は、福津市指定管理者選定委員会におきまして、2次審査で指定管理料が3年間で499万2,000円、安かったところもございましたけれども、総合判定で慎重審議の結果、決定されたということ。

 第2点目は、福津パークスグループは、今先ほど江上議員が言われましたように、福岡市1社、宗像市1社、福津市2社で地元の業者が多いということ、公園管理センターのときの地元の造園業者を雇用され、公園を熟知されているということ。

 第3点目は、職員の雇用について、現在の公園管理センター職員を採用するというと。

 第4点目でございますが、道徳的な罪を犯し、許されるべき行為ではないと思われますが、業者にとりましては大変な罪と考えます1年間の指名停止処分の制裁を受け、市の調査の結果、現在は何のつながりもないということ。行政といたしましては、大変苦慮されたと思いますが、提出されれば処分が済んでおりますので、いつまでも指名停止はできないということで、賛成といたします。



○議長(阿部巖) 次に、反対の方の討論を許します。ございませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) それでは、ないようです。討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決することに決しております。委員長の報告どおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔起  立〕



○議長(阿部巖) しばらくお待ちください。賛成多数であります。したがいまして、日程第6、議案第78号福津市公園の指定管理者を指定することについては、委員長の報告どおり可決することに決しました。

 日程第7、議案第80号建設工事委託に関する基本協定の変更についての討論を受けます。ございませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) 討論ないようです。討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決することに決しております。委員長の報告どおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔起  立〕



○議長(阿部巖) 全員賛成であります。したがいまして、日程第7、議案第80号建設工事委託に関する基本協定の変更については、委員長の報告どおり可決することに決しました。

 日程第8、議案第84号鹿児島本線福間駅自由通路新設工事の施行協定を締結することについての討論を受けます。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) 討論ないようです。討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決することに決しております。委員長の報告どおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔起  立〕



○議長(阿部巖) 全員賛成であります。したがいまして、日程第8、議案第84号鹿児島本線福間駅自由通路新設工事の施行協定を締結することについては、委員長の報告どおり可決することに決しました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第9議案第79号西郷川リバース用地の土地売買契約を締結することについて



○議長(阿部巖) 日程第9、議案第79号西郷川リバース用地の土地売買契約を締結することについてを議題といたします。

 本件につきましては、地方自治法第117条の規定により、福津市土地開発公社理事である岩城議員、八尋議員、大峰議員の退席を本案件終了まで求めます。

〔午前10時13分 4番 岩城俊郎議員 9番 八尋輝紀議員 17番 大峰重美議員 退席〕



○議長(阿部巖) それでは、建設環境委員長の報告を求めます。米山委員長。



◎建設環境委員長(米山信) 建設環境委員会審査報告を行います。

 建設環境委員会審査報告書。

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第77条の規定により報告をいたします。

 記。

 1.審査経過。

    付託年月日 平成20年12月2日。

    審査年月日 平成20年12月9日。

 2.出席者委員。

    米山、樋口副委員長、中島委員、永島委員、大久保委員。八尋委員は除斥でございます。

   執行部。小田都市整備部長、吉田総合政策部長、藤財政課長、荻原企画政策課長、永島主幹、下水道課野口主幹、宮原係員、広渡建設課長、秦維持管理係長、城野係員、松尾河川公園係長、梶原係員。

   議案第79号 西郷川リバース用地の土地売買契約を締結することについて。

 (1)審査内容。

 主な質疑及び答弁。

 なし。

 (2)主な意見。

 なし。

 (3)審査結果。

 本委員会では、全員賛成により原案のとおり可決すべきものと決定した。

 以上でございます。



○議長(阿部巖) ただいまの委員長報告に対して質疑を受けます。ございませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) ないようです。質疑を終結いたします。

 米山委員長、自席へお戻りください。

 日程第9、議案第79号西郷川リバース用地の土地売買契約を締結することについての討論を受けます。ございませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) 討論ないようです。討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決することに決しております。委員長の報告どおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔起  立〕



○議長(阿部巖) 全員賛成であります。したがいまして、日程第9、議案第79号西郷川リバース用地の土地売買契約を締結することについては、委員長の報告どおり可決することに決しました。

 ここで除斥されました岩城議員、八尋議員、大峰議員の復席を許します。

〔午前10時17分 4番 岩城俊郎議員 9番 八尋輝紀議員 17番 大峰重美議員 着席〕



○議長(阿部巖) ここでお諮りをいたします。本会議中、誤読などによる字句、数字等の整理、訂正につきましては、会議規則第45条により議長に委任していただきたいと思いますが、ご異議ございませんか。

            〔「異議なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) 異議なしと認めます。よって、字句、数字等の整理、訂正は議長に委任することに決しました。

 以上をもちまして、本定例会に提案されましたすべての議案が終了いたしました。

 ここで次回の3月定例会の開会日をお知らせいたします。3月12日、3月12日が開会予定でございます。

 これをもちまして、平成20年第4回福津市議会定例会を閉会いたします。ご協力ありがとうございました。市長におかれましては大変お疲れさまでございました。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            閉会 午前10時18分



   上記会議次第は事務局長の記載したものであるが、その内容が正確であることを証するためここに署名します。


                          平成  年  月  日

                      福津市議会議長  阿 部   巖

                      会議録署名議員  中 島 美和子

                      会議録署名議員  江 上 隆 行